RSS | ATOM | SEARCH
原典対訳『天界と地獄』の原文の訂正
 

現在、本書の改訂版を作成中です。その中でこのブログ上での『天界と地獄』の原文の誤りを見つけました。訂正します。なおもともとの原文は正しいです。

 訂正個所は231番の最初のほう、Unusquisque etiam est suum verum et suum bonum, num, quia…のところで、私がnumをわざわざnamのミスプリであろう、と指摘したところです。

 このnum,を削除してください。意味は「なぜなら」を取り除けば変わりません。

 なぜ、このようなことになったのかといえば、ネット上に原文が掲載されており、それをコピーして使っていて、本来の原文ときちっと照合しなかったからです。

 なお、改訂版はそうとう大規模なものとなります。

author:yasubee, category:原典講読『天界と地獄』, 07:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
誤訳の訂正(天界と地獄102)
 原典講読『天界と地獄』102番の中に誤訳がありましたので訂正いたします。
その直訳の個所は
et quod natura modo creata sit ut investiat spirituale, et id sistat correspondens in ultimo ordinis: そして、自然は単に、霊的なものを装い、そしてそれは最低の秩序の中に〔霊的なものを〕確立するために創造されていること。

 ちょっとひどい誤訳でした。すぐわかると思いますがcorrespondens「対応するもの」が訳出してありません。ここで『レキシコン』のsistoに取り掛かっていたところ、その訳語に「〜にする」の意味があり、この個所がその用例として取り上げられていました。
 それでここは「対応するものにする」となります。
 すなわち、この直訳を「そして、自然は単に、霊的なものを装うように創造されていること、そしてそれ〔霊的なもの〕を秩序の最後のものの中で対応するものにする」と訂正いたします。訳文は省略します。
author:yasubee, category:原典講読『天界と地獄』, 12:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
誤訳の訂正
『天界と地獄』425番の部分です(ブログ掲載2009年3月1日)
(直訳)
Nam non licet alicui in caelo, nec in inferno, divisam habere mentem, nempe aliud intelligere et aliud velle, sed quod vult hoc intelliget, et quod intelligit hoc volet; なぜなら、ある者に許されないから、天界で、地獄でも、分割(分裂)した心を持つこと、すなわち、あるものを理解することとあるものを意志すること、しかし、意志するものこれを理解しなければならない、そして理解するものこれを意志しなければならない。

 この個所の「あるものを理解することとあるものを意志すること」が誤訳でした! aliud〜et aliud・・・の意味は「〜はあるもの、また・・・はあるもの(別もの)」すなわち「〜と・・・は別もの」です。
 それで、直訳を「理解することはあるものまた意志すること別のもの」と変更します。訳文は「理解することと意志することが別ものであること」とします。
author:yasubee, category:原典講読『天界と地獄』, 22:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界と地獄』番外『天界の秘義』から
(1) 原文
  COLLECTA EX ARCANIS CAELESTIBUS DE LIBERO HOMINIS, DE INFLUXU,
     ET DE SPIRITIBUS PER QUOS COMMUNICATIONES FIUNT.

       DE LIBERO.

Quod omne liberum sit amoris seu affectionis, quoniam quod homo amat, hoc libere facit (n. 2870, 3158, 8907 [? 8987], 8990, 9585, 9591).
Quia liberum est amoris, quod sit vita cujusvis (n. 2873).
Quod nihil appareat ut proprium, nisi quod ex libero (n. 2880).
Quod sit liberum caeleste et liberum infernale (n. 2870, 2873, 2874, 9589, 9590).

[2] Quod liberum caeleste sit amoris caelestis, seu amoris boni et veri (n. 1947, 2870, 2872).
Et quia amor boni et veri est a Domino, quod ipsum liberum sit duci a Domino (n. 892, 905, 2872, 2886, 2890-2892, 9096, 9586, 9587, 9589-9591).
Quod homo in liberum caeleste introducatur a Domino per regenerationem (n. 2874, 2875, 2882, 2892).
Quod liberum homini esse debeat, ut possit regenerari (n. 1937, 1947, 2876, 2881, 3145, 3146, 3158, 4031, 8700).
Quod alioqui amor boni et veri non implantari possit homini, ac ei appropriari apparenter ut suum (n. 2877, 2879, 2880, 2888).
Quod nihil conjungatur homini, quod fit in coacto (n. 2875, 8700).
Si homo ex coacto reformari posset, quod omnes salvarentur (n. 2881).
Quod coactum in reformatione sit damnosum (n. 4031).
Quod omnis cultus ex libero sit cultus, non autem qui ex coacto (n. 1947, 2880, 7349, 10097).
Quod paenitentia fieri debeat in statu libero, et quod quae fit in statu coacto non valeat (n. 8392).
Status coacti, quinam (n. 8392).

[3] Quod datum sit homini ex libero rationis agere, ut ei provideatur bonum, et quod ideo homo sit in libero cogitandi et volendi etiam malum, et quoque faciendi quantum non leges vetant (n. 10777).
Quod homo teneatur a Domino inter caelum et infernum, et sic in aequilibrio, ut sit in libero propter reformationem (n. 5982, 6477, 8209, 8907 [? 8987]).
Quod id maneat quod inseminatur in libero, non autem quod in coacto (n. 9588).
Quod ideo nusquam alicui auferatur liberum (n. 2876, 2881).
Quod nullus a Domino cogatur (n. 1937, 1947).
Quod se cogere sit ex libero, non autem cogi (n. 1937, 1947).
Quod homo se cogere debeat ad resistendum malo (n. 1937, 1947, 7914).
Et quoque ad faciendum bonum sicut a se, sed usque agnoscere quod sit a Domino (n. 2883, 2891, 2892, 7914).
Quod homini fortius liberum sit in pugnis tentationum, in quibus vincit, quoniam tunc se homo interius cogit ad resistendum [malis], tametsi aliter apparet (n. 1937, 1947, 2881).

[4] Quod liberum infernale sit duci ab amoribus sui et mundi, et eorum concupiscentiis (n. 2870, 2873).
Quod illi qui in inferno sunt, non sciant aliud liberum (n. 2871).
Quod liberum caeleste tantum distet a libero infernali, quantum caelum ab inferno (n. 2873, 2874).
Quod liberum infernale, quod est duci ab amoribus sui et mundi, non sit liberum, sed servum (n. 2884, 2890).
Quoniam servum est duci ab inferno (n. 9586, 9589-9591).

       DE INFLUXU.

[5] Quod omnia influant quae homo cogitat et quae vult, ab experientia (n. 904, 2886-2888, 4151, 4319, 4320, 5846, 5848, 6189, 6191, 6194, 6197-6199, 6213, 7147, 10219).
Quod homo possit intueri res, cogitari, et analytice concludere, sit ex influxu (n. 1288 [? 1285, 2888], 4319, 4320).
Quod homo non vivere uno momento possit, si ei auferatur influxus e mundo spirituali, [ab] experientia (n. 2887, 5849, 5854, 6321).
Quod vita quae influit a Domino, varietur secundum statum hominis, et secundum receptionem (n 2069, 5986, 6472, 7343).
Quod apud malos bonum quod influit a Domino vertatur in malum, ac verum in falsum, ab experientia (n. 3643 [? 3642, 3743], 4632).
Quod tantum recipiatur bonum et verum, quod continue influit a Domino, quantum non obstat malum et falsum (n. 2411, 3142, 3147, 5828).

[6] Quod omne bonum influat a Domino, ac omne malum ab inferno (n. 904, 4151).
Quod homo credat hodie, omnia in se esse, et ex se esse, cum tamen influunt, et hoc sciat ex doctrinali ecclesiae, quod docet quod omne bonum sit a Deo, et omne malum ex diabolo (n. 4249, 6193, 6206).
At si homo crederet secundum doctrinale, tunc malum non sibi appropriaret, nec bonum faceret suum (n. 6206, 6324, 6325).
Quam felix status hominis foret, si crederet quod omne bonum influat a Domino, et omne malum ab inferno (n. 6325).
Qui negant caelum, aut nihil de illo sciunt, quod nesciant quod aliquis influxus inde sit (n. 4322, 5649, 6193, 6479).
Quid influxus, illustratum per comparationes (n 6428 [? 6128], 6180, [? 6190], 9407).

[7] Quod omne vitae a Primo Fonte vitae influat, quia inde est, et quod continue influat, ita a Domino (n. 3001, 3318, 3237 [? 3337], 3338, 3344, 3484, 3619, 3741-3743, 4318-4320, 4417, 4524, 4882, 5847, 5986, 6325, 6468-6470, 6479, 9276, 10196).
Quod influxus spiritualis sit, et non physicus, ita quod influxus sit e spirituali mundo in naturalem, et non e naturali in spiritualem (n. 3219, 5119, 5259, 5427, 5428, 5477, 6322, 9110 [? 9109] 9111 [? 9100]).
Quod influxus sit per internum hominem in externum, seu per spiritum in corpus, et non vicissim, quia spiritus hominis est in spirituali mundo, et corpus in naturali (n. 1702, 1707, 1940, 1954, 5119, 5259, 5779, 6322, 9380 [? 9110]).
Quod internus homo in mundo spirituali sit, et externus in mundo naturali (n. 978, 1015, 3628, 4459, 4523[?], 4524 [?], 6057, 6309, 9701-9709, 10156, 10472).
Quod appareat sicut influxus sit ab externis apud hominem in interna, sed quod sit fallacia (n. 3721).
Quod apud hominem influxus sit in ejus rationalia, et per haec in scientifica, et non vicissim (n. 1495, 1707, 1940).
Ordo influxus qualis (n. 775, 880, 1096, 1495, 7270).
Quod influxus sit immediatus a Domino, et quoque mediatus per mundum spiritualem seu caelum (n. 6063, 6307, 6472, 9682, 9683).
Quod influxus Domini sit in bonum apud hominem, et per bonum in verum, non autem vicissim (n. 5483 [? 5482], 5649, 6027, 8685, 8701, 10153).
Quod bonum det facultatem recipiendi influxum a Domino, non autem verum absque bono (n. 8321).
Quod nihil noceat quod influit in cogitationem, sed quod in voluntatem, quoniam hoc appropriatur homini (n. 6308).

[8] Quod influxus communis sit (n. 5850).
Quod ille sit continuus conatus agendi secundum ordinem (n. 6211).
Quod ille influxus sit in vitas animalium (n. 5850).
Et quoque in subjecta regni vegetabilis (n. 3648).
Quod etiam secundum influxum communem cadat cogitatio in loquelam, et voluntas in actiones et gestus apud hominem (n. 5862, 5990, 6192, 6211).

       DE SUBJECTIS.

[9] Quod spiritus a societatibus spirituum emissi ad alias societates, tum ad aliquos spiritus, dicantur subjecta (n. 4403, 5856).
Quod communicationes in altera vita fiant per tales emissarios spiritus (n. 4403, 5856, 5983).
Quod spiritus, qui emissus inservit pro subjecto, non cogitet ex se, sed ex illis a quibus emissus (n. 5985, 5986, 5987).
Plura de illis spiritibus (n. 5988, 5989).

(2) 直訳
   COLLECTA EX ARCANIS CAELESTIBUS DE LIBERO HOMINIS, DE INFLUXU,
     ET DE SPIRITIBUS PER QUOS COMMUNICATIONES FIUNT.
   『天界の秘義』からの引用、人間の自由について、流入について
     それと霊たちについて、その者らによって伝達が行なわれる

       DE LIBERO.
       自由について

Quod omne liberum sit amoris seu affectionis, quoniam quod homo amat, hoc libere facit. すべての自由は、愛のものあるいは情愛のものである、人間が愛するもの、これを自由に行なうので。
Quia liberum est amoris, quod sit vita cujusvis. 自由は愛のものであるので、それはそれぞれの者の生活(いのち)である。
Quod nihil appareat ut proprium, nisi quod ex libero. 何もプロプリウムのように見えない、もし自由からのものでないなら。
Quod sit liberum caeleste et liberum infernale. 天界の自由と地獄の自由がある。

[2] Quod liberum caeleste sit amoris caelestis, seu amoris boni et veri. [2] 天界の自由は天界の愛のもの、すなわち、善と真理への愛のものである。
Et quia amor boni et veri est a Domino, quod ipsum liberum sit duci a Domino. そして、善と真理への愛は主からであるので、自由そのものは主により導かれることであること。
Quod homo in liberum caeleste introducatur a Domino per regenerationem. 人間は天界の自由の中に導かれる、主により、再生を通して。
Quod liberum homini esse debeat, ut possit regenerari. 人間に自由があることが必要である、再生されることができるために。
Quod alioqui amor boni et veri non implantari possit homini, ac ei appropriari apparenter ut suum. そうでなければ、善と真理への愛が人間に植え付けられることはできない、そして、彼に外見上は自分のもののように自分のものとされること〔はできない〕。
Quod nihil conjungatur homini, quod fit in coacto. 何も人間に結合されない、強制の中で生ずるもの。
Si homo ex coacto reformari posset, quod omnes salvarentur. もし人間が強制から改心されることができるなら、すべての者は救われること。
Quod coactum in reformatione sit damnosum. 改心における強制は有害である。
Quod omnis cultus ex libero sit cultus, non autem qui ex coacto. 自由からのすべての礼拝は礼拝である、しかしながら、強制からのものは〔そうでは〕ない。
Quod paenitentia fieri debeat in statu libero, et quod quae fit in statu coacto non valeat. 悔い改めは自由の状態の中でなされなくてはならない、そして強制の状態の中で生じるものは有効でない。
Status coacti, quinam. 強制の状態、特にそれが何か。

[3] Quod datum sit homini ex libero rationis agere, ut ei provideatur bonum, et quod ideo homo sit in libero cogitandi et volendi etiam malum, et quoque faciendi quantum non leges vetant. [3] 人間に自由から理性的に行動することが与えられている、彼に善が備えられるように、そしてそれゆえ、人間はまた悪を考え、欲する自由の中にいる、そしてまた法律が禁じないかぎり、行なう〔自由の中にいる〕。
Quod homo teneatur a Domino inter caelum et infernum, et sic in aequilibrio, ut sit in libero propter reformationem. 人間は主により天界と地獄の間に、そしてこうして均衡の中に保たれる、改心のために自由の中にいるようにと。
Quod id maneat quod inseminatur in libero, non autem quod in coacto. それは残る、自由の中で植え付けられたもの、しかしながら〔残ら〕ない、強制の中で〔植え付けられた〕もの。
Quod ideo nusquam alicui auferatur liberum. それゆえ、決してある者に自由は取り去られない。
Quod nullus a Domino cogatur. だれも主により強制されない。
Quod se cogere sit ex libero, non autem cogi. 自分自身を強制することは自由からである、しかしながら、強制されることは〔そうでは〕ない。
Quod homo se cogere debeat ad resistendum malo. 人間は自分自身を強制しなければならない、悪に抵抗することへ。
Et quoque ad faciendum bonum sicut a se, sed usque agnoscere quod sit a Domino. そしてまた、自分自身からのように善を行なうことへ〔強制しなければならない〕、しかし、それでも〔善を行なうのは〕主からであることを認めること。
Quod homini fortius liberum sit in pugnis tentationum, in quibus vincit, quoniam tunc se homo interius cogit ad resistendum [malis], tametsi aliter apparet. 人間にさらに力強い自由がある、試練の闘いの中で、その中で勝利する、その時、人間は内部で(悪に)抵抗することを考えるので、それでも〔自由があるのと〕異なって見える。

[4] Quod liberum infernale sit duci ab amoribus sui et mundi, et eorum concupiscentiis. [4] 地獄の自由は、自己と世俗の愛により導かれることである、そして彼らの欲望に〔より〕。
Quod illi qui in inferno sunt, non sciant aliud liberum. 地獄の中にいる者は、他の自由を知らない。
Quod liberum caeleste tantum distet a libero infernali, quantum caelum ab inferno. 天界の自由はそれだけ地獄の自由から遠く離れている、どれだけ天界が地獄から〔離れているか〕。
Quod liberum infernale, quod est duci ab amoribus sui et mundi, non sit liberum, sed servum. 地獄の自由は、自己と世への愛により導かれることである、自由ではなく、隷属(奴隷であること)である。
Quoniam servum est duci ab inferno. 隷属は地獄により導かれることであるので。

       DE INFLUXU.
       流入について

[5] Quod omnia influant quae homo cogitat et quae vult, ab experientia. [5] すべてのものは流入する、それらを人間が考える、またそれらを意志する、経験から。
Quod homo possit intueri res, cogitari, et analytice concludere, sit ex influxu. 人間が物事を熟考し、考え、分析的に結論することができることは、流入からである。
Quod homo non vivere uno momento possit, si ei auferatur influxus e mundo spirituali, [ab] experientia. 人間は一瞬も生きることができない、もし、彼に霊界からの流入が取り去られるなら、経験(から)。
Quod vita quae influit a Domino, varietur secundum statum hominis, et secundum receptionem. 主から流入するいのち(生活)は、人間の状態にしたがって変化する、また受け入れにしたがって。
Quod apud malos bonum quod influit a Domino vertatur in malum, ac verum in falsum, ab experientia. 悪い者のもとで主から流入する善は悪に変化する、そして真理は虚偽に、経験から。
Quod tantum recipiatur bonum et verum, quod continue influit a Domino, quantum non obstat malum et falsum. それだけ善と真理を受け入れる、〔それらは〕絶えず主から流入するもの、どれだけ悪と虚偽が妨害しないか〔によって〕。

[6] Quod omne bonum influat a Domino, ac omne malum ab inferno. [6] すべての善は主から流入する、そしてすべての悪は地獄から。
Quod homo credat hodie, omnia in se esse, et ex se esse, cum tamen influunt, et hoc sciat ex doctrinali ecclesiae, quod docet quod omne bonum sit a Deo, et omne malum ex diabolo. 今日、人間は信じている、すべてのもの自分自身の中に存在すること、そして自分自身から存在すること、そのときそれでも流入する、そしてこのことを教会の教義から知らなければならない、それはすべての善は主から、すべての悪は地獄から存在することを教える。
At si homo crederet secundum doctrinale, tunc malum non sibi appropriaret, nec bonum faceret suum. しかし、もし人間が〔その〕教義を信じるなら、その時、悪を自分自身に自分のものとしない、善を自分自身のものとしない。
Quam felix status hominis foret, si crederet quod omne bonum influat a Domino, et omne malum ab inferno. どれほど人間の状態は幸福であるか、もし、信じるなら、すべての善は主から流入すること、そしてすべての悪は地獄から。
Qui negant caelum, aut nihil de illo sciunt, quod nesciant quod aliquis influxus inde sit. 天界を否定する者は、あるいはそれについて何も知らない〔者〕、そこから何らかのものが流入することをしらないこと。
Quid influxus, illustratum per comparationes. 流入とは何か、比較によって説明(される)。

[7] Quod omne vitae a Primo Fonte vitae influat, quia inde est, et quod continue influat, ita a Domino. [7] いのちのすべては、いのちの「最初の源泉」から流入する、ここからであるので、そして絶えず流入すること、このように主から。
Quod influxus spiritualis sit, et non physicus, ita quod influxus sit e spirituali mundo in naturalem, et non e naturali in spiritualem. 流入は霊的である、物質的ではない、このように流入は霊界から自然〔界〕の中へであること、そして自然〔界〕から霊的なものへではない。
Quod influxus sit per internum hominem in externum, seu per spiritum in corpus, et non vicissim, quia spiritus hominis est in spirituali mundo, et corpus in naturali. 流入は内なる人間を通して外なる〔人間〕へである、すなわち、身体の中の霊を通して、そして逆ではない、人間の霊は霊界にいるので、そして身体は自然〔界〕に〔あるので〕。
Quod internus homo in mundo spirituali sit, et externus in mundo naturali. 内なる人間は霊界の中にいる、そして外なる〔人間は〕自然界の中に〔いる〕。
Quod appareat sicut influxus sit ab externis apud hominem in interna, sed quod sit fallacia. 流入があるように見える、人間のもとの外なるものから内なるものへ、しかし、それは〔感覚の〕欺きである。
Quod apud hominem influxus sit in ejus rationalia, et per haec in scientifica, et non vicissim. 人間のもとに彼の理性的なものの中への流入がある、そしてそれを通して記憶知の中へ、そして逆ではない。
Ordo influxus qualis. 流入の秩序はどんなものか(性質)。
Quod influxus sit immediatus a Domino, et quoque mediatus per mundum spiritualem seu caelum. 主から直接の流入がある、そしてまた霊界あるいは天界を通して間接の〔流入がある〕。
Quod influxus Domini sit in bonum apud hominem, et per bonum in verum, non autem vicissim. 主の流入は人間のもとの善の中へである、そして善を通して真理の中へ、しかしながら、逆ではない。
Quod bonum det facultatem recipiendi influxum a Domino, non autem verum absque bono. 善は主からの流入を受け入れる能力を与える、しかしながら善なしの真理は〔与え〕ない。
Quod nihil noceat quod influit in cogitationem, sed quod in voluntatem, quoniam hoc appropriatur homini. 何も害さない、思考の中に流入するものは、しかし、意志の中に流入するものは〔害する〕、これは人間に自分のものとされるので。

[8] Quod influxus communis sit. [8] 全般的な流入が存在する。
Quod ille sit continuus conatus agendi secundum ordinem. それは秩序にしたがって活動する絶え間ないコナトュスである。
Quod ille influxus sit in vitas animalium. その流入は動物のいのちの中にある。
Et quoque in subjecta regni vegetabilis. そしてまた、植物界の対象物の中に。
Quod etiam secundum influxum communem cadat cogitatio in loquelam, et voluntas in actiones et gestus apud hominem. さらにまた全般的な流入にしたがって思考は話し方の中へ落ち込む、そして意志は行動と振る舞いの中に、人間のもとの。

       DE SUBJECTIS.
       派遣霊について

[9] Quod spiritus a societatibus spirituum emissi ad alias societates, tum ad aliquos spiritus, dicantur subjecta. [9] 霊たちの社会から他の社会へ送り出される霊は、このように他の霊たちに、派遣霊と言われる。
Quod communicationes in altera vita fiant per tales emissarios spiritus. 来世での伝達は、このような送り出される霊によって行なわれる。
Quod spiritus, qui emissus inservit pro subjecto, non cogitet ex se, sed ex illis a quibus emissus. 霊は、派遣霊として送り出されて仕える者、自分自身から考えない、しかし彼らから、送り出す者たちから。
Plura de illis spiritibus. これらの霊について多くのこと。

       〔以上で原典講読『天界と地獄』終了〕
author:yasubee, category:原典講読『天界と地獄』, 23:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界と地獄』no. 602, 603.
(1) 原文
602. Ultimo memorandum est de insito, quod est ex influxu caeli apud hominem, de vita ejus post mortem. Fuerunt quidam ex simplici plebe, qui in bono fidei in mundo vixerunt: illi in statum similem, in quo fuerunt in mundo, redacti sunt; hoc fieri cum unoquovis potest cum Dominus concedit; et tunc ostensum est qualem ideam de statu hominis post mortem habuerunt. Dixerunt quod aliqui intelligentes in mundo interrogaverint illos quid cogitant de anima sua post vitam in mundo; dixerunt quod non sciant quid anima. Interrogaverunt porro quid credunt de statu suo post mortem; dixerunt quod credant se victuros spiritus. Tunc interrogaverunt qualem fidem habent de spiritu; dixerunt quod sit homo. Interrogabant unde hoc sciant; dicebant quod id sciant quia ita est. Intelligentes illi mirati sunt, quod talis fides esset simplicibus, et quod non sibi. Inde patuit, quod apud unumquemvis hominem, qui in conjunctione est cum caelo, sit insitum de vita sua post mortem. Hoc insitum non aliunde est quam ex influxu e caelo, hoc est, per caelum a Domino, mediis spiritibus, qui e mundo spirituum homini adjuncti sunt; et [memorandum est] quod sit illis, apud quos liberum cogitandi non exstinctum est per principia capta et variis confirmata de anima hominis, quam vel dicunt esse puram cogitationem, vel aliquod principium animatum, cujus sedem in corpore inquirunt; cum tamen anima non est nisi quam vita hominis, at spiritus est ipse homo, ac corpus terrestre quod circumfert in mundo est modo administrum, per quod spiritus, qui est ipse homo, convenienter agit in mundo naturali.

(2) 直訳
Ultimo memorandum est de insito, quod est ex influxu caeli apud hominem, de vita ejus post mortem. 最後に、生来のものについて話に出さなくてはならない、それは天界から人間のもとへの流入から存在する、死後の彼の生活(いのち)について。
Fuerunt quidam ex simplici plebe, qui in bono fidei in mundo vixerunt: 単純な庶民からのある者たちがいた、その者たちは世で信仰の善の中に生きた。
illi in statum similem, in quo fuerunt in mundo, redacti sunt; 彼らは似た状態の中に、その中に世でいた、(戻)された。
hoc fieri cum unoquovis potest cum Dominus concedit; このことはそれぞれの者に行なわれることができる、主が許すとき。
et tunc ostensum est qualem ideam de statu hominis post mortem habuerunt. そしてその時、人間の死後の状態についてどのような観念をもっていたか示された。
Dixerunt quod aliqui intelligentes in mundo interrogaverint illos quid cogitant de anima sua post vitam in mundo; (彼らは)言った、知的なある者が世で彼らに質問した、世での生活の後の自分の魂について何を考えているか。〔訳文では、この部分から直接話法で意訳します〕
dixerunt quod non sciant quid anima. (彼らは)言った、魂とは何か知らないこと。
Interrogaverunt porro quid credunt de statu suo post mortem; さらに(彼らは)質問した、死後の自分の状態について何を信じているか。
dixerunt quod credant se victuros spiritus. (彼らは)言った、霊〔として〕生きるだろうと信じていること。
Tunc interrogaverunt qualem fidem habent de spiritu; その時、(彼らは)質問した、霊についてどのような信念を持っているか。
dixerunt quod sit homo. (彼らは)言った、人間であること。
Interrogabant unde hoc sciant; (彼らは)質問した☆1、どこからこのことを知っているのか。
dicebant quod id sciant quia ita est. (彼らは)言った☆1、そのことを知っている☆2こと、そのようである☆2ので。
☆1 これまでは「完了形」で「質問した」「言った」のですが、ここは「未完了形」です。なぜこうなのか、わかりません。一連の質問と応答の「最後に」、との気持ちをこめたのでしょうか?
☆2 「知っている」のはquod節中の(間接話法)なので接続法ですが、「である」のはquod節中であっても、すなわち通常接続法を使うところであっても、それが「真実」であるとの気持ちを表現するために「直説法」です。
Intelligentes illi mirati sunt, quod talis fides esset simplicibus, et quod non sibi. 知的な者たち、彼らは驚いた、このような信仰が単純な者たちにあったこと、そして自分たちにないこと。
Inde patuit, quod apud unumquemvis hominem, qui in conjunctione est cum caelo, sit insitum de vita sua post mortem. ここから明らかである、それぞれの人間のもとに、天界と結合している者たち、死後の自分の生活(いのち)について生来のものがあること。
Hoc insitum non aliunde est quam ex influxu e caelo, hoc est, per caelum a Domino, mediis spiritibus, qui e mundo spirituum homini adjuncti sunt; この生来のものは天界からの流入から以外の他の場所(別の源泉)ではない、すなわち、主により天界を通して、霊によって、その者たちは霊たちの世界から人間に接合している。
et [memorandum est] quod sit illis, apud quos liberum cogitandi non exstinctum est per principia capta et variis confirmata de anima hominis, quam vel dicunt esse puram cogitationem, vel aliquod principium animatum, cujus sedem in corpore inquirunt; そして(話しに出さなくてはならない)、彼らに〔生来のものが〕あること、考える自由を消滅されなかった者たちのもとに、人間の魂についてつくられた原理やいろいろな確信によって、それ〔魂〕はあるいは純粋な思考であると言われる、あるいは何らかの生気に満ちた原理、その座を身体の中に捜す。
cum tamen anima non est nisi quam vita hominis, at spiritus est ipse homo, ac corpus terrestre quod circumfert in mundo est modo administrum, per quod spiritus, qui est ipse homo, convenienter agit in mundo naturali. そのときそれでも魂は人間の生活(いのち)以外のものでなく、しかし、霊は人間そのものである、そして地に特有の身体は、それは世で持ってまわった、単なる補助(装備品)である、それによって霊は、それは人間そのものである、自然界で適当に行動する。

(3) 訳文
 最後に、死後のいのちについて、天界から人間のもとへ流入から存在する生来のものについて述べておかなくてはならない。世で信仰の善の中に生きた庶民である単純な者たちがいた。彼らは世にいたときと似た状態にされた。このことは、主が許されるとき、だれもがされることである。そしてその時に、人間の死後の状態についてどのような観念をもっていたかが示された。
 彼らは言った。自分たちは世で知的であった者らに、「世での生活の後の自分の魂についてどう考えているか」と質問された。「魂が何であるか、知らない」と答えた。さらに、「死後の自分の状態について何を信じているのか」と質問された。「霊として生きると信じている」と答えた。その時、「霊についてどのような信念を持っているか」と質問された。「人間である」と答えた。「どこからこのことを知っているのか」と質問された。「そうであるから、そうであると知っている」と答えた。知的であった者たちは、このような信仰が単純な者たちにあったこと、そして自分たちにないことに驚いた。
 ここから、天界と結合しているそれぞれの人間が、死後の自分のいのちについて生来のものをもっていることが明らかである。
 この生来のものは、天界からの流入から、すなわち、主により天界を通して、霊たちの世界から人間に接合している霊によるもの以外のものではない。そして、生来のものは、人間の魂についてつくられた原理やいろいろな確信によって考える自由を消滅されなかった者たちのもとにあることを述べておかなくてはならない。その原理や確信とは、魂とは純粋な思考である、あるいは何らかの生気に満ちた原理である、と言って、その座を身体の中に捜すことである。それでも、魂は人間のいのち以外のものではなく、霊は人間そのものであり、世で持ってまわった地的な身体は単なる装備品であって、人間そのものである霊はそれによって自然界に適して行動する。

(1) 原文
603. Haec quae in hoc opere de Caelo, Mundo Spirituum, et Inferno, dicta sunt, obscura erunt illis qui non in jucundo sciendi vera spiritualia sunt; sed clara illis qui in jucundo; maxime illis qui in affectione veri propter verum sunt; hoc est, qui amant verum quia est verum: quicquid enim amatur hoc intrat cum luce in mentis ideam, imprimis cum amatur verum; quia omne verum in luce est.

(2) 直訳
Haec quae in hoc opere de Caelo, Mundo Spirituum, et Inferno, dicta sunt, obscura erunt illis qui non in jucundo sciendi vera spiritualia sunt; これらのことは、それらはこの著作の中の、天界、霊たちの世界、地獄について、言われたこと、彼らに暗い(不明瞭な)ものであろう(に違いない)☆、霊的な真理を知ることの楽しみの中にいない者ら。
☆ 未来時制なので仮に「〜だろう」としましたが、スヴェーデンボリの場合、未来の意味はなく、「現在(または未来の)必要・義務・命令」「当然の推量」を表わし、ここでは「当然の推量」である「〜に違いないが」正しい訳となります。すなわち、柳瀬訳「〜であろう」や長島訳「〜でしょう」は、スヴェーデンボリの著作に限って、厳密には(すなわち、著者の意図を汲んでいるか、まで考慮して)誤訳となります。
sed clara illis qui in jucundo; しかし、明るい(明確な)もの〔に違いない〕、楽しさの中に〔いる〕者。
maxime illis qui in affectione veri propter verum sunt; 彼らに最大に〔明るい〕、真理のために真理の情愛の中にいる者。
hoc est, qui amant verum quia est verum: すなわち、真理であるので真理を愛する者。
quicquid enim amatur hoc intrat cum luce in mentis ideam, imprimis cum amatur verum; なぜなら、何でも愛されるものは、これは光とともに心の観念の中に入るから、特に、真理が愛されるとき。
quia omne verum in luce est. すべての真理は光の中にあるので。

(3) 訳文
 この著作の中で、天界、霊たちの世界、地獄について言われたことは、霊的な真理を知る楽しみにいない者らにとって不明瞭であり、しかし、その楽しさにいる者にとって明確であるに違いない。真理のための真理の情愛の中にいる者、すなわち、真理であるゆえに真理を愛する者にとって、最も明らかであろう。なぜなら、何であれ愛されるものは、光とともに心の観念の中に入ってくるからである。特に、真理が愛されるとき、そうである。すべての真理は光の中にあるからである。

(4) 最終個所603番に思う 知ること(真理)は力である
 スヴェーデンボリの著作を「むずかしくて、なかなか読めない」という人がよくいる。その人たちはむずかしいので、たいてい、読み続けることなく、いずれ去ってしまう。
このことについて考えてみる。死後の世界を信じないか、まったく関心のない人に本書『天界と地獄』はどのように受け止められるのか? 「暗黒の書」であろう。「読め」と言われたら、苦痛そのものかも知れない。
 興味のない話を長々と聞かされるとき苦痛を感じる。そして、その話を「よくわからない」、「むずかしい(理解できない)」と言い出し、最後は席をけって立ち去るかもしれない。
 しかし、人間とはこの世だけの存在であろうか? 死んだら、それで終わりなのか? 肉体の中に宿る「自分」とは何なのか? それは霊的存在ではなかろうか? このような疑問、すなわち、霊的な真理に関する疑問に真剣に答えを見出そうとする人(霊的な人であろう)にとって、本書はその解答を与えている。
 すなわち、それまで暗闇の中に置かれていた自分の心に「光が差してくる」思いがするのではなかろうか。心が晴れるだけではない、その真理を生かすとき、それは生きる力となる。
 たとえば「タバコはからだに悪い」という真理を知る。知ったままでは何ら健康とはならない、そこでタバコをやめれば(知ったことを生かすなら)、確実に健康になる。
 霊的な真理も同じであろう、そして、実生活の中で生かして霊的に成長するか、生かさないは、本人次第。
 霊的成長の具体的実践手段は? と質問する人がいるかもしれない。いくらでも答えはあるが、自分で答えを見つけるのがいちばんよい。それでも、このあと始める原典講読:『生活について』にその一つの解答がある、と言っておこう。
author:yasubee, category:原典講読『天界と地獄』, 02:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スヴェーデンボリ協会へ、ミスプリ指摘とその返事
 『天界と地獄』595番の原文中(第3版)にperpetuusがperptuusとミスプリされており、原典発行元のスヴェーデンボリ協会(The Swedenborg Society)へその旨、メールで連絡しておきました。

 つい先ごろ(16日夕)、James Wilsonから返事のメールが来ました。それによると、指摘の御礼とともに、第4版を来年に出版する予定で、John Elliottのもと、校正など進めているそうです。私の指摘の個所もすでにエリオットによって直してあるとのことでした。
author:yasubee, category:原典講読『天界と地獄』, 03:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界と地獄』no. 600, 601.
(1) 原文
600. Sciendum est, quod conjunctio hominis cum caelo et cum inferno, non sit immediate cum illis, sed mediate per spiritus qui in mundo spirituum sunt; hi spiritus sunt apud hominem, at nulli ex ipso inferno et ex ipso caelo: per spiritus malos in mundo spirituum conjungitur homo cum inferno, et per spiritus bonos qui ibi sunt, cum caelo. Quia ita se res habet, ideo mundus spirituum est medius inter caelum et infernum, et ibi est ipsum aequilibrium. Quod mundus spirituum sit medius inter caelum et infernum, videatur in articulo De Mundo Spirituum (n. 421-431); et quod ibi sit ipsum aequilibrium inter caelum et infernum, in articulo mox praecedente (n. 589-596). Ex his nunc patet, unde homini est liberum.

(2) 直訳
Sciendum est, quod conjunctio hominis cum caelo et cum inferno, non sit immediate cum illis, sed mediate per spiritus qui in mundo spirituum sunt; 知らなくてはならない、天界とのまた地獄との人間の結合は、それらと直接ではないこと、しかし、霊たちを通して間接〔である〕、霊たちの世界にいる者。
hi spiritus sunt apud hominem, at nulli ex ipso inferno et ex ipso caelo: 人間とともにいるこれらの霊たちは、しかし、だれも地獄そのものからと天界そのものから〔直接にやって来ているの〕ではない
per spiritus malos in mundo spirituum conjungitur homo cum inferno, et per spiritus bonos qui ibi sunt, cum caelo. 霊たちの世界の悪霊を通して人間は地獄と結合している、そこにいる善霊を通して、天界と。
Quia ita se res habet, ideo mundus spirituum est medius inter caelum et infernum, et ibi est ipsum aequilibrium. 事柄(事実)はこのようであるので、それゆえ、霊たちの世界は天界と地獄の間の真ん中にある、そしてそこに均衡そのもの〔がある〕。
Quod mundus spirituum sit medius inter caelum et infernum, videatur in articulo De Mundo Spirituum (n. 421-431); 霊たちの世界は天界と地獄の間の真ん中にあることは、「霊たちの世界について」の章の中に見られる(421-431番)。
et quod ibi sit ipsum aequilibrium inter caelum et infernum, in articulo mox praecedente (n. 589-596). そしてそこに均衡そのものがあること、天界と地獄の間に、直ぐ前の章に(589-596番)。
Ex his nunc patet, unde homini est liberum. これらから今や明らかである、どこから人間に自由があるか。

(3) 訳文
 人間は天界や地獄と直接に結合しているのではなく、霊たちの世界にいる霊たちを通して間接に結合していることを知らなくてはならない。人間とともにいるこれらの霊たちは、だれも地獄や天界そのものから直接にやって来ているのではない。人間は、霊たちの世界にいる悪霊を通して地獄と、そこにいる善霊を通して天界と結合している。このようであるので、それゆえ、霊たちの世界は天界と地獄の間の真ん中にあり、そこに均衡そのものがある。霊たちの世界が天界と地獄の間の真ん中にあることは、「霊たちの世界について」の章(421-431番)に、また、そこに天界と地獄の間の均衡そのものがあることは、直ぐ前の章(589-596番)に見られる。これらから今や、人間に自由があるのはどこからか、明らかである。

(1) 原文
601. Aliquid adhuc dicetur de spiritibus homini adjunctis. Integra societas potest communicationem habere cum alia societate, et quoque cum uno alio, ubicunque est, per spiritum a se emissum. Hic spiritus vocatur Subjectum plurium. Similiter se habet cum conjunctione hominis cum societatibus in caelo, et cum societatibus in inferno, per spiritus homini adjunctos e mundo spirituum. (De his quoque videatur in Arcanis Caelestibus in locis citatis ad finem.)

(2) 直訳
Aliquid adhuc dicetur de spiritibus homini adjunctis. 何らかのものがこれから(さらに)言われる、人間に接合している霊たちについて。
Integra societas potest communicationem habere cum alia societate, et quoque cum uno alio, ubicunque est, per spiritum a se emissum. 全社会が他の社会と伝達をもつことができる、さらにまた他の〔社会の〕一人と、どこにいても、それ自体から送り出された霊によって。
Hic spiritus vocatur Subjectum plurium. この霊は多くの者の「派遣霊☆」と呼ばれる。
☆ subjectumは、うまい訳語ないかな、代表霊、使者霊は? と悩んでいる言葉のひとつです。
Similiter se habet cum conjunctione hominis cum societatibus in caelo, et cum societatibus in inferno, per spiritus homini adjunctos e mundo spirituum. 人間の結合の場合も同様である、天界の中の社会と、また地獄の中の社会と、霊たちの世界から人間に接合している霊によって。
(De his quoque videatur in Arcanis Caelestibus in locis citatis ad finem.) (これらについてもまた『天界の秘義』の中に見られる、最後の引用の箇所の中に。)

(3) 訳文
 さらに、人間に接合している霊たちについていくらか言っておこう。ある社会全体が、その社会から送り出された霊によって、他の社会と、さらにまた他の社会のどこにいようともその一人と伝達をもつことができる。この霊は、多くの者の「派遣霊」と呼ばれる。天界や地獄の社会と人間の結合の場合も同様であり、そのことは霊たちの世界から人間に接合している霊によっている。(これらについてもまた『天界の秘義』からの引用の最後の箇所に見られる)
author:yasubee, category:原典講読『天界と地獄』, 22:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界と地獄』no. 598, 599.
(1) 原文
598. Quod homo non possit reformari nisi ei sit liberum, est quia nascitur in omnis generis mala, quae tamen removenda sunt, ut salvari possit: nec removeri possunt, nisi videat illa in se, et agnoscat illa, et dein nolit illa, et tandem aversetur illa; tunc primum removentur. Hoc non fieri potest, nisi homo tam in bono quam in malo sit; ex bono enim potest videre mala, sed non a malo bona. Bona spiritualia quae homo cogitare potest, discit ab infantia ex lectione Verbi, et ex praedicatione; ac bona moralia et civilia ex vita in mundo. Hoc primum est, cur homo in libero esse debet. [2] Alterum est, quod nihil approprietur homini, nisi quod fit ex affectione quae amoris: reliqua quidem intrare possunt, sed non ultra quam in cogitationem, et non in voluntatem; et quod non intrat usque in voluntatem hominis, non fit ejus, nam cogitatio trahit suum ex memoria, sed voluntas ex ipsa vita. Nihil usquam liberum est, quod non est ex voluntate, seu quod idem, ex affectione quae amoris: quicquid enim homo vult seu amat, hoc libere facit: inde est, quod liberum hominis et affectio quae est amoris seu voluntatis ejus unum sint; ideo itaque homini liberum, ut possit affici vero et bono, seu amare illa, et sic fieri sicut ejus propria. [3] Verbo, quicquid non intrat in libero apud hominem, non manet, quia non est amoris seu voluntatis ejus et quae non sunt amoris seu voluntatis hominis, non sunt ejus spiritus; Esse enim spiritus hominis est amor seu voluntas. Dicitur amor seu voluntas, quoniam quod homo amat hoc vult. Haec nunc est causa, quod homo non possit reformari nisi in libero. Sed plura de Libero hominis videantur in Arcanis Caelestibus in locis citatis infra.

(2) 直訳
Quod homo non possit reformari nisi ei sit liberum, est quia nascitur in omnis generis mala, quae tamen removenda sunt, ut salvari possit: 人間は改心される☆1ことができないこと、もし彼に自由がないなら、すべての種類の悪の中に生まれているからである、それらはそれでも遠ざけられなければならない☆2、救われることができるように(ために)。
☆1 直訳なので「改心される」ですが、日本語として、言葉によっては「能動態」として訳さなければならないものがあります(後述のfioも)。ここは「改心する」でしょう。「改心させられる」もありますが、これはこれですこし変です。
☆2 removeoには大きく分けて、二つの意味「取り除く」と「遠ざける」があります。どちらの訳語を選択すべきでしょうか? スヴェーデンボリ神学を学べば、人間は自分の悪を取り除くことができない、とわかります。「取り除いた」と思っても、表から見えないところに潜んでいます。人間にできることは「遠ざける」ことだけです。それで柳瀬訳「除かれなくては・・・」長島訳「取り除かなくては・・・」は不適当な訳といえます。
nec removeri possunt, nisi videat illa in se, et agnoscat illa, et dein nolit illa, et tandem aversetur illa; 遠ざけられることもできない、もしそれらを自分自身の中に見ないなら、そしてそれらを認める、そしてその後、それらを望まない(欲しない)、そしてついにそれらを退ける(追い払う)。
tunc primum removentur. その時、最初に(初めて)遠ざけられる。
Hoc non fieri potest, nisi homo tam in bono quam in malo sit; このことは行なわれることができない、もし人間が悪の中と同様に☆善の中にいないなら。
☆ 相関文tam〜quam・・・「・・・と同様に〜」です。qがtを定める原則はここでも生きています。それで長島訳のように「人が善のうちにあると同時に、悪のうちに・・・」とすると、次ぎの文との関連がややおかしくなります。
ex bono enim potest videre mala, sed non a malo bona. なぜなら、善から悪を見ることができるから、しかし、悪から善を〔見ることはでき〕ない。
Bona spiritualia quae homo cogitare potest, discit ab infantia ex lectione Verbi, et ex praedicatione; 霊的な善を、それを人間は考えることができる、彼は幼児期から学ぶ、みことばの読むことから、そして説教から。
ac bona moralia et civilia ex vita in mundo. そして、道徳的で市民的な善を世での生活から。
Hoc primum est, cur homo in libero esse debet. このことが最初〔の理由〕である、なぜ人間が自由の中にい(ることが)なくてはならないか。
[2] Alterum est, quod nihil approprietur homini, nisi quod fit ex affectione quae amoris: [2] 他のもの〔理由〕がある、何も人間のものとされないこと、愛のものである情愛からなされるものでないなら。
reliqua quidem intrare possunt, sed non ultra quam in cogitationem, et non in voluntatem; 他の何らかものが入ることができる、しかし、思考の中に以外に超えて〔入ら〕ない、そして意志の中でない。
et quod non intrat usque in voluntatem hominis, non fit ejus, nam cogitatio trahit suum ex memoria, sed voluntas ex ipsa vita. そして、人間の意志の中にまで入らないものは、彼の〔ものと〕ならない、なぜなら、思考はそれ自身のものを記憶から引き寄せる(得る)から、しかし、意志は生活そのものから。
Nihil usquam liberum est, quod non est ex voluntate, seu quod idem, ex affectione quae amoris: かつて(これほどまでに)何も自由〔なもの〕ではない、意志からでないもの、すなわち、同じもの〔であるが〕、愛のものである情愛から〔でないもの〕。
quicquid enim homo vult seu amat, hoc libere facit: なぜなら、何でも人間が意志するかまたは愛するもの、これを自由に行なうから。
inde est, quod liberum hominis et affectio quae est amoris seu voluntatis ejus unum sint; ここからである、人間の自由と彼の愛のものまたは意志のものである情愛は一つであること。
ideo itaque homini liberum, ut possit affici vero et bono, seu amare illa, et sic fieri sicut ejus propria. それゆえ、そこで、人間に自由が〔ある〕、真理と善に働きかけられることができるように、すなわち、それらを愛すること、そしてこうして彼のプロプリウムのようになる☆〔ように〕。
☆ このfio「生じる、〜なる」も、ここでは受動態ですが、直訳するとおかしな表現になるので、そうしていません。
[3] Verbo, quicquid non intrat in libero apud hominem, non manet, quia non est amoris seu voluntatis ejus; [3] 一言でいえば、何でも自由の中で人間のもとに入らないものは、とどまらない(残らない)、彼の愛のものまたは意志のものでないから。
et quae non sunt amoris seu voluntatis hominis, non sunt ejus spiritus; そして人間の愛のものまたは意志のものでないものは、彼の霊のものではない。
Esse enim spiritus hominis est amor seu voluntas. なぜなら、人間の霊の「存在」☆は、愛または意志であるから。
☆ esseの別訳語として「実存」「実在」が、考えられます。他の個所では「存在」で意味が通じるので、ここでは日本語として変ですが、意訳しないで、このままで理解していただくのがよいと思います。Dicitur amor seu voluntas, quoniam quod homo amat hoc vult. 愛あるいは意志と言われる、人間は愛するものをこれを意志するので。
Haec nunc est causa, quod homo non possit reformari nisi in libero. 今や、これらが理由である、人間は改心されることができないこと、もし自由の中にないなら。
Sed plura de Libero hominis videantur in Arcanis Caelestibus in locis citatis infra. しかし、人間の「自由について」多くのことが『天界の秘義』の中に見られる、下の引用の個所の中に。

(3) 訳文
 人間は自由がないなら、改心することができない、あらゆる種類の悪の中に生まれているからである。それでも救われることができるためには、それらの悪は遠ざけられなければならない。もしそれらの悪を自分自身の中に見て、認め、その後、それらを望まなず、ついには退けるないなら、遠ざけられることはできず、その時、初めて遠ざけられるのである。このことは、人間が悪の中と同じく善の中にいないなら、行なわれることができない。なぜなら、善から悪を見ることができるが、しかし、悪から善を見ることはできないから。人間が考えることのできる霊的な善を、彼は幼児期から、みことばを読むことと説教から、そして道徳的で市民的な善を世での生活から学ぶ。このことが、なぜ人間が自由の中にいなくてはならないか、最初の理由である。
 [2] 他の理由は、愛のものである情愛からなされるものでないなら、何も人間のものとされないことである。他の何らかのものが入ることができるが、しかし、思考の中へであって、それを超えて意志の中には入らない。そして、人間の意志の中にまで入らないものは、彼のものとならない。なぜなら、思考はそれ自身のものを記憶から得るが、しかし、意志は生活そのものから得るから。意志からでないもの、すなわち、同じものであるが、愛のものである情愛からでないものは、何ら自由なものではない。なぜなら、何であれ、意志するかまたは愛するものを、人間は自由に行なうから。ここから、人間の自由と、彼の愛のものまたは意志のものである情愛は一つである。そこで、人間が真理と善に働きかけられることができるように、すなわち、それらを愛し、こうしてそれらが彼のプロプリウムのようになるように、人間に自由があるのである。
 [3] 一言でいえば、何であれ自由のうちに人間のもとに入るものでなくては、彼の愛のものまたは意志のものでないから、残らない。そして人間の愛のものまたは意志のものでないものは、彼の霊のものではない。なぜなら、人間の霊の「存在」は、愛または意志であるから。人間は愛するものを意志するので、愛あるいは意志と言われる。これらが、人間は自由の中にないなら、改心することのできない理由である。しかし、人間の「自由について」多くのことが後の『天界の秘義』から引用の個所の中に見られる。

(1) 原文
599. Ut homo in libero sit, ex causa ut reformetur, ideo conjungitur ille quoad spiritum suum cum caelo et cum inferno. Sunt enim apud unumquemvis hominem spiritus ex inferno, et angeli e caelo: per spiritus ex inferno est homo in suo malo, per angelos autem e caelo est homo in bono a Domino: ita in aequilibrio spirituali, hoc est, in libero. Quod cuivis homini sint adjuncti angeli e caelo, et spiritus ex inferno, videatur in articulo De Conjunctione Caeli cum Humano Genere (n. 291-302).

(2) 直訳
Ut homo in libero sit, ex causa ut reformetur, ideo conjungitur ille quoad spiritum suum cum caelo et cum inferno. 人間が自由の中にいるように、改心されるようにとの理由から、それゆえ、彼は自分の霊に関して天界とまた地獄と結合される。
Sunt enim apud unumquemvis hominem spiritus ex inferno, et angeli e caelo: なぜなら、人間のそれぞれのもとに地獄から〔悪〕霊らがいるから、そして天界から天使たちが。
per spiritus ex inferno est homo in suo malo, per angelos autem e caelo est homo in bono a Domino: 地獄からの霊らによって人間は自分自身の悪の中にいる、しかしながら、天界からの天使たちによって主からの善の中にいる。
ita in aequilibrio spirituali, hoc est, in libero. このように霊的な均衡の中に、すなわち、自由の中に。
Quod cuivis homini sint adjuncti angeli e caelo, et spiritus ex inferno, videatur in articulo De Conjunctione Caeli cum Humano Genere (n. 291-302). それぞれの人間に天界から天使たちが付き添っていること、そして地獄から霊らが、「人類との天界の結合について」の章に見られる(291-302番)。

(3) 訳文
. 改心するようにとの理由から、人間は自由の中にいる。それゆえ、人間は自分の霊に関して天界と地獄に結合している。なぜなら、それぞれの人間のもとに、地獄から〔悪〕霊ら、天界から天使たちがいるから。地獄からの霊らによって人間は自分自身の悪の中にいるが、しかし、天界からの天使たちによって主からの善の中にいる。このように、霊的な均衡の中に、すなわち、自由の中にいる。それぞれの人間に、天界から天使たちが、また地獄から霊らが付き添っていることは「人類との天界の結合について」の章に見られる(291-302番)。
author:yasubee, category:原典講読『天界と地獄』, 02:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界と地獄』no. 597.
       [LXIII.]
     QUOD HOMO IN LIBERO SIT PER AEQUILIBRIUM INTER CAELUM ET INFERNUM.
     天界と地獄の均衡によって人間に自由があること
(1) 原文
597. Supra actum est de aequilibrio inter caelum et infernum, et ostensum quod aequilibrium illud sit aequilibrium inter bonum quod e caelo et malum quod ex inferno; ita quod sit aequilibrium spirituale, quod in sua essentia est liberum. Quod aequilibrium spirituale in sua essentia sit liberum, est quia est inter bonum et malum, ac inter verum et falsum, et haec sunt spiritualia: quapropter posse velle bonum aut malum, et cogitare verum aut falsum, ac eligere unum prae altero, est liberum, de quo hic agitur. Hoc liberum datur unicuivis homini a Domino, nec usquam aufertur; est quidem ex sua origine non hominis sed Domini, quia est a Domino; at usque cum vita donatur homini sicut suum; et hoc ex causa, ut homo possit reformari et salvari; nam absque libero nulla reformatio et salvatio. Quisque ex intuitione aliqua rationali videre potest, quod in hominis libero sit cogitare male vel bene, sincere vel insincere, juste vel injuste; et quoque quod possit loqui et agere bene, sincere et juste, sed non male, insincere et injuste propter leges spirituales, morales et civiles, per quas externum ejus tenetur in vinculis. Ex his patet, quod spiritus hominis, qui est qui cogitat et vult, sit in libero; non ita externum hominis, quod loquitur et agit, nisi hoc sit secundum supradictas leges.

(2) 直訳
Supra actum est de aequilibrio inter caelum et infernum, et ostensum quod aequilibrium illud sit aequilibrium inter bonum quod e caelo et malum quod ex inferno; 上に扱われた(述べられた)、天界と地獄の間の均衡について、そして示された、その均衡は天界からのもの善と地獄からのもの悪の間の均衡であること。
ita quod sit aequilibrium spirituale, quod in sua essentia est liberum. このように(したがって)霊的な均衡であること、その本質は自由であること。
Quod aequilibrium spirituale in sua essentia sit liberum, est quia est inter bonum et malum, ac inter verum et falsum, et haec sunt spiritualia: 霊的な均衡がその本質では自由であることは、善と悪の間であるからである、そして真理と虚偽、そしてこれらは霊的なものである。
quapropter posse velle bonum aut malum, et cogitare verum aut falsum, ac eligere unum prae altero, est liberum, de quo hic agitur. それゆえ、善または悪を意志すること、また真理または虚偽を考えること、そして一つをもう一つよりも選ぶことができることは自由である、そのことについてここで扱われる。
Hoc liberum datur unicuivis homini a Domino, nec usquam aufertur; この自由は主により人間のそれぞれに与えられている、決して取り去られもしない。
est quidem ex sua origine non hominis sed Domini, quia est a Domino; 確かに、その起源から人間の〔もの〕でなく主の〔もの〕である、主からのものであるので。
at usque cum vita donatur homini sicut suum; しかし、それでも、いのちとともに、人間に自分のものであるかのように与えられている。
et hoc ex causa, ut homo possit reformari et salvari; そしてこのことは理由から、人間が改心☆され、救われることができるように。
☆ 動詞reformoは「新しい形を与える、造り直す」という意味です。教会なら「改革する」人間なら何でしょう? 「改心する」でしょうか? (4) reformatio, reformoの訳語について、を参照。
nam absque libero nulla reformatio et salvatio. なぜなら、自由なしに改心と救いはないから。
Quisque ex intuitione aliqua rationali videre potest, quod in hominis libero sit cogitare male vel bene, sincere vel insincere, juste vel injuste; だれでも何らかの理性的な熟考(熟慮)から見ることができる、人間の中に自由があること、悪くまたは善く考えること、誠実(正直)にまたは不誠実(不正直)に、公正にまたは不正に。
et quoque quod possit loqui et agere bene, sincere et juste, sed non male, insincere et injuste propter leges spirituales, morales et civiles, per quas externum ejus tenetur in vinculis. そしてまた、善く、誠実に、公正に話し、行動することができる、しかし、悪く、不誠実に、不正に〔話し、行動でき〕ない、霊的な、道徳的な、市民的な律法のために、それらによって彼の外なるものは抑制(束縛)の中に保たれる。
Ex his patet, quod spiritus hominis, qui est qui cogitat et vult, sit in libero; これらから明らかである、人間の霊は、それは考え、意志するものである、自由の中にあること。
non ita externum hominis, quod loquitur et agit, nisi hoc sit secundum supradictas leges. このようではない〔自由の中にない〕、人間の外なるものは、それは話し、行動するもの〔である〕、もし、このことが上述の律法にしたがっていないなら。

(3) 訳文
 前に、天界と地獄の間の均衡について扱われ、その均衡は天界からの善と地獄からの悪の間の均衡であること、したがって霊的な均衡でり、その本質は自由であることが示された。霊的な均衡がその本質では自由であることは、善と悪の間、また真理と虚偽の間の均衡であり、これらは霊的なものであるからである。それゆえ、善または悪を意志すること、また真理または虚偽を考えること、そして一つを他よりも選ぶことができることは自由であり、ここで述べているのはそのことについてである。この自由は主により人間のそれぞれに与えられており、決して取り去られない。確かに、主からのものであるので、その起源からして、人間のものでなく主のものである。しかしそれでも、人間に、いのちとともに、自分自身のものであるかのように与えられている。このことの理由は、人間が改心し、救われることができるためである。なぜなら、自由なしに、改心と救いはないから。だれでも、何らかの理性的な熟慮から、人間の中に悪くまたは善く、誠実にまたは不誠実に、公正にまたは不正に考え、そしてまた、善く、誠実に、公正に、話し、行動することができる自由があること、しかし、外なるものを抑制の中に保つ、霊的で、道徳的で、市民的な律法のために、悪く、不誠実に、不正に、話し、行動することはできないことを知ことができる。これらから、考え、意志するものである人間の霊は自由の中にあることが明らかである。人間の外なるものは、それは話し、行動するものであるが、前述の律法にしたがっていないなら、自由の中にはない。

(4) reformatio, reformoの訳語について
 スヴェーデンボリのによれば、人間はほんとうの人間になるために、霊により新しく生まれなければなりません。具体的にはreformatioとregeneratio「再生」です。
 さて、まずは他の人(といっても二人)の訳語はどうでしょうか。柳瀬訳の「改良」、これでよいのでしょう、しかし、品質改良のイメージがしてしまい、私はやや変に感じます。
 次に長島訳の「自己改革」(ただし、最初期の翻訳である、『天界と地獄』のこの個所は「改善」)、これはよい訳語かもしれません。
 どちらも「改〜」としていて、私も「改〜」は賛成です。「改める」という言葉を使うべきでしょう。この原意は直訳部分で述べました。英語ではreform, reformationです。家ならリフォームです。法律なら改正、宗教なら改革・・・、それで問題は「心」です。心をリフォームすることに対する訳語は何でしょうか?
 私は一時期、「改めて造り直す」ことから、「改造」としたことがあります。しかし、これでは「内閣改造」のイメージが強すぎます。
 それで「心」を「改める」のだから、わかりやすく「改心」としました。しかし、これにも欠点があります。あまりに「悔い改め」のイメージに近いからです。スヴェーデンボリ神学では最初にpoenitentiaがあって、それにreformatio, regeneratioと続きます。
 日本語の「改心」(今までのことを反省し、心を改め正すこと)とは、意味合いが違いますが、再生の過程としての「改心」であることをふまえ、この言葉を使うのが一番よいかと思っています。
author:yasubee, category:原典講読『天界と地獄』, 23:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界と地獄』no. 595, 596.
(1) 原文
595. Sciendum est quod inferna continue aggrediantur caelum, et conentur destruere illud; et quod Dominus continue tutetur caelos, detinendo illos, qui ibi sunt, a malis quae sunt ex proprio illorum, ac tenendo in bono quod ab Ipso. Datum est saepius percipere sphaeram effluentem ex infernis, quae tota fuit sphaera conatuum destruendi Divinum Domini, et sic caelum: perceptae etiam aliquoties sunt ebullitiones aliquorum infernorum, quae fuerunt conatus emergendi et destruendi. Vicissim autem caeli nusquam aggrediuntur inferna; nam sphaera Divina procedens a Domino, est perptuus conatus salvandi omnes; et quia non salvari possunt qui in infernis, quoniam omnes, qui ibi, sunt in malo et contra Divinum Domini, ideo quantum possibile est, in infernis domantur insultus, et arcentur saevitiae ne erumpant contra se invicem ibi ultra modum; quod etiam fit per innumera potentiae Divinae media.

(2) 直訳
Sciendum est quod inferna continue aggrediantur caelum, et conentur destruere illud; 知らなくてはならない、地獄は絶えず天界を襲う、そしてそれを破壊することを努力すること。
et quod Dominus continue tutetur caelos, detinendo illos, qui ibi sunt, a malis quae sunt ex proprio illorum, ac tenendo in bono quod ab Ipso. そして主は絶えず天界を守ること、彼らを保って(妨げて)、そこにいる者たち、悪から、それは彼らのプロプリウムからのものである、そして保って、その方からのものである善の中に。
Datum est saepius percipere sphaeram effluentem ex infernis, quae tota fuit sphaera conatuum destruendi Divinum Domini, et sic caelum: しばしば知覚することが与えられた、地獄から流れ出ているスフェアを、それは全部だった、主の神性を、そしてこうして天界を破壊しようとするコナトュスのスフェア。
perceptae etiam aliquoties sunt ebullitiones aliquorum infernorum, quae fuerunt conatus emergendi et destruendi. さらにまた数回(ときどき)知覚された、地獄の何らかの泡立つものを、それらは浮かび上がろうとする(現れようとする)また破壊しようとするコナトュスだった。
Vicissim autem caeli nusquam aggrediuntur inferna; しかしながら、一方(逆に)、天界は決して地獄を襲わない。
nam sphaera Divina procedens a Domino, est perptuus conatus salvandi omnes; なぜなら、主から発出する神的なスフィアは、すべての者を救おうとする永続する☆コナトュスであるから。
☆ また見つけました! 原文perptuusはperpetuusのミスプリです(初版は正しいです)。
et quia non salvari possunt qui in infernis, quoniam omnes, qui ibi, sunt in malo et contra Divinum Domini, ideo quantum possibile est, in infernis domantur insultus, et arcentur saevitiae ne erumpant contra se invicem ibi ultra modum; そして、地獄の中にいる者は救われることができないので、そこにいるすべての者は、悪の中、また主の神性に対立するので、それゆえ、可能であるかぎり、地獄の中で☆攻撃が支配され、そして残酷さが抑制される、相互に自分自身に対して激しく出てこないように、そこに過度に(無制限に)。
☆ 柳瀬訳は「地獄の狂憤」としていますが、決定的な誤訳です。「地獄の中で」としないと文意がまるで違ってきます。
quod etiam fit per innumera potentiae Divinae media. そのこともまた神的な力の無数の手段(方法)によって生ずること。

(3) 訳文
 地獄は絶えず天界を襲い、それを破壊しようと努力していること、そして主は、天界にる者たちを、彼らのプロプリウムからのものである悪から妨げ、ご自分からのものである善の中に保って、絶えず天界を守られていることを知らなくてはならない。しばしば、地獄から流れ出ているスフェアを知覚することが与えられた。それは、主の神性を、こうして天界を破壊しようとするコナトュスのスフェアそのものだった。さらにまた数回、地獄からの何か泡立つものが知覚された。それらは浮かび上がり、破壊しようとするコナトュスだった。しかし、一方で、天界は決して地獄を襲わない。なぜなら、主から発出する神的なスフィアは、すべての者を救おうとする永続するコナトュスであるから。そして、地獄の中にいるすべての者は、悪の中いて、主の神性に対立していて、救われることができないので、それゆえ、可能であるかぎり、地獄の中で、相互に激しくぶつかり合い過ぎないよう、攻撃が支配され、残酷さが抑制されている。そのこともまた、神的な力の無数の手段によって生じている。

(1) 原文
596. Sunt duo regna, in quae caeli distincti sunt, nempe regnum caeleste et regnum spirituale (de quibus videatur supra, n. 20-28). Similiter sunt duo regna in quae inferna distincta sunt; unum horum regnorum est oppositum regno caelesti, et alterum est oppositum regno spirituali. Illud quod oppositum est regno caelesti est in plaga occidentali, et illi, qui ibi sunt, vocantur genii; id autem quod oppositum est regno spirituali est in plaga septentrionali et meridionali, et illi, qui ibi sunt, vocantur spiritus. Omnes qui in regno caelesti sunt, in amore in Dominum sunt; et omnes qui in infernis illi regno oppositis sunt, in amore sui sunt: at omnes qui in regno spirituali sunt, in amore erga proximum sunt; at omnes qui in infernis illi regno oppositis sunt, in amore mundi sunt. Inde patuit, quod amor in Dominum et amor sui sint oppositi; similiter amor erga proximum et amor mundi. Providetur jugiter a Domino, ut non aliquid effluat ex infernis oppositis regno caelesti Domini versus illos qui in regno spirituali sunt; nam si hoc fieret, periret regnum spirituale; causa videatur supra (n. 578, 579). Haec duo communia aequilibria sunt, quae a Domino jugiter sarta conservantur.

(2) 直訳
Sunt duo regna, in quae caeli distincti sunt, nempe regnum caeleste et regnum spirituale (de quibus videatur supra, n. 20-28). 二つの王国がある、それらに天界は分かれている、すなわち、天的な王国と霊的な王国(それらについて上の20-28番に見られる)。
Similiter sunt duo regna in quae inferna distincta sunt; 同様に、二つの王国がある、それらに地獄は分かれている。
unum horum regnorum est oppositum regno caelesti, et alterum est oppositum regno spirituali. これらの一つの王国は天的な王国の反対の位置にある、そしてもう一つのものは霊的な王国の反対の位置にある。
Illud quod oppositum est regno caelesti est in plaga occidentali, et illi, qui ibi sunt, vocantur genii; それ(前者)は、天的な王国の反対の位置にあるもの、西の方位(地方)にある、そして彼らは、そこにいる者ら、悪鬼と呼ばれる。
id autem quod oppositum est regno spirituali est in plaga septentrionali et meridionali, et illi, qui ibi sunt, vocantur spiritus. しかしながら、それ〔後者hocのつもり〕は、霊的な王国の反対の位置にあるもの、北と南の方位(地方)にある、そして彼らは、そこにいる者ら、霊と呼ばれる。
Omnes qui in regno caelesti sunt, in amore in Dominum sunt; 天的な王国の中にいるすべての者は、主への愛の中にいる。
et omnes qui in infernis illi regno oppositis sunt, in amore sui sunt: そしてその王国と反対側の地獄にいるすべての者は、自己愛の中にいる。
at omnes qui in regno spirituali sunt, in amore erga proximum sunt; しかし、霊的な王国の中にいるすべての者は、隣人に対する愛の中にいる。
at omnes qui in infernis illi regno oppositis sunt, in amore mundi sunt. しかし、その王国と反対側の地獄にいるすべての者は、世俗愛の中にいる。
Inde patuit, quod amor in Dominum et amor sui sint oppositi; ここから明らかである、主への愛は自己愛と対立していること。
similiter amor erga proximum et amor mundi. 同様に、隣人に対する愛は世俗愛と。
Providetur jugiter a Domino, ut non aliquid effluat ex infernis oppositis regno caelesti Domini versus illos qui in regno spirituali sunt; 主により常に備えられている、主の天的な王国と反対側の地獄から何かが流れ出ないように、霊的な王国の中にいる者たちに向かって。
nam si hoc fieret, periret regnum spirituale; なぜなら、もしこのことが起こった☆なら、霊的な王国は滅んだ☆から。
☆ 前にも指摘したように、条件文なので「未完了形」です。
causa videatur supra (n. 578, 579). 理由は上に(578, 579番)見られる。
Haec duo communia aequilibria sunt, quae a Domino jugiter sarta conservantur. これらは二つの全般的な均衡である、それらは主により常に固く☆守られる。
☆ sartusは「分解できない」という意味の形容詞ですが、うまく形容詞のように訳せません。

(3) 訳文
 二つの王国があり、すなわち、天的な王国と霊的な王国があり、天界はそれらに分かれている(それらについて前の20-28番に見られる)。同様に、地獄に二つの王国があり、それらに分かれている。その一つの王国は天的な王国の反対の位置に、もう一つは霊的な王国の反対の位置にある。天的な王国の反対の位置にあるものは、西方にあり、そこにいる者らは悪鬼と呼ばれる。しかし、霊的な王国の反対の位置にあるものは、北方と南方にあり、そこにいる者らは〔悪〕霊と呼ばれる。天的な王国の中にいる者はすべて、主への愛の中にいる。そしてその王国と反対側の地獄にいる者はすべて、自己愛の中にいる。しかし、霊的な王国の中にいる者はすべて、隣人に対する愛の中にいる。そしてその王国と反対側の地獄にいる者はすべて、世俗愛の中にいる。ここから、主への愛は自己愛と、同じく隣人に対する愛は世俗愛と対立していることが明らかである。主の天的な王国と反対側の地獄から、霊的な王国の中にいる者たちに向かって何かが流れ出ないよう、主により常に備えられている。なぜなら、もしこのことが起こるなら、霊的な王国は滅びるから。理由は前に見られる(578, 579番)。これらは二つの全般的な均衡であり、それらは主により常に固く守られている。
author:yasubee, category:原典講読『天界と地獄』, 23:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark