RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『生活』 112, 113, 114(最終回)
(1) 原文
112. Simile est cum omnis generis furtis et defraudationibus; cum omnis generis homicidiis et vindictis; et cum omnis generis falsis testimoniis et mendaciis: nemo ab illis mundari et purificari potest a se; unicuique enim concupiscentiae insunt infinita, quae homo non videt nisi sicut unum simplex, Dominus autem videt singularissima in omni serie. Verbo, homo non potest semet regenerare, hoc est, novum cor et novum spiritum in se formare, sed solus Dominus, qui est Ipse Reformator et Regenerator: quare si homo ex sua prudentia ac intelligentia vult se novum facere, est modo sicut faciei deformi inducere fucum, ac parti interiori tabe infectae illinere smegma.

(2) 直訳
Simile est cum omnis generis furtis et defraudationibus; 〔前項で姦淫や淫行を例としたが〕すべての種類の盗みや欺瞞(詐欺)も同様である。
cum omnis generis homicidiis et vindictis; すべての種類の殺人(殺害)と復讐も。
et cum omnis generis falsis testimoniis et mendaciis: またすべての種類の偽証と偽りも。
nemo ab illis mundari et purificari potest a se; だれもこれらからきれいにされ、清められることはできない、自分自身から。
unicuique enim concupiscentiae insunt infinita, quae homo non videt nisi sicut unum simplex, Dominus autem videt singularissima in omni serie. なぜなら、強い欲望のそれぞれに無限のものが内在するから、それらを人間は単純な一つのもののようにしか見ない、しかしながら、主は最も個別のもの〔ですら〕すべての系列(連続)〔するもの〕の中で見られる。
Verbo, homo non potest semet regenerare, hoc est, novum cor et novum spiritum in se formare, sed solus Dominus, qui est Ipse Reformator et Regenerator: 一言でいえば(要するに)、人間は自分自身を再生させることはできない、すなわち、新しい心と新しい霊を自分自身の中に形作ること〔はできない〕、しかし、主おひとりが〔できる〕、「改革者」と「再生者」ご自身であられる者。
quare si homo ex sua prudentia ac intelligentia vult se novum facere, est modo sicut faciei deformi inducere fucum, ac parti interiori tabe infectae illinere smegma. それゆえ、もし人間が自分自身の思慮分別と知性から自分自身を新しいものにすることを欲するなら、単に醜い顔に紅(見せかけの外観)を着せること、そして内側が腐敗に感染した部分に洗剤を塗りつけることである。

(3) 訳文
 〔前項で姦淫や淫行を例としたが〕すべての種類の盗みや欺瞞も、すべての種類の殺人と復讐も、またすべての種類の偽証と偽りも同様である。これらから、だれも自分自身により、きれいにされ、清められることはできない。なぜなら、欲望のそれぞれに無限のものが内在すし、それらを人間は単純な一つのもののようにしか見ないるから。しかし、主は最も個々のものですら、連続するすべてのものの中で見られている。一言でいえば、人間は自分自身を再生させることは、すなわち、自分自身の中に新しい心と新しい霊を形作ることはできないが、しかし、「改革者」と「再生者」ご自身であられる主おひとりがおできになる。それゆえ、もし人間が自分自身の思慮と知性から自分自身を新しいものにすることを欲するなら、それはただ醜い顔に紅(べに)を着せ、内部が腐敗した部分に洗剤を塗りつけるだけことである。


(1) 原文
113. Idcirco dicit Dominus apud Matthaeum,

"Pharisaee caece, purga prius interius poculi et patinae, ut fiat etiam exterius mundum" (xxiii. 26):

et apud Esaiam,

"Lavate vos, purificate vos, et removete malitiam operum vestrorum a coram oculis meis, cessate malum facere:....et tunc si fuerint peccata vestra sicut coccinea, sicut nix albescent, si rubra fuerint sicut purpura, sicut lana erunt" (i. 16, 18).

(2) 直訳
Idcirco dicit Dominus apud Matthaeum, それゆえ、主は「マタイ福音書」に言われる、
"Pharisaee caece, purga prius interius poculi et patinae, ut fiat etiam exterius mundum" (xxiii. 26): 「盲目のパリサイ人よ、最初に杯と皿の内側を清めよ、外側もまたきれいになるように」(23:26)。
et apud Esaiam, また「イザヤ書」に、
"Lavate vos, purificate vos, et removete malitiam operum vestrorum a coram oculis meis, cessate malum facere: 「あなたがたを洗え、あたながたを清めよ、わたしの目の前からあなたがたの悪意の働きを取り除け、悪を行なうことを粉砕せよ。
....et tunc si fuerint peccata vestra sicut coccinea, sicut nix albescent, si rubra fuerint sicut purpura, sicut lana erunt" (i. 16, 18). ・・・その時、たとい、あなたがたの罪が緋のようであったにしても、雪のように白くなる、たとい、紫のように赤くあったにしても、羊毛のようになる」(1:16, 18)。

(3) 訳文
 それゆえ、主は「マタイ福音書」で言われている、

 「盲目のパリサイ人よ。まず、杯と皿の内側を清めよ、外側もまたきれいになるように」(23:26)。

 また「イザヤ書」に、

 「あなたがたを洗え、あたながたを清めよ、わたしの目の前からあなたがたの悪意の働きを取り除け、悪を行なうことをやめよ。・・・その時、たとい、あなたがたの罪が緋のようであったにしても、雪のように白くなる。たとい、紫のように赤くあったにしても、羊毛のようになる」(1:16, 18)。


(1) 原文
114. Supradictis adjicientur haec:−

(i.) Quod charitas Christiana sit cuique, ut suam functionem fideliter agat; sic enim, si fugit mala ut peccata, cottidie facit bona, et ipse est suus usus in communi corpore; sic etiam consulitur communi, et unicuique in particulari.
(ii.) Quod reliqua non sint propria charitatis opera; sed vel ejus signa, vel beneficia, vel debita.

(2) 直訳
Supradictis adjicientur haec:− 前述のことにこれらが結びつけられる―
(i.) Quod charitas Christiana sit cuique, ut suam functionem fideliter agat; (1) それぞれの者にキリスト教の仁愛があること、自分の職務を誠実に行なう(果たす)こと。
sic enim, si fugit mala ut peccata, cottidie facit bona, et ipse est suus usus in communi corpore; なぜなら、このように〔して〕、悪を罪として避けるなら、毎日、善を行なう、またその者自身が全体(共通の身体、共同体)の中で自分自身の役立ちである。
sic etiam consulitur communi, et unicuique in particulari. さらにまた、このように〔して〕共通のもの〔善〕が思いやられる(利益が図られる)、またそれぞれのものが特定的に(個別的に)。
(ii.) Quod reliqua non sint propria charitatis opera; (2) 残りのもの(その他のもの)は仁愛の固有の(ほんとうの、本来の)働きではないこと。
sed vel ejus signa, vel beneficia, vel debita. しかし、あるいはそのしるし、あるいは善行(親切)、あるいは義務〔である〕。

(3) 訳文
 前述のことに次のことをつけ加えよう―

 (1) 自分の職務を誠実に果たすそれぞれの者にキリスト教の仁愛があること。なぜなら、このようにして、悪を罪として避けるなら、日々、善を行ない、その者自身が全体の中で自分自身の役立ちとなっており、さらにまた、このようにして共通の善が、また個別的にそれぞれの善がはかられるからである。
 (2) その他のものは仁愛の本来の働きではなく、そのしるしであるか、あるいは親切、あるいは義務である。

     * * * * *

(4) 原典講読『生活について』を終えて
 本書はスヴェーデンボリ神学の特徴を最もよく示している著作の一つではないでしょうか。冒頭の「すべての宗教は生活のものであり、その生活は善を行なうことである」は標語ともいえるものです。
 私にとって、実践的な宗教を意図するこの著作を読むのは、これが三度目です。
 最初は、スヴェーデンボリを知った年の暮れ柳瀬訳を1983年の12月 に(37歳)。
 二回目は、1991年の8月で、これは英訳書とともに読みました(44歳)。
 ここで三度目となった2009年6〜8月は、ご覧のとおり、原典からです(62歳)。
 「三」の内意は「はじめから終わりまでの完全」(秘義5708)なので、これで完了でしょう。

 明日からは、これまたスヴェーデンボリ神学の特徴を最もよく示している著作の一つといえる『神の愛と知恵』を始めます。「この世とは何か、この世の根本原理は何か」についての(哲学的)論考です。私自身、この著作をじっくり読んでみたかったので、取り上げます。
author:yasubee, category:原典購読『生活』, 23:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『生活』 110, 111
(1) 原文
110. Concupiscentiae mali, quae faciunt interiora hominis a nativitate, non removentur nisi a solo Domino; nam Dominus influit a spirituali in naturale, homo autem ex se a naturali in spirituale; et hic influxus est contra ordinem, et non operatur in concupiscentias et removet illas, sed includit illas, arctius et arctius sicut se confirmat: et quia hereditarium malum sic latet inclusum, illud post mortem, dum homo fit spiritus, rumpit tegmen quo in mundo obvelatum fuit, ac erumpit sicut sanies per ulcus modo exterius sanatum.

(2) 直訳
Concupiscentiae mali, quae faciunt interiora hominis a nativitate, non removentur nisi a solo Domino; 悪の強い欲望は、それは出生から人間の内的なものをつくる、主だけによるでないなら取り除かれない。
nam Dominus influit a spirituali in naturale, homo autem ex se a naturali in spirituale; なぜなら、霊的なものから自然的なものの中に流入するから、しかしながら、人間は自分自身から自然的なものから霊的なものに〔流入する☆〕。
☆ ここに省略れている動詞は前後関係から「流入する」です。しかし、自然的なものから霊的なものへの流入は水が上流へ逆流する以上に不可能です。それで「流入しようとする」と意訳すべきでしょう。
et hic influxus est contra ordinem, et non operatur in concupiscentias et removet illas, sed includit illas, arctius et arctius sicut se confirmat: そしてこの流入は秩序に反する、そして強い欲望に働きかけ、それを遠ざけない、しかし、それを閉じ込める、さらに固くまたさらに固く、あたかも自分自身に確信するかのように。
et quia hereditarium malum sic latet inclusum, illud post mortem, dum homo fit spiritus, rumpit tegmen quo in mundo obvelatum fuit, ac erumpit sicut sanies per ulcus modo exterius sanatum. そして、遺伝悪はこのように閉じ込められて隠れている、それは死後、人間が霊となる時、覆いを破る、世の中で隠していたそれを、そして外側だけが癒されている潰瘍を通して膿(うみ)〔がでくる〕ように激しく出てくる。

(3) 訳文
 出生のときから人間の内的なものをつくっている悪の欲望は、主おひとりによらなければ取り除かれない。なぜなら、霊的なものから自然的なものの中に流入するのであって、しかし人間は、自分自身から自然的なものから霊的なものに流入しようとするからである。この流入は秩序に反していて、欲望に働きかけ、それを遠ざけることはなく、かえって、あたかも自分自身に確信するかのように、それをさらに固くまたさらに固く閉じ込める。この遺伝悪はこのように閉じ込められて隠れていて、それは死後、人間が霊となる時、世の中でそれを隠していた覆いを破り、外側だけが癒されていた潰瘍から膿(うみ)がでくるように突発する。

(1) 原文
111. Sunt variae et multiplices causae, quae faciunt, ut homo sit moralis in externa forma; sed si non moralis sit etiam in interna, usque tamen moralis non est. Ut pro exemplo; si quis abstinet ab adulteriis et scortationibus, ex timore legis civilis e ejus poenarum: ex timore jacturae famae et inde honoris; ex timore morborum ex illis; ex timore jurgiorum domi ab uxore, et inde intranquillitatis vitae; ex timore vindictae a marito, aut ab affini; ex egestate, aut ex avaritia; ex imbecillitate oriunda vel ex morbo, vel ex abusu, vel ex aetate, vel ex impotentia: immo si abstineat ab illis ex lege aliqua naturali aut morali, et non simul ex lege spirituali, is usque tamen interius adulter et scortator est; nihilominus enim credit quod non peccata sint, et inde illa coram Deo non illicita facit in suo spiritu, et sic in spiritu committit illa, tametsi non coram mundo in corpore: quare post mortem, cum fit spiritus, aperte loquitur pro illis. Ex his patet quod fugere mala ut damna possit impius; at quod fugere mala ut peccata non possit nisi Christianus.

(2) 直訳
Sunt variae et multiplices causae, quae faciunt, ut homo sit moralis in externa forma; いろいろなまた種々の理由がある、それらはする、人間が外なる(外部の)形で道徳的であるように。
sed si non moralis sit etiam in interna, usque tamen moralis non est. しかし、内なる(内部の)中でもまた道徳的でないなら、やはりそれでも道徳的ではない。
Ut pro exemplo; 例えば、例として。
si quis abstinet ab adulteriis et scortationibus, ex timore legis civilis e ejus poenarum: もし、だれかが姦淫や淫行☆を慎むなら、市民の法とその罰への恐れから。
☆ 長島さんはこのscortatioを「不倫」と訳しています。「長島さんの日本語は腐っている」と前日に述べました。これもその一例でしょう。
 大辞林によれば「不倫:道徳に反すること。特に、男女の関係が人の道にはずれること。また、そのさま」、「姦淫:男女が不倫な肉体関係を結ぶこと」とあります。
 ここからは不倫と姦淫は(ほぼ)同義語です。著作『結婚愛』では、姦淫と淫行は歴然と区別されています。「姦淫」は結婚した男女について用いられます。淫行」は文字通り「みだらな行ない」であり、例えば(男が)結婚前の女性を性的に誘惑したり、売春婦を買ったりする場合など考えられます。
 すなわち「姦淫や姦淫(不倫)」を慎む、のではなく「姦淫や淫行」を慎む、とすべきです。
ex timore jacturae famae et inde honoris; 名声とそこから名誉(敬意)の失うことの恐れから。
ex timore morborum ex illis; それらからの病気の恐れから。
ex timore jurgiorum domi ab uxore, et inde intranquillitatis vitae; 妻による家での口論(ガミガミ言うこと)、またそこから生活の不和(安らぎの欠如)の恐れから。
ex timore vindictae a marito, aut ab affini; 夫から、または親族からの復讐の恐れから。
ex egestate, aut ex avaritia; 貧困から、または貪欲(けち)から。
ex imbecillitate oriunda vel ex morbo, vel ex abusu, vel ex aetate, vel ex impotentia: 起こった虚弱から、あるいは病気から、あるいは濫用から、あるいは年齢から、あるいは(性的)不能から。
immo si abstineat ab illis ex lege aliqua naturali aut morali, et non simul ex lege spirituali, is usque tamen interius adulter et scortator est; 実に、もしそれらを慎むなら、何らかの自然的なまたは道徳的な法から、そして同時に霊的な法から〔慎ま〕ない、彼はやはりそれでも内的に姦淫者や淫行者である。
nihilominus enim credit quod non peccata sint, et inde illa coram Deo non illicita facit in suo spiritu, et sic in spiritu committit illa, tametsi non coram mundo in corpore: なぜなら、それでもなお〔彼は〕罪でないこと信じるから、そしてここからそれらは神の前に許されないではないとする、自分の霊の中で、そしてこうして霊の中でそれらを犯す、それでも世の前で、身体の中で〔犯さ〕ない。
quare post mortem, cum fit spiritus, aperte loquitur pro illis. それゆえ、死後、霊となるとき、公然とそれらのために語る☆。
☆ 「それらのために語る」は「弁護する」と意訳すべきでしょうね。
Ex his patet quod fugere mala ut damna possit impius; これらから明らかである、不信心な(神を敬わない)者は悪を害として避けることができること。
at quod fugere mala ut peccata non possit nisi Christianus. しかし、キリスト教徒でないなら悪を罪として避けることはできないこと。

(3) 訳文
 人間を外なる形で道徳的であるようにするさまざまな理由がある。しかし、内部でもまた道徳的でないなら、やはり道徳的ではない。その例として、だれかが姦淫や淫行を、民法とその罰への恐れから、名声とそこから名誉を失うことの恐れから、それらからの病気の恐れから。妻から家でガミガミ言われ、またそこから生活の安らぎをなくすなう恐れから、夫または親族から復讐される恐れから、貧困または貪欲(けち)から、病気あるいは濫用あるいは年齢あるいは(性的)不能から起こる虚弱から慎み、実に、何らかの自然的または道徳的な法からそれらを慎むにしても、同時に霊的な法から慎まないなら、その者はやはり内的に姦淫者であり、淫行者である。なぜなら、それにもかかわらず、彼は罪でないこと信じ、ここから自分の霊の中でそれらは神の前に許されるとして、こうして霊の中でそれらを犯すからである。それでも世の前で、身体の中では犯さない。それゆえ、死後、霊となるとき、公然とそれらを弁護する。これらから、不信心な者が悪を害として避けることができること、しかし、キリスト教徒でないなら悪を罪として避けることはできないことが明らかである。
author:yasubee, category:原典購読『生活』, 00:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『生活』 108, 109.
       (XIV.)
     QUOD SI QUIS FUGIT MALA EX QUACUNQUE ALIA CAUSA, QUAM QUIA PECCATA SUNT,
     NON FUGIAT ILLA, SED MODO FACIAT UT NON APPAREANT CORAM MUNDO.
     もしだれかがどんな他の理由から悪を避けるなら、罪であるので以外の、
     それを避けない、しかし、ただ世の前に現われないようにだけ避ける。
(1) 原文
108. Dantur morales homines, qui Praecepta secundae tabulae Decalogi servant, non defraudant, non blasphemant, non vindicant, non adulterantur; et qui eorum apud se confirmant, quod talia sint mala, quia damna reipublicae, et sic contra humanitatis leges, illi etiam charitatem, sinceritatem, justitiam, castitatem exercent. Sed si bona haec faciunt, et mala illa fugiunt, solum quia mala sunt, et non simul quia peccata, illi usque mere naturales sunt; et apud mere naturales radix mali manet insita, et non est emota; quare bona quae faciunt, non sunt bona, quia ab ipsis.

(2) 直訳
Dantur morales homines, qui Praecepta secundae tabulae Decalogi servant, non defraudant, non blasphemant, non vindicant, non adulterantur; 道徳的な人間が存在する、その者は十戒の第二の板を守る、だまさない、冒涜しない、復讐しない、姦淫しない。
et qui eorum apud se confirmant, quod talia sint mala, quia damna reipublicae, et sic contra humanitatis leges, illi etiam charitatem, sinceritatem, justitiam, castitatem exercent. 彼らの自分自身のもとで確信している者は、このようなものが悪であること、国家の☆害なので、またこうして(したがって)人道にかなった(人間性の)法に反して、彼らはまた仁愛、誠実、公正、貞潔を行なう(実践する)。
☆ respublica「国家、共和国」は二つの部分で格変化します。
Sed si bona haec faciunt, et mala illa fugiunt, solum quia mala sunt, et non simul quia peccata, illi usque mere naturales sunt; しかし、もしこれらの善を行ない、またそれらの悪を避けるなら、単に悪であるから、そして同時に罪〔である〕からでなく、彼らはやはり単に自然的である。
et apud mere naturales radix mali manet insita, et non est emota; そして単に自然的な者のもとに悪の根が植え付けられて残る、そして取り除かれない。
quare bona quae faciunt, non sunt bona, quia ab ipsis. それゆえ、〔彼らの〕行なう善は、善ではない、自分自身からなので。

(3) 訳文
 十戒の第二の板〔に書かれたこと〕を守り、だまさず、冒涜せず、復讐せず、姦淫せず、このようなものは、国家の害であり、したがって人道にかなった法に反している悪であると自分自身に確信し、そしてまた仁愛、誠実、公正、貞潔を実践する道徳的な人間がいる。しかし、もしこれらの善を行ない、それらの悪を避けても、単に悪であるから避けて、同時に罪であるとしないなら、やはり彼らは単に自然的な者である。そして単に自然的な者のもとには悪の根が植え付けられて残り、取り除かれない。それゆえ、彼らの行なう善は、自分自身から行なうものなので、〔霊的な〕善ではない、。

(1) 原文
109. Moralis naturalis homo potest apparere coram hominibus in mundo prorsus sicut moralis spiritualis homo, sed non coram angelis in caelo. Coram angelis in caelo apparet ille, si in bonis est, sicut simulacrum ex ligno, et si in veris est, sicut simulacrum ex marmore, in quibus non est vita; aliter moralis spiritualis homo: nam moralis naturalis homo est moralis externus, et moralis spiritualis homo est moralis internus; et externum absque interno non vivit; vivit quidem, sed non vitam quae vocatur vita.

(2) 直訳
Moralis naturalis homo potest apparere coram hominibus in mundo prorsus sicut moralis spiritualis homo, sed non coram angelis in caelo. 自然的な道徳的な人間は世の人間の前で完全に霊的な道徳的な人間に見えることができる、しかし、天界の天使たちの前で〔見え〕ない。
Coram angelis in caelo apparet ille, si in bonis est, sicut simulacrum ex ligno, et si in veris est, sicut simulacrum ex marmore, in quibus non est vita; 天界の天使たちの前で彼らは見える、もし善の中にいるなら、木からの彫像のように、またもし真理の中にいるなら、大理石からの彫像のように、その中にいのちのない。
aliter moralis spiritualis homo: 霊的な道徳的な人間は異なる。
nam moralis naturalis homo est moralis externus, et moralis spiritualis homo est moralis internus; なぜなら、自然的な道徳的な人間は外なる道徳的な人間である、そして霊的な道徳的な人間は内なる道徳的な人間であるから。
et externum absque interno non vivit; そして内なるものなしの外なるものは生きていない。
vivit quidem, sed non vitam quae vocatur vita. 確かに生きているが、しかし、いのち(生活)がない、〔これぞ☆〕いのち(生活)と呼ばれる〔ような☆〕。
☆ このまま訳文にすると少し物足りないので私としては〔〕のように付け足したいのですが、やりすぎかもしれません。

(3) 訳文
 自然的な道徳的人間は世の人々の前ではまったく霊的な道徳的人間に見られることができる、しかし、天界の天使たちの前では見られない。天界の天使たちの前で彼らは、もし善の中にいるなら、木からできた彫像のように、またもし真理の中にいるなら、そこにいのちのない大理石からできた彫像のように見える。霊的な道徳的人間は異なる。なぜなら、自然的な道徳的人間は外なる道徳的な人間であり、霊的な道徳的人間は内なる道徳的人間であり、内なるものがなくては外なるものは生きことはないから。確かに生きてはいるが、しかし、いのち(生活)と呼ばれるいのち(生活)はない。
author:yasubee, category:原典購読『生活』, 23:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『生活』 105, 106, 107
(1) 原文
105. Quoniam illud reciprocum et vicissim, et inde mutuum, est apud hominem a Domino, ideo homo reddet rationem operum suorum, et illi retribuetur secundum illa; nam dicit Dominus,

"Venturus... est Filius hominis,... et reddet unicuique secundum facta ejus" (Matth. xvi. 27).
"Exibunt qui bona fecerunt in resurrectionem vitae, et qui mala fecerunt in resurrectionem judicii" (Joh. v. 29).
"Opera illorum sequuntur cum illis" (Apoc. xiv. 13).
"Judicati sunt omnes secundum opera illorum" (Apoc. xx. 13).
"Ecce venio..., et merces mea Mecum, ut dem unicuique secundum ejus opus" (Apoc. xxii. 12).

Si reciprocum non foret apud hominem, nulla imputatio esset.

(2) 直訳
Quoniam illud reciprocum et vicissim, et inde mutuum, est apud hominem a Domino, ideo homo reddet rationem operum suorum, et illi retribuetur secundum illa; 往復するもの(相互関係)とお互いのもの(交互)、そしてここから相互のものが、人間のもとに主からあるので、それゆえ、人間は自分の働きの勘定書きを支払わなければならない☆、そして彼はそれ〔働き〕にしたがって報いられる。
☆ reddeoは「戻す、報いる」という意味です。「勘定書きを戻す(に報いる)」とはどういうことでしょうか? reddeoには「(約束など)果たす」という意味もあるので、ここからより積極的に「勘定書きを支払う」としました。これには異論があるかもしれませんが、原意を踏み外しているとは思いません。
nam dicit Dominus, なぜなら、主は言われているから、
"Venturus... est Filius hominis,... et reddet unicuique secundum facta ejus" (Matth. xvi. 27). 「人の子は・・・来ようとしている。それぞれの者にその行ないにしたがって報いる」(マタイ16:27)。
"Exibunt qui bona fecerunt in resurrectionem vitae, et qui mala fecerunt in resurrectionem judicii" (Joh. v. 29). 「善を行なった者はいのち(生活)の復活の中へ、悪を行なった者は裁きの復活の中へ出て行く☆」(ヨハネ5:29)。
☆ 異様な表現ですがギリシア原典も同じです。「出て行く」のは28節の「墓の中」からです。このような箇所は意訳しないほうがよいと思います。
"Opera illorum sequuntur cum illis" (Apoc. xiv. 13). 「彼らの行ないは彼らに従う」(黙示録14:13)。
"Judicati sunt omnes secundum opera illorum" (Apoc. xx. 13). 「すべての者は彼らの働きにしたがって裁かれた」(黙示録20:13)。
"Ecce venio..., et merces mea Mecum, ut dem unicuique secundum ejus opus" (Apoc. xxii. 12). 「見よ、わたしは・・・来る、わたしの報いはわたしとともに〔ある〕、それぞれの者にその働きにしたがって与える☆ために」(黙示録22:12)。
☆ 「与える」はギリシア原典では「報いる」です。
Si reciprocum non foret apud hominem, nulla imputatio esset. もし往復するもの(相互関係)が人間のもとにないなら、転嫁は何も存在しない。

(3) 訳文
 往復するものとお互いのもの、そしてここから相互のものが人間のもとに主からあるので、それゆえ、人間は自分の働きの勘定書きを支払わなければならず、その働きにしたがって報いられる。なぜなら、主は言われているから、

 「人の子は・・・来ようとしている。それぞれの者にその行ないにしたがって報いる」(マタイ16:27)。
 「善を行なった者は生活の復活の中へ、悪を行なった者は裁きの復活の中へ出て行く」(ヨハネ5:29)。
 「彼らの行ないは彼らに従う」(黙示録14:13)。
 「すべての者はその働きにしたがって裁かれた」(黙示録20:13)。
 「見よ、わたしは・・・来る。わたしの報いはわたしとともにあり、それぞれの者にその働きにしたがって報いる」(黙示録22:12)。

 相互関係が人間のもとにないなら、転嫁は決して存在しない。

(1) 原文
106. Quoniam receptio et reciprocum sunt apud hominem, ideo ecclesia docet quod homo explorabit se, confitebitur sua peccata coram Deo, desistet ab illis, et novam vitam aget: quod omnis ecclesia in Christiano orbe id doceat, videatur supra (n. 3-8).

(2) 直訳
Quoniam receptio et reciprocum sunt apud hominem, ideo ecclesia docet quod homo explorabit se, confitebitur sua peccata coram Deo, desistet ab illis, et novam vitam aget: 受け入れ(ること)と往復するもの(相互関係)が人間のもとにあるので、それゆえ、教会は教える、人間は自分自身を調べなければならないこと、神の前に自分の罪を告白しなければならない、それらから離れ、新しい生活を送らなければならない。
quod omnis ecclesia in Christiano orbe id doceat, videatur supra (n. 3-8). キリスト教世界のすべての教会はそのことを教えていることは、上(3-8番)に見られる。

(3) 訳文
 人間のもとに受け入れることと相互関係があるので、それゆえ、教会では、人間は自分自身を調べ、神の前に自分の罪を告白し、それらの罪から離れ、新しい生活を送らなければならないことが教えれらている。キリスト教世界のすべての教会がそのことを教えていることは前に見られる(3-8番)。

(1) 原文
107. Si non receptio ab homine foret, et tunc cogitatio sicut ab illo, nec aliquid dici potuisset de fide; nam fides nec est ab homine: alioquin foret homo sicut palea in vento, et staret sicut inanimatus, ore aperto et manibus remissis exspectans influxum, nihil cogitans et nihil agens in illis quae salutis ejus sunt: est quidem nihil agens in illis, sed usque est reagens sicut a se.
Sed haec in adhuc clariorem lucem mittentur in transactionibus de Sapientia Angelica.

(2) 直訳
Si non receptio ab homine foret, et tunc cogitatio sicut ab illo, nec aliquid dici potuisset de fide; もし、受け入れ(ること)が人間になかったなら、そしてその時、彼からのように思考が〔なかったなら〕、信仰について何らかのものが教えられることもなかった。
nam fides nec est ab homine: なぜなら、信仰も人間からではないから。
alioquin foret homo sicut palea in vento, et staret sicut inanimatus, ore aperto et manibus remissis exspectans influxum, nihil cogitans et nihil agens in illis quae salutis ejus sunt: そうでなれば、人間は風の中の籾殻のようになったであろう、そして生命のない☆かのように立っている、口を開けて、手をゆるめて、流入を待って、それらを何も考えず、何も働きかけないで、それらは彼の救いのものである。
☆ inanimatus(形から否定を表わすinがanima(魂)についた形容詞とわかります)は「生命のない、死んだ、活気のない」という意味です。これを「植物人間のような」とする長島訳について(4)を参照。
est quidem nihil agens in illis, sed usque est reagens sicut a se. 確かに何もそれらに働きかけないが、しかしそれでも、自分自身からかのように反応するのである。
Sed haec in adhuc clariorem lucem mittentur in transactionibus de Sapientia Angelica. しかし、これらはさらに明るい光の中に送られる、『天使的な知恵』についての論文の中で。

(3) 訳文
 もし、人間に受け入れることがなかったなら、またその時、自分からのような思考がなかったなら、信仰についても何らかのものが教えられることはなかった。なぜなら、信仰も人間からのものではないから。そうでなれば、人間は風の中の籾殻のようになり、自分の救いについて何も考えず、何も働きかけもせず、口を開け、手をだらちとさせ、流入を待って、生命がないかのように立っているであろう。確かに、自分の救いについて何も働きかけないのであるが、しかしそれでも、自分自身からかのように反応している。しかし、これらについて、『天使的な知恵』についての論文で、さらに明るい光があてられるであろう。

(4) 長島訳「植物人間」について
 ここの「植物人間のようにして立ち・・・」の訳に違和感をもつ人は私だけではないと思います。素朴に「植物人間」が「立つの?」と思うのではないでしょうか。
 「植物人間」とは脳死でベッドに横になったままの人を指します。自力で動くことはできず、ましてや立つことはできません。長島さんは「植物人間」の言葉の意味を知っているのでしょうか? または別の意味で捕らえているのでしょうか? 翻訳するなら正確な日本語を使ってほしいです。私は「長島さんの日本語は腐っている」と評することがあります。ここもその一例でしょう。
 さて、「植物人間」は現代医療の生み出したものです。スヴェーデンボリの時代に存在しません。それで、この言葉を持ち出すことには大反対です。たとえば、昔話で「計算機」の代わりに「コンピュータ」を持ち出したら、おかしすぎるし、意味も汲めなくなります。意訳したいならanimaを生かして「魂が抜けたかのように」とでもするなら許容範囲です。
 長島さんは翻訳する上で「読者にわかりやすいこと」を心がけた、と聞いています。しかし、ここは「やりすぎ」を通り越して、私にとっては上記の二つの理由で「誤訳」です。
author:yasubee, category:原典購読『生活』, 00:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『生活』 103, 104
(1) 原文
103. Quoniam illud reciprocum et vicissim, et inde mutuum, est apud hominem a Domino, ideo dicit Dominus quod homo paenitentiam aget; et nemo paenitentiam potest agere nisi sicut a se.

Jesus dixit, "Nisi paenitentiam egeritis, omnes peribitis" (Luc. xiii. 3, 5).
Jesus dixit, "Appropinquavit regnum Dei, paenitentiam agite,... credite Evangelio" (Marc. i. 14, 15).
Jesus dixit, "Veni ad vocandum... peccatores ad paenitentiam" (Luc. v. 32).
Jesus dixit ecclesiis "Paenitentiam agite" (Apoc. ii. 5, 16, 21, 22; cap. iii. {1}3):

tum,

"Non paenitentiam egerunt ex operibus suis" (Apoc. xvi. 11).

@1 3 pro "5"

(2) 直訳
Quoniam illud reciprocum et vicissim, et inde mutuum, est apud hominem a Domino, ideo dicit Dominus quod homo paenitentiam aget; その往復するもの(相互関係)とお互いのもの(交互)、そしてここから相互のものが、人間のもとに主からあるので、それゆえ、主は、人間は悔い改めを行なわなければならないことを言われる。
et nemo paenitentiam potest agere nisi sicut a se. そしてだれも悔い改めを行なうことはできないこと、自分自身からかのようにでないなら。
Jesus dixit, "Nisi paenitentiam egeritis, omnes peribitis" (Luc. xiii. 3, 5). イエスは言われた、「もし、あなたがたが悔い改めを行なわないなら、すべての者は(あなたがたは)〔同じように〕滅びる」(ルカ13:3,5)。
Jesus dixit, "Appropinquavit regnum Dei, paenitentiam agite,... credite Evangelio" (Marc. i. 14, 15). イエスは言われた、「神の国は近づいた、(あなたは)悔い改めを行なえ・・・福音を信じよ」(マルコ1:14,15)。
Jesus dixit, "Veni ad vocandum... peccatores ad paenitentiam" (Luc. v. 32). イエスは言われた、「わたしは招くために来た・・・罪人(つみびと)を悔い改めへ」(ルカ5:32)。
Jesus dixit ecclesiis "Paenitentiam agite" (Apoc. ii. 5, 16, 21, 22; cap. iii. {1}3): イエスは諸教会に言われた、「悔い改めを行なえ」(黙示録2:5, 16, 21, 22、第3章3)―

tum, さらに、
"Non paenitentiam egerunt ex operibus suis" (Apoc. xvi. 11). 「自分の行ないから悔い改めを行なわなかった」(黙示録16:11)。
@1 3 pro "5" 注1 「5」の代わりに3

(3) 訳文
 その往復するものとお互いのもの、そしてここから相互のものが人間のもとに主からあるので、それゆえ、主は、人間は悔い改めを行なわなければならないことを言われている。そして自分自身からかのようにでないなら、だれも悔い改めなすことはできない。

 イエスは言われた、「もし、あなたがたが悔い改めないなら、すべての者はあなたがたと同じように滅びる」(ルカ13:3,5)。
 イエスは言われた、「神の国は近づいた、悔い改め・・・福音を信じよ」(マルコ1:14,15)。
 イエスは言われた、「わたしは罪人(つみびと)を悔い改めへ招くために来た」(ルカ5:32)。
 イエスは諸教会に言われた、「悔い改めよ」(黙示録2:5, 16, 21, 22、第3章3)―

 さらに〔言われている〕、
 「自分の行ないから悔い改めなかった」(黙示録16:11)。

(1) 原文
104. Quoniam reciprocum et vicissim, et inde mutuum, est apud hominem a Domino, ideo dicit Dominus quod homo faciet praecepta, et faciet fructus.

"Quid... Me vocatis Domine, Domine, et non facitis quae dico?" (Luc. vi. 46-49.)
"Si haec scitis, beati estis si feceritis illa" (Joh. xiii. {1}17).
"Amici mei estis, si feceritis quae mando vobis" (Joh. xv. 14).
"Qui facit et docet, hic magnus vocabitur in regno caelorum" (Matth. v. 19).
"Omnis... qui audit verba mea et facit illa, comparabo viro prudenti" (Matth. vii. 24).
"Facite fructus dignos paenitentia" (Matth. iii. 8).
"Facite arborem bonam et fructum ejus bonum" (Matth. xii. 33).
"Regnum... dabitur genti facienti fructus ejus" (Matth. xxi. 43).
"Omnis arbor, quae non facit fructus..., exscinditur, et in ignem conjicitur" (Matth. vii. 19).

Et multoties alibi. Ex quibus patet, quod homo faciet a se, sed ex potentia Domini, quam imploret; et hoc est facere sicut ex se.

@1 17 pro "37"

(2) 直訳
Quoniam reciprocum et vicissim, et inde mutuum, est apud hominem a Domino, ideo dicit Dominus quod homo faciet praecepta, et faciet fructus. 往復するもの(相互関係)とお互いのもの(交互)、そしてここから相互のものが、人間のもとに主からあるので、それゆえ、主は、人間は戒め行なわなければならない、そして実を結ばなければならないことを言われる。

"Quid... Me vocatis Domine, Domine, et non facitis quae dico?" (Luc. vi. 46-49.) 「何か☆・・・わたしを『主よ、主よ』と呼ぶ、そしてわたしの言うことをあなたがたは行なわない?」(ルカ6:46-49)。
☆ ギリシア原典も「何か?」という言葉ですが「なぜ?」という派生した意味もあります(ラテン語に「なぜ?」という意味はありません)。
"Si haec scitis, beati estis si feceritis illa" (Joh. xiii. {1}17). 「もし、これらのことをあなたがたが知り、もし、それらをあなたがたが行なうなら、あなたがたは幸福である」(ヨハネ13:17)。
"Amici mei estis, si feceritis quae mando vobis" (Joh. xv. 14). 「あなたがたはわたしの友である、もし、わたしがあなたがたに命令することをあなたがたが行なうなら」(ヨハネ15:14)。
"Qui facit et docet, hic magnus vocabitur in regno caelorum" (Matth. v. 19). 「行ない、教える者は、この者は天の王国で偉大な者と呼ばれる」(マタイ5:19)。
"Omnis... qui audit verba mea et facit illa, comparabo viro prudenti" (Matth. vii. 24). 「すべての者は・・・わたしのことばを聞いて、それを行なう者、わたしは賢い男にたとえる」(マタイ7:24)。
"Facite fructus dignos paenitentia" (Matth. iii. 8). 「悔い改めにふさわしい実を結べ」(マタイ3:8)。
"Facite arborem bonam et fructum ejus bonum" (Matth. xii. 33). 「(あなたは)木を良いものに、その実を良いものにせよ」(マタイ12:33)。
"Regnum... dabitur genti facienti fructus ejus" (Matth. xxi. 43). 「王国は・・・その実を結ぶ国民に与えられる」(マタイ21:43)。
"Omnis arbor, quae non facit fructus..., exscinditur, et in ignem conjicitur" (Matth. vii. 19). 「すべての木は、それは実を結ばない・・・、切り倒される、そして火の中に投げ込まれる」(マタイ7:19)。
Et multoties alibi. そして他のところの多くの場合に。
Ex quibus patet, quod homo faciet a se, sed ex potentia Domini, quam imploret; これらから明らかである、人間は自分自身から行なわなければならないこと、しかし、神の力から〔行なうのであって〕、それ〔神の力〕を請い求めなくてはならない。
et hoc est facere sicut ex se. そしてこのことが自分自身からかのように行なうことである。
@1 17 pro "37" 注1 「37」の代わりに17

(3) 訳文
 往復するものとお互いのもの、そしてここから相互のものが人間のもとに主からあるので、それゆえ、主は、人間は戒め、実を結ばなければならない、と言われている。

 「わたしを『主よ、主よ』と呼び、わたしの言うことを行なわないのは何なのか?」(ルカ6:46-49)。
 「もし、これらのことをあなたがたが知り、それらをあなたがたが行なうなら、あなたがたは幸せである」(ヨハネ13:17)。
 「わたしがあなたがたに命ずることをあなたがたが行なうなら、あなたがたはわたしの友である」(ヨハネ15:14)。
 「行ない、教える者は、天の御国で偉大な者と呼ばれる」(マタイ5:19)。
 「わたしのことばを聞いて、それを行なう者すべてを・・・わたしは賢い男にたとえる」(マタイ7:24)。
 「悔い改めにふさわしい実を結べ」(マタイ3:8)。
 「あなたは木を良いものにし、その実を良いものにせよ」(マタイ12:33)。
 「御国は・・・その実を結ぶ国民に与えられる」(マタイ21:43)。
 「実を結ばないすべての木は・・・切り倒され、火の中に投げ込まれる」(マタイ7:19)。
 その他、多くのところに。

 これらから、人間は自分自身から行なわなければならないが、しかし、神の力から行なうのであって、その神の力を請い求めなくてはならないことが明らかである。そしてこのことが自分自身からかのように行なうことである。
author:yasubee, category:原典購読『生活』, 00:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『生活』 101, 102
       (XIII.)
     QUOD HOMO DEBEAT FUGERE MALA UT PECCATA,
      ET PUGNARE CONTRA ILLA, SICUT A SE.
   人間は悪を罪として避けなくてはならない☆こと
   そしてそれらに対して闘うこと☆、自分自身からのように

☆ debeoは不定法(fugere, pugnare)を伴って「〜しなくてはならない」という意味です。

(1) 原文
101. Ex Divino ordine est, ut homo ex libero secundum rationem agat; quoniam ex libero secundum rationem agere, est ex se agere. Verum binae illae facultates, liberum et ratio, non sunt propriae hominis, sed sunt Domini apud illum; et quatenus est homo, non ei auferentur, quoniam absque illis non potest reformari; non enim potest paenitentiam agere, non potest pugnare contra mala, et dein facere fructus dignos paenitentia. Nunc quia liberum et ratio sunt homini a Domino, et homo ex illis agit, sequitur quod non agat ex se, sed sicut ex se.*
* Quod homini sit Liberum a Domino, videatur supra (n. 19, 20); et in opere De Caelo et Inferno (n. 589-596, et n. 597-603). Quid Liberum, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae, Londini 1758 edita, n. 141-149).

(2) 直訳
Ex Divino ordine est, ut homo ex libero secundum rationem agat; 神的な秩序からである、人間が自由から理性にしたがって行動すること。
quoniam ex libero secundum rationem agere, est ex se agere. 自由から理性にしたがって行動することは、自分自身から行動することであるので。
Verum binae illae facultates, liberum et ratio, non sunt propriae hominis, sed sunt Domini apud illum; しかし、二つのこれらの能力、自由と理性は、人間のプロプリウムではない、しかし、彼のもとの主のものである。
et quatenus est homo, non ei auferentur, quoniam absque illis non potest reformari; そして人間であるかぎり、彼に取り去られない、それらなしで改心されることはできないので。
non enim potest paenitentiam agere, non potest pugnare contra mala, et dein facere fructus dignos paenitentia. なぜなら、悔い改めを行なうことはできないから、悪に対して闘うことはできない、そしてその後、悔い改めにふさわしい実を結ぶことはできない。
Nunc quia liberum et ratio sunt homini a Domino, et homo ex illis agit, sequitur quod non agat ex se, sed sicut ex se.* 今や(そこで、それで)、自由と理性が人間に主からあるので、そして人間はそれらから行動する、自分自身から行動しないこと、しかし自分自身からかのように行動することが帰結される*。
* Quod homini sit Liberum a Domino, videatur supra (n. 19, 20); *〔これは欄外の注です〕人間に主から自由があることは、上に(19, 20番)見られる。
et in opere De Caelo et Inferno (n. 589-596, et n. 597-603). また著作『天界と地獄(について)』(589-596番、また597-603番)の中に
Quid Liberum, videatur in Doctrina Novae Hierosolymae, Londini 1758 edita, n. 141-149). 何が自由か、『新しいエルサレムの教え』の中に見られる、ロンドンで1758年に出版、(141-149番)。

(3) 訳文
 人間が自由から理性にしたがって行動することは神的な秩序からであり、自由から理性にしたがって行動することが自分自身から行動することであるからである。しかし、これら自由と理性の二つの能力は人間のプロプリウムではなく、彼のもとの主のものである。そして人間であるかぎり、それらがなくては改心することができないので、彼から取り去られることはない。なぜなら、悔い改めを行なうことができず、悪に対して闘うことができない、その後、悔い改めにふさわしい実を結ぶことができないから。それで、主から人間に自由と理性があり、人間はそれらから行動するので、自分自身からは行動しないで、自分自身からかのように行動することが帰結される*。

 *〔欄外の注〕人間に主から自由があることは、前に(19, 20番)、また著作『天界と地獄(について)』(589-596番、597-603番)に見られる。
 自由とは何かは、ロンドンで1758年に出版した『新しいエルサレムの教え』(141-149番)に見られる。

(1) 原文
102. Dominus amat hominem, et vult habitare apud illum; nec potest amare illum et habitare apud illum, nisi recipiatur et reciproce ametur: inde et non aliunde est conjunctio. Dominus propter illam causam dedit homini liberum et rationem; liberum cogitandi et volendi sicut a se, et rationem secundum quam. Amare aliquem et conjungi illi, cui non est reciprocum, non datur; nec intrare ad aliquem et manere apud quem non est receptio. Quoniam receptio et reciprocum in homine sunt a Domino, ideo dicit Dominus,

"Manete in Me et Ego in vobis" (Joh. xv. 4).
"Qui manet in Me, et Ego in illo, hic fert fructum multum" (Joh. xv. 5).
"In die illo cognoscetis, quod... vos in Me, et Ego in vobis" (Joh. xiv. 20).

Quod Dominus sit in veris et in bonis, quae homo recipit, et sunt apud illum, etiam docet:

"Si manseritis in Me, et verba mea in vobis manserint. ...Si mandata mea servaveritis, manebitis in amore meo" (Joh. xv. 7, 10).
"Qui habet praecepta mea et facit illa, ille... amat Me;….et Ego amabo illum, et apud illum habitabo" (Joh. xiv. 21, 23).

Ita Dominus habitat in suo apud hominem; et homo in illis quae a Domino sunt, ita in Domino.

(2) 直訳
Dominus amat hominem, et vult habitare apud illum; 主は人間を愛し、また彼のもとに住むことを望む。
nec potest amare illum et habitare apud illum, nisi recipiatur et reciproce ametur: 彼を愛することも彼のもとに住むこともできない、もし受け入れられ、相互に愛されないなら。
inde et non aliunde est conjunctio. ここから、また他のところからでなく、結合がある。
Dominus propter illam causam dedit homini liberum et rationem; 主はその理由のために人間に自由と理性を与えた。
liberum cogitandi et volendi sicut a se, et rationem secundum quam. 自分自身からかのように考え、意志する自由、それとそれらにしたがって理性。
Amare aliquem et conjungi illi, cui non est reciprocum, non datur; ある者を愛することとその者に結び付けられることは、その者に相互関係のない、存在しない。
nec intrare ad aliquem et manere apud quem non est receptio. ある者〔のもと〕に入ることとどまることもない、その者のもとに受け入れがない。
Quoniam receptio et reciprocum in homine sunt a Domino, ideo dicit Dominus, 人間の中の受け入れと相互関係は主からのものであるので、それゆえ、主は言われている、
"Manete in Me et Ego in vobis" (Joh. xv. 4). 「わたしの中にとどまれ、またわたしはあなたがたの中に」(ヨハネ15:4)。
"Qui manet in Me, et Ego in illo, hic fert fructum multum" (Joh. xv. 5). 「わたしの中にとどまる者、またわたしは彼の中に、この者は多くの実を結ぶ」(ヨハネ15:5)。
"In die illo cognoscetis, quod... vos in Me, et Ego in vobis" (Joh. xiv. 20). 「その日に、あなたがたは知る、・・・あなたがたがわたしの中に、またわたしがあなたがたの中に・・・こと」(ヨハネ14:20)。

Quod Dominus sit in veris et in bonis, quae homo recipit, et sunt apud illum, etiam docet: 主は真理の中と善の中にいること、それらを人間は受け入れる、また彼のもとにある、さらにまた教える。
"Si manseritis in Me, et verba mea in vobis manserint. 「もし、あなたがたがわたしの中にとどまり、またわたしのことばがあなたがたの中にとどまるなら、
...Si mandata mea servaveritis, manebitis in amore meo" (Joh. xv. 7, 10). ・・・もし、あなたがたがわたしの命令を守るなら、あなたがたはわたしの愛の中にとどまる」(ヨハネ15:7, 10)。
"Qui habet praecepta mea et facit illa, ille... amat Me; 「わたしの戒めを持ち、それを行なう者は、彼はわたしを愛する。
….et Ego amabo illum, et apud illum habitabo" (Joh. xiv. 21, 23). ・・・またわたしは彼を愛する、また彼のもとにわたしは住む」(ヨハネ14:21, 23)。

Ita Dominus habitat in suo apud hominem; このように主は人間のもとのご自分のものの中に住む。
et homo in illis quae a Domino sunt, ita in Domino. また人間は主からのものであるそれらの中に、このように(したがって)主の中に〔住む〕。

(3) 訳文
 主は人間を愛し、彼のもとに住むことを望まれる。もし受け入れられ、相互に愛されないなら、人間を愛することも、彼のもとに住むこともおできならない。他のところからでなく、ここから結合がある。その理由のために、主は人間に自由と理性を与えた。自分自身からかのように考え、意志する自由とそれらにしたがった理性である。ある者を愛することとその者と結び付つことは、その者との相互関係なしに存在しない。その者に受け入れなければ、入り、とどまることもない。人間の受け入れと相互関係は主からのものであるので、それゆえ、主は言われている、

 「わたしにとどまりなさい、わたしもあなたがたの中にとどまる」(ヨハネ15:4)。
 「わたしにとどまり、わたしもその中にとどまる者は、多くの実を結ぶ」(ヨハネ15:5)。
 「その日、あなたがたは・・・あなたがたがわたしに、わたしがあなたがたの中にいること知る」(ヨハネ14:20)。

 主は、人間が受け入れ、彼のもとにある真理と善の中におられることもまた教えれれている。

 「もし、あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら・・・もし、あなたがたがわたしの命令を守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまる」(ヨハネ15:7, 10)。
 「わたしの戒めを保ち、行なう者は・・・わたしを愛する。・・・わたしは彼を愛し、彼のもとにわたしは住む」(ヨハネ14:21, 23)。

 このように主は人間のもとのご自分のものの中に住まわれる。そして人間は主からのものの中に、したがって主の中に住む。
author:yasubee, category:原典購読『生活』, 01:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『生活』 98, 99, 100
(1) 原文
98. Vocatur Ecclesia Christiana ecclesia pugnans, et non potest pugnans dici nisi contra diabolum, ita contra quae ab inferno; infernum est diabolus. Tentatio, quam homo ecclesiae subit, est pugna illa.

(2) 直訳
Vocatur Ecclesia Christiana ecclesia pugnans, et non potest pugnans dici nisi contra diabolum, ita contra quae ab inferno; キリスト教会は闘う教会と呼ばれる、そして闘うと呼ばれることはできない、悪魔に対してでないなら、このように(したがって)地獄からのものに対して〔闘わないなら〕。
infernum est diabolus. 地獄は悪魔である。
Tentatio, quam homo ecclesiae subit, est pugna illa. 試練は、それを教会の人間はこうむる(下に行く)、その闘争である。

(3) 訳文
 キリスト教会は闘う教会と呼ばれ、悪魔に対し、したがって地獄からのものに対して闘わないなら、闘うと呼ばれることはできない。地獄は悪魔である。教会の人間がこうむる試練は、その闘争である。

(4) 「闘う教会である」こと
 教会に入れば、教会に属すれば「救われる」と思っている人が大多数かもしれない。違う。必ずや試練が始まる。闘わなくてはならない。逆に言えば、何らかの闘争が起こらなかったら、ほんとうにキリスト教徒の仲間入りをしたことにならない。そしてその敵とは、外部の敵ではない。古くから自己のうちにある敵である。だれもがこの敵と闘わなくてはならない。そして、勝つとは限らない。私のように。

(1) 原文
99. De pugnis contra mala, quae sunt tentationes, multis in locis in Verbo agitur. Intelliguntur per haec Domini verba:

"Dico vobis, Nisi granum tritici cadens in terram moriatur, ipsum solum manet; si vero moriatur, multum fructum fert" (Joh. xii. {1}24).

Tum per haec:

"Quisquis voluerit post Me venire, abrogato se ipsum, ac tollat crucem suam, et sequatur Me. Quisquis... voluerit animam servare, perdet eam; qui vero perdiderit animam suam propter Me, et propter Evangelium, hic servabit illam" (Marc. viii. 34, 35):

per "crucem" intelligitur tentatio

(ut quoque Matth. x. 38; cap. xvi. 24: Marc. x. 21: Luc. xiv. 27);

per "animam" intelligitur vita proprii hominis

(ut quoque Matth. x. 39; cap. xvi. 25: Luc. ix. 24: et imprimis Joh. xii. 25);

quae etiam est vita "carnis," quae non prodest quicquam (Joh. vi. 63). De pugnis contra mala, et de victoriis super illa, loquitur Dominus ad omnes ecclesias in Apocalypsi.

Ad Ecclesiam in Epheso: "Qui vincit, dabo ut comedat de arbore vitae, quae est in medio paradisi Dei" (Apoc. ii. 7).
Ad Ecclesiam in Smyrna: "Qui vicerit, non damnum patietur in morte altera" (Apoc. ii. 11).
Ad Ecclesiam in Pergamo: "Qui vincit, illi dabo ut comedat de manna abscondita; et dabo illi calculum album, et super calculo nomen novum scriptum, quod nemo novit nisi qui accipit" (Apoc. ii. 17).
Ad Ecclesiam in Thyatiris: Qui vicerit et servaverit ad finem opera mea, illi dabo potestatem super gentes;... et stellam matutinam" (Apoc. ii. 26, 28).
Ad Ecclesiam in Sardibus: ("{2}Qui vicerit induetur vestimentis albis; et non delebo nomen ejus e libro vitae; et confitebor nomen ejus coram Patre meo et coram angelis Ejus" (Apoc. iii. 5).
Ad Ecclesiam in Philadelphia:) "Qui vicerit, eum faciam columnam in templo Dei mei et scribam super eum nomen Dei, et nomen urbis Dei Novae Hierosolymae, quae descendit e caelo a Deo.., et nomen meum novum" (Apoc. iii. 12).
Ad Ecclesiam in Laodicea: "Qui vicerit, illi dabo ut sedeat Mecum in throno meo" (Apoc. iii. 21).

@1 24 pro "25" @2 Dicta ad Ecclesiam in Sardibus, Apoc. Rev., n. 71, similiter desunt.

(2) 直訳
De pugnis contra mala, quae sunt tentationes, multis in locis in Verbo agitur. 悪に対する闘いについて、それは試練である、みことばの多くの個所で述べられている。
Intelliguntur per haec Domini verba: 主のこれらのことばによって意味される―
"Dico vobis, Nisi granum tritici cadens in terram moriatur, ipsum solum manet; 「わたしはあなたがたに言う。もし小麦の穀粒が地に落ちて、死なないなら、それ自体は単に残る☆。
☆ ギリシア原典の意味は「それは単独で残る」です。
si vero moriatur, multum fructum fert" (Joh. xii. {1}24). しかし、もし死ぬなら、多くの実を結ぶ」(ヨハネ12:24)。
Tum per haec: さらに、これらによって―
"Quisquis voluerit post Me venire, abrogato se ipsum, ac tollat crucem suam, et sequatur Me. 「わたしの後ろにやって来ることを欲するだれでも、自分自身を終わりにしろ〔捨てよ〕、そして自分の十字架を取り、わたしについて来る。
Quisquis... voluerit animam servare, perdet eam; だれでも・・・自分の霊魂を救うことを欲する、それを滅ぼす〔失う〕。
qui vero perdiderit animam suam propter Me, et propter Evangelium, hic servabit illam" (Marc. viii. 34, 35): しかし、わたしのために自分の霊魂を滅ぼした〔失う〕者は、この者はそれを救う」(マルコ8:34,35)。
per "crucem" intelligitur tentatio 「十字架」によって試練が意味される
(ut quoque Matth. x. 38; cap. xvi. 24: Marc. x. 21: Luc. xiv. 27); (マタイ10:38、第16章24、マルコ10:21、ルカ14:27にもまたのように)。
per "animam" intelligitur vita proprii hominis 「霊魂」によって人間のプロプリウムの生活(いのち)が意味される
(ut quoque Matth. x. 39; cap. xvi. 25: Luc. ix. 24: et imprimis Joh. xii. 25); (マタイ10:39、第16章25、ルカ9:24、また特にヨハネ12:25にもまたのように)。
quae etiam est vita "carnis," quae non prodest quicquam (Joh. vi. 63). それはまた「肉の」生活(いのち)である、それは何かを生じない☆(ヨハネ6:63)。
☆ 「生じない」はギリシア原典は「益がない」です。
De pugnis contra mala, et de victoriis super illa, loquitur Dominus ad omnes ecclesias in Apocalypsi. 悪に対する闘いについて、それとその勝利について、主は『黙示録』の中のすべての教会に語られている。
Ad Ecclesiam in Epheso: "Qui vincit, dabo ut comedat de arbore vitae, quae est in medio paradisi Dei" (Apoc. ii. 7). エペソにある教会に―「勝つ☆1者〔に〕、わたしは、いのちの木から☆2食べることを与える、それは神のパラダイスの真ん中にある」(黙示録2:7)。
☆1 ここと一つ飛ばしてペルガモの教会では、現在形vincitが使われており、他は未来完形vicerit(文意からはこれに統一するのが普通と思う)が使われています。なぜこのように表現を変えているのかわかりません(ギリシア原典に違いはありません)。
☆2 新改訳、協会訳は「木の実から」としていますが、ギリシア原典に「実」のことばはありません。
Ad Ecclesiam in Smyrna: "Qui vicerit, non damnum patietur in morte altera" (Apoc. ii. 11). スミルナにある教会に―「勝つ者〔は〕、損害を第二の死の中で被らない」(黙示録2:11)。
Ad Ecclesiam in Pergamo: "Qui vincit, illi dabo ut comedat de manna abscondita; ペルガモにある教会に―「勝つ者、彼にわたしは隠れたマナから食べることを与える。
et dabo illi calculum album, et super calculo nomen novum scriptum, quod nemo novit nisi qui accipit" (Apoc. ii. 17). また、わたしは彼に白い(小)石を与える、(小)石の上に新しい名前が書かれている、それをだれも知らない、受ける者でないなら」(黙示録2:17)。
Ad Ecclesiam in Thyatiris: Qui vicerit et servaverit ad finem opera mea, illi dabo potestatem super gentes; テアテラにある教会に―「勝ち、最後までわたしのわざに仕える者、彼にわたしは諸国の上に権威を与える。
... et stellam matutinam" (Apoc. ii. 26, 28). ・・・また、わたしは明の明星を〔与える〕」(黙示録2:26,27)。
Ad Ecclesiam in Sardibus: ["{2}Qui vicerit induetur vestimentis albis; サルデスにある教会に―「勝つ者は白い衣を着せられる。
et non delebo nomen ejus e libro vitae; そして、わたしは彼の名前をいのちの書から消さない。
et confitebor nomen ejus coram Patre meo et coram angelis Ejus" (Apoc. iii. 5). そして、わたしは彼の名前をわたしの父の前とその天使たちの前で言明する」(黙示録3:5)。
Ad Ecclesiam in Philadelphia:] "Qui vicerit, eum faciam columnam in templo Dei mei,….et scribam super eum nomen Dei, et nomen urbis Dei Novae Hierosolymae, quae descendit e caelo a Deo.., et nomen meum novum" (Apoc. iii. 12). フィラデルフィヤにある教会に―「勝つ者、彼をわたしはわたしの神の神殿の中の柱とする・・・そして、わたしは彼の上に神の名前を書く、また神の都の名前、新しいエルサレムを、それは神から〔出て〕天から降る・・・、また、わたしの新しい名前を」(黙示録3:12)。
Ad Ecclesiam in Laodicea: "Qui vicerit, illi dabo ut sedeat Mecum in throno meo" (Apoc. iii. 21). ラデオキヤにある教会に―「勝つ者、彼にわたしは、わたしとともに、わたしの座にすわることを与える」(黙示録3:21)。
@1 24 pro "25" 注1 「25」の代わりに24
@2 Dicta ad Ecclesiam in Sardibus, Apoc. Rev., n. 71, similiter desunt. 注2 サルデスにある教会に言われた、『啓示された黙示録』71番、同様に欠けている。〔サルデスにある教会に言われたことは『啓示された黙示録』71番でも同様に欠けているが、ここではそれを補っている〕

(3) 訳文
 試練である悪に対する闘いについては、みことばの多くの個所で述べられている。主の次のことばによって意味されている―

 「わたしはあなたがたに言う。もし小麦の穀粒が地に落ちて、死なないなら、それは単独で残る。しかし、もし死ぬなら、多くの実を結ぶ」(ヨハネ12:24)。

 さらに、これらによって―

 「だれでもわたしについて来たいと欲するなら、自分捨て、自分の十字架を取り、わたしについて来いなさい。自分の霊魂を救おうと欲する者はだれでも、それを失う・・・しかし、わたしのために自分の霊魂を失う者は、それを救う」(マルコ8:34,35)。

 「十字架」によって試練が意味される(マタイ10:38、16:24、マルコ10:21、ルカ14:27でもまた)。

 「霊魂」によって人間のプロプリウムの生活が意味される (マタイ10:39、16:25、ルカ9:24、また特にヨハネ12:25でもまた)。

 それはまた何も益のない「肉の」生活である(ヨハネ6:63)。

 悪に対する闘いとその勝利について、主は『黙示録』の中のすべての教会に語られている。

 エペソにある教会に―「勝つ者に、わたしは、神のパラダイスの真ん中にあるいのちの木から食べることを与える」(黙示録2:7)。
 スミルナにある教会に―「勝つ者は、第二の死で損害を被らない」(黙示録2:11)。
 ペルガモにある教会に―「勝つ者に、わたしは隠れたマナから食べることを与える。また、わたしは彼に白い石を与える。石の上には、受ける者でないなら、だれも知らない新しい名前が書かれている」(黙示録2:17)。
 テアテラにある教会に―「勝ち、最後までわたしのわざに仕える者に、わたしは諸国を支配する権威を与える。・・・また、わたしは明の明星を与える」(黙示録2:26,27)。
 サルデスにある教会に―「勝つ者は白い衣を着せられる。そして、わたしは彼の名前をいのちの書から消さない。わたしは彼の名前をわたしの父の前とその天使たちの前で言明する」(黙示録3:5)。
 フィラデルフィヤにある教会に―「勝つ者を、わたしはわたしの神の神殿の中の柱とする・・・そして、わたしは彼の上に神の名前を、また神から出て天から降る神の都、新しいエルサレムの名前を、わたしの新しい名前を書く」(黙示録3:12)。
 ラデオキヤにある教会に―「勝つ者に、わたしは、わたしとともに、わたしの座に着くことを与える」(黙示録3:21)。

(1) 原文
100. De Pugnis illis, quae sunt Tentationes, in specie actum videatur in Doctrina Novae Hierosolymae, Londini, anno 1758 edita (a n. 187-201): unde et quales sunt (n. 196, 197): quomodo et quando fiunt (n. 198): quid boni efficiunt (n. 199): quod Dominus pugnet pro homine (n. 200): de pugnis seu tentationibus Domini (n. 201).

(2) 直訳
De Pugnis illis, quae sunt Tentationes, in specie actum videatur in Doctrina Novae Hierosolymae, Londini, anno 1758 edita (a n. 187-201): これらの闘争について、それらは試練である、特に扱われている〔のが〕見られる、『新しいエルサレムの教え』の中に、ロンドン、1758年出版(された)(187-201番から)。
unde et quales sunt (n. 196, 197): どこから、またどんなものであるか(196, 197番)。
quomodo et quando fiunt (n. 198): どのように、またいつ起こるか(198番)。
quid boni efficiunt (n. 199): 善の何をひき起すか(199番)☆。
☆ 199番の表題となっているこの個所は「Tentationes quid boni efficiunt.(試練は善の何をひき起すか)」であり、「ひき起す」主語は「試練」です。意訳して「どのような善がもたらされるか」とすることも可能と思います。
quod Dominus pugnet pro homine (n. 200): 主は人間のために闘われること(200番)。
de pugnis seu tentationibus Domini (n. 201). 主の闘争または試練について(201番)。

(3) 訳文
 試練であるこれらの闘争について、ロンドンで1758年に出版された『新しいエルサレムの教え』の中で(187-201番から)、特に扱われているので、参照されたい。
 〔その闘争が〕どこから、またどんなものであるか(196, 197番)。
 どのように、またいつ起こるか(198番)。
 どのような善がもたらされるか(199番)。
 主は人間のために闘われること(200番)。
 主の闘争または試練について(201番)。
author:yasubee, category:原典購読『生活』, 01:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『生活』 95, 96, 97
(1) 原文
95. Quantum itaque quis pugnat, et sic amovet malum, tantum loco ejus succedit bonum, et ex bono tantum videt malum in facie, et tunc quod infernale sit et horrendum; et quia tale, non modo fugit illud, sed etiam aversatur illud, et tandem abominatur illud.

(2) 直訳
Quantum itaque quis pugnat, et sic amovet malum, tantum loco ejus succedit bonum, et ex bono tantum videt malum in facie, et tunc quod infernale sit et horrendum; そこで、どれだけだれかが闘争するか、またこうして悪を除くか〔によって〕、それだけそのところに(それに代わって)善が続く、そして善からそれだけ悪を顔の中で☆見る、そしてその時、地獄のものであること、恐るべきもの〔であることを見る〕。
☆ もちろん直訳ですfacies「顔、外観」の中で見る、とはどういう意味でしょうか? 英語にlook 〜 in the faceで「〜をまともに見る」という表現があります。これはラテン語からきたものでしょうか。
et quia tale, non modo fugit illud, sed etiam aversatur illud, et tandem abominatur illud. そしてこのようなものなので、それを避けるだけでなく、しかしまたそれを退ける、そしてついにそれを忌み嫌う。

(3) 訳文
 そこで、だれかが闘争し、こうして悪を除くほど、それだけそれに代わって善が続き、そして善から、それだけ悪をまともに、その時、地獄のもの、恐るべきものであることを見る。このようなものなので、それを避けるだけでなく、退け、そしてついにはそれを忌み嫌う。

(1) 原文
96. Homo qui contra mala pugnat, non potest non pugnare sicut a se; nam qui non sicut a se, ille non pugnat, stat sicut automaton nihil videns et nihil agens, et continue cogitat ex malo pro illo, et non contra illud. Sed usque probe sciendum est, quod solus Dominus pugnet in homine contra mala, et quod modo appareat homini sicut ille pugnet ex se, et quod Dominus velit ut ita homini appareat, quoniam absque illa apparentia non existit pugna, ita nec reformatio.

(2) 直訳
Homo qui contra mala pugnat, non potest non pugnare sicut a se; 人間は、悪に対して闘う者は、自分自身からのように闘わないことはできない。
nam qui non sicut a se, ille non pugnat, stat sicut automaton nihil videns et nihil agens, et continue cogitat ex malo pro illo, et non contra illud. なぜなら、自分自身からのようでない者は、彼は闘わないから、何も見ないで、何も行なわないで自動人形のように立って、そして絶えず悪から考える、そのために、そしてそれに反してでなく。
Sed usque probe sciendum est, quod solus Dominus pugnet in homine contra mala, et quod modo appareat homini sicut ille pugnet ex se, et quod Dominus velit ut ita homini appareat, quoniam absque illa apparentia non existit pugna, ita nec reformatio. しかし、それでも、よく知っておくべきである、主おひとりが人間の中で悪に対して闘うこと、そして単に人間に見えること、彼が自分自身から闘うように、そしてこのように人間に見えるように望むこと、その外観なしに闘争は存在しないので、こうして改心もない。

(3) 訳文
 悪に対して闘う人間は、自分自身からかのように闘わざるをえない。なぜなら、自分自身からかのようでないなら、その者は闘わず、自動人形のように何も見ず、何もせず立ち、絶えず悪から、悪のために、悪に反することなく考えるから。しかし、それでも、主おひとりが人間の中で悪に対して闘かわれ、人間にはただ自分自身から闘うようにしか見えず、その外観なしに闘争は存在せず、こうして改心もないので、主は人間にこのように見えるようにと望まれていることは、よく知っておくべきである。

(1) 原文
97. Pugna illa non gravis est nisi illis, qui omnia frena concupiscentiis laxaverunt, et ex proposito illis indulserunt; et quoque illis, qui sancta Verbi et ecclesiae in obfirmatione repudiaverunt. At reliquis non gravis est; resistant malis in intentione modo semel in septimana, aut bis in mense, et percipient mutationem.

(2) 直訳
Pugna illa non gravis est nisi illis, qui omnia frena concupiscentiis laxaverunt, et ex proposito illis indulserunt; この闘争は彼ら以外にきびしくない、強い欲望のすべてのくつわ(抑制)をゆるめた者、そしてはっきりとした目的で(故意に)それらにふけった者。
et quoque illis, qui sancta Verbi et ecclesiae in obfirmatione repudiaverunt. そしてまた彼ら〔以外に〕、みことばと教会の聖なるものを頑固さの中で拒んだ者。
At reliquis non gravis est; しかし、残りの者はきびしくない。
resistant malis in intentione modo semel in septimana, aut bis in mense, et percipient mutationem. 意図の中で悪に抵抗する、一週間にただ一度、またはつきに二度、そして変化を知覚する。

(3) 訳文
 欲望のすべての抑制をゆるめた者、そして故意にそれらにふけった者以外に、また、みことばと教会の聖なるものを頑固に拒んだ者以外に、この闘争はきびしいものではない。他の者にはきびしくなく、彼らは、一週間にただ一度、または月に二度、意図的に悪に抵抗すれば、変化を知覚する。
author:yasubee, category:原典購読『生活』, 22:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『生活』 92, 93, 94
       (XII.)
   QUOD NON ALIQUIS POSSIT FUGERE MALA UT PECCATA,
     USQUE UT INTERIUS AVERSETUR ILLA,
      NISI PER PUGNAS CONTRA ILLA.
   ある者は悪を罪として避けることができないこと、
     内的にそれを退けるようにまでも、
    もしそれに対する闘争によってでないなら

(1) 原文
92. Quisque ex Verbo et ex doctrina e Verbo novit, quod proprium hominis a nativitate sit malum; et quod inde sit, quod ex innata concupiscentia amet mala et feratur in illa, ut quod velit vindicare, velit defraudare, velit diffamare, et velit adulterari; et si non cogitat quod peccata sint, et propterea resistit illis, ea faciat quoties occasio se praebet, et non fama propter honorem aut lucrum patitur. Accedit, quod homo faciat illa ex jucundo, si non religio ei sit.

(2) 直訳
Quisque ex Verbo et ex doctrina e Verbo novit, quod proprium hominis a nativitate sit malum; だれでもみことばから、またみことばからの教えから知っている、人間のプロプリウム(固有のもの)☆は出生から悪であること。
☆ この語を長島訳は「エゴ」としていますが、エゴは「自我」の同義語で、その意味は確固として定まっていて、それとは別概念であるpropuriumの訳語としてはまったく不適当と思います。「エゴと訳すことは長島さんのエゴでしかありません」(エゴの言葉はこのように使います)。
et quod inde sit, quod ex innata concupiscentia amet mala et feratur in illa, ut quod velit vindicare, velit defraudare, velit diffamare, et velit adulterari; そしてここからであること、生来の強い欲望から悪を愛し、その中に運ばれること、復讐することを欲すること、だますことを欲すること、中傷することを欲すること、そして姦淫することを欲することのように。
et si non cogitat quod peccata sint, et propterea resistit illis, ea faciat quoties occasio se praebet, et non fama propter honorem aut lucrum patitur. そしてもし罪であり、そしてさらにそれに抵抗することを考えないなら、それを機会が提供されるたびごとに行なう、そして名誉または利益のための評判(うわさ)が傷つかない。
Accedit, quod homo faciat illa ex jucundo, si non religio ei sit. 追加の事実は(追加しておく)、人間はそれを楽しみから行なうこと、もし宗教が彼にないなら。

(3) 訳文
 みことばから、またみことばからの教えから、だれでも、人間のプロプリウム(固有のもの)は出生から悪であること、そしてここから、生来の欲望から、復讐することを欲し、だますことを欲し、中傷することを欲し、姦淫することを欲するといった悪を愛し、その中に運ばれること、そして、罪であり、さらにまたそれに抵抗しようと考えず、名誉または利益のための評判が傷つかないなら、それを機会が与えられるたびごとに行なうことを知っている。人間は宗教をもたないなら、それを楽しみから行なうこと追加しておく。

(1) 原文
93. Quoniam hoc proprium hominis primam radicem vitae ejus facit, patet qualis homo arbor foret, si non illa radix exstirparetur, et nova radix implantaretur: foret arbor putris, de qua dicitur, quod exscindenda et in ignem conjicienda sit (Matth. iii. 10; cap. vii. 19). Haec radix non removetur, et nova loco ejus inditur, nisi homo spectat mala, quae faciunt radicem, ut damna animae suae, et propterea vult abalienare illa; sed quia sunt proprii ejus, et inde jucunda, non potest id nisi invito, et cum lucta, ita cum pugna.

(2) 直訳
Quoniam hoc proprium hominis primam radicem vitae ejus facit, patet qualis homo arbor foret, si non illa radix exstirparetur, et nova radix implantaretur: この人間のプロプリウムは彼のいのち(生活)の最初の根であるので、人間がどのような木になるか明らかである、もしその根が根こそぎにされ、そして新しい根が植え付けられないなら。
foret arbor putris, de qua dicitur, quod exscindenda et in ignem conjicienda sit (Matth. iii. 10; cap. vii. 19). 腐った木となる、それについて言われている、切り倒されて、火の中に投げ込まれなくてはならないこと(マタイ3:10、第7章19)。
Haec radix non removetur, et nova loco ejus inditur, nisi homo spectat mala, quae faciunt radicem, ut damna animae suae, et propterea vult abalienare illa; この根は遠ざけられない(取り除かれない)こと、そしてそれに代わって新しいものが植え付けられる(与えられる)、もし人間が悪を見ないなら、それは根となっている、自分の霊魂に害として、またさらにそれを取り去ることを欲する。
sed quia sunt proprii ejus, et inde jucunda, non potest id nisi invito, et cum lucta, ita cum pugna. しかし、彼のプロプリウムのものであるので、そしてここから楽しみ〔なので〕、そのことはできない、もし不本意に(いやいやながら)、そしてもがいて、このように(したがって)闘争をもってでないなら。

(3) 訳文
 人間のこのプロプリウムは、彼の生活の最初の根であるので、その根が根こそぎにされ、新しい根が植え付けられないなら、人間がどのような木になるか明らかである。腐った木となり、それについては、切り倒されて、火の中に投げ込まれなくてはならと言われている(マタイ3:10、7:19)。もし人間が、その根となっている悪を自分の霊魂に害として見て、さらにまたそれを取り去ることを欲しないなら、この根は取り除かれ、それに代わって新しい根が植え付けられない。しかし、彼のプロプリウムであり、ここから楽しみを得ているので、いやいやながらも、もがいて、したがって闘争ともにでないなら、そのことはできない。

(1) 原文
94. Omnis qui credit quod infernum et caelum sint, et quod caelum sit felicitas aeterna, ac quod infernum sit infelicitas aeterna, et qui credit quod in infernum veniant qui mala faciunt, et in caelum qui bona faciunt, is pugnat; et qui pugnat, ille ex interiori agit, et contra ipsam concupiscentiam, quae facit radicem mali; nam qui pugnat contra aliquid, is non vult illud, et concupiscere est velle. Inde patet, quod radix mali non amoveatur quam per pugnam.

(2) 直訳
Omnis qui credit quod infernum et caelum sint, et quod caelum sit felicitas aeterna, ac quod infernum sit infelicitas aeterna, et qui credit quod in infernum veniant qui mala faciunt, et in caelum qui bona faciunt, is pugnat; 信じる者、すべての者は、天界と地獄が存在すること、また天界は永遠の幸福であること、そして地獄は永遠の不幸であること、そして悪を行なう者は地獄の中にやって来ることを信じる者は、また善を行なう者は天界の中へ、彼は闘う。
et qui pugnat, ille ex interiori agit, et contra ipsam concupiscentiam, quae facit radicem mali; そして闘う者は、彼は内的なものから行動する、そして強い欲望そのものに対して、それは悪の根となっている。
nam qui pugnat contra aliquid, is non vult illud, et concupiscere est velle. なぜなら、何かに対して闘う者は、彼はそれを欲しないから、そして強く欲することは欲すること。
Inde patet, quod radix mali non amoveatur quam per pugnam. ここから明らかである、悪の根は除かれないこと、闘争によって以外に。

(3) 訳文
 天界と地獄が存在し、天界は永遠の幸福であり、地獄は永遠の不幸であることを信じ、また悪を行なう者は地獄へ、善を行なう者は天界の中へやって来ることを信じるすべての者は、闘う。そして闘う者は、内的なものから、悪の根となっている欲望そのものに対して、行動する。なぜなら、欲望することは欲することであって、何かに対して闘う者はそれを欲しないから。ここから、闘争による以外に、悪の根は除かれないことが明らかである。
author:yasubee, category:原典購読『生活』, 00:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『生活』 91
(1) 原文
91. Communis opinio hodie est, quod salvari sit credere hoc aut illud, quod ecclesia docet; et quod salvari non sit facere praecepta Decalogi, quae sunt "non occidere," "non adulterari," "non furari," "non false testari," in stricto et in lato sensu; dicitur enim, quod non spectentur opera, sed fides a Deo; cum tamen quantum quis in illis malis est, tantum non fidem habet (videatur supra, n. 42-52). Consule rationem, et perspice, num quis homicida, adulter, fur et falsus testis, quamdiu in concupiscentia illorum est, possit fidem habere; tum etiam, num concupiscentia illorum possit aliter discuti, quam per non velle facere illa quia peccata sunt, hoc est, quia infernalia et diabolica: quare qui opinatur quod salvari sit credere hoc aut illud quod ecclesia docet, et usque talis est, ille non potest non esse stultus, secundum Domini verba apud Matthaeum (cap. vii. 26). Talis ecclesia describitur ita apud Jeremiam,

"Sta in porta domus Jehovae, et proclama ibi verbum hoc:... Sic dixit Jehovah Zebaoth Deus Israelis: Bonas reddite vias vestras, et opera vestra:....ne confidite vobis super verbis mendacii, dicendo, Templum Jehovae, Templum Jehovae, Templum Jehovae, illi. ....Num furando, occidendo, et adulterando et jurando per mendacium,….deinde venietis et stabitis coram Me in domo hac, super qua nominatur nomen meum, et dicetis, Erepti sumus, dum facitis abominationes... illas? num spelunca latronum facta est domus haec....? Etiam Ego. ecce, vidi, dictum Jehovae" (vii. 2-4, 9-11).

(2) 直訳
Communis opinio hodie est, quod salvari sit credere hoc aut illud, quod ecclesia docet; 今日の一般の見解である、救われることはこれをまたはそれを信じることであること、教会の教えること。
et quod salvari non sit facere praecepta Decalogi, quae sunt "non occidere," "non adulterari," "non furari," "non false testari," in stricto et in lato sensu; そして、救われることは十戒の戒めを行なうことではないこと、それらは「殺すこと〔を行なってはなら〕ない」、「姦淫すること〔を行なってはなら〕ない」、「盗むこと〔を行なってはなら〕ない」、「偽りの証言を〔を行なってはなら〕ない」、である、狭い、また広い意味で。
dicitur enim, quod non spectentur opera, sed fides a Deo; なぜなら、言われているから、神から働きは見られないこと、しかし、信仰〔が見られる〕。
cum tamen quantum quis in illis malis est, tantum non fidem habet (videatur supra, n. 42-52). そのときそれでも、どれだけだれかがこれらの悪の中にいるか〔によって〕、それだけ信仰を持たない(上の42-52番に見られる)。
Consule rationem, et perspice, num quis homicida, adulter, fur et falsus testis, quamdiu in concupiscentia illorum est, possit fidem habere; 理性に諮れ、そして見通せ(把握せよ)、人殺し、姦淫者、盗人、偽証する者のだれが、それらの強い欲望の中にいながらも、信仰を持つことができるかどうか。
tum etiam, num concupiscentia illorum possit aliter discuti, quam per non velle facere illa quia peccata sunt, hoc est, quia infernalia et diabolica: さらにまた、それらの強い欲望が異なって追い散らされることができるか、それらを行なうことを欲しないことによって以外に、罪であるからと、すなわち、地獄のものと悪魔のもの〔である〕からと。
quare qui opinatur quod salvari sit credere hoc aut illud quod ecclesia docet, et usque talis est, ille non potest non esse stultus, secundum Domini verba apud Matthaeum (cap. vii. 26). それゆえ、救われることは教会の教えること〔である〕これをまたはそれを信じることであることという信念を抱く(意見を持つ)者は、またやはりこのよう〔な者〕である、彼は愚かな者でないことができない、主のみことばにしたがって、「マタイ福音書」に(第12章26)。
Talis ecclesia describitur ita apud Jeremiam, このような教会はこのように述べられている、「エレミヤ書」に、
"Sta in porta domus Jehovae, et proclama ibi verbum hoc: 「エホバの家の門の中に立て、そしてそこにこのことばを宣言せよ―
... Sic dixit Jehovah Zebaoth Deus Israelis: ・・・イスラエルの神、万軍のエホバはこのように言われた。
Bonas reddite vias vestras, et opera vestra: あなたがたの道を善へ戻せ☆、またあなたがたの働き(行ない)を。
☆ 「善へ戻せ」はヘブル原典では一つの単語「改めよ」です。
....ne confidite vobis super verbis mendacii, dicendo, Templum Jehovae, Templum Jehovae, Templum Jehovae, illi. ・・・信頼してはならない、あなたがたに、偽りのことばの上に、「エホバの神殿、エホバの神殿、エホバの神殿、あれは」と言う。
....Num furando, occidendo, et adulterando et jurando per mendacium,….deinde venietis et stabitis coram Me in domo hac, super qua nominatur nomen meum, et dicetis, Erepti sumus, dum facitis abominationes... illas? ・・・盗み、殺し、姦淫し、偽りによって誓っていないか・・・その後、あなたがたは、この家の中のわたしの前に来て、立つ、その上にわたしの名前が名づけられている、そしてあなたがたは言う、「私たちは救い出された」、これらの忌まわしいことをあなたがたは行なう時に?
num spelunca latronum facta est domus haec....? 強盗の洞窟とするのか、この家を?
Etiam Ego. ecce, vidi, dictum Jehovae" (vii. 2-4, 9-11). わたしもまた、見よ、わたしは見た、エホバは言われる」(7:2-4, 9-11)。

(3) 訳文
 救われることは、教会の教えるあれやこれやを信じることであり、また、救われることは「殺すな」、「姦淫するな」、「盗むな」、「偽りの証言をするな」という十戒の戒めを狭い意味や広い意味で行なうことではない、というのが今日の一般的な見解である。なぜなら、神により働きは見られないが、信仰が見られる、と言われているから。そのときそれでも、だれかがこれらの悪の中にいるほど、それだけ信仰を持っていないのである(前の42-52番に見られる)。
 だれか、人殺し、姦淫者、盗人、偽証する者が、それらの欲望の中にいながらも、信仰を持つことができるかどうか、さらにまた、それらの欲望が、罪であるから、すなわち、地獄のものや悪魔のものであるからと、それらを行なうことを欲しないことによる以外に、追い散らされることができるか、理性にはかり、把握せよ。それゆえ、救われることは、教会の教えるあれやこれやを信じることであるという信念を抱く者は、「マタイ福音書」(第12章26) の主のみことばにあるような愚かな者でしかない。
 このような教会は、「エレミヤ書」に次のように述べられている、

 「エホバの家の門に立ち、そこでこのことばを宣言せよ―
 ・・・イスラエルの神、万軍のエホバはこのように言われた。あなたがたの道とあなたがたの行ないを改めよ。・・・あなたがたは、「エホバの神殿、エホバの神殿、エホバの神殿、あれは」と言う偽りのことばを信頼してはならない。・・・盗み、殺し、姦淫し、偽りによって誓っていないか・・・その後、あなたがたは、わたしの名前がつけられているこの家の中のわたしの前に来て、立ち、これらの忌まわしいことをあなたがたが行なう時に、あなたがたは、「私たちは救い出された」言うのか? この家を強盗の巣とするのか? 見よ、わたしもまた見た。
 エホバは言われる」(7:2-4, 9-11)。
author:yasubee, category:原典購読『生活』, 01:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark