RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 224

(1) 原文

Quod omne malum, etiam accidens ab inferno veniat

 

224.  Ex dictis{1} jam constat, quod omnia mala, etiam accidentia, quae ignorant genii infernales, ex iis tamen erumpant, nam intimum et intimius Coelum, <qui>{2} sicut media seu mediationes, disponunt ac ministrant ea quae a Deo Messia praevidentur et providentur, [et] quia salutaria generi humano sic praevisa et provisa disponunt et ministrant, ea apud homines qui sibi fidunt, et amoribus sui mundique indulgent, illico vertuntur in mala, etiam accidentia; sic ut ne minimum quidem malum sit, quod homini accidit, quod non ab inferno erumpat, de quibus etiam cum geniis interioris coeli, aliquoties loquutus sum, et quandoque dicebant id non posse fieri, quia ignorarent, quandoque ita aperte faciebant, quae negare non potuerunt, sed aperte id dixerunt. 1747, die 27[3] Oct. st. v.

@1 in ms. I[nde] in Ex dictis emendatum fuisse nobis apparet〔手稿では I Ex dictis に訂正されたように見える〕

@2 in ms. quod in qui emendatum

@3 in ms. 20 in 27 emendatum

☆この段落は交差線で抹消されています。

記号 <…> について 原文中に <qui> とあります。これは、編集たち一致して、< >内の文言をスヴェーデンボリは削除を意図している、と思っていることを意味します。すなわち、本文から削除すべきものです(今後も出てきます、「←削除」と表記しておきます)

 

(2) 直訳

Quod omne malum, etiam accidens ab inferno veniat すべての悪は、偶発的な(不慮の)ものも、地獄からやって来ること

224.  Ex dictis{1} jam constat, quod omnia mala, etiam accidentia, quae ignorant genii infernales, ex iis tamen erumpant, 今、言われたことから明らかである、すべての悪は、偶発的な(不慮の)ものも、それらを地獄の悪鬼は知らない、彼らから突発していること。

nam intimum et intimius Coelum, <qui>{2} sicut media seu mediationes, disponunt ac ministrant ea quae a Deo Messia praevidentur et providentur, [et] quia salutaria generi humano sic praevisa et provisa disponunt et ministrant, なぜなら、最内部のまたさらに内的な天界は、手段または媒介のように、それらを配置するそして管理する、それらは神メシアにより先見されている、また備えられている、人類の救いの手段は、このように先見された、また備えられたものを配置するまた管理するからである。

ea apud homines qui sibi fidunt, et amoribus sui mundique indulgent, illico vertuntur in mala, etiam accidentia; 人間のもとのそれらは、その者は自分自身に信頼する、また自己のそして世の愛でふける、直ちに悪に変えられる、さらにまた偶発的な(不慮の)ものに。

sic ut ne minimum quidem malum sit, quod homini accidit, quod non ab inferno erumpat, そのように、最小の悪も決してない、それは人間に起こる、それは地獄から突発する。

de quibus etiam cum geniis interioris coeli, aliquoties loquutus sum, et quandoque dicebant id non posse fieri, quia ignorarent, quandoque ita aperte faciebant, quae negare non potuerunt, sed aperte id dixerunt. それらについてもまた内的な天界の悪鬼☆1と、何回か私は話した、また時々☆2、それを行なうことができなかったことを言った、知らなかったので、時々☆2、そのようにあからさまに行なった、それは否定することができなかった、しかし、あからさまにそれを言った☆3

1 このままだと、悪鬼が内的な天界の中にいることになります(223番には「住む、飛びまわる」とあります)、これが何を意味するかよくわかりません(許されている?

2 quandoque を繰り返す時「ある時には〜またある時には」となります。

3 この「言った」は完了形です、なので最後の「まとめ」として言ったことを意味するのでしょうか? よくわかりません。

1747, die 27[3] Oct. st. v. 17471027日に、旧暦。

 

(3) 訳文

すべての、偶発的なものも、地獄からやって

 

224.  今、言われたことからすべての、偶発的なものもそれらを地獄悪鬼自分たちから突発していることをらないことが明らかであるなぜなら、最内部のまたさらに内的天界、手段または媒介のように、神メシアにより先見され、備えられているものを配置そして管理する、人類いの手段このように先見され、備えられたものを配置、管理するからである。自分自身信頼、自己愛そして世俗愛にふける人間のもとのそれらは、直ちにさらにまた偶発的なものにえられるそのように、人間こる最小してなくそれは地獄から突発している

それらについてもまた内的天界悪鬼、何回、時には、知らなかったのでそれをなうことができなかった、時には、否定することができなかったようにあからさまになったしかしあからさまにそのことをった17471027日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 223

(1) 原文

Quod omnia et singula, quae in intimo et intimiori coelo perveniunt ad interius et exterius,

ubi infernales genii, convertantur in malum

 

223.  Per multum temporis et nunc per annum quod excedit, frequentissime et quidem quotidie expertus sum, quod paene omnia quae ex intimiori coelo venirent, quae etiam percipere ex misericordia Dei Messiae datum erat, ea verterentur in contrarium, et sic in malum, quod etiam diu miratus, quomodo ita subito invenire possent ea opposita et contraria; sed tandem datum est mihi intelligere, quod genii isti, qui hodie adhuc ultimum coelum incolunt, seu ibi volitant, cumprimis qui infernum, convertant in contrarium sic in respondens malum id quod bonum, sicut in falsum, quod proprium est ultimi coeli, quod verum; imo tam subito et sollerter, ut non potuissem non mirari, imo etiam percipere mihi datum est, quod etiam ignorarent quid ageretur in intimiori coelo, sed usque perverteretur in contrarium, sic ut esset ibi quasi conversio omnium bonorum in malum, sicut est interioris coeli, verorum in falsum: sicut{1} hodie accidit, quum legerem "Chaldaeos," {a} subito verterunt in "Judaeos," quod contrarium erat. 1747, die 27{2} Oct. st. v.

@1 ms. falsum. 1747, d sicut

@2 in ms. 20 in 27 emendatum

@a fortasse Es. XLIII, XLVII vel XLVIII

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

Quod omnia et singula, quae in intimo et intimiori coelo perveniunt ad interius et exterius, ubi infernales genii, convertantur in malum すべてと個々のものがそれらは最内部とさらに内的天界ある〕、内的なまた外的なものに達する、そこに地獄の悪鬼〔がいる〕、悪に変えられること

223.  Per multum temporis et nunc per annum quod excedit, frequentissime et quidem quotidie expertus sum, quod paene omnia quae ex intimiori coelo venirent, quae etiam percipere ex misericordia Dei Messiae datum erat, ea verterentur in contrarium, et sic in malum, quod etiam diu miratus, quomodo ita subito invenire possent ea opposita et contraria; 多くの時間の、また今や、一年にわたって、それは越えている、最も頻繁にさらにまた日々、私は経験から学んだ、ほとんどすべてのものは、それらはさらに内的な天界からやって来る、それらもまた神メシアの慈悲から知覚することが与えられた、それらは対立のものに変えられた、またこのように悪に、そのこともまた長い間、驚かされた(怪しんだ)、どのようにそのように急にそれら反対のものや対立するものが見られることができること。

sed tandem datum est mihi intelligere, quod genii isti, qui hodie adhuc ultimum coelum incolunt, seu ibi volitant, cumprimis qui infernum, convertant in contrarium sic in respondens malum id quod bonum, sicut in falsum, quod proprium est ultimi coeli, quod verum; しかし、最後に、私に理解することが与えられた、その悪鬼は、その者は今日、依然として最も低い天界に住んでいる、すなわち、そこに飛びまわる、特に、その者は地獄〔にいる〕、対立するものに変える、このように悪に応答(対応)るものにそれを、それは善、このように虚偽に、それは最も低い天界の固有のものである、それは真理。

imo tam subito et sollerter, ut non potuissem non mirari, imo etiam percipere mihi datum est, quod etiam ignorarent quid ageretur in intimiori coelo, sed usque perverteretur in contrarium, それどころか、これほどに急に(不意に)た巧みに、私が驚かないことができないように、それどころか、知覚することもまた私に与えられた、彼らは何がさらに内的な天界の中で行なわれているか知らないこともまた、しかしそれでも、反対のものにゆがめられた。

sic ut esset ibi quasi conversio omnium bonorum in malum, sicut est interioris coeli, verorum in falsum: そのように、そこにすべての善の悪へのいわば変化があった、そのように内的な天界の中にある、虚偽への真理の〔その変化が〕。

sicut{1} hodie accidit, quum legerem "Chaldaeos," {a} subito verterunt in "Judaeos," quod contrarium erat. 今日、起こったように、私が「カルデヤ人☆」を読んだとき、急に、彼らは「ユダヤ人」に変えた、それは反対のものであった。

おそらく「イザヤ書」第43, 47, 48章。「注」参照。

1747, die 27{2} Oct. st. v. 17471027日に、旧暦。

 

(3) 訳文

最内部の天界やさらに内的天界にあるすべてと個々のものが、地獄の悪鬼がいる内的なまた外的なものに達すると、悪に変えられる

 

223.  くの時間、また、一年を越えて、最頻繁にさらにまた日々、私経験からんださらに内的天界からやってるほとんどすべてのものはそれらもまたメシアの慈悲から知覚することがえられたがそれらは対立のものにこのようにえられたそのことも間、しんだどのようにそのようににそれら反対のものや対立するものがられることができることである

しかし、最後、私理解することがえられた、今日、依然として天界んでいるすなわちそこにびまわる悪鬼、特、地獄いる悪鬼、対立するものにこのように対応るものにこのように天界固有のものである真理を虚偽えるそれどころか、私くことしかできないそれどころか、知覚することできないようにも、これほどにみにである

、彼らはがさらに内的天界なわれているからないしかしそれでも、反対のものにゆがめられたこともまたえられたそのように、そこにすべての善の悪への、そのように内的な天界の中にある真理の虚偽への、いわば変化があった。今日、私が「カルデヤ人」を読んだとき☆起こったように、急に、彼らはこれは反対のものであった「ユダヤ人」に変えた。17471027日、旧暦。

 

おそらく「イザヤ書」第43, 47, 48章。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 222

(1) 原文

Quod atmosphaerae solares 3, operentur in mente naturali,

non autem in intimiori, sed quod Deus Messias in intimiori ac intima est Sol

 

222.  Sunt quatuor sphaerae naturales, a sole oriundae, atmosphaera cognita est, quod efficiat auditum; purior atmosphaera ab aerea separata est quae producit visum, seu visualia, per reflexiones mirabiles{1} omnium objectorum; quousque haec atmosphaera in mentem naturalem penetrat, num etiam ideas materiales, ut vocantur, seu phantasias et imaginationes sistat, nondum ita constare potest, verosimile{a} apparet ex pluribus; haec prima tunc erit atmosphaera, quae regnat in mente naturali, altera atmosphaera adhuc purior, aether{2}, est ea, quae producit vires magnetum{3}, quae regnant non solum circa magnetem in speciali, sed etiam circum totum orbem, sed quousque non opus est describere, producit ibi totius globi terraquei situm juxta polos mundi, et plura quae circa elevationes et inclinationes magneticas orbi nota sunt, haec in mente naturali videtur producere ratiocinia, quibus usque spirituale esse debet, ut vivant, sicut visui et cuicunque sensui, ut percipiant. Purissima sphaera aetherea, est universalis illa in mundo universo, quae sistitur circa ratiocinationes ejusdem mentis, inde mens ista vocatur mens naturalis, et ejus operationes interiores dum perversae sunt, ratiocinationes, dum secundum ordinem, simpliciter ratio, et est species cogitationum, ob spiritualem influxum: hae sphaerae sunt solis, et dici possunt solares, et sic naturales. Quod autem mentem intimiorem attinet, in ea nihil tale est, seu naturale, sed est spirituale, in intima mente est coeleste, quae a Solo Deo Messia producuntur, suntque vivae, sique sphaerae dicendae, spirituales et coelestes, dicendae: de his cum angelo mecum hoc mane loquente sermocinati sumus, et sic confirmatus. 1747, die 27{4} Oct. st. v.

@1 huic ultimae voci paginae subscriptum apparet verte retrom〔このページの最後の言葉(mirabilis)の下に verte retrom 「後ろに返して」と書かれているのが見える〕(「驚くべき(反射作用)」に付けたして書くつもりだったのでしょうか?」

@2 ms. purior aether〔コンマがない〕

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. magnatum

@4 in ms. 20 in 27 emendatum

@a = verisimileveri simile と二語と見なすのがよい、なのかどうか、よくわからない注釈です、それなら「真理に似て」となり、「ありそうだ」という意味になります〕

 

(2) 直訳

Quod atmosphaerae solares 3, operentur in mente naturali, non autem in intimiori, sed quod Deus Messias in intimiori ac intima est Sol 太陽つの大気、自然的きかけるけれどもさらに内的〔心きかけないしかし、神メシアはさらに内的なそして最内部〔心中で太陽であること

222.  Sunt quatuor sphaerae naturales, a sole oriundae, atmosphaera cognita est, quod efficiat auditum; 四つの自然的なスフェアがある、太陽から生まれる、大気が知られている、それは聴覚をひき起こす。

purior atmosphaera ab aerea separata est quae producit visum, seu visualia, per reflexiones mirabiles{1} omnium objectorum; 空気から分離したさらに純粋な大気は、視覚を生み出す、すなわち視覚のものを、すべての対象の驚くべき反射作用によって。

quousque haec atmosphaera in mentem naturalem penetrat, num etiam ideas materiales, ut vocantur, seu phantasias et imaginationes sistat, nondum ita constare potest, verosimile{a} apparet ex pluribus; どこまでこの大気が自然的な心の中に浸透する(達する)か。なおまた物質的な観念を、〜のように(として)呼ばれる、すなわち、幻想や想像を示すかどうか、まだそのように明らかにすることができない、多くのものからもっともらしく(ありそうに)える。

haec prima tunc erit atmosphaera, quae regnat in mente naturali, この最初のものは、その時、大気となる、それは自然的な心の中で支配する。

altera atmosphaera adhuc purior, aether{2}, est ea, quae producit vires magnetum{3}, quae regnant non solum circa magnetem in speciali, sed etiam circum totum orbem, sed quousque non opus est describere, 別の(第二の)気は、さおさらさらに純粋な、エーテルは、それである、それは磁気の力を生み出す、それは特定のものの中の磁石のまわりだけでなく、しかし、全地球のまわりを支配する、どこまでか述べる必要はない、

producit ibi totius globi terraquei situm juxta polos mundi, et plura quae circa elevationes et inclinationes magneticas orbi nota sunt, そこに、水陸から成る全地球に位置を生み出している、世界の極にしたがって、また多くのものを、それらは磁石の仰角と伏角について、世界で知られている。

haec in mente naturali videtur producere ratiocinia, quibus usque spirituale esse debet, ut vivant, sicut visui et cuicunque sensui, ut percipiant. これらが自然的な心の中で推論の誤用を生み出していることが見られる、それら〔推論〕で、それでも霊的なものが存在しなくてはならない、生きるために、視覚やそれぞれの感覚のように、知覚するために。

Purissima sphaera aetherea, est universalis illa in mundo universo, quae sistitur circa ratiocinationes ejusdem mentis, 最も純粋なエーテルのスフェアは、普遍的なものである、それは全世界の中に〔ある〕、それは同じ心の(誤まった)推論のまわりにひき起こされる(示される)

inde mens ista vocatur mens naturalis, et ejus operationes interiores dum perversae sunt, ratiocinationes, dum secundum ordinem, simpliciter ratio, et est species cogitationum, ob spiritualem influxum: ここからその心は自然的な心と呼ばれる、またその内的な働きは、ゆがめられている時、(誤まった)推論〔と呼ばれ〕、秩序にしたがっている時、単純に理性、思考の種類である、霊的な流入のための。

hae sphaerae sunt solis, et dici possunt solares, et sic naturales. これらのスフェアは太陽のものである、また太陽のもの、またこのように自然のものと言われることができる。

Quod autem mentem intimiorem attinet, in ea nihil tale est, seu naturale, sed est spirituale, in intima mente est coeleste, quae a Solo Deo Messia producuntur, suntque vivae, sique sphaerae dicendae, spirituales et coelestes, dicendae: けれども、さらに内的な心については、その中にそのようなものは何もない、すなわち、自然的なもの、しかし、霊的なものがある、心の最内部の中に天的なものがある、それは神メシアだけから生み出される、そして生きたものである、そしてもし、スフェアと呼ばれるなら、霊的なものと天的なもの、と呼ばれなければならない――

de his cum angelo mecum hoc mane loquente sermocinati sumus, et sic confirmatus. これらについて天使と私と、この朝、話して、私たちは話し合った、またこのように確信した。

1747, die 27{4} Oct. st. v. 17471027日に、旧暦。

 

(3) 訳文

太陽つの大気、自然的きかけるけれどもさらに内的きかけないしかし、神メシアはさらに内的なそして最内部太陽である

 

222.  太陽からまれるつの自然的なスフェアがある。聴覚をひきこす大気られている。空気から分離したさらに純粋大気、視覚すなわちすべての対象くべき反射作用によって視覚のものをどこまでこの大気自然的浸透するかなおまた物質的な観念呼ばれるもの、すなわち、幻想や想像を示すかどうか、多くのものからありそうに見えるように、まだそのように明らかにすることができない。この最初のものは、その時、大気となり、それは自然的な心の中で支配する。

 第二の大気は、さらに純粋なエーテルであり、それは磁気の力を生み出し、それは特定のものの中の磁石のまわりだけでなく、全地球のまわりを支配する、どこまでか述べる必要はなく、そこに、水陸から成る全地球に、世界の極にしたがって位置を、また磁石の仰角と伏角について多くのものを生み出しており、世界で知られている。これらが自然的な心の中で推論(の誤用)を生み出していることが見られる、それら〔推論〕で生きるために、それでも、視覚やそれぞれの感覚のように、知覚するために霊的なものが存在しなくてはならない。

 最も純粋なエーテルのスフェアは、普遍的なものであり、それは全世界の中にあり、それは同じ心の(誤まった)推論のまわりにひき起こされる。ここからその心は自然的な心と呼ばれ、またその内的な働きは、ゆがめられている時、(誤まった)推論〔と呼ばれ〕、秩序にしたがっている時、単純に理性〔と呼ばれ〕、霊的な流入のための一種の思考である。これらのスフェアは太陽のものであり、また太陽のものこのように自然のものと言われることができる。

 けれども、さらに内的な心については、その中にそのようなもの、すなわち、自然的なものは何もない、しかし、霊的なものがあり、心の最内部の中に神メシアだけから生み出され、そして生きたものである天的なものがあり、そしてもし、スフェアと呼ばれるなら、霊的なものと天的なもの〔のスフェア〕と呼ばれなければならない――これらについてこの朝、私たちは話し合った、私と話した天使は、また私はこのよう〔であることを〕確信した。17471027日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 221

(1) 原文

De statu felici infantum

 

221.  Hoc mane antequam exsurgerem perveni in statum tranquillum, ac ibi aliquamdiu permansi, loquutusque cum quodam, durante eo tempore, de hoc statu, nam tranquillissimus erat, et prope{1} accessit ad pacem, sed quin pax esset, quam prius percepi, erat quod{a} jugiter intenderem aliis, et quidem etiam dolori cuidam, quem quidam spiritus mihi circa lumbos exhibuerunt, et jam per alterum diem in eo detinuerunt, ac similia; loquutus sum cum eo, de statu isto felici infantum, qui dicebantur in tali statu et jucunditate vivere, similiter loquutus sum de statu isto; putabant spiritus, qui circum erant, et audire potuerunt loquelam, sed non esse in tali statu, quod in alium locum translatus sum, quia praeter sonum, et quae sunt soni, non ut prius quidquam percipere potuerunt, inde loquela de loco, et per experientiam edocti sumus, quod non sit locus certus, quamvis etiam simul multi in uno loco esse possent, sed quod sit status cujusdam quasi sphaerae, in quam inferri potest homo, in quocunque loco. 1747, die 27{2} Oct. st. v.

@1 in ms. proxime in prope emendatum〔手書き原稿の中で proxime prope に訂正されている〕

@2 in ms. 20 in 27 emendatum

@a h.e. [causa] quod

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

De statu felici infantum 幼児たちの幸福状態について

221. Hoc mane antequam exsurgerem perveni in statum tranquillum, ac ibi aliquamdiu permansi, loquutusque cum quodam, durante eo tempore, de hoc statu, この朝、私は起床する前に、穏やかな状態の中に入った、そしてそこにしばらくの間、とどまった、そしてある者と話した、その時間で継続して、この状態について。

nam tranquillissimus erat, et prope{1} accessit ad pacem, sed quin pax esset, quam prius percepi, erat quod{a} jugiter intenderem aliis, et quidem etiam dolori cuidam, quem quidam spiritus mihi circa lumbos exhibuerunt, et jam per alterum diem in eo detinuerunt, ac similia; なぜなら、極めて穏やかであったからである、また近く(密接に)平和へ近づいている(似ている)、しかし、そのようにではなく平和であった。それを以前に私は知覚した、〔(そのことに)理由が☆〕あった、常に、私は他のものに心を向けたこと、なおまたある苦痛にもまた、それをある霊は私に、腰のまわりに現わした、また今、別の(第二の)日の間(〜中)、その中に押しとどめた、そして、同様のもの。

「注」参照。

loquutus sum cum eo, de statu isto felici infantum, qui dicebantur in tali statu et jucunditate vivere, similiter loquutus sum de statu isto; 私した、幼児たちの幸福なその状態についてそのはそのような状態さの生きていることが言われる、同様にその状態について話した。

putabant spiritus, qui circum erant, et audire potuerunt loquelam, sed non esse in tali statu, quod in alium locum translatus sum, quia praeter sonum, et quae sunt soni, non ut prius quidquam percipere potuerunt, 霊たちはった、その者はまわりにいた、また話しを聞くことができた、しかし、そのような状態の中にいなかった、他の場所に私が移された(transfero)こと、音声のほかに、またそれらは音声のものである、以前のようにどんなものも知覚することができなかったからである。

inde loquela de loco, et per experientiam edocti sumus, quod non sit locus certus, quamvis etiam simul multi in uno loco esse possent, sed quod sit status cujusdam quasi sphaerae, in quam inferri potest homo, in quocunque loco. ここから場所についてのしがあった〕、また経験によってえられた、確定した(ある)場所ではないこと、さらにまたたとえ同時に(一緒に)多くの者が一つの場所にいることができても、あたかもスフェアのようなあるものの状態であること、その中に人間は導かれることができる、どんな場所の中に〔いても〕。

1747, die 27{2} Oct. st. v. 17471027日に、旧暦。

 

(3) 訳文

幼児たちの幸福状態について

 

221.この朝、私は起床する前に、穏やかな状態に入り、そしてそこにしばらくの間、とどまり、そしてある者と、その時間に継続して、この状態について話した。なぜなら、極めて穏やかであったからである、平和へ密接に似ている、しかし、以前に私が知覚したようにものではない平和であった。〔その理由は〕常に、私は他のものに心を向け、なおまたある苦痛もまたあったからである、その苦痛を私にある霊が腰のまわりに示した、また、今は、日の間、その中に、そして、同様のものに押しとどめた。私、幼児たちの幸福なその状態についてしたその幼児たちはそのような状態さの生きていることが言われ、同様にその状態について話した。まわりにいて、話しを聞くことができた、しかし、そのような状態の中にいなかった霊たちは、他の場所に私が移されたと思った、音声と音声に属すのであるもののほかに、以前のようにどんなものも知覚することができなかったからである。ここから場所についてのしがあり、経験によって、確定した場所がるのではないこと、さらにまたたとえ同時に多くの者が一つの場所にいることができても、あたかもスフェアのようなあるものの状態があり、人間は、その中にどんな場所の中に〔いても〕導かれることができることえられた17471027日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 220

(1) 原文

Ulimti judicii imago repraesentata. De infelicium cruciatu, et tandem liberatione. Contentio de misericordia

 

220.  Hac nocte, expergefactus plura mihi ostensa sunt, quae non ita describere possum, erat species cujusdam revolutionis spirituum, cum manifesta perceptione, nempe quod multi qui in coelo ultimo essent, detruderentur, et multi qui in captivitate, ascenderent. Sed hoc mihi clarius percipiendum dabatur, quod infelices qui in dura captivitate diu fuerunt, per plures vices in somnio contenderent cum iis qui in libertate, in ultimo coelo, et quidem quod iis adimere vellent misericordiam, ita omnem spem salutis, quae contentio die persistebat, dum evigilavi; valde conquesti sunt, cum multa anxietate, et quidem repetitis vicibus, quod iis vellent auferre misericordiam, et quod ita actum prorsus cum iis foret, fuerunt enim in gravi poena, sic ut nihil potius vellent, quam vitam prorsus amittere, unica spes iis a Deo Messia oblata erat, quod cogitare possent, adhuc misericordiam esse, quam cum auferre vellent impii in libertate constituti, geminata est eorum anxietas, sic ut in desperationem laberentur; quod ipsam contentionem attinet, quomodo de misericordia contentio facta sit, non ita aequum est describere, nam spirituum repraesentationes tales non facile describi possunt; quum itaque amarissime questi sunt de injuria ista, quod unicum solatium, quod esset misericordia, iis auferretur, tandem{1} affulsit iis spes, quod non amitterent misericordiam, quod iis promissum erat, percipere etiam misericordiae motionem aliquatenus apud me, non ut meam, sed ut coelorum, et sic Dei Messiae, potui, hi tandem in tali anxietate constituti, mirabiliter liberati sunt, per speciem ascensus mihi manifestam, quae nec ita describi potest{2}; postea cum iis loquutus{3}, et sunt modestissimi, ita nunc inter felices. 1747, nocte inter 27 et 28{4} Oct. st. v. Aliquoties tunc mihi ostensum est, quod misericordia paene iis adempta est, parum defuit, sic ut ad ultimum angustiae et mortis aeternae, perducti, antequam liberarentur: sed dictum mihi est, quod ii malam egerint vitam.

@1 ms. auferetur (sic!); tandem

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. postea

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. loquuti〔手書き原稿(手稿)は「私は話した」です、ターフェルの修正もありえます、内容は同じことだと思います〕

@4 in ms. 20 et 21 in 27 et 28 emendatum

 

(2) 直訳

Ulimti judicii imago repraesentata. 最後の審判の映像が表象された

De infelicium cruciatu, et tandem liberatione. 不幸な者の責め苦について、また最後に、解放

Contentio de misericordia 慈悲についての論争(闘争)

220.  Hac nocte, expergefactus plura mihi ostensa sunt, quae non ita describere possum, この夜、目覚めさせられ、多くのものがされたしたがって(そのように)それらをべることが私にできない

erat species cujusdam revolutionis spirituum, cum manifesta perceptione, nempe quod multi qui in coelo ultimo essent, detruderentur, et multi qui in captivitate, ascenderent. ある種類の霊たちの旋回(変化)があった、はっきりした知覚とともに、すなわち、多くの者が、その者は最外部の(最も低い)界の中にいた、押し下げられたこと、また多くの者が、その者は捕らわれの(状態の)に、上げられた。

Sed hoc mihi clarius percipiendum dabatur, quod infelices qui in dura captivitate diu fuerunt, per plures vices in somnio contenderent cum iis qui in libertate, in ultimo coelo, et quidem quod iis adimere vellent misericordiam, ita omnem spem salutis, quae contentio die persistebat, dum evigilavi; しかし、このことを私にさらに明らかに知覚することが与えられた、不幸な者たちが、その者は長い間、きびしい捕らわれの(状態の)にいた、多くの機会によって夢の中で、彼らと争った、その者は自由の中に〔いた〕、(最も低い)界の中で、そのうえ、彼らに(から)慈悲を取り去ることを欲した、そのように救いのすべての希望を、その闘争は長い間、続いた、私が目覚めた時☆。

ここは「〜時まで」と「まで」を補うか、句読点の位置を変えるのがよいでしょう。

valde conquesti sunt, cum multa anxietate, et quidem repetitis vicibus, quod iis vellent auferre misericordiam, et quod ita actum prorsus cum iis foret, fuerunt enim in gravi poena, sic ut nihil potius vellent, quam vitam prorsus amittere, 大いに不平を言った、多くの不安とともに、そのうえ、繰り返して言う機会で、彼らに慈悲が取り去られることを欲したこと、このように彼らにことはまったく終わっている〔万事休す〕ことを、というのは、重い刑罰の中にいたからである、そのようにむしろ何も欲しない、いのちを完全に失うこと以外に。

unica spes iis a Deo Messia oblata erat, quod cogitare possent, adhuc misericordiam esse, 唯一の希望が彼らに(を)メシアからうれしがらせた、考えることができること、依然として慈悲があること、

quam cum auferre vellent impii in libertate constituti, geminata est eorum anxietas, sic ut in desperationem laberentur; それを、不信心な者が取り去ることを欲したとき、定められた自由の中で、彼らの不安は倍加された、そのように絶望の中にすべり落された。

quod ipsam contentionem attinet, quomodo de misericordia contentio facta sit, non ita aequum est describere, nam spirituum repraesentationes tales non facile describi possunt; 闘争そのものについては、どのように慈悲についての闘争が行なわれたか、そのように平易(単純)ではない、述べることは、なぜなら、霊たちのこのような表象するものは容易に述べられることができないから。

quum itaque amarissime questi sunt de injuria ista, quod unicum solatium, quod esset misericordia, iis auferretur, tandem{1} affulsit iis spes, quod non amitterent misericordiam, quod iis promissum erat, そこで、その危害について極めていたく(最大に苦く)不平を言ったとき、それは唯一の慰め、慈悲である、彼らから取り去られること、最後に、彼らに希望が照らした、慈悲が失われないこと、それが彼らに約束されていた、

percipere etiam misericordiae motionem aliquatenus apud me, non ut meam, sed ut coelorum, et sic Dei Messiae, potui, 慈悲の感情もまた、数回、私のもとで知覚することが、私のもののようにでなく、しかし、天界のもののように、またこのように神メシアのもの、私はできた。

hi tandem in tali anxietate constituti, mirabiliter liberati sunt, per speciem ascensus mihi manifestam, quae nec ita describi potest{2}; このような不安の中に定められたこれらの者は、最後に、不思議に解放された、上昇の種類によって私に明らかにされた、それらもまたそのように述べられることができない。

postea cum iis loquutus{3}, et sunt modestissimi, ita nunc inter felices. その後、彼らに話された(注参照)、また彼らは極めて謙虚である、そのように今は幸福なものの間に〔いる〕。

1747, nocte inter 27 et 28{4} Oct. st. v. 1747102728日の間の夜に、旧暦。

Aliquoties tunc mihi ostensum est, quod misericordia paene iis adempta est, parum defuit, sic ut ad ultimum angustiae et mortis aeternae, perducti, antequam liberarentur: 数回、その時、私に示された、慈悲が彼らにほとんど得られない(adipiscor)こと、ほとんど欠けていなかった、そのように苦しみの最後のものと永遠の死へ導かれる者に、解放される前に。

sed dictum mihi est, quod ii malam egerint vitam. しかし、私に言われた、彼らが悪い生活を送っていたこと。

 

(3) 訳文

最後審判映像表象された

不幸苦、また最後、〔彼らの〕解放について

慈悲についての闘争

 

220.  この夜、目覚めさせられた、多くのものがされたそのように〔多くてにそれらをべることができないはっきりした知覚とともにあるたちの変化があったすなわちにいたくのげられ、捕らわれのにいたくのげられたことであるしかしこのことをさらにらかに知覚することがえられた、長間、きびしいらわれの中にいた不幸たちが、多くの機会によって()、自由にいたったそのうえ、彼らから慈悲そのようにいのすべての希望ることをしたその闘争、私目覚めた時まで長間、続いた。〔彼らは〕、多くの不安とともにそのうえ、繰して機会いに不平った、彼らに慈悲られることをしたことこのようにらにことはまったくわっていることをというのはいのちを完全うこと以外しないような刑罰にいたからであるメシアから依然として慈悲があるとえてることができて、唯一希望があることがうれしがらせたそれを、不信心められた自由ることをしたとき、彼らの不安倍加されそのように絶望にすべりされた。闘争そのものについてはどのように慈悲についての闘争なわれたかべることはそれほど平易(単純)ではないなぜなら、霊たちのこのような表象するものは容易べられることができないからそこで、その危害について、それは唯一の慰め、慈悲である、彼らから取り去られることである、極めて苦く不平を言ったとき、最後に、彼らに約束されていた慈悲が失われないことの希望が彼らに照らされ、慈悲の感情もまた、数回、私のもののようにでなく、しかし、天界のもののように、またこのように神メシアのものでなく、私のもとで知覚することができた。このような不安に定められたこれらの者は、最後に、ある種の上昇によって不思議な方法で解放されたことが私に明らかにされた、それらもまたそのように述べられることができない。その後、彼らに私は話した(注参照)、また彼らは極めて謙虚であり、そのように今は幸福なものの間にいる。 1747102728日の間の夜、旧暦。

 数回、その時、私に、慈悲が彼らにほとんど得られないこと、そのように、苦しみの最後のものと永遠の死へ導かれる者に、解放される前にほとんど欠けていなかったことが示された。しかし、私に、彼らが悪い生活を送っていたことが言われた。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark