RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 757(訳文)

(3) 訳文

 757「またすべての不潔な霊の牢獄に、また不潔なまた憎まれる鳥の牢獄に」は、悪魔のようであるそれらの地獄にいて、主から背を向け、自分自身そのものへ〔向けて〕いる者の意志とここから行為の悪を、また思考とここから意図の虚偽を意味する。

 「牢獄」によって地獄が意味される、そこに閉じ込められているからである。「霊」によって、情愛または意志に、またここから行為に属すすべてのものが意味される。また、「鳥」によって、思考または理解力に、またここから意図に属すすべてのものが意味される。それゆえ、「不潔な霊」と「不潔な鳥」によって、意志とここから行為に属すすべての悪が、また思考とここから意図に属すすべての虚偽が意味される。また、これらが地獄の中の彼らのもとにあるので、それゆえ、それらが悪魔的なものであることが意味される――また、主から背を向け、自分自身そのものへ〔向けている〕ので、「憎まれる鳥」とも呼ばれている。

  預言書に、バベルが同様のものによって述べられている、そのように「イザヤ書」に――

 

 「バベルは、神のひっくり返すことにより、ソドムとゴモラのようになる。そこにアラビア人がとどまらないように、そのように永遠に住まれない。そこにイッイームが伏せ、彼らの家はオーヒームで満ち、そこにフクロウの娘が住み、サテュロスがそこに踊る。さらにまた、ツィイームがその宮殿の中で、竜がその歓喜の宮殿の中で答える」(13:19-22)

 

 同書に――

 

 「わたしは、バベルの名前と残りの者を切り倒す。彼女を猛禽(フクロウ)の相続財産とする(19:22, 23)

 

 「エレミヤ書」に――

 

  神がソドムとゴモラとその近隣のひっくり返すしたバベルの中に、「イッイームとツィイームとフクロウの娘が住み、そこに、人の子は住まない」(50:39, 41)

 

 これらから、「すべての不潔な霊の牢獄、また不潔なまた憎まれる鳥の牢獄」によって、悪魔のようであるそれらの地獄にいて、主から背を向け、自分自身そのものへ〔向けて〕いる者の意志とここから行為の悪を、また思考とここから意図の虚偽を意味することが明らかである。

 [2] 「鳥」が、悪も善も、両方の意味で、理解力と思考またここから意図に属すようなものを意味することは、みことばから明らかである。

そこに、悪い意味で、これらの箇所の中に――

 

 「半週の真ん中で、いけにえをやめることをする。最後に、忌まわしい翼の上に荒涼があり、終結までも荒廃の上に滴り落ちるであろう」(ダニエル9:27)

 「地をヘラサギと猛禽(フクロウ)が所有し、ミミズクとカラスがその中に住むであろう」(イザヤ34:11)

 

 前に示された箇所の中の「オーヒーム」、「イッイーム」、「フクロウの娘」、「竜」によって、地獄の虚偽以外の他のものは意味されない。なおまた、アブラムが追い払った、死体の上に降りた鳥によって(創世記15:112)。それらの死体が食物として与えられる鳥によって(エレミヤ17:3315:316:419:734:20、エゼキエル29:5、詩篇79:1, 2)。なおまた、蒔かれたものを食べた鳥によって(マタイ13:3, 4)

 

 [3] 善い意味で、これらの箇所の中に――

 

「這うものと鳥」は、エホバの名前をほめたたえる(詩篇148:10)

 「その日に、わたしは、天と鳥また地の這うものと契約を結ぶ」(ホセア2:18)

 「獣に尋ねよ、すると、あなたを教えるであろう、また天の鳥に尋ねよ、すると、あなたに知らせるであろう。だれがこれらすべてのものから、エホバの手がそれを行なったことを知らないか」(ヨブ記12:7-9)

 「わたしが見たとき、見よ、人間はいない、天のすべての鳥は飛び去った」(エレミヤ4:24-26)

 「天の鳥から獣までも飛び去った。わたしがエルサレムを、竜の住みかをに堆積とするからである」(エレミヤ9:10, 1112:9)

 「狄人瓩呂覆ぁ∋悲はない、神の知識はない。このために、地は野の獣についてて、また天の鳥について悲しむ」(ホセア4:1, 3

 「わたしは、東から鳥を、遠く離れた地から熟慮の男を呼んでいる神」(イザヤ46:9, 11)

 「アッシリアはレバノンの杉。その枝の中に天のすべての鳥が巣を作り、その陰の中に大いなる国民のすべての者が住む」(エゼキエル31:3, 5)

 

 [4] 杉としてのアッシリアについて言われているここのように、他の箇所に同様のものが〔ある〕。(例えば、エゼキエル17:23、ダニエル4:10-14, 20, 21、マタイ13:31, 32、マルコ4:32、ルカ13:19)

 

 「すべての翼の鳥に、すべての野の獣に、言え。イスラエルの山の上の大いなるいけにえへやって来い。このように、わたしはわたしの栄光を諸国民の間に与える」(エゼキエル39:17, 21、黙示録19:17)

 

(ほかに他の箇所に、例えば、イザヤ18:1, 6、エゼキエル38:20、ホセア9:1111:9, 11、ゼパニヤ1:3、詩篇8:6-8、詩篇50:11、詩篇104:10, 12)

 

 「鳥」が、理解力とここからの思考と意図に属すものを意味することは、霊界の中の鳥からはっきりと明らかであり、そこにもまたすべての属とすべての種の鳥が見られる。天界の中には、最も美しいもの、ゴクラクチョウ、キジバト、ハトが、地獄の中には、竜、ミミズク、フクロウ、また同様の鳥が〔見られ〕、それらすべてのものは天界の中の善の情愛からの思考を、また地獄の中の悪の情愛からの思考を生き生きと表象するものである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 757(原文と直訳)

(1) 原文

757. " Et custodia omnis spiritus immundi, et custodia omnis avis immundae et exosae," significat quod mala voluntatis et inde facti, ac falsa cogitationis et inde consilii illorum, qui in infernis illis sunt, diabolica sint, quia aversi a Domino ad semet ipsos sunt.Per "custodiam" significatur Infernum, quia ibi incarcerati sunt; per "spiritum" significatur omne quod affectionis seu voluntatis et inde facti est; et per "avem" significatur omne quod cogitationis seu intellectus et inde consilii est; quare per "spiritum immundum" et "avem immundam" significantur omnia mala quae voluntatis et inde facti sunt, et omnia falsa quae cogitationis et inde consilii sunt; et quia haec sunt in infernis apud illos, ideo significatur quod illa diabolica sint: et quia sunt aversi a Domino ad semet ipsos, dicitur etiam "avis exosa." Per similia describitur Babel apud Prophetas, ita apud Esajam:

 

"Erit Babel sicut eversio Dei, Sodoma et Gomorrha; non habitabitur in aeternum, ita ut non moretur ibi Arabs; cubabunt ibi tziim, et implebuntur domus eorum ochim, et habitabunt ibi filiae noctuae, et satyri saltabunt ibi: respondebunt etiam ijim{1} in palatiis ejus, et dracones in palatiis deliciarum ejus" (xiii. 19-22);

 

apud eundem:

 

"Exscindam Babeli nomen et residuum; ponam eam in haereditatem anatariae" (xiv. 22,23);

 

et apud Jeremiam:

 

In Babele "habitabunt tziim et ijim et filiae noctuae, juxta eversionem Dei, Sodomam et Gomorrham et vicinas ejus; non habitabit ibi filius hominis" (l. 39, 40).

 

Ex his patet, quod per "custodiam omnis spiritus immundi, et omnis avis immundae et exosae," significetur quod mala voluntatis et inde facti, ac falsa cogitationis et inde consilii, illorum qui in infernis illis sunt, diabolica sint, quia aversi a Domino ad semet ipsos sunt. [2] Quod "aves" significent talia quae intellectus et cogitationis et inde consilii sunt, in utroque sensu tam malo quam bono, patet ex Verbo. In sensu malo ibi in his locis:

 

"In medio septimanae cessare faciet{2} sacrificium: tandem super Avem abominationum desolatio, usque ad consummationem stillabit super devastationem{3}" (Dan. ix. 27);

"Possidebunt terram platea et anataria, ulula et corvus habitabunt in ea" (Esaj. xxxiv. 11).

 

Non aliud quam falsa infernalia significantur per "ochim," "tziim," "filias noctuae," "dracones," in locis supra adductis;

 

Tum per Aves quae descenderunt super cadavera, quas Abram abegit (Gen. xv. 11{4}):

Per Aves, quibus darentur cadavera eorum in cibum (Jerem. vii. 33; cap. xv. 3: cap. xvi. 4; cap. xix. 7; cap. xxxiv. 20; Ezech. xxix. 5; Psalm. lxxix. 1, 2):

Tum per Aves quae comedunt id quod seminatum est (Matth. xiii. 3, 4).

 

[3] In bono sensu in his locis:

 

Laudent Nomen Jehovae "reptile et Avis" (Psalm. cxlviii. 10):

"Feriam illis foedus in die illo cum Avi caelorum et reptili terrae" (Hosch. ii. 18);

"Interroga bestias et docebunt te, et Aves caeli et annuntiabunt tibi; quis non novit ex his omnibus quod manus Jehovae faciat illud" (Hiob. xii. 7-9);

"Vidi cum ecce non homo, omnis Avis caelorum avolarunt" (Jerem. iv. 24-26):

"Ab Ave caelorum usque ad bestiam avolarunt, quia dabo Hierosolymam acervos, habitaculum draconum" (Jerem. ix. 9, 10 [B. A. 10, 11]: cap. xii. 9);

"Non veritas, non misericordia, non cognitio Dei: propterea lugebit terra quoad bestiam agri et quoad Avem caelorum "(Hosch. iv. 1, 3);

"Ego Deus, vocans ab ortu Avem, e terra longinqua virum consilii" (Esaj. xlvi. 9, [11]):

"Aschur cedrus in Libano; in ramis ejus nidificarunt omnes aves caelorum, et in umbra ejus habitarunt omnes gentes magnae" (Ezech, xxxi. 3{5} 6);

 

[4] similia ut hic de Aschure ut cedro dicuntur alibi

 

(Ut Ezech. xvii. 23; Dan. iv. 7-11, 17, 18 [B.A. 10-14, 20, 21]; Matth. xiii. 31, 32; Marc.{6} iv. 32; Luc. xiii. 19);

"Dic Avi omnis alae, et omni bestiae agri, Venite ad sacrificium magnum super montibus Israelis: sic dabo gloriam Meam inter gentes" (Ezech. xxxix. 17, 21; Apoc. xix. 17).

(Praeter alibi, ut Esaj. xviii. 1, 6; Ezech. xxxviii. 20; Hosch. ix. 11; cap. xi. 9, 11{7}; Zeph. i. 3; Psalm. viii. 7-9 [B.A. 6-8]; Psalm. l. 11; Psalm civ. 10, 12.{8})

 

Quod "aves" significent illa quae intellectus et inde cogitationis et consilii sunt, patet manifeste ex avibus in mundo spirituali, ubi etiam apparent aves omnis generis et omnis speciei, in Caelo pulcherrimae, paradisiacae, turtures, columbae, in Inferno dracones, ululae, bubones, et similes aliae, quae omnes sunt repraesentationes ad vivum cogitationum ex affectionibus bonis in Caelo, et cogitationum ex affectionibus malis in Inferno.

@1 ijim pro "zjim" @2 faciet pro "faciam" @3 super devastationem pro "devastatio" @4 11 pro "10" @5 3 pro "5" @6 Marc. pro "Matth." @7 11 pro "10" @8 12 pro "11"

 

(2) 直訳

757. " Et custodia omnis spiritus immundi, et custodia omnis avis immundae et exosae," significat quod mala voluntatis et inde facti, ac falsa cogitationis et inde consilii illorum, qui in infernis illis sunt, diabolica sint, quia aversi a Domino ad semet ipsos sunt.− 757「またすべての不潔な霊の牢獄に、また不潔なまた憎まれる鳥の牢獄に」は、意志のまたここから行為の悪を意味する、そして思考のまたここから計画(行動の意図)の虚偽を、彼らの、その者はそれらの地獄にいる、悪魔のようである、主から背を向け、自分自身そのものへ〔向けて〕いる。

Per "custodiam" significatur Infernum, quia ibi incarcerati sunt; 「牢獄」によって、地獄が意味される、そこに閉じ込められているからである。

per "spiritum" significatur omne quod affectionis seu voluntatis et inde facti est; 「霊」によって、すべてのものが意味される、それは情愛の、または意志の、またここから行為のものである。

et per "avem" significatur omne quod cogitationis seu intellectus et inde consilii est; また、「鳥」によって、すべてのものが意味される、それは思考の、または理解力の、またここから意図のものである。

quare per "spiritum immundum" et "avem immundam" significantur omnia mala quae voluntatis et inde facti sunt, et omnia falsa quae cogitationis et inde consilii sunt; それゆえ、「不潔な霊」と「不潔な鳥」によってすべての悪が意味される、それは意志のまたここから行為の、またすべての虚偽が、それは思考のまたここから意図のものである。

et quia haec sunt in infernis apud illos, ideo significatur quod illa diabolica sint: また、これらが地獄の中の彼らのもとにあるので、それゆえ、意味される、それらが悪魔的なものであること。

et quia sunt aversi a Domino ad semet ipsos, dicitur etiam "avis exosa." また、主から背を向け、自分自身そのものへ〔向けている〕ので、「憎まれる鳥」とも呼ばれている。

Per similia describitur Babel apud Prophetas, ita apud Esajam: 同様のものによって、バベルが預言者〔の書〕のもとに述べられている、そのように「イザヤ書」に――

"Erit Babel sicut eversio Dei, Sodoma et Gomorrha; 「バベルは神のひっくり返すことのようになる、ソドムとゴモラを。

non habitabitur in aeternum, ita ut non moretur ibi Arabs; 永遠に住まれないであろう、そのように、そこにアラビア人がとどまらないように。

cubabunt ibi tziim, et implebuntur domus eorum ochim, et habitabunt ibi filiae noctuae, et satyri saltabunt ibi: そこにイッイームが伏せるであろう、また彼らの家はオーヒームで満ちるであろう、またそこに夜の鳥(フクロウ)娘が住むであろう、またサテュロスがそこに踊るであろう。

respondebunt etiam ijim{1} in palatiis ejus, et dracones in palatiis deliciarum ejus" (xiii. 19-22); ツィイーム(イッイーム)もまたその宮殿の中で答えるであろう、また竜はその歓喜の宮殿の中で」(13:19-22)

apud eundem: 同書のもとに――

"Exscindam Babeli nomen et residuum; 「わたしは、バベルの名前と残りの者を切り倒す。

ponam eam in haereditatem anatariae" (xiv. 22,23); 彼女を猛禽(フクロウ)の相続財産の中に置く(する)(19:22, 23)

et apud Jeremiam: 「エレミヤ書」のもとに――

In Babele "habitabunt tziim et ijim et filiae noctuae, juxta eversionem Dei, Sodomam et Gomorrham et vicinas ejus; バベルの中に、「イッイームとツィイーム(イッイーム)と夜の鳥(フクロウ)の娘が住むであろう、神のひっくり返すことのように、ソドムとゴモラとその近隣。

non habitabit ibi filius hominis" (l. 39, 40). そこに、人の子は住まないであろう」(50:39, 41)

Ex his patet, quod per "custodiam omnis spiritus immundi, et omnis avis immundae et exosae," significetur quod mala voluntatis et inde facti, ac falsa cogitationis et inde consilii, illorum qui in infernis illis sunt, diabolica sint, quia aversi a Domino ad semet ipsos sunt. これらから明らかである、「すべての不潔な霊の牢獄、また不潔なまた憎まれる鳥の牢獄」によって、意志のまたここから行為の悪を意味する、そして思考のまたここから計画(行動の意図)の虚偽を、彼らの、その者はそれらの地獄にいる、悪魔のようである、主から背を向け、自分自身そのものへ〔向けて〕いることが。

[2] Quod "aves" significent talia quae intellectus et cogitationis et inde consilii sunt, in utroque sensu tam malo quam bono, patet ex Verbo. [2] 「鳥」がこのようなものを意味することは、それらは理解力と思考のものまたここから意図のものである、両方の意味の中の、悪も善も、みことばから明らかである。

In sensu malo ibi in his locis: 悪い意味で、そこに、これらの箇所の中に――

"In medio septimanae cessare faciet{2} sacrificium: 「半週の真ん中の中で、いけにえをやめることをする。

tandem super Avem abominationum desolatio, usque ad consummationem stillabit super devastationem{3}" (Dan. ix. 27); 最後に、忌まわしい翼の上に荒涼〔がある〕、終結(完了)までも荒廃の上に滴り落ちるであろう」(ダニエル9:27)

"Possidebunt terram platea et anataria, ulula et corvus habitabunt in ea" (Esaj. xxxiv. 11). 「地をヘラサギと猛禽(フクロウ)が所有であろう、メンフクロウ(ミミズク)とカラスがその中に住むであろう」(イザヤ34:11)

Non aliud quam falsa infernalia significantur per "ochim," "tziim," "filias noctuae," "dracones," in locis supra adductis; 地獄の虚偽以外の他のものは意味されない、「オーヒーム」、「イッイーム」、「夜の鳥(フクロウ)娘」、「竜」によって、上に提示された箇所の中の。

Tum per Aves quae descenderunt super cadavera, quas Abram abegit (Gen. xv. 11{4}): なおまた、鳥によって、それは死体の上に降りた、それをアブラムは追い払った(abigo)(創世記15:112)

Per Aves, quibus darentur cadavera eorum in cibum (Jerem. vii. 33; cap. xv. 3: cap. xvi. 4; cap. xix. 7; cap. xxxiv. 20; Ezech. xxix. 5; Psalm. lxxix. 1, 2): 鳥によって、それらで彼らの死体が与えられる、食物として(エレミヤ17:33、第153、第164、第197、第3420、エゼキエル29:5、詩篇79:1, 2)

Tum per Aves quae comedunt id quod seminatum est (Matth. xiii. 3, 4). なおまた、鳥によって、それはそれを食べた、それは蒔かれた(マタイ13:3, 4)

[3] In bono sensu in his locis: [3] 善い意味で、これらの箇所の中に――

Laudent Nomen Jehovae "reptile et Avis" (Psalm. cxlviii. 10): それらはエホバの名前をほめたたえる(未来)「這うものと鳥」(詩篇148:10)

"Feriam illis foedus in die illo cum Avi caelorum et reptili terrae" (Hosch. ii. 18); 「その日に、わたしは彼ら(のため)に契約を結ぶ(facio)、天と鳥また地の這うものと」(ホセア2:18)

"Interroga bestias et docebunt te, et Aves caeli et annuntiabunt tibi; 「獣に尋ねよ、すると、あなたを教えるであろう、また天の鳥に、するとあなたに知らせるであろう。

quis non novit ex his omnibus quod manus Jehovae faciat illud" (Hiob. xii. 7-9); だれがこれらすべてのものから知らないか、エホバの手がそれを行なったこと」(ヨブ記12:7-9)

"Vidi cum ecce non homo, omnis Avis caelorum avolarunt" (Jerem. iv. 24-26): 「わたしが見たとき、見よ、人間は〔い〕ない、天のすべての鳥は飛び去った」(エレミヤ4:24-26)

"Ab Ave caelorum usque ad bestiam avolarunt, quia dabo Hierosolymam acervos, habitaculum draconum" (Jerem. ix. 9, 10 [B. A. 10, 11]: cap. xii. 9); 「天の鳥から獣までも飛び去った、わたしがエルサレムに堆積を与える(する)からである、竜の住みかを」(エレミヤ9:10, 11、第129)

"Non veritas, non misericordia, non cognitio Dei: 「狄人瓩呂覆ぁ∋悲はない、神の知識(認識)ない。

propterea lugebit terra quoad bestiam agri et quoad Avem caelorum "(Hosch. iv. 1, 3); このために、地は畑()の獣に関して、また天の鳥に関して悲しむ」(ホセア4:1, 3

"Ego Deus, vocans ab ortu Avem, e terra longinqua virum consilii" (Esaj. xlvi. 9, [11]): 「わたしは神、東から鳥を呼んでいる、遠く離れた地から熟慮の男を」(イザヤ46:9, 11)

"Aschur cedrus in Libano; 「アッシリアはレバノンの中の杉。

in ramis ejus nidificarunt omnes aves caelorum, et in umbra ejus habitarunt omnes gentes magnae" (Ezech, xxxi. 3{5} 6); その枝の中に天のすべての鳥が巣を作る、またその陰の中に大いなる国民のすべての者が住む」(エゼキエル31:3, 5)

[4] similia ut hic de Aschure ut cedro dicuntur alibi [4] 同様のものがここのように、杉としてのアッシリアについて言われている、他の箇所に

(Ut Ezech. xvii. 23; Dan. iv. 7-11, 17, 18 [B.A. 10-14, 20, 21]; Matth. xiii. 31, 32; Marc.{6} iv. 32; Luc. xiii. 19); (例えば、エゼキエル17:23、ダニエル4:10-14, 20, 21、マタイ13:31, 32、マルコ4:32、ルカ13:19)

"Dic Avi omnis alae, et omni bestiae agri, Venite ad sacrificium magnum super montibus Israelis: 「すべての翼の鳥に、またすべての畑(野)獣に、言え、イスラエルの山の上の大いなるいけにえへやって来い。

sic dabo gloriam Meam inter gentes" (Ezech. xxxix. 17, 21; Apoc. xix. 17). このように、わたしはわたしの栄光を諸国民の間に与える」(エゼキエル39:17, 21、黙示録19:17)

(Praeter alibi, ut Esaj. xviii. 1, 6; Ezech. xxxviii. 20; Hosch. ix. 11; cap. xi. 9, 11{7}; Zeph. i. 3; Psalm. viii. 7-9 [B.A. 6-8]; Psalm. l. 11; Psalm civ. 10, 12.{8}) (ほかに他の箇所に、例えば、イザヤ18:1, 6、エゼキエル38:20、ホセア9:11、第119, 11、ゼパニヤ1:3、詩篇8:6-8、詩篇50:11、詩篇104:10, 12)

Quod "aves" significent illa quae intellectus et inde cogitationis et consilii sunt, patet manifeste ex avibus in mundo spirituali, ubi etiam apparent aves omnis generis et omnis speciei, in Caelo pulcherrimae, paradisiacae, turtures, columbae, in Inferno dracones, ululae, bubones, et similes aliae, quae omnes sunt repraesentationes ad vivum cogitationum ex affectionibus bonis in Caelo, et cogitationum ex affectionibus malis in Inferno. 「鳥」がそれらを意味することは、それらは理解力とここからの思考と熟慮(意図)ものである、霊界の中の鳥からはっきりと明らかである、そこにもまたすべての属とすべての種の鳥が見られる、天界の中に、最も美しいもの、楽園の〔鳥〕(ゴクラクチョウ)、キジバト、ハト、地獄の中に、竜、メンフクロウ(ミミズク)、フクロウ、また同様の鳥、それらすべてのものは天界の中の善の情愛からの思考を生き生きと〔表象する〕表象物である、また地獄の中の悪の情愛からの思考を。

@1 ijim pro "zjim" 注1zjim」の代わりに ijim

@2 faciet pro "faciam" 注2faciam」の代わりに faciet

@3 super devastationem pro "devastatio" 注3devastatio」の代わりに super devastationem

@4 11 pro "10" 注4「」の代わりに

@5 3 pro "5" 注55」の代わりに 3

@6 Marc. pro "Matth." 注6Matth.」の代わりに Marc.

@7 11 pro "10" 注710」の代わりに 11

@8 12 pro "11" 注811」の代わりに 12

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 756

(1) 原文

756. " Et facta est habitaculum daemoniorum," significat quod inferna eorum sint inferna concupiscentiarum dominandi ex oestro amoris sui, et concupiscentiarum prophanandi vera Caeli ex zelo spurio illius amoris.Per "daemonia" significantur concupiscentiae mali (n. 458), et quoque concupiscentiae falsificandi vera; sed daemonia, sicut concupiscentiae, sunt plurium generum, at pessima sunt quae sunt concupiscentiae dominandi ex oestro amoris sui super sancta Ecclesiae et super Caelum; et quia hic dominatus insidet cordibus illorum, sunt etiam concupiscentiae prophanandi vera Caeli ex zelo spurio illius amoris: et quia illi, cum fiunt daemonia, quod fit post mortem, sciunt quod Solus Dominus dominetur super Caelum et Terram, fiunt odia contra Ipsum, usque tandem ut post elapsum saeculi non sustineant audire Ipsum nominari. Ex his patet, quod per "Babylon facta est habitaculum daemoniorum" significetur quod inferna illorum sint inferna concupiscentiarum dominandi ex oestro amoris sui, et concupiscentiarum prophanandi vera Caeli ex zelo spurio illius amoris. [2] Nescitur in mundo quod omnes post mortem fiant affectiones amoris regnantis apud se; affectiones bonae, qui spectaverunt ad Dominum et ad Caelum, ac simul fugerunt mala ut peccata; at affectiones malae, quae sunt concupiscentiae, qui spectaverunt solum ad se et ad mundum, ac mala fugerunt non ut peccata, sed modo ut damna famae et honoris. Affectiones illae ad vivum apparent et percipiuntur in mundo spirituali, at solum cogitationes ex affectionibus in mundo naturali. Inde est, quod homo non sciat quod Infernum insit affectionibus amoris mali, et Caelum affectionibus amoris boni. Quod homo non sciat, est inde; et quod non percipiat, est quia concupiscentiae amoris mali trahunt ex haereditate quod in voluntate sint jucundae, et inde in intellectu amoenae; et super id quod jucundum et amoenum est, homo non reflectit, quia id ducit animum ejus, sicut vena fluvii torrentis navigium. Quare illi qui se immerserunt illis jucundis et amoenis, non possunt aliter ad jucunda et amoena affectionum amoris boni et veri venire, quam sicut illi qui valida vi brachii urgent remos contra venam fluvii torrentis: secus autem illi qui non profunde immerserunt se.

 

(2) 直訳

756. " Et facta est habitaculum daemoniorum," significat quod inferna eorum sint inferna concupiscentiarum dominandi ex oestro amoris sui, et concupiscentiarum prophanandi vera Caeli ex zelo spurio illius amoris.− 756「また悪鬼(ダイモーン)の住まいとなった」は、彼らの地獄が自己愛の興奮から支配している欲望であることを意味する、またその愛のにせ(疑似)熱意から天界の真理を冒涜している欲望。

Per "daemonia" significantur concupiscentiae mali (n. 458), et quoque concupiscentiae falsificandi vera; 「悪鬼(ダイモーン)によって、悪欲望意味れる(458番)、そしてまた真理を虚偽化している欲望が。

sed daemonia, sicut concupiscentiae, sunt plurium generum, at pessima sunt quae sunt concupiscentiae dominandi ex oestro amoris sui super sancta Ecclesiae et super Caelum; しかし、悪鬼(ダイモーン)は、欲望のように、多くの種類がある、しかし、最悪のものである、それらは自己愛の興奮から、教会の聖なるものの上にまた天界の上に支配している欲望である。

et quia hic dominatus insidet cordibus illorum, sunt etiam concupiscentiae prophanandi vera Caeli ex zelo spurio illius amoris: またこの支配が彼らの心に居座るので、さらにまたそののにせ(疑似)熱意から天界真理冒涜している欲望である

et quia illi, cum fiunt daemonia, quod fit post mortem, sciunt quod Solus Dominus dominetur super Caelum et Terram, fiunt odia contra Ipsum, usque tandem ut post elapsum saeculi non sustineant audire Ipsum nominari. またそれらは、悪鬼(ダイモーン)となるとき、それは死後に生じる、知るので、主おひとりが天界と地の上で支配すること、その方に対する憎しみになる、最後に時代の経過の後、その方の名前が挙げられるのを聞くことに耐えないようにまでも。

Ex his patet, quod per "Babylon facta est habitaculum daemoniorum" significetur quod inferna illorum sint inferna concupiscentiarum dominandi ex oestro amoris sui, et concupiscentiarum prophanandi vera Caeli ex zelo spurio illius amoris. これらから明らかである、「バビロンは悪鬼(ダイモーン)まいとなった」によって、彼らの地獄が自己愛興奮から支配している欲望の地獄であることまたそののにせ(疑似)熱意から天界真理冒涜している欲望。

[2] Nescitur in mundo quod omnes post mortem fiant affectiones amoris regnantis apud se; [2] 世の中で知られていない、すべての者が、死後、自分自身のもとで支配している愛の情愛になること。

affectiones bonae, qui spectaverunt ad Dominum et ad Caelum, ac simul fugerunt mala ut peccata; 善の情愛は、それは主にまた天界に目を向ける、そして同時に悪を罪として避ける。

at affectiones malae, quae sunt concupiscentiae, qui spectaverunt solum ad se et ad mundum, ac mala fugerunt non ut peccata, sed modo ut damna famae et honoris. しかし、悪の情愛は、それは欲望である、それは自分自身にまた世にだけ目を向ける、そして悪を罪として避けない、しかし、名声と名誉への害としてだけ〔避ける〕。

Affectiones illae ad vivum apparent et percipiuntur in mundo spirituali, at solum cogitationes ex affectionibus in mundo naturali. それらの情愛は、霊界の中で生きいきと見られる、また知覚される、しかし、自然界の中で情愛からの思考だけが〔見られ、知覚される〕。

Inde est, quod homo non sciat quod Infernum insit affectionibus amoris mali, et Caelum affectionibus amoris boni. ここからである、人間が知らないこと、地獄が悪の愛の情愛に内在すること、また天界が善の愛の情愛に。

Quod homo non sciat, est inde; 人間が知らないことは、ここからである。

et quod non percipiat, est quia concupiscentiae amoris mali trahunt ex haereditate quod in voluntate sint jucundae, et inde in intellectu amoenae; また知覚しないことは、遺伝からの悪の愛の欲望が追いたてるからである、それ(欲望)意志の中の快いもの、またここから理解力の中の楽しいものである。

et super id quod jucundum et amoenum est, homo non reflectit, quia id ducit animum ejus, sicut vena fluvii torrentis navigium. またそれらの上を(について)それは快いものと楽しいものである、人間は熟考しない、それが彼の心(アニムス)を導くからである、急な川の流れのように舟を。

Quare illi qui se immerserunt illis jucundis et amoenis, non possunt aliter ad jucunda et amoena affectionum amoris boni et veri venire, quam sicut illi qui valida vi brachii urgent remos contra venam fluvii torrentis: それゆえ、彼らは、その者は自分自身をそれらの快さと楽しさに沈ませた、異なってできない、善と真理への愛の情愛の快さへまた楽しさへやって来ることが、彼らのように以外に、その者は腕の強い力で、急な川の流れに逆らって櫂をこぐ。

secus autem illi qui non profunde immerserunt se. けれども、異なって〔いる〕、彼らは、その者は自分自身を深く沈ませなかった。

 

(3) 訳文

 756「また悪鬼(ダイモーン)の住まいとなった」は、彼らの地獄が自己愛の興奮から支配している欲望であり、またその愛のにせ熱意から天界の真理を冒涜している欲望であることを意味する。

 「悪鬼(ダイモーン)によって、悪欲望意味れ(458番)、そしてまた真理を虚偽化している欲望が意味される。しかし、悪鬼(ダイモーン)は、欲望のように、多くの種類がある、しかし、最悪のものは、自己愛の興奮から、教会の聖なるものの上にまた天界の上に支配している欲望である。またこの支配が彼らの心に居座るので、そののにせ(疑似)熱意から天界真理冒涜している欲望でもある。またそれらは、悪鬼(ダイモーン)となるとき、それは死後に生じるが、主おひとりが天地を支配されることを知るので、その方に対する憎しみになり、最後に時代の経過の後、その方の名前が挙げられるのを聞くことに耐えないようにまでもなる。

 これらから、「バビロンは悪鬼(ダイモーン)まいとなった」によって、彼らの地獄が自己愛興奮から支配している欲望の地獄でありそののにせ(疑似)熱意から天界真理冒涜している欲望であることが明らかである。

 [2]すべての者が、死後、自分自身のもとで支配している愛の情愛になることが、世に知られていない。主にまた天界に目を向け、そして同時に悪を罪として避ける者は、善の情愛〔になる〕。しかし、自分自身にまた世にだけ目を向ける、そして悪を罪として避けない、しかし、名声と名誉への害としてだけ〔避ける〕欲望は、悪の情愛である。

 それらの情愛は、霊界の中で、生きいきと見られ、知覚される、しかし、自然界の中で情愛からの思考だけが〔見られ、知覚される〕。

 ここから、人間は、地獄が悪の愛の情愛に、また天界が善の愛の情愛に内在することを知らない。

 人間が知らないことは、ここからであり、また知覚しないことは、遺伝からの悪の愛の欲望が追いたてるからである、それ(欲望)意志の中の快いもの、ここから理解力の中の楽しいものである。また、快いものと楽しいものであるそれらについて、人間は熟考しない、急な川の流れが舟を導くように、それが彼の心(アニムス)を導くからである、。

 それゆえ、自分自身をそれらの快さと楽しさに沈ませた者は、善と真理への愛の情愛の快さへまた楽しさへやって来ることが、腕の強い力で、急な川の流れに逆らって櫂をこぐ者のようにしかできない――けれども、自分自身を深く沈ませなかった者は異なって〔いる〕。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 755

(1) 原文

755. [Vers. 2.] " Et exclamavit in virtute voce magna, dicens, Cecidit, cecidit Babylon magna," significat quod notum fecerit quod per Divinam potentiam Domini, omnes qui in Religioso illo et simul in amore dominandi ex illo fuerunt, in mundo spirituali destructi sint, et in plura inferna conjecti.Quod haec per illa verba significentur, constare potest ex Opusculo de Ultimo Judicio et de Babylonia destructa, anno 1758 Londini edito, ubi describitur destructio ejus a n. 53 ad 64, ex quo videri potest, quod illi ex eo Religioso destructi fuerint et conjecti in Infernum, qui ex oestro amoris sui dominati sunt super Sancta Divina Domini, quae Caeli et Ecclesiae sunt, et qui mere idololatrae fuerunt; quod autem illi ex eodem Religioso, qui vixerunt secundum praecepta Decalogi fugiendo mala ut peccata, et simul spectaverunt ad Dominum, salvati sint, videatur in Continuatione de Ultimo Judicio et de Mundo Spirituali (n. 58); quibus plura adjicere non opus est. Simile de Babele dicitur apud Esajam:

 

"Clamavit Leo super specula: et dixit, Cecidit, cecidit Babel, et omnia sculptilia deorum ejus confregit in terram" (xxi. 8, 9).

 

Similes ex illo Religioso post Ultimum Judicium colliguntur, et per vices ad suos mittuntur.

 

(2) 直訳

755. [Vers. 2.] " Et exclamavit in virtute voce magna, dicens, Cecidit, cecidit Babylon magna," significat quod notum fecerit quod per Divinam potentiam Domini, omnes qui in Religioso illo et simul in amore dominandi ex illo fuerunt, in mundo spirituali destructi sint, et in plura inferna conjecti.− 755(2)「また、強さの中で大きな声で叫んだ、言って。倒れた、倒れた、大きなるバビロンが」は、彼がよく知られるものにしたことを意味する、主の神的力によってその宗教的信念の中に、また同時に、それからの支配している愛の中にいたすべての者が、霊界の中で滅ぼされた、また多くの地獄の中に投げ込まれたこと。

Quod haec per illa verba significentur, constare potest ex Opusculo de Ultimo Judicio et de Babylonia destructa, anno 1758 Londini edito, ubi describitur destructio ejus a n. 53 ad 64, ex quo videri potest, quod illi ex eo Religioso destructi fuerint et conjecti in Infernum, qui ex oestro amoris sui dominati sunt super Sancta Divina Domini, quae Caeli et Ecclesiae sunt, et qui mere idololatrae fuerunt; これらがそれらのことばによって意味されることは、小著『最後の審判についてと滅ぼされたバビロニアについて』1758年、ロンドンで出版から明らかにすることができる、そこにその破壊について述べられている、53から64番まで、それらから見られることができる、その宗教的信念からの彼らが破壊され、また地獄の中へ投げ込まれたこと、その者は自己愛の興奮から支配した、主の聖なる神的なものの上に、それらは天界のまた教会のものである、またその者はまったくの偶像崇拝者であった。

quod autem illi ex eodem Religioso, qui vixerunt secundum praecepta Decalogi fugiendo mala ut peccata, et simul spectaverunt ad Dominum, salvati sint, videatur in Continuatione de Ultimo Judicio et de Mundo Spirituali (n. 58); けれども、同じ宗教的信念からの彼らは、その者は悪を罪として避けて、十戒の戒めにしたがって生きた、また同時に、主に目を向けた、救われたことが、『続き、最後の審判についてと霊界について』の中に見られる(58)

quibus plura adjicere non opus est. それらに多くのものが付け加えられることは必要とされない。

Simile de Babele dicitur apud Esajam: 同様のものがバベル(バビロン)について「イザヤ()」のもとに言われている――

"Clamavit Leo super specula: 「ライオンが見張り台の上で叫んだ。

et dixit, Cecidit, cecidit Babel, et omnia sculptilia deorum ejus confregit in terram" (xxi. 8, 9). また、言った、倒れた、バベル(バビロン)は倒れた、またその神々の彫像は地の中へ砕かれた」(21:8, 9)

Similes ex illo Religioso post Ultimum Judicium colliguntur, et per vices ad suos mittuntur. その宗教的信念からの同様の者が、最後の審判の後、集められる、また時々、自分のもの〔仲間〕へ送られる。

 

(3) 訳文

 755(2)「また、強い大きな声で叫んで、言った。倒れた、倒れた、大バビロンが」は、彼が、主の神的力によってその宗教的信念の中に、また同時に、それからの支配している愛の中にいたすべての者が、霊界の中で滅ぼされ、また多くの地獄の中に投げ込まれたことをよく知られるものにしたことを意味する。

 これらがそれらのことばによって意味されることは、小著『最後の審判☆』(1758年、ロンドンで出版)から明らかにすることができ、そこにその破壊について述べられており(53から64番まで)、それらから、その宗教的信念からの、自己愛の興奮から天界や教会のものである主の聖なる神的なものを支配した者が、また、まったくの偶像崇拝者であった者が、破壊され、地獄の中へ投げ込まれたことを見ることができる。けれども、同じ宗教的信念からの、悪を罪として避けて、十戒の戒めにしたがって生き、また同時に、主に目を向けた者は、救われたことが、『続 最後の審判について 霊界について』の中に見られる(58)。それらに多くのものが付け加えられることは必要とされない。

 同様のものがバベル(バビロン)について「イザヤ書」に言われている――

 

 「ライオンが見張り台の上で叫んだ。また、言った、倒れた、バベル(バビロン)は倒れた。その神々の彫像は地の中へと砕かれた」(21:8, 9)

 

 その宗教的信念からの同様の者が、最後の審判の後、集められ、時々、自分のもの〔仲間〕へ送られる。

 

『最後の審判』の原題名は『最後の審判についてまた滅ぼされたバビロニア』です。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 754

(1) 原文

754. " Vidi [alium] Angelum descendentem e Caelo, habentem potestatem magnam, et terra illustrata est a gloria Ejus," significat influxum Domini e Caelo, fortem per Divinum Verum, ex quo Ecclesia Ipsius in luce caelesti fuit.Per "Angelum" significatur Dominus; per "Angelum descendentem e Caelo" significatur influxus Domini e Caelo; per "habentem potestatem magnam" significatur influxus fortis; per "terram illustratam a gloria Ejus" significatur Ecclesia a Domino per Divinum Verum in luce caelesti: quod per "Angelum" et per "Angelos" in Verbo intelligatur Dominus, videatur n. 258, 344, 465, 649, 657, 718; per "descendere" significatur influere, quia de Domino; quod per "terram" significetur Ecclesia, n. 285, 721; quod "gloria" dicatur de Divino Vero, et significet illud, n. 249, 629. Dicitur Divinum Verum in luce caelesti, quia Divinum Verum procedens a Domino est Lux Caeli, quae illustrat angelos, et sapientiam eorum facit. Quod nunc dicatur de influxu Domini per Divinum Verum, et de illustratione Ecclesiae per id, est quia per illum influxum separantur illi qui in falsis sunt ab illis qui in veris, et quoque falsa ex luce veri apparent qualia sunt.

 

(2) 直訳

754. " Vidi [alium] Angelum descendentem e Caelo, habentem potestatem magnam, et terra illustrata est a gloria Ejus," significat influxum Domini e Caelo, fortem per Divinum Verum, ex quo Ecclesia Ipsius in luce caelesti fuit.− 754「私は〔もうひとりの〕天から降っている天使を見た、大きな力(権限)を持っている、また、地は彼の栄光から照らされた」は、神的真理によって天界からの主の強い流入を意味する、それ〔流入〕からその方の教会は天界的な光の中にあった。

Per "Angelum" significatur Dominus; 「天使」によって、主が意味される。

per "Angelum descendentem e Caelo" significatur influxus Domini e Caelo; 「天からっている天使」によって天界からの主の流入が意味される。

per "habentem potestatem magnam" significatur influxus fortis; 「大きな力(権限)を持っている」によって、強い流入が意味される。

per "terram illustratam a gloria Ejus" significatur Ecclesia a Domino per Divinum Verum in luce caelesti: 「地栄光かららされたによって、主からの神的真理を通して天界的なの中の教会が意味される。

quod per "Angelum" et per "Angelos" in Verbo intelligatur Dominus, videatur n. 258, 344, 465, 649, 657, 718; 

per "descendere" significatur influere, quia de Domino;  みことばの中の「天使」によって、また、「天使たち」によって、主が意味されることが、258, 344, 465, 649, 657, 718番に見られる。

quod per "terram" significetur Ecclesia, n. 285, 721; 「地」によって、教会が意味されること、285, 721番。

quod "gloria" dicatur de Divino Vero, et significet illud, n. 249, 629. 「栄光」は神的真理について言われること、またそれを意味する、249, 629番。

Dicitur Divinum Verum in luce caelesti, quia Divinum Verum procedens a Domino est Lux Caeli, quae illustrat angelos, et sapientiam eorum facit. 天界の中の神的真理が言われた、主から発出している神的真理は天界の光であるからである、それは天使たちを照らす、また、彼らの知恵をつくる。

Quod nunc dicatur de influxu Domini per Divinum Verum, et de illustratione Ecclesiae per id, est quia per illum influxum separantur illi qui in falsis sunt ab illis qui in veris, et quoque falsa ex luce veri apparent qualia sunt. 今、神的真理によっての主の流入について言われることは、またそれによっての教会の照らしについて、その流入によって彼らが分離されるからである、その者は虚偽の中にいる、彼らから、その者は真理の中に〔いる〕、そしてまた、虚偽は、真理の光からどんなものであるか見られる。

 

(3) 訳文

 754「私は〔もうひとりの〕天から降っている天使を見た、大きな力(権限)を持っている、また、地は彼の栄光から照らされた」は、神的真理によって天界からの主の強い流入を意味する、それ〔流入〕からその方の教会は天界的な光の中にあった。

 「天使」によって、主が意味される。「天からっている天使」によって、天界からの流入意味される。「大きな(権限)っているによって、強流入意味される。「地栄光かららされたによって、主から神的真理によって天界的な光の中の教会が意味される。みことばの中の「天使」と「天使たち」によって、主が意味されることが、258, 344, 465, 649, 657, 718番に、「地」によって、教会が意味されることが、285, 721番に見られる。「栄光」が神的真理について言われ、またそれを意味することは、249, 629番。

 天界の中の神的真理が言われた、主から発出している神的真理は天界の光であるからであり、それが天使たちを照らし、彼らの知恵をつくる。

 今、神的真理によっての主の流入について、またそれによっての教会の照らしについて言われるのは、その流入によって、虚偽の中にいる者が真理の中にいる者から分離され、そしてまた、虚偽は、真理の光からどんなものであるか見られるからである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark