RECOMMEND
RECOMMEND
スヴェーデンボリの夢日記
スヴェーデンボリの夢日記 (JUGEMレビュー »)
エマヌエル・スヴェーデンボリ
RECOMMEND
RECOMMEND
新しいエルサレムの教え 信仰について
新しいエルサレムの教え 信仰について (JUGEMレビュー »)
エマヌエル・スヴェーデンボリ,Emanuel Swedenborg
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 原典講読『結婚愛』12
    匿名 (03/27)
  • 原典講読『真のキリスト教』850,851
    匿名 (02/26)
  • 原典講読『真のキリスト教』798(直訳[6]~終わりまで)
    匿名 (02/05)
  • 原典講読『真のキリスト教』794,795
    匿名 (01/27)
  • 原典講読『真のキリスト教』762
    匿名 (01/02)
  • 原典講読『真のキリスト教』711,712
    匿名 (10/31)
  • 原典講読『真のキリスト教』665(直訳[3])
    匿名 (08/30)
  • 原典講読『真のキリスト教』660
    匿名 (08/12)
  • 原典講読『真のキリスト教』653
    匿名 (08/06)
  • 原典講読『真のキリスト教』603,604
    Fereydun (06/25)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Swedenborg and Latin from A to Z

スヴェーデンボリの著作の翻訳者によるブログです。スヴェーデンボリとラテン語に関するいろいろな話題や情報を提供します。
原典講読『結婚愛』490

(1)原文

490. (x.) Quod adulteria tertii gradus sint adulteria rationis, quae fiunt ab illis, qui intellectu confirmant quod non mala peccati sint.― Omnis homo scit, quod detur voluntas et intellectus; nam dum loquitur, dicit, hoc volo et hoc intelligo; at usque non distinguit, sed unum facit idem cum altero. Causa est, quia solum reflectit super illa quae cogitationis ex intellectu sunt, et non super illa quae amoris ex voluntate sunt, haec enim non apparent in luce sicut illa. Attamen qui non discriminat voluntatem et intellectum inter se, non potest discriminare mala et bona inter se, et inde prorsus non scire aliquid de culpa peccati. Sed quis non scit, quod bonum et verum duo distincta sint, sicut amor et sapientia? et quis, dum in rationali lumine est, inde non concludere potest, quod duo sint in homine, quae distincte recipiunt et addicant sibi illa, et quod unum sit voluntas, ac alterum intellectus, ex causa quia id quod voluntas recipit et reproducit dicitur bonum, ac id quod intellectus recipit dicitur verum? nam quod voluntas amat et facit appellatur bonum, et quod intellectus percipit et cogitat, appellatur verum. [2] Nunc quia de conjugio boni et veri in Parte Prima hujus operis actum est, ac ibi de voluntate et intellectu, ac de utriusque variis attributis et praedicatis, plura adducta sunt, (quae, ut autumo, percipiuntur etiam ab illis, qui non aliquid distincte de intellectu et voluntate cogitaverant; ratio enim humana talis est, ut vera ex luce illorum, tametsi illa non prius distinxit, intelligat;) ut ergo discrimina intellectus et voluntatis clarius percipiantur, aliqua hic tradam, propter finem, ut sciatur, qualia sunt adulteria rationis seu intellectus, et postea qualia sunt adulteria voluntatis. [3] Pro cognitione de his, inserviant haec: (1.) Quod voluntas sola ex se nihil agat, sed quod quicquid agit per intellectum agat. (2.) Vicissim etiam, quod intellectus solus ex se nihil agat, sed quod quicquid agit ex voluntate agat. (3.) Quod voluntas in intellectum influat, non autem intellectus in voluntatem, sed quod intellectus doceat quid bonum et malum est, et consulat voluntatem ut ex duobus illis eligat et faciat quod placiti ejus est. (4.) Quod post haec fiat conjunctio dupla; una in qua voluntas ab intra agit et intellectus ab extra; altera, in qua intellectus ab intra agit, et voluntas ab extra: ita distinguuntur adulteria rationis, de quibus hic, ab adulteriis voluntatis, de quibus sequitur: distinguuntur, quia unum est gravius altero; est enim adulterium rationis minus grave quam adulterium voluntatis: causa est, quia in adulterio rationis agit intellectus ab intra, et voluntas ab extra; at in adulterio voluntatis agit voluntas ab intra ac intellectus ab extra; ac voluntas est ipse homo, ac intellectus est homo ex voluntate; ac id quod intra agit, dominatur super id quod extra agit.

 

(2)直訳

490. (x.) Quod adulteria tertii gradus sint adulteria rationis, quae fiunt ab illis, qui intellectu confirmant quod non mala peccati sint.― 490.(10) 第三の段階の姦淫は、理性の姦淫であること、それは彼らにより行なわれる、その者は理解力で確信する、罪の悪でないことを。

Omnis homo scit, quod detur voluntas et intellectus; すべての人間は知っている、意志と理解力が存在すること。

nam dum loquitur, dicit, hoc volo et hoc intelligo; なぜなら、〔人々が〕話す時、言うからである、これを私は欲する、これを私は理解する。

at usque non distinguit, sed unum facit idem cum altero. しかし、それでも、区別しない、しかし、一つのものにする、もう一つのものと同じもの。

Causa est, quia solum reflectit super illa quae cogitationis ex intellectu sunt, et non super illa quae amoris ex voluntate sunt, haec enim non apparent in luce sicut illa. 理由がある、それらについてだけ熟考するからである、それらは理解力からの思考のものである、またそれらについて〔熟考し〕ない、それらは意志からの愛のものである、というのは、これら〔後者〕は光の中でそれら〔前者〕のように見えないから。

Attamen qui non discriminat voluntatem et intellectum inter se, non potest discriminare mala et bona inter se, et inde prorsus non scire aliquid de culpa peccati. しかしながら、意志と理解力をそれ自体の間で区別しない者は、善と悪をそれ自体の間で区別することができない、またここからまったく知ることが〔でき〕ない、罪の責任(過失)ついて何らかのものを。

Sed quis non scit, quod bonum et verum duo distincta sint, sicut amor et sapientia? しかし、だれが知らないか? 善と真理が二つの区別のある(別々の)のであること、愛と知恵のように。

et quis, dum in rationali lumine est, inde non concludere potest, quod duo sint in homine, quae distincte recipiunt et addicant sibi illa, et quod unum sit voluntas, ac alterum intellectus, ex causa quia id quod voluntas recipit et reproducit dicitur bonum, ac id quod intellectus recipit dicitur verum? まただれが、理性的な光の中にいる時、ここから結論することができないか? 人間の中に二つのものがあること、それらは明瞭に(区別して)それら自身にそれらを受け入れ、また割り当てる、また、一つは意志、そしてもう一つは理解力であること、理由から、それは、意志が受け入れ、また再現するものは善と呼ばれる、そして、それは、理解力が受け入れるものは真理と呼ばれる。

nam quod voluntas amat et facit appellatur bonum, et quod intellectus percipit et cogitat, appellatur verum. なぜなら、意志が愛する、また行なうものは善と呼ばれる、また、理解力が知覚する、また考えるものは真理と呼ばれるからである。

[2] Nunc quia de conjugio boni et veri in Parte Prima hujus operis actum est, ac ibi de voluntate et intellectu, ac de utriusque variis attributis et praedicatis, plura adducta sunt, (quae, ut autumo, percipiuntur etiam ab illis, qui non aliquid distincte de intellectu et voluntate cogitaverant; [2] さて、善と真理の結婚についてこの著作の「第一部」の中で扱われているので、そしてそこに意志と理解力について、そして両方の特質(属性)と属性のいろいろなものについて、多くのものが示されている、(それらは、私が推測する(思う)ように、彼らにもまた知覚されている、その者は理解力と意志について何らかのものを明瞭に考えなかった。

ratio enim humana talis est, ut vera ex luce illorum, tametsi illa non prius distinxit, intelligat;) というのは、人間の理性はこのようなものであるから、真理をそれらの光から、理解するような〔ものである〕、たとえそれらのもの〔真理〕を以前に区別しなかったにしても)。

ut ergo discrimina intellectus et voluntatis clarius percipiantur, aliqua hic tradam, propter finem, ut sciatur, qualia sunt adulteria rationis seu intellectus, et postea qualia sunt adulteria voluntatis. それゆえ、理解力と意志の相違がはっきりと知覚されるために、何らかのものをここに私は伝えよう(述べよう)、目的のために、知られるために、理性の、すなわち理解力の姦淫がどんなものか、またその後、意志の姦淫がどんなものか。

[3] Pro cognitione de his, inserviant haec: [3] これらについて認識のために、これらが役立つであろう。

(1.) Quod voluntas sola ex se nihil agat, sed quod quicquid agit per intellectum agat. (1) 意志だけでは、それ自体から何も働かない、しかし、どんなものでも働く、理解力によって働くこと。

(2.) Vicissim etiam, quod intellectus solus ex se nihil agat, sed quod quicquid agit ex voluntate agat. (2) さらにまた逆に、理解力だけでは、それ自体から何も働かない、しかし、どんなものでも働く、意志から働くこと。

(3.) Quod voluntas in intellectum influat, non autem intellectus in voluntatem, sed quod intellectus doceat quid bonum et malum est, et consulat voluntatem ut ex duobus illis eligat et faciat quod placiti ejus est. (3) 意志は理解力の中へ流入すること、けれども、理解力は意志の中に〔流入し〕ない、しかし、理解力は何が善と悪であるか教えること、また意志に諮る(相談する)それら二つのものから選ぶ、また行なう、その気に入る(心地よい)ものを。

(4.) Quod post haec fiat conjunctio dupla; (4) この後、二重の結合が生じること。

una in qua voluntas ab intra agit et intellectus ab extra; 一つは、その中で意志が内部から働く、また理解力が外部から。

altera, in qua intellectus ab intra agit, et voluntas ab extra: もう一つは、その中で理解力が内部から働く、また意志が外部から。

ita distinguuntur adulteria rationis, de quibus hic, ab adulteriis voluntatis, de quibus sequitur: そのように理性の姦淫は区別される、それらについてここに、意志の姦淫から、それらについて続けられる。

distinguuntur, quia unum est gravius altero; 区別される、一つのものはさらにきびしいから、もう一つのもの〔よりも〕。

est enim adulterium rationis minus grave quam adulterium voluntatis: というのは、理性〔から〕の姦淫は意志〔から〕の姦淫よりもきびしさが少ないからである。

causa est, quia in adulterio rationis agit intellectus ab intra, et voluntas ab extra; 理由がある、理性の姦淫は理解力が内部から働くからである、また意志が外部から。

at in adulterio voluntatis agit voluntas ab intra ac intellectus ab extra; しかし、意志の姦淫は意志が内部から働くからである、そして理解力が外部から。

ac voluntas est ipse homo, ac intellectus est homo ex voluntate; そして、意志は人間そのものである、そして理解力は意志から人間である。

ac id quod intra agit, dominatur super id quod extra agit. そして、それが、内部で働くもの、それ(の上)を支配する、外部で働くもの。

 

(3)訳文

490.(10) 第三段階の姦淫は、理性の姦淫であり、それは理解力で、罪の悪でないことを確信する者により行なわれる。

 すべての人間は、意志と理解力が存在することを知っている。なぜなら、〔人々は〕話す時、これを私は欲する、これを私は理解すると言うからである。しかし、それでも、区別しないで、一つのもの、もう一つものと同じものにする。

 その理由は、理解力からの思考に属すものについてだけ熟考するからである、また意志からの愛に属すものについては〔熟考し〕ない、というのは、これら〔後者〕は光の中でそれら〔前者〕のように見えないからである。

 しかしながら、意志と理解力をそれ自体の間で区別しない者は、善と悪をそれ自体の間で区別することができない、またここから罪の責任(過失)ついて何らかのものをまったく知ることが〔でき〕ない。

 しかし、善と真理が、愛と知恵のように二つの区別のあるのであることを、だれが知らないか? また、理性的な光の中にいる時、だれが、ここから結論することができないか? 人間の中に二つのものがあり、それらは区別してそれら自身にそれら二つのもの〔善と真理〕を受け入れ、割り当て、また、その一つが意志、そしてもう一つが理解力であることである。その理由は、意志が受け入れ、再現するものが善と呼ばれ、そして、理解力が受け入れるものが真理と呼ばれるからである。

なぜなら、意志が愛し、行なうものは善と呼ばれ、また、理解力が知覚し、考えるものは真理と呼ばれるからである。

[2] さて、善と真理の結婚についてこの著作の「第一部」の中で扱われ、そしてそこに意志と理解力について、そして両方の特質と属性のいろいろなものについて、多くのものが示されているので、(それらは、私が推測するに、理解力と意志について何らかのものを明瞭に考えなかった者にもまた知覚されている、というのは、人間の理性は、たとえそれらのもの〔真理〕を以前に区別しなかったにしても、真理をそれらの光から、理解するようなものであるから)。それゆえ、理解力と意志の相違がはっきりと知覚されるために、何らかのものを私はここに述べよう、理性の、すなわち理解力の姦淫がどんなものか、またその後、意志の姦淫がどんなものか知られる目的のために。

 [3] これらについて認識するために、これらが役立つであろう。

 (1) 意志だけでは、それ自体から何も働かない、しかし、働くどんなものでも、理解力によって働くこと。

(2) また逆に、理解力だけでは、それ自体から何も働かない、しかし、働くどんなものでも、意志から働くこと。

 (3) 意志は理解力の中へ流入する、けれども、理解力は意志の中に流入しないこと、しかし、理解力は何が善と悪であるか教え、意志に諮りそれら二つのものから、その心地よいものを選び、行なうこと。

 (4) この後、二重の結合が生じること。一つは、その中で意志が内部から、理解力が外部から働く。もう一つは、その中で理解力が内部から、意志が外部から働く。そのように理性の姦淫は意志の姦淫から区別され、ここにその理性の姦淫について、それらについて区別が続けられる、一つのものは、もう一つのもの〔よりも〕さらにきびしいからである。というのは、理性〔から〕の姦淫は意志〔から〕の姦淫よりもきびしさが少ないからである。その理由は、理性の姦淫は理解力が内部から、意志が外部から働くからである。しかし、意志の姦淫は意志が内部から、そして理解力が外部から働くからである。そして、意志は人間そのものであり、そして理解力は意志からの人間である。そして、内部で働くものが、外部で働くものを支配する。

| 原典講読『結婚愛』 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原典講読『結婚愛』489

(1)原文

489. (ix.) Quod adulteria ab his facta, imputatoria sint, sicut postea intellectus illis favet vel non favet. Quantum intellectus favet malis, tantum homo appropriat sibi illa, ac facit sua; favor est consensus, ac consensus inducit menti statum amoris illorum: simile est cum adulteriis, quae principio absque consensu intellectus facta sunt, et faventur; contrarium fit, si postea non faventur; causa est, quia mala aut adulteria, quae fiunt in occaecatione intellectus, fiunt ex concupiscentia corporis, quae similitudine accedunt ad instinctus, quales sunt apud bestias: apud hominem quidem intellectus adest dum fiunt, sed in vi passiva seu mortua, non autem in vi activa seu viva. Ex his a se sequitur, quod talia non imputentur, nisi quantum postea faventur vel non faventur. Per imputationem intelligitur hic incusatio post mortem, et inde judicatio, quae fit secundum statum spiritus hominis: non autem intelligitur inculpatio ab homine coram judice; haec non fit secundum statum spiritus ejus, sed corporis in facto; quae nisi differrent, post mortem absolverentur qui absolvuntur in mundo, et condemnarentur qui damnantur ibi, et sic non his foret aliqua spes salutis.

 

(2)直訳

489. (ix.) Quod adulteria ab his facta, imputatoria sint, sicut postea intellectus illis favet vel non favet.― 489.(9) これらの者により行なわれた姦淫は罪を帰すことができること、その後、それらに理解力が賛同するに応じて、あるいは賛同しない。

Quantum intellectus favet malis, tantum homo appropriat sibi illa, ac facit sua; どれだけ理解力が悪を賛同するか〔によって〕、それだけ人間は自分自身にそれを占有する(所有する・自分のものとする)、そして自分のものにする。

favor est consensus, ac consensus inducit menti statum amoris illorum: 好意(賛同)は承諾(一致)である、そして承諾(一致)は心にそれら(へ)の愛の状態をひき起こす。

simile est cum adulteriis, quae principio absque consensu intellectus facta sunt, et faventur; 姦淫に同様である、それは最初は理解力の承諾(一致)なしに行なわれる、また賛同される。

contrarium fit, si postea non faventur; 正反対のものが生じる、もし、その後、賛同しないなら。

causa est, quia mala aut adulteria, quae fiunt in occaecatione intellectus, fiunt ex concupiscentia corporis, quae similitudine accedunt ad instinctus, quales sunt apud bestias: 理由がある、悪または姦淫は、それは理解力の見えないこと(盲目)の中で行なわれる、身体の欲望から行なわれるからである、それは似ていること(類似性)本能へ近づく、獣のもとにあるようなもの〔である〕。

apud hominem quidem intellectus adest dum fiunt, sed in vi passiva seu mortua, non autem in vi activa seu viva. 人間のもとに、確かに理解力がある、〔悪または姦淫が〕行なわれる時、しかし、受動的な、または死んだ力の中に、けれども、能動的な、または生きている力の中にない。

Ex his a se sequitur, quod talia non imputentur, nisi quantum postea faventur vel non faventur. これらから、それ自体から言える、このようなものが転嫁されないこと、その後、賛同されないかぎりでないなら、あるいは、賛同されない〔こと〕。

Per imputationem intelligitur hic incusatio post mortem, et inde judicatio, quae fit secundum statum spiritus hominis: 転嫁によって、死後のこの告発、またここからの裁判が意味(理解)される、それは人間の霊の状態にしたがって生じる。

non autem intelligitur inculpatio ab homine coram judice; けれども、人間による裁判官の前の批難(譴責)は意味(理解)されない。

haec non fit secundum statum spiritus ejus, sed corporis in facto; これは彼の霊の状態にしたがって行なわれない、しかし行為の中の身体の〔状態にしたがっている〕。

quae nisi differrent, post mortem absolverentur qui absolvuntur in mundo, et condemnarentur qui damnantur ibi, et sic non his foret aliqua spes salutis. これらが相違しないなら、死後、赦される、その者は世の中で赦された、また有罪とされる、その者はそこに断罪された、またこのようにこれらの者に救いの何らかの希望はなかったであろう。

 

(3)訳文

489.(9) これらの者により行なわれた姦淫は、その後、それらに理解力が賛同するかあるいは賛同しないことに応じて、罪を帰すことができる。

 理解力が悪を賛同ればするほど、それだけ人間はそれを自分自身に占有し、そして自分のものにする。賛同は承諾であり、そして承諾は心にそれらへの愛の状態をひき起こす。姦淫も同様である、それは最初、理解力の承諾なしに行なわれ、賛同される。もし、その後、賛同しないなら、正反対のものが生じる。その理由は、盲目の理解力ので行なわれる悪または姦淫は、身体の欲望から行なわれ、それは類似性で、獣のもとにあるような本能へ近づくからである。〔悪または姦淫が〕行なわれる時、人間のもとに、確かに、理解力がある、しかし、受動的なまたは死んだ力の中に〔あり〕、(けれども、)能動的なまたは生きている力の中にはない。

 これらから、その後、賛同されないかぎり、このようなものが転嫁されない、あるいは、賛同されないことがそれ自体から言える。

 転嫁によって、死後のこの告発、またここからの裁判が意味され、それは人間の霊の状態にしたがって生じる。けれども、人間による裁判官の前の批難(譴責)は意味されない。これは彼の霊の状態にしたがって行なわれない、しかし、行為の中の身体の状態にしたがって行なわれる。これらが相違しないなら、世の中で赦された者は死後も赦され、そこで断罪された者は、〔ここでも〕また有罪とされ、このようにこれらの者に救いの何らかの希望はなかったであろう。

| 原典講読『結婚愛』 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原典講読『結婚愛』488

(1)原文

488. (viii.) Quod adulteria secundi gradus sint adulteria libidinis, quae fiunt ab illis, qui quidem possunt consulere intellectum, sed propter contingentes causas illis momentis non possunt. Sunt duo, quae in principio apud hominem, qui a naturali fit spiritualis, inter se pugnant, quae communiter vocantur spiritus et caro; et quia amor conjugii est spiritus, et amor adulterii est carnis, fit tunc etiam pugna inter illos: si amor conjugii vincit, domat et subjugat ille amorem adulterii, quod fit per remotionem: at si contingit, quod libido carnis excitetur in aestum ultra quam ut spiritus ex ratione possit cohibere, sequitur, quod invertatur status, ac aestus libidinis obfundat spiritum illecebra, usque ut non amplius {1}suae rationis, et inde sui juris sit: hoc intelligitur per adulteria secundi gradus, quae fiunt ab illis, qui quidem possunt consulere intellectum, sed propter contingentes causas illis momentis non possunt. [2] Sed sint exempla illustrationi: ut si uxor meretrix astutiis captat animum viri, alliciendo in thalamum, et exaestuando usque dum impos judicii evadit; et plus si tunc etiam, objicit ignominiam, si non: pariter si aliqua uxor meretrix callet praestigias, aut veneficiis accendit virum eo usque ut oestrum carnis auferat intellectui liberum rationis: similiter si vir suavibus allectamentis, adducit uxorem alterius usque dum voluntas ejus accensa non amplius suae potentiae sit; praeter similia alia. Quod haec et parilia contingentia leniant gravitatem adulterii, ac in mitiorem partem vertant praedicationes vituperii ejus pro seducto aut seducta, ratio favet et adstipulatur. De imputatione hujus gradus adulterii sequitur.

 

  @1. suae pro "non suae"

 

(2)直訳

488. (viii.) Quod adulteria secundi gradus sint adulteria libidinis, quae fiunt ab illis, qui quidem possunt consulere intellectum, sed propter contingentes causas illis momentis non possunt.― 488.(8) 第二の段階の姦淫は、情欲の姦淫であること、それは彼らにより行なわれる、その者は確かに理解力に相談する(諮る)ことができる、しかし、それらに瞬間の偶発的な原因のために〔諮ることが〕できない。

Sunt duo, quae in principio apud hominem, qui a naturali fit spiritualis, inter se pugnant, quae communiter vocantur spiritus et caro; 二つのものがある、それらは最初は()人間のもとに、その者は自然的なものから霊的なものになる、それ自体の間で(=互いに)争う、それらは一般的に(通例)霊と肉と呼ばれる。

et quia amor conjugii est spiritus, et amor adulterii est carnis, fit tunc etiam pugna inter illos: また結婚愛は霊のものである、また姦淫愛は肉のものであるので、その時もまた、それらの間に闘争が生じる。

si amor conjugii vincit, domat et subjugat ille amorem adulterii, quod fit per remotionem: もし、結婚愛が勝つなら、その姦淫愛を支配する、また征服する(抑制する)、そのことは移動(距離を置くこと)によって行なわれる。

at si contingit, quod libido carnis excitetur in aestum ultra quam ut spiritus ex ratione possit cohibere, sequitur, quod invertatur status, ac aestus libidinis obfundat spiritum illecebra, usque ut non amplius {1}suae rationis, et inde sui juris sit: しかし、もし起こるなら、肉の情欲が熱(熱情)の中にかきたてられること、霊が理性から抑えることができないように以上に越えて、状態はひっくり返されること、そして情欲の熱(熱情)が霊を誘惑(するもの)で圧倒する(のみ込む)、もはや自分の理性で〔抑えることができ〕ないようにまでも、またここから自分の責任がある。

hoc intelligitur per adulteria secundi gradus, quae fiunt ab illis, qui quidem possunt consulere intellectum, sed propter contingentes causas illis momentis non possunt. このことが第二の段階の姦淫によって理解(意味)される、それは彼らにより行なわれる、その者は確かに理解力に相談する(諮る)ことができる、しかし、それらに瞬間の偶発的な原因のために〔諮ることが〕できない。

[2] Sed sint exempla illustrationi: [2] しかし、説明の例がある。

ut si uxor meretrix astutiis captat animum viri, alliciendo in thalamum, et exaestuando usque dum impos judicii evadit; 例えば、もし、淫婦の妻がさらに狡猾に男のアニムス(心)捕えるなら、寝室に引き入れて、また判断で逃げる〔ことが〕できないまでも興奮させて。

et plus si tunc etiam, objicit ignominiam, si non: またさらに、もし、その時もまた、恥辱を批難する、もし、〔同意し〕ないなら。

pariter si aliqua uxor meretrix callet praestigias, aut veneficiis accendit virum eo usque ut oestrum carnis auferat intellectui liberum rationis: 同じく、もし、淫婦の何らかの妻が、策略(妖術)を知っているなら、または薬物(魔術)☆で男を刺激する(燃え立たせる)、その点までも、肉の興奮が理性の理解力の自由を取り去る。

古代では「薬物(麻薬)」と「魔術」の使用の区別が難しかった、それでveneficiumにはこの二つの意味があります。

similiter si vir suavibus allectamentis, adducit uxorem alterius usque dum voluntas ejus accensa non amplius suae potentiae sit; 同様に、もし、男が誘惑物の心地よいもので、他の者の妻を引き寄せるなら、その意志を燃え立たせるまでも、もはや自分の〔自制する〕力がない。

praeter similia alia. ほかに〔も〕他の同様のもの〔がある〕。

Quod haec et parilia contingentia leniant gravitatem adulterii, ac in mitiorem partem vertant praedicationes vituperii ejus pro seducto aut seducta, ratio favet et adstipulatur. これらや同様の偶発的なものが姦淫の重大さを和らげる、そして穏やかな部分の中に向きを変えることを、迷わした者(男)または迷わした者(女)のためにその侮辱の属性の割り当てを、理性は賛同する、また支持する(astipulor)

De imputatione hujus gradus adulterii sequitur. この段階の姦淫の転嫁について続けられる。

@1. suae pro "non suae" 注1 non suaeわりに suae

 

(3)訳文

488.(8) 第二段階の姦淫は、情欲の姦淫であり、それは確かに理解力に諮ることができる、しかし、それらに瞬間の偶発的な原因のために〔諮ることが〕できない者により行なわれる。

 自然的なものから霊的なものになる人間のもとで、最初に、互いに争う二つのものがある、それらは一般的に霊と肉と呼ばれる。また結婚愛は霊のものであり、姦淫愛は肉のものであるので、その時、それらの間に闘争もまた生じる。もし、結婚愛が勝つなら、その姦淫愛を支配し、征服し、そのことは距離を置くことによって行なわれる。しかし、もし、霊が理性から抑えることができる以上にこれを越えて、情熱の中で肉の情欲がかきたてられることが起こるなら、状態はひっくり返され、そして情欲の熱情が霊を誘惑で、もはや自分の理性で〔抑えることができ〕ないようにまでも圧倒する、またここから自分の責任がある。このことが第二の段階の姦淫によって意味され、それは確かに理解力に諮ることができる、しかし、それらに瞬間の偶発的な原因のために〔諮ることが〕できない者により行なわれる。

[ [2] しかし、説明の例がある。例えば、もし、淫婦の妻が狡猾に男のアニムス(心)捕え、寝室に引き入れて、また判断で逃げる〔ことが〕できないまでも興奮させるなら。またさらに、もし、その時もまた、恥辱を批難するなら、もし、〔同意し〕ないなら。同じく、もし、淫婦の何らかの妻が、肉の興奮が理性の理解力の自由を取り去るような策略(妖術)を、または薬物(魔術)☆で男を刺激する(燃え立たせる)ことを知っているなら。同様に、もし、男が誘惑物の心地よいもので、他の者の妻を、その意志を燃え立たせるまでも引き寄せ、もはや彼女に〔自制する〕力がないなら。ほかに〔も〕他の同様のもの〔がある〕。

これらや同様の偶発的なものが姦淫の重大さを和らげ、そして、迷わしたまたは迷わした女のために、その侮辱の属性の割り当てを穏やかな部分へと向きを変えることを、理性は賛同し、支持する。

 この段階の姦淫の転嫁について〔次に〕続けられる。

 

古代では「薬物(麻薬)」と「魔術」の使用の区別が難しかったようです、それでここの原語veneficiumには「薬物」と「魔術」の二つの意味があります。この二つの意味を合わせ持つような言葉があるとよいのですが。

| 原典講読『結婚愛』 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原典講読『結婚愛』487

(1)原文

487. (vii.) Quod adulteria ab his facta sint mitia, constat ex supradictis (n. 486), absque ulteriore confirmatione; notum enim est, quod qualitas omnis facti, in genere qualitas omnis rei, dependeat a circumstantiis, et quod hae mitigent aut aggravent: sed hujus gradus adulteria sunt mitia primis temporibus dum fiunt; et quoque manent mitia quantum ille vel illa in sequente vitae curriculo, abstinet ab illis, propter causas, quia sunt mala contra Deum, vel quia sunt mala contra proximum, vel quia sunt mala contra bonum civitatis, et ex his aut ex illis quia sunt mala contra rationem; vicissim autem numerantur illa etiam inter gravia, si non abstinent ab illis propter unam ex memoratis causis; ita est secundum Legem Divinam, (Ezech. xviii. 21, 22, 24, et alibi): ab homine autem exculpari et inculpari, aut praedicari et judicari, ut mitia aut gravia, ex illis circumstantiis, non possunt, quia non apparent coram illo, imo nec ejus judicii est; quare intelligitur, quod post mortem ita reputentur ac imputentur.

 

(2)直訳

487. (vii.) Quod adulteria ab his facta sint mitia, constat ex supradictis (n. 486), absque ulteriore confirmatione; 487.(7) これらの者により行なわれた姦淫は穏やかである(きびしくない)ことは、上述のこと(486)から明らかである、さらなる確証なしに。

notum enim est, quod qualitas omnis facti, in genere qualitas omnis rei, dependeat a circumstantiis, et quod hae mitigent aut aggravent: というのは、よく知られているから、すべての行為の性質(特質)は、一般に、すべての事柄の性質は、事情に依存していること、またこれらが和らげる、また重くする(重苦しくする)こと。

sed hujus gradus adulteria sunt mitia primis temporibus dum fiunt; しかし、この段階の姦淫は、行なわれる時、最初の時に穏やかである。

et quoque manent mitia quantum ille vel illa in sequente vitae curriculo, abstinet ab illis, propter causas, quia sunt mala contra Deum, vel quia sunt mala contra proximum, vel quia sunt mala contra bonum civitatis, et ex his aut ex illis quia sunt mala contra rationem; そしてまた、穏やかなものにとどまる、どれだけ彼または彼女が続く生活行路の中で、それらをやめる(断つ)〔かによって〕、理由のために、神に反する悪であるので、あるいは、隣人に反する悪であるので、あるいは市民の善に反する悪であるので、またこれらからまたはそれらから、理性に反する悪であるので。

vicissim autem numerantur illa etiam inter gravia, si non abstinent ab illis propter unam ex memoratis causis; けれども逆に、それらは重いものの間にもまた数えられる、もし、それらをやめ(断た)ないなら、話しに出された理由からの一つのために。

ita est secundum Legem Divinam, (Ezech. xviii. 21, 22, 24, et alibi): そのように、神的な律法にしたがっている(エゼキエル18:21, 22, 24、また他の箇所に)

ab homine autem exculpari et inculpari, aut praedicari et judicari, ut mitia aut gravia, ex illis circumstantiis, non possunt, quia non apparent coram illo, imo nec ejus judicii est; けれども、人間により弁解されることや批難されること、または属性づけられることや裁かれること、穏やかなものまたはきびしいものとして、それらの事情から、できない、彼の前に見られないからである、それどころか彼の判断の中にもない。

quare intelligitur, quod post mortem ita reputentur ac imputentur. それゆえ、理解(意味)される、死後、そのように見なされる、そして転嫁されること。

 

(3)訳文

487.(7) これらの者により行なわれた姦淫は穏やかであることは前述のこと(486)から、さらなる確証なしに明らかである。というのは、すべての行為の性質は、一般に、すべての事柄の性質は、事情に依存していて、またこれらが和らげ、また重くすることがよく知られているからである。しかし、この段階の姦淫は、行なわれる時、最初の時に穏やかである。そしてまた、彼または彼女が続く生活行路の中で、神に反する悪であるので、あるいは隣人に反する悪であるので、あるいは市民の善に反する悪であるので、またそれらを理性に反する悪であるという理由のために、どれだけそれらを断つ〔かによって〕、穏やかなものにとどまる。けれども逆に、話しに出された理由からの一つのために、もし、それらを断たないなら、それらは重いものの間にもまた数えられる。そのように、神的な律法にしたがっている(エゼキエル18:21, 22, 24、また他の箇所に)。けれども、それらの事情から、穏やかなものまたはきびしいものとして、人間により弁解されることや批難されること、または属性づけられることや裁かれることは、できない、彼の前に見られない、それどころか彼の判断の中にもないからである。それゆえ、死後、そのように見なされ、そして転嫁されることが意味される。

| 原典講読『結婚愛』 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原典講読『結婚愛』486

(1)原文

486. (vi.) Quod adulteria primi gradus sint adulteria ignorantiae, quae fiunt ab illis, qui nondum vel non possunt consulere intellectum, et inde inhibere illa. Omnia mala, ita quoque adulteria in se spectata sunt simul interni et externi hominis; internus intendit illa, et externus facit illa; qualis itaque internus homo est in factis quae per externum fiunt, talia sunt facta in se spectata. Sed quia internus homo cum sua intentione non apparet coram homine, unusquisque judicandus est in foro ex factis et loquelis secundum legem sancitam et ejus cautelas; interior sensus legis etiam a judice dispiciendus est. Sed exempla illustrent; si forte adulterium fit a puero adolescente, qui nondum scit quod adulterium sit plus malum quam fornicatio; si simile fit ab homine extremae simplicitatis; si fit a quodam qui a morbo orbatur acie judicii; aut a quodam, ut aliquibus fit, qui alternis delirat, et tunc in statu est in quo sunt actuales deliri: tum etiam si fit in insaniente ebrietate, et sic porro; quod tunc internus homo, seu mens, non in externo adsit vix aliter quam in irrationali, constat: horum adulteria praedicantur ab homine rationali secundum illas circumstantias; at usque ab eodem ut judice factor inculpatur et punitur ex lege; at post mortem imputantur illa ex praesentia, qualitate, et facultate intellectus in voluntate illorum.

 

(2)直訳

486. (vi.) Quod adulteria primi gradus sint adulteria ignorantiae, quae fiunt ab illis, qui nondum vel non possunt consulere intellectum, et inde inhibere illa.― 486.(6) 最初(第一)の段階の姦淫は、無知の姦淫であること、それらは彼らにより行なわれる、その者はまだあるいは理解力に相談することができない、またここからそれを抑えること。

Omnia mala, ita quoque adulteria in se spectata sunt simul interni et externi hominis; すべての悪は、そのように本質的に眺められた姦淫もまた、同時に内なる人と外なる人のものである。

internus intendit illa, et externus facit illa; 内なるもの〔人〕がそれを意図する、また外なるもの〔人〕がそれを行なう。

qualis itaque internus homo est in factis quae per externum fiunt, talia sunt facta in se spectata. そこで、内なる人が行為の中でどのようなものであるか〔によって〕、それは外なるもの〔人〕によって行なわれる、本質的に眺められた行為はそのようなものである、

Sed quia internus homo cum sua intentione non apparet coram homine, unusquisque judicandus est in foro ex factis et loquelis secundum legem sancitam et ejus cautelas; しかし、内なる人はその意図とともに人間の前に見られないので、それぞれの者が広場(公会場)の中で裁かれなくてはならない、規定とその用人深い法律にしたがって行為と発言から。

interior sensus legis etiam a judice dispiciendus est. 法律の内的な意味もまた裁判官により細かい調べられ(吟味され)なければならない。

Sed exempla illustrent; しかし、例が説明する。

si forte adulterium fit a puero adolescente, qui nondum scit quod adulterium sit plus malum quam fornicatio; もし、ことによると姦淫が青年期の少年により行なわれるなら、その者はまだ姦淫が私通よりもさらに悪であることを知らない。

si simile fit ab homine extremae simplicitatis; もし、同様に、単純な外なる人により行なわれるなら。

si fit a quodam qui a morbo orbatur acie judicii; もし、ある者により行なわれるなら、その者は病気により判断で鋭さが奪われているなら。

aut a quodam, ut aliquibus fit, qui alternis delirat, et tunc in statu est in quo sunt actuales deliri: またはある者により、ある者により行われるように、その者は交替で気が狂う、またその時、状態の中にいる、その中で実際の精神錯乱(狂信)の。

tum etiam si fit in insaniente ebrietate, et sic porro; さらになおまた、もし酩酊の狂気(気ちがい沙汰)の中で行なわるなら、またこのようにさらに(等々)

quod tunc internus homo, seu mens, non in externo adsit vix aliter quam in irrationali, constat: その時、内なる人は、すなわち、心は、外なるもの〔人〕の中にほとんどいない、理性のないものの中に以外に異なって、明らかである。

horum adulteria praedicantur ab homine rationali secundum illas circumstantias; これらの姦淫は理性的な人間によりそれらの事情(状況・環境)にしたがって述べられる(属性づけられる)

at usque ab eodem ut judice factor inculpatur et punitur ex lege; しかしそれでも、裁判官としての同じ者により犯す者(張本人)が法律から罪を帰せられる、また罰せられる。

at post mortem imputantur illa ex praesentia, qualitate, et facultate intellectus in voluntate illorum. しかし、死後、それらは転嫁される、彼らの意志の中の理解力の現存、性質、また能力から。

 

(3)訳文

486.(6) 第一段階の姦淫は、無知の姦淫であり、それはまだ理解力に諮ること、またここからそれを抑えることができない者により行なわれる。

 すべての悪は、そのように本質的に眺められた姦淫もまた、同時に内なる人と外なる人のものである。内なる人がそれを意図し、外なる人がそれを行なう。そこで、外なる人によって行なわれる行為の中で、内なる人がどのようなものであるかによって、本質的に眺められた行為はそのようなものである。

 しかし、内なる人はその意図とともに人間の前に見られないので、それぞれの者が広場(公会場)の中で、規定とその用人深い法律にしたがって、行為と発言から裁かれなくてはならない。法律の内的な意味もまた裁判官により細かい調べられなければならない。

 しかし、例が説明する。もし、ことによると姦淫がまだ姦淫が私通よりもさらに悪であることを知らない青年期の少年により行なわれるなら、もし、同様に、単純な外なる人により行なわれるなら、もし、病気により判断で鋭さが奪われている者により行なわれるなら、または、交替で気が狂い、その時、実際の精神錯乱の状態の中にいる者により行われるように、行なわれるなら、さらにまた、もし酔っぱらった気ちがい沙汰)の中で行なわるなら、等々、その時、内なる人は、すなわち、心は、ほとんど理性のないものとなっている外なる人の中にいないことが明らかである。これらの姦淫は理性的な人間によりそれらの事情にしたがって属性づけられる。しかしそれでも、裁判官としての同じ者により、犯す者が法律から罪を帰せられ、罰せられる。しかし、死後、それらは、彼らの意志の中の理解力の現存、性質、能力により転嫁される。

| 原典講読『結婚愛』 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |