RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 918

(1) 原文

918. [Vers. 22.] " Et templum non vidi in ea, quia Dominus Deus Omnipotens Templum ejus est et Agnus," significat quod in hac Ecclesia non aliquod externum separatum ab interno erit, quia Ipse Dominus in Divino Humano Suo, a Quo est omne Ecclesiae, Solus aditur, colitur et adoratur.Per "templum non vidi in ea," non intelligitur quod in Nova Ecclesia, quae est Nova Hierosolyma, non erunt templa; sed quod in illa non erit externum separatum ab interno; causa est, quia per "templum" significatur Ecclesia quoad cultum, et in superno sensu Ipse Dominus quoad Divinum Humanum, Qui colendus est, videatur supra (n. 191, 529, 585); et quia omne Ecclesiae est a Domino, ideo dicitur, "quia Dominus Deus Omnipotens Templum ejus est et Agnus," per quae significatur Dominus in Divino Humano Suo; per "Dominum Deum Omnipotentem" intelligitur Dominus ab aeterno, Qui est Ipse Jehovah, et per "Agnum" significatur Divinum Humanum Ipsius, ut saepius supra.

 

(2) 直訳

918. [Vers. 22.] " Et templum non vidi in ea, quia Dominus Deus Omnipotens Templum ejus est et Agnus," significat quod in hac Ecclesia non aliquod externum separatum ab interno erit, quia Ipse Dominus in Divino Humano Suo, a Quo est omne Ecclesiae, Solus aditur, colitur et adoratur.− 918(22)「また、私は神殿をその中に見なかった、全能の神、主がその神殿であるからである、また小羊が」は、この教会の中に内なるものから分離した何らかの外なるものはないであろうことを意味する、主ご自身が自分の神的人間性の中に〔いる〕からである、その方から教会のすべてのものが〔ある〕、おひとりが近づけられる、礼拝される、崇拝される――

Per "templum non vidi in ea," non intelligitur quod in Nova Ecclesia, quae est Nova Hierosolyma, non erunt templa; 「私は神殿をその中に見なかった」によって、意味されない、新しい教会の中に、それは新しいエルサレムである、神殿がないであろうこと。

sed quod in illa non erit externum separatum ab interno; しかし、その中に内なるものから分離した外なるものがないであろうことが〔意味される〕。

causa est, quia per "templum" significatur Ecclesia quoad cultum, et in superno sensu Ipse Dominus quoad Divinum Humanum, Qui colendus est, videatur supra (n. 191, 529, 585); 理由がある、「神殿」によって礼拝に関する主が意味されるからである、また、最高の意味の中で神的人間性に関する主ご自身が、その者が礼拝されなければならない、上に見られる(191, 529, 585)

et quia omne Ecclesiae est a Domino, ideo dicitur, "quia Dominus Deus Omnipotens Templum ejus est et Agnus," per quae significatur Dominus in Divino Humano Suo; また、教会のすべてのものは主からである、それゆえ、言われている、「全能の神、主がその神殿であるからである、また小羊が」、それによってご自分の神的人間性の中の主が意味される。

per "Dominum Deum Omnipotentem" intelligitur Dominus ab aeterno, Qui est Ipse Jehovah, et per "Agnum" significatur Divinum Humanum Ipsius, ut saepius supra. 「全能の神、主」によって、永遠からの主が意味される、その者はエホバそのそのもの(ご自身)ある、また「小羊」によって、その方の神的人間性が意味される、上にしばしば〔言われた〕ように。

 

(3) 訳文

 918(22)「また、私はその中に神殿を見なかった、全能の神、主が、また小羊がその神殿であるからである」は、この教会の中に、内なるものから分離した何らかの外なるものはないであろうことを意味する、ご自分の神的人間性の中にいる主ご自身おひとりが近づけられ、礼拝され、崇拝され、その方から教会のすべてのものがあるからである

 「私は神殿をその中に見なかった」によって、新しいエルサレムである新しい教会に神殿がないであろうことは意味されない。しかし、それに、内なるものから分離した外なるものがないであろうことが〔意味される〕。その理由は、「神殿」によって礼拝に関する主が、また、最高の意味で神的人間性に関する主ご自身が意味されるからである。その方が礼拝されなければならないことが、前に見られる(191, 529, 585)。また、教会のすべてのものは主からであり、それゆえ、「全能の神、主が、また小羊がその神殿であるからである」と言われ、、それによってご自分の神的人間性の中の主が意味される。「全能の神、主」によって、エホバそご自身である永遠からの主が意味され、「小羊」によって、前にしばしば〔言われた〕ように、その方の神的人間性が意味される。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 917

(1) 原文

917. " Et platea urbis aurum purum tanquam vitrum pellucidum," significat quod omne verum Ecclesiae illius et doctrinae ejus sit in forma bonum amoris influens una cum luce e Caelo a Domino.Haec similia sunt cum illis quae supra (vers. 18) de ipsa urbe dicuntur, quod illa esset aurum purum simile vitro puro; per quae, quod significetur quod omne{1} Ecclesiae illius sit bonum amoris influens una cum luce e Caelo a Domino, videatur n. 912, 913, cum differentia quod hic dicatur quod platea urbis talis sit, et per "plateam urbis" significatur verum doctrinae Ecclesiae (n. 501): quod omne verum doctrinae Ecclesiae ex Verbo sit in forma bonum amoris, videatur supra (n. 906, 908).

@1 omne pro "omnia"

 

(2) 直訳

917. " Et platea urbis aurum purum tanquam vitrum pellucidum," significat quod omne verum Ecclesiae illius et doctrinae ejus sit in forma bonum amoris influens una cum luce e Caelo a Domino.− 917.「また都の街路は純金〔であった〕、透明なガラスのような」は、その教会のすべての真理とその教えは、主からの天界の光と一緒に流入する愛の善の形の中にあることを意味する――

Haec similia sunt cum illis quae supra (vers. 18) de ipsa urbe dicuntur, quod illa esset aurum purum simile vitro puro; これらはそれらと同様のものである、それらは上に(18)、都そのものについて言われている、それらは純粋なガラスに似た純金であったこと。

per quae, quod significetur quod omne{1} Ecclesiae illius sit bonum amoris influens una cum luce e Caelo a Domino, videatur n. 912, 913, cum differentia quod hic dicatur quod platea urbis talis sit, et per "plateam urbis" significatur verum doctrinae Ecclesiae (n. 501): それらによって、その教会のすべてのものが主から天界からの光と一緒に流入している愛の善であることが意味されることが、912, 913番に見られる、相違とともに、ここに言われていること、都の街路がこのようなものであること、また「都の街路」によって、教会の教えの真理が意味される(501)

quod omne verum doctrinae Ecclesiae ex Verbo sit in forma bonum amoris, videatur supra (n. 906, 908). みことばからの教会の教えのすべての真理は愛の善の形(の中)に☆あることが、上に見られる(906, 908)

この in は「同一性」を示します、「〜に存する・〜にある」。

@1 omne pro "omnia" 注1 omnia」の代わりに omne

 

(3) 訳文

 917.「都の街路は透明なガラスのような純金〔であった〕」は、その教会のすべての真理とその教えは、主からの天界の光と一緒に流入する愛の善の形の中にあることを意味する

 これらは、それらは前に(18)、都そのものについて、それらは純粋なガラスに似た純金であったことが言われているものと同様のものである。それらによって、その教会のすべてのものが主から天界からの光と一緒に流入している愛の善であることが意味されることが、ここに都の街路がこのようなものであると言われている相違とともに、912, 913番に見られる。また「都の街路」によって、教会の教えの真理が意味される(501)。みことばからの教会の教えのすべての真理は愛の善の形であることが、前に見られる(906, 908)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 916

(1) 原文

916. [Vers. 21.] " Et duodecim portae duodecim margaritae, et unaquaevis portarum erat ex una margarita," significat quod agnitio et cognitio Domini omnes cognitiones veri et boni, quae ex Verbo sunt, conjungat in unum, et introducat in Ecclesiam.Per "duodecim portas" significantur cognitiones veri et boni in summa, per quas homo introducitur in Ecclesiam (n. 899, 900); per "duodecim margaritas" etiam significantur cognitiones veri et boni in summa (n. 727); inde erat quod "portae" fuerint "margaritae:" quod "unaquaevis portarum esset ex una margarita," est quia omnes cognitiones veri et boni, quae per "portas" et per "margaritas" significantur, se referunt ad unam cognitionem, quae est continens illarum, quae una cognitio est cognitio Domini. Dicitur una cognitio, tametsi plures sunt quae unam illam cognitionem faciunt; cognitio enim Domini est universalis omnium doctrinae et inde omnium Ecclesiae; ex illa trahunt omnia cultus suam vitam et animam, nam Dominus est Omne in omnibus Caeli et Ecclesiae, et inde in omnibus cultus. [2] Quod agnitio et cognitio Domini omnes cognitiones veri et boni ex Verbo conjungat in unum, est quia nexus est omnium veritatum spiritualium, et si velitis credere, est nexus illarum sicut nexus omnium membrorum, viscerum et organorum corporis; quare sicut anima continet omnia illa in ordine et nexu, ita ut non aliter sentiantur quam unum, similiter Dominus continet apud hominem omnes veritates spirituales. Quod Dominus sit ipsa Porta, per quam ingrediendum est in Ecclesiam et inde Caelum, docet Ipse apud Johannem:

 

"Ego sum Janua; per Me si quis introiverit, salvabitur" (x. 9);

 

et quod agnitio et cognitio Ipsius sit Ipsa margarita, intelligitur per haec Domini verba apud Matthaeum:

 

"Simile est Regnum Caelorum homini negotiatori quaerenti pulchras Margaritas, qui cum invenisset unam pretiosam Margaritam, abiit et vendidit omnia quae habuit, et emit eam" (xiii. 45, 46);

 

"una pretiosa margarita" est agnitio et cognitio Domini.

 

(2) 直訳

916. [Vers. 21.] " Et duodecim portae duodecim margaritae, et unaquaevis portarum erat ex una margarita," significat quod agnitio et cognitio Domini omnes cognitiones veri et boni, quae ex Verbo sunt, conjungat in unum, et introducat in Ecclesiam.― 916(21)「十二の門は十二の真珠〔であった〕。それぞれの門は一つの真珠からであった」は、主の認知と知識が、真理と善のすべての認識(知識)を、それらはみことばからである、一つに結合する、また教会の中へ導き入れる――

Per "duodecim portas" significantur cognitiones veri et boni in summa, per quas homo introducitur in Ecclesiam (n. 899, 900); 「十二の門」によって、要約した形で(要するに)、真理と善の認識(知識)が意味される、それによって人間は教会の中に導き入れられる(899, 900番)

per "duodecim margaritas" etiam significantur cognitiones veri et boni in summa (n. 727); 「十二の真珠」によってもまた要約した形で(要するに)、真理と善の認識(知識)が意味される(727番)

inde erat quod "portae" fuerint "margaritae:" ここからであった、「門」が「真珠」であったこと。

quod "unaquaevis portarum esset ex una margarita," est quia omnes cognitiones veri et boni, quae per "portas" et per "margaritas" significantur, se referunt ad unam cognitionem, quae est continens illarum, quae una cognitio est cognitio Domini. 「それぞれの門が一つの真珠からであった」ことは、真理と善のすべての認識(知識)が、それらは「門」によってまた「真珠」によって意味される、一つの知識(認識)に関係するからである、それはそれらの容器である、その一つの知識は主〔について〕の知識である。

Dicitur una cognitio, tametsi plures sunt quae unam illam cognitionem faciunt; 一つの知識と言われる、たとえ多くのものであっても、それらはその一つの知識をつくっている。

cognitio enim Domini est universalis omnium doctrinae et inde omnium Ecclesiae; というのは、主〔について〕の知識はすべての教えの普遍的なものであるから、またここから教会のすべてのもの。

ex illa trahunt omnia cultus suam vitam et animam, nam Dominus est Omne in omnibus Caeli et Ecclesiae, et inde in omnibus cultus. それからすべての礼拝はそのいのちと霊魂を得ている、なぜなら、主は天界と教会のすべてのものの中のすべてのものであるからである、またここから礼拝のすべてのものの中の。

[2] Quod agnitio et cognitio Domini omnes cognitiones veri et boni ex Verbo conjungat in unum, est quia nexus est omnium veritatum spiritualium, et si velitis credere, est nexus illarum sicut nexus omnium membrorum, viscerum et organorum corporis; [2] 主の認知と知識が、みことばからの真理と善のすべての認識(知識)を、一つに結合することは、すべての霊的な狄人瓩亡慙△靴討い襪らである、また、もしあなたがたが信じることを欲するなら、それらの〔狄人瓩痢祐慙△ある、身体のすべての肢体、内臓また器官の関連のように。

quare sicut anima continet omnia illa in ordine et nexu, ita ut non aliter sentiantur quam unum, similiter Dominus continet apud hominem omnes veritates spirituales. それゆえ、霊魂がそれらすべてのものを含むように、順序と関連の中に、そのように一つのもの以外に異なって感じられないように、同様に、主は人間のもとで、すべての霊的な狄人瓩魎泙鵑任い襦

Quod Dominus sit ipsa Porta, per quam ingrediendum est in Ecclesiam et inde Caelum, docet Ipse apud Johannem: 主が門そのものであることは、それを通って教会またここから天界の中へ入れられなければならない、その方が「ヨハネ(福音書)」のもとに教えている――

"Ego sum Janua; 「わたしは門である。

per Me si quis introiverit, salvabitur" (x. 9); わたしを通って、もしだれかが入るなら、救われる」(10:9)

et quod agnitio et cognitio Ipsius sit Ipsa margarita, intelligitur per haec Domini verba apud Matthaeum: また、その方の認知と知識が真珠そのものであることは、「マタイ(福音書)」のもとの主のこれらのことばによって意味される――

"Simile est Regnum Caelorum homini negotiatori quaerenti, pulchras Margaritas, qui cum invenisset unam pretiosam Margaritam, abiit et vendidit omnia quae habuit, et emit eam" (xiii. 45, 46); 「天の王国は求めている商人の人間に似ている、美しい真珠を、その者は一つの高価な(貴重な)真珠を見つけたとき、立ち去るまたすべてのもの売った、それらを持っている、またそれを買った」(13:45, 46)

"una pretiosa margarita" est agnitio et cognitio Domini. 「一つの高価な(貴重な)真珠」は主の認知と知識である。

 

(3) 訳文

916(21)「十二の門は十二の真珠であり、それぞれの門は一つの真珠からであった」は、主の認知と知識が、みことばからの真理と善のすべての認識(知識)を、一つに結合し、教会へ導き入れることを意味する

 「十二門」によって、要約した、真理認識(知識)意味されそれによって人間教会れられる(899, 900番)「十二真珠」によってもまた要約した、真理認識(知識)意味される(727番)「門」「真珠」であったのはここからであった「それぞれの門が一つの真珠からであった」ことは、「門」によってまた「真珠」によって意味される真理と善のすべての認識(知識)が、それらの容器である一つの知識(認識)に関係するからである、その一つの知識とは主〔について〕の知識である。

その一つの知識をつくっているものは、たとえ多くのものであっても、一つの知識と言われる。というのは、主〔について〕の知識はすべての教えの、またここから教会のすべてのものの普遍的なものであるから。それ〔知識〕からすべての礼拝はそのいのちと霊魂を得ている、なぜなら、主は天界と教会のすべてのものの中の、またここから礼拝のすべてのものの中のすべてのものであるからである。

 [2] 主の認知と知識が、みことばからの真理と善のすべての認識(知識)を、一つに結合することは、すべての霊的な狄人瓩亡慙△靴討い襪らである、また、もしあなたがたが信じることを欲するなら、身体のすべての肢体、内臓、器官が関連するように、それら〔の真理瓠佑牢慙△靴討い襦それゆえ、霊魂が、順序と関連の中で、それらすべてのものを含むように、そのように一つのものとしか感じられないように、同様に、主は人間のもとで、すべての霊的な狄人瓩魎泙鵑任い襦

 主が門そのものであり、それを通って教会の中へ、ここから天界の中へ入れられなければならないことは、その方が「ヨハネ福音書」で教えられている――

 

「わたしは門である。だれかが、わたしを通って入るなら、救われる」(10:9)

 

また、その方の認知と知識が真珠そのものであることは、「マタイ福音書」の主のこれらのことばによって意味されている――

 

 「天の王国は、美しい真珠を求めている商人に似ている。その者は一つの高価な真珠を見つけたとき、立ち去り、持っているすべてのものを売り、それを買った」(13:45, 46)

 

 「一つの高価な真珠」は主の認知と知識である。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 915

(1) 原文

915. " Fundamentum primum jaspis, secundum, sapphirus, tertium chalcedonius, quantum smaragdus," [Vers. 20] " quintum sardonyx, sextum sardius, septimum chrysolithus, octavum beryllus, nonum topazius, decimum chrysoprasus, undecimum hyacinthus, duodecimum amethystus," significat omnia doctrinae illius ex Verbi Sensu literae in suo ordine apud illos qui immediate adeunt Dominum, et vivunt secundum praecepta Decalogi fugiendo mala ut peccata, hi enim et non alii in doctrina amoris in Deum, et amoris erga proximum sunt, quae duo sunt fundamenta religionis.Quod per "duodecim fundamenta muri" significentur omnia doctrinae novae Hierosolymae ex Sensu literae Verbi, videatur supra (n. 902, 914); quod per "lapides pretiosos" in genere significentur omnia vera doctrinae ex Verbo translucentia per Sensum spiritualem (supra n. 231, 540, 726, 911,{1} 914{2}); hic per quemlibet lapidem significatur aliquod verum in specie ita translucens. Quod Verbum in Sensu literae quoad doctrinalia ejus correspondeat lapidibus pretiosis omnis generis, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 43-45{3}). [2] Sunt duo colores in genere, qui in lapidibus pretiosis pellucent, color ruber et color candidus; reliqui colores, ut viridis, flavus, caeruleus, et plures alii, sunt compositi ex illis, mediante nigro; et per colorem rubrum significatur bonum amoris, et per colorem candidum significatur verum sapientiae. Quod color ruber significet bonum amoris, est quia trahit originem ex igne solis, et ignis Solis mundi spiritualis est in sua essentia Divinus Amor Domini, ita bonum amoris; et quod color candidus significet verum sapientiae, est quia trahit originem ex luce quae procedit ex igne illius Solis, et lux illa procedens est in sua essentia Divina Sapientia, ita verum sapientiae: [3] et nigrum trahit originem ex umbra illorum, quae est ignorantia. Sed singulariter explicare quid boni et quid veri significatur per quemlibet lapidem, nimis prolixum foret; at usque ut sciatur quid boni et veri unusquisque lapis in hoc ordine significat, videantur quae supra (cap. vii. a versu 5 ad 8; n. 349-361) explicata sunt, ubi de duodecim Tribubus Israelis agitur; simile enim hic significatur per quemlibet lapidem quod per quamlibet Tribum ibi nominatam, quoniam per duodecim Tribus ibi descriptas similiter significantur omnia bona et vera Ecclesiae et doctrinae ejus in suo ordine; quare etiam dicitur in hoc capite (vers. 14) quod in fundamentis his duodecim scripta essent nomina duodecim Apostolorum Agni, et per "duodecim Apostolos" significantur omnia doctrinae de Domino, et de Vita secundum praecepta Ipsius (n. 903). Similia etiam significantur per duodecim hos lapides, quae per duodecim lapides pretiosos in pectorali Aharonis, quod Urim et Thummim vocabatur (de quibus, Exod. xxviii. 15-21, quae in Arcanis Caelestibus, a n. 9856 ad 9882, singillatim explicata sunt), cum differentia quod in his essent nomina duodecim Tribuum Israelis, in illis autem nomina duodecim Apostolorum Agni. [4] Quod fundamenta sint ex lapidibus pretiosis, etiam dicitur apud Esajam:

 

"O afflicta, ecce Ego disponam cum stibio Lapides tuos, Fundamenta tua ponam in Sapphiris, et portas tuas in Lapides Carbunculi; omnes filii tui docti a Jehovah" (liv. 11, 12 [, 13]);

 

per "afflictam" intelligitur Ecclesia a Domino apud gentes instauranda. Apud eundem:

 

"Sic dixit Dominus Jehovih, Ego fundabo in Zione Lapidem, Lapidem probationis, angulum pretii fundationis fundatae; ponam judicium in regulam, et justitiam in perpendiculum" (xxviii. 16, 17).

 

[5] Quoniam omne verum doctrinae ex Verbo fundabitur super agnitione Domini, ideo Dominus vocatur

 

"Lapis Israelis" (Genes. xlix. 24);

Tum "Lapis Anguli quem reprobaverunt architecti" (Matth, xxi. 42; Marc, xii 10, 11; Luc. xx. 17, 18);

 

quod "lapis Anguli" sit lapis fundamentorum, constat ex Jerem. li. 26. Dominus etiam in Verbo multis in locis vocatur "Petra;" quare Ipse Se intelligit per "Petram," cum dixit,

 

"Super hac Petra aedificabo Ecclesiam Meam" (Matth. xvi. 18, 19);

 

et quoque cum dixit,

 

"Qui audit verba Mea et facit ea, comparatur viro prudenti, qui aedificat domum et ponit fundamentum super Petra" (Luc. vi. 47, 48; Matth. vii. 24, 25);

 

per "Petram" significatur Dominus quoad Divinum Verum Verbi. Quod omnia Ecclesiae et Doctrinae ejus se referant ad haec duo, quod immediate adeundus sit Dominus, et quod vivendum sit secundum praecepta Decalogi fugiendo mala ut peccata, et quod sic omnia doctrinae se referant ad amorem in Deum et ad amorem erga proximum, videbitur in Doctrina Novae Hierosolymae de Charitate, ubi haec in suo ordine exponentur.

@1 911 pro "811" @2 914 pro "814" @3 43-45 pro "43, 44, 45, 46"

 

(2) 直訳

915. " Fundamentum primum jaspis, secundum, sapphirus, tertium chalcedonius, quantum smaragdus," [Vers. 20] " quintum sardonyx, sextum sardius, septimum chrysolithus, octavum beryllus, nonum topazius, decimum chrysoprasus, undecimum hyacinthus, duodecimum amethystus," significat omnia doctrinae illius ex Verbi Sensu literae in suo ordine apud illos qui immediate adeunt Dominum, et vivunt secundum praecepta Decalogi fugiendo mala ut peccata, hi enim et non alii in doctrina amoris in Deum, et amoris erga proximum sunt, quae duo sunt fundamenta religionis.− 915.「第一の土台は碧玉、第二はサファイア、第三は玉髄、第四は緑玉(エメラルド)」、(20節)「第五は紅しまめのう、第六は紅玉髄、第七は貴かんらん石、第八は緑柱石、第九はトパーズ、第十は緑玉髄、第十一はヒヤシンス石、第十二は紫水晶」は、みことばの文字どおりの意味からのそのすべての教えを意味する、その順序の中で、彼らのもとに、その者は直接に主に近づく、また十戒の戒めにしたがって生きる、悪を罪として避けて。というのは、これらの者が、また他の者でなく、神への愛と隣人に対する愛の教えの中にいるから、それら二つのものは宗教の基礎である――

Quod per "duodecim fundamenta muri" significentur omnia doctrinae novae Hierosolymae ex Sensu literae Verbi, videatur supra (n. 902, 914); 「城壁の十二の土台」によって、みことばの文字どおりの意味からの新しいエルサレムの教えのすべてのものが意味されることが、上に見られる(902, 914)

quod per "lapides pretiosos" in genere significentur omnia vera doctrinae ex Verbo translucentia per Sensum spiritualem (supra n. 231, 540, 726, 911,{1} 914{2}); 全般的に「宝石」によって、みことばからの教えのすべての真理が意味される、霊的な意味によって透明さ〔がある〕(上の231, 540, 726, 911, 914)

hic per quemlibet lapidem significatur aliquod verum in specie ita translucens. ここにどんなものでも〔その〕石によって、特に(特定的に)、何らかの真理が意味される、そのように透明となっている。

Quod Verbum in Sensu literae quoad doctrinalia ejus correspondeat lapidibus pretiosis omnis generis, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 43-45{3}). 文字どおりの意味の中のみことばは、その教えの事柄に関して、すべての種類の宝石に対応していることが、『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に見られる(43-45)

[2] Sunt duo colores in genere, qui in lapidibus pretiosis pellucent, color ruber et color candidus; [2] 全般的に二つの色がある、それは宝石の中で輝いている(透明である)、赤い色と白光りの色。

reliqui colores, ut viridis, flavus, caeruleus, et plures alii, sunt compositi ex illis, mediante nigro; 残りの色は、例えば、緑の、黄色の,青い(空色の)、また他の多くのもの、それらから合成された(作り出された)。黒を媒介にして。

et per colorem rubrum significatur bonum amoris, et per colorem candidum significatur verum sapientiae. また赤い色によって愛の善が意味される、また白光りの色によって知恵の真理が意味される。

Quod color ruber significet bonum amoris, est quia trahit originem ex igne solis, et ignis Solis mundi spiritualis est in sua essentia Divinus Amor Domini, ita bonum amoris; 赤い色が愛の善を意味することは、起源を太陽の火から得ているからである、また霊界の太陽の火はその本質の中で主の神的な愛である、そのように愛の善。

et quod color candidus significet verum sapientiae, est quia trahit originem ex luce quae procedit ex igne illius Solis, et lux illa procedens est in sua essentia Divina Sapientia, ita verum sapientiae: また白光りの色が知恵の真理を意味することは、起源を光から得ているからである、それはその太陽の火から発出する、またその発出している光はその本質の中で神的知恵である、そのように知恵の真理。

et nigrum trahit originem ex umbra illorum, quae est ignorantia. また黒(色)は起源をそれらの陰から得ている、それは無知である。

[3] Sed singulariter explicare quid boni et quid veri significatur per quemlibet lapidem, nimis prolixum foret; [3] しかし、詳細に(特定的に)明することは、善の何が、また真理の何が意味されるか、どんなものでも(それぞれ別々に)によって、過度の長たらしくて飽きあきする(退屈なもの)なるだろう。

at usque ut sciatur quid boni et veri unusquisque lapis in hoc ordine significat, videantur quae supra (cap. vii. a versu 5 ad 8; n. 349-361) explicata sunt, ubi de duodecim Tribubus Israelis agitur; しかし、それでも、善と真理の何がそれぞれの石で、この順序の中で意味されるか知られるために、それらが見られる上に(75節から8まで、349-361)説明された、そこにイスラエルの十二部族が扱われている。

simile enim hic significatur per quemlibet lapidem quod per quamlibet Tribum ibi nominatam, quoniam per duodecim Tribus ibi descriptas similiter significantur omnia bona et vera Ecclesiae et doctrinae ejus in suo ordine; というのは、同様のものがここに、それぞれ別々の石によって意味されるから、そこに名前を挙げられているそれぞれ別々の部族によって、というのは、そこに同様に述べられた十二部族によって教会とその教えのすべての善と真理が意味されるからである、その順序で。

quare etiam dicitur in hoc capite (vers. 14) quod in fundamentis his duodecim scripta essent nomina duodecim Apostolorum Agni, et per "duodecim Apostolos" significantur omnia doctrinae de Domino, et de Vita secundum praecepta Ipsius (n. 903). それゆえ、この章の中にもまた言われる(14)、これらの十二の土台の中に小羊の十二の使徒の名前が書かれていたこと、また「十二の使徒」によって、主についての教えのすべてのものが意味される、またその方の戒めにしたがった生活について。

Similia etiam significantur per duodecim hos lapides, quae per duodecim lapides pretiosos in pectorali Aharonis, quod Urim et Thummim vocabatur (de quibus, Exod. xxviii. 15-21, quae in Arcanis Caelestibus, a n. 9856 ad 9882, singillatim explicata sunt), cum differentia quod in his essent nomina duodecim Tribuum Israelis, in illis autem nomina duodecim Apostolorum Agni. 同様のものが、これらの十二の石によって意味される、それらはアロンの胸当ての中の宝石によって、ウリムとトンミムと呼ばれたもの(それらについて、「出エジプト記」28:15-21、それらは『天界の秘義』9856から9882番まで、個々に(一つずつ)説明されている)、相違とともに、これら(後者)の中にイスラエルの十二部族の名前があった、またそれら(前者)の中に小羊の十二の使徒の名前。

[4] Quod fundamenta sint ex lapidibus pretiosis, etiam dicitur apud Esajam: [4] 土台が宝石から〔できて〕いることは、「イザヤ(書)」のもとにも言われている――

"O afflicta, ecce Ego disponam cum stibio Lapides tuos, Fundamenta tua ponam in Sapphiris, et portas tuas in Lapides Carbunculi; 「ああ、苦しめられた者よ、見よ、わたしはあなたの石をアンチモンで配列する、あなたの土台をサファイアの中に置く、またあなたの門を紅玉の石の中に。

omnes filii tui docti a Jehovah" (liv. 11, 12 [, 13]); あなたのすべての息子はエホバにより教えられる(54:11, 12, 13)

per "afflictam" intelligitur Ecclesia a Domino apud gentes instauranda. 「苦しめられた者」によって、主により異教徒のもとに設立されなければならない教会が意味される。

Apud eundem: 同書のもとに――

"Sic dixit Dominus Jehovih, Ego fundabo in Zione Lapidem, Lapidem probationis, angulum pretii fundationis fundatae; 「このように主、エホバは言う、わたしはシオンの中に基礎づける、石を、試みの石を、貴い隅〔の石として〕、建てられた基礎の。

ponam judicium in regulam, et justitiam in perpendiculum" (xxviii. 16, 17). わたしは判断(審判)を規則の中に置く、また公正を測鉛線の中に」(28:16, 17)

[5] Quoniam omne verum doctrinae ex Verbo fundabitur super agnitione Domini, ideo Dominus vocatur [5] みことばからの教えのすべての真理は主の認知の上に基礎づけられなくてはならないので、それゆえ、主は呼ばれる

"Lapis Israelis" (Genes. xlix. 24); 「イスラエルの石」(創世記49:24)

Tum "Lapis Anguli quem reprobaverunt architecti" (Matth, xxi. 42; Marc, xii 10, 11; Luc. xx. 17, 18); なおまた「隅の石、それを建築家が捨てた」(マタイ21:42、マルコ12:19, 11、ルカ20:17, 18)

quod "lapis Anguli" sit lapis fundamentorum, constat ex Jerem. li. 26. 「隅の石」が土台の石であることは「エレミヤ書」51:26から明らかである。

Dominus etiam in Verbo multis in locis vocatur "Petra;" 主もまたみことばの中の多くの箇所の中で呼ばれた「岩」と。

quare Ipse Se intelligit per "Petram," cum dixit, それゆえ、その方ご自身を意味した、「岩」によって、言ったとき、

"Super hac Petra aedificabo Ecclesiam Meam" (Matth. xvi. 18, 19); 「この岩の上に、わたしはわたしの教会を建てる」(マタイ16:18, 19

et quoque cum dixit, そしてまた、言ったとき、

"Qui audit verba Mea et facit ea, comparatur viro prudenti, qui aedificat domum et ponit fundamentum super Petra" (Luc. vi. 47, 48; Matth. vii. 24, 25); 「わたしのことばを聞く、またそれを行なう者は、賢明な男に例えられる、その者は家を建てる、また土台を岩の上に置く」(ルカ6:47, 48、マタイ7:24, 25)

per "Petram" significatur Dominus quoad Divinum Verum Verbi. 「岩」によって、みことばの神的真理に関する主が意味される。

Quod omnia Ecclesiae et Doctrinae ejus se referant ad haec duo, quod immediate adeundus sit Dominus, et quod vivendum sit secundum praecepta Decalogi fugiendo mala ut peccata, et quod sic omnia doctrinae se referant ad amorem in Deum et ad amorem erga proximum, videbitur in Doctrina Novae Hierosolymae de Charitate, ubi haec in suo ordine exponentur. 教会とその教えのすべてのものはこれら二つに関係する、直接に主に近づかなくてはならないこと、また悪を罪として避けて十戒の戒めにしたがって生きなくてはならないこと、またこのように教えのすべてのものは主への愛と隣人に対する愛に関係すること、『新しいエルサレムの教え 仁愛について』☆の中に見られる、そこにこれらがその順序で説明されている。

『仁愛について』の著作は本書『啓示された黙示録』が出版されたと同年の1766年に著述され、ここにこのように述べていますが、出版されることはありませんでした。

@1 911 pro "811" 1 811」の代わりに 911

@2 914 pro "814" 2 814」の代わりに 914

@3 43-45 pro "43, 44, 45, 46" 3 43, 44, 45, 46」の代わりに 43-45

 

(3) 訳文

 915.「第一の土台は碧玉、第二はサファイア、第三は玉髄、第四は緑玉(エメラルド)」、(20節)「第五は紅しまめのう、第六は紅玉髄、第七は貴かんらん石、第八は緑柱石、第九はトパーズ、第十は緑玉髄、第十一はヒヤシンス石、第十二は紫水晶」は、その順序の中で、直接に主に近づき、悪を罪として避けて、十戒の戒めにしたがって生きる者のもとの、みことばの文字どおりの意味からのそのすべての教えを意味する。というのは、他の者でなく、これらの者が神への愛と隣人に対する愛の教えの中にいるからである、それら二つの愛は宗教の基礎である。

 「城壁の十二の土台」によって、みことばの文字どおりの意味からの新しいエルサレムの教えのすべてのものが意味されることが、前に見られる(902, 914)。全般的に「宝石」によって、みことばからの教えのすべての真理が意味され、霊的な意味によって〔その〕透明さ〔がある〕(前の231, 540, 726, 911, 914)。ここにどんなものでも〔その〕石によって、特定的に、そのように透明となっている何らかの真理が意味される。文字どおりの意味の中のみことばは、その教えの事柄に関して、すべての種類の宝石に対応していることが、『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に見られる(43-45)

 [2] 全般的に宝石の中で赤い色と白光りの色で輝いている二つの色がある。残りの色は、例えば、緑、黄色,青(空色)、また他の多くのものは、黒を媒介にしてそれらから作り出されている。赤い色によって愛の善が意味され、白光りの色によって知恵の真理が意味される。

 赤い色が愛の善を意味するのは、起源を太陽の火から得ており、霊界の太陽の火はその本質で主の神的な愛、そのように愛の善であるからである。また白光りの色が知恵の真理を意味するのは、起源を光から得ており、それはその太陽の火から発出し、またその発出している光はその本質で神的知恵、そのように知恵の真理であるからである。また黒は起源を無知であるそれらの陰から得ている。

 [3] しかし、それぞれ別々に石によって、善の何が、また真理の何が意味されるか詳細に明することは、あまりに退屈なものとなるであろう。しかし、それでも、それぞれの石で善と真理の何が、この順序で、意味されるか知られるために、前にイスラエルの十二部族が扱われているところに見られ、説明されていたる(75節から8まで、349-361)。というのは、同様のものがここに、それぞれの石によって、そこに名前を挙げられているそれぞれの部族によって意味されるから、というのは、そこに同様に述べられた十二部族によって教会とその教えのすべての善と真理が、その順序で、意味されるからである。それゆえ、この章の中にも、これらの十二の土台の中に小羊の十二の使徒の名前が書かれていたこと言われており(14)、また「十二の使徒」によって、主についての教え、またその方の戒めにしたがった生活についてのすべてのものが意味される。

これらの十二の石によってと同様のものが、ウリムとトンミムと呼ばれたアロンの胸当ての中の宝石によって(それらについて、「出エジプト記」28:15-21、それらは『天界の秘義』9856から9882番まで、個々に説明されている)後者の中にイスラエルの十二部族の名前があり、前者の中に小羊の十二の使徒の名前があるという相違とともに、意味されている。

 [4] 土台が宝石から〔できて〕いることは、「イザヤ」にも言われている――

 

 「ああ、苦しめられた者よ、見よ、わたしはあなたの石をアンチモンで配列する、あなたの土台をサファイアに、あなたの門を紅玉の石に置く。あなたのすべての息子はエホバにより教えられる(54:11, 12, 13)

 

 「苦しめられた者」によって、主により異教徒のもとに設立される教会が意味される。同書に――

 

 「このように主、エホバは言う。わたしはシオンの中に石を、試みの石を基礎づける、建てられる基礎の貴い隅〔の石として〕。わたしは判断(審判)を規則の中に、また公正を測鉛線の中に置く」(28:16, 17)

 

 [5] みことばからの教えのすべての真理は主の認知の上に基礎づけられなくてはならないので、それゆえ、主は、「イスラエルの石」(創世記49:24)、なおまた「建築家が捨てた隅の石」と呼ばれる(マタイ21:42、マルコ12:19, 11、ルカ20:17, 18)。「隅の石」が土台の石であることは「エレミヤ書」51:26から明らかである。

 主もまたみことばの中の多くの箇所の中で「岩」と呼ばれた。それゆえ、「この岩の上に、わたしはわたしの教会を建てる」(マタイ16:18, 19)言されたとき、「岩」によって、ご自分を意味した。そしてまた、言ったとき、

 

 「わたしのことばを聞き、それを行なう者は、賢明な男に例えられる、その者は家を建て、土台を岩の上に置く」(ルカ6:47, 48、マタイ7:24, 25)

 

 「岩」によって、みことばの神的真理に関する主が意味される。

 教会とその教えのすべてのものは、直接に主に近づかなくてはならないこと、また悪を罪として避けて十戒の戒めにしたがって生きなくてはならないこと、これら二つに関係する、またこのように教えのすべてのものは主への愛と隣人に対する愛に関係することが『新しいエルサレムの教え 仁愛について』☆の中に見られ、そこにこれらがその順序で説明されている。

 

ここにこのように述べられている『仁愛について』の著作は本書『啓示された黙示録』が出版されたと同年の1766年に著述されましたが、出版されることはありませんでした。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 01:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 914

(1) 原文

914. [Vers. 19.] " Et fundamenta muri urbis omni lapide pretioso exornata," significat quod omnia doctrinae Novae Hierosolymae ex Sensu literae Verbi desumpta apud illos qui ibi sunt, apparitura sint in luce secundum receptionem.Per "duodecim fundamenta" significantur omnia doctrinae (n. 902); per "murum" significatur Verbum in Sensu literae (n. 898); per "urbem sanctam Hierosolymam" significatur Nova Domini Ecclesia (n. 879, 880); per "lapidem pretiosum" significatur Verbum in Sensu literae pellucens ex Sensu spirituali ejus (n. 231, 540, 726, 911); et quia hoc fit secundum receptionem, ideo significatur quod omnia doctrinae ex Verbo apud illos apparitura sint in luce secundum receptionem. Omnis qui non sane cogitat, non potest credere quod omnia Ecclesiae novae possint apparere in luce; at sciant quod possint: nam cuivis homini est cogitatio exterior et interior; cogitatio interior est in luce Caeli et vocatur perceptio, et cogitatio exterior est in luce mundi; ac intellectus apud unumquemvis hominem talis est ut possit elevari usque in lucem Caeli, et quoque elevatur si ex aliquo jucundo vult videre verum; quod ita sit, per multam experientiam scire datum est, de qua videantur mirabilia in Sapientia Angelica de Divina Providentia, et adhuc plura in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia: nam jucundum amoris et sapientiae elevat cogitationem, ut videat sicut in luce quod ita sit, tametsi non prius audiverat illa. Haec lux, quae mentem illustrat, non aliunde influit quam e Caelo a Domino; et quia illi qui e nova Hierosolyma erunt, directe adituri sunt Dominum, lux illa influit via ordinis, quae est per amorem voluntatis in perceptionem intellectus. [2] Ast qui confirmaverunt apud se illud dogma, quod intellectus in theologicis nihil visurus sit, sed quod caece credendum sit quod Ecclesia docet, illi non possunt aliquod verum in luce videre, obstruxerunt enim viam lucis apud se: hoc dogma retinuit Ecclesia Reformatorum ex Religioso Romano Catholico, quod tradit quod nullus praeter ipsam Ecclesiam, per quam intelligunt Pontificem et Papale Consistorium, interpretaturus sit Verbum, et quod qui non fide amplectitur omnia doctrinae ab Ecclesia traditae, pro haeretico habendus sit, et quod anathema sit: quod ita sit, constat ex clausula Concilii Tridentini in quo omnia dogmata istius Religiosi constabilita sunt, ubi haec ad finem dicuntur:

 

Dixit tunc Praeses Moronus, "Ite in pace."

Secutae acclamationes; inter alias haec [dixerunt] cardinalis e Lotharingia et Patres:-

[Card.] "Omnes ita credimus, omnes id ipsum sentimus, omnes consentientes et amplectentes subscribimus; haec est fides beati Petri et Apostolorum; haec est fides Patrum; haec est fides Orthodoxorum.

[Respons.] "[Fiat,] fiat. Amen, Amen."

[Card] "Anathema cunctis haereticis."

[Respons.] "Anathema, Anathema."

 

Decreta illius Concilii sunt quae supra in principio hujus operis in summa adducta sunt, in quibus tamen vix unum verum est. [3] Haec allata sunt, ut sciatur, quod Reformati caecam fidem, hoc est, fidem separatam ab intellectu retinuerint ex Religioso illo; et qui posthac retinent illam non possint illustrari in Divinis Veris a Domino. Quamdiu intellectus captivatur sub obedientia fidei, seu intellectus removetur a videndis veris Ecclesiae, fit theologia non nisi quam res memoriae; et res solius memoriae dissipatur sicut omnis res dissoluta a suo judicio, et perit ex suo obscure. Inde est, quod sint

 

"Duces caeci caecorum; et quando caecus caecum ducit, ambo in foveam cadunt" (Matth. xv. 14);

 

et sunt caeci, quia non ingrediuntur per januam, sed aliunde; Jesus enim dicit,

 

"Ego sum Janua: per Me si quis introiverit, salvabitur, et ingredietur et egredietur, et pascuum inveniet," (Joh. x. 9);

 

"pascuum invenire" est doceri, illustrari et nutriri in Divinis veris. Omnes qui non intrant per Januam, hoc est, per Dominum, vocantur "fures et latrones;" at qui intrant per Januam, hoc est, per Dominum, vocantur "pastores ovium," in eodem capite (x. vers. 1, 2); ergo adi, amice, Dominum, et fuge mala ut peccata, et rejice solam fidem, et tunc aperietur intellectus tuus, et videbis mirabilia, et afficieris illis.

 

(2) 直訳

914. [Vers. 19.] " Et fundamenta muri urbis omni lapide pretioso exornata," significat quod omnia doctrinae Novae Hierosolymae ex Sensu literae Verbi desumpta apud illos qui ibi sunt, apparitura sint in luce secundum receptionem.− 914(19)「また、都の城壁の土台(基礎)はすべての宝石で飾られ〔てい〕た」は、みことばの文字どおりの意味から取られた新しいエルサレムのすべての教えが、彼らのもとで、その者はそこにいる、受け入れにしたがって光の中で見られることになることを意味する――

Per "duodecim fundamenta" significantur omnia doctrinae (n. 902); 「十二の土台」によって、教えのすべてのものが意味される(902)

per "murum" significatur Verbum in Sensu literae (n. 898); 「城壁」によって、文字どおりの意味の中のみことばが意味される(898)

per "urbem sanctam Hierosolymam" significatur Nova Domini Ecclesia (n. 879, 880); 「聖なる都エルサレム」によって、主の新しい教会が意味される(879, 880)

per "lapidem pretiosum" significatur Verbum in Sensu literae pellucens ex Sensu spirituali ejus (n. 231, 540, 726, 911); 「宝石」によって、文字どおりの意味の中のみことばが意味される、その霊的な意味から透明になっている(231, 540, 726, 911)

et quia hoc fit secundum receptionem, ideo significatur quod omnia doctrinae ex Verbo apud illos apparitura sint in luce secundum receptionem. また、このことは受け入れにしたがって生じるので、それゆえ、意味される、彼のもとのみことばからの教えのすべてのものは、受け入れにしたがって光の中で見られるようになること。

Omnis qui non sane cogitat, non potest credere quod omnia Ecclesiae novae possint apparere in luce; すべての者は、その者は健全に考えない、信じることができない、新しい教会のすべてのものが光の中に見られることができること。

at sciant quod possint: しかし、できることを知らなければならない。

nam cuivis homini est cogitatio exterior et interior; なぜなら、それぞれの人間に外的なまた内的な思考があるからである。

cogitatio interior est in luce Caeli et vocatur perceptio, et cogitatio exterior est in luce mundi; 内的な思考は天界の光の中にある、また知覚と呼ばれる、また外的な思考は世の光の中にある。

ac intellectus apud unumquemvis hominem talis est ut possit elevari usque in lucem Caeli, et quoque elevatur si ex aliquo jucundo vult videre verum; そして、それぞれの人間のもとの理解力はこのようなものである、天界の光の中に高揚されることができるような、そしてまた高揚される、もし何らかの快さから真理を見ることを欲するなら。

quod ita sit, per multam experientiam scire datum est, de qua videantur mirabilia in Sapientia Angelica de Divina Providentia, et adhuc plura in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia: そのようであることが、多くの経験から知ることが与えられた、それについて驚くべきことが『神的摂理について天使の知恵』の中に見られる、さらに多くのものが『神的愛と神的知恵について天使の知恵』の中に。

nam jucundum amoris et sapientiae elevat cogitationem, ut videat sicut in luce quod ita sit, tametsi non prius audiverat illa. なぜなら、愛と知恵の快さは思考を高揚させるから、そのようであることを光の中でのように見るように、たとえ以前にそれらを聞かなかったにしても。

Haec lux, quae mentem illustrat, non aliunde influit quam e Caelo a Domino; この光は、それは心を照らす、主から天界から以外の他のところから流入しない。

et quia illi qui e nova Hierosolyma erunt, directe adituri sunt Dominum, lux illa influit via ordinis, quae est per amorem voluntatis in perceptionem intellectus. また、彼らは、その者は新しいエルサレムからの者になる、直接に主に近づくことになるので、その光は秩序の道(経路)で流入する、それは意志の愛を通して理解力の思考の中へである。

[2] Ast qui confirmaverunt apud se illud dogma, quod intellectus in theologicis nihil visurus sit, sed quod caece credendum sit quod Ecclesia docet, illi non possunt aliquod verum in luce videre, obstruxerunt enim viam lucis apud se: [2] しかし、自分自身のもとにその教義を確信した者は、理解力は神学の中に何も見るようにならないこと、しかし、盲目に信じなくてはならない、教会が教えることを、彼らは何らかの真理を光の中で見ることができない、というのは、自分自身のもとで光の道をさえぎるから。

hoc dogma retinuit Ecclesia Reformatorum ex Religioso Romano Catholico, quod tradit quod nullus praeter ipsam Ecclesiam, per quam intelligunt Pontificem et Papale Consistorium, interpretaturus sit Verbum, et quod qui non fide amplectitur omnia doctrinae ab Ecclesia traditae, pro haeretico habendus sit, et quod anathema sit: この教義を改革派の教会はローマカトリックの宗教的信念から保持している、それは伝えて(引き渡して)いる、教会そのものを除いて、それ〔教会〕によってローマ教皇と教皇の教会会議が意味される、みことばを解釈することになる、また信仰を抱かない者は、教会から伝えられたすべての教えを、異端として見なされるべきである、また呪い(破門)☆であること。

anathema は「呪い」と「破門」を含んだ言葉と思います、どちらか一方の訳語とすると正確な意味でなくなると思うのでものように表わしておきます。

quod ita sit, constat ex clausula Concilii Tridentini in quo omnia dogmata istius Religiosi constabilita sunt, ubi haec ad finem dicuntur: そのようであることは、「トレント公会議」の結び(結論)から明らかである、その中に、その宗教的信念のすべての教義が確立されている、そこにこれらが終わりに言われている――

Dixit tunc Praeses Moronus, "Ite in pace." その時、主宰者(議長)ロヌスは言った、「行け、平和の中で」。

Secutae acclamationes; 叫び(歓声)、続いて。

inter alias haec [dixerunt] cardinalis e Lotharingia et Patres:- 他のものの間にこれらが〔言われた〕、ロレーヌ(フランス東北部の地方・旧公国)からの枢機卿と教父たちの――

[Card.] "Omnes ita credimus, omnes id ipsum sentimus, omnes consentientes et amplectentes subscribimus; 〔枢機卿〕「そのようなすべてのものを私たちは信じる、そのすべてのものそのものを私たちは感じる(思う)、同意したまた抱いたすべてのものを私たちは署名する(支持する)

haec est fides beati Petri et Apostolorum; これは祝福されたペトロと使徒たちの信仰である。

haec est fides Patrum; これは教父たちの信仰である。

haec est fides Orthodoxorum. これは正教(正統)的な信仰である。

[Respons.] "[Fiat,] fiat. Amen, Amen." 〔応答〕「〔そうであれ〕そうであれ、アーメン、アーメン」。

fiat は「生じる、〜になる」の意味の動詞 fio の接続法・現在・三人称・単数です。イタリアの自動車製造会社の社名「フィアット」はこれです(Fabbrica Italiana Automobili Torino)の頭文字とのことですが、ちゃんとラテン語となっています(出典:大西英文『はじめてのラテン語』(講談社現代新書)p118、なお本書は入門書と思えないすばらしい本です、お勧めいたします)

[Card] "Anathema cunctis haereticis." 〔枢機卿〕「異端のすべてのものに、呪い(破門)〔あれ〕」。

[Respons.] "Anathema, Anathema." 〔応答〕「呪い(破門)〔あれ〕、呪い(破門)〔あれ〕」。

Decreta illius Concilii sunt quae supra in principio hujus operis in summa adducta sunt, in quibus tamen vix unum verum est. その会議の決議は、それらは上に、この著作の最初に要約して提示された、それらの中に、それでも、ほとんど一つの真理もない。

[3] Haec allata sunt, ut sciatur, quod Reformati caecam fidem, hoc est, fidem separatam ab intellectu retinuerint ex Religioso illo; [3] これらが提示された、知られるために、改革派教会の者が盲目の信仰を、すなわち、理解力から分離した信仰、その宗教的信念から保持していること。

et qui posthac retinent illam non possint illustrari in Divinis Veris a Domino. また、その者は、今後、それを保持する、主から神的真理の中で照らされることができない。

Quamdiu intellectus captivatur sub obedientia fidei, seu intellectus removetur a videndis veris Ecclesiae, fit theologia non nisi quam res memoriae; 理解力が信仰の服従の下に捕えられているかぎり、すなわち、理解力が教会の真理を見ていることから遠ざけられる、神学は記憶の事柄以外でないならない〔ことが〕生じる。

et res solius memoriae dissipatur sicut omnis res dissoluta a suo judicio, et perit ex suo obscure. また記憶だけの事柄は、その判断(力)ら見捨てられたすべてのもののように追い散らされる、またそのあいまいさ(不明瞭さ)から滅びる。

Inde est, quod sint ここからである、〜ことである

"Duces caeci caecorum; 「盲目な者たちの盲目な導く者たち。

et quando caecus caecum ducit, ambo in foveam cadunt" (Matth. xv. 14); また、盲目な者が盲目な者を導く時、両方は穴の中に落ちる」(マタイ15:14)

et sunt caeci, quia non ingrediuntur per januam, sed aliunde; また、盲目な者である、門を通って入らないからである、しかし、他のところから。

Jesus enim dicit, というのは、イエスは言うから、

"Ego sum Janua: 「わたしは門である。

per Me si quis introiverit, salvabitur, et ingredietur et egredietur, et pascuum inveniet," (Joh. x. 9); わたしを通って、もし、だれかが入ったなら、救われるであろう、また入るまた出て行く、また牧草地を見つける」(ヨハネ10:9)

"pascuum invenire" est doceri, illustrari et nutriri in Divinis veris. 「牧草地を見つけること」は教えられること、照らされること、養われることである、神的真理の中で。

Omnes qui non intrant per Januam, hoc est, per Dominum, vocantur "fures et latrones;" すべての者は、その者は門を通って入らない、すなわち、主を通って、「盗人と強盗」と呼ばれる。

at qui intrant per Januam, hoc est, per Dominum, vocantur "pastores ovium," in eodem capite (x. vers. 1, 2); しかし、門を通って入る者は、すなわち、主を通って、「羊の牧者」と呼ばれる、同じ章の中に(10:1, 2)

ergo adi, amice, Dominum, et fuge mala ut peccata, et rejice solam fidem, et tunc aperietur intellectus tuus, et videbis mirabilia, et afficieris illis. それゆえ、近づけ(adeo)、友よ、主に、また悪を罪として避けよ、また信仰のみを退けよ、また(すると)その時、あなたの理解力は開かれる、またあなたは驚くべきものを見る、またそれらに感動する。

 

(3) 訳文

 914(19)「都の城壁の土台はすべての宝石で飾られていた」は、みことばの文字どおりの意味から取られた新しいエルサレムのすべての教えが、そこにいる者のもとで、受け入れにしたがって光の中で見られようになることを意味する

 「十二土台」によって、教すべてのもの意味される(902)「城壁」によって、文字どおりの意味の中のみことばが意味される(898)。「聖なる都エルサレム」によって、主の新しい教会が意味される(879, 880)。「宝石」によって、文字どおりの意味の中のみことばが意味され、その霊的な意味から透明になっている(231, 540, 726, 911)。また、このことは受け入れにしたがって生じるので、それゆえ、彼のもとのみことばからの教えのすべてのものは、受け入れにしたがって光の中で見られるようになることが意味される。

 健全に考えないすべての者は、新しい教会のすべてのものが光の中に見られることができることを信じることができない。しかし、できることを知らなければならない――なぜなら、それぞれの人間に外的なまた内的な思考があるからである。内的な思考は天界の光の中にあり、知覚と呼ばれ、外的な思考は世の光の中にある。そして、それぞれの人間のもとの理解力は、天界の光の中に高揚されることができる、そしてまた、もし何らかの快さから真理を見ることを欲するなら高揚されるようなものである。そのようであることが、多くの経験から知ることが与えられた、それについて驚くべきことが『神の摂理』の中に、さらに多くのものが『神の愛と知恵』の中に見られる。なぜなら、愛と知恵の快さは思考を、そのようであることを光の中でのように見るように高揚させるから、たとえ以前にそれらを聞かなかったにしても。

心を照らすこの光は、主から天界から以外の他のところから流入しない。また、新しいエルサレムの者になる彼らは、直接に主に近づくので、その光は秩序の道で流入する、それは意志の愛を通して理解力の思考の中への道である。

 [2] しかし、理解力は神学の中に何も見るようにならない、しかし、教会が教えることを盲目に信じなくてはならないことを、その教義を自分自身のもとに確信した者は、彼らは何らかの真理を光の中で見ることができない、というのは、自分自身のもとで光の道をさえぎるから。この教義を改革派の教会はローマカトリックの宗教的信念から保持している、それは伝えている、ローマ教皇と教皇の教会会議が意味される教会そのものが、みことばを解釈することになり、また教会から伝えられたすべての教えの信仰を抱かない者は、異端として見なされるべきであり、呪い(破門)☆であること。そのようであることは、「トレント公会議」の結びから明らかであり、その中に、その宗教的信念のすべての教義が確立されていて、そこにこれらが終わりに言われている――

 

 その時、議長モロヌスは言った、「行け、平和に」。歓声が続いた。他のものの間に、ロレーヌ(フランス東北部の地方・旧公国)からの枢機卿と教父たちのこれらが〔言われた〕――

〔枢機卿〕「私たちは、そのようなすべてのものを、信じる、そのすべてのものを、そのものと思う、同意しし、抱いたすべてのものを支持する。これは祝福されたペトロと使徒たちの信仰である。これは教父たちの信仰である。これは正教的な信仰である。

 〔応答〕「〔そうであれ〕そうであれ、アーメン、アーメン」。

 〔枢機卿〕「異端のすべてのものに、呪い(破門)〔あれ〕」。

 〔応答〕「呪い(破門)〔あれ〕、呪い(破門)〔あれ〕」。

 

 その会議の決議は、それらは前に、この著作の最初に要約して提示されたが、それらの中に、それでも、ほとんど一つの真理もない。

 [3] これらは、改革派教会の者が盲目の信仰を、すなわち、理解力から分離した信仰を、その宗教的信念から保持している、また、それを保持する者は、今後、主から神的真理の中で照らされることができないことが知られるために示された。

 理解力が信仰の服従の下に捕えられている、すなわち、理解力が教会の真理を見ていることから遠ざけられているかぎり、神学は記憶の事柄でしかないない〔ことに〕なる。また記憶だけの事柄は、その判断(力)ら見捨てられたすべてのもののように追い散らされ、そのあいまいさから滅びる。

 ここから、彼らは「盲目な者たちの盲目な導く者たち」であり、「盲目な者が盲目な者を導く時、両者は穴の中に落ちる」ことになる(マタイ15:14)。また、門を通って入らないで、他のところから入るので、盲目な者である。

 というのは、イエスは言うから、

 

 「わたしは門である。わたしを通って、もし、だれかが入ったなら、救われ、入り、出て行き、牧草地を見つけるであろう」(ヨハネ10:9)

 

 「牧草地を見つけること」は、神的真理の中で教えられること、照らされること、養われることである。

 門を通って入らない、すなわち、主を通って入らないすべての者は、「盗人と強盗」と呼ばれる。しかし、門を通って、すなわち、主を通って入る者は、同章の中で「羊の牧者」と呼ばれる(10:1, 2)。それゆえ、友よ、主に近づけ、悪を罪として避けよ、信仰のみを退けよ、するとその時、あなたの理解力は開かれ、驚くべきものを見、それらに感動する。

 

anathema は「呪い」と「破門」を含んだ言葉と思います、どちらか一方の訳語とすると正確な意味でなくなると思うのでこのように表わしておきます。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark