RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 黙示録第3章(各節の内容の原文)

CONTENTA SINGULORUM VERSUUM.

個々の(各個の)の内容

 

(1) 原文

1. " Angelo in Sardibus Ecclesiae scribe," significat ad illos et de illis, qui in cultu mortuo sunt, seu in cultu qui [est] absque bonis quae charitatis sunt et absque veris quae fidei [n. 154]; " Haec dicit habens septem spiritus Dei, et septem stellas," significat Dominum a Quo omnes veritates, et omnes cognitiones boni et veri [n. 155]; " novi tua opera," significat Quod Dominus videat omnia interiora et exteriora illorum simul [n. 156]; " quod nomen habeas quod vivas, et mortuus es," significat quod videatur et credatur ab ipsis et ab aliis, quod spiritualiter vivi sint, cum tamen spiritualiter mortui sunt [n. 157].

2. " Esto vigilans," significat ut in veris [sint,] et in vita secundum illa [n. 158]; " confirma reliqua quae moritura," significat illa quae cultus eorum sunt, vitam accipiant [n. 159]; " non enim inveni tua opera plena coram Deo," significat quod interiora cultus eorum non conjuncta sint Domino [n. 160].

3. " Memento igitur quomodo acceperis et audiveris," significat ut cogitent quod omnis cultus in principio sit naturalis, et postea per vera fiat spiritualis, praeter plura [n. 161]; " et observa et resipisce," significat ut attendant ad illa, et cultum suum mortuum vivificent [n. 162]; " si ergo non vigilaveris," significat hic ut supra [n. 163]; " veniam super te ut fur, et nescies qua hora veniam super te," significat quod auferentur illa quae cultus sunt, et quod hoc nescietur quando et quomodo [n. 164].

4. " Habes pauca nomina etiam in Sardibus," significat quod inter illos etiam sint qui in cultu suo vitam habent [n. 165]; " quae{1} non inquinaverunt vestimenta sua." significat qui in veris sunt, et non per mala vitae et inde falsa, conspurcaverunt cultum [n. 166]; " et ambulabunt Mecum in albis, [quia digni sunt,]" significat quod victuri sint cum Domino, quia in veris sunt ab Ipso [n. 167].

@1 quae pro "qui"

5. " Vincens induetur vestimentis albis," significat quod qui reformatur fiat spiritualis [n. 168]; " et non delebo nomen ejus e{1} libro vitae," significat quod salvabitur [n. 169]; " et confitebor nomen ejus coram Patre et coram angelis Ejus," significat quod recipiendi sint qui in Divino Bono et in Divinis veris a Domino sunt [n. 170].

@1 e pro "in"

6. " Habens aurem audiat quid Spiritus dicit Ecclesiis," significat hic ut prius [n. 171].


7. " Et Angelo in Philadelphia Ecclesiae scribe," significat ad illos et de illis, qui in veris ex bono a Domino sunt [n. 172]; " Haec dicit Sanctus Verus," significat Dominum quoad Divinum Verum [n. 173]; " habens clavem Davidis, et aperiens et nemo claudit, et claudens et nemo aperit," significat Cui soli est Omnipotentia salvandi [n. 174].

8. " Novi tua opera," significat hic ut supra [n. 175]; " ecce dedi coram te ostium apertum," significat quod illis qui in veris ex bono a Domino sunt, Caelum apertum sit [n. 176]; " et nemo potest claudere illud," significat quod Infernum non praevaleat contra illos [n. 177]; " quia parvam habes potentiam," significat quia sciunt quod nihil valeant ex se ipsis [n. 178]; " et observasti Meum verbum," significat quia vivunt secundum praecepta Domini in Ipsius Verbo [n. 179]; " et non negasti Nomen Meum," significat quod sint in cultu Domini [n. 180].

9. " Et dabo ex synagoga satanae," significat illos qui in falsis quoad doctrinam sunt [n. 181]; " dicentium se ipsos Judaeos esse, et non sunt, sed mentiuntur," significat qui dicunt quod apud illos Ecclesia sit, et tamen non est [n. 182]; " ecce faciam ut illi veniant et adorent ad pedes tuos," significat quod multi qui in falsis quoad doctrinam sunt, recepturi sint vera Novae Ecclesiae [n. 183]; " et sciant quod Ego delexi te," significat quod visuri quod amentur et recipiantur in Caelum a Domino [n. 184].

10. " Quia servasti verbum tolerantiae Meae," significat quia pugnaverunt contra mala [n. 185]: " et Ego te servabo ab hora tentationis futurae venire super Orbem universum, explorare habitantes super terra," significat quoad tutandi et servandi dic ultimi judicii [n. 186].

11. " Ecce venio cito," significat Adventum Domini [n. 187]; " retine{1} quod habes," significat ut in veris et bonis suis interea permaneant [n. 188]; " ut{2} nemo accipiat coronam tuam," significat ne pereat sapientia, ex qua felicitas aeterna [n. 289].

@1 retine pro "retinete" @2 ut pro "et"

12. " Vincens," significat qui in veris ex bono persistunt [n. 190]; " faciam illum columnam in templo Dei Mei," significat quod vera ex bono a Domino, apud quos sunt, sustentent Ecclesiam [n. 191]; " et foras non egredietur amplius," significat quod ibi mansuri sint in aeternum [n. 192]; " et scribam super illum Nomen Dei Mei," significat quod cordibus illorum inscriptum erit Divinum Verum [n. 193]; " et nomen urbis Dei Mei, Novae Hierosolymae," significat quod cordibus inscripta erit doctrina Novae Ecclesiae [n. 194]; " quae descendit e Caelo a Deo Meo," significat quae erit ex Divino vero Domini quale est in Caelo [n. 195]; " et Nomen Meum novum," significat cultum solius Domini, cum novis quae in priore Ecclesia non fuerunt [n. 196].

13. " Habens aurem audiat quid Spiritus dicit Ecclesiis," significat hic ut prius [n. 197].


14. " Et Angelo Ecclesiae Laodicensium scribe," significat ad illos et de illis in Ecclesia, qui alternatim credunt ex se et alternatim ex Verbo, et sic sancta prophanant [n. 198]; " Haec dicit Amen, Testis fidelis et verus," significat Dominum quoad Verbum, quod est Divinum Verum ab ipso [n. 199]; " principium opificii Dei," significat Verbum [n. 200].

15. " Novi opera tua," significat hic ut prius [n. 201]; " quod nec frigidus sis nec calidus," significat quod qui tales sunt, nunc negent quod Verbum Divinum et Sanctum sit, et nunc agnoscant [n. 202]; " utinam frigidus esses aut calidus," significat quod praestet ut vel ex corde negent sancta Verbi et Ecclesiae, vel ex corde agnoscant illa [n. 203].

16. " Itaque quia tepidus es, et non frigidus nec calidus, futurum est ut te evomam ex ore Meo," significat prophanationem et separationem a Domino [n. 204].

17. " Quod dicas quod dives et locupletatus sim," significat quod credant se cognitiones boni et veri, quae Caeli et Ecclesiae sunt, possidere in omni copia [n. 206]; " et nullius opus habeam," significat quod non plug sapere opus habeant [n. 207]; " et non scis, quod tu sis aerumnosus," significat quod omnia quae de illis sciunt, ne hilum cohaereant [n. 208]; " et miser et pauper," significat quod absque intellectu veri et voluntate boni sint [n. 209]; [" et caecus et nudus," significat quod sint absque intellectu veri et voluntate boni] [n. 210].

18. "Suadeo tibi emere a Me aurum exploratum igne ut ditatus sis," significat admonitionem ut comparent sibi a Domino per Verbum bonum amoris ut sapiant [n. 221]; " et vestimenta alba ut induaris," significat ut comparent sibi genuina vera sapientiae [n. 212]; " ne appareat pudor nudatis tuae," significat ne prophanetur et adulteretur bonum amoris caelestis [n. 223]; " et collyrio inunge oculos ut videas," significat ut sanetur intellectus [n. 214].

19. " Ego quoscunque amo, arguo et castigo." significat quod quia tunc amantur, non possunt aliter quam immitti in tentationes [n. 215]; " zelo ergo age et resipisce," significat ut fiat hoc ex affectione veri [n. 216].

20. " Ecce sto ad januam et pulso," significat quod Dominus unicuique praesens sit in Verbo, ac ibi instet quod recipiendus (sit), ac doceat quomodo [n. 217]; " si quis audiverit vocem Meam et aperuerit (ostium)," significat qui credit Verbo et vivit secundum illud [n. 218]; " intrabo ad illum, et caenabo cum illo et ille Mecum," significat quod Dominus conjungat Se illis et illos Sibi [n. 219].

21. "Vincenti[," significat qui in conjunctione cum Domino sunt per vitam secundum praecepta Ipsius in Verbo [n. 220]; " dabo sedere Mecum in throno Meo," significat quod illis erit conjunctio Domini in Caelo [n. 221]; " sicut Ego vici et sedeo cum Patre in Throno Ipsius," significat sicut Ipse et Pater unum sunt et Caelum sunt [n. 222].

22. " Habens aurem audiat quid Spiritus dicit Ecclesiis," significat hic ut prius [n. 223].

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 黙示録第3章(各節の内容の直訳一部と訳文)

14. Et Angelo Ecclesiae Laodicensium scribe: 14. また、ラオデキヤの教会の中の天使に書け。

Haec dicit Amen, Testis fidelis et Verus, Principium opificii Dei. これらを言う、アーメン、忠実また真実な証人、神の産物の最初のもの。

15. Novi tua opera, quod nec frigidus [sis] nec calidus; 15. わたしはあなたの働きを知った、〔あなたは〕冷たくもなく、熱くもない。

utinam frigidus esses aut calidus. 〜てくれたら(よいのに)、あなたが冷たいかまたは熱い。

16. Itaque quia tepidus es, et nec frigidus nec calidus, futurum est ut te evomam ex ore Meo. 16. そこで、あなたは生ぬるい、また冷たくもない、熱くもないので、将来の(来るべき)のである、あなたを、わたしはわたしの口から吐き出す。

17. Quod dicas quod dives sim, et locupletatus, et nullius opus habeam, et non scis quod tu sis aerumnosus et miser et pauper et caecus et nudus. 17. あなたは言う、私は富んでいる、また豊かになった、また必要であるものは何もない、またあなたは知らない、あなたがみじめである、また悲惨(哀れ)、また貧しい、また盲目、また裸〔である〕。

18. Suadeo tibi emere a Me aurum exploratum igne, ut ditatus sis, et vestimenta alba ut induaris, ne appareat pudor nuditatis tuae, et collyrio inungas oculos tuos, ut videas. 18. わたしはあなたにわたしから火で試された金を買うことを説きつける(忠告する)、あなたが富む者になるために、また白い衣服を、あなたが着るために、あなたの裸の恥が見られないように、またあなたの目に塗る眼の膏薬を、あなたが見るために。

19. Ego quoscunque amo, arguo et castigo; 19. わたしはだれでも愛する、ためす(叱る)、正す(らしめる)

zelo age ergo, et resipisce. それゆえに、熱意をかきたてよ、また悔い改めよ。

20. Ecce sto ad januam et pulso; 20. 見よ、わたしは戸(入り口)に立っている、またわたしは叩く。

si quis audiverit vocem Meam, et aperuerit ostium, intrabo ad illum, et caenabo cum illo et ille Mecum. もし、だれかがわたしの声を聞く、また戸(扉)を開けるなら、わたしは彼(のところ)に入る、また彼とまた彼はわたしと食事をする。 

21. Vincenti dabo sedere Mecum in Throno Meo, sicut Ego vici, et sedeo cum Patre in Throno Ejus. 21. 勝利する者に、わたしはわたしとともにわたしの王座の中に座ることを与える、わたしが勝利した、またわたしが父とともにその王座の中に座るように。

22. Habens aurem audiat quid Spiritus dicit Ecclesiis. 22. 耳を持つ者は、聞く(接続)、何を霊が教会に言うか。

 

(3) 訳文

1. サルデスの教会の天使に書け。神の七つの霊を、また七つの星を持つ方がこれらを言う。わたしはあなたの働きを知った、あなたが生きているという名前を持っている、〔でも〕あなたは死んでいる。

2. あなたは目覚めていなさい、また死んでしまう〔かもしれない〕残りのものを強くせよ。というのは、わたしはあなたの働きが神の前に十分でない〔ことを〕見いだしたから。

3. それで、どのようにあなたは受け、聞くか思い出せ、また、守れ、悔い改めよ。それゆえ、もし、あなたが目覚めていないなら、わたしはあなたに泥棒かのようにやって来る、また、あなたは、何の時間に、わたしがあなたにやって来るか知らない。

4. あなたは、サルデスの中にまた、わずかな名前を持っている、それらは自分の衣服を汚さなかった、わたしとともに白の衣服で歩くのに、ふさわしい者であるからである。

5. 勝利する者は白い衣服を着せられる。わたしは彼の名前をいのちの書から消さない。また、わたしは彼の名前をわたしの父の前に、またその天使の前に言明する。

6. 耳を持つ者は、霊が教会に何を言うか聞け。

7. また、フィラデルフィヤの教会の中の天使に書け。これらを、聖なる方、真実である方、ダビデの鍵を持っている方、開くとだれも閉じない、そして閉じるとだれも開けない、その方が言う。

8. わたしはあなたの働きを知った。見よ、わたしはあなたの前に、だれも閉じることができない開かれた戸を与えた、あなたはわずかな力を持っていて、わたしのことばを守り、わたしの名前を否定しなかったからである。

9. 見よ、わたしはサタンの会堂からの者に、自分自身をユダヤ人そのものであることを言っている、また〔そう〕ではない、しかし、うそをついている者に与える。見よ、わたしは彼らがあなたの足へやって来て、崇拝するように、またわたしがあなたを愛したことを知るようにする。

10. あなたがわたしの忍耐のことばを守ったので、わたしはあなたを、全世界の上にやって来て、地上の住民を試す将来の試練の時から守る。

11. 見よ、わたしはすぐに来る。だれもあなたの王冠を受けないように、あなたが持っているものを保持せよ。

12. 勝利する者を、わたしはわたしの神の聖所の柱とする、またもはや外へ出て行かない、また、わたしは彼らの上にわたしの神の名前を、またわたしの神の都、わたしの神より天界から降る新しいエルサレムの名前を、またわたしの新しい名前を書く。

13. 耳を持つ者は、霊が教会に何を言うか聞け。

14. またラオデキヤの教会天使これらをアーメン、忠実また真実証人、神産物最初

15. わたしはあなたのきをった、〔あなたは〕冷たくもなく、熱くもないあなたが冷たいかまたは熱ければよいのに。

16. そこで、あなたは生ぬるく、冷たくもない、熱くもないので、あなたをわたしの口から吐き出だそう。

17. あなたは、私は富んでいる、また豊かになった、また必要であるものは何もないと言う、〔でも〕あなたは、自分がみじめであり、哀れ、貧しい、盲目、裸であることを知らない。

18. わたしはあなたにわたしから買うことを忠告する、、あなたが富む者になるために火で試された金を、また、あなたの裸の恥が見られないように、あなたが着るために白い衣服を、また、あなたが見るためにあなたの目に塗る眼の膏薬を。

19. わたしはだれでも愛し、叱り、懲らしめる。それゆえ、熱意をかきたてよ、悔い改めよ。

20. 見よ、わたしは戸に立ち、叩いている。もし、だれかがわたしの声を聞き、また戸(扉)を開けるなら、わたしは彼のところに入り、彼とまた彼はわたしと食事をする。 

21. 勝利する者に、わたしが勝利し、わたしが父とともにその王座の中に座るように、わたしはわたしとともにわたしの王座の中に座ることを与える。

22. 耳を持つ者は、霊が教会に何を言うか聞け。

 

SENSUS SPIRITUALIS.

霊的意味

CONTENTUM TOTIUS CAPITIS.

全部内容

 

(1) 原文

AGITUR DE ILLIS IN CHRISTIANO ORBE,

QUI SUNT IN CULTU MORTUO, QUI EST ABSQUE CHARITATE ET FIDE, QUI DESCRIBUNTUR PER ECCLESIAM IN SARDIBUS (n.154-171);

DE ILLIS QUI IN VERIS EX BONO A DOMINO SUNT, QUI DESCRIBUNTUR PER ECCLESIAM IN PHILADELPHIA (n. 172-197);

DE ILLIS QUI ALTERNATIM CREDUNT EX SE, ET ALTERNATIM EX VERBO, ET SIC SANCTA PROPHANANT, QUI DESCRIBUNTUR PER ECCLESIAM IN LAODICEA (n. 198-223).

ETIAM HI ET ILLI VOCANTUR AD NOVAM DOMINI ECCLESIAM.

 

(2) 直訳

AGITUR DE ILLIS IN CHRISTIANO ORBE, キリスト教界の中の彼らについて扱われている、

QUI SUNT IN CULTU MORTUO, QUI EST ABSQUE CHARITATE ET FIDE, QUI DESCRIBUNTUR PER ECCLESIAM IN SARDIBUS (n.154-171); その者は死んだ礼拝の中にいる、それは仁愛と信仰なしである、その者はサルデスの中の教会によって描かれている(述べられている)(154-171

DE ILLIS QUI IN VERIS EX BONO A DOMINO SUNT, QUI DESCRIBUNTUR PER ECCLESIAM IN PHILADELPHIA (n. 172-197); 彼らについて、その者は主の(による)善からの真理の中にいる、その者はフィラデルフィヤの中の教会によって描かれている(述べられている)(172-197

DE ILLIS QUI ALTERNATIM CREDUNT EX SE, ET ALTERNATIM EX VERBO, ET SIC SANCTA PROPHANANT, QUI DESCRIBUNTUR PER ECCLESIAM IN LAODICEA (n. 198-223). 彼らについて、その者は交替に信じている、自分自身から、また交替にみことばから、またこのように聖なるものを冒涜している、その者はラデオキヤ中の教会によって描かれている(述べられている)(198-223

ETIAM HI ET ILLI VOCANTUR AD NOVAM DOMINI ECCLESIAM. さらにまた、これらとそれらのものが主の新しい教会へ呼ばれている。

 

(3) 訳文

 キリスト教界の中の者について扱われている、仁愛と信仰のない死んだ礼拝の中にいる者がサルデスの中の教会によって描かれている(154-171。主の善からの真理の中にいる者がフィラデルフィヤの中の教会によって描かれている(172-197。自分自身から、また、みことばから交替に信じ、このように聖なるものを冒涜している者がラデオキヤ中の教会によって描かれている(198-223

 さらにまた、これらの者が主の新しい教会へ呼ばれている。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 黙示録第3章(原文と直訳一部)

CAPUT III.

3

(1) 原文

ET Angelo in Sardibus Ecclesiae scribe: Haec dicit habens septem spiritus Dei, et septem stellas: novi tua opera, quod nomen habeas quod vivas, et mortuus es.

2. Esto vigilans, et confirma reliqua quae moritura; non enim inveni tua opera plena coram Deo.

3. Memento igitur quomodo acceperis et audiveris, et observa et resipisce; si ergo non vigilaveris, venam super te tanquam fur, et nescies qua hora veniam super te.

4. Habes pauca nomina etiam in Sardibus, quae non inquinaverunt Vestimenta sua, et ambulabunt Mecum in albis, quia digni sunt.

5. Vincens induetur vestimentis albis; et non delebo nomen ejus e libro vitae; et confitebor nomen ejus coram Patre Meo et coram angelis Ejus.


6. Habens aurem audiat quid Spiritus dicit Ecclesiis.

7. Et Angelo in Philadelphia Ecclesiae scribe: Haec dicit Sanctus Verus, habens clavem Davidis, aperiens et nemo claudit, ac claudens et nemo aperit.

8. Novi tua opera; ecce dedi coram te ostium apertum, et nemo potest claudere illud, quia parvam habes potentiam, et observasti Meum Verbum, et non negasti Nomen Meum.

9. Ecce dabo ex synagoga satanae, dicentes se ipsos Judaeos esse, et non sunt, sed mentiuntur; ecce faciam ut illi veniant et adorent ad pedes tuos, et sciant quod Ego dilexi te.

10. Quia servasti verbum tolerantiae Meae, et Ego te servabo ab hora tentationis futurae venire super Orbem universum, explorare habitantes super terra.

11. Ecce Venio cito; retine quod habes, ut nemo accipiat coronam tuam.

12. Vincentem faciam columnam in Templo Dei Mei, et foras non egredietur amplius, et scribam super illum Nomen Dei Mei, et nomen urbis Dei Mei, Novae Hierosolymae, quae descendit e Caelo a Deo Meo, et Nomen Meum novum.

13. Habens aurem audiat quid Spiritus dicit Ecclesiis.


14. Et Angelo Ecclesiae Laodicensium scribe: Haec dicit Amen, Testis fidelis et Verus, Principium opificii Dei.

15. Novi tua opera, quod nec frigidus [sis] nec calidus; utinam frigidus esses aut calidus.

16. Itaque quia tepidus es, et nec frigidus nec calidus, futurum est ut te evomam ex ore Meo.

17. Quod dicas quod dives sim, et locupletatus, et nullius opus habeam, et non scis quod tu sis aerumnosus et miser et pauper et caecus et nudus.

18. Suadeo tibi emere a Me aurum exploratum igne, ut ditatus sis, et vestimenta alba ut induaris, ne appareat pudor nuditatis tuae, et collyrio inungas oculos tuos, ut videas.

19. Ego quoscunque amo, arguo et castigo; zelo age ergo, et resipisce.

20. Ecce sto ad januam et pulso; si quis audiverit vocem Meam, et aperuerit ostium, intrabo ad illum, et caenabo cum illo et ille Mecum.

21. Vincenti dabo sedere Mecum in Throno Meo, sicut Ego vici, et sedeo cum Patre in Throno Ejus.

22. Habens aurem audiat quid Spiritus dicit Ecclesiis.

 

(2) 直訳

ET Angelo in Sardibus Ecclesiae scribe: また、サルデスの教会の中の天使に書け。

Haec dicit habens septem spiritus Dei, et septem stellas: これらを神の七つの霊を持つ者が言う、また七つの星を。

novi tua opera, quod nomen habeas quod vivas, et mortuus es. わたしはあなたの働きを知った、あなたが名前を持っていること、あなたが生きていること、またあなたは死んでいる。

2. Esto vigilans, et confirma reliqua quae moritura; 2. あなたは目覚めていなさい(未来☆)、また残りのものを補強せよ(強くせよ)、それらは死んでしまう(未来能動分詞)

未来形は「軽度の命令」を意味することがあります(〜したほうがよい)

non enim inveni tua opera plena coram Deo. というのは、わたしはあなたの働きが神の前に十分でない〔ことを〕見いだしたから。

3. Memento igitur quomodo acceperis et audiveris, et observa et resipisce; 3. それで思い出せ(未来)、どのようにあなたは受け(未来完了)、また聞く(未来完了)か、また、、守れ、また悔い改めよ。

si ergo non vigilaveris, venam super te tanquam fur, et nescies qua hora veniam super te. それゆえに、もし、あなたが目覚めていないなら、わたしはあなたの上にまるで泥棒かのようにやって来る、また、あなたは知らない、何の時間に、わたしがあなたの上にやって来る〔か〕。

4. Habes pauca nomina etiam in Sardibus, quae non inquinaverunt Vestimenta sua, et ambulabunt Mecum in albis, quia digni sunt. 4. あなたは、サルデスの中でもまた、わずかな名前を持っている、それらは自分の衣服を汚さなかった、またわたしとともに白〔の衣服〕で歩く、ふさわしい〔者〕であるので。

5. Vincens induetur vestimentis albis; 5. 勝利する者は白い衣服で着せられる。

et non delebo nomen ejus e libro vitae; また、わたしは彼の名前をいのちの書から消さない(未来)

et confitebor nomen ejus coram Patre Meo et coram angelis Ejus. また、私は彼の名前をわたしの血知の前に、またその天使の前に言明する(未来)


6. Habens aurem audiat quid Spiritus dicit Ecclesiis. 6. 耳を持つ者は、聞く(接続)、何を霊が教会に言うか。

7. Et Angelo in Philadelphia Ecclesiae scribe: 7. また、フィラデルフィヤの教会の中の天使に書け。

Haec dicit Sanctus Verus, habens clavem Davidis, aperiens et nemo claudit, ac claudens et nemo aperit. これらを言う、聖なる者、真実である者、ダビデの鍵を持っている者、開く者まただれも閉じない、そして閉じる者まただれも開けない。

8. Novi tua opera; 8. わたしはあなたの働きを知った。

ecce dedi coram te ostium apertum, et nemo potest claudere illud, quia parvam habes potentiam, et observasti Meum Verbum, et non negasti Nomen Meum. 見よ、わたしはあなたの前に開かれた戸(入り口)を与えた、まただれもそれを閉じることができない、あなたはわずかな力を持っているからである、またわたしのことばを守った、またわたしの名前を否定しなかった。

9. Ecce dabo ex synagoga satanae, dicentes se ipsos Judaeos esse, et non sunt, sed mentiuntur; 9. 見よ、わたしはサタンの会堂から〔の者に〕与える、自分自身をユダヤ人そのものであることを言っている、また〔そう〕ではない、しかし、うそをついている。

ecce faciam ut illi veniant et adorent ad pedes tuos, et sciant quod Ego dilexi te. 見よ、わたしは彼らがあなたの足へやって来て、崇拝するようにする、また知る〔ようにする〕わたしがあなたを愛したこと。

10. Quia servasti verbum tolerantiae Meae, et Ego te servabo ab hora tentationis futurae venire super Orbem universum, explorare habitantes super terra. 10. あなたがわたしの忍耐のことばを守ったので、また、わたしはあなたを守る、全世界の上にやって来る将来の試練の時から、地の上の住民を調べる(試す)

11. Ecce Venio cito; 11. 見よ、わたしはすぐに来る。

retine quod habes, ut nemo accipiat coronam tuam. あなたが持っているものを保持せよ、だれもあなたの王冠を受けないように。

12. Vincentem faciam columnam in Templo Dei Mei, et foras non egredietur amplius, et scribam super illum Nomen Dei Mei, et nomen urbis Dei Mei, Novae Hierosolymae, quae descendit e Caelo a Deo Meo, et Nomen Meum novum. 12. 勝利する者をわたしはわたしの神の神殿(聖所)の柱とする、また外へもはや出て行かない、また、わたしは彼らの上にわたしの神の名前を書く、またわたしの神の都の名前を、新しいエルサレム、それはわたしの神より天界から降る、またわたしの新しい名前を。

13. Habens aurem audiat quid Spiritus dicit Ecclesiis. 13. 耳を持つ者は、聞く(接続)、何を霊が教会に言うか。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 153訳文

(3) 訳文

 153.これらに、自分自身に信仰のみを義認へまでも、教えと生活で確信した者の、死後の彼らの運命について、私はあるメモラビリアを付け加える。

 

[1] 1. 死んで霊に関して生き返った時、一般的に心臓が叩き続けることをやめた後、第三日に生じることであるが、以前の世の中に生きていること以外に、異なって知らない(ように) これほどまでも自分自身に似た身体の中に見られ、その中に以前に世の中でいた。けれども、物質的な身体の中にいない、しかし、霊的なものである霊体的な身体の中にいる、それは彼らの感覚の前に物質的なもののように見える、それでも〔そうでは〕ない。

[2] 2. 何日か後に彼らは、そこにいろいろな社会が設立されている世界の中にいること見る、それは「霊たちの世界」と呼ばれる天界と地獄の間の中間にある世界である。

 そこのすべての社会は、それらは無数にあって、善と悪の自然的な情愛にしたがって驚くほど秩序づけられている。善の自然的な情愛にしたがって秩序づけられた社会は、天界と伝達する、また悪の情愛にしたがって秩序づけられた社会は、地獄と伝達する。

 [3] 3. 新しくやって来た霊は、すなわち、霊的な人間は、善いもの(社会)も悪いもの(社会)も、いろいろな社会の中へ導かれ、引き渡され、また、善と真理に情愛を感じたかどうか、またどのようにか、あるいは悪と虚偽に情愛を感じたかどうか、またどのようにか調べられる。

[4] 4. もし真理に情愛を感じたなら、悪の社会から導き出され、そして善の社会の中へ、そしてまたいろいろなもの〔社会〕の中へ、自分の自然的な情愛に対応する社会の中にやって来る()まで、またそこにその情愛に適合する善を享受する。またこのことを自然的な情愛を脱ぐ()まで導き入れられ、また霊的なもの(情愛)を着るが、その時、天界の中へ上げられる。しかし、このことは、世の中で仁愛の生活を、またこのように信仰の生活もまた送った者に生じる、それは、主を信じ、また悪を罪として避けた生活である。

 [5] 5. しかし、自分自身に信仰を義認へまでも、その信仰のみを教えと生活で確信した者は、真理に動かされず、しかし、虚偽に動かされ、また善の働きである仁愛の善を、救いの手段から退けたなので、善の社会から導き出され、そして、悪の社会の中へ、そしてまたいろいろな社会の中へ、自分の欲望の愛に対応する社会の中にやって来る(時)で導き入れられる。なぜなら、虚偽を愛する者は、悪を愛すること以外に異なってできないからである。

[6] 6. しかし、世なるものの中で善の情愛を偽り装った、それでも、彼らの内なるものの中で悪または欲望の情愛でないなら存在しなかったので、最初に、時々、外なるものの中に保たれる。また、世集団支配した者は、ここでまた支配する。霊たちの世界の社会で、公けのもの、または一部の中で、以前に職務であったそれらの地位(階級)にしたがって。しかし、真理さないので、公正さない、何真理公正るようにまでらされることもできないそれゆえ、数日後解雇される

 私ある社会から社会へこのような移行するまたどこでもらに統治(管理)えられしかし時間の後、何度も免職となった。

 [7] 7. たびたびの拒絶後、さらに職務めることを、あるきからしないある名声われるれからあえてしないそれゆえ退またふさぎんでまたその時、さびしい場所られそこに小屋がありそれにまたそこで、彼らにらかの仕事するようとえられるするかぎり、食物またもししないなら、飢えるまたらないそれゆえ、強制いる

 そこの食物たちの世界食物ているしかし、霊的起源からのものでありすべてのにそれをなう役立ちにしたがって、主により天界からえられる。怠には、役立たないので、与えられない

[8] 8. ある期間後、仕事嫌気がするまたその時、小屋から。彼らが聖職者だったなら、建設することをするまた、直ちにその時、切られた石、れんが、木材からの厚板、板、なおまたとイグサからの、粘土から、石灰、また瀝青堆積われるそれらをるとき、建築する欲望がたきつけられあるある材木あるあるはイグサをある粘土、一つをもうつの手当たり次第置いて、しかし、彼らの視野秩序正しく、家建築することをめるしかしそれは、昼間らが建築、夜崩壊するまた、次、崩れたがれきからそして建築するそれらを建築することにきるまで――このことは理由からずるそれらは、信仰虚偽確認するためにみことばから箇所またそれらの虚偽教会なって建築しないことである

 [9] 9. きから去り、その後、孤独、暇のままに座。怠には天界から食物えられないので、言われたように、飢え始める。どのようにして食物を受け取るか、また飢えを鎮めること以外に他のことをえることをない――この状態にいるとき、彼らにあるたちがやってそのたちにしを懇願するまた、彼らは言う、「なぜ、そのように怠け者〔として〕あなたがたは座っているのか? 私たちと、私たちの家に来い。私たちはあなたがたにするべき仕事を与え、あなたがたを養う」。

 その時、喜んで立ち上がり、彼らと彼らの家の中へ立ち去った、またそこにだれにも自分の仕事が与えられ、また仕事ゆえに食物が与えられる――しかし、自分自身に信仰の虚偽を確信したすべての者は、善の役立ちの仕事をすることができない、しかし悪の役立ちの仕事を、誠実に行なわないで、名誉または利益のために、見られるようにだけ〔行ない〕、それゆえ、自分の仕事を後に残し、社交)話すこと、歩くこと、眠ることだけを愛する。またその時、雇い主によりもはや仕事へ引き寄せることができないので、それゆえ、役に立たない者のように追い払われる。

 [10] 10. 追い払われた時、彼らに目が開かれ、ある洞穴へ向かう道が見える。そこへやって来たとき、扉が開かれ、そこに食物があるか尋ねる。そこに食物が〔ある〕と答えられるとき、そこにとどまることを許すよう懇願する。許し、そして導き入れることが言われ、彼らの後ろで扉が閉ざされる――その時、その洞穴の長がやって来て、彼らに言う、「あなたがたはもはや出ることができない。あなたがたの仲間を見よ、すべての者は働いている、また働くかぎり、天界から彼らに食物が与えられる。このことを私は、あなたがたに知って〔もらう〕ように言う」。そしてまた、仲間が言う、「私たちの長は、それぞれの者がふさわしい仕事について知っている、このようにどんなものでも日々負わせる。それをあなたがたが果たしたその日に、あたがたに食物が与えられる。もし〔果たさ〕ないなら、食物も衣服も与えられない。またもしだれかが他の者に悪を行なうなら、洞穴の隅に投げつけられ、断罪のほこりまみれの寝台の上に置かれ、そこで悲惨に苦しめられる、またこのことが、長が彼のもとに悔い改めのしるしを見るまで〔続く〕。その時、解放され、彼に、自分の仕事を行なうように命令される」。そしてまた、彼らはそれぞれに、自分仕事後、歩くこと、会話することその後、眠ることが許される、とわれる――また洞穴内部かれそこに娼婦がいて、彼女たちからそれぞれのが女の中のある自分自身取ることがされる、見境なく淫行にふけることはのもとにじられる

 [11] 永遠強制収容所でしかないこのような洞穴から、全地獄構成される

 私周知のものとする目的のために、私らかのものの、見ることことがえられたすべての者が卑しく見えた。彼らからのだれ一人も、世の中でだれ〔であり〕どんな職務の中にいたか知らなかった。しかし、私といた天使は、私に言った、「世の中で、この者は召使い、この者は兵士、この者は将校(長官)、この者は聖職者、この者は要職にあった、この者は裕福であった。それでも、すべての者は、奴隷と似た(者同士の)仲間であったとしか以外に知らない」。この理由は、内的に似たものであり、それでも外的に異なっていた、そして内的なものが霊界の中ですべての者を仲間とするからである。

このような運命が、仁愛の生活を遠ざけ、ここからそれ〔生活〕を世の中で生きなかった者にある。

 [12] [11.] 全般的に地獄について、それらはこのようなまったくの洞穴と強制収容所から、しかし、そこにサタンがいるのものとそこに悪魔がいる似ていないものから構成される。

虚偽とここからの悪の中にいた者はサタン、悪とここからの虚偽の中にいた者は悪魔、と言われる。

 サタンは天界の光の中で死体のように、ある者はミイラのような黒い〔色に〕に見える。また、悪魔は天界の光の中で暗い火のように、ある者はすすのような黒いものに見える。しかし、すべての者は顔と身体に関して怪物のようである。しかし、炭火からの光のようである自分の光の中で、怪物のようではなく、人間のようである。このことは彼らに、仲間となることができるために与えられている。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 153直訳[9]〜[12]

[9] 9. Postea abeunt ex taedio, ac sedent solitarii et otiosi; [9] 9. きから後、そして孤独また(怠惰)☆〔ままに〕座

ここの二つの属格は「述語的な属格」と言われるものです。主語の状態を述べます。副詞的に訳すとよいでしょう。

et quia otiosis non datur cibus e Caelo, ut dictum est, incipiunt esurire; またには天界から食物えられないので、言われたように、飢えることを始める。

et non aliud cogitare, quam quomodo accepturi sint cibum, et sedaturi famem. またのことをえることをない、どのようにして食物を受け取るか以外に、また飢えを鎮めること。

Cum in hoc statu sunt, veniunt ad illos aliqui, a quibus petunt stipem; この状態にいるとき、彼らにあるたちがやってそのたちからしを懇願する

et dicunt, Cur ita otiosi sedetis, venite nobiscum in nostras domus, et dabimus vobis opera ad faciendum, et cibabimus vos; また、彼らは言う、「なぜ、そのように怠け者〔として〕あなたがたは座っているのか、私たちと、私たちの家に来い、また私たちはあなたがたにするべき仕事を与える、またあなたがたを養う(食物を供給する)。

ac tunc laeti surgunt, et abeunt cum illis in domos illorum, et ibi cuilibet datur suum opus, et propter opus datur cibus: またその時、嬉しい者たち☆は立ち上がった、また、彼らと彼らの家の中に立ち去った、またそこにだれにも自分の仕事が与えられる、また仕事ゆえに食物が与えられる。

副詞的に[喜んで]と訳すのがよいでしょう。

sed quia omnes qui se confirmaverunt in falsis fidei, non facere possunt opera boni usus, sed mali usus, nec faciunt illa fideliter, sed solum ut appareant propter honorem aut lucrum, quare relinquunt sua opera et modo amant conversari, loqui, ambulare et dormire; しかし、すべての者は、その者は自分自身に信仰の虚偽を確信した、善の役立ちの仕事をすることができない、しかし悪の役立ちの仕事を、★それらを誠実に行なわない、しかし、★名誉または利益のために、見られるようにだけ、それゆえ、自分の仕事を後に残す、また交わること(社交)だけを愛する、話すこと、歩くことまた眠ること。

et tunc quia ab heris non possunt adduci amplius ad opera, ideo sicut inutiles ejiciuntur. またその時、雇い主によりもはや仕事へ引き寄せることができないので、それゆえ、役に立たない者のように★追い出される。

[10] 10. Quando ejecti sunt, aperitur illis oculus, et vident viam tendentem ad quandam Cavernam; [10] 10. ★追い出された時、彼らに目が開かれる、またある洞穴へ向かう道が見える。

quo cum veniunt, aperitur ostium, et intrant, et quaerunt num ibi cibus; そこへやって来たとき、扉(入り口)が開かれる、またそこに食物があるか尋ねる。

et cum respondetur quod ibi cibus, petunt ut ibi liceat manere; またそこに食物が〔ある〕ことが答えられるとき、そこにとどまることを許すように求める(懇願する)

et dicitur quod liceat, et introducuntur, et post illos clauditur ostium: また言われる、許すことそして導き入れることが、また彼らの後ろで扉(入り口)が閉ざされる。

et tunc venit praesul illius Cavernae, et dicit illis, Non potestis amplius exire, videte sodales vestros, omnes laborant, et sicut laborant, victus e Caelo illis datur; またその時、その洞穴の長がやって来る、また彼らに言う、あなたがたはもはや出ることができない、あなたがたの仲間を見よ、すべての者は働いている、また働くかぎり、天界から彼らに食物が与えられる。

hoc dico vobis ut sciatis: このことを私は言う、あなたがたに知って〔もらう〕ように。

et quoque dicunt sodales, Praesul noster novit ad quod opus, quisque idoneus est, et tale cuilibet injungit quotidie: そしてまた、仲間が言う、私たちの長は向かって(まで、ついて)知っている、それぞれの者がふさわしい仕事を、このようにどんなものでも日々負わせる(押し付ける)

quo die id absolvitis, datur vobis cibus, et si non, non datur cibus, nec vestis; その日に、それをあなたがたが果たした、あたがたに食物が与えられる、またもし〔果たさ〕ないなら、食物も衣服も与えられない。

et si quis malum facit alteri conjicitur ad angulum cavernae, in quendam lectum ex pulvere damnato, ubi misere cruciatur, et hoc usque dum praesul videt signum paenitentiae apud illum; またもしだれかが他の者に悪を行なうなら、洞穴の隅に投げつけられる、有罪(断罪)のちり(ほこり)からのある寝台の上に、そこで悲惨に苦しめられる、またこのことが長が悔い改めのしるしを見るまで、彼のもとに。

et tunc eximitur, et mandatur ei ut faciat opus suum: またその時、解放される、また彼に命令される、自分の仕事を行なうように。

et quoque dicitur ei, quod cuivis liceat post opus suum ambulare, confabulari, et postea dormire: そしてまた、彼らはわれるそれぞれにされること、自分仕事後、歩くこと、会話することまたその後、眠ること

et deducitur interius in cavernam, ubi sunt scorta, ex quibus licet unicuique sibi sumere aliquam in mulierem, et sub poena interdicitur scortari promiscue. また洞穴内部かれそこに娼婦がいる、彼女たちからそれぞれのが★女の中のある()自分自身ることがされるまた★のもとにじられる、見境なく淫行にふけることは

[11] Ex talibus Cavernis, quae non sunt nisi quam aeterna Ergastula, consistit universum Infernum. [11] このような洞穴からそれらは永遠強制収容所以外でないならない、★全地獄構成される

Datum est mihi intrare in aliquas, et videre propter finem ut notum faciam, et visi sunt omnes ut vile, nec unus ex illis scivit quis et in quo munere fuerat in mundo: らかのもののることがえられたまたること、目的のために、周知のものとがするように、また視覚にある、すべての者が卑しいもののように(として)、彼らからの一人も知らなかった、世の中でだれ〔であり〕どんな職務の中にいたか。

sed Angelus, qui mecum erat, dixit mihi, quod hic fuerit in mundo famulus, hic miles, hic praefectus, hic sacerdos, hic in dignitate, hic in opulentia; しかし、天使は、その者は私といた、私に言った、この者は世の中で召使いであったこと、この者は兵士、この者は将校(長官)、この者は聖職者(祭司)、この者は高位(要職)に、この者は裕福(な者)の中に。

et tamen omnes non sciunt aliter, quam quod servi et similes sodales fuerint; またそれでも、すべての者は異なって知らない、奴隷と似た(者同士の)仲間であったこと以外に。

hoc ex causa, quia interius similes fuerant, tametsi exterius dissimiles, ac interiora consociant omnes in mundo spirituali. このことは理由から、内的に似たものであったので、それでも外的に異なっている、そして内的なものが霊界の中ですべての者を仲間になる(仲間にする)

Talis sors est illorum, qui removerunt charitatis vitam, et inde illam in mundo non vixerunt. ★このような運命が彼のものである、その者は仁愛の生活を遠ざけた、またここからそれ〔生活〕を世の中で生きなかった。

[12] [11.] Quod Inferna in genere attinet, consistunt illa ex meris talibus Cavernis et Ergastulis, sed ex dissimilibus ubi sunt satanae et ubi sunt diaboli. [12] [11.] 全般的に地獄については、それらはこのようなまったくの洞穴と強制収容所から構成される、しかし、似ていないものから、そこにサタンがいる、またそこに悪魔がいる。

Satanae sunt qui in falsis et inde malis fuerunt, et diaboli qui in malis et inde falsis. サタンは言われる、その者は虚偽とここからの悪の中にいた、また悪魔は、その者は悪とここからの虚偽の中に

Satanae apparent in luce Caeli sicut cadavera, et quidam nigri sicut mumia; サタンは天界の光の中で死体のように★見える、またある者はミイラのような黒い〔色に〕。

et diaboli apparent in luce Caeli furve igniti, et quidam atri sicut fuligo; ★また、悪魔は天界の光の中で黒っぽい(暗い)火のように見える、またある者はすすのような黒いもの。

at omnes quoad facies et corpora monstrosi; しかし、すべての者は顔と身体に関して怪物のようである。

sed in sua luce, quae est instar lucis ex carbonibus ignitis, non ut monstra, sed ut homines;  しかし、自分の光の中で、それは炭火からの光のようである、怪物のようでない、しかし、人間のよう〔である〕。

hoc illis datum est ut consociari possint. このことは彼らに与えられている、仲間となることができるために。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark