RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 677

(1) 原文

677. [Vers. 2.] " Et abivit primus et effudit phialam super terram," significat in illos qui in interioribus Ecclesiae Reformatorum sunt, et doctrinae justificationis per solam Fidem student, qui vocantur Clerici.Per "effundere phialam" significatur influxus (ut supra, n. 676); per "terram" significatur Ecclesia (n. 285), hic apud illos ibi qui in interioribus ejus sunt, qui sunt qui doctrinae justificationis per solam Fidem student; hi quoque dicunt se interiora ejus scire; at interiora sunt modo confirmationes unius positionis, quod sola Fides justificet absque Operibus Legis; alia interiora non sciunt; et quia in illis praecipue sunt Sacerdotes, Professores Theologiae et Lectores Gymnasiorum, verbo Doctores et Pastores, ideo primus hic influxus in illos, qui vocantur Clerici, factus est; quod illi sint qui intelliguntur, est quia dicitur quod primus Angelus effuderit phialam in "terram," et secundus Angelus in "mare," et tunc per "terram" intelligitur Ecclesia apud illos qui in internis ejus sunt, et per "mare" intelligitur Ecclesia apud illos qui in externis ejus sunt (ut supra, n. 398, 403, 404, 420, 470); quod illi intelligantur, patet etiam ex eo, quod dicatur quod "factum sit ulcus in illis."

 

(2) 直訳

677. [Vers. 2.] " Et abivit primus et effudit phialam super terram," significat in illos qui in interioribus Ecclesiae Reformatorum sunt, et doctrinae justificationis per solam Fidem student, qui vocantur Clerici.− 677(2)また、第一のもの〔天使〕が出かけた、また自分の鉢を地の上に注いだ」は、それらの者の中へ、を意味する、その者は改革派の教会の内的なものの中にいる、また信仰のみによって義認の教えに専念した、また聖職者と呼ばれる」――

Per "effundere phialam" significatur influxus (ut supra, n. 676); 「鉢ぐことによって、流入意味される(のように676)

per "terram" significatur Ecclesia (n. 285), hic apud illos ibi qui in interioribus ejus sunt, qui sunt qui doctrinae justificationis per solam Fidem student; 「地」によって教会が意味される(285)、ここにそれらの者のもとの、そこに、その者はその内的なものの中にいる、その者は、義認の教えを信仰のみによって専念した(学んだ)

hi quoque dicunt se interiora ejus scire; これらの者もまた自分自身をその内的なものを知っていることを言う。

at interiora sunt modo confirmationes unius positionis, quod sola Fides justificet absque Operibus Legis; しかし、〔その〕内的なものは唯一の提唱(命題)の確信だけである、信仰のみが律法の働きなしに義とすること。

alia interiora non sciunt; 他の内的なものを知らない。

et quia in illis praecipue sunt Sacerdotes, Professores Theologiae et Lectores Gymnasiorum, verbo Doctores et Pastores, ideo primus hic influxus in illos, qui vocantur Clerici, factus est; またそれらの者の中に特に祭司(聖職者)、ギムナジウムの神学の教授や講師、一言でいえば(要するに)、教える者(教師)と羊飼いがいるからである、それゆえ、最初にこの流入がそれらの者の中に、その者は聖職者と呼ばれる、行なわれた。

quod illi sint qui intelliguntur, est quia dicitur quod primus Angelus effuderit phialam in "terram," et secundus Angelus in "mare," et tunc per "terram" intelligitur Ecclesia apud illos qui in internis ejus sunt, et per "mare" intelligitur Ecclesia apud illos qui in externis ejus sunt (ut supra, n. 398, 403, 404, 420, 470); それらの者であることは、その者は意味される、言われるからである、第一の天使が鉢「地」いだことまた第二天使「海」またその時、「地」によってそれらののもとの教会意味されるそのはその内なるものの中にいる、また「海」によってそれらの者のもとの教会が意味される、そのはその外なるものの中にいる(上のように、398, 403, 404, 420, 470)

quod illi intelligantur, patet etiam ex eo, quod dicatur quod "factum sit ulcus in illis." それらの者が意味されることは、そのことからもまた明らかである、「それらの者の中にできものが生じた」ことが言われること。

 

(3) 訳文

 677(2)「第一の天使が出かけ、自分の鉢を地に注いだ」は、改革派の教会の内的なものの中にいて、信仰のみによって義認の教えに専念した聖職者と呼ばれる者の中へ、を意味する(677)

 「鉢ぐことによって、流入意味される(のように676)。「地」によって教会が意味される(285)、ここにそこの義認の教えを信仰のみによって専念したその内的なものの中にいる者の教会である。これらの者もまた、自分はその内的なものを知っている、と言う。しかし、〔その〕内的なものは、信仰のみが律法の働きなしに義とするという唯一の提唱(命題)の確信でしかない。他の内的なものを知らない。またそれらの者の中に特に祭司、ギムナジウムの神学の教授や講師、要するに、教える者と羊飼いがいるからである、それゆえ、最初にこの流入が聖職者と呼ばれる者の中へ行なわれた。それらの者が意味されるのは、第一の天使が鉢「地」また第二天使「海」いだことが言われ、その時、「地」によってその内なるものの中にいる者のもとの教会意味され、また「海」によってその外なるものの中にいる者のもとの教会が意味されるからである(前のように、398, 403, 404, 420, 470)。それらの者が意味されることは、「それらの者にできものが生じた」と言われていることからもまた明らかである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 676

EXPLICATIO.

説明

 

(1) 原文

676. [Vers. 1.] " Et audivi vocem magnam e Templo, dicentem septem Angelis, Ite et effundite phialas irae Dei in terram," significat influxum a Domino ex intimo Caeli in Ecclesiam Reformatorum ubi illi qui in Fide separata a Charitate quoad doctrinam et quoad vita in sunt, ad auferendum illis vera et bona, et ad aperiendum falsa et mala in quibus sunt, et sit ad separandum illos ab illis qui credunt in Dominum, et ab Ipso in charitate et ejus fide sunt.Haec sunt in summario quae continentur in hoc capite. Per "Templum" significatur Templum Tabernaculi Testimonii, de quo in praecedente capite (xv. 5), per quod significatur Intimum Caeli, ubi Dominus in Sua sanctitate in Verbo, et in Lege quae Decalogus, est (n. 669); per "vocem magnam" inde, significatur Divinum mandatum, quod irent et effunderent phialas; per "septem Angelos" intelligitur Dominus, ut supra (n. 657); per "effundere phialas," in quibus plagae, "in terram" significatur influxus in Ecclesiam reformatorum; per "effundere phialas" significatur influxus, et per "terram" significatur Ecclesia (n. 285). [2] Agitur adhuc de Ecclesia apud Reformatos, in sequente autem capite de Ecclesia apud Romano Catholicos, et postea de Ultimo Judicio, et demum de Nova Ecclesia, quae est Nova Hierosolyma (videatur Praefatio, et n. 2). Supra (cap. viii. et ix.) agitur de "septem Angelis habentibus septem tubas," quibus clanxerunt; et quia plura similia ibi occurrunt, dicetur hic quid per illos septem Angelos, et quid per hos, significatur. Per "septem tubas," quibus clanxerunt septem Angeli, significatur exploratio et manifestatio falsorum et malorum, in quibus sunt qui in Fide separata a Charitate; at per "septem phialas plenas septem plagis ultimis" significatur devastatio et consummatio illorum, nam non prius fit Ultimum Judicium super illos, quam cum devastati sunt. [3] Devastatio et consummatio in mundo spirituali fit hoc modo: illis, qui in falsis quoad doctrinam et inde in malis quoad vitam sunt, auferuntur omnia bona et vera, quae solum in naturali homine possiderunt, et ex quibus simulaverunt homines Christianos; quibus ablatis separati sunt e Caelo, et conjuncti Inferno; et tunc in Mundo spirituum secundum varietates concupiscentiarum disponuntur in societates, quae postea subsidunt. [4] Auferuntur illis bona et vera per influxum e Caelo. Influxus fit ex genuinis veris et bonis, ex quibus torquentur et cruciantur, vix aliter quam sicut serpens admotus igni, aut projectus super acervum formicarum; quare rejiciunt bona et vera Caeli (quae etiam sunt bona et vera Ecclesiae) a se, ac demum damnant illa, ex causa, quia ex illis sicut cruciatum infernalem sentiverunt; quo facto intrant in sua mala et falsa, et separantur a bonis. Haec sunt quae in hoc capite describuntur et significantur per "projectionem phialarum, in quibus erant septem plagae ultimae." In phialis non erant illa mala et falsa quae per "plagas" significantur, sed erant genuina vera et bona, quorum effectus fuit qualis descriptus est; exiverunt enim Angeli ex "Templo Tabernaculi Testimonii," per quod intelligitur intimum Caeli, ubi non sunt nisi quam vera et bona in Divina Sanctitate (cap. xv. vers.6). [5]  Devastatio et consummatio haec est de qua Dominus loquitur his verbis:

 

"Quicunque habet, dabitur illi, ut abundantius habeat: quicunque autem non habet, etiam quod habet, auferetur ab eo" (Matth. xiii. 12{1}); Marc. iv. 25);

"Tollite ab illo talentum, et date habenti decem talenta; nam habenti omni dabitur ut abundet, et ab eo autem qui non habet, etiam quod habet auferetur ab eo" (Matth. xxv. 28, 29; Luc. xix. 24-26).

 

@1 12 pro "21"

 

(2) 直訳

676. [Vers. 1.] " Et audivi vocem magnam e Templo, dicentem septem Angelis, Ite et effundite phialas irae Dei in terram," significat influxum a Domino ex intimo Caeli in Ecclesiam Reformatorum ubi illi qui in Fide separata a Charitate quoad doctrinam et quoad vita in sunt, ad auferendum illis vera et bona, et ad aperiendum falsa et mala in quibus sunt, et sit ad separandum illos ab illis qui credunt in Dominum, et ab Ipso in charitate et ejus fide sunt.− 676(1)「また、私は神殿からの大きな声を聞いた、七つの天使に言っている、行け、また神の怒りの鉢を地の中に注げ」は、主による天界の最内部からの流入を意味する、改革派の教会の中への、そこに彼らが〔いる〕、その者は仁愛から分離した信仰の中にいる、教えに関して、また生活に関して、彼らに真理と善が取り去られるために、それらの中の虚偽と悪があばかれるために、また彼らが彼らから、その者は主を信じる、またその方により、仁愛の中にまたその信仰の中にいる、分離されるためにである。

Haec sunt in summario quae continentur in hoc capite. これらが概要の中にある、それらはこの章の中に含まれる。

Per "Templum" significatur Templum Tabernaculi Testimonii, de quo in praecedente capite (xv. 5), per quod significatur Intimum Caeli, ubi Dominus in Sua sanctitate in Verbo, et in Lege quae Decalogus, est (n. 669); 「神殿」によって、証しの幕屋の神殿が意味される、それについて先行する章の中に(15:5)、それによって、天界の最内部が意味される、そこに主がみことばの中のご自分の聖性(神聖さ)中に、律法の中に、それは十戒、いる(669)

per "vocem magnam" inde, significatur Divinum mandatum, quod irent et effunderent phialas; ここからの「大きな声」によって、神的命令が意味される、〔それは〕行った、また鉢を注いだこと〔である〕。

per "septem Angelos" intelligitur Dominus, ut supra (n. 657); 「七つの天使」によって、主が意味される、上のように(657)

per "effundere phialas," in quibus plagae, "in terram" significatur influxus in Ecclesiam reformatorum; 「鉢を注ぐこと」によって、それらの中に災害が〔ある〕、「地の中へ」、改革派の教会の中への流入が意味される。

per "effundere phialas" significatur influxus, et per "terram" significatur Ecclesia (n. 285). 「鉢を注ぐこと」によって、流入が意味される、また「地」によって、教会が意味される(285)

[2] Agitur adhuc de Ecclesia apud Reformatos, in sequente autem capite de Ecclesia apud Romano Catholicos, et postea de Ultimo Judicio, et demum de Nova Ecclesia, quae est Nova Hierosolyma (videatur Praefatio, et n. 2). [2] 依然として、改革派教会の者のもとの教会が扱われている、けれども、続く章の中でローマカトリック教徒のもとの教会について、またその後、最後の審判について、また最後に新しい教会について、それは新しいエルサレムである(序文、また2番に見られる)

Supra (cap. viii. et ix.) agitur de "septem Angelis habentibus septem tubas," quibus clanxerunt; 上に(8、また9)、「七つのらっぱを持っている七つの天使」について扱われている、それらで(らっぱを)いた。

et quia plura similia ibi occurrunt, dicetur hic quid per illos septem Angelos, et quid per hos, significatur. また同様に多くのものがそこに起こったので、ここに言われる、何がそれらの七つの天使によって、また何がこれらによって、意味されるか。

Per "septem tubas," quibus clanxerunt septem Angeli, significatur exploratio et manifestatio falsorum et malorum, in quibus sunt qui in Fide separata a Charitate; 「七つのらっぱ」によって、それらで七つの天使は(らっぱを)いた、虚偽と悪の調査と明示が意味される、それらの中にいた、その者は仁愛から分離した信仰の中に。

at per "septem phialas plenas septem plagis ultimis" significatur devastatio et consummatio illorum, nam non prius fit Ultimum Judicium super illos, quam cum devastati sunt. しかし、「最後の七つの災害で満ちた七つの鉢」によって、彼らの荒廃と終結(完了)が意味される、なぜなら、最後の審判は以前に生じないから、彼らの上に、荒廃させられるときよりも。

[3] Devastatio et consummatio in mundo spirituali fit hoc modo: [3] 霊界の中の荒廃と終結(完了)はこの方法(様式)で生じる――

illis, qui in falsis quoad doctrinam et inde in malis quoad vitam sunt, auferuntur omnia bona et vera, quae solum in naturali homine possiderunt, et ex quibus simulaverunt homines Christianos; 彼らに、その者は教えに関して虚偽の中に、またここから生活に関して悪の中にいる、すべての善と真理が取り去られる、それらは自然的な人の中でだけ所有した、またそれらから人間を偽り装った、キリスト教徒を。

quibus ablatis separati sunt e Caelo, et conjuncti Inferno; それらで取り去られて、天界から分離される、また地獄と結合される。

et tunc in Mundo spirituum secundum varietates concupiscentiarum disponuntur in societates, quae postea subsidunt. また、その時、霊たちの世界の中で、いろいろな欲望にしたがって、社会の中に配置される、それはその後、沈む。

[4] Auferuntur illis bona et vera per influxum e Caelo. [4] それら(彼ら)に善と真理が天界らの流入によって取り去られる。

Influxus fit ex genuinis veris et bonis, ex quibus torquentur et cruciantur, vix aliter quam sicut serpens admotus igni, aut projectus super acervum formicarum; 流入は本物の真理と善から生じる、それらから苦しめられる、また悩まされる、ほとんど異ならない、火に近づけられたヘビ以外に、またはアリの堆積の上に投げ出された。

quare rejiciunt bona et vera Caeli (quae etiam sunt bona et vera Ecclesiae) a se, ac demum damnant illa, ex causa, quia ex illis sicut cruciatum infernalem sentiverunt; それゆえ、彼らは天界の善と真理を(それらは教会の善と真理でもある)自分自身から退ける、そして最後にそれらを断罪する(批難する)、理由から、それらから地獄の責め苦ように感じたからである。

quo facto intrant in sua mala et falsa, et separantur a bonis. このことで行なわれ(生じ)、自分の悪と虚偽の中へ入る、また善良な者から分離される。

Haec sunt quae in hoc capite describuntur et significantur per "projectionem phialarum, in quibus erant septem plagae ultimae." これらである、それらはこの章の中に述べられている、また意味されている、「鉢を投げ出すこと、それらの中に最後の七つの災害があった」。

In phialis non erant illa mala et falsa quae per "plagas" significantur, sed erant genuina vera et bona, quorum effectus fuit qualis descriptus est; 鉢の中にそれらの悪と虚偽はなかった、それらは「災害」よって意味される、しかし、本物の真理と善があった、それらの結果であった、述べられているようなものは。

exiverunt enim Angeli ex "Templo Tabernaculi Testimonii," per quod intelligitur intimum Caeli, ubi non sunt nisi quam vera et bona in Divina Sanctitate (cap. xv. vers.6). というのは、「証しの幕屋の神殿」から出た天使たちは、それによって天界の最内部が意味される、そこに神的聖性(神聖さ)中の真理と善以外でないならなかったからである(156)

[5]  Devastatio et consummatio haec est de qua Dominus loquitur his verbis: [5] この荒廃と終結(完了)である、それについて主がこれらのことばで話している――

"Quicunque habet, dabitur illi, ut abundantius habeat: 「だれでも持つ、彼に与えられる、さらに豊富なものを持つように。

quicunque autem non habet, etiam quod habet, auferetur ab eo" (Matth. xiii. 12{1}); Marc. iv. 25); けれども、だれでも持たない、持つものもまた、彼から取り去られる」(マタイ13:12、マルコ4:25)

"Tollite ab illo talentum, et date habenti decem talenta; 「彼からタレントを取り除け、また十タレント持っている者に与えよ。

nam habenti omni dabitur ut abundet, et ab eo autem qui non habet, etiam quod habet auferetur ab eo" (Matth. xxv. 28, 29; Luc. xix. 24-26). なぜなら、持っている者、すべての者に与えられるからである、満ち溢れるために、また彼から、けれども、持っていない者は、持っているものもまた彼から取り去られる」(マタイ25:28, 29、ルカ24-26)

@1 12 pro "21" 注1 21」の代わりに 12

 

(3) 訳文

 676(1)「私は、七人の天使に言っている神殿からの大きな声を聞いた、『行け、神の怒りの鉢を地の中に注げ』」は、改革派の教会の中への主による天界の最内部からの流入を意味する、そこに、教えに関して、また生活に関して仁愛から分離した信仰の中にいる者がいる。彼らから真理と善が取り去られ、彼らの中の虚偽と悪があばかれるために、また彼らが、主を信じ、その方により仁愛の中にまたその信仰の中にいる者から分離されるためにである。

 これらがこの章の中に含まれる概要である。

 「神殿」によって、証しの幕屋の神殿が意味され、それについて前の章の中にあり(15:5)、それによって、天界の最内部が意味され、そこに主がみことばの中のご自分の聖性中に、十戒である律法の中にいる(669)。ここからの「大きな声」によって、神的命令が意味される、〔それは〕行き、鉢を注いだこと〔である〕。「七つの天使」によって、前のように主が意味される(657)。災害がある「鉢を地の中へ注ぐこと」によって、改革派の教会の中への流入が意味される。「鉢を注ぐこと」によって、流入が意味され、「地」によって、教会が意味される(285)

 [2] 依然として、改革派教会の者のもとの教会が扱われている、けれども、続く章の中でローマカトリック教徒のもとの教会について、またその後、最後の審判について、また最後に新しい教会について〔扱われる〕、それは新しいエルサレムである(序文と2番参照)

 前に(89)らっぱを)いた「七つのらっぱを持っている七つの天使」について扱われている。また同様に多くのものがそこに起こったので、ここには、それらの七つの天使によって何が、またこれらによって何が意味されるか言われる。

七つの天使がいた「七つのらっぱ」によって、仁愛から分離した信仰の中にいた者の虚偽と悪の調査と明示が意味される。しかし、「最後の七つの災害で満ちた七つの鉢」によって、彼らの荒廃と終結(完了)が意味される、なぜなら、最後の審判は彼らの上に、荒廃させられるときよりも以前に生じないから。

 [3] 霊界の中の荒廃と終結(完了)はこの方法(様式)で生じる――

 教えに関して虚偽の中に、またここから生活に関して悪の中にいる者から、すべての善と真理が取り去られる、それらを自然的な人の中でだけ所有した、またそれらからキリスト教徒(の人間)偽り装った。それらが取り去られて、天界から分離され、地獄と結合される。また、その時、霊たちの世界の中で、いろいろな欲望にしたがって、社会の中に配置される、それはその後、沈む。

 [4] 彼らから善と真理が、天界からの流入によって取り去られる。流入は本物の真理と善から生じ、それらから苦しめられ、悩まされる、〔これは〕火に近づけられた、またはアリ塚の上に投げ出されたヘビとほとんど異ならない。それゆえ、彼らは天界の善と真理を(それらは教会の善と真理でもある)自分自身から退け、そして最後にそれらを断罪する(批難する)、その理由は、それらを地獄の責め苦ように感じたからである。このことが行なわれる、自分の悪と虚偽の中へ入り、善良な者から分離される。

 これらが「最後の七つの災害があった鉢を投げ出すこと」によって、この章の中に述べられ、意味されている。

 鉢の中に「災害」よって意味されるそれらの悪と虚偽はなかった、しかし、本物の真理と善があった、述べられているようなものはそれらの結果であった。というのは、天界の最内部が意味される「証しの幕屋の神殿」から出た天使は、そこの神的聖性中の真理と善でしかなかったからである(156)

 [5] この荒廃と終結(完了)について主がこれらのことばで話している――

 

 「持つ〔者は〕だれでも、さらに豊富なものを持つようにと彼に与えられる。けれども、持たない〔者は〕だれでも、持つものもまた、彼から取り去られる」(マタイ13:12、マルコ4:25)

 「彼からタレントを取り除き、十タレント持っている者に与えよ。なぜなら、持っているすべての者に、満ち溢れるために与えられる、けれども、持っていない者からは、持っているものもまた彼から取り去られるからである」(マタイ25:28, 29、ルカ24-26)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 第15章(各節の内容、訳文)

(3) 訳文

1. 「私は、七人の天使に言っている神殿からの大きな声を聞いた、『行け、神の怒りの鉢を地の中に注げ』」は、改革派の教会の中への主による天界の最内部からの流入を意味する、そこに、教えに関して、また生活に関して仁愛から分離した信仰の中にいる者がいる(676)

 2. 「第一の天使が出かけ、自分の鉢を地に注いだ」は、改革派の教会の内的なものの中にいて、信仰のみによって義認の教えに専念した聖職者と呼ばれる者の中へ、を意味する(677)「悪いまた有害なできものが生じた」は、教会の中のすべての善と真理を破壊する内的な悪と虚偽を意味する(678)「獣のしるしを持っている人々に、またその像を崇拝する人々に」は、信仰のみに生きる、またその教えを受け入れる者のもとに、を意味する(679)

 3. 「第二の天使が出かけ、自分の鉢を海の中に注いだ」は、そこのその外なるものの中に、またその信仰の中にいる平信徒と呼ばれる者のもとの流入を意味する(680)。「すると、死者のような血を生じ、すべての生きている霊魂は海の中で死んだ」は、彼らのもとの地獄のような虚偽を意味する、それによって、みことばのまたここからの教会のまた信仰のすべての真理が消滅した(681)

 4. 「第三の天使が自分の鉢を川と水の泉の中に注いだ」は、彼らのもとの理解力の中への流入を意味する(683)。「すると、血を生じた」は、みことばの虚偽化された真理を意味する(684)

 5. 「また、私は水の天使が言っているのを聞いた」は、みことばの神的真理を意味する(685)。「主よ、あなたは公正、いる、いた、聖なる方である、これらをあなたは審判したからである」は、これは主の神的摂理であることを、その方がみことばである、またみことばでった、そうでなければ冒涜されたことを意味する(686)

 6. 「彼らは聖徒と預言者の血を注いだからである」は、律法の働きなしにもっぱら信仰のみが救うことが、〔それが〕受け入れられた〔とき〕、みことばからのすべての教えの事柄の真理をゆがめる理由のためにである、を意味する(687)。「あなたは彼らに〔その〕血を飲むことを与えた、彼らはふさわしいから」は、信仰のみを教えでも生活でも確信し、みことばの真理を虚偽化することまた虚偽化したものからいのちを吸収することが彼らに許されたことを意味する(688)

 7. 「また、私は他の者が祭壇から言っているのを聞いた、『しかり、主よ、全能の神、あなたの審判は真また公正』」は、その神的真理を強める(確信させる)みことばの神的善を意味する(689)

 8. 「第四の天使が自分の鉢を太陽の中に注いだ」は、彼らの愛の中への流入を意味する(690)。「すると、彼に人間を火によって熱で苦しめることが与えられた」は、主への愛が彼らを苦しめることを意味する、彼らの愛の快さからの悪の欲望の中にいたからである(691)

 9. 「人々は大いなる熱で焼かれた。彼らはこれらの災害の上に力を持っている神の名前を冒涜した」は、悪の重苦しい望から起こる自分の愛の快さのために、主の神的人間性を認めなかったことを意味する、それでもその方からすべての愛の善と信仰の真理が流入する(692)。「悔い改めてその方に栄光を与えることをしなかった」は、 このために何らかの信仰を受け入れることができなかったことを意味する、主が天地の神であること、さらにまた人間性に関して、たとえみことばがそのことを教えていても(693)

 10. 「第五の天使が〔自分の〕鉢を獣の王座の上に注いだ」は、彼らの信仰の中への流入を意味する(694)。「すると、その王国は暗やみになった」は、虚偽でないなら見られなかったことを意味する(695)。「悩みのために自分の舌をかんだ」は、彼らが真理に耐えなかったことを意味する(696)

 11. 「また彼らは自分の悩みのために、自分のできもののために天の神を冒涜した」は、内的な虚偽と悪からの反感のために、主おひとりが天地の神であることを認めることができなかったことを意味する(697)自分の働きから悔い改めなかった」は、たとえ、みことばから教えられても、それでも信仰の虚偽とここからの生活の悪から去らなかったことを意味する(698)

12. 「第六の天使が自分の鉢を大きな川ユーフラテスの上に注いだ」は、彼らの内的な推論の中への流入を意味する、それらによって信仰のみによる義認を確信した(699)。「すると、その水は、太陽の上昇(出現)から王たちに道が用意されるために、干し上がった」は、主からの善からの真理の中にいる、そして新しい教会の中に導き入れられることになる者のもとのそれらの推論の虚偽が遠ざけられたことを意味する(700)

 13. 「また、私は、竜の口から、獣の口から、にせ預言者の口から〔出てくるのを〕見た」は、  神性での位格の三一性についての教えの上に、また律法の働きなしに信仰のみによる義認の教えの上に基づく神学から知覚した、を意味する(700)。「カエルに似た三つの不潔な霊」は、真理を虚偽化しようとする単なる推論と欲望だけ〔から〕起こることを意味する(702)

 14. 「というのは、彼らは悪鬼(ダイモーン)の霊であるから」は、真理を虚偽化し、虚偽から推論しようとする欲望であったことを意味する(703)。「彼らはしるしを行なう、地と全地球の王たちへ出かけ、彼らを全能の神のその大いなる日の戦いの中へ集めるために」は、彼らの虚偽が真理であることの抗議(宣誓)を、また新しい教会の真理を攻撃するために同じ虚偽の中にいるその全教会の中のすべての者への喚起意味する(704)

15. 「見よ、わたしは泥棒のように来る。目覚めて、自分の衣服を守るは幸いである」は、主の来臨を、またその時のその方に目を向け、みことばの真理であるその方の戒めにしたがった生活の中にとどまる者の天界を意味する(705)。「裸で歩かない、またその恥が見れらないように」は、何も真理の中にいない、また地獄の(ような)愛が見られる者とともにいないように、を意味する(706)

 16. 「また、彼らを、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる場所に集めた」は、真理に反抗する虚偽からの戦いの状態を、また新しい教会を破壊しようとする、支配する愛と卓越から起こる意図(アニムス)を意味する(707)

 17. 「第七の天使が自分の鉢を空気の中へ注いだ」は、 彼らのもとの、一緒に(同時に)すべてのものの中へ流入を意味する(708)。「すると、大きな声が、『行なわれた』と言って、天の神殿から、王座から出た」は、教会のすべてのものが荒廃され、今や最後の審判が切迫しているという、このような主による明示を意味する(709)

 18. 「すると、声と稲光と雷鳴が生じた」は、誤まった推論、真理の虚偽化、悪の虚偽からの論証を意味する(710)。「また大きな地震が生じた。これまで地上の人々に生じなかったような、これほど大きな地震である」は、動揺、激動、反転、天界からの引き離しのような教会のすべてのものを意味する(711)

 19. 「また、大きな都は三つの部分になり、諸国民の都は倒れた」は、その教会が教えに関して、同じく、それから流れ出たすべての異端が、それらによって完全に破壊されたことを意味する(712)。「また大いなるバビロンは神の前に記憶の中にやって来た、それにその方の怒りの憤りのぶどう酒の杯を与えられた」は、その時、ローマカトリックの宗教の教条もまた破壊されることを意味する(713)

 20. 「すべての島は逃げ、山々は見られなかった」は、もはや何らかの信仰の真理がない、もはや何からの愛の善もないことを意味する(714)

 21. 「また重さで一タラントかのような大きな雹(ひょう)が、天から人々の上に降った」は、恐るべきまたぞっとする虚偽を意味する、それによってみことばとここから教会のすべての真理が破壊される(714(b))。「人々は雹(ひょう)の災害のために神を冒涜した、その災害は非常に大きかったからである」は、彼らの内的な虚偽と悪から起こる反感のために、このような虚偽を自分自身のもとに確信したので、真理を認めることができないまでも否定したことを意味する(715)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 第16章(各節の内容、直訳)

(2) 直訳

1. " Et audivi vocem magnam e Templo, dicentem septem Angelis, Ite, et effundite phialas irae Dei in terram," significati influxum a Domino ex intimo Caeli in Ecclesiam Reformatorum ubi illi qui in Fide separata a Charitate quoad doctrinam et quoad vitam sunt [n. 676]. 1. 「また、私は神殿からの大きな声を聞いた、七つの天使に言っている、行け、また神の怒りの鉢を地の中に注げ」は、主による天界の最内部からの流入を意味する、改革派の教会の中への、そこに彼らが〔いる〕、その者は仁愛から分離した信仰の中にいる、教えに関して、また生活に関して(676)

2. " Et abivit primus, et effudit phialam super terram," significat in illos qui in interioribus Ecclesiae Reformatorum sunt, et doctrinae Justificationis per solam Fidem student, et vocantur Clerici [n. 677]; 2. 「また、第一のもの〔天使〕が出かけた、また自分の鉢を地の上に注いだ」は、彼らの中へ、を意味する、その者は改革派の教会の内的なものの中にいる、また信仰のみによって義認の教えに専念した、また聖職者と呼ばれる(677)

" et factum est ulcus malum et noxium," significat interiora mala et falsa destructiva omnis boni et veri in Ecclesia [n. 678]; 「また悪いまた有害なできものが生じた」は、教会の中のすべての善と真理を破壊する内的な悪と虚偽を意味する(678)

" in hominibus habentibus characterem Bestiae, et imaginem ejus adorantibus," significat apud illos qui vivunt solam Fidem, et recipiunt doctrinam ejus [n. 679]. 「獣のしるしを持っている、またその像を崇拝する人間に」は、彼らのもとに、を意味する、その者は信仰のみに生きる、またその教えを受け入れる(679)

3. " Et secundus Angelus effudit phialam suam super mare," significat influxum apud illos ibi, qui in externis ejus sunt, et in fide illa, et vocantur Laici [n. 680]; 3. 「また、第二の天使が出かけた、また自分の鉢を海の中に注いだ」は、そこに彼らのもとの流入を意味する、その者はその外なるものの中にいる、また死美信仰の中に、また平信徒と呼ばれる(680)

" et factus est sanguis tanquam mortui, et omnis anima viva mortua est in mari," significat apud illos falsum infernale, per quod omne verum Verbi et inde Ecclesiae et fidei exstinctum est [n. 681]. 「また死者のような血を生じた(〜になった)、またすべての生きている霊魂は海の中で死んだ」は、彼らのもとの地獄の(ような)虚偽を意味する、それによって、みことばのまたここからの教会のまた信仰のすべての真理が消された(消滅した)(681)

4. " Et tertius Angelus effudit phialam [suam] in fluvios et fontes aquarum," significat influxum in intellectum Verbi apud illos [n. 683]; 4. 「また、第三の天使が自分の鉢を川の中にまた水の泉の中に注いだ」は、彼らのもとの理解力の中への流入を意味する(683)

" et factus est sanguis," significat vera Verbi falsificata [n. 684]. 「また血を生じた(〜になった)」は、みことばの虚偽化された真理を意味する(684)

5. " Et audivi Angelum aquarum dicentem," significat Divinum Verum Verbi [n. 685]; 5. 「また、私は水の天使が言っているのを聞いた」は、みことばの神的真理を意味する(685)

" Justus es Domine, Qui est et Qui Fuit, et Sanctus, quia haec judicasti," significat quod hoc sit Divina Providentia Domini, Qui est et Qui fuit Verbum, quod alioquin prophanaretur [n. 686]; 「主よ、あなたは公正である、その方はいる、またその方はいた、また聖なる方、これらをあなたは審判したからである」は、*これは主の神的摂理であることを意味する、その方がみことばである、またみことばでった、そうでなけれは冒涜されたこと(686)

6. " Quia sanguinem Sanctorum et Prophetarum effuderunt," significat illud propter causam, quia unicum illud, quod sola Fides absque Operibus Legis salvet, receptum pervertit omnia doctrinalia vera ex Verbo [n. 687]; 6. 「彼らは聖徒と預言者の血を注いだからである」は、それが理由のために、を意味する、もっぱらそれが、〜からである、律法の働きなしに信仰のみが救うこと、〔それが〕受け入れた〔とき〕、みことばからのすべての教えの事柄の真理をゆがめる(687)

" et sanguinem eis dedisti bibere, quia digni sunt," significat quod permissum fuerit illis, qui in sola Fide et doctrina et vita se confirmaverunt, falsificare vera Verbi, et imbuere vitam ex falsificatis [n. 688]. 「また血を彼らに飲むことをあなたは与えた、彼らはふさわしいからである」は、彼らに許されたこと、その者は信仰のみを教えでも生活でも確信した、みことばの真理を虚偽化することまた虚偽化したものからいのちを吸収すること〔が〕(688)

7. " Et audivi alium ex Altari, dicentem, Etiam Domine Deus Omnipotens, vera et justa judicia Tua," significat Divinum Bonum Verbi confirmans Divinum Verum illud [n. 689]. 7. 「また、私は他の者が祭壇から言っているのを聞いた、そのとおり(しかり)、主よ、全能の神、あなたの審判は真また公正」は、その神的真理を強める(確信させる)みことばの神的善を意味する(689)

8. " Et quartus Angelus effudit phialam suam in Solem," significat influxum in amorem illorum [n. 690]; 8. 「また、第四の天使が自分の鉢を太陽の中に注いだ」は、彼らの愛の中への流入を意味する(690)

" et datum est illi aestu affligere homines per ignem," significat quod amor in Dominum illos torqueret, quia in concupiscentiis malorum ex jucundo amoris illorum erant [n. 691]. 「また彼に与えられた、熱で人間を火によって苦しめること」は、主への愛が彼らを苦しめること、彼らの愛の快さからの悪の欲望の中にいたからである(691)

9. " Et aestuaverunt homines aestu magno, et blasphemarunt Nomen Dei habentis potestatem super plagas has," significat quod propter jucundum amoris sui oriundum ex gravibus concupiscentiis malorum non agnoverunt Divinitatem Humani Domini, a Quo tamen influit omne bonum amoris et verum fidei [n. 692]; 9. 「また、彼らは人間を大いなる熱で焼いた、また彼らはこれらの災害の上に力を持っている神の名前を冒涜した」は、ウ悪の重苦しい(圧迫する)望から起こる自分の愛の快さのために、主の神的人間性を認めなかったことを意味する、それでもその方からすべての愛の善と信仰の真理が流入する(692)

" et non resipuerunt dare Ipsi gloriam," significat quod propterea non possint aliqua fide recipere, quod Dominus sit Deus Caeli et Terrae, etiam quoad Humanum, tametsi Verbum id docet [n. 693]. 「またその方に栄光を与えることを悔い改めなかった」は、このために何らかの信仰を受け入れることができなかったことを意味する、主が天地の神であること、さらにまた人間性に関して、たとえみことばがそのことを教えていても(693)

10. "Et quintus Angelus effudit phialam suam super thronum Bestiae," significat influxum in fidem illorum [n. 694]; 10. 「また、第五の天使が〔自分の〕鉢を獣の王座の上に注いだ」は、彼らの信仰の中への流入を意味する(694)

" et factum est regnum ejus tenebrosum," significat quod non apparent nisi falsa [n. 695]; 「またその王国は暗やみを生じた(〜になった)」は、虚偽でないなら見られなかったことを意味する(695)

" et mandebant linguas suas prae molestia," significat quod non sustinerent vera [n. 696]. 「また災い(悩み)のために自分の舌をかんだ」は、彼らは真理を保たなかった(に耐えなかった)ことを意味する(696)

11. " Et blasphemarunt Deum Caeli prae molestiis suis et prae ulceribus suis," significat quod non agnoscere potuerit Dominum Solum esse Deum Caeli et Terrae propter repugnantias ex interioribus falsis et malis [n. 697]; 11. 「また彼らは自分の災い(悩み)のために天の神を冒涜した」は、主おひとりが天地の神であることを認めることができなかったことを意味する、内的な虚偽と悪からの反感のために(697)

" et non resipuerunt ab operibus suis," significat quod tametsi instructi ex Verbo usque non recedant a falsis fidei et inde malis vitae [n. 698]. 「また自分の働きから悔い改めなかった」は、たとえ、みことばから教えられても、それでも信仰の虚偽とここからの生活の悪から去らなかったことを意味する(698)

12. " Et sextus Angelus effudit phialam suam super fluvium magnum Euphratem," significat influxum in ratiocinia interiora illorum, per quae confirmant Justificationem per solam Fidem [n. 699]; 12. 「また、第六の天使が自分の鉢を大きな川ユーフラテスの上に注いだ」は、彼らの内的な推論の中への竜にいを意味する、それらによって信仰のみによる義認を確信した(699)

" et exsiccata est aqua ejus, ut pararetur via regum ab ortu solis," significat quod remota sint falsa ratiociniorum illorum apud eos qui a Domino in veris ex bono sunt, ac in Novam Ecclesiam introducendi [n. 700]. 「またその水は干し上がった、太陽の上昇(出現)から王たちに道が用意されるために」は、彼らのもとのそれらの(彼らの)推論の虚偽が遠ざけられたことを意味する、その者は主からの善からの真理の中にいる、そして新しい教会の中に導き入れられる(ことになる) (700)

13. " Et vidi ex ore Draconis, et ex ore Bestiae, et ex ore Pseudoprophetae," significat perceptum ex theologia fundata super doctrina de Trinitate Personarum Divinitatis, et super doctrina Justificationis per solam Fidem sine Operibus Legis [n. 701]; 13. 「また、私は、竜の口から、また獣の口から、またにせ預言者の口から〔出てくるのを〕見た」は、神性での位格の三一性についての教えの上に基礎づけられた神学からの知覚した、を意味する、また律法の働きなしに信仰のみによる義認の教えの上に(700)

" spiritus tres immundos similes ranis," significat quod orirentur merae ratiocinationes et cupiditates falsificandi vera [n. 702]. 「カエルに似た三つの不潔な霊」は、真理を虚偽化しようとする単なる推論と欲望だけ〔から〕起こることを意味する(702)

14. " Sunt enim spiritus daemonum," significat quod essent cupiditates falsificandi vera et ratiocinandi ex falsis [n. 703]; 14. 「というのは、彼らは悪鬼(ダイモーン)の霊であるから」は、真理を虚偽化しようとする、また虚偽から推論しようとする欲望であったことを意味する(703)

" facientes signa ad abeundum ad reges terrae et totius orbis, ad congregandum illos in bellum diei illius magni Dei Omnipotentis," significat contestationes quod falsa eorum sint vera, et excitationes omnium in tota illa Ecclesia, qui in iisdem falsis sunt, ad impugnandum vera Novae Ecclesiae [n. 704]. 「しるしを行なう、地と全地球の王たちへ出かけるために、彼らを戦いの中へ集めるために、全能の神の大いなるその日の」は、抗議(宣誓)を意味する、彼らの虚偽が真理であること、またその全教会の中のすべての者の興奮(喚起)を、その者は同じ虚偽の中にいる、新しい教会の真理を攻撃するために(704)

15. " Ecce venio sicut fur; beatus qui vigilat, et servat vestimenta sua," significat Adventum Domini, et tunc Caelum illis qui spectant ad Ipsum, et permanent in vita secundum praecepta Ipsius, quae sunt vera Verbi [n. 705]: 15. 「見よ、わたしは泥棒のように来る。目覚めている、また自分の衣服を守る(維持する)は幸いである」は、主の来臨を意味する、またその時の彼らの天界を、その者はその方を眺める(目を向ける)、また彼らはとどまる、その方の戒めにしたがった生活の中に、それらはみことばの真理である(705)

" ut non nudus ambulet, et videant pudorem ejus," significat ne sint cum illis qui in nullis veris sunt, et appareant amores infernales eorum [n. 706]. 「裸で歩かないように、またその恥が見れらない」は、彼らとともにいないように、を意味する、その者は何も真理の中にいない、また彼らの地獄の(ような)愛が見られる(706)

16. " Et congregavit illos in locum dictum Hebraice Armageddon," significat statum pugnae ex falsis contra vera, et animum destruendi Novam Ecclesiam, oriundum ex amore imperii et supreminentiae [n. 707]. 16. 「また、彼らを場所の中に集めた、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる」は、真理に反抗する虚偽からの戦いの状態を意味する、また新しい教会を破壊しようとする意図(アニムス)を、支配する愛と卓越から起こる(707)

17. " Et septimus Angelus effudit phialam suam in aerem," significat influxum in omnia simul apud illos [n. 708]; 17. 「また、第七の天使が自分の鉢を空気の中へ注いだ」は、彼らのものとの、すべてのものの中へ流入を意味する、一緒に(同時に) (708)

" et exivit vox magnae Templo Caeli e Throno, dicens, Factum est," significat sic manifestatum a Domino, quod omnia Ecclesiae devastata sint, et quod nunc Ultimum Judicium instet [n. 709]. 「また大きな声が天の神殿から、王座から出た、言って、行なわれた」は、このような主による明示を意味する、教会のすべてのものが荒廃されること、また今や最後の審判が切迫していること(709)

18. " Et factae sunt voces et fulgura et tonitrua," significat ratiocinationes, falsificationes veri, et argumentationes ex falsis mali [n. 710]; 18. 「また、声と稲光と雷鳴が生じた」は、誤まった推論、真理の虚偽化、また悪の虚偽からの論証を意味する(710)

" et terrae motus factus est magnus, qualis non factus equo homines facti sunt super terra, talis terrae motus adeo magnus," significat omnium Ecclesiae quasi concussiones, paroxysmos, inversiones, et detractiones e Caelo [n. 711]. 「また大きな地震が生じた、生じなかったような、そこから(⇒これまで)地の上に人間が生じた、このような地震が、これほど大きな」は、教会のすべてのものを意味する、動揺、激動、反転、天界からの引き離しのような(711)

19. " Et facta est urbs magna in tres partes, et urbes gentium ceciderunt," significat quod Ecclesia illa quoad doctrinam ab illis prorsus destructa sit, pariter omnes haereses quae ab illa emanarunt [n. 712]; 19. 「また、大きな都は三つの部分の中に生じた(〜になった)、また諸国民の都は倒れた」は、その教会が教えに関してそれらによって完全に破壊されたことを意味する、同じく、すべての異端が、それらはそれから流れ出た(712)

" et Babylon magna venit in memoriam coram Deo, dare illi poculum vini excandescentiae irae Ipsius," significat tunc etiam destructionem dogmatum Religiosi Catholico Romani [n. 713]. 「また大いなるバビロンは神の前に記憶の中にやって来た、それにその方の怒りの憤りのぶどう酒の杯を与えること」は、その時、ローマカトリックの宗教の教条の破壊もまた意味する(713)

20. " Et omnis insula fugit, et montes non inventi sunt," significat quod non aliquod verum fidei amplius, nec aliquod bonum amoris amplius [n. 714]. 20. 「また、すべての島は逃げた、また山々は見られなかった」は、もはや何らかの信仰の真理がないことを意味する、もはや何からの愛の善もない(714)

21. " Et grando magna quasi talenti pondo descendit de Caelo super homines," significat dira et atrocia falsa per quae omne verum Verbi et inde Ecclesiae destructum est [n. 714(b)]; 21. 「また大きな雹(ひょう)が、一タラントの重さのように、天から人間の上に降った」は、恐るべきまたぞっとする虚偽を意味する、それによってみことばとここから教会のすべての真理が破壊される(714(b))

" et blasphemarunt (homines) Deum prae plaga grandinis, quia magna erat plaga ejus valde," significat quod quia confirmaverunt apud se talia falsa, negaverint vera adeo ut non possint cognoscere illa, propter repugnantias oriundas ex interioribus illorum falsis et malis [n. 715]. 「また人間は雹(ひょう)の災害のために神を冒涜した、その災害は非常に大きかったからである」は、このような虚偽を自分自身のものと二確信したので、真理を否定したことを意味する、それらを認めることができないまでも、彼らのないア的な虚偽と悪から起こる反感のために(715)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 01:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 第16章(本文)

CAPUT XVI.

16

 

(1) 原文

ET audivi vocem magnam e Templo dicentem septem Angelis, Ite et effundite phialas irae Dei in terram.

2. Et abivit primus, et effudit phialam suam super terram, et factum est ulcus malum et noxium in hominibus habentibus characterem Bestiae, et imaginem ejus adorantibus.

3. Et secundus Angelus effudit phialam suam in mare, et factus est sanguis tanquam mortui, et omnis anima viva mortua est in mari.

4. Et tertius Angelus effudit phialam suam in fluvios et in fontes aquarum, et factus est sanguis.

5. Et audivi Angelum aquarum dicentem, Justus Domine es, Qui Est et Qui Fuit, et Sanctus, quia haec judicasti;

 6. Quia sanguinem Sanctorum et Prophetarum effuderunt, et sanguinem illis dedisti bibere, digni enim sunt.

7. Et audivi alium ex Altari dicentem, Etiam Domine Deus Omnipotens, vera et justa judicia Tua.

8. Et quartus Angelus effudit phialam suam in solem, et datum est illi aestu affligere homines per ignem.

9. Et aestuaverunt homines aestu magno, et blasphemarunt Nomen Dei habentis potestatem super plagas has, et non resipuerunt dare Ipsi gloriam.

10. Et quintus Angelus effudit phialam [suam] super thronum Bestiae, et factum est regnum ejus tenebrosum, et mandebant linguas suas prae molestia.

11. Et blasphemarunt Deum Caeli prae molestiis suis, et prae ulceribus suis, et non resipuerunt ex operibus suis.

12. Et sextus Angelus effudit phialam suam super fluvium magnum Euphratem, et exsiccata est aqua ejus, ut pararetur via regum ab ortu solis.

13. Et vidi ex ore Draconis, et ex ore Bestiae, et ex ore Pseudoprophetae, spiritus tres immundos similes ranis.

14. Sunt enim spiritus daemonum facientes signa ad abeundum ad reges terrae et orbis totius, ad congregandum illos in bellum diei illius magni Dei Omnipotentis.

15. Ecce venio sicut fur; beatus qui vigilat et servat vestimenta sua, ut non nudus ambulet, et videant pudorem ejus.

16. Et congregavit illos in locum dictum Hebraice Armageddon.

17. Et septimus Angelus effudit phialam suam in aerem, et exivit vox magna e Templo Caeli e Throno, dicens, Factum est.

18. Et factae sunt voces et fulgura et tonitrua; et terrae motus factus est magnus, qualis non factus est ex quo homines facti sunt super terra, talis terrae motus adeo magnus.

19. Et facta est urbs magna in tres partes, et urbes gentium ceciderunt; et Babylon magna venit in memoriam coram Deo, dare illi poculum vini excandescentiae irae Ipsius.

20. Et omnis insula fugit, et montes non inventi sunt.

21. Et grando magna quasi talenti pondo descendit de Caelo super homines; et blasphemarunt homines Deum prae plaga grandinis, quia magna erat plaga ejus valde.

 

(2) 直訳

ET audivi vocem magnam e Templo dicentem septem Angelis, Ite et effundite phialas irae Dei in terram. 1. また、私は神殿からの大きな声を聞いた、七つの天使に言っている、行け、また神の怒りの鉢を地の中に注げ。

2. Et abivit primus, et effudit phialam suam super terram, et factum est ulcus malum et noxium in hominibus habentibus characterem Bestiae, et imaginem ejus adorantibus. 2. また、第一のもの〔天使〕が出かけた、また自分の鉢を地の上に注いだ、また、獣のしるしを持っている、またその像を崇拝する人間に悪いまた有害なできものが生じた。

3. Et secundus Angelus effudit phialam suam in mare, et factus est sanguis tanquam mortui, et omnis anima viva mortua est in mari. 3. また、第二の天使が出かけた、また自分の鉢を海の中に注いだ、また死者のような血を生じた(〜になった)、またすべての生きている霊魂は海の中で死んだ。

4. Et tertius Angelus effudit phialam suam in fluvios et in fontes aquarum, et factus est sanguis. 4. また、第三の天使が自分の鉢を川の中にまた水の泉の中に注いだ、また血を生じた(〜になった)

5. Et audivi Angelum aquarum dicentem, Justus Domine es, Qui Est et Qui Fuit, et Sanctus, quia haec judicasti; 5. また、私は水の天使が言っているのを聞いた、主よ、あなたは公正である、その方はいる、またその方はいた、また聖なる方、これらをあなたは審判したからである。

6. Quia sanguinem Sanctorum et Prophetarum effuderunt, et sanguinem illis dedisti bibere, digni enim sunt. 6. 彼らは聖徒と預言者の血を注いだ、また血を彼らに飲むことをあなたは与えたからである、というのは、彼らはふさわしいから。

7. Et audivi alium ex Altari dicentem, Etiam Domine Deus Omnipotens, vera et justa judicia Tua. 7. また、私は他の者が祭壇から言っているのを聞いた、そのとおり(しかり)、主よ、全能の神、あなたの審判は真また公正。

8. Et quartus Angelus effudit phialam suam in solem, et datum est illi aestu affligere homines per ignem. 8. また、第四の天使が自分の鉢を太陽の中に注いだ、また彼に与えられた、熱で人間を火によって苦しめること。

9. Et aestuaverunt homines aestu magno, et blasphemarunt Nomen Dei habentis potestatem super plagas has, et non resipuerunt dare Ipsi gloriam. 9. また、彼らは人間を大いなる熱で焼いた、また彼らはこれらの災害の上に力を持っている神の名前を冒涜した、またその方に栄光を与えることを悔い改めなかった。

10. Et quintus Angelus effudit phialam [suam] super thronum Bestiae, et factum est regnum ejus tenebrosum, et mandebant linguas suas prae molestia. 10. また、第五の天使が〔自分の〕鉢を獣の王座の上に注いだ、またその王国は暗やみを生じた(〜になった)、また災い(悩み)のために自分の舌をかんだ。

11. Et blasphemarunt Deum Caeli prae molestiis suis, et prae ulceribus suis, et non resipuerunt ex operibus suis. 11. また彼らは自分の災い(悩み)のために天の神を冒涜した、また自分のできもののために、また自分の働きから悔い改めなかった。

12. Et sextus Angelus effudit phialam suam super fluvium magnum Euphratem, et exsiccata est aqua ejus, ut pararetur via regum ab ortu solis. 12. また、第六の天使が自分の鉢を大きな川ユーフラテスの上に注いだ、またその水は干し上がった、太陽の上昇(出現)から王たちに道が用意されるために。

13. Et vidi ex ore Draconis, et ex ore Bestiae, et ex ore Pseudoprophetae, spiritus tres immundos similes ranis. 13. また、私は、竜の口から、また獣の口から、またにせ預言者の口から〔出てくる〕、カエルに似た三つの不潔な霊を見た。

14. Sunt enim spiritus daemonum facientes signa ad abeundum ad reges terrae et orbis totius, ad congregandum illos in bellum diei illius magni Dei Omnipotentis. 14. というのは、彼らはしるしを行なう

悪鬼(ダイモーン)の霊であるから、地と全地球の王たちへ出かけるために、彼らを戦いの中へ集めるために、全能の神の大いなるその日の。

15. Ecce venio sicut fur; 15. 見よ、わたしは泥棒のように来る。

beatus qui vigilat et servat vestimenta sua, ut non nudus ambulet, et videant pudorem ejus. 目覚めている、また自分の衣服を守る(維持する)は幸いである、裸で歩かないように、またその恥が見れらない。

16. Et congregavit illos in locum dictum Hebraice Armageddon. 16. また、彼らを場所の中に集めた、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる。

17. Et septimus Angelus effudit phialam suam in aerem, et exivit vox magna e Templo Caeli e Throno, dicens, Factum est. 17. また、第七の天使が自分の鉢を空気の中へ注いだ、また大きな声が天の神殿から、王座から出た、言って、行なわれた。

18. Et factae sunt voces et fulgura et tonitrua; 18. また、声と稲光と雷鳴が生じた

et terrae motus factus est magnus, qualis non factus est ex quo homines facti sunt super terra, talis terrae motus adeo magnus. また大きな地震が生じた、生じなかったような、そこから(⇒これまで)地の上に人間が生じた、このような地震が、これほど大きな。

19. Et facta est urbs magna in tres partes, et urbes gentium ceciderunt; 19. また、大きな都は三つの部分の中に生じた(〜になった)、また諸国民の都は倒れた。

et Babylon magna venit in memoriam coram Deo, dare illi poculum vini excandescentiae irae Ipsius. また大いなるバビロンは神の前に記憶の中にやって来た、それにその方の怒りの憤りのぶどう酒の杯を与えること。

20. Et omnis insula fugit, et montes non inventi sunt. 20. また、すべての島は逃げた、また山々は見られなかった。

21. Et grando magna quasi talenti pondo descendit de Caelo super homines; 21. また大きな雹(ひょう)が、一タラント☆の重さのように、天から人間の上に降った。

☆ 重さの最大の単位。いろいろとありますが、旧約で30kg〜39kg、新約で41kg。

et blasphemarunt homines Deum prae plaga grandinis, quia magna erat plaga ejus valde. また人間は雹(ひょう)の災害のために神を冒涜した、その災害は非常に大きかったからである。

 

(3) 訳文

1. 私は、七人の天使に言っている神殿からの大きな声を聞いた、「行け、神の怒りの鉢を地の中に注げ」。

2. 第一の天使が出かけ、自分の鉢を地に注いだ。獣のしるしを持っている人々に、またその像を崇拝する人々に悪い有害なできものが生じた。

3. 第二の天使が出かけ、自分の鉢を海の中に注いだ。すると、死者のような血を生じ、すべての生きている霊魂は海の中で死んだ。

4. 第三の天使が自分の鉢を川と水の泉の中に注いだ。すると、血を生じた。

5. また、私は水の天使が言っているのを聞いた。「主よ、あなたは公正、いる、いた、聖なる方である、これらをあなたは審判したからである。

6. 彼らは聖徒と預言者の血を注ぎ、あなたは彼らに〔その〕血を飲むことを与えたからである、というのは、彼らはふさわしいから」。

7. また、私は他の者が祭壇から言っているのを聞いた。「しかり、主よ、全能の神よ、あなたの審判は真また公正」。

8. 第四の天使が自分の鉢を太陽の中に注いだ。すると、彼に人間を火によって熱で苦しめることが与えられた。

9. 人々は大いなる熱で焼かれた。彼らはこれらの災害の上に力を持っている神の名前を冒涜し、悔い改めてその方に栄光を与えることをしなかった。

10. 第五の天使が〔自分の〕鉢を獣の王座の上に注いだ。すると、その王国は暗やみになり、悩みのために自分の舌をかんだ。

11. また、彼らは自分の悩みのために、自分のできもののために天の神を冒涜し、自分の働きから悔い改めなかった。

12. 第六の天使が自分の鉢を大きな川ユーフラテスの上に注いだ。すると、その水は、太陽の上昇(出現)から王たちに道が用意されるために、干し上がった。

13. また、私は、竜の口から、獣の口から、にせ預言者の口から〔出てくる〕、カエルに似た三つの不潔な霊を見た。

14. というのは、彼らはしるしを行なう

悪鬼(ダイモーン)の霊であり、彼らを全能の神のその大いなる日の戦いの中へ集めるために、地と全地球の王たちへ出かけるからである。

15. 見よ、わたしは泥棒のように来る。目覚めて、裸で歩かない、またその恥が見れらないように、自分の衣服を守るは幸いである。

16. また、彼らを、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる場所に集めた。

17. 第七の天使が自分の鉢を空気の中へ注いだ。すると、大きな声が、「行なわれた」と言って、天の神殿から、王座から出た。

18. すると、声と稲光と雷鳴が生じたまた大きな地震が生じた、これまで地上の人々に生じなかったような、これほど大きな地震である。

19. また、大きな都は三つの部分のになり、諸国民の都は倒れた。また大いなるバビロンは神の前に記憶の中にやって来た、それにその方の怒りの憤りのぶどう酒の杯が与えられた。

20. すべての島は逃げ、山々は見られなかった。

21. また重さで一タラントかのような大きな雹(ひょう)が、天から人々の上に降った。人々は雹(ひょう)の災害のために神を冒涜した、その災害は非常に大きかったからである。

 

☆ タラントは重さの最大の単位。いろいろとあり、旧約で30kg〜39kg、新約で41kg。

 

SENSUS SPIRITUALIS.

霊的意味

 

CONTENTUM TOTIUS CAPITIS.

全章内容

 

(1) 原文

DETEGUNTUR IN HOC CAPITE MALA ET FALSA IN ECCLESIA REFORMATORUM PER INFLUXUM E CAELO (vers. 1):

IN CLERICOS (vers. 2);

IN LAICOS (vers. 3);

IN INTELLECTUM VERBI APUD ILLOS (vers. 4-7);

IN AMOREM APUD ILLOS (vers. 8, 9);

IN FIDEM APUD ILLOS (vers. 10, 11);

IN RATIOCINIA INTERIORA APUD ILLOS (vers. 12-15); IN OMNIA ILLORUM SIMUL (vers. 17-21).

 

(2) 直訳

DETEGUNTUR IN HOC CAPITE MALA ET FALSA IN ECCLESIA REFORMATORUM PER INFLUXUM E CAELO (vers. 1): この章の中に、天界からの流入によって、改革派の教会の中の悪と虚偽が現わされている(明かされている)(1節)

IN CLERICOS (vers. 2); 聖職者の中への(2節)

IN LAICOS (vers. 3); 平信徒の中への(3節)

IN INTELLECTUM VERBI APUD ILLOS (vers. 4-7); 彼らのもとのみことばの理解力の中への(4-7節)

IN AMOREM APUD ILLOS (vers. 8, 9); 彼らのもとの愛の中への(8, 9節)

IN FIDEM APUD ILLOS (vers. 10, 11); 彼らのもとの信仰の中への(10, 11節)

IN RATIOCINIA INTERIORA APUD ILLOS (vers. 12-15); 彼らのもとの内的な推論の中への(12-15節)

IN OMNIA ILLORUM SIMUL (vers. 17-21). 彼らのすべてのものの中への、一緒に(17-21節)

 

(3) 訳文

 この章の中に、天界からの流入によって、改革派の教会の中の悪と虚偽が現わされている(1節)。聖職者への流入(2節)平信徒への流入(3節)彼らのもとのみことばの理解力への流入(4-7節)彼らのもとの愛への流入(8, 9節)彼らのもとの信仰への流入(10, 11節)彼らのもとの内的な推論への流入(12-15節)一緒に彼らのすべてのものへの流入(17-21節)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 01:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark