RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 49 訳文

(3) 訳文

 49(第15節) 「その方の足はあたかも燃えている炉の中の真ちゅうに似て〔いた〕」は、自然的な神的善を意味する――

 主の「足」はその方の神的自然的なものを意味する。「火」または「火のかたまり(火による捧げもの)」は善を意味する。そして「真ちゅう」は自然的な真理の善を意味する。それゆえ、「あたかも燃えている炉の中の真ちゅうに似た人の子の足」によって、自然的(な)神的善が意味される。

 その方の「足」がこのことを意味するのは対応からである。

 主の中に神的天的なもの、神的霊的なもの、また神的自然的なものがあり、ここから主からある。

人の子の「頭」によって神的天的なものが、その方の目によって、また金の帯を締めていた「胸」によって神的霊的なものが、またその方の「足」によって神的自然的なものが意味される。

 [2] 主の中にこれらの三つのものがあるので、それゆえ、それら三つのものが天使の天界の中にもまたある。

 第三の、すなわち、最高の天界は天的な神性の中にある、第二の、すなわち、中間の天界は霊的な神性の中にある、そして第一の、すなわち、最も低い天界は自然的な神性の中にある。地の教会も同様である。というのは、全天界は主の前にひとりの人間のようであるから、その中で、主の天的な神性の中にいる者は頭をつくっている、霊的な神性の中にいる者は身体をつくっている、また自然的な神性の中にいる者は足をつくっている。ここから、それぞれの人間の中にもまた、神の映像に創造されているので、それらの三つの段階があり、それが開かれるに応じて、彼はあるいは第三の、あるいは第二の、あるいは最も低い天界の天使になる。

 ここからもまた、みことばの中に、天的なもの、霊的なもの、また自然的なものの三つの意味がある。そのようであることは、『神の愛と知恵』の中に、特に第三部の中に見られ、その中でその三つの段階が扱われている。

 足、足の裏、かかとは人間のもとの自然的なものに対応し、またそれゆえ、みことばの中で自然的なものを意味することは、ロンドンで出版の『天界の秘義』の中に見られる (2162, 4938-4952番)。

 [3] 続くものの箇所の中で、神的自然的な善もまた足によって意味されている。「ダニエル書」に――

 

 「私は私の目を上げ、見た。見よ、亜麻布を着た男、その腰にウファズの金の帯を締め、その身体は緑柱石のよう、またその目は火のたいまつのよう、その腕とその足はみがいた真ちゅうの輝きのよう〔であった〕」(10:5, 6)

 

 「黙示録」に――

 

 「私は天界から降ってくる天使を見た、その足はあたかも火の柱のよう〔であった〕」(10:1)

 

 また「エゼキエル書」に――

 

 「ケルビムの足は、みがかれた青銅の輝きのようにきらめいていた」(1:7)

 

 天使とケルビムがそのように見られたのは、主の神性が彼らの中で表象されたからであった。

 [4] 主の教会は天界の下に、そのように主の足の下にあるので、それゆえ、それはこれらの箇所で、その方の「足台」と呼ばれた――

 

 「レバノンの栄光は、わたしの聖所の場所を飾るために、あなたにやって来る。わたしの足の場所を誉むべきものへと戻し、彼らはあなたの足の裏腰をかがめる」(イザヤ60:13, 14)

 「天はわたしの王座、そして地はわたしの足台」(イザヤ66:1)

 神は「怒りの日の中で、ご自分の足台を思い出されない」(哀歌2:1)

 「エホバを崇拝せよ、その方の足台に向かって」(詩篇99:5)

 「見よ、私たちはその方についてエフラタ(ベツレヘム)で聞いた」。「私たちはその方の住まいの中に入ろう、私たちはその方の足台に腰をかがめよう」(詩篇132:6, 7)

 

 ここから、崇拝する者が主の足へ倒れ込んだ(マタイ28:9、マルコ5:22、ルカ8:41、ヨハネ11:32)なおまた、その方の足にキスして、自分の頭髪でふき取った(ルカ7:37, 38, 44-46、ヨハネ11:212:3

 

 [5] 足によって自然的なものが意味されたので、それゆえ、主はペテロ足を洗ったとき、彼に言われた、

 

 「洗った者は、足に関して洗われのでないなら、〔洗う〕必要がない、全部がきれいである」(ヨハネ13:10)

 

 「足を洗うこと」は、人間の自然的なものを清めることをである。それが清められるとき、『天界の秘義』の中にまた『新しいエルサレムの教え』の中に大いに示されているように人間全体もまた清められる。

 自然的な人間は、その者は外なる人でもある、彼が悪を避ける時、それを霊的な、すなわち、内なる人間が、悪は避けなくてはならないことを見る〔時〕、清められる。

 [6] さて、人間の自然的なものが「足」によって意味されるので、またこれは、もし洗われない、または清められないなら、すべてのものを破壊し、それゆえ、主は言われた、

 

 「もし、あなたの足がつまづかせるなら、それを切り離せ。あなたに、びっこで生活に入ることはいっそうよい、二つの足を持つこと、またゲヘナの中に、消すことができない火の中に投げ込まれることよりも」(マルコ9:45)

 

 ここに足は意味されない、しかし、自然的な人間が意味される。

 同様のものが、足で善い牧草地を踏みにじること、足で水を乱すことによって意味される(エゼキエル32:2、第3418, 19、ダニエル7:7, 19、また他の箇所に

 

 [7] 人の子によってみことばに関する主が意味されるので、その方の「足」によって自然的な意味の中のみことばもまた意味されることが明らかである、そのことについて『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に大いに扱われている。そのようにまた、主が、みことばのすべてのものを成就するために世の中にやって来ること、またそのことによって、みことばは最終的なものの中でもまた〔みことばと〕なる〔ことが意味される〕(98-100番)。しかし、このことは新しいエルサレムの中にいることになる者のためのアルカナである。

 [8] 主の神的自然的なものもまた、モーセによる命令から荒野の中にまっすぐに立てられた青銅のヘビによって意味され、それ眺めることから、ヘビによりかまれたすべての者は癒された(民数記21:6, 8, 9)

 

 それが主の神的自然的なものを意味したこと、またそれを眺めた者が救われることは、主ご自身が「ヨハネ福音書」で教えてられている――

 

 「モーセが荒野の中でヘビを上げたように、そのように人の子は上げられなくてはならない。その方を信じるすべての者が滅びないで、永遠のいのちを持つためである」(ヨハネ3:14, 15)

 

 そのヘビが青銅から作られたのは、青銅は真ちゅうのように善に関する自然的なものを意味するからである、〔このことが〕後で見られる(775

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 01:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 49

(1) 原文

49. [Vers. 15.] " Et Pedes Ipsius similes chalcolibano[, tanquam] in camino igniti," significat Divinum Bonum Naturale."Pedes" Domini significant Divinum Ipsius Naturale; "Ignis" seu "Ignitum" significat Bonum; ac "Chalcolibanum" significat Bonum veri naturale; quare per "Pedes Filii Hominis similes chalcolibano tanquam in camino ignitos," significatur Divinum Bonum Naturale. Quod "Pedes" Ipsius hoc significent est ex correspondentia. Est in Domino, et inde a Domino, Divinum Caeleste, Divinum Spirituale, et Divinum Naturale; Divinum Caeleste intelligitur per "Caput" Filii Hominis, Divinum Spirituale per Ipsius "Oculos" et per "Pectus" quod Zona aurea cinctum erat, et Divinum Naturale per Ipsius "Pedes." [2] Quia haec Tria in Domino sunt, ideo etiam illa tria in Caelo Angelico sunt; Tertium seu supremum Caelum est in Divino Caelesti, Secundum seu medium Caelum est in Divino Spirituali, ac Primum seu ultimum Caelum, in Divino Naturali; similiter Ecclesia in terris: Universum enim Caelum coram Domino est sicut Unus Homo, in quo illi qui in Divino Caelesti Domini sunt, faciunt Caput, qui in Divino Spirituali faciunt Corpus, et qui in Divino Naturali faciunt Pedes: inde etiam in unoquovis homine, quia creatus est ad imaginem Dei, tres illi gradus sunt, qui sicut aperiuntur, fit ille Angelus Caeli vel tertii, vel secundi, vel ultimi. Inde quoque est, quod in Verbo tres Sensus sint, Caelestis, Spiritualis et Naturalis: quod ita sit, videatur in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia, in specie in Parte Tertia, in qua de Tribus illis Gradibus actum est. Quod Pedes, Plantae et Calcanei correspondeant Naturalibus apud hominem, et ideo in Verbo significent Naturalia, videatur in Arcanis Caelestibus Londini editis (n. 2162, 4938-4952). [3] Divinum Bonum Naturale etiam significatur per Pedes in sequentibus locis; apud Danielem:

 

"Sustuli oculos meos, et vidi; ecce vir indutus linteis, cujus lumbi cincti auro Uphasi, corpus ejus sicut tharschisch, et oculi ejus sicut faces ignis, brachia ejus et Pedes ejus sicut splendor aeris laevigati" (x. 5, 6);

 

in Apocalypsi:

 

"Vidi angelum descendentem e Caelo, Pedes ejus tanquam columnae ignis" (x. 1);

 

et apud Ezechielem:

 

"Pedes Cheruborum erant micantes sicut splendor aeris laevigati" (i. 7);

 

quod Angeli et Cherubi ita visi fuerint, erat quia Divinum Domini in illis repraesentabatur. [4] Quoniam Ecclesia Domini est sub Caelis, ita sub pedibus Domini, ideo vocatur illa "Scabellum Pedum" Ipsius, in his locis:

 

"Gloria Libani ad te veniet ad decorandum locum Sanctuarii Mei, locum Pedum Meorum honorabilem reddam, et incurvabunt se ad volas Pedum tuorum" (Esaj. lx. 13, 14);

"Caelum Thronus Meus, ac Terra Scabellum Pedum Meorum" (Esaj. lxvi. 1);

Deus "non recordatur Scabelli Pedum Suorum in die irae" (Thren. ii. 1{1});

"Adorate Jehovam versus Scabellum Pedum Ipsius" (Psalm. xcix. 5{1});

"Ecce audivimus de Eo in Ephrata" (Bethlechem); "intrabimus in habitacula Ipsius, incurvabimus nos Scabello Pedum Ipsius" (Psalm. cxxxii. 6, 7{3}).

 

Inde est, quod

 

Adorantes ceciderint ad Pedes Domini (Matth. xxviii. 9; Marc. v. 22; Luc. viii. 41; Joh. xi. 32);

 

tum, quod

 

Osculati Pedes Ipsius, et absterserint capillis suis (Luc. vii. 37, 38, 44-46; Joh. xi. 2; cap. xii. 3).

 

[5] Quia per "Pedes" significatur Naturale, ideo dixit Dominus ad Petrum, cum lavit ejus pedes,

 

"Qui lotus est, non opus habet, nisi quoad pedes lavetur, et mundus est totus" (Joh. xiii. 10);

 

"lavare pedes" est purificare Naturalem hominem; qui cum purificatus est, etiam totus homo purificatus est, ut multis ostensum est in Arcanis Caelestibus et in Doctrinis Novae Hierosolymae. Naturalis homo, qui etiam est Externus homo, purificatur, dum ille fugit mala, quae Spiritualis seu Internus homo videt quod mala sint et fugienda. [6] Nunc quia Naturale hominis per "Pedes" intelligitur, et hoc pervertit omnia, si non lotum seu purificatum est, ideo dicit Dominus,

 

"Si Pes tuus scandalizaverit te, abscinde eum; melius est tibi claudum ingredi vitam, quam duos pedes habere, et conjici in gehennam in ignem inexstinguibilem" (Marc. ix. 45);

 

hic non intelligitur pes, sed Naturalis homo. Simile intelligitur per

 

Proculcare Pedibus bonum pascuum; et per turbare Pedibus aquas (Ezech. xxxii. 2; cap. xxxiv. 18, 19; Dan. vii. 7, 19; et alibi).

 

[7] Quoniam per Filium Hominis intelligitur Dominus quoad Verbum, patet quod per "Pedes" Ipsius etiam intelligatur Verbum in Sensu naturali, de quo multum actum est in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra; ut et, quod Dominus in Mundum venerit, ut impleret omnia Verbi, et per id fieret Verbum etiam in ultimis (n. 98-100); sed hoc arcanum est pro illis qui in Nova Hierosolyma erunt. [8] Divinum Naturale Domini etiam significatum est per

 

Serpentem aeneum ex mandato a Mose in deserto erectum, a cujus inspectione omnes qui a serpentibus morsi erant, sanati sunt (Num. xxi. 6, 8, 9);

 

quod significaverit Divinum Naturale Domini, et quod salventur qui spectant ad illud, docet Ipse Dominus apud Johannem:

 

"Sicut Moses exaltavit Serpentem in deserto, ita oportet exaltari Filium Hominis, ut omnis qui credit in Ipsum, non pereat, sed habeat vitam aeternam" (iii. 14, 15).

 

Quod serpens ille ex Aere factus sit, est quia Aes ut Chalcolibanum significat Naturale quoad bonum, videatur infra (n.775).

@1 1 pro "7" @2 xcix. pro "xlix." @3 6,7 pro "6"

 

(2) 直訳

49. [Vers. 15.] " Et Pedes Ipsius similes chalcolibano[, tanquam] in camino igniti," significat Divinum Bonum Naturale.― 49(第15節) 「その方の足はあたかも燃えている炉の中の真ちゅうに似て〔いた〕」は、自然的な神的善を意味する――

"Pedes" Domini significant Divinum Ipsius Naturale; 主の「足」はその方の神的自然的なものを意味する。

"Ignis" seu "Ignitum" significat Bonum; 「火」または「火のかたまり(火による捧げもの)」は善を意味する。

ac "Chalcolibanum" significat Bonum veri naturale; そして「真ちゅう」は自然的な真理の善を意味する。

quare per "Pedes Filii Hominis similes chalcolibano tanquam in camino ignitos," significatur Divinum Bonum Naturale. それゆえ、「あたかも燃えている炉の中の真ちゅうに似た人の子の足」によって、自然的(な)神的善が意味される。

Quod "Pedes" Ipsius hoc significent est ex correspondentia. その方の「足」がこのことを意味することは対応からである。

Est in Domino, et inde a Domino, Divinum Caeleste, Divinum Spirituale, et Divinum Naturale; 主の中にある、またここから主から〔ある〕、神的天的なもの、神的霊的なもの、また神的自然的なもの。

Divinum Caeleste intelligitur per "Caput" Filii Hominis, Divinum Spirituale per Ipsius "Oculos" et per "Pectus" quod Zona aurea cinctum erat, et Divinum Naturale per Ipsius "Pedes." 神的天的なものが人の子の「頭」によって意味される、神的霊的なものがその方の目によって、また「胸」によって、それは金の帯を締めていた、また神的自然的なものがその方の「足」によって。

[2] Quia haec Tria in Domino sunt, ideo etiam illa tria in Caelo Angelico sunt; [2] 主の中にこれらの三つのものがあるので、それゆえ、それら三つのものが天使の天界の中にもまたある。

Tertium seu supremum Caelum est in Divino Caelesti, Secundum seu medium Caelum est in Divino Spirituali, ac Primum seu ultimum Caelum, in Divino Naturali; 第三の、すなわち、最高の天界は天的な神性の中にある、第二の、すなわち、中間の天界は霊的な神性の中にある、そして第一の、すなわち、最も低い(最外部の)天界は自然的な神性の中にある。

similiter Ecclesia in terris: 同様に、地の中の教会。

Universum enim Caelum coram Domino est sicut Unus Homo, in quo illi qui in Divino Caelesti Domini sunt, faciunt Caput, qui in Divino Spirituali faciunt Corpus, et qui in Divino Naturali faciunt Pedes: というのは、全天界は主の前にひとりの人間のようであるから、その中で、彼は、その者は主の天的な神性の中にいる、頭をつくっている、その者は霊的な神性の中にいる、身体をつくっている、またその者は自然的な神性の中にいる、足をつくっている、

inde etiam in unoquovis homine, quia creatus est ad imaginem Dei, tres illi gradus sunt, qui sicut aperiuntur, fit ille Angelus Caeli vel tertii, vel secundi, vel ultimi. ここから、それぞれの人間の中にもまた、神の映像に創造されているので、それらの三つの段階がある、それが開かれるに応じて(ほど)、彼は天界の天使になる、あるいは第三の、あるいは第二の、あるいは最も低い。

Inde quoque est, quod in Verbo tres Sensus sint, Caelestis, Spiritualis et Naturalis: ここからもまたである、みことばの中に三つの意味があること、天的なもの、霊的なもの、また自然的なもの。

quod ita sit, videatur in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia, in specie in Parte Tertia, in qua de Tribus illis Gradibus actum est. そのようであることは、『神的愛と神的知恵について天使の知恵』の中に見られる、特に第三部の中に、その中でその三つの段階が扱われている。

Quod Pedes, Plantae et Calcanei correspondeant Naturalibus apud hominem, et ideo in Verbo significent Naturalia, videatur in Arcanis Caelestibus Londini editis (n. 2162, 4938-4952). 足、足の裏またかかとは人間のもとの自然的なものに対応する、またそれゆえ、みことばの中で自然的なものを意味することは、『天界の秘義』の中に見られる、ロンドンで出版(2162, 4938-4952番)。

[3] Divinum Bonum Naturale etiam significatur per Pedes in sequentibus locis; [3] 神的自然的な善もまた足によって意味される、続くものの箇所の中に。

apud Danielem: 「ダニエル書」のもとに――

"Sustuli oculos meos, et vidi; 「私は私の目を上げた(tollo)、また見た。

ecce vir indutus linteis, cujus lumbi cincti auro Uphasi, corpus ejus sicut tharschisch, et oculi ejus sicut faces ignis, brachia ejus et Pedes ejus sicut splendor aeris laevigati" (x. 5, 6); 見よ、亜麻布を着た男、その腰にウファズの金を(帯を)締めて、その身体は緑柱石のよう、またその目は火のたいまつのよう、その腕とその足はみがいた真ちゅうの輝きのよう〔であった〕」(10:5, 6)

in Apocalypsi: 「黙示録」の中に――

"Vidi angelum descendentem e Caelo, Pedes ejus tanquam columnae ignis" (x. 1); 「私は天界から降ってくる天使を見た、その足はあたかも火の柱のよう〔であった〕」(10:1)

et apud Ezechielem: また「エゼキエル書」のもとに――

"Pedes Cheruborum erant micantes sicut splendor aeris laevigati" (i. 7); 「ケルビムの足はきらめいていた、みがかれた青銅の輝きのように」(1:7)

quod Angeli et Cherubi ita visi fuerint, erat quia Divinum Domini in illis repraesentabatur. 天使とケルビムがそのように見られた、主の神性が彼らの中で表象されたからであった。

[4] Quoniam Ecclesia Domini est sub Caelis, ita sub pedibus Domini, ideo vocatur illa "Scabellum Pedum" Ipsius, in his locis: [4] 主の教会は天界の下にあるので、そのように主の足の下に、それゆえ、それはその方の「足の足台」と呼ばれた、これらの箇所の中で――

"Gloria Libani ad te veniet ad decorandum locum Sanctuarii Mei, locum Pedum Meorum honorabilem reddam, et incurvabunt se ad volas Pedum tuorum" (Esaj. lx. 13, 14); 「レバノンの栄光はあなたにやって来る、わたしの聖所の場所を飾るために、わたしの足の場所を誉むべきものへと戻す、また彼らはあなたの足の裏(くぼんだところ)へ自分自身を腰をかがめる」(イザヤ60:13, 14)

"Caelum Thronus Meus, ac Terra Scabellum Pedum Meorum" (Esaj. lxvi. 1); 「天はわたしの王座、そして地はわたしの足の足台」(イザヤ66:1)

Deus "non recordatur Scabelli Pedum Suorum in die irae" (Thren. ii. 1{1}); 神は「怒りの日の中で、ご自分の足の足台を思い出さない」(哀歌2:1)

"Adorate Jehovam versus Scabellum Pedum Ipsius" (Psalm. xcix. 5{1}); 「エホバを崇拝せよ、その方の足の足台に向かって」(詩篇99:5)

"Ecce audivimus de Eo in Ephrata" (Bethlechem); 「見よ、私たちはその方についてエフラタの中で聞いた」(ベツレヘム)

"intrabimus in habitacula Ipsius, incurvabimus nos Scabello Pedum Ipsius" (Psalm. cxxxii. 6, 7{3}). 「私たちはその方の住まいの中に入ろう、私たちはその方の足の足台に腰をかがめよう(辞儀しよう)」(詩篇132:6, 7)

Inde est, quod ここからである、〜こと

Adorantes ceciderint ad Pedes Domini (Matth. xxviii. 9; Marc. v. 22; Luc. viii. 41; Joh. xi. 32); 崇拝する者が主の足へ倒れた(cado)(マタイ28:9、マルコ5:22、ルカ8:41、ヨハネ11:32)

tum, quod なおまた、〜こと

Osculati Pedes Ipsius, et absterserint capillis suis (Luc. vii. 37, 38, 44-46; Joh. xi. 2; cap. xii. 3). その方の足にキスして、また自分の頭髪でふき取った(ルカ7:37, 38, 44-46、ヨハネ11:2、第123

[5] Quia per "Pedes" significatur Naturale, ideo dixit Dominus ad Petrum, cum lavit ejus pedes, [5] 足によって自然的なものが意味されたので、それゆえ、主はペテロに言った、彼の足を洗ったとき、

"Qui lotus est, non opus habet, nisi quoad pedes lavetur, et mundus est totus" (Joh. xiii. 10); 「洗った者は、必要がない、足に関して洗われないなら、また全部がきれいである」(ヨハネ13:10)

"lavare pedes" est purificare Naturalem hominem; 「足を洗うこと」は、人間の自然的なものを清めることをである。

qui cum purificatus est, etiam totus homo purificatus est, ut multis ostensum est in Arcanis Caelestibus et in Doctrinis Novae Hierosolymae. それが清められるとき、人間全体もまた清められる、『天界の秘義』の中にまた『新しいエルサレムの教え』の中に大いに示されているように。

Naturalis homo, qui etiam est Externus homo, purificatur, dum ille fugit mala, quae Spiritualis seu Internus homo videt quod mala sint et fugienda. 自然的な人間は、その者は外なる人でもある、清められる、彼が悪を避ける時、それを霊的な、すなわち、内なる人間が見る、悪は避けなくてはならないことを。

[6] Nunc quia Naturale hominis per "Pedes" intelligitur, et hoc pervertit omnia, si non lotum seu purificatum est, ideo dicit Dominus, [6] さて、人間の自然的なものが「足」によって意味されるので、またこれはすべてのものを破壊する、もし洗われないなら、または清められる、それゆえ、主は言った、

"Si Pes tuus scandalizaverit te, abscinde eum; 「もし、あなたの足がつまづかせるなら、それを切り離せ。

melius est tibi claudum ingredi vitam, quam duos pedes habere, et conjici in gehennam in ignem inexstinguibilem" (Marc. ix. 45); あなたにいっそうよい、びっこの者が生活に入ること、二つの足を持つことよりも、またゲヘナの中に、消すことができない火の中に投げ込まれること」(マルコ9:45)

hic non intelligitur pes, sed Naturalis homo. ここに足は意味されない、しかし、自然的な人間が。

Simile intelligitur per 同様のものが意味される、〜よって

Proculcare Pedibus bonum pascuum; 足で善い牧草地(牧場)を踏みにじること。

et per turbare Pedibus aquas (Ezech. xxxii. 2; cap. xxxiv. 18, 19; Dan. vii. 7, 19; et alibi). また足で水を乱すことによって(エゼキエル32:2、第3418, 19、ダニエル7:7, 19、また他の箇所に

[7] Quoniam per Filium Hominis intelligitur Dominus quoad Verbum, patet quod per "Pedes" Ipsius etiam intelligatur Verbum in Sensu naturali, de quo multum actum est in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra; [7] 人の子によってみことばに関する主が意味されるので、その方の「足」によって自然的な意味の中のみことばもまた意味されることが明らかである、そのことについて『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に大いに扱われている。

ut et, quod Dominus in Mundum venerit, ut impleret omnia Verbi, et per id fieret Verbum etiam in ultimis (n. 98-100); そのようにまた、主が世の中にやって来ること、みことばのすべてのものを満たす(成就する)ために、またそのことによってみことばは最終的なものの中でもまた〔みことばと〕なる(98-100番)。

sed hoc arcanum est pro illis qui in Nova Hierosolyma erunt. しかし、このことは彼らのためのアルカナである、その者は新しいエルサレムの中にいることになる。

[8] Divinum Naturale Domini etiam significatum est per [8] 主の神的自然的なものもまた意味される、〜によって

Serpentem aeneum ex mandato a Mose in deserto erectum, a cujus inspectione omnes qui a serpentibus morsi erant, sanati sunt (Num. xxi. 6, 8, 9); モーセによる命令から荒野の中にまっすぐに立てられた青銅のヘビ、その眺めることから、すべての者は、その者はヘビによりかまれた、癒された(民数記21:6, 8, 9)

quod significaverit Divinum Naturale Domini, et quod salventur qui spectant ad illud, docet Ipse Dominus apud Johannem: それは主の神的自然的なものを意味したこと、また救われることは、その者はそれに眺めた、主ご自身が「ヨハネ(福音書)」のもとに教えている――

"Sicut Moses exaltavit Serpentem in deserto, ita oportet exaltari Filium Hominis, ut omnis qui credit in Ipsum, non pereat, sed habeat vitam aeternam" (iii. 14, 15). 「モーセが荒野の中でヘビを上げたように、そのように人の子は上げられなくてはならない、すべての者は、その者はその方を信じる。滅びないように、しかし、永遠のいのちを持つ」(ヨハネ3:14, 15)

Quod serpens ille ex Aere factus sit, est quia Aes ut Chalcolibanum significat Naturale quoad bonum, videatur infra (n.775). そのヘビが青銅から作られたことは、青銅は真ちゅうのように善に関する自然的なものを意味するからである、下に見られる(775

@1 1 pro "7" 注1 7」の代わりに1

@2 xcix. pro "xlix." 注2 xlix.」の代わりにxcix.

@3 6,7 pro "6" 注3 6」の代わりに6, 7

 

(3) 訳文

 49(第15節) 「その方の足はあたかも燃えている炉の中の真ちゅうに似て〔いた〕」は、自然的な神的善を意味する――

 主の「足」はその方の神的自然的なものを意味する。「火」または「火のかたまり(火による捧げもの)」は善を意味する。そして「真ちゅう」は自然的な真理の善を意味する。それゆえ、「あたかも燃えている炉の中の真ちゅうに似た人の子の足」によって、自然的(な)神的善が意味される。

 その方の「足」がこのことを意味するのは対応からである。

 主の中に神的天的なもの、神的霊的なもの、また神的自然的なものがあり、ここから主からある。

人の子の「頭」によって神的天的なものが、その方の目によって、また金の帯を締めていた「胸」によって神的霊的なものが、またその方の「足」によって神的自然的なものが意味される。

 [2] 主の中にこれらの三つのものがあるので、それゆえ、それら三つのものが天使の天界の中にもまたある。

 第三の、すなわち、最高の天界は天的な神性の中にある、第二の、すなわち、中間の天界は霊的な神性の中にある、そして第一の、すなわち、最も低い天界は自然的な神性の中にある。地の教会も同様である。というのは、全天界は主の前にひとりの人間のようであるから、その中で、主の天的な神性の中にいる者は頭をつくっている、霊的な神性の中にいる者は身体をつくっている、また自然的な神性の中にいる者は足をつくっている。ここから、それぞれの人間の中にもまた、神の映像に創造されているので、それらの三つの段階があり、それが開かれるに応じて、彼はあるいは第三の、あるいは第二の、あるいは最も低い天界の天使になる。

 ここからもまた、みことばの中に、天的なもの、霊的なもの、また自然的なものの三つの意味がある。そのようであることは、『神の愛と知恵』の中に、特に第三部の中に見られ、その中でその三つの段階が扱われている。

 足、足の裏、かかとは人間のもとの自然的なものに対応し、またそれゆえ、みことばの中で自然的なものを意味することは、ロンドンで出版の『天界の秘義』の中に見られる (2162, 4938-4952番)。

 [3] 続くものの箇所の中で、神的自然的な善もまた足によって意味されている。「ダニエル書」に――

 

 「私は私の目を上げ、見た。見よ、亜麻布を着た男、その腰にウファズの金の帯を締め、その身体は緑柱石のよう、またその目は火のたいまつのよう、その腕とその足はみがいた真ちゅうの輝きのよう〔であった〕」(10:5, 6)

 

 「黙示録」に――

 

 「私は天界から降ってくる天使を見た、その足はあたかも火の柱のよう〔であった〕」(10:1)

 

 また「エゼキエル書」に――

 

 「ケルビムの足は、みがかれた青銅の輝きのようにきらめいていた」(1:7)

 

 天使とケルビムがそのように見られたのは、主の神性が彼らの中で表象されたからであった。

 [4] 主の教会は天界の下に、そのように主の足の下にあるので、それゆえ、それはこれらの箇所で、その方の「足台」と呼ばれた――

 

 「レバノンの栄光は、わたしの聖所の場所を飾るために、あなたにやって来る。わたしの足の場所を誉むべきものへと戻し、彼らはあなたの足の裏腰をかがめる」(イザヤ60:13, 14)

 「天はわたしの王座、そして地はわたしの足台」(イザヤ66:1)

 神は「怒りの日の中で、ご自分の足台を思い出されない」(哀歌2:1)

 「エホバを崇拝せよ、その方の足台に向かって」(詩篇99:5)

 「見よ、私たちはその方についてエフラタ(ベツレヘム)で聞いた」。「私たちはその方の住まいの中に入ろう、私たちはその方の足台に腰をかがめよう」(詩篇132:6, 7)

 

 ここから、崇拝する者が主の足へ倒れ込んだ(マタイ28:9、マルコ5:22、ルカ8:41、ヨハネ11:32)なおまた、その方の足にキスして、自分の頭髪でふき取った(ルカ7:37, 38, 44-46、ヨハネ11:212:3

 

 [5] 足によって自然的なものが意味されたので、それゆえ、主はペテロ足を洗ったとき、彼に言われた、

 

 「洗った者は、足に関して洗われのでないなら、〔洗う〕必要がない、全部がきれいである」(ヨハネ13:10)

 

 「足を洗うこと」は、人間の自然的なものを清めることをである。それが清められるとき、『天界の秘義』の中にまた『新しいエルサレムの教え』の中に大いに示されているように人間全体もまた清められる。

 自然的な人間は、その者は外なる人でもある、彼が悪を避ける時、それを霊的な、すなわち、内なる人間が、悪は避けなくてはならないことを見る〔時〕、清められる。

 [6] さて、人間の自然的なものが「足」によって意味されるので、またこれは、もし洗われない、または清められないなら、すべてのものを破壊し、それゆえ、主は言われた、

 

 「もし、あなたの足がつまづかせるなら、それを切り離せ。あなたに、びっこで生活に入ることはいっそうよい、二つの足を持つこと、またゲヘナの中に、消すことができない火の中に投げ込まれることよりも」(マルコ9:45)

 

 ここに足は意味されない、しかし、自然的な人間が意味される。

 同様のものが、足で善い牧草地を踏みにじること、足で水を乱すことによって意味される(エゼキエル32:2、第3418, 19、ダニエル7:7, 19、また他の箇所に

 

 [7] 人の子によってみことばに関する主が意味されるので、その方の「足」によって自然的な意味の中のみことばもまた意味されることが明らかである、そのことについて『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に大いに扱われている。そのようにまた、主

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 01:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 48 訳文

(3) 訳文

 48 「その方の目はあたかも火の炎のよう〔である〕」は、神的愛の神的知恵を意味する――

 みことばの中の「目」によって理解力が、そしてここから目の視覚によって知性が意味される。それゆえ、主についてのとき、神的知恵が意味される。けれども「火の炎」によって、仁愛である霊的な愛が意味され、それゆえ、主についてのとき、神的愛が意味される。ここから、今や、「その方の目はあたかも火の炎のようであった」ことによって、神的愛の神的知恵が意味される。

 「目」が理解力を意味することは、対応するからである。なぜなら、目が自然的な光から見るように、そのように理解力は霊的な光から見るからである。それゆえ、「見ること」は両方のものについて言われる(属性づけられる)

 みことばの中の「目」によって理解力が意味されることは、続くものこれらの箇所から明らかである――

 

 「盲目の民を、その者に目がある、また耳しいの民を、その者に耳がある、連れ出せ」(イザヤ43:8)

 「その日に、耳しいの者が書物のことばを聞き、盲目の目が暗黒から見る」(イザヤ29:18)

 「その時、盲目の目が、また耳しいの者の耳が開かれる」(イザヤ35:5)

 「異教徒の光の中で、盲目の目を開くために、わたしはあなたを与える」(イザヤ42:6, 7)

 

. これらは主についてであり、その方は、やって来る時、真理の無知の中にいる者のもとの理解力を開く。

 [2] このことが「目」を開けることによって意味されることは、これらからさらに明らかである――

 

 「この民の心を肥えさせよ、またその目に塗り付けよ、ことによって、その目で見ないように」(イザヤ6:9, 10、ヨハネ12:40)

 「エホバはあなたがたの上に眠気の霊を注ぎ、あなたがたの目を閉じた。預言者とあなたがたの頭を、先見者をおおった」(イザヤ29:1030:10)

 「その者は、悪を見ないように自分の目を閉じる」(イザヤ32:15)

 「このことを聞け、目があるけれども見ない愚かな民よ」(エゼキエル12:2)

(羊の)群れを見捨てる羊飼いの罰は、右の目の上に剣、右の目が暗黒の中に入るに入る」(ゼカリヤ11:17)

 「災害、エホバはそれによってエルサレムに対して戦うすべての民を打つ。彼らの目はその小さな穴の中でやせ衰える」(ゼカリヤ14:12)

 「わたしはすべての馬を麻痺で、民のすべての馬を盲目で打つ」(ゼカリヤ12:4)

 

 「馬」は霊的な意味で、みことばの理解力である。

 

 「私を聞き取ってください、私の神エホバよ。私の目を明るくしてください、ことによると、私が死を眠らないように」(詩篇13:3)

 

 それらの箇所の中で「目」によって理解力が意味されていることは、だれもが見る。

 [3] ここから、何が主により「目」によって意味されているか、これらの箇所で明らかである――

 

 「身体の明かりである。もし、あなたの目が単純(完全)あるなら、あなたの全身が照らされる。もし、あなたの目が悪くなったなら、全身が暗くなる。それゆえ、もし、あなたがその中にいる光(ルーメン)が暗やみであるなら、どれほど大きな暗やみが〔あるだろうか〕」(マタイ6:22, 23、ルカ11:34)

 「もし、右の目があなたをつまずかせるなら、それをえぐり出し、あなたから捨てよ。なぜなら、片目としてあなたがいのちの中に入るほうが、、二つの目を持って、火のゲヘナの中へ送られることよりもまさるからである」(マタイ5:2918:9)。

 

 これらの箇所で「目」によって目が意味されていない、しかし、真理の理解力が意味されている。

 「目」によって真理の理解力が意味されるので、それゆえイスラエル民族のもとの法令の間に、アロンの子孫からの盲目な者また目に欠陥のある者は、いけにえを捧げるために近づいてはならない、垂れ幕の内に入ってもならないこと(レビ記21:18, 20)なおまた、盲目のものが、いけにえとして捧げられてはならないことがあった(レビ記22:22、マラキ1:8)

 

 [4] これらから、人間についてのとき何が「目」によって意味されるか明らかである――ここから「目」によって、主についてのとき、その方の神的知恵が、なおまた全知と摂理が意味されることがいえる、例えば、これらの中に――

 

 「エホバよ、あなたの目を開け、見てください」(イザヤ37:17)

 「わたしはわたしの目を善のために彼らの上に置く、また彼らを建てる」(エレミヤ24:6)

 「見よ、エホバの目はその方を恐れる者の上に」(詩篇33:18)

 「神聖さの神殿の中にエホバは、その方の目は見る、またその方のまぶたは人の子たちを調べる」(詩篇11:4)

 

 みことばの霊的な意味が損なわれないように、「ケルビム」によって主の保護(警戒)と摂理が意味されるので、それゆえ、ケルビムであった四つの動物について、前と後ろが目で満ちていたこと、またそれらの翼は同様に目で満ちていたこと(黙示録4:6, 8)なおまた、ケルビムが運ばれた車輪は、そのまわりに目が満ちていたこと(エゼキエル10:12)が言われている。

 

 [5] 「火の炎」によって、その方の神的愛が意味されることは、続くものの中に見られ、そこに「炎」と「火」の名前が挙げられている。また、「その方の目はあたかも火の炎のようであった」ことが言われているので、神的愛の神的知恵が意味される。

 主の中に神的知恵の神的愛そして神的愛の神的知恵が、このように両方ものの交互の結合があることは、『神の愛と知恵』の中で明かされたアルカナである(34-39番、また他の箇所に)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 02:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 48

(1) 原文

48. " Et Oculi Ipsius tanquam flamma ignis," significat Divinam Sapientiam Divini Amoris.Per "Oculos" in Verbo intelligitur Intellectus, ac inde per visum Oculorum, Intelligentia; quare cum de Domino, intelligitur Divina Sapientia; per "Flammam ignis" autem significatur Amor spiritualis qui est Charitas, quare cum de Domino, intelligitur Divinus Amor; inde nunc per quod "Oculi Ipsius essent tanquam Flamma ignis," significatur Divina Sapientia Divini Amoris. Quod "Oculus" significet Intellectum, est quia correspondent; nam sicut Oculus videt ex luce naturali, ita Intellectus ex luce spirituali; quare "Videre" praedicatur de utroque. Quod per "Oculum" in Verbo significetur Intellectus, patet a sequentibus his locis:

 

"Educ populum caecum cui Oculi sunt, et surdos quibus Aures" (Esaj. xliii. 8);

"Audient in die illo surdi verba Libri, et ex caligine Oculi caecorum videbunt" (Esaj. xxix. 18);

"Tunc aperientur Oculi caecorum, et Aures surdorum" (Esaj. xxxv. 5{1});

"Dabo Te in lucem gentium ad aperiendum Oculos caecorum" (Esaj. xlii. 6, 7{2});

 

haec de Domino, Qui, dum venturus est, aperiet Intellectum apud illos qui in ignorantia veri sunt. [2] Quod hoc intelligatur per aperire "Oculos," patet porro ex his:

 

"Impingua Cor populi hujus, et Oculos ejus obline, ne forte videant Oculis suis" (Esaj. vi. 9, 10; Joh. xii. 40{3});

"Effudit Jehovah super vos spiritum somnolentiae, et occlusit Oculos vestros: Prophetas et Capita vestra, Videntes obtexit" (Esaj. xxix. 10; cap. xxx. 10);

"Qui occludit Oculos suos, ne videat malum" (Esaj. xxxiii{4} 15);

"Audite haec, Popule stulte, quibus Oculi et non vident" (Ezech. xii{5}. 2);

"Poena Pastoris deserentis gregem, gladius super Oculo dextro, et Oculus dexter caligando caligabit" (Sach. xi. 17);

"Plaga, qua percutiet Jehovah omnes populos, qui pugnabunt contra Hierosolymam; Oculi eorum contabescent in foraminibus suis" (Sach. xiv. 12);

"Percutiam omnem Equum stupore, et omnem Equum populorum Caecitate" (Sach. xii. 4);

 

"Equus" in Sensu spirituali est intellectus Verbi (n. 298).

 

"Exaudi me, Jehovah Deus mi; illumina Oculos meos, ne forte dormiam mortem" (Psalm. xiii. 4 [B.A. 3]);

 

quod in illis locis per "Oculos" significetur Intellectus, quisque videt. [3] Inde patet, quid a Domino per "Oculum" intelligitur in his locis:

 

"Lucerna corporis est Oculus; si Oculus tuus simplex est, totum corpus tuum lucidum erit; si Oculus tuus malus fuerit, totum corpus obtenebratum erit; si ergo lumen quod in te est, tenebrae sunt, tenebrae quantae" (Matth. vi. 22, 23; Luc. xi. 34);

"Si Oculus dexter scandalizaverit te, erue eum, et abjice abs te; nam praestat ut luscus intres in vitam, quam duos habens Oculos mitti in gehennam ignis" (Matth. v. 29; cap. xviii. 9);

 

per "Oculum" in his locis non intelligitur oculus, sed intellectus veri. Quoniam per "Oculum" significatur intellectus veri, ideo inter statuta apud filios Israelis fuit, quod

 

Caecus aut confusus oculo ex semine Aharonis non accederet ad offerendum sacrificium, nec intraret intra velum (Levit. xxi. 18, 20);

 

tum, quod

 

Caecum non offerretur in sacrificium (Levit. xxii. 22; Malach. i. 8).

 

[4] Ex his patet, quid per "Oculum" intelligitur, cum de homine: inde sequitur quod per "Oculum," cum de Domino, intelligatur Divina Ipsius Sapientia, tum Omniscientia et Providentia, ut in his locis:

 

"Aperi Jehovah Oculos Tuos, et vide" (Esaj. xxxvii{6}. 17);

"Ponam Oculum Meum super illos in bonum, et aedificabo illos" (Jerem. xxiv{7}. 6);

"Ecce Oculus Jehovae super timentibus Ipsum" (Psalm. xxxiii. 18);

"Jehovah in Templo sanctitatis, Oculi Ipsius vident, et Palpebrae Ipsius probant filios hominis" (Psalm. xi. 4{8}).

 

Quoniam per "Cherubos" significatur Custodia et Providentia Domini ne spiritualis Sensus Verbi laedatur, ideo de quatuor Animalibus, quae erant Cherubi, dicitur, quod

 

Essent plena Oculis ante et retro, et quod alae illorum similiter essent plenae Oculis (Apoc. iv. 6, 8);

 

tum quod

 

Rotae, super quibus vehebantur Cherubi, essent plenae Oculis circumcirca (Ezech. x. 12).

 

[5] Quod per "flammam ignis" intelligatur Divinus Ipsius Amor, videbitur in sequentibus, ubi "flamma" et "ignis" nominantur; et quia dicitur, quod "Oculi Ipsius essent tanquam flamma ignis," significatur Divina Sapientia Divini Amoris. Quod in Domino sit Divinus Amor Divinae Sapientiae ac Divina Sapientia Divini Amoris, sic utriusque Unio reciproca, est arcanum detectum in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia (n. 34-39, et alibi).

@1 5 pro "5, 6" @2 6, 7 pro "7" @3 40 pro "46" @4 xxxiii. pro "xxiii." @5 xii. pro "ii." @6 xxxvii. pro "xxxvi." @7 xxiv. pro "xxxiv." @8 4 pro "1"

 

(2) 直訳

48. " Et Oculi Ipsius tanquam flamma ignis," significat Divinam Sapientiam Divini Amoris.― 48 「その方の目はあたかも火の炎のよう〔である〕」は、神的愛の神的知恵を意味する――

Per "Oculos" in Verbo intelligitur Intellectus, ac inde per visum Oculorum, Intelligentia; みことばの中の「目」によって理解力が意味される、そしてここから目の視覚によって知性が。

quare cum de Domino, intelligitur Divina Sapientia; それゆえ、主についてのとき、神的知恵が意味される。

per "Flammam ignis" autem significatur Amor spiritualis qui est Charitas, quare cum de Domino, intelligitur Divinus Amor; けれども「火の炎」によって、霊的な愛が意味される、それは仁愛である、それゆえ、主についてのとき、神的愛が意味される。

inde nunc per quod "Oculi Ipsius essent tanquam Flamma ignis," significatur Divina Sapientia Divini Amoris. ここから、今や、「その方の目はあたかも火の炎のようであった」ことによって、神的愛の神的知恵が意味される。

Quod "Oculus" significet Intellectum, est quia correspondent; 「目」が理解力を意味することは、対応するからである。

nam sicut Oculus videt ex luce naturali, ita Intellectus ex luce spirituali; なぜなら、目が自然的な光から見るように、そのように理解力は霊的な光から〔見る〕からである。

quare "Videre" praedicatur de utroque. それゆえ、「見ること」は両方のものについて言われる(属性づけられる)

Quod per "Oculum" in Verbo significetur Intellectus, patet a sequentibus his locis: みことばの中の「目」によって理解力が意味されることは、続くもの(の)これらの箇所から明らかである――

"Educ populum caecum cui Oculi sunt, et surdos quibus Aures" (Esaj. xliii. 8); 「連れ出せ、盲目の民を、その者に目がある、またつんぼの(耳しいの)者を、その者に耳が〔ある〕」(イザヤ43:8)

"Audient in die illo surdi verba Libri, et ex caligine Oculi caecorum videbunt" (Esaj. xxix. 18); 「その日の中でつんぼの(耳しいの)者が書物のことばを聞く、また暗黒から盲目の目が見る」(イザヤ29:18)

"Tunc aperientur Oculi caecorum, et Aures surdorum" (Esaj. xxxv. 5{1}); 「その時、盲目の目が開かれる、またつんぼの(耳しいの)者の耳が」(イザヤ35:5)

"Dabo Te in lucem gentium ad aperiendum Oculos caecorum" (Esaj. xlii. 6, 7{2}); 「わたしはあなたを与える、異教徒の光の中で、盲目の目を開くために」(イザヤ42:6, 7)

haec de Domino, Qui, dum venturus est, aperiet Intellectum apud illos qui in ignorantia veri sunt. これらは主について〔である〕、その者は、やって来る時、彼らのもとの理解力を開く、その者は真理の無知の中にいる。

[2] Quod hoc intelligatur per aperire "Oculos," patet porro ex his: [2] このことが「目」を開けることによって意味されることは、これらからさらに明らかである――

"Impingua Cor populi hujus, et Oculos ejus obline, ne forte videant Oculis suis" (Esaj. vi. 9, 10; Joh. xii. 40{3}); 「この民の心を肥えさせよ、またその目に塗り付けよ、ことによって、その目で見ないように」(イザヤ6:9, 10、ヨハネ12:40)

"Effudit Jehovah super vos spiritum somnolentiae, et occlusit Oculos vestros: 「エホバはあなたがたの上に眠気の霊を注いだ、またあなたがたの目を閉じた。

Prophetas et Capita vestra, Videntes obtexit" (Esaj. xxix. 10; cap. xxx. 10); 預言者とあなたがたの頭を、見る者(=先見者)をおおった」(イザヤ29:10、第3010)

"Qui occludit Oculos suos, ne videat malum" (Esaj. xxxiii{4} 15); 「その者は自分の目を閉じる、悪を見ないように」(イザヤ32:15)

"Audite haec, Popule stulte, quibus Oculi et non vident" (Ezech. xii{5}. 2); 「このことを聞け、愚かな民よ、その者に目が〔ある〕また見ない」(エゼキエル12:2)

"Poena Pastoris deserentis gregem, gladius super Oculo dextro, et Oculus dexter caligando caligabit" (Sach. xi. 17); 「(羊の)群れを見捨てる羊飼いの罰、右の目の上に剣、また右の目が暗黒の中に入って暗黒の中に入る」(ゼカリヤ11:17)

"Plaga, qua percutiet Jehovah omnes populos, qui pugnabunt contra Hierosolymam; 「災害、エホバはそれによってすべての民を打つ、その者はエルサレムに対して戦う。

Oculi eorum contabescent in foraminibus suis" (Sach. xiv. 12); 彼らの目はその小さな穴の中でやせ衰える」(ゼカリヤ14:12)

"Percutiam omnem Equum stupore, et omnem Equum populorum Caecitate" (Sach. xii. 4); 「わたしはすべての馬を麻痺で打つ、また民のすべての馬を盲目で」(ゼカリヤ12:4)

"Equus" in Sensu spirituali est intellectus Verbi (n. 298). 「馬」は霊的な意味の中で、みことばの理解力である。

"Exaudi me, Jehovah Deus mi; 「私を聞き取れ、私の神エホバよ。

illumina Oculos meos, ne forte dormiam mortem" (Psalm. xiii. 4 [B.A. 3]); 私の目を明るくせよ、ことによると、私が死を眠らないように」(詩篇13:3)

quod in illis locis per "Oculos" significetur Intellectus, quisque videt. それらの箇所の中で「目」によって理解力が意味されていることは、だれもが見る。

[3] Inde patet, quid a Domino per "Oculum" intelligitur in his locis: [3] ここから明らかである、何が主により「目」によって、これらの箇所も中で意味されているか――

"Lucerna corporis est Oculus; 「身体の明かりである、目は。

si Oculus tuus simplex est, totum corpus tuum lucidum erit; もし、あなたの目が単純(完全)あるなら、あなたの全身が輝く(照らされる)。

si Oculus tuus malus fuerit, totum corpus obtenebratum erit; もし、あなたの目が悪くなったなら(未来完了)、全身が暗くなる。

si ergo lumen quod in te est, tenebrae sunt, tenebrae quantae" (Matth. vi. 22, 23; Luc. xi. 34); それゆえに、もし、光(ルーメン)、その中にあなたはいる、暗やみであるなら、どれほど大きな暗やみが〔ある〕」(マタイ6:22, 23、ルカ11:34)

"Si Oculus dexter scandalizaverit te, erue eum, et abjice abs te; 「もし、右の目があなたをつまずかせるなら、それを取り出せ(=えぐり出せ)、また、あなたから捨てよ。

nam praestat ut luscus intres in vitam, quam duos habens Oculos mitti in gehennam ignis" (Matth. v. 29; cap. xviii. 9); なぜなら、片目としてあなたがいのちの中に入る、まさるからである、二つの目を持っている、火のゲヘナの中へ送られること(行かされること)よりも」(マタイ5:29、第18:9)。

per "Oculum" in his locis non intelligitur oculus, sed intellectus veri. これらの箇所の中の「目」によって目が意味されていない、しかし、真理の理解力が。

Quoniam per "Oculum" significatur intellectus veri, ideo inter statuta apud filios Israelis fuit, quod 「目」によって真理の理解力が意味されるので、それゆえイスラエル民族のもとに法令の間にあった、〜こと

Caecus aut confusus oculo ex semine Aharonis non accederet ad offerendum sacrificium, nec intraret intra velum (Levit. xxi. 18, 20); アロンの子孫からの盲目な者また目に欠陥のある者は、いけにえを捧げるために近づいてはならない、垂れ幕の内に入ってもならない(レビ記21:18, 20)

tum, quod なおまた、〜こと

Caecum non offerretur in sacrificium (Levit. xxii. 22; Malach. i. 8). 盲目のものが、いけにえとして捧げられてはならない(レビ記22:22、マラキ1:8)

[4] Ex his patet, quid per "Oculum" intelligitur, cum de homine: [4] これらから明らかである、何が「目」によって意味されるか、人間について〔の〕とき――

inde sequitur quod per "Oculum," cum de Domino, intelligatur Divina Ipsius Sapientia, tum Omniscientia et Providentia, ut in his locis: ここからいえる、「目」によって、主について〔の〕とき、その方の神的知恵が意味されること、なおまた全知と摂理、例えば、これらの中に――

"Aperi Jehovah Oculos Tuos, et vide" (Esaj. xxxvii{6}. 17); 「エホバよ、あなたの目を開け、また見よ」(イザヤ37:17)

"Ponam Oculum Meum super illos in bonum, et aedificabo illos" (Jerem. xxiv{7}. 6); 「わたしはわたしの目を彼らの上に置く、善の中に☆、また彼らを建てる」(エレミヤ24:6)

inには「向けて」の意味があります。原語ヘブル語には「〜に向けて」「〜のために」の意味があり、これがよいでしょう。

"Ecce Oculus Jehovae super timentibus Ipsum" (Psalm. xxxiii. 18); 「見よ、エホバの目はその方を恐れる者の上に☆」(詩篇33:18)

☆ このようにヘブル原文にも「注がれる」の言葉はありません。

"Jehovah in Templo sanctitatis, Oculi Ipsius vident, et Palpebrae Ipsius probant filios hominis" (Psalm. xi. 4{8}). 「神聖さの神殿の中のエホバは、その方の目は見る、またその方のまぶたは人の子たちを調べる」(詩篇11:4)

Quoniam per "Cherubos" significatur Custodia et Providentia Domini ne spiritualis Sensus Verbi laedatur, ideo de quatuor Animalibus, quae erant Cherubi, dicitur, quod 「ケルビム」によって主の保護(警戒)摂理が意味されるので、みことばの霊的な意味が傷つけられ(損なわれ)いように、それゆえ、四つの動物について、それらはケルビムであった、言われている、〜こと

Essent plena Oculis ante et retro, et quod alae illorum similiter essent plenae Oculis (Apoc. iv. 6, 8); 目で満ちていた、前と後ろに、またそれらの翼は同様に目で満ちていたこと(黙示録4:6, 8)

tum quod なおまた、〜こと

Rotae, super quibus vehebantur Cherubi, essent plenae Oculis circumcirca (Ezech. x. 12). 車輪は、それらの上にケルビムが運ばれた、まわりに目が満ちていた(エゼキエル10:12)

[5] Quod per "flammam ignis" intelligatur Divinus Ipsius Amor, videbitur in sequentibus, ubi "flamma" et "ignis" nominantur; [5] 「火の炎」によって、その方の神的愛が意味されることは、続くものの中に見られる、そこに「炎」と「火」の名前が挙げられている(言われている)

et quia dicitur, quod "Oculi Ipsius essent tanquam flamma ignis," significatur Divina Sapientia Divini Amoris. また言われているので、「その方の目はあたかも火の炎のようであった」こと、神的愛の神的知恵が意味される。

Quod in Domino sit Divinus Amor Divinae Sapientiae ac Divina Sapientia Divini Amoris, sic utriusque Unio reciproca, est arcanum detectum in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia (n. 34-39, et alibi). 主の中に神的知恵の神的愛そして神的愛の神的知恵があることは、このように両方の交互の結合〔がある〕、『神的愛と神的知恵について天使の知恵』の中で明かされたアルカナである(34-39番、また他の箇所に)

@1 5 pro "5, 6" 注1 5, 6」の代わりに5

@2 6, 7 pro "7" 注2 7」の代わりに6, 7

@3 40 pro "46" 注3 46」の代わりに40

@4 xxxiii. pro "xxiii." 注4 xxiii.」の代わりにxxxiii.

@5 xii. pro "ii." 注5 ii.」の代わりにxii.

@6 xxxvii. pro "xxxvi." 注6 xxxvi.」の代わりにxxxvii.

@7 xxiv. pro "xxxiv." 注7 xxxiv.」の代わりにxxiv.

@8 4 pro "1" 注8 1」の代わりに4

 

(3) 訳文

 48 「その方の目はあたかも火の炎のよう〔である〕」は、神的愛の神的知恵を意味する――

 みことばの中の「目」によって理解力が、そしてここから目の視覚によって知性が意味される。それゆえ、主についてのとき、神的知恵が意味される。けれども「火の炎」によって、仁愛である霊的な愛が意味され、それゆえ、主についてのとき、神的愛が意味される。ここから、今や、「その方の目はあたかも火の炎のようであった」ことによって、神的愛の神的知恵が意味される。

 「目」が理解力を意味することは、対応するからである。なぜなら、目が自然的な光から見るように、そのように理解力は霊的な光から見るからである。それゆえ、「見ること」は両方のものについて言われる(属性づけられる)

 みことばの中の「目」によって理解力が意味されることは、続くものこれらの箇所から明らかである――

 

 「盲目の民を、その者に目がある、また耳しいの民を、その者に耳がある、連れ出せ」(イザヤ43:8)

 「その日に、耳しいの者が書物のことばを聞き、盲目の目が暗黒から見る」(イザヤ29:18)

 「その時、盲目の目が、また耳しいの者の耳が開かれる」(イザヤ35:5)

 「異教徒の光の中で、盲目の目を開くために、わたしはあなたを与える」(イザヤ42:6, 7)

 

. これらは主についてであり、その方は、やって来る時、真理の無知の中にいる者のもとの理解力を開く。

 [2] このことが「目」を開けることによって意味されることは、これらからさらに明らかである――

 

 「この民の心を肥えさせよ、またその目に塗り付けよ、ことによって、その目で見ないように」(イザヤ6:9, 10、ヨハネ12:40)

 「エホバはあなたがたの上に眠気の霊を注ぎ、あなたがたの目を閉じた。預言者とあなたがたの頭を、先見者をおおった」(イザヤ29:1030:10)

 「その者は、悪を見ないように自分の目を閉じる」(イザヤ32:15)

 「このことを聞け、目があるけれども見ない愚かな民よ」(エゼキエル12:2)

(羊の)群れを見捨てる羊飼いの罰は、右の目の上に剣、右の目が暗黒の中に入るに入る」(ゼカリヤ11:17)

 「災害、エホバはそれによってエルサレムに対して戦うすべての民を打つ。彼らの目はその小さな穴の中でやせ衰える」(ゼカリヤ14:12)

 「わたしはすべての馬を麻痺で、民のすべての馬を盲目で打つ」(ゼカリヤ12:4)

 

 「馬」は霊的な意味で、みことばの理解力である。

 

 「私を聞き取ってください、私の神エホバよ。私の目を明るくしてください、ことによると、私が死を眠らないように」(詩篇13:3)

 

 それらの箇所の中で「目」によって理解力が意味されていることは、だれもが見る。

 [3] ここから、何が主により「目」によって意味されているか、これらの箇所で明らかである――

 

 「身体の明かりである。もし、あなたの目が単純(完全)あるなら、あなたの全身が照らされる。もし、あなたの目が悪くなったなら、全身が暗くなる。それゆえ、もし、あなたがその中にいる光(ルーメン)が暗やみであるなら、どれほど大きな暗やみが〔あるだろうか〕」(マタイ6:22, 23、ルカ11:34)

 「もし、右の目があなたをつまずかせるなら、それを

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 02:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 47

(1) 原文

47. [Vers. 14.] " Et Caput Ipsius, et Capilli candidi tanquam lana, tanquam nix," significat Divinum Amore in Divinae Sapientiae in Primis et in Ultimis.Per Caput hominis significatur omne vitae ejus, et omne vitae hominis se refert ad Amorem et Sapientiam; quare per "Caput" significatur Sapientia et simul Amor; sed quia non datur amor absque sua sapientia, nec sapientia absque suo amore, ideo est amor sapientiae, qui per "Caput" intelligitur, et cum de Domino, est Divinus Amor Divinae Sapientiae; verum de significatione "Capitis" ex Verbo, videbitur infra (n. 538, 568{1}). Cum itaque per "Caput" intelligitur amor et simul sapientia in suis primis, sequitur quod per "Capillos" intelligatur amor et sapientia in suis ultimis; et quia "Capilli" hic dicuntur de Filio Hominis, Qui est Dominus quoad Verbum, per "Capillos" Ipsius significatur Divinum Bonum quod est amoris, et Divinum Verum quod est sapientiae, in ultimis Verbi; ac ultima Verbi sunt quae continentur in Sensu literae ejus: [2] quod Verbum in hoc Sensu significetur per "Capillos Filii Hominis" seu Domini, apparet paradoxon, sed usque est Verum: hoc constare potest ex locis in Verbo allatis in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 35, 49); ubi etiam ostensum est, quod Naziraei in Ecclesia Israelitica repraesentaverint Dominum quoad Verbum in ultimis, quod est Sensus literae ejus; "Naziraeus" enim in Lingua Hebraea est Capillus seu Coma; inde erat Simsoni, qui erat Naziraeus ex utero, potentia in Crinibus; quod similiter Divinum Verum in Sensu literae Verbi sit in potentia, videatur in citata Doctrina de Scriptura Sacra (n. 3749): ideo etiam Summo Sacerdoti et ejus Filiis severe prohibitum fuit radere Caput; ideo etiam duo et quadraginta pueri discerpti sunt a duabus Ursis, quia vocabant Elisaeum "Calvum;" Elisaeus sicut Elias repraesentabat Dominum quoad Verbum, Calvus significat id absque ultimo ejus, quod, ut dictum, est Sensus literae, ac Ursae significant hunc Sensum Verbi separatum a Sensu interno ejus; qui separant, apparent etiam in Mundo Spirituali ut Ursi, sed e longinquo; inde patet cur ita factum est cum pueris: ideo etiam summum dedecus et extremus luctus fuit inducere Calvitiem. [3] Quare cum Gens Israelitica perverterat omnem Sensum literae Verbi, fit haec lamentatio super illos:

 

"Albi erant Naziraei prae nive, candidi prae lacte; obscurata est prae nigredine forma illorum, non cognoscuntur in plateis" (Thren. iv. 7, 8);

 

tum,

 

"Omne Caput decalvatum, et omnis humerus depilatus" (Ezech. xxix. 18);

"Super omnibus faciebus pudor, et in omnibus Capitibus Calvities" (Ezech. vii. 18).

(Similiter Esai. xv. 2; Jerem. xlviii. 37; Amos viii. 10.

 

Quia filii Israelis per falsa disperserunt omnem Sensum literae Verbi, ideo mandatum est prophetae Ezechieli, ut hoc repraesentaret per quod

 

Novacula raderet Caput, et Crinium tertiam partem combureret igne, tertiam percuteret gladio, et tertiam dispergeret in ventum, et quod colligaret aliquid in alis, quod postea etiam projiceret in ignem (Ezech. v{2}. 1-4, seq.).

 

[4] Propterea etiam dicitur apud Micham:

 

"Calvitiem indue et tonde te propter filios deliciarum tuarum, dilata Calvitiem sicut aquila, quia migrarunt a te" (i. 16{3});

 

"filii deliciarum" sunt genuina vera Ecclesiae ex Verbo. Et quia Nebuchadnezar Rex Babelis repraesentavit Babelicam falsificationem Verbi et destructionem omnis veri ibi, inde factum est, quod


Crinis ejus creverit sicut aquilarum (Dan. iv. 30 [B.A. 33]).

 

Quoniam "Capilli" significabant illud sanctum Verbi, ideo de Naziraeis dicitur, quod

 

Non raderent Comam capitis sui, quia illa est Naziraeatus Dei super capite eorum (Num. vi. 1-21):

 

et ideo statutum est quod

 

Summus Sacerdos ac Filii ejus non raderent Caput suum, ne morerentur, ac universa domus Israelis irasceretur (Levit. x. 6).

 

[5] Nunc quia per "Capillos" significatur Divinum Verum in ultimis, quod in Ecclesia est Verbum in Sensu literae, idcirco etiam de "Antiquo Dierum" simile dicitur apud Danielem:

 

"Vidi usque dum Throni projecti sunt, et Antiquis Dierum sedit, Vestis Ejus sicut nix alba, et Capillus capitis Ejus sicut lana munda" (vii{4}. 9);

 

quod "Antiquus Dierum" sit Dominus, patet manifeste apud Micham:

 

"Tu Bethlechem Ephrataea, parum est ut sis inter millenas Jehudae; ex te Mihi exibit, Qui erit Dominator in Israele, et Cujus Exitus ab Antiquo, a diebus aeternitatis" (v. 1 [B.A. 2]);

 

et apud Esajam, ubi vocatur

 

"Pater Aeternitatis" (ix. 5 [B.A. 6]).

 

[6] Ex his locis, et ex multis aliis, quae ob copiam non adducuntur, constare potest, quod per "Caput" et "Capillos" Filii Hominis, qui "candidi tanquam lana, tanquam nix," intelligatur Divinum Amoris et Sapientiae in primis et in ultimis; et quia per Filium Hominis intelligitur Dominus quoad Verbum, sequitur quod etiam Hoc in primis et in ultimis intelligatur: quid alioquin foret, quod Dominus hic in Apocalypsi, et Antiquus Dierum apud Danielem, etiam quoad Capillos describeretur. Quod per "Capillos" Sensus literae Verbi significetur, patet manifeste ab illis qui in Mundo Spirituali sunt; illi qui contempserunt Sensum literae Verbi, ibi apparent Calvi; et vicissim illi qui amaverunt Sensum literae Verbi, ibi apparent in decentibus Comis. "Tanquam lana" et "tanquam nix" dicitur, quia "Lana" significat bonum in ultimis, et "Nix" verum in ultimis, ut quoque apud Esajam (cap. i. 18): "Lana" enim est ex ovibus, per quas significatur bonum charitatis, et "Nix" est ex aquis, per quas significantur vera fidei. 

@1 568 pro "565" @2 v. pro "iv." @3 16 pro "17" @4 vii. pro "vi."

 

(2) 直訳

47. [Vers. 14.] " Et Caput Ipsius, et Capilli candidi tanquam lana, tanquam nix," significat Divinum Amore in Divinae Sapientiae in Primis et in Ultimis.― 47(第14節) 「その方の頭と髪の毛は、あたかも白光りする羊毛のように、あたかも雪のように白く輝き」は、最初のものと最後のものの中の神的知恵の神的愛を意味する――

Per Caput hominis significatur omne vitae ejus, et omne vitae hominis se refert ad Amorem et Sapientiam; 人間の頭によって彼のいのちのすべてのものが意味される、また人間のいのちは愛と知恵に関係する。

quare per "Caput" significatur Sapientia et simul Amor; それゆえ、「頭」によって、知恵と同時に愛が意味される。

sed quia non datur amor absque sua sapientia, nec sapientia absque suo amore, ideo est amor sapientiae, qui per "Caput" intelligitur, et cum de Domino, est Divinus Amor Divinae Sapientiae; しかし、愛はその知恵なしに存在しないので、知恵もその愛なしに〔存在し〕ない、それゆえ、愛は知恵のものである、「頭」によって意味されるものは、また主についてであるとき、神的知恵の神的愛である。

verum de significatione "Capitis" ex Verbo, videbitur infra (n. 538, 568{1}). けれども、「頭」の意味について、みことばから、下に見られる(538, 568)

Cum itaque per "Caput" intelligitur amor et simul sapientia in suis primis, sequitur quod per "Capillos" intelligatur amor et sapientia in suis ultimis; そこで「頭」によって愛と同時に知恵がその最初のものの中で意味されるとき、〜がいえる、「髪の毛」によって、愛と知恵がその最後のものの中で意味されること。

et quia "Capilli" hic dicuntur de Filio Hominis, Qui est Dominus quoad Verbum, per "Capillos" Ipsius significatur Divinum Bonum quod est amoris, et Divinum Verum quod est sapientiae, in ultimis Verbi; また「髪の毛」がここに人の子について言われてるので、その者はみことばに関する主である、その方の「髪の毛」によって神的善が意味される、それは愛のもの、また神的真理が、それは知恵のものである、みことばの最終的なものの中で。

ac ultima Verbi sunt quae continentur in Sensu literae ejus: そしてみことばの最終的なものは、その文字どおりの意味の中に含まれるものである――

[2] quod Verbum in hoc Sensu significetur per "Capillos Filii Hominis" seu Domini, apparet paradoxon, sed usque est Verum: [2] この意味の中のみことばが「人の子の髪の毛」によって意味されることは、すなわち、主の、背理に見られる、しかしそれでも真理である。

hoc constare potest ex locis in Verbo allatis in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 35, 49); このことは『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に提示されているみことばの箇所から明らかにすることができる(5, 39)

ubi etiam ostensum est, quod Naziraei in Ecclesia Israelitica repraesentaverint Dominum quoad Verbum in ultimis, quod est Sensus literae ejus; そこにもまた示されている、イスラエル教会の中でナジル人が主を表象したこと、最終的なものの中でのみことばに関する、それはその文字どおりの意味である。

"Naziraeus" enim in Lingua Hebraea est Capillus seu Coma; というのは「ナジル人」はヘブル語の中で髪の毛または頭髪であるから。

inde erat Simsoni, qui erat Naziraeus ex utero, potentia in Crinibus; ここからサムソンに、その者は出生から(子宮から)ジル人であった、髪の毛の中に力があった。

quod similiter Divinum Verum in Sensu literae Verbi sit in potentia, videatur in citata Doctrina de Scriptura Sacra (n. 3749): 同様に、みことばの文字どおりの意味の中に神的真理が力の中にあることが、言及された『聖書についての教え』の中に見られる(3749)

ideo etiam Summo Sacerdoti et ejus Filiis severe prohibitum fuit radere Caput; それゆえ、大祭司とその息子たちもまた頭を剃ることが厳しく禁じられた。

ideo etiam duo et quadraginta pueri discerpti sunt a duabus Ursis, quia vocabant Elisaeum "Calvum;" それゆえ、四十二(四十と二)少年は二つの雌グマによって引き裂かれた、エリシャを「はげ(頭)」と呼んだので。

Elisaeus sicut Elias repraesentabat Dominum quoad Verbum, Calvus significat id absque ultimo ejus, quod, ut dictum, est Sensus literae, ac Ursae significant hunc Sensum Verbi separatum a Sensu interno ejus; エリシャはエリヤのようにみことばに関する主を表象した、はげ(頭)はそれを意味した、その最終的なものなしの、それは、〔すでに〕言われたように、文字どおりの意味である、そして雌グマは、その内なる意味から分離されたみことばのこの〔文字どおりの〕意味を意味している。

qui separant, apparent etiam in Mundo Spirituali ut Ursi, sed e longinquo; 分離する者は、霊界の中でもまた雌グマのように見える、しかし、遠方から。

inde patet cur ita factum est cum pueris: ここから明らかである、なぜ、そのようなことが少年に行なわれたか。

ideo etiam summum dedecus et extremus luctus fuit inducere Calvitiem. それゆえ、さらにまた最大の恥辱と極度の(とんでもない)嘆きであった、はげ(頭)を引き起こす(とすること) こと。

[3] Quare cum Gens Israelitica perverterat omnem Sensum literae Verbi, fit haec lamentatio super illos: [3] それゆえ、イスラエル民族が、みことばのすべての文字どおりの意味をゆがめたとき、彼らの上にこの悲嘆が生じた――

"Albi erant Naziraei prae nive, candidi prae lacte; 「ナジル人は雪よりも白かった、乳よりも白く輝いた。

obscurata est prae nigredine forma illorum, non cognoscuntur in plateis" (Thren. iv. 7, 8); 彼らの形は黒さよりも暗かった、街路の中で知られない」(哀歌4:7, 8)

tum, なおまた、

"Omne Caput decalvatum, et omnis humerus depilatus" (Ezech. xxix. 18); 「すべての者の頭ははげにされた、またすべての者の肩は毛を除かれた」(エゼキエル29:18)

"Super omnibus faciebus pudor, et in omnibus Capitibus Calvities" (Ezech. vii. 18). 「すべての者の顔の上に恥、またすべての者の頭にはげ」(エゼキエル7:18)

(Similiter Esai. xv. 2; Jerem. xlviii. 37; Amos viii. 10. (同様に、イザヤ15:2、エレミヤ48:37、アモス8:10)

Quia filii Israelis per falsa disperserunt omnem Sensum literae Verbi, ideo mandatum est prophetae Ezechieli, ut hoc repraesentaret per quod イスラエル民族は、虚偽によってみことばのすべての文字どおりの意味を追い散らしたので、それゆえ、預言者エゼキエルは命令された、このことを表象するように、〜ことによって

Novacula raderet Caput, et Crinium tertiam partem combureret igne, tertiam percuteret gladio, et tertiam dispergeret in ventum, et quod colligaret aliquid in alis, quod postea etiam projiceret in ignem (Ezech. v{2}. 1-4, seq.). かみそりで頭を剃る〔ように〕、また髪の毛の三分の一の部分を火で燃やす、三分の一を剣で打つ、また三分の一を風の中に追い散らせる、また何らかのものをすそ(ala)に集める、その後、さらにまた火の中に投げ込むこと(エゼキエル5:1-4以降)

[4] Propterea etiam dicitur apud Micham: [4] 加えて(さらに)さらにまた「ミカ書」のもとに言われている――

"Calvitiem indue et tonde te propter filios deliciarum tuarum, dilata Calvitiem sicut aquila, quia migrarunt a te" (i. 16{3}); 「あなたは、はげ(頭)をおびよ(まとえ)、また剃れ、あなたの歓喜の息子たちのために、はげ(頭)をワシのように広げよ、あなたから移住するからである」(1:16)

"filii deliciarum" sunt genuina vera Ecclesiae ex Verbo. 「歓喜の息子たち」は、みことばからの教会の本物の真理である。

Et quia Nebuchadnezar Rex Babelis repraesentavit Babelicam falsificationem Verbi et destructionem omnis veri ibi, inde factum est, quod また、バビロニアの王ネブカドネザルは、みことばのバビロンの(=による)虚偽化を表象したので、またそこに真理のすべての破壊を、ここから生じた、〜こと

Crinis ejus creverit sicut aquilarum (Dan. iv. 30 [B.A. 33]). 彼の髪の毛はワシのもののように成長した(ダニエル4:33)

Quoniam "Capilli" significabant illud sanctum Verbi, ideo de Naziraeis dicitur, quod 「髪の毛」が、みことばのその聖性を意味したので、それゆえ、ナジル人について言われている、〜こと

Non raderent Comam capitis sui, quia illa est Naziraeatus Dei super capite eorum (Num. vi. 1-21): 自分の頭の頭髪を剃ってはならない、それは彼の頭の上の髪のナジル人である事実であるからである(民数記6:1-21)

et ideo statutum est quod またそれゆえ、定められた、〜こと

Summus Sacerdos ac Filii ejus non raderent Caput suum, ne morerentur, ac universa domus Israelis irasceretur (Levit. x. 6). 大祭司そして彼の息子たちは自分の頭を剃ってはならない、死なないように、そしてイスラエルの全部の家が怒られないように(レビ記10:6)

[5] Nunc quia per "Capillos" significatur Divinum Verum in ultimis, quod in Ecclesia est Verbum in Sensu literae, idcirco etiam de "Antiquo Dierum" simile dicitur apud Danielem: [5] さて、「髪の毛」によって最後のものの中での神的真理が意味されるので、それは教会の中で文字どおりの意味の中のみことばである、それゆえ、「日の老いた者」についてもまた「ダニエル書」にもとに同様のものが言われる。

"Vidi usque dum Throni projecti sunt, et Antiquis Dierum sedit, Vestis Ejus sicut nix alba, et Capillus capitis Ejus sicut lana munda" (vii{4}. 9); 「私は見た、王座が投げ出される時まで、また狷の老いた者瓩座る、彼の衣服は白い雪のよう〔である〕、彼の頭の髪の毛はきれいな(清潔な)毛のよう〔である〕」(7:9)

quod "Antiquus Dierum" sit Dominus, patet manifeste apud Micham: 「日の老いた者」が主であることは、「ミカ書」のもとにはっきりと明らかである。

"Tu Bethlechem Ephrataea, parum est ut sis inter millenas Jehudae; 「ベツレヘム、エラフタよ、あなたはユダの千を数えるものの間で小さいものである。

ex te Mihi exibit, Qui erit Dominator in Israele, et Cujus Exitus ab Antiquo, a diebus aeternitatis" (v. 1 [B.A. 2]); あなたからわたしに出てくる、その者はイスラエルの中で支配者になる、またその出ることは昔から、永遠の日から」(5:2)

et apud Esajam, ubi vocatur また「イザヤ書」のもとに、そこに呼ばれている

"Pater Aeternitatis" (ix. 5 [B.A. 6]). 「永遠の父」(9:6)

[6] Ex his locis, et ex multis aliis, quae ob copiam non adducuntur, constare potest, quod per "Caput" et "Capillos" Filii Hominis, qui "candidi tanquam lana, tanquam nix," intelligatur Divinum Amoris et Sapientiae in primis et in ultimis; [6] これらの箇所から、また他の多くのものから、それらは多数(おびただしい)ために提示されない、明らかにすることができる、人の子の「頭」また「髪の毛」によって、その者は「あたかも白光りする羊毛のように、あたかも雪のように白く輝く」、愛と知恵の神的なものを意味すること、最初のものの中と最後のものの中の。

et quia per Filium Hominis intelligitur Dominus quoad Verbum, sequitur quod etiam Hoc in primis et in ultimis intelligatur: また、人の子によって、みことばに関する主が意味されるので、〜がいえる、最初のものの中と最後のものの中のこのこともまた意味されること。

quid alioquin foret, quod Dominus hic in Apocalypsi, et Antiquus Dierum apud Danielem, etiam quoad Capillos describeretur. そうでなければ、何になるのか、主がこのことを「黙示録」の中に、また「ダニエル書」のもとに「日の老いた者」を、さらにまた髪の毛に関して述べられていることは。

Quod per "Capillos" Sensus literae Verbi significetur, patet manifeste ab illis qui in Mundo Spirituali sunt; 「髪の毛」によって、みことばの文字どおりの意味が意味されることは、彼らからはっきりと明らかである、その者は霊界の中にいる。

illi qui contempserunt Sensum literae Verbi, ibi apparent Calvi; 彼らは、その者はみことばの文字どおりの意味を軽蔑した、そこにはげ(頭)で見られる。

et vicissim illi qui amaverunt Sensum literae Verbi, ibi apparent in decentibus Comis. また、逆に(一方)、彼らは、その者はみことばの文字どおりの意味を愛した、こぎれいな頭髪の中に見られる。

"Tanquam lana" et "tanquam nix" dicitur, quia "Lana" significat bonum in ultimis, et "Nix" verum in ultimis, ut quoque apud Esajam (cap. i. 18): 「あたかも羊毛のような」また「あたかも雪のような」と言われる、「羊毛」が最終的なものの中での善を意味するからである、また「雪」が最終的なものの中での真理を、「イザヤ書」のもとにもまた、のように。

"Lana" enim est ex ovibus, per quas significatur bonum charitatis, et "Nix" est ex aquis, per quas significantur vera fidei. というのは「羊毛」は羊からであるから、それによって仁愛の善が意味される、また「雪」は水からである、それによって信仰の真理が意味される。

@1 568 pro "565" 注1 565」の代わりに568

@2 v. pro "iv." 注2 iv.」の代わりにv.

@3 16 pro "17" 注3 17」の代わりに16

@4 vii. pro "vi." 注4 vi.」の代わりにvii.

 

(3) 訳文

 47(第14節) 「その方の頭と髪の毛は、あたかも白光りする羊毛のように、あたかも雪のように白く輝き」は、最初のものと最後のものの中の神的知恵の神的愛を意味する――

 人間の頭によって彼のいのちのすべてのものが意味される、また人間のいのちは愛と知恵に関係する。それゆえ、「頭」によって、知恵と同時に愛が意味される。しかし、愛はその知恵なしに、知恵もその愛なしに存在しないので、それゆえ、愛は知恵のものである、「頭」によって意味されるものは、主についてであるとき、神的知恵の神的愛である。けれども、「頭」の意味について、みことばから、後で見られる(538, 568)

 そこで「頭」によって愛と同時に知恵がその最初のものの中で意味されるとき、「髪の毛」によって、愛と知恵がその最後のものの中で意味されることがいえる。また「髪の毛」がここにみことばに関する主である人の子について言われてるので、その方の「髪の毛」によって愛のものである神的善が、また知恵のものである神的真理が、みことばの最終的なものの中で意味される。そして、みことばの最終的なものは、その文字どおりの意味の中に含まれるものである――

[2] この意味の中のみことばが「人の子の、すなわち、主の髪の毛」によって意味されることは、背理に見られる、しかしそれでも真理である。このことは『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に示されているみことばの箇所から明らかにすることができる(5, 39)。そこにもまた、イスラエル教会の中でナジル人が最終的なものの中で、それはその文字どおりの意味である、みことばに関する主を表象したことが示されている。というのは「ナジル人」はヘブル語の中で髪の毛または頭髪であるから。ここから、出生からジル人であったサムソンに、髪の毛の中に力があった。同様に、みことばの文字どおりの意味の中で、神的真理が力の中にあることが、〔すでに〕言及された『聖書についての教え』の中に見られる(3749)。それゆえ、大祭司とその息子たちもまた頭を剃ることが厳しく禁じられた。それゆえ、四十二人少年は、エリシャを「はげ」と呼んだので、二匹の雌グマによって引き裂かれた。

 エリシャは、みことばに関する主を表象したエリヤのように、はげは、その最終的なものないそれを意味した、、それは、〔すでに〕言われたように、文字どおりの意味である、そして雌グマは、その内なる意味から分離されたみことばのこの〔文字どおりの〕意味を意味している。分離する者は、霊界の中でもまた雌グマのように見える、しかし、遠方から。ここから、なぜ、そのようなことが少年に行なわれたか明らかである。それゆえ、さらにまた、はげ頭にすることは最大の恥辱と極度の嘆きであった。

 [3] それゆえ、イスラエル民族が、みことばのすべての文字どおりの意味をゆがめたとき、彼らの上にこの悲嘆が生じた――

 

 「ナジル人は雪よりも白かった、乳よりも白く輝いた。彼らの形は黒さよりも暗かった、街路の中で知られない」(哀歌4:7, 8)

 

 なおまた、

 

 「すべての者の頭は、はげにされ、すべての者の肩は毛を除かれた」(エゼキエル29:18)

 「すべての者の顔の上に恥、またすべての者の頭にはげ」(エゼキエル7:18) (同様に、イザヤ15:2、エレミヤ48:37、アモス8:10)

 

 イスラエル民族は、虚偽によってみことばのすべての文字どおりの意味を追い散らしたので、それゆえ、預言者エゼキエルは、このことを表象するように命令された、このことによって、

 

 かみそりで頭を剃り、髪の毛の三分の一のを火で燃やし、三分の一を剣で打ち、三分の一を風の中に追い散らせる、また何らかのものをすそに集め、その後、さらにまた火の中に投げ込むこと(エゼキエル5:1-4以降)

 

 [4] さらに「ミカ書」にも言われている――

 

 「あなたは、はげ頭をおびよ、また剃れ。あなたの歓喜の息子たちのために、はげをワシのように広げよ、あなたから移住するからである」(1:16)

 

「歓喜の息子たち」は、みことばからの教会の本物の真理である。

 また、バビロニアの王ネブカドネザルは、バビロンによる、みことばの虚偽化を、またそこに真理のすべての破壊を表象したので、ここから彼の髪の毛はワシのもののように成長したことが生じた(ダニエル4:33)。「髪の毛」が、みことばのその聖性を意味したので、それゆえ、ナジル人について、自分の頭の頭髪を剃ってはならない、それは彼の頭の上の髪のナジル人である事実であるからであることが言われている(民数記6:1-21)。またそれゆえ、大祭司そして彼の息子たちは自分の頭を剃ってはならない、死なないように、そしてイスラエルの全家が怒られないように定められた(レビ記10:6)

[5] さて、「髪の毛」によって最後のものの中での神的真理が意味されるので、それは教会の中で文字どおりの意味の中のみことばであり、それゆえ、「日の老いた者」についてもまた「ダニエル書」に同様のものが言われる。

 

 「私は見た、王座が投げ出される時まで、また狷の老いた者瓩座り、その衣服は白い雪のよう〔である〕、その頭の髪の毛はきれいな毛のよう〔である〕」(7:9)

 

「日の老いた者」が主であることは、「ミカ書」にはっきりと明らかである。

 

 「ベツレヘム、エラフタよ、あなたはユダの千を数えるものの間で小さいものである。あなたから、わたしに出てくる、その者はイスラエルの中で支配者になる、またその出ることは昔から、永遠の日から〔の定めである〕」(5:2)

 

また「イザヤ書」に、そこに「永遠の父」と呼ばれている(9:6)

 

 [6] これらの箇所から、またおびただしいのために示されない他の多くのものから、明らかにすることができる、「あたかも白光りする羊毛のように、あたかも雪のように白く輝く」人の子の「頭」また「髪の毛」によって、最初のものの中と最後のものの中の、愛と知恵の神的なものを意味することである。また、人の子によって、みことばに関する主が意味されるので、最初のものの中と最後のものの中のこのこともまた意味されることがいえる。そうでなければ、主がこのことを「黙示録」の中に、また「ダニエル書」のもとに「日の老いた者」を、髪の毛に関してもまた述べられていることは何になるのか。

 「髪の毛」によって、みことばの文字どおりの意味が意味されることは、霊界の中にいる者からはっきりと明らかである。みことばの文字どおりの意味を軽蔑した者は、そこにはげで見られる。また、一方、みことばの文字どおりの意味を愛した者は、整った頭髪の中に見られる。

 「あたかも羊毛のような」また「あたかも雪のような」と言われるのは、「イザヤ書」にもまたあるのように、「羊毛」が最終的なものの中での善を、また「雪」が最終的なものの中での真理を意味するからである。というのは、「羊毛」は羊からであり、それによって仁愛の善が意味されるから、また「雪」は水からであり、それによって信仰の真理が意味されるからである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 03:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark