RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『聖書』 117, 118(最終回)
 

(1) 原文

117.  Quod ab antiquissimis temporibus fuerit religio, et incolae orbis ubivis noverint de Deo, et aliquid de vita post mortem, non fuit ex ipsis, et ex proprio illorum acumine, sed ex Verbo Vetusto (de quo supra, n. 101-103), et postea ex Verbo Israelitico. Ex his religiosa emanaverunt in Indias et illarum insulas; perque Aegyptum ac Aethiopiam in regna Africae; et ex maritimis Asiae in Graeciam; et inde in Italiam. Sed quia Verbum non potuit aliter quam per repraesentativa esse conscriptum, quae sunt talia in mundo quae correspondent caelestibus et inde significant illa, ideo religiosa plurium gentium versa sunt in idolatrica, et in Graecia in fabulosa; ac attributa et praedicata Divina in totidem Deos, quibus praefecerunt supremum, quem vocaverunt Jovem ({1}forte) a Jehovah. Quod illis cognitio fuerit de paradiso, de diluvio, de igne sacro, de quatuor aetatibus, a prima aurea ad ultimam ferream, per quas in Verbo significantur quatuor status ecclesiae, (ut apud Danielem, cap. ii. 31-35,) notum est. Quod religiosum Mahumedanum, quod successit, et religiosa plurium gentium priora delevit, ex Verbo utriusque Testamenti desumptum sit, etiam notum est.

@1 forte:sic V.C.R., n. 275.

 

(2) 直訳〔ここは『真のキリスト教』275番に引用されている〕

Quod ab antiquissimis temporibus fuerit religio, et incolae orbis ubivis noverint de Deo, et aliquid de vita post mortem, non fuit ex ipsis, et ex proprio illorum acumine, sed ex Verbo Vetusto (de quo supra, n. 101-103), et postea ex Verbo Israelitico. 最古代の時代から宗教があったこと、また世界(地球)のどこでも住民は神について知った、また死後の生活について何らかのもの、自分自身からではなかった、しかし、古代のみことばから(そのことについて、上の101-103)、またその後、イスラエルのみことばから。

Ex his religiosa emanaverunt in Indias et illarum insulas; これらから宗教的な事柄がインドとそれらの島々に広がった。

perque Aegyptum ac Aethiopiam in regna Africae; またエジプトとエチオピアを通してアフリカの国々に。

et ex maritimis Asiae in Graeciam; またアジアの海岸の〔国々〕からギリシアに。

et inde in Italiam. またここからイタリアに。

Sed quia Verbum non potuit aliter quam per repraesentativa esse conscriptum, quae sunt talia in mundo quae correspondent caelestibus et inde significant illa, ideo religiosa plurium gentium versa sunt in idolatrica, et in Graecia in fabulosa; しかし、みことばは表象するものによって以外に異なって書かれることができなかったので、それらは世の中にあるようなものである、それらは天界のものに対応する、またここからそれらを意味する、それゆえ、多くの国民の宗教的な事柄は偶像崇拝☆1に、変わった、またギリシアで神話☆2に。

1 原文中のidolatricaは誤植です。正しい綴りはidololatricaで、初版もそうなっています。英語の綴りには-lo-がないのでこれまでつい見逃されてきたのでしょうか。お粗末です。

2 形容詞fabulosus「架空の、寓話の」は実詞のとき「寓話」(柳瀬訳・長島訳)でなく「神話」です。

ac attributa et praedicata Divina in totidem Deos, quibus praefecerunt supremum, quem vocaverunt Jovem ({1}forte) a Jehovah. そして神の属性(特質)と述語(属性)同数の神々に〔変わった〕、それらに最高のものにを上に置いて、それをユーピテルと呼んだ(おそらく☆)エホバから。

注のとおり、後から書いた『真のキリスト教』にこの語が補われているので、訳文に追加したほうがよいでしょう。

Quod illis cognitio fuerit de paradiso, de diluvio, de igne sacro, de quatuor aetatibus, a prima aurea ad ultimam ferream, per quas in Verbo significantur quatuor status ecclesiae, (ut apud Danielem, cap. ii. 31-35,) notum est. 彼らに知識があったことが、楽園について、洪水について、聖なる火について、四つの時期について、最初の金から最後の鉄まで、みことばの中のそれらによって教会の四つの状態が意味された(例えば「ダニエル書」に、第231-35)、知られていた。

Quod religiosum Mahumedanum, quod successit, et religiosa plurium gentium priora delevit, ex Verbo utriusque Testamenti desumptum sit, etiam notum est. ムハンマドの(イスラム教の)宗教の事柄は、それは後に続く、また以前の多くの国民の宗教の事柄を滅ぼした、両方の契約のみことばから引き出したこと、〔このこと〕もまた知られている。

@1 forte:sic V.C.R., n. 275.  1 forte:―このように『真教』275番〔にある〕

 

(3) 訳文

117.  最古代の時代から宗教があった、また世界のどこでも、そこの住民は神について、また死後の生活について何らかのものを自分自身からではなく、古代のみことばから(そのことについては前の101-103)、またその後、イスラエルのみことばから知っていた。これらから、宗教的な事柄がインドとそれらの島々に、またエジプトとエチオピアを通してアフリカの国々に、またアジアの海岸の国々からギリシアに、またここからイタリアに広がった。しかし、みことばは、世の中にあるようなものであって、それらは天界のものに対応し、またここからそれらを意味する表象するものによってしか書かれることができなかったので、それゆえ、多くの国民の宗教的な事柄は偶像崇拝に、またギリシアで神話に変わった。そして神の特質と属性は同数の神々に変わり、それらの神々に最高の神を上に置いて、それをおそらくエホバから〔古代ローマでは〕ユーピテルと呼んだ。彼らに、楽園について、洪水について、聖なる火について、最初の金から最後の鉄まで四つの時期について、みことばの中のそれらによって教会の四つの状態が意味された(例えば「ダニエル書」第231-35)、それらの知識があったことが知られている。その後に続き、また以前の多くの国民の宗教を滅ぼしたイスラム教は、両契約聖書から宗教的な事柄をから引き出したこともまた知られている。

 

(1) 原文

118.  Ultimo dicam quales illi post mortem fiunt, qui propriae intelligentiae omnia adscribunt, ac parum, si quicquam, Verbo. Primum fiunt sicut ebrii, postea sicut fatui, et demum stupidi, et sedent in tenebris. Caveant itaque sibi a tali delirio.

 

(2) 直訳〔ここは『真のキリスト教』276番の一部に引用されている〕

Ultimo dicam quales illi post mortem fiunt, qui propriae intelligentiae omnia adscribunt, ac parum, si quicquam, Verbo. 最後に私は言う(未来)、彼らは死後、どのようなものになるか、自己知性にすべてのものを帰した者ら、そしてわずかなものを、もし何かを〔それがある〕なら、みことばに。

Primum fiunt sicut ebrii, postea sicut fatui, et demum stupidi, et sedent in tenebris. 最初に、酔いどれのようになる、その後、愚かな者のように、また、最後に愚かな者☆〔になる〕また暗やみに座る。

チャドウイックの『レキシコン』では語義に違いがありませんが、ここは「どうしようもないばか、大ばか者、まぬけ」の訳がよいでしょう。

Caveant itaque sibi a tali delirio. そこで彼らは用心する(未来☆)自分自身に、このような狂気(狂信)から。

未来時制は勧奨、あるいは命令のニュアンスを帯びることがあります(小林『楽しくまなぶラテン語』)

 

(3) 訳文

118. 最後に、自己知性にすべてのものを帰し、みことばに、もしあったとしてもわずかなものを帰した者らが死後、どのようなものになるか言っておこう。

最初に、酔いどれのように、その後、愚かな者のように、また、最後にどうしようもないばかになり、暗やみに座っている。

 そこで、このような狂信を警戒するがよい

 

* * *

 

これで終わりですが、この『聖書について』何が書いてあったか、総復習する意味で、直訳のままであった各章の『見出し』を、原文とその訳文とともに、ここに述べます。すなわち「目次」です。

 

(I.) QUOD SCRIPTURA SACRA SEU VERBUM SIT IPSUM DIVINUM VERUM.

聖書、すなわち、みことばは神的な真理そのものであること

(II.) QUOD IN VERBO SENSUS SPIRITUALIS SIT, HACTENUS IGNOTUS.

みことばの中に、今まで知られていない霊的な意味があること

(III.) QUOD SENSUS LITTERAE VERBI SIT BASIS, CONTINENS ET FIRMAMENTUM SENSUS SPIRITUALIS ET CAELESTIS EJUS.

みことばの文字通りの意味は、その霊的な意味と天的な意味の土台、容器、支柱であること

 

(IV.) QUOD DIVINUM VERUM IN SENSU LITTERAE VERBI, SIT IN SUO PLENO, IN SUO SANCTO, ET IN SUA POTENTIA.

神的な真理は、みことばの文字通りの意味の中で、その満ちたものの中に、その聖なるものの中に、またその力の中にあること

(V.) QUOD DOCTRINA ECCLESIAE EX SENSU LITTERAE VERBI HAURIENDA SIT, ET PER ILLUM CONFIRMANDA.

教会の教えは、みことばの文字通りの意味から汲まれ、またそれによって確信されなければならないこと

(VI.) QUOD PER SENSUM LITTERAE VERBI SIT CONJUNCTIO CUM DOMINO, ET CONSOCIATIO CUM ANGELIS.

みことばの文字通りの意味によって主との結合があり、また天使たちとの交わりがあるること

(VII.) QUOD VERBUM IN OMNIBUS CAELIS SIT, ET QUOD INDE SAPIENTIA ANGELICA.

みことばはすべての天界にあること、またここから天使の知恵があること

(VIII.) QUOD ECCLESIA SIT EX VERBO, ET QUOD TALIS SIT QUALIS EI EST INTELLECTUS VERBI.

教会はみことばからであること、また教会はそこにみことばがどのよう理解されるかによって、そのようなものであること

(IX.) QUOD IN SINGULIS VERBI SIT CONJUGIUM DOMINI ET ECCLESIAE, ET INDE CONJUGIUM BONI ET VERI.

みことばの個々のものの中に主と教会の結婚があること、またここから善と真理の結婚があること

(X.) QUOD HAERESES EX SENSU LITTERAE VERBI CAPTARI POSSINT, SED QUOD CONFIRMARE ILLAS DAMNOSUM SIT.

異端は、みことばの文字通りりの意味からつくり上げることができること、しかし、それらを確信することは断罪されること

(XI.) QUOD DOMINUS IN MUNDUM VENERIT, UT IMPLERET OMNIA VERBI, ET PER ID FIERET DIVINUM VERUM SEU VERBUM ETIAM IN ULTIMIS.

主は、みことばのすべてを満たすために、世に来られ、またそのことによって最後のものの中でもまた神的な真理、すなわち、みことばとなれたこと

(XII.) QUOD ANTE HOC VERBUM, QUOD HODIE EST IN MUNDO, FUERIT VERBUM QUOD DEPERDITUM EST.

今日、世の中にある、みことばの前にも、みことばがあり、それは失われたこと

(XIII.) QUOD PER VERBUM ETIAM SIT LUX ILLIS QUI EXTRA ECCLESIAM SUNT, ET NON HABENT VERBUM.

みことばによって、教会の外にいて、みことばを持っていない者たちにもまた光があること

(XIV.) QUOD NISI VERBUM FORET, NEMO SCIRET DEUM, CAELUM ET INFERNUM,

VITAM POST MORTEM, ET MINUS DOMINUM.

みことばがないなら、だれも神を、天界と地獄を、死後の生活を、またなおさら主を知らないこと

 

 ☆原典講読は、『神の摂理』に入ります。

author:yasubee, category:原典講読『聖書』, 23:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『聖書』 116
 

(1) 原文

116.  Datum est videre populos in insulis natos, quoad civilia rationales, qui ne hilum sciverunt de Deo. Illi in mundo spirituali apparent sicut simiae, ac paene simili vita cum illis. At quia homines nati sunt, et inde in facultate recipiendi vitam spiritualem, instruuntur ab angelis, et per cognitiones de Domino ut Homine vivificantur. Qualis est homo ex se, apparet evidenter ex illis qui in inferno sunt, inter quos etiam aliqui antistites et eruditi sunt, qui ne quidem volunt audire de Deo, et propterea nec possunt nominare Deum; hos vidi, et cum illis locutus sum; et quoque locutus sum cum illis, qui in ignem irae et excandescentiae venerunt, cum audiverunt aliquem loquentem de Deo. [2] Expende itaque, qualis homo foret, qui nihil audivit de Deo, cum quidam tales sunt qui audiverunt de Deo, scripserunt de Deo, et praedicaverunt de Deo; sunt plures tales ex Jesuitis. Quod tales sint, est ex voluntate quae mala est; et haec, ut prius dictum est, ducit intellectum, et aufert verum quod ibi est ex Verbo. Si homo ex se potuisset scire quod Deus sit, et quod vita post mortem, cur non sciverat quod homo sit homo post mortem? Cur credit quod anima seu spiritus ejus sit sicut ventus aut sicut aether, qui non videt oculis, et audit auribus, et loquitur ore, priusquam conjungitur et coalescit cum suo cadavere et cum suo sceleto? [3] Pone itaque doctrinam pro cultu ex solo lumine rationali exclusam, annon foret, ut ipse coleretur? ut factum est a saeculis et hodie fit ab illis, qui sciunt ex Verbo, quod solus Deus colendus sit. Cultus alius ex proprio hominis non dari potest; ne quidem cultus solis et lunae.

 

(2) 直訳〔ここは『真のキリスト教』274番に引用されている〕

Datum est videre populos in insulis natos, quoad civilia rationales, qui ne hilum sciverunt de Deo.  マレー諸島☆生まれの人々を見ることが与えられた、市民的なこと関して理性的〔であったが〕、その者たちは、神について少しも知らなかった。

insula「島」の複数には「マレー諸島」の意味があるように見える(チャドウイック)。『結婚愛』342:3に「アジアと周囲の島に……」の記述があることから、スヴェーデンボリの念頭には「島」とはマレー諸島ではなかったろうか、とチャドウイックは考えたようです。

Illi in mundo spirituali apparent sicut simiae, ac paene simili vita cum illis. 彼らは霊界の中でサルのように見える、そしてほとんど似た生活(いのち)が彼らに〔ある〕。

At quia homines nati sunt, et inde in facultate recipiendi vitam spiritualem, instruuntur ab angelis, et per cognitiones de Domino ut Homine vivificantur. しかし、人間は〔人間として〕生まれているので、また霊的ないのち(生活)を受け入れる能力の中に、天使たちにより教えられる、また主についての知識を通して人間として生かされた。

Qualis est homo ex se, apparet evidenter ex illis qui in inferno sunt, inter quos etiam aliqui antistites et eruditi sunt, qui ne quidem volunt audire de Deo, et propterea nec possunt nominare Deum; 人間は自分自身からどんなものであるか、彼らから明らかに見られる、地獄の中にいる者ら、彼らの間にもまたある高位聖職者と博学な者たちがいる、その者らは神について聞くことさえ欲しない、またこのために、神の名前を言うこともできない。

hos vidi, et cum illis locutus sum; この者らを私は見た、また彼らと私は話した。

et quoque locutus sum cum illis, qui in ignem irae et excandescentiae venerunt, cum audiverunt aliquem loquentem de Deo. また彼らともまた私は話した、その者らは怒りと憤りの火の中にやって来た、ある者が神について話すのを聞いたとき。

[2] Expende itaque, qualis homo foret, qui nihil audivit de Deo, cum quidam tales sunt qui audiverunt de Deo, scripserunt de Deo, et praedicaverunt de Deo; [2] そこで、熟考せよ、どのように人間はなったか、神について何も聞かなかった者、その時、ある者らはこのようである、その者らは神について聞いた、神について書いた、また神について説教した。

sunt plures tales ex Jesuitis. このような多くの者はイエズス会士らからである。

Quod tales sint, est ex voluntate quae mala est; このような者であることは、意志からである、それは悪である。

et haec, ut prius dictum est, ducit intellectum, et aufert verum quod ibi est ex Verbo. またこれは、以前に言われたように、理解力を導く、また真理を取り去る、それはそこにみことばからある。

Si homo ex se potuisset scire quod Deus sit, et quod vita post mortem, cur non sciverat quod homo sit homo post mortem? もし、人間が自分自身から神が存在することを知ることができたなら、また死後の生活を、なぜ、人間が死後、人間であることを知らなかったのか?

Cur credit quod anima seu spiritus ejus sit sicut ventus aut sicut aether, qui non videt oculis, et audit auribus, et loquitur ore, priusquam conjungitur et coalescit cum suo cadavere et cum suo sceleto? なぜ、信じるのか? 彼の霊魂または霊は、風()のような、またはエーテルのようなものであることを、それは目で見ない、また耳で聞か〔ない〕、また口で話さ〔ない〕、その死体とまたその骸骨と結合する、また合体しないうちに。

[3] Pone itaque doctrinam pro cultu ex solo lumine rationali exclusam, annon foret, ut ipse coleretur? [3] そこで、教えを置け(仮定せよ)、礼拝として理性の光だけから孵化された(考え出された)、ならないか☆? 自分自身を礼拝するような〔礼拝に〕。

annonは肯定の答えを期待しています

ut factum est a saeculis et hodie fit ab illis, qui sciunt ex Verbo, quod solus Deus colendus sit. 〔その〕ようになっている、〔何〕世紀〔も前〕から、また今日〔も〕彼らから生じている、その者はみことばから知っている、神だけが礼拝されなくてはならないこと。

Cultus alius ex proprio hominis non dari potest; 人間のプロプリウムから他の礼拝は存在することができない。

ne quidem cultus solis et lunae. 太陽と月の礼拝でさえない☆。

[3]の直訳は以上です。私のこの直訳に間違いはないと思っています。ご自分で訳文を考えてみてください。さて、この個所の「長島訳」はとんでもないものになっています(「そら、批判が始まった」の声が聞こえる)。黙っておれないので、(4)でその全文を掲載するとともに、論じます。

 

(3) 訳文

116. マレー諸島生まれの人々を見ることが与えられた。その者たちは、市民的なこと関して理性的であったが、神について少しも知らなかった。彼らは霊界の中でサルのように見え、そしてほとんど似たいのちが彼らにある。しかし、人間として生まれ、霊的ないのちを受け入れる能力の中にているので、天使たちにより教えられ、主についての知識を通して人間として生かされた。自分自身から人間はどんなものであるか、、地獄の中にいる者らから明らかに見られる。彼らの間にもある高位聖職者と博学な者たちがいて、その者らは神について聞くことさえ欲しないし、またこのために、神の名前を言うこともできない。私はこの者らを見、また彼らと話した。また、ある者が神について話すのを聞くとき、怒りと憤りの火の中にやって来る者たちも話した。

[2] そこで、神について何も聞かなかった人間はどのような者になったか、熟考してみよ。その時、神について聞き、神について書き、また神について説教した者らもこのようであった。このような者の多くは、イエズス会士からである。このような者であることは、意志からであり、それは悪である。また意志は、以前に言われたように、理解力を導き、みことばからそこにある真理を取り去る。もし、人間が自分自身から神が存在することを、また死後の生活を知ることができたなら、なぜ、人間が死後も人間であることを知らなかったのか? なぜ、人間の霊魂または霊は、その死体と骸骨と結合し、合体しないうちは、目で見ず、耳で聞かず、口で話さない、またはエーテルのようなものである、と信じるのか?

[3] そこで、礼拝として理性の光だけから考え出された教えを仮定してみよ。その礼拝は自分自身を礼拝するようなものにならないか? 何世紀も前から、また今日も、そのようになっていて、そのことは、神だけが礼拝されなくてはならないことを、みことばから知っている者たちから生じている。人間のプロプリウムからは、他の礼拝は、太陽と月の礼拝でさえ、存在することができない。

 

(4) 思い込みで訳している「長島訳」

 この個所の最後の部分[3]の長島訳は―

「ですから合理的な光に根差した信心だけの教義にしてください。そうすれば何世紀も前から現在まで、神のみに仕えよとの〈みことば〉を知る人がやったように、その光は大切にされるようになります。それ以外の人のエゴに根差した信心、太陽や月信仰であってはならないのです」

 

 この訳文に、どのような感想を持たれるであろうか? この訳文だけをみれば、筋が通っている(筋を通すために「その光は大切にされるようになります」という創作(でっち上げ)までしている)。しかし、原意とは似ても似つかないものである。これを私は「でたらめ」と評している。これは「あらさがし」ではなく、まともな指摘であろう。「黙っておれない」とはこのこと。

author:yasubee, category:原典講読『聖書』, 23:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『聖書』 115
 

(1) 原文

115.  Sed quia illi qui statuunt, et apud se confirmaverunt, quod homo absque Verbo scire posset existentiam Dei, et quoque caeli et inferni, tum aliquid de reliquis quae Verbum docet, et illi per id auctoritatem et sanctitatem Verbi infirmant, si non ore usque corde, ideo non licet cum illis ex Verbo agere, sed ex lumine rationali; nam non credunt Verbo, sed sibi. Ex lumine rationali inquire, et invenies quod duae facultates vitae sint apud hominem, quae vocantur intellectus et voluntas, et quod intellectus subjectus sit voluntati, et non voluntas intellectui; intellectus enim solum docet et monstrat viam. Inquire etiam, et invenies quod voluntas hominis sit ejus proprium, et quod hoc in se spectatum sit mere malum, et quod inde sit falsum in intellectu. [2] Quum haec inveneris, videbis quod homo ex se non velit aliud intelligere quam quod est ex proprio voluntatis ejus, et quod nec possit, nisi alibi sit unde id sciat. Homo ex proprio voluntatis suae, non vult aliud intelligere quam quod sui et mundi est; quicquid supra est, ei in caligine est: ut dum videt solem, lunam et stellas, si tunc forte cogitaret de ortu illorum, num aliter posset cogitare, quam quod illa a se sint? Num altius quam plures docti in mundo, qui tametsi sciunt ex Verbo creationem omnium a Deo, usque agnoscunt naturam? Quid tunc iidem si nihil ex Verbo scivissent? Num credis quod veteres sophi, ac Aristoteles, Cicero, Seneca et alii, qui de Deo, et de immortalitate animae scripserunt, id primum ex proprio sumpserint? Non, sed ex aliis, qui per traducem ex illis qui id primum sciverunt ex Verbo ({1}Vetusto). Scriptores theologiae naturalis nec hauriunt quicquam tale ex se; sed modo confirmant illa quae sciunt ab ecclesia, in qua est Verbum, per rationalia; et possunt dari inter illos qui confirmant, et tamen non credunt.

@1 Vetusto:- sic V.C.R., n. 273.

 

(2) 直訳〔ここは『真のキリスト教』273番に引用されている〕

Sed quia illi qui statuunt, et apud se confirmaverunt, quod homo absque Verbo scire posset existentiam Dei, et quoque caeli et inferni, tum aliquid de reliquis quae Verbum docet, et illi per id auctoritatem et sanctitatem Verbi infirmant, si non ore usque corde, ideo non licet cum illis ex Verbo agere, sed ex lumine rationali; しかし、彼らは、その者らは思う(決め込む)、また自分のもとで確信したので、人間はみことばなしで神の存在を知ることができること、また天界と地獄も、さらに何らかのもの、他のものについて、それらはみことばが教える、また、彼らはそのことによって、みことばの権威と神聖さを弱める、もし口でないならそれでも心で、それゆえ、彼らとみことばから行なう(論ずる)ことは許されない、しかし、理性の光(照明)から。

光にはluxlumenの二種類あります。「真理の光」「天界の光」などの場合luxです。スヴェーデンボリが使い分けているのか、本来の語義からこのように使い分けるのか、他のラテン語の書物を知らないので、わかりません。

nam non credunt Verbo, sed sibi. なぜなら、みことばを信じないから、しかし、自分自身を。

Ex lumine rationali inquire, et invenies quod duae facultates vitae sint apud hominem, quae vocantur intellectus et voluntas, et quod intellectus subjectus sit voluntati, et non voluntas intellectui; 理性の光(照明)から探求せよ、するとあなたは見つける(未来)、いのちの二つの能力が人間のもとにあること、それらは理解力と意志と呼ばれる、また理解力は意志に服従(従属)していること、また意志は、理解力に〔服従してい〕ない。

intellectus enim solum docet et monstrat viam. というのは、理解力は単に道を教え、示すから。

Inquire etiam, et invenies quod voluntas hominis sit ejus proprium, et quod hoc in se spectatum sit mere malum, et quod inde sit falsum in intellectu. さらにまた探求せよ、するとあなたは見つける(未来)、人間の意志は彼のプロプリウム(固有のもの)であること、またこれは本質的に見られたときまったく悪であること、またここから理解力の中に虚偽があること。

[2] Quum haec inveneris, videbis quod homo ex se non velit aliud intelligere quam quod est ex proprio voluntatis ejus, et quod nec possit, nisi alibi sit unde id sciat. [2] これらがあなたに見つけられるとき、あなたは見る、人間は自分自身から何らかのものを理解することを欲しないこと、彼の意志のプロプリウムからのものであるもの以外に、またできもしないこと、他のところから存在するのでないなら、そこからそれを知る。

Homo ex proprio voluntatis suae, non vult aliud intelligere quam quod sui et mundi est; 人間は自分の意志のプロプリウムから、何らかのものを理解することを欲しない、自分のものと世のものであるもの以外に。

quicquid supra est, ei in caligine est: 何でも〔これを超えて〕上にあるものは、彼に〔とって〕暗黒の中にある。

ut dum videt solem, lunam et stellas, si tunc forte cogitaret de ortu illorum, num aliter posset cogitare, quam quod illa a se sint? 例えば、太陽、月また星を見る時、もしその時、ことによるとそれらの起源について考えるなら、異なって考えることができるかどうか、それらはそれ自体から存在すること以外に?

Num altius quam plures docti in mundo, qui tametsi sciunt ex Verbo creationem omnium a Deo, usque agnoscunt naturam? より高く〔考えることができるの〕か? 世の多くの博学な者たちよりも、その者らは、みことばからすべてのものの創造は神からと知っているとはいえ、それでも、自然を認める☆。

言葉足らずですが、文脈からは「自然を創造の主体と認める」ということですね。

Quid tunc iidem si nihil ex Verbo scivissent? 何をその時、同じ者たちは〔考えることができただろうか〕、もしみことばから知らなかったなら?

Num credis quod veteres sophi, ac Aristoteles, Cicero, Seneca et alii, qui de Deo, et de immortalitate animae scripserunt, id primum ex proprio sumpserint? あなたは信じるのか、古代の賢人たち、そしてアリストテレス、キケロ、セネカまた他の者たちは、その者たちは神について、また霊魂の不死について書いた、そのことを最初に自己もの(プロプリウム)から取り出したこと?

Non, sed ex aliis, qui per traducem ex illis qui id primum sciverunt ex Verbo ({1}Vetusto). 〔そう〕ではない、しかし、他の者たちから、その者たちは彼らから接ぎ木によって、その者たちはそのことを最初に(古代の☆)みことばから知った。

注にあるようにこの部分を引用して後から書かれた『真のキリスト教』には、この語が追加されているので、スヴェーデンボリは言葉足らずに気づいたのでしょう。ここは補って訳すべきところです。

Scriptores theologiae naturalis nec hauriunt quicquam tale ex se; 自然神学の著者たちも自分自身から何もこのようなものを吸収して(取り入れて)ない。

sed modo confirmant illa quae sciunt ab ecclesia, in qua est Verbum, per rationalia; しかし、単にそれらを確信(論証)する、それらは教会で(から)知られている、その中にみことばがある、推論☆によって。

中性名詞rationaleの意味は「理性、推理力、判断力」ですが、ここは複数です。その場合「(正常な)推理、(正しい)論」という意味になります。長島訳は「道理をつかって……」としています。このことについて (4) 長島訳への批評について、で述べます。

et possunt dari inter illos qui confirmant, et tamen non credunt. また彼らの間に存在することができる、その者は確信(論証)する、またそれでも信じていない。

@1 Vetusto:- sic V.C.R., n. 273.  1 Vestusto:―このように『真教』273番〔にある〕

 

(3) 訳文

115.  しかし、人間は、みことばなしで、神の存在を、また天界と地獄も、さらにみことばが教える他の何らかのものについて、知ることができると思い、自分のもとで確信した者がいて、彼らはそのことによって、みことばの権威と神聖さを、もし口でないならそれでも心で弱めるので、それゆえ、彼らとみことばから論ずることは許されないが、しかし、理性の光から論じることは許される。なぜなら、みことばを信じないで、自分自身を信じるから。理性の光から探求せよ、するとあなたに、理解力と意志と呼ばれる、いのちの二つの能力が人間のもとにあること、また理解力は意志に服従しているが、意志は、理解力に服従していないことがわかる。というのは、理解力は単に道を教え、示すから。さらにまた探求せよ、するとあなたに、人間の意志は彼のプロプリウム(固有のもの)であり、またこれは本質的に見られたときまったく悪であること、またここから理解力の中に虚偽があることがわまる。

[2] これらがあなたにわかるとき、あなたは、人間が他のところから存在し、そこからそれを知るのでないなら、彼の意志のプロプリウムからのものであるもの以外に、自分自身から何らかのものを理解することを欲しないこと、またできもしないことを見る。人間は自分の意志のプロプリウムから、自分のものと世のものであるもの以外に何らかのものを理解することを欲しない。何であれ〔これを超えて〕上にあるものは、彼に〔とって〕暗黒の中にある。例えば、太陽、月また星を見る時、もしその時、それらの起源について考えるとするなら、それらはそれ自体から存在するとしか考えることができないのではないか? みことばからすべてのものの創造は神からであると知っているとはいえ、それでも、自然を認める世の多くの博学な者たちよりも、より高く〔考えることができるの〕か? もしみことばから知らなかったなら、その者たちはその時、何を〔考えることができただろうか〕? あなたは、神について、また霊魂の不死について書いた古代の賢人たち、またアリストテレス、キケロ、セネカまた他の者たちが、そのことを最初に自己ものから取り出した、と信じるのか? そうではない、その者たちは、接ぎ木によって、そのことを最初に古代のみことばから知った他の者たちから取り出したのである。自然神学の著者たちも自分自身からは何もこのようなものを取り入れていない。みことばがある教会で知られているそれらのことを、推論によって。単に論証しているだけである。また論証しても、それでも信じていない者が彼らの間に存在することができる。

 

(4) 長島訳への批評について

 ものは公けにすれば、評価はつきものである。作品・製品を世に出せば、鑑賞者・使用者から「よい・悪い」の判断を下されるのはあたりまえ。翻訳物も、その「出来」を批評するのは、広い、またよい意味で成長につながる(製品ならば、改良品)。単なる「あらさがし」なら、誹謗・中傷の非難を受ける。

 さて、私は「長島さんの日本語(もちろん翻訳物で使用されることば)は腐っている」と言うことがある。これは誹謗中傷だろうか。私が、何の根拠もなくこのように発言するなら、その通り。

 しかし、ここに「道理をつかって……」と表現されている。私は「道理」を「つかう」という日本語は存在しないと思っている。「道理」ということばと「つかう」ということばは、その意味からして結びつかないし、その使用例に出会ったことはない。99%以上の方々が違和感を覚える表現だと思う。それで私はこれを「腐っている」と表現する。

 なぜ、このようなことを(わざわざ)述べるのか、弁解がましいといえば、それまでだが、長島氏を貶めるのが本意ではない。「スヴェーデンボリは極めて明快に論述している。でも翻訳には不備が付きものだから、それに拘泥しないで,ほしい。ひょっとして、翻訳でひっかかって本筋が見えなくならないように」といった余計なお世話からである。ただ、こんなことを言っている暇があったら、自分で少しでもよい翻訳するのがお利口さんかもしれない。

author:yasubee, category:原典講読『聖書』, 23:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『聖書』 114
 

QUOD NISI VERBUM FORET, NEMO SCIRET DEUM,
CAELUM ET INFERNUM,
VITAM POST MORTEM, ET MINUS DOMINUM.

みことばがないなら、だれも神を知らないこと、
天界と地獄を
死後の生活(いのち)を、またなおさら主を〔知らない〕

 

(1) 原文

114.  Hoc ut commune conclusum sequitur ex omnibus quae hactenus dicta et ostensa sunt: ut,- Quod Verbum sit ipsum Divinum Verum (n. 1-4): Quod Verbum sit medium conjunctionis cum angelis caeli (n. 62-69): Quod in Verbo ubivis sit conjugium Domini et ecclesiae, et inde conjugium boni et veri (n. 80-89): Quod ecclesia talis sit, qualis est intellectus Verbi ab illa (n. 76-79): Quod Verbum etiam in caelis sit, et quod ex illo angelis sapientia (n. 70-75): Quod etiam sit lux spiritualis gentibus et populis extra ecclesiam per Verbum (n. 104-113): praeter plura. Ex quibus concludi potest, quod absque Verbo non alicui sit intelligentia spiritualis, quae est, quod sciat Deum, caelum et infernum, et vitam post mortem; et prorsus non aliquid sciat de Domino, de fide et amore in Ipsum, ita non aliquid de redemptione, per quam tamen salvatio. Dicit etiam Dominus ad discipulos,

 

"Sine Me non potestis facere quicquam" (Joh. xv. 5);

et Johannes,

 

"Non potest homo sumere quicquam, nisi sit datum illi e caelo" (Joh. iii. 27).

 

 

(2) 直訳

Hoc ut commune conclusum sequitur ex omnibus quae hactenus dicta et ostensa sunt: このことは全般的な結論として続く(〜ということになる)、すべてのものから、それらは今まで言われ、示された。

ut,- Quod Verbum sit ipsum Divinum Verum (n. 1-4): 例えば―みことばは神的な真理そのものであること(1-4)

Quod Verbum sit medium conjunctionis cum angelis caeli (n. 62-69): みことばは天界の天使たちとの結合の手段であること(62-69)

Quod in Verbo ubivis sit conjugium Domini et ecclesiae, et inde conjugium boni et veri (n. 80-89): みことばのどこでも主と教会の結婚があること、またここから善と真理の結婚〔があること〕(80-89)

Quod ecclesia talis sit, qualis est intellectus Verbi ab illa (n. 76-79):  教会はそのようであること、それ〔教会〕から、みことばの理解がどのようであるか〔によって〕(76-79)

Quod Verbum etiam in caelis sit, et quod ex illo angelis sapientia (n. 70-75): みことばは天界の中にもあること、また、それから天使たちに知恵が〔ある〕こと(70-75)

Quod etiam sit lux spiritualis gentibus et populis extra ecclesiam per Verbum (n. 104-113): みことばによって教会の外の国民や人民にもまた霊的な光があること(104-113)

praeter plura. その他、多くのこと。

Ex quibus concludi potest, quod absque Verbo non alicui sit intelligentia spiritualis, quae est, quod sciat Deum, caelum et infernum, et vitam post mortem; それらから結論されることができる、みことばなしにある者に霊的な知性(理解力)ないこと、それらは神を知ることである、天界と地獄、また死後の生活(いのち)

et prorsus non aliquid sciat de Domino, de fide et amore in Ipsum, ita non aliquid de redemptione, per quam tamen salvatio. また完全にあるもの(何か)知らない、主について、その方への信仰と愛について、このようにあるもの(何か)を、あがないについて、それでもそのことによって救い〔がある〕。

Dicit etiam Dominus ad discipulos, 主もまた弟子たちに言われた、

"Sine Me non potestis facere quicquam" (Joh. xv. 5); 「わたしなしに、あなたがたは何も行なうことができません」(ヨハネ15:5)
et Johannes,
 また、ヨハネは、

"Non potest homo sumere quicquam, nisi sit datum illi e caelo" (Joh. iii. 27). 「人間は何も得る(取る)ことができません、それが天から与えられるのでないなら」(ヨハネ3:27) 

 

(3) 訳文

114. このことは、今まで言われ、示されたすべてのものから、全般的な結論としていえる。

 例えば―みことばは神的な真理そのものであること(1-4)みことばは天界の天使たちとの結合の手段であること(62-69)。みことばのどこでも主と教会の結婚があること、またここから善と真理の結婚があること(80-89)。教会からの、みことばの理解がどのようであるかによって、教会はそのようなものであること(76-79)。みことばは天界の中にもあり、そのみことばから天使たちに知恵があること(70-75)。みことばによって教会の外の国民や人民にもまた霊的な光があること(104-113)。その他、多くのこと。

 それらから、みことばなしに、ある者に、神、天界と地獄、また死後の生活を知るという霊的な知性がないし、また、主について、その方への信仰と愛について、このようにあがないについて何らかのものを、それでもそのことによって救いがあるのに、〔それらについて〕完全に何も知らないことを結論することができる。主もまた弟子たちに言われた、

 

 「わたしなしに、あなたがたは何も行なうことができません」(ヨハネ15:5)

 

 また、ヨハネは、

 

 「人は何も得ることはできません、それが天から与えられるのでないなら」(ヨハネ3:27)

author:yasubee, category:原典講読『聖書』, 22:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『聖書』 112, 113
 

(1) 原文

112.  Quoniam praedictum est, quod in fine hujus ecclesiae etiam oborirentur tenebrae ex non cognitione et agnitione Domini, quod sit Deus caeli et terrae, et ex fidei separatione a charitate, ne per id genuinus intellectus Verbi periret, ideo placuit Domino nunc revelare sensum spiritualem Verbi, et manifestare quod Verbum in illo sensu, et ex illo in sensu naturali, agat de Domino et de ecclesia, immo de illis solis; et plura alia, per quae lux veri ex Verbo, paene exstincta, restituatur. Quod lux veri in fine hujus ecclesiae paene exstincta esset, praedicitur multis in locis in Apocalypsi; et quoque intelligitur per haec Domini verba, apud Matthaeum:

"Statim post afflictionem dierum istorum sol obscurabitur, et luna non dabit lumen suum, et stellae cadent de caelo, et virtutes caelorum commovebuntur: et tunc... videbunt Filium hominis venientem in nubibus caeli cum gloria et virtute" (Matth. xxiv. 29, 30):

per "solem" ibi intelligitur Dominus quoad amorem; per "lunam" Dominus quoad fidem; per "stellas" Dominus quoad cognitiones boni et veri; per "Filium hominis" Dominus quoad Verbum; per "nubem" sensus litterae Verbi, et per "gloriam" sensus spiritualis, ac transparentia ejus in sensu litterae.

 

(2) 直訳〔ここは『真のキリスト教』271番に引用されている〕

Quoniam praedictum est, quod in fine hujus ecclesiae etiam oborirentur tenebrae ex non cognitione et agnitione Domini, quod sit Deus caeli et terrae, et ex fidei separatione a charitate, ne per id genuinus intellectus Verbi periret, ideo placuit Domino nunc revelare sensum spiritualem Verbi, et manifestare quod Verbum in illo sensu, et ex illo in sensu naturali, agat de Domino et de ecclesia, immo de illis solis; 予言されているので、この教会の終わりにもまた、主〔について〕の知識と承認がない〔こと〕から暗やみが生ずること、〔主が〕天と地の神であられること、また仁愛からの信仰の分離から、そのことからみことばの理解(理解力)滅びないように、それゆえ、今や、みことばの霊的な意味を啓示することが主の喜びであった、また明らかにすること、みことばはその意味の中で、またそれから自然的な意味の中で、主についてと教会について扱っていること、実に(それどころか)、それらだけについて。

et plura alia, per quae lux veri ex Verbo, paene exstincta, restituatur. また他の多くのことを、それらによってみことばからの真理の光を、ほとんど消された、もとに戻された。

Quod lux veri in fine hujus ecclesiae paene exstincta esset, praedicitur multis in locis in Apocalypsi; 真理の光はこの教会の終わりにほとんど消えることは「黙示録」の中に、多くの個所の中に予言されている。

et quoque intelligitur per haec Domini verba, apud Matthaeum: また、これらの主のことばによってもまた意味される、マタイのもとに、

"Statim post afflictionem dierum istorum sol obscurabitur, et luna non dabit lumen suum, et stellae cadent de caelo, et virtutes caelorum commovebuntur: 「その日の苦難の後、直ちに太陽は暗くされる、また月はその光を与えない、また星は天から落ちる、また天の力はゆり動かされる。

et tunc... videbunt Filium hominis venientem in nubibus caeli cum gloria et virtute" (Matth. xxiv. 29, 30): またその時……人の子が栄光と力をもって天の雲の中に来るのを見る」(マタイ24:29, 30)

per "solem" ibi intelligitur Dominus quoad amorem; 「太陽」によって、そこに愛に関する主が意味される。

per "lunam" Dominus quoad fidem; 「月」によって、信仰に関する主が。

per "stellas" Dominus quoad cognitiones boni et veri; 「星」によって、善と真理の知識に関する主が。

per "Filium hominis" Dominus quoad Verbum; 「人の子」によって、みことばに関する主が。

per "nubem" sensus litterae Verbi, et per "gloriam" sensus spiritualis, ac transparentia ejus in sensu litterae. 「雲」によって、みことばの文字通りの意味が、また「栄光」によって、霊的な意味が、そして文字通りの意味の中にその輝き貫くこと〔が意味される〕。

 

(3) 訳文

112.  この教会の終わりにもまた、主が天と地の神であられるという主についての知識と承認がなく、また仁愛からの信仰の分離から、暗やみが生ずることが予言されているので、そのことからみことばの理解滅びないように、それゆえ、今や、みことばの霊的な意味を啓示すること、また、みことばはその意味の中で、またそこから自然的な意味の中で、主と教会について、実に、それらだけについて扱っていることを、また他の多くのことを明らかにすることが主の喜びであった。それらによって、ほとんど消されたみことばからの真理の光がもとに戻された。

 真理の光は、この教会の終わりにほとんど消えることは「黙示録」の中の多くの個所の中に予言されており、「マタイ福音書」に、次の主のことばによってもまた意味されている、

 

 「その日の苦難の後、直ちに太陽は暗くされ、月はその光を与えず、星は天から落ち、天の力はゆり動かされる。またその時……人の子が栄光と力をもって天の雲の中に来るのを見る」(マタイ24:29, 30)

 

 そこの「太陽」によって、愛に関する主が意味され、「月」によって、信仰に関する主が、「星」によって、善と真理の知識に関する主が、「人の子」によって、みことばに関する主が、「雲」によって、みことばの文字通りの意味が、また「栄光」によって、霊的な意味が、そして文字通りの意味の中にその輝き貫くことが意味される。

 

(1) 原文

113.  Per multam experientiam mihi scire datum est, quod per Verbum sit homini communicatio cum caelo. Dum perlegi Verbum a primo capite Esaiae usque ad ultimum Malachiae, et Psalmos Davidis, datum est clare percipere quod unusquisque versus communicaret cum aliqua societate caeli, et quod sic totum Verbum cum universo caelo.

 

(2) 直訳〔ここは『真のキリスト教』272番に引用されている〕

Per multam experientiam mihi scire datum est, quod per Verbum sit homini communicatio cum caelo. 多くの経験を通して、私に知ることが与えられた、みことばによって人間に伝達があること、天界との。

Dum perlegi Verbum a primo capite Esaiae usque ad ultimum Malachiae, et Psalmos Davidis, datum est clare percipere quod unusquisque versus communicaret cum aliqua societate caeli, et quod sic totum Verbum cum universo caelo. 私がみことばを「イザヤ書」の第一章から「マラキ書」の終わりまで通読した間、またダビデの「詩篇」を、明らかに知覚することが与えられた、それぞれの節が天界のある社会と伝達していること、またみことば全部が天界全体と。

 

(3) 訳文

113.  多くの経験を通して、私に、みことばによって人間に天界との伝達があることを知ることが与えられた。私がみことばを「イザヤ書」の第一章から「マラキ書」の終わりまで、またダビデの「詩篇」を通読した間、それぞれの節が天界のある社会と、またみことば全部が天界全体と伝達していることを明らかに知覚することが与えられた。

author:yasubee, category:原典講読『聖書』, 21:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『聖書』 110, 111

(1) 原文

110.  Ex his constare potest quod Verbum, quod est in Ecclesia Reformatorum, illustret omnes gentes et populos per communicationem spiritualem: tum quod provideatur a Domino, ut in tellure semper sit ecclesia, ubi Verbum legitur, et per id Dominus notus est. Quare cum Verbum a Pontificiis paene rejectum erat, ex Divina Domini providentia facta est Reformatio, et inde Verbum iterum receptum est: et quoque quod sanctum habeatur Verbum a nobili gente inter Pontificios.

 

(2) 直訳〔ここは『真のキリスト教』270番に引用されている〕

Ex his constare potest quod Verbum, quod est in Ecclesia Reformatorum, illustret omnes gentes et populos per communicationem spiritualem: これらから明らかにすることができる、みことばは、それは改革派の教会の中にある、霊的な伝達よってすべての国民と人民を照らすこと。

tum quod provideatur a Domino, ut in tellure semper sit ecclesia, ubi Verbum legitur, et per id Dominus notus est. さらに、主により配慮されていること、地球の中に常に教会があるように、そこにみことばが読まれる、またそのことによって主がよく知られる。

Quare cum Verbum a Pontificiis paene rejectum erat, ex Divina Domini providentia facta est Reformatio, et inde Verbum iterum receptum est: それゆえ、みことばがローマカトリック教徒たちによりほとんど退けられたとき、主の神的な摂理から宗教改革が起こった、またここからみことばが再び受け入れられた。

et quoque quod sanctum habeatur Verbum a nobili gente inter Pontificios. そしてまた、みことばは神聖なものを持たれ(接続法)☆、ローマカトリック教徒の間のすぐれた人々(国民)より。

直訳調に砕いて言えば、「みことばが神聖さを持つようにした」ということでしょう。

 

(3) 訳文

110.  これらから、改革派の教会の中にあるみことばは、霊的な伝達よってすべての国民と人民を照らすこと、さらに、主により、地上に常に教会があって、そこでみことばが読まれ、またそのことによって主が知られるように、配慮されていることを明らかにすることができる。それゆえ、みことばがローマカトリック教徒たちによりほとんど退けられたとき、主の神的な摂理から宗教改革が起こり、またここからみことばが再び受け入れられた。そしてまた、ローマカトリック教徒の間のすぐれた人々により、みことばの神聖さが保たれた。

 

(1) 原文

111.  Quoniam absque Verbo non est cognitio Domini, ita non salvatio, ideo quando Verbum apud gentem Judaicam prorsus falsificatum et adulteratum erat, et inde quasi nullum factum est, tunc placuit Domino e caelo descendere, et venire in mundum, ac implere Verbum, et per id redintegrare et restituere illud, ac iterum dare lucem incolis telluris: secundum Domini verba,

 

"Populus sedens in tenebris vidit lumen magnum;... sedentibus in regione et umbra mortis, lux exorta illis est" (Matth. iv. 16; Esai. ix. 1 (B.A. 2)).

 

(2) 直訳〔ここは『真のキリスト教』270番に引用されている〕

Quoniam absque Verbo non est cognitio Domini, ita non salvatio, ideo quando Verbum apud gentem Judaicam prorsus falsificatum et adulteratum erat, et inde quasi nullum factum est, tunc placuit Domino e caelo descendere, et venire in mundum, ac implere Verbum, et per id redintegrare et restituere illud, ac iterum dare lucem incolis telluris: みことばなしに主〔について〕の知識はないので、したがって救いはない、それゆえ、みことばがユダヤ国民のもとで完全に虚偽化され、不純化された時、またここからあたかも無となった、その時、天界から下ることが主の喜びであった☆、また世の中にやって来ること、そしてみことばを満たす(成就する)こと、またそのことによってそれを復旧することと回復すること、そして再び地球の住民に光を与えること―

placeo「喜ぶ」は与格と不定法を伴って「〜の喜びである、〜の好むところである」という意味になります。

secundum Domini verba, 主のことばにしたがって、

"Populus sedens in tenebris vidit lumen magnum; 「暗やみの中に座っている民は大きな光を見た。

... sedentibus in regione et umbra mortis, lux exorta illis est" (Matth. iv. 16; Esai. ix. 1 (B.A. 2)). ……死の地方と陰に座っている者たちに、彼らに光が上った」(マタイ4:16、イザヤ9:2)

 

(3) 訳文

111.  みことばがなくては、主についての知識はなく、したがって救いはなく、それゆえ、みことばがユダヤ国民のもとで完全に虚偽化され、不純化され、またここからあたかも無となった時、主が天界から下り、世にやって来て、みことばを成就し、またそのことによってそれを復旧し、回復し、そして再び地球の住民に光を与えることが主の喜びであった。主のことばにしたがえば、

 

 「暗やみの中に座っている民は大きな光を見た。

 ……死の地方と陰に座っている者たちに光が上った」(マタイ4:16、イザヤ9:2)

author:yasubee, category:原典講読『聖書』, 22:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『聖書』 108, 109
 

(1) 原文

108.  Idem etiam illustrari potest ab hac experientia. Erant apud me spiritus Africani ex Abyssinia. Illis quondam aperiebantur aures, ut audirent cantum in aliquo templo in mundo ex Psalmo Davidis; ex quo afficiebantur tali jucunditate, {1}ut una cum illis canerent. Sed mox claudebantur aures, ut non audirent inde aliquid; at tunc adhuc majore jucunditate afficiebantur, quia spirituali; et simul implebantur intelligentia, quia Psalmus ille agebat de Domino, et de Redemptione: causa crescentis jucunditatis erat, quod illis data sit communicatio cum illa societate in caelo quae in conjunctione erat cum illis qui in mundo Psalmum illum canebant. Ex hac et plure alia experientia, patuit quod communicatio cum universo caelo detur per Verbum. Propter illam causam, ex Divina Domini providentia, commercium universale regnorum Europae, principaliter illorum ubi Verbum legitur, est cum gentibus extra ecclesiam.

@1 ut pro "et"

 

(2) 直訳

Idem etiam illustrari potest ab hac experientia. 同じことがさらにまたこの経験から説明されることができる。

Erant apud me spiritus Africani ex Abyssinia. 私のもとにアビシニア〔エティオピアの旧名〕からのアフリカ人がいた。

Illis quondam aperiebantur aures, ut audirent cantum in aliquo templo in mundo ex Psalmo Davidis; かつて、彼らに耳が開かれた、歌うことを聞くために、世の中のある神殿(教会)の中の、ダビデの詩篇から。

ex quo afficiebantur tali jucunditate, {1}ut una cum illis canerent. そこから感動した、このように愉快に(快さで、歓喜で)、彼らと一緒に歌うように☆。

ここはetでもよいと思いますが、talisと相関させてutとしたほうがおさまりがよくなります。

Sed mox claudebantur aures, ut non audirent inde aliquid; しかし、間もなく耳が閉ざされた、ここから何も聞かないように〔なった〕。

at tunc adhuc majore jucunditate afficiebantur, quia spirituali; しかし、その時、依然として大きな愉快に(快さで、歓喜で)感動した、霊的なもの〔だった〕ので。

et simul implebantur intelligentia, quia Psalmus ille agebat de Domino, et de Redemptione: また、同時に知性に満たされた、その詩篇は主について、またあがないについて扱った☆〔ものだった〕ので。

多義語agoで雑談します。(4) アジェンダとはナンダ、参照。そこでの意味は「する、行なう、実行する」です。

causa crescentis jucunditatis erat, quod illis data sit communicatio cum illa societate in caelo quae in conjunctione erat cum illis qui in mundo Psalmum illum canebant. 愉快さ(快さ、歓喜)の増大の理由は、彼らに天界の中のその社会との伝達が与えられたこと、それを〔社会〕は彼らと結合していた、世でその詩篇を歌っていた者。

Ex hac et plure alia experientia, patuit quod communicatio cum universo caelo detur per Verbum. この、また他の多くの経験から、天界全体との伝達がみことばによって存在することが明らかである。

Propter illam causam, ex Divina Domini providentia, commercium universale regnorum Europae, principaliter illorum ubi Verbum legitur, est cum gentibus extra ecclesiam. その理由のために、主の神的な摂理から、ヨーロッパの国々の広く行なわれる交流(交際)が、特にそこにみことばが読まれるそれら〔国々〕の、教会の外の異教徒とある。

ここでは「交易」を意味していますね。

@1 ut pro "et" 注1 et」の代わりにut

 

(3) 訳文

108.  同じことがさらにまた次の経験から説明されることができる。私のもとにエティオピアからのアフリカ人がいた。かつて、この世のある教会でダビデの詩篇からの歌を聞くために、彼らの耳が開かれた。そこから、彼らと一緒に歌うようにも歓喜をもって感動した。しかし、間もなく耳が閉ざされ、何も聞かないようになった。それでも、その時、霊的なものだったので、依然として大いなる歓喜をもって感動していた。また、同時に、その詩篇は主について、またあがないについて扱ったものだったので、知性に満たされた。歓喜が増大した理由は、世でその詩篇を歌っていた者たちに結合していた天界の中の社会と彼らの社会との伝達が与えられたことである。この経験、また他の多くの経験から、天界全体との伝達がみことばによって存在することが明らかである。その理由のために、主の神的な摂理から、ヨーロッパの国々、特にそこにみことばが読まれる国々と教会の外の異教徒との広く行なわれる交流(交易)ある。

 

(4) アジェンダとはナンダ(ラテン語→英語)

 このごろ「アジェンダ」のことばをよく聞く。いわく「みんなの党はアジェンダの党である」。

 恥ずかしながら、この歳までアジェンダの言葉を知らなかった。英語のような気がしないが、調べたらあったagenda「予定表、計画表…会議事項など」、また宗教用語として「儀式,祭典、その定式書」そして語源はラテン語。それでラテン語agendaの意味は「行なわれるべきもの」、これがもともとの意味である。派生して「儀式規定書」この意味は英語にも伝わっている。

 スヴェーデンボリが使っていれば、私にもわかったと思う。スヴェーデンボリは同族語のagens(agoの現在分詞)「働きかける力、動因、作用因」とagentia「活動、行動」を用いている。

 さて形は動詞agoの動形容詞(未来受動分詞とも言う)の中性単数agendumの複数であろう。それで意味は上記の「行なわれるべきもの」である。

 渡辺氏がどのような意味でこの言葉を使っているか、本人の解説がないのでわからないが、この本来の意味で使っているのだろうか?

なおついでに超有名な英語actagoの分詞actumに由来する。(英語actはラテン語agoの一部の意味と同じ、agoのほうがもっと広い意味をもっている)

 

(1) 原文

109.  Comparatio fieri potest cum calore et luce ex sole mundi, quaeであうおtationem dat arboribus et virgultis, etiam illis quae ad latera, et quae sub nube, stant, modo sol ortus sit, et in mundo appareat. Ita lux et calor caeli a Domino ut sole, quae lux est Divinum Verum, ex quo omnis intelligentia et sapientia est angelis et hominibus. Quare dicitur de Verbo,

 

Quod erat apud Deum, et erat Deus; quod illuminet omnem hominem venientem in mundum (Joh. i. 1, 9): et quod Lux illa etiam in tenebris appareat (vers. 5).

 

 

(2) 直訳

Comparatio fieri potest cum calore et luce ex sole mundi, quae vegetationem dat arboribus et virgultis, etiam illis quae ad latera, et quae sub nube, stant, modo sol ortus sit, et in mundo appareat. 世の太陽からの熱と光に比較がされることができる、それは植物の生長を与える、木と灌木に、さらにまたそれら〔木や灌木〕にそれら〔熱と光〕がもたらされて☆、またそれは雲の下に、位置する、太陽が出ているかぎり、また世に現われている。

laterafero「もたらす、与える」の分詞latumの変化形です。

Ita lux et calor caeli a Domino ut sole, quae lux est Divinum Verum, ex quo omnis intelligentia et sapientia est angelis et hominibus. このよう〔である〕太陽としての主から天界の光と熱は、その光は神的な真理である、それからすべての知性と知恵が天使たちと人間にある。

Quare dicitur de Verbo, それゆえ、みことばについて言われている、

Quod erat apud Deum, et erat Deus; 神のもとにあったこと、また神であった。

quod illuminet omnem hominem venientem in mundum (Joh. i. 1, 9): それは世に来てすべての人間を照らす(ヨハネ1:1, 9)

et quod Lux illa etiam in tenebris appareat (vers. 5). また、その光は暗やみの中に現われている(5)

 

(3) 訳文

109.  木や灌木を生長させる世の太陽からの熱と光と比較することができる。さらにまた熱と光は雲に隠れていても、太陽が出て、世に現われているかぎり、それら木や灌木に生長をもたらすのである。太陽としての主からの天界の光と熱はこのようであり、その光は神的な真理であって、それからすべての知性と知恵が天使たちと人間にある。それゆえ、みことばについて言われている、

 

 神のもとにあったこと、また神であった。それは世に来てすべての人間を照らす(ヨハネ1:1, 9)

 また、その光は暗やみの中に現われている(5)

author:yasubee, category:原典講読『聖書』, 23:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『聖書』 106, 107
 

(1) 原文

106.  In meditullio, ubi sunt Christiani quibus est Verbum, est maxima lux; lux enim in caelis est Divinum Verum procedens a Domino ut Sole ibi; et quia Verbum est illud, est maxima lux ubi sunt illi quibus est Verbum. Lux inde ut a suo centro se propagat circum in omnes peripherias usque ad ultimam; inde est illustratio gentium et populorum extra ecclesiam etiam per Verbum. Quod lux in caelis sit Divinum Verum procedens a Domino, et quod illa lux det intelligentiam non modo angelis, sed etiam hominibus, videatur in opere De Caelo et Inferno (n. 126-140).

 

(2) 直訳

In meditullio, ubi sunt Christiani quibus est Verbum, est maxima lux; 中央に、そこにキリスト教徒がいる、彼らにみことばがある、最大の光がある。

lux enim in caelis est Divinum Verum procedens a Domino ut Sole ibi; というのは、天界の光は、そこに太陽としての主から発出する神的な真理であるから。

et quia Verbum est illud, est maxima lux ubi sunt illi quibus est Verbum. また、みことばはそれ〔神的な真理〕であるので、最大の光がある、そこに彼らがいる、彼らにみことばがある。

Lux inde ut a suo centro se propagat circum in omnes peripherias usque ad ultimam; 光はここからその中心からのようにそれ自体を周囲に放散する(広める)、すべての周辺に、最後のものまで。

inde est illustratio gentium et populorum extra ecclesiam etiam per Verbum. ここから国民と人民の照らしがある、教会の外の〔者に〕もまた、みことばによって。

Quod lux in caelis sit Divinum Verum procedens a Domino, et quod illa lux det intelligentiam non modo angelis, sed etiam hominibus, videatur in opere De Caelo et Inferno (n. 126-140). 天界の中の光が主からの神的な真理であることは、またその光が天使たちにだけでなく、しかしまた人間にも理解力(知性)与えることは、著作『天界と地(について)(126-140)の中に見られる。

 

(3) 訳文

106.  中央に最大の光があり、そこにみことばをもつキリスト教徒がいる。というのは、天界の光は、そこの太陽としての主から発出する神的な真理であるから。また、みことばはその真理であるので、みことばをもつ彼らがいるところに最大の光がある。光は、ここからその中心からのようにまわりに、最後のものまですべての周辺に広まる。ここから教会の外の国と民にもまた、みことばによって照らしがある。天界の中の光が主からの神的な真理であること、またその光が天使たちにだけでなく、人間にもまた理解力(知性)与えることは、著作『天界と地(について)』の中に見られる(126-140)

 

(1) 原文

107.  Quod tale sit in universo caelo, concludi potest a simili in unaquavis societate ibi; nam unaquaevis societas caeli est caelum in minore forma, et quoque est sicut homo: quod ita sit, videatur in opere De Caelo et Inferno (n. 41-87). In omni societate caeli, illi qui in medio ejus sunt, similiter referunt cor et pulmonem; et apud illos est maxima lux. Ipsa lux, et inde perceptio veri, a medio illo se propagat versus peripherias quaquaversum, ita ad omnes qui in societate sunt, et facit vitam illorum spiritualem. Ostensum est, quod quando illi qui in medio erant, qui provinciam cordis et pulmonum constituebant, et apud quos maxima lux erat, auferrentur, illi qui circum erant, in umbra essent, et tunc in tam exili perceptione veri, ut vix in aliqua; sed mox ut redierunt, visa est lux et fuit illis perceptio veri sicut prius.

 

(2) 直訳

Quod tale sit in universo caelo, concludi potest a simili in unaquavis societate ibi; 天界全体の中でこのようであることは、そこのそれぞれの社会の中の類似のものから結論することができる。

nam unaquaevis societas caeli est caelum in minore forma, et quoque est sicut homo: なぜなら、天界のそれぞれの社会は小さい形の天界であるから、そしてまた人間のようであるから。

quod ita sit, videatur in opere De Caelo et Inferno (n. 41-87). このようであることは、著作『天界と地獄』(41-87)の中に見られる。

In omni societate caeli, illi qui in medio ejus sunt, similiter referunt cor et pulmonem; 天界のすべての社会の中で、その真ん中にいる者は、同様に、心臓と肺に対応する。

et apud illos est maxima lux. また彼らのもとに最大の光がある。

Ipsa lux, et inde perceptio veri, a medio illo se propagat versus peripherias quaquaversum, ita ad omnes qui in societate sunt, et facit vitam illorum spiritualem. 光そのものは、またここから真理の知覚は、その真ん中からそれ自体を放散する(広める)、周辺に向けて、あらゆる方向へ、このようにすべての者へ、社会の中にいる者、また、彼らの霊的ないのち(生活)をつくる。

Ostensum est, quod quando illi qui in medio erant, qui provinciam cordis et pulmonum constituebant, et apud quos maxima lux erat, auferrentur, illi qui circum erant, in umbra essent, et tunc in tam exili perceptione veri, ut vix in aliqua; 示された、彼らが、真ん中にいた者、心臓と肺の領域を構成した者、また彼らのもとに最大の光があった、取り去られた時、彼らは、周囲にいた者、陰(やみ)の中にいた(接続法未完了)☆、またその時、これほどに真理の知覚はかすかなものの中に〔いた〕、〔知覚の〕何らかのものの中にほとんどないように。

ここに接続法essentが使われています。その前が直接法なので条件文ではありません。ラテン語の接続法は「本来的には、動作、状態を実体としてではなく、話し手の心理に知覚されたものを述べるためにある」(『独習者のための楽しく学ぶラテン語』211ページ、なお本書は私にとって最良の教科書です)ので、現実に「やみ」の中にいたかどうかはわかりせん、「やみ」を知覚したのです。英訳書にここをexperiencedとしたものがあります。

sed mox ut redierunt, visa est lux et fuit illis perceptio veri sicut prius. しかし、戻るとすぐに、光が見られ、彼らに真理の知覚が生じた、以前のように。

 

(3) 訳文

107. 天界全体でこのようであることは、そこのそれぞれの社会の中の類似のものから結論することができる。なぜなら、天界のそれぞれの社会は小さい形の天界であり、また人間のようであるから。このようであることは、著作『天界と地獄』の中に見られる(41-87)。天界のすべての社会の中で、その真ん中にいる者は、同様に、心臓と肺に対応し、また彼らのもとに最大の光がある。光そのものは、またここから真理の知覚は、その真ん中から周辺に向けて、あらゆる方向へ、したがって社会の中にいるすべての者へ広めまり、彼らの霊的ないのち(生活)をつくる。真ん中にいて、心臓と肺の領域を構成し、彼らのもとに最大の光があった者たちが取り去られらた時、周囲にいた者は、やみの中にて、またその時、知覚の何らかのものの中にほとんどないようにもかすかな真理の知覚の中にいた。しかし、〔取り去られた者たちが〕戻るとすぐに、光が見られ、以前のように彼らに真理の知覚が生じたことが示された。

author:yasubee, category:原典講読『聖書』, 21:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『聖書』 104, 105
 

QUOD PER VERBUM ETIAM SIT LUX ILLIS

QUI EXTRA ECCLESIAM SUNT, ET NON HABENT VERBUM.

みことばによって彼らにもまた光があること、

教会の外にいる者、またみことばを持っていない。

 

(1) 原文

104.  Non potest, dari conjunctio cum caelo, nisi alicubi in tellure sit ecclesia, ubi est Verbum, et per id Dominus notus; quia Dominus est Deus caeli et terrae, et absque Domino nulla salus. Satis est, ut ecclesia sit, ubi Verbum, tametsi illa consistit ex paucis respective: per id usque Dominus praesens est ubivis in universo terrarum orbe, nam per id caelum conjunctum est humano generi; quod conjunctio sit per Verbum, videatur supra (n. 62-69).

 

(2) 直訳〔ここは『真のキリスト教』267番に引用されている〕

Non potest, dari conjunctio cum caelo, nisi alicubi in tellure sit ecclesia, ubi est Verbum, et per id Dominus notus; 天界との結合は存在することができない、地球の中のどこかで教会が存在しないなら、そこにみことばがある、またそれによって主が知られる。

quia Dominus est Deus caeli et terrae, et absque Domino nulla salus. 主は天と地の神であるから、また主なしに救いはない。

Satis est, ut ecclesia sit, ubi Verbum, tametsi illa consistit ex paucis respective: 十分である、教会があること、そこにみことばが〔ある〕、たとえそれが比較的少しの者から成り立っていても。

per id usque Dominus praesens est ubivis in universo terrarum orbe, nam per id caelum conjunctum est humano generi; それによってそれでも主は地球全体の中のどこにも現在される、なぜなら、それによって天界は人類に結合されるから。

quod conjunctio sit per Verbum, videatur supra (n. 62-69). みことばによって結合があることは、上に(62-69)見られる。

 

(3) 訳文

104. 地球上のどこかにみことばがあり、またそれによって主が知られる教会が存在しないなら、天界との結合は存在することができない。主は天と地の神であられ、また主なしに救いはないからである。みことばのある教会があれば、たとえそれが比較的少しの者から成り立っていても十分である。それでも、それによって主は地球全体の中のどこにも現在される、なぜなら、それによって天界は人類に結合されるから。みことばによって結合があることは、前に(62-69)見られる。

 

(1) 原文

105.  Quomodo autem praesentia et conjunctio Domini et caeli datur in omnibus terris per Verbum, dicetur. Universum caelum coram Domino est sicut unus homo, similiter ecclesia; quod etiam actualiter appareant ut homo, videatur in opere De Caelo et Inferno (n. {1}59-86). In illo homine est ecclesia, ubi Verbum legitur, et per id Dominus notus est, sicut cor et sicut pulmo; regnum caeleste ut cor, et regnum spirituale ut pulmo. [2] Sicut ex his binis fontibus vitae in humano corpore omnia reliqua membra et viscera subsistunt et vivunt, ita quoque omnes illi in terrarum orbe, apud quos religiosum est, et Deus unus colitur, et bene vivitur, et per id in homine illo sunt, et referunt membra et viscera ejus extra thoracem, ubi sunt cor et pulmo, ex conjunctione Domini et caeli per Verbum cum ecclesia, subsistunt et vivunt. Nam Verbum in ecclesia, tametsi est apud paucos respective, est vita reliquis a Domino per caelum, sicut membrorum et viscerum totius corporis est vita ex corde et pulmone; est quoque communicatio similis. Quae etiam causa est, quod Christiani apud quos Verbum legitur, constituant pectus illius hominis: sunt etiam in medio omnium, et circum illos sunt Pontificii, circum hos sunt Mahumedani qui agnoscunt Dominum ut Maximum Prophetam ac ut Filium Dei; post hos autem sunt Africani; ac ultimam circumferentiam constituunt gentes et populi in Asia et in Indiis: de qua illorum ordinatione videantur aliqua in opusculo De Ultimo Judicio (n. 48). Spectant etiam omnes, qui in homine illo sunt, versus meditullium, ubi sunt Christiani.

@1 86 pro "87"

 

(2) 直訳〔ここは『真のキリスト教』268番に引用されている〕

Quomodo autem praesentia et conjunctio Domini et caeli datur in omnibus terris per Verbum, dicetur. しかしながら、どのように主と天界の現在と結合が、みことばによってすべての地の中に存在するか、言われる(未来)

Universum caelum coram Domino est sicut unus homo, similiter ecclesia; 天界全体は主の前に一人の人間のようである、同様に教会は。

quod etiam actualiter appareant ut homo, videatur in opere De Caelo et Inferno (n. {1}59-86). 人間として実際に見られることもまた、著作『天界と地獄』の中に(59-86)見られる。

In illo homine est ecclesia, ubi Verbum legitur, et per id Dominus notus est, sicut cor et sicut pulmo; その人間の中で教会である、そこにみことばが読まれる、またそれによって主が知られる、心臓のよう、また肺のよう〔である〕。

regnum caeleste ut cor, et regnum spirituale ut pulmo. 天的な王国は心臓として、また霊的な王国は肺として。

[2] Sicut ex his binis fontibus vitae in humano corpore omnia reliqua membra et viscera subsistunt et vivunt, ita quoque omnes illi in terrarum orbe, apud quos religiosum est, et Deus unus colitur, et bene vivitur, et per id in homine illo sunt, et referunt membra et viscera ejus extra thoracem, ubi sunt cor et pulmo, ex conjunctione Domini et caeli per Verbum cum ecclesia, subsistunt et vivunt. [2] 人間の身体の中の二つのいのちの泉から、すべての残りの四肢や内臓は存続し、生きるように、このようにまたすべての者は、それは地球の中のもの、その者のもとに宗教がある、またひとりの神を礼拝する、またよく生きる、またそのことよってその人間の中にいる、また胸部の外のその四肢と内臓に対応する☆、そこに心臓と肺がある、みことばを通して教会との主と天界の結合から、存続し、生きる。

referoには「対応によって結びつく、対応する」という意味があります。

Nam Verbum in ecclesia, tametsi est apud paucos respective, est vita reliquis a Domino per caelum, sicut membrorum et viscerum totius corporis est vita ex corde et pulmone; なぜなら、教会の中のみことばは、たとえ比較的少ない者のもとに存在しても、主により天界を通して残りの者にいのちがあるから、全身の四肢と内臓にいのちがあるように、心臓と肺から。

est quoque communicatio similis. 同様に結合もまた存在する。

Quae etiam causa est, quod Christiani apud quos Verbum legitur, constituant pectus illius hominis: さらにまたそれが理由である、キリスト教徒たちが、彼らのもとでみことばが読まれる、その人間の胸を構成すること。

sunt etiam in medio omnium, et circum illos sunt Pontificii, circum hos sunt Mahumedani qui agnoscunt Dominum ut Maximum Prophetam ac ut Filium Dei; さらにまたすべての者の真ん中にいる、またその周囲にローマカトリック教徒がいる、この周囲にイスラム教徒がいる、主を最大の預言者として、そして神の子として認める者。

post hos autem sunt Africani; しかしながら、これらの後ろに(続いて)、アフリカ人がいる。

ac ultimam circumferentiam constituunt gentes et populi in Asia et in Indiis: そして周辺の最外部はアジアの中とインドの中の国民と人民が構成する。

de qua illorum ordinatione videantur aliqua in opusculo De Ultimo Judicio (n. 48). それらの配列、それについて、何らかのものが小著『最期の審判』(48)に見られる。

Spectant etiam omnes, qui in homine illo sunt, versus meditullium, ubi sunt Christiani. さらにまたすべての者は眺める、その人間の中にいる者たち、中央に向かって、そこにキリスト教徒たちがいる。

@1 86 pro "87" 注1 87」の代わりに86

 

(3) 訳文

105.  しかしながら、みことばによって、すべての地上にどのように主と天界の現在と結合が存在するか、述べよう。天界全体は主の前に一人の人間のようであり、教会も同様である。また、人間として実際に見られることは、著作『天界と地獄』の中に見られる(59-86)。みことばが読まれ、またそれによって主が知られる教会は、その人間の中で、心臓と肺のようである。天的な王国は心臓のよう、また霊的な王国は肺のようである。

[2] 人間の身体の中の二つのいのちの泉から、すべての残りの四肢や内臓は存続し、生きるように、このようにまた地球上の、その者のもとに宗教があり、またひとりの神を礼拝し、またよく生き、またそのことよってその、また心臓と肺がある胸部の外の四肢と内臓に対応する人間の中にいるすべての者は、みことばを通して教会との主と天界の結合から、存続し、生きる。なぜなら、教会の中のみことばは、たとえ比較的少ない者のもとに存在しても、全身の四肢と内臓に心臓と肺から、いのちがあるように、主により天界を通して残りの者に、いのちがあるから。同様に結合もまた存在する。さらにまたそれが、みことばを読むキリスト教徒たちが、その人間の胸を構成し、さらにまたすべての者の真ん中にいて、その周囲にローマカトリック教徒がいる、この周囲に主を最大の預言者として、そして神の子として認めるイスラム教徒がいる理由である。しかしながら、これらの続いて、アフリカ人がいる。そして周辺の最外部はアジアの中とインドの中の国と民が構成する。それらの配列について、何らかのものが小著『最期の審判』(48)に見られる。さらにまた、その人間の中にいるすべての者は、キリスト教徒たちがいる中央に向かって眺めている。

author:yasubee, category:原典講読『聖書』, 23:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『聖書』 103の訳文
 

(3) 訳文

103.  古代人のもとにみことばがあったことは、モーセにもまた明らかであり、彼により名前が挙げられ、また引用されている(民数記21:14, 15, 27-30)。また、そのみことばの歴史として書かれたものは『エホバの戦い』と、そして預言は『宣言』と呼ばれた。そのみことばの歴史として書かれたものから、モーセにより次のものが引用されている―

 

 「『エホバの戦いの書』の中の預言に言われている―

 スパのワヘブ、またアルノンの流れに。また流れの水道は、それはアルが住む(ところ)まで傾き、モアブの境界で止まる」(民数記21:14, 15)

 

 そのみことばの中の「エホバの戦い」によって、私たちのものの中のように、主が世にやって来られた時の地獄と闘争とその勝利が意味され、述べられている。さらにまた、私たちのみことばの歴史の中にある、カナンの地の国民とのヨシュアの戦い、またイスラエルの士師と王の戦いのような、同じ多くの闘争が意味され、述べられている。

[2] そのみことばの預言から、次のものがモーセにより引用されている―

 

 「このために、宣言に言われている。あなたがたはヘシュボンに入れ、シホンの都は建てられ、強くされる。なぜなら、ヘシュボンから火が、炎がシホンの都から出たから。モアブのアルを、アルノンの高所の所有者を食い尽した。わざわいだ、おまえたちに、モアブよ。おまえは滅んだ、ケモシの民よ。自分の息子らを逃れた者として、また自分の娘らを捕虜として、エモリ人の王シホンに明け渡した。矢をもってわれわれは彼を滅ぼした。ヘシュボン〔から〕ディボンまで滅びた、またわれわれはノファフまでも荒した、それはメデバまでも」(民数記21:27-30)

 

 翻訳者たちは、「ことわざの作者」と変えている。しかし、「宣言者」または「預言の宣言」と呼ばれなくてはならない、へブル語のムシャリームの語の意味から明らかにすることができるように、それは「ことわざ」だけでなく「預言の宣言」でもある。「民数記」23:7, 18、第243, 15のように、そこには、バラムは自分の宣言を(声に)出した、と言われており、それは預言であり、さらにまた主についての預言であった。その宣言はそこでは単数でムシャールと呼ばれている。モーセによりそこから引用されたものは、ことわざではなく、預言であるという事実がある。そのみことばが同様に神的なもの、または神からの霊感であったことは、「エレミヤ書」に明らかであり、そこにほとんど似た言葉が読まれる―

 

 「火がヘシュボンから、また炎がシホンの内から出た。それはモアブの隅を、またざわめき息子たちの頭のてっぺんを食い尽した。わざわいだ、おまえたち、モアブよ。ケモシの民は滅んだ。なぜなら、おまえの息子らは捕虜になって奪われ、またおまえの娘らは捕虜になったから」(エレミヤ48:45, 46)

 

 それらのほかに、古代のみことばの預言の書もまた、「ヤシャルの書」、すなわち「正しい者の書」と呼ばれて、ダビデとヨシュアにより名前を挙げられている。

 ダビデにより―

 

 「ダビデは、サウルのために……ヨナタンのために嘆いた……。また書きつけた、ユダの子らに弓を教えるために。見よ、『ヤシャルの書』に書かれたもの」(サムエル記1:17, 18)

 

 またヨシュアにより―

 

 ヨシュアは言った、「太陽はギベオンの中で、また月はアヤロンの谷の中でとまれ。このことは『ヤシャルの書』に書かれていないか?」(ヨシュア記10:12, 13)

 

 ほかに、私に、「創世記」の最初の7章が、その古代のみことばの中にひとことも欠けていないように現われていることが言われた。
author:yasubee, category:原典講読『聖書』, 23:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark