RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 266,267

(1) 原文

266. " Qui est ex tribu Jehudae, Radix Davidis," significat per Divinum Bonum unitum Divino Vero in Suo Humano.Per "Jehudam" in Verbo intelligitur Ecclesia quae in bono amoris in Dominum est, ac in supremo Sensu Dominus quoad Divinum Bonum Divini Amoris, et per "Davidem" intelligitur Dominus quoad Divinum Verum Divinae Sapientiae: quod hoc per "Davidem " intelligatur, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Domino (n. 43, 44{1}); et quod illud per "Jehudam," videatur (n. 96, 350). Ex his patet, quod per "Ecce vicit Leo, Qui ex tribu Jehudae, Radix Davidis," significetur quod Dominus vicerit Inferna et redegerit omnia in ordinem per Divinum Bonum unitum Divino Vero in Suo Humano. Quod hic sensus illorum verborum sit, non videri potest in Sensu literae, sed solum quod Ipse Ille sit Qui ex tribu Jehudae et ex prosapia Davidis in mundo natus est; at usque eadem illa verba Sensum spiritualem in se continent, in quo per nomina personarum intelliguntur res, ut passim supra dictum est; ita non per "Jehudam" Jehudah, nec per "Davidem" David; sed per "Jehudam" Dominus quoad Divinum Bonum, et per "Davidem" Dominus quoad Divinum Verum; inde est quod ille sensus inde resultet; quod ille sensus hic exponatur, est quia Apocalypsis quoad Sensum spiritualem nunc aperitur.

@1 44 pro "48"

 

(2) 直訳

266. " Qui est ex tribu Jehudae, Radix Davidis," significat per Divinum Bonum unitum Divino Vero in Suo Humano.― 266 「それはユダの部族からの獅子、ダビデの根」は、ご自分の人間性の中の神的善と神的真理によってを意味する――

Per "Jehudam" in Verbo intelligitur Ecclesia quae in bono amoris in Dominum est, ac in supremo Sensu Dominus quoad Divinum Bonum Divini Amoris, et per "Davidem" intelligitur Dominus quoad Divinum Verum Divinae Sapientiae: みことばの中で「ユダ」によって教会が意味される、それは主へ向かって愛の善の中にある、そして最高の意味の中で、神的愛の神的善に関する主が、また「ダビデ」によって神的知恵の神的真理に関する主が意味される。

quod hoc per "Davidem " intelligatur, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Domino (n. 43, 44{1}); このこと(後者)が「ダビデ」よって意味されることは、『新しいエルサレムの教え 主について』の中に見られる(43, 44)

et quod illud per "Jehudam," videatur (n. 96, 350). またそのこと(前者)が「ユダ」によって、〔意味されることが〕見られる(96, 350)

Ex his patet, quod per "Ecce vicit Leo, Qui ex tribu Jehudae, Radix Davidis," significetur quod Dominus vicerit Inferna et redegerit omnia in ordinem per Divinum Bonum unitum Divino Vero in Suo Humano. これらから明らかである、「見ユダの部族からの獅子ダビデのったによって、主が地獄に勝利し、すべての者を秩序の中に整えた(秩序づけた)、ご自分の人間性の中の神的真理を結合した神的善によって。

Quod hic sensus illorum verborum sit, non videri potest in Sensu literae, sed solum quod Ipse Ille sit Qui ex tribu Jehudae et ex prosapia Davidis in mundo natus est; これがそれらのことばの意味であることは、文字どおりの意味の中に見られることができない、しかし、彼がその方であることだけ〔が見られる〕、その者がユダの部族から、またダビデの家系から世の中に生まれた。

at usque eadem illa verba Sensum spiritualem in se continent, in quo per nomina personarum intelliguntur res, ut passim supra dictum est; しかしそれでも、同じそれらのことばは霊的な意味をそれ自体の中に含む、その中で人物の名前によって事柄が意味される、しばしば上に言われたように。

ita non per "Jehudam" Jehudah, nec per "Davidem" David; そのように、「ユダ」によって、ユダでない、「ダビデ」によってダビデでもない。

sed per "Jehudam" Dominus quoad Divinum Bonum, et per "Davidem" Dominus quoad Divinum Verum; しかし、「ユダ」によって、神的善に関する主が、また「ダビデ」によって神的真理に関する主が〔意味される〕。

inde est quod ille sensus inde resultet; ここからである、その意味がここから結果として生じること。

quod ille sensus hic exponatur, est quia Apocalypsis quoad Sensum spiritualem nunc aperitur. その意味がここに説明されている、「黙示録」が霊的な意味に関して、今や、開かれているからである。

@1 44 pro "48" 注1 48わりに 44

 

(3) 訳文

 266 「それはユダの部族からの獅子、ダビデの根」は、ご自分の人間性の中の神的善と神的真理によって、を意味する――

 みことばの中で「ユダ」によって、主へ向けて愛の善の中にある教会が、そして最高の意味の中で、神的愛の神的善に関する主が意味される、また「ダビデ」によって神的知恵の神的真理に関する主が意味される。後者が「ダビデ」よって意味されることは、『新しいエルサレムの教え 主について』の中に見られる(43, 44)。また前者が「ユダ」によって意味されることは、96350番に見られる。

これらから、「見ユダの部族からの獅子ダビデのったによって、主がご自分の人間性の中の神的真理を結合した神的善によって地獄に勝利し、すべての者を秩序づけたことが明らかである。

 これがそれらのことばの意味であることは、文字どおりの意味の中に見られることができない、しかし、ユダの部族から、またダビデの家系から世の中に生まれ者がその方であることだけ〔が見られる〕。しかしそれでも、同じそれらのことばは霊的な意味をそれ自体の中に含み、しばしば前に言われたように、その〔意味の〕中で人物の名前によって事柄が意味される。そのように、「ユダ」によってユダではなく、「ダビデ」によってダビデでもない。しかし、「ユダ」によって、神的善に関する主が、また「ダビデ」によって神的真理に関する主が〔意味される〕。ここから、その意味が結果として生じている。ここにその意味が説明されている、「黙示録」が霊的な意味に関して、今や、開かれているからである。

 

(1) 原文

267. " Aperire librum, et solvere septem sigilla ejus," significat nosse status vitae omnium in Caelis et in terris, et judicare unumquemvis secundum suum, ut supra (n. 258, 259).

 

(2) 直訳

267. " Aperire librum, et solvere septem sigilla ejus," significat nosse status vitae omnium in Caelis et in terris, et judicare unumquemvis secundum suum, ut supra (n. 258, 259). 267 巻き物を開くこと、またその七つの封印を解くこと〔ができる〕」は、天界の中と地の中のすべての者のいのち(生活)の状態を知ることを、またそれぞれの者を自分のもの〔状態〕にしたがって裁く(審判する)ことを意味する、上のように(258, 259)

 

(3) 訳文

 267 巻き物を開くこと、またその七つの封印を解くこと〔ができる〕」は、前のように(258, 259)天界の中と地の中のすべての者のいのちの状態を知ることを、またそれぞれの者をその状態にしたがって審判することを意味する。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 263,264,265

(1) 原文

263. [Vers. 4.] " Et ego flebam multum, quod nemo (dingus) inventus sit aperire et legere librum, nec inspicere eum" significat dolorem cordis, quod si non aliquis posset, perirent omnes.Quod "flere multum" sit dolere corde, patet; quod doleret corde, fuit causa, quia alioquin perituri essent omnes; nam si non per Ultimum Judicium omnia in Caelis et in Terris redigerentur in ordinem, non potuisset aliter: agitur enim in Apocalypsi de statu ultimo Ecclesiae, quando ejus finis, qui qualis est describitur a Domino his verbis:

 

"Erit talis afflictio magna, qualis non fuit ab initio Mundi usque nunc, nec fiet; quare nisi abbreviarentur dies nisi, non conservaretur ulla caro" (Matth. xxiv. 21, 22):

 

haec de ultimo tempore Ecclesiae, quando judicium. [2] Quod talis status Ecclesiae hodie sit, ex his solum cognosci potest, quod in maxima parte Orbis Christiani sint, qui Divinam Domini potestatem in se transtulerunt, ac volunt coli sicut dii, et qui invocant homines mortuos, et vix aliquis ibi Dominum; et quod reliqui ab Ecclesia faciant Deum Tres, ac Dominum Duos, ac salvationem ponant non in emendatione vitae, sed in certis vocibus cum halitu devoto enuntiatis; ita non in paenitentia sed in fiducia quod justificentur et sanctificentur, modo plicent manus et spectent sursum, ac solennem formulam orent.

 

(2) 直訳

263. [Vers. 4.] " Et ego flebam multum, quod nemo (dingus) inventus sit aperire et legere librum, nec inspicere eum" significat dolorem cordis, quod si non aliquis posset, perirent omnes.― 263(4) 「また、私は大いに泣いていた、巻き物を開け、それを眺めることに、だれもふさわしくないことが見つかったことを」は、心の苦痛(悲しみ)を意味する、もしだれかができないなら、すべての者が滅びること。

Quod "flere multum" sit dolere corde, patet; 「大いに泣くこと」が心で悲しむことであることは、明らかである。

quod doleret corde, fuit causa, quia alioquin perituri essent omnes; 心で悲しむことは、理由があった、そうでなければすべての者が滅びるであろうからである。

nam si non per Ultimum Judicium omnia in Caelis et in Terris redigerentur in ordinem, non potuisset aliter: なぜなら、もし、最後の審判によって天界の中と地の中のすべてのものが秩序の中に整えられなかった(秩序づけられなかった)なら、異なって〔生じることが〕できなかったからである。

agitur enim in Apocalypsi de statu ultimo Ecclesiae, quando ejus finis, qui qualis est describitur a Domino his verbis: というのは、「黙示録」の中に教会の最後の状態について扱われているから、その終わりの時、それがどんなものであるか、主によりこれらのことばで述べられている――

"Erit talis afflictio magna, qualis non fuit ab initio Mundi usque nunc, nec fiet; 「このような大きな苦難がある、世の始まりから今までなかったような、〔これから〕も生じない。

quare nisi abbreviarentur dies nisi, non conservaretur ulla caro" (Matth. xxiv. 21, 22): それゆえ、日々が縮められないなら肉はだれも救われない」(マタイ24:21, 22)

haec de ultimo tempore Ecclesiae, quando judicium. これらは教会の最後の時について〔である〕、審判が〔ある〕時。

[2] Quod talis status Ecclesiae hodie sit, ex his solum cognosci potest, quod in maxima parte Orbis Christiani sint, qui Divinam Domini potestatem in se transtulerunt, ac volunt coli sicut dii, et qui invocant homines mortuos, et vix aliquis ibi Dominum; [2] 今日の教会の状態がこのようなものであることは、これらだけから知ることができる、キリスト教世界の大部分の中にいること、その者は主の神的力を自分自身の中に移した、そして神々のように礼拝されることを欲する、またその者は死んだ人間を加護を祈る、またほとんどだれもそこに主を〔加護を祈ら〕ない。

et quod reliqui ab Ecclesia faciant Deum Tres, ac Dominum Duos, ac salvationem ponant non in emendatione vitae, sed in certis vocibus cum halitu devoto enuntiatis; また教会からの他の者(残りの者)は神を三つに、そして主を二つにつくる、そして救いを生活の改善(矯正)の中に置かない、しかし、ある(確定した)言葉の中に〔置く〕、信心深い息(=息遣い)での発声とともに。

ita non in paenitentia sed in fiducia quod justificentur et sanctificentur, modo plicent manus et spectent sursum, ac solennem formulam orent. そのように、悔い改めの中でなく、しかし信頼の中に〔置く〕、義とされることまた聖別される(清められる)単に手を折り重ねる(=組む)、また上方を眺める、そして習慣的な(いつもの)決まり文句を祈る。

 

(3) 訳文

263(4) 「また、私は大いに泣いていた、巻き物を開け、それを眺めることに、だれもふさわしくないことが見つかったことを」は、もしだれかができないなら、すべての者が滅びることの心の悲しみを意味する。

 「大いに泣くこと」が心で悲しむことであることは、明らかである。心で悲しむ理由は、そうでなければすべての者が滅びるであろうからである。なぜなら、もし、最後の審判によって天界の中と地の中のすべてのものが秩序づけられなかったなら、〔これと〕異なって〔生じることが〕できなかったからである。というのは、「黙示録」の中に教会の最後の状態について、その終わりの時、それがどんなものであるか扱われているからであり、主によりこれらのことばで述べられている――

 

 「世の始まりから今までなかった、〔これから〕も生じないような大きな苦難がある。それゆえ、日が縮められないなら、肉はだれも救われない」(マタイ24:21, 22)

 

 これらは審判があ〕時の教会の最後の時について〔である〕。

 [2] 今日の教会の状態がこのようなものであることは、これら〔次のこと〕だけから知ることができる、キリスト教世界の大部分の中に、主の神的力を自分自身の中に移し、そして神々のように礼拝されることを欲する者がいること、またその者は死んだ人間に加護を祈り、またそこではほとんどだれも主に加護を祈らない。また教会からの残りの者は神を三つに、そして主を二つにする、そして救いを生活の改善の中に置かない、しかし、信心深い息遣いの発声とともにある言葉の中に置く。そのように、悔い改めの中でなく、しかし、単に手を組み、上方を眺め、そしていつもの決まり文句を祈るだけで義とされ、清められるという信頼の中に置く。

 

(1) 原文

264. [Vers. 5.] " Et unus ex Senioribus dicit{1} mihi, Ne fleto."Quod significet consolationem, patet.

@1 dicit pro "dixit"

 

(2) 直訳

264. [Vers. 5.] " Et unus ex Senioribus dicit{1} mihi, Ne fleto."― 264(5) 「また、長老からのひとりが私に言った、泣かないように」――

Quod significet consolationem, patet. 慰めを意味することは、明らかである。

@1 dicit pro "dixit" 注1 dixit」の代わりに dicit

 

(3) 訳文

264 「また、長老からのひとりが私に言った、泣かないように」が慰めを意味する明らかである。

 

(1) 原文

265. " Ecce vicit Leo," significat Dominum, quod ex propria potentia subjugaverit Inferna, et redegerit in ordinem omnia cum fuit in Mundo.Quod "Leo" significet Divinum Verum Verbi quoad potentiam, videatur supra (n. 241); et quia Dominus est Ipsum Divinum Verum seu Verbum, ideo vocatur "Leo." Quod Dominus cum fuit in mundo subjugaverit Inferna ac redegerit omnia in Caelis in ordinem, et quoque glorificaverit Humanum Suum, videatur supra (n. 67); et quomodo, in Doctrina Novae Hierosolymae de Domino (n. 12-14). Inde patet, quid intelligitur per "vicit Leo."

 

(2) 直訳

265. " Ecce vicit Leo," significat Dominum, quod ex propria potentia subjugaverit Inferna, et redegerit in ordinem omnia cum fuit in Mundo.― 265 「見よ、ユダの部族からの獅子が勝った」は、主を意味する、プロプリウム(固有のもの)力から地獄を征服したこと、また世にいたときすべてのものを秩序の中に〔もとの状態に〕した。

Quod "Leo" significet Divinum Verum Verbi quoad potentiam, videatur supra (n. 241); 「獅子」が力に関するみことばの神的真理を意味することは、上に見られる(241)

et quia Dominus est Ipsum Divinum Verum seu Verbum, ideo vocatur "Leo." また、主は神的真理そのもの、すなわち、みことばであるので、それゆえ「獅子」と呼ばれる。

Quod Dominus cum fuit in mundo subjugaverit Inferna ac redegerit omnia in Caelis in ordinem, et quoque glorificaverit Humanum Suum, videatur supra (n. 67); 主が世にいたとき地獄を征服した、そして天界の中のすべてのものを秩序の中に整えた(秩序づけた)ことは、そしてまたご自分の人間性を栄化した、上に見られる(67)

et quomodo, in Doctrina Novae Hierosolymae de Domino (n. 12-14). また、どのようにか、『新しいエルサレムの教え 主について』の中に〔見られる〕(12-14)

Inde patet, quid intelligitur per "vicit Leo." ここから明らかである、何が意味されるか、「獅子ったよって。

 

(3) 訳文

265 「見よ、ユダの部族からの獅子が、ダビデの根が勝った」は、主を、また世にいたときプロプリウム(自己固有のもの)力から、自分の人間性の中の神的善と神的真理によって地獄を征服し、すべてのものを秩序づけたことを意味する。

 「獅子」が力に関するみことばの神的真理を意味することは、前に見られる(241)。また、主は神的真理そのもの、すなわち、みことばであるので、それゆえ「獅子」と呼ばれる。

 主が世にいたとき地獄を征服し、そして天界の中のすべてのものを秩序づけ、そしてまたご自分の人間性を栄化したたことは、前に見られる(67)

また、どのように〔これを行なわれた〕か、『新しいエルサレムの教え 主について』の中に〔見られる〕(12-14)

 ここから、「獅子ったよって、何が意味されるか明らかである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 260,261,262

(1) 原文

260. [Vers. 3] " Et nemo potuit in Caelo, nec super terra, neque sub terra," significat quod nullus in Caelis superioribus et in Caelis inferioribus.Per "in Caelo, super terra, et sub terra," intelligitur in Caelis superioribus et inferioribus, ut quoque infra (vers. 13), ubi haec:

 

"Et omne creatum, quod est in Caelo, in terra, et sub terra, et in mari quae sunt, et in illis omnia, audivi dicentes. "

 

Quia audivit hos et illos dicentes, patet quod fuerint angeli et spiritus qui loquebantur; fuit etiam Johannes in spiritu, ut ipse in praecedente capite (iv. vers. 2) dicit, in quo statu non alia terra illi apparuit, quam terra mundi spiritualis; sunt enim ibi terrae sicut in mundo naturali, ut constare potest ex descriptione illius mundi in Opere de Caelo et Inferno; tum in Continuatione de Mundo Spirituali (n. 32-38). Caeli superiores ibi apparent super montibus et collibus, Caeli inferiores super terris infra, et Caeli ultimi quasi sub terris; Caeli enim sunt expansa, unum supra alterum, et quodvis expansum est sicut terra sub pedibus illorum qui ibi sunt; supremum expansum est sicut caput montis, alterum expansum est sub illo, sed latius ad latera circum circa se extendens, ac infimum expansum adhuc latius, et quia hoc est sub illo; sunt ibi illi qui "sub terra;" tres Caeli etiam ita apparent angelis qui in superioribus Caelis sunt, quia illis duo apparent infra illos; similiter itaque Johanni, quia apud illos erat, nam ad illos ascenderat, ut patet a capite iv. vers. 1, ubi dicitur,

 

"Ascende huc, et ostendam tibi quae oportet fieri post hac."

 

Qui non scit aliquid de mundo spirituali et de terris ibi, nequaquam scire potest quid intelligitur per "sub terra," similiter quid per "inferiora terrae," in Verbo, ut apud Esajam:

 

"Cantate Caeli, jubilate Inferiora terrae, personate Montes cantu, quia redemit Jehovah Jacobum" (xliv. 23): et alibi.

 

Quis non videt, quod terrae mundi spiritualis ibi intelligantur; non enim aliquis homo sub terris in mundo naturali habitat.

 

(2) 直訳

260. [Vers. 3] " Et nemo potuit in Caelo, nec super terra, neque sub terra," significat quod nullus in Caelis superioribus et in Caelis inferioribus.― 260(3) 「また、天にも、地にも、地の下にも、だれもできなかった」は、高い天界の中で、また低い天界の中で何も〔でき〕ないことを意味する――

Per "in Caelo, super terra, et sub terra," intelligitur in Caelis superioribus et inferioribus, ut quoque infra (vers. 13), ubi haec: 「天にも、地にも、地の下にも」によって、高い天界の中に、また低い〔天界の中に〕が意味される、下(13)もまたのように、そこにこれらが――

"Et omne creatum, quod est in Caelo, in terra, et sub terra, et in mari quae sunt, et in illis omnia, audivi dicentes. " 「また、私は、天の中に、また地の中に、また地の下にある、また海の中にある、またそれらすべてのものの中にある、すべての造られたものが、言っているのを聞いた」。

Quia audivit hos et illos dicentes, patet quod fuerint angeli et spiritus qui loquebantur; これらの者やそれらの者が言っているのを聞いたので、天使と霊であったことが明らかである、その者が話した。

fuit etiam Johannes in spiritu, ut ipse in praecedente capite (iv. vers. 2) dicit, in quo statu non alia terra illi apparuit, quam terra mundi spiritualis; というのは、ヨハネは霊の中にいたから、彼自身が先行する章(4、2)の中で言ったように、その状態の中で他の地が彼に見られなかった、霊界の地以外の。

sunt enim ibi terrae sicut in mundo naturali, ut constare potest ex descriptione illius mundi in Opere de Caelo et Inferno; というのは、そこに地があるから、自然界の中にのように、『天界と地獄』の著作の中のその世界の記述から明らかにすることができるように。

tum in Continuatione de Mundo Spirituali (n. 32-38). なおまた、『続き 霊界について』の中に(32-38)

Caeli superiores ibi apparent super montibus et collibus, Caeli inferiores super terris infra, et Caeli ultimi quasi sub terris; 高い天界はそこに山と丘の上に見られる、低い天界は下の地の上に、また最も低い(最外部の)天界はあたかも地の下にかのように。

Caeli enim sunt expansa, unum supra alterum, et quodvis expansum est sicut terra sub pedibus illorum qui ibi sunt; というのは、天界は(広大な)広がりであるから、一つ(あるもの)がもう一つ(他のもの)の上に、またそれぞれの広がりが彼らの足の下の地のようである、その者はそこにいる。

supremum expansum est sicut caput montis, alterum expansum est sub illo, sed latius ad latera circum circa se extendens, ac infimum expansum adhuc latius, et quia hoc est sub illo; 最も高い広がりは山の頂上のようである、もう一つの広がりはその下にある、しかし、さらに広く、そのまわりの脇(側面)へ広がっている、そして最も低い広がりはさらに広く、またこれはその〔中間の広がりの〕下にあるからである。

sunt ibi illi qui "sub terra;" そこに彼らがいる、その者は「地の下に」〔いる〕。

tres Caeli etiam ita apparent angelis qui in superioribus Caelis sunt, quia illis duo apparent infra illos; 三つの天界もまた、そのように天使に見られる、その者は高い天界の中にいる、彼らの二つ〔の天界〕が彼らの下に見られるからである。

similiter itaque Johanni, quia apud illos erat, nam ad illos ascenderat, ut patet a capite iv. vers. 1, ubi dicitur, そこで、同様に、ヨハネに、彼らのもとにいたので、なぜなら、彼ら〔のもと〕へ上ったからである、第4章の1節から明らかであるように、そこに言われる、

"Ascende huc, et ostendam tibi quae oportet fieri post hac." 「ここに上れ、また私はあなたに示す、それは起こるべきことである、この後」。

Qui non scit aliquid de mundo spirituali et de terris ibi, nequaquam scire potest quid intelligitur per "sub terra," similiter quid per "inferiora terrae," in Verbo, ut apud Esajam: 霊界について、またそこに地について何らかのものを知らない者は、決して知ることができない、「地の下に」によって何が意味されるか、同様に、みことばの中の「地の低いもの」について、例えば「イザヤ(書)」のもとに――

"Cantate Caeli, jubilate Inferiora terrae, personate Montes cantu, quia redemit Jehovah Jacobum" (xliv. 23): 

et alibi. 「地よ、歌え。地の低いものよ、歓呼せよ。山々よ、歌うことで鳴り響け、エホバがヤコブをあがなわれたからである」(44:23)

Quis non videt, quod terrae mundi spiritualis ibi intelligantur; だれが見ないか、霊界の中の地がそこに意味されていること。

non enim aliquis homo sub terris in mundo naturali habitat. というのは、何らかの人間は自然界の中の地の下に住まないから。

 

(3) 訳文

 260(3) 「また、天にも、地にも、地の下にも、だれもできなかった」は、高い天界の中で、また低い天界の中でだれもできないことを意味する――

 「天にも、地にも、地の下にも」によって、高い天界また低い天界の中に、が意味される、後のように(13)、そこにこれらがある――

 

 「また、私は、天の中に、また地の中に、また地の下にある、また海の中にある、またそれらすべてのものの中にある、すべての造られたものが、言っているのを聞いた」。

 

 これらの者やそれらの者が言っているのを聞いたので、話した者が天使と霊であったことが明らかである。というのは、ヨハネは、彼自身が先行する第4(2)の中で言ったように霊の中にいたから、その状態の中で彼に霊界の地以外の他の地が見られなかった。というのは、『天界と地獄』の著作の中のその世界の記述から明らかにすることができるように、自然界の中のようにそこに地があるから。なおまた、『続き 霊界について』の中に(32-38)

 高い天界はそこに山と丘の上に、低い天界は下の地の上に、また最も低い天界はあたかも地の下にかのように見られる。

 というのは、天界は一つがもう一つの上に広がりであり、それぞれの広がりがそこにいる者の足の下の地のようであるからである。最も高い広がりは山の頂上のようであり、もう一つの広がりはその下にある、しかし、さらに広く、そのまわりの側面へ広がっている、そして最も低い広がりはさらに広く、またこれはその〔中間の広がりの〕下にあるからである。そこに「地の下に」いる者がいる。三つの天界もまた、そのように高い天界の中にいる天使に見られる、それの二つ〔の天界〕が彼らの下に見られるからである。そこで、ヨハネは彼らのもとにいたので同様である、なぜなら、第4章の1節から明らかであるように、彼ら〔のもと〕へ上ったからであり、そこに、「ここに上れ、また私はあなたに示す、それはこの後に起こるべきことである」と言われている。

 霊界について、またそこに地について何らかのものを知らない者は、「地の下に」によって、同様に、みことばの中の「地の低いもの」について何が意味されるか決して知ることができない、例えば「イザヤ」に――

 

 「地よ、歌え。地の低いものよ、歓呼せよ。山々よ、歌うことで鳴り響け、エホバがヤコブをあがなわれたからである」(44:23)

 

 霊界の中の地がそこに意味されていることをだれが見ないか。というのは、だれも人間は自然界の中の地の下に住まないから。

 

(1) 原文

261. " Aperire Librum."Quod significet nosse status vitae omnium, et judicare unumquemvis secundum suum, patet ab explicatis supra (n. 259).

 

(2) 直訳

261. " Aperire Librum."― 261 巻き物を開けること」――

Quod significet nosse status vitae omnium, et judicare unumquemvis secundum suum, patet ab explicatis supra (n. 259). すべてののいのちの状態ることまた自分のもの〔状態〕にしたがってそれぞれの審判することを意味することは、上の説明から明らかである(259番)

 

(3) 訳文

261 「巻き物を開けること」は、すべての者のいのちの状態を知ること、また自分のもの〔状態〕にしたがってそれぞれの者を審判することを意味することは、前の説明から明らかである(259番)

 

(1) 原文

262. " Nec inspicere eum," significat ne hilum.Cum per "aperire librum" significatur nosse status vitae omnium, per "inspicere eum" significatur videre qualis status vitae unius et alterius est; quare per quod "nemo posset aperire librum nec inspicere eum," significatur quod ne hilum possint. Solus enim Dominus videt statum cujusvis ab intimis ad extrema, tum qualis homo fuit ab infantia usque ad senectam, et qualis futurus est in aeternum, ut et quem locum in Caelo vel in inferno sortiturus sit; et hoc Dominus videt in instanti, et ex Se Ipso, quia est Ipsum Divinum Verum seu Verbum; angeli autem et homo ne hilum, quia sunt finiti, et finiti vident modo pauca et externa, et ne quidem haec vident a se, sed a Domino.

 

(2) 直訳

262. " Nec inspicere eum," significat ne hilum.― 262 それを眺めることもない」は、少しもないを意味する――

Cum per "aperire librum" significatur nosse status vitae omnium, per "inspicere eum" significatur videre qualis status vitae unius et alterius est; 「巻き物を開くこと」によって、すべての者のいのちの状態を知ることが意味されるとき、「それをめることによってある者と他の者のいのちの状態がどんなものか見ることが意味される。

quare per quod "nemo posset aperire librum nec inspicere eum," significatur quod ne hilum possint. それゆえ、「それをめることもだれもできなかった」ことによって、少しもできないことが意味される。

Solus enim Dominus videt statum cujusvis ab intimis ad extrema, tum qualis homo fuit ab infantia usque ad senectam, et qualis futurus est in aeternum, ut et quem locum in Caelo vel in inferno sortiturus sit; というのは、主だけがそれぞれの者の状態を最内部から最外部まで見るから、なおまたどんな人間であったか、幼児期から老年期までも、またどんなものになるか、永遠に、そのようにまた、天界の中にあるいは地獄の中にどの場所に割り当てられるか。

et hoc Dominus videt in instanti, et ex Se Ipso, quia est Ipsum Divinum Verum seu Verbum; またこのことを主は瞬く間に見る、またその方ご自身から、その方は神的真理、すなわち、みことばであるからである。

angeli autem et homo ne hilum, quia sunt finiti, et finiti vident modo pauca et externa, et ne quidem haec vident a se, sed a Domino. けれども、天使と人間は少しもない、有限であるので、また有限な者はわずかなものや外なるものだけを見る、また決してこれらを自分自身から見ない、しかし、主から。

 

(3) 訳文

 262 それを眺めることもない」は、少しもないを意味する――

 「巻き物を開くこと」によって、すべての者のいのちの状態を知ることが意味されるとき、「それをめることによってある者と他の者のいのちの状態がどんなものか見ることが意味される。それゆえ、「それをめることもだれもできなかったことによって、少しもできないことが意味される

 というのは、主おひとりが、それぞれの者の状態を最内部から最外部まで、なおまたどんな人間であったか、幼児期から老年期までも、また永遠にどんなものになるか、、そのようにまた、天界の中にあるいは地獄の中にどの場所に割り当てられるか見るから。またこのことを主は、その方ご自身から一瞬に見る、その方は神的真理、すなわち、みことばであるからである。けれども、天使と人間は、有限であるので少しも見ない、また有限な者はわずかなものや外なるものだけを見る、また決してこれらを自分自身から見ない、しかし、主から見る。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 01:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 257,258,259

(1) 原文

257. " Obsignatum sigillis septem," significat illud prorsus absconditum angelo et homini.Quod "obsignatum sigillo" significet absconditum, patet; inde "obsignatum septem sigillis" significat prorsus absconditum, "septem" enim significant omne (n. 10), ita quoque prorsus; quod prorsus absconditum angelo et homini, dicitur mox his verbis:

 

"Et nemo potuit in Caelo, nec super terra, neque sub terra, aperire et legere librum, nec inspicere illum" (vers. 3, 4);

 

tale est Verbum omnibus, quibus Agnus, hoc est, Dominus non aperit illud: hic quia de exploratione omnium ante Ultimum Judicium agitur, sunt status vitae omnium in communi et particulari, qui prorsus absconditi sunt.

 

(2) 直訳

257. " Obsignatum sigillis septem," significat illud prorsus absconditum angelo et homini.― 256 「七つの封印で封じられた」は、それが天使と人間にまったく隠されているを意味する――

Quod "obsignatum sigillo" significet absconditum, patet; 「封印で封じられた」が、隠された、を意味することは、明らかである。

inde "obsignatum septem sigillis" significat prorsus absconditum, "septem" enim significant omne (n. 10), ita quoque prorsus; ここから「七つの封印で封じられた」が、まったく隠された、を意味する、というのは「七」はすべてのものを意味するから(10番)

quod prorsus absconditum angelo et homini, dicitur mox his verbis: 天使と人間にまったく隠されていることは、すぐにこれらのことばで言われるている――

"Et nemo potuit in Caelo, nec super terra, neque sub terra, aperire et legere librum, nec inspicere illum" (vers. 3, 4); 「また、天にも、地にも、地の下にも、だれもできなかった、巻き物を開けること、それを眺めることもない」(3, 4節)

tale est Verbum omnibus, quibus Agnus, hoc est, Dominus non aperit illud: みことばはこのようなものである、すべての者に、その者に、小羊は、すなわち、主はそれを開かない。

hic quia de exploratione omnium ante Ultimum Judicium agitur, sunt status vitae omnium in communi et particulari, qui prorsus absconditi sunt. ここに、最後の審判前のすべての者の調査について扱われているので、すべての者のいのち(生活)状態である、全般的なもの、また個々のもののの中の、それはまったく隠されている。

 

(3) 訳文

 256 「七つの封印で封じられた」は、それが天使と人間にまったく隠されている、を意味する――

 「封印で封じられた」が、隠された、を意味することは、明らかである。ここから「七つの封印で封じられた」が、まったく隠された、を意味する、というのは「七」はすべてのものを意味するから(10番)。天使と人間にまったく隠されていることは、すぐにこれらのことばで言われるている――

 

 「また、天にも、地にも、地の下にも、巻き物を開け、それを眺めることをだれもできなかった」(3, 4節)

 

 みことばは、小羊が、すなわち、主がそれを開かない者にとって、このようなものである――ここに、全般的なものまた個々のもののの中のすべての者のいのち(生活)状態である最後の審判前のすべての者の調査について扱われているので、それはまったく隠されている。

 

(1) 原文

258. [Vers. 2.] " Et vidi Angelum fortem praedicantem voce magna," significat Divinum Verum a Domino influens penitus in cogitationem angelorum et hominum, ac indagationem.Per "Angelum" praedicantem in Sensu spirituali intelligitur Dominus, quia angelus a se non praedicat et docet, sed a Domino, at usque sicut a se: "Angelus fortis" dicitur, quia cum potentia, et quod praedicatur cum potentia, hoc influit penitus in cogitationem; "vox magna" significat Divinum Verum a Domino in potentia seu virtute: quod etiam significetur indagatio, est quia interrogat, "Quis est dignus aperire librum," ut nunc sequitur.

 

(2) 直訳

258. [Vers. 2.] " Et vidi Angelum fortem praedicantem voce magna," significat Divinum Verum a Domino influens penitus in cogitationem angelorum et hominum, ac indagationem.― 256(2) 「また、私は大きな声で宣告する力強い天使を見た」は、天使と人間のもとに深く流入している主からの神的真理を、そして見つけ出すこと(調査)意味する

Per "Angelum" praedicantem in Sensu spirituali intelligitur Dominus, quia angelus a se non praedicat et docet, sed a Domino, at usque sicut a se:  宣告する「天使」によって、霊的な意味の中で主が意味される、天使は自分自身から宣言しない、また教えないからである、しかし、主から、しかしそれでも自分自身からのように。

"Angelus fortis" dicitur, quia cum potentia, et quod praedicatur cum potentia, hoc influit penitus in cogitationem; 「力強天使」われる、力といっしょ〔である〕ので、また力といっしょ〔である〕と宣言されるものは、これは深く流入する、思考の中へ。

"vox magna" significat Divinum Verum a Domino in potentia seu virtute: 「大きな声」は、主からの神的真理を意味する、力、すなわち、強さの中で〔にある〕。

quod etiam significetur indagatio, est quia interrogat, "Quis est dignus aperire librum," ut nunc sequitur. 見つけ出すこと(調査)もまた意味されること、質問したからである、「けることにふさわしいだれ」、今や、続けられるように。

 

(3) 訳文

 256(2) 「また、私は大きな声で宣告する力強い天使を見た」は、天使と人間のもとに深く流入している主からの神的真理を、そして見つけ出すことを意味する。

  宣告する「天使」によって、霊的な意味の中で主が意味される、天使は自分自身から宣言しない、また教えないからである、しかし、主から、しかしそれでも自分自身からのように〔である〕。

 「力強天使」われる、力といっしょ〔である〕からである、また力といっしょ〔である〕と宣言されるものは、思考の中へ深く流入する。「大きな声」は、力、すなわち、強さの中にある主からの神的真理を意味する。見つけ出すこともまた意味されることは、今や、続けられるように、「けることにふさわしいだれ」と質問したからである

 

(1) 原文

259. " Quis est dignus aperire librum et solare sigilla ejus," significat quis in potentia est nosse status vitae omnium in Caelis et in Terris, et judicare unumquemvis secundum suum."Quis dignus est" significat quis potest, seu quis in potentia est; "aperire librum, et solvere sigilla ejus" significat hic nosse status vitae omnium in Caelis et in terris, et quoque judicare unumquemvis secundum suum statum, nam cum "Liber aperitur," fit inquisitio quales sunt, et dein sententia seu judicium; comparative sicut judex agit cum libro legis et ex illo: quod per "aperire librum" significetur inquisitio qualis status vitae est omnibus et singulis, patet a capite sequente, ubi describitur quid visum est, cum Agnus aperuit in suo ordine septem sigilla ejus.

 

(2) 直訳

259. " Quis est dignus aperire librum et solare sigilla ejus," significat quis in potentia est nosse status vitae omnium in Caelis et in Terris, et judicare unumquemvis secundum suum.― 259 巻き物を開け、その封印を解くことにふさわしい者はだれか」は、だれが力の中にいるかを意味する、天界の中と地の中のすべての者のいのちの状態を知ること、また自分のもの〔状態〕にしたがってそれぞれの者を審判すること――

"Quis dignus est" significat quis potest, seu quis in potentia est; 「だれがふさわしいか」は、だれができるか、すなわち、だれが力の中にいるか、を意味する。

"aperire librum, et solvere sigilla ejus" significat hic nosse status vitae omnium in Caelis et in terris, et quoque judicare unumquemvis secundum suum statum, nam cum "Liber aperitur," fit inquisitio quales sunt, et dein sententia seu judicium; 「その封印くことこれは天界のすべてののいのち(生活)状態知ることを意味する、そしてまたそれぞれの者を(自分の)その状態にしたがって審判すること、なぜなら、「巻開くこと」は調査(取り調べ)が行なわれるからである、どのようなものであるか、またその後、判決(判断)または審判。

comparative sicut judex agit cum libro legis et ex illo: 比べて(=比べれば)、裁判官が行なうように、法律の本を〔開き〕、またそれから〔判決を行なう〕――

quod per "aperire librum" significetur inquisitio qualis status vitae est omnibus et singulis, patet a capite sequente, ubi describitur quid visum est, cum Agnus aperuit in suo ordine septem sigilla ejus. 「開くこと」によって、すべての者と個々の者のいのちの状態がどんかものか〔その〕調査(取り調べ)が意味されることは、続く章から明らかである、そこに何が見られたか述べられている、小羊がその順序の中でその七つの封印を開いたとき。

 

(3) 訳文

259 「巻き物を開け、その封印を解くことにふさわしい者はだれか」は、天界の中と地上のすべての者のいのちの状態を知り、また自分のもの〔状態〕にしたがって、それぞれの者を審判する力の中にだれがいるか、を意味する。

 「だれがふさわしいか」は、だれができるか、すなわち、だれが力の中にいるか、を意味する。「その封印くことこれは天界のすべてののいのち(生活)状態知ることを、そしてまたそれぞれの者を(自分の)その状態にしたがって審判すること意味する、なぜなら、「巻開くこと」は、どのようなものであるか調査が、またその後、判決または審判が行なわれるからである。比べれば、裁判官が、法律の本を〔開き〕、またそれから〔判決を行なう〕ようなものである――「開くこと」によって、すべての者と個々の者のいのちの状態がどんかものか〔その〕調査が意味されることは、小羊が順にその七つの封印を開いたとき、そこに何が見られたか述べられている続く章から明らかである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 256

EXPLICATIO.

説明

 

(1) 原文

256. [Vers. 1.] " Et vidi in dextra Sedentis super Throno Librum scriptum intus et a tergo," significat Dominum quoad Ipsum Divinum Suum ab aeterno, Cui Omnipotentia et Omniscientia, et Qui est Verbum, Qui et status vitae omnium in Caelis et in terris, in omni particulari et in omni communi, ex Se Ipso novit.Per "Sedentem super Throno" intelligitur Dominus quoad Ipsum Divinum, ex Quo Humanum Ipsius, nam sequitur quod" Agnus acceperit Librum e dextra Sedentis super Throno" (vers. 7), et per "Agnum" intelligitur Dominus quoad Divinum Humanum; per "Librum scriptum intus et a tergo" intelligitur Verbum in omni particulari et in omni communi; per "intus" in omni particulari, et per "a tergo" in omni communi; per "intus et a tergo" intelligitur etiam Verbi Sensus interior, qui est spiritualis, et Sensus ejus exterior qui est naturalis; per "dextram" intelligitur Ipse quoad omnipotentiam et omniscientiam, quia de exploratione omnium in Caelis et in terris, super quos Ultimum Judicium erit, et de separatione eorum, agitur. Quod Dominus ut Verbum sciat status vitae omnium in Caelis et in terris a Se Ipso, est quia est Ipsum Divinum Verum, et Ipsum Divinum Verum ex Se Ipso novit omnia; sed hoc arcanum est, quod in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia detectum est. Quod Dominus quoad Ipsum Divinum ab aeterno fuerit Verbum, hoc est, Divinum Verum, patet ab his apud Johannem:

 

"In principio erat Verbum, et Verbum erat apud Deum, et Deus erat Verbum" (i. 1);

 

et quod Dominus etiam quoad Humanum factus sit "Verbum," apud eundem:

 

"Et Verbum Caro factum est" (i. 14).

 

Inde constare potest quid intelligitur per quod Liber fuerit in dextra Sedentis super Throno, et quod Agnus acceperit Librum inde (vers. 7). [2] Quoniam Dominus est Verbum, et Verbum est Divinum Verum, quod in communi facit Caelum et Ecclesiam, et in particulari angelum ut in illo Caelum sit, et hominem ut in illo Ecclesia sit, et quia Verbum hic intelligitur per "Librum," ex quo et secundum quod omnes judicandi sunt, ideo passim dicitur "inscribi Libro," "judicari ex Libro," "deleri ex Libro," ubi de statu vitae aeternae alicujus agitur; ut in his locis:

 

Antiquus Dierum judicium consedit, "et Libri aperti sunt" (Dan. vii. [9,] 10);

Eripietur populus omnis, qui invenietur "scriptus in Libro" (Dan. xii. 1.);

"Non latuit Te os meum, super Libro Tuo omnes scripti sunt dies, et non unus ex illis deest" (Psalm. cxxxix. 15, 16);

Moses dixit, "Dele me quaeso ex Libro quem scripsisti; et dixit Jehovah, Illum qui peccavit Mihi, delebo e Libro" (Exod. xxxi. 32, 33);

"Deleantur e Libro vitae, et cum justis non scribantur" (Psalm. lxix. 29 [B.A. 28]);

"Vidi quod Libri aperti sint; et Liber alius apertus est, qui est vitae; et judicati sunt mortui juxta ea quae scripta sunt in libris{1} secundum opera illorum, et si quis non inventus est in Libri vitae scriptus, ejectus est in stagnum ignis" (Apoc. xx. 12, 15{2});

"Non ingredientur in Novam Hierosolymam, nisi qui scripti sunt in Libro vitae Agni" (Apoc. xxi. 26 [B.A. 27]);

"Adorabunt bestiam omnes, quorum nomina non scripta sunt in Libro vitae Agni" (Apoc. xiii. 8; cap. xvii. 8).

 

Quod per "Librum" intelligatur Verbum, apud Davidem:

 

"In Volumine Libri scriptum est de Me" (Psalm. xl. 8 [B.A. 7]);

 

et apud Ezechielem:

 

"Vidi et ecce manus emissa ad me, et in ea Volumen Libri scriptum ante et post" (ii. 9, 10{3});

"Liber verborum Esajae" (Luc. iii. 4):

"Liber psalmorum" (Luc. xx. 42).

 

@1 libris pro "libro" @2 12, 15 pro "12, 13, 14" @3 9, 10 pro "8, 9"

 

(2) 直訳

256. [Vers. 1.] " Et vidi in dextra Sedentis super Throno Librum scriptum intus et a tergo," significat Dominum quoad Ipsum Divinum Suum ab aeterno, Cui Omnipotentia et Omniscientia, et Qui est Verbum, Qui et status vitae omnium in Caelis et in terris, in omni particulari et in omni communi, ex Se Ipso novit.― 256(1)  「私は王座の上に座っている方の右手の中に、内側にまた背に書かれた巻き物を見た」は、永遠からのご自分の神性そのものに関する主を意味する、その方に全地と全能〔がある〕、またその方はみことばである、その方はまた、天界の中と地の中のすべての者のいのちの状態を、すべての個々のものの中の、またすべての全般的なものの中の、ご自分そのものから知った(知っている)――

Per "Sedentem super Throno" intelligitur Dominus quoad Ipsum Divinum, ex Quo Humanum Ipsius, nam sequitur quod" Agnus acceperit Librum e dextra Sedentis super Throno" (vers. 7), et per "Agnum" intelligitur Dominus quoad Divinum Humanum; 「王座の上に座っている方」によって神性そのものに関する主が意味される、その方からその方の人間性〔がある〕、なぜなら「小羊が王座の上に座っている方の右手から巻き物を受け取った」ことが続けられ、また「小羊」によって神的人間性に関する主が意味されるからである。

per "Librum scriptum intus et a tergo" intelligitur Verbum in omni particulari et in omni communi; 「内側にまた背に書かれた巻き物」によって、すべての個々のものの中の、またすべての全般的なものの中のみことばが意味される。

per "intus" in omni particulari, et per "a tergo" in omni communi; 「内側に」によって、すべての個々のものの中の、また「背に」によって、すべての全般的なものの中の。

per "intus et a tergo" intelligitur etiam Verbi Sensus interior, qui est spiritualis, et Sensus ejus exterior qui est naturalis; 「内側にまた背に」によって、さらにまた、みことばの内的な意味が意味される、それは霊的なものである、またその外的な意味が、それは自然的なものである。

per "dextram" intelligitur Ipse quoad omnipotentiam et omniscientiam, quia de exploratione omnium in Caelis et in terris, super quos Ultimum Judicium erit, et de separatione eorum, agitur. 「右手」によって、全能と全知に関するその方が意味される、天界の中と地の中のすべての者の調査について、その上に最後の審判がある、また彼らの分離について、扱われるからである。

Quod Dominus ut Verbum sciat status vitae omnium in Caelis et in terris a Se Ipso, est quia est Ipsum Divinum Verum, et Ipsum Divinum Verum ex Se Ipso novit omnia; 主は、みことばとして、天界の中と地の中のすべての者のいのち(生活)知っていることは、ご自分そのものから、その方は神的真理であるからである、また神的真理そのものは、ご自分そのものからすべての者を知った(知る)

sed hoc arcanum est, quod in Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina Sapientia detectum est. しかし、このことはアルカナ(秘義)である、それは『天使の知恵 神的愛と神的知恵について』の中に示されている。

Quod Dominus quoad Ipsum Divinum ab aeterno fuerit Verbum, hoc est, Divinum Verum, patet ab his apud Johannem: 永遠からの神性そのものに関する主が、みことばであったことは、すなわち、神的真理、「ヨハネ(福音書)」のもとのこれらから明らかである――

"In principio erat Verbum, et Verbum erat apud Deum, et Deus erat Verbum" (i. 1); 「初めに、ことばがあった、またことばは神のもとにあった、またことばは神であった」(1:1)

et quod Dominus etiam quoad Humanum factus sit "Verbum," apud eundem: また人間性に関してもまた主が「みことば」となったことは、同じもの(同書)のもとに――

"Et Verbum Caro factum est" (i. 14). 「また、ことばは肉となった」(1:14)

Inde constare potest quid intelligitur per quod Liber fuerit in dextra Sedentis super Throno, et quod Agnus acceperit Librum inde (vers. 7). ここから明らかにすることができる、何が意味されるか、巻き物(書)が王座の上に座っている方の右手の中にあったことによって、また小羊が巻き物(書)ここから受け取ったこと(7)

[2] Quoniam Dominus est Verbum, et Verbum est Divinum Verum, quod in communi facit Caelum et Ecclesiam, et in particulari angelum ut in illo Caelum sit, et hominem ut in illo Ecclesia sit, et quia Verbum hic intelligitur per "Librum," ex quo et secundum quod omnes judicandi sunt, ideo passim dicitur "inscribi Libro," "judicari ex Libro," "deleri ex Libro," ubi de statu vitae aeternae alicujus agitur; [2] 主はみことばであり、またみことばは神的真理である〔ので〕、それが全般的なものの中で天界と教会をつくる、また個々のものの中で天使をその天界の中にいるように、また人間をその教会の中にいるように、またみことばはここに「書(巻き物)」によって意味され、そこからまたそれにしたがって、すべての者が裁かれなければならないので、それゆえ、しばしば(あちこちに)われる「書に書かれること」、「書から裁かれること」「書から消されること」そこにある者の永遠のいのちの状態が扱われている。

ut in his locis: 例えば、これらの箇所の中に――

Antiquus Dierum judicium consedit, "et Libri aperti sunt" (Dan. vii. [9,] 10); 日の老いたる者が審判を(の)席に着いた、「また書が開かれた」(ダニエル7:9, 10)

Eripietur populus omnis, qui invenietur "scriptus in Libro" (Dan. xii. 1.); すべての民は救い出される、その者は「書の中に書かれている」のが見つけられる(ダニエル12:1)

"Non latuit Te os meum, super Libro Tuo omnes scripti sunt dies, et non unus ex illis deest" (Psalm. cxxxix. 15, 16); 「あなたに私の骨は隠れていない。あなたの書の上に日々が書かれた、それらから一つも欠けていない」(詩篇139:15, 16)

Moses dixit, "Dele me quaeso ex Libro quem scripsisti; モーセは言った、「私を、どうぞ(〜してください)、書から消せ、それをあなたが書いた。

et dixit Jehovah, Illum qui peccavit Mihi, delebo e Libro" (Exod. xxxi. 32, 33); また、エホバは言った、彼を、その者はわたしに罪を犯した、わたしは書から消す」(出エジプト記31:32, 33)

"Deleantur e Libro vitae, et cum justis non scribantur" (Psalm. lxix. 29 [B.A. 28]); 「いのちの書から消けされる、また正しい者と一緒に書かれない」(詩篇49:28)

"Vidi quod Libri aperti sint; 「私は見た、書が開かれたこと。

et Liber alius apertus est, qui est vitae; また他の書が開かれた、それはいのちの(書)である。

et judicati sunt mortui juxta ea quae scripta sunt in libris{1} secundum opera illorum, et si quis non inventus est in Libri vitae scriptus, ejectus est in stagnum ignis" (Apoc. xx. 12, 15{2}); 死んだ者はそれにしたがって裁かれた、それは書の中に書かれた、彼らの働きにしたがって、またもしだれかがいのちの書の中に書かれているのが見つけられないなら、火の池の中に投げ込まれた」(黙示録20:12, 15)

"Non ingredientur in Novam Hierosolymam, nisi qui scripti sunt in Libro vitae Agni" (Apoc. xxi. 26 [B.A. 27]); 「新しいエルサレムの中に入れない、小羊のいのちの書の中に書かれた者でないなら」(黙示録21:27)

"Adorabunt bestiam omnes, quorum nomina non scripta sunt in Libro vitae Agni" (Apoc. xiii. 8; cap. xvii. 8). 「すべての者は獣を崇拝する(ようになる)、その名前が小羊のいのちの書に書かれていない」(黙示録13:8、第17章8)

Quod per "Librum" intelligatur Verbum, apud Davidem: 「書(巻き物)」によって、みことばが意味されることは、ダビデ(の書)のともに――

"In Volumine Libri scriptum est de Me" (Psalm. xl. 8 [B.A. 7]); 「書()の巻き物の中に、わたしについて書かれている」(詩篇40:7)

et apud Ezechielem: また、「エゼキエル(書)」のもとに――

"Vidi et ecce manus emissa ad me, et in ea Volumen Libri scriptum ante et post" (ii. 9, 10{3}); 「私は見た、また見よ、手が私に差し出された、またその中に前と後ろに書かれた書の巻き物が〔あった〕」(2:9, 10)

"Liber verborum Esajae" (Luc. iii. 4): 「イザヤのことばの書」(ルカ3:4)

"Liber psalmorum" (Luc. xx. 42). 「詩篇の書」(ルカ20:42)

@1 libris pro "libro" 注1 libro」の代わりに libiris

@2 12, 15 pro "12, 13, 14" 注2 12, 13, 14」の代わりに 12, 15

@3 9, 10 pro "8, 9" 注3 8, 9」の代わりに 9, 10

 

(3) 訳文

 256(1)  「私は王座の上に座っている方の右手の中に、内側にまた背に書かれた巻き物を見た」は、永遠からのご自分の神性そのものに関する主を、その方に全地と全能〔があり〕、またその方はみことばである主を意味すし、その方はまた、天界の中と地の中のすべての者のいのちの状態を、すべての個々のものの中の、またすべての全般的なものの中の、ご自分そのものから知っている――

 「王座の上に座っている方」によって、主からその方の人間性〔がある〕神性そのものに関する主が意味される、なぜなら「小羊が王座の上に座っている方の右手から巻き物を受け取った」ことが続けられ、「小羊」によって神的人間性に関する主が意味されるからである。内側にまた背に書かれた巻き物」によって、すべての個々のものの中の、またすべての全般的なものの中のみことばが意味される。内側に」によって、すべての個々のものの中の、また「背に」によって、すべての全般的なものの中の〔みことばが意味される〕。内側にまた背に」によって、さらにまた、霊的なものであるみことばの内的な意味が、また自然的なものであるその外的な意味が意味される。「右手」によって、全能と全知に関するその方が意味される、天界の中と地上のすべての者の上に最後の審判があり、その調査について、また彼らの分離について扱われるからである。

 主は、みことばとして、ご自分そのものから天界の中と地上のすべての者のいのち(生活)知っているのは、その方は神的真理であり、神的真理そのものであるご自分そのものからすべての者を知るからである。しかし、このことはアルカナ(秘義)であり、それは『 神の愛と知恵』の中に示されている。

 永遠からの神性そのものに関する主が、みことば、すなわち、神的真理であったことは、「ヨハネ福音書」のこれらから明らかである――

 

 「初めに、ことばがあった、ことばは神のもとにあった、ことばは神であった」(1:1)

 

 また人間性に関してもまた主が「みことば」となったことは、同書に――

 

 「ことばは肉となった」(1:14)

 

 ここから、巻き物(書)が王座の上に座っている方の右手の中にあったこと、また小羊が巻き物(書)ここから受け取ったこと(7)によって何が意味されるか、明らかにすることができる。

[2] 主はみことばであり、またみことばは神的真理であり、それが全般的なものの中で天界と教会をつくり、個々のものの中で天使をその天界の中にいるように、また人間をその教会の中にいるようにつくり、またみことばはここに「書(巻き物)」によって意味され、そこからまたそれにしたがって、すべての者が裁かれなければならないので、それゆえ、そこにある者の永遠のいのちの状態が扱われている〔ところに〕しばしば(あちこちに)「書に書かれること」、「書から裁かれること」「書から消されること」がわれる。例えば、これらの箇所の中に――

 

 日の老いたる者が審判の席に着き、「書が開かれた」(ダニエル7:9, 10)

「書の中に書かれている」のが見つけられるすべての民は救い出される(ダニエル12:1)

 「あなたに私の骨は隠れていない。あなたの書の上に日々が書かれた、それらから一つも欠けていない」(詩篇139:15, 16)

 モーセは言った、「どうか、あなたが書いた書から私を消せしてください。また、エホバは言った、わたしに罪を犯した者を、わたしは書から消す」(出エジプト記31:32, 33)

 「いのちの書から消けされ、正しい者と一緒に書かれない」(詩篇49:28)

 「私は見た、書が開かれたこと。また他の書が開かれた、それはいのちの(書)である。死んだ者は、彼らの働きにしたがって書の中に書かれたものにしたがって裁かれた。もし、だれかがいのちの書の中に書かれているのが見つけられないなら、火の池の中に投げ込まれた」(黙示録20:12, 15)

 「小羊のいのちの書の中に書かれた者でないなら、新しいエルサレムの中に入れない」(黙示録21:27)

「名前が小羊のいのちの書に書かれていないすべての者は獣を崇拝するようになる(黙示録13:8、第17章8)

 

 「書(巻き物)」によって、みことばが意味されることは、ダビデの書のともに――

 

 「巻き物の書の中に、わたしについて書かれている」(詩篇40:7)

 

 また、「エゼキエル」に――

 

 「私は見た。見よ、手が私に差し出され、その中に前と後ろに書かれた巻き物の書が〔あった〕」(2:9, 10)

 「イザヤのことばの書」(ルカ3:4)

「詩篇の書」(ルカ20:42)

続きを読む >>
author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark