RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 443

(1) 原文

443. " Et audivi vocem unam ex quatuor cornubus altaris aurei quod coram Deo," [Vers. 14.] " dicentem sexto Angelo qui habebat tubam," significat mandatum a Domino e Caelo spirituali ad illos qui explorarent et manifestarent.Per "vocem unam" significatur Divinum mandatum; per "altare aureum," seu altare super quo fiebant suffitus, significatur Caelum Spirituale (n. 277, 392); per "quatuor cornua" illius altaris significatur potentia ejus (n. 270), hic potentia solvendi quatuor angelos vinctos ad flumen Euphratem, ut sequitur; per "sextum Angelum" qui habebat tubam, significatur ad illos quibus munus explorandi et manifestandi illa injunctum fuit (n. 442).

 

(2) 直訳

443. " Et audivi vocem unam ex quatuor cornubus altaris aurei quod coram Deo," [Vers. 14.] " dicentem sexto Angelo qui habebat tubam," significat mandatum a Domino e Caelo spirituali ad illos qui explorarent et manifestarent.― 443 「また、私は金の祭壇の四つの角(つの)ら一つの声を聞いた、それは神の前に、〔14節〕第六の天使に言った、その者はらっぱを持っていた」は、主による彼らへの霊的な天界からの命令を意味する、その者は調べる、また明らかにする――

Per "vocem unam" significatur Divinum mandatum; 「一つの声」によって、神的命令意味される

per "altare aureum," seu altare super quo fiebant suffitus, significatur Caelum Spirituale (n. 277, 392); 「金祭壇」、すなわちその上で香をたくことが行なわれる祭壇によって、霊的な天界が意味される(277, 392

per "quatuor cornua" illius altaris significatur potentia ejus (n. 270), hic potentia solvendi quatuor angelos vinctos ad flumen Euphratem, ut sequitur; その祭壇の「四つの(つの)」によって、その力が意味される(270番)、ここに四人の天使を解き放つ力〔が意味される〕、ユーフラテス(川)の川に縛られている、〔以下に〕続けられるように。

per "sextum Angelum" qui habebat tubam, significatur ad illos quibus munus explorandi et manifestandi illa injunctum fuit (n. 442). 「第六の天使」によって、その者はらっぱを持っていた、彼らへが意味される、その者にそれらを調べる、また明らかにする役目が負わされた(442

 

(3) 訳文

 443 「また、私は神の前にある金の祭壇の四つの角(つの)ら一つの声を聞いた、〔14節〕それ〔声〕が、らっぱを持っていた第六の天使に言った」は、調べ、明らかにする者への主による霊的な天界からの命令を意味する。

 「一つの声」によって、神的命令意味される。「金祭壇」、すなわちその上で香をたくことが行なわれる祭壇によって、霊的な天界が意味される(277, 392。その祭壇の「四つの(つの)」によって、その力が意味される(270番)、ここに〔以下に〕続けられるように、ユーフラテス川に縛られている四人の天使を解き放つ力〔が意味される〕。らっぱを持っていた第六の天使」によって、それらを調べ、明らかにする役目が負わされた彼らへが意味される(442

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 20:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 441,442

(1) 原文

441. [Vers. 12.] " Et vae unum praeteriit, ecce veniunt adhuc duo vae posthaec," significat ulteriores lamentationes super devastatione Ecclesiae.Quod "vae" significet lamentationem super calamitate, infelicitate et damnatione, videatur n. 416; hic itaque per "duo vae posthaec," significantur ulteriores lamentationes super statu Ecclesiae.

 

(2) 直訳

441. [Vers. 12.] " Et vae unum praeteriit, ecce veniunt adhuc duo vae posthaec," significat ulteriores lamentationes super devastatione Ecclesiae.― 441(12) 「一つのわざわいは通り過ぎた、見よ、さらに二つのわざわいがやって来る、この後」は、教会の荒廃の状態の上のさらなる悲嘆を意味する――

Quod "vae" significet lamentationem super calamitate, infelicitate et damnatione, videatur n. 416; 「わざわい」が災害(不幸)、不幸また断罪の上の悲嘆を意味することは416番に見られる。

hic itaque per "duo vae posthaec," significantur ulteriores lamentationes super statu Ecclesiae. そこで、ここにこの後の二つのわざわい」によって教会の状態の上のさらなるものが意味される。

 

(3) 訳文

 441(12) 「一つのわざわいは通り過ぎた、見よ、この後、さらに二つのわざわいがやって来る」は、教会の荒廃の状態の上のさらなる悲嘆を意味する(441)

 「わざわい」が災害、不幸また断罪の上の悲嘆を意味することは416番に見られる。そこで、ここにこの後の二つのわざわい」によって教会の状態の上のさらなるものが意味される。

 

(1) 原文

442. [Vers. 13.] " Et sextus Angelus clanxit," significat explorationem et manifestationem status vitae apud illos in Ecclesia Reformatorum qui non ita sapientes sunt, et usque omne religionis ponunt in fide, et illam solam cogitant, et nihil praeter illam et cultum solennem, et sic ad lubitum vivunt.Quod de his usque ad finem capitis agatur, ab explicatione sequentium patebit. Quod "clangere" significet explorare et manifestare statum Ecclesiae et inde vitae, quibus religio est sola fides, videatur supra (n. 397).


[2] Hi, de quibus nunc agitur, prorsus distincti sunt ab illis de quibus huc usque in hoc capite actum est, et quorum falsa fidei in formis locustarum visa sunt. Distincti sunt in eo: Quod illi de quibus actum est, incumbant studio explorandi arcana justificationis per fidem, et quoque tradendi ejus, tum etiam testimonia ejus, quae illis sunt bona vitae moralis et civilis, stabiliendo quod praecepta Verbi in se quidem Divina sint, sed quod apud hominem, quia ab ejus voluntate procedent, fiant naturalia, quae{1} cum spiritualibus fidei non conjunctionem habent; et quia haec per rationalia, quae sapiunt ex eruditione, confirmant, in plaga meridionali in abysso degunt, secundum descriptionem supra (n. 421). [3] At vero illi de quibus in nunc sequentibus ad finem capitis agitur, non student arcanis illis, sed modo nudam fidem faciunt omne religionis, et nihil praeter illam et solennem cultum, et sic ad lubitum vivunt. Hos datum etiam est videre, et cum illis loqui; degunt in plaga septentrionali in casis structis ex juncis et calamis calce incrustatis, in quibus humus est solum: casae illae sparsae sunt; ingeniosiores, qui ex naturali lumine per ratiocinia sciunt constabilire illam fidem, et confirmare quod illa nihil commune habeat cum vita, habitant anterius, simpliciores post illos, et stupidiores versus occidentem illius plagae; est illorum tanta multitudo, ut non credi possit. Erudiuntur a spiritibus angelicis; sed qui non recipiunt vera fidei et secundum illa vivunt, demittuntur in Infernum quod sub illis est, et incarcerantur.

@1 quae pro "qui"


 

(2) 直訳

442. [Vers. 13.] " Et sextus Angelus clanxit," significat explorationem et manifestationem status vitae apud illos in Ecclesia Reformatorum qui non ita sapientes sunt, et usque omne religionis ponunt in fide, et illam solam cogitant, et nihil praeter illam et cultum solennem, et sic ad lubitum vivunt.― 442(13) 「また、第六の天使が(らっぱを)吹いた」は、改革派の教会の中の彼らのもとの生活(いのち)の状態の調査と明示を意味する、その者はそのように賢明な者ではない、またそれでも宗教のすべてのものを信仰の中に置く、またそれらだけを考える、「またそれらと習慣的な礼拝のほかに何も〔考え〕ない、」またこのように好みのままに生きる――

Quod de his usque ad finem capitis agatur, ab explicatione sequentium patebit. これらの者が〔本〕章の終わりまで扱われていることは、続く説明から明らかになるであろう。

Quod "clangere" significet explorare et manifestare statum Ecclesiae et inde vitae, quibus religio est sola fides, videatur supra (n. 397). 「(らっぱを)吹くこと」が、教会とここからの生活(いのち)の状態を調査することまた明らかにすることを意味することが、彼らに宗教は信仰のみである、上に見られる(397


[2] Hi, de quibus nunc agitur, prorsus distincti sunt ab illis de quibus huc usque in hoc capite actum est, et quorum falsa fidei in formis locustarum visa sunt. [2] これらの者は、彼らについて今、扱われている、彼らからまったく区別される、彼らについてこここまで、この章の中で扱われた、また彼らの信仰の虚偽はイナゴの形の中で見られた。

Distincti sunt in eo:― このことの中で区別される――

Quod illi de quibus actum est, incumbant studio explorandi arcana justificationis per fidem, et quoque tradendi ejus, tum etiam testimonia ejus, quae illis sunt bona vitae moralis et civilis, stabiliendo quod praecepta Verbi in se quidem Divina sint, sed quod apud hominem, quia ab ejus voluntate procedent, fiant naturalia, quae{1} cum spiritualibus fidei non conjunctionem habent; 彼らは、彼らについて扱われている、信仰によって義認の秘義を調べようと追求(勉学)専心した、そしてまたその伝えようとする、なおまたさらにまたその証拠を、それらは彼らに〔とって〕道徳的なまた市民的な生活の善である、確かなものにすることに、〔それは〕みことばの戒めは本質的に確かに神的なものであること、しかし〔それは〕人間のもとで、彼の意志から発出するので、自然的なものになる、それは信仰の霊的なものと結合を持たない。

et quia haec per rationalia, quae sapiunt ex eruditione, confirmant, in plaga meridionali in abysso degunt, secundum descriptionem supra (n. 421). また、これらを理性的なものによって、それらは学問から味がする(気味がある)、確信するからである、深淵の中の南の方位の中で暮らす。

[3] At vero illi de quibus in nunc sequentibus ad finem capitis agitur, non student arcanis illis, sed modo nudam fidem faciunt omne religionis, et nihil praeter illam et solennem cultum, et sic ad lubitum vivunt. [3] しかし、彼らは、彼らについて今、続くものの中で〔この〕章の終わりまで扱われる、それらの秘義に専心しない(ばない)、しかし、ただ裸の(ありのままの)仰だけ宗教のすべてのものとする、またそれらと習慣的な礼拝のほかに何もない〔とする〕、またこのように好みのままに生きる。

Hos datum etiam est videre, et cum illis loqui; これらの者もまた見ることが与えられた、また彼らと話すこと。

degunt in plaga septentrionali in casis structis ex juncis et calamis calce incrustatis, in quibus humus est solum: 北の方位の中で暮らす、イグサとアシから建てられた小屋(あばら屋)の中に、石灰で塗られた、それらの中に土〔すなわち、土間〕だけがある。

casae illae sparsae sunt; それらの小屋(あばら屋)散在している。

ingeniosiores, qui ex naturali lumine per ratiocinia sciunt constabilire illam fidem, et confirmare quod illa nihil commune habeat cum vita, habitant anterius, simpliciores post illos, et stupidiores versus occidentem illius plagae; 才気ある者は、その者は自然的な光から(誤まった)論によってその信仰を確立することを知っている、また確信すること、〔それは〕それらが生活と何も共通なものがないこと、前部近くに住んでいる、単純な者は彼らの後ろに、また、さらに愚かな者は彼らの西の方位に向かって。

est illorum tanta multitudo, ut non credi possit. 彼らの群衆はそれほど多くのものである、信じられることができないような。

Erudiuntur a spiritibus angelicis; 天使的な霊たちにより教えられる。

sed qui non recipiunt vera fidei et secundum illa vivunt, demittuntur in Infernum quod sub illis est, et incarcerantur. しかし、信仰の真理を受け入れない者は、またそれらにしたがって生きる〔ない〕、地獄の中へ降ろされる、それは彼らの下にある、また閉じ込められる。

@1 quae pro "qui" 注1 qui」の代わりに quae

 

(3) 訳文

 442(13) 「また、第六の天使が(らっぱを)吹いた」は、改革派の教会の中の、そのように賢明な者ではない、それでも宗教のすべてのものを信仰の中に置き、それらだけを考え、またそれらと習慣的な礼拝のほかに何も考えず、好みのままに生きる者のもとの生活(いのち)の状態の調査と明示を意味する。

 これらの者が〔この〕章の終わりまで扱われていることは、続く説明から明らかになるであろう。

 「(らっぱを)吹くこと」が、彼らに宗教は信仰のみである教会とここからの生活(いのち)の状態を調査し、明らかにすることを意味することが前に見られる(397


 [2] 今、扱われているこれらの者は、ここまでこの章の中で扱われ、また彼らの信仰の虚偽がイナゴの形の中で見られた彼らからは、まったく区別される。

 このことで区別される――

 扱われている彼らは、信仰によって義認の秘義を調べよう、そしてまたその伝えよう、なおまたその証拠を、それらは彼らに〔とって〕道徳的なまた市民的な生活の善である、確かなものにしようとの追求に専心した者〔であり〕、みことばの戒めは本質的に確かに神的なものであること、しかし、人間のもとで、彼の意志から発出するので、信仰の霊的なものと結合を持たない自然的なものになるとする。また、これらを学問からの味がする理性的なものによって、確信するからであり、深淵の中の南の地方で暮らす。

 [3] しかし、今、続くものの中で〔この〕章の終わりまで扱われる彼らは、それらの秘義に専心しない、しかし、ただありのままの信仰だけを宗教のすべてのものとし、それらと習慣的な礼拝のほかに何でもないとし、このように好みのままに生きる。

 これらの者を見ること、彼らと話すこともまた与えられた。

北の地方で、石灰で塗られたイグサとアシから建てられた小屋の中で暮らす、それらの中に土間だけがある。それらの小屋散在している。自然的な光から論によってその信仰を確立し、また確信すること、それらが生活と何も共通なものがないことを知っている才気ある者は、前部に、単純な者は彼らの後ろに、また、さらに愚かな者は彼らの西の地方に住んでいる。彼らの群衆は信じられることができないようなそれほど多くのものである。

 天使的な霊たちにより教えられる。しかし、信仰の真理を受け入れない、またそれらにしたがって生きるない者は、彼らの下にある地獄の中へ降ろされ、閉じ込められる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 440

(1) 原文

440. [Vers. 11.] " Et habebant super se regem Angelum abyssi, nomen ei Hebraice Abaddon, et in Graeca nomen habet Apollyon," significat quod in Inferno satanico sint, qui in falsis ex concupiscentiis sunt, et per totalem falsificationem Verbi perdiderunt Ecclesiam.Per "regem angelum abyssi" non significatur aliquis angelus rex ibi, sed falsum ibi regnans; per "regem" enim in genuino sensu significatur qui in veris ex affectione boni est, et abstracte ipsum illud verum (n. 20), et inde in opposito sensu per "regem" significatur qui in falsis ex concupiscentia mali est, et abstracte ipsum illud falsum; per "abyssum" significatur Infernum satanicum, ubi illi (n. 387, 421{1}); per "nomen" significatur quale status (n. 81, 122, 165). "Abaddon" in lingua Hebraea est Perdens et Perditor, simile "Apollyon" in lingua Graeca, et hoc est falsum in extremis, quod per totalem falsificationem Verbi perdiderat Ecclesiam. Per "Abaddon" in textu Hebraeo significatur Perditio in his locis:

 

"Veritas Tua in Perditione" (Psalm. lxxxviii. 12 [B.A. 11]);

"Nudum Infernum coram illo, et non operimentum Perditioni" (Hiob xxvi. 6);

"Nam{2} ignis usque ad Perditionem devorabit" (Hiob xxxi. 12);

"Perditio et mors dicunt" (Hiob xxviii. 22{3}).

 

Alioquin vocatur Infernum et Diabolus

 

"Perditio" et "Perditor" (Esaj. liv. 16; Ezech. v. 16; cap ix 1; Exod. xii. 13),

 

sed alia voce.

@1 421 pro "428" @2 Nam pro "Num" @3 22 pro "12"

 

(2) 直訳

440. [Vers. 11.] " Et habebant super se regem Angelum abyssi, nomen ei Hebraice Abaddon, et in Graeca nomen habet Apollyon," significat quod in Inferno satanico sint, qui in falsis ex concupiscentiis sunt, et per totalem falsificationem Verbi perdiderunt Ecclesiam.― 440(11) 「また、自分たち自身の上に王を持っていた,深淵の御使い、彼の名前はヘブル語でアバドン(破壊者)、またギリシア語の名前の中で持っているアポリュオン(破壊者)」は、サタンの地獄の中にいることを意味する、その者は欲望からの虚偽の中にいる、また、みことばの全面的な虚偽化によって教会を滅ぼした――

Per "regem angelum abyssi" non significatur aliquis angelus rex ibi, sed falsum ibi regnans; 「王、深淵の御使い」によって、そこに王〔である〕何らかの御使いが意味されない、しかし、そこに支配する虚偽が。

per "regem" enim in genuino sensu significatur qui in veris ex affectione boni est, et abstracte ipsum illud verum (n. 20), et inde in opposito sensu per "regem" significatur qui in falsis ex concupiscentia mali est, et abstracte ipsum illud falsum; というのは、「王」によって、本物の(真正の、本来の)意味の中で、善の情愛からの真理の中にいる者が意味されるから、また抽象的にその真理そのものが〔意味される〕(20、またここから、正反対の意味の中で「王」によって悪の欲望から虚偽の中にいる者が意味される、また抽象的にその虚偽そのものが〔意味される〕。

per "abyssum" significatur Infernum satanicum, ubi illi (n. 387, 421{1}); 「深淵」によって、サタンの地獄が意味される、そこに彼らが〔いる〕(387, 421番)。

per "nomen" significatur quale status (n. 81, 122, 165). 「名前」によって状態の性質(どんなものか)意味される(81, 122, 165

"Abaddon" in lingua Hebraea est Perdens et Perditor, simile "Apollyon" in lingua Graeca, et hoc est falsum in extremis, quod per totalem falsificationem Verbi perdiderat Ecclesiam. 「アバドン」はヘブル語の中で「破壊している〔者〕」また「破壊者」である、同様のものが「アポリュオン」、ギリシア語の中で、またこれは最外部の中の虚偽である、それはみことばの全面的な虚偽化によって教会を滅ぼした。

Per "Abaddon" in textu Hebraeo significatur Perditio in his locis: 「アバドン」によってヘブル語の本文(原文)の中で破壊が意味される、これらの箇所の中に――

"Veritas Tua in Perditione" (Psalm. lxxxviii. 12 [B.A. 11]); 「あなたの狄人瓩破壊の中で」(詩篇88:11)

"Nudum Infernum coram illo, et non operimentum Perditioni" (Hiob xxvi. 6); 「地獄は彼の前に裸〔である〕、また、破壊におおいがない」(ヨブ記26:6)

"Nam{2} ignis usque ad Perditionem devorabit" (Hiob xxxi. 12); 「なぜなら、火は破壊にまでも食い尽すであろう」(ヨブ記31:12)

"Perditio et mors dicunt" (Hiob xxviii. 22{3}). 「破壊と死は言う」(ヨブ記28:22)

Alioquin vocatur Infernum et Diabolus 他の場所で(そうでなければ)獄また悪魔は呼ばれる

"Perditio" et "Perditor" (Esaj. liv. 16; Ezech. v. 16; cap ix 1; Exod. xii. 13), 「破壊」また「破壊者」と(イザヤ54:16、エゼキエル5:16、第91、出エジプト記12:13)

sed alia voce. しかし、他の言葉で。

@1 421 pro "428" 注1 428」の代わりに 421

@2 Nam pro "Num" 注2 Num」の代わりに Nam

@3 22 pro "12" 注3 12」の代わりに 22

 

(3) 訳文

 440(11) 「また、自分たち自身の上に、深淵の御使い、王を持っていた、彼の名前はヘブル語でアバドン、またギリシア語の名前でアポリュオンを持っている」は、欲望からの虚偽の中にいる、また、みことばの全面的な虚偽化によって教会を滅ぼした(者の)サタンの地獄の中にいることを意味する

 「王、深淵の御使い」によって、そこに王〔である〕何らかの御使いが意味されない、しかし、そこで支配する虚偽が意味される。というのは、「王」によって、本来の意味で、善の情愛からの真理の中にいる者が意味され、抽象的にその真理そのものが意味され(20、またここから、正反対の意味で「王」によって悪の欲望から虚偽の中にいる者が意味され、抽象的にその虚偽そのものが意味されるから。「深淵」によって、サタンの地獄が意味される、そこに彼らが〔いる〕(387, 421番)。「名前」によって状態の性質が意味される(81, 122, 165

 「アバドン」はヘブル語で「破壊している〔者〕」また「破壊者」、同様のものが、ギリシア語で「アポリュオン」である、またこれは最外部の中の虚偽であり、それはみことばの全面的な虚偽化によって教会を滅ぼした。

 ヘブル語の原文の中の「アバドン」によって破壊が意味される、これらの箇所の中に――

 

 「あなたの狄人瓩破壊の中で」(詩篇88:11)

 「地獄は彼の前に裸〔である〕、また、破壊におおいがない」(ヨブ記26:6)

 「なぜなら、火は破壊にまでも食い尽すであろう」(ヨブ記31:12)

 「破壊と死は言う」(ヨブ記28:22)

 

 他の場所では、獄と悪魔は「破壊」また「破壊者」と呼ばれている(イザヤ54:16、エゼキエル5:16、第91、出エジプト記12:13)、しかし、他の言葉によって。

 

◎前回 laedentia の言葉が「レキシコン」にありません・・・としましたが、ここで「laedo の現在分詞複数対格です…」のコメントがありました。その通りです、ご教示ありがとうございます。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 21:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 439

(1) 原文

439. " Et aculei erant in caudis illarum, et potestas illarum laedere homines mensibus quinque," significat astutas falsificationes Verbi, per quas ad breve tempus obtenebrant et fascinant intellectum, et sic fallunt et captant.Per "aculeos in caudis" significantur astutae falsificationes Verbi; per "aculeos" astutiae, et per "caudas" vera Verbi falsificata (n. 438); per "potestatem laedendi" significatur quod per illas possint inducere stuporem, hoc est, obtenebrare et fascinare intellectum, et sic fallere et captare, "caudae enim erant similes scorpiis," et per "Scorpios" talia significantur (n. 425). Per "menses quinque" significatur ad breve tempus, ut supra (n. 427); hoc fit cum aliqua ex Verbo depromunt et applicant: Verbum enim per correspondentias conscriptum est, et correspondentiae sunt quoad partem apparentiae veri, et hae intus in se recondunt genuina vera: si haec in Ecclesia non sciuntur, possunt e Verbo plura desumi, quae primum apparent sicut concordantia cum haeresi; at dum in Ecclesia sciuntur genuina vera, tunc apparentiae veri nudantur, et genuina vera in conspectum veniunt: sed antequam hoc fit, potest haereticus per varia e Verbo obvelare et fascinare intellectum, et sic fallere et captare. Quod ita fiat ab illis qui asserunt remitti homini peccata, quod est justificari, per actum fidei, de quo nemo aliquid scit, et hoc in momento, et si non prius, in ultima mortis hora, per exempla illustrari potest; sed hoc non hujus loci est. Per "aculeos" significantur falsa ex malo laedentia, etiam apud Amos:

 

"Ecce dies venient super vos, quibus extrahent vos Aculeis" (iv. 2);

 

et apud Mosen:

 

Quod exstirparent habitatores terrae, ne forent in spinas oculis, et in Aculeos lateribus (Num. xxxiii. 55);

 

"spinae," "sentes," "tribuli" et "cardui," significant etiam falsa mali ex aculeis illorum.

 

(2) 直訳

439. " Et aculei erant in caudis illarum, et potestas illarum laedere homines mensibus quinque," significat astutas falsificationes Verbi, per quas ad breve tempus obtenebrant et fascinant intellectum, et sic fallunt et captant.― 

439 「またそれらの尾の中に針(とげ)あった、またそれらの力は人間を五カ月〔間で〕害うこと〔があった〕」は、みことばの虚偽化〔から〕の欺瞞を意味する、それによって短い時間まで理解力を暗くする、また魅了する(魔法にかける)、またこのように欺く、また捕える――

Per "aculeos in caudis" significantur astutae falsificationes Verbi; 「尾の中の針(とげ)」によって、みことばの虚偽化〔から〕の欺瞞が意味される。

per "aculeos" astutiae, et per "caudas" vera Verbi falsificata (n. 438); 「針(とげ)」によって、欺瞞が、また「尾」によって、虚偽化されたみことばの真理が(438番)

per "potestatem laedendi" significatur quod per illas possint inducere stuporem, hoc est, obtenebrare et fascinare intellectum, et sic fallere et captare, "caudae enim erant similes scorpiis," et per "Scorpios" talia significantur (n. 425). 「害っている(害う)力」によって、それらによって麻痺をひき起こすことができることが意味される、すなわち、理解力を暗くすること、また魅了すること(魔法にかけること)またこのように欺くこと、また捕えること、「というのは☆、尾はサソリに似ていたから☆」、また「サソリ」によって、このようなものが意味される(425)

ここの enim(というのは〜から)は引用符の前に出して訳します(表記上、こうなります)

Per "menses quinque" significatur ad breve tempus, ut supra (n. 427); 「五カ月」によって、短い時間までが意味される、上のように(427)

hoc fit cum aliqua ex Verbo depromunt et applicant: このことは、みことばから何らのものを取り出す、また使用するとき生じる――

Verbum enim per correspondentias conscriptum est, et correspondentiae sunt quoad partem apparentiae veri, et hae intus in se recondunt genuina vera: というのは、みことばは対応によって書かれたから、また対応は部分に関して真理の外観である、またこれらの内部にそれら自体の中に(本質的に)、本物の真理をたくわえている(隠している)〔から〕――

si haec in Ecclesia non sciuntur, possunt e Verbo plura desumi, quae primum apparent sicut concordantia cum haeresi; もしこれら〔本物の真理〕が教会の中で知られないなら、みことばから多くのものが引き出されることができる、それらは最初、異端と一致(調和)するもの〕のように見える。

at dum in Ecclesia sciuntur genuina vera, tunc apparentiae veri nudantur, et genuina vera in conspectum veniunt: しかし、教会の中で本物の真理が知られる時、その時、真理の外観が裸にされる(現わされる)、また本物の真理が視野の中にやって来る。

sed antequam hoc fit, potest haereticus per varia e Verbo obvelare et fascinare intellectum, et sic fallere et captare. しかし、このことが生じる前に、異端者はみことばからのいろいろなものによって理解力を暗くすること、また魅了すること(魔法にかけること)またこのように欺くこと、また捕えることができる。

Quod ita fiat ab illis qui asserunt remitti homini peccata, quod est justificari, per actum fidei, de quo nemo aliquid scit, et hoc in momento, et si non prius, in ultima mortis hora, per exempla illustrari potest; そのように彼らによって行なわれること、その者は人間に罪が赦されることを主張する、そのことは義とされることである、信仰の行為によって、そのことについてだれも何らかのものを知らない、またこのことは瞬間の中で、またもし以前にでないなら、死の最後の時間の中で、例によって説明されることができる。

sed hoc non hujus loci est. しかし、このことはこの場所にではない。

Per "aculeos" significantur falsa ex malo laedentia, etiam apud Amos: 「針(とげ)」によって、悪からの虚偽が意味される、害するもの☆、さらにまた「アモス書」のもとに――

☆ laedentia の言葉が「レキシコン」にありませんが correspondo(対応する)⇒ correspondentia(対応、対応するもの)から類推して、これでよいでしょう(laedo⇒ laedentia)。

"Ecce dies venient super vos, quibus extrahent vos Aculeis" (iv. 2); 「見よ、あなたがたの上に日がやって来る、その日に、彼らはあなたがたを針(とげ)で引き出す」(4:2)

et apud Mosen: また「モーセ(の書)」のもとに――

Quod exstirparent habitatores terrae, ne forent in spinas oculis, et in Aculeos lateribus (Num. xxxiii. 55); 彼らは地の住民を根絶する(未来)と、目でイバラ(とげ)の中にないように、また脇(腹)で針(とげ)の中に(民数記33:55)

"spinae," "sentes," "tribuli" et "cardui," significant etiam falsa mali ex aculeis illorum. 「イバラ(とげ)」、「イバラ」、「アザミ」また「アザミ」は、彼らの針(とげ)からの悪の虚偽を意味する。

 

(3) 訳文

439 「またそれらの尾の中に針あった、またそれらに人間を五カ月〔間で〕害う力〔があった〕」は、みことばの虚偽化〔から〕の欺瞞を意味する、それによって短い時間まで、理解力を暗くし、魅了する、またこのように欺き、捕える。

 「尾の中の針(とげ)」によって、みことばの虚偽化〔から〕の欺瞞が意味される。「針(とげ)」によって欺瞞が、また「尾」によって、虚偽化されたみことばの真理が〔意味される〕(438番)害う力」によって、それらによって麻痺をひき起こすことができること、すなわち、理解力を暗くすること、また魅了すること(魔法にかけること)またこのように欺くこと、また捕えることが意味される、というのは、「尾はサソリに似ていた」、また「サソリ」によって、このようなものが意味されるから(425)

 「五カ月」によって、前のように、短い時間までが意味される(427)。このことは、みことばから何らのものを取り出し、使用するとき生じる――というのは、みことばは対応によって書かれ、対応は部分に関して真理の外観であり、これらの内部に本質的に本物の真理をたくわえているから――もしこれら〔本物の真理〕が教会の中で知られないなら、みことばから多くのものが引き出されることができ、それらは最初、異端と一致(調和)するもの〕のように見える。しかし、教会の中で本物の真理が知られる時、真理の外観が現われ、本物の真理が視野の中にやって来る。しかし、このことが生じる前に、異端者はみことばからのいろいろなものによって理解力を暗くすること、また魅了すること(魔法にかけること)またこのように欺くこと、また捕えることができる。

 そのように人間に罪が赦されることを主張する者によって行なわれる、その主張は、信仰の行為によって義とされることであり、そのことについてだれも何も知らず、またこのことは瞬間に、またもし以前にでないなら、死の最期の時にであり、例によって説明されることができる。しかし、これはこの場にではない。

 「針(とげ)」によって、悪からの虚偽、害するものが意味される、「アモス書」にもまた――

 

 「見よ、あなたがたの上に日がやって来る。その日に、彼らはあなたがたを針(とげ)で引き出す」(4:2)

 

 また「モーセの書」に――

 

 「彼らは地の住民を根絶しなければばらない、目にイバラ(とげ)、また脇(腹)に針(とげ)がないように」(民数記33:55)

 

 「イバラ(とげ)」、「イバラ」、「アザミ」また「アザミ」は、彼らの針(とげ)からの悪の虚偽を意味する。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:32
comments(1), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 438

(1) 原文

438. [Vers. 10.] " Et habebant caudas similes scorpiis," significat vera Verbi falsificata, per quae inducunt stuporem.Per "caudam" significatur ultimum capitis, quia cerebrum per spinam dorsi continuatur in caudam, quare caput et cauda unum faciunt sicut primum et ultimum; dum itaque per "caput" significatur sola fides justificans et salvans, per "caudam" significantur omnes ejus confirmationes in summa, quae sunt ex Verbo, ita vera Verbi falsificata. Omnis qui ex propria intelligentia sumit principium Religionis, et ponit id in caput, ille ex Verbo sumit confirmantia, et ponit haec in caudam; sic inducit aliis stuporem, et sic laedit; quare dicitur, quod "haberent caudas similes scorpiis," et mox quod "aculei essent in caudis illarum, et potestas illarum laedere homines" per "scorpium" enim significatur persuasivum inducens intellectui stuporem (n. 425). Quod "cauda" sit continuatio cerebri per spinam dorsi ad ultimum suum, quaere Anatomicum, et docebit; aut specta canem vel aliam feram cui est cauda, ac ei fave et adblandire, et videbis cristam dorsi mollescere, et caudam correspondenter moveri, et vicissim quod erigatur crista si exacerbas. [2] Primum intellectus, quod pro principio sumitur, significatur per "caput," ac ultimum ejus per "caudam," etiam in his locis:

 

"Exscindet ex Israele Caput et Caudam: Senex et Honoratus Caput, Propheta autem Doctor mendacii Cauda" (Esaj. ix. 13, 14 [B. A. 14, 15]);

"Non erit Aegypto opus, quod faciat Caput et Caudam" (Esaj. xix. 15{1}).

 

Per

 

Draconis septem Capita, et per Caudam, qua detraxit tertiam partem stellarum Caeli, et projecit in terram (Apoc. xii. 3(, 4));

 

tum etiam, per

 

Caudas similes serpentibus, habentes capita, quibus laedunt (vers. 19 hujus capitis),

 

nec aliud significatur. Quoniam per "caudam" significatur ultimum, et ultimum est complexus omnium, ideo dixit Jehovah ad Mosen,

 

"Prehende Caudam serpentis; et prehendit, et factus est in baculum" (Exod. iv. 3, 4);

 

ac ideo mandatum est quod

 

Caudam integram juxta spinam dorsi removerent, et illam cum adipibus, qui super extis, renibus, intestinis et jecore, sacrificarent (Levit. iii. 9-11; cap. viii. 25; cap. ix. 19; Exod. xxix. 22).

 

Quod ultimum sit continens et complexus omnium priorum, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 38, 65), et in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia (n 209-216, 217-222).

@1 15 pro "13"

 

(2) 直訳

438. [Vers. 10.] " Et habebant caudas similes scorpiis," significat vera Verbi falsificata, per quae inducunt stuporem.― 438(10) 「またサソリに似た尾を持っていた」は虚偽化されたみことばの真理を意味する、それによって麻痺(無感覚)を引き起こす――

Per "caudam" significatur ultimum capitis, quia cerebrum per spinam dorsi continuatur in caudam, quare caput et cauda unum faciunt sicut primum et ultimum; 「尾」によって最後のものが意味される、脳が世中の脊柱を通って尾の中へ続けられるからである、それゆえ、頭と尾は一つのものとなっている、最初のものと最後のもののように。

dum itaque per "caput" significatur sola fides justificans et salvans, per "caudam" significantur omnes ejus confirmationes in summa, quae sunt ex Verbo, ita vera Verbi falsificata. そこで、「頭」によって、義とするまた救う信仰のみが意味される時、「尾」によって、その確信(するもの)のすべてのものが意味される、要約した形で、それらはみことばからである、そのようにみことばの虚偽化された真理。

Omnis qui ex propria intelligentia sumit principium Religionis, et ponit id in caput, ille ex Verbo sumit confirmantia, et ponit haec in caudam; すべての者は、その者はプロプリウムの(自己の)性から宗教の原理を取る(得る)、またそれを頭の中に置く、彼はみことばから確認するものを取る(得る)、また、これらを尾の中に置く。

sic inducit aliis stuporem, et sic laedit; このように  他の者に麻痺をひき起こす、またこのように害する。

quare dicitur, quod "haberent caudas similes scorpiis," et mox quod "aculei essent in caudis illarum, et potestas illarum laedere homines" per "scorpium" enim significatur persuasivum inducens intellectui stuporem (n. 425). それゆえ、言われている、「サソリに似た尾を持っている」こと、また直ぐに「それらの尾の中に針(とげ)あった、またそれらの力は人間を害うこと〔であった〕」、というのは、「サソリ」によって理解力に麻痺を引き起こす間違った信念(説得力)が意味されるから(425番)

Quod "cauda" sit continuatio cerebri per spinam dorsi ad ultimum suum, quaere Anatomicum, et docebit; 「尾」が脳の連続であることを、背中の脊柱を通ってその最後のものへ、解剖学者を質問せよ、すると、彼は教えるであろう。

aut specta canem vel aliam feram cui est cauda, ac ei fave et adblandire, et videbis cristam dorsi mollescere, et caudam correspondenter moveri, et vicissim quod erigatur crista si exacerbas. または、犬を見て(観察して)、あるいは他の野獣を、それに尾がある、そしてそれに好意を持て、また愛想よくせよ、するとあなたは見るであろう、背中の背筋が柔らかになること、また尾が対応して動かされること、また逆に、背筋が立てられること、もしあなたが怒らせるなら。

[2] Primum intellectus, quod pro principio sumitur, significatur per "caput," ac ultimum ejus per "caudam," etiam in his locis: [2] 理解(力)の最初のものが、それは原理として取り上げられる(用いられる)、「頭」によって意味される、そしてその最後のものが「尾」によって、これらの箇所の中にもまた――

"Exscindet ex Israele Caput et Caudam: 「〔エホバは〕イスラエルから頭と尾を取り除く。

Senex et Honoratus Caput, Propheta autem Doctor mendacii Cauda" (Esaj. ix. 13, 14 [B. A. 14, 15]); 老人と尊敬される者が頭、けれども、預言者、うそつきの教える者(学のある者)が尾」(イザヤ9:14, 15)

"Non erit Aegypto opus, quod faciat Caput et Caudam" (Esaj. xix. 15{1}). 「エジプトに働きがあってはならない、頭と尾を作ること」(イザヤ19:15)

Per 〜によって

Draconis septem Capita, et per Caudam, qua detraxit tertiam partem stellarum Caeli, et projecit in terram (Apoc. xii. 3(, 4)); 竜の七つの頭〔によって〕また尾によって、それによって天の星の三分の一を引きずり落した、また地の中へ投げた(黙示録12:3, 4)

tum etiam, per ほかになおまた、〜によって

Caudas similes serpentibus, habentes capita, quibus laedunt (vers. 19 hujus capitis), 尾はヘビに似ていた、頭を持っている、それら〔頭〕で害う(19節、この章の)

nec aliud significatur. 何らかのものも意味されない。

Quoniam per "caudam" significatur ultimum, et ultimum est complexus omnium, ideo dixit Jehovah ad Mosen, 「尾」によって最後のものが意味され、また最後のものはすべてのものの複合体(統一体)あるので、それゆえ、エホバはモーセに言った、

"Prehende Caudam serpentis; 「ヘビの尾をつかめ。

et prehendit, et factus est in baculum" (Exod. iv. 3, 4); また、つかんだ、(すると)杖になった」(出エジプト記4:3, 4)

ac ideo mandatum est quod そして、それゆえ、命じられた、〜こと

Caudam integram juxta spinam dorsi removerent, et illam cum adipibus, qui super extis, renibus, intestinis et jecore, sacrificarent (Levit. iii. 9-11; cap. viii. 25; cap. ix. 19; Exod. xxix. 22). 背中の脊柱の近くの全部の尾を取り除く、またそれらを脂肪(adeps)とともに、それらは内臓(exta)、腎臓(renes)、腸、また肝臓(jecur) の上、いけにえをささげる(〜なければならない)(レビ記3:9-11、第825、第919、出エジプト記29:22)

Quod ultimum sit continens et complexus omnium priorum, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 38, 65), et in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia (n 209-216, 217-222). 最後のものが前のすべてのものの続いているもの(容器)と複合体(統一体)であることは、『新しいエルサレムの教え 聖書について』(38, 65)の中に見られる、また『天使の知恵 神的愛と神的知恵について』の中に(209-216, 217-222)

@1 15 pro "13" 注1 13」の代わりに 15

 

(3) 訳文

 438(10) 「またサソリに似た尾を持っていた」は虚偽化されたみことばの真理を意味する、それによって麻痺(無感覚)を引き起こす――

 「尾」によって最後のものが意味される、脳が世中の脊柱を通って尾の中へ続けられるからである、それゆえ、頭と尾は、最初のものと最後のもののように、一つのものとなっている。そこで、「頭」によって、義とするまた救う信仰のみが意味される時、「尾」によって、みことばから要約したその確信(するもの)のすべてのものが、そのようにみことばの虚偽化された真理が意味される。

 自己知性から宗教の原理を得て、それを頭の中に置くすべての者は、みことばから確認するものを得て、これらを尾の中に置く。このように     他の者に麻痺をひき起こし、このように害する。それゆえ、「サソリに似た尾を持っている」こと、また直ぐに「それらの尾の中に針(とげ)あった、またそれらの力は人間を害うこと〔であった〕」と言われている、というのは、「サソリ」によって理解力に麻痺を引き起こす間違った信念(説得力)が意味されるから(425番)

「尾」が、背中の脊柱を通ってその最後のものへの脳の連続であることを解剖学者を質問せよ、すると、彼は教えるであろう。または、尾がある犬を、あるいは他の野獣を見つけて、それに好意を持て、また愛想よくせよ、するとあなたは見るであろう、背中の背筋が柔らかになること、また尾が対応して動くこと、また逆に、もしあなたが怒らせるなら、背筋が立てられることを。

 [2] 原理として取り上げられる理解の最初のものが、「頭」によって、そしてその最後のものが「尾」によって、これらの箇所の中にもまた意味されている――

 

 「〔エホバは〕イスラエルから頭と尾を取り除く。老人と尊敬される者が頭、けれども、うそつきの教える預言者が尾」(イザヤ9:14, 15)

 「エジプトに頭と尾を作る働きがあってはならない」(イザヤ19:15)

 

竜の七つの頭によって、また尾によって、それによって天の星の三分の一を引きずり落し、地へ投げた(黙示録12:3, 4)。ほかになおまた、ヘビに似ていて、頭があり、それら〔頭〕で害う尾によって(章の19)何らかのものも意味されない。

 「尾」によって最後のものが意味され、また最後のものはすべてのものの複合体であるので、それゆえ、エホバはモーセに言われた、

 

 「ヘビの尾をつかめ。つかんだ、すると、杖になった」(出エジプト記4:3, 4)

 

 そして、それゆえ、背中の脊柱の近くの全部の尾を、またそれらを内臓、腎臓、腸、肝臓の上脂肪とともに取り除き、いけにえとしてをささげなければならないことが命じられた(レビ記3:9-118:259:19、出エジプト記29:22)

 

 最後のものが前のすべてのものの続いているものと複合体であることは、『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に(38, 65)、また『神的の愛と知恵』の中に(209-216, 217-222)見られる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark