RECOMMEND
RECOMMEND
スヴェーデンボリの夢日記
スヴェーデンボリの夢日記 (JUGEMレビュー »)
エマヌエル・スヴェーデンボリ
RECOMMEND
RECOMMEND
新しいエルサレムの教え 信仰について
新しいエルサレムの教え 信仰について (JUGEMレビュー »)
エマヌエル・スヴェーデンボリ,Emanuel Swedenborg
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 原典講読『結婚愛』12
    匿名 (03/27)
  • 原典講読『真のキリスト教』850,851
    匿名 (02/26)
  • 原典講読『真のキリスト教』798(直訳[6]~終わりまで)
    匿名 (02/05)
  • 原典講読『真のキリスト教』794,795
    匿名 (01/27)
  • 原典講読『真のキリスト教』762
    匿名 (01/02)
  • 原典講読『真のキリスト教』711,712
    匿名 (10/31)
  • 原典講読『真のキリスト教』665(直訳[3])
    匿名 (08/30)
  • 原典講読『真のキリスト教』660
    匿名 (08/12)
  • 原典講読『真のキリスト教』653
    匿名 (08/06)
  • 原典講読『真のキリスト教』603,604
    Fereydun (06/25)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Swedenborg and Latin from A to Z

スヴェーデンボリの著作の翻訳者によるブログです。スヴェーデンボリとラテン語に関するいろいろな話題や情報を提供します。
原典講読『結婚愛』424

(1)原文

424. (i.) Quod non sciatur qualis est amor scortatorius, nisi scitur qualis est amor conjugialis. Per amorem scortatorium intelligitur amor adulterii qui destruit amorem conjugialem (ut supra n. 423). Quod non sciatur qualis est amor ille scortatorius, nisi scitur qualis est amor conjugialis, non eget demonstrare, sed modo illustrare per similitudines; ut, Quis potest nosse quid malum et falsum, nisi scit quid bonum et verum? et quis novit quid incastum, inhonestum, indecorum, et impulchrum, nisi scit quid castum, honestum, decorum, et pulchrum? et quis potest discernere insanias, nisi qui sapiens est, aut scit quid sapientia? tum quis potest rite percipere stridores disharmonicos, nisi qui doctrina et studio hausit numeros harmonicos? similiter quis potest perspicere quale est adulterium, nisi perspexerit quale est conjugium? et quis potest judicio sistere spurcitiem voluptatum amoris scortatorii, nisi qui prius judicio suo stitit munditiem amoris conjugialis? Nunc quia absolvi Delitias sapientiae de Amore conjugiali, ex intelligentia inde acquisita possum Voluptates de Amore scortatorio describere.

 

(2)直訳

424. (i.) Quod non sciatur qualis est amor scortatorius, nisi scitur qualis est amor conjugialis.― 424.(1) 淫行愛がどんなものか知られないこと、結婚愛がどんなものであるか知られないなら。

(1) 結婚愛がどんなものであるか知られないなら、淫行愛がどんなものか知られない。

Per amorem scortatorium intelligitur amor adulterii qui destruit amorem conjugialem (ut supra n. 423). 淫行愛によって姦淫愛が意味される、それは結婚愛を破壊する(上の423番のように)

Quod non sciatur qualis est amor ille scortatorius, nisi scitur qualis est amor conjugialis, non eget demonstrare, sed modo illustrare per similitudines; その淫行愛がどんなものであるか知られないこと、結婚愛がどんなものであるか知られないなら、論証することは必要とされない、しかし、単に似ているもの(比喩)によって説明することが〔必要とされる〕。

ut, Quis potest nosse quid malum et falsum, nisi scit quid bonum et verum? 例えば、だれが、何が悪と虚偽か知ること(novisse nosco)ができるか? 何が善と悪か知らないなら。

et quis novit quid incastum, inhonestum, indecorum, et impulchrum, nisi scit quid castum, honestum, decorum, et pulchrum? また、だれが、何が不貞、恥ずべきもの(不名誉)、不作法(醜いもの)、また醜いものを知らない☆か? 何が貞潔、尊敬すべきもの(名誉)、ふさわしいもの(礼儀正しさ)、また美か知らないなら。

noscoは完了形でも「現在」として訳します。

et quis potest discernere insanias, nisi qui sapiens est, aut scit quid sapientia? また、だれが、狂気を見分けることができるか、その者が賢明な者(知恵者)でないなら、または何が知恵が知らないなら。

tum quis potest rite percipere stridores disharmonicos, nisi qui doctrina et studio hausit numeros harmonicos? なおまた、だれが、正しく知覚することができるか? 不協和なきしり音を、学習(学問)と追及(研究)で調和した(和音)韻律(拍子)を吸収した(学んだ)者でないなら。

similiter quis potest perspicere quale est adulterium, nisi perspexerit quale est conjugium? 同様に、だれが、知覚することができるか? 姦淫がどんなものか、結婚がどんなものか鋭く見なかったなら。

et quis potest judicio sistere spurcitiem voluptatum amoris scortatorii, nisi qui prius judicio suo stitit munditiem amoris conjugialis? また、だれが、判断で(=賢明に)淫行愛の快楽の不潔さを示すことができるか? 前もって自分で判断できる(判断力をもって)結婚愛の清潔さをもたらさない(示さない)なら。

Nunc quia absolvi Delitias sapientiae de Amore conjugiali, ex intelligentia inde acquisita possum Voluptates de Amore scortatorio describere. 今や、私は「結婚愛についての知恵の歓喜」を仕上げたので、ここから取得した知性から「淫行愛についての快楽」を述べる(描く)ことができる。

 

(3)訳文

 424.(1) 結婚愛がどんなものであるか知られないなら、淫行愛がどんなものか知られない。

 淫行愛によって結婚愛を破壊する姦淫愛が意味される(前の423番のように)

結婚愛がどんなものであるか知られないなら、その淫行愛がどんなものであるか知られないことは、論証することは必要とされない、しかし、単に似ているものによって説明することが必要とされる。例えば、何が善と悪か知らないなら、だれが何が悪と虚偽か知ることができるのか? また、何が貞潔、名誉、儀正しさ、美か知らないなら、だれが、何が不貞、不名誉、不作法、醜いものを知るのか? また、賢明な者でないなら、または何が知恵が知らないなら、だれが、狂気を見分けることができるのか? なおまた、不協和なきしり音を、学習と研究で調和した韻律を学んだ者でないなら、だれが、正しく知覚することができるのか? 同様に、姦淫がどんなものか、結婚がどんなものか鋭く見なかったなら、だれが、知覚することができるのか? また、前もって判断力をもって結婚愛の清潔さを示さないなら、だれが、淫行愛の快楽の不潔さを賢明に示すことができるのか?

 今や、私は「結婚愛についての知恵の歓喜」を仕上げたので、ここから得た知性から、「淫行愛についての快楽」を述べることができる。

 

◎前回(昨日)423番の(13) ad quam を「あるもの(女性)へ」としましたが(正しくは「それ(女性)へ」、その詳論である438番では ad quam sphaeram「そのスフェアへ」です。この423番も sphaera を補ったほうがよいでしょう。英訳はそうしています。

| 原典講読『結婚愛』 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原典講読『結婚愛』423

(1)原文

PARS ALTERA.

VOLUPTATES INSANIAE DE AMORE SCORTATORIO.

 

[XVIII.]

DE OPPOSITIONE AMORIS SCORTATORII ET AMORIS CONJUGIALIS

 

423. {1}In limine hoc, primo aperiendum est, quid in hoc capite per amorem scortatorium intelligitur. Non intelligitur amor fornicatorius, qui praecedit conjugium, nec qui sequitur illud post mortem conjugis; nec concubinatus, qui ex causis legitimis, justis, et sonticis, initur; nec intelliguntur genera mitia adulterii, nec genera gravia ejus, a quibus homo actualiter resipiscit, nam haec non opposita fiunt, et illa non opposita sunt amori conjugiali; quod non opposita sint, videbitur in sequentibus, ubi de unoquovis transigetur. Sed per amorem scortatorium oppositum amori conjugiali hic intelligitur amor adulterii, dum talis est, ut non reputetur pro peccato, nec pro malo et inhonesto contra rationem, sed pro licito cum ratione: hic amor scortatorius amorem conjugialem non modo eundem secum facit, sed etiam pessumdat, destruit, et tandem nauseat. [2] De hujus amoris oppositione contra amorem conjugialem in hoc capite agitur; quod non de alio, constare potest ex sequentibus de Fornicatione, de Concubinatu, et de variis generibus adulterii.

Sed oppositio illa, ut coram visu rationali pateat, demonstranda est in hac serie:

 

(i.) Quod non sciatur qualis est amor scortatorius, nisi scitur qualis est amor conjugialis.

(ii.) Quod amor scortatorius sit oppositus amori conjugiali.

(iii.) Quod amor scortatorius sit oppositus amori conjugiali, sicut naturalis homo in se spectatus est oppositus spirituali homini.

(iv.) Quod amor scortatorius sit oppositus amori conjugiali, sicut connubium mali et falsi est oppositum conjugio boni et veri.

(v.) Quod inde amor scortatorius sit oppositus amori conjugiali, sicut infernum est oppositum caelo.

(vi.) Quod immundum inferni sit ex amore scortatorio, et quod mundum caeli sit ex amore conjugiali.

(vii.) Quod similiter immundum in ecclesia, et mundum ibi.

(viii.) Quod amor scortatorius plus et plus faciat hominem non hominem et non virum, et quod amor conjugialis faciat hominem plus et plus hominem et virum.

(iv.) Quod sit sphaera amoris scortatorii, et sphaera amoris conjugialis.

(x.) Quod sphaera amoris scortatorii ascendat ex inferno, et quod sphaera amoris conjugialis descendat e coelo.

(xi.) Quod binae illae sphaerae sibi mutuo obvient in utroque mundo, sed non se conjungant.

(xii.) Quod inter binas illas sphaeras aequilibrium sit, et quod homo in illo sit.

(xiii.) Quod homo se convertere possit ad quam libet, sed quod quantum se convertit ad unam, tantum avertat se ab altera.

(xiv.) Quod utraque sphaera secum ferat jucunditates.

(xv.) Quod jucunditates amoris scortatorii inchoent a carne, et quod sint carnis etiam in spiritu; sed quod jucunditates amoris conjugialis inchoent in spiritu, et quod sint spiritus etiam in carne.

(xvi.) Quod jucunditates amoris scortatorii sint voluptates insaniae, at quod jucunditates amoris conjugialis sint delitiae sapientiae.

 

Sequitur nunc horum explicatio.

 @1. Haec paragraphus huc usque in prima editione signis citationis inclusa est.

 

(2)直訳

PARS ALTERA. VOLUPTATES INSANIAE DE AMORE SCORTATORIO. 第二部 淫行愛についての狂気の快楽☆

低い類いの快楽、特に肉体的なもの

 

[XVIII.] DE OPPOSITIONE AMORIS SCORTATORII ET AMORIS CONJUGIALIS (18)淫行愛と結婚愛の対立について

423. {1}In limine hoc, primo aperiendum est, quid in hoc capite per amorem scortatorium intelligitur. 423.この入り口の中で、最初に明らかにされ(示され)ければならない、何がこの章の中で淫行愛によって意味されるか。

Non intelligitur amor fornicatorius, qui praecedit conjugium, nec qui sequitur illud post mortem conjugis; 私通(密通)愛が意味されない、それは結婚に先行する、それも〔意味し〕ない、それは配偶者の死後に続く。

nec concubinatus, qui ex causis legitimis, justis, et sonticis, initur; めかけ囲いも〔意味し〕ない、それは正当な、公正な、また重大な理由から、始められる。

nec intelliguntur genera mitia adulterii, nec genera gravia ejus, a quibus homo actualiter resipiscit, nam haec non opposita fiunt, et illa non opposita sunt amori conjugiali; 穏やかな種類の姦淫も意味されない、その重い(厳しい)種類のものも、それらにより人間は実際に後悔する、なぜなら、これら〔後者〕は結婚愛に正反対の(対立している)ものをつくらないから、それら〔前者〕は正反対の(対立している)ものでない。

quod non opposita sint, videbitur in sequentibus, ubi de unoquovis transigetur. 正反対の(対立している)ものでないことは、続くものの中で見られる、そこにそれぞれについて取り上げられる。

Sed per amorem scortatorium oppositum amori conjugiali hic intelligitur amor adulterii, dum talis est, ut non reputetur pro peccato, nec pro malo et inhonesto contra rationem, sed pro licito cum ratione: しかし、結婚愛と正反対の(対立している)淫行愛によって、ここに、罪としても、理性に反する悪や恥ずべきものととして見なされないで、(しかし)理性に許されるものとして〔見なされる〕姦淫愛が意味される。

hic amor scortatorius amorem conjugialem non modo eundem secum facit, sed etiam pessumdat, destruit, et tandem nauseat. この淫行愛は、結婚愛をそれ自体と同じものにするだけでなく、滅ぼし、破壊し、最後には吐き気を催すものにする。

[2] De hujus amoris oppositione contra amorem conjugialem in hoc capite agitur; [2] 結婚愛に対してこの愛の対立するものについて、この章の中で扱われる。

quod non de alio, constare potest ex sequentibus de Fornicatione, de Concubinatu, et de variis generibus adulterii. 他のものについてではない、続くものから明らかにすることができる、私通(密通)について、めかけ囲いについて、またいろいろな種類の姦淫について。

Sed oppositio illa, ut coram visu rationali pateat, demonstranda est in hac serie:― しかし、その対立するものについて、理性的な視覚の前に明らかになるように、この連鎖(系列)の中で(論証)示されなければならない。

(i.) Quod non sciatur qualis est amor scortatorius, nisi scitur qualis est amor conjugialis. (1) 淫行愛がどんなものか知られないこと、結婚愛がどんなものであるか知られないなら。

(ii.) Quod amor scortatorius sit oppositus amori conjugiali. (2) 淫行愛は結婚愛に対立していること。

(iii.) Quod amor scortatorius sit oppositus amori conjugiali, sicut naturalis homo in se spectatus est oppositus spirituali homini. (3) 淫行愛は結婚愛に対立していること、本質的に見られた自然的な人が霊的な人に対立しているように。

(iv.) Quod amor scortatorius sit oppositus amori conjugiali, sicut connubium mali et falsi est oppositum conjugio boni et veri. (4) 淫行愛は結婚愛に対立していること、悪と虚偽のつがいが善と真理の結婚と対立しているように。

(v.) Quod inde amor scortatorius sit oppositus amori conjugiali, sicut infernum est oppositum caelo. (5) ここから淫行愛は結婚愛に対立していること、地獄が天界と対立しているように。

(vi.) Quod immundum inferni sit ex amore scortatorio, et quod mundum caeli sit ex amore conjugiali. (6) 地獄の不潔は淫行愛からであること、また天界の清潔(きれいさ)は結婚愛からであること。

(vii.) Quod similiter immundum in ecclesia, et mundum ibi. (7) 教会の中の不潔(よごれたもの)同様であること、またそこに清潔(高潔)なもの。

(viii.) Quod amor scortatorius plus et plus faciat hominem non hominem et non virum, et quod amor conjugialis faciat hominem plus et plus hominem et virum. (8) 淫行愛はさらにまたさらに人間を人間でなく男でなくすること、また結婚愛はさらにまたさらに人間を人間と男とすること。

(iv.) Quod sit sphaera amoris scortatorii, et sphaera amoris conjugialis. (9) 淫行愛のスフェアがあること、また結婚愛のスフェアが。

(x.) Quod sphaera amoris scortatorii ascendat ex inferno, et quod sphaera amoris conjugialis descendat e coelo. (10) 淫行愛のスフェアは地獄から上昇すること、また結婚愛のスフェアは天界から下降すること。

(xi.) Quod binae illae sphaerae sibi mutuo obvient in utroque mundo, sed non se conjungant. (11) それらの二つのスフェアはそれら自体互いに両方の世界の中で出あうこと、しかし互いに結合しない。

(xii.) Quod inter binas illas sphaeras aequilibrium sit, et quod homo in illo sit. (12) それらの二つのスフェアの間に均衡があること、また人間はその中にいること。

(xiii.) Quod homo se convertere possit ad quam libet, sed quod quantum se convertit ad unam, tantum avertat se ab altera. (13) 人間は自分自身を好むところであるあるものへ向けることができる、しかし、どれだけ一方へ向けるか〔によって〕、それだけ自分自身をもう一方から背かせる(向きを変える)。

(xiv.) Quod utraque sphaera secum ferat jucunditates. (14) 両方のスフェアはそれ自体に快感(快さ)を持ってくる(もたらす)。

(xv.) Quod jucunditates amoris scortatorii inchoent a carne, et quod sint carnis etiam in spiritu; (15) 淫行愛の快感(快さ)は肉から始まること、また霊の中でもまた肉のものであること。

sed quod jucunditates amoris conjugialis inchoent in spiritu, et quod sint spiritus etiam in carne. しかし、結婚愛の快感(快さ)は霊の中で始まること、また肉の中でもまた霊のものであること。

(xvi.) Quod jucunditates amoris scortatorii sint voluptates insaniae, at quod jucunditates amoris conjugialis sint delitiae sapientiae. (16) 淫行愛の快感(快さ)は狂気の快楽であること、しかし、結婚愛の快感(快さ)は知恵の歓喜であること。

Sequitur nunc horum explicatio. 今や、これらの説明が続けられる。

@1. Haec paragraphus huc usque in prima editione signis citationis inclusa est. 注1 これらの段落はここまで〔(1)の前まで〕引用符で囲まれている〔上段に引用符が付けられている〕。

 

(3)訳文

第二部 淫行愛についての狂気の快楽

 

(18)淫行愛結婚愛対立について

 

423.この入り口の中で、この章の中で淫行愛によって何が意味されるか、最初に明らかにされければならない。

結婚に先行する私通愛は意味されない、配偶者の死後に続くそれも意味しない。正当な、公正な、また重大な理由から始められる、めかけ囲いも意味されない。穏やかな種類の姦淫も、人間が実際に後悔する重種類の姦淫も意味されない、なぜなら、これら〔後者〕は結婚愛に対立するものをつくらないから、それら〔前者〕は対立するものではない。対立するものでないことは、続くものの中で見られ、そこにそれぞれについて取り上げられる。

しかし、結婚愛と対立する淫行愛によって、ここに、罪としても、理性に反する悪や恥ずべきものととして見なされないで、理性に許されるものとして〔見なされる〕姦淫愛が意味される。この淫行愛は、結婚愛と同じものにするだけでなく、滅ぼし、破壊し、最後には吐き気を催すものにする。

 [2] 結婚愛に対してこの愛の対立するものについて、この章の中で扱われる。他のものについてではないことは、続くものである「私通」、「めかけ囲い」、またいろいろな種類の姦淫についてから明らかにすることができる

 しかし、その対立するものについて、理性的な視覚の前に明らかになるように、次の連鎖の中で論証しよう――

 

(1) 結婚愛がどんなものであるか知られないなら、淫行愛がどんなものか知られない。

(2) 淫行愛は結婚愛に対立している。

 (3) 淫行愛は、本質的に見られた自然的な人が霊的な人に対立しているように、結婚愛に対立している。

 (4) 淫行愛は、悪と虚偽のつがいが善と真理の結婚と対立しているように、結婚愛に対立している。

 (5) ここから淫行愛は、地獄が天界と対立しているように、結婚愛に対立している。

 (6) 地獄の不潔は淫行愛からである、天界の清潔は結婚愛からである。

 (7) 教会の中の不潔、またそこに清潔なもの同様である。

 (8) 淫行愛はさらにまたさらにと人間を人間でなく、男でなくし、結婚愛はさらにまたさらにと人間を人間とし、男とする。

 (9) 淫行愛のスフェアがあり、結婚愛のスフェアがある。

 (10) 淫行愛のスフェアは地獄から上昇し、結婚愛のスフェアは天界から下降する。

 (11) それらの二つのスフェアはそれら自体互いに両方の世界の中で出あう、しかし互いに結合しない。

 (12) それらの二つのスフェアの間に均衡があり、人間はその中にいる。

 (13) 人間は自分自身を好むところであるあるものへ向けることができる、しかし、どれだけ一方へ向けるかによって、それだけ自分自身をもう一方から向きを変える。

 (14) 両方のスフェアはそれ自体に快感をもたらす。

 (15) 淫行愛の快感は肉から始まり、霊の中でも肉のものである。しかし、結婚愛の快感は霊の中で始まり、肉の中でも霊のものである。

 (16) 淫行愛の快感は狂気の快楽である、しかし、結婚愛の快感は知恵の歓喜である。

 

 さて、これらの説明を続けよう。

| 原典講読『結婚愛』 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原典講読『結婚愛』422

(1)原文

422. "Ignoscendi quidem sunt aliqui, quod nturae adscripserint quaedam visibilia, ex causa, quod non sciverint aliquid de sole mundi spiritualis, ubi est Dominus, et de influxu inde; nec aliquid de illo mundo, et ejus statu, imo nec de praesentia ejus apud hominem; et quod inde non aliter cogitare potuerint, quam quod spirituale esset purius naturale; et sic quod angeli essent vel in aethere, vel in stellis; tum de diabolo, quod vel esset hominis malum, vel si actualiter existeret, esset vel in aere, vel in profundis; tum quod animae hominum post mortem vel essent in intimo terrae, vel in aliquo ubi seu pu usque ad diem judicii; et similia alia, quae phantasia induxit ex ignorantia mundi spiritualis et ejus solis. Haec causa est quod ignoscendi sint, qui crediderunt quod natura producat visibilia ex insito a creatione: sed usque illi, qui per confirmationes pro natura se atheos fecerunt, non ignoscendi sunt, quia potuerunt se confirmare pro Divino; ignorantia quidem excusat, sed non tollit falsum confirmatum, nam hoc falsum cohaeret cum malo, ac malum cum inferno."

 

(2)直訳

422. "Ignoscendi quidem sunt aliqui, quod nturae adscripserint quaedam visibilia, ex causa, quod non sciverint aliquid de sole mundi spiritualis, ubi est Dominus, et de influxu inde; 422.確かにある者は許される、自然に目に見えるあるものを帰すこと、理由から、天界の太陽について知らない(知らなかった)と、そこに主がいる、そしてそこからの流入について。

nec aliquid de illo mundo, et ejus statu, imo nec de praesentia ejus apud hominem; その世界とその状態について何らかのものも〔知ら〕ない、それどころか、人間のもとのその現在(すること)についても〔知ら〕ない。

et quod inde non aliter cogitare potuerint, quam quod spirituale esset purius naturale; またここから異なって考えることができないこと、霊的なものは純粋な自然的なものであること以外に。

et sic quod angeli essent vel in aethere, vel in stellis; またこのように天使たちはあるいはエーテルの中にいること、あるいは星の中に。

tum de diabolo, quod vel esset hominis malum, vel si actualiter existeret, esset vel in aere, vel in profundis; さらに悪魔について、あるいは人間の悪である、あるいはもし実際に存在するようになっても、あるいは空気の中に、あるいは深淵の中に。

tum quod animae hominum post mortem vel essent in intimo terrae, vel in aliquo ubi seu pu usque ad diem judicii; さらに、人間の霊魂は、死後、地の最内部の中にある、あるいは何らかの「どこか」に、すなわち「プー☆」の中に、審判の日まで。

「プー」は「どこ?」を意味するギリシア語、死後の霊魂がいると信じられた場所。

et similia alia, quae phantasia induxit ex ignorantia mundi spiritualis et ejus solis. また同様の他のもの、それは想像(空想)力が霊界とその太陽〔について〕の無知から引き起こす。

Haec causa est quod ignoscendi sint, qui crediderunt quod natura producat visibilia ex insito a creatione: これは理由である、信じた者が許されていること、自然は創造から植え付けられたもの(生来のもの)から見えるものを生み出すこと。

sed usque illi, qui per confirmationes pro natura se atheos fecerunt, non ignoscendi sunt, quia potuerunt se confirmare pro Divino; しかしそれでも、彼らは、自然のための(賛成して、選んで)確信によって自分自身を無神論者とした者ら、許されない、神性のための(賛成して、選んで)確信することができたので。

ignorantia quidem excusat, sed non tollit falsum confirmatum, nam hoc falsum cohaeret cum malo, ac malum cum inferno." 無知は確かに許す、しかし、確信された虚偽を取り除かない、なぜなら、この虚偽は悪と密着するから、このように(したがって)地獄と。

 

(3)訳文

 422.目に見えるを自然に帰すことが、理由からある者たちに許されているのも確かである。

 主がいる天界の太陽について、そしてそこからの流入について、霊界とその状態について何らかのものも、それどころか、人間のもとに霊界が現在することについても知らず、ここから霊的なものは純粋な自然的なものであるとしか、またこのように天使たちはエーテルの中かあるいは星の中にいる、さらに悪魔については、人間の悪であるか、あるいは実際にいるとしても、空中に、あるいは深淵の中にいるとしか考えることができないことである。さらに、人間の霊魂は、死後、地の最内部の中にあるか、あるいは「どこか」に、すなわち「プー」に、審判の日までいるとしか知らなかったことである。また霊界とその太陽についての無知から、空想により他の同様のものも引き起こされる。

 許されることの第二の理由は、主がどのように、地上に見られる善いものもいものも、それらすべてのものを生み出すか、知ることができず、悪いものもまた神に帰さないように、また神について物質的な観念を抱いて、神と自然を一緒にし、こうして混同することを自分自身のともに確信してしまうことを恐れていることである。

 この理由で、自然は創造により植え付けられたものから見えるものを生み出す、と信じた者が許されている。しかしそれでも、確信して自然を選んで自分自身を無神論者とした者らは、神性を選んで確信することもできたので、許されない。無知なら確かに許されるが、しかし、確信された虚偽は取り除かれない、なぜなら、この虚偽は悪と、したがって地獄と結びつくから。それゆえ、神性を分離するまでも自然を確信した者らは、何も罪と見なさない、すべての罪は神に反するものであるということを分離し、またこうして〔神を〕退けたからである。またの中で罪を何ら意に介しなかった者らは、、死後、霊となる時、地獄に結び付けられ、欲望にしたがって邪悪なことに、その抑制がゆるめられて突進する。

| 原典講読『結婚愛』 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原典講読『結婚愛』421

(1)原文

421. "His adjiciendum est, quod in mundo spirituali visi sint illi, qui pro natura ex visibilibus mundi se confirmaverunt, usque ut athei facti sint, et quod intellectus eorum in luce spirituali apparuerit apertus infra, sed clausus supra, ex causa, quia cogitatione spectarunt deorsum ad terram, et non sursum ad caelum: supra sensuale, quod est infimum intellectus, apparuit sicut velamen; apud quosdam fulgurans ex igne infernali, apud quosdam atrum sicut fuliginis, et apud quosdam lividum sicut cadaveris. Caveat itaque quisque sibi a confirmationibus pro natura, confirmet se pro Divino; non deest supellex.

 

(2)直訳

421. "His adjiciendum est, quod in mundo spirituali visi sint illi, qui pro natura ex visibilibus mundi se confirmaverunt, usque ut athei facti sint, et quod intellectus eorum in luce spirituali apparuerit apertus infra, sed clausus supra, ex causa, quia cogitatione spectarunt deorsum ad terram, et non sursum ad caelum: 421.これらに付け加えられる、霊界の中で彼らが私に見られたこと、見える世界から自然のために(自分自身に)確信した者、無神論者になるまで、また彼らの理解力は、霊的な光の中で、下方が開いて見えること、しかし、上方が閉じて、その理由は思考が地へ向けて下方へ目を向けているからである、また天界へ向けて上方へ〔目を向けてい〕ない。

supra sensuale, quod est infimum intellectus, apparuit sicut velamen; 感覚的なものの上に、それは理解力の最低のものである、おおいのように見えた。

apud quosdam fulgurans ex igne infernali, apud quosdam atrum sicut fuliginis, et apud quosdam lividum sicut cadaveris. ある者のもとで地獄の火からひらめいている(ピカッと光っている)、ある者のもとですすのように黒い、またある者のもとで屍のように鉛色。

Caveat itaque quisque sibi a confirmationibus pro natura, confirmet se pro Divino; そこで警戒されよ(接続)、自分自身に自然のための確信から、神性のために(自分自身に)確信せよ(接続)。

non deest supellex. 役立てるためのもの(備品)は不足していない。

 

(3)訳文

 421.これらに、無神論者になるほどにまで見える世界から自然を確信した者らが、霊界で私に見られたことを付け加えよう。霊的な光の中で、彼らの理解力は下方が開いているが、上方が閉じて見える。その理由は思考が地へ、下方へ向いていて、天界へ、上方へ向いていないからである。理解力の最低のものである感覚的なものの上に、おおいのようなものが見えた。それが、ある者のもとでは地獄の火からひらめき、ある者のもとではすすのように黒く、またある者のもとでは屍のように鉛色であった。そこで、自然を確信することを警戒されよ。神性を確信せよ。そのためのものは不足していない。

| 原典講読『結婚愛』 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原典講読『結婚愛』420

(1)原文

420. "Num {1}natura pro fine potest habere usum, ac disponere usus in ordines et formas? Hoc non potest nisi quam sapiens; ac universum ita ordinare et formare, non potest nisi Deus, cui infinita sapientia est. Quis alius potest praevidere et providere omnia illa quae victus et amictus sunt hominibus, victus ex fructibus terrae et ex animalibus, ac vestitus ex iisdem? Inter mirabilia est, quod viles illi vermes, qui vocantur bombyces, serico vestirent et magnifice ornarent et feminas et viros a reginis et regibus usque ad ancillas et famulos: et quod viles vermes, qui sunt apes, suppeditarent ceras pro luminaribus, ex quibus templa et aulae in splendore sunt. Haec et plura sunt auctoramenta exstantia, quod Dominus a Se per mundum spiritualem operetur omnia quae in natura sunt.

 @1. "natura:"transactio de Divino Amore habet "aliquid naturale."

 

(2)直訳

420. "Num {1}natura pro fine potest habere usum, ac disponere usus in ordines et formas? 420.自然的なものが目的のために(として)役立ちをもつことができるか? そして役立ちを順序の中にまた形の中に配列すること。

Hoc non potest nisi quam sapiens; このことは賢明(以外)ないならできない。

ac universum ita ordinare et formare, non potest nisi Deus, cui infinita sapientia est. そして全世界をこのように秩序づけることと形作ることは、神でないならできない、その方に無限の知恵がある。

Quis alius potest praevidere et providere omnia illa quae victus et amictus sunt hominibus, victus ex fructibus terrae et ex animalibus, ac vestitus ex iisdem? 他のだれが、それらすべてのものを先見することや備えることができるか、それらは人間に食物や衣服である、地の果実からのまた動物からの食物、そして同じものからの衣服。

Inter mirabilia est, quod viles illi vermes, qui vocantur bombyces, serico vestirent et magnifice ornarent et feminas et viros a reginis et regibus usque ad ancillas et famulos: 驚くべきものの間にある、卑しい(ちっぽけな)これらの虫(昆虫)が、それはカイコと呼ばれる、絹で着せる、また女と男とをみごとに飾る、女王と王から女召使い(下女)と召使い(使用人)まで。

et quod viles vermes, qui sunt apes, suppeditarent ceras pro luminaribus, ex quibus templa et aulae in splendore sunt. また卑しい(ちっぽけな)虫(昆虫)が、それはミツバチである、蜜蝋を光として与える(供給する)こと、それらから神殿や宮殿は輝きの中にある。

Haec et plura sunt auctoramenta exstantia, quod Dominus a Se per mundum spiritualem operetur omnia quae in natura sunt. これらや〔その他〕多くのものは明らかな証拠である、主がご自身から霊界を通してすべてのものに働くこと、それらは自然の中にある。

@1. "natura:"transactio de Divino Amore habet "aliquid naturale." 注1 『神的愛について』〔『神の愛と知恵』〕の論文は「aliquid naturale」である(持っている)。

 

(3)訳文

 420.自然的なものが、目的として役立ちをもち、また役立ちを順序の中に、形の中に配列することできるであろうか? このことは賢明ないならできない。そして全世界をこのように秩序づけ、形作ることは、無限の知恵であられる神でないなら、できない。他のだれが、人間に食物や衣服のすべてのものを先見し、備えることができるのか、それらは、地の果実や動物からの食物、そして同じものからの衣服である。驚くべきことである。カイコと呼ばれる卑しいが、王や女王から召使いや女召使いで。絹を着せ、男女をみごとに飾る。またミツバチのような卑しい昆虫が、蝋を光として与え、それらから神殿や宮殿は輝く。

 これらやその他多くのものは、主がご自身から霊界を通して自然の中にあるすべてのものに働かれることの明らかな証拠である。

| 原典講読『結婚愛』 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |