RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 609

(1) 原文

609. " Numerus enim hominis est," significat quale Verbi et inde Ecclesiae.Per "hominem" significatur sapientia et intelligentia (n. 243), hic sapientia et intelligentia ex Verbo; ita quoque Verbum quoad sapientiam et intelligentiam apud hominem Ecclesiae. Ipsa etiam Ecclesia apparet coram Domino ut homo; inde homo Ecclesiae quoad spiritum suum in Caelo apparet ut homo secundum quale Ecclesiae ex Verbo apud illum: hoc itaque est, quod hic significatur per "numerum hominis," quia sequitur post haec, "habens intelligentiam computet numerum Bestiae;" per quae significatur, quod qui in illustratione est a Domino cognoscere possit quale confirmationum doctrinae et fidei de Deo et Salvatione est apud Clericos: quale Ecclesiae ex Verbo etiam significatur per "hominem" (n. 920, et quoque alibi).

 

(2) 直訳

609. " Numerus enim hominis est," significat quale Verbi et inde Ecclesiae.― 609「というのは、人間の数(数字)であるから」は、みことばの、またここから教会の性質を意味する。

Per "hominem" significatur sapientia et intelligentia (n. 243), hic sapientia et intelligentia ex Verbo; 「人間」によって、知恵と知性が意味される(243)、ここに、みことばからの知恵と知性が。

ita quoque Verbum quoad sapientiam et intelligentiam apud hominem Ecclesiae. そのようにみことばもまた、教会の人間のもとの知恵と知性に関して。

Ipsa etiam Ecclesia apparet coram Domino ut homo; 教会そのものもまた主の前に人間として見られる。

inde homo Ecclesiae quoad spiritum suum in Caelo apparet ut homo secundum quale Ecclesiae ex Verbo apud illum: ここから、教会の人間は自分の霊に関して天界の中で人間として見られる、彼のもとのみことばからの教会の性質にしたがって。

hoc itaque est, quod hic significatur per "numerum hominis," quia sequitur post haec, "habens intelligentiam computet numerum Bestiae;" そこで、このことである、ここに「人間の数(数字)」によって意味されること、この後に続けられるからである、「知性っている(数字)える(未来)

per quae significatur, quod qui in illustratione est a Domino cognoscere possit quale confirmationum doctrinae et fidei de Deo et Salvatione est apud Clericos: それによって意味される、主からの照らしの中にいる者は知ることができること、聖職者のもとの神と救いについて、教えと信仰の確信がどんなものであるか。

quale Ecclesiae ex Verbo etiam significatur per "hominem" (n. 920, et quoque alibi). みことばからの教会の性質(どんなものか)もまた「人間」によって意味される(920番☆、そしてまた他の箇所に)

920番は該当しません、910番のミスです。(注釈なしで、修正してよいでしょう)

 

(3) 訳文

 609「というのは、人間の数(数字)であるから」は、みことばの、またここから教会の性質を意味する。

 「人間」によって、知恵と知性が意味され(243)、ここに、みことばからの知恵と知性が、そのように、みことばもまた、教会の人間のもとの知恵と知性に関して意味される。

 教会そのものもまた主の前に人間として見られる。ここから、教会の人間は自分の霊に関して天界の中で、彼のもとのみことばからの教会の性質にしたがって人間として見られる。そこで、ここに「人間の数(数字)」によって意味されるものはこのことである、この後に、「知性っている(数字)えよ」が続けられるからであるそれによって、主からの照らしの中にいる者は、聖職者のもとの神と救いについて、教えと信仰の確信がどんなものであるか、知ることができることが意味される。みことばからの教会の性質もまた「人間」によって意味される(910番、そしてまた他の箇所に)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 608

(1) 原文

608. " Habens intelligentiam computet numerum Bestiae," significat quod qui in illustratione a Domino est, cognoscere possit quale confirmationum istius doctrinae et fidei ex Verbo est apud illos."Habens intelligentiam" significat in illustratione a Domino esse: "computare numerum" significat cognoscere quale; per "numerum" significatur quale (n. 348, 364, 448), et per "computare" significatur cognoscere; et quia quale, quod per "numerum" significatur, est quale quoad verum, et omne verum doctrinae et fidei Ecclesiae est ex Verbo, ideo intelligitur quale confirmationum ex Verbo; hoc etiam est quale quod significatur per numerum "666," de quo sequitur.

 

(2) 直訳

608. " Habens intelligentiam computet numerum Bestiae," significat quod qui in illustratione a Domino est, cognoscere possit quale confirmationum istius doctrinae et fidei ex Verbo est apud illos.― 608「知性を持っている者は獣の数(数字)を数える(未来)」は、主からの照らしの中にいる者が、知ることができることを意味する、彼らのもとの、みことばからのその教えと信仰がどんなもの「である」か。

"Habens intelligentiam" significat in illustratione a Domino esse: 「知性っている者」、主からのらしのにいることを意味する

"computare numerum" significat cognoscere quale; 「(数字)を数えること」は性質を知ることを意味する。

per "numerum" significatur quale (n. 348, 364, 448), et per "computare" significatur cognoscere; 「数(数字)」によって、性質が意味される(348, 364, 448)、また「数えること」によって、知ることが意味される。

et quia quale, quod per "numerum" significatur, est quale quoad verum, et omne verum doctrinae et fidei Ecclesiae est ex Verbo, ideo intelligitur quale confirmationum ex Verbo; また性質は、それは「数(数字)」によって意味される、真理に関する性質(がどんなものか)である、また教会の教えと信仰のすべての真理は、みことばからである、それゆえ、みことばからの確信がどんなものか意味される。

hoc etiam est quale quod significatur per numerum "666," de quo sequitur. これもまた、性質である、数(数字)六百六十六」によって意味される、それについて続けられる。

 

(3) 訳文

 608「知性を持っている者は獣の数(数字)を数えよ」は、主からの照らしの中にいる者が、彼らのもとの、みことばからのその教えと信仰がどんなものか知ることができることを意味する。

 「知性っている者」、主からのらしのにいることを意味する。「数(数字)えること性質ることを意味する。「数(数字)」によって、性質が意味され(348, 364, 448)、「数えること」によって、知ることが意味される。また「数(数字)」によって意味される性質は、真理に関する性質であり、また教会の教えと信仰のすべての真理は、みことばからである、それゆえ、みことばからの確信がどんなものか意味される。これはまた、数(数字)六百六十六」によって意味される性質であり、それについて続けられる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 607

(1) 原文

607. [Vers. 18.] " Hic sapientia est," significat quod sapientis sit ex illis, quae in hoc capite dicta et explicata sunt, videre et intelligere, qualis est doctrina et fides de Deo et de salvatione apud Clericos.Dicitur "hic" quia intelliguntur illa quae in hoc capite dicta et explicata sunt, in specie quae de "Bestia ex Terra," per quam significatur doctrina et inde fides de Deo et de salvatione apud Clericos (n. 594), nam de hac Bestia, haec, quae in hoc versu, dicuntur; et quia sapientis, seu sapientiae, est, videre et intelligere qualis illa doctrina et inde fides est, dicitur, "Hic sapientia est."

 

(2) 直訳

607. [Vers. 18.] " Hic sapientia est," significat quod sapientis sit ex illis, quae in hoc capite dicta et explicata sunt, videre et intelligere, qualis est doctrina et fides de Deo et de salvatione apud Clericos.― 607(18)「ここに知恵がある」は、それらから知恵のものであることを意味する、それらはこの章の中で言われた、また説明された、見ることまた理解することが、聖職者のもとの神についてと救いについて教えと信仰のようなものである。

Dicitur "hic" quia intelliguntur illa quae in hoc capite dicta et explicata sunt, in specie quae de "Bestia ex Terra," per quam significatur doctrina et inde fides de Deo et de salvatione apud Clericos (n. 594), nam de hac Bestia, haec, quae in hoc versu, dicuntur; 「ここに」と言われる、それらが意味されるからである、それらはこの章の中で言われた、また説明された、特に、「地からの獣」について、それによって、聖職者のもとの神についてまた救いについて教えとまたここからの信仰が意味される(594)、なぜなら、この獣について、これは、それはこの節の中で、言われる。

et quia sapientis, seu sapientiae, est, videre et intelligere qualis illa doctrina et inde fides est, dicitur, "Hic sapientia est." また知恵のもの、知恵であるので、見ることと理解することが、言われる、その教えとここからの信仰がどんなものか(性質)、「ここに知恵がある」と。

 

(3) 訳文

 607(18) 「ここに知恵がある」は、この章の中で言われ、説明された、聖職者のもとの神と救いについての教えと信仰のようなものを見ることまた理解することが、知恵に属すものであることを意味する。

 「ここに」と言われるのは、それらはこの章の中で、特に、「地からの獣」について言われ、説明されたことが意味されるからである、それによって、聖職者のもとの神についてまた救いについて教えとまたここからの信仰が意味される(594)、なぜなら、この獣について、この節の中で言われているからである。

また知恵に属すもの、知恵であるので、その教えとここからの信仰がを性質見ることと理解することが、「ここに知恵がある」と言われる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 606

(1) 原文

606. [Vers. 17.] " Et ut nemo possit emere aut vendere, si non habet characterem, aut nomen Bestiae, aut numerum nominis ejus," significat quod nemini liceat ex Verbo docere, proinde non inaugurari sacerdotio, decorari lauru magisterii, donari pileo doctoratus, et vocari Orthodoxus, nisi qui agnoscit doctrinam illam, ac jurat in fidem et amorem ejus, aut in tale quod ei conforme est, aut in tale quod non discordat.Per "emere et vendere" significatur comparare sibi cognitiones, hic quae illius doctrinae sunt, et docere illas, de quo sequitur; per "characterem" significatur agnitio pro Christiano Reformato, et confessio quod sit (n. 605); per "nomen Bestiae" significatur quale doctrinae, per "nomen" quale (n. 81, 122, 165, 584), et per "Bestiam" significatur doctrina recepta a Laicis, ita a communi caetu (n. 567); et quia dicitur "aut nomen Bestiae" significatur quale aut tale quod ei conforme est: per "numerum" significatur quale rei (n. 448); et quia dicitur "aut numerus nominis ejus," significatur quale aut tale quod non discordat. Ita dicitur, quia doctrina, quae per Draconem et ejus Bestiam significatur non similis est in regnis ubi sunt Reformati, at similis quoad hoc principium seu caput doctrinae, Quod Fides sine Operibus Legis justificet et salvet. [2] Quod "emere et vendere" significet sibi comparare cognitiones, ac docere illas, similiter "mercari," "negotiari," et "lucrari," constat ex his locis:

 

"Omnis sitiens ite ad aquas, et cui non argentum, ite, Emite, et comedite; ite, inquam, Emite sine argento vinum et lac" Esaj. lv. 1);

"Gratis venditi estis, ideo non per argentum Redimemini" (Esaj. lii. 3);

"In sapientia tua et in intelligentia tua feceras tibi opes; et per multitudinem sapientiae in Negotiatione tua multiplicaveras tibi opes" (Ezech. xxviii. [4,] 5).

 

Quoniam per "Tyrum" significatur Ecclesia quoad cognitiones boni et veri, ideo de Tyro dicuntur haec:

 

"Omnes naves maris fuerunt ad Negotiandum negotiationem tuam: Tharschish Negotiatrix tua in argento; Javan, Thubal et Meschech, hi Mercatores tui, cum anima hominis dederunt Negotiationem: Syria Negotiatrix tua cum chrysopraso: opes tuae, Negotiationes tuae, Mercatus tui, Negotiantes negotiationem tuam, cadent in cor marium in die casus tui" (Ezech. xxvii. 1 ad fin{1});

"Ejulate naves Tharschishi, quia devastata est Tyrus, cujus Mercatores principes, et Negotiatores honorati terrae" (Esaj. xxiii. 1-8).

 

Simile per "negotiari" intelligitur in parabola Domini,

 

De homine peregre profecto, qui dedit servis suis talenta, ut Negotiarentur et Lucrarentur (Matth. xxv. 24-30{2});

Et de alio qui dedit servis suis decem minas, ut cum illis Negotiarentur (Luc. xix. 12-26);

Et de thesauro abscondito in agro, "quem repertum homo abscondidit, et vendidit omnia et emit agrum" (Matth. xiii. 44);

Et de quaerente pulchras margaritas, "qui cum invenisset unam pretiosam, vendidit omnia, et Emit illam" (Matth. xiii. 45, 46);

"Tales facti sunt Negotiatores tui a juventute; quisque regione sua aberrarunt, non salvans te" (Esaj. xlvii. 15). (Praeter pluries alibi.)

 

@1 xxviii. 1 ad fin. pro "xxxvii: 1 ad fin. Ezech. xxxvii: 1 ad fin. " @2 30 pro "20"

 

(2) 直訳

606. [Vers. 17.] " Et ut nemo possit emere aut vendere, si non habet characterem, aut nomen Bestiae, aut numerum nominis ejus," significat quod nemini liceat ex Verbo docere, proinde non inaugurari sacerdotio, decorari lauru magisterii, donari pileo doctoratus, et vocari Orthodoxus, nisi qui agnoscit doctrinam illam, ac jurat in fidem et amorem ejus, aut in tale quod ei conforme est, aut in tale quod non discordat.― 606(17) 「また、だれも買うことまたは売ることができないように、もし獣の(特別な)しるし、すなわち、名前を、すなわち、その名前の数を持たないなら」は、だれにもみことばから教えることが許されないことを意味する、それで、祭司職に就任されていない、教えることの月桂樹で飾られていない、教える者の帽子を受けて、また正統信仰と呼ばれる、それらの教えを認める者でないなら、そして誓う、彼の信仰と愛の中で、またはそれらものの中で、それに一致をもたらすもの、またはそれらのものの中で、一致しないではない(不和ではない)

Per "emere et vendere" significatur comparare sibi cognitiones, hic quae illius doctrinae sunt, et docere illas, de quo sequitur; 「買うことと売ること」によって、自分自身に知識を得ることが意味される、ここにそれらはその教えのものである、またそれらを教えること、そのことについて続けられる。

per "characterem" significatur agnitio pro Christiano Reformato, et confessio quod sit (n. 605); 「(特別な)しるし」によって、改革派のキリスト教徒としての承認(認知)が意味される、また〔その者〕であることの告白が(605)

per "nomen Bestiae" significatur quale doctrinae, per "nomen" quale (n. 81, 122, 165, 584), et per "Bestiam" significatur doctrina recepta a Laicis, ita a communi caetu (n. 567); 「獣の名前」によって、教えの性質が意味される、「名前」によって性質が(80, 122, 165, 584)、また「獣」によって、平信徒により受け入れられた教えが意味される、そのように公衆の(通常の)団により(567)

et quia dicitur "aut nomen Bestiae" significatur quale aut tale quod ei conforme est: また「すなわち、獣の名前」と言われるので、性質またはそのようなもの、それに一致をもたらすものが意味される。

per "numerum" significatur quale rei (n. 448); 「名前」によって、事柄の性質が意味される(448)

et quia dicitur "aut numerus nominis ejus," significatur quale aut tale quod non discordat. また「すなわち、その名前の数」と言われるので、性質またはそのようなもの、一致しなくはないものが意味される。

Ita dicitur, quia doctrina, quae per Draconem et ejus Bestiam significatur non similis est in regnis ubi sunt Reformati, at similis quoad hoc principium seu caput doctrinae, Quod Fides sine Operibus Legis justificet et salvet. そのように言われる、教えは、それは竜とその獣によって意味される、諸王国の中で同様ではない、そこに改革派〔の教会〕がある、しかし、同様であるからである、教えの原理または頭(主要な部分)に関して――信仰は律法の働きなしに義とし、救うこと

[2] Quod "emere et vendere" significet sibi comparare cognitiones, ac docere illas, similiter "mercari," "negotiari," et "lucrari," constat ex his locis: [2] 「買うことと売ること」が、自分自身に知識を得ることを意味することは、そしてそれらを教えること、同様に「売買すること」、「商売すること」また「もうけること」、これらの箇所から明らかである――

"Omnis sitiens ite ad aquas, et cui non argentum, ite, Emite, et comedite; 「渇いているすべての者は水へ行け、またその者に銀がない、行け、買え、また食べよ。

ite, inquam, Emite sine argento vinum et lac" Esaj. lv. 1); 行け、わたしは言う、銀なしに食べよ、ぶどう酒と乳を」(イザヤ55:1)

"Gratis venditi estis, ideo non per argentum Redimemini" (Esaj. lii. 3); 「ただで、あなたがたは売られた、それゆえ、銀なしに、あなたがたは買い戻される(あがなわれる)(イザヤ52:3)

"In sapientia tua et in intelligentia tua feceras tibi opes; 「あなたの知恵の中で(によって)、またあなたの知性の中で(によって)、あなたはあなたに富をつくった。

et per multitudinem sapientiae in Negotiatione tua multiplicaveras tibi opes" (Ezech. xxviii. [4,] 5). またあなたの商売の中で(によって)、知恵の大きいことによって、あなたはあなたに富を増大させた(エゼキエル28:4, 5)

Quoniam per "Tyrum" significatur Ecclesia quoad cognitiones boni et veri, ideo de Tyro dicuntur haec: 「ツロ」によって、善と真理の知識に関する教会が意味されるので、それゆえ、ツロについてこれらが言われる――

"Omnes naves maris fuerunt ad Negotiandum negotiationem tuam: 「海のすべての船は、あなたの取り引きを商売するためにあった。

Tharschish Negotiatrix tua in argento; タルシシュは銀の中で(によって)、あなたの女商人。

Javan, Thubal et Meschech, hi Mercatores tui, cum anima hominis dederunt Negotiationem: ヤバン、トバル、またメシェクは、これらの者はあなたの商人、人間の霊魂とともに取り引きを与えた(可能にした)

Syria Negotiatrix tua cum chrysopraso: シリアは、あなたの女商人、緑玉髄(宝石)とともに。

opes tuae, Negotiationes tuae, Mercatus tui, Negotiantes negotiationem tuam, cadent in cor marium in die casus tui" (Ezech. xxvii. 1 ad fin{1}); あなたの富、あなたの取り引き、あなたの商いは、あなたの取り引きを商売する者は、あなたの倒れる(cado)日に、海の心臓の中に倒れる」(エゼキエル27:1から終わりまで)

"Ejulate naves Tharschishi, quia devastata est Tyrus, cujus Mercatores principes, et Negotiatores honorati terrae" (Esaj. xxiii. 1-8). 「タルシシュの船よ、泣きわめけ、ツロは荒らされたからである、その商人たちは君主、また商人(取り引き人)は地の尊ばれた者〔であった〕」(イザヤ23:1-8)

Simile per "negotiari" intelligitur in parabola Domini, 同様のものが「商売すること」によって意味される、主のたとえの中で、

De homine peregre profecto, qui dedit servis suis talenta, ut Negotiarentur et Lucrarentur (Matth. xxv. 24-30{2}); 国外へ旅立った人間について、その者はしもべに自分のタラントを与えた、商売をし、もうけるようにと(マタイ25:24-30)

Et de alio qui dedit servis suis decem minas, ut cum illis Negotiarentur (Luc. xix. 12-26); また他の者について、その者は自分のしもべに十ミナを与えた、それらで商売するように(ルカ19:12-26)

Et de thesauro abscondito in agro, "quem repertum homo abscondidit, et vendidit omnia et emit agrum" (Matth. xiii. 44); また、畑(ager)の中に隠された宝物について、「それを見つけた人間は隠した、またすべてのものを売った、また畑を買った」(マタイ13:44)

Et de quaerente pulchras margaritas, "qui cum invenisset unam pretiosam, vendidit omnia, et Emit illam" (Matth. xiii. 45, 46); また、美しい真珠を求めている者について、「その者が一つの貴重な(高価な)ものを見つけたとき、すべてのものを売った、またそれを買った」(マタイ13:45, 46)

"Tales facti sunt Negotiatores tui a juventute; 「あなたの取り引き人は青年期からこのような者であった。

quisque regione sua aberrarunt, non salvans te" (Esaj. xlvii. 15). 自分のそれぞれの地域をさ迷った、あなたを救う者は〔い〕ない」(イザヤ47:15)

(Praeter pluries alibi.) (ほかに多くの他の箇所に)

@1 xxviii. 1 ad fin. pro "xxxvii: 1 ad fin. Ezech. xxxvii: 1 ad fin. " 注1 xxxvii: 1 ad fin. Ezech. xxxvii: 1 ad fin.」の代わりに xxviii. 1 ad fin.

@2 30 pro "20" 注2 20」の代わりに 30

 

(3) 訳文

 606(17) 「また、もし獣の特別なしるし、すなわち、名前を、すなわち、その名前の数を持たないなら、だれも買うことまたは売ることができないようにする」は、だれにもみことばから教えることが許されないことを意味する、それで、祭司職に就任されていない、教えることの月桂樹で飾られていない、教える者の帽子を受けて、また正統信仰と呼ばれ、それらの教えを認め、そして、彼の信仰と愛の中で、またはそれに一致をもたらすもの中で、、または一致しなくはないものの中で誓う者でないなら〔許されないことを意味する〕。

 「買うことと売ること」によって、自分自身に知識を得ることが意味される、ここにそれらはその教えのもの、またそれらを教えることであり、そのことについて続けられる。「(特別な)しるし」によって、改革派のキリスト教徒としての認知が、またその者であることの告白が味される(605)。「獣の名前」によって、教えの性質が、「名前」によって性質が意味される(80, 122, 165, 584)、また「獣」によって、平信徒により、そのように公衆の団により受け入れられた教えが意味される(567)。また「すなわち、獣の名前」と言われるので、それに一致をもたらす性質またはそのようなものが意味される。「名前」によって、事柄の性質が意味される(448)。また「すなわち、その名前の数」と言われるので、一致しなくはない性質またはそのようなものが意味される。

 そのように言われる、竜とその獣によって意味される教えは、改革派の教会がある諸王国で同様ではない、しかし、教えの原理または頭(主要な部分)に関して同様であるからである――信仰は律法の働きなしに義とし、救うこと

 [2] 「買うこととること、自分自身知識ることをそしてそれらをえること、同様「売買すること」、「商売することまたもうけること」を意味することはこれらの箇所かららかである――

 

 「渇いているすべてのまたがない。行、買またべよ。行わたしは、銀なしにべよぶどう(イザヤ55:1)

 「ただであなたがたはられたそれゆえ、銀なしにあなたがたはされる(イザヤ52:3)

 「あなたの知恵によってたあなたの知性によってあなたはあなたにをつくったまたあなたの商売によって、知恵の大きいことによって、あなたはあなたに富を増した(エゼキエル28:4, 5)

 

「ツロ」によって、善と真理の知識に関する教会が意味されるので、それゆえ、ツロについてこれらが言われる――

 

 「海のすべての船は、あなたの取り引きを商売するためにあった。タルシシュは銀によって、あなたの女商人。ヤバン、トバル、メシェクは、これらの者は、あなたの商人、人間の霊魂とともに取り引きを与えた。シリアは、緑玉髄(宝石)とともに、あなたの女商人。あなたの富、あなたの取り引き、あなたの商いは、あなたの取り引きを商売する者は、あなたの倒れる日に、海の心臓の中に倒れる」(エゼキエル27:1から終わりまで)

 「タルシシュの船よ、泣きわめけ、ツロは荒らされたからである、その商人たちは君主、また取り引き人は地の尊ばれた者〔であった〕」(イザヤ23:1-8)

 

 同様のものが、主のたとえの中の「商売すること」によって意味される、

 

 国外へ旅立った人間について、その者はしもべに、商売をし、もうけるようにと自分のタラントを与えた(マタイ25:24-30)

 また他の者について、その者は自分のしもべに、それらで商売するように十ミナを与えた(ルカ19:12-26)

 また、畑の中に隠された宝物について、「それを見つけた人間は隠した、またすべてのものを売り、畑を買った」(マタイ13:44)

 また、美しい真珠を求めている者について、「その者が一つの貴重な(高価な)ものを見つけたとき、すべてのものを売り、それを買った」(マタイ13:45, 46)

 「あなたの取り引き人は青年期からこのような者であった。自分のそれぞれの地域をさ迷った、あなたを救う者はいない」(イザヤ47:15)(ほかに他の多くの箇所に)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 605

(1) 原文

605. " Ut det illis characterem super manu eorum dextra et super frontibus eorum," significat quod nemo pro Christiano Reformato agnoscatur, nisi qui fide et amore recipit doctrinam illam.Per "dare characterem" significatur agnoscere pro Christiano Reformato, seu quod sit ex confessione illa, quam doctrina docet; "character" est agnitio quod talis, ut et confessio quod sit; per "manum dextram" significatur omne hominis quoad potentiam intellectualem, ita quoad fidem, "manus dextra" enim significat potentiam hominis (n. 457); per "frontem" significatur omne hominis quoad potentiam voluntariam, ita quoad amorem, "frons" enim significat amorem (n. 347).

 

(2) 直訳

605. " Ut det illis characterem super manu eorum dextra et super frontibus eorum," significat quod nemo pro Christiano Reformato agnoscatur, nisi qui fide et amore recipit doctrinam illam.― 605「彼らに、彼らの右手の上に、また彼らの額の上に(特別な)るしを与えるように」は、だれも改革派のキリスト教徒として認められないことを意味する、その者は信仰と愛でそれらの教えを受け入れないなら。

Per "dare characterem" significatur agnoscere pro Christiano Reformato, seu quod sit ex confessione illa, quam doctrina docet; 「(特別)るしをえることによって、改革派のキリスト教徒としてることが意味される、または告白からそれらであることを。

"character" est agnitio quod talis, ut et confessio quod sit; 「(特別)るしそのようなであることの承認(認知)である、そのようにまた〔その者〕であることの告白

per "manum dextram" significatur omne hominis quoad potentiam intellectualem, ita quoad fidem, "manus dextra" enim significat potentiam hominis (n. 457); 「右手」によって、人間のすべてのものが意味される、知的な能力(力)に関する、そのように信仰に関する、というのは「右手」は人間の能力(力)を意味するから(457番)

per "frontem" significatur omne hominis quoad potentiam voluntariam, ita quoad amorem, "frons" enim significat amorem (n. 347). 「」によって、人間のすべてのものが意味される、意志の能力(力)に関する、そのように愛に関する、というのは「」は愛を意味するから(347番)

 

(3) 訳文

 605「彼らに、彼らの右手の上に、また彼らの額の上に特別なしるしを与えるように〔する〕」は、信仰と愛でそれらの教えを受け入れる者でないなら、だれも改革派のキリスト教徒として認められないことを意味する。

 「(特別)るしをえることによって、改革派のキリスト教徒として、または告白からそれらであることを認ることが意味される。「(特別)るしそのようなであることの認知、そのようにまたそのであることの告白である。「右手」によって、知的な力に関する、そのように信仰に関する人間のすべてのものが意味される、というのは「右手」は人間の力を意味するから(457番)」によって、人間の、意志の力に関する、そのように愛に関するすべてのものが意味される、というのは「」は愛を意味するから(347番)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark