RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『宗教と生活』 84(最終回)
 

(1) 原文「1028番」

 84 Dicitur a quibusdam quod qui contra unum praeceptum decalogi peccat etiam contra reliqua peccet, ita quod reus sit omnium qui est reus unius; sed quomodo hoc cum veritate cohaeret, dicetur. Qui transcendit unum praeceptum, confirmando apud se quod hoc non sit peccatum, et sic absque timore Dei id committit, is quia rejecit timorem Dei, nec timet transcendere praecepta reliqua, tametsi non actualiter illa transcendit.

Ut pro exemplo: qui fraudes et illicitas lucrationes, quae in se sunt furta, non pro peccatis reputat, is nec pro peccatis reputat adulterari cum uxore alterius, hominem odio habere usque ad necem, mentiri in illum, concupiscere domum ejus, et plura quae ejus sunt; negat enim quod aliquid sit peccatum, dum in uno praecepto rejicit e corde timorem Dei; inde in communione est cum illis qui reliqua praecepta similiter transcendunt: est sicut infernalis spiritus, qui in inferno furum est; is tametsi non est adulter, nec homicida, nec falsus testis, usque in communione est cum illis, et potest ab illis persuaderi ad credendum quod non mala sint, et quoque adduci ad faciendum illa; nam qui infernalis spiritus per transgressionem unius praecepti factus est, is amplius non credit peccatum esse facere aliquid contra Deum, nec facere aliquid contra proximum.

Contrarium fit illis qui abstinent a malo unius praecepti, et illud ut peccatum contra Deum fugiunt et dein aversantur; ii, quia timent Deum, in communionem veniunt cum angelis caeli, ac ducuntur a Domino ad abstinendum a malis reliquorum praeceptorum, et ad fugiendum illa, et tandem ad aversandum illa, ut peccata; et si forte peccaverint contra illa, usque paenitentiam agunt, et sic per gradus abducuntur ab illis.

 

 (2) 直訳

Dicitur a quibusdam quod qui contra unum praeceptum decalogi peccat etiam contra reliqua peccet, ita quod reus sit omnium qui est reus unius; ある者から言われる、十戒の一つの戒めに反して罪を犯す者は残りの戒めに対してもまた罪を犯す、そのように、すべてのものに罪がある、一つのものに罪がある者は。

sed quomodo hoc cum veritate cohaeret, dicetur. しかし、どのようにこのことが真理と密着しているか、言われる。

Qui transcendit unum praeceptum, confirmando apud se quod hoc non sit peccatum, et sic absque timore Dei id committit, is quia rejecit timorem Dei, nec timet transcendere praecepta reliqua, tametsi non actualiter illa transcendit. 一つの戒めを限度を越える者は、自分自身に確信して、このことは罪ではない、またこのように神への恐れなしにそれを犯す、彼は神への恐れを拒否する(除く)ので、残りの戒めを限度を越えることも恐れない、たとえそれらを実際に越えなくても。

Ut pro exemplo: 例えば、例として――

qui fraudes et illicitas lucrationes, quae in se sunt furta, non pro peccatis reputat, is nec pro peccatis reputat adulterari cum uxore alterius, hominem odio habere usque ad necem, mentiri in illum, concupiscere domum ejus, et plura quae ejus sunt; ごまかし、また許されないもうけを、それらは本質的に盗みである、罪として見なさない者は、彼は他の者の妻との姦淫も罪と見なさない、人間に憎しみを抱くこと、殺人にまでも、彼に()ること、彼の家を欲しがること、また彼のものである多くのものを。

negat enim quod aliquid sit peccatum, dum in uno praecepto rejicit e corde timorem Dei; というのは、何らかのものが罪であることを否定するから、一つの戒めの中で、心から神への恐れを拒否する(除く)時。

inde in communione est cum illis qui reliqua praecepta similiter transcendunt: ここから、彼らとの交際の中にいる、その者は残りの戒めを同様に限度を越える。

est sicut infernalis spiritus, qui in inferno furum est; 地獄の霊のようである、その者は泥棒の地獄にいる。

is tametsi non est adulter, nec homicida, nec falsus testis, usque in communione est cum illis, et potest ab illis persuaderi ad credendum quod non mala sint, et quoque adduci ad faciendum illa; 彼はたとえ姦淫者ではなくても、殺人者でもない、偽りの証人でもない、それでも、彼らとの交際の中にいる、また彼らから信じるように説得されることができる、悪でないこと、そしてまたそれらを行なうように勧誘されること。

nam qui infernalis spiritus per transgressionem unius praecepti factus est, is amplius non credit peccatum esse facere aliquid contra Deum, nec facere aliquid contra proximum. なぜなら、一つの戒めの違反によって地獄の霊になった者は、彼はもはや信じないから、神に反して何らかのことを行なうこと、隣人に反して何らかのことを行なうことも、罪であることを。

Contrarium fit illis qui abstinent a malo unius praecepti, et illud ut peccatum contra Deum fugiunt et dein aversantur; 反対のことが彼らに生ずる、一つの戒めの悪をやめる(慎む)者、またそれを神に反する罪として避け、またその後、退ける。

ii, quia timent Deum, in communionem veniunt cum angelis caeli, ac ducuntur a Domino ad abstinendum a malis reliquorum praeceptorum, et ad fugiendum illa, et tandem ad aversandum illa, ut peccata; 彼らは、神を恐れるので、天界の天使たちとの交(の中)にやって来る、そして、主により導かれる、残りの戒めの悪をやめるように、またそれらを避けるように、またついにはそれらを退けるように、罪として。

et si forte peccaverint contra illa, usque paenitentiam agunt, et sic per gradus abducuntur ab illis. また、もし、はからずも(偶然に)☆それらに反して罪を犯したなら、それでも、悔い改めを行なう、またこのように徐々にそれらから導き出される。

このforteはここでは過去に言及しています。

 

(3) 訳文(『黙示録講解』1028)

 ある者により、十戒の一つの戒めに反して罪を犯す者は残りの戒めに対してもまた罪を犯す、そのように、一つのものに罪がある者は、すべてのものにも罪がある、と言われている。しかし、このことがどのように真理と密接に結びついているか、述べよう。

 一つの戒めを、このことは罪ではないと自分自身に確信して、踏み越え、またこのように神への恐れなしにそれを犯す者は、神への恐れを捨てるので、残りの戒めを、たとえそれらを実際に越えなくても、踏み越えることを恐れない。

 例えば(例として)――ごまかしや許されないもうけを、それらは本質的に盗みであるが、罪として見なさない者は、他の者の妻との姦淫も、殺人にまでも人間に憎しみを抱くこと、彼を偽ること、彼の家を、また彼のものである多くのものを欲しがることを罪と見なさない。というのは、一つの戒めの中で神への恐れを心から捨てる時、何らかのものが罪であることを否定するから。ここから、残りの戒めを同様に踏み越える者との交際の中にいる。泥棒の地獄にいる(地獄の)霊のようである。彼はたとえ姦淫者ではなく、殺人者でもなく、偽りの証人でなくて、それでも、彼らとの交際の中にいる、また彼らから悪でないこと信じるように説得され、そしてまたそれらを行なうように勧誘される(ことができる)。なぜなら、一つの戒めの違反によって地獄の霊になった者は、もはや、神に反して何らかのことを行なうこと、隣人に反して何らかのことを行なうことも、罪である、と信じないから。

 一つの戒めの悪をやめ、またそれを神に反する罪として避け、またその後、退ける者に反対のことが生ずる。彼らは、神を恐れるので、天界の天使たちとの交際の中にやって来る、そして、主により、罪として残りの戒めの悪をやめるよう、またそれらを避けるよう、またついにはそれらを退けるようにと導かれる。また、はからずもそれらに反して罪を犯したなら、それでも、悔い改めを行ない、またこのように徐々にそれらから導き出される。

 

* * * * *

 

 以上で『宗教と生活』は終わりです。ここで同じ『黙示録講解』の中に、この後に出てくる「悪から救われるための祈り」を紹介しておきます。この祈りはスヴェーデンボリ独自の非常に素晴らしいものです。新教会の礼拝でも使われます。

 この後、この講座の訳文を見直し、出版する予定ですが、そこにもこの祈りを付録として含めようと思っています。

 

悪から救われるための祈り(黙示録講解1148より)

「原文」

 “Ut Dominus sit apud illos jugiter, ac levet et vertat facies ad illos, doceat, illustret et ducat illos, quoniam ex se nihil boni facere possunt, et det illis ut vivant; ne diabolus seducat illos, ac cordibus illorum indat mala, scientes quod dum non ducuntur a Domino, ille ducat, ac inspiret mala ominis generis, ut odia, vindictas, astus, dolos, sicut serpens inspirat venena; adest enim, excitat, et jugiter accusat, et ubi offendit cor aversum a Deo, intrat, ibi habitat, et animam ad infernum trahit: libera nos Domine.

 

「対訳」

Ut Dominus sit apud illos jugiter, ac levet et vertat facies ad illos, doceat, illustret et ducat illos, 

主が絶えず彼らのもとにいますように。そして彼らに向けて御顔を上げ、教え、照らし、導かれます(ように)

quoniam ex se nihil boni facere possunt, 

自分自身からでは決して善を行なうことはできないからです。

et det illis ut vivant; 

彼らにいのちを授けてください。(直訳:彼らに生きることを与える)

ne diabolus seducat illos, ac cordibus illorum indat mala, 

悪魔が彼らを誘惑し、そして彼らの心に悪を生じさせないように

scientes quod dum non ducuntur a Domino, ille ducat, ac inspiret mala ominis generis, ut odia, vindictas, astus, dolos, sicut serpens inspirat venena; 

主が導かれない時、ヘビが毒を吹き込むように,彼(悪魔)が導いて、憎しみ、復讐、狡猾、陰謀のような、すべての種類の悪を吹き込むことを知って(いるようにしてください)

adest enim, excitat, et jugiter accusat, 

というのは、(悪魔は)近くにいて、刺激し、絶えず責め(非難し)

et ubi offendit cor aversum a Deo, intrat, ibi habitat, et animam ad infernum trahit:

神から背を向けた心に出会う場所に、侵入し、そこに住み、霊魂を地獄に引き入れる(からです)

libera nos Domine. 

主よ、私たちを救ってください。

 

訳文は考えてみてください、この祈りは「彼ら」となっています、でも最後は「私たちを」です。

参考までに、「私のため」として、私なりの祈りを作ってみました。

 

   悪から救われるための祈り

 

主がいつも私のそばにおられ、御顔を私に向け、教え、照し、私を導いてくださいますように。

 私は自分自身からでは決して善を行なうができないからです。

私にいのちを授けてください。

悪魔に誘惑されて,私が悪い心を起こすことのないようにしてください。

 主に導びかれないなら、悪魔に導びかれ、ヘビに毒を吹き込まれるように、憎しみ、復讐、狡猾、陰謀といった、あらゆる種類の悪を吹き込まれてしまうことを、私にわきまえさせてください。

 なぜなら、悪魔はそばにいて、常にあおり、とがめたて、神にそっぽを向けた心に出会うと、その心に侵入して住みつき、そのたましいを地獄に引きずり込むからです。

主よ、私を救ってください。

author:yasubee, category:原典講読『宗教と生活』, 01:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
次の原典講読は『最大の人とその対応』です
 

『生活と宗教』は84で終了です。この講座の終了を待って、すぐさま、訳文を見直し、この秋10月中旬にスヴェーデンボリ出版から刊行する予定です。

 十戒の教えを守ることが宗教生活の基本であることが述べられおり、きわめてシンプルで、かつ実践的な内容となっており、益することが多いかと思います。

 

 『黙示録講解』の中の付録のような記事をとりあげたこともあって、続いて最大作『天界の秘義』を取り上げてみようと思います。ただし、これもその付録の記事からです。

 スヴェーデンボリは『天界の秘義』を出版した後、そのから要約する形で、『天界と地獄』『宇宙間の諸地球』などいわゆるロンドン五部作を出しています。

ところが興味深く、また最大の付録とも思える「最大の人」(柳瀬訳では「巨大人」)については、部分的に言及するだけで、まとまった本とはしていません。『単界と地獄』の「天界のすべての者と人間のすべてのものとに対応がある」の章に、また「主とその方の神的人間性について」『天界の秘義』からの抜粋の(12)で「最大の人」について触れているぐらいです。

しかし、「最大の人」は最いなる秘義であると思います。一つのまとまった本があってもよい、『天界と地獄』と同じく、スヴェーデンボリの思想を紹介する絶好書と思っています。それでこれ次回からの講読の題材とします。

author:yasubee, category:原典講読『宗教と生活』, 00:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『宗教と生活』 83
 

(1) 原文「1027番」

 83 Nunc quomodo fit conjunctio per praecepta decalogi, aliquid dicetur. Dominus solus conjungit hominem Sibi, et non homo se Domino; conjungit Dominus hominem Sibi per id, ut homo praecepta illa sciat, intelligat, velit et faciat; quando homo facit illa, tunc est conjunctio; si autem non facit illa, cadit velle illa, et cum velle etiam intelligere et scire illa: quid enim est velle, cum homo non facit quando potest? estne ens rationis? Inde sequitur quod conjunctio fiat quando homo facit praecepta decalogi.

Sed dictum est quod Dominus solus conjungat hominem Sibi, et non homo se Domino, et quod conjunctio fiat per facere; inde sequitur quod Dominus apud hominem faciat praecepta illa. Sed quisque videre potest quod foedus non ineatur, et per id conjunctio fiat, nisi aliquod vicissim apud hominem sit, ut non modo consentiat, sed etiam recipiat. Propter illum finem indiderat Dominus homini liberum volendi et faciendi sicut a se, ac tale liberum ut homo non sciat aliter, dum verum cogitat et bonum facit, quam quod sit intus in se, et sic a se. Hoc vicissim est a parte hominis ut fiat conjunctio. Sed quia id liberum est a Domino, et continue ab Ipso, homo omnino agnoscet quod cogitare et intelligere verum, ac velle et facere bonum, non sit a se sed a Domino, secundum illa quae supra (n. 946, 971, 973) de hac re dicta sunt.

Quapropter dum homo se conjungit Domino per sex ultima praecepta sicut a se, tunc Dominus conjungit Se homini per tria prima praecepta, quae sunt quod homo agnoscat Deum, credat in Dominum et sanctum habeat nomen Ipsius. Horum fides non apud hominem est, utcunque credat quod sit, nisi abstineat a malis ut peccatis quae in altera tabula, hoc est, in sex ultimis praeceptis, praescripta sunt. Haec sunt foederis a parte Domini et a parte hominis, per quae conjunctio reciproca, quae est ut homo sit in Domino, et Dominus in homine (Joh. xiv. 20).

 

(2) 直訳

Nunc quomodo fit conjunctio per praecepta decalogi, aliquid dicetur. そこで、十戒の戒めによってどのように結合が生ずるか、何らかのものが言われる。

Dominus solus conjungit hominem Sibi, et non homo se Domino; 主だけが人間をご自分に結合する、また人間が自分自身を主に〔結合させるのでは〕ない。

conjungit Dominus hominem Sibi per id, ut homo praecepta illa sciat, intelligat, velit et faciat; 主は人間をご自分にそれによって結合する、人間がそれらの戒めを知る、理解する、欲する、また行なう〔ようになる☆〕こと。

ut-節は「望しい目的」を表わします。それでもあえて訳出する必要はありません。

quando homo facit illa, tunc est conjunctio; 人間がそれらを行なう時、その時、結合がある。

si autem non facit illa, cadit velle illa, et cum velle etiam intelligere et scire illa: けれども、もしそれらを行なわないなら、それを欲することは倒れる(むだである)、また欲することとともにさらにまた理解することとそれらを知ることも〔むだである〕。

quid enim est velle, cum homo non facit quando potest? というのは欲することとは何であるか、人間ができる時、行なわないとき?

estne ens rationis? 想像の所産☆ではないのか?

ens rationisで熟語(成句)です。直訳は「議論(推論)の存在」。

Inde sequitur quod conjunctio fiat quando homo facit praecepta decalogi. ここから、〜ということになる、結合は人間が十戒の戒めを行なう時、生ずること。

Sed dictum est quod Dominus solus conjungat hominem Sibi, et non homo se Domino, et quod conjunctio fiat per facere; しかし、言われる、主だけが人間をご自分に結合すること、また人間が自分自身を主に〔結合させるのでは〕ない、また結合は行なうことによって生ずること。

inde sequitur quod Dominus apud hominem faciat praecepta illa. ここから、〜ということになる、人間のもとの主がそれらの戒めを行なうこと。

Sed quisque videre potest quod foedus non ineatur, et per id conjunctio fiat, nisi aliquod vicissim apud hominem sit, ut non modo consentiat, sed etiam recipiat. しかし、それぞれの者が見ることができる、契約は入れられない(引き受けられない)こと、またそのことによって結合が生じない、あるものが逆に人間のもとにないなら、単に同意するだけでなく、しかしまた受け入れるような。

Propter illum finem indiderat Dominus homini liberum volendi et faciendi sicut a se, ac tale liberum ut homo non sciat aliter, dum verum cogitat et bonum facit, quam quod sit intus in se, et sic a se. その目的のために、主は人間に植え付けた(与えた)自分自身からのように欲する、また行なう自由を、そしてこのような自由を、人間が異なって知らないような、真理を考え、善を行なっている時、内部に、自分自身のなかにあること以外に、またこのように自分自身から。

Hoc vicissim est a parte hominis ut fiat conjunctio. 逆に(言えば)このことが人間の側に結合が行なわれるためにある。

Sed quia id liberum est a Domino, et continue ab Ipso, homo omnino agnoscet quod cogitare et intelligere verum, ac velle et facere bonum, non sit a se sed a Domino, secundum illa quae supra (n. 946, 971, 973) de hac re dicta sunt. しかし、この自由は主からであるので、また絶えずその方から、人間はすべての点で(まったく)認める(未来)、真理を考えること、また理解すること、そして善を意志すること、また行なうことは自分自身からでなく主からであること、それらにしたがってそれらは上に(946, 971, 973番☆)、これらの事柄について言われている。

この講座では14、33、35番です。

Quapropter dum homo se conjungit Domino per sex ultima praecepta sicut a se, tunc Dominus conjungit Se homini per tria prima praecepta, quae sunt quod homo agnoscat Deum, credat in Dominum et sanctum habeat nomen Ipsius. そのために、人間が自分自身を主に結合させる時、最後の六つの戒めによって自分自身からのように、その時、主はご自分を人間に結合させる、最初の三つの戒めによって、それらは、人間が主を認めること、主を信じる、またその方の名前を聖なるものに保つ。

Horum fides non apud hominem est, utcunque credat quod sit, nisi abstineat a malis ut peccatis quae in altera tabula, hoc est, in sex ultimis praeceptis, praescripta sunt. これらの信仰は人間のもとにない、どれほど信じても、そのことである☆と、罪として悪をやめない(慎まない)なら、、それらはもう一つの板に、すなわち、最後の六つの戒めの中に、定められている。

そのこと(quod)とは、信仰が人間に、すなわち「自分に」ある、と信じることです。

Haec sunt foederis a parte Domini et a parte hominis, per quae conjunctio reciproca, quae est ut homo sit in Domino, et Dominus in homine (Joh. xiv. 20). これらは契約のものである、主の側からの、また人間の側からの、それらによって相互の結合が〔ある〕、それは人間が主の中にあるように、また主が人間の中に(ヨハネ14:20)

 

(3) 訳文(『黙示録講解』1027)

 そこで、十戒の戒めによってどのように結合が生ずるか、何らかのものを述べよう。

主だけが人間をご自分に結合し、人間が自分自身を主に結合させるのではない。主は、人間がそれらの戒めを知り、理解し、意志し、また行なうことによって人間をご自分に結合する。人間がそれらを行なう時、結合がある。けれども、もしそれらを行なわないなら、それを意志することはむだであり、また意志することとともにそれを理解すること知ることもむだである。というのは、人間ができても、行なわない時、意志するとは何なのか? 想像の所産ではないのか? ここから、結合は人間が十戒の戒めを行なう時、生ずることがいえる。

 しかし、主だけが人間をご自分に結合し、人間が自分自身を主に結合させるのではなく、また結合は行なうことによって生ずる、と言われている。ここから、人間のもとの主がそれらの戒めを行なうことがいえる。しかし、単に同意するだけでなく、しかしまた受け入れるようなあるものが(逆に)人間のもとにないなら、契約に入れられない、またそのことによって結合が生じないことは、だれもが見ることができる。その目的のために、主は人間に自分自身からのように欲する、また行なう自由を植え付けた、そしてこのような自由は、人間が真理を考え、善を行なっている時、自分自身の中の内部にある、またこのように自分自身からとしか知らないようなものである。逆に言えば、このことが人間の側に結合が行なわれるためにある。しかし、この自由は主から、また絶えずその方からのものであるので、人間はすべての点で、真理を考え、理解すること、そして善を意志し、また行なうことは自分自身からでなく主からであることを、前に(946, 971, 973番☆)これらの事柄について言われているそれらにしたがって認めなければならない。

 そのために、人間が最後の六つの戒めによって自分自身からのように自分自身を主に結合させる時、主は、最初の三つの戒めによってご自分を人間に結合させる、それらの戒めは、人間が主を認め、主を信じ、その方の名前を聖なるものに保つことである。これらの信仰は、自分にはあるとどれほど信じても、もう一つの板に、すなわち、最後の六つの戒めの中に定められている悪を罪としてやめないなら、その人間のもとにない。これらは主の側からの、また人間の側からの契約に属すものであり、それらによって、人間が主の中にあり、また主が人間の中にある(ヨハネ14:20)ようにする相互の結合がある。

この講座では14、33,35番です。

author:yasubee, category:原典講読『宗教と生活』, 23:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『宗教と生活』 82
 

(1) 原文「1026番」

 82 Quoniam a Domino ut Sole procedit Divinum Verum unitum Divino Bono, et per illud factum est caelum et factus est mundus (Joh. i. 1, 3, 10), sequitur quod ex eo sit quod omnia in caelo et in mundo se referant ad bonum et ad verum, et ad conjunctionem illorum, ut fiat aliquid. In decem his praeceptis continentur omnia Divini Boni et omnia Divini Veri, et in illis quoque est horum conjunctio. Sed conjunctio eorum ibi est arcana; est enim sicut conjunctio amoris in Dominum et amoris erga proximum; Divinum Bonum est amoris in Dominum, et Divinum Verum est amoris erga proximum; nam cum homo secundum Divinum Verum vivit, hoc est, amat proximum, tunc influit Dominus cum Divino Bono, et Se conjungit. Idcirco binae tabulae erant, quibus decem illa praecepta fuerunt inscripta, et illae vocatae sunt "foedus," per quod significatur conjunctio: et deinde positae sunt in arca, non una juxta alteram, sed una supra alteram, in testimonium conjunctionis inter Dominum et hominem. Super una tabula scripta fuerunt praecepta amoris in Dominum, et super altera tabula scripta fuerunt praecepta amoris erga proximum. Tria praecepta prima sunt amoris in Dominum, et sex praecepta ultima sunt amoris erga proximum; et quartum praeceptum, quod est, "Honora Patrem tuum et Matrem tuam," est praeceptum medians; nam per "Patrem" ibi intelligitur Pater in caelis, et per "Matrem" ibi intelligitur ecclesia, quae est proximus.

 

(2) 直訳

Quoniam a Domino ut Sole procedit Divinum Verum unitum Divino Bono, et per illud factum est caelum et factus est mundus (Joh. i. 1, 3, 10), sequitur quod ex eo sit quod omnia in caelo et in mundo se referant ad bonum et ad verum, et ad conjunctionem illorum, ut fiat aliquid. 神的な善と結合した神的な真理は太陽としての主から発出するので、それによって天界が造られ、世が造られた(ヨハネ1:1, 3, 10)、〜ということになる、そのことから、天界の中の、また世の中のすべてのものは、善に関係する、また真理に、またそれらの結合に、何らかのものになるために。

In decem his praeceptis continentur omnia Divini Boni et omnia Divini Veri, et in illis quoque est horum conjunctio. これらの十の戒めの中に神的な愛のすべてのものが含まれている、また神的な真理のすべてのものが、またそれらの中にそれらの結合もまたある。

Sed conjunctio eorum ibi est arcana; しかし、それらの結合はそこにアルカナ(秘密)である。

est enim sicut conjunctio amoris in Dominum et amoris erga proximum; というのは、主への愛の、また隣人に対するあいの結合のようであるから。

Divinum Bonum est amoris in Dominum, et Divinum Verum est amoris erga proximum; 神的な善は主への愛のものである、また神的な真理は隣人に対する愛のものである。

nam cum homo secundum Divinum Verum vivit, hoc est, amat proximum, tunc influit Dominus cum Divino Bono, et Se conjungit. なぜなら、人間が神的な真理にしたがって生きるとき、すなわち、隣人を愛する、その時、神的な善とともに主が流入する、またご自分を結合するから。

Idcirco binae tabulae erant, quibus decem illa praecepta fuerunt inscripta, et illae vocatae sunt "foedus," per quod significatur conjunctio: それゆえに、二つの板があった、それらにそれらの十の戒めが刻まれた、またそれらは「契約」と呼ばれた、それによって結合が意味されたこと。

et deinde positae sunt in arca, non una juxta alteram, sed una supra alteram, in testimonium conjunctionis inter Dominum et hominem. また、その後、箱の中に置かれた、一つがもう一つの近くにでなく、しかし、一つがもう一つの上に、結合の証し(証拠)の中に、主と人間の間。

Super una tabula scripta fuerunt praecepta amoris in Dominum, et super altera tabula scripta fuerunt praecepta amoris erga proximum. 一つの板の上に主への愛の戒めが書かれていた、またもう一つの板の上に隣人に対する愛の戒めが書かれていた。

Tria praecepta prima sunt amoris in Dominum, et sex praecepta ultima sunt amoris erga proximum; 最初の三つの戒めは主への愛のものである、また最後の六つの戒めは隣人に対する愛のものである。

et quartum praeceptum, quod est, "Honora Patrem tuum et Matrem tuam," est praeceptum medians; また第四の戒めは、それは「あなたの父とあなたの母を尊べ」である、介在する戒めである。

nam per "Patrem" ibi intelligitur Pater in caelis, et per "Matrem" ibi intelligitur ecclesia, quae est proximus. なぜなら、「父」によって、そこに天界の中の父が意味されるから、また「母」によって、そこに教会が意味される、それは隣人である。

 

(3) 訳文(『黙示録講解』1026)

 神的な善と結合した神的な真理は太陽としての主から発出し、それによって天界が造られ、世が造られたので(ヨハネ1:1, 3, 10)、そのことから、天界のまた世の中のすべてのものは、何らかのものになるために、善に、また真理に、またそれらの結合に関係することがいえる。これらの十の戒めの中に神的な愛のすべてのものが、また神的な真理のすべてのものが含まれ、またそれらの中にそれらの結合もある。

しかし、そこのそれらの結合はアルカナ(秘密)である。というのは、主への愛と隣人に対する愛の結合のようであるから。神的な善は主への愛のものであり、神的な真理は隣人に対する愛のものである。なぜなら、人間が神的な真理にしたがって、すなわち、隣人を愛して生きる時、神的な善とともに主が流入し、またご自分を結合するから。それゆえに、二つの板があり、それらにそれらの十の戒めが刻まれ、またそれらは「契約」と呼ばれ、それによって結合が意味された。また、その後、箱の中に置かれたが、一つがもう一つの近くにでなく、一つがもう一つの上に、主と人間の間の結合の証しとして置かれた。

 一つの板の上に主への愛の戒めが書かれ、またもう一つの板の上に隣人に対する愛の戒めが書かれていた。最初の三つの戒めは主への愛のものであり、また最後の六つの戒めは隣人に対する愛のものである。また「あなたの父とあなたの母を尊べ」である第四の戒めは、介在する戒めである。なぜなら、そこの「父」によって、天界の中の父が意味され、またそこの「母」によって、隣人である教会が意味されるから。

author:yasubee, category:原典講読『宗教と生活』, 21:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『宗教と生活』 81
 

(1) 原文「1025番」

 81 Quales illi tres sensus in praeceptis decalogi sunt, ex sequentibus his in summario expositis videri potest. Primum praeceptum decalogi, "Non coles alios deos praeter Me," in sensu spirituali morali involvit quod non aliud nec alium coles ut Divinum; non aliud, nempe, Naturam, tribuendo ei aliquid Divini ex se; et non alium, nempe, aliquem vicarium Domini, aut aliquem sanctum: in sensu caelesti spirituali involvit quod non agnosces nisi quam unum Deum, et non plures secundum qualitates, ut fecerunt antiqui, et hodie aliqui pagani; vel secundum opera, ut hodie Christiani, qui unum Deum ex creatione, unum ex redemptione, et unum ex illustratione faciunt.

Idem praeceptum in sensu Divino caelesti involvit quod solus Dominus agnoscendus et colendus sit, ac trinum in Ipso; nempe ipsum Divinum ab aeterno, quod intelligitur per "Patrem," Divinum Humanum natum in tempore, quod intelligitur per "Filium Dei," ac Divinum ex utroque procedens, quod intelligitur per "Spiritum sanctum." Hi tres sensus sunt primi praecepti in suo ordine: ex quo praecepto in triplici sensu lustrato, patet, quod in illo in summa contineantur et includantur omnia quae Divinum quoad essentiam concernunt.

In altero praecepto, "Non profanabis nomen Dei," in tribus ejus sensibus continentur et includuntur omnia quae Divinum quoad quale concernunt; nam per "nomen Dei" significatur quale Ipsius, quod in primo sensu est Verbum, ex Verbo doctrina, et ex doctrina cultus oris et vitae; in secundo sensu est regnum Domini in terris, et regnum Domini in caelis; et in tertio sensu est Divinum Humanum Domini, hoc enim est quale ipsius Divini. (Quod Divinum Humanum Domini in supremo sensu sit "nomen Dei," videatur supra, n. 224.) In reliquis praeceptis sunt similiter tres sensus interni pro tribus caelis; sed de illis alibi, volente Domino.

 

(2) 直訳

Quales illi tres sensus in praeceptis decalogi sunt, ex sequentibus his in summario expositis videri potest. これらの十戒の戒めの中の三つの意味がどんなものであるか、これらの続くものから要約した説明(解説)の中に見られることができる。

Primum praeceptum decalogi, "Non coles alios deos praeter Me," in sensu spirituali morali involvit quod non aliud nec alium coles ut Divinum;  十戒の最初の(第一の)戒め、「あなたは、わたしの前に、他の神々を礼拝してはならない」は、霊的な道徳的な意味の中に含んでいる、あなたは神性として他のもの(中性)も他の者(男性)礼拝してはならないこと。

non aliud, nempe, Naturam, tribuendo ei aliquid Divini ex se; 他のものを〔崇拝してはなら〕ない、すなわち、自然を、それに何らかの神性をそれ自体から帰して。

et non alium, nempe, aliquem vicarium Domini, aut aliquem sanctum: また他の者も〔崇拝してはなら〕ない、すなわち、主の代理人のある者を、またはある聖徒を。

in sensu caelesti spirituali involvit quod non agnosces nisi quam unum Deum, et non plures secundum qualitates, ut fecerunt antiqui, et hodie aliqui pagani; 天的な霊的な意味の中で、含む、あなたはひとりの神以外でないなら認めてはならないこと、また多くのもの〔神〕を〔認めてはなら〕ない、性質にしたがって、古代人が行なったように、また、今日、ある異教徒たちが。

vel secundum opera, ut hodie Christiani, qui unum Deum ex creatione, unum ex redemptione, et unum ex illustratione faciunt. あるいは業(働き)したがって、今日のキリスト教徒たちのように、その者たちは創造からひとりの神を、あがないからひとり〔の神〕を、また照らしからひとり〔の神〕をつくっている。

Idem praeceptum in sensu Divino caelesti involvit quod solus Dominus agnoscendus et colendus sit, ac trinum in Ipso; 同じ戒めは、神的な天的な意味の中で、含む、主だけが認められ、礼拝されなければならないこと、そしてその方の中に三一性が。

nempe ipsum Divinum ab aeterno, quod intelligitur per "Patrem," Divinum Humanum natum in tempore, quod intelligitur per "Filium Dei," ac Divinum ex utroque procedens, quod intelligitur per "Spiritum sanctum." すなわち、永遠からの神性そのものが、「父」によって意味されること、時間の中に生まれた神的人間性が、「神の御子」によって意味されること、そして両方のものから発出する神性が、「聖霊」によって意味されること。

Hi tres sensus sunt primi praecepti in suo ordine: これらの三つの意味が最初の(第一の)戒めにある、順序正しく。

ex quo praecepto in triplici sensu lustrato, patet, quod in illo in summa contineantur et includantur omnia quae Divinum quoad essentiam concernunt. その戒めから、三重の意味の中で熟考されて、明らかである、その中に要約した形ですべてのものが含まれる(入れられる)、また含まれる(囲まれる)こと、それは神性に関係する〔ものに〕関して。

In altero praecepto, "Non profanabis nomen Dei," in tribus ejus sensibus continentur et includuntur omnia quae Divinum quoad quale concernunt; 第二の戒めの中に、「あなたは神の御名を冒涜してはならない」は、その三つの意味の中にすべてのものが含まれる(入れられる)、また含まれる(囲まれる)、それは神性、性質に関係する〔ものに〕関して。

nam per "nomen Dei" significatur quale Ipsius, quod in primo sensu est Verbum, ex Verbo doctrina, et ex doctrina cultus oris et vitae; なぜなら、「神の御名」によって、その方の性質が意味されるから、それは第一の意味の中で、みことば、みことばからの教え、また教えからの口と生活での礼拝である。

in secundo sensu est regnum Domini in terris, et regnum Domini in caelis; 第二の意味の中で、地の中の主の王国である、また天界の中の主の王国。

et in tertio sensu est Divinum Humanum Domini, hoc enim est quale ipsius Divini. また第三の意味の中で、主の神的人間性である、というのは、これが神性そのものの性質であるから。

(Quod Divinum Humanum Domini in supremo sensu sit "nomen Dei," videatur supra, n. 224.) (最高の意味の中で主の神的人間性が「神の御名」であることは、上に見られる、224番。)

In reliquis praeceptis sunt similiter tres sensus interni pro tribus caelis; 他の戒めの中に同様の三つの内的な意味がある、三つの天界のために。

sed de illis alibi, volente Domino. しかし、それらについて()他のところで、主に望まれて☆。

volo「欲する、望む」の現在分詞がvolens、その奪格がvolenteです。Dominoも奪格なので、ここはいわゆる独立奪格句です。「主が望まれるなら」、「主に許されるものなら」のような意味になります。

 

(3) 訳文(『黙示録講解』1025)

 これらの十戒の戒めの中の三つの意味がどんなものであるかは、次の続くものから要約した説明の中に見られることができる。

十戒の第一の戒め「あなたは、わたしの前に、他の神々を礼拝してはならない」は、霊的な道徳的な意味に、あなたは神性として他のものも他の者も崇拝してはならないことを含んでいる。他のものを、すなわち、自然に何らかの神性を自然自体から帰して、自然を崇拝してはならない。また他の者も、すなわち、主のある代理人を、またはある聖徒を崇拝してはならない。天的な霊的な意味は、あなたはひとりの神以外に認めてはならないこと、また多くの神を、その性質にしたがって、古代人が、また今日、ある異教徒たちが行なったように、あるいは創造からひとりの神を、あがないからひとりの神を、また照らしからひとりの神をつくっている今日のキリスト教徒たちのように、業(働き)したがって、認めてはならないことを含む。

同じ戒めは、神的な天的な意味に、主だけが、そしてその方の中に三一性が認められ、崇拝されなければならないことを含む。すなわち、永遠からの神性そのものが「父」によって意味され、時間の中に生まれた神的人間性が「神の御子」によって意味され、そして両方のものから発出する神性が「聖霊」によって意味されることである。これらの三つの意味が順序正しく第一の戒めにある。三重の意味の中で熟考されたその戒めから、その中に要約した形で神性に関するすべてのものが含まれていることが明らかである。

 第二の戒め「あなたは神の御名を冒涜してはならない」の中に、その三つの意味の中に、神性の性質に関するすべてのものが含まれている。なぜなら、「神の御名」によって、その方の性質が意味されるから、それは第一の意味では、みことば、みことばからの教え、また教えからの口と生活による崇拝である。第二の意味では、地上の主の王国、また天界の中の主の王国である。また第三の意味のでは、主の神的人間性である、というのは、これが神性そのものの性質であるから。 (最高の意味の中で主の神的人間性が「神の御名」であることは、前の224番に見られる。)

 他の戒めの中にも三つの天界のために同様な三つの内的な意味がある。しかし、それらについては、 主が望まれるなら、他のところで〔述べよう〕。

author:yasubee, category:原典講読『宗教と生活』, 23:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『宗教と生活』 80
 

DE PRAECEPTIS DECALOGI IN GENERE

十戒の戒め全般について

 

(1) 原文「1024番」

  80 Quod praecepta decalogi dicta sint "Decem Verba" seu "Decem Praecepta," est quia per "decem" significantur omnia, consequenter per "decem verba" significantur omnia Verbi et inde omnia ecclesiae in summa. Quod sint omnia Verbi et omnia ecclesiae in summa, est quia singulis praeceptis ibi tres interiores sensus insunt, quilibet sensus pro suo caelo, nam tres caeli sunt. Primus sensus est sensus spiritualis moralis, hic est pro primo seu ultimo caelo; secundus sensus est sensus caelestis spiritualis, qui est pro secundo seu medio caelo; et tertius sensus est Divinus caelestis, qui est pro tertio seu intimo caelo. Tot sensus interni sunt quoque in singulis Verbi; nam Verbum est a Domino, qui in supremis est, per tres caelos usque ad terram ordine demissum, et inde unicuivis caelo accommodatum factum; quare etiam Verbum est in unoquovis caelo, et paene apud unumquemvis angelum, in suo sensu, et ab illis legitur cottidie, et quoque ex illo praedicationes fiunt, sicut in terris.

Nam Verbum est ipsum Divinum Verum, ita Divina Sapientia, procedens a Domino ut Sole, et apparens in caelis ut lux; Divinum Verum est id Divinum, quod vocatur Spiritus sanctus; id enim non modo procedit a Domino, sed etiam illustrat hominem, et docet illum, sicut de Spiritu sancto dicitur. Quoniam Verbum in descensu a Domino accommodatum factum est tribus caelis, et tres caeli conjuncti sunt sicut intima per media cum ultimis, ita quoque tres sensus Verbi, inde patet quod Verbum datum sit ut per illud conjunctio sit caelorum inter se, et quoque ut conjunctio sit caelorum cum genere humano, pro quo est sensus litterae, qui est mere naturalis, et inde basis reliquorum trium sensuum. Quod decem praecepta decalogi sint omnia Verbi in summa, non aliunde constare potest quam ex praeceptis illis quoad tres suos sensus, qui tales sunt.

 

(2) 直訳

Quod praecepta decalogi dicta sint "Decem Verba" seu "Decem Praecepta," est quia per "decem" significantur omnia, consequenter per "decem verba" significantur omnia Verbi et inde omnia ecclesiae in summa. 十戒の戒めが「十の言葉」または「十の戒め」と言われていることは、「十」によってすべてのものが意味されるからである、それゆえに、「十の言葉」によって、みことばのすべてのものが意味される、またここから教会のすべてのものが、要約した形で(かいつまんで)

Quod sint omnia Verbi et omnia ecclesiae in summa, est quia singulis praeceptis ibi tres interiores sensus insunt, quilibet sensus pro suo caelo, nam tres caeli sunt. みことばのすべてのものと教会のすべてのものが要約した形であることは、十戒の個々のものに、そこに三つの内的な意味が内在するからである、それぞれの意味がその天界のために〔ある〕、なぜなら、三つの天界があるから。

Primus sensus est sensus spiritualis moralis, hic est pro primo seu ultimo caelo; 第一の意味は道徳的な霊的な意味である、これは第一の、すなわち、最外部の天界のた(のもの)である。

secundus sensus est sensus caelestis spiritualis, qui est pro secundo seu medio caelo; 第二の意味は霊的な天的な意味である、それは第二の、すなわち、中間の天界のた(のもの)である。

et tertius sensus est Divinus caelestis, qui est pro tertio seu intimo caelo. また第三の意味は天的な神性である、それは第三の、すなわち、最内部の天界のた(のもの)である。

Tot sensus interni sunt quoque in singulis Verbi; このように多くの意味が、みことばの個々のものの中もまたある。

nam Verbum est a Domino, qui in supremis est, per tres caelos usque ad terram ordine demissum, et inde unicuivis caelo accommodatum factum; なぜなら、みことばは主から、その者は最高のものの中にいる、三つの天界を通って地にまで順序で降ろされるから、またここからそれぞれの天界に適合させられる。

quare etiam Verbum est in unoquovis caelo, et paene apud unumquemvis angelum, in suo sensu, et ab illis legitur cottidie, et quoque ex illo praedicationes fiunt, sicut in terris. それゆえ、みことばはそれぞれの天界の中にもまたある、ほとんどどの天使のもとにも、それ自体の意味の中に、また彼らから日々、読まれる、そしてまたそれらから説教が行なわれる、地の中のように。

Nam Verbum est ipsum Divinum Verum, ita Divina Sapientia, procedens a Domino ut Sole, et apparens in caelis ut lux; なぜなら、みことばは神的な真理そのものであるから、このように神的な知恵、太陽としての主から発出する、また光として天界の中に見られる。

Divinum Verum est id Divinum, quod vocatur Spiritus sanctus; 神的な真理はその神性である、それは聖霊と呼ばれる。

id enim non modo procedit a Domino, sed etiam illustrat hominem, et docet illum, sicut de Spiritu sancto dicitur. というのは、それは主から発出するだけでなく、しかしまた人間を照らすから、また彼を教える、聖霊について言われるように。

Quoniam Verbum in descensu a Domino accommodatum factum est tribus caelis, et tres caeli conjuncti sunt sicut intima per media cum ultimis, ita quoque tres sensus Verbi, inde patet quod Verbum datum sit ut per illud conjunctio sit caelorum inter se, et quoque ut conjunctio sit caelorum cum genere humano, pro quo est sensus litterae, qui est mere naturalis, et inde basis reliquorum trium sensuum. 主からの降下の中のみことばは三つの天界に適合させられる、また三つの天界は中間のものと最外部のものによって最内部のものとのように結合されているので、そのようにみことばの三つの意味も、ここから明らかである、みことばが与えられていること、それによって互いに天界の結合があるように、そしてまた人類との天界の結合がある、その〔人類〕のために文字通りの意味がある、それは単に自然的である、またここから他の三つの意味の土台である。

Quod decem praecepta decalogi sint omnia Verbi in summa, non aliunde constare potest quam ex praeceptis illis quoad tres suos sensus, qui tales sunt. 十戒の十の戒めがみことばのすべてのものであることは、要約した形で、他の場所から明らかにすることができない、それらの戒め以外の、三つのその意味に関する、それらがそのようなものである。

 

(3) 訳文(『黙示録講解』1024)

 十戒の戒めが「十の言葉」または「十の戒め」と言われているのは、「十」によってすべてのものが意味されるからである、それゆえ、「十の言葉」によって、要約した形で、みことばのすべてのものが、またここから教会のすべてのものが意味される。要約した形で、みことばのすべてのものと教会のすべてのものがあるのは、十戒の個々のものに、そこに三つの内的な意味が内在し、それぞれの意味がその天界のためにあるからである、なぜなら、三つの天界があるから。第一の意味は道徳的な霊的な意味であり、これは第一の、すなわち、最外部の天界のためのものである。第二の意味は霊的な天的な意味であり、それは第二の、すなわち、中間の天界のためのものである。また第三の意味は天的な神性であり、それは第三の、すなわち、最内部の天界のためのものである。みことばの個々のものの中もまた、このように多くの意味がある。なぜなら、みことばは、最高のものの中にいる主から三つの天界を通って地にまで順に降ろされ、またここからそれぞれの天界に適合させられるから。それゆえ、みことばはそれぞれの天界の中に、それ自体の意味の中に、ほとんどどの天使のもとにもまたあり、また彼らから日々、読まれ、そしてまたそれらから地上のように説教が行なわれる。

 なぜなら、みことばは、太陽としての主から発出する神的な真理、このように神的な知恵そのものであり、また光として天界の中に見られるからである。神的な真理はその神性であり、それは聖霊と呼ばれる。というのは、それは主から発出するだけでなく、聖霊について言われるように、人間を照らし、教えるからである。主から降るみことばは、三つの天界に適合させられ、また三つの天界は中間のものと最外部のものによって最内部のものように、そのようにみことばの三つの意味も結合されているので、ここから、みことばが、それによって互いに天界の結合があるように、そしてまた人類との天界の結合があるように与えられていること、その〔人類〕のために単に自然的である文字通りの意味があり、またここから他の三つの意味の土台であることが明らかである。

 十戒の十の戒めが、要約した形で、みことばのすべてのものであることは、それらの戒めが三つの意味に関して、そのようなものであること以外の他のことから明らかにすることはできない。
author:yasubee, category:原典講読『宗教と生活』, 22:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『宗教と生活』 79     (ブログ掲載2011年8月5日)
 

DE DECIMO PRAECEPTO,

"NON CONCUPISCES (SEU APPETES) UXOREM SOCII TUI,

SERVUM AUT ANCILLAM EJUS, BOVEM AUT ASINUM EJUS."

第十戒について

「あなたの仲間の妻を欲しがってはならない
(または欲してはならない☆)

彼の男奴隷または()女奴隷、彼の牛または()ロバ」

 

ここにはカッコをつけて別語appetoが書かれていますが、へブル原典では第九戒と同じ言葉が使われていますので、これは無視してよいと思います。スヴェーデンボリはなぜこうしたのでしょうか。

なお、へブル原典には文章を区切る記号「サメク」がこの文の前に置かれており、へブル原典からもはっきりと第九戒と第十戒が「別の戒め」であることがわかります。

 

(1) 原文「1022番」

 79 DE DECIMO PRAECEPTO, "NON CONCUPISCES (SEU APPETES) UXOREM SOCII TUI, SERVUM AUT ANCILLAM EJUS, BOVEM AUT ASINUM EJUS."

 

Hae concupiscentiae sunt ad propria hominis, quia uxor, servus, ancilla, bos et asinus sunt intra domum ejus, et per illa quae intra domum hominis sunt, in sensu spirituali interno intelliguntur propria ejus; nempe, per "uxorem" affectio veri et boni spiritualis, per "servum" et "ancillam" affectio veri et boni rationalis spirituali inservientis, et per "bovem" et "asinum" affectio boni et veri naturalis; hae affectiones per illa significantur in Verbo: sed quia illas affectiones concupiscere et appetere, est velle et cupere subjicere hominem suae potestati, aut facere illum sui juris, inde sequitur quod per concupiscentias ad illas intelligantur concupiscentiae amoris sui, hoc est, amoris imperandi; sic enim propria socii facit sua.

Ex his nunc constat quod concupiscentia noni praecepti sit concupiscentia amoris mundi, et quod concupiscentiae hujus praecepti sint concupiscentiae amoris sui; nam, ut prius dictum est, omnes concupiscentiae sunt amoris, est enim amor qui cupit; et quia bini amores mali sunt, ad quos omnes concupiscentiae se referunt, nempe amor mundi et amor sui, sequitur quod concupiscentia noni praecepti se referat ad amorem mundi, et quod concupiscentiae hujus praecepti se referant ad amorem sui, in specie ad amorem imperandi. (Quod ex binis illis amoribus omnia mala et inde falsa scaturiant, videatur supra, n. 159, 171, 394, 506, 517, 650(d), 950, 951, 973, 982, 1010, 1016; et in Doctrina Novae Hiersolymae, n. 65-83.)


 

(2) 直訳

DE DECIMO PRAECEPTO, "NON CONCUPISCES (SEU APPETES) UXOREM SOCII TUI, SERVUM AUT ANCILLAM EJUS, BOVEM AUT ASINUM EJUS." 「あなたの仲間☆の妻を欲しがってはならない(または欲してはならない)、彼の男奴隷または()女奴隷、彼の牛または()ロバ」

ここに「仲間socius」とあり、直前の第九戒「隣人」と別語が使われています。へブル原典では同一語であるので、ここでもスヴェーデンボリはなぜ言葉を変えたのでしょうか、別の戒めであることを強調するためでしょうか、だとしたらやりすぎです。ここはへブル原典どおりに「隣人」でよいと思います。

Hae concupiscentiae sunt ad propria hominis, quia uxor, servus, ancilla, bos et asinus sunt intra domum ejus, et per illa quae intra domum hominis sunt, in sensu spirituali interno intelliguntur propria ejus; これらの(強い)望は人間のプロプリウム(固有のもの)へ向けてである、なぜなら、妻、男奴隷、女奴隷、牛とロバは彼の家の中にあり、それらによって、それらは人間の家の内にある、内なる霊的な意味で彼のプロプロウムが意味されるから。

nempe, per "uxorem" affectio veri et boni spiritualis, per "servum" et "ancillam" affectio veri et boni rationalis spirituali inservientis, et per "bovem" et "asinum" affectio boni et veri naturalis; すなわち、「妻」によって霊的な真理と善への情愛が、「男奴隷」と「女奴隷」によって霊的なものに仕える理性的な真理と善への情愛が、また「牛」と「ロバ」によって自然的な善と真理への情愛が〔意味される〕。

hae affectiones per illa significantur in Verbo: これらの情愛がそれらのものによってみことばの中で意味される。

sed quia illas affectiones concupiscere et appetere, est velle et cupere subjicere hominem suae potestati, aut facere illum sui juris, inde sequitur quod per concupiscentias ad illas intelligantur concupiscentiae amoris sui, hoc est, amoris imperandi; しかし、これらの情愛を欲しがること、また欲することは、人間を自分の力の下に置くこと(服従させること)欲し、望むことである、または彼を自分の権利のものにすること、ここから〜ということになる、それらへの(強い)望によって自己愛の(強い)望が意味されること、すなわち、支配する愛の〔(強い)望〕。

sic enim propria socii facit sua. というのは、このように仲間のプロプリウム(固有のもの)自分のものにするから。

Ex his nunc constat quod concupiscentia noni praecepti sit concupiscentia amoris mundi, et quod concupiscentiae hujus praecepti sint concupiscentiae amoris sui; そこでこれらから明らかである、第九の戒めの(強い)望が世俗愛の(強い)望であること、またこの戒めの(強い)望が自己愛の(強い)望であること。

nam, ut prius dictum est, omnes concupiscentiae sunt amoris, est enim amor qui cupit; なぜなら、前に言われたように、すべての(強い)望は愛のものであるから、というのは、愛であるから、それは望む。

et quia bini amores mali sunt, ad quos omnes concupiscentiae se referunt, nempe amor mundi et amor sui, sequitur quod concupiscentia noni praecepti se referat ad amorem mundi, et quod concupiscentiae hujus praecepti se referant ad amorem sui, in specie ad amorem imperandi. また、二つの悪の愛があり、それらにすべての(強い)望は関係するので、すなわち、世と自己への愛、〜ということになる、第九の戒めの(強い)望が世俗愛に関係すること、またこの戒めの(強い)望が自己愛に関係すること、特に、支配する愛に。

(Quod ex binis illis amoribus omnia mala et inde falsa scaturiant, videatur supra, n. 159, 171, 394, 506, 517, 650(d), 950, 951, 973, 982, 1010, 1016; et in Doctrina Novae Hiersolymae, n. 65-83.) (これらの二つの愛からすべての悪とそこからの虚偽がわき出ることは、上に見られる、159, 171, 394, 506, 517, 650(d), 950, 951, 973, 982, 1010, 1016番。また『新しいエルサレムの教え』の中に、65-83番☆。)

☆ 「自己と世への愛」の章です。

 

(3) 訳文(『黙示録講解』1021)

 「あなたの隣人の妻 、彼の男奴隷または女奴隷、彼の牛またはロバを欲しがってはならない」

 これらは人間のプロプリウムへ向かう望である、なぜなら、妻、男奴隷、女奴隷、牛とロバは彼の家の中にあり、人間の家の内にあるそれらによって、内なる霊的な意味で彼のプロプロウムが意味されるから。すなわち、「妻」によって霊的な真理と善への情愛が、「男奴隷」と「女奴隷」によって霊的なものに仕える理性的な真理と善への情愛が、また「牛」と「ロバ」によって自然的な善と真理への情愛が、それらのものによって、これらの情愛が、みことばの中で意味される。しかし、これらの情愛を欲しがること、また欲することは、人間を自分の力に、または自分の権限に服従させることを欲し、望むことであり、ここから、それらへの望によって自己愛の望、すなわち、支配する愛の望が意味されることがいえる。というのは、このようにして隣人のプロプリウム(固有のもの)自分のものにするから。

そこでこれらから、第九の戒めの望が世俗愛の望であること、またこの〔第十の〕戒めの望が自己愛の望であることが明らかである。なぜなら、前に言われたように、すべての望は愛のものであるから、というのは、望むもの〔その主体〕とは愛であるから。また、二つの悪の愛、すなわち、世と自己への愛があり、それらにすべての望は関係するので、第九戒の望が世俗愛に関係し、またこの〔第十の〕戒めの望が自己愛に、特に、支配する愛に関係することがいえる。

(これらの二つの愛からすべての悪とそこからの虚偽がわき出ることは、前の159, 171, 394, 506, 517, 650(d), 950, 951, 973, 982, 1010, 1016番に、また『新しいエルサレムの教え』の中に、65-83番見られる。)

author:yasubee, category:原典講読『宗教と生活』, 23:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『宗教と生活』 78     (ブログ掲載2011年8月4日)
 

DE NONO PRAECEPTO,

"NON CONCUPISCES DOMUM PROXIMI."

第九戒について

「隣人の家を欲しがってはならない」

 

(1) 原文「1021番」

 78 HIC DE NONO PRAECEPTO, "NON CONCUPISCES DOMUM PROXIMI."

 

Sunt duo amores ex quibus omnes concupiscentiae, sicut rivi a suis fontibus scaturiunt et perenniter emanant; illi amores vocantur amor mundi, et amor sui. Concupiscentia est amor continue volens; nam quod homo amat, hoc continue cupit; sed concupiscentiae sunt amoris mali, at desideria et affectiones sunt amoris boni. Nunc quia amor mundi et amor sui sunt fontes omnium concupiscentiarum, et omnes concupiscentiae malae in his binis ultimis praeceptis prohibentur, sequitur quod nonum praeceptum prohibeat concupiscentias ex amore mundi profluentes, ac decimum praeceptum concupiscentias ex amore sui. Per "non concupiscere domum proximi" intelligitur non concupiscere ejus bona, quae in genere sunt possessiones et opes, et illas per malas artes sibi appropriare: haec concupiscentia est amoris mundi.

 

(2) 直訳

HIC DE NONO PRAECEPTO, "NON CONCUPISCES DOMUM PROXIMI." ここに第九戒について、「隣人の家を欲しがってはならない」

Sunt duo amores ex quibus omnes concupiscentiae, sicut rivi a suis fontibus scaturiunt et perenniter emanant; 二つの愛がある、それらからすべての(強い)欲望が、流れのようにその泉からわき出る、また永久に流れ出る。

illi amores vocantur amor mundi, et amor sui. それらの愛は世俗愛(世への愛)と呼ばれる、また自己愛(自己への愛)

「世俗愛と自己愛」という訳語について:直訳は「世()の愛」と「自己()愛」です。それぞれ属格ですが、これは「目的格属格」といわれるものであり、「世を愛する」、「自己を愛する」という意味です。また、スヴェーデンボリ神学の中で、ここのように特別な意味合いがあるので「用語・術語」としてある程度、普通の言葉とは異なる言葉を用いる方がよいと思います。それで「世俗愛」また「自己愛」としています。

Concupiscentia est amor continue volens; (強い)欲望は絶えず欲する愛である。

nam quod homo amat, hoc continue cupit; なぜなら、人間が愛するもの、これを絶えず望むから。

sed concupiscentiae sunt amoris mali, at desideria et affectiones sunt amoris boni. しかし、(強い)欲望は悪の愛のものである、しかし、願い(願望)と情愛は善の愛のものである。

Nunc quia amor mundi et amor sui sunt fontes omnium concupiscentiarum, et omnes concupiscentiae malae in his binis ultimis praeceptis prohibentur, sequitur quod nonum praeceptum prohibeat concupiscentias ex amore mundi profluentes, ac decimum praeceptum concupiscentias ex amore sui. そこで(さて)、世俗愛と自己愛がすべての(強い)欲望の泉(源泉)であるので、またすべての悪の(強い)欲望がこれらの二つの最後の戒めの中で禁じられている、〜ということになる、第九の戒めが世俗愛から流れ出る(強い)欲望を禁じる、そして第十の戒めが自己愛からの(強い)欲望を〔禁じる〕☆

このことについて「雑論」を述べます。

Per "non concupiscere domum proximi" intelligitur non concupiscere ejus bona, quae in genere sunt possessiones et opes, et illas per malas artes sibi appropriare: 「隣人の家をほしがってはならない」によって彼の財産を欲しがることが意味される、それは全般的に所有物と富である、またそれらを悪い策略(たくらみ)によって自分自身に専有する(自分のものにする)と。

haec concupiscentia est amoris mundi. この(強い)欲望が世俗愛である。

 

(3) 訳文(『黙示録講解』1021)

ここに第九戒について、「隣人の家を欲しがってはならない」

 

泉からわき出て、永久に流れ出る流れのような、すべての欲望のもととなる二つの愛がある。それらの愛は世俗愛、また自己愛と呼ばれる。その欲望は絶えず欲する愛である。なぜなら、人間が愛するものを絶えず望むから。しかし、その欲望は悪の愛のものであるが、願望と情愛は善の愛のものである。

さて、世俗愛と自己愛がすべての欲望の源泉であり、またすべての悪の欲望がこれらの二つの最後の戒めの中で禁じられているので、第九の戒めが世俗愛から流れ出る欲望を禁じ、そして第十戒めが自己愛からの欲望を禁じていることがいえる。「隣人の家をほしがってはならない」によって、全般的に所有物と富である彼の財産を欲しがること、またそれらを悪い策略によって自分自身に専有するとが意味される。この欲望が世俗愛である。

 

(4) 雑論:「十の戒め」について、その分類など、また第四戒について

 十戒について、その分類について異論がある。すなわち、どの戒めが「第〜戒」に相当するか、である。スヴェーデンボリが第九、第十戒とするこの戒めは、大部分の教派では第十戒としてひとくくりにされている。確かに、見たところ第十戒は第九戒をもう一度詳しく述べたもの、悪く言えば、繰り返しのようである。「隣人の家を欲しがるな」(第九)、それに続けて「隣人の妻…を欲しがるな(第十)となっているからである。

 それでも、ここのスヴェーデンボリの説明からは、「世俗愛」への戒めが第九、「自己愛」への戒めが第十であるとわかる。ならば、戒めとして分離すべきであろう。

 なお、この分離基準はアウグスティヌスによるもので、それ以後ローマ・カトリック教会もそうしている(スヴェーデンボリがこれに習ったと言えなくもないが)、またルターもこの分類を支持している(ユダヤ教、ギリシヤ正教、改革派は一つとしている)

 普通に見れば、ひとくくりにしてしまいそうであるが、内意からは別ものであるとわかる。ここがスヴェーデンボリの解説のありがたいところである、と思う。

 この講座ではこの後、少しだけであるが十戒の戒め全般について学ぶ。その「十」を眺めると興味深い。全体の構成は「3+1+6」である。最初の三つが神について、第四戒が「父母を敬え」、残り六つが人間に対する禁止命令「〜ならない」である。そしてその六つには「理由がない」。すなわち、前半の四つには「〜からである」といった「理由」がついている。

ここで理由として「父母を敬え」を考えてみる。それは「主が与えようとされている地で、あなたの齢が長くなるためである」。私は「地」とは「この世の生活」、「齢が長くなる」は「繁栄する」ことだと思う。人生とは何か、私なりに見て来た。孤独死する人もいる、家族に囲まれ、喜ばしい生活を送る者がいる。その違いは何だろう? 結局は「父母を敬うか、どうか」ではなかろうか、と思う。(単なる親孝行とは違うと思うが)「父母を敬う」ような心を持った人が結局「繁栄する」のではなかろうか、父母をないがしろにして、その恩を何も感じずにいたら、幸福が根源から失われる気がする。

 スヴェーデンボリはこの第四戒を「神について」と「人間について」の戒めを結合するもととしている。なるほどそのように思える。内意ではもちろん「父」が主であり、「母」が教会であるが、そうでなくても、その後に理由なしで続く「〜してはならない」へ接続させる戒めとしてふさわしいと思う。

author:yasubee, category:原典講読『宗教と生活』, 23:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『宗教と生活』 76, 77     (ブログ掲載2011年8月3日)
 

PRAECEPTI OCTAVI DECALOGI,

"NON ERIS FALSUS TESTIS."

十戒の第八戒の

「あなたは偽りの証人であってはならない」

 

(1) 原文「1019番」

  7  Sequitur nunc explicatio

 

PRAECEPTI OCTAVI DECALOGI, "NON ERIS FALSUS TESTIS."

 

Per "false testari" in sensu proximo significatur mentiri in proximum, vituperando illum falso; in sensu autem interno significatur justum dicere injustum ac injustum dicere justum, confirmando illud per falsa; et in sensu intimo significatur verum et bonum Verbi falsificare, ac vicissim falsum doctrinae verificare, confirmando per fallacias, apparentias, figmenta, scientifica false applicata, sophistica, et similia: ipsae confirmationes et inde persuasiones sunt falsa testimonia, nam sunt falsae testificationes. Inde constare potest quod non modo testis falsus coram judice hic intelligatur, sed etiam ipse judex qui justum facit injustum, et vice versa, pervertendo jus, nam is aeque agit testem falsum sicut ipse testis: similiter omnis homo qui facit ut rectum appareat curvum, ac ut curvum appareat rectum: similiter antistes qui verum Verbi falsificat, et bonum ejus pervertit. Verbo, omnis falsificatio veri, tam spiritualis quam moralis et civilis, quae fit ex corde malo, est falsum testimonium.

 

(2) 直訳

Sequitur nunc explicatio PRAECEPTI OCTAVI DECALOGI, "NON ERIS FALSUS TESTIS." そこで(今から)解説(説明)が続けられる、十戒の第八戒の「あなたは偽りの証人であってはならない」。

Per "false testari" in sensu proximo significatur mentiri in proximum, vituperando illum falso; 「偽って証言すること」によって、最も近い意味の中で隣人にうそをつく(偽る)ことが意味される、彼を虚偽で侮辱して。

in sensu autem interno significatur justum dicere injustum ac injustum dicere justum, confirmando illud per falsa; けれども、内なる意味の中で正しいもの(公正、ほんとう)を不正(不公平)と言うこと、そして不正を正当と言うことが意味される。

et in sensu intimo significatur verum et bonum Verbi falsificare, ac vicissim falsum doctrinae verificare, confirmando per fallacias, apparentias, figmenta, scientifica false applicata, sophistica, et similia: また最も内なる意味の中で、みことばの真理と善を虚偽化することが意味される、そして逆に教えの虚偽を真理とすること、欺き(ごまかし)、外観(見かけ)、作りごと(虚構)、誤って適用した事実(記憶知)、詭弁(屁理屈)また同様のものによって確信して。

ipsae confirmationes et inde persuasiones sunt falsa testimonia, nam sunt falsae testificationes. 〔これらからの〕確信そのものとそこからの説得が偽りの証言(証人)である。

Inde constare potest quod non modo testis falsus coram judice hic intelligatur, sed etiam ipse judex qui justum facit injustum, et vice versa, pervertendo jus, nam is aeque agit testem falsum sicut ipse testis: ここから明らかにすることができる、裁判官の前の偽りの証人だけが意味されないこと、しかし裁判官のそのものもまた〔意味される〕、その者は正しいものを不正なものにする、また逆に☆、法律をねじまげて、なぜなら、彼も等しく偽りの証人を演じる(〔役割を〕果たす)ら、証人自身のように。

vice virsaで「逆に」という意味です。直訳は「逆転(その)代わりに」。

similiter omnis homo qui facit ut rectum appareat curvum, ac ut curvum appareat rectum: 同様にすべての人間、真っ直ぐなもの(正直者)を曲がったもの☆(不正な者)に見えるようにする者、そして曲がったものを真っ直ぐなものに見えるように。

ここの形容詞curvumがチャドウィックの『レキシコン』にありませんでした。同レキシコンは現在脱稿しています。すなわち、印刷所に回してあります。9月上旬あたりで出版となります。もちろんスヴェーデンボリ出版からです。それで、たった今、原稿修正の連絡を入れました。このような修正が、出版ぎりぎりまで続くと思います。なお、予定価格は2万円程度です。これを高いと見るか安いと見るかは、あなたの考え次第(私見:超廉価)。よかったら連絡を下さい。部数について多少考慮しています(品切れの場合、そんなことは当分ないでしょうが、オンデマンドによる追加注文で2万5千円以上となります)。なお、rectumに「正直な」、curvumに「不正な」という意味があるので、「正直者」、「不正な者」と訳すことも十分可能であり、迷いますが、一般的な議論として置くほうがよいでしょう。

similiter antistes qui verum Verbi falsificat, et bonum ejus pervertit. 同様に高位聖職(指導者)、みことばの真理を偽る(虚偽化する)、またその善を曲げる(悪用する)

Verbo, omnis falsificatio veri, tam spiritualis quam moralis et civilis, quae fit ex corde malo, est falsum testimonium. 一言でいえば、真理のすべての曲解(偽造)は、霊的なものも道徳的で市民的なものも、それが悪の心から行なわれる、偽りの証言(証人)である。

 

(3) 訳文(『黙示録講解』1019)

 今から十戒の第八戒の「あなたは偽りの証人であってはならない」の解説が続けられる。

 「偽って証言すること」によって、最も近い意味では、虚偽で侮辱して隣人にうそをつくことが意味される。けれども、内なる意味では、正しいものを不正と言い、不正を正当と言うことが意味される。また最も内なる意味では、欺き(ごまかし)、外観(見かけ)、作りごと(虚構)、誤って適用した事実(記憶知)、詭弁(屁理屈)また同様のものによって確信して、みことばの真理と善を虚偽化すること、また逆に、教えの虚偽を真理とすることが意味される。〔これらからの〕確信そのものとそこからの説得が偽りの証言(証人)である。ここから、裁判官の前の偽りの証人だけでなく、法律をねじまげて正しいものを不正なものに、またその逆にする裁判官のそのものもまた意味されることを明らかにすることができる、なぜなら、彼も証人自身と等しく偽りの証人を演じるら。真っ直ぐなものを曲がったものに見えるように、そして曲がったものを真っ直ぐなものに見えるようにするすべての者も同様である。みことばの真理を虚偽化し、その善を曲げる高位聖職者も同様である。

 一言でいえば、霊的なものも道徳的で市民的なものも、真理のすべての曲解は、それが悪の心から行なわれるなら、偽りの証言(証人)である。

 

(1) 原文「1020番」

 77 Quando homo a testimoniis falsis in sensu morali et spirituali intellectis abstinet, et illa ut peccata fugit et aversatur tunc a Domino per caelum influit amor veritatis et amor justitiae; et cum homo inde amat veritatem et amat justitiam, tunc amat Dominum, nam Dominus est ipsa veritas et ipsa justitia; et cum homo amat veritatem et justitiam, tunc dici potest quod veritas et justitia illum ament, quia Dominus; inde sermones ejus fiunt sermones veritatis, et opera ejus fiunt opera justitiae.

 

(2) 直訳

Quando homo a testimoniis falsis in sensu morali et spirituali intellectis abstinet, et illa ut peccata fugit et aversatur tunc a Domino per caelum influit amor veritatis et amor justitiae; 人間が、道徳的なまた霊的な意味で理解される偽りの証言をやめる(慎む)時、またそれらを罪として避け、離れる、その時主から天界を通って真理への愛と公正への愛が流入する。

et cum homo inde amat veritatem et amat justitiam, tunc amat Dominum, nam Dominus est ipsa veritas et ipsa justitia; また、人間がここから真理を愛し、公正を愛するとき、その時、主を愛する、なぜなら、主は真理そのものと公正そのものであるから。

et cum homo amat veritatem et justitiam, tunc dici potest quod veritas et justitia illum ament, quia Dominus; また、人間が真理と公正を愛するとき、その時、言われることができる、真理と公正は彼を愛すること、主〔が愛する〕ので。

inde sermones ejus fiunt sermones veritatis, et opera ejus fiunt opera justitiae. ここから彼の談話(説教)は真理の談話(説教)となる、また彼の働きは公正の働きとなる。

 

(3) 訳文(『黙示録講解』1020)

 人間が、道徳的なまた霊的な意味で理解される偽りの証言を慎む時、またそれらを罪として避け、離れる時、主から天界を通って真理への愛と公正への愛が流入する。また、人間がここから真理を愛し、公正を愛する時、主を愛する、なぜなら、主は真理そのものと公正そのものであるから。また、人間が真理と公正を愛する時、真理と公正は彼を愛する、と言われることができる、主〔が愛する〕からである。ここから彼の話しは真理の話しとなり、また彼の働きは公正の働きとなる。

author:yasubee, category:原典講読『宗教と生活』, 23:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『宗教と生活』 74, 75
 

(1) 原文「1016番」

 74 Quoniam odium est ignis infernalis, patet quod id removendum sit, antequam amor, qui est ignis caelestis, potest influere, et per lucem a se vivificare hominem; et infernalis ille ignis nullatenus removeri potest, nisi homo sciat unde odium, et quid odium, et postea id aversetur et fugiat. Unicuique homini ex hereditate est odium contra proximum; nam omnis homo in amorem sui et mundi nascitur; quare odium capit, et ex illo ignescit contra omnes qui non unum cum illo faciunt et ei favent, imprimis qui ejus concupiscentiis obstant; nemo enim potest se super omnia amare, et simul amare Dominum; et nemo potest mundum super omnia amare et simul amare proximum; quia nemo potest duobus dominis simul servire, quin unum contemnat et odio habeat, alterum honoret et amet. Odium est imprimis apud illos qui in amore imperandi super omnes sunt; apud reliquos est inimicitia.

Dicetur etiam quid odium. Odium in se habet ignem, qui est conatus occidendi hominem; ignis ille manifestatur per iram: datur quasi odium et inde ira apud bonos contra malum, at non est odium sed aversatio pro malo, nec est ira sed est zelus pro bono, in quibus intus latet ignis caelestis; nam aversantur malum, et quasi irascuntur proximo, ut malum removeant, et sic bono proximi consulant.

 

(2) 直訳

Quoniam odium est ignis infernalis, patet quod id removendum sit, antequam amor, qui est ignis caelestis, potest influere, et per lucem a se vivificare hominem; 憎しみは地獄の火であるので、それは遠ざけられなくてはならないことが明らかである、愛が、それは天界の火である、流入することができる前に、またそれ自体の光によって人間を生き生きとさせること。

et infernalis ille ignis nullatenus removeri potest, nisi homo sciat unde odium, et quid odium, et postea id aversetur et fugiat. またこの憎しみの火は決して遠ざけられることができない、人間が知らないなら、どこから憎しみが、また何が憎しみか、またその後、それを退け、避ける。

Unicuique homini ex hereditate est odium contra proximum; それぞれの人間に遺伝から隣人に対する憎しみがある。

nam omnis homo in amorem sui et mundi nascitur; なぜなら、すべての人間は自己と世への愛の中に生まれているから。

quare odium capit, et ex illo ignescit contra omnes qui non unum cum illo faciunt et ei favent, imprimis qui ejus concupiscentiis obstant; それゆえ、憎しみを得ている、またそれ〔憎しみ〕からすべての者に対して火がつく、彼と一緒にならない者、また彼に好意を持つ、特に、彼の欲望を妨害する(じゃまする)者。

nemo enim potest se super omnia amare, et simul amare Dominum; というのは、だれも自分自身をすべての者にまさって愛することができないから、また同時に主を愛すること。

et nemo potest mundum super omnia amare et simul amare proximum; また、だれも世をすべてのものにまさって愛することができない、また同時に隣人を愛すること。

quia nemo potest duobus dominis simul servire, quin unum contemnat et odio habeat, alterum honoret et amet. だれも二人の主人に同時に仕えることができないからである、ある者を軽蔑する、また憎む、もう一人の者を尊敬する、また愛する〔こと〕なしに。

Odium est imprimis apud illos qui in amore imperandi super omnes sunt; 憎しみは特に彼らのもとにある、すべての者の上に支配する愛の中にいる者。

apud reliquos est inimicitia. 他の者のもとで、敵意である。

Dicetur etiam quid odium. 何が憎しみかもまた言われる。

Odium in se habet ignem, qui est conatus occidendi hominem; 憎しみは本質的に(それ自体の中に)火を持っている、それは人間を殺すコナトゥス(努力)である。

ignis ille manifestatur per iram: その火は怒りによって明らかにされる。

datur quasi odium et inde ira apud bonos contra malum, at non est odium sed aversatio pro malo, nec est ira sed est zelus pro bono, in quibus intus latet ignis caelestis; 善い者のもとにいわば悪☆に対する憎しみとそこからの怒りが存在する、しかし、憎しみでなく、(しかし、)悪のための反感である、また怒りでもなく、(しかし、)善のための熱意である、それらの中に天界の火が隠れている。

この「悪」は「悪い者」の訳も十分考えられます。どちらとするかは文脈に、また訳者の論理(読解力)よります。すなわち、男性(の実詞)ととらえれば「悪い者」であり、中性(の実詞)ととらえれば「悪」であり、両者とも語形は同じだからです。それでも、どちらとは決めつけないで両方の意味を含んでいると思って読むのがよいと思います。これはvitaに「いのち」と「生活」の意味があるのとほぼ共通です。vitaの場合、心の中にあるときが「いのち」、それが外面に出るとき「生活」です。malusも抽象的に(心で)とらえれば「悪」、その悪を実行する(外面に出した)者が「悪い者」であり、その両方の意味があり、どうとらえるか、とらえ方の問題ということです。

nam aversantur malum, et quasi irascuntur proximo, ut malum removeant, et sic bono proximi consulant. なぜなら、悪☆を退ける、またいわば隣人☆を怒るから、悪を遠ざけるために、またこのように隣人に()思いやる。

実は訳していて、ここに「悪」がでてきて、その後ろに「隣人」があり、これと対比させれば、ここは「悪い者」が文脈からは正しくなります。それで、直前の文の「悪」をいったんは「悪」としたのですが、ここは「悪い者」が正しいな、と思いました。しかし、ここの文がなければその前の文は「悪」のままで十分に通用します。それで、直さずに、注釈としたのでした。

 

(3) 訳文(『黙示録講解』1016)

74 憎しみは地獄の火であるので、それは、天界の火である愛がそれ自体の光によって人間を生き生きとさせ、流入することができる前に、遠ざけられなくてはならないことが明らかである。またこの憎しみの火は、憎しみがどこから、また憎しみとは何か、人間が知らないなら、またその後、それを退け、避けないなら、決して遠ざけられることができない。

 それぞれの人間に遺伝から隣人に対する憎しみがある。なぜなら、すべての人間は自己と世への愛の中に生まれているから。それゆえ、憎しみを得ており、またその憎しみから、彼と一緒に、また彼に好意を持たない者、特に、彼の欲望をじゃまするすべての者に対して火がつく。というのは、だれも自分自身をすべての者にまさって愛し、また同時に主を愛することができないし、また、だれも世をすべてのものにまさって愛し、また同時に隣人を愛することができないから。だれも、ある者を軽蔑し、憎み、もう一人の者を尊敬し、愛さないで、二人の主人に同時に仕えることができないからである。憎しみは特に、すべての者を支配する愛の中にいる者のもとにある。他の者のもとでは、敵意である。

 憎しみとは何かもまた言われる。憎しみはそれ自体の中に火を持っており、それは人間を殺すコナトゥス(努力)である。その火は怒りによって明らかにされる。善い者のもとにいわば悪(い者)に対する憎しみとそこからの怒りが存在するが、しかし、憎しみでなく、悪のための反感であり、また怒りでもなく、善のための熱意であり、それらの中に天界の火が隠れている。なぜなら、悪を遠ざけ、このように隣人思いやるために、悪(い者)退け、いわば隣人に怒るから。

 

(1) 原文「1017番」

 75 Quando homo abstinet ab odio, ac illud ut diabolicum aversatur et fugit, tunc influit per caelum a Domino amor, charitas, misericordia et clementia, et tunc primum opera quae facit sunt opera amoris et charitatis: opera quae prius fecerat, utcunque bona in externa forma apparuerint, fuerunt omnia opera amoris sui et mundi, in quibus latuit odium si non propterea remunerarentur. Quamdiu odium non remotum est, tamdiu homo est mere naturalis, et homo mere naturalis in omni malo hereditario manet, nec potest spiritualis fieri, antequam odium cum sua radice, quae est amor imperandi super omnes, remotum est; ignis enim caeli, qui est amor spiritualis, non potest influere, quamdiu ignis inferni, qui est odium, obstat et praecludit.

 

(2) 直訳

Quando homo abstinet ab odio, ac illud ut diabolicum aversatur et fugit, tunc influit per caelum a Domino amor, charitas, misericordia et clementia, et tunc primum opera quae facit sunt opera amoris et charitatis: 人間が憎しみをやめ(慎む)時、そしてそれを悪魔として退ける、また避ける、その時、主からの愛が天界を通して流入する、仁愛、慈悲、また慈悲深さ(柔和)、またその時、初めて働きは、それを行なう、愛と仁愛の働きである。

opera quae prius fecerat, utcunque bona in externa forma apparuerint, fuerunt omnia opera amoris sui et mundi, in quibus latuit odium si non propterea remunerarentur. 働きは、それを以前に行なった、どれほど善に外なる形の中で見えても、すべてのものは自己と世への愛の働きであった、それらの中に、憎しみが隠れていた、もしこの〔働きの〕ために報いられなかったなら。

Quamdiu odium non remotum est, tamdiu homo est mere naturalis, et homo mere naturalis in omni malo hereditario manet, nec potest spiritualis fieri, antequam odium cum sua radice, quae est amor imperandi super omnes, remotum est; 憎しみが遠ざけられないかぎり、それだけ長い間、人間は単に自然的である、また単に自然的な人間は遺伝のすべての悪の中にとどまる、霊的になることもできない、憎しみがその根とともに、それはすべての者の上に支配する愛である、遠ざけられない前に。

ignis enim caeli, qui est amor spiritualis, non potest influere, quamdiu ignis inferni, qui est odium, obstat et praecludit. というのは、天界の火は、それは霊的な愛である、流入することができないから、地獄の火が、それは憎しみである、妨害する(じゃまする)また閉ざすかぎり。

 

(3) 訳文(『黙示録講解』1017)

75 人間が憎しみを慎み、そしてそれを悪魔として退け、避ける、その時、主からの愛、仁愛、哀れみ、また慈悲深さが天界を通して流入し、またその時に初めて、行なう働きは愛と仁愛の働きである。以前に行なった働きは、どれほど善に外なる形の中で見えても、それらの中に、もしこの働きが報いられないなら、憎しみが隠れてをり、すべてのものは自己と世への愛の働きである。憎しみが遠ざけられないかぎり、それだけ長い間、人間は単に自然的であり、また単に自然的な人間は遺伝のすべての悪の中にとどまり、すべての者を支配する愛である憎しみがその根とともに、遠ざけられない前には、霊的になることもできない。というのは、霊的な愛である天界の火は、憎しみである地獄の火がじゃまし、閉ざすかぎり、流入することができないから。

author:yasubee, category:原典講読『宗教と生活』, 01:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark