RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 508,509

(1) 原文

508. " Et munera mittent invicem" significat consociationem per amorem et amicitiam.Quod "munera mittere" significet consociari per amorem et amicitiam, est quia munus consociat, producit enim amorem, et facit amicitiam; "invicem" significat mutuo.

 

(2) 直訳

508. " Et munera mittent invicem" significat consociationem per amorem et amicitiam.― 508「また贈り物を送る、互いに」は、愛と友情によっての交わりを意味する(508)

Quod "munera mittere" significet consociari per amorem et amicitiam, est quia munus consociat, producit enim amorem, et facit amicitiam; 「贈り物を送ること」は愛と友情によって仲間とされる(交わりに加わる)ことを意味する、贈り物が仲間にする(交わりに加わらせる)からである、というのは、愛を生み出す、また友情をつくるから。

"invicem" significat mutuo. 「互いに」は、相互に、を意味する(感想:この説明は意味がないと思えます)

 

(3) 訳文

508「互いに贈り物を送る」は、愛と友情によっての交わりを意味する。

「贈り物を送ること」は愛と友情によって交わることを意味する、贈り物が交わりに加わらせるからである、というのは、愛を生み出し、友情をつくるから。「互いに」は、相互に、を意味する。

 

(1) 原文

509. " Quia illi duo prophetae cruciaverunt habitantes super terra," significat quod duo illa Essentialia, unum de Domino et de Divino Humano, et alterum de Vita secundum praecepta Decalogi, contrarientur binis Essentialibus in Ecclesia Reformatorum receptis, quorum unum est de Trinitate Personarum, et alterum de sola Fide salvante absque operibus legis; et quod ex contrarietate illa, bina illa Essentialia Novae Ecclesiae, quae est Nova Hierosolyma, sint contemptui, molestiae et aversationi.Quod haec significentur, dum per "duos prophetas," seu "teste," intelliguntur bina illa Essentialia Novae Ecclesiae, et cum per "habitantes super terra" intelliguntur illi qui in duobus illis Essentialibus Ecclesiae Reformatorum sunt, ex se ut conclusum sequitur; per "cruciare" significatur esse contemptui, molestiae et aversationi.

 

(2) 直訳

509. " Quia illi duo prophetae cruciaverunt habitantes super terra," significat quod duo illa Essentialia, unum de Domino et de Divino Humano, et alterum de Vita secundum praecepta Decalogi, contrarientur binis Essentialibus in Ecclesia Reformatorum receptis, quorum unum est de Trinitate Personarum, et alterum de sola Fide salvante absque operibus legis; 509「それらの二人の預言者が地の上に住む者を苦しめたからである」は、新しい教会のそれら二つの本質的なものが、一つは主についてと神的人間性について、もう一つは十戒の戒めにしたがう生活について、改革派の教会の中で受け入れられた二つの本質的なものとの対立することを意味する、それらの一つは〔三つの〕位格の三一性について、またもう一つは律法の働き(業)しの信仰のみの救いについて。

et quod ex contrarietate illa, bina illa Essentialia Novae Ecclesiae, quae est Nova Hierosolyma, sint contemptui, molestiae et aversationi.― またそれらの対立から、新しい教会のそれら二つの本質的なものが、それは新しいエルサレムである、軽蔑され、災い(厄介なもの)とされ、嫌悪されること〔を意味する〕。

Quod haec significentur, dum per "duos prophetas," seu "teste," intelliguntur bina illa Essentialia Novae Ecclesiae, et cum per "habitantes super terra" intelliguntur illi qui in duobus illis Essentialibus Ecclesiae Reformatorum sunt, ex se ut conclusum sequitur; これらが意味されることは、「二人の助言者」、すなわち、「証人」によって、新しい教会のそれら二つの本質的なものが意味される時、またそのとき「地の上に住む者」によって彼らが意味される、その者は改革派教会のそれら二つの本質的なものの中にいる、それ自体から結論としていえる。

per "cruciare" significatur esse contemptui, molestiae et aversationi. 「苦しめること」によって、軽蔑されること、災い(厄介なもの)とされること、嫌悪されることが意味される。

 

(3) 訳文

 509「それらのふたりの預言者が地の上に住む者を苦しめたからである」は、新しい教会の一つは主についてと神的人間性について、もう一つは十戒の戒めにしたがう生活について〔である〕それら二つの本質的なものが、改革派の教会の中で受け入れられた一つは〔三つの〕位格の三一性について、またもう一つは律法の働き(業)しの信仰のみの救いについて〔である〕二つの本質的なものとの対立すること、またそれらの対立から、新しいエルサレムである新しい教会のそれら二つの本質的なものが、軽蔑され、災い(厄介なもの)とされ、嫌悪されることを意味する。

 これらが意味されることは、「ふたりの助言者」、すなわち、「証人」によって、新しい教会のそれら二つの本質的なものが意味され、またそのとき「地の上に住む者」によって改革派教会のそれら二つの本質的なものの中にいる者が意味される時、それ自体から結論としていえる。「苦しめること」によって、軽蔑されること、災い(厄介なもの)とされること、嫌悪されることが意味される。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 507

(1) 原文

507. [Vers. 10.] " Et habitantes super terra gaudebunt super illis et laetabuntur," significat propterea jucundum affectionis cordis et animae in Ecclesia apud illos qui in sola fide quoad doctrinam et vitam erant.Per "habitantes super terra" intelliguntur qui in Ecclesia, hic qui in Ecclesia sunt ubi sola fides; "terra" significat Ecclesiam in qua (n. 285); per "gaudere et laetari" significatur jucundum affectionis cordis et animae habere; jucundum affectionis cordis est voluntatis, ac jucundum affectionis animae est intellectus, nam in Verbo per "cor et animam" intelligitur hominis voluntas et intellectus; inde est quod dicatur "gaudere et laetari," tametsi gaudium et laetitia apparent sicut una res; sed in duobus illis est conjugium voluntatis et intellectus, quod etiam est conjugium boni et veri, quod est in omnibus et singulis Verbi, de quo in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 80-90). Inde est quod utrumque, "gaudere et laetari," seu "gaudium et laetitia," etiam pluries alibi in Verbo dicatur, ut in his:

 

"Ecce Gaudium et Laetitia, occidere bovem" (Esaj. [xxii. 13; cap.] xxxv. 10: cap. li. 11);

"Excisum est e Domo Dei nostri Gaudium et Laetitia" (Joel i. 16);

"Abrogabitur vox Gaudii et vox Laetitiae" (Jerem. vii. 34; cap. xxv. 10):

"Jejunium decimi erit in Gaudium et Laetitiam" (Sach. viii. 19);

"Laetamini in Hierosolyma, Gaudete in ea" (Esaj. lxvi. 10);

"Gaude et Laetare filia Edomi" (Thren. iv. 21);

"Laetabuntur Caeli, Gaudete terrae" ([Psalm. xcvi. 11;] Psalm. lxviii. 4 [B.A. 3]);

"Audire me facies{1} Gaudium et Laetitiam" (Psalm. li. 10 [B.A. 8]);

"Gaudium et Laetitia invenietur in Sione" (Esaj. li. 3);

"Erit Laetitia, multi super nativitate ejus Gaudebunt" (Luc. i. 14);

"Cessare faciam vocem Gaudii et vocem Laetitiae, vocem Sponsi et vocem Sponsae" (Jerem. vii. 34; cap. xvi. 9; cap. xxv. 10; cap. xxxiii. 10, 11);

"Gaudeant et Laetentur omnes quaerentes Te" (Psalm. xl.{2} 17 [B.A. 16]); Psalm. lxx. 5 [B.A. 4]);

"Justi Laetabuntur et Gaudebunt in Laetitia" (Psalm. lxviii. 4{3} [B.A. 3]);

"Laetamini in Hierosolyma, Gaudete cum ea Gaudium" (Esaj. lxvi. 10).

 

@1 facies pro "faciet" @2 xl. pro "xi." @3 4 pro "5"

 

(2) 直訳

507. [Vers. 10.] " Et habitantes super terra gaudebunt super illis et laetabuntur," significat propterea jucundum affectionis cordis et animae in Ecclesia apud illos qui in sola fide quoad doctrinam et vitam erant.― 507(108)「また、地の上に住む者は、彼らの上に楽しむ、また喜ぶ」は、このために教会の中の彼らのもとの心と霊魂の情愛の快さを意味する、その者は信仰のみの中にいた、教えと生活に関して。

Per "habitantes super terra" intelliguntur qui in Ecclesia, hic qui in Ecclesia sunt ubi sola fides; 「地の上に住む者」によって教会の中の者が意味される、ここに教会の中の者、そこに信仰のみがある。

"terra" significat Ecclesiam in qua (n. 285); 「地」は教会を意味する、その中に〔彼らがいる〕(285)

per "gaudere et laetari" significatur jucundum affectionis cordis et animae habere; 「楽しむことと喜ぶこと」によって、心と霊魂の情愛の快さを持つことが意味される。

jucundum affectionis cordis est voluntatis, ac jucundum affectionis animae est intellectus, nam in Verbo per "cor et animam" intelligitur hominis voluntas et intellectus; 心の情愛の快さは意志のものである、そして霊魂の情愛の快さは理解力のものである、なぜなら、みことばの中の「心と霊魂」によって人間の意志と理解力が意味されるからである。

inde est quod dicatur "gaudere et laetari," tametsi gaudium et laetitia apparent sicut una res; ここからである、「楽しむことと喜ぶこと」が言われる、たとえ楽しさと喜びが一つの事柄のように見えても。

sed in duobus illis est conjugium voluntatis et intellectus, quod etiam est conjugium boni et veri, quod est in omnibus et singulis Verbi, de quo in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 80-90). しかし、それら二つのものの中に意志と理解力の結婚がある、さらにまた善と真理の結婚がある、それはみことばのずべてと個々のものの中にある、それについて『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に〔述べられている〕(80-90)

Inde est quod utrumque, "gaudere et laetari," seu "gaudium et laetitia," etiam pluries alibi in Verbo dicatur, ut in his: ここからである、両方のものが、「楽しむことと喜ぶこと」すなわち「楽しさと喜び」もまた、みことばの中の多くのものが他の箇所に言われている、例えば、これらの中に――

"Ecce Gaudium et Laetitia, occidere bovem" (Esaj. [xxii. 13; cap.] xxxv. 10: cap. li. 11); 「見よ、楽しさと喜び、牛を殺すこと」(イザヤ22:12、第3510、第5111)

"Excisum est e Domo Dei nostri Gaudium et Laetitia" (Joel i. 16); 「私たちの神の家から楽しみと喜びは絶たれた」(ヨエル1:16)

"Abrogabitur vox Gaudii et vox Laetitiae" (Jerem. vii. 34; cap. xxv. 10): 「楽しみの声と喜びの声は終わらされる」(エレミヤ7:34、第2410)

"Jejunium decimi erit in Gaudium et Laetitiam" (Sach. viii. 19); 「第10の月の断食は楽しさと喜びとなる」(ゼカリヤ8:19)

"Laetamini in Hierosolyma, Gaudete in ea" (Esaj. lxvi. 10); 「エルサレムの中で喜べ、その中で楽しめ」(イザヤ67:10)

"Gaude et Laetare filia Edomi" (Thren. iv. 21); 「楽しみ、喜べ、エドムの娘よ」(哀歌4:21)

"Laetabuntur Caeli, Gaudete terrae" ([Psalm. xcvi. 11;] Psalm. lxviii. 4 [B.A. 3]); 「天は喜び、地は楽しむ」(詩篇96:11、詩篇68:3)

"Audire me facies{1} Gaudium et Laetitiam" (Psalm. li. 10 [B.A. 8]); 「私に楽しみと喜びを聞くことをあなたはする(未来)(詩篇51:8)

"Gaudium et Laetitia invenietur in Sione" (Esaj. li. 3); 「楽しさと喜びがシオンの中に見られる」(イザヤ51:3)

"Erit Laetitia, multi super nativitate ejus Gaudebunt" (Luc. i. 14); 「喜びとなり、多くの者がその方の誕生の上に楽しむ」(ルカ1:14)

"Cessare faciam vocem Gaudii et vocem Laetitiae, vocem Sponsi et vocem Sponsae" (Jerem. vii. 34; cap. xvi. 9; cap. xxv. 10; cap. xxxiii. 10, 11); 「わたしは楽しみの声と喜びの声を、花嫁の声と花婿の声を終わりにする」(エレミヤ8:34、第169、第2510、第3310, 11)

"Gaudeant et Laetentur omnes quaerentes Te" (Psalm. xl.{2} 17 [B.A. 16]); Psalm. lxx. 5 [B.A. 4]); 「あなたを求めるすべての者が楽しむ、また喜ぶ」(詩篇40:16、詩篇70:4)

"Justi Laetabuntur et Gaudebunt in Laetitia" (Psalm. lxviii. 4{3} [B.A. 3]); 「正しい者は喜ぶ、また喜びの中で楽しむ」(詩篇68:3)

"Laetamini in Hierosolyma, Gaudete cum ea Gaudium" (Esaj. lxvi. 10). 「エルサレムの中で喜べ、その中で楽しめ」(イザヤ67:10)(☆なぜ、繰り返して、2度述べたのでしょうか?)

@1 facies pro "faciet" 注1 faciet」の代わりに facies

@2 xl. pro "xi."  2 xi.」の代わりに xl.

@3 4 pro "5" 注3 5」の代わりに 4

 

(3) 訳文

 507(108)「また、地の上に住む者は、彼らの上に楽しみ、喜ぶ」は、このために、教えと生活に関して信仰のみの中にいた教会の中の者のもとの心と霊魂の情愛の快さを意味する。

 「地の上に住む者」によって、ここに、そこに信仰のみがある教会の中の者が意味される。「地」は、その中に〔彼らがいる〕教会を意味する(285)。「楽しむことと喜ぶこと」によって、心と霊魂の情愛の快さを持つことが意味される。心の情愛の快さは意志に属すもの、そして霊魂の情愛の快さは理解力に属すのものである、なぜなら、みことばの中の「心と霊魂」によって人間の意志と理解力が意味されるからである。ここから、たとえ楽しさと喜びが一つの事柄のように見えても、「楽しむことと喜ぶこと」が言われる。しかし、それら二つのものの中に意志と理解力の結婚があり、さらにまた善と真理の結婚がある、それはみことばのずべてと個々のものの中にある、それについて『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に〔述べられている〕(80-90)

 ここから、両方のものが、「楽しむことと喜ぶこと」すなわち「楽しさと喜び」は、みことばの中の他の箇所に多くのものが言われている、例えば、これらの中に――

 

 「見よ、楽しさと喜び、牛を殺すこと」(イザヤ22:1235:1051:11)

 「私たちの神の家から楽しみと喜びは絶たれた」(ヨエル1:16)

 「楽しみの声と喜びの声は終わらされる」(エレミヤ7:3424:10)

 「第十の月の断食は楽しさと喜びとなる」(ゼカリヤ8:19)

 「エルサレムの中で喜べ、その中で楽しめ」(イザヤ67:10)

 「楽しみ、喜べ、エドムの娘よ」(哀歌4:21)

 「天は喜び、地は楽しむ」(詩篇96:11、詩篇68:3)

 「私に楽しみと喜びを聞せてください」(詩篇51:8)

 「楽しさと喜びがシオンの中に見られる」(イザヤ51:3)

 「喜びとなり、多くの者がその方の誕生を楽しむ」(ルカ1:14)

 「わたしは楽しみの声と喜びの声を、花嫁の声と花婿の声を終わりにする」(エレミヤ8:3416:925:1033:10, 11)

 「あなたを求めるすべての者が楽しみ、喜ぶ」(詩篇40:16、詩篇70:4)

 「正しい者は喜び、喜びの中で楽しむ」(詩篇68:3)

 「エルサレムの中で喜べ、その中で楽しめ」(イザヤ67:10)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:22
comments(1), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 506

(1) 原文

506. " Et corpora illorum non permittent poni in monumenta," significat quod damnaverint et damnaturi sint illa.Per "corpora" hic significantur duo illa Essentialia Novae Ecclesiae (de quibus n. 505, et supra); et per "non permittere poni in monumenta" significatur rejicere sicut damnata. Quod hoc significetur, est quia per "poni in monumenta" seu "sepeliri" significatur resurrectio et continuatio vitae, tunc enim terrae mandantur quae ex terra sunt, ita quae terrestria et inde immunda sunt; inde per "non poni in monumenta" seu "non sepeliri" significatur manere in terrestribus et immundis, et propterea rejici sicut damnatum. Inde erat quod in Ecclesia apud filios Israelis, quae fuit Ecclesia repraesentativa, fuerit statutum,{1} quod qui spectabantur ut damnati, projicerentur et non sepelirentur, ut patet ab his:

 

Jehovah dixit de illis, "Mortibus aegris morientur, non plangentur neque sepelientur, in stercus super faciebus terrae erunt, et erit cadaver eorum in cibum avibus caelorum et bestiae terrae" (Jerem. xvi 3, 4);

Prophetae prophetantes mendacium "erunt abjecti in Plateis Hierosolymae, nec sepeliens" (Jerem. xv. 16);

"In die illo extrahent ossa Regum Jehudae, ossa principum ejus, et ossa sacerdotum, et ossa prophetarum e sepulchris eorum; non colligentur, neque sepelientur; in stercus super faciebus terrae erunt" (Jerem. viii. 1, 2);

Quod "Jesabelem comederent canes in agro, nec sepeliens" (2 Reg. ix. 10);

"Tu projectus es e sepulchro tuo sicut surculus abominabilis, sicut cadaver conculcatum" (Esaj. xiv. 19, 20). (Praeter alibi, ut Jerem. xxv. 32, 33; cap. xxii. 19; cap. vii. 32, 33; cap. xix. 11, 12; 2 Reg. xxiii. 16.)

 

@1 statutum pro "statum"

 

(2) 直訳

506. " Et corpora illorum non permittent poni in monumenta," significat quod damnaverint et damnaturi sint illa.― 506「また彼らの身体は墓(記念碑)の中に置かれることが許されない」は、彼らがそれらを断罪した、また断罪するであろうことを意味する(506)

Per "corpora" hic significantur duo illa Essentialia Novae Ecclesiae (de quibus n. 505, et supra); 「身体」によってここに新しい教会のそれら二つの本質的なものが意味される(それらについて505番、また上に)

et per "non permittere poni in monumenta" significatur rejicere sicut damnata. また「墓(記念碑)中に置かれることが許されない」によって断罪されたもののように退けられることが意味される。

Quod hoc significetur, est quia per "poni in monumenta" seu "sepeliri" significatur resurrectio et continuatio vitae, tunc enim terrae mandantur quae ex terra sunt, ita quae terrestria et inde immunda sunt; このことが意味されることは、「墓(記念碑)中に置くこと」すなわち「埋葬されること」によって、復活といのちの連続が意味されるからである、というのは、その時、地の〔ものは〕ゆだねられる(割り当てられる)からである、それらは地からである、そのようにそれら地(上)なもの〔である〕、またここから不潔なものである。

inde per "non poni in monumenta" seu "non sepeliri" significatur manere in terrestribus et immundis, et propterea rejici sicut damnatum. ここから「墓(記念碑)中に置かれない」によって、地(上)なものや不潔なものの中に止まることが意味される、またこのために、断罪されたもののように退けられること。

Inde erat quod in Ecclesia apud filios Israelis, quae fuit Ecclesia repraesentativa, fuerit statutum,{1} quod qui spectabantur ut damnati, projicerentur et non sepelirentur, ut patet ab his: ここからであった、イスラエル民族のもとの教会の中に、それは表象的な教会であった、規定(法令)があったこと、断罪されたものとして見なされた者は投げ捨てられなければならない、また埋葬されてはならないこと、これらから明らかなように――

Jehovah dixit de illis, "Mortibus aegris morientur, non plangentur neque sepelientur, in stercus super faciebus terrae erunt, et erit cadaver eorum in cibum avibus caelorum et bestiae terrae" (Jerem. xvi 3, 4); エホバは彼らについて言った、「彼らは病気の(困難な)死で死ぬ、嘆き叫ばれない、埋葬もされない、地の面の上の糞(の中)になる、また彼らの死体は天と鳥と地の獣の食べ物(の中)になる」(エレミヤ16:3, 4)

Prophetae prophetantes mendacium "erunt abjecti in Plateis Hierosolymae, nec sepeliens" (Jerem. xv. 16); 偽りを預言する預言者は「エルサレムの街路の中に捨てられる(未来完了)埋葬する者もない」(エレミヤ15:16)

"In die illo extrahent ossa Regum Jehudae, ossa principum ejus, et ossa sacerdotum, et ossa prophetarum e sepulchris eorum; 「その日に、彼らはユダの王の骨、その君主の骨、また聖職者の骨、また預言者の骨を、彼らの墓から引き出す。

non colligentur, neque sepelientur; in stercus super faciebus terrae erunt" (Jerem. viii. 1, 2); 集められない、埋葬もされない、地の面の上の糞(の中)になる」(エレミヤ8:1, 2)

Quod "Jesabelem comederent canes in agro, nec sepeliens" (2 Reg. ix. 10); 「イザベルを犬が畑の中で食べた、埋葬する者もない」(列王記9:10)

"Tu projectus es e sepulchro tuo sicut surculus abominabilis, sicut cadaver conculcatum" (Esaj. xiv. 19, 20). 「あなたは忌み嫌われる小枝のようにあなたの墓から投げ捨てられる、踏みにじられた死体のように」(イザヤ14:19, 20)

(Praeter alibi, ut Jerem. xxv. 32, 33; cap. xxii. 19; cap. vii. 32, 33; cap. xix. 11, 12; 2 Reg. xxiii. 16.) (ほかに、他の箇所に、例えば、エレミヤ25:32, 33、第2219、第732, 33、第1911, 12、列王記23:16)

@1 statutum pro "statum" 注1 statum」の代わりに statutum

 

(3) 訳文

 506「また彼らの身体は墓の中に置かれることが許されない」は、彼らがそれらを断罪した、また断罪するであろうことを意味する。

 「身体」によってここに新しい教会のそれら二つの本質的なものが意味される(それらについて505番、また上に)。また「墓中に置かれることが許されない」によって断罪されたもののように退けられることが意味される。

このことが意味されることは、「墓中に置くこと」すなわち「埋葬されること」によって、復活といのちの連続が意味される、というのは、その時、地からであり、そのようにそれら地上的なもの、またここから不潔なものは、地のものにゆだねられるからである。ここから「墓中に置かれない」によって、地上的なものや不潔なものの中に止まり、またこのために、断罪されたもののように退けられることが意味される。

 ここから、表象的な教会であったイスラエル民族のもとの教会の中に、断罪されたものとして見なされた者は投げ捨てられなければならない、埋葬されてはならない、という規定(法令)があった、これらから明らかなように――

 

 エホバは彼らについて言われた、「彼らは病気の死で死ぬ、嘆き叫ばれない、埋葬もされない、地の面の上の糞になる、また彼らの死体は天と鳥と地の獣の食べ物になる」(エレミヤ16:3, 4)

偽りを預言する預言者は「エルサレムの街路の中に捨てられ埋葬する者もない」(エレミヤ15:16)

 「その日に、彼らはユダの王の骨、その君主の骨、聖職者の骨、預言者の骨を、彼らの墓から引き出す。集められない、埋葬もされない、地の面の上の糞になる」(エレミヤ8:1, 2)

 「イザベルを犬が畑の中で食べた、埋葬する者もない」(列王記9:10)

 「あなたは忌み嫌われる小枝のようにあなたの墓から、踏みにじられた死体のように投げ捨てられる」(イザヤ14:19, 20)

 (ほかに、他の箇所に、例えば、エレミヤ25:32, 3322:197:32, 3319:11, 12、列王記23:16)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 505

(1) 原文

505. [Vers. 9.] " Et videbunt ex populis et tribubus et linguis et gentibus corpora illorum dies tres et dimidium," significat cum omnes qui in falsis doctrinae et inde in malis vitae ex sola fide fuerunt et erunt, ad finem Ecclesiae quae adhuc est ad principium Novae, audiverunt et audituri sunt de binis Essentialibus, quae sunt Agnitio Domini et Operum secundum Decalogum.Per "populos et tribus et linguas et gentes" intelliguntur omnes ex Reformatis qui in falsis doctrinae et inde in malis vitae ex sola fide fuerunt et erunt; per "populos" significantur qui in falsis doctrinae sunt (n. 483), per "tribus" falsa et mala Ecclesiae (n. 349), per "linguas" confessio et receptio illorum (n. 483), et per "gentes" qui in malis vitae (n. 483); inde per quatuor illa, omnes et singuli qui fuerunt et erunt, ita qui fuerunt "in magna illa urbe," et erunt qui e mundo adhuc venturi sunt illis similes. Per "corpora illorum," seu "duorum testium," significantur duo Essentialia Ecclesiae Novae, de quibus supra (n. 501); per "videbunt" significatur dum audiverunt et audituri sunt de illis, quoniam "videre" dicitur de corporibus, et "audire" de binis illis Essentialibus; per "dies tres et dimidium" significatur ad finem et principium, hoc est, ad finem Ecclesiae quae adhuc est, et ad principium Novae. Ex his nunc in unum sensum collatis, patet, quod per "videbunt ex populis et tribubus et linguis et gentibus corpora illorum tres dies et dimidium," in Sensu spirituali supradicta significentur. Quod "dies tres et dimidium" significent ad finem et principium, est quia "dies" significat statum, numerus "tria" completum usque ad finem, ac "dimidium" principium; simile enim per "dies tres et dimidium" significatur quod per "septimanam," cujus sex dies significant completum usque ad finem, et dies septimus significat sanctum; nam numerus "3 1/2," est dimidius numeri "7" qui facit septimanam, ac duplicatum et divisum ex quo, simile significant. Quod "tria" significent completum, ita ad finem, videri potest ex his in Verbo:

 

Quod "Esajas iret nudus et discalceatus Tres annos" (Esaj. xx. 3);

Quod Jehovah Ter vocaverit Samuelem, et Samuel Ter cucurrerit ad Eli, et quod Eli Tertia vice intellexerit (1 Sam. iii. 1-8);

Quod "Elias se mensus sit super filium viduae Tribus vicibus" (1 Reg. xvii. 21);

Quod Elias jusserit quod funderent aquam super holocaustum Tribus vicibus (1 Reg. xviii. 34);

Quod Jesus dixerit, quod "Regnum caelorum sit simile fermento, quod accipiens mulier abscondidit in [farina] Tribus satis, donec fermentaretur totum" (Matth. xiii. 33);

Quod Jesus dixerit ad Petrum, quod Ter abnegaturus sit Ipsum (Matth. xxvi. 34);

Quod Dominus Ter interrogaverit Petrum, "amasne Me" (Joh. xxi. 15-17);

Quod "Jonas fuerit in ventre ceti Tribus diebus et Tribus noctibus" (Jon. ii. 1 [B.A. i. 17]);

Quod Jesus dixerit, quod Templum dissolveret, et Ipse illud per Tres dies aedificaret (Matth. xxvi. 61{1});

Quod Jesus in Gethsemane Tribus vicibus oraverit (Matth. xxvi. 39-44);

Quod Jesus Tertio die resurrexerit (Matth. xxviii. 1[, seq.]).

(Praeter pluries alibi, ut Esaj. xvi. 14; Hosch. vi. 2; Exod. iii. 18; cap. x. 22, 23; cap. xix. 1, 11, 15, 16, 18; Levit. xix. 23-25; Num. xix. 11 ad fin.: cap. xxxi. 19-25; Deutr. xix. 2, 3{2}; cap. xxvi. 12: Jos. i. 11; cap. iii. 2; 1 Sam. xx. 5, 12, 19, 20, 35, 36, 41; 2 Sam. xxiv. 11-13; Dan. x. 1-3{3}; Marc. xii. 2, 4-6; Luc. xx. 12{4}; cap. xiii. 32, 33.)

 

"Septem" aeque ac "tria" significant plenum et completum, at "septem" dicuntur de rebus sanctis, "tria" autem de rebus non sanctis.

@1 61 pro "31" @2 xix. 2, 3 pro "x. 2, 3, 4" @3 1-3 pro "2, 3, 4" @4 12 pro "12, 19"

 

(2) 直訳

505. [Vers. 9.] " Et videbunt ex populis et tribubus et linguis et gentibus corpora illorum dies tres et dimidium," significat cum omnes qui in falsis doctrinae et inde in malis vitae ex sola fide fuerunt et erunt, ad finem Ecclesiae quae adhuc est ad principium Novae, audiverunt et audituri sunt de binis Essentialibus, quae sunt Agnitio Domini et Operum secundum Decalogum.― 505(9)「また、民と部族と言語と国民から〔の者〕が彼らの身体を三日と半分見た☆」は、すべての者が、その者は信仰のみから教えの虚偽と生活の悪の中にいた、またいることになる、教会の終わりまで、それは今後、新しいもの始まりに向けて、それら二つの本質的なものについて、それらは主の認知と十戒にしたがう働きである、聞いたまた聞くことになるとき、を意味する(505)

☆「見た」としましたが、これは未来形なので、「見るであろう」すなわち「見ることになる」と訂正します。(「悪の中にいた」直後にあるので、そうしましたが、その後続いて「いることになる」とあります)

Per "populos et tribus et linguas et gentes" intelliguntur omnes ex Reformatis qui in falsis doctrinae et inde in malis vitae ex sola fide fuerunt et erunt; 「民と部族と言語と国民」によって改革派教会(の者)からのすべての者が意味される、その者は信仰のみからの教えの虚偽の中に、またここから生活の悪の中にいた、またいることになる。

per "populos" significantur qui in falsis doctrinae sunt (n. 483), per "tribus" falsa et mala Ecclesiae (n. 349), per "linguas" confessio et receptio illorum (n. 483), et per "gentes" qui in malis vitae (n. 483); 「民」によって教えの虚偽の中にいる者が意味される(483)、「部族」によって教会の虚偽と悪が(349)、「舌」によって彼らの告白と受け入れが(483)、また「国民」によって生活の悪の中に〔いる〕者が(349)

inde per quatuor illa, omnes et singuli qui fuerunt et erunt, ita qui fuerunt "in magna illa urbe," et erunt qui e mundo adhuc venturi sunt illis similes. ここから、それら四つものによって、すべてと個々の者が、その者はいた、またいることになる、そのようにその者は「その大きな都の中に」いた、またいることになる、その者は世から今後やって来ることになる、彼らと似た者である。

Per "corpora illorum," seu "duorum testium," significantur duo Essentialia Ecclesiae Novae, de quibus supra (n. 501); 「彼らの身体」すなわち「二人の証人の〔身体〕」によって、新しい教会の二つの本質的なものが意味される、それらについて上に(501)

per "videbunt" significatur dum audiverunt et audituri sunt de illis, quoniam "videre" dicitur de corporibus, et "audire" de binis illis Essentialibus; 「見ることになる」によって、彼らについて聞いた、また聞くことになる☆ときが意味される、「見ること」は身体について言われ、また「聞くこと」はそれらの二つの本質的なものについて〔言われる〕ので。

ここで上記の「間違い」に気づきました。

per "dies tres et dimidium" significatur ad finem et principium, hoc est, ad finem Ecclesiae quae adhuc est, et ad principium Novae. 「三日と半分」によって、終わりと始まりまでが意味される、すなわち、教会の終わりまで、それは今でも(依然として)る、また新しいもの〔教会〕の始まりまで。

Ex his nunc in unum sensum collatis, patet, quod per "videbunt ex populis et tribubus et linguis et gentibus corpora illorum tres dies et dimidium," in Sensu spirituali supradicta significentur. これらから、今や(さて)、一緒にまとめられた(confer)意味の中で、明らかである、「民と部族と言語と国民から〔の者〕が彼らの身体を三日と半分見ることになる」によって、霊的な意味の中で上述のものが意味されること。

Quod "dies tres et dimidium" significent ad finem et principium, est quia "dies" significat statum, numerus "tria" completum usque ad finem, ac "dimidium" principium; 「三日と半分」によって、終わりと始まりまでが意味されることは、「日」が状態を意味するからである、数「三」が終わりまでも完成されたもの、そして「半分」が始まりを。

simile enim per "dies tres et dimidium" significatur quod per "septimanam," cujus sex dies significant completum usque ad finem, et dies septimus significat sanctum; というのは、同様のものが「三日と半分」によって意味されるから、「一週間」によって〔意味される〕ものと、その六日は終わりまでも完成されたものを、また第七日は聖なるものを意味する。

nam numerus "3 1/2," est dimidius numeri "7" qui facit septimanam, ac duplicatum et divisum ex quo, simile significant. なぜなら、数「3 1/2」は数「7」の半分であるから、それは一週間をつくる、そしてそのものからの二倍にしたものや〔半分に〕分割されたものは同様のものを意味する。

Quod "tria" significent completum, ita ad finem, videri potest ex his in Verbo: 「三」が完成されたものを意味することは、そのように終わりまで、みことばの中のこれらから見られることができる――

Quod "Esajas iret nudus et discalceatus Tres annos" (Esaj. xx. 3); 「イザヤが三年、裸とはだしを行った」こと(イザヤ20:3)

Quod Jehovah Ter vocaverit Samuelem, et Samuel Ter cucurrerit ad Eli, et quod Eli Tertia vice intellexerit (1 Sam. iii. 1-8); エホバは三度、サムエルを呼んだ、またサムエルは三度、エリのもとへ走った(curro)こと、またエリは第三の機会に(度)、理解した(悟った)こと(サムエル記3:1-8)

Quod "Elias se mensus sit super filium viduae Tribus vicibus" (1 Reg. xvii. 21); 「エリヤはやもめの息子の上に身をあてた(自分自身をふせた)(metior)、三の機会に(度)こと(列王記17:21)

Quod Elias jusserit quod funderent aquam super holocaustum Tribus vicibus (1 Reg. xviii. 34); エリヤが命令した(jubeo)こと、全焼のいけにえの上に三の機会に(度)、水を注ぐことを(列王記18:34)

Quod Jesus dixerit, quod "Regnum caelorum sit simile fermento, quod accipiens mulier abscondidit in [farina] Tribus satis, donec fermentaretur totum" (Matth. xiii. 33); イエスが言ったこと、「天の王国はパン種に似ている、それを女が受け取って三つの〔小麦粉〕を十分に隠す☆、〜まで、全部が発酵させられる」(マタイ13:33)

「隠す」はちょっとおかしいですが、このままでよいでしょう。

Quod Jesus dixerit ad Petrum, quod Ter abnegaturus sit Ipsum (Matth. xxvi. 34); イエスがペテロに言ったこと、三度(三回)その方を否定するであろうこと(マタイ26:34)

Quod Dominus Ter interrogaverit Petrum, "amasne Me" (Joh. xxi. 15-17);  主が三度(三回)ペテロに質問したこと、「あなたはわたしを愛するよね?」(ヨハネ21:15-17)

Quod "Jonas fuerit in ventre ceti Tribus diebus et Tribus noctibus" (Jon. ii. 1 [B.A. i. 17]); 「ヨナは三日と三夜、怪獣の中にいた」こと(ヨナ1:17)

Quod Jesus dixerit, quod Templum dissolveret, et Ipse illud per Tres dies aedificaret (Matth. xxvi. 61{1}); イエスが言ったこと、神殿を解く(解体する)こと、またその方はそれを三日によって建てる(マタイ26:61)

Quod Jesus in Gethsemane Tribus vicibus oraverit (Matth. xxvi. 39-44); イエスがゲッセマネで三の機会で(度)祈ったこと(マタイ26:39-44)

Quod Jesus Tertio die resurrexerit (Matth. xxviii. 1[, seq.]). イエスが第三日〔目〕によみがえったこと(マタイ28:1以降)

(Praeter pluries alibi, ut Esaj. xvi. 14; Hosch. vi. 2; Exod. iii. 18; cap. x. 22, 23; cap. xix. 1, 11, 15, 16, 18; Levit. xix. 23-25; Num. xix. 11 ad fin.: cap. xxxi. 19-25; Deutr. xix. 2, 3{2}; cap. xxvi. 12: Jos. i. 11; cap. iii. 2; 1 Sam. xx. 5, 12, 19, 20, 35, 36, 41; 2 Sam. xxiv. 11-13; Dan. x. 1-3{3}; Marc. xii. 2, 4-6; Luc. xx. 12{4}; cap. xiii. 32, 33.) (さらに多くのもの、他の箇所に、例えば、イザヤ16:14、ホセア6:2、出エジプト記3:18、第1022, 23、第191, 11, 15, 16, 18、レビ記19:23-25、民数記19:11終わりまで、第3119-25、申命記19:2, 3、第2612、ヨシュア記1:11、第32、サムエル記20: 5, 12, 19, 20, 35, 36, 41、サムエル記24:11-13、ダニエル10:1-3、マルコ7:2, 4-6、ルカ20:12、第1332, 33)

"Septem" aeque ac "tria" significant plenum et completum, at "septem" dicuntur de rebus sanctis, "tria" autem de rebus non sanctis. 「七」は「三」と等しく十分(完全)なものと完成されたものを意味する、しかし、「七」は聖なる事柄について言われる、けれども「三」は聖でない事柄について。

@1 61 pro "31" 注1 31」の代わりに 61

@2 xix. 2, 3 pro "x. 2, 3, 4" 注2 x. 2, 3, 4」の代わりに xix. 2, 3

@3 1-3 pro "2, 3, 4" 注3 2, 3, 4」の代わりに 1-3

@4 12 pro "12, 19" 注4 12, 19」の代わりに 12

 

(3) 訳文

 505(9)「また、民と部族と言語と国民から〔の者〕が彼らの身体を三日半分見ることになる」は、教会の終わりまで、信仰のみからの教えの虚偽と生活の悪の中にいた、またいることになるすべての者が、今後、新しいもの始まりに向けて、それら二つの本質的なものについて、それらは主の認知と十戒にしたがう働きである、聞いたまた聞くことになるときを意味する(505)

「民と部族と言語と国民」によって、信仰のみからの教えの虚偽の中に、またここから生活の悪の中にいた、またいることになる改革派教会からのすべての者が意味される。「民」によって教えの虚偽の中にいる者 (483)、「部族」によって教会の虚偽と悪(349)、「舌」によって彼らの告白と受け入れ(483)、「国民」によって生活の悪の中に〔いる〕者(349)が意味される。ここから、それら四つものによって、その者はいた、またいることになるすべてと個々の者が、そのようにその者は「その大きな都の中に」いた、またいることになる〔者が意味される〕、その者は世から今後やって来ることになる、彼らと似た者である。

 「彼らの身体」すなわち「二人の証人の〔身体〕」によって、新しい教会の二つの本質的なものが意味される、それらについて前に〔述べた〕(501)。「見ることになる」によって、彼らについて聞いた、また聞くことになるときが意味される、「見ること」は身体について、また「聞くこと」はそれらの二つの本質的なものについて言われからである。「三日半」によって、終わりと始まりまで、すなわち、今でも(依然として)る教会の終わりまで、また新しいもの〔教会〕の始まりまでが意味される。

 さて、これらから、一緒にまとめられた意味で、「民と部族と言語と国民から〔の者〕が彼らの身体を三日半見ることになる」によって、霊的な意味で前述のものが意味されることが明らかである。

 「三日半」によって、終わりと始まりまでが意味されるのは、「日」が状態を、数「三」が終わりまでも完成されたもの、そして「半分」が始まりを意味するからである。というのは、「一週間」によって〔意味される〕ものと同様のものが「三日半」によって意味されるから、その六日は終わりまでも完成されたものを、また第七日は聖なるものを意味する。なぜなら、数「3 1/2」は数「7」の半分であり、それは一週間をつくり、そしてそのものからの二倍にしたものや〔半分に〕分割されたものは同様のものを意味するからである。

 「三」が完成されたものを、そのように終わりまでを意味することは、みことばの中のこれらから見られることができる――

 

 「イザヤが三年、裸とはだしで行った」こと(イザヤ20:3)

 エホバは三度、サムエルを呼び、サムエルは三度、エリのもとへ走ったこと、またエリは三度目に悟ったこと(サムエル記3:1-8)

 「エリヤは三度、やもめの息子の上に身をあてたこと(列王記17:21)

 エリヤが全焼のいけにえの上に三度、水を注ぐことを命じたこと(列王記18:34)

 イエスが、「天の王国はパン種に似ている、それを女が受け取って、三つの〔小麦粉〕を十分に全部が発酵させられるまで隠す☆」と言われたこと(マタイ13:33)

 イエスがペテロに三度その方を否定するであろうと言われたこと(マタイ26:34)

主がペテロに三度、「あなたはわたしを愛するか?」と質問されたこと (ヨハネ21:15-17)

 「ヨナは三日三晩、怪獣の中にいた」こと(ヨナ1:17)

 イエスが、神殿を解体し、それを三日で建てると言われたこと(マタイ26:61)

 イエスがゲッセマネで三度、祈られたこと(マタイ26:39-44)

 イエスが第三日目によみがえったこと(マタイ28:1以降)

 (さらに多くのもの、他の箇所に、例えば、イザヤ16:14、ホセア6:2、出エジプト記3:1810:22, 2319:1, 11, 15, 16, 18、レビ記19:23-25、民数記19:11終わりまで、31:19-25、申命記19:2, 326:12、ヨシュア記1:113:2、サムエル記20: 5, 12, 19, 20, 35, 36, 41、サムエル記24:11-13、ダニエル10:1-3、マルコ7:2, 4-6、ルカ20:1213:32, 33)

 

 「七」は「三」と等しく、完全なものと完成されたものを意味する、しかし、「七」は聖なる事柄について、けれども「三」は聖でない事柄について言われる。

 

「隠す」はちょっと変ですが、「隠す」に意味があると思います。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 01:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 504

(1) 原文

504. " Ubi et Dominus noster crucifixus est," significat non agnitionem Divini Humani Domini, et sic statum rejectionis.In Ecclesia dicitur, quod illi "crucifigant Dominum" qui blasphemant Ipsum; tum etiam qui, sicut Judaei, negant Ipsum esse Filium Dei: quod Judaeis similes sint illi qui negant quod Humanum Ipsius sit Divinum, est quia omnis homo spectat Dominum ut Hominem, et qui Humanum Ipsius spectat aequale humano alterius hominis, non potest tunc cogitare Divinum Ipsius, utcunque Hoc dicitur Filius Dei, natum ab aeterno, aequale Divino Patris. Hoc cum dicitur et legitur, quidem auditur, sed usque non simul in fide est, cum cogitatur de Domino quod sit homo materialis sicut alius homo, retinens pares proprietates carnis: et quia tunc removet Divinum Ipsius et non spectat illud, ideo in eo statu est, sicut neget illud; nam negat quod Humanum Ipsius sit Filius Dei, sicut etiam fecerunt Judaei, ac propterea crucifixerunt Ipsum. Quod tamen Humanum Domini sit Filius Dei, aperte dicitur (Luc. i. 32, 35; Matth. iii. 16, 17; et alibi). [2] Ex his patet causa, cur homines Ecclesiae immediate adeunt Deum Patrem, ac multi etiam immediate Spiritum Sanctum, et raro aliquis immediate Dominum. Quoniam Judaei, ex negatione quod Dominus esset Messias Filius Dei, crucifixerunt Ipsum, ideo Hierosolyma illorum etiam vocatur Sodoma (Esaj. iii. 9; Jerem. xxiii. 14; Ezech. xvi. 46, 48); ac Dominus dicit,

 

"Qua die egressus est Lothus e Sodoma, pluit igne et sulphure e Caelo, et perdidit omnes; juxta haec fiet, qua die Filius Hominis revelabitur" (Luc. xvii. 29, 30);

 

quid "ignis et sulphur," videatur n. 452, 494.

 

(2) 直訳

504. " Ubi et Dominus noster crucifixus est," significat non agnitionem Divini Humani Domini, et sic statum rejectionis.― 504「そこにまた私たちの主がはりつけにされた」は、主の神的人間性の認知のない〔こと〕を意味する、またこのように拒絶(捨てること) の状態を――

In Ecclesia dicitur, quod illi "crucifigant Dominum" qui blasphemant Ipsum; 教会の中で言われている、彼らは「主をはりつけにする」、その者はその方を冒涜すること。

tum etiam qui, sicut Judaei, negant Ipsum esse Filium Dei: さらになおまた、その者はユダヤ人のように、その方が神の子であることを否定する――

quod Judaeis similes sint illi qui negant quod Humanum Ipsius sit Divinum, est quia omnis homo spectat Dominum ut Hominem, et qui Humanum Ipsius spectat aequale humano alterius hominis, non potest tunc cogitare Divinum Ipsius, utcunque Hoc dicitur Filius Dei, natum ab aeterno, aequale Divino Patris. ユダヤ人に似たものであることは、彼らは、その者はその方の人間性が神的なもの(神性)あること否定する、すべての人間は主を人間として眺める(見なす)からである、またその方の人間性を他の人間の人間性と等しい(同等)眺める(見なす)、その時、その方の神性を考えることができない、どれほどこれ〔人間性〕が神の子と言われても、永遠から生まれた、父の神性と等しい(同等)の。

Hoc cum dicitur et legitur, quidem auditur, sed usque non simul in fide est, cum cogitatur de Domino quod sit homo materialis sicut alius homo, retinens pares proprietates carnis: これが言われ、また読まれるとき、確かに聞かれる、しかしそれでも同時に信仰の中ではない、そのとき主について考えられている、他の人間のような物質的な人間であること、肉の特性(属性)と等しいもの(par)を保持して。

et quia tunc removet Divinum Ipsius et non spectat illud, ideo in eo statu est, sicut neget illud; またその時、その方の神性は遠ざけられる、またそれを眺めない、それゆえ、その状態の中にいる、それを否定するような。

nam negat quod Humanum Ipsius sit Filius Dei, sicut etiam fecerunt Judaei, ac propterea crucifixerunt Ipsum. なぜなら、(彼は)その方の人間性が神の子であることの否定するからである、ユダヤ人もまた行なったように、そしてさらにその方をはりつけにする。

Quod tamen Humanum Domini sit Filius Dei, aperte dicitur (Luc. i. 32, 35; Matth. iii. 16, 17; et alibi). それでも主の人間性が神の子であることは、あからさまに言われている(ルカ1:32,35、マタイ3:16, 17、また他の箇所に)

[2] Ex his patet causa, cur homines Ecclesiae immediate adeunt Deum Patrem, ac multi etiam immediate Spiritum Sanctum, et raro aliquis immediate Dominum. [2] これらから理由が明らかである、なぜ、教会の人間が直接に父なる神に近づくか、そして多くの者が直接に聖霊にもまた、またまれにある者は直接に主に。

Quoniam Judaei, ex negatione quod Dominus esset Messias Filius Dei, crucifixerunt Ipsum, ideo Hierosolyma illorum etiam vocatur Sodoma (Esaj. iii. 9; Jerem. xxiii. 14; Ezech. xvi. 46, 48); ユダヤ人は、主がメシア、神の子であることの否定から、その方をはりつけにした、それゆえ、彼らのエルサレムもまたソドムと呼ばれている(イザヤ2:9、エレミヤ23:14、エゼキエル16:46, 48)

ac Dominus dicit, そして主は言った、

"Qua die egressus est Lothus e Sodoma, pluit igne et sulphure e Caelo, et perdidit omnes; 「ロトがソドムから出たその日に、天から火と硫黄が降った、またすべての者を滅ぼした。

juxta haec fiet, qua die Filius Hominis revelabitur" (Luc. xvii. 29, 30); これと同じように生じる、人の子が現わされる(その)日に」(ルカ17:29, 30)

quid "ignis et sulphur," videatur n. 452, 494. 何が「火と硫黄」か、452, 494番に見られる。

 

(3) 訳文

504                   「そこにまた私たちの主がはりつけにされた」は、主の神的人間性の認知がなく、このように拒絶する状態を意味する。

主を冒涜する者は「その方をはりつけにする」と教会の中で言われている。なおまた、その者はユダヤ人のように、その方が神の子であることを否定する――その方の人間性が神的なもの(神性)あること否定する者がユダヤ人に似ているのは、その者は、すべての人間は主を人間として眺め(見なし)、その方の人間性を他の人間の人間性と等しい眺め(見なし)、その時、その方の神性を考えることができないからである、どれほどこれ〔人間性〕が、永遠から生まれた、父の神性と等しい(同等)神の子と言われても

 これ〔人間性〕が言われ、読まれるとき、確かに聞かれる、しかしそれでも同時に信仰の中ではない、そのとき主について、他の人間のような肉の属性と等しいものを保持した物質的な人間であることが考えられている。

またその時、その方の神性は遠ざけられ、それを眺めない、それゆえ、それを否定するような状態の中にいる。なぜなら、その方の人間性が神の子であることの否定する者は、ユダヤ人もまた行なったように、そしてさらにその方をはりつけにするからである。

 それでも主の人間性が神の子であることは、あからさまに言われている(ルカ1:32,35、マタイ3:16, 17、また他の箇所に)

 [2] これらから、なぜ、教会の人間が直接に父なる神に、そして多くの者が直接に聖霊にもまた近づき、直接に主に近づく者がまれである理由が明らかである。

ユダヤ人は、「主が、メシア、神の子である」ことの否定から、その方をはりつけにした、それゆえ、彼らのエルサレムもまたソドムと呼ばれている(イザヤ2:9、エレミヤ23:14、エゼキエル16:46, 48)

そして主は言われた、

 

 「ロトがソドムから出た日に、天から火と硫黄が降り、すべての者を滅ぼした。人の子が現われる日に、同じようにこのことが起こる」(ルカ17:29, 30)

 

 「火と硫黄」が何か、452, 494番に見られる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark