RSS | ATOM | SEARCH
Spiritus Animalis について
 

 スヴェーデンボリは1742年頃、一連の「心理学の論文Psychological Transactions」を書いています。心理学と言っても、当時は精神(心の働き)ついての学問として形而上学的な側面を持っていました。霊魂に関する哲学と言い換えてもよいかもしれません。

 さて、その一連の論文は次のものです。

 No.1「霊魂それと霊魂と身体の間の調和」、No.2「霊魂の起源と繁殖」(霊魂が父親からのものであることなど論じています)No.3「霊魂精気」、No.4「赤い血」(いわゆる血液であり、霊魂精気は他のものとともに血液の中に含まれているとしています)No.5「活動」(運動繊維や筋肉、その霊魂との関係を論じています)No.6「身体の感覚または感情」(内的なものや外的なものを含めた感覚器官についてなど)

 そのNo.3「霊魂精気」について、ここでは各章の「見出し」だけ以下に紹介します。だいたいどんなことが書かれているかわかると思います。ひまがあったらこの『心理学論文集』をいつか翻訳してみたいです。スヴェーデンボリの神学著作が突然と現われたものでなく、事前のこうした霊魂のすみかとしての人体の研究の延長線上にある、とわかるからです。

 

1章 霊魂精気は最も純粋な体液であり、それは身体の脳の髄質繊維それと神経繊維を流れる。

2章 霊魂精気は皮質腺の中に抱かれ、準備され、またそこから繊維の中に流れ出る。

3章 霊魂精気の性質は、それが流れる繊維の性質から知られるであろう、またその逆も。

4章 霊魂精気は霊魂と身体の通路となるエキス()であり、したがって活動を伝達するための媒介となる物質である。

5章 霊魂精気は霊魂のエキスと身体のエキスを共にする、すなわち、霊的であり、物質的である。

6章 霊魂精気は純粋なもの、媒介物、すなわち白い血と同じものである()

注:ここに著者自身による次の注が付けられています:「これは変更すべきである、精気は純粋な血とは区別されるから」

7章 霊魂精気は皮質腺の中に抱かれ、準備されるので、その腺の中で霊的なものと物質的なものが流入によって一緒になる。

8章 単純な皮質から発生する単純な繊維は、微小な腔に、すなわち、その腺の小室に注ぎ込む。その単純な皮質の中で抱かれ、生まれる最も純粋な物質(実体)は、すなわち、霊魂の物質(実体)である。また、管の髄質の他の部分を構成する最高に繊細な管は、純粋な性質のリンパ液または漿液を注ぐ。そこには純粋な小球と硫黄塩類の要素☆1がある。そしてこれら二つのもの☆2の結婚から霊魂精気が生まれる。

1 原文はsulphureo-saline elementsです。これが何か私には割りません。文脈からはリンパ液または漿液の成分です。

2 ここからではよくわかりませんが、本文中には「原繊維の運ぶ霊魂のエキスまたは霊魂の物質と管の運ぶ硫黄塩類の要素またはエーテルのような要素が小さな腔の中で結婚し…霊魂精気を生む」とあります。

9章 皮質腺から、脳の髄質繊維と身体の神経線維を通って、血管の中へ、また血管または動脈から皮質腺の中に戻り、そしてまた繊維の中に戻る霊魂精気の継続する循環がある。

10章 霊魂精気がなくては、霊魂は、単純な、媒介となる身体の有機的な形を決して組み立てることはできない。

11章 霊魂精気がなくては、霊魂は、心臓それと動脈と静脈を、すなわち、赤い血を生み出すことができない、したがって最終的な有機的な形、身体を生み出すことができない。

12章 霊魂精気がなくては、霊魂は、活動を決定できない、すなわち、どんなものでも身体による活動を行なうことができない。

13章 霊魂精気がなくては、霊魂は、身体に起こることを感じることができない。

14章 活動や感覚は、いや、想像力や思考もまた、身体の中の霊魂精気とその循環のようなものとなっている。

15章 霊魂精気は霊的なものと身体的なものの両方に尽くす。

16章 われわれの小宇宙の中に、それは霊魂精気の上にあるすべてのものである、内なる人間と呼ばれるものがある。また下にあるすべてのものは、外なる人間と呼ばれる。

17章 ある個人の霊魂精気は他の者の霊魂精気とは絶対的に似ていない。人間社会の中の個々の主体〔すなわち人間です〕のすべても〔霊魂精気は〕異なり、同じ主体の中でも常に異なる☆。

最後の部分だけ、本文の内容をふまえて説明すれば、「同じ一人の人間でも、動物精気の循環する状態はあらゆる瞬間に変化している」ということです。それで感情の変化があり、病気になったり、ついには死んだりします。

Alfred Acton訳、1984年スヴェーデンボリ科学協会発行Psychological Transactionsから)

author:yasubee, category:スヴェーデンボリ雑編, 01:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スヴェーデンボリ遺稿『黙示録解説の要約』
     OPUSCULUM POSTHUMUM EMANUELIS SWEDENBORGII
      SUMMARIA IN EXPLICATIONE APOCALYPSEOS
     スヴェーデンボリ遺稿『黙示録解説の要約』

はじめに
 原手記はストックホルム王立科学アカデミーの図書館所有のスヴェーデンボリの原稿集「コーデクス144」の中に綴じられています。これまでラテン語版は、また,故アルフレッド・アクトン博士によって『ニューチャーチライフ』(1922年10月)に掲載されたもの(それには執筆時期,他の著作との関連といった問題が十分に論じられています)を除いて、どんなも英訳も出版されていませんでした。
 アクトン博士はこの『要約』を1764年のものと結論づけています。1759年から書かれ始め,未完のまま1764年に放置され,出版されなかった『黙示録講解』を下敷きにして書かれているからです。この年の終わりかあるいは翌年の正月に『啓示された黙示録』が書き始められ、この“Summaria”は、そのために準備した概要でした。
 アクトン博士は次のような観察をしています―
1.『黙示録講解』と同じく、「黙示録」の第1章から第20章の範囲のみを扱っている。
2.第1章から第7章までの包括的な要約は、『要約』全部が完成した後に、著者によりかなり変更されている。
3.このように変更された最初の七つの要約は、『啓示された黙示録』に使われている言葉とほとんど一致する。
4.第8章から第20章までの要約は、そこには『要約』を完成した後の変更はなされていないが、刊行された『啓示された黙示録』の中の要約と比較すると、意味では一致するが、使われている言葉はかなり違っている。
〔研究誌『荒野』第8号(1997年5月)と第10号(1997年6月)の2号に分けて掲載した〕

(1) 本文
In Primo Capite describitur Dominus ut Verbum, ex quo Dominus ultimum judicium facturus est, et novam Ecclesiam instauraturus.
In Secundo Capite et Tertio, de omnibus qui in Ecclesia, super quos ultimum judicium facturum, et a quibus nova Ecclesia formanda.
In Quarto Capite de praeparatione omnium in coelo ad ultimum judicium quare ibi de Throno.
In Quinto, manifestatio quod Solus Dominus, judicium facturus sit, quod multa confessione agnitum ab omnibus coelis.
(Haec nota inventur in media pagina praecedente Summariorum.)

       CAPUT I

Quod Revelatio haec sit a solo Domino, et quod illa recipiatur ab illis qui in nova Hierosolyma erunt et Domi[num] pro Deo coeli et terrae agnoscunt. Describitur etiam Dminus ut Verbum.
Vers. 1 ad 3. Pro quibus revelatio est.
4 ad 6. Quod pro illis sit per coelum a solo Domino.
7, 8. Quod Dominus Se Ipsum, et illa quae Ecclesiae sunt, revelaturus sit ex Verbo.
9 ad 11. Porro de receptione a quibus.
12 ad 16. Describitur Dominus ut Verbum ac ut Ecclesia.
17, 18. Agnitio Ipsius quod sit Jehovah et solus Deus, a Quo omnia.
19, 20. Quod revelatio haec sit pro illis qui in nova Hierosolyma erunt.

       CAPUT II

De illis in Ecclesia, ex quibus nova Hierosolyma potest existere.
Ex illis qui primario spectant vera fidei, et non bona charitatis, quae sunt Ecclesiae in Epheso, n.1 ad 7.
Ex illis qui in bonis quoad vitam sunt, et in falsis quoad doctrinam, quae sunt Ecclesiae in Smyrna, n. 8 ad 11.
Ex illis qui omne Ecclesiae ponunt in bonis operibus, et non aliquid in veris doctrinae, quae sunt Ecclesiae in Pergamo, vers. 12 ad 17.
Ex illis qui in fide ex charitate sunt, et inde in bonis operibus; ubi etiam de illis qui in fide separata a charitate sunt, et inde in malis operibus, quae sunt Ecclesiae in Thyatiris, vers. 18 ad 29.
(in margine) Pro Ecclesiis ut agnoscant Dominum pro Deo coeli, et opera charitatis.

       CAPUT III

Continuatio de illis, ex quibus nova Hierosolyma existere potest.
De illis qui in cultu mortuo sunt, seu in cultu qui est absque veris et sic absque vita, quae sunt Ecclesiae in Sardibus, vers. 1 ad 6.
De illis qui in veris ex bono a Domino sunt, quae sunt Ecclesiae in Philadelphia, vers. 7 ad 13.
De illis qui sapiunt ex se et sapiunt ex Verbo, quae sunt Ecclesiae Laodicensium, vers. 14 ad 22.
(in margine) similiter ut in secundo.

       CAPUT IV

De praeparatione omnium in coelo ad judicium, quod futurum ex Verbo et secundum illud, et agnitione quod Dominus solus sit Judex.

       CAPUT V

Quod Dominus quoad Divinum Humanum Suum judicaturus sit ex Verbo et secundum illud, quia Ipse est Verbum et quod hoc agnitum sit in omnibus coelis.

       CAPUT VI

Exploratio illorum super quos ultimum judicium erit, quoad intellectum Verbi, et inde quoad status vitae eorum, quod essent qui in veris ex bono, qui absque bono, qui in pauco vero et qui prorsus quoad bonum et Verum vastati, a vers. 1 ad 8.
De illis qui a Domino sub terra custoditi fuerunt, ne laederentur a malis, qui consolationem acceperunt et sponsionem quod brevi liberarentur, n. 9, 10, 11; de malis qui primum a bonis separati sunt, qui tunc fuerunt in meris malis et falsis, et timuerunt ultimum judicium. Videatur etiam n. 295.
(Altera versio ad finem scripta)
Agitur hic de exploratione illorum super quos ultimum judicium futurum est, et explorati qualis intellectus Verbi fuerat apud illos, et inde qualis status vitae illorum; quod essent qui in veris ex bono, vers 1, 2; qui absque bono, vers. 4; qui in contemtu veri, vers. 5, 6; et qui quoad bonum et verum prorsus vastati, vers. 8; dein agitur de illis qui a Domino in inferiore terra custoditi sunt propter malos in superiore terra, qui die ultimi judicii casuri, vers. 9, 10, 11; satatus illorum qui in malis et inde falsis sunt, die ultimi judicii, vers. 12 ad 17.

       CAPUT VII

Collectio illorum qui interius boni sunt et separatio illorum a malis, ac tutatio ne periclitentur cum instat ultimum judicium.
Collecito illorum qui coelestes et spirituales sint, qui intelliguntur per duodecim tribus Israelis, vers. 1 ad 8; et postea collectio illorum qui ex omni religione et bene vixerunt, vers. 9 ad 17.
(Altera versio ad finem scripta)
Agitur de separatione bonorum a malis ante judicium, vers. 1 ad 3; de bonis qui agnoverunt Dominum pro Deo coeli et terrae, et ab Ipso sapuerunt, vers. 4 ad 8; deque bonis qui in fide charitatis fuerunt, et in tentationibus, ex quibus etiam novum coelum et nova Hierosolyma, n. 9 ad 17.

       CAPUT VIII

Exploratio quales sunt illi in fine Ecclesiae qui Reformati vocantur et se dicunt esse in fide, per influxum coeli spiritualis apud illos, vers. 1, 2.
Praesentia Domini in coelo spirituali et tutela, vers. 3, 4.
Communicatio cum illis qui in fide, et qualis, vers. 5.
Influxus primus et exploratum quod essent ibi falsa, mala, et falsificata, vers. 6, 7.
Influxus amoris spiritualis in voluntarium, ita in naturale, et exploratum quod nihil bonum, quia omne falsificatum, vers. 8, 9.
Influxus sapientiae spiritualis in intellectuale, et exploratum num vera interiora Verbi aversarentur, vers. 10, 11.
Influxus denique et exploratio quod mere mala et falsa in omnibus Ecclesiae istius, apud illos qui se confirmaverunt in sola fide, vers. 12.
Satus damnatus apud illos qui se confirmaverunt in illa, vers. 13.

       CAPUT IX

De illis qui se in fide saparata a charitate confirmaverunt.
De illis qui per ratiocinia externa confirmaverunt, vers. 1 ad 12.
De illis qui per ratiocinia interiora confirmaverunt, n. 13 ad 19.
De reliquis qui se non confirmaverunt, sed usque in sola fide sunt, quales, vers. 20, 21.

       CAPUT X

De doctrina novae Hierosolymae quod Deus unus sit in quo Trinitas, et quod Humanum Domini sit Divinum, quod id doctrinae quod Deus unus sit recipiatur, at quod Humanum Domini Divinum sit repugnet.

       CAPUT XI

De statu communi Ecclesiae Reformatorum, quod est secundum vae et intelligitur per vesperam; de statu qui vespera, vers. 2 ad 10, de excidio eorum, n. 13, de diluculo 3 ad 6, et 11, 12, 14, 19.

       CAPUT XII

De nova Ecclesia et ejus doctrina, et quod draco ex odio persequatur illam, et quod illa tutata a Domino.
Et quod draco, seu illi qui in sola fide, dejecti sint in mundum sprituum, unde infestant homines telluris.

       CAPUT XIII

De doctrina ejus apud laicos et vulgus, quae est bestia ex mari, ejus agnitione quando sicut confirmata est per Verbum; et de doctrina ejus apud doctos e clero, qualis illa, recepta apud priores.
Quod utraque sit ex omnibus veris Verbi falsificatis.

       CAPUT XIV

De novo coelo Christiano, describitur quale est a vers. 1 ad 5.
Evangelizatio de adventu Domini, et de nova Ecclesia, vers. 6, 7, 13; exhortatio ut recedant a fide separata a charitate, vers. 9 ad 12; explotatio eorum et manifestatio quod illorum opera sint mala,vers. 14 ad 20.

       CAPUT XV

De extensione coeli Christiani externi, et de illis qui in externis ejus glorificatibus Domini. De praeparatione ad influxum in Ecclesiam in terris, ut describatur status ejus ultimus quoad mala et falsa.

       CAPUT XVI

De influxu a Domino in homines Ecclesiae Reformatorum ad detegendum falsa et mala in Ecclesia Reformatorum, vers. 1. Influxus in internae Ecclesiae homines, vers. 2. In externae Ecclesiae homines, vers. 3. In intellectum Verbi apud illos, vers. 4, 5, 6, 7. In amorem apud illos, vers. 8, 9. In fidem apud illos, vers. 10, 11. In ratiocinia interiora apud illos, vers. 12, 13, 14, 15, 16. In omnia illorum simul, vers. 17 ad 21.

       CAPUT XVII

De religioso Catholico Romano, qualis est extus et qualis est intus, vers. 1 ad 8; qualis est quoad Verbum in specie, vers. 9 ad 11; qualis est gens Gallica quoad Verbum, vers. 12 ad 14; quales sunt reliqui sub illius dominio, vers. 15; quales sunt Protestantes quoad Verbum, vers. 16, 17; quod in multis doctrinalibus conveniant, vers. 18.

       CAPUT XVIII

De religioso Babylonico quale est, quod periturum, vers. 1 ad 8; quales sunt superiores in eo ordine, vers. 9, 10; minores in eo ordine, vers. 11 ad 16; quales laici et vulgus, vers. 17, 18, 19; quod illis dolor et luctus; quod angelorum gaudium quod remotum, causa quia nihil intelligentiae et sapientiae apud illos, et quod ii obstupent, vers. 20 ad 24.

       CAPUT XIX

Glorificatio Domini ab angelis coeli quod Babylon remota sit, ut illi in luce et in guadio sint, vers. 1 ad 5. Annuntiatio de Ecclesia nova, vers. 6, 7, 8, 9, 10. Adventus Domini in Verbo, et aperitio ejus pro nova illa Ecclesia, n. 11 ad 16.
Vocatio omnium ad illam, vers. 17, 18.
Resistentia ab illis qui in fide separata a charitate, et illorum remotio et damnatio, vers. 19, 20, 21.

       CAPUT XX

De remotione illorum qui per draconem intelliguntur, vers. 1, 2, 3.
De ascensu ex inferiore terra illorum qui coluerunt Dominum et fugerunt mala ut peccata, vers. 4, 5, 6.
Judicium super illos qui in cultu externo separato a cultu interno spirituali, vers. 7, 8, 9.
De damnatione draconis, vers. 10.
De universali judicio super illos qui sibi novos coelos formaverant, et super reliquos ex mundo spirituum, vers. 11 ad 15.

(2) 直訳
In Primo Capite describitur Dominus ut Verbum, ex quo Dominus ultimum judicium facturus est, et novam Ecclesiam instauraturus. 第1章では主がみことばとして述べられている、これ〔みことば〕から主は最後の審判を行なわれ、新しい教会を設立される。
In Secundo Capite et Tertio, de omnibus qui in Ecclesia, super quos ultimum judicium facturum, et a quibus nova Ecclesia formanda. 第2、第3章では、教会の中のすべての者について、その者たちの上に最後の審判が行なわれ☆、そしてそこから新しい教会が形成される☆。
☆ facturumもformandaも動形容詞(未来能動分詞)で「行なわれようとしている」「形成されようとしている」あるいは「〜べきである」という意味ですが、そこまでしなくてもよいと思います。
In Quarto Capite de praeparatione omnium in coelo ad ultimum judicium quare ibi de Throno. 第4章では、最後の審判に向けて天界の中のすべての者の準備について、それゆえ、そこに御座について。
In Quinto, manifestatio quod Solus Dominus, judicium facturus sit, quod multa confessione agnitum ab omnibus coelis. 第5章では、現われ、主おひとりが審判を行なわれること、天界のすべての者により多くの確信で承認されたこと。
(Haec nota inventur in media pagina praecedente Summariorum.) (これらの注は、「要約」の前のページの中央に見つけられた)

CAPUT I 第1章
Quod Revelatio haec sit a solo Domino, et quod illa recipiatur ab illis qui in nova Hierosolyma erunt et Domi[num] pro Deo coeli et terrae agnoscunt. この啓示は主おひとりからのものであること、またそれが新しいエルサレムの中にいて、主を天界と地上の神として承認する者たちによって受け入れられること。
Describitur etiam Dminus ut Verbum. 主はまた、みことばとして述べられている。
Vers. 1 ad 3. Pro quibus revelatio est. 1から3節。だれのための啓示なのか。
4 ad 6. Quod pro illis sit per coelum a solo Domino. 4から6。彼らのためであること、天界を通って主おひとりから。
7, 8. Quod Dominus Se Ipsum, et illa quae Ecclesiae sunt, revelaturus sit ex Verbo. 7, 8。主は、ご自身を、それと教会であるものを、みことばから啓示されること。
9 ad 11. Porro de receptione a quibus. 9から11。さらに、受け入れられることについて、彼らにより。
12 ad 16. Describitur Dominus ut Verbum ac ut Ecclesia. 12から16。主が、みことばとして、また教会として述べられている。
17, 18. Agnitio Ipsius quod sit Jehovah et solus Deus, a Quo omnia. 17, 18。この方は、エホバであり、ひとりの神であり、すべてはこの方から〔である〕との認識。
19, 20. Quod revelatio haec sit pro illis qui in nova Hierosolyma erunt. 19, 20。この啓示は、新しいエルサレムにいようになる者たちのためであること。

CAPUT II 第2章
De illis in Ecclesia, ex quibus nova Hierosolyma potest existere. 教会の中の者たちについて、その者たちから新しいエルサレムが生ずることができる。
Ex illis qui primario spectant vera fidei, et non bona charitatis, quae sunt Ecclesiae in Epheso, n.1 ad 7. 仁愛の善でなく、信仰の真理を第一に(おもに)見る者たちから、これはエペソにある教会である、1から7番。
Ex illis qui in bonis quoad vitam sunt, et in falsis quoad doctrinam, quae sunt Ecclesiae in Smyrna, n. 8 ad 11. 生活に関しては善の中に〔いて〕、教えに関しては虚偽の中にいる者たちから、これはスミルナにある教会である、8から11番。
Ex illis qui omne Ecclesiae ponunt in bonis operibus, et non aliquid in veris doctrinae, quae sunt Ecclesiae in Pergamo, vers. 12 ad 17. 教会のすべてのものを善い業に置いて、何ら教えの真理に〔置か〕なかった者たちから、これはペルガモにある教会である、12から17節。
Ex illis qui in fide ex charitate sunt, et inde in bonis operibus; 仁愛からの信仰の中にいる者たちから、またそこから善い業の中に〔いる者たちから〕。
ubi etiam de illis qui in fide separata a charitate sunt, et inde in malis operibus, quae sunt Ecclesiae in Thyatiris, vers. 18 ad 29. さらにまた、そこに仁愛から分離した信仰の中にいる者たちについて、そしてそこから悪い業の中に〔いる者たちについて〕、これはテアテラにある教会である、18から29節。
(in margine) Pro Ecclesiis ut agnoscant Dominum pro Deo coeli, et opera charitatis. (欄外に)諸教会のために、主を天界の神として承認しなくてはならない、また仁愛の業を。

CAPUT III 第3章
Continuatio de illis, ex quibus nova Hierosolyma existere potest. 彼らについての続き、その者たちから新しいエルサレムが生ずることができる。
De illis qui in cultu mortuo sunt, seu in cultu qui est absque veris et sic absque vita, quae sunt Ecclesiae in Sardibus, vers. 1 ad 6. 死んだ礼拝にいる者たちについて、すなわち、真理なしの、こうして生活なしの礼拝にいる者たち、これはサルデスにある教会である、1から6節。
De illis qui in veris ex bono a Domino sunt, quae sunt Ecclesiae in Philadelphia, vers. 7 ad 13. 主による善からの真理にいる者たちについて、これはフィラデルフィヤにある教会である、7から13節。
De illis qui sapiunt ex se et sapiunt ex Verbo, quae sunt Ecclesiae Laodicensium, vers. 14 ad 22. 自分自身から、みことばから賢明である者たちについて、これはラオデキヤにある教会である、14から22節。
(in margine) similiter ut in secundo. (欄外に)第2(章)と同様。

CAPUT IV 第4章
De praeparatione omnium in coelo ad judicium, quod futurum ex Verbo et secundum illud, et agnitione quod Dominus solus sit Judex. 審判に向けて天界の中にいるすべての者の準備について、みことばから、それにしたがって、行なわれるもの、また主おひとりが審判者であることの認識。

CAPUT V 第5章
Quod Dominus quoad Divinum Humanum Suum judicaturus sit ex Verbo et secundum illud, quia Ipse est Verbum et quod hoc agnitum sit in omnibus coelis. ご自分の神的人間性に関する主が、みことばから、それにしたがって審判すること、なぜなら、その方はみことばであり、このことが天界のすべての者に認識されているから。

CAPUT VI 第6章
Exploratio illorum super quos ultimum judicium erit, quoad intellectum Verbi, et inde quoad status vitae eorum, quod essent qui in veris ex bono, qui absque bono, qui in pauco vero et qui prorsus quoad bonum et Verum vastati, a vers. 1 ad 8. 最後の審判がある者たちについて、彼らの調査、みことばの理解に関して、またここから彼らの生活の状態に関して、善からの真理の中にいた者たち、善なしの者たち、わずかな真理の中にいた者たちと善と真理についてまったく荒廃した者たちがいたこと、1節から8節まで。
De illis qui a Domino sub terra custoditi fuerunt, ne laederentur a malis, qui consolationem acceperunt et sponsionem quod brevi liberarentur, n. 9, 10, 11; 主により地の下に守られていた者たち、彼らについて、悪い者らから傷つけられないように、その者たちは慰めとじきに解放されることの約束を受ける、9, 10, 11番。
de malis qui primum a bonis separati sunt, qui tunc fuerunt in meris malis et falsis, et timuerunt ultimum judicium. 善から最初に分離した悪い者らについて、その時、彼らは悪と虚偽そのものの中にいて、最後の審判を恐れている。
Videatur etiam n. 295. さらにまた295番☆に見られる。
☆ 『啓示された黙示録』295番は、ここの第6章第1節の要約です。
(Altera versio ad finem scripta) (終わりに書かれたもう一つの版☆)
☆ まだ草稿の状態にあった『啓示された黙示録』のことでしょう。
Agitur hic de exploratione illorum super quos ultimum judicium futurum est, et explorati qualis intellectus Verbi fuerat apud illos, et inde qualis status vitae illorum; ここに扱われている、最後の審判がある者たちについて彼らの調査について、彼らのもとの、みことばの理解はどんなものであったか、またここから彼らの生活の状態はどんなもの〔であった〕か調査される。
quod essent qui in veris ex bono, vers 1, 2; 善からの真理の中にいた者たちがいたこと、1, 2節。
qui absque bono, vers. 4; 善なしの者ら(がいたこと)、4節。
qui in contemtu veri, vers. 5, 6; 真理への軽蔑の中にいる者ら(がいたこと)5, 6節。
et qui quoad bonum et verum prorsus vastati, vers. 8; また善と真理に関してまったく荒廃した者ら、8節。
dein agitur de illis qui a Domino in inferiore terra custoditi sunt propter malos in superiore terra, qui die ultimi judicii casuri, vers. 9, 10, 11; その後、扱われている、上方の地の中の悪い者らのために下方の地の中の主により守られている者たち、彼らについて、〔悪い者らは〕最後の審判の日に落ちる、9, 10, 11節。
satatus illorum qui in malis et inde falsis sunt, die ultimi judicii, vers. 12 ad 17. 悪とここからの虚偽の中にいる者ら、彼らの状態、最後の審判の日に、12から17節。

CAPUT VII 第7章
Collectio illorum qui interius boni sunt et separatio illorum a malis, ac tutatio ne periclitentur cum instat ultimum judicium. 内的な善にいる者たち、彼らの集めることと悪い者らから彼らの分離、そして、最後の審判が切迫しているとき、危険にさらされないように保護。
Collecito illorum qui coelestes et spirituales sint, qui intelliguntur per duodecim tribus Israelis, vers. 1 ad 8; 天的と霊的である者たち、彼らの集めること、その者たちはイスラエルの12種族によって意味される、1から8節。
et postea collectio illorum qui ex omni religione et bene vixerunt, vers. 9 ad 17. またその後、彼らの集めること、その者たちは、宗教に、善良に生きたすべての者たちから、9から17節。
(Altera versio ad finem scripta) (終わりに書かれたもう一つの版)
Agitur de separatione bonorum a malis ante judicium, vers. 1 ad 3; 審判の前に悪い者らから善良な者たちの分離について扱われている、1から3節。
de bonis qui agnoverunt Dominum pro Deo coeli et terrae, et ab Ipso sapuerunt, vers. 4 ad 8; 主を天地の神として認める者たち、善良な者たちについて、またその方から賢明であった、4から8節。
deque bonis qui in fide charitatis fuerunt, et in tentationibus, ex quibus etiam novum coelum et nova Hierosolyma, n. 9 ad 17. それと、仁愛の信仰の中にいた善良な者たちについて、また試練の中に、さらにまたその者たちから新しい天界と新しいエルサレム〔がある〕、9から17節。

CAPUT VIII 第8章
Exploratio quales sunt illi in fine Ecclesiae qui Reformati vocantur et se dicunt esse in fide, per influxum coeli spiritualis apud illos, vers. 1, 2. 彼らがどんなものであるかの調査、教会の終わりの中の、改革者と呼ばれる者ら、また自分たちは信仰の中にいると言う、彼らのもとへの霊的な天界の流入によって、1, 2節。
Praesentia Domini in coelo spirituali et tutela, vers. 3, 4. 霊的な天界の中の主の現在と保護、3, 4節。
Communicatio cum illis qui in fide, et qualis, vers. 5. 信仰の中にいる者たち、彼らとの伝達、また〔彼らが〕どんな〔者たち〕であるか、5節。
Influxus primus et exploratum quod essent ibi falsa, mala, et falsificata, vers. 6, 7. 最初の流入と調査、そこに虚偽、悪、虚偽化されたものがあったこと、6, 7節。
Influxus amoris spiritualis in voluntarium, ita in naturale, et exploratum quod nihil bonum, quia omne falsificatum, vers. 8, 9. 意志の中への霊的な愛の流入、このように自然的なものの中へ、また調査、善が何もなかったこと、なぜなら、すべてのものが虚偽化されたものだから、8, 9節。
Influxus sapientiae spiritualis in intellectuale, et exploratum num vera interiora Verbi aversarentur, vers. 10, 11. 理解力の中への霊的な知恵の流入、また調査、みことばの内的な真理が退けられたかどうか、10, 11節。
Influxus denique et exploratio quod mere mala et falsa in omnibus Ecclesiae istius, apud illos qui se confirmaverunt in sola fide, vers. 12. 最後に流入それと調査、その教会のすべてのものの中に悪と虚偽そのもの〔である〕、彼らのもとに、信仰のみを確信した者ら、12節。
Satus damnatus apud illos qui se confirmaverunt in illa, vers. 13. 彼らのもとの断罪の状態、それを確信した者ら、13節。

CAPUT IX 第9章
De illis qui se in fide saparata a charitate confirmaverunt. 仁愛から分離した信仰を確信した者ら、彼らについて。
De illis qui per ratiocinia externa confirmaverunt, vers. 1 ad 12. 外なる(誤った)推論によって確信した者ら、彼らについて、1から12節。
De illis qui per ratiocinia interiora confirmaverunt, n. 13 ad 19. 内なる(誤った)推論によって確信した者ら、彼らについて、13から19番。
De reliquis qui se non confirmaverunt, sed usque in sola fide sunt, quales, vers. 20, 21. 確信しなかった残りの者らについて、しかし、それでも、信仰のみにいた、〔その〕性質、20, 21節。

CAPUT X 第10章
De doctrina novae Hierosolymae quod Deus unus sit in quo Trinitas, et quod Humanum Domini sit Divinum, quod id doctrinae quod Deus unus sit recipiatur, at quod Humanum Domini Divinum sit repugnet.  新しいエルサレムの教えについて、神は唯一であり、その中に三一性があること、また主の人間性は神的なもの(神性)であること、神は唯一であるというその教えは受け入れられること、しかし、主の人間性は神的なもの(神性)である〔という教え〕は不快であること。

CAPUT XI 第11章
De statu communi Ecclesiae Reformatorum, quod est secundum vae et intelligitur per vesperam; 改革者の教会の共通の状態について、これは第二のわざわいであり、夕方によって意味される。
de statu qui vespera, vers. 2 ad 10, de excidio eorum, n. 13, de diluculo 3 ad 6, et 11, 12, 14, 19. 夕方の状態について、2から10節。彼らの破滅について、13節。夜明けについて、3から6、それと11, 12, 14, 19節。

CAPUT XII 第12章
De nova Ecclesia et ejus doctrina, et quod draco ex odio persequatur illam, et quod illa tutata a Domino. 新しい教会とその教えについて、また竜が憎しみからそれを攻撃すること、またそれが主により保護されること。
Et quod draco, seu illi qui in sola fide, dejecti sint in mundum sprituum, unde infestant homines telluris. また、竜、すなわち信仰のみにいる者ら、彼らが霊たちの世界へ投げ落とされ、そこから地上の人間たちを攻撃すること。

CAPUT XIII 第13章
De doctrina ejus apud laicos et vulgus, quae est bestia ex mari, ejus agnitione quando sicut confirmata est per Verbum; 平信徒と大衆のもとのその教えについて、それは海からの獣であり、その時、みことばによって確証されたかのようなその承認。
et de doctrina ejus apud doctos e clero, qualis illa, recepta apud priores. また、聖職者からの教える者のもとのその教義について、その性質、前のもの〔平信徒と大衆〕のもとの受け入れ。
Quod utraque sit ex omnibus veris Verbi falsificatis. 両方とも、みことばの真理のすべての虚偽化から存在すること。

CAPUT XIV 第14章
De novo coelo Christiano, describitur quale est a vers. 1 ad 5. 新しいキリスト教の天界について、性質が記述されている、1から5節まで。
Evangelizatio de adventu Domini, et de nova Ecclesia, vers. 6, 7, 13; 福音、主の来臨について、また新しい教会について、6, 7, 13節。
exhortatio ut recedant a fide separata a charitate, vers. 9 ad 12; 仁愛から分離した信仰から去るようにとの勧告、9から12節。
explotatio eorum et manifestatio quod illorum opera sint mala,vers. 14 ad 20. 彼らの調査と明示、彼らの業が悪であること、14から20節。

CAPUT XV 第15章
De extensione coeli Christiani externi, et de illis qui in externis ejus glorificatibus Domini. 外なるキリスト教の天界の拡大について、また、その主の称賛によって外なるもの〔儀式〕の中にいる者ら、彼らについて。
De praeparatione ad influxum in Ecclesiam in terris, ut describatur status ejus ultimus quoad mala et falsa. 地上の教会の中への流入への準備について、悪と虚偽に関するその最後の状態が記述されるために。

CAPUT XVI 第16章
De influxu a Domino in homines Ecclesiae Reformatorum ad detegendum falsa et mala in Ecclesia Reformatorum, vers. 1. 改革者の教会の人間たちの中への主からの流入について、改革者の教会の中の虚偽と悪をあばくことへ向けて、1節。
Influxus in internae Ecclesiae homines, vers. 2. 内なる教会の人間たちの中への流入、2節。
In externae Ecclesiae homines, vers. 3. 外なる教会の人間たちの中へ、3節。
In intellectum Verbi apud illos, vers. 4, 5, 6, 7. 彼らのもとの、みことばの理解力の中へ、4, 5, 6, 7節。
In amorem apud illos, vers. 8, 9. 彼らのものの愛の中へ、8, 9節。
In fidem apud illos, vers. 10, 11. 彼らのもとの信仰の中へ、10, 11節。
In ratiocinia interiora apud illos, vers. 12, 13, 14, 15, 16. 彼らのもとの内的な(誤った)推論の中へ、12, 13, 14, 15, 16節。
In omnia illorum simul, vers. 17 ad 21. 彼らのすべてのものの中へ、同時に、17から21節。

CAPUT XVII 第17章
De religioso Catholico Romano, qualis est extus et qualis est intus, vers. 1 ad 8; ローマカトリックの宗教信念について、外見上どんなものであるか、また内面的にどんなものであるか、1から8節。
qualis est quoad Verbum in specie, vers. 9 ad 11;  みことばに関してどんなものであるか、特に、9から11節。
qualis est gens Gallica quoad Verbum, vers. 12 ad 14; みことばに関してフランス国民はどんなものであるか、12から14節。
quales sunt reliqui sub illius dominio, vers. 15; その支配の下の残りの者たちはどんなものであるか、15節。
quales sunt Protestantes quoad Verbum, vers. 16, 17; みことばに関してプロテスタントたちはどんなものであるか、16, 17節。
quod in multis doctrinalibus conveniant, vers. 18. 教えの多くのもので、〔彼らは〕一致すること、18節。

CAPUT XVIII 第18章
De religioso Babylonico quale est, quod periturum, vers. 1 ad 8; バビロンの宗教信念はどんなものであるかについて、滅びるべきものであること、1から8節。
quales sunt superiores in eo ordine, vers. 9, 10; その階級の中の上位者らはどんなものであるか、9, 10節。
minores in eo ordine, vers. 11 ad 16; その階級の中の低い者ら、11から16節。
quales laici et vulgus, vers. 17, 18, 19; 平信徒と大衆の性質、17, 18, 19節。
quod illis dolor et luctus; 彼らに苦痛と嘆き〔がある〕。
quod angelorum gaudium quod remotum, causa quia nihil intelligentiae et sapientiae apud illos, et quod ii obstupent, vers. 20 ad 24. 遠ざけること〔それが〕天使たちの楽しさ〔である〕こと、理由は、彼らに理解力と知恵が何もなかったから、また、それらが〔天使たちを〕唖然とさせる☆こと、20から24節。
☆ obstupo?はレキシコンにありません。obstupescoに「驚く、唖然とする」、stupescoに「驚くようになる」の意味があるので、「唖然とさせる」それほど間違っていないと思います。

CAPUT XIX 第19章
Glorificatio Domini ab angelis coeli quod Babylon remota sit, ut illi in luce et in guadio sint, vers. 1 ad 5. 天界の天使たちによる主の称賛、バビロンが遠ざけられたこと、彼らが光と楽しみの中にいるようにと、1から5節。
Annuntiatio de Ecclesia nova, vers. 6, 7, 8, 9, 10. 新しい教会についての告知、6, 7, 8, 9, 10節。
Adventus Domini in Verbo, et aperitio ejus pro nova illa Ecclesia, n. 11 ad 16. みことばの中への主の来臨、またその〔みことばの〕開けること(啓示)、その新しい教会のために、11から16節。
Vocatio omnium ad illam, vers. 17, 18. そこへのすべての者の招待、17, 18節。
Resistentia ab illis qui in fide separata a charitate, et illorum remotio et damnatio, vers. 19, 20, 21. 仁愛から分離した信仰の中にいる者ら、彼らからの抵抗、また彼らの遠ざけられることと断罪、19,20,21節。

CAPUT XX 第20章
De remotione illorum qui per draconem intelliguntur, vers. 1, 2, 3. 竜によって意味される者ら、彼らの遠ざけられることについて、1, 2, 3節。
De ascensu ex inferiore terra illorum qui coluerunt Dominum et fugerunt mala ut peccata, vers. 4, 5, 6. 主を崇拝し、悪を罪として避けた者たち、低地から彼らののぼることについて、4, 5, 6節。
Judicium super illos qui in cultu externo separato a cultu interno spirituali, vers. 7, 8, 9. 彼らの上の審判、霊的な内なる礼拝から分離して外なる礼拝の中にいる者ら、7, 8, 9節。
De damnatione draconis, vers. 10. 竜の断罪について、10節。
De universali judicio super illos qui sibi novos coelos formaverant, et super reliquos ex mundo spirituum, vers. 11 ad 15. 彼らの上の全般的な審判について、自分たちに新しい天界を形成した者たち、また霊たちの世界からの残りの者たちの上の〔審判について〕、11から15節。

   * * * * *

(3) 翻訳:スヴェーデンボリ遺稿「黙示録解説の要約」

第1章では主がみことばとして述べられていて、みことばから主は最後の審判を行なわれ、新しい教会を設立される。
 第2、第3章では、教会の中のすべての者について、その者たちに最後の審判が行なわれ、そこから新しい教会が形成される。
 第4章では、最後の審判への天界の中のすべての者の準備について、それゆえ、そこの御座について。
 第5章では、主おひとりが審判を行なわれること、天界のすべての者により多くの確信をもって承認されることが現わされる。
 (以上の注は、「要約」の前のページの中央にあったものである)

     第1章

この啓示は主おひとりからのものであること、またそれが新しいエルサレムの中にいて、主を天地の神として承認する者たちによって受け入れられること。主はまた、みことばとして述べられている。
 1から3節。だれのための啓示なのか。
 4から6節。主おひとりから天界を通って〔与えられる啓示は〕、彼らのためであること。
 7, 8節。主は、ご自身を、また教会であるものを、みことばから啓示されること。
 9から11節。さらに、彼らにより受け入れられることについて。
 12から16節。主が、みことばとして、また教会として述べられている。
 17, 18節。この方は、エホバであり、ひとりの神であり、すべてはこの方から〔である〕との認識。
 19, 20節。この啓示は、新しいエルサレムにいるようになる者たちのためであること。

     第2章

教会の中の者たちについて、その者たちから新しいエルサレムが生ずることができる。
 仁愛の善でなく、信仰の真理を第一に見る者たちから、これはエペソにある教会である、1から7節。
 生活に関しては善にいて、教えに関しては虚偽にいる者たちから、これはスミルナにある教会である、8から11節。
 教会のすべてのものを善い業に置き、教えの真理に何も置かなかった者たちから、これはペルガモにある教会である、12から17節。
 仁愛からの信仰にいる者たち、またそこから善い業にいる者たちから、さらんまた、そこの仁愛から分離した信仰にいる者たち、またそこから悪い業にいる者たちについて、これはテアテラにある教会である、18から29節。
(欄外に)諸教会のために、主を天界の神として、また仁愛の業を承認しなくてはならない。

     第3章

彼らについての続き、その者たちから新しいエルサレムが主ずることができる。
 死んだ信仰にいる者たちについて、すなわち、真理を欠き、こうして生活を欠いた礼拝にいる者たち、これはサルデスにある教会である、1から6節。
 主による善からの真理にいる者たちについて、これはフィラデルフィヤにある教会である、7から13節。
 自分自身から、みことばから賢明である者たちについて、これはラオデキヤにある教会である、14から22節。
(欄外に)第2(章)と同様。

     第4章

みことばから、それにしたがって行なわれる審判に向けて、天界にいるすべての者の準備、また主おひとりが審判者であることの認識について。

     第5章

ご自分の神的人間性に関する主が、みことばから、それにしたがって審判すること、なぜなら、その方はみことばであり、このことが天界のすべての者に認識されているから。

     第6章

みことばの理解に関して、またここから彼らの生活の状態に関して、最後の審判がある者たちについての調査。善からの真理の中にいた者たち、善の欠けた者たち、わずかな真理の中にいた者たちと善と真理についてまったく荒廃した者たちがいたこと、1節から8節まで。
 悪い者らから傷つけられないように、主により地の下に守られていた者たちについて、彼らは慰めとじきに解放されることの約束を受ける、9, 10, 11番。
善から最初に分離した悪い者らについて、その時、彼らは悪と虚偽そのものにいて、最後の審判を恐れている。
さらにまた295番☆に見られる。
(終わりに書かれたもう一つの版☆)
最後の審判がある者たちの調査について、ここに扱われている。みことばの理解は彼らのもとで、どんなものであったか、またここから彼らの生活の状態はどんなものであったか調査される。善からの真理の中にいた者たちがいた、1, 2節。善を欠いた者ら、4節。真理への軽蔑にいる者ら、5, 6節。また善と真理に関してまったく荒廃した者ら、8節。その後、上方の地にいる悪い者らのために下方の地にいて主により守られている者たちについて扱われている、〔悪い者らは〕最後の審判の日に落ちる、9, 10, 11節。最後の審判の日に、悪とここからの虚偽にいる者たちの状態、12から17節。

注☆ 「もう一つの版」とはまだ草稿の状態にあった『啓示された黙示録』であり、その295番は、ここの第6章第1節の要約である。

     第7章

 内的な善にいる者たちを集めることと彼らを悪い者らから分離すること、そして、最後の審判が切迫しているとき、危険にさらされないように保護すること。
 イスラエルの12種族によって意味される、天的と霊的である者たちを集めること、1から8節。またその後、宗教にまた善良に生活したすべての者たちから集めること、9から17節。
(最後に書かれたもう一つの版)
審判の前に、悪い者らから善良な者たちの分離について扱われているについて、1から3節。主を天地の神として認め、またその方から賢明であった善良な者たちについて、4から8節。それと、仁愛の信仰の中に、また試練の中にいた善良な者たち善人たちについて、さらにまた、新しい天界と新しいエルサレムはその者たちからである、9から17節。

     第8章

 霊的な天界の流入によって、改革派と呼ばれる教会の終わりにいて、自分たちは信仰にいると語る者らがどんなものであるかの調査、1, 2節。
 霊的な天界の中の主の現在と保護、3, 4節。
 信仰にいる者たちへの伝達、また彼らがどんなであるか、5節。
 最初の流入と調査、そこに虚偽、悪、虚偽化されたものがあったこと、6, 7節。
 意志の中へ、このように自然的なものの中への霊的な愛への流入、また、善が何もなかったとの調査、なぜなら、すべてが虚偽化されたものだから、8, 9節。
 理解力の中への霊的な知恵の流入、また、みことばの内的な真理が退けられたかどうかの調査、10, 11節。
 最後に、流入と、その教会のすべてのものは、信仰のみを確信した者らには悪と虚偽そのものであるとの調査、12節。
 それを確信した者らの断罪の状態、13節。

     第9章

仁愛から分離した信仰を確信した者らについて。
 外なる推論によって確信した者らについて、1から12節。
 内なる推論によって確信した者らについて、13から19節。
 確信しなかったけれども、しかし、それでも信仰のみにいた者たちの性質について、20, 21節。

     第10章

神は唯一であり、その中に三一性がある、また主の人間性は神的なものである、という新しいエルサレムの教えについて、神は唯一であるというその教えは受け入れられるが、しかし、主の人間性は神的なものであるという教えは不快であること。

     第11章

改革派の教会に共通の状態について、これは第二のわざわいであり、夕方によって意味される。夕方の状態について、2から10節。彼らの破滅について、13節,夜明けについて、3から6、それと11, 12, 14, 19節。

     第12章

新しい教会とその教えについて、また竜が憎しみからそれを攻撃すること、またそれが主により保護されること。
 また、竜、すなわち信仰のみにいる者らが霊たちの世界へ投げ落とされ、そこから地上の人間たちを攻撃すること。

     第13章

平信徒と大衆へのその教え、これは海からの獣であり、その時、みことばによって確証されたかのような承認について。それと、聖職者からの教える者の教え、その性質、前の者〔平信徒と大衆〕が受け入れることについて。
 両方とも、みことばの真理のすべてを虚偽化することから存在すること。

     第14章

新しいキリスト教の天界について、性質が記述されている、1から5節まで。
 主の来臨、また新しい教会についての福音、6, 7, 13節。仁愛から分離した信仰から去るようにとの勧告、9から12節。彼らの業が悪であることの彼らの調査と明示、14から20節。

     第15章

外なるキリスト教の天界の拡大について、またその主の称賛によって外なるもの〔儀式〕の中にいる者らについて。悪と虚偽に関するその最後の状態が記述されるために、地上の教会の中へ流入する準備について。

     第16章

改革派の教会の人間たちへの主からの流入について、改革派の教会の中の虚偽と悪をあばくことへ向けて、1節。内なる教会の人間たちの中への流入、2節。外なる教会の人間たちへ、3節。彼らへのもとの、みことばの理解力の中へ、4, 5, 6, 7節。彼らの愛の中へ、8, 9節。彼らの信仰の中へ、10, 11節。彼ら内なる推論の中へ、12, 13, 14, 15, 16節。同時に、彼らのすべてのものの中へ、17から21節。

     第17章

ローマカトリックの宗教信念について、外見上どんなものであるか、また内面的にどんなものであるか、1から8節。特に、みことばに関してどんなものであるか、9から11節。みことばに関してフランス国民はどんなものであるか、12から14節。その支配下にあった残りの者たちはどんなものであるか、15節。みことばに関してプロテスタントたちはどんなものであるか、16, 17節。教えの多くのもので、彼らは一致すること、18節。

     第18章

バビロンの宗教信念はどんなものであるかについて、滅びるべきものであること、1から8節。その階級の上位者らはどんなものであるか、9, 10節。その階級の低い者ら、11から16節。平信徒と大衆の性質、17, 18, 19節。彼らに苦痛と嘆きがある。遠ざけることが天使たちの楽しさであること、その理由は、彼らに理解力と知恵が何もなかったから、また、そのことが天使たちを唖然とさせたこと、20から24節。

     第19章

天界の天使たちによる主の称賛、彼らが光と楽しみの中にいるようにとバビロンが遠ざけられたこと、1から5節。新しい教会についての告知、6, 7, 8, 9, 10節。みことばの中への主の来臨、またその新しい教会のためのに、みことばを開けること、11から16節。
 そこへのすべての者の招待、17, 18節。
 仁愛から分離した信仰にいる者らからの抵抗、また彼らの遠ざけられることと断罪、19,20,21節。

     第20章

竜によって意味される者らが遠ざけられることについて、1, 2, 3節。
 主を崇拝し、悪を罪として避けた者たちが低地からのぼることについて、4, 5, 6節。
 霊的な内なる礼拝から分離して、外なる礼拝にいる者らへの審判、7, 8, 9節。
 竜の断罪について、10節。
 自分たちに新しい天界を形成した者たち、また霊たちの世界からの残りの者たち、彼らの全般的な審判について、11から15節。
author:yasubee, category:スヴェーデンボリ雑編, 10:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スヴェーデンボリ遺稿『天使たちとの会話』
     OPUSCULUM POSTHUMUM EMANUELIS SWEDENBORGII
       COLLOQUIA CUM ANGELIS
     スヴェーデンボリ遺稿『天使たちとの会話』

はじめに
 「天使たちとの会話」と題されたこの自筆原稿は『啓示された黙示録』の「索引」の原稿と一緒に綴じられているので、おそらく1766年頃に書かれたと思われます。原文はストックホルムの王立科学アカデミーにあります。
 〔研究誌『荒野』第6号(1997年4月)に掲載〕

(1) 本文
1. Quod unum malum in se infinitas concupiscentias, interiores et exteriores, contineat, de quibus homo nihil scit.
− Quod omnes illae removeantur a Domino, dum homo spectatad Dominum, et malum fugit sicut a se.
− Illustratio per exempla apud hominem varia, ut de ventriculo, renibus, membris generationi dicatis.
− Quod non opus sit ut homo de illis sciat.
− Quod malum appareat homini sicut unum, et quod tamen illi insint omnes concupiscentiae, interiores et exteriores, ita successive, sed quod in malo illo insint in ordine simultaneo. Hoc etiam illustretur.
− Quod homo non purificetur per fugere malum solum propter civiles et morales causas; quia purificatur solum quoad externa, non quoad interna.
− Quod sic nemo purificetur per hodiernam fidem, quae ponit opera solum civilia, moralia, et politica.
2. Quod qui ex confirmatione apud se faciunt Humanum Domini simile humano alterius hominis, dividant Dominum in duos.
− Quod sint corde Sociniani aut Ariani: apud quos non est Ecclesia.
− Quod sola fides hoc faciat.
3. Quod qui in sola fide est, non possit aliter quam Deum facere tres.
− Quod vicissim, qui Deum faciunt tres, solam fidem ament.
4. Quod Dominus et homo sint simul in amore erga proximum.
− Quod per illum amorem fiat conjunctio.
− Quod qui in illo amore sunt ament Dominum.
5. Quod qui facit aliquod malum licitum in mente sua, continue faciat illud.
− Quod tunc conatus faciendi illud, dum possibile est, insideat, non modo in mente, sed etiam in corpore.
− Quod conatus ille sit voluntas, quae solum refraenatur a causis externis.
6. Quod internus homo non sit intelligere, cogitare, et scire solum;
− sed quod sit velle quod intelligit, cogitat, et scit;
− inde videri potest, quid est internus homo separatus ab externo, et quid non separatus.
− Quod omne spirituale insit cogitationi ex velle, et quod cogitatio absque velle sit externum sicut atrium.
7. Quod sint tria quae in ordine sequuntur et faciunt unum:
− charitas, fides, et opera − sicut voluntas, intellectus, et facta.
− Quod, si unum deest, reliqua duo cadant seu evanescant.
8. Quod homo facturus sit et cogitaturus in rebus spiritualibus sicut a se.
− Quod homo alioquin non foret homo.
− Quod hoc sit imago Dei in homine.
− Quod hoc detur perpetuo a Domino.
− Quod detur ut sit reciprocum amoris, et inde conjunctio.
− Quod alioquin Verbum ad nihil conduceret.
− Quod alioquin non foret religio.
9. Quod omina influant apud hominem, sic ut homo sit modo organum recipiens.
− Quod sit organum recipiens omnia coeli quoad mentem suam,et recipiens mundi quoad corpus suum.
Sicut oculus est recipiens lucis, aures recipientes soni, et reliqua corporis, ita intellectus recipiens lucis coeli seu sapientiae, et voluntas recipiens caloris coeli, ita amoris.
− Quod nihil in homine sit quam facultas recipiendi, illustretur ab organis qualis facultas est.
− Quod objecta naturalia sentiantur in organis corporis sicut in illis, similiter objecta spiritualia sicut in mente, tamesti ibi non sunt.
− Quod fallaciae sint ex illa sensatione.
10. Fallaciae oriundae ex ideis inversis,
− ut de Deo ex personis et non ex essentia,
− de proximo ex persona seu a forma humana, et non ex ejus qualitate.
− de coelo ex loco et non ex amore et sapientia,
− de Ecclesia ex cultu externo, et non ex charitate et inde fide,
− imo de variis ex gaudiis et jucundis, et non ex amoribus ex quibus.
11. Quod status hominis quoad voluntatem seu amorem non mutetur post mortem, causa quia est vita ejus,
− ita quoad charitatem.
− Quod sataus hominis quoad intellectum mutetur,
− et quod mutetur quoad amorem voluntatis.
− Quod homo in mundo arbitrari possit quod sit in coelo propter intellectum, cum tamen non est.
− Quod ideo auferantur vera et bona in intellectu, quia non cum voluntatis amore concordant.
12. Absurditates circa fidem momentaneam, et sic salvationem momentaneam.
− Similiter circa misericordiam immediatam, quia haec unum facit cum fide momentanea.
− Siquidem homo reformatur et regeneratur successive usque ad finem vitae et deinde in aeternum.
− Et quod nusquam possit perfecte regenerari, solum quoad communissima, et aliquot communium sub illis.
13. Quod intellectus in spiritualibus deperditus sit apud illos e clero, qui confirmaverunt apud se falsa fidei hodiernae.
− Quod non sit deperditus apud laicos, quia non confirmaverunt illa.
− Quomodo clerus claudit intellectum suum in spiritualibus apud se, et quoque apud laicos.
− Quod confirmatio claudat, cur?
− Genara confirmationum plura.
− Quod confirmatio per vitam sit pessima.
14. Quomodo sensus literae Verbi aboletur, dum transit in coelum, et fit spiritualis.
− Quod sit exuitio, et revelatio interiorum veri.
− Experimenta, quod dum verum intus latet apud hominem, aperiatur sensus literae in coelo, et vicissim quod dissipetur, et quandoque cum strepitu:
− et si amoris mali confirmatio intus latet, quod appareant sicut scintillae ignis, et explosio.
− Quod omina sensus literae Verbi communicent cum omnibus coelis.
Quod sic Verbum sit conjunctio coeli et Ecclesiae.
− Quod haec non capi possint absque scientia correspondentiarum.
15. Quod falsum principium in spiritualibus falsificet omnia.
− Quod sic falsificet omnia Verbi.
− Quod falsificet tametsi homo id nescit, dum legit Verbum.
− Quod falsa usque se insinuent singulis Verbi, a latere vel in medio.
− Quod falsum hoc non manifestetur, nisi dum in medio intuitu cogitationis ponitur.
16. Quod vera non falsificent Verbum, ubicunque legitur, quia usque in nexu adsunt.
− Quod bonum vitae non falsificet Verbum, quia hoc in omnibus et singulis Verbi intus est.
− Quod sic possit sensus literae verti huc et illuc ab homine qui in veris doctrinae et in bono vitae est.
17. Quod apud illos qui in sola fide sunt, omnia bona opera fiant meritoria, etiam poenitentia.
− Quod falsificent totum Verbum qui intus apud se confirmaverunt falsa, et quod hoc nesciant. Lutherus.
− Quod Deus sit ex quo omnia, illustratur per omnia correspondentia cum homine, ex sphaeris circum angelos.
− Qoud charitas et fides unum faciant sicut affectio et cogitatio, ut non dentur unius plus quam alteruis, quod sola affectio sit absque sensu et contra, item sola charitas.
− Describitur fides qualis est antequam vivificatur a charitate, quae histoica....

(2) 直訳
1. Quod unum malum in se infinitas concupiscentias, interiores et exteriores, contineat, de quibus homo nihil scit. 1. 一つの悪はそれ自体の中に無限の欲望を、内的にと外的に、含くんでいること、このことについて人間は何も知らない。
Quod omnes illae removeantur a Domino, dum homo spectatad Dominum, et malum fugit sicut a se. これらすべて〔の欲望〕は主により取り除かれること、人間が主を見上げ、自分自身からかのように悪を避けるときにかぎり。
Illustratio per exempla apud hominem varia, ut de ventriculo, renibus, membris generationi dicatis. 人間のもとのさまざまな例による説明、例えば、胃・腎臓・生殖に割り当てられた器官について。
Quod non opus sit ut homo de illis sciat. 人間がそれらについて知る必要はないこと。
Quod malum appareat homini sicut unum, et quod tamen illi insint omnes concupiscentiae, interiores et exteriores, ita successive, sed quod in malo illo insint in ordine simultaneo. 悪は人間には一つのように見えること、そしてそれでも、そこにすべての欲望が内在する、内的にと外的に、このように連続的に、しかし、その悪の中に内在する、同時の順序で
Hoc etiam illustretur. このこともまた説明される〔未来形〕。
Quod homo non purificetur per fugere malum solum propter civiles et morales causas; 人間は悪を避けることによって清められないこと、単に市民的で道徳的な理由のためにだけで。
quia purificatur solum quoad externa, non quoad interna. (なぜなら)単に外部に関してだけ清められるので、内部に関してでなく。
Quod sic nemo purificetur per hodiernam fidem, quae ponit opera solum civilia, moralia, et politica. こうして、だれも今日の信仰によって清められないこと、それは単に市民的・道徳的・社会的な働きだけに置く(主張する・前提とする)。
2. Quod qui ex confirmatione apud se faciunt Humanum Domini simile humano alterius hominis, dividant Dominum in duos. 2. 自分自身のもとで確信から主の人間性を他の人間の人間性と同様のものとする者らは、主を二つに分けること。
Quod sint corde Sociniani aut Ariani: 〔彼らは〕心ではソッツィーニ教徒☆またはアウリス主義の信奉者☆である。
☆ どちらも三位一体とキリストの神性を否定する者たちです。
apud quos non est Ecclesia. その者らのもとに教会はない。
Quod sola fides hoc faciat. 信仰のみがこのことを行なうこと。
3. Quod qui in sola fide est, non possit aliter quam Deum facere tres. 3. 信仰のみにいる者は、神を三つとすること以外に異なってできないこと。
Quod vicissim, qui Deum faciunt tres, solam fidem ament. 逆に、神を三つとする者は、信仰のみを愛すること。
4. Quod Dominus et homo sint simul in amore erga proximum. 4. 主と人間は隣人への愛の中で一緒にいること。
Quod per illum amorem fiat conjunctio. この愛によって結合が行なわれること。
Quod qui in illo amore sunt ament Dominum. この愛の中にいる者は主を愛すること。
5. Quod qui facit aliquod malum licitum in mente sua, continue faciat illud. 5. 自分の心の中で何らかの悪を許されるとする者は、そのことを絶えず行なうこと。
Quod tunc conatus faciendi illud, dum possibile est, insideat, non modo in mente, sed etiam in corpore. その時、その悪を行なおうとするコナトゥス☆は、可能性があるかぎり、〔その者に〕固く宿る、心の中だけでなく、身体の中にもまた。
☆ conatus(発音:コーナートゥス)は「努力・意図・試み」の意味です。あえて訳出しないほうがよい言葉かもしれません。
Quod conatus ille sit voluntas, quae solum refraenatur a causis externis. そのコナトゥスとは意志であり、それはただ外なる理由だけから抑制されること。
6. Quod internus homo non sit intelligere, cogitare, et scire solum; 6. 内なる人間は、単に理解し、考え、知ることだけの存在ではないこと。
sed quod sit velle quod intelligit, cogitat, et scit; しかし、理解し、考え、知ったことを意志する(ことの)存在であること。
inde videri potest, quid est internus homo separatus ab externo, et quid non separatus. ここから見られることができる、外なるものら分離した内なる人間とは何か、また分離しない〔人間〕とは何か。
Quod omne spirituale insit cogitationi ex velle, et quod cogitatio absque velle sit externum sicut atrium. すべての霊的なものは意志することからの思考に内在し、意志することなしの思考は、張り出し玄関のように外なるものであること。
7. Quod sint tria quae in ordine sequuntur et faciunt unum: 7. 順に続き、一つとなっている三つのものがあること―
charitas, fides, et opera − sicut voluntas, intellectus, et facta. 仁愛・信仰・業――意志・理解力・行為のように。
Quod, si unum deest, reliqua duo cadant seu evanescant. もし一つが欠けるなら、残りの二つは倒れるかまたは(すなわち)消えること。
8. Quod homo facturus sit et cogitaturus in rebus spiritualibus sicut a se. 8. 人間は行動し,考えようとすること、霊的なものごとにおいて、自分自身からのように。
Quod homo alioquin non foret homo. そうでなければ、人間は人間でないであろうこと。
Quod hoc sit imago Dei in homine. これが人間の中の「神の映像」であること。
Quod hoc detur perpetuo a Domino. これは主により永続的に与えられること。
Quod detur ut sit reciprocum amoris, et inde conjunctio. 愛の相互のものがあるようにと与えられること、またそこから結合〔があるようにと〕。
Quod alioquin Verbum ad nihil conduceret. そうでなければ、みことばは何ものに向けても役に立たなかったであろうこと。
Quod alioquin non foret religio. そうでなければ、宗教は存在しなかったであろうこと。
9. Quod omina influant apud hominem, sic ut homo sit modo organum recipiens. 9. すべてのものが人間のもとに流入すること、このように人間が単なる受け入れる器官であるように。
Quod sit organum recipiens omnia coeli quoad mentem suam,et recipiens mundi quoad corpus suum.  〔彼は〕天界のすべてのものを受け入れる器官であること、その心に関して、また世のものを受け入れる〔器官である〕その身体に関して。
Sicut oculus est recipiens lucis, aures recipientes soni, et reliqua corporis, ita intellectus recipiens lucis coeli seu sapientiae, et voluntas recipiens caloris coeli, ita amoris. 目が光の受け入れるものであるように、耳が音の受け入れるもの、また身体の残りのものも〔そうであるように〕、このように理解力は天界の光の、すなわち知恵の受け入れるもの、また意志は天界の熱の、このように愛の〔受け入れるものである〕。
Quod nihil in homine sit quam facultas recipiendi, illustretur ab organis qualis facultas est. 人間の中には受容する能力しかないこと。どのような能力かは〔身体の〕器官から説明される。
Quod objecta naturalia sentiantur in organis corporis sicut in illis, similiter objecta spiritualia sicut in mente, tamesti ibi non sunt. 自然的な対象は身体の器官の中に、その中に〔存在する〕かのように感じられること、同様に霊的な対象は心の中に〔存在する〕かのように〔感じられる〕、それでもそこには存在しない。
Quod fallaciae sint ex illa sensatione. 欺きはこの感覚から存在すること。
10. Fallaciae oriundae ex ideis inversis, 10. 逆転した観念から起こる欺き、
ut de Deo ex personis et non ex essentia, 例えば、神について、人物から、本質からでなく、
de proximo ex persona seu a forma humana, et non ex ejus qualitate. 隣人について、人物からあるいは人間の外観(形)から、彼の性質からでなく、
de coelo ex loco et non ex amore et sapientia, 天界について、場所から、愛と知恵からでなく、
de Ecclesia ex cultu externo, et non ex charitate et inde fide, 教会について、外なる礼拝から、仁愛とそこからの信仰からでなく、
imo de variis ex gaudiis et jucundis, et non ex amoribus ex quibus. 実に、楽しさと快さからのいろいろなものについて、愛からでなく、それら〔愛〕から〔生じるものなのに〕。
11. Quod status hominis quoad voluntatem seu amorem non mutetur post mortem, causa quia est vita ejus, 意志あるいは愛に関して人間の状態は、死後に変わらないこと、理由は彼のいのちであるから、
ita quoad charitatem. したがって仁愛に関して〔も変わらない〕。
Quod sataus hominis quoad intellectum mutetur, 理解力に関して人間の状態は変化すること、
et quod mutetur quoad amorem voluntatis. そして、意志の愛に関して変化すること。
Quod homo in mundo arbitrari possit quod sit in coelo propter intellectum, cum tamen non est. 世の中で人間は理解力によって天界にいることを思うことができること、そのときそれでも〔実際には〕いない。
Quod ideo auferantur vera et bona in intellectu, quia non cum voluntatis amore concordant. それゆえ、理解力の中の真理と善は取り除かれること、意志の愛と一致しないので。
12. Absurditates circa fidem momentaneam, et sic salvationem momentaneam. 瞬間的な信仰に関する不合理さ、またこうして瞬間的な救い〔の不合理さ〕。
Similiter circa misericordiam immediatam, quia haec unum facit cum fide momentanea. 同様に直接の慈悲に関して、これは瞬間的な信仰と一つになっているので。
Siquidem homo reformatur et regeneratur successive usque ad finem vitae et deinde in aeternum. もし実際に人間が改心され、再生させられるにしても、連続的に〔この世の〕生活(いのち)の終わりまでも、その後、永遠に〔このことは続く〕。
Et quod nusquam possit perfecte regenerari, solum quoad communissima, et aliquot communium sub illis. そして決して完全に再生されることはできないこと、ただ最も一般的なものに関してだけ、またそれらの下のいくつかの一般的なもの〔に関してだけ再生する〕。
13. Quod intellectus in spiritualibus deperditus sit apud illos e clero, qui confirmaverunt apud se falsa fidei hodiernae. 聖職者からの彼らのもとに霊的なものにおける理解力は失われていること、彼らは今日の信仰の虚偽をを自分自身に確信した。
Quod non sit deperditus apud laicos, quia non confirmaverunt illa. 平信徒のもとに失われていないこと、なぜなら、それらを確信しないから。
Quomodo clerus claudit intellectum suum in spiritualibus apud se, et quoque apud laicos. どのように聖職者は自分自身のもとの霊的なものにおけるその理解力を閉ざしているか、そして平信徒のもとの〔理解力〕もまた。
Quod confirmatio claudat, cur? 確信が〔これを〕閉ざすこと、なぜか?
Genara confirmationum plura. 多くの種類の確信。
Quod confirmatio per vitam sit pessima.  生活を通しての(いのちによる)確信が最悪であること。
14. Quomodo sensus literae Verbi aboletur, dum transit in coelum, et fit spiritualis. どのようにみことばの文字上の意味は破棄されるか、天界の中へ移って行く時、そして霊的なものになる〔時〕。
Quod sit exuitio, et revelatio interiorum veri. 〔これは〕取り去る(脱ぐ)ことであり、内的な真理の啓示〔である〕こと。
Experimenta, quod dum verum intus latet apud hominem, aperiatur sensus literae in coelo, et vicissim quod dissipetur, et quandoque cum strepitu: 実験、真理が人間のもとに内部で隠れている時、天界の中で文字どおりの意味が開かれる、また逆にそれは消散させられる、また時々、騒音とともに―
et si amoris mali confirmatio intus latet, quod appareant sicut scintillae ignis, et explosio. またもし悪の愛の確信が内部で隠れているなら、火の火花のようなものが見られる、また爆発☆。
☆ 『啓示された黙示録』566番7のMemorabiliaを参照。
Quod omina sensus literae Verbi communicent cum omnibus coelis. みことばの文字どおりの意味のすべては、天界のすべてのものと連絡している(伝達手段として役立つ)。
Quod sic Verbum sit conjunctio coeli et Ecclesiae. したがって、みことばは天界と教会の結合〔するもの〕であること。
Quod haec non capi possint absque scientia correspondentiarum. これらのことは対応の知識なしに把握することはできないこと。
15. Quod falsum principium in spiritualibus falsificet omnia. 霊的なものの中の虚偽の原理は、すべてのものを虚偽化すること。
Quod sic falsificet omnia Verbi. したがって、みことばのすべてのものを虚偽化すること。
Quod falsificet tametsi homo id nescit, dum legit Verbum. 虚偽化すること、それでも人間はそのことを知らない、みことばを読んでいる時。
Quod falsa usque se insinuent singulis Verbi, a latere vel in medio. それでも、虚偽はみことばの個々のものに徐々にしみ込むこと、側面からあるいは中央から。
Quod falsum hoc non manifestetur, nisi dum in medio intuitu cogitationis ponitur. この虚偽は明らかにされないこと、思考力の熟慮の真ん中に置かれる時でないなら。
16. Quod vera non falsificent Verbum, ubicunque legitur, quia usque in nexu adsunt. 真理はみことばを虚偽化しないこと、〔みことばの〕どこが読まれようとも、それでも結びつきの中に現存するから。
Quod bonum vitae non falsificet Verbum, quia hoc in omnibus et singulis Verbi intus est. 生活(いのち)の善は、みことばを虚偽化しない、これはみことばのすべてのものと個々のものに内部に存在するから。
Quod sic possit sensus literae verti huc et illuc ab homine qui in veris doctrinae et in bono vitae est. こうして、文字どおりの意味は人間によってあちらこちらへ向けられることができること、教えの真理と生活の善にいる者〔によって〕。
17. Quod apud illos qui in sola fide sunt, omnia bona opera fiant meritoria, etiam poenitentia. 信仰のみにいる者、彼らのもとで、すべての善の働きは功績になること、悔い改めもまた。
Quod falsificent totum Verbum qui intus apud se confirmaverunt falsa, et quod hoc nesciant. Lutherus.  内部で自分自身のもとで虚偽を確信した者は、みことばの全部を虚偽化する、そしてこのことを知らないこと。ルター。
Quod Deus sit ex quo omnia, illustratur per omnia correspondentia cum homine, ex sphaeris circum angelos. 神はそこからすべてのものが存在すること、〔このことは〕人間に対応するすべてのものによって明らかにされること、天使の周囲のスフェアから。
Qoud charitas et fides unum faciant sicut affectio et cogitatio, ut non dentur unius plus quam alteruis, quod sola affectio sit absque sensu et contra, item sola charitas. 仁愛と信仰は情愛と思考のように一つとなっていること、一方は他方よりも多く存在しないように、情愛のみは感覚と〔それに〕対立するもののないものである、同じく仁愛のみ。
Describitur fides qualis est antequam vivificatur a charitate, quae histoica.... 信仰がどのようなものか説明される、仁愛によって活気づけられる前の、これは歴史の…〔ここで終わっている〕

   * * * * *

(3) 翻訳:スヴェーデンボリ遺稿「天使たちとの会話」

1. 一つの悪はその中に無限の欲望を内的にも外的にも含くんでおり、このことについて人間は何も知らない。
 これらすべての欲望は、人間が主を見上げ、自分自身からかのように悪を避ける時、主により取り除かれる。
 人間のもとのさまざまな例による説明、例えば、胃・腎臓・生殖に割り当てられた器官について。
 人間がそれらについて知る必要はない。
 人間に悪は一つのように見えるが、それでも、そこにすべての欲望が、内的にも外的にも、このように連続的に内在するが、それでも、その悪の中に同時の順序で内在する。このこともまた説明しよう。
 人間は単に市民的で道徳的な理由のためだけから、悪を避けることによって清められるのではない。内部に関してでなく、単に外側に関してだけ清められるからである。
 こうして、だれも今日の信仰によっては清められず、それは単に市民的・道徳的・社会的な働きだけを主張する。
2. 確信から自分自身に、主の人間性を他の人間の人間性と同様のものとする者らは、主を二つに分ける。
 彼らは心ではソッツィーニ教徒かあるいはアウリス主義の信奉者であり、その者らのもとに教会はない。
 信仰のみがこのことを行なう。
3. 信仰のみにいる者は、神を三つとする以外のことはできない。
 逆に、神を三つとする者は、信仰のみを愛する。
4. 主と人間は隣人への愛の中で一緒にいる。
 この愛によって結合が行なわれる。
 この愛の中にいる者は主を愛する。
5. 自分の心の中で何らかの悪を許されるとする者は、そのことを絶えず行なう。
 そのとき、その悪を行なおうとするコナトゥスは、可能性があるかぎり、心の中だけでなく、身体の中にもまたその者に固く居座る。
 そのコナトゥスとは意志〔の働き〕であり、ただ外側の理由だけから抑制される。
6. 内なる人間人は、単に理解し、考え、知ることだけの存在ではない。
 そうではなく、理解し、考え、知ったことを意志する存在である。
 ここから、外なるもの分離した内なる人間とは何か、また分離しない人間とは何か、見ることができる。
 霊的なものはすべて意志することからの思考に内在し、意志することのない思考は、張り出し玄関のように外なるのものである。
7. 順に続き、一つとなっている三つのものがある―
 仁愛・信仰・業―意志・理解力・行為のように。
 もし一つが欠けるなら、残りの二つは倒れる、すなわち消える。
8. 人間は霊的なものごとにおいて自分自身からかのように、行動し、考えようとする。
 そうでなければ、人間は人間でないであろう。
 これが人間の中の「神の映像」である。
 これは主により永続的に与えられる。
 愛の相互のものが、そこから結合があるようにと与えられる。
 そうでなければ、みことばは何にも役に立たなかったであろう。
 そうでなければ、宗教は存在しなかったであろう。
9. すべてのものが、人間が単なる受け入れる器官であるかのように、人間に流入する。
 その心に関して天界のすべてのものを受容し、その身体に関して世のものを受容する器官である。
 目が光を受容し、耳が音を受容するものであり、身体の残りのものもそうしたものであるように、理解力は天界の光を、すなわち知恵を受容するものであり、意志は天界の熱を、したがって愛を受容するものである。
 人間の中には受容する能力しかなく、どのような能力であるかは〔身体の〕器官から説明される。
 自然的な対象は身体の器官の中に存在するかのように感じられ、同様に霊的な対象は心の中に存在するかのように感じられるが、それでもそこには存在しない。
 欺きはこの感覚から存在する。
10. 逆転した観念から起こる欺き。
 例えば、神について、本質からでなく人物から〔考えるように〕、
 隣人について、彼の性質からでなく人物からあるいは人間の外観(形)から、,
 天界について、愛と知恵からでなく場所から、
 教会について、仁愛とそこからの信仰からでなく外なる拝から〔考えるように〕、
 実に、楽しさと快さからのいろいろなものについて、それらを生じる愛からでなく〔考えるている〕。
11. 意志あるいは愛に関して、人間の状態は死後に変わらない、その理由は、それが彼のいのちであるから、
 したがって仁愛に関して〔も変わらない〕。
 理解力に関して人間の状態は変化する、
 そして、意志の愛に関して変化する。
 世で人間は理解力によって天界にいると思うことができる、そのときそれでも〔実際には〕いない。
 それゆえ、理解力の中の真理と善は取り除かれる、意志の愛と一致しないからである。
12. 瞬間的な信仰、またこうして瞬間的な救いに関する不合理さ。
 直接の慈悲に関しても同様である、これは瞬間的な信仰と一つになっているからである。
 実際に人間が改心し、再生するにしても、〔このことは〕連続的に生活(いのち)の終わりまで、そしてその後は永遠に〔続く〕。
 そして決して完全に再生できず、ただ最も一般的なもの、またそれらの下のいくつかのの一般的なものに関してだけ〔再生する〕。
13. 聖職者たちに霊的なものの理解力は失われている、彼らは今日の信仰の虚偽を自らに確信した。
 平信徒に失われていない、なぜなら、それらを確信しないから。
 聖職者はどのようにして自分自身のもとの霊的なものにおける自分の理解力を、平信徒の理解力もまた閉ざしているか。
 確信が〔これを〕閉ざす、なぜか?
 多くの種類の確認。
 生活を通しての確認が最悪である。
14. みことばの文字どおりの意味は、天界の中へ移って行き、霊的なものになる時、どのように破棄されるか。
 〔これは〕取り去ること、内的な真理の啓示である。
 実験、真理が人間のもとで内部に隠れている時、天界では文字どおりの意味が開かれ、逆に消散させられる、時々は騒音とともに―
 またもし悪の愛の確信が内部に隠れているなら、火花のようなものが、また爆発☆が見られる。
 みことばの文字どおりの意味のすべては、天界のすべてのものと連絡している。
 したがって、みことばは天界と教会の結合〔するもの〕である。
 これらのことは対応の知識なしに把握することはできない。
注☆ 『啓示された黙示録』566番7のMemorabiliaを参照。
15. 霊的なものの中の虚偽の原理は、すべてのものを虚偽化する。
 したがって、みことばのすべてのものを虚偽化する。
 みことばを読んでいる時、それでも人間は虚偽化することを知らない。
 それでも虚偽はみことばの個々のものに、側面からあるいは中央から入り込む。
 この虚偽は、思考力からの熟慮の真ん中に置かれる時でないなら、明らかにされない。
16. みことばのどこが読まれても、それでも真理は結びつきの中に現存するので、みことばを虚偽化しない。
 生活(いのち)の善は、みことばのすべてのものと個々のものの内部に存在するので、みことばを虚偽化しない。
 こうして、文字どおりの意味は教えの真理と生活の善にいる人間によってあちらこちらへ向けられることができる。
17. 信仰のみにいる者らのもとで、すべての善の働きは、悔い改めもまた、功績となる。。
 自分自身のもとの内部で虚偽を確信した者は、みことばの全部を虚偽化し、そしてこのことを知らない。ルター。
 神からすべてのものが存在すし、〔このことは〕人間に対応するすべてのものによって、〔それと〕天使の周囲のスフェアから明らかにされる。
 仁愛と信仰は情愛と思考のように、一方は他方よりも多く存在しないように一つとなっている。情愛のみでは感覚のないもの、対立するもののないものであり、仁愛のみでも同様である。
 仁愛によって活気づけられる前の信仰がどのようなものか説明しよう、これは歴史の…
author:yasubee, category:スヴェーデンボリ雑編, 18:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スヴェーデンボリ遺稿『十戒の教え』
     OPUSCULUM POSTHUMUM EMANUELIS SWEDENBORGII
       DE PRAECEPTIS DECALOGI
       スヴェーデンボリ遺稿『十戒の教え』

 はじめに
 1763年出版の『四つの教え』の一つである『新しいエルサレムのためのいのちの教え、十戒の教えから』(DOCTRINA VITAE PRO NOVA HIEROSOLYMA, EX PRAECEPTIS DECALOGI )の覚書きとしておそらく1762年に書かれたものです。原文はストックホルムの王立科学アカデミーにあります。
 〔研究誌『荒野』第2号(1997年2月)に掲載〕

(1) 本文
     ARTICULUS PRIMUS

Quod postquam ultimum judicium peractum est, Nova Ecclesia promissa sit, quae intelligitur per Novam Hierosolymam in Apocalypsi.
1 Explicatur Cap. xxi a vers. 1 ad finem. Tum Cap. xxii 1 ad 5.
2 Ex Verbo alibi, quod per Hierosolymam intelligatur Ecclesia, ut in sequentibus locis:
ESAJ. i 1, iv 4, ix 1.
ii 2, iii 8, v 3, vii 1, x 10-12, 32, xxii 10, xxi 5, xxxiii 20, xxxvi 2, 7, 20, xxxvii 10, 32, xl 2, xli 27, xliv 26, 28, lii 1, 2, 9, lxii 1, 7, lxiv 10, lxv 18, lxvi 10, 20.
xxvii 13, xxx 19.
ii 3, iii 1.
iv 3, xxiv 23,x xviii 14, xxxi 9, lxv 19, lxvi 13.
v 3, viii 14, xxii 21.
xl 9, li 17, lii 1, 2, lxii 6.
Filla Hierosolymae: Lament. ii 13, 15, Mich. iv 8, Zeph. iii 14, Sach. ix 9.
JEREMIAS i 3, 15, ii 2, iii 17, iv 3, 10, 11, v1, vi 1, vii 17,34, viii 5, ix 11, xi 6, 13, xiii 9, xiv 2, 16, xvii19, 21, 26, 27, xix 7, 13, xxii 19, xxiii 14, 15, xxv 18, xxvi 18, xxvii 3, 20, 21, xxix 2, xxxii 2, 44, xxxiii 10, 13, 16, xxxiv 19, xxxv 11, xxxvi 9, xxxvii 5, 12, xxxviii 28, xxxix 8, xl 1, xliv 2, 6, 9, 13, 17, 21, li 50, lii 12, 13, 14.
iv 16, vi 6, xxxiv 1, 7, 19, lii 4.
xxvii 18, xxix 25, xxxiv 8, xxxv 11.
xxiv 1, xxvii 20, xxix 1, 2, 4, 20.
iv 5, xv 4, xxxiv 6, lii 1,3.
iv 4, viii 1, xi 2, 9, 12, 13, xiii 13, xvii 20, 25, xviii 11, xix 3, xxv 2, xxxii 32, xxxv 13, 17, xlii 18.
iv:14, vi 8, xiii 27, xv 5, lii 29.
THREN. i 7, 8, 17, ii 10, iv 12.
EZECHIEL iv 1, 7, v 5, viii 3, ix 4, 8, xiii 16, xiv 22, xvi 2, 3, xvii 12, xxi 2, 20, 22, xxii 19, xxiii 4, xxxiii 21, xxxvi 38.
xxiv 2, xxvi 2.
iv 16, xii 10.
xi 15, xxii 19, xv 6.
DANIEL i 1, vi 10, ix 2, 12, 16, 25.
v 2, 3, ix 7.
JOEL iii 1, 6, 16, 17, 20.
AMOS ii 5.
 i 2.
OBAD. 11, 20.
MICHAH i 1, 5, 9, 12, iii 10, 12, iv 2.
SACHARIAS i 12, 14, 16, 17, 19, ii 2, 4, 12, iii 2, vii 7, viii 3, 4,8, 15, xii 2, 3, 6, xiv 4, 10, 11, 17.
xii 2, 9, xiv 2, 12, 16.
xiv 8, 14, ix 10.
viii 20, xii 6, 11, xiv 21, xii 5 ,7, 8, 10, xiii 1.
MALACHIAS iii 4.
ii 11.
ZEPHANIAS i 4, 12, iii 16.
DAVID Ps. li 18, lxxix 1, 3, cxxii 3, 6, cxxv 2, cxxviii 5, cxxxvii 6, 7, cxlvii 12.
lxviii 29, cxxxv 21.
cii 21, cxvi 19, cxxii 2, cxxxvii 5, cxlvii 12.
3 Aliquid de praecedentibus in Apocalypsi, ut de dracone et bestia coccinea; et de interitu illorum.
4 De ultimo judicio, quod descriptum, et quod porro describendum sit.
5 Cur nova Ecclesia instauratur quando ultimum judicium peractum est.
6 Quod non prius, causa ne profanentur sancta.
7 Quod promissium tunc quod sensus spiritualis Verbi detegendus; et quod solus Dominus Verbum.
8 De adventu Ipsius tunc.
9 Quod ideo apertum mihi coelum sit.

     ARTICULUS SECUNDUS

Quod nunc finis Ecclesiae sit, et quod hodie apud paucos aliqua regio.
1 Quod non sciatur de Domino quod sit solus Deus Qui regit coelum et terram; ita quod sit Deus Unus persona et essentia, in Quo Trinitas; cum tamen omnis religio fundatur super cognitione Dei, ac Ipsius adoratione et cultu.
2 Quod non sciatur quod fides non aliud sit quam veritas, et quod non sciatur quod hoc quod vocant fidem sit veritas vel non; desumantur quaedam ex opusculo de Domino.
Quod fides hodierna sit, dicatur quae...tum justificationis gradus; quod num veritates sint, concludi potest ex sequentibus.
Quod si haec fides, non opus veritatibus, nec opus charitate, et ne quidem cognitione illarum.
Quod non sciatur quid charitas.
Qoud nec sciatur malum et bomum.

     ARTICULUS TERTIUS

Quod omnis homo sit homo post mortem, et quod tunc sit suus amor, et quod amor ejus sit vita, quae unumquemvis manet in aeternum.
1 Quod unusquisqus exploratur post mortem qualis ejus amor est.
2 Quod unusquisqus spiritus sit sua affectio.
3 Quod universum coelum distinctum sit in societates secundum affectionum varietates, et universum infernum secundum cupiditatum varietates.
4 Quod qualis affectio hominis, talis ei cogitatio.

     ARTICULUS QUARTUS

Quod diabolus apud hominem habitet in ejus vitae malis, ac Dominus in ejus vitae bonis.

     ARTICULUS QUINTUS

Quod fugere mala sit facere bonum, et quod hoc sit ipsa religio.
1 Aliqua de pugnis et tentationibus.
2 Quod fugere mala non aliud sit quam fugare diabolum, et quod quantum homo id facit, conjungatur Domino et aperiatur coelum, et quod tamdiu non sit in inferno.

     ARTICULUS SEXTUS

Quod homo qui fugit mala quia peccata sunt, fidem habet, et tantum fidei quantum fugit.
Quod sint vera fidei et vera vitae, quod quantum vera vitae fiant vitae, tantum vera fidei fiant fidei, et quod ne hilum plus aut minus.
Enumerentur vera fidei, quae alioquin sunt scientia et non fides.
De Anglorum oratione ante Sanctum Coenam, et de Suecorum etiam; tum ex obotfärdigas förhinder.
Quod ideo binae tabulae sint, et vocatae foedus; quod quantum una fit ab homine, tantum aperitur altera.

     ARTICULUS SEPTIMUS

Quod decerm praecepta Decalogi contineant omnia religionis in summa.
1 De sanctitate Decalogi plura.

     RECAPITULATIO

Septem articulorum, et quod a nullo negari possit quin ipsa religio sint.

(2) 直訳
     ARTICULUS PRIMUS 第 一 章

Quod postquam ultimum judicium peractum est, Nova Ecclesia promissa sit, quae intelligitur per Novam Hierosolymam in Apocalypsi. 最後の審判が成就した後、新しい教会が約束されていること、これは「黙示録」の中の“新しいエルサレム”によって意味される。
1 Explicatur Cap. xxi a vers. 1 ad finem. 1 第21章1節から終わりまでが説明される。
Tum Cap. xxii 1 ad 5. さらに第22章1から5までを。
2 Ex Verbo alibi, quod per Hierosolymam intelligatur Ecclesia, ut in sequentibus locis: 2 みことばの他の個所から、“エルサレム”によって教会が意味される、次の箇所のように――
〔以下、聖書からの引用予定の個所の書名、章や節の番号は省略します〕
3 Aliquid de praecedentibus in Apocalypsi, ut de dracone et bestia coccinea; 3 「黙示録」の中で、先行するものについて何らかのもの、例えば、竜や緋色の獣について。
et de interitu illorum. また彼らの滅亡について。
4 De ultimo judicio, quod descriptum, et quod porro describendum sit. 4 最後の審判について、述べてあるが、これはさらに述べられるべきである。
5 Cur nova Ecclesia instauratur quando ultimum judicium peractum est. 5 なぜ新しい教会が設立されるのか、最後の審判が成就した時。
6 Quod non prius, causa ne profanentur sancta. 6 前ではないこと,聖なるものが冒涜されないために。
7 Quod promissium tunc quod sensus spiritualis Verbi detegendus; 7 約束、その時、みことばの霊的な意味が現わされこと。
et quod solus Dominus Verbum. また,主おひとりがみことば〔であられる〕こと。
8 De adventu Ipsius tunc. 8 その方の来臨について、その時。
9 Quod ideo apertum mihi coelum sit. 9 それゆえ、私に天界が開かれたこと。

     ARTICULUS SECUNDUS 第 二 章

Quod nunc finis Ecclesiae sit, et quod hodie apud paucos aliqua regio. 今は教会の終わりであること、今日ではわずかな者のもとに、何らかの宗教〔がある〕こと。
1 Quod non sciatur de Domino quod sit solus Deus Qui regit coelum et terram; 1 主について知られていないこと、天地を支配するただひとりの神であること。
ita quod sit Deus Unus persona et essentia, in Quo Trinitas; こうして人格と本質で唯一の神であること、その方の中に三一性〔がある〕こと。
cum tamen omnis religio fundatur super cognitione Dei, ac Ipsius adoratione et cultu. そのときそれでも、すべての宗教は神の認識の上に確立される、そしてその方の崇拝と礼拝〔の上に〕。
2 Quod non sciatur quod fides non aliud sit quam veritas, et quod non sciatur quod hoc quod vocant fidem sit veritas vel non; 2 信仰は真理以外の何ものでもないことが知られていないこと、またこのことが知られていないこと、信仰と呼ぶものが真理であるかどうか。
desumantur quaedam ex opusculo de Domino. 主についての小作品☆から何かが選び出される。
☆ この時、「四つの教え」のうちの『主について』が準備されていました。前にも述べましたが「四つの教え」のうちの『生活について』の草稿がこれです。
Quod fides hodierna sit, dicatur quae...tum justificationis gradus; 今日の信仰であること、それらが言われる…さらに義認の段階。
quod num veritates sint, concludi potest ex sequentibus. 真理であるかどうか、次のことから結論されることができること。
Quod si haec fides, non opus veritatibus, nec opus charitate, et ne quidem cognitione illarum. もしこれが信仰なら、真理は不要、仁愛も不要、それらの知識もまったく〔不要である〕こと。
Quod non sciatur quid charitas. 仁愛が何か知られていないこと。
Qoud nec sciatur malum et bomum. 善と悪も知られていないこと。

     ARTICULUS TERTIUS 第 三 章

Quod omnis homo sit homo post mortem, et quod tunc sit suus amor, et quod amor ejus sit vita, quae unumquemvis manet in aeternum. すべての人間は死後も人間であること、またその時、自分の愛であること、また彼の愛はいのち(生活)であり,それはそれぞれの者に永遠にとどまること。
1 Quod unusquisqus exploratur post mortem qualis ejus amor est. 1 それぞれの者は、死後、彼の愛がどのようなものであるのか調べられること。
2 Quod unusquisqus spiritus sit sua affectio. 2 それぞれの霊は、自分自身の情愛であること。
3 Quod universum coelum distinctum sit in societates secundum affectionum varietates, et universum infernum secundum cupiditatum varietates. 3 全天界は情愛の多様さにしたがって社会に分けられていること、また全地獄は欲望の多様さにしたがって〔分けられている〕。
4 Quod qualis affectio hominis, talis ei cogitatio. 4 人間の情愛がどのようなものか〔にしたがって〕、そのように彼に思考〔がある〕こと。

     ARTICULUS QUARTUS 第 四 章

Quod diabolus apud hominem habitet in ejus vitae malis, ac Dominus in ejus vitae bonis. 悪魔は人間のもとに、彼の悪の生活の中に住むこと、そして主は彼の善の生活の中に〔住まわれる〕。

     ARTICULUS QUINTUS 第 五 章

Quod fugere mala sit facere bonum, et quod hoc sit ipsa religio. 悪を避けることは善を行なうことであること、またこのことが宗教そのものであること。
1 Aliqua de pugnis et tentationibus. 1 闘争と試練について、何らかのもの。
2 Quod fugere mala non aliud sit quam fugare diabolum, et quod quantum homo id facit, conjungatur Domino et aperiatur coelum, et quod tamdiu non sit in inferno. 2 悪を避けることは悪魔を避けること以外の何ものでもないこと、また人間がこのことを行なうかぎり、主と結合され、天界が開かれること、また,それだけ長い間、地獄にいないこと。

     ARTICULUS SEXTUS 第 六 章

Quod homo qui fugit mala quia peccata sunt, fidem habet, et tantum fidei quantum fugit. 罪であるからと悪を避ける人間は、信仰を持つこと、またそれだけ信仰の〔中にいる〕どれだけ避けるか〔によって〕。
Quod sint vera fidei et vera vitae, quod quantum vera vitae fiant vitae, tantum vera fidei fiant fidei, et quod ne hilum plus aut minus. 信仰の真理と生活の真理があること、どれだけ生活の真理が生活のものとなるか〔によって〕、それだけ信仰の真理は信仰のものとなる、また少しもない、多くまたは少なく。
Enumerentur vera fidei, quae alioquin sunt scientia et non fides. 信仰の真理が数え上げられる、それらはそうでなければ、知識であり、信仰ではない☆。
☆ この直訳のままでは意味が通じませんので、「信仰の真理」を「信仰についての真理」と読み替えればよいでしょう。
De Anglorum oratione ante Sanctum Coenam, et de Suecorum etiam; 聖餐の前のイギリスの祈祷☆について、またさらにスウェーデンのものについて。
☆ この「祈祷」については、『真のキリスト教』722番と『黙示録講解』250:4 885:3番を参照。
tum ex obotfärdigas förhinder. さらに『悔い改めない者への障害』☆から。
☆ 『神の摂理』258:5番、『黙示録講解』885:5番参照。これはルター派教会の賛美歌の付録ですが、この付録は1819年以降の改定版からは削除されています。
Quod ideo binae tabulae sint, et vocatae foedus; それゆえ、二つの板があること、また契約と呼ばれている。
quod quantum una fit ab homine, tantum aperitur altera. どれだけ一つ〔の板に書かれていること〕が人間により行なわれるか〔によって〕、それだけもう一方〔の板〕も開かれること。

     ARTICULUS SEPTIMUS 第 七 章

Quod decerm praecepta Decalogi contineant omnia religionis in summa. “十戒”の十の教えは宗教のすべてのものを要約した形で含んでいる。
1 De sanctitate Decalogi plura. 1 “十戒”の神聖さについて、さらに多くのもの。

     RECAPITULATIO 要 約

Septem articulorum, et quod a nullo negari possit quin ipsa religio sint. 七つの章〔の要約を〕、また〔それらが〕宗教そのものであることをだれによっても否定されることができるはずがないこと〔を述べよう〕。

   * * * * *

(3) 翻訳:スヴェーデンボリ遺稿「十戒の教え」

     第 一 章

 最後の審判が成就した後、「黙示録」の中の“新しいエルサレム”によって意味されている新しい教会が約束されている。
1 第21章1節から終わりまでを、それから第22章1から5までを説明しよう。
2 みことばの他の個所でも“エルサレム”によって教会が意味される、次の箇所のように――
イザヤ書 1:1, 4:4, 9:1.
 2:2, 3:8, 5:3, 7:1, 10:10-12, 32, 22:10, 31:5, 33:20, 36:2, 7, 20, 37:10, 32, 40:2, 41:27, 44:26,,28, 52:1, 2, 9, 62:1, 7, 64:10, 65:18, 66:10, 20.
 27:13, 30:19.
 2:3, 3:1.
 4:3, 24:23, 28:14, 31:9, 65:19, 66:13.
 5:3, 8:14, 22:21.
 40:9, 51:17, 52:1, 2, 62:6.
「エルサレム」の娘― 哀歌 2:13, 15, ミカ 4:8, ゼパニヤ 3:15, ゼカリヤ 9:9.
エレミヤ書 1:3,15, 2:2, 3:17, 4:3, 10, 11, 5:1, 6:1, 7:17, 34, 8:5, 9:11, 11:6,13, 13:9, 14:2, 16 17:19, 21, 26, 27, 19:7, 13, 22:19, 23:14, 15, 25:18, 26:18, 27:3, 20, 21, 29:2, 32:2, 44, 33:10, 13, 16, 34:19, 35:11, 36:9, 37:5, 12, 38:28, 39:8, 40:1, 44:2, 6, 9, 13, 17, 21, 51:50, 52:12, 13, 14.
 4:16, 6:6, 34:1, 7, 19, 52:4.
 27:18, 29:25, 34:8, 35:11.
 24:1, 27:20, 29:1, 2, 4, 20.
 4:5, 15:4, 34:6, 52:1, 3.
 4:4, 8:1, 11:2, 9, 12, 13, 8:13, 17:20, 25, 18:11, 19:3, 25:2, 32:32, 35:13, 17, 42:18.
 4:14, 6:8, 13:27, 15:5, 52:29.
哀歌 1:7, 8, 17, 2:10, 4:12.
エゼキエル書 4:1, 7, 5:5, 8:3, 9:4, 8, 13:16, 14:22, 16:2, 3, 17:12, 21:2, 20, 22, 22:19, 23:4, 33:21, 36:38.
 24:2, 26:2.
 4:16, 12:10.
 11:15, 12:19, 15:6.
ダニエル書 1:1, 6:10, 9:2, 12, 16, 25.
 5:2, 3, 9:7.
ヨエル書 3:1, 6, 16, 17, 20.
アモス書 2:5.
 1:2.
オバデヤ書 11, 20.
ミカ書 1:1, 5, 9, 12, 3:10, 12, 4:2.
ゼカリヤ書 1:12, 14, 16, 17, 19, 2:2, 4, 12, 3:2, 7:7, 8:3, 4, 8, 15, 12:2, 3, 6, 14:4, 10, 11, 17.
 12:2, 9, 14:2, 12, 16.
 14:8, 14, 9:10.
 8:20, 12:6, 11, 14:21, 12:5, 7, 8, 10, 13:1.
マラキ書 3:4.
 2:11.
ゼパニヤ書 1:4, 12, 3:16.
詩篇 51:18, 79:1, 3, 122:3, 6, 125:2, 128:5, 137:6, 7, 147:12.
 68:29, 135:21.
 102:21, 116:19, 122:2, 137:5, 147:12.
3 「黙示録」の中で、先行するものについて何らかのものを、例えば、竜や緋色の獣について、また彼らの滅亡について〔述べよう〕。
4 最後の審判について述べてあるが、これをさらに述べるべきである。
5 最後の審判が成就した時、なぜ新しい教会が設立されるのか。
6 聖なるものが冒涜されないために、その前ではないこと。
7 みことばの霊的な意味が現わされるという、その時の約束、また,主おひとりがみことばであられること。
8 その時の、その方の来臨について。
9 それゆえ、私に天界が開かれたこと。

     第 二 章

 今は教会の終わりであり,今日では何らかの宗教を持つ者はわずかであること。
1 主は天地を治められるただひとりの神であること、こうして人格と本質で唯一の三一性の神であることが知られていない。そのときそれでも、すべての宗教は、神を知り,その方を崇め、礼拝することの上に確立される。
2 信仰は真理以外の何ものでもないことが知られていない、また信仰と呼ぶものが真理であるかどうか、このこと知られていないこと。主についての小著から何かを選び出そう。
 今日の信仰であることを…さらに義認の段階も述べておこう。真理であるかどうかは,次のことから結論できること。
 もしこれが信仰なら、真理は不要であり、仁愛も不要、それらの知識もまったく不要である。
 仁愛とは何か知られていない。
 善悪も知られていない。

     第 三 章

 すべての人間は死後も人間であり、その時、自分の愛であり、またその愛は生活であり、それはそれぞれの者に永遠にとどまること。
1 それぞれの者は、死後、その愛がどのようなものであるのか調べられること。
2 それぞれの霊は、自分自身の情愛であること。
3 全天界は情愛の多様さにしたがって社会に分けられており、また全地獄は欲望の多様さにしたがって分けられていること。
4 人間の情愛がどのようなものかによって、彼の思考もそのようなものであること。

     第 四 章

 悪魔は人間のもとに、その悪の生活の中に住み、そして主はその善の生活の中に住まわれること。

     第 五 章

 悪を避けることは善を行なうことであり、このことが宗教そのものであること。
1 闘争と試練について、何らかのもの。
2 悪を避けることは悪魔を避けること以外の何ものでもなく、人間がこのことを行なうかぎり、主と結び付けられ、天界が開かれ、それほど長い間、地獄にいることもないこと。

     第 六 章

 罪であるからと悪を避ける人間は信仰を持ち、どれだけ避けているかによってそれだけ信仰の中にいること。
 信仰の真理と生活の真理があり、生活の真理が生活のものとなるほど、それだけ信仰の真理は信仰のものとなり、決してそれ以上でもそれ以下でもないこと。
 信仰〔について〕の真理を数え上げよう、それらは知識であり、信仰ではない。
 聖餐の前のイギリスの祈祷について、スウェーデンのものについても、さらに『悔い改めない者への障害』から〔引用しよう〕。
 それゆえ,契約と呼ばれる二つの板があり、一つが人間により行なわれるほど、それだけもう一方も開かれる。

     第 七 章

 “十戒”の十の教えは宗教のすべてのものを要約した形で含んでいる。
1 “十戒”の神聖さについて、さらに多くのこと〔を述べよう〕。

     要 約

 七つの章の要約、またこれらのものが宗教そのものであることをだれも否定できるはずがないこと〔を述べよう〕。
author:yasubee, category:スヴェーデンボリ雑編, 12:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スヴェーデンボリ遺稿『新教会の教会史』
 これはスヴェーデンボリ研究の個人誌『荒野』第1号(1997年1月)に掲載したものです。ここで「原典講読」の形に改め、手直しして、このブログに掲載します。
 底本はThe Swedenborg SocietyのSmall Thological Work and Letters です。そこにある本文批評の原注は煩わしくなるので(原則的に)割愛します。


     OPUS POSTHUMUM EMANUELIS SWEDENBORGII
     HISTORIA ECCLESIASTICA NOVAE ECCLESIAE
     スヴェーデンボリ遺稿『新教会の教会史』

 はじめに
 この手記が1770年の後半に(『真のキリスト教』出版のため)ストックホルムからアムステルダムへ向かう馬車か船の中で書かれたことはほぼ確実です。それでところどころ極めて判読し辛くなっていて、編者としてはここに復元したものに確信はありません。さらに,スヴェーデンボリ自身のためのおおまかな草稿であったため、後から修正したであろう誤りがあり(「経験」について述べた項目4の番号付けは混乱しています)、最終的な作品なら避けたであろう粗雑さが見られます(例えば項目2の「そこには使徒信条があった」)。原文はストックホルムの王立科学アカデミーにあります。

(1) 本文
1 Quod nova Historia Ecclesiastica describenda sit, quia nunc est adventus Domini, praedictus apud Matthaeum xxiv.
2 Quod alia Ecclesia fuerit ante Concilium Nicaenum quando erat Symbolum Apostolicum, quod exscribetur.
Quod alia post Concilium Nicaenum, ac porro postquam Symbolum Athanasianum conscriptum est.
Quod cardo Ecclesiae versus sit de Deo Triuno et de Domino, imprimis de tribus personis ab aeterno.
3 Recenseantur libri a Domino per me scripti ab initio usque ad hodie.
4 Quod talis ibi scriptura sit ut luceat coram illis qui credunt in Dominum, et novam revelationem, at quod obscura sit, et nullius momenti illis qui illa negant, ac qui non in favore illorum sunt propter varias causas externas.
Experientiae quod talis scriptura sit: 1 Ex censoribus librorum Hollandiae convocatis in mundo spirituali, quorum unus dixit cum legerat, quod sint dignissimi prae omni libro alio praeter Verbum, et alius qui dixit quod nihil videat in illis nisi talia quae futilia, mera phantastica,et sic ut nullius momenti rejicienda. 2 In Anglia similiter, quod missi ad academias quia ordo Ecclesiasticus illa rejecit. 3 Ab illis in Göthoburgo, Bejer et Rosen et aliis, tum quoque quidam viderunt magnalia Dei, quidam vero nihil viderunt nisi dolos, quidam nihil quicquam. 4 In Svecia a Filenio, aliter ab aliis, qui forte nominandi. 5★★★ 6 Quod simile evenit in Svecia apud illum qui historiam literarum scribit. 7 Praeter alibi.
5 Oetinger in Würtemburg, ex ejus epistola.
6 De Göttingen―
7 Quod cum edita est SUMMARIA EXPOSITIO, apparuerit coelum angelicum ab oriente ad occidentem, a meridie in septentrionem, purpureum cum pulcherrimis floribus; hoc coram me et coram
regibus Daniae, et aliis; alia vice sicut flammeum, pulchre.
8 Quod inscriptum libris, Adventus Domini, omnibus in mundo spirituali, ibid. ex mandato duobus exemplaribus in Hollandia idem inscripsi.

5★★★ illegigibile multum A; Quod cum certus legeret scripta typis impressa, apparuerint sicut futilia, id dum argus et sinister adstierunt, aliter cum alii W
(記号「A」は「手記原稿」、「W」は「ウスター版」を意味します)

(2) 直訳
1 Quod nova Historia Ecclesiastica describenda sit, quia nunc est adventus Domini, praedictus apud Matthaeum xxiv. 1 教会の新しい歴史が述べられなくてはならない、「マタイ」第24章に予言されている主の来臨は今だからである。
2 Quod alia Ecclesia fuerit ante Concilium Nicaenum quando erat Symbolum Apostolicum, quod exscribetur. 2 ニケア公会議以前は別の教会であった、その時、使徒信条があった、これを書き出そう。
Quod alia post Concilium Nicaenum, ac porro postquam Symbolum Athanasianum conscriptum est.  ニケア公会議の後では別の〔教会であり〕、そしてさらにアタナシウス信条が書かれた後では。
Quod cardo Ecclesiae versus sit de Deo Triuno et de Domino, imprimis de tribus personis ab aeterno. 神の三一性と主についての教会の主要な点は変えられた、特に永遠からの三人格について。
3 Recenseantur libri a Domino per me scripti ab initio usque ad hodie. 3 主により私を通して書かれた本を列挙しよう、始めから今日までの。
4 Quod talis ibi scriptura sit ut luceat coram illis qui credunt in Dominum, et novam revelationem, at quod obscura sit, et nullius momenti illis qui illa negant, ac qui non in favore illorum sunt propter varias causas externas. 4 そこに書かれたものはこのようなものである、主と新しい啓示を信じる者の前では輝くような、そして彼らに暗く、取るに足りないものであること、それらを否定し、それらに好意を持たなかった者、いろいろな外的な理由のために。
Experientiae quod talis scriptura sit: このように書かれたものであったことの経験―
1 Ex censoribus librorum Hollandiae convocatis in mundo spirituali, quorum unus dixit cum legerat, quod sint dignissimi prae omni libro alio praeter Verbum, et alius qui dixit quod nihil videat in illis nisi talia quae futilia, mera phantastica,et sic ut nullius momenti rejicienda. (1) 霊界で呼び集められたオランダ人の文書検閲官から、これらを一人の者が読んだとき、みことばを除いて、他のどんな本よりも〔これらには〕最も価値がある、と言った。また別の者は、これらの中には、くだらないもの、単なる幻想のようなもの以外に何も見られない、無意味なものとして拒絶すべきだ、と言った。
2 In Anglia similiter, quod missi ad academias quia ordo Ecclesiasticus illa rejecit. (2) イギリスでも同様であり、〔それらは〕大学に送られ、聖職者階級がそれらを拒否したからである。
3 Ab illis in Göthoburgo, Bejer et Rosen et aliis, tum quoque quidam viderunt magnalia Dei, quidam vero nihil viderunt nisi dolos, quidam nihil quicquam. (3) イェーテボリにいる彼らにより、バイエル、ローセン、その他。そのときもまた、ある者は神の偉大な業を見たが、ある者は実に欺瞞以外に何も見ず、ある者はまったく何も〔見なかった〕。
4 In Svecia a Filenio, aliter ab aliis, qui forte nominandi. (4) スウェーデンではフィレニウスによって、他の者らにより異なって、おそらく、その者らの名前を上げるべきであろう。
5★★★ (5) ……☆
6 Quod simile evenit in Svecia apud illum qui historiam literarum scribit. (6) 同様のことがスウェーデンで、文学の歴史を書いている者に起こった。
7 Praeter alibi. (7) 他のところでさらに多く〔の者〕に。
5 Oetinger in Würtemburg, ex ejus epistola. 5 ヴュルテンブルクのエティンゲルについて、彼の手紙から。
6 De Göttingen― 6 ゲッティンゲンについて―
7 Quod cum edita est SUMMARIA EXPOSITIO, apparuerit coelum angelicum ab oriente ad occidentem, a meridie in septentrionem, purpureum cum pulcherrimis floribus; 7 『要約解説』が出版された時、天界に、東から西まで、南から北へ、最も美しい深紅の花が現われた。
hoc coram me et coram regibus Daniae, et aliis; これは私の前で、デンマーク王の前で、その他の者〔の前で起こった〕。
alia vice sicut flammeum, pulchre. 他のときには、あたかも炎のように、美しく。
8 Quod inscriptum libris, Adventus Domini, omnibus in mundo spirituali, ibid. ex mandato duobus exemplaribus in Hollandia idem inscripsi. 8 霊界のすべての本に「主の来臨」と書かれている。同書に命令によって、オランダで二つの写し(本)に同じものを書いた。☆☆

   * * * * *

注☆ 判読不能により省略。しかしウスター版には次のようにあります。
5★★★ illegigibile multum A; Quod cum certus legeret scripta typis impressa, apparuerint sicut futilia, id dum argus et sinister adstierunt, aliter cum alii W 大いに判読できない、手記原稿。〔私に〕あるものが読まれるとき、活字で印刷された文書、〔それらが〕無益なものに見えた、このことは抜け眼なく、悪い者がそばに立っている(?)間に、〔このことは〕他の者には異なる、ウスター。

注☆☆ シグステッド著『スヴェーデンボリ叙事詩』375ページ参照。そこには,『要約解説』の一冊が発見され、その表紙の裏側にHic Liber est Adventus Domini, Scriptum ex Mandato.「この本は主の来臨である,命令により書かれた」と書かれています。

   * * * * *

(3) 翻訳:スヴェーデンボリ遺稿「新教会の教会史」

1.教会の新しい歴史が述べられなくてはならない。「マタイ」第24章に予言されている主の来臨は今だからである。
2.ニケア公会議以前は別の教会であり、そこには使徒信条があった。これを書き出そう。ニケア公会議の後では、またさらにアタナシウス信条が作成された後では別の教会であり、神の三一性と主についての教会の主要な点は、特に永遠からの三人格については変えられた。
3.主により私を通して書かれた本を列挙しよう,始めから今日までの。
4.そこに書かれたものは、主と新しい啓示を信じる者の面前では明るく,いろいろな外的な理由からこれを否定し,好意を持たなかった者には、暗く、無意味といったものである。
 このように書かれたものであったことの経験―
(1)霊界で呼び集められたオランダ人の文書検閲官から、これらを一人の者が読んだとき、みことばを除いて,他のどんな本よりも〔これらには〕最も価値がある、と言った。また別の者は、これらの中には、くだらないもの、単なる幻想のようなもの以外に何も見られない、無意味なものとして拒絶すべきだ、と言った。
(2)イギリスでも同様であり、〔それらは〕大学に送られ、聖職者階級がそれらを拒否したからである。
(3)イェーテボリにいるバイエル、ローセン、その他の者により。そのときもまた、ある者は神の偉大な業を見たが、ある者は実に欺瞞以外に何も見ず、ある者はまったく何も見なかった。
(4)スウェーデンではフィレニウスによって。他の者らにより異なって見られた.おそらく,その者らの名前を上げるべきであろう。
(5)……(判読不能により省略、「直訳」参照)
(6)同様のことがスウェーデンで、文学の歴史を書いている者に起こった.
(7)他のところでさらに多くの者に。
5.ヴュルテンブルクのエティンゲルについて、彼の手紙から。
6.ゲッティンゲンについて―
7.『要約解説』が出版された時、天界に、東から西まで、南から北へ、最も美しい深紅の花が現われた。これは私の前で,デンマーク王の前で,その他の者の前で起こった。他のときにはあたかも炎のように,美しく。
8.霊界のすべての本には「主の来臨」と書かれている.同書に命令によって、オランダで二つの写し(本)に同じものを書いた。
author:yasubee, category:スヴェーデンボリ雑編, 02:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark