RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 1575〜1578

(1) 原文

Quomodo repraesentationes a coelis descendunt

 

1575. Vidi quendam hortum cum porticibus, amplum, in quo arbores, sicut mihi dicebatur, foliis insignitae, sed absque fructu; quaesivi, quomodo spiritus talia repraesentare possent, sicut caeteras{1} repraesentationes, quae permultae sunt.

@1 ms. caeterae

 

1576. Percepi quod angeli interioris coeli, dum in ideis suis sunt, et sicut in parabolis, quod inserantur eorum ideis similia, quibus ideas suas adjuvent; tunc dum ea inter spiritus delabuntur, sibi illico secundum suas phantasias repraesentent ea in magna forma, tam secundum ideam societatis angelicae, quam secundum suam, quae mutationem inducere potest; ita crescit idea in repraesentationem.

 

1577. Similiter crescit ab intimiori coelo, dum labitur in interius, quod nesciunt, nam in interiori sunt naturalia, quibus ideae illorum adhaerent, et sic formantur, in spirituum vero coelo, seu mundo spirituali, fiunt eadem materialia, sic ab anima crescunt quasi in corpora; seque adaugent secundum societates, eorum forma, qualitates, status{a}.

@a h.e. et eorun[dem] forma, qualitates, status se adaugent secundum societates

 

1578. Caeterae repraesentationes similiter, sicut eorum quae sunt Regni animalis: tum etiam terrestrium, sicut sylvarum, camporum, fluviorum, montium, quorum animae inquirendae sunt in sensu interiori, intimiori, ac intimo. Nam a coelesti, quod est anima, formatur spirituale, a spirituali naturale, a naturali materiale, triplicis Regni. 1748, 20 Martius.

 

(2) 直訳

Quomodo repraesentationes a coelis descendunt どのように表象するものが天界から降るか

1575. Vidi quendam hortum cum porticibus, amplum, in quo arbores, sicut mihi dicebatur, foliis insignitae, sed absque fructu; 私は並木道とともにある庭園を見た、広い、その中に木々が〔ある〕、私に言われたように、葉で装飾されて、しかし実なしの。

quaesivi, quomodo spiritus talia repraesentare possent, sicut caeteras{1} repraesentationes, quae permultae sunt. 私は質問した、どのように霊たちはこのようなものを表象することができるのか、他の表象するもののような、それらは非常に多い。

 

1576. Percepi quod angeli interioris coeli, dum in ideis suis sunt, et sicut in parabolis, quod inserantur eorum ideis similia, quibus ideas suas adjuvent; 私は知覚した、さらに内的な天界の天使たちは、自分の観念の中にいる時、また例えばたとえ話の中に〔いる〕、彼らの観念の同様のものを導入する、それらで自分の観念を助ける。

tunc dum ea inter spiritus delabuntur, sibi illico secundum suas phantasias repraesentent ea in magna forma, その時、それらが霊たちの間に降りてくる時、自分自身に直ちに自分の幻想(想像力)にしたがってそれらを表象する、大きな形の中に、

tam secundum ideam societatis angelicae, quam secundum suam, quae mutationem inducere potest; これほどに天使の社会の観念にしたがって、自分のものにしたがうよりも、それらの変化を引き起こすことができる。

ita crescit idea in repraesentationem. そのように観念は表象するものの中へと増大する。

 

1577. Similiter crescit ab intimiori coelo, dum labitur in interius, quod nesciunt, 同様に、さらに最も内的な天界から、内的な天界の中に落ちる(変わる)時、増大する、彼らはそのことを知らない、

nam in interiori sunt naturalia, quibus ideae illorum adhaerent, et sic formantur, なぜなら、さらに内的なものの中に自然的なものがある、それらに彼らの観念が付着している、またこのように形成されるからである、

in spirituum vero coelo, seu mundo spirituali, fiunt eadem materialia, sic ab anima crescunt quasi in corpora; けれども、霊たちの天界、または霊界の中で、同じものが物質的なものになる、このように霊魂からいわば身体の中に増大する。

seque adaugent secundum societates, eorum forma, qualitates, status{a}. そしてそれ自体を、それらの形、性質、状態にしたがって☆、社会をさらに増やす。

☆注参照(社会にしたがって…では意味が通じなくなります)

 

1578. Caeterae repraesentationes similiter, sicut eorum quae sunt Regni animalis: 他の表象するものも同様に、例えばそれらのもの、それらは動物界にある――

tum etiam terrestrium, sicut sylvarum, camporum, fluviorum, montium, quorum animae inquirendae sunt in sensu interiori, intimiori, ac intimo. なおまた、地上的なものもまた、森の、野原の、川の、山の、それらの霊魂は、さらに内的な、さらに最も内的な、そして最内部の意味の中に求めなければならない。

Nam a coelesti, quod est anima, formatur spirituale, a spirituali naturale, a naturali materiale, triplicis Regni. なぜなら、天的なものから、それは霊魂である、霊的なものが形作られるからである、霊的なものから自然的なものが、自然的なものから物質的なものが、三重の王国〔=動物界、植物界、鉱物界〕の。

1748, 20 Martius. 1748320日。

 

(3) 訳文

表象するものが天界からどのように降るか

 

1575. 私並木道とともにいある庭園その、私われたように、葉されたしかし実のない木々がある。私どのようにたちはこのようなものを、他のそのような非常表象するものを表象することができるのか、質問した

 

1576. 私は、内的な天界の天使たちは、自分の観念の中に、例えばたとえ話の中にいる時、彼らの観念の同様のものを導入し、それらで自分の観念を助けることを知覚した。それらが霊たちの間に降りてくる時、直ちに自分自身に自分の幻想にしたがってそれらを、大きな形の中に、自分の観念にしたがうよりも、天使の社会の観念にしたがって、それらの変化を引き起こすことができ、これほどに表象する。そのように観念は表象するものの中へと増大する。

 

1577. 同様に、さらに内的な天界から、内的な天界の中に落ちる時、増大するが、彼らはそのことを知らない。なぜなら、内的なものの中に自然的なものがあり、それらに彼らの観念が付着していて、このように形成されるからである。けれども、霊たちの天界または霊界の中で、同じものが物質的なものになり、このように霊魂からいわば身体の中に増大する。そしてそれ自体を、それらの形、性質、状態にしたがって、社会をさらに増やす。

 

1578. 他の表象するものも同様である、例えば、動物界にあるものである――なおまた、森、野原、川、山の地上的なものもまた、それらの霊魂は、内的な、さらに内的な、そして最内部の意味の中に求められなければならない。なぜなら、霊魂である天的なものから、霊的なものが、霊的なものから自然的なものが、自然的なものから三重の王国〔=動物界、植物界、鉱物界〕の物質的なものが形作られるからである。1748320日。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 22:54
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1573〜1574a

(1) 原文

De iis qui nimium curis domesticis indulgent

 

1573. Vidi habitaculum quoddam satis profunde sub pede sinistro paulo antrorsum, erat camera magna cum utensilibus, quae non vidi, et inde ducebat atrium longum, ut solet, et per atrium exibat faemina, staturae parvae, quae deformis.

 

1574. Cumque quaererem quid haec sint, dictum est, quod tales qui curis domesticis, quam studiosissime invigilarunt in vita corporis, habitacula talia habeant, et quod in curis suis sint: et quidem quod plerique ex inferiore plebe sint, sicut anus, quae, tametsi curae non ad eas pertinent, usque sibi eas capiant, nec quae meliora sunt, curant, sicut quae sunt fidei, sicut Martha [Luc. X: 38-42].

 

1574a. Parvae apparent, quia profunde satis, et deformes, quia tales curae.

 

(2) 直訳

De iis qui nimium curis domesticis indulgent 彼らについて、その者は家事の(家庭の)過度の世話(心配事)にふける(ほしいままにする)

1573. Vidi habitaculum quoddam satis profunde sub pede sinistro paulo antrorsum, 私は、住まいを見た、少し前方に、左の足の下の十分に深いところに、

erat camera magna cum utensilibus, quae non vidi, 家具(備品)とともに大きな部屋があった、それら〔備品〕を私は見なかった、

et inde ducebat atrium longum, ut solet, またここから長い張り出し玄関へ導かれた、よくあるような、

et per atrium exibat faemina, staturae parvae, quae deformis. また、張り出し玄関を通って女が出て行った、小さい(=低い)丈の、それは醜い。

 

1574. Cumque quaererem quid haec sint, そして、これらが何か、私が質問したとき、

dictum est, quod tales qui curis domesticis, quam studiosissime invigilarunt in vita corporis, habitacula talia habeant, et quod in curis suis sint: 言われた、このような者が、その者は家事の(家庭の)世話(心配事)に、身体のいのちの中で、それらに最も専心して従事した、、このような住まいを持っていること、また自分の世話(心配事)の中にいること――

et quidem quod plerique ex inferiore plebe sint, sicut anus, 実際に、大部分の者はより低い庶民からである、老婆のような、

quae, tametsi curae non ad eas pertinent, usque sibi eas capiant, nec quae meliora sunt, curant, sicut quae sunt fidei, sicut Martha [Luc. X: 38-42]. 彼女たちは、たとえ世話(心配事)に、それらに関係しなくても、それでも自分自身にそれらを獲得する(つかむ)、それらを、それらはよりよいものである、気にもしない、そのように、それらは信仰のものである、マルタのように〔ルカ10:38-42〕。

 

1574a. Parvae apparent, quia profunde satis, et deformes, quia tales curae. 小さく(=低く)見える、十分に低いところに〔いる〕ので、また醜い、このような世話(心配事)〔にいる〕ので。

 

(3) 訳文

家事の世話過度に没頭する者について

 

1573. 私、少前方、左かなり深いところに、住まいを。家具とともにきな部屋があったそれら家具なかったまたここからよくあるような玄関かれた。張玄関ってった

 

1574. そしてこれらが何〔を意味する〕、私質問したとき、いのちが身体の中にあるとき、家事の世話に最も専心して従事したような者が、このような住まいを持っていること、また自分の世話の中にいることが言われた――実際、大部分はより庶民からであり、老婆のようである。彼女たちは、たとえ世話に関係しなくても、それでもそれらを自分自身につかみとり、よりよいものである信仰のものを気にもしない、そのように、マルタのように〔ルカ10:38-42〕。

 

1574a. かなり低いところにいるので低く見え、このような世話にいるのでまた醜い

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 05:17
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1569〜1572

(1) 原文

Spiritus qui constituunt proviciam glandularum cutanearum

 

1569. Sunt spiritus, qui dum aliquid scire volunt, dicunt quod ita sit, alii quod ita, sic unus post alterum, et quidem dum loquuntur, observant, num id quod dicunt fluat libere, absque aliqua retardatione seu spirituali renisu, quod dum fit, putant quod ita sit; familiare hoc est in spirituum quibusdam generibus, loquendo quasi scirent, et tamen non ita est, nec sciunt, alii autem non ita affirmative, sed observant, ut dictum, num aliquid spirituale non conveniens est, et sic non fluat, inde conjectant et dicunt, quod non ita sit, nam dum fluit, cogitant, quod sic a coelo seu Domino sit, quia nihil est quod alienum ibi, quin{1} conveniens.

@1 J.F.I. Tafel quia

 

1570. Ii sunt qui{1} glandulas cutaneas constituunt, qui duplicis generis sunt, unum cum sensu, alterum absque sensu, qui cum sensu sunt ii qui explorant ex suamet dictione seu loquela, num ita se res habeat, sicut glandulae, num alluentia talia sint, ut ea agnoscant, caeteri qui absque sensu sunt ii qui affirmant, et putant quod ita sit, ita id audacter affirmant.

@1 ms. quarum vel quorum

 

1571. Sunt tales in vita corporis, qui scire cupiunt omnia, sive ad eos pertinent, sive non pertinent, quid fit alibi, in societatibus, aut apud particulares, idque aliis narrare cupiunt, sic sunt delatores, quorum quidam dubitative, quidam affirmative jactant et spargunt talia, suntque perplures tales, integrae cohortes. Curiositates.{1}{a}

@1 imperfectum in ms.

@a vide indicem ad Curiositas

 

1572. Tales praesunt provinciis it functionibus glandularum, nam correspondentia talis est interiorum cum exterioribus, sic cum organis.

 

(2) 直訳

Spiritus qui constituunt proviciam glandularum cutanearum 霊たち、その者は皮膚の腺の領域に立つ(=構成する)

1569. Sunt spiritus, qui dum aliquid scire volunt, dicunt quod ita sit, alii quod ita, sic unus post alterum, 霊たちがいる、その者は何らかのものを知ることを欲している時、そのようであることを言う、他の者にそのよう〔である〕ことを、このようにある者、その後、他の者、

et quidem dum loquuntur, observant, num id quod dicunt fluat libere, 実際に話している時、観察している、そのことを、言っていることが自由に流れているか、

absque aliqua retardatione seu spirituali renisu, 何らかの遅れ(遅滞)または霊的な抵抗なしに、

quod dum fit, putant quod ita sit; 〔自由な流れが〕行われている時、そのようであることを思っている。

familiare hoc est in spirituum quibusdam generibus, loquendo quasi scirent, このことはある種類の霊たちの中でよく知られている(よくある)ことである、

et tamen non ita est, nec sciunt, またそのようではない、また彼らは知ってもいない、

alii autem non ita affirmative, sed observant, ut dictum, num aliquid spirituale non conveniens est, et sic non fluat, inde conjectant et dicunt, quod non ita sit, けれども、他の者たちはそのように肯定的でない、しかし観察している、言われたように、何らかの霊的なものに適合しないかどうか、またこのように流れない、ここから推測する、また言う、そのようでないこと、

nam dum fluit, cogitant, quod sic a coelo seu Domino sit, quia nihil est quod alienum ibi, quin{1} conveniens. なぜなら、流れる時、彼らは考える、このように天界または主からであること、そこに(それは)異質なものが何もないからである、むしろ一致している(適合している)

 

1570. Ii sunt qui{1} glandulas cutaneas constituunt, qui duplicis generis sunt, unum cum sensu, alterum absque sensu, 彼らである、その者は皮膚の腺に立つ(=構成する)、二種類の者がいる、一つは感覚とともに、もう一つは感覚なしに、

qui cum sensu sunt ii qui explorant ex suamet dictione seu loquela, num ita se res habeat, sicut glandulae, num alluentia talia sint, ut ea agnoscant, 感覚とともにいる者は、彼らは、自分自身の言ったことまたは話しから調べる、物事はそのように振る舞うかどうか、そのように腺が、到着するものがそのようなものであるかどうか、それらを認めるように、

caeteri qui absque sensu sunt ii qui affirmant, et putant quod ita sit, ita id audacter affirmant. 他の者は、感覚なしでいる者は、彼らは、その者は肯定する、また思っている、それらであることを、そのようにそのことを大胆に肯定する。

 

1571. Sunt tales in vita corporis, このような者が身体のいのちの中にいる、

qui scire cupiunt omnia, sive ad eos pertinent, sive non pertinent, quid fit alibi, in societatibus, aut apud particulares, その者はすべてのことを知ることを欲する、あるいは彼らに関係があるか、あるいはないか、何が他のところで生じているか、社会の中で、または個々の者(個人的なもの)のもとで、

idque aliis narrare cupiunt, sic sunt delatores, そしてそのことを他の者に話すことを欲する、このように通知者(情報屋)ある、

quorum quidam dubitative, quidam affirmative jactant et spargunt talia, それらの者の、ある者は疑わしく、ある者は肯定的に、このようなものをゆさぶる(自慢する)またまき散らす、

suntque perplures tales, integrae cohortes. そして、非常に多くのこのような者がいる、全(完全な)集団。

Curiositates.{1}{a} 好奇心〔の強い者たちである〕。

 

1572. Tales praesunt provinciis it functionibus glandularum, このような者が、腺の領域と☆機能を支配している、

ここにミスプリがあります、et です。

nam correspondentia talis est interiorum cum exterioribus, sic cum organis. なぜなら、さらに外的なものとさらに内的なもののこのような対応があるからである、このように器官との。

 

(3) 訳文

皮膚の腺の領域を構成する霊たち

 

1569. 何らかのものをることをしている時、そのようであることを、他にそのようであることをこのように次々と言う霊たちがいる。実際に、している時、言っていることがらかの遅滞または霊的抵抗なしに自由れているか観察していて、〔自由れが〕行われている時、そのようであるっている

 このことはある種類たちによくあることであるまたそのようではなくまたらはってもいないけれども、他たちはそのように肯定的でなく、〔すでに〕言われたように、何らかの霊的なものに適合しないかまたこのようにれないか観察ここから推測してそのようでないことをなぜなら、流れる時、彼らはそこに異質なものがもないのでこのように天界またはからであるむしろ一致していると考えるからである。

 

1570. 皮膚の腺を構成する者には、一つは感覚のある者、もう一つは感覚のない者の二種類の者がいる。感覚のある者は、腺が到着するものがそのようなものであるかどうか、それらを認めるように、物事がそのようであるか、自分自身の言ったことまたは話しから調べる。感覚のない他の者は、肯定し、また、そのようであると思い、そのようにそのことを大胆に肯定する。

 

1571. このような者が身体のいのちの中にいる。その者は、自分たちに関係があるか、あるいはないか、他のところで、社会の中で、または個々の者のもとで何が生じているか、すべてのことを知ることを欲し、そしてそのことを他の者に話すことを欲する、このように情報屋である、それらの者の、ある者は疑わしく、ある者は肯定的に、このようなものを自慢し、まき散らす。そして、非常に多くの、完全な集団となっていこのような者がいる。好奇心〔の強い者たちである〕。

 

1572. このような者が、腺の領域と機能を支配している、なぜなら、外的なものとこのように器官と内的なもののこのような対応があるからである。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 22:57
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1563〜1568

(1) 原文

De appetitu corporeo

 

1563. Sunt spiritus, qui constituunt id, quod appetitus vocatur, et quidem corporis; appetitus sunt varii, non solum edendi, sed plurium objectorum, sicut notum est, quod appetitu quodam desideret homo multa, ut balnea, tum quibus vestiri velit, et similia.

 

1564. Quidam spiritus ita appetebat, ut indusium, ut vix vivere potuisset, ut dixit, nisi induerem, cumque indutus, inde talem habebat jucunditatem, ut nihil jucundius, et precatus, ut in jucunditate ista relinqueretur.

 

1565. Quod vero ad sensum, sicut tactus, dicebat quod eum non haberet, ita appetitus in spiritibus est, et sensus in homine; quaesivi eum an sentiret id mecum, cum tangerem indusium, quod ita appetebat, respondebat, quod sensum non haberet, sed quod cognitionem ejus, quod ego sentirem.

 

1566. Quare spiritus sunt, qui appetitus vocandi, quo quidam ita quasi flagrant, ut vix se temperare possint, tales sunt multiplicis generis et speciei, nam innumerabilia sunt quae appetuntur, suntque corporei, seu corporis, at cupiditates sunt animi; spiritus appetitus dicti, faciunt hominem appetere, seu excitant ejus appetitus, inde habent jucunditates suas, sed sensus est hominis proprium.

 

1567. Spiritus isti id ex vita in corpore suo traxerunt, quod ardenter appetiverint quaedam corporea.

 

1568. Distinctionis causa, appetere seu appetitus dicitur corporis, cupere seu cupiditas, est animi, desiderare aut desiderium{1} est mentis interioris seu rationalis; at velle est mentis intimioris, affici vero, quamvis adhibetur in pluribus, usque proprie dici potest, de intimis. 1748, 20 Martius.

@1 ms. desiderum

 

(2) 直訳

De appetitu corporeo 身体の欲望について

1563. Sunt spiritus, qui constituunt id, quod appetitus vocatur, et quidem corporis; 霊たちがいる、その者はそれを構成している、欲望☆と呼ばれるもの、実際に、身体の。

食欲、性欲など、特に肉体的欲望です。

appetitus sunt varii, non solum edendi, sed plurium objectorum, sicut notum est, いろいろな欲望がある、食べるだけでなく、しかし目的の多くのものの〔ための〕。よく知られているように、

quod appetitu quodam desideret homo multa, ut balnea, tum quibus vestiri velit, et similia. ある種の欲望で、人間は多くのものを欲している、浴室(=入浴)ような、なおまたそれらで着ることを欲する、また同様のもの。

 

1564. Quidam spiritus ita appetebat, ut indusium, ut vix vivere potuisset, ある霊がそのように欲しがった、〜のように衣服を、ほとんど生きることができないように、

ut dixit, nisi induerem, 彼が言ったように、私が着せないなら、

cumque indutus, inde talem habebat jucunditatem, ut nihil jucundius, そして着せられたとき、ここからこのような快さを持った、さらに快いものが何もないような、

et precatus, ut in jucunditate ista relinqueretur. また懇願した、その快さの中に残されるように。

 

1565. Quod vero ad sensum, sicut tactus, dicebat quod eum non haberet, けれども、感覚に関して☆触覚のような、彼はそれを持たないことを言った、

quod ad~ で「〜について、〜に関して」の意味になります。

ita appetitus in spiritibus est, et sensus in homine; そのように、霊たちの中に欲望があり、また感覚が人間の中に。

quaesivi eum an sentiret id mecum, cum tangerem indusium, quod ita appetebat, 私は彼を質問した、そのことを私とともに感じたかどうか、私が衣服を触れたとき、それをそのように欲した、

respondebat, quod sensum non haberet, 彼は答えた、感覚を持たなかったこと、

sed quod cognitionem ejus, quod ego sentirem. しかし、その認識(知識)を〔持った〕、私が感じたこと。

 

1566. Quare spiritus sunt, qui appetitus vocandi, quo quidam ita quasi flagrant, ut vix se temperare possint, それゆえ、霊たちがいる、その者は欲望と呼ばれる、それで確かにそのようにいわば燃え立つ、ほとんど自分自身を節制することができないような、

tales sunt multiplicis generis et speciei, このような者が属と種の多種多様な者がいる、

nam innumerabilia sunt quae appetuntur, なぜなら、無数のものがあるからである、それらは欲しがられる、

suntque corporei, seu corporis, at cupiditates sunt animi; そして形体的な者である、すなわち身体のもの(身体に属する者)しかし、欲望はアニムスのものである。

spiritus appetitus dicti, faciunt hominem appetere, seu excitant ejus appetitus, inde habent jucunditates suas, 欲望と言われた霊たちは、人間の欲望をつくる、すなわち、その欲望をかき立てる、ここから自分の快さを持っている、

sed sensus est hominis proprium. しかし、感覚は人間の固有のものである。

 

1567. Spiritus isti id ex vita in corpore suo traxerunt, その霊たちはそれを身体の中の自分のいのち(生活)から得た、

quod ardenter appetiverint quaedam corporea. 強烈にある種の形体的なものを欲しがったこと。

 

1568. Distinctionis causa, appetere seu appetitus dicitur corporis, 〔用いる言葉の〕分離(区別)理由は、欲しがることまたは欲望が身体のものに言われる、

cupere seu cupiditas, est animi, desiderare aut desiderium{1} est mentis interioris seu rationalis; 望むことまたは欲望(欲求)は、アニムスのものである、願うことまたは願望はさらに内的なまたは理性的な心のものである、

at velle est mentis intimioris, affici vero, quamvis adhibetur in pluribus, usque proprie dici potest, de intimis. しかし、意志することはさらに最内部の心のものである、けれども働きかけられる(感動させられる)ことは、たとえ多くのものの中で適用されても、それでも正しく(適切に)言われることができる、最も内なるものについて。

1748, 20 Martius. 1748320日。

 

(3) 訳文

身体の欲望について

 

1563. 実際、身体欲望ばれるものを構成しているたちがいるよくられているように、食べるだけでなく、多くの目的のものためのいろいろな欲望がある。人間はある欲望くのものを欲する、入浴なおまたることまた同様のものするようなものである

 

1564. ある霊は、私が着せないなら、ほとんど生きていることができない、と言ったように、そのように衣服を欲しがった。そして着せられたとき、ここからさらに快いものが何もないような快さを持った、また、その快さの中に残されるよう懇願した。

 

1565. けれども、感覚に関して、彼は触覚のようなものを持たない、と言った。そのように、霊たちの中に欲望があり、また人間の中に感覚がある。私は彼に、そのように欲した衣服を私が触れたとき、そのことを私とともに感じたか質問した。彼は、感覚を持たなかった、しかし、私が感じたその認識を持った、と答えた。

 

1566. それゆえ、欲望と呼ばれる霊たちがいる、その者はその欲望で確かにそのようにいわば、ほとんど自分自身を節制することができないように燃え立つ。このような属と種で多種多様な者がいる。なぜなら、欲しがられる無数のものがあるからである。そして形体的な者すなわち身体のもの(身体に属する者) であるしかし、欲望はアニムスのものである。欲望と言われた霊たちは、人間の欲望をつくる、すなわち、その欲望をかき立てる、ここから自分の快さを持っている、しかし、感覚は人間に固有のものである。

 

1567. その霊たちは、強烈にある種の形体的なものを欲しがったことを身体の中での自分のいのち(生活)から得た。

 

1568. 〔言葉を〕区別〔して用いている〕理由は、欲しがることまたは欲望が身体に属すものに、望むことまたは欲望(欲求)がアニムスに属すものに、願うことまたは願望は内的なまたは理性的な心に属すものに、しかし、意志することは最内部の心に属すに言われる、けれども働きかけられることは、たとえ多くのものの中で適用されても、それでも最も内なるものについて正しく言われることができるからである。1748320日。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 10:18
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1562〜1562a

(1) 原文

De idea communi, in quam distinctae aliorum influebant

 

1562. Eram in idea communi, quae est quasi omnium, absque determinatione ad aliquod certum, quam{1} describere nec possum, quia in spirituali mundo talis percipi potest, dari quidem apud alios, nempe homines, sed non [ab iis] percipi, in hanc ideam influebant particulares seu singulares spirituum, quas intelligebam distincte satis in communi, me permanente in communi, sic quod ideae singulares ab aliis influerent, et eas intelligerem; dicebatur mihi quod talis idea sit quorundam spirituum. 1748, 20 Martius.

@1 ms. apparuit mihi sicut dum ocu[lus] dum visus in u v quam

 

1562a. Inde constare potest, quod ideae communes in se distinctae sint, a singularibus, et singulares sint in communi, et quod singulares non sciant, quod in communi sint, sed hic communis idea, non erat determinata, ut se ei adplicarent singularia, quia [...]{1}

@1 paragraphus haec inabsoluta ac non numerata forte potius delenda est この完成されていない、そして数えられていない段落は、おそらくむしろ削除されるべきかもしれない

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

De idea communi, in quam distinctae aliorum influebant 全般的な観念について、その中へ他の者の別個の(明確な)もの〔観念〕が流入した

1562. Eram in idea communi, quae est quasi omnium, absque determinatione ad aliquod certum, quam{1} describere nec possum, 私は全般的な観念の中にいた、それは、いわばすべての観念である、何らかのあるものに向けて決定(確定)しの、それを私は述べることもできない、

quia in spirituali mundo talis percipi potest, 霊界の中でこのようなものが知覚されることができるからである、

dari quidem apud alios, nempe homines, sed non [ab iis] percipi, 確かに、他の者のもとに存在することが〔できる〕、しかし〔彼らにより〕知覚されることが〔できない〕、

in hanc ideam influebant particulares seu singulares spirituum, この観念の中に霊たちの個別のものまたは個々のものが流入した、

quas intelligebam distincte satis in communi, me permanente in communi, それらを私は全般的に十分に明確に理解した、私〔自身〕を、全般的なものの中にとどめて、

sic quod ideae singulares ab aliis influerent, et eas intelligerem; このように個々の観念が他の者から流入した、またそれらを私は理解したこと。

dicebatur mihi quod talis idea sit quorundam spirituum. 私に言われた、このような観念がある種の霊たちのものであること。

1748, 20 Martius. 1748320日。

 

1562a. Inde constare potest, ここから明らかにすることができる、

quod ideae communes in se distinctae sint, a singularibus, et singulares sint in communi, et quod singulares non sciant, quod in communi sint, 全般的な観念は、本質的に、個々のもの〔観念〕から、区別される、また個々のもの〔観念〕は全般的なもの〔観念〕の中にあること、また個々のもの(者☆)全般的なものの中にいることを知らないこと。

☆ここは「者」の意味が強いです。そのように読み取ってほしいです。次の「それ」も同様です。

sed hic communis idea, non erat determinata, ut se ei adplicarent singularia, quia [...]{1} しかし、この全般的な観念は、確定したものではなかった、それ(彼)それ自体を個々のものに適合させるような、なぜなら〔……〕

 

(3) 訳文

全般的な観念について、その中へ他の者の明確なもの〔観念〕が流入した

 

1562. 私全般的観念にいたそれはいわば、何らかのあるものにけて確定していないすべての観念でありそれをべることもできない。霊界では、このようなものが知覚されることができるからである。確かに、他のもとに存在することができる〕、しかし〔彼らにより〕知覚されることができない〕。

 この観念たちの個別または個々のものが流入したそれらを、私〔自身〕全般的なもののにとどめて、全般的十分明確理解した――このように個々観念から流入それらを理解したことである。あるたちにこのような観念があるわれた1748320日。

 

1562a. ここから、全般的な観念は、本質的に、個々のもの〔観念〕から、区別され、個々のもの〔観念〕は全般的なもの〔観念〕の中にあること、また個々のもの(者☆)全般的なものの中にいることを知らないことを明らかにすることができる。しかし、この全般的な観念は、彼にそれ自体を個々のものに適合させるような確定したものではなかった、なぜなら〔……〕

 

ここは「者」の意味が強いです。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 22:40
comments(0), -, pookmark