RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 378

(1) 原文

378. " Et laverunt stolas suas;" significat et qui mundaverunt religiosa sua a malis falsi.Per "lavare" in Verbo, significatur mundare se a malis et falsis; et per "stolas" significantur communia vera (n. 328); communia vera sunt cognitiones boni et veri ex Sensu literae Verbi, secundum quas vixerunt, et inde sunt religiosa; et quia omne religiosum se refert ad bonum et verum, ideo stolae bis nominantur, nempe, "laverunt stolas" et "dealbaverunt stolas." "Stolae" seu religiosa mundantur solum apud illos qui pugnant contra mala, et sic rejiciunt falsa, ita per tentationes, quae significantur per "afflictionem magnam" (n. 377). Quod "lavari" significet mundari a malis et falsis, et sic reformari et regenerari, constare potest a sequentibus locis:

 

"Cum Laverit Dominus excrementum filiarum Sionis, et sanguines Hierosolymae abluerit in spiritu judicii et in spiritu expurgationis" (Esaj. iv. 4);

"Lavate vos, mundate vos, removete malum operum vestrorum ab oculis Meis, cessate malum facere" (Esaj. i. 16);

"Lava a malitia cor tuum, Hierosolyma, ut salveris" (Jerem. iv. 14);

"Lava me ab iniquitate mea, et prae nive albus ero" (Psalm. li. 4, 9 [B. A. 2, 7]);

"Si Laveris te nitro, et multiplicaveris tibi smegma, usque maculas retinebit iniquitas tua" (Jerem. ii. 22);

"Si Lavero me in aquis nivis, et mundavero smegmate manus meas, usque abominabuntur me vestes meae" (Hiob ix. 30, 31);

"Qui Lavit in vino vestimentum suum, et in sanguine uvarum velamen suum" (Gen. xlix. 11);

 

hoc de Ecclesia Caelesti, ex qua sunt qui in amore in Dominum, et in supremo Sensu de Domino; "vinum" et "sanguis uvarum" est Divinum Verum spirituale et caeleste.

 

"Lavi te aquis, et Ablui sanguines a super te" (Ezech. xvi. 9);

 

hoc de Hierosolyma; "aquae" sunt vera, et "sanguines" sunt adulterationes veri. [2] Ex his constare potest quid repraesentatum est et inde significatum per "lavationes" in Ecclesia Israelitica, ut

 

Quod Aharon Lavaret se antequam indueret vestes ministerii (Levit. xvi. 4, 24);

Et antequam accederet ad Altare ad ministrandum (Exod. xxx. 18-21; cap. xl. 30, 31);

Similiter Levitae (Num. viii. 6, 7);

Similiter alii, qui per peccata immundi facti sunt: imo quod Laverint vasa (Levit. xi. 32: cap. xiv. 8, 9; cap. xv. 5-13{1}; cap. xvii. 15, 16; Matth. xxiii. 25, 26{2});

Quod sanctificati sint per Lavationes (Exod. xxix. 4{3}; cap. xl. 12; Levit. viii. 6):

Quod Naaman e Syria Laverit se in Jordane (2 Reg. v. 10, 14);

Quare ut se Lavarent, Mare aeneum et plura Lavacra posita fuerunt juxta Templum (1 Reg. vii. 23-39);

Quodque Dominus Laverit pedes discipulorum (Joh. xiii. 5-10{4});

Et dixerit ad Caecum quod Lavaret se in lacu Siloah (Joh. ix. 6, 7, 11, 15).

 

[3] Ex his constare potest quod "lavatio" apud filios Israelis repraesentaverit lavationem spiritualem, quae est mundatio a malis et falsis, et inde reformatio et regeneratio. Ex supradictis etiam patet, quid significatum est per

 

Baptismum in Jordane a Johanne (Matth. iii.; Marc. i. 4-13);

 

et quid per haec Johannis verba de Domino, quod

 

"Baptizet Spiritu Sancto et Igne" ([Matth. iii. 11] Luc. iii. 16; Joh. i. 33);

 

et de se, quod

 

Baptizet aqua (Joh. i. 26);

 

quorum intellectus est, quod Dominus lavet seu purificet hominem per Divinum Verum et Divinum Bonum, et quod Johannes per suum baptismum repraesentaverit illa; nam "Spiritus Sanctus" est Divinum Verum, "Ignis" est Divinum Bonum, et "aqua" est repraesentativum illorum; "aqua,' enim significat Verum Verbi, quod fit Bonum per vitam secundum illud (n. 50).

@1 13 pro "12" @2 25, 26 pro "26, 27" @3 xxix. 4 pro "xxiv. 9" @4 5-10 pro "10"

 

(2) 直訳

378. " Et laverunt stolas suas;" significat et qui mundaverunt religiosa sua a malis falsi.― 378 また自分ったまたその虚偽の悪から自分の宗教的信念を清めた、意味する。

Per "lavare" in Verbo, significatur mundare se a malis et falsis; みことばの中で「洗うこと」によって、自分自身を悪と虚偽から清めることが意味される。

et per "stolas" significantur communia vera (n. 328); また「衣」によって、全般的な真理が意味される(328)

communia vera sunt cognitiones boni et veri ex Sensu literae Verbi, secundum quas vixerunt, et inde sunt religiosa; 全般的な真理は、みことばの文字どおりの意味からの善と真理の認識(知識)である、彼らはそれらにしたがって生活した〔ので〕、またここから宗教的信念(宗教的な事柄)である。

cognitio は「知識」ですが複数形の場合、単なる知識でなく「認識」の訳語のほうが正しいと思います。

et quia omne religiosum se refert ad bonum et verum, ideo stolae bis nominantur, nempe, "laverunt stolas" et "dealbaverunt stolas." またすべての宗教的な信念(の体系)善と真理に関係するので、それゆえ、衣は二度、名前を挙げられている、すなわち「彼らは衣を洗った」また「彼らは衣を白くした」。

"Stolae" seu religiosa mundantur solum apud illos qui pugnant contra mala, et sic rejiciunt falsa, ita per tentationes, quae significantur per "afflictionem magnam" (n. 377). 「衣」すなわち、宗教的信念は彼らのもとでだけ清められる、その者は悪に対して戦った、またこのように虚偽を退けた、そのように試練によって、それは「大きな苦難」によって意味されている(377)

Quod "lavari" significet mundari a malis et falsis, et sic reformari et regenerari, constare potest a sequentibus locis: 「洗われること」が悪と虚偽から清められることを意味することは、またこのように改心されることまた再生されること、続く箇所から明らかにすることができる――

"Cum Laverit Dominus excrementum filiarum Sionis, et sanguines Hierosolymae abluerit in spiritu judicii et in spiritu expurgationis" (Esaj. iv. 4); 「主がシオンの娘たちの排泄物()を洗ったとき、またエルサレムの血を洗い清めた、さばきの霊の中でまた浄化する霊の中で」(イザヤ4:4)

"Lavate vos, mundate vos, removete malum operum vestrorum ab oculis Meis, cessate malum facere" (Esaj. i. 16); 「あなたがたを洗え、あなたがたを清めよ、あなたがたの悪の働きをわたしの目から取り除け、悪を行なうことをやめよ」(イザヤ1:16)

"Lava a malitia cor tuum, Hierosolyma, ut salveris" (Jerem. iv. 14); 「悪意からあなたの心を洗え、エルサレムよ、あなたが救われるために」(エレミヤ4:14)

"Lava me ab iniquitate mea, et prae nive albus ero" (Psalm. li. 4, 9 [B. A. 2, 7]); 「私を私の不法から洗え、すると私は雪よりも白くなるでしょう」(詩篇51:2, 7)

"Si Laveris te nitro, et multiplicaveris tibi smegma, usque maculas retinebit iniquitas tua" (Jerem. ii. 22); 「たとえ、あなたはあなたをソーダで洗っても、またあなたに洗剤を増やした、それでも、あなたの不法は斑点を保有するであろう」(エレミヤ2:22)

"Si Lavero me in aquis nivis, et mundavero smegmate manus meas, usque abominabuntur me vestes meae" (Hiob ix. 30, 31); 「たとえ、私が私を雪の水で洗っても、また洗剤で自分の手をきれいにした、それでも、私を私の衣服は忌み嫌った」(ヨブ記9:30, 31)

"Qui Lavit in vino vestimentum suum, et in sanguine uvarum velamen suum" (Gen. xlix. 11); 「その者はぶどう酒の中で自分の衣服を洗った、またブドウの(実の)血の中で自分のおおいを」(創世記49:11)

hoc de Ecclesia Caelesti, ex qua sunt qui in amore in Dominum, et in supremo Sensu de Domino; このことは天的な教会について〔である〕、それ〔教会〕からいる、その者は主への愛の中に、また最高の意味の中で主について〔である〕。

"vinum" et "sanguis uvarum" est Divinum Verum spirituale et caeleste. 「ぶどう酒」と「ブドウ(の実)血」は霊的なまた天的な神的真理である。

"Lavi te aquis, et Ablui sanguines a super te" (Ezech. xvi. 9); 「わたしはあなたを水で洗った、またわたしはあなたの上から血を洗い落した」(エゼキエル16:9)

hoc de Hierosolyma; これはエルサレムについて〔である〕。

"aquae" sunt vera, et "sanguines" sunt adulterationes veri. 「水」は真理である、また「血」は真理の不純化である。

[2] Ex his constare potest quid repraesentatum est et inde significatum per "lavationes" in Ecclesia Israelitica, ut [2] これらから明らかにすることができる、何が表象されたか、またここから意味されたか、イスラエル教会の中で「洗うこと」によって、例えば

Quod Aharon Lavaret se antequam indueret vestes ministerii (Levit. xvi. 4, 24); アロンは仕えること(聖職者の職務)の衣服を着る前に洗わなければなかったこと(レビ記16:4, 24)

Et antequam accederet ad Altare ad ministrandum (Exod. xxx. 18-21; cap. xl. 30, 31); また仕えるために祭壇に近づく前に(出エジプト記30:18-21、第4030, 31)

Similiter Levitae (Num. viii. 6, 7); 同様にレビ人(びと)(民数記8:6, 7)

Similiter alii, qui per peccata immundi facti sunt: 同様に他の者に、その者は罪によって不潔になった――

imo quod Laverint vasa (Levit. xi. 32: cap. xiv. 8, 9; cap. xv. 5-13{1}; cap. xvii. 15, 16; Matth. xxiii. 25, 26{2}); それどころか、彼らは器を洗ったこと(レビ記11:32、第148, 9、第155-13、第1715, 16、マタイ23:25, 26)

Quod sanctificati sint per Lavationes (Exod. xxix. 4{3}; cap. xl. 12; Levit. viii. 6): 彼らは洗うことによって清められたこと(出エジプト記29:4、第4012、レビ記8:6)

Quod Naaman e Syria Laverit se in Jordane (2 Reg. v. 10, 14); シリアからのナアマンはヨルダン川の中で洗ったこと(列王記5:10, 14)

Quare ut se Lavarent, Mare aeneum et plura Lavacra posita fuerunt juxta Templum (1 Reg. vii. 23-39); それゆえ、自分自身を洗うために、青銅の海と多くの洗盤が神殿の近くに置かれた(列王記7:23-39)

Quodque Dominus Laverit pedes discipulorum (Joh. xiii. 5-10{4}); そして主は弟子たちの足を洗ったこと(ヨハネ13:5-10)

Et dixerit ad Caecum quod Lavaret se in lacu Siloah (Joh. ix. 6, 7, 11, 15). また、盲目の者に言った、シロアムの池の中で自分自身を洗うこと(ヨハネ9:6, 7, 11, 15)

[3] Ex his constare potest quod "lavatio" apud filios Israelis repraesentaverit lavationem spiritualem, quae est mundatio a malis et falsis, et inde reformatio et regeneratio. [3] これらから明らかにすることができる、イスラエル民族のもとの「洗うこと」が霊的な洗うことを表象したこと、それは悪と虚偽から清めることである、またここから改心と再生。

Ex supradictis etiam patet, quid significatum est per 上述のことからもまた明らかである、何が意味されるか、〜によって

Baptismum in Jordane a Johanne (Matth. iii.; Marc. i. 4-13); ヨハネによるヨルダン川の中の洗礼(マタイ第3章、マルコ1:4-13)

et quid per haec Johannis verba de Domino, quod また何が〔意味されるか〕主についてのヨハネのこれらのことばによって、〜こと

"Baptizet Spiritu Sancto et Igne" ([Matth. iii. 11] Luc. iii. 16; Joh. i. 33); 「〔その方は〕聖霊と火で洗礼を授ける」(〔マタイ3:11、〕ルカ3:16、ヨハネ1:36)

et de se, quod また自分自身について、〜こと

Baptizet aqua (Joh. i. 26); 水で洗礼を授ける(ヨハネ1:26)

quorum intellectus est, quod Dominus lavet seu purificet hominem per Divinum Verum et Divinum Bonum, et quod Johannes per suum baptismum repraesentaverit illa; その理解されること(意味)ある、主が神的真理また神的善によって人間を洗う、また清めること、またヨハネが自分の洗礼によってそれらを表象したこと。

nam "Spiritus Sanctus" est Divinum Verum, "Ignis" est Divinum Bonum, et "aqua" est repraesentativum illorum; なぜなら、「聖霊」は神的真理、「火」は神的善であるからである、また「水」はそれらを表象するものである。

"aqua,' enim significat Verum Verbi, quod fit Bonum per vitam secundum illud (n. 50). というのは「水」はみことばの真理を意味するから、それ〔真理〕はそれにしたがった生活によって善になる。

@1 13 pro "12" 注1 12」の代わりに 13

@2 25, 26 pro "26, 27" 注2 25, 26」の代わりに 26, 27

@3 xxix. 4 pro "xxiv. 9" 注3 xxiv. 9」の代わりに xxix. 4

@4 5-10 pro "10" 注4 10」の代わりに 5-10

 

(3) 訳文

 378 また自分ったまたその虚偽の悪から自分の宗教的信念を清めた、意味する。

 みことばの中で「洗うこと」によって、自分自身を悪と虚偽から清めることが意味される。また「衣」によって、全般的な真理が意味される(328)。全般的な真理は、みことばの文字どおりの意味からの善と真理の認識である、彼らはそれらにしたがって生活した〔ので〕、ここから宗教的信念がある。またすべての宗教的信念は善と真理に関係するので、それゆえ、衣は二度、名前を挙げられている、すなわち「彼らは衣を洗った」また「彼らは衣を白くした」。

 「衣」、すなわち、宗教的信念は悪に対して戦い、またこのように試練によって虚偽を退けた者のもとでだけ清められ、それは「大きな苦難」によって意味されている(377)

 「洗われること」が悪と虚偽から清められることを、またこのように改心されることまた再生されることを意味することは、続く箇所から明らかにすることができる――

 

 「主が、さばきの霊の中でまた浄化する霊の中で、シオンの娘たちの糞を、またエルサレムの血を洗い清めた洗ったとき」(イザヤ4:4)

 「あなたがたを洗え、あなたがたを清めよ、あなたがたの悪の働きをわたしの目から取り除け、悪を行なうことをやめよ」(イザヤ1:16)

 「エルサレムよ、悪意からあなたの心を洗え、あなたが救われるために」(エレミヤ4:14)

 「私の不法から私を洗え、すると私は雪よりも白くなるでしょう」(詩篇51:2, 7)

「たとえ、あなたはあなたをソーダで洗い、あなたに洗剤を増やしても、それでも、あなたの不法は斑点を保有するであろう」(エレミヤ2:22)

 「たとえ、私が私を雪の水で洗い、洗剤で自分の手をきれいにしても、それでも、私を私の衣服は忌み嫌った」(ヨブ記9:30, 31)

 「その者はぶどう酒の中で自分の衣服を、ブドウの血の中で自分のおおいを洗った」(創世記49:11)

 

 このことは天的な教会について〔である〕、それ〔教会〕からの者は主への愛の中にいる、また最高の意味の中で主について〔である〕。「ぶどう酒」と「ブドウ血」は霊的なまた天的な神的真理である。

 

 「わたしはあなたを水で洗い、たわたしはあなたの上から血を洗い落した」(エゼキエル16:9)

 

 これはエルサレムについて〔である〕。「水」は真理であり、「血」は真理の不純化である。

 [2] これらから、イスラエル教会の中で「洗うこと」によって、何が表象されたか、またここから意味されたか、明らかにすることができる、例えば  

 

 アロンは仕える衣服を着る前に洗わなければなかったこと(レビ記16:4, 24)。また仕えるために祭壇に近づく前に(出エジプト記30:18-21、第4030, 31)。同様にレビ人(びと)(民数記8:6, 7)。同様に他の者も、その者は罪によって不潔になった――それどころか、彼らは器を洗ったこと(レビ記11:3214:8, 915:5-1317:15, 16、マタイ23:25, 26)。彼らは洗うことによって清められたこと(出エジプト記29:440:12、レビ記8:6)。シリアからのナアマンはヨルダン川の中で洗ったたこと(列王記5:10, 14)。それゆえ、自分自身を洗うために、青銅の海と多くの洗盤が神殿の近くに置かれた(列王記7:23-39)。そして主は弟子たちの足を洗ったこと(ヨハネ13:5-10)。また、盲目の者に、シロアムの池の中で自分自身を洗うことを言った(ヨハネ9:6, 7, 11, 15)

 

 [3] これらから、イスラエル民族のもとの「洗い」が霊的な洗いを表象したこと明らかにすることができる、それは悪と虚偽から清めること、またここから改心と再生である。

 前述のことからもまた、ヨハネによるヨルダン川の中の洗礼によって(マタイ第3章、マルコ1:4-13)何が意味されるか、また何が〔意味されるか〕主についてのヨハネのこれらのことば、「〔その方は〕聖霊と火で洗礼を授ける」ことによって(〔マタイ3:11、〕ルカ3:16、ヨハネ1:36)、また自分自身について、水で洗礼を授けること〔によって〕(ヨハネ1:26)、〔何が意味されるか〕明らかである。その意味は、主が神的真理また神的善によって人間を洗う、また清めること、またヨハネが自分の洗礼によってそれらを表象したことである。なぜなら、「聖霊」は神的真理、「火」は神的善であり、「水」はそれらを表象するものであるからである。というのは「水」はみことばの真理を意味し、それ〔真理〕はそれにしたがった生活によって善になるからである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 376,377

(1) 原文

376. [Vers. 13.] " Et respondit unus ex senioribus, dicens mihi, Hi induti stolis albis, quinam sunt et unde venerunt;" [Vers. 14.] "et dixi illi, Domine, tu nosti," significat desiderium sciendi et voluntatem interrogandi, ac responsum et informationem.Causa quod Johannes interrogatur sit de his, est, quia commune est in omni cultu Divino, ut homo primum velit, desideret, et oret, ac Dominus tunc respondeat, informet, ac faciat; aliter homo non recipit aliquod Divinum. Nunc quia Johannes vidit illos qui "induti stolis albis erant," et desideravit scire et interrogare quinam essent, et hoc perceptum in Caelo, ideo primum interrogatus est, et dein informatus. Similiter factum est cum Sacharia Propheta, cum plura sibi repraesentata vidit, ut constare potest ex

 

[Sach.] cap. i. 9; cap. ii. 2, 4 [B.A. i. 19, 21]; cap. iv. 2, 5, 11, 12; cap v. 2, 6, 10; cap. vi. 4.

 

Praeterea in Verbo saepissime legitur, quod

 

Dominus respondeat cum invocant et clamant (ut Psalm. iv. 2 [B.A. 1]; Psalm. xvii 6; Psalm. xx. 10 [B.A. 9]; Psalm. xxxiv. 5 [B.A. 4]; Psalm. xci. 15 : Psalm. cxx. 1);

Tum quod det cum petunt (Matth. vii. 7, 8: cap. xxi. 22; Joh. xiv.{1} 13, 14; cap. xv. 7; cap. xvi. 23-27).

 

Sed usque Dominus dat ut petant et quid petent; quare Dominus id scit prius; sed usque Dominus vult ut homo petat prius, ob causam ut sicut a se, et sic approprietur ei; alioquin si non ipsa petitio foret a Domino, non in illis locis dictum fuisset, quod "accepturi essent quicquid peterent."

@1 xiv. pro "iv. "

 

(2) 直訳

376. [Vers. 13.] " Et respondit unus ex senioribus, dicens mihi, Hi induti stolis albis, quinam sunt et unde venerunt;" [Vers. 14.] "et dixi illi, Domine, tu nosti," significat desiderium sciendi et voluntatem interrogandi, ac responsum et informationem.― 376(13)  また長老からのひとりが答えた、私に言って、白い衣を着たこれらの者はだれであるのか、またどこからやって来たのか」、(14)「また、った、主あなたは知っている」は、知ろうとする願いと質問しようとする意志を、そして応答と知らせることを意味する。

Causa quod Johannes interrogatur sit de his, est, quia commune est in omni cultu Divino, ut homo primum velit, desideret, et oret, ac Dominus tunc respondeat, informet, ac faciat; ヨハネがこれらについて質問されたことの理由は、〜である、神の礼拝のすべてのものの中に共通なものがあるからである、人間が最初に欲する、願う、また祈る、そして主が、その時、答える、知らせる(告げる)そして行なうように。

aliter homo non recipit aliquod Divinum. 異なって(そうでなければ)人間は何らかの神的なものを受けない。

Nunc quia Johannes vidit illos qui "induti stolis albis erant," et desideravit scire et interrogare quinam essent, et hoc perceptum in Caelo, ideo primum interrogatus est, et dein informatus. さて、ヨハネは彼らを見たので、その者は「白い衣を着ていた」、また知ることをまただれ(何)であったか質問することを願った、また、このことが天界の中で知覚された、それゆえ、最初に質問なされた、またその後、知らされた(告げられた)

Similiter factum est cum Sacharia Propheta, cum plura sibi repraesentata vidit, ut constare potest ex 同様に預言者ゼカリヤに生じた、多くのものを自分自身に表象されたものを見たとき、〜から明らかにすることができるように

[Sach.] cap. i. 9; cap. ii. 2, 4 [B.A. i. 19, 21]; cap. iv. 2, 5, 11, 12; cap v. 2, 6, 10; cap. vi. 4. 〔ゼカリヤ〕第19、第119, 21、第42, 5, 11, 12、第52, 6, 10、第64

Praeterea in Verbo saepissime legitur, quod さらに(ほかに)、みことばの中に最もしばしば読まれる、〜こと

Dominus respondeat cum invocant et clamant (ut Psalm. iv. 2 [B.A. 1]; Psalm. xvii 6; Psalm. xx. 10 [B.A. 9]; Psalm. xxxiv. 5 [B.A. 4]; Psalm. xci. 15 : Psalm. cxx. 1); 彼らが呼ぶ(祈る)、また叫ぶとき主は答えた(例えば、詩篇4:1、詩篇17:6、詩篇20:9、詩篇34:4、詩篇91:15、詩篇120:1)

Tum quod det cum petunt (Matth. vii. 7, 8: cap. xxi. 22; Joh. xiv.{1} 13, 14; cap. xv. 7; cap. xvi. 23-27). なおまた、求めるとき与えること(マタイ7:7, 8、第2122、ヨハネ14:13, 14、第157、第1623-27)

Sed usque Dominus dat ut petant et quid petent; しかしそれでも、主が与える、彼らが求めるように、また何を求めるか。

quare Dominus id scit prius; それゆえ、主はそのことを前もって知っている。

sed usque Dominus vult ut homo petat prius, ob causam ut sicut a se, et sic approprietur ei; しかしそれでも、主は、人間が前もって求めるように欲する(望む)、理由のために、自分自身からのように、〔その〕ように、またこのように彼に自分のものとされる。

alioquin si non ipsa petitio foret a Domino, non in illis locis dictum fuisset, quod "accepturi essent quicquid peterent." そうでなければ、もし祈願そのものが主からでなかったなら、それらの箇所の中で言われなかったであろう、「彼らは受けるであろう、何でも求めるものを」こと。

@1 xiv. pro "iv. " 注1 iv.」の代わりに xiv.

 

(3) 訳文

376(13) また長老からのひとりが、私に答えて言った、白い衣を着たこれらの者はだれであるのか、どこからやって来たのか。った、主あなたは知っている」は、知ろうとする願いと質問しようとする意志を、そして応答と知らせることを意味する。

 ヨハネがこれらについて質問されたことの理由は、神の礼拝のすべてのものの中に共通なものがあるからである、人間が最初に欲し、願い、祈る、そして主が、その時、答え、知らせそして行なうように。そうでなければ、人間は何らかの神的なものを受けない。

 さて、ヨハネは「白い衣を着ていた」者を見たので、だであったか知ること、また質問することを願った、また、このことが天界の中で知覚され、それゆえ、最初に質問がなされ、その後、知らされた

 同様に、預言者ゼカリヤに、多くのものを自分自身に表象されたものを見たとき生じた、〔ゼカリヤ書〕1:91:19, 214:2, 5, 11, 125:2, 6, 106:4から明らかにすることができるように。

 ほかに、みことばの中に非常にしばしば、彼らが祈り、叫ぶとき、主が答えられた(例えば、詩篇4:1、詩篇17:6、詩篇20:9、詩篇34:4、詩篇91:15、詩篇120:1)、なおまた、求めるとき与えること(マタイ7:7, 821:22、ヨハネ14:13, 1415:716:23-27)が読まれる。

 しかしそれでも、主が、彼らが求めるように、また何を求めるか、与えられる。それゆえ、主はそのことを前もって知られている。しかしそれでも、主は、人間が前もって求めるよう望まれる、自分自身からのように、またこのように彼に自分のものとされる理由のために。そうでなければ、もし祈願そのものが主からでなかったなら、それらの箇所の中で、「彼らは、何でも求めるものを受けるであろう」と言われなかったであろう。

 

(1) 原文

377. " Et dixit, Hi sunt qui veniunt et affectione magna," significat quod sint qui in tentationibus fuerunt, et pugnarunt contra mala et falsa.Quod "afflictio" sit infestatio a malis et falsis, ac pugna spiritualis contra illa, quae est tentatio, videatur (n. 33, 95, 100, 101).

 

(2) 直訳

377. " Et dixit, Hi sunt qui veniunt et affectione magna," significat quod sint qui in tentationibus fuerunt, et pugnarunt contra mala et falsa.― 377 「またったこれらのきな苦難からやってである、その者は試練の中にいた、また悪と虚偽に対して戦った〔者〕であること意味する。

Quod "afflictio" sit infestatio a malis et falsis, ac pugna spiritualis contra illa, quae est tentatio, videatur (n. 33, 95, 100, 101). 「苦難」は悪と虚偽により悩まされること(攻撃)ある、そしてそれらに対する霊的な戦い、それは試練であること、見られる(33, 95, 100, 101)

 

(3) 訳文

 377 「またったこれらのきな苦難からやってである、その者は試練の中にいて、悪と虚偽に対して戦った者であること意味する。

 「苦難」は悪と虚偽により悩まされること、そしてそれらに対する霊的な戦いであり、それは試練であることが、〔前に〕見られる(33, 95, 100, 101)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 372,373,374,375

(1) 原文

372. " Benedictio et gloria et sapientia et gratiarum actio," significat Divina Spiritualia Domini.Omnis agnitio et confessio Domini in genere comprehendit haec duo, quod sit Ipse Divinus Amor et Ipsa Divina Sapientia, et inde quod amor et omne ejus, illis qui in Caelo et in Ecclesia sunt, sit ab Ipso: similiter sapientia et omne ejus. Quicquid ex Divino Amore Domini procedit, vocatur Divinum Caeleste, et quod ex Divina Sapientia Ipsius, vocatur Divinum Spirituale. Divinum Spirituale Domini intelligitur per "gloriam, sapientiam et gratiarum actionem;" et Divinum Caeleste, per "honorem, virtutem et robur," quae sequuntur. "Benedictio" quae praecedit, significat utrumque; videatur supra, n. 289. Quod "gloria" dicatur de Divino Vero, ita de Divino Spirituali, n. 249; quod "sapientia" de eodem, patet; quod etiam "gratiarum actio," est quia illa fit ex Divino Vero, homo enim gratias agit ex illo et per illud.

 

(2) 直訳

372. " Benedictio et gloria et sapientia et gratiarum actio," significat Divina Spiritualia Domini.― 372 「祝福と栄光と知恵と感謝を捧げること(感謝の行為)」は、主の神的霊的なもの(霊的な神的なもの)を意味する。

Divina Spiritualia は複数なので「もの」の意味が強くなります、頭から神的霊的な「もの」と訳すか、通常は霊的な神的な「もの」と訳すことになります。どちらがわかりやすいでしょうか、正しくは、誤訳ではあっても「主の神的な霊的なもの」も意味は汲み取りやすいです。

Omnis agnitio et confessio Domini in genere comprehendit haec duo, quod sit Ipse Divinus Amor et Ipsa Divina Sapientia, et inde quod amor et omne ejus, illis qui in Caelo et in Ecclesia sunt, sit ab Ipso: すべての主の認知と告白は、全般的に、これら二つのものを含んでいる、神的愛そのものと神的知恵そのものであること、またここから愛とそのすべてのものは、彼らに、その者は天界の中と教会の中にいる、その方からであること。

similiter sapientia et omne ejus. 同様に、知恵とそのすべてのもの。

Quicquid ex Divino Amore Domini procedit, vocatur Divinum Caeleste, et quod ex Divina Sapientia Ipsius, vocatur Divinum Spirituale. 主の神的愛から発出する何でも、天的な神的なものと呼ばれる、またその方の神的知恵から〔発出する何でも〕、霊的な神的なものと呼ばれること。

Divinum Spirituale Domini intelligitur per "gloriam, sapientiam et gratiarum actionem;" et Divinum Caeleste, per "honorem, virtutem et robur," quae sequuntur. 主の霊的な神的なもの(霊的な神性)☆が、「栄光知恵感謝げること(感謝行為)」によって意味される、また天的な神的なもの(霊的な神性)☆が、「誉また力強」によって、〔意味される〕、それらは続く。

単数なので「神性」と訳すほうがよいかもしれません、でも文脈として、「もの」を付けたほうが読みやすいです。

"Benedictio" quae praecedit, significat utrumque; 「祝福」、それは先行した、両方のものを意味する。

videatur supra, n. 289. 上に見られる(289)

Quod "gloria" dicatur de Divino Vero, ita de Divino Spirituali, n. 249; 「栄光」は神的真理について言われること、そのように霊的な神性について、249番。

quod "sapientia" de eodem, patet; 「知恵」が同じものについて〔言われる〕ことは、明らかである。

quod etiam "gratiarum actio," est quia illa fit ex Divino Vero, homo enim gratias agit ex illo et per illud. 「感謝を捧げること(感謝行為)」もまた〔同じものについて言われる〕ことは、それが神的真理から生じるからである、というのは、人間はそれから、またそれによって感謝を行なうから。

 

(3) 訳文

 372 「祝福と栄光と知恵と感謝を捧げること」は、主の神的霊的なものを意味する。

 すべての主の認知と告白は、全般的に、神的愛そのものと神的知恵そのものであるこれら二つのものを含んでいること、またここから愛とそのすべてのものは、同様に、知恵とそのすべてのものは、その方から天界の中と教会の中にいる者にあることである。

 主の神的愛から発出するもの何でも、天的な神的なものと呼ばれ、またその方の神的知恵から〔発出するもの何でも〕、霊的な神的なものと呼ばれる。

 主の霊的な神的なものが、「栄光知恵感謝げること」によって意味され、また天的な神的なものが、続く「誉また力強」によって、〔意味される〕。

先行した「祝福」が両方のものを意味する〔ことは〕、前に見られる(289)。「栄光」が神的真理について、そのように霊的な神性について言われること、249番。

「知恵」が同じものについて〔言われる〕ことは、明らかである。「感謝を捧げること」もまた〔同じものについて言われる〕ことは、それが神的真理から生じるからである、というのは、人間はそれから、またそれによって感謝するから。

 

(1) 原文

373. " Et Honor et Virtus et Robur," significat Divina Caelestia Domini.In praecedente articulo dictum est, quod haec tria, "honor, virtus et robur," in Verbo, ubi de Domino, dicantur de Divino Caelesti, seu de Divino Amore aut de Divino Bono Ipsius; quod "honor," videatur n. 249: quod "robur," n. 22; quod etiam "virtus," constare potest ex locis in Verbo, ubi nominatur. Sciendum est, quod in singulis Verbi sit conjugium boni et veri, et quod sint voces quae se referunt ad bonum, et quod sint voces quae se referunt ad verum; sed illae voces non possunt internosci ab alio, quam qui Sensui spirituali studet; ex illo patet quae vox boni seu amoris est, et quae vox veri seu sapientiae est; et ex multis locis datum est scire, quod "honor, virtus et robur" dicantur, ubi de Divino Bono agitur; quod etiam "virtus," videri potest

 

(Matth. xiii. 54; cap. xxiv. 30; Marc. xiii. 25, 26; Luc. i. 17, 35; cap. ix. 1; cap. xxi.{1} 27; et alibi).

 

Quod in singulis Verbi sit Conjugium Domini et Ecclesiae, et inde conjugium boni et veri, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 80-90).

@1 xxi. pro "xix."

 

(2) 直訳

373. " Et Honor et Virtus et Robur," significat Divina Caelestia Domini.― 373 「また誉れ、また力と力強さ」は、主の神的天的なものを意味する。

In praecedente articulo dictum est, quod haec tria, "honor, virtus et robur," in Verbo, ubi de Domino, dicantur de Divino Caelesti, seu de Divino Amore aut de Divino Bono Ipsius; 先行する章(節)中で言われた、みことばの中のこれら三つのもの「誉、力また力強」が、そこに主について、神的天的なものについてわれることすなわち、その方の神的愛についてまたは神的善について。

quod "honor," videatur n. 249: 「誉れ」〔について言われる〕ことは、249番に見られる。

quod "robur," n. 22; 「力」〔について言われる〕ことは、22番。

quod etiam "virtus," constare potest ex locis in Verbo, ubi nominatur. さらにまた「力強さ」が、みことばの中の箇所から明らかにすることができる、そこに名前を挙げられている。

Sciendum est, quod in singulis Verbi sit conjugium boni et veri, et quod sint voces quae se referunt ad bonum, et quod sint voces quae se referunt ad verum; 知らなければならない、みことばの個々のものの中に善と真理の結婚があること、また言葉があること、それらは善に関係する、また言葉があること、それらは真理に関係する。

sed illae voces non possunt internosci ab alio, quam qui Sensui spirituali studet; しかし、それらの言葉は他の者により区別されることができない、霊的な意味を学んだ(研究した)以外に。

ex illo patet quae vox boni seu amoris est, et quae vox veri seu sapientiae est; それ〔意味〕から明らかである、何が善または愛の言葉であるか、また何が真理または知恵のことばであるか。

et ex multis locis datum est scire, quod "honor, virtus et robur" dicantur, ubi de Divino Bono agitur; quod etiam "virtus," videri potest また、多くの箇所から知ることが与えられる、「誉、力また力強」が言われること、そこに神的善について扱われている、「力」もまた、見られることができること

(Matth. xiii. 54; cap. xxiv. 30; Marc. xiii. 25, 26; Luc. i. 17, 35; cap. ix. 1; cap. xxi.{1} 27; et alibi). (マタイ13:54、第2430、マルコ13:25, 26、ルカ1:17, 35、第91、第2127、また他の箇所に)

Quod in singulis Verbi sit Conjugium Domini et Ecclesiae, et inde conjugium boni et veri, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 80-90). みことばの個々のもののかない主と教会の結婚があることは、またここから善と真理の結婚が、『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に見られる(80-90)

@1 xxi. pro "xix." 1 xix.」の代わりに xxi.

 

(3) 訳文

 373 「また誉れ、また力と力強さ」は、主の神的天的なものを意味する。

 先行する章中で、みことばの中のこれら三つのもの「誉、力また力強」が、そこに主について、神的天的なものについてすなわち、その方の神的愛または神的善について言われることが言われた。「誉れ」〔について言われる〕ことは、249番に見られる。「力」〔について言われる〕ことは、22番。さらにまた「力強さ」〔について〕が、みことばの中の、そこに名前を挙げられている箇所から明らかにすることができる。

 みことばの個々のものの中に善と真理の結婚があること、また善に関係する言葉があること、また真理に関係する言葉があることを知らなければならない。しかし、それらの言葉は霊的な意味を学んだ者以外の他の者により区別されることができない。その意味から、何が善または愛の言葉であるか、また何が真理または知恵のことばであるか明らかである。また、「誉、力、力強」が言われ、そこに神的善について扱われていることを多くの箇所から知ることが与えられる、「力」もまた、見られることができること(マタイ13:5424:30、マルコ13:25, 26、ルカ1:17, 359:121:27、また他の箇所に)

 みことばの個々のもののかない主と教会の結婚が、またここから善と真理の結婚があることは、『新しいエルサレムの教え 聖書について』の中に見られる(80-90)

 

(1) 原文

374. " Deo nostro in saecula saeculorum."Quod significet illa in Domino et a Domino in aeternum, patet a supra dictis; et quod "in saecula saeculorum" sit in aeternum.

 

(2) 直訳

374. " Deo nostro in saecula saeculorum."― 374 「私たちの神に〔あれ〕代々に」は――

Quod significet illa in Domino et a Domino in aeternum, patet a supra dictis; それらがから、永遠あれ〕、意味することは、前に言われたことから明らかである。

et quod "in saecula saeculorum" sit in aeternum. また「永遠に☆」は、永遠にである。

in saecula saeculorum は直訳は「時代の時代の中で」または「代の代の中で」すなわち「代々に」であり、意味は「永久に」また「永遠に」となります。このように最初から意訳してあるものの意味を説明されても、やや困りますね。なので、あらためて「代々に」とするようです。

 

(3) 訳文

 374 「私たちの神に〔あれ〕代々に」――

 それらがから、永遠あれ〕、意味することは、前に言われたことから明らかである。また「代々に」は、永遠に、である。

 

(1) 原文

375. " Amen," significat consensum omnium.In hoc versu dicitur "amen" in principio, et nunc in fine ejus; cum dicitur illi principio, significat Veritatem, et ex illa Confirmationem (n. 371); cum autem in fine, significat Confirmationem et Consensum omnium quod veritas sit.

 

(2) 直訳

375. " Amen," significat consensum omnium.― 375 「アーメン」は、すべての者の同意(承諾)意味する。

In hoc versu dicitur "amen" in principio, et nunc in fine ejus; この節の中で「アーメン」が最初に言われている、また今や、その最後に。

cum dicitur illi principio, significat Veritatem, et ex illa Confirmationem (n. 371); それが最初に言われているとき、狄人瓩魄嫐する、またそれ〔狄人瓠佑らの確証(371番)

cum autem in fine, significat Confirmationem et Consensum omnium quod veritas sit. けれども、終わりに〔言われている〕とき、すべての者の確証と同意を意味する、狄人瓩任△襪海箸痢

 

(3) 訳文

 375 「アーメン」は、すべての者の同意(承諾)意味する。

 この節の中で「アーメン」が、最初に、また今や、その最後に言われている。それが最初に言われているとき、狄人瓩髻△泙燭修劉狄人瓩らの確証意味する(371番)けれども、終わりに言われているとき、狄人瓩任△襪海箸里垢戮討亮圓粒両擇汎碓佞魄嫐する。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:47
comments(1), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 369,370,371

(1) 原文

369. [Vers. 11.] " Et omnes Angeli stabant circum Thronum, et Seniores et quatuor Animalia," significat omnes in universo Caelo, audientes et facientes quae Dominus praecipit.Per "Animalia et Seniores" intelliguntur Angeli superiorum Caelorum, ut supra, et quoque infra (n. 808); per "Angelos" autem hic intelliguntur Angeli inferiorum Caelorum, ita omnes in universo Caelo; per "stare" significatur audire et facere quae praecipit (n. 366).

 

(2) 直訳

369. [Vers. 11.] " Et omnes Angeli stabant circum Thronum, et Seniores et quatuor Animalia," significat omnes in universo Caelo, audientes et facientes quae Dominus praecipit.― 369(11) 「また、すべての天使は王座のまわりに立った、また長老たちと四つの動物」は、全天界の中のすべての者を意味する聞いて、行なう、それらを主が命じる。

Per "Animalia et Seniores" intelliguntur Angeli superiorum Caelorum, ut supra, et quoque infra (n. 808); 「動物と長老たち」によって高い天界の天使たちが意味される、上のように、そしてまた下〔のように〕(808)

per "Angelos" autem hic intelliguntur Angeli inferiorum Caelorum, ita omnes in universo Caelo; けれども、ここに「天使たち」によって低い天界の天使たちが意味される、そのように全天界のすべての者が。

per "stare" significatur audire et facere quae praecipit (n. 366). 「立つこと」によって、聞くことと行なうことを意味される、それらを〔主が〕命じる。

 

(3) 訳文

369(11) 「また、すべての天使は王座また長老たちと四つの動物のまわりに立った」は、主が命じることを聞いて行なう全天界の中のすべての者を意味する(369)

「動物と長老たち」によって、前のように高い天界の天使たちが意味される、そしてまた後〔のように〕(808)。けれども、ここの「天使たち」によって低い天界の天使たちが、そのように全天界のすべての者が意味される。「立つこと」によって、〔主が〕命じることを聞くことと行なうことが意味される。

 

(1) 原文

370. " Et ceciderunt coram Throno Super facies Suas, et adoraverunt Deum," significat Humiliationem Cordis eorum, et ex humiliatione Adorationem Domini.Quod "cadere super facies et adorare" sit humiliatio cordis et inde adoratio, patet; quod humiliatio coram Domino et adoratio Ipsius significetur per "cadere coram Throno et adorare Deum," est quia per "Deum" intelligitur Divinum Ipsius, quod est Divinum a Quo, et simul Divinum Humanum (n. 368); utrumque enim est unus Deus, quia una Persona.

 

(2) 直訳

370. " Et ceciderunt coram Throno Super facies Suas, et adoraverunt Deum," significat Humiliationem Cordis eorum, et ex humiliatione Adorationem Domini.― 370 「また王座の前に自分の顔の上に伏せた、また神を崇拝した」は、彼らの心の卑下と卑下から主の崇拝を意味する。

Quod "cadere super facies et adorare" sit humiliatio cordis et inde adoratio, patet; 「顔せることと 崇拝すること心の卑下とここからの崇拝であることは、明らかである。

quod humiliatio coram Domino et adoratio Ipsius significetur per "cadere coram Throno et adorare Deum," est quia per "Deum" intelligitur Divinum Ipsius, quod est Divinum a Quo, et simul Divinum Humanum (n. 368); 主の前の卑下とその方の崇拝が、「王座の前に伏すこと神を崇拝すること」によって意味されることは、「「神」によってその方の神性が意味されるからである、それはその方から〔すべてのものがある〕神性である、また同時に神的人間性。

utrumque enim est unus Deus, quia una Persona. というのは、両方のものは一つの神であるから、一つの位格であるので。

 

(3) 訳文

 370 「また王座の前に自分の顔の上に伏せ、神を崇拝した」は、彼らの心の卑下と卑下から主の崇拝を意味する。

 「顔せることと 崇拝すること心の卑下とここからの崇拝であることは、明らかである。主の前の卑下とその方の崇拝が、「王座の前に伏すこと神を崇拝すること」によって意味されるのは、「「神」によってその方の神性が、それはその方から〔すべてのものがある〕神性である、また同時に神的人間性が意味されるからである。というのは、両方のものは、一つの位格であるので、一つの神であるからである。

 

(1) 原文

371. [Vers. 12.] " Dicentes Amen," significat Divinam Veritatem, et ex illa Confirmationem, videatur supra (n. 23, 28, 61).

 

(2) 直訳

371. [Vers. 12.] " Dicentes Amen," significat Divinam Veritatem, et ex illa Confirmationem, videatur supra (n. 23, 28, 61). 371(12) 「言って、アーメン」は、神的狄人瓩髻△泙燭修譴蕕らの確信(確証)を意味する、上に見られる(23)

 

(3) 訳文

371(12) 「アーメン。と言って」は、神的狄人瓩髻△泙燭修譴蕕らの確証を意味する、〔このことは〕前に見られる(23)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『啓示された黙示録』 367,368

(1) 原文

367. " Induti stolis albis; et palmae in manibus," significat Communicationem et Conjunctionem cum Caelis superioribus, et Confessionem ex Divinis Veris.Quod "induti stolis albis" significet habere communicationem et conjunctionem cum Caelis, videatur supra (n. 328); quod "tenere palmas in manibus" significet confessiones ex Divinis Veris, est quia "palmae" significant Divina Vera; unaquaevis enim arbor significat aliquid Ecclesiae, et "palmae" Divinum Verum in ultimis, quod est Divinum Verum Sensus literae Verbi: propterea

 

Super omnibus parietibus Templi Hierosolymitani introrsum et extrorsum, et quoque super foribus, sculpti fuerunt Cherubi et Palmae (1 Reg. vi. 29, 32).

(Similiter in Novo Templo, de quo Ezech. xli. 18-20.)

 

Per "Cherubos" significabatur Verbum (n. 239), et per "palmas" Divina Vera ibi. Quod per "palmas" significentur Divina Vera Verbi, et per "palmas in manibus" confessiones ex illis, constare potest ex eo, quod mandatum sit,

 

Quod in festo Tabernaculorum "acciperent fructus arboris honoris, et spathas Palmarum, et laetarentur coram Jehovah" (Levit. xxiii. 39, 40);

Quod cum Jesus, ivit Hierosolymam ad festum, "sumpserint termites Palmarum, et iverint obviam Ipsi, clamantes, "Benedictus qui venit in Nomine Domini" (Joh. xii. 12, 13);

 

per quae significabatur confessio ex Divinis veris de Domino. "Palma" etiam significat Divinum Verum apud Davidem:

 

"Justus sicut Palma florebit, crescet plantatus in Domo Jehovae, in atriis Dei nostri germinabit" (Psalm. xcii. 13, 14 [B.A. 12, 13]).

(Similiter alibi.)

 

Quia Jericho erat urbs prope Jordanem, et per "Jordanem fluvium" significabatur id quod primum est in Ecclesia, et hoc est Divinum Verum quale est in Sensu literae Verbi, ideo illa vocata est

 

Urbs Palmarum (Deutr. xxxiv. 3; Judic. i. 16; cap. iii. 13);

 

Jordanes enim erat primus terminus seu ingressus in Terram Canaanem, et per Terram Canaanem significatur Ecclesia.

 

(2) 直訳

367. " Induti stolis albis; et palmae in manibus," significat Communicationem et Conjunctionem cum Caelis superioribus, et Confessionem ex Divinis Veris.― 367 「白い衣を着て、また彼らの手の中にシュロの木(=枝)」は、高い天界との伝達(交通)と結合を、また神的真理からの告白を意味する。

Quod "induti stolis albis" significet habere communicationem et conjunctionem cum Caelis, videatur supra (n. 328); 「白い衣を着て」が天界との伝達(交通)と結合を持つことを意味することは、上に見られる(328番)

quod "tenere palmas in manibus" significet confessiones ex Divinis Veris, est quia "palmae" significant Divina Vera; 「手の中にシュロの木(=枝)を握ること」が神的真理からの告白を意味することは、「シュロの木」が神的真理を意味するからである。

unaquaevis enim arbor significat aliquid Ecclesiae, et "palmae" Divinum Verum in ultimis, quod est Divinum Verum Sensus literae Verbi: というのは、どの木でも教会の何らかのものを意味するから、また「シュロの木」は最外部(最終的なもの)の中の神的真理を、それはみことばの文字どおりの意味の神的真理である。

propterea このために(ゆえに)

Super omnibus parietibus Templi Hierosolymitani introrsum et extrorsum, et quoque super foribus, sculpti fuerunt Cherubi et Palmae (1 Reg. vi. 29, 32). エルサレムの神殿のすべての壁の上に、内でまた外で、そしてまた扉の上に、ケルビムとシュロの彫刻されたものがあった(列王記6:29, 32)

(Similiter in Novo Templo, de quo Ezech. xli. 18-20.) (同様に、新しい神殿の中に、それについて「エゼキエル書」41:18-20)

Per "Cherubos" significabatur Verbum (n. 239), et per "palmas" Divina Vera ibi. 「ケルブ」によって、みことばが意味された(239)、また「シュロ」によって、そこに神的真理が。

Quod per "palmas" significentur Divina Vera Verbi, et per "palmas in manibus" confessiones ex illis, constare potest ex eo, quod mandatum sit, 「シュロ」によって、みことばの神的真理が意味されることは、また「手の中のシュロ」によってそれらからの告白を、そのことから明らかにすることができる、命令されたこと、

Quod in festo Tabernaculorum "acciperent fructus arboris honoris, et spathas Palmarum, et laetarentur coram Jehovah" (Levit. xxiii. 39, 40); 幕屋の祭りの中で、「〔彼らは〕誉れの木の実を、またシュロの葉を受け取る、またエホバの前で喜ぶ」こと(レビ記23:39, 40)

Quod cum Jesus, ivit Hierosolymam ad festum, "sumpserint termites Palmarum, et iverint obviam Ipsi, clamantes, "Benedictus qui venit in Nomine Domini" (Joh. xii. 12, 13); イエスがエルサレムへ行ったとき、祭りへ、「彼らはシュロの小枝を取った、またその方に会いに行った、叫んで、「祝福された者、その者は主の名前の中へやって来る」こと(ヨハネ12:12, 13)

per quae significabatur confessio ex Divinis veris de Domino. それらによって主について神的真理からの告白が意味された。

"Palma" etiam significat Divinum Verum apud Davidem: 「シュロ」はダビデ〔の書〕のもとにもまた神的真理を意味する――

"Justus sicut Palma florebit, crescet plantatus in Domo Jehovae, in atriis Dei nostri germinabit" (Psalm. xcii. 13, 14 [B.A. 12, 13]). 「正しい者はシュロのように栄える(花が咲く)あろう、エホバの家の中に植えられたものは生長するであろう、私たちの神の前庭の中で芽を出すであろう」(詩篇92:12, 13)

(Similiter alibi.) (同様に、他の箇所に)

Quia Jericho erat urbs prope Jordanem, et per "Jordanem fluvium" significabatur id quod primum est in Ecclesia, et hoc est Divinum Verum quale est in Sensu literae Verbi, ideo illa vocata est エリコはヨルダン川の近くにあったので、また「ヨルダン川☆の川」によってそれを意味した、教会の中に最初にあるもの、またこれはみことばの文字どおりの意味の中のような神的真理である、それゆえ、それは呼ばれた

Jordanes は「ヨルダン川」ですが、その周辺の領域を表わすこともあります。

Urbs Palmarum (Deutr. xxxiv. 3; Judic. i. 16; cap. iii. 13); シュロの木の都(申命記34:3、士師記1:16、第313)

Jordanes enim erat primus terminus seu ingressus in Terram Canaanem, et per Terram Canaanem significatur Ecclesia. というのは、ヨルダン川はカナンの地の中の最初の境界、すなわち、入り口であったから、またカナンの地によって教会が意味される。

 

(3) 訳文

 367 「白い衣を着て、また彼らの手の中にシュロの木(=枝)」は、高い天界との伝達(交通)と結合を、また神的真理からの告白を意味する。

 「白い衣を着て」が天界との伝達(交通)と結合を持つことを意味することは、前に見られる(328番)「手の中にシュロの木(=枝)を握ること」が神的真理からの告白を意味することは、「シュロの木」が神的真理を意味するからである。というのは、どの木でも教会の何らかのものを意味するから、また「シュロの木」は最終的なものの中の神的真理を、それはみことばの文字どおりの意味の神的真理である。ゆえに、エルサレムの神殿の内でまた外ですべての壁の上に、そしてまた扉の上に、ケルビムとシュロの彫刻されたものがあった(列王記6:29, 32)(同様に、新しい神殿の中に、それについて「エゼキエル書」41:18-20)。「ケルブ」によって、みことばが意味され(239)、また「シュロ」によって、そこの神的真理が意味される。

 「シュロ」によって、みことばの神的真理が、また「手の中のシュロ」によってそれらからの告白が意味されることは、命令されたことから明らかにすることができる、幕屋の祭りの中で、「〔彼らは〕誉れの木の実を、またシュロの葉を受け取り、エホバの前で喜ぶ」こと(レビ記23:39, 40)。イエスがエルサレムへ、祭りへ行ったとき、「彼らはシュロの小枝を取った、またその方に会いに行った、叫んで、『祝福された者、その者は主の名前の中へやって来る』」こと(ヨハネ12:12, 13)。これらによって主について神的真理からの告白が意味された。

 「シュロ」はダビデ〔の書〕でもまた神的真理を意味する――

 

 「正しい者はシュロのように栄える、エホバの家の中に植えられたものは生長し、私たちの神の前庭の中で芽を出す」(詩篇92:12, 13)(同様に、他の箇所に)

 

 エリコはヨルダン川の近くにあったので、また「ヨルダン川」によって、教会の中に最初にあるもの、みことばの文字どおりの意味の中のような神的真理であるものれを意味したので、それゆえ、それはシュロの都と呼ばれた(申命記34:3、士師記1:16、第313)

 

 というのは、ヨルダン川はカナンの地の中の最初の境界、すなわち、入り口であった、またカナンの地によって教会が意味されるからである。

 

 (1) 原文

368. [Vers. 10.] " Et clamantes Voce magna, dicentes, Salus Deo nostro Sedenti super Throno et Agno," significat Agnitionem ex corde, quod Dominus sit Salvator illorum."Clamare voce magna" significat agnitionem ex corde; "Salus Deo nostro Sedenti super Throno et Agno" significat quod Dominus sit ipsa Salus, et quod omnium Salus sit ab Ipso, ita quod sit Salvator. Per "Sedentem super Throno et Agnum," intelligitur Solus Dominus, per "Sedentem super Throno" Divinum Ipsius a Quo, et per "Agnum" Divinum Humanum Ipsius, ut quoque supra (n. 273); utrumque dicitur, quia a Divino Suo a Quo per Divinum Humanum Suum Salvator fuit; quod unum sint, patet a locis ubi dicitur

 

Agnus in medio Throni (cap. v. 6; cap. vii. 17).

 

Dominus in Verbo multoties vocatur "Salus," per quod intelligitur quod sit Salvator; ut,

 

"Salus Mea non morabitur, et dabo in Sione Salutem" (Esaj. xlvi. 13)

"Dicite in Sionis, Ecce Salus tua venit" (Esaj. lxii. 11{1});

"Dedi Te ut sis Salus Mea ad extremitatem terrae" (Esaj. xlix. 6);

"Hic Jehovah Quem exspectavimus, exultemus et laetemur in Salute Ipsius" (Esaj. xxv.{1} 9).

 

Salus in Lingua Hebraea dicitur "Joschia," quod est Jesus.

@1 11 pro "2" @2 xxv. pro "xxxv."

 

(2) 直訳

368. [Vers. 10.] " Et clamantes Voce magna, dicentes, Salus Deo nostro Sedenti super Throno et Agno," significat Agnitionem ex corde, quod Dominus sit Salvator illorum.― 368(10) 「また大きな声で叫んで、言って、救いが王座に座っている私たちの神にまた小羊に〔ある〕」は、主が彼らの救い主であることの心からの認知を意味する。

"Clamare voce magna" significat agnitionem ex corde; 「大きな声で叫ぶこと」は心からの認知を意味する。

"Salus Deo nostro Sedenti super Throno et Agno" significat quod Dominus sit ipsa Salus, et quod omnium Salus sit ab Ipso, ita quod sit Salvator. 「救いが王座に座っている私たちの神にまた小羊に〔ある〕」は、主が救いそのものであること、またすべての救いはその方からであること、そのように救い主であることを意味する。

Per "Sedentem super Throno et Agnum," intelligitur Solus Dominus, per "Sedentem super Throno" Divinum Ipsius a Quo, et per "Agnum" Divinum Humanum Ipsius, ut quoque supra (n. 273); 「王座に座っている方また小羊」によって主おひとりが意味される、「王座に座っている方」によってその方の神性が、それ(神性)から〔すべてのものがある〕、また「小羊」によってその方の神的人間性が、上にもまた〔述べられた〕ように(273)

utrumque dicitur, quia a Divino Suo a Quo per Divinum Humanum Suum Salvator fuit; 両方が言われる、その方の神性からそれ(神性)から〔すべてのものがある〕、ご自分の神的人間性を通して、救い主となったからである。

quod unum sint, patet a locis ubi dicitur 一つであることは、箇所から明らかである、そこに言われている

Agnus in medio Throni (cap. v. 6; cap. vii. 17). 王座の真ん中の中の小羊(56、第717)

Dominus in Verbo multoties vocatur "Salus," per quod intelligitur quod sit Salvator; 主は、みことばの中でしばしば(幾度となく)救い」と呼ばれた、そのことによって救い主であることが意味される。

ut, 例えば、

"Salus Mea non morabitur, et dabo in Sione Salutem" (Esaj. xlvi. 13) 「わたしの救いは遅らされない、またわたしはシオンの中に救いを与える」(イザヤ46:13)

"Dicite in Sionis, Ecce Salus tua venit" (Esaj. lxii. 11{1}); 「シオンの中に言え、見よ、あなたの救いがやって来る」(イザヤ62:11)

"Dedi Te ut sis Salus Mea ad extremitatem terrae" (Esaj. xlix. 6); 「あなたに与えられた(do)、わたしの救いであるために、地の末端へ向けて」(イザヤ62:6)

"Hic Jehovah Quem exspectavimus, exultemus et laetemur in Salute Ipsius" (Esaj. xxv.{1} 9). 「これはエホバ、その方を私たちは待ち望んだ、私たちはその方を救いを小躍りして喜ぶ(未来)また喜ぶ(未来)(イザヤ25:9)

Salus in Lingua Hebraea dicitur "Joschia," quod est Jesus. 救いはヘブル語で「ヨシュア」と言われる、それはイエスである。

@1 11 pro "2" 注1 2」の代わりに 11

@2 xxv. pro "xxxv." 注2 xxxv.」の代わりに xxv.

 

(3) 訳文

 368(10) 「また大きな声で叫んで、言って、救いが王座に座っている私たちの神にまた小羊に〔ある〕」は、主が彼らの救い主であることの心からの認知を意味する。

 「大きな声で叫ぶこと」は心からの認知を意味する。「救いが王座に座っている私たちの神にまた小羊に〔ある〕」は、主が救いそのものであること、またすべての救いはその方からであること、そのように救い主であることを意味する。

 「王座に座っている方また小羊」によって主おひとりが、「王座に座っている方」によってその方の神性が、それ(神性)から〔すべてのものがあり〕、また「小羊」によって、前にもまた〔述べられた〕ように(273) その方の神的人間性が意味される。両方ものが言われるのは、その方の神性から、それ(神性)から〔すべてのものがあり〕、ご自分の神的人間性を通して、救い主となったからである。一つであることは、そこに、「王座の真ん中の中の小羊」と言われている箇所から明らかである(5:67:17)

 主は、みことばの中で幾度となく「救い」と呼ばれた、そのことによって救い主であることが意味される。例えば、

 

 「わたしの救いは遅れない、わたしはシオンに救いを与える」(イザヤ46:13)

 「シオンに言え、見よ、あなたの救いがやって来る」(イザヤ62:11)

 「あなたに与えられた、地の末端へ向けて、わたしの救いであるために」(イザヤ62:6)

 「これは私たちが待ち望んだエホバ、私たちはその方を救いを小躍りして喜び喜ぼう」(イザヤ25:9)

 

 救いはヘブル語で「ヨシュア」と言われ、それはイエスである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark