RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『驚くべきこと』 279

(1) 原文「2308番」

279(2308). Nusquam aliquis in altera vita luit poenam propter malum hereditarium quia ejus non est, ita non in culpa quod talis sit, sed propter malum actuale quod ipsius est, ita quoque quantum ex malo hereditario per actualem vitam sibi appropriavit, ut prius n. 966 dictum est: quod infantes adulti facti remittantur in statim mali sui hereditarii, non est ideo ut poenam luant sed ut sciant quod ex se non nisi malum sint, et quod ab inferno quod apud eo ex misericordia Domini in caelum auferantur, et quod in caelo non sint ex merito sui sed ex Domino; et sic ne ex bono quod apud eos, se coram aliis jactent; nam hoc est contra bonum amoris mutui, sicut est contra verum fidei.

 

(2) 直訳

279(2308). Nusquam aliquis in altera vita luit poenam propter malum hereditarium quia ejus non est, ita non in culpa quod talis sit, sed propter malum actuale quod ipsius est, ita quoque quantum ex malo hereditario per actualem vitam sibi appropriavit, ut prius n. 966 dictum est: 279(2308) 決してだれも来世で遺伝悪のために罰を受けない、彼のものではないので、したがって〔彼が〕このようであることに責任(とがめ)の中にない、しかし、彼自身のものである実際の(実行された)悪のために、このように(したがって)どれだけ遺伝悪から自分自身の実際の(実行された)生活によって自分のものにしたか〔によって罰を受ける〕、前に966番〔で〕言われたように。

quod infantes adulti facti remittantur in statim mali sui hereditarii, non est ideo ut poenam luant sed ut sciant quod ex se non nisi malum sint, et quod ab inferno quod apud eo ex misericordia Domini in caelum auferantur, et quod in caelo non sint ex merito sui sed ex Domino; おとなになった幼児たちが遺伝による自分自身の悪の状態に送り返されること、罰を受けるためにゆえではない、しかし、知るために、自分自身からは悪以外のものでないこと、そして彼らのもとの地獄から、主の慈悲により、天界(の中)に連れ去られること、そして、天界(の中)に自分自身からいるのではないこと、しかし主により。

et sic ne ex bono quod apud eos, se coram aliis jactent; そしてこのように善から、それは彼らのもとに〔ある〕、他の者の前に自慢しないように。

nam hoc est contra bonum amoris mutui, sicut est contra verum fidei. なぜなら、このことは相互愛の善に反しているから、信仰の真理に反しているように。

 

(3) 訳文

279(2308) だれも来世で遺伝悪のために決して罰を受けない、彼のものではなく、したがってそのようであることに彼に責任はないからである。しかし、前の966番で言われたように、彼自身のものである実際の悪のために、このようにどれだけ遺伝悪から自分自身の実際の生活によって自分のものにしたかによって罰を受ける。おとなになった幼児たちが遺伝による自分自身の悪の状態に送り返されるのは罰を受けるためにではなく、自分自身からは悪以外のものでないこと、そして彼らのもとの地獄から、主の慈悲により、天界に連れて行かれ、そして、自分自身からでなく主の慈悲により天界にいることを知るためである。そしてこのように他の者の前に彼らのもとにある善を誇らないないように、なぜなら、このことは信仰の真理に反しているように、相互愛の善に反しているからである。

 

◎遺伝悪について〔原典講読『天界と地獄』で述べたことの再録〕

 これもスヴェーデンボリ神学の特徴の一つであると思う。すなわち、親から受け継ぐものは身体的特徴(これは万人の認めるところ)の外面だけでなく、性格(ある程度年取ると、自分の行動などが親と似ていると気づく、特に「くせ」と言われるものである)など、内面的なものも似ている。しかし、それだけでなく、何と! 行なった悪まで(語られていないが当然「善」も)遺伝するのである。

 「親の因果が子に報い……」などと言われ、聖書にも「彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか」(ヨハネ9:2)とあるが、漠然と「そんなことないだろう」と受け止めていた。しかし、スヴェーデンボリはきちっと語っていた。

スヴェーデンボリに出会あって「遺伝悪」を意識させられた。「自分はなんでこんなに悪人なんだろう」と漠然と思っていたことに答えが与えられた。そしてだれにも遺伝悪が隠れていて、いつか現われてくるのである。自分の遺伝悪と向き合わないで一生を終える人がいるとは思えない。そして、自分の悪行が子に遺伝するのは、ちょっと恐ろしいし、借金を子に残すようで、責任も感じる。

 人は何のために生きるのか、いろいろあるが「遺伝悪と戦い」の一面があると思う。

 ついでに、一つだけよくわからないことがある。自分が遺伝させる悪は、子が生まれるまでのものであって、生まれた後に行なった悪は遺伝するのか、しないのか? 確信ないが、しないと思っている。

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 00:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 278

(1) 原文「2307番」

278(2307). Locutus cum angelis de infantibus, num puri sint a malis, quia illis nullum actuale malum sicut adultis; sed dictum mihi quod illi aeque malo sint, immo quod illi quoque nihil nisi malum sint, sed quod ii, sicut omnes angeli, detineantur a malo et teneantur in bono a Domino usque adeo ut appareat iis sicut in bono ex se sint; quare etiam infantes postquam adulti facti in caelo, ne in falsa opinione de se sint quod bonum apud eos sit ex iis et non ex Domino, remittuntur quandoque in mala sua quae hereditario acceperunt, et in illis relinquuntur usque dum sciunt, agnoscunt et credunt quod ita se habeat. Quidam etiam qui infans mortuus, sed qui adolevit in caelo in simili opinione fuit, quare in vitam malorum sibi innatam remissus, et tunc percipere mihi datum ex sphaera ejus quod animum haberet imperandi aliis et quod lasciva pro nihilo aestimaret, quae fuerunt mala ei hereditario ex parentibus; at postquam agnovit quod talis esset, tunc iterum receptus inter angelos inter quos prius fuit.

 

(2) 直訳

278(2307). Locutus cum angelis de infantibus, num puri sint a malis, quia illis nullum actuale malum sicut adultis; 278(2307) 〔私は〕天使たちと幼児について話した、悪から純粋であるかどうか、彼らに実際の(実行された)悪は何もないので、おとなのように。

sed dictum mihi quod illi aeque malo sint, immo quod illi quoque nihil nisi malum sint, sed quod ii, sicut omnes angeli, detineantur a malo et teneantur in bono a Domino usque adeo ut appareat iis sicut in bono ex se sint; しかし、私に言われた、彼らは等しく悪にいること、それどころか彼らもまた悪である以外に何ものでもないこと、しかし、彼らは、すべての天使たちのように、悪から(行動を)妨げられている、そして主により善の中に保たれている、これほどまでも、彼らに自分自身から善の中にいるように見える。

quare etiam infantes postquam adulti facti in caelo, ne in falsa opinione de se sint quod bonum apud eos sit ex iis et non ex Domino, remittuntur quandoque in mala sua quae hereditario acceperunt, et in illis relinquuntur usque dum sciunt, agnoscunt et credunt quod ita se habeat. それゆえまた、幼児たちは、天界でおとなになった後、自分自身について虚偽の見解の中にいないように、彼らのもとの善は彼らからであること、そして主からでない〔という見解〕、ときどき自分自身の悪の中に送り返される、それは遺伝で受け入れられた、そして彼らの中に残されている、知るまで、認める、そして信じる、事柄がこのようであること。

Quidam etiam qui infans mortuus, sed qui adolevit in caelo in simili opinione fuit, quare in vitam malorum sibi innatam remissus, et tunc percipere mihi datum ex sphaera ejus quod animum haberet imperandi aliis et quod lasciva pro nihilo aestimaret, quae fuerunt mala ei hereditario ex parentibus; ある者もまた、その者は死んだ幼児、しかし、その者は天界で成長した、同様の見解の中にいた、それゆえ、自分自身の生来の悪のいのちの中へ送り返された、またその時、私に彼のスフェアから知覚することが与えられた、他の者を支配しようとする気質(アニムス)を持っていること、また好色を何ものでもないとして評価すること、それらは彼に両親からの遺伝による悪であった。

at postquam agnovit quod talis esset, tunc iterum receptus inter angelos inter quos prius fuit. しかし、〔彼が〕このようであったことを認めた後、その時、再び天使たちの間に受け入れられた、彼らの間に以前にいた。

 

(3) 訳文

278(2307) 〔私は〕天使たちと幼児について、彼らにはおとなのように実際の悪は何もないので悪から純粋であるかどうか話した。しかし私は次のように言われた。彼らは等しく悪の中にいること、それどころか彼らもまた悪である以外に何ものでもないこと、しかし、彼らは、すべての天使たちのように、主により悪から妨げられ、彼らにとって自分自身から善の中にいるように見えるほどまでも善の中に保たれていること。それゆえまた、幼児たちは、天界でおとなになった後、自分のもとの善は自分自身からであり、主からではないという自分自身についての虚偽の見解の中にいないように、遺伝によって受け入れられ、彼らの中に残されている自分自身の悪の中にときどき送り返され、事柄がこのようであること知り、認め、そして信じようにされること。

 幼児で死に、天界で成長した、ある者もまた同様の見解の中にいた。それゆえ、自分自身の生来の悪のいのちの中へ送り返され、その時、私は彼のスフェアから、両親からの遺伝による悪であった、他の者を支配しようとし、また好色を何ものでもないと評価する気質(アニムス)を、彼が持っていることを知覚した。しかし、彼がこのようであったことを認めた後、その時、再び以前にいた天使たちの間に受け入れられた。

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 00:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 277

(1) 原文「2306番」

277(2306). Quod infantum innocentiam attinet, illa quia absque intelligentia et sapientia adhuc, est modo planum quoddam ad recipiendum genuinam innocentiam, quam recipiunt secundum gradus prout sapientes fiunt. Repraesentatum est mihi qualis est innocentia infantum, per ligneum quoddam fere expers vitae, quod vivificatur, sicut per cognitiones veri et affectiones boni perficiuntur: et postea repraesentatum qualis est genuina innocentia, per pulcherrimum infantem prorsus vivum, et nudum; ipsi enim innocentes qui sunt in intimo caelo, et sic proximi Domino, coram oculis aliorum angelorum non apparent aliter ac infantes, et quidem nudi, nam innocentia repraesentatur per `nuditatem quam non pudent,' ut legitur de primo homine et ejus uxore in paradiso. Verbo, quo sapientiores angeli, eo innocentiores, et quo innocentiores, eo plus apparent sibi sicut infantes; inde est quod innocentia Verbo significetur per infantiam: sed de innocentiae statu, ex Divina Domini Misericordia, in sequentibus.

 

(2) 直訳

277(2306). Quod infantum innocentiam attinet, illa quia absque intelligentia et sapientia adhuc, est modo planum quoddam ad recipiendum genuinam innocentiam, quam recipiunt secundum gradus prout sapientes fiunt. 277(2306) 幼児の無垢については、それは依然として知性と知恵なしなので、本物の(真の)無垢を受け入れるための単なる面である、それを賢明な者になるにつれて段階にしたがって受け入れる。

Repraesentatum est mihi qualis est innocentia infantum, per ligneum quoddam fere expers vitae, quod vivificatur, sicut per cognitiones veri et affectiones boni perficiuntur: 私に表象された、幼児の無垢がどんなものか、ある種の木製のものによって、ほとんど生命の欠けている、それは真理の認識(知識)と善の情愛によって完成させられるほど生きいきとされた。

et postea repraesentatum qualis est genuina innocentia, per pulcherrimum infantem prorsus vivum, et nudum; またその後、本物の(真の)無垢がどんなものであるか表象された、極めて美しい幼児によって、完全に活気のある、また裸の。

ipsi enim innocentes qui sunt in intimo caelo, et sic proximi Domino, coram oculis aliorum angelorum non apparent aliter ac infantes, et quidem nudi, nam innocentia repraesentatur per `nuditatem quam non pudent,' ut legitur de primo homine et ejus uxore in paradiso. というのは(まさに)無垢である者自身は、彼らは最内部の天界(の中)いる、またこのように主の最も近くに〔いる〕、他の天使たちの目の前に異なって見えない、そして幼児、そのうえ裸〔である〕、なぜなら、無垢は「裸、それを恥ずかしがらない」によって表象されるからである、楽園の中の最初の人間とその妻について読まれるように。

Verbo, quo sapientiores angeli, eo innocentiores, et quo innocentiores, eo plus apparent sibi sicut infantes; 一言でいえば、天使たちはより賢明であれば(知恵があれば)あるほどますます☆無垢に、またより無垢であればあるほどますます☆より多く自分自身が幼児たちであるかのように見られる。

比較級を伴う相関文「quoeo・・・」「〜であればあるほどますます・・・」が二つでてきています。

inde est quod innocentia Verbo significetur per infantia: ここからである、みことばで幼児期によって無垢が意味されること――

sed de innocentiae statu, ex Divina Domini Misericordia, in sequentibus. しかし、無垢の状態について、主の神的な慈悲から、続くものの中で〔述べる〕。

 

(3) 訳文

277(2306) 幼児の無垢については、それは依然として知性と知恵のないものなので、真の無垢を受け入れるための単なる面であり、それを賢明な者になるにつれて段階にしたがって受け入れる。

 私に、幼児の無垢がどんなものか、ほとんど生命の欠けているある種の木製のものによって表象された、それは真理の認識(知識)と善の情愛によって完成させられるほど生きいきとされた。

またその後、真の無垢がどんなものであるか、完全に活気のあるまた裸の極めて美しい幼児によって表象された――というのは、最内部の天界の中にいて、このように主の最も近くにいる無垢そのものである者は、他の天使たちの目の前に幼児としか、そのうえ裸としか見えないから、なぜなら、無垢は楽園の中の最初の人間とその妻について読まれるように「恥ずかしがらない裸」☆によって表象されるからである。

 一言でいえば、天使たちは賢明であればあるほどますます無垢に、また無垢であればあるほどますます自分自身がさらに幼児たちであるかのように見られる。みことばで幼児期によって無垢が意味されることこからである――しかし、無垢の状態について、主の神的な慈悲から、続くものの中で〔述べる〕。

 

「創世記」2:25

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 21:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 276

(1) 原文「2305番」

276(2305). Quidam sunt, qui autumant innocentiam (t)idem esse’ cum infantia, ex causa quia Dominus de infantibus dixit, quod talium sit caelum, et qui non fiunt sicut infantes, [quod] non possint intrare in regnum caelorum; sed qui ita autumant, non sciunt internum sensum Verbi, et sic quid per infantiam intelligitur; per `infantiam' intelligitur innocentia intelligentiae et sapientiae, quae talis est ut agnoscant se a Domino solum vitam habere, et Dominum esse unicum eorum Patrem, nam quod homo sit homo, est ab intelligentia veri et sapientia boni, quam unice habent a Domino; ipsa Innocentia, {1}quae vocatur in Verbo infantia, nusquam est et habitat quam in sapientia, usque adeo ut quo sapientior quis est, eo sit innocentior; quare Dominus est Ipsa Innocentia quia Ipsa Sapientia.

 @1 The remainder to end of 2309 is missing in A.

 

(2) 直訳

276(2305). Quidam sunt, qui autumant innocentiam (t)idem esse’ cum infantia, ex causa quia Dominus de infantibus dixit, quod talium sit caelum, et qui non fiunt sicut infantes, [quod] non possint intrare in regnum caelorum; 276(2305) ある者がいる、その者は無垢を幼児期と同じものであること☆1と思う、理由から、主が幼児について言ったので、このような者が天界であること、また幼児のようにならない者は、天界の王国の中に入ることができないこと☆2

1 原稿は違う順序である(順序を入れ換えた)

2 マタイ18:3、ルカ18:17、マルコ10:14, 15

sed qui ita autumant, non sciunt internum sensum Verbi, et sic quid per infantiam intelligitur; しかし、そのように思う者は、みことばの内意を知らない、またこのように(したがって)何が幼児期によって意味されるか。

per `infantiam' intelligitur innocentia intelligentiae et sapientiae, quae talis est ut agnoscant se a Domino solum vitam habere, et Dominum esse unicum eorum Patrem, nam quod homo sit homo, est ab intelligentia veri et sapientia boni, quam unice habent a Domino; 「幼児期」によって知性と知恵の無垢が意味される、それらはこのようなものである、自分自身に主おひとりからいのちを持つことを認めるような、また主が彼らの唯一の父であること、なぜなら、人間が人間である〔のは〕、真理の知性と善の知恵からであること、それらをもっぱら主から持つ。

ipsa Innocentia, {1}quae vocatur in Verbo infantia, nusquam est et habitat quam in sapientia, usque adeo ut quo sapientior quis est, eo sit innocentior; 無垢そのものは、それはみことばの中で幼児期と呼ばれている、知恵の中に以外に、だれかが賢明になればなるほどますます無垢になるようにまでも、決して存在せず、住んでもいない。

quare Dominus est Ipsa Innocentia quia Ipsa Sapientia. それゆえ、主は知恵そのものであるので、無垢そのものである。

@1 The remainder to end of 2309 is missing in A. 注1 残りの部分から2909の終わりまで原稿には見あたらない。

 

(3) 訳文

276(2305) 無垢を幼児期と同じものであると思う者がいる、その理由は、主が幼児について、このような者が天界であること、また幼児のようにならない者は、天界の王国の中に入ることができないと言ったからである☆。しかし、そのように思う者は、みことばの内意を、したがって何が幼児期によって意味されるか知らない。「幼児期」によって、自分自身に主おひとりからいのちを持つこと、また主が彼らの唯一の父であることを認めるような知性と知恵の無垢が意味される、なぜなら、人間が人間である〔のは〕、真理の知性と善の知恵からであり、それらをもっぱら主から持つからである。みことばの中で幼児期と呼ばれている無垢そのものは、知恵の中に以外に、だれかが賢明になればなるほどますます無垢になるようにまでも、決して存在せず、住んでもいない。それゆえ、主は知恵そのものであるので、無垢そのものである。

 

マタイ18:3、ルカ18:17、マルコ10:14, 15

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 23:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 275

(1) 原文「2304番」

275(2304). Multi autumare possunt quod infantes maneant infantes in altera vita et quod sint sicut infantes inter angelos; qui in ignorantia sunt quid angelus, in opinione illa potuerint confirmari a simulacris hic et ibi in templis, ac alibi, ubi {1}infantes ut angeli’ exhibentur; sed res se prorsus aliter habet; intelligentia et sapientia facit angelum, quam quamdiu infantes nondum habent, sunt quidem apud angelos sed non sunt angeli; cum vero intelligentes et sapientes facti sunt, tunc primum fiunt angeli; immo quod miratus, tunc non {2} apparent sicut infantes sed sicut adulti, nam tunc non amplius infantili genio sunt, sed angelico adultiore; intelligentia et sapientia hoc secum habet, nam quod intellectus et judicium et inde vita faciant ut quisque appareat sibi et aliis sicut adultus, cuivis constare potest. Quod ita sit, non solum ab angelis informatus sum, sed etiam cum quodam locutus qui infans mortuus (o)est’, et dein usque ut adultus apparuit; idem quoque locutus (o)est' cum fratre suo qui in adulta aetate decessit, et hoc {3} ex tanto amore fraterno mutuo ut frater nequaquam potuisset resistere quin lacrimaret, dicens quod non aliud perceperit quam quod ipse amor esset qui loqueretur; praeter alia exempla quae memorare non opus.

 @1 HH 340 alters to angeli ut infantes. @2 i amplius. @3 i cum.

 

(2) 直訳

275(2304). Multi autumare possunt quod infantes maneant infantes in altera vita et quod sint sicut infantes inter angelos; 275(2304) 多くの者は思うことができる、幼児たちは来世で幼児たちにとどまること、そして天使たちの間に幼児のようであること。

qui in ignorantia sunt quid angelus, in opinione illa potuerint confirmari a simulacris hic et ibi in templis, ac alibi, ubi {1}infantes ut angeli’ exhibentur; 無知の中にいる者は、何が天使か、教会(神殿)の中のここにまたそこに、そして他のところに、像からその見解を確信させられることができた、そこに天使としての幼児が示されている。

sed res se prorsus aliter habet; しかし、事実(事柄)はまったく異なっている。

intelligentia et sapientia facit angelum, quam quamdiu infantes nondum habent, sunt quidem apud angelos sed non sunt angeli; 知性と知恵が天使をつくる、幼児たちがまだ〔知性と知恵を〕持たない間のかぎり、確かに天使たちのもとにいる、しかし、天使たちではない。

cum vero intelligentes et sapientes facti sunt, tunc primum fiunt angeli; しかし、知性と知恵が形作られるとき、その時、初めて天使たちになる。

immo quod miratus, tunc non {2} apparent sicut infantes sed sicut adulti, nam tunc non amplius infantili genio sunt, sed angelico adultiore; それどころか、驚くべきこと〔であるが〕 その時、〔もはや☆〕幼児のように見られない(現われない)、しかし、おとなのように、なぜならその時、もはや幼児性質ではないしかしさらにおとなの天使〔性質〕

「注」がありますが、いらないでしょう。

intelligentia et sapientia hoc secum habet, nam quod intellectus et judicium et inde vita faciant ut quisque appareat sibi et aliis sicut adultus, cuivis constare potest. 知性と知恵はこのことをそれ自体に持っている、なぜなら、理解力と判断力、またここからの生活が、だれでも自分自身にまた他の者におとなのように見られるからであること、〔このことを〕それぞれの者に明らかにすることができる。

Quod ita sit, non solum ab angelis informatus sum, sed etiam cum quodam locutus qui infans mortuus (o)est’, et dein usque ut adultus apparuit; そのようであることを、私は天使から教えられただけでなく、しかし、ある者とも話した、その者は幼児〔として〕死んだ☆、またその後、それでもおとな〔として〕見られた。

est は原稿にないが、初版にある。

idem quoque locutus (o)est' cum fratre suo qui in adulta aetate decessit, et hoc {3} ex tanto amore fraterno mutuo ut frater nequaquam potuisset resistere quin lacrimaret, dicens quod non aliud perceperit quam quod ipse amor esset qui loqueretur; さらにまた同じ者と話した☆、その兄弟ととともに、その者はおとなの年齢で死んだ、またこのことがそれほどの相互の兄弟愛から〔ともに☆〕、兄弟が決して抵抗することができなかったように、そのようにではなく(妨げることなく)泣く、言って、何らかのものを知覚しないこと、話しているものが愛そのものであったこと以外に。

est は原稿にないが、初版にある。

注のように「ともに」を補うとよいかもしれない。

praeter alia exempla quae memorare non opus. ほかに(さらに)他の例は、それを話しに出すことは必要ない。

@1 HH 340 alters to angeli ut infantes. 注1 『天界と地獄』340番は angeli ut infantes に変えている。

@2 i amplius. 注2 amplius を補うとよい。

@3 i cum. 注3 cum を補うとよい。

 

(3) 訳文

275(2304) 多くの者は、「幼児たちは来世で幼児たちにとどまる、そして天使たちの間に幼児のようである」と思うことができる。何が天使か無知の中にいる者は、教会(神殿)の中のここにまたそこに、そして他のところに、そこに天使としての幼児が示されている像からその見解を確信させられることができる。しかし、事実はまったく異なっている。知性と知恵が天使をつくり、幼児たちがまだ〔知性と知恵を〕持たない間は、確かに天使たちのもとにいる、しかし、天使たちではない。しかし、知性と知恵が形作られるとき、その時、初めて天使たちになる。それどころか、驚くべきこと〔であるが〕 その時、幼児のようにでなく、しかし、おとなのように見られる、その時、もはや幼児性質ではないしかしさらにおとなの天使〔性質〕〔である〕。知性と知恵はこのことをそれ自体に持っている、なぜなら、理解力と判断力、またここからの生活が、だれでも自分自身にまた他の者におとなのように見られるからであり、このことをそれぞれの者に明らかにすることができる。

 そのようであることを、私は天使から教えられただけでなく、しかし、幼児〔として〕死に、またその後、それでもおとな〔として〕見られた者とも話した。さらにまた同じ者と、その兄弟ととともに話した、その者〔兄弟〕はおとなの年齢で死んだ、また、愛そのものが話しているものとしか何も知覚しないと言って、泣くの決して妨げることなく、それほどの相互の兄弟愛から〔話した〕。ほかに他の例は話しに出す必要ない。

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 22:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark