RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『聖書』 17
 

(1) 原文

17.  Quod Dominus cum in mundo fuit, locutus sit per correspondentias, ita spiritualiter cum naturaliter, constare potest ex parabolis Ipsius, in quarum singulis vocibus inest sensus spiritualis. Exemplo sit Parabola de decem Virginibus. Dixit,

 

"Simile est regnum caelorum decem virginibus, quae accipientes lampadas suas exiverunt in occursum Sponsi. Quinque..ex illis erant prudentes, quinque vero stultae. Quae erant stultae, accipientes lampadas suas non acceperunt..oleum, prudentes vero acceperunt oleum in... lampadibus suis. Tardante vero Sponso dormitarunt omnes et obdormierunt. Media autem nocte, clamor factus est, Ecce Sponsus venit, exite in occursum Ejus. Tunc expergefactae omnes virgines istae, et adornarunt lampadas suas. Verum stultae prudentibus dixerunt, Date nobis de oleo vestro, quia lampades nostrae exstinguuntur: verum responderunt prudentes, dicentes, Ne forte non sufficiat nobis et vobis; abite..potius ad vendentes, et emite vobis ipsis. At abeuntibus illis ad emendum, venit Sponsus, et paratae ingressae sunt cum Ipso ad nuptias, et ostium clausum est. Et tandem veniunt etiam reliquae virgines, dicentes, Domine, Domine, aperi nobis; Ille vero respondens dixit, Amen dico vobis, non novi vos" (Matth. xxv. 1-12).

 

[2] Quod in singulis his sit sensus spiritualis, et inde Sanctum Divinum, non videt nisi qui scit quod sensus spiritualis sit, et qualis ille. In sensu spirituali per "regnum Dei" intelligitur caelum et ecclesia, per "Sponsum" Dominus, per "nuptias" conjugium Domini cum caelo et ecclesia per bonum amoris et fidei; per "virgines" significantur illi qui ab ecclesia sunt, per "decem" omnes, per "quinque" aliquae, per "lampades" vera fidei, per "oleum" bonum amoris, per "dormire" et "expergisci" vita hominis in mundo quae naturalis et vita ejus post mortem quae spiritualis; per "emere," comparare sibi; per "ire ad vendentes et emere oleum," comparare sibi bonum amoris ab aliis post mortem; et quia tunc non amplius comparatur, ideo tametsi cum lampadibus et empto oleo ad ostium, ubi nuptiae erant, venerunt, usque illis dictum est a Sponso, "Non novi vos:" causa est, quia homo post vitam in mundo manet qualis in mundo vixerat. [3] Ex his patet quod Dominus per meras correspondentias locutus sit, et hoc quia ex Divino, quod in Ipso et Ipsius erat. Quod "Sponsus" significet Dominum, et "regnum caelorum" ecclesiam, et quod "nuptiae" significent conjugium Domini cum ecclesia per bonum amoris et fidei, "virgines" illos qui ab ecclesia, "decem" omnes, "quinque" aliquos, "dormire" statum naturalem, "emere" comparare sibi, "ostium" ingressum ad caelum, ac "non nosse," cum a Domino, non esse in amore Ipsius, constare potest a multis locis in Verbo Prophetico, ubi illa significant similia. Quia "virgines" significant illos qui ab ecclesia sunt, ideo toties in Verbo Prophetico dicitur Virgo et Filia Zionis, Hierosolymae, Israelis; et quia "oleum" significat bonum amoris, ideo omnia sancta Ecclesiae Israeliticae oleo ungebantur. Simile est in reliquis parabolis, et in omnibus verbis quae Dominus locutus est, et apud Evangelistas scripta sunt; inde est quod Dominus dicat quod

 

Verba Ipsius spiritus et vita sint (Joh. vi. 63).

 

[4] Simile est cum omnibus Domini miraculis; quae Divina erant, quia varios status, apud quos ecclesia a Domino instauranda erat, significaverunt: ut quod "caeci receperint visum,"' significavit quod illi intelligentiam, qui in ignorantia veri fuerunt, acciperent; quod "surdi receperint auditum," significavit quod illi auscultarent et obedirent, qui nihil prius de Domino et de Verbo audiverunt; quod "mortui resuscitati sint," significavit quod vivi fierent qui alioquin spiritualiter perirent; et sic porro. Hoc intelligitur per Domini responsum ad discipulos Johannis, interrogantis num Ille esset qui venturus:

"Annuntiate Johanni, quae auditis et videtis. Caeci vident, et claudi ambulant, leprosi mundantur, et surdi audiunt, mortui resurgunt, et pauperes audiunt Evangelium" (Matth. xi. 3-5).

 

Praeterea omnia miracula in Verbo memorata, in se continent talia quae Domini, caeli et ecclesiae sunt; per id sunt illa miracula Divina, et distinguuntur a miraculis non Divinis. Haec pauca sint illustrationi, quid sensus spiritualis, et quod ille sit in omnibus et singulis Verbi.

 

(2) 直訳〔ここは『真のキリスト教』199番に引用されている〕

Quod Dominus cum in mundo fuit, locutus sit per correspondentias, ita spiritualiter cum naturaliter, constare potest ex parabolis Ipsius, in quarum singulis vocibus inest sensus spiritualis. 主は世におられたとき、対応によって話されたこと、したがって自然的にとともに霊的に、その方のたとえから明らかにすることができる、それらの個々のことばの中に霊的な意味が内在する。

Exemplo sit Parabola de decem Virginibus. Dixit, 例である、十人の娘(処女)たとえ。言われた、

"Simile est regnum caelorum decem virginibus, quae accipientes lampadas suas exiverunt in occursum Sponsi. 「天の王国は十人の娘に似ている、彼女らは自分のともし(明り)を取って(握って)、花婿の出会い(出迎え)出て来た。

Quinque..ex illis erant prudentes, quinque vero stultae. 五人は…彼女たちから賢かった、けれども五人は愚か。

Quae erant stultae, accipientes lampadas suas non acceperunt..oleum, prudentes vero acceperunt oleum in... lampadibus suis. 愚かだった彼女らは、自分のともし(明り)を取って、油を受け取らなかった、けれども賢い者たちは油を受け取った、自分のともし(明り)の中に。

Tardante vero Sponso dormitarunt omnes et obdormierunt. けれども花婿が遅れて、すべての者がうとうととする、また眠り込んだ。

Media autem nocte, clamor factus est, Ecce Sponsus venit, exite in occursum Ejus. しかしながら、夜の真ん中に、叫び声が起った、見よ、花婿が来る、彼を出会い(出迎え)に出ろ。

Tunc expergefactae omnes virgines istae, et adornarunt lampadas suas. その時、そのすべての娘たちが目を覚まして、また自分のともし(明り)を整えた。

Verum stultae prudentibus dixerunt, Date nobis de oleo vestro, quia lampades nostrae exstinguuntur: けれども、愚かな者らは賢明な者たちに言った、私たちにあなたがたの油から与えよ、私たちのともし(明り)は消える。

verum responderunt prudentes, dicentes, Ne forte non sufficiat nobis et vobis; けれども、賢明な者たちは答えた、言って、ことによると私たちにまたあなたがたに十分でないか〔もしれない〕。

abite..potius ad vendentes, et emite vobis ipsis. 出かけよ、むしろ、売る者(のところ)に、そしてあなた自身で買え。

At abeuntibus illis ad emendum, venit Sponsus, et paratae ingressae sunt cum Ipso ad nuptias, et ostium clausum est. しかし、彼女らが買いに出かけているとき、花婿が来る、また用意のできた者たちはその方とともに婚礼〔の会場〕に入った、また入口は閉ざされた。

Et tandem veniunt etiam reliquae virgines, dicentes, Domine, Domine, aperi nobis; また最後に、残りの娘たちがやって来る、言って、主よ、主よ、私たちに開けよ。

Ille vero respondens dixit, Amen dico vobis, non novi vos" (Matth. xxv. 1-12). けれども彼は答えて、言った、まことに私はあたながたに言う、わたしはあなたがたを知らない」(マタイ25:1-12)

[2] Quod in singulis his sit sensus spiritualis, et inde Sanctum Divinum, non videt nisi qui scit quod sensus spiritualis sit, et qualis ille. [2] これらの個々のものの中に霊的な意味があることを、またここから神的な聖なるものが、霊的な意味があること、またそれがどんなものかを知る者でないなら、見ない。

In sensu spirituali per "regnum Dei" intelligitur caelum et ecclesia, per "Sponsum" Dominus, per "nuptias" conjugium Domini cum caelo et ecclesia per bonum amoris et fidei; 霊的な意味の中で、「神の王国」によって天界と教会が意味される、「花婿」によって主が、「婚礼」によって、愛と信仰の善によって天界と教会との主の結合が。

per "virgines" significantur illi qui ab ecclesia sunt, per "decem" omnes, per "quinque" aliquae, per "lampades" vera fidei, per "oleum" bonum amoris, per "dormire" et "expergisci" vita hominis in mundo quae naturalis et vita ejus post mortem quae spiritualis; 「娘たち」によって彼らが意味される、教会からである者、「十人」によってすべての者が、「五人」によってある者が、「ともし(明り)」によって信仰の真理が、「油」によって愛の善が、「眠ること」と「目覚めること」によって世の中の人間の生活(いのち)、それは自然的、またその生活(いのち)死後の、それは霊的。

per "emere," comparare sibi; 「買うこと」によって、自分自身に得ること。

per "ire ad vendentes et emere oleum," comparare sibi bonum amoris ab aliis post mortem; 「売る者に行くことと油を買うこと」によって、自分自身に愛の善を得ること、他の者から、死後。

et quia tunc non amplius comparatur, ideo tametsi cum lampadibus et empto oleo ad ostium, ubi nuptiae erant, venerunt, usque illis dictum est a Sponso, "Non novi vos:" また、その時、もはや得られないので、それゆえ、ともし(明り)ともに、たとえ油を買って、入口へ、そこに婚礼があった、来たとはいえ、それでも彼女らに花婿から言われた、「私はあなたがたを知らない(知らなかった)」。

causa est, quia homo post vitam in mundo manet qualis in mundo vixerat. 理由である、人間は世の中の生活の後、世の中で生きたようにとどまるから。

[3] Ex his patet quod Dominus per meras correspondentias locutus sit, et hoc quia ex Divino, quod in Ipso et Ipsius erat. [3] これらから明らかである、主は対応そのものによって話したこと、またこのことは神的なものから〔話された〕から〔である〕、それ〔神的なもの、神性〕はその方の中にあった、またその方のものであった。

Quod "Sponsus" significet Dominum, et "regnum caelorum" ecclesiam, et quod "nuptiae" significent conjugium Domini cum ecclesia per bonum amoris et fidei, "virgines" illos qui ab ecclesia, "decem" omnes, "quinque" aliquos, "dormire" statum naturalem, "emere" comparare sibi, "ostium" ingressum ad caelum, ac "non nosse," cum a Domino, non esse in amore Ipsius, constare potest a multis locis in Verbo Prophetico, ubi illa significant similia. 「花婿」が主を意味すること、また「天の王国」は教会を、また「婚礼」は、愛と信仰の善によって教会との主の結合を意味する、「娘」は彼らを、教会からの者、「十人」はすべての者を、「五人」はある者を、「眠ること」は自然的な状態を、「買うこと」は自分自身に得ること、「入口」は天界へ入ること、そして「知らないこと」は主から〔言われる〕とき、その方の愛の中にいないことを、預言者のみことばの中の多くの個所から明らかにすることができる、そこにそれらは同様のことを意味する。

Quia "virgines" significant illos qui ab ecclesia sunt, ideo toties in Verbo Prophetico dicitur Virgo et Filia Zionis, Hierosolymae, Israelis; 「娘(処女)」が彼らを意味するので、教会からの者たち、それゆえ、こんなにしばしば預言者のみことばの中に言われる、娘(処女)シオンの、エルサレムの、イスラエルの娘が。

et quia "oleum" significat bonum amoris, ideo omnia sancta Ecclesiae Israeliticae oleo ungebantur. また「油」は愛の善を意味したので、それゆえ、イスラエル教会のすべての聖なるものは油で油を注がれた。

Simile est in reliquis parabolis, et in omnibus verbis quae Dominus locutus est, et apud Evangelistas scripta sunt; 他のたとえの中で、またすべてのことばの中で同様である、それらは主が話された、また「福音書」に書かれた。

inde est quod Dominus dicat quod ここからである、主が言われたこと、そのことは、

Verba Ipsius spiritus et vita sint (Joh. vi. 63). その方のことばは霊であり、またいのちである(ヨハネ6:63)

[4] Simile est cum omnibus Domini miraculis; [4] 主のすべての奇跡に同様である。 

quae Divina erant, quia varios status, apud quos ecclesia a Domino instauranda erat, significaverunt: それらは神的である、いろいろな状態なので、主により設立されるべきものであった教会の者たちのもとの、意味したので。

ut quod "caeci receperint visum,"' significavit quod illi intelligentiam, qui in ignorantia veri fuerunt, acciperent; 例えば、「目しい(の者)が視力を受ける」ことは、彼が知性(理解力)を、真理の無知の中にいた者、得ることを意味した。

quod "surdi receperint auditum," significavit quod illi auscultarent et obedirent, qui nihil prius de Domino et de Verbo audiverunt; 「耳しい(の者)が聴力を受ける」ことは、彼が聞く、また従うことを意味した、主についてとみことばについて以前に何も聞かなかった者。

quod "mortui resuscitati sint," significavit quod vivi fierent qui alioquin spiritualiter perirent; 「死んだ者が生き返った」ことは、生き(るように)なったことを意味する、そうでなければ霊的に滅ぶ者が。

et sic porro. またこのようにさらに(その他)

Hoc intelligitur per Domini responsum ad discipulos Johannis, interrogantis num Ille esset qui venturus:− このことがヨハネの弟子たちに主の答えによって意味される、彼がやって来る者であるかどうかたずねて。
"Annuntiate Johanni, quae auditis et videtis.
 「ヨハネに報告せよ(知らせよ)、あなたがたが聞きまた見ることを。

Caeci vident, et claudi ambulant, leprosi mundantur, et surdi audiunt, mortui resurgunt, et pauperes audiunt Evangelium" (Matth. xi. 3-5). 目しいが見る、また足なえが歩く、らい病人が清められる、また耳しいが聞く、死者が生き返る、また貧しい者が福音を聞く」(マタイ11:3-5)

Praeterea omnia miracula in Verbo memorata, in se continent talia quae Domini, caeli et ecclesiae sunt;  さらに、みことばの中に記録されたすべての奇跡が、それ自体の中にこのようなものを含む、それらは主の、天界のまた教会のものである。

per id sunt illa miracula Divina, et distinguuntur a miraculis non Divinis. そのことによってそれらは神的な奇跡である、また神的でない奇跡から区別される。

Haec pauca sint illustrationi, quid sensus spiritualis, et quod ille sit in omnibus et singulis Verbi. これらは実例に〔するのに〕わずかである、何が霊的な意味か、また、それがみことばのすべてと個々のものの中にあること。

author:yasubee, category:原典講読『神の愛と知恵』, 23:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『神の愛と知恵』 目次など(その2)
 

PARS QUARTA.

第四部


QUOD DOMINUS AB AETERNO, QUI EST JEHOVAH, CREAVERIT UNIVERSUM ET OMNIA EJUS A SE IPSO, ET NON A NIHILO.

エホバであられる永遠からの主は、全世界とそのすべてのものを無からでなく、ご自身から創造された。  (n. 282)

QUOD DOMINUS AB AETERNO SEU JEHOVAH NON POTUERIT CREARE UNIVERSUM ET OMNIA EJUS, NISI ESSET HOMO.

永遠からの主、すなわちエホバは、人間でないなら、全世界とそのすべてのものを創造することはおできならなかった。(n. 285)

QUOD DOMINUS AB AETERNO SEU JEHOVAH EX SEIPSO PRODUXERIT SOLEM MUNDI SPIRITUALIS, ET EX ILLO CREAVERIT UNIVERSUM ET OMNIA EJUS.

永遠からの主、すなわちエホバは、ご自分から霊界の太陽を生み出され、その太陽から全世界とそのすべてのものを創造された。(n. 290)

QUOD TRIA IN DOMINO SINT, QUAE DOMINUS, DIVINUM AMORIS, DIVINUM SAPIENTIAE, ET DIVINUM USUS; ET QUOD ILLA TRIA SISTANTUR IN APPARENTIA EXTRA SOLEM MUNDI SPIRITUALIS, DIVINUM AMORIS PER CALOREM, DIVINUM SAPIENTIAE PER LUCEM, ET DIVINUM USUS PER ATMOSPHAERAM, QUAE CONTINENS.

主の中に主である三つのもの、愛の神的なもの、知恵の神的なもの、役立ちの神的なものがある。それらの三つのものは霊界の太陽の外に、熱によって愛の神的なものが、光によって知恵の神的なものが、容器である大気によって役立ちの神的なものが、これらの外観の中に示されている。(n. 296)

QUOD ATMOSPHAERAE, QUAE TRES SUNT IN UTROQUE MUNDO, SPIRITUALI ET NATURALI, IN ULTIMIS SUIS DESINANT IN SUBSTANTIAS ET MATERIAS, QUALES SUNT IN TERRIS.

霊界と自然界の両方の世界の中に三つある大気は、地にあるような実体と物質の中に、最後のものの中に終わる。(n. 302)

QUOD IN SUBSTANTIIS ET MATERIIS, EX QUIBUS SUNT TERRAE, NIHIL DIVINI IN SE SIT, SED QUOD USQUE ILLAE SINT A DIVINO IN SE.

地が存在するもとである実体と物質の中には、本質的に何も神性は存在しない、しかしそれでも、それらは本質的に神性から存在する。(n. 305)

QUOD OMNES USUS, QUI SUNT FINES CREATIONIS, SINT IN FORMIS, ET QUOD FORMAS ACCIPIANT EX SUBSTANTIIS ET MATERIIS QUALES SUNT IN TERRIS.

創造の目的であるすべての役立ちは、形の中にあり、形を地にあるような実体と物質から得ている。(n. 307)

(i.) Quod in terris sit conatus producendi usus in formis, seu formas usuum.

(i.) 地の中に、形の中の役立ちを、すなわち、役立ちの形を生み出すコナトュス(努力)がある。(n. 310)

(ii.) Quod in omnibus formis usuum sit aliqua imago creationis.

(ii.) 役立ちのすべての形の中に全世界の創造のある種の映像がある。(n. 313)

(iii.) Quod in omnibus formis usuum sit aliqua imago hominis.

(iii.) 役立ちのすべての形の中に人間のある種の映像がある。(n. 317)

(iv.) Quod in omnibus formis usuum sit aliqua imago Infiniti et Aeterni.

(iv.) 役立ちのすべての形の中に「無限なる者」と「永遠なる者」のある種の映像がある。(n. 318)

QUOD OMNIA UNIVERSI CREATI EX USIBUS SPECTATA REFERANT IN IMAGINE HOMINEM;

ET QUOD ID TESTETUR QUOD DEUS SIT HOMO.

役立ちから見られた創造された全世界のすべてのものは、人間の映像の中に映し出されている。そのことは神が人間であることを証ししている。(n. 319)

QUOD OMNIA QUAE A DOMINO CREATA SUNT, SINT USUS; ET QUOD IN EO ORDINE, GRADU ET RESPECTU SINT USUS, QUO SE REFERUNT AD HOMINEM, ET PER HOMINEM AD DOMINUM A QUO.

主により創造されたすべてのものは役立ちである。またその秩序、段階、関連の中に役立ちがあり、その役立ちにより人間に関係し、また人間を通してそれらが存在するもとであられる主に関係する。(n. 327)

Usus ad sustentandum Corpus,

身体を維持するための役立ち。(n. 331)

Usus ad perficiendum Rationale,

理性を完成するための役立ち。(n. 332)

Usus ad recipiendum Spirituale a Domino,

主から霊的なものを受け入れるための役立ち。(n. 333)

QUOD MALI USUS A DOMINO NON CREATI SINT, SED QUOD UNA CUM INFERNO ORTI.

悪い役立ちは主により創造されなかった、しかし、地獄と一緒に生じた。(n. 336)

(i.) Quid super tellure intelligitur per usus malos.

(i.) 地上の悪の役立ちによって何が意味されるか。(n. 338)

(ii.) Quod omnia quae usus mali sunt, sint in inferno, et quae usus boni, sint in caelo.

(ii.) 悪の役立ちであるすべてのものは地獄の中にあり、善の役立ちであるすべてのものは天界の中にある。(n.339)

(iii.) Quod influxus continuus sit e mundo spirituali in naturalem.

(iii.) 霊界から自然界の中へ絶え間のない流入がある。(n. 340)

(iv.) Quod influxus ex inferno operetur illa quae usus mali sunt, in locis ubi sunt illa quae correspondent.

(iv.) 地獄からの流入が悪の役立ちに働きかけ、その場所にはそれらに対応するものがある。(n. 341)

(v.) Quod ultimum spirituale separatum a superiori suo id operetur.

(v.) 高い霊的ものから分離された最も低い霊的なものが、そのことを働きかける。(n. 345)

(vi.) Quod binae formae sint, in quas operatio per influxum fit; forma vegetabilis et forma animalis.

(vi.) 二つの形、植物の形と動物の形があり、流入によってそれらの中への働き生じる。(n. 346)

(vii.) Quod utraque forma, dum existit, propagationis media accipiat.

(vii.) 両方の形は、存在するようになる時、繁殖の手段を受ける。(n. 347)

QUOD VISIBILIA IN UNIVERSO CREATO TESTENTUR, QUOD NATURA NIHIL PRODUXERIT, ET NIHIL PRODUCAT, SED QUOD OMNIA DIVINUM EX SE, ET PER MUNDUM SPIRITUALEM.

創造された全世界の中の見られるものは、自然が何も生み出さず、何も生み出さないことを、しかし、神的なものがそれ自体から、また霊界を通して、すべてのものを生み出すこと証ししている。(n. 349)

 

PARS QUINTA

第五部


QUOD A DOMINO APUD HOMINEM CREATA ET FORMATA SINT DUO RECEPTACULA ET HABITACULA IPSIUS, QUAE VOCANTUR VOLUNTAS ET INTELLECTUS; VOLUNTAS PRO DIVINO AMORE IPSIUS, ET INTELLECTUS PRO DIVINA SAPIENTIA IPSIUS.

意志と理解力と呼ばれる主の二つの容器と住まいは、その方の神的な愛のために意志が、その方の神的な知恵のために理解力が、主により人間のもとに創造され、形作られている。(n. 358)

QUOD VOLUNTAS ET INTELLECTUS, QUAE SUNT RECEPTACULA AMORIS ET SAPIENTIAE, SINT IN CEREBRIS IN [1]TOTO ET IN QUALIBET PARTE EORUM, ET INDE IN CORPORE IN TOTO ET IN QUALIBET PARTE EJUS.

愛と知恵の容器である意志と理解力は、脳の中に、その全体とそれぞれの部分の中にあり、ここから身体の中に、その全体とそれぞれの部分の中にある。(n. 362)

(i.) Quod amor et sapientia, et inde voluntas et intellectus, faciant ipsam vitam hominis.

(i.) 愛と知恵は、またここから意志と理解力は、人間のいのちそのものをつくる。 (n. 363)

(ii.) Quod vita hominis in principiis sit in cerebris, et in principiatis in corpore.

(ii.) 人間のいのちは、その源では脳の中にあり、また生したものの中では身体の中にある。(n. 365)

(iii.) Quod qualis vita est in principiis, talis sit in toto et in qualibet parte ejus.

(iii.) いのちが源でどのようなものであるかによって、全体の中でも、またそれぞれの部分の中でも、そのようなものである。(n. 366)

(iv.) Quod vita per principia illa sit ex qualibet parte in toto, et ex toto in qualibet parte.

(iv.) いのちは、その源を通して、それぞれの部分から全体の中に、また全体からそれぞれの部分の中にある。(n. 367)

(v.) Qualis est amor talis est sapientia, et inde talis est homo.

(v.) 愛がどのようなものであるかによって、知恵もそのようなものであり、またここから人間はそのようなものである。(n. 368)

QUOD CORRESPONDENTIA VOLUNTATIS CUM CORDE, ET INTELLECTUS CUM PULMONE SIT.

心臓と意志の対応があり、肺と理解力の対応がある。(n. 371)

(i.) Quod omnia mentis se referant ad voluntatem et intellectum, et omnia corporis ad cor et pulmonem.

(i.) 心のすべてのものは意志と理解力に、また身体のすべてのものは心臓と肺に関係する。(n. 372)

(ii.) Quod correspondentia voluntatis et intellectus sit cum corde et pulmone, et inde correspondentia omnium mentis cum omnibus corporis.

(ii.) 意志と理解力は心臓と肺に対応し、またここから心のすべてのものは身体のすべてのものと対応する(n. 374)

(iii.) Quod voluntas correspondeat cordi.

(iii.) 意志は心臓と対応する。(n. 378)

(iv.) Quod intellectus correspondeat pulmoni.

(iv.) 理解力は肺と対応する。(n. 382)

(v.) Quod per correspondentiam illam detegi possint multa arcana de voluntate et intellectu, ita quoque de amore et sapientia.

(v.) その対応によって、意志と理解力について、したがって愛と知恵についても、多くの秘義が明らかにされることができる。(n. 385)

(vi.) Quod mens hominis sit ejus spiritus, et quod spiritus sit homo, et quod corpus sit externum per quod mens seu spiritus sentit et agit in suo mundo.

(vi.) 人間の心は霊であり、霊は人間である。身体は、それによって心が、すなわち、霊が、その世界の中で感じ、活動する外なるものである。(n. 386)

(vii.) Quod conjunctio spiritus hominis cum corpore sit per correspondentiam voluntatis et intellectus ejus cum corde et pulmone ejus, et disjunctio per non correspondentiam.

(vii.) 人間の霊が身体と結合するのは、意志と理解力が心臓と肺に対応することに、また分離するのは対応がないことによっている。 (n. 390)

QUOD EX CORRESPONDENTIA CORDIS CUM VOLUNTATE ET INTELLECTUS CUM PULMONE, SCIRI POSSINT OMNIA QUAE DE VOLUNTATE ET INTELLECTU, SEU DE AMORE ET SAPIENTIA, ITA QUAE DE ANIMA HOMINIS, SCIRI POSSUNT.

意志と心臓の対応から、肺と理解力の対応から、意志と理解力について、したがって人間の霊魂について知られることができるすべてのことが知られることができる。(n. 394)

(i.) Quod amor seu voluntas sit ipsa vita hominis.

(i.) 愛または意志が人間のいのちそのものである。 (n. 399)

(ii.) Quod amor seu voluntas in humanam formam continue nitatur, et in omnia quae humanae formae sunt.

(ii.) 愛または意志は、人間の形の中へ、また人間の形であるすべてのものの中へ絶えず向かっている。(n. 400)

(iii.) Quod amor seu voluntas absque conjugio cum sapientia seu intellectu non possit per humanam suam formam aliquid facere.

(iii.) 愛または意志は、知恵または理解力との結婚がなくては、その人間の形によって何もすることができない。(n. 401)

(iv.) Quod amor seu voluntas praeparet domum seu thalamum pro futura conjuge, quae est sapientia seu intellectus.

(iv.) 愛または意志は、来るべき配偶者のために家または部屋を準備する、その配偶者は知恵または理解力である。(n. 402)

(v.) Quod amor seu voluntas praeparet omnia in humana sua forma, ut conjunctim cum sapientia seu intellectu possit agere.

(v.) 愛または意志は、知恵または理解力と結合して働くことができるために、すべてのものをその人間的な形の中に準備する。(n. 403)

(vi.) Quod cum nuptiae factae sunt, prima conjunctio sit per affectionem sciendi, ex qua affectio veri.

(vi.) 結婚が行なわれたとき、知ろうとする情愛を通して最初の結合があり、そこから真理の情愛が発する。(n. 404)

(vii.) Quod altera conjunctio sit per affectionem intelligendi, ex qua perceptio veri.

(vii.) 理解しようとする情愛を通して第二の結合があり、そこから真理の知覚が発する。(n. 404)

(viii.) Quod tertia conjunctio sit per affectionem videndi id, ex qua cogitatio.

(viii.) 真理を見ようとする情愛を通して第三の結合があり、そこから思考が発する。(n. 404)

(ix.) Quod amor seu voluntas per tres illas conjunctiones in sua vita sensitiva, et in sua vita activa sit.

(ix.) 愛または意志は、これらの三つの結合を通して、その感覚的ないのち中に、またその活動的ないのちの中にある。(n. 406)

(x.) Quod amor seu voluntas introducat sapientiam seu intellectum in omnia domus suae.

(x.) 愛または意志は、知恵または理解力を自分の家のすべてのものの中へ導き入れる。(n. 408)

(xi.) Quod amor seu voluntas nihil agat nisi in conjunctione cum sapientia seu intellectu.

(xi.) 愛または意志は、知恵または理解力と結合の中にないなら、何も行なわない。(n. 409)

(xii.) Quod amor seu voluntas se conjungat sapientiae seu intellectui, ac faciat ut sapientia seu intellectus reciproce conjungatur.

(xii.) 愛または意志は、自分を知恵または理解力に結合させ、そして知恵または理解力が相互に結合されるようにする。(n. 410)

(xiii.) Quod sapientia seu intellectus ex potentia sibi data ab amore [seu voluntate] possit elevari, ac recipere illa quae lucis sunt e caelo, ac percipere illa.

(xiii.) 知恵または理解力は、自分に与えられた力から愛または意志により高揚され、そして天界からの光に属するものを受け、そしてそれらを知覚することができる。(n. 413)

(xiv.) Quod amor seu voluntas possit similiter elevari, ac recipere illa quae caloris sunt e caelo, si amat suam conjugem sapientiam, in eo gradu.

(xiv.) 愛または意志も、その配偶者を、その段階の中で愛するなら、同様に高揚され、そして天界からの熱に属するものを知覚することができる。(n. 414)

(xv.) Quod amor seu voluntas alioquin retrahat sapientiam seu intellectum a sua elevatione, ut secum unum agat.

(xv.) そうでなければ、愛または意志は、自分と一つとして働くように、知恵または理解力をその高揚から引き戻す。(n. 416)

(xvi.) Quod amor seu voluntas purificetur in intellectu, si simul elevantur.

(xvi.) 愛または意志は、もし一緒に高揚されるなら、理解力の中で清められる。(n. 419)

(xvii.) Quod amor seu voluntas conspurcetur in intellectu, et ab illo, si non simul elevantur.

(xvii.) 愛または意志は、もし一緒に高揚されるないなら、理解力の中で、また理解力から汚される。(n. 421)

(xviii.) Quod amor purificatus a sapientia in intellectu fiat spiritualis et caelestis.

(xviii.) 理解力の中で知恵により清められた愛は、霊的に、また天的になる。(n. 422)

(xix.) Quod amor conspurcatus in intellectu et ab illo fiat naturalis, sensualis et corporeus.

(xix.) 理解力の中で、また理解力から汚された愛は、自然的にまた感覚的になる。(n. 424)

(xx.) Quod usque remaneat facultas intelligendi, quae vocatur rationalitas, et facultas agendi quae vocatur libertas.

(xx.) それでも、理性と呼ばれる理解する能力と自由と呼ばれる行動する能力は残る。(n. 425)

(xxi.) Quod amor spiritualis et caelestis sit amor erga proximum et amor in Dominum; et quod amor naturalis et sensualis sit amor mundi et amor sui.

(xxi.) 霊的な、また天的な愛は、隣人に対する愛と主への愛である。自然的な、また感覚的な愛は、世俗愛と自己愛である。(n. 426)

(xxii.) Quod simile sit cum charitate et fide, et cum illarum conjunctione, ut est cum voluntate et intellectu, et cum horum conjunctione.

(xxii.) 仁愛と信仰、またそれらの結合は、意志と理解力、またこれらの結合と同様である。(n. 427)

QUALE EST INITIAMENTUM HOMINIS A CONCEPTIONE.

妊娠による人間の最初の段階はどんなものであるか (n. 432)

 

* * *

蛇足ながら概括してみます。

第一部では「神の本質は愛と知恵である」こと、全世界は「神の愛と知恵から創造された」こと、またその世界は「神の愛と知恵を受け入れるもの」であることが述べられています。

第二部では「霊界の太陽」が述べられており、その熱が神の愛、その光が神の知恵です。この太陽と自然界の太陽から(その違いも述べられています)、創造がなされました。

第三部では「段階の教え」が展開されています。特に「高さの段階」は、よく理解すべきものであり、「対応」はこの高さの段階によっています。また「悪の起源」も述べられています。この第三部あたり(そして続いて第四部、第五部)が最もスヴェーデンボリらしい教えだと思います。

第四部は「役立ち」です。この役立ちが創造の目的であり、その中に想像のすべての映像が見られます。

第五部では特に「意志と理解力」を問題としています。神から愛と知恵の受け皿が人間の「意志と理解力」です。意志と理解力の間の関係を対応によって人体の心臓と肺の働きの間の関係で説明しています。

 このように「創造されたこの世、また人間」についてスヴェーデンボリ独特の教えが述べられています。

 

 ふと、思うことがあります、スヴェーデンボリはどのようなつもりで本書を著述したのか? また約250年後に、このように原典講読の「形」で(形が役立ちであることは本書で述べらています)ネット上で広められることを予想しただろうか? です。

* * *

author:yasubee, category:原典講読『神の愛と知恵』, 22:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『神の愛と知恵』 目次など(その1)
 

PARS PRIMA
第一部

QUOD AMOR SIT VITA HOMINIS.
愛は人間のいのちである。(n. 1)

QUOD DEUS SOLUS ITA DOMINUS SIT IPSE AMOR, QUIA EST IPSA VITA; ET QUOD ANGELI ET HOMINES SINT RECIPIENTES VITAE.

神おひとりが、したがって主が、いのちそのものであるので、愛そのものであられ、天使と人間はいのちを受け入れるものである。(n. 4)

QUOD DIVINUM NON SIT IN SPATIO.

神性は空間の中に存在しない。(n. 7)

QUOD DEUS SIT IPSE HOMO.

神は人間そのものであられる。(n. 11)

QUOD ESSE ET EXISTERE IN DEO HOMINE DISTINCTE UNUM SINT.

エッセとエキステレは神人間の中で区別のある一つのものである。(n. 14)

QUOD IN DEO HOMINE INFINITA DISTINCTE UNUM SINT.

神人間の中で無限のものは区別のある一つのものである。(n. 17)

QUOD SIT UNUS DEUS HOMO A QUO OMNIA.

唯一の神人間が存在し、そこからすべてのものがある。(n. 23)

QUOD IPSA DIVINA ESSENTIA SIT AMOR ET SAPIENTIA.

神的な本質そのものは愛と知恵である。(n. 28)

QUOD DIVINUS AMOR SIT DIVINAE SAPIENTIAE, ET QUOD DIVINA SAPIENTIA SIT DIVINI AMORIS.

神的な愛は神的な知恵のものであり、神的な知恵は神的な愛のものである。(n. 34)

QUOD DIVINUS AMOR ET DIVINA SAPIENTIA SIT SUBSTANTIA ET QUOD SIT FORMA.

神的な愛と神的な知恵は実体であり、形である。(n. 40)

QUOD DIVINUS AMOR ET DIVINA SAPIENTIA SINT SUBSTANTIA ET FORMA IN SE, ITA IPSUM ET UNICUM.

神的な愛と神的な知恵は本質的に実体と形であり、したがって本質と唯一のものである。(n. 44)

QUOD DIVINUS AMOR ET DIVINA SAPIENTIA NON POSSIT ALITER QUAM ESSE ET EXISTERE IN ALIIS A SE CREATIS.

神的な愛と神的な知恵は、それ自体から創造された他のものの中に存在し、存在するようになるしかありえない。(n. 47)

QUOD OMNIA IN UNIVERSO A DIVINO AMORE ET DIVINA SAPIENTIA DEI HOMINIS CREATA SINT.

全世界のすべてのものは、神人間の神的な愛と神的な知恵により創造された。 (n. 52)

QUOD OMNIA IN UNIVERSO CREATO SINT DIVINI AMORIS ET DIVINAE SAPIENTIAE DEI HOMINIS RECIPIENTIA.

創造された全世界のすべてのものは、神人間の神的な愛と神的な知恵を受け入れるものである。(n. 55)

QUOD OMNIA QUAE CREATA SUNT IN QUADAM IMAGINE REFERANT HOMINEM.

創造されたすべてのものは、ある種の映像の中に人間を映し出している。 (n. 61)

QUOD USUS OMNIUM QUAE CREATA SUNT, ASCENDANT PER GRADUS AB ULTIMIS AD HOMINEM, ET PER HOMINEM AD DEUM CREATOREM, A QUO.

創造されたすべてのものの役立ちは、最後のものから人間へ、また人間を通って、それらのもとである創造者神へ、段階によって上昇している。(n. 65)

QUOD DIVINUM IMPLEAT OMNIA SPATIA UNIVERSI ABSQUE SPATIO.

神性は空間なしに全世界のすべての空間を満たす。(n. 69)

QUOD DIVINUM SIT IN OMNI TEMPORE ABSQUE TEMPORE.

神性は時間なしにすべての時間の中に存在する。(n. 73)

QUOD DIVINUM IN MAXIMIS ET MINIMIS SIT IDEM.

神性は最大のものと最小のものの中で同一である。(n. 77)

 

PARS SECUNDA

第二部


QUOD DIVINUS AMOR ET DIVINA SAPIENTIA APPAREANT IN MUNDO SPIRITUALI UT SOL.

神的な愛と神的な知恵は、霊界で太陽として見られる。(n. 83)

QUOD EX SOLE, QUI EX DIVINO AMORE ET DIVINA SAPIENTIA EXISTIT, PROCEDAT CALOR ET LUX.

神的な愛と神的な知恵から存在するようになる太陽から熱と光が発出する。(n. 89)

QUOD SOL ILLE NON SIT DEUS, SED QUOD SIT PROCEDENS EX DIVINO AMORE ET DIVINA SAPIENTIA DEI HOMINIS: SIMILITER CALOR ET LUX EX ILLO SOLE.

その太陽は神ではなく、神人間の神的な愛と神的な知恵から発出するものであり、同様に熱と光もその太陽から発出するものである。(n. 93)

QUOD SPIRITUALIS CALOR ET LUX, A PROCEDENDO A DOMINO UT SOLE, UNUM FACIANT, SICUT IPSIUS DIVINUS AMOR ET DIVINA SAPIENTIA UNUM FACIUNT.

霊的な熱と光は、太陽としての主から発出し、神的な愛と神的な知恵そのものは一つとなっているように、一つとなっている。(n. 99)

QUOD SOL MUNDI SPIRITUALIS APPAREAT IN MEDIA ALTITUDINE DISTANS AB ANGELIS SICUT SOL MUNDI NATURALIS AB HOMINIBUS.

霊界の太陽は、人間から見られる自然界の太陽のように、天使たちから遠く離れた中間の高さに見える。

(n. 103)

QUOD DISTANTIA INTER SOLEM ET INTER ANGELOS IN MUNDO SPIRITUALI SIT APPARENTIA SECUNDUM RECEPTIONEM DIVINI AMORIS ET DIVINAE SAPIENTIAE AB ILLIS.

霊界の太陽天使たちの間の距離は、彼らによる神的な愛と神的な知恵の受け入れにしたがった外観である。(n. 108)

QUOD ANGELI SINT IN DOMINO, ET DOMINUS IN ILLIS; ET QUIA ANGELI SUNT RECIPIENTES, QUOD SOLUS DOMINUS SIT CAELUM.

天使たちは主の中にいる、主は彼らの中におられる。天使たちは受け入れるものなので、主だけが天界であられる。(n. 113)

QUOD IN MUNDO SPIRITUALI ORIENS SIT UBI DOMINUS UT SOL APPARET, ET QUOD RELIQUAE PLAGAE INDE SINT.

霊界の東は、主が太陽として見られるところであり、他の方位はここからである。(n. 119)

QUOD PLAGAE IN MUNDO SPIRITUALI NON SINT A DOMINO UT SOLE, SED QUOD SINT AB ANGELIS SECUNDUM RECEPTIONEM.

霊界の方位は太陽としての主からではなく、受け入れにしたがって天使たちによる。(n. 124)

QUOD ANGELI FACIEM SUAM JUGITER VERTANT AD DOMINUM UT SOLEM, ET SIC HABEANT MERIDIEM AD DEXTRUM, SEPTENTRIONEM AD SINISTRUM, ET OCCIDENTEM A TERGO.

天使たちは自分の顔を常に太陽としての主に向けている、こうして右に南、左に北、背後に西がある。(n. 129)

QUOD OMNIA INTERIORA TAM MENTIS QUAM CORPORIS ANGELORUM AD DOMINUM UT SOLEM VERSA SINT.

天使たちの心と同様に身体の内的なすべてのものは太陽としての主へ向いている。(n. 135)

QUOD UNUSQUISQUE SPIRITUS, QUALISCUNQUE SIT, AD AMOREM SUUM REGNANTEM SIMILITER SE VERTAT.

それぞれの霊は、どんな種類であっても自分を支配する愛へ向いていること  (n. 140)30

QUOD DIVINUS AMOR ET DIVINA SAPIENTIA, QUAE PROCEDUNT A DOMINO UT SOLE,

ET FACIUNT CALOREM ET LUCEM IN COELO, SIT DIVINUM PROCEDENS, QUOD EST SPIRITUS SANCTUS.

太陽としての主から発出している神的な愛と神的な知恵は、天界の熱と光をつくっている発出する神性であり、聖霊である。(n. 146)

QUOD DOMINUS UNIVERSUM ET OMNIA EJUS MEDIO SOLE, QUI EST PRIMUM PROCEDENS DIVINI AMORIS ET DIVINAE SAPIENTIAE, CREAVERIT.

主は、神的な愛と神的な知恵が最初に発出するものである全世界とそのすべてのものを創造された。(n. 151)

QUOD SOL MUNDI NATURALIS SIT PURUS IGNIS, ET INDE MORTUUS, ET QUOD NATURA,

QUIA EX ILLO SOLE DUCIT ORIGINEM, SIT MORTUA.

自然界の太陽は純粋な火であり、ここから死んだものであり、自然はその太陽から起源を導いているので、死んだものである。(n. 157)

QUOD ABSQUE BINO SOLE, UNO VIVO ET ALTERO MORTUO, NON DETUR CREATIO.

一つは生き、もう一つは死んだものである二つの太陽なしに、創造は存在しない。(n. 163)

QUOD FINIS CREATIONIS EXISTAT IN ULTIMIS, QUI EST, UT OMNIA REDEANT AD CREATOREM, AC UT SIT CONJUNCTIO.

創造の目的は、すべてのものは創造者に戻るように、そして結合があるようにと、存在する最後のものの中に存在するようになることである。(n. 167)

 

PARS TERTIA

第三部


QUOD IN MUNDO SPIRITUALI SINT ATMOSPHAERAE, AQUAE ET TERRAE, QUEMADMODUM IN MUNDO NATURALI; SED QUOD ILLAE SINT SPIRITUALES, HAE AUTEM NATURALES.

霊界に、自然界のように大気、水と地がある、しかし、前者は霊的であるが、後者は自然的である。(n. 173)

QUOD GRADUS AMORIS ET SAPIENTIAE SINT, ET INDE GRADUS CALORIS ET LUCIS, TUM GRADUS ATHMOSPHAERARUM.

愛と知恵の段階があり、またここから熱と光の段階があり、さらに大気の段階がある。(n. 179)

QUOD GRADUS DUPLICIS GENERIS SINT, GRADUS ALTITUDINIS ET GRADUS LATITUDINIS.

高さの段階と幅の段階の二種類の段階がある。(n. 184)

QUOD GRADUS ALTITUDINIS SINT HOMOGENEI, AC UNUS AB ALTERO IN SERIE, SICUT SUNT FINIS, CAUSA ET EFFECTUS.

高さの段階は同質であり、目的、原因、結果のように、一つは他のものから連続している。(n. 189)

QUOD GRADUS PRIMUS SIT OMNE IN OMNIBUS GRADUUM SEQUENTIUM.

最初の段階は、続くすべての段階の中のすべてである。(n195)

QUOD OMNES PERFECTIONES CRESCANT ET ASCENDANT CUM GRADIBUS ET SECUNDUM ILLOS.

すべての完全性は、段階とともに、段階にしたがって、増大し、上る。(n. 199)

QUOD IN ORDINE SUCCESSIVO PRIMUS GRADUS FACIAT SUPREMUM, AC TERTIUS INFIMUM;

AT QUOD IN ORDINE SIMULTANEO PRIMUS GRADUS FACIAT INTIMUM, AC TERTIUS EXTIMUM.

継続的な秩序の中で最初の段階は最高の段階となり、第三の段階は最も低い段階となる、しかし同時的な秩序の中で最初の段階は最内部となり、第三の段階は最外部となる。(n. 205)

QUOD GRADUS ULTIMUS SIT COMPLEXUS, CONTINENS ET BASIS GRADUUM PRIORUM.

最外部の段階は前の段階の合成物、容器、基礎である。(n. 209)

QUOD GRADUS ALTITUDINIS IN SUO ULTIMO SINT IN PLENO ET IN POTENTIA.

高さの段階は、その最終的な段階の中で完全なもの、力あるものになっている。(n. 217)

QUOD UTRIUSQUE GENERIS GRADUS SINT IN OMNIUM MAXIMIS ET MINIMIS QUAE CREATA SUNT.

創造された最大と最小のすべてのものの中に両方の種類の段階が存在する。(n. 222)

QUOD TRES GRADUS ALTITUDINIS INFINITI ET INCREATI SINT IN DOMINO, ET QUOD TRES GRADUS FINITI ET CREATI SINT IN HOMINE.

主の中で、高さの三つの段階は無限であり、創造されたものではない、人間の中で、三つの段階は有限であり、創造されたものである。(n. 230)

QUOD TRES ILLI GRADUS ALTITUDINIS IN QUOVIS HOMINE A NATIVITATE SINT, ET QUOD SUCCESSIVE POSSINT APERIRI, ET QUOD SICUT APERIUNTUR, HOMO IN DOMINO SIT, ET DOMINUS IN ILLO.

高さのこれらの三つの段階は、それぞれの人間の中に出生からあり、継続的に開かれることができ、開かれるに応じて、人間は主の中にいる、主は彼の中におられる。(n. 236)

QUOD LUX SPIRITUALIS INFLUAT PER TRES GRADUS APUD HOMINEM, SED NON CALOR SPIRITUALIS, NISI QUANTUM HOMO FUGIT MALA UT PECCATA, ET SPECTAT AD DOMINUM.

霊的な光は三つの段階を通って人間のもとに流入する、しかし、人間が悪を罪として避けないかぎり、また主に目を向けないなら、霊的な熱は流入しない。(n. 242)

QUOD HOMO, SI NON APUD ILLUM SUPERIOR GRADUS, QUI EST SPIRITUALIS, APERITUR, FIAT NATURALIS ET SENSUALIS.

人間は、彼のもとの霊的であるさらに高い段階が開かれないなら、自然的で感覚的になる。(n. 248)

(i.) Quid homo naturalis et quid homo spiritualis.

(i.) 自然的な人間とは何か、また霊的な人間とは何か。(n. 251)

(ii.) Qualis Naturalis homo est, apud quem spiritualis gradus apertus est.

(ii.) 霊的な段階が開かれている自然的な人間はどんなものであるか。(n. 252)

(iii.) Qualis est homo naturalis apud quem spiritualis gradus non apertus est, sed usque non occlusus.

(iii.) 霊的な段階が開かれていないが、しかしそれでも閉ざされていない自然的な人間はどんなものであるか。(n. 253)

(iv.) Qualis est naturalis homo, apud quem spiritualis gradus prorsus occlusus est.

(iv.) 霊的な段階が完全に閉ざされている自然的な人間はどんなものであるか。(n. 254)

(v.) Quale discrimen est inter vitam Naturalis hominis et inter vitam bestiae:

(v.) まったく自然的な人間のいのちと獣のいのちの間の相違はどんなものであるか。(n. 255)

QUOD GRADUS NATURALIS MENTIS HUMANAE IN SE SPECTATUS SIT CONTINUUS, SED QUOD PER CORRESPONDENTIAM CUM BINIS GRADIBUS SUPERIORIBUS, DUM ELEVATUR, APPAREAT SICUT SIT DISCRETUS.

本質的に眺められた人間の心の自然的な段階は、連続している、しかし、高揚される時、二つの高い段階と対応によって分離しているように見える。(n. 256)

QUOD MENS NATURALIS, QUIA EST CONTEGENS ET CONTINENS GRADUUM SUPERIORUM MENTIS HUMANAE, SIT REAGENS; ET QUOD SI NON APERIUNTUR GRADUS SUPERIORES, AGAT CONTRA ILLOS; AT SI APERIUNTUR, AGAT CUM ILLIS.

人間の自然的な心は、人間の心の高い段階のおおいであり、容器であるので、反応するものである。そして、高い段階が開かれないなら、それらに反して働く、しかし、開かれるなら、それらとともに働く。(n. 260)

QUOD ORIGO MALI SIT EX ABUSU FACULTATUM, QUAE HOMINIS PROPRIAE SUNT, ET VOCANTUR RATIONALITAS ET LIBERTAS.

悪の起源は、人間に固有のものであり、推理力と自由と呼ばれる能力の悪用からである。(n. 264)

(i.) Quod malus homo aeque ac bonus duabus illis facultatibus gaudeat.

(i.) 善い人間と等しく、悪い人間にも、それらの二つの能力が授けられている。(n. 266)

(ii.) Quod malus homo abutatur illis facultatibus ad confirmandum mala et falsa, et bonus homo utatur illis ad confirmandum bona et vera.

(ii.) 悪い人間はそれらを悪と虚偽を確認するために悪用し、善い人間はそれらを善と真理を確認するために用いる。(n. 267)

(iii.) Quod mala et falsa confirmata apud hominem permaneant, ac fiant amoris et vitae ejus.

(iii.) 人間のもとで確認された悪と虚偽は存続し、彼の愛に属するものと生活に属するものとなる。(n. 268)

(iv.) Quod illa, quae facta sunt amoris et inde vitae, ingenerentur proli.

(iv.) 愛とここから生活に属するのものとなったそれらのものは、子孫に伝えられる。(n. 269)

(v.) Quod omnia mala et inde falsa, tam ingenerata quam superinducta, in mente naturali resideant.

(v.) すべての悪とそこからの虚偽は、伝えられたものもさらに加えられたものも、自然的な心の中に住んでいる。(n. 270)

QUOD MALA ET FALSA IN OMNI OPPOSITO SINT CONTRA BONA ET VERA, QUIA MALA ET FALSA SUNT DIABOLICA ET INFERNALIA, AC BONA ET VERA SUNT DIVINA ET COELESTIA.

悪と虚偽は悪魔のものと地獄のものであり、善と真理は神のものと天界のものであるので、悪と虚偽は善と真理に対立するすべてのものの中にある。(n. 271)

(i.) Quod mens naturalis, quae in malis et inde falsis est, sit forma et imago inferni.

(i.) 悪とそこからの虚偽の中にある自然的な心は、地獄の形と映像である。(n. 273)

(ii.) Quod mens naturalis, quae est forma seu imago inferni, descendat per tres gradus.

(ii.) 地獄の形と映像である自然的な心は、三つの段階を通って下る。(n. 274)

(iii.) Quod tres gradus mentis naturalis, quae est forma et imago inferni, oppositi sint tribus gradibus mentis spiritualis, quae est forma et imago coeli.

(iii.) 地獄の形と映像である自然的な心の三つの段階は、天界の形と映像である霊的な心の三つの段階と対立している。(n. 275)

(iv.) Quod mens naturalis quae infernum, in omni opposito sit contra mentem spiritualem quae caelum.

(iv.) 地獄である自然的な心は、天界である霊的な心に対する、すべての対立するものの中にある。(n. 276)

QUOD OMNIA, QUAE TRIUM GRADUUM MENTIS NATURALIS SUNT, OPERIBUS, QUAE FIUNT PER ACTUS CORPORIS, INCLUSA SINT.

自然的な心の三つの段階のすべてのものは、身体の行動によってなされる行為に含まれている。(n. 277) 

author:yasubee, category:原典講読『神の愛と知恵』, 22:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『神の愛と知恵』 432
 

QUALE EST INITIAMENTUM HOMINIS A CONCEPTIONE.

妊娠による人間の最初の段階はどんなものであるか

 

(1) 原文

432.  Quale est initiamentum seu primitivum hominis in utero post conceptionem, nemo potest scire, quia id non potest videri; et quoque ex spirituali substantia est, quae per lucem naturalem non cadit in visum. Nunc quia aliqui in mundo tales sunt, ut intendant mentem etiam in indagationem primitivi hominis, quod est semen a patre, a quo fit conceptio; et quia multi ex illis in illum errorem lapsi sunt, quod homo sit in suo pleno a primo suo, quod est inchoamentum, et quod dein increscendo perficiatur, detectum mihi est, quale id inchoamentum seu primum est in sua forma. Hoc mihi detectum est ab angelis, quibus id revelatum est a Domino: qui quia id sapientiae suae fecerunt, ac jucundum sapientiae illorum est communicare aliis quod sciunt, ideo ex data venia formam initialem hominis in typo coram oculis meis in luce caeli sistebant; quae talis erat: Visa est sicut minima imago cerebri cum delineatione subtili alicujus faciei antrorsum, absque appendice. Hoc primitivum in superiore gibba parte erat compages ex globulis seu sphaerulis contiguis, et unaquaevis sphaerula erat compaginata ex adhuc minutioribus; et unaquaevis ex his similiter ex minutissimis; ita trium graduum erat; anterius in parte sima delineatum quid pro facie apparuit. Gibbosa pars erat tenuissima membrana seu meninge circumtecta, quae transparens. Gibba pars, quae erat typus cerebri in minimis, erat etiam divisa in binos quasi toros, sicut cerebrum in maximis est in bina haemisphaeria; et dictum est mihi, quod dexter torus esset receptaculum amoris, et sinister torus receptaculum sapientiae; et quod per mirificas consertiones essent sicut consortes et contubernales. Insuper monstratum est in luce caeli, quae affulsit, quod compages cerebelluli hujus interius esset quoad situm et fluxionem in ordine et in forma caeli, et quod compages ejus exterior esset in opposito contra illum ordinem et illam formam. Postquam haec visa et monstrata sunt, dixerunt angeli, quod bini interiores gradus, qui erant in ordine et in forma caeli, essent receptacula amoris et sapientiae a Domino; et quod exterior gradus, qui in opposito erat contra ordinem et formam caeli, esset receptaculum amoris et insaniae infernalis; ex causa, quia homo ex labe haereditaria nascitur in mala omnis generis; et quod mala illa resideant in extremis ibi; et quod illa labes non removeatur, nisi aperiantur gradus superiores, qui, ut dictum est, sunt receptacula amoris et sapientiae a Domino. Et quia amor et sapientia est ipse homo, est enim amor et sapientia in sua essentia Dominus, et hoc primitivum hominis est receptaculum, sequitur quod inde in primitivo illo sit continuus nisus in formam humanam, quam etiam successive induit.

F I N I S.

 

(2) 直訳

Quale est initiamentum seu primitivum hominis in utero post conceptionem, nemo potest scire, quia id non potest videri; 妊娠後の子宮の中での人間の最初の段階または発端はどんなものか、だれも知ることはできない、それは見られることはできないので。

Et quoque ex spirituali substantia est, quae per lucem naturalem non cadit in visum. そしてまた霊的な実体からである、それは自然的な光によって視覚の中に落ち込まない。

Nunc quia aliqui in mundo tales sunt, ut intendant mentem etiam in indagationem primitivi hominis, quod est semen a patre, a quo fit conceptio; 今(そこで)、世の中のある者はこのようであるので、心を向けるような、さらにまた見つけ出すこと(探求)人間の最初の段階に、それは父からの精子である、それにより妊娠が生じる。

et quia multi ex illis in illum errorem lapsi sunt, quod homo sit in suo pleno a primo suo, quod est inchoamentum, et quod dein increscendo perficiatur, detectum mihi est, quale id inchoamentum seu primum est in sua forma. また多くの者はそれらから、それらの誤りの中に落ち込んでいるので、人間はその最初からその完全さの中にあること、それは始まりである、またその後、大きくなって完成させられること、私に示された、それが始まりまたは最初にその形の中でどんなであるか。

Hoc mihi detectum est ab angelis, quibus id revelatum est a Domino: このことが私に天使たちにより明かされた(示された)、それは彼らに主により啓示された。

qui quia id sapientiae suae fecerunt, ac jucundum sapientiae illorum est communicare aliis quod sciunt, ideo ex data venia formam initialem hominis in typo coram oculis meis in luce caeli sistebant; 彼らはそれを自分たちの知恵のものとしたので、そして知っていることを他の者に伝達することは彼らの知恵の楽しさである〔ので〕、それゆえ、許可が与えられた(から)、類型の中に人間の最初の形を私の目の前に天界の光の中で示した。

quae talis erat:− それはこのようなものであった―

Visa est sicut minima imago cerebri cum delineatione subtili alicujus faciei antrorsum, absque appendice. 脳の最小の映像のように見られた、前方に顔の何らかのものが細かく(はっきりと)郭を描いたものとともに、付属物なしに。

Hoc primitivum in superiore gibba parte erat compages ex globulis seu sphaerulis contiguis, et unaquaevis sphaerula erat compaginata ex adhuc minutioribus; この最初の段階は、上の突出した部分の中で、接触する小球または小球体からの(合成された)造であった、またそれぞれの小球体はさらに微小なものからの(合成された)構造であった。

et unaquaevis ex his similiter ex minutissimis; またそれぞれはこれらから〔であった〕同様に最も微小なものからの。

ita trium graduum erat; このように三段階であった。

anterius in parte sima delineatum quid pro facie apparuit. 前部のくぼんだ(凹状の)☆部分に何か輪郭を描かれたものが顔として見られた。

sumusを英訳は「平らな」としています。

Gibbosa pars erat tenuissima membrana seu meninge circumtecta, quae transparens. 突出した部分はごく薄い膜または脳膜でおおわれていた、それは透明〔である〕。

Gibba pars, quae erat typus cerebri in minimis, erat etiam divisa in binos quasi toros, sicut cerebrum in maximis est in bina haemisphaeria; 突出した部分は、それは最小の〔形の〕脳の類型であった、さらにまた二つに分かれていた、あたかも隆起(突起)のように、最大の〔形の〕脳が二つの半球に〔分かれている〕ように。

et dictum est mihi, quod dexter torus esset receptaculum amoris, et sinister torus receptaculum sapientiae; また私に言われた、右の隆起(突起)は愛の容器であること、また左の隆起(突起)は知恵の容器であること。

et quod per mirificas consertiones essent sicut consortes et contubernales. また驚くべき接合によって配偶(仲間)同居仲間のようであったこと。

Insuper monstratum est in luce caeli, quae affulsit, quod compages cerebelluli hujus interius esset quoad situm et fluxionem in ordine et in forma caeli, et quod compages ejus exterior esset in opposito contra illum ordinem et illam formam. 他に天界の光の中で示された、それは照らした、この小さい小脳の(合成された)構造の内部は位置(姿勢)と流動に関して天界の秩序の中と形の中にあった、またその(合成された)構造の外部はその秩序とその形に関して正反対であった。

Postquam haec visa et monstrata sunt, dixerunt angeli, quod bini interiores gradus, qui erant in ordine et in forma caeli, essent receptacula amoris et sapientiae a Domino; これらが見られ、示された後に、天使たちは言った、二つの内的な段階は、それらは天界の秩序の中と形の中にあった、主からの愛と知恵の容器であった。

et quod exterior gradus, qui in opposito erat contra ordinem et formam caeli, esset receptaculum amoris et insaniae infernalis; また、外的な段階は、それらは天界の秩序と形に関して正反対であった、地獄の愛と狂気の容器であった。

ex causa, quia homo ex labe haereditaria nascitur in mala omnis generis; 理由から〔である〕、人間は遺伝の堕落(欠陥)から、すべての種類の悪の中に生まれているから〔である〕。

et quod mala illa resideant in extremis ibi; またその悪はそこに最外部の中に住んでいること。

et quod illa labes non removeatur, nisi aperiantur gradus superiores, qui, ut dictum est, sunt receptacula amoris et sapientiae a Domino. またこの堕落(欠陥)は取り去られないこと、もし上の段階が開かれないなら、それは、言われたように、主からの愛と知恵の容器である。

Et quia amor et sapientia est ipse homo, est enim amor et sapientia in sua essentia Dominus, et hoc primitivum hominis est receptaculum, sequitur quod inde in primitivo illo sit continuus nisus in formam humanam, quam etiam successive induit. また愛と知恵は人間そのものであるので、なぜなら、愛と知恵はその本質では主であるから、また人間のこの最初の段階は容器である、いえる、ここからその最初の段階の中に絶え間ない努力あること、人間の形の中への、さらにまたそれを引き続いて着(まとう)

 

(3) 訳文

432. 妊娠後の子宮の中での人間の最初の段階または発端はどんなものか、見ることができないので、だれも知ることはできない。そしてまた、自然的な光によって視覚の中に落ち込まない霊的な実体からである。そこで、世の中のある者は、父からの精子による妊娠の中に、人間の最初の段階に、心を向け、さらにまた探求するような者であり、また多くの者は、人間は始まりであるその最初からその完全さの中にあり、その後、大きくなって完成する、という誤りの中に落ち込んでいるので、それが始まりまたは最初にその形の中でどんなであるか、私に示された。このことが私に天使たちにより示されたが、それは彼らに主により啓示されたものである。彼らはそれを自分たちの知恵のものとし、そして知っていることを他の者に伝達することは彼らの知恵の楽しさであるので、それゆえ、許しが与えられて、類型の中に人間の最初の形を私の目の前に天界の光の中で示したのである。それは次のようなものであった―

 脳の最小の映像のようなものが見られ、そこには前方に何らかの顔が付属物なしにはっきりと描かれていた。この最初の段階のものは、突出した上の部分の中は、接触する小球または小球体からの合成された構造であり、またそれぞれの小球体はさらに微小なものからの合成された構造であった。またそのそれぞれは同様に最も微小なものから合成された構造であり、このように三段階であった。前部のくぼんだ部分に顔を描いたものが見られた。突出した部分は透明なごく薄い膜または脳膜でおおわれていた。突出した部分は、最小の形の脳の類型であって、最大の形の脳が二つの半球に分かれているように、あたかも隆起するかのように、さらにまた二つに分かれていた。私は、隆起は愛の容器であり、左の隆起は知恵の容器である、と言われた。また驚くべき接合によって配偶者や同居仲間のようであった。他にも天界の光で照らされて、この小さい()脳の構造の内部は位置と流動に関して天界の秩序と形の中にあり、またその構造の外部はその秩序と形に関して正反対であったことを示された。

これらが見られ、示された後に、天使たちは言った。天界の秩序と形の中にあった二つの内的な段階は主からの愛と知恵の容器である。また、天界の秩序と形に関して正反対であった外的な段階は地獄の愛と狂気の容器である。人間は遺伝の欠陥から、すべての種類の悪の中に生まれているのがその理由である。またその悪はそこの最外部の中に住んでいる。またこの欠陥は、〔これまで〕述べたように、主からの愛と知恵の容器である上の段階が開かれないなら、取り去られない。また愛と知恵は人間そのものであり、なぜなら、愛と知恵はその本質では主であるから、また人間のこの最初の段階は容器であるので、ここからその最初の段階の中に絶え間ない、人間の形の中への努力が、さらにまたその形を引き続いてまとおうとする努力あることがいえる。

 

F I N I S.

終わり

 

これで終わりですが、この『神の愛と知恵に』何が書いてあったか、総復習する意味で、直訳のままであった各章の『見出し』を、原文とその訳文とともに、この後、述べます。すなわち「目次」です。

 

(4) 『神の愛と知恵』を終えて

 感想を述べます。スヴェーデンボリの著作では本書がいちばんむずかしいと思います。そして「この世、この世界とは何だろう、何のためにあるのだろう、そしてそこに生きる人間とは?」という疑問に対する解答を与えています。この世を偶然の所産として片づけては、あまりに浅はか、愚かしいです。この読者にそうした人はいないはずです。とっくに見限って他のサイトを見ているでしょう。

この世は神の愛と知恵の産物です。この世にある何を見ても、そこには神の愛と知恵が宿っています。そのことを気づかせてくれる本です。結果からこの世を見るのではなく、目的からこの世を見る、このような見方をするとき、この世がこれまでとは別ものに見えてきます。

author:yasubee, category:原典講読『神の愛と知恵』, 23:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『神の愛と知恵』 430, 431
 

(1) 原文

430.  Omnia quae in hac Parte de amore et sapientia dicta sunt, dici possunt de charitate et fide, modo pro charitate intelligatur amor spiritualis, et pro fide veritas per quam intelligentia. Simile est si dicatur voluntas et intellectus, sive amor ac intelligentia, quoniam voluntas est receptaculum amoris, ac intellectus est receptaculum intelligentiae.

 

(2) 直訳

Omnia quae in hac Parte de amore et sapientia dicta sunt, dici possunt de charitate et fide, modo pro charitate intelligatur amor spiritualis, et pro fide veritas per quam intelligentia. すべてのものは、それらはこの部の中で愛と知恵について言われた、仁愛と信仰について言われることができる、もし仁愛の代わりに霊的な愛が意味されるなら、また信仰の代わりに真理が〔意味されるなら〕、それによって理解力(知性)〔がある〕。

Simile est si dicatur voluntas et intellectus, sive amor ac intelligentia, quoniam voluntas est receptaculum amoris, ac intellectus est receptaculum intelligentiae. 同様である、もし意志と理解力と言われる、あるいは愛と理解力(知性)、意志は愛の容器であるので、そして理解力は理解力(知性)の容器である。

 

(3) 訳文

430. この第五部の中で愛と知恵について言われたすべてのものは、もし仁愛の代わりに霊的な愛が意味され、また信仰の代わりに真理が意味されるなら、仁愛と信仰についても言われることができ、その真理から知性があるのである。意志は愛の容器であり、そして理解力は知性の容器であるので、意志と理解力と言うのも、あるいは愛と知性と言うのも同じである

 

(1) 原文

431.  His adjiciam hoc memorabile. In caelo omnes, qui usus faciunt ex affectione usus, ex communione, in qua sunt, trahunt quod sint aliis sapientiores et feliciores; ac usus facere illis ibi est, sincere, recte, juste et fideliter agere in opere quod ejus officii est. Hoc vocant charitatem, ac adorationes quae sunt cultus vocant signa charitatis, et reliqua vocant debita et beneficia: dicentes quod dum quisque sincere, recte, juste et fideliter facit opus quod ejus officii est, commune in suo bono subsistat et persistat; et quod hoc sit in Domino esse, quoniam omne quod a Domino influit est usus, ac influit a partibus in commune, et a communi ad partes. Partes ibi sunt angeli, et commune est societas illorum.

 

(2) 直訳

His adjiciam hoc memorabile. ここに私はこの注目すべき出来事(メモラビリア)を付け加えたい。

(4) メモラビリアMemorabiliaについて、を参照。

In caelo omnes, qui usus faciunt ex affectione usus, ex communione, in qua sunt, trahunt quod sint aliis sapientiores et feliciores; 天界の中のすべての者は、役立ちへの情愛から役立ちを行なう者、交際から、その中にいる、他の者たちよりも☆さらに賢明である、また幸福であることを引き寄せる。

比較級では比較の対象は奪格です。

ac usus facere illis ibi est, sincere, recte, juste et fideliter agere in opere quod ejus officii est. そしてそこに、彼らに〔とって〕役立ちを行なうことは、誠実に、正しく、正当(公正)、また忠実に、働くことの中で行なうことである、彼の職務(任務)あること。

Hoc vocant charitatem, ac adorationes quae sunt cultus vocant signa charitatis, et reliqua vocant debita et beneficia: このことを仁愛と呼ぶ、そして崇拝を、それは礼拝のものである、仁愛のしるしと呼ぶ、また残りの(他の)ものを義務(負い目)と善行(恩恵)と呼ぶ。

dicentes quod dum quisque sincere, recte, juste et fideliter facit opus quod ejus officii est, commune in suo bono subsistat et persistat; 言って、だれもが誠実に、正しく、正当(公正)、また忠実に働きを行なう時、彼の職務(任務)あること、共通の(公共の)ものは善の中にとどまる(存続する)、また続く。

et quod hoc sit in Domino esse, quoniam omne quod a Domino influit est usus, ac influit a partibus in commune, et a communi ad partes. また、このことが主の中にいることであること、主から流入するものはすべて役立ちであるので、そして部分から共通のものの中に流入する、また共通の(公共の)ものから部分に。

Partes ibi sunt angeli, et commune est societas illorum. 部分はそこに天使たちである、また共通の(公共の)ものは彼らの社会である。

 

(3) 訳文

431. ここに私は次の注目すべき出来事(メモラビリア)を付け加えたい。役立ちへの情愛から役立ちを行なう天界の中のすべての者は、その交りから、他の者たちよりも賢明であり、幸福であるものを引き寄せている。そしてそこでは、彼らにとって役立ちを行なうことは、自分の職務働きの中で、誠実に、正しく、公正に、忠実に行なうことである。彼らは、このことを仁愛と呼び、そして礼拝のものである崇拝を仁愛のしるしと呼ぶ、また他のものを義務と善行と呼び、だれもが誠実に、正しく、公正に、忠実に、自分の職務の働きの中で行なう時、公共のものは善の中にとどまり、続き、このことが主の中にいることである、と言っている。主から流入するものはすべて役立ちであり、部分から共通のものの中に、また共通のものから部分に流入するからである。部分とはそこの天使たちであり、共通のものとは彼らの社会である。

 

(4) メモラビリアMemorabiliaについて

 形容詞memorabilisは「記憶に値する、記憶すべき、注目すべき」という意味です。この中性形を名詞として「記憶すべき出来事、注目すべき出来事」または「メモラビリア」という意味になります。厳密にいえば単数形がmemorabileで複数形がmemorabiliaです(データ(資料)ラテン語dataに由来し、これは複数形で、もしも単一の資料ならdatumでしょうが、dataとしていますね、それと同じです)

 モモラビリアで有名なものはなんといっても『真のキリスト教』の各章末に付けられたものです。私が最初に読んだスヴェーデンボリの著作は『真のキリスト教』であり、特にメモラビリアを興味深く読みました。これは単なる付け足しの霊界物語ではありません。和訳書では省略されていますが、原著では目次に続き、INDEX MEMORABILIUM(メモラビリア索引)があり、77の物語のその要約が載せています。そして最後にはQuod illa, quae in Memorabilibus quae post catita sunt, vera sint…「章末にあるメモラビリアは真実である」とまで書いています。本文中にも最後の851番に同趣旨のことを書いています。スヴェーデンボリにとって本文を補う追加記事ではなく「同じことが、預言者にも、弟子のヨハネにも見られた」と述べていることから、このメモラビリアが『啓示書』であることの証拠である、と言いたかったのだと思います。

他に、このメモラビリアが目立つ著作は『啓示された黙示録』そして『結婚愛』です。(独特の価値のある重要な内容が含まれているものなので、これは「メモ」と訳す言葉ではないでしょう)

author:yasubee, category:原典講読『神の愛と知恵』, 23:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『神の愛と知恵』 428, 429
 

(1) 原文

428.  Illi autem qui in amore spirituali sunt, qui est amor erga proximum, non habent sapientiam vitae suae inscriptam, sed habent intelligentiam; nam sapientiae est facere bonum ex affectione boni, at intelligentiae est facere bonum ex affectione veri, ut supra dictum est. Hi nec sciunt quid fides: si nominatur fides intelligunt veritatem, et cum nominatur charitas intelligunt facere veritatem: et cum dicitur quod credendum sit, dicunt hoc vanam loqutionem esse, et aiunt "Quis non credit verum?" Hoc dicunt quia vident verum in luce sui caeli; quare credere quod non vident, vocant vel simplicitatem vel fatuitatem. Hi sunt qui faciunt pulmonicum caeli, de quo etiam supra.

 

(2) 直訳

Illi autem qui in amore spirituali sunt, qui est amor erga proximum, non habent sapientiam vitae suae inscriptam, sed habent intelligentiam; しかしながら、彼らは、霊的な愛の中にいる者たちは、それ〔愛〕は隣人に対する愛である、刻み込まれた自分のいのちの(生活)恵を持っていない、しかし、理解(知性)持っている。

nam sapientiae est facere bonum ex affectione boni, at intelligentiae est facere bonum ex affectione veri, ut supra dictum est. なぜなら、知恵は善への情愛から善を行なうことであるから、しかし、理解(知性)は真理への情愛から善を行なうことである。

Hi nec sciunt quid fides: これらの者は信仰とは何かも知らない。

si nominatur fides intelligunt veritatem, et cum nominatur charitas intelligunt facere veritatem: もし信仰の名前が挙げられる(ことが言われる)と真理を理解する、また仁愛の名前が挙げられる(ことが言われる)とき真理☆を行なうことを理解する。

veritasverumについて (4) 参照。

et cum dicitur quod credendum sit, dicunt hoc vanam loqutionem esse, et aiunt "Quis non credit verum?" また信じられなければならないことが言われるとき、これは空虚な話し方であると言う、また、「だれが真理(真実)を信じないのか?」と言う。

verusまたはveruについて(4) 参照。

Hoc dicunt quia vident verum in luce sui caeli; 彼らはこのことを言う、真理を天界の自分の光の中で見るので。

quare credere quod non vident, vocant vel simplicitatem vel fatuitatem. それゆえ、見ないものを信じることを、あるいは単純あるいは愚かさと呼ぶ。

Hi sunt qui faciunt pulmonicum caeli, de quo etiam supra. これらの者である、天界の肺をつく(構成する)者たち、そのことについてもまた上に。

 

(3) 訳文

428. しかし、隣人に対する愛である霊的な愛の中にいる者たちは、自分のいのちの(生活)刻み込まれた恵は持たないで、刻み込まれた知性を持っている。なぜなら、知恵は善への情愛から善を行なうことである、しかし、知性は真理への情愛から善を行なうことであるからこれらの者は信仰とは何かも知らない。信仰のことが言われるなら、と真理を理解し、また仁愛のことが言われるとき、真理を行なうことを理解する。また、信じられなければならない、と言われるとき、これはむだな話し方であると言い、「だれが真理を信じないのか?」と言う。彼らは真理を天界の自分の光の中で見ているので、このことを言うのである。それゆえ、見ないものを信じることを、単純あるいは愚かと呼ぶ。これらの者が、天界の肺を構成する、そのことについてもまた前に述べた。

 

(4) Verum Veritas についての雑談 (via, veritas, vita)

 ここにverumveritaが出てきます。普通はどちらも「真理」と訳します。でも、スヴェーデンボリは厳密ではありませんが、使い分けをしています。

 名詞verumは形容詞verusの中性形と同じです、というよりも形容詞verusの中性形を「抽象名詞」とした見なすのがよいと思います。さてverusの意味は「ほんとうの、真の」という意味です。それでverumは「ほんとうこと、真実」そしてその対象が「思考」などなら「真理」となります。それで一般的に「真理」を意味する言葉はverumです。

 一方、veritasは女性名詞であり、抽象名詞でそれが女性の場合「性質」を表わします。強引な言い方をすれば「真実性」「真性」です。意味としては「真理、真実」で同じになってしまいますが、受け入れた真理に一致する行動としての「誠意」や「誠実」の意味もあります。スヴェーデンボリは特に「主と結びつく真理」、「主からの真理」に、このことばを使用してます。使い分けのだいたいのところを簡単にいえば、事実としての真理がverumであり、神からのまぎれもない真理がveritasです。

 さてveritasで私がすぐに思い出すことば、「ヨハネ福音書」14:6 の「わたしは道であり、真理であり、いのちです」があります。ラテン語で Ego sum via, et veritas, et vita. とうまく「v-, v-, v-」の語呂合わせとなっていて、印象的です(原典のギリシア語ではそうならない)

 

(1) 原文

429.  Illi autem qui in amore naturali spirituali sunt, non habent sapientiam nec intelligentiam vitae suae inscriptam, sed habent aliquid fidei ex Verbo, quantum hoc charitati conjunctum est. Hi quia non sciunt quid charitas, nec an fides sit veritas, non possunt inter illos in caelis esse, qui in sapientia et in intelligentia sunt, sed inter illos qui in sola scientia. At illi qui mala fugerunt ut peccata, in ultimo caelo sunt, et ibi in luce simili luci nocturnae lunari. Sed qui se non confirmaverunt in fide ignoti, et simul in aliqua affectione veri fuerunt, illi instructi ab angelis secundum receptionem veritatum, ac vitam secundum illas, elevantur in societates illorum, qui in amore spirituali et inde intelligentia sunt; hi fiunt spirituales, reliqui manent naturales spirituales. Ast qui in fide separata a charitate vixerunt, removentur et ablegantur in deserta, quia non in aliquo bono sunt, ita non in aliquo conjugio boni et veri, in quo sunt omnes qui in caelis sunt.

 

(2) 直訳

Illi autem qui in amore naturali spirituali sunt, non habent sapientiam nec intelligentiam vitae suae inscriptam, sed habent aliquid fidei ex Verbo, quantum hoc charitati conjunctum est. しかしながら、彼らは、霊的な自然的な愛の中にいる者たちは、刻み込まれた自分のいのちの(生活)恵も理解力(知性)も持っていない、しかし、みことばからの信仰の何らかのものを持っている、これが仁愛に結合しているかぎり。

Hi quia non sciunt quid charitas, nec an fides sit veritas, non possunt inter illos in caelis esse, qui in sapientia et in intelligentia sunt, sed inter illos qui in sola scientia. これらの者は、仁愛とは何か知らないので、信仰が真理であるどうかも、天界の中の彼らの間にいることができない、その者たちは知恵の中と理解力(知性)の中にいる、しかし、彼らの間に、その者たちは単なる知識の中に。

At illi qui mala fugerunt ut peccata, in ultimo caelo sunt, et ibi in luce simili luci nocturnae lunari. しかし、彼らは、悪を罪として避けた者たちは、最も低い天界の中にいる、またそこに夜の月の光に似た光の中に。

Sed qui se non confirmaverunt in fide ignoti, et simul in aliqua affectione veri fuerunt, illi instructi ab angelis secundum receptionem veritatum, ac vitam secundum illas, elevantur in societates illorum, qui in amore spirituali et inde intelligentia sunt; しかし、「知らない者の」信仰☆1を自分自身に確信しないで、また同時に真理への情愛の何らかのものの中にいた者たちは、天使たちから教えられた彼らは真理の受け入れにしたがって、そしてそれにしたがった生活を☆2、彼らの社会の中に高揚される、その者たちは霊的な愛の中に、またここから理解力(知性)の中にいる。

形容詞ignotusは「知られていない、未知の」という意味です。このまま直訳すると「知られていない信仰」となって、文意から逸脱します。Hodierna fides est fides ignoti「今日の信仰は「知らない者の」信仰である」(信仰についての教え1番)ということであって、真理を「知らないで」、ただ(信じ込まされて)信じる信仰を意味します。意味を汲んで自由に訳せば長島訳「信仰については、分からないまま心に固めてしまわずに…」となります。

2 「生活を」、「高揚される」では、舌足らずの著述かな、と思います。「生活を送って」と付け足します。

hi fiunt spirituales, reliqui manent naturales spirituales. これらの者は霊的になる、残りの者は霊的な自然的なものにとどまる。

Ast qui in fide separata a charitate vixerunt, removentur et ablegantur in deserta, quia non in aliquo bono sunt, ita non in aliquo conjugio boni et veri, in quo sunt omnes qui in caelis sunt. けれども、仁愛から分離した信仰の中に生きた者たちは、荒野(人の住んでいないさびしい場所)に移される(追放される)、また遠ざけられる、何らかの善の中にいないので、したがって善と真理の何らかの思考の中に、その中に天界の中にいるすべての者がいる。

 

(3) 訳文

429. しかし、霊的な自然的な愛の中にいる者たちは、自分のいのちの(生活)に刻み込まれた恵も知性も持っていないで、みことばからの信仰の何らかのものを、これが仁愛に結合しているかぎり、持っている。これらの者は、仁愛とは何か、信仰が真理であるどうかも知らないので、知恵と知性の中にいる天界の中にいる者たちの間にいることはできずに、単なる知識の中にいる者たちの間にいる。しかし、悪を罪として避けた者たちは、最も低い天界の中に、またそこの夜の月の光に似た光の中にいる。しかし、「知らない者の」信仰を確信しないで、また同時に何らかの真理への情愛の中にいた者たちは、天使たちから教えられて、真理の受け入れにしたがって、そしてその真理にしたがった生活を送って、霊的な愛の中に、またここから知性の中にいる者たちの社会の中に高揚されるこれらの者は霊的になり、残りの者は霊的な自然的なままにとどまる。けれども、仁愛から分離した信仰の中に生きた者たちは、荒野に追放されて、遠ざけられる。天界の中のすべての者がいる何らかの善の中にいないから、ここから善と真理の何らかの思考の中にいないからである。

author:yasubee, category:原典講読『神の愛と知恵』, 23:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『神の愛と知恵』 427
 

(1) 原文

427.  (xxii.) Quod simile sit cum charitate et fide, et cum illarum conjunctione, ut est cum voluntate et intellectu, et cum horum conjunctione. Sunt bini amores, secundum quos caeli distincti sunt, amor caelestis et amor spiritualis: amor caelestis est amor in Dominum, et amor spiritualis est amor erga proximum. Distinguuntur hi amores per id, quod amor caelestis sit amor boni, ac amor spiritualis sit amor veri; illi enim qui in amore caelesti sunt, faciunt usus ex amore boni, et illi qui in amore spirituali sunt, faciunt usus ex amore veri. Conjugium amoris caelestis est cum sapientia, ac conjugium amoris spiritualis est cum intelligentia; sapientiae enim est facere bonum ex bono, ac intelligentiae est facere bonum ex vero; quare amor caelestis facit bonum, ac amor spiritualis facit verum. Discrimen inter hos binos amores non potest describi quam per haec; quod illi qui in amore caelesti sunt, sapientiam vitae suae inscriptam habeant, et non memoriae; quae causa est, quod non de Divinis veris loquantur, sed quod faciant illa. At illi qui in amore spirituali sunt, sapientiam memoriae suae inscriptam habent; quare loquuntur de Divinis veris, ac faciunt illa ex principiis in memoria. Quia illi qui in amore caelesti sunt, sapientiam vitae suae inscriptam habent, ideo quicquid audiunt, illico percipiunt num verum sit vel non; et cum interrogantur num verum, respondent solum vel quod sit, vel quod non sit. Hi sunt qui intelliguntur per haec Domini verba,

 

"Sermo vester erit Immo immo, Non non" (Matth. v. 37) :

 

et quia tales sunt, non volunt aliquid audire de fide; dicentes, "Quid fides? estne sapientia? et quid charitas? estne facere?" Et quum illis dicitur quod fides sit credere, quod non intelligitur, avertunt se, dicentes, "Hic delirat." Hi sunt qui in tertio caelo sunt, et qui omnium sapientissimi sunt. Tales facti sunt in mundo illi, qui Divina quae audiverunt, statim applicuerunt vitae, aversando mala sicut infernalia, et adorando solum Dominum. Hi quia in innocentia sunt, apparent aliis sicut infantes; et quia nihil de veris sapientiae loquuntur, et nihil ex fastu inest sermoni illorum, apparent etiam simplices. Sed usque dum audiunt aliquem loquentem, ex sono percipiunt omnia amoris ejus, et ex loquela omnia intelligentiae ejus. Hi sunt qui in conjugio amoris et sapientiae sunt a Domino; et qui cardiacum caeli referunt, de quo prius.

 

(2) 直訳

(xxii.) Quod simile sit cum charitate et fide, et cum illarum conjunctione, ut est cum voluntate et intellectu, et cum horum conjunctione.− (xxii.) 仁愛と信仰とに、またそれらの結合とに同様であること、意志と理解力とに、またこれらの結合とにのように。

Sunt bini amores, secundum quos caeli distincti sunt, amor caelestis et amor spiritualis: 二つの愛がある、それらにしたがって天界は区別される、天的な愛と霊的な愛。

amor caelestis est amor in Dominum, et amor spiritualis est amor erga proximum.  天的な愛は主への愛である、また霊的な愛は隣人に対する愛である。

Distinguuntur hi amores per id, quod amor caelestis sit amor boni, ac amor spiritualis sit amor veri; これらの愛はそれによって区別される、天的な愛は善への愛である、そして霊的な愛は真理への愛であること。

illi enim qui in amore caelesti sunt, faciunt usus ex amore boni, et illi qui in amore spirituali sunt, faciunt usus ex amore veri. というのは、彼らは、天的な愛の中にいる者たちは、善への愛から役立ちを行なうから、また、彼らは、霊的な愛の中にいる者たちは、真理への愛から役立ちを行なうから。

Conjugium amoris caelestis est cum sapientia, ac conjugium amoris spiritualis est cum intelligentia; 天的な愛の結婚は知恵とである、そして霊的な愛の結婚は理解力とである。

sapientiae enim est facere bonum ex bono, ac intelligentiae est facere bonum ex vero; というのは、善から善を行なうことは知恵のものであるから、そして真理から善を行なうことは理解力のものであるから。

quare amor caelestis facit bonum, ac amor spiritualis facit verum. それゆえ、天的な愛は善を行なう、そして霊的な愛は真理を行なう。

Discrimen inter hos binos amores non potest describi quam per haec; これら二つの間の相違は記述されることができない、これらによって以外に。

quod illi qui in amore caelesti sunt, sapientiam vitae suae inscriptam habeant, et non memoriae; 彼らは、天的な愛の中にいる者たちは、刻み込まれた自分のいのちの(生活)恵を持っている、また記憶の〔知恵〕でなく。

quae causa est, quod non de Divinis veris loquantur, sed quod faciant illa. それが理由である、神的な真理について話さないこと、しかし、それらを行なうこと。

At illi qui in amore spirituali sunt, sapientiam memoriae suae inscriptam habent; しかし、彼らは、霊的な愛の中にいる者たちは、刻み込まれた自分の記憶の恵を持っている。

quare loquuntur de Divinis veris, ac faciunt illa ex principiis in memoria. それゆえ、神的な真理について話す、そして、それらを行なう、記憶の中の原理から。

Quia illi qui in amore caelesti sunt, sapientiam vitae suae inscriptam habent, ideo quicquid audiunt, illico percipiunt num verum sit vel non; 彼らは、天的な愛の中にいる者たちは、刻み込まれた自分のいのちの(生活)恵を持っているので、それゆえ、どんなものでも聞く〔と〕、直ちに知覚する、真理であるか、あるいはないか。

et cum interrogantur num verum, respondent solum vel quod sit, vel quod non sit. また真理かどうか質問されるとき、ただ答える、あるいはそうであること、あるいはそうでないこと。

Hi sunt qui intelliguntur per haec Domini verba, これらの者たちである、これらの主のことばによって意味される者たちは、

"Sermo vester erit Immo immo, Non non" (Matth. v. 37) : 「あなたがたのことばは、むしろ(実に)1、むしろ(実に)、いいえ、いいえ、でありなさい☆2(マタイ 5:37)

1 immoをスヴェーデンボリは「〜というようりはむしろ」それと「実に」の意味で用いています。するとここは奇妙です、それで調べてみました。(4) Ita ita, Non nonについて、を参照。訳は変えます。☆2 eritsumの現在法未来三人称単数です。「命令法」に三人称はないので、三人称の未来時制がその役割を果たします。

et quia tales sunt, non volunt aliquid audire de fide; またこのようであるので、信仰について何らかのものを聞くことを欲しない。

dicentes, "Quid fides? estne sapientia? et quid charitas? estne facere?" 言って、「信仰とは何か? 知恵ではないのか? また仁愛とは何か? 行なうことではないのか?」

Et quum illis dicitur quod fides sit credere, quod non intelligitur, avertunt se, dicentes, "Hic delirat." また彼らに言われるとき、信仰は信じることであること、理解されないことを、自分自身を背かせる、言って、「この者は気が狂っている」。

Hi sunt qui in tertio caelo sunt, et qui omnium sapientissimi sunt. これらの者たちは、彼らは第三の天界の中にいる、また彼らはすべての最高の知恵〔の持ち主〕である。

Tales facti sunt in mundo illi, qui Divina quae audiverunt, statim applicuerunt vitae, aversando mala sicut infernalia, et adorando solum Dominum. 彼らはこのようなものを世の中で獲得した、その者たちは神的なものを、それを聞いた、直ちに生活に当てはめた、悪を地獄のもののように追い払って、また主だけを崇拝して。

Hi quia in innocentia sunt, apparent aliis sicut infantes; これらの者たちは、無垢の中にいるので、他の者たちに幼児のように見える。

et quia nihil de veris sapientiae loquuntur, et nihil ex fastu inest sermoni illorum, apparent etiam simplices. また知恵の真理については何も話さない、また高慢からの何も彼らの談話の中に内在しないので、単純な者たちにもまた見える。

Sed usque dum audiunt aliquem loquentem, ex sono percipiunt omnia amoris ejus, et ex loquela omnia intelligentiae ejus. しかし、それでもだれかの話を聞く時、音声から彼の愛のすべてのものを知覚する、また話しから彼の知性のすべてのものを。

Hi sunt qui in conjugio amoris et sapientiae sunt a Domino; これらの者たちは、主から愛と知恵の結婚の中にいる。

et qui cardiacum caeli referunt, de quo prius. また、彼らは天界の心臓を映し出す(対応する、表わす)、そのことについて、前に。

 

(3) 訳文

427. (xxii.) 仁愛と信仰は、またそれらの結合は、意志と理解力と、またこれらの結合と同様である―

 天的な愛と霊的な愛の二つの愛があり、それらにしたがって天界は区別される。天的な愛は主への愛であり、霊的な愛は隣人に対する愛である。これらの愛は、天的な愛は善への愛であること、また霊的な愛は真理への愛であることによって区別される。というのは、天的な愛の中にいる者たちは善への愛から役立ちを行ない、、霊的な愛の中にいる者たちは真理への愛から役立ちを行なうから。天的な愛は知恵と結婚し、また霊的な愛は理解力と結婚する。というのは、善から善を行なうことは知恵のものであり、また真理から善を行なうことは理解力のものであるから。それゆえ、天的な愛は善を行ない、また霊的な愛は真理を行なう。これら二つの間の相違は、次のことよってでしか記述されることができない。天的な愛の中にいる者たちは、記憶でなく、自分のいのち(生活)刻み込まれた恵を持っている。それが、神的な真理について話さないで、それらを行なうことの理由である。しかし、霊的な愛の中にいる者たちは、自分の記憶に刻み込まれた恵を持っている。それゆえ、神的な真理について記憶の中の原理から話し、また、それらを行なう。天的な愛の中にいる者たちは、自分のいのち(生活)刻み込まれた恵を持っているので、それゆえ、どんなことでも聞くと、直ちに、真理であるか、あるいはないか知覚する。また真理かどうか質問されるとき、ただ、「そうである」、あるいは「そうではない」と答える。これらの者が、次の主のことばによって意味される者たちである、

 

「あなたがたのことばは、そうです、そうです、いいえ、いいえ、でありなさい」(マタイ 5:37)

 

 またこのようであるので、「信仰とは何か? 知恵ではないのか? また仁愛とは何か? 行なうことではないのか?」と言って、信仰について何らかのものを聞こうとしない。また彼らに、信仰とは理解されないことを信じることである、と言われるとき、彼らは、「この者は気が狂っている」と言って、身を背ける。これらの者たちは第三の天界の中にいて、すべての最高の知恵の持ち主である。彼らは世で、神的なものを聞くと直ちに生活に当てはめ、悪を地獄のもののように追い払い、また主だけを崇拝して、このようなものを獲得したのである。これらの者たちは無垢の中にいるので、他の者たちには幼児のように見える。また知恵の真理については何も話さず、また彼らの談話の中に高慢からものは何も内在しないので、単純な者たちにも見える。しかし、それでもだれかの話を聞く時、音声から彼の愛のすべてのものを、また話しから彼の知性のすべてのものを知覚する。これらの者たちは主から愛と知恵の結婚の中にいる。また、彼らは天界の心臓に対応しているが、そのことについては前に述べた。

 

(4) Ita ita, Non non について

 (確かita itaだと思っていたので)「変だな」と思い、調べてみました。まず調べたのが手持ちのウルガータ(Vulgata)であり、「EST EST NON NON」でした。これはこれでよいでしょう。

スヴェーデンボリの著作では、句読点や大文字、小文字の多少の差はありますが、二種類の表現が混在していました!

 Immo immo, Non non は「愛と知恵」427、「神の摂理」219:3、「秘義」2842:10の三つだけ。


 
Ita ita, Non non は「秘義」202, 2716:6, 3246:2, 9166:2, 9818, 9942:11,10124:2, 10786、
「天界と地獄」271, (214, 214これは脚注)、「天界の教え」121、「宇宙間の諸地球」169、「講解」14、以上です。

 

 おそらく参照した聖書が異なるのだろうと思います。本書『神の愛と知恵』と『神の摂理』は姉妹書といえる同時期の著作なので一致している(同じ聖書を用いた)のはうなずけますが、『天界の秘義』2842:10はどういうことでしょうか? これは原著の第三巻(2760~4044)であり、この個所を著述するときだけ、別の聖書を用いたのでしょうか?

 (彼が、二種類の聖書、「シュミディウスSchmidius」版と「カステーリョCastellio」版を用いたことはわかっています、おもに引用したのは「シュミディウス」版です)

author:yasubee, category:原典講読『神の愛と知恵』, 23:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『神の愛と知恵』 426
 

(1) 原文

426.  (xxi.) Quod amor spiritualis et caelestis sit amor erga proximum et amor in Dominum; et quod amor naturalis et sensualis sit amor mundi et amor sui. Per amorem erga proximum intelligitur amor usuum, et per amorem in Dominum intelligitur amor faciendi usus, ut prius ostensum est. Causa quod hi amores sint spirituales et caelestes, est quia amare usus, et facere illos ex amore illorum, est separatum ab amore proprii hominis; nam qui spiritualiter amat usus, is non se, sed alios extra se, quorum bono afficitur, spectat. His amoribus oppositi sunt amores sui et mundi, nam hi non spectant usus propter alios, sed propter se; et qui hoc faciunt, invertunt ordinem Divinum, ac se ponunt loco Domini, et mundum loco caeli; inde est quod spectent retro a Domino et a caelo; et spectare retro ab illis, est ad infernum; sed plura de his amoribus videantur supra (n. 424). Sed homo amorem faciendi usus propter usus non sentit et percipit, sicut amorem faciendi usus propter se; inde quoque nescit, dum usus facit, num illos propter usus aut propter se faciat. At sciat, quod tantum faciat usus propter usus, quantum fugit mala; nam quantum haec fugit, tantum non a se facit usus, sed a Domino; malum enim et bonum sunt opposita, quare quantum quis non in malo est, tantum in bono est. Nemo in malo et in bono potest simul esse, quia nemo potest duobus dominis simul servire. Haec dicta sunt, ut sciatur, quod tametsi homo non sensu percipit, num usus quos facit, sint propter usus, aut num sint propter se, hoc est, num usus sint spirituales, vel num sint mere naturales, usque id scire possit ex eo, num cogitat mala esse peccata vel non: si cogitat esse peccata, et propterea non facit illa, tunc usus quos facit sunt spirituales; et hic dum ex aversatione fugit peccata, tunc etiam incipit sensu percipere amorem usuum propter usus, et hoc ex spirituali jucundo in illis.

 

(2) 直訳

(xxi.) Quod amor spiritualis et caelestis sit amor erga proximum et amor in Dominum; et quod amor naturalis et sensualis sit amor mundi et amor sui.− (xxi.) 霊的な、また天的な愛は、隣人に対する愛と主への愛であること。また自然的な、また感覚的な愛は世俗愛と自己愛であること。

Per amorem erga proximum intelligitur amor usuum, et per amorem in Dominum intelligitur amor faciendi usus, ut prius ostensum est. 隣人に対する愛によって役立ちへの愛が意味される、また主への愛によって役立ちを行なう愛が意味される、前に示されたように。

Causa quod hi amores sint spirituales et caelestes, est quia amare usus, et facere illos ex amore illorum, est separatum ab amore proprii hominis; この愛が霊的なものと天的なものであることの理由は、役立ちへの愛であるからである、またそれらの愛からそれを行なうことは人間のプロプリウムの愛から分離している〔から〕。

nam qui spiritualiter amat usus, is non se, sed alios extra se, quorum bono afficitur, spectat. なぜなら、霊的に役立ちを愛する者は、彼は〔眺めるのは〕自分自身ではない、しかし、自分自身の外の他の者である、その善に動かされるから、眺める。

His amoribus oppositi sunt amores sui et mundi, nam hi non spectant usus propter alios, sed propter se; この愛に自己と世への愛は反している、なぜなら、これら〔の愛〕は他の者のための役立ちを眺めない、しかし、自分自身のための。

et qui hoc faciunt, invertunt ordinem Divinum, ac se ponunt loco Domini, et mundum loco caeli; また、このことを行なう者は、神的な秩序をひっくり変えす、そして、自分自身を主の代わりに置く、また世を天界の代わりに。

inde est quod spectent retro a Domino et a caelo; ここからである、主から、天界から後ろ向きに眺める。

et spectare retro ab illis, est ad infernum; またそれらから後ろ向きに眺めることは、地獄に向けて〔眺めること〕である。

sed plura de his amoribus videantur supra (n. 424). しかし、これらの愛について多くのものが上に(424)見られる。

Sed homo amorem faciendi usus propter usus non sentit et percipit, sicut amorem faciendi usus propter se; しかし、人間は役立ちのために役立ちを行なう愛を感じない、知覚しない、自分自身のために役立ちを行なう愛をのように。

inde quoque nescit, dum usus facit, num illos propter usus aut propter se faciat. ここからもまた知らない、役立ちを行なう時、それらを役立ちのためにまたは自分自身のために行なうのかどうか。

At sciat, quod tantum faciat usus propter usus, quantum fugit mala; しかし、彼は知らなければならない☆、それだけ役立ちのための役立ちを行なうこと、どれだけ悪を避けるか〔によって〕。

sciatは接続法現在三人称単数、三人称に対する命令法は接続法を用います。

nam quantum haec fugit, tantum non a se facit usus, sed a Domino; なぜなら、どれだけこれを避けるか〔によって〕、それだけ自分自身から役立ちを行なわないから、しかし、主から。

malum enim et bonum sunt opposita, quare quantum quis non in malo est, tantum in bono est. というのは、悪と善は対立してい(正反対である)、それゆえ、だれかがどれだけ悪の中にいないか〔によって〕、それだけ善の中にいるから。

Nemo in malo et in bono potest simul esse, quia nemo potest duobus dominis simul servire. だれも悪の中と善の中に同時にいることはできない、だれも二人の主人に同時に仕えることはできないので。

Haec dicta sunt, ut sciatur, quod tametsi homo non sensu percipit, num usus quos facit, sint propter usus, aut num sint propter se, hoc est, num usus sint spirituales, vel num sint mere naturales, usque id scire possit ex eo, num cogitat mala esse peccata vel non: これらのことが言われた、知られるために、人間は感覚とともに☆知覚しないとはいえ、役立ちが、それを行なう、役立ちのためのものであるかどうか、または自分自身のためのものであるかどうか、すなわち、役立ちが霊的なものであるかどうか、あるいは単なる自然的なものであるかどうか、それでもそれをそれ(eo)から知ることができる、悪が罪である、あるいは〔罪で〕ないと考えるかどうか。

sensu「感覚で」とは、頭の中だけで知覚するのでなく、「肌で感じる」「体感する」といったニュアンスでしょうか。

si cogitat esse peccata, et propterea non facit illa, tunc usus quos facit sunt spirituales; もし罪と考えるなら、またさらにそれを行なわない、その時、役立ちは、それを行なう、霊的なものである。

et hic dum ex aversatione fugit peccata, tunc etiam incipit sensu percipere amorem usuum propter usus, et hoc ex spirituali jucundo in illis. またこの者が嫌悪から罪を避ける時、その時もまた、役立ちのための役立ちの愛を感覚とともに知覚することを始める、またこのことはその〔役立ちの〕中の霊的な楽しさから。

 

(3) 訳文

426. (xxi.) 霊的な、また天的な愛は、隣人に対する愛と主への愛であること。また自然的な、また感覚的な愛は世俗愛と自己愛であること―

 前に示されたように、隣人に対する愛によって役立ちへの愛が意味され、また主への愛によって役立ちを行なう愛が意味される。この愛が霊的、また天的である理由は、役立ちへの愛であるからであり、またそれらの愛から役立ちを行なうことは人間のプロプリウムの愛から分離しているからである。なぜなら、霊的に役立ちを愛する者は、自分自身ではなく、自分自身の外の他の者に目を向け、その善に動かされるから。この愛に自己と世への愛は反している、なぜなら、これらの愛は他の者のための役立ちでなく、自分自身のための役立ちに目を向けるから。また、このことを行なう者は、神的な秩序をひっくり変えし、そして、主のところに自分自身を、また天界のところに世を置く。ここから、主を後ろにして、天界を後ろにして目を向ける。またそれらを後ろにして目を向けることは、地獄に目を向けることである。しかし、これらの愛について多くのものが前に見られる(424)。しかし、人間は自分自身のために役立ちを行なう愛をのようには、役立ちのために役立ちを行なう愛を感じないし、知覚しない。ここから、役立ちを行なう時、それらを役立ちのためにまたは自分自身のために行なうのかどうかもまた知らない。しかし、悪を避けるほど、それだけ役立ちのための役立ちを行なうことを知らなければならない。なぜなら、悪を避けるほど、それだけ自分自身から役立ちを行なわずに、主から行なうから。というのは、悪と善は正反対のものであり、それゆえ、人間が悪の中にいないほど、それだけ善の中にいるから。だれも二人の主人に同時に仕えることはできないので、だれも同時に悪と善の中にいることはできない。これらのことが言われたのは、行なう役立ちが、役立ちのためのものであるか、または自分自身のためのものであるかどうか、すなわち、役立ちが霊的なものであるか、あるいは単なる自然的なものであるかどうか、人間は感覚とともに知覚しないとはいえ、それでも、悪が罪であるかあるいは罪でないと考えるかによって、そのことを知ることができる、このことが知られるためである。もし罪と考え、またさらにそれを行なわないなら、その時、行なう役立ちは霊的である。またこの者が嫌悪から罪を避ける時もまた、役立ちのための役立ちの愛を感覚とともに知覚し始める、そしてこのことはその役立ちの中の霊的な楽しさからである。

author:yasubee, category:原典講読『神の愛と知恵』, 23:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『神の愛と知恵』 425
 

(1) 原文

425.  (xx.) Quod usque remaneat facultas intelligendi, quae vocatur rationalitas, et facultas agendi quae vocatur libertas. De his binis facultatibus, quae homini sunt, actum est supra (n. 264-267). Illae binae facultates homini sunt, ut possit a naturali fieri spiritualis, quod est regenerari. Nam, ut supra dictum est, amor hominis est qui spiritualis fit, et regeneratur; et ille non potest spiritualis fieri seu regenerari, nisi per intellectum suum sciat quid malum et quid bonum, et inde quid verum et quid falsum; haec cum scit, potest eligere unum aut alterum; et si eligit bonum, potest per intellectum suum informari de mediis, per quae ad bonum possit venire. Omnia media, per quae homo venire potest ad bonum, sunt provisa. Illa media scire et intelligere est ex rationalitate; et illa velle et facere, est ex libertate. Libertas etiam est velle scire, intelligere et cogitare illa. De his facultatibus, quae vocantur rationalitas et libertas, non sciunt aliquid illi, qui credunt ex doctrina ecclesiae, quod spiritualia seu theologica transcendant intellectum, et quod ideo absque intellectu credenda sint; hi non possunt aliter quam facultatem, quae vocatur rationalitas, negare. Ac illi qui credunt ex doctrina ecclesiae, quod nemo possit bonum facere a se, et quod ideo non bonum ex aliqua voluntate faciendum sit salutis causa, hi non possunt aliter quam ex principio religionis utramque illam facultatem, quae homini est, negare. Ideo etiam illi, qui se confirmaverunt in illis, post mortem secundum fidem suam orbantur utraque, et loco quod potuerint in libero caelesti esse, in libero infernali sunt; et loco quod potuerint ex rationalitate in sapientia angelica esse, in insania infernali sunt. Et, quod mirum est, agnoscunt utramque illam facultatem dari in faciendo mala, et in cogitando falsa; non scientes quod liberum faciendi mala sit servum, ac rationale cogitandi falsa sit irrationale. At probe sciendum est, quod utraque illa facultas, libertas et rationalitas, non sint hominis, sed quod sint Domini apud hominem, et quod non appropriari possint homini ut ejus; tum quod non dari possint homini ut ejus, sed quod continue sint Domini apud illum; et tamen quod nusquam homini auferantur; causa est, quia homo absque illis non potest salvari, nam absque illis non potest regenerari, ut supra dictum est. Quare homo ab ecclesia instruitur, quod non possit verum cogitare a se, nec bonum facere a se. Sed quia homo non percipit aliter, quam quod verum cogitet a se, et bonum faciat a se, evidenter patet, quod credere debeat, quod verum cogitet sicut a se, et quod bonum faciat sicut a se: nam si hoc non credit, tunc vel non cogitat verum, nec facit bonum, et sic ei nulla religio est; vel cogitat verum et facit bonum a se, et tunc quod Divinum est, sibi addicat. Quod homo verum cogitare et bonum facere [debeat] sicut a se, videatur in Doctrina Vitae pro Nova Hierosolyma, a principio ad finem.

 

(2) 直訳

(xx.) Quod usque remaneat facultas intelligendi, quae vocatur rationalitas, et facultas agendi quae vocatur libertas.− (xx.) それでも、理解する能力は、それは理性と呼ばれる、また行動する能力は、それは自由と呼ばれる、残ること。

De his binis facultatibus, quae homini sunt, actum est supra (n. 264-267). これらの二つの能力について、それらは人間にある、上に扱われた(264-267)

Illae binae facultates homini sunt, ut possit a naturali fieri spiritualis, quod est regenerari. それら二つの能力は人間にある、自然的なものから霊的なものになることができるように、それは再生されること。

Nam, ut supra dictum est, amor hominis est qui spiritualis fit, et regeneratur; なぜなら、上に言われたように、人間の愛であるから、霊的なものになるものは、また再生される。

et ille non potest spiritualis fieri seu regenerari, nisi per intellectum suum sciat quid malum et quid bonum, et inde quid verum et quid falsum; また彼は霊的になることまたは再生されることはできない、もし自分の理解力によって何が悪かまた何が善か知るのでないなら、またここから何が真理かまた何が虚偽か。

haec cum scit, potest eligere unum aut alterum; これらを知るとき、一つまたは他を選ぶことができる。

et si eligit bonum, potest per intellectum suum informari de mediis, per quae ad bonum possit venire. またもし善を選ぶなら、自分の理解力によって手段について教えられることができる、それによって善にやって来ることができる。

Omnia media, per quae homo venire potest ad bonum, sunt provisa. すべての手段が、それによって人間は善にやって来ることができる、備えられている。

Illa media scire et intelligere est ex rationalitate; それらの手段を知ることと理解することは「推理力から」である。

et illa velle et facere, est ex libertate. またそれらを意志することと行なうことは、「自由から」である。

Libertas etiam est velle scire, intelligere et cogitare illa. さらにまた自由は意志することである、知ること、理解すること、またそれらを考えることを。

De his facultatibus, quae vocantur rationalitas et libertas, non sciunt aliquid illi, qui credunt ex doctrina ecclesiae, quod spiritualia seu theologica transcendant intellectum, et quod ideo absque intellectu credenda sint; これらの能力について、それらは推理力と自由と呼ばれる、彼らは何らかのものを知らない、教会の教えから信じる者ら、霊的なものまたは神学は理解力を超えている、またそれゆえ、理解力なしに信じなければならないこと。

hi non possunt aliter quam facultatem, quae vocatur rationalitas, negare. これらの者は能力よりも異なって否定することができない、それは推理力と呼ばれる。

Ac illi qui credunt ex doctrina ecclesiae, quod nemo possit bonum facere a se, et quod ideo non bonum ex aliqua voluntate faciendum sit salutis causa, hi non possunt aliter quam ex principio religionis utramque illam facultatem, quae homini est, negare. そして、彼らは、教会の教えから信じる者ら、だれも自分自身から善を行なうことはできないこと、またそれゆえ、何らかの意志(望み)から善を行なってはならないこと、救いのために、これらの者は〔この〕宗教の原理から両方のそれらの能力よりも異なって否定することができない、それらは人間にある。

Ideo etiam illi, qui se confirmaverunt in illis, post mortem secundum fidem suam orbantur utraque, et loco quod potuerint in libero caelesti esse, in libero infernali sunt; それゆえ、彼らはまた、自分自身にそれらを確信した者ら、死後、自分の信(信仰)したがって両方のものを剥奪される、また天界の自由の中にいることができた〔接続法完了〕ことの代わりに、地獄の自由の中にいる。

et loco quod potuerint ex rationalitate in sapientia angelica esse, in insania infernali sunt. また推理力から天使の知恵の中にいることができたことの代わりに、地獄の狂気の中にいる。

Et, quod mirum est, agnoscunt utramque illam facultatem dari in faciendo mala, et in cogitando falsa; また、驚くべきことであること、両方のこれらの能力を認めている、悪を行なうことの中で与えられていること(存在すること)、また虚偽を考えることの中で。

non scientes quod liberum faciendi mala sit servum, ac rationale cogitandi falsa sit irrationale. 知らないで、悪を行なおうとする自由は隷属(奴隷)であること、そして虚偽を考えようとする理性は理性のないことである。

At probe sciendum est, quod utraque illa facultas, libertas et rationalitas, non sint hominis, sed quod sint Domini apud hominem, et quod non appropriari possint homini ut ejus; しかし、よく(十分に)知らなければならない、両方のそれらの能力は、自由と推理力、人間に存在しない、しかし、人間のもとの主のものであること、また人間に所有物とされることができないこと、彼のもののように。

tum quod non dari possint homini ut ejus, sed quod continue sint Domini apud illum; さらに、人間に彼のもののように与えられる(存在する)ことはできないこと、しかし、絶えず彼のもとの主のものであること。

et tamen quod nusquam homini auferantur; また、それでも、決して人間に取り去られないこと。

causa est, quia homo absque illis non potest salvari, nam absque illis non potest regenerari, ut supra dictum est. その理由は、人間はそれらなしに救われることはできないからである、なぜなら、それらなしに再生されることができないから、上に言われたように。

Quare homo ab ecclesia instruitur, quod non possit verum cogitare a se, nec bonum facere a se. それゆえ、教会から教えられる、真理を自分自身から考えることができないこと、善も自分自身から行なうこと〔ができないこと〕も。

Sed quia homo non percipit aliter, quam quod verum cogitet a se, et bonum faciat a se, evidenter patet, quod credere debeat, quod verum cogitet sicut a se, et quod bonum faciat sicut a se: しかし、人間は異なって知覚しないので、真理を自分自身から考えること以外に、また善を自分自身から行なう、はっきりと明らかである、信じなければならないことが、真理を自分自身からかのように考えること、また善を自分自身からかのように行なうこと。

nam si hoc non credit, tunc vel non cogitat verum, nec facit bonum, et sic ei nulla religio est; なぜなら、もしこのことを信じないなら、その時、あるいは真理を考えない、善も行なわない、また、こうして彼に何も宗教はないから。

vel cogitat verum et facit bonum a se, et tunc quod Divinum est, sibi addicat. あるいは自分自身から真理を考え、善を行なう、またその時、神性であるものを、自分自身に帰してしまう〔接続法現在〕。

Quod homo verum cogitare et bonum facere [debeat] sicut a se, videatur in Doctrina Vitae pro Nova Hierosolyma, a principio ad finem. 人間が真理を考えることと善を行なうことを自分自身からかのように(しなくてはならない)とは、『新しいエルサレムのための生活の教え』の中に見られる、最初から最後まで。

 

(3) 訳文

425. (xx.) それでも、理性と呼ばれる理解する能力と自由と呼ばれる行動する能力は残ること―

 人間にあるこれらの二つの能力については、前に扱われた(264-267)。それら二つの能力は、自然的なものから霊的なものになることができるように、再生できるように、人間にある。なぜなら、前に言われたように、霊的になるもの、再生するものは人間の愛であり、もしその何が悪で何が善か、ここから何が真理で何が虚偽か理解力によって知ることがないなら、霊的になること、すなわち再生されることはできないから。これらを知るとき、一方またはもう一方を選ぶことができる。もし善を選ぶなら、その理解力によって手段について教えられ、その手段よって善にやって来ることができる。人間は善にやって来ることのできるすべての手段を備えられている。「推理力から」それらの手段を知り、理解する。また「自由から」それらを意志し、行なう。さらにまた自由は、それらを知り、理解し、考えることを意志することである。霊的なものまたは神学は理解力を超えている、それゆえ、理解しようとしないで信じなければならない、という教会の教えから信じる者たちは、推理力と自由と呼ばれるこれらの能力について何も知らない。これらの者たちは推理力と呼ばれる能力を否定することしかできない。そして、教会の教えから、だれも自分自身から善を行なうことはできない、またそれゆえ、救いのための何らかの望みから善を行なってはならない、と信じる者たちは、この宗教の原理から、人間にある両方の能力を否定することしかできない。それゆえ、自分自身にそれらを確信した者たちは、死後、自分の信念にしたがって両方のものを剥奪され、天界の自由の中にいることができたであろうことの代わりに、地獄の自由の中に、推理力から天使の知恵の中にいることができたであろうことの代わりに、地獄の狂気の中にいる。そして、驚くべきことであるが、悪を行なう自由は隷属であり、虚偽を考える理性は理性ではないことを知らないで、両方のこれら能力が、悪を行なうことの中に、また虚偽を考えることの中に存在すること認めている。

しかし、自由と推理力という二つの能力は、人間にあるのではなく、人間のもとの主のものであること、また人間のもののように所有物とされることができないこと、さらに、彼のもののように存在することができないで、常に彼のもとの主のものであること、それでも、決して人間から取り去られないことは、よく知っておかなければならない。その理由は、人間はそれらがなくて救われることはできないからである。なぜなら、前に言われたように、それらなしに再生されることができないから。それゆえ、教会から、自分自身から真理を考えることができず、善も自分自身から行なうことができないことが教えられる。しかし、人間は、自分自身から真理を考え、自分自身から善を行なう、としか知覚しないので、自分自身からかのように真理を考え、自分自身からかのように善を行なう、と信じなければならないことはきわめて明らかである。なぜなら、もしこのことを信じないなら、その時、真理を考えず、善も行なわず、こうして彼に宗教は何もないか、あるいは自分自身から真理を考え、善を行なうと思い、その時、神性を自分自身に帰してしまうから。人間が真理を考えることと善を行なうことを自分自身からかのようにしなくてはならないことは、『新しいエルサレムのための生活の教え』の最初から最後までに見られる。

author:yasubee, category:原典講読『神の愛と知恵』, 23:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『神の愛と知恵』 424
 

(1) 原文

424.  (xix.) Quod amor conspurcatus in intellectu et ab illo fiat naturalis, sensualis et corporeus. Amor naturalis separatus ab amore spirituali, est oppositus amori spirituali; causa est, quia amor naturalis est amor sui et amor mundi, et amor spiritualis est amor Domini et amor proximi; et amor sui et mundi spectat deorsum et extrorsum, et amor Domini spectat sursum et introrsum; quare quando amor naturalis separatus est ab amore spirituali, non potest elevari a proprio hominis, sed manet ei immersus, et quantum illud amat, ei agglutinatus; et tunc si intellectus ascendit, et ex luce caeli videt talia quae sapientiae sunt, retrahit illam, et conjungit illam secum in suo proprio, et ibi vel rejicit illa quae sapientiae sunt, vel falsificat illa, vel ponit illa circum se, ut loquatur illa ob famam. Quemadmodum amor naturalis potest per gradus ascendere, et fieri spiritualis et caelestis, ita quoque potest per gradus descendere et fieri sensualis et corporeus; et tantum descendit, quantum amat dominium ex nullo amore usus, sed ex solo amore sui; hic amor est, qui vocatur diabolus. Illi qui in eo amore sunt, possunt similiter loqui et agere sicut illi qui in amore spirituali sunt; sed tunc vel ex memoria, vel ex intellectu a se elevato in lucem caeli. Sed usque illa quae loquuntur et agunt, sunt comparative sicut fructus superficie tenus apparentes pulchri, qui intus plane putres sunt; aut sicut amygdalae crusta tenus apparentes integrae, sed intus a vermibus plane corrosae. Haec in mundo spirituali appellant phantasias, per quas scorta, quae ibi vocantur sirenes, inducunt sibi pulchritudinem, et ornant se vestibus decoris, sed tamen remota phantasia apparent ut spectra; et sunt sicut diaboli, qui se lucis angelos faciunt; nam cum amor ille corporeus ab elevatione retrahit intellectum suum, quod [1]fit cum solus est, et tunc ex amore suo cogitat, tunc contra Deum pro natura, contra caelum pro mundo, et contra vera et bona ecclesiae pro falsis et malis inferni, cogitat, ita contra sapientiam. Ex his constare potest, quales sunt qui vocantur homines corporei; non enim sunt corporei quoad intellectum, sed sunt corporei quoad amorem; hoc est, non sunt corporei quoad intellectum dum loquuntur in coetu, sed cum loquuntur secum in spiritu; et quia in spiritu tales sunt, ideo post mortem quoad utrumque, tam amorem quam intellectum, fiunt spiritus qui vocantur spiritus corporei. Illi tunc, qui in summo amore dominandi ex amore sui in mundo fuerunt, et simul in intellectus elevatione supra alios, apparent quoad corpus sicut mumia Aegyptiaca, et quoad mentem crassi et fatui. Quis hodie in mundo scit, quod ille amor in se talis sit? Sed usque datur amor dominandi ex amore usus, sed ex amore usus non propter se, sed propter commune bonum. At homo aegre potest distinguere hunc ab illo, sed usque inter illos discrimen est, quale inter caelum et infernum. Discrimina inter binos illos amores dominandi, videantur in opere De Caelo et Inferno (n. [2]551-565).

[1] fit pro "fit" [2] 551 pro "531"

 

(2) 直訳

(xix.) Quod amor conspurcatus in intellectu et ab illo fiat naturalis, sensualis et corporeus.− (xix.) 理解力の中で、またそれから汚された愛は、自然的にまた感覚的になること。

Amor naturalis separatus ab amore spirituali, est oppositus amori spirituali; 霊的な愛から分離した自然的な愛は、霊的な愛と正反対である。

causa est, quia amor naturalis est amor sui et amor mundi, et amor spiritualis est amor Domini et amor proximi; その理由は、自然的な愛は自己愛と世俗愛であるからである、また霊的な愛は主への愛と隣人愛である。

et amor sui et mundi spectat deorsum et extrorsum, et amor Domini spectat sursum et introrsum; 自己と世への愛は下方と外側へ向かって眺める、また主への愛は上方と内側へ向かって眺める。

quare quando amor naturalis separatus est ab amore spirituali, non potest elevari a proprio hominis, sed manet ei immersus, et quantum illud amat, ei agglutinatus; それゆえ、自然的な愛が霊的な愛から分離される時、人間のプロプリウムから高揚されることができない、しかし、それに浸されてとどまる、またそれを愛するかぎり、それにくっついて〔とどまる〕。

et tunc si intellectus ascendit, et ex luce caeli videt talia quae sapientiae sunt, retrahit illam, et conjungit illam secum in suo proprio, et ibi vel rejicit illa quae sapientiae sunt, vel falsificat illa, vel ponit illa circum se, ut loquatur illa ob famam. またその時、もし理解力が上昇して、天界の光からこのようなものを見ても、それらは知恵のものである、それ〔知恵〕を引き戻す、またそれ〔知恵〕をプロプリウムの中で自分自身に結合させる、またそこにあるいはそれらを投げ返す(退ける)、それらは知恵のものである、あるいはそれらを虚偽化する、あるいはそれを自分の周囲に置く、それらを名声のために話すために。

Quemadmodum amor naturalis potest per gradus ascendere, et fieri spiritualis et caelestis, ita quoque potest per gradus descendere et fieri sensualis et corporeus; 自然的な愛が段階によって上昇すること、また霊的なものと天的なものになることができるように、そのようにまた段階によって下降すること、また感覚的なものと肉体的なもの(物質的なもの)になることができる。

et tantum descendit, quantum amat dominium ex nullo amore usus, sed ex solo amore sui; またそれだけ下降する、どれだけ役立ちの愛からでは決してなく、ただ自己愛から支配を愛するか〔によって〕。

hic amor est, qui vocatur diabolus. この愛である、それは悪魔と呼ばれる。

Illi qui in eo amore sunt, possunt similiter loqui et agere sicut illi qui in amore spirituali sunt; 彼らは、その愛の中にいる者ら、同様に話し、行動することができる、彼らのように、霊的な愛の中にいる者たち。

sed tunc vel ex memoria, vel ex intellectu a se elevato in lucem caeli. しかし、その時、あるいは記憶から、あるいは天界の光の中への自分自身の高揚からの理解力から〔そのようにできる〕。

Sed usque illa quae loquuntur et agunt, sunt comparative sicut fructus superficie tenus apparentes pulchri, qui intus plane putres sunt; しかし、それでも、それら話し、行なうものは、比較的に(比べれば)表面に関して美しく見える果実のようである、それは内部にすっかり腐っている。

aut sicut amygdalae crusta tenus apparentes integrae, sed intus a vermibus plane corrosae. また殻に関して損なわれていないように見えるアーモンドのよう〔である〕、しかし内部に虫によりすっかりむしばまれた。

Haec in mundo spirituali appellant phantasias, per quas scorta, quae ibi vocantur sirenes, inducunt sibi pulchritudinem, et ornant se vestibus decoris, sed tamen remota phantasia apparent ut spectra; これらは霊界の中で幻想と呼ばれる、それ〔幻想〕によって妖婦らは、彼女らはそこにセイレーンと呼ばれる、自分自身に美を着せる、また自分自身を優美(かわいらしい)衣服で飾る、しかしそれでも、幻想が取り除かれると亡霊のように見られる。

et sunt sicut diaboli, qui se lucis angelos faciunt; また悪魔のようである、その者は自分自身を光の天使とする。

nam cum amor ille corporeus ab elevatione retrahit intellectum suum, quod [1]fit cum solus est, et tunc ex amore suo cogitat, tunc contra Deum pro natura, contra caelum pro mundo, et contra vera et bona ecclesiae pro falsis et malis inferni, cogitat, ita contra sapientiam. なぜなら、その肉体的な(物質的な)愛が高揚から自分の理解力を引き戻すとき、そのことはひとりでいるときに生じる、またその時、自分の愛から考える、その時、自然のほうを選んで☆神に反して、世のほうを選んで天界に反して、また地獄の虚偽と悪のほうを選んで教会の真理と善に反して、考えるから、このように知恵に反して。

ここでの前置詞proの意味は「〜に味方して、〜のほうを選んで、〜のために」です。

Ex his constare potest, quales sunt qui vocantur homines corporei; これらから明らかにすることができる、肉体的な(物質的な)人間と呼ばれる者がどんなものであるか。

non enim sunt corporei quoad intellectum, sed sunt corporei quoad amorem; というのは、理解力に関して肉体的(物質的)ではない、しかし、愛に関して肉体的(物質的)であるから。

hoc est, non sunt corporei quoad intellectum dum loquuntur in coetu, sed cum loquuntur secum in spiritu;  すなわち、集団の中で話している時、理解力に関して肉体的(物質的)ではない、しかし、霊の中で自分自身と話すとき〔肉体的(物質的)である〕。

et quia in spiritu tales sunt, ideo post mortem quoad utrumque, tam amorem quam intellectum, fiunt spiritus qui vocantur spiritus corporei. また霊の中でこのようなものであるので、それゆえ、死後、両方に関して、愛と同じく理解力、霊になる、それは肉体的(物質的)と呼ばれる。

Illi tunc, qui in summo amore dominandi ex amore sui in mundo fuerunt, et simul in intellectus elevatione supra alios, apparent quoad corpus sicut mumia Aegyptiaca, et quoad mentem crassi et fatui. その時、彼らは、世の中で自己愛から最高度(極度)支配する愛の中にあった者、また同時に他の者の上に理解力を高揚させた中に〔いた〕、身体に関してエジプトのミイラのように見える、また心に関して粗雑で愚か。

Quis hodie in mundo scit, quod ille amor in se talis sit? 今日、だれが世の中で知っているのか? この愛が本質的にこのようであること。

Sed usque datur amor dominandi ex amore usus, sed ex amore usus non propter se, sed propter commune bonum. しかしそれでも、役立ちへの愛からの支配愛が存在する、しかし、自分自身のためでない役立ちの愛から、しかし公共の善のための。

At homo aegre potest distinguere hunc ab illo, sed usque inter illos discrimen est, quale inter caelum et infernum. しかし、人間はそれからこれをほとんど区別することができない、しかしそれでも、それらの間に相違がある、天界と地獄の間のような。

Discrimina inter binos illos amores dominandi, videantur in opere De Caelo et Inferno (n. [2]551-565). これらの二つの支配愛の間の相違は、著作『天界と地獄』(551-565)の中に見られる。

[1] fit pro "sit" 原注[1] sit」の代わりにfit

[2] 551 pro "531" 原注[1] 531」の代わりに551

 

(3) 訳文

424. (xix.) 理解力の中で、また理解力から汚された愛は、自然的にまた感覚的になること―

 霊的な愛から分離した自然的な愛は、霊的な愛と正反対である。その理由は、自然的な愛は自己愛と世俗愛であり、霊的な愛は主への愛と隣人愛であるからである。自己と世への愛は下方と外側へ向かって眺め、主への愛は上方と内側へ向かって眺める。それゆえ、自然的な愛が霊的な愛から分離される時、人間のプロプリウムから高揚されることができず、それに浸されて、またそれを愛するかぎり、それにくっついてとどまる。またその時、もし理解力が上昇して、天界の光から知恵に属するようなものを見ても、その知恵を引き戻し、またそれをプロプリウムの中で自分自身に結合させ、またそこにあるいはその知恵に属するものを投げ返し、あるいはそれらを虚偽化し、あるいは名声のためにそれを話すために理解力の周囲に置く。自然的な愛が段階によって上昇し、霊的に、また天的になることができるように、そのようにまた段階によって下降し、感覚的に、また物質的になることができる。役立ちの愛からでは決してなく、ただ自己愛から支配を愛するほど、それだけ下降し、この愛が悪魔と呼ばれるものである。その愛の中にいる者らは、霊的な愛の中にいる者たちと同じように話し、行動することができる。

しかし、その時、記憶からか、あるいは天界の光の中へ高揚させた理解力からそうできるのである。しかし、それでも、それらの話し、行なうものは、比べれば、表面は美しく見えるが内部はすっかり腐っている果実のようなものである。また、殻には損なわれていないように見えるが、内部はすっかり虫に食われたアーモンドのようである。これらのものは霊界の中で幻想と呼ばれ、そこではセイレーンと呼ばれる妖婦らは、その幻想によって、自分自身に美を着せ、また美しい衣服で飾る、しかしそれでも、幻想が取り除かれると亡霊のように見られ、また自分自身を光の天使とする悪魔のようでもある。なぜなら、その物質的な愛が高揚から自分の理解力を引き戻すとき、そのことはひとりでいるときに生じ、またその時、自分の愛から考え、その時、自然を選んで神に反して、世を選んで天界に反して、また地獄の虚偽と悪を選んで教会の真理と善に反して、このように知恵に反して考えるから。これらから物質的な人間と呼ばれる者がどんなものであるか明らかにすることができるというのは、理解力に関して物質的ではなく、愛に関し物質的である、すなわち、集まりの中で話している時、理解力に関して物質的ではないが、しかし、霊の中で自分自身と話すとき物質的であるから。また霊の中でこのようなものであるので、それゆえ、死後、愛と同じく理解力の両者に関して、物質的と呼ばれる霊になる その時、世の中で自己愛から極度に支配する愛の中にいて、また同時に理解力を他の者よりも高揚させた者らは、身体に関してエジプトのミイラのように、心に関して粗雑で愚かに見える。今日、世の中で、この愛が本質的にこのようなものであることだれが知っているのか? しかしそれでも、自分自身のための役立ちの愛からでなく、公共の善のための役立ちへの愛からの支配愛が存在する。しかし、人間はそれとこれとをほとんど区別することができない、しかしそれでも、それらの間に天界と地獄の間のような相違がある。これらの二つの支配愛の間の相違は、著作『天界と地獄』(551-565)の中に見られる。

author:yasubee, category:原典講読『神の愛と知恵』, 23:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark