RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『驚くべきこと』 379

(1) 原文「2893番」

379(2893). Mirati valde sunt spiritus boni, quod homo Ecclesiae hodie non credat quod omnia mala et falsa apud illum influant ab inferno, et quod omnia bona et vera a Domino, cum tamen hoc novit ex Verbo, et quoque ex doctrina fidei; et quisque dicit cum aliquis grande malum fecerit, quod se duci passus sit {1}a diabolo’, et cum aliquis bonum egerit, quod se duci passus sit a Domino.

 @1 A d ab inferno, i a diabolo.

 

(2) 直訳

379(2893). Mirati valde sunt spiritus boni, quod homo Ecclesiae hodie non credat quod omnia mala et falsa apud illum influant ab inferno, et quod omnia bona et vera a Domino, cum tamen hoc novit ex Verbo, et quoque ex doctrina fidei; 379(2893) 善霊たちは強く怪しんだ(驚いた)、今日の教会の人間が信じないこと、彼のもとのすべての悪と虚偽は地獄から流入すること、またすべての善と真理は主から、そのときそれでもこのことをみことばから知っている、そしてまた信仰の教えから。

et quisque dicit cum aliquis grande malum fecerit, quod se duci passus sit {1}a diabolo’, et cum aliquis bonum egerit, quod se duci passus sit a Domino. まただれもが言う、ある者が大きな悪を行なったとき、悪魔から導かれることを自分に被ったこと(〜ままにさせた、許した)こと、またある者が善をした(果たした)とき、主から導かれることを自分に被ったこと(〜ままにさせた、許した)こと。

@1 A d ab inferno, i a diabolo. 注1 原稿の ab inferno を削除し、a diabolo を補うとよい。

 

(3) 訳文

379(2893) 善霊たちは、今日の教会の人間が、彼のもとのすべての悪と虚偽は地獄から、またすべての善と真理は主から流入することを信じないことに、そのときそれでもこのことをみことばから、そしてまた信仰の教えから知っていることに、強く怪しんだ。まただれもが、ある者が大きな悪を行なったとき、悪魔から導かれるままにさせたこと、またある者が善をなしとき、主から導かれるままにした、と言っている。〔それなのに信じないことをいぶかった〕

 

◎『天界の秘義』の中の「驚くべきこと」として、あと二つ「仁愛の教え」と「惑星の霊たち」がありますが、これは後回しして時間があったら取り組みたいと思っています。いったん、ここで『天界の秘義』のうちの「驚くべきこと」を終えます。なお、『天界の秘義』の全部を訳すことは私の人生の残り時間を考える時、無理だと思っています。

 さて、『霊界体験記』も考えましたが、次回からは『啓示された黙示録』にします。

本書の原典訳は本邦初となるので、貴重であり、必要でしょう。ただ、大著なのでいつまでかかるか見当が付きません。なお、私になお原典直訳の時間が与えられたなら、その最終目標は『霊界体験記』です。

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 00:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 378

(1) 原文「2892番」

378(2892). Qui in bono vivit, et credit quod Dominus regat universum, et quod ab Ipso solo omne bonum quod est amoris et charitatis, et omne verum quod est fidei, immo quod ab Ipso vita, ita quod `ab Ipso vivamus, moveamur, et simus,' is in tali statu est ut donari possit libero caelesti, et cum hoc etiam pace, nam tunc unice {1}fidit Domino, et curat cetera nihil, {2}et certus est quod tunc omnia ad ejus bonum, beatum et felix in aeternum, tendant. At qui credit semet ipsum regere, is continue inquietatur, fertur in cupiditates, in sollicitudines de futuris, et sic in multiplices anxietates; et quia ita credit, etiam cupiditates mali et persuasiones falsi ei adhaerent.

 @1 fidet AI @2 nam

 

(2) 直訳

378(2892). Qui in bono vivit, et credit quod Dominus regat universum, et quod ab Ipso solo omne bonum quod est amoris et charitatis, et omne verum quod est fidei, immo quod ab Ipso vita, ita quod `ab Ipso vivamus, moveamur, et simus,' is in tali statu est ut donari possit libero caelesti, et cum hoc etiam pace, nam tunc unice {1}fidit Domino, et curat cetera nihil, {2}et certus est quod tunc omnia ad ejus bonum, beatum et felix in aeternum, tendant. 378(2892) 善の中に生きる、また主は全世界と支配していること、またその方だけからすべての善、それは愛と仁愛のものである、またすべての真理、それは信仰のものである、それどころかその方からいのち〔がある〕こと、そのように「その方から私たちは生きる、私たちは動かされる、また私たちは存在する」ことを信じる者は、彼はこのような状態の中にいる、天界的な自由を与えられることができるような、またこれとともに平和もまた、なぜなら、その時、もっぱら主を信頼しているからである、また他のものを何も気にかけない(心配しない)、また確実である(確信している)その時、すべてのものは彼の善、至福、また幸福へ向けて永遠に、伸びる(向かう)と。

At qui credit semet ipsum regere, is continue inquietatur, fertur in cupiditates, in sollicitudines de futuris, et sic in multiplices anxietates; しかし、自分自身だけ☆を信じる者は、その者(自分そのもの)を支配していること、彼は絶えず乱される(不安にされる)、欲望の中に、また将来についての心配(懸念)の中に、またこのように種々の不安の中に運ばれる(駆り立てられる)

-metは強意の接尾辞。

et quia ita credit, etiam cupiditates mali et persuasiones falsi ei adhaerent. またそのように信じているので、悪の欲望と虚偽の信念が彼にぺったりくっついている(付着している)

@1 fidet AI 注1 原稿と初版はfidetである。

@2 nam 注2 nametに変えた。

 

(3) 訳文

378(2892) 善の中に生き、主は全世界と支配していること、またその方だけから、愛と仁愛のものであるすべての善、また信仰のものであるすべての真理、それどころかその方からいのちがあること、そのように「その方から私たちは生きる、働く、存在する」ことを信じる者は、天界的な自由を、またこれとともに平和もまた与えられることができるような、このような状態の中にいる、なぜなら、その時、もっぱら主を信頼している、また他のものを何も心配しない、またその時、すべてのものは彼の善、至福、また幸福へ永遠に向かうことを確信しているからである。

 しかし、自分自身だけが自分を支配していると信じる者は、絶えず不安にされ、欲望の中に、また将来についての心配に、またこのように種々の不安に駆り立てられる。またそのように信じているので、悪の欲望と虚偽の信念が彼に付着している

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 00:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 377

(1) 原文「2891番」

377(2891). Spiritus recentes maximopere se torquent, quomodo capiant quod nemo possit facere bonum a se, nec cogitare verum a se, sed a Domino, credentes quod sic forent sicut machinae nullius rei compotes, et si ita, quod remitterent manus et paterentur se agi: sed illis dicitur quod omnino debeant cogitare, velle, et facere bonum a se, et quod aliter non habere possent proprium caeleste, et liberum caeleste; sed usque agnoscere quod bonum et verum non sit ab iis sed a Domino; et instruuntur quod in tali agnitione, immo in perceptione quod ita sit, omnes angeli sint; et quo exquisitius percipiunt se duci a Domino, et sic esse in Domino, quod eo magis in libero sint.

 

(2) 直訳

377(2891). Spiritus recentes maximopere se torquent, quomodo capiant quod nemo possit facere bonum a se, nec cogitare verum a se, sed a Domino, credentes quod sic forent sicut machinae nullius rei compotes, et si ita, quod remitterent manus et paterentur se agi: 377(2891) 新しく来た霊たちは最大に自分自身を苦しめる(悩ます)、どのように把握するか、だれも自分自身からは善を行なうことができないこと、自分自身から真理を考えることも〔でき〕ない、しかし、主から、信じて、このように機械になるなら物事を何も支配していない、またもしそのようなもの〔なら〕、手はゆるむ、また〔他から〕働きかけられることを自分自身に被る(〜ままにさる、許す)こと。

sed illis dicitur quod omnino debeant cogitare, velle, et facere bonum a se, et quod aliter non habere possent proprium caeleste, et liberum caeleste; しかし、彼らに言われる、すべての点で(まったく)、自分自身から考えること、意志すること、また善を行なうことをすべきであること、また〔これと〕異なって天界的なプロプリウム(固有のもの)を、また天界的な自由を持つことができないこと。

sed usque agnoscere quod bonum et verum non sit ab iis sed a Domino; しかし、それでも認めること(〜すべきである)善と真理は彼らからでない、しかし主からであること。

et instruuntur quod in tali agnitione, immo in perceptione quod ita sit, omnes angeli sint; また教えられる、そのような認知(承認)中に、それどころか知覚の中に、そのようであること、すべての天使はいる。

et quo exquisitius percipiunt se duci a Domino, et sic esse in Domino, quod eo magis in libero sint. また自分自身が主から導かれることを、またこのように主の中にいることを敏感に知覚すればするほど、ますますさらに自由の中にいること。

quo...eo~ の相関文です「…であればあるほど、ますます〜」。

 

(3) 訳文

377(2891) 新しく来た霊たちは、だれも自分自身からは善を行なうこと、自分自身から真理を考えることもできない、しかし、主からであり、このように物事を何も支配していない機械になるなら、またもしそのようなものなら、手はゆるみ、また〔他から〕働きかけられままにされる、と信じて、〔このことを〕どのように把握したらよいか、最大に悩む。しかし、彼らに、すべての点で、自分自身から考え、意志し、善を行なうべきであること、また〔これと〕異なって天界的なプロプリウム(固有のもの)を、また天界的な自由を持つことができない、しかし、それでも善と真理は彼らからでく、しかし主からであることを認めるべきである、と言われる。また、そのようである、というそのような認知中に、それどころか知覚の中に、すべての天使はいること、また自分自身が主から導かれることを、またこのように主の中にいることを敏感に知覚すればするほど、ますますさらに自由の中にいることを教えられる。

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 23:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 376

(1) 原文「2890番」

376(2890). Spiritus mali qui apud hominem, per quos homo communicat cum inferno, non aliter considerant eum quam ut vile mancipium, infundunt enim ei suas cupiditates et suas persuasiones, ita ducunt quocumque volunt: at angeli per quos homo communicat cum caelo, considerant eum sicut fratrem, et insinuant ei affectiones boni et veri, et sic per liberum eum ducunt, non quo volunt, sed quo beneplacet Domino: inde constare potest quale unum et quale alterum, et quod sit servum duci a diabolo, et quod sit liberum duci a Domino.

 

(2) 直訳

376(2890). Spiritus mali qui apud hominem, per quos homo communicat cum inferno, non aliter considerant eum quam ut vile mancipium, infundunt enim ei suas cupiditates et suas persuasiones, ita ducunt quocumque volunt: 376(2890) 悪霊たちは、その者は人間のもとに〔いる〕、その者によって人間は地獄と伝達する、彼を異なって見なさない卑しい奴隷として以外に、というのは、彼に自分の欲望と自分の信念を注ぎ込むから、そのようにどこへでも導く〔彼ら=悪霊たちが〕欲する。

at angeli per quos homo communicat cum caelo, considerant eum sicut fratrem, et insinuant ei affectiones boni et veri, et sic per liberum eum ducunt, non quo volunt, sed quo beneplacet Domino: しかし、天使たちは、その者によって人間は天界と伝達する、彼を兄弟のように見なす、また彼に善と真理の情愛を徐々にしみ込ませる(巧妙に持ち込む)、またこのように自由によって彼を導く、そこへ〔彼ら=天使たちが〕欲しない、しかし、そこへ主が喜ぶ。

inde constare potest quale unum et quale alterum, et quod sit servum duci a diabolo, et quod sit liberum duci a Domino. ここから明らかにすることができる、一方がどんなものかまたもう一方がどんなものか、また悪魔により導かれることは奴隷(であること)あること、また主により導かれることは自由であること。

 

(3) 訳文

376(2890) 人間が地獄と伝達する人間のもとにいる悪霊たちは、その人間を卑しい奴隷としてしか見なさない、というのは、彼に自分の欲望と自分の信念を注ぎ込み、そのように悪霊たちが欲すどこへでも導くからである。しかし、人間が天界と伝達する〔人間のもとにいる〕天使たちは、その人間を兄弟のように見なし、彼に善と真理の情愛を徐々にしみ込ませ、このように自由によって彼を、〔天使たちが〕欲しない、しかし、主が喜ばれるそこへ導く。ここから、一方がどんなものかまたもう一方がどんなものか、また悪魔により導かれることは奴隷あり、主により導かれることは自由であることを明らかにすることができる。

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 01:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 375

(1) 原文「2889番」

375({1}2889). Spiritus mali haudquaquam capere possunt quod non vivant ex se, et quod solum organa vitae sint, minus quod nulla vita sit quam quae ex bono et vero, et adhuc minus quod non vivere incipiant priusquam exstincta sit vita cupiditatum mali et persuasionum falsi in quibus sunt; credunt si illis privarentur, quod nihil vitae residuum esse possit: cum tamen ita se habet, cum vitam cupiditatum mali et persuasionum falsi amiserint, quod tunc primum vivere incipiant, et quod Dominus cum bono et vero, in quibus unice vita consistit, non prius recipiatur; et quod tunc intelligentia et sapientia, ita ipsissima vita, influat, et dein in immensum augeatur; et hoc cum jucundo, beato et felici, ita cum intimo gaudio, et hoc varietate ineffabili in aeternum.

 @1 as paragraph 2882, see note there.

 

(2) 直訳

375({1}2889). Spiritus mali haudquaquam capere possunt quod non vivant ex se, et quod solum organa vitae sint, minus quod nulla vita sit quam quae ex bono et vero, et adhuc minus quod non vivere incipiant priusquam exstincta sit vita cupiditatum mali et persuasionum falsi in quibus sunt; 375(2889) 悪霊は決して把握することができない、自分自身から生きていないこと、また単なるいのち(生命)の器官であること、ましていのちは何もないこと、それは善と真理から以外の、またさらにまして生きることを始めないこと、悪の欲望と虚偽のいのち(生活)が消滅されたよりも前に。

credunt si illis privarentur, quod nihil vitae residuum esse possit: 彼ら〔悪霊〕は信じている、もしそれらに剥奪されたなら、いのちの残りのものが何も存在することができないこと。

cum tamen ita se habet, cum vitam cupiditatum mali et persuasionum falsi amiserint, quod tunc primum vivere incipiant, et quod Dominus cum bono et vero, in quibus unice vita consistit, non prius recipiatur; そのときそれでもそのように振る舞う(〜である)、悪の欲望と虚偽の信念が失われたとき、その時、初めて、生きることが始まること、また、主は善と真理とともに、いのち(生活)はもっぱらそれらの中にある(構成される)、〔それ〕以前に受け入れられないこと。

et quod tunc intelligentia et sapientia, ita ipsissima vita, influat, et dein in immensum augeatur; またその時、知性と知恵が、そのようにまさにいのちそのものが、流入する、またその後、果てしなく(計り知れないほど)やされること。

et hoc cum jucundo, beato et felici, ita cum intimo gaudio, et hoc varietate ineffabili in aeternum. またこのことが快さ、至福また幸福とともに、そのように最内部の楽しさとともに、またこのことが永遠に言語に絶する(言い表わせない)変化(多様性)で

@1 as paragraph 2882, see note there. 注1 ここへの挿入の指示とともに2893番の後に書かれた。

 

(3) 訳文

375(2889) 悪霊は、自分自身から生きていないこと、また単なるいのち(生命)の器官であること、まして善と真理から以外のいのちは何もないこと、さらにまして、悪の欲望と虚偽のいのち(生活)消滅されたよりも前には生き始めないことを決して把握することができない。彼ら〔悪霊〕は、もしそれらが剥奪されたなら、いのちに何も残ることができないことを信じている。そのときそれでもこのようである、悪の欲望と虚偽の信念が失われたとき、その時、初めて、生き始めること、また、主は善と真理とともに、いのち(生活)はもっぱらそれらの中にあり、〔それ〕以前に受け入れられないこと。またその時、知性と知恵が、そのようにまさにいのちそのものが、流入し、またその後、またこのことが快さ、至福、幸福とともに、そのように最内部の楽しさとともに、またこのことが永遠に言語に絶する多様性で、果てしなくやされること。

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 01:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 374

(1) 原文「2888番」

374(2888). Ita se habet cum vita cujusvis tam hominis quam spiritus, ut et angeli, quod illa influat solum a Domino, Qui est ipsa Vita, et se diffundat per universum caelum, etiam per infernum, ita in singulos, et hoc ordine et serie incomprehensibili; sed vita quae influit, recipitur ab unoquovis secundum ejus indolem; bonum et verum recipitur ut bonum et verum a bonis; at bonum et verum recipitur ut malum et falsum a malis, et quoque in malum et falsum apud hos venitur: se habet hoc comparative sicut lux solis, quae se diffundit in omnia objecta telluris, sed recipitur secundum cujusvis objecti qualitatem, et fit pulchri coloris in pulchris formis, et tetri coloris in tetris formis: hoc est arcanum in mundo, sed nihil notius in altera vita: ut scirem quod talis influxus esset, mihi datum est loqui cum spiritibus et {1}angelis qui apud me, et quoque sentire et percipere influxum, et hoc tam saepe ut vices determinare numero nequeam; sed scio quod fallacia auferet, nempe quod credituri, se velle ex se, et se cogitare ex se, et sic vitam habere ex se, cum tamen nihil minus.

 @1 i cum

 

(2) 直訳

374(2888). Ita se habet cum vita cujusvis tam hominis quam spiritus, ut et angeli, quod illa influat solum a Domino, Qui est ipsa Vita, et se diffundat per universum caelum, etiam per infernum, ita in singulos, et hoc ordine et serie incomprehensibili; 374(2888) そのように振る舞う(〜である)、それぞれのいのちに、人間にも霊にも、そのようにまた天使に、それ〔いのち〕は主からだけ流入すること、その方は「いのち」そのものである。

sed vita quae influit, recipitur ab unoquovis secundum ejus indolem; しかし、流入するいのちは、それぞれの者に受け入れられる、彼の性質(生来の性格)したがって。

bonum et verum recipitur ut bonum et verum a bonis; 善と真理は善い者により善と真理として受け入れられる。

at bonum et verum recipitur ut malum et falsum a malis, et quoque in malum et falsum apud hos venitur: しかし、善と真理は悪い者により悪と虚偽として受け入れられる、そしてまた悪と虚偽(の中)に後者たちのもとで変えられる。

se habet hoc comparative sicut lux solis, quae se diffundit in omnia objecta telluris, sed recipitur secundum cujusvis objecti qualitatem, et fit pulchri coloris in pulchris formis, et tetri coloris in tetris formis: このことは比較的に(比較によって)振る舞う(〜である)、太陽の光のように、それは(それ自体を)散らす(=広がる)地球のすべての対象の中に、しかしそれぞれの対象の性質にしたがって受け入れられる、また美しい形の中で美しい色になる、また忌まわしい(きたない)形の中で忌まわしい(きたない)色に。

hoc est arcanum in mundo, sed nihil notius in altera vita: このことは世の中でアルカナ(秘義)である、しかし、来世の中でさらによく知られている〔ものでは〕何もない。

ut scirem quod talis influxus esset, mihi datum est loqui cum spiritibus et {1}angelis qui apud me, et quoque sentire et percipere influxum, et hoc tam saepe ut vices determinare numero nequeam; 流入がそのようなものであった(=ある)とを私が知るために、私に霊たちとまた天使たち〔と〕話すことが与えられた、その者は私のもとに、そしてまた、流入を感じることと知覚すること、またこのことがこれほどしばしば、機会を数で決める(限定する)ことが私ができないようにも。

sed scio quod fallacia auferet, nempe quod credituri, se velle ex se, et se cogitare ex se, et sic vitam habere ex se, cum tamen nihil minus. しかし、私は知っている、欺きが取り去る(連れ去る)こと、すなわち、信じられてしまうこと〔へ〕、自分自身から自分自身が意志すること、また自分自身から自分自身が考えること、またこうして自分自身からいのちを持つこと、そのときそれでも決してない(ほど遠い)

@1 i cum 注1 cum を補うとよい。

 

(3) 訳文

374(2888) それぞれのいのちに、人間にも霊にも、そのようにまた天使にも、いのちは「いのち」そのものであられる主からだけ流入すること、そのようなものである。しかし、流入するいのちは、それぞれの者にその性質したがって受け入れられる。善と真理は善い者により善と真理として受け入れられる。しかし、善と真理は悪い者により悪と虚偽として受け入れられる、そしてまたそのような者のもとで悪と虚偽に変えられる。このことは比較すれば、太陽の光のようであり、それは球のすべての対象の中に広がる、しかしそれぞれの対象の性質にしたがって受け入れられ、美しい形の中で美しい色に、また忌まわしい形の中で忌まわしい色になるこのことは世の中でアルカナ(秘義)である、しかし、来世の中で〔これ以上に〕よく知られているものは何もない。流入がそのようなものであることを知るために、私のもとの霊や天使たちと話すこと、そしてまた、流入を感じることと知覚することが、またこのことが機会を数で限定することができないようにも、これほどしばしば私に与えられた。しかし、私は、欺きが信じられてしまうことへと連れ去ることを知っている、すなわち、自分自身から自分自身が意志すること、また自分自身から自分自身が考えること、またこうして自分自身からいのちを持つ〔と信じてしまう〕こと〔である〕、そのときそれでも〔このことは真実では〕決してない。

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 01:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 372

(1) 原文「2886番」

372(2886). Cum homine quoad ejus affectiones et quoad ejus cogitationes, ita se habet: nullus quicumque sit, sive homo, sive spiritus, sive angelus, potest velle et cogitare a se sed ab aliis, nec hi alii a se, sed omnes iterum ab aliis, et sic porro, ita singuli a Primo vitae, Qui est Dominus; {1} quod {2} inconnexum est, non existit; mala et falsa nexum habent cum infernis; inde eorum qui in illis sunt, velle et cogitare, et inde eorum amor, affectio et jucundum, proinde eorum liberum; at bona et vera nexum habent cum caelo {3}; inde eorum qui in illis, velle et cogitare, et inde eorum amor, affectio et jucundum, proinde eorum liberum: exinde constare potest unde est liberum unum et liberum alterum: quod ita se res habeat, notissimum est in altera vita, sed hodie prorsus ignotum in mundo.

 @1 i in omnes est influxus @2 i a Primo vitae seu Domino @3 i ita cum Domino

 

(2) 直訳

372(2886). Cum homine quoad ejus affectiones et quoad ejus cogitationes, ita se habet: 372(2886) 人間について(の場合)彼の情愛に関してまた彼の思考に関して、このように振る舞う(である)――

nullus quicumque sit, sive homo, sive spiritus, sive angelus, potest velle et cogitare a se sed ab aliis, nec hi alii a se, sed omnes iterum ab aliis, et sic porro, ita singuli a Primo vitae, Qui est Dominus; だれも、だれもいない、 あるいは人間、あるいは霊、あるいは天使、自分自身から意志すること、また考えることができる、しかし、他の者から、これら他の者も自分自身から〔そのことができ〕ない、しかし、すべての者は再び他の者から、等々(またこのようにさらに)、そのように個々の者は「最初のいのち」から、その者は主である。

{1} quod {2} inconnexum est, non existit; 連続していない(ばらばらの)のは、存在するようにならない。

mala et falsa nexum habent cum infernis; 悪と虚偽は地獄と結びつき(関連)を持つ。

inde eorum qui in illis sunt, velle et cogitare, et inde eorum amor, affectio et jucundum, proinde eorum liberum; ここから〔ある〕、彼らの、その者はそれら〔悪と虚偽〕の中にいる、意志することと考えることは、またここから彼らの愛、情愛また快さは、それゆえに(したがって)らの自由が。

at bona et vera nexum habent cum caelo {3}; しかし、善と真理は天界と結びつき(関連)を持つ。

inde eorum qui in illis, velle et cogitare, et inde eorum amor, affectio et jucundum, proinde eorum liberum: ここから〔ある〕、彼らの、その者はそれら〔善と真理〕の中に〔いる〕、意志することと考えることは、またここから彼らの愛、情愛また快さは、それゆえに(したがって)らの自由が。

exinde constare potest unde est liberum unum et liberum alterum: このゆえに、明らかにすることができる、一方の自由と他方の自由がどこからか。

quod ita se res habeat, notissimum est in altera vita, sed hodie prorsus ignotum in mundo. 事実がそのようであることは☆、来世の中で最もよく知られている、しかし、今日、世の中でまったく知られていない。

res se habet で「問題は〜である・事実は〜である」という意味です。直訳は「事柄は振る舞う(〜である)」です。

@1 i in omnes est influxus 注1 in omnes est influxus を補うとよい。

@2 i a Primo vitae seu Domino 注2 a Primo vitae seu Domino を補うとよい。

@3 i ita cum Domino 注3 ita cum Domino を補うとよい。

 

(3) 訳文

372(2886) 人間の情愛に関してまた思考に関してこのようである――人間あるいは霊、あるいは天使のだれも、自分自身から意志し、考えることができる者はいない、しかし、他の者からであり、それら他の者も自分自身から〔そのことができ〕ない、しかし、すべての者はこのようにさらに再び他の者から〔であり〕、そのように個々の者は「最初のいのち」である主からである。〔最初のいのちから〕連続していないのは、存在するようにならない。悪と虚偽は地獄と結びつきを持つ。ここから、それら〔悪と虚偽〕の中にいる者の意志することと考えることは、またここから彼らの愛、情愛また快さがあり、したがって彼らの自由がある。しかし、善と真理は天界と結びつきを持つ。ここからそれら〔善と真理〕の中に者の意志することと考えることは、またここから彼らの愛、情愛また快さがあり、したがって彼らの自由がある。このゆえに、一方の自由ともう一方の自由がどこからか明らかにすることができる。事実がそのようであることは、来世で最もよく知られている、しかし、今日、世でまったく知られていない。

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 23:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 371

(1) 原文「2885番」

371(2885). Nemo quid servum et quid liberum sit, scire potest nisi sciat originem unius et alterius; quam scire nec quisquam potest nisi ex Verbo; et nisi sciat quomodo se habet cum homine quoad ejus affectiones quae sunt voluntatis, et quoad ejus cogitationes quae sunt intellectus.

 

(2) 直訳

371(2885). Nemo quid servum et quid liberum sit, scire potest nisi sciat originem unius et alterius; 371(2885) だれも何が奴隷か、また何が自由か、知ることができない、一つのものともう一つのもの起源を知らないなら。

quam scire nec quisquam potest nisi ex Verbo; それらを知ることもまただれもできない、みことばからでないなら。

et nisi sciat quomodo se habet cum homine quoad ejus affectiones quae sunt voluntatis, et quoad ejus cogitationes quae sunt intellectus. またどのように人間に振る舞うか(であるか)知らないなら、彼の情愛に関して、それらは意志のものである、また彼の思考に関して、それらは理解力のものである。

 

(3) 訳文

371(2885) 何が奴隷か、また何が自由か、それらの起源を知らないなら、だれも知ることができない。それらを知ることも、みことばからでないなら、また、意志のものである人間の情愛に関して、また理解力のものであるその思考に関して、どのようなものであるか知らないなら、だれもできない。

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 23:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 370

(1) 原文「2884番」

370(2884). Liberum amoris sui et mundi et eorum cupiditatum nihil minus est quam liberum, est prorsus servum; sed usque liberum vocatur, sicut amor, affectio, et jucundum {1}, in utroque sensu, et usque amor sui et mundi nihil minus est quam amor, est odium, consequenter inde affectio et jucundum; secundum quod apparent, non secundum quod sunt, ita nuncupantur.

 @1 i ex quibus est

 

(2) 直訳

370(2884). Liberum amoris sui et mundi et eorum cupiditatum nihil minus est quam liberum, est prorsus servum; 370(2884) 自己と世への愛とそれらの欲望への自由は、決して〜ない(〜とはほど遠い)自由よりも、まったく奴隷である。

sed usque liberum vocatur, sicut amor, affectio, et jucundum {1}, in utroque sensu, et usque amor sui et mundi nihil minus est quam amor, est odium, consequenter inde affectio et jucundum; しかしそれでも、自由と呼ばれる、愛、情愛、また快さのように〔それらからである〕、両方の意味で、またそれでも、自己と世への愛は、決して〜ない(〜とはほど遠い)愛よりも、憎しみである、したがって、ここから情愛と快さ〔がある〕。

secundum quod apparent, non secundum quod sunt, ita nuncupantur. 見られるものにしたがって、〔実際に〕存在するものにしたがわないで、そのように名づけられている。

@1 i ex quibus est 注1 ex quibus estを補いとよい。

 

(3) 訳文

この文(全文)は『用語辞典』に取り入れられています、その「自己愛の自由」の項目を紹介します。

 

自己愛の自由 Liberum amoris sui. 自己愛と世俗愛のまたその欲望の自由は,自由とはほど遠く,まったくの奴隷である.しかしそれでも,愛・情愛・快さのように,両方の意味で自由と呼ばれている,それでも,自己愛と世俗愛は,愛とはほど遠く,憎しみであり,したがって,ここからの情愛と快さである.見られるものにしたがって,〔実際に〕存在するものにしたがわないで,そのように名づけられている/秘義2884

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 23:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 369

(1) 原文「2883番」

369(2883). Ut itaque homo proprium caeleste accipiat, debet facere bonum a se et cogitare verum a se, sed usque scire, et cum reformatus est, cogitare et credere quod omne bonum et omne verum sit a Domino, etiam quoad omnium minimum, et hoc quia ita est, at quod detur homini putare quod a se, (o)est’ ut bonum et verum fiat sicut ejus proprium.

 

(2) 直訳

369(2883). Ut itaque homo proprium caeleste accipiat, debet facere bonum a se et cogitare verum a se, sed usque scire, et cum reformatus est, cogitare et credere quod omne bonum et omne verum sit a Domino, etiam quoad omnium minimum, et hoc quia ita est, at quod detur homini putare quod a se, (o)est’ ut bonum et verum fiat sicut ejus proprium. 369(2883) そこで、天界的なプロプリウム(固有なもの)を受けるために、自分自身から善を行なう(こと)、また自分自身から真理を考えるべきである(なくてはならない)、しかし、それでも知ること〔べきである〕、また改心される☆1とき、考えることと信じること〔べきである〕、すべての善とすべての真理は主からであること、すべての最小のものに関してもまた、このことがそのようであるからである、しかし、人間に自分自身からであると思うことが与えられていることは、善と真理が彼のプロプリウム(固有なもの)のようになるため「である」☆2。

1 私には「改心する」と「改心される」の違いがわからないので「改心する」と訳します。

2 estは原稿になく、初版にあります。

 

(3) 訳文

369(2883) そこで、天界的なプロプリウム(固有なもの)を受けるために、自分自身から善を行ない、自分自身から真理を考えるべきである、しかし、それでも、また改心するとき、すべての善とすべての真理を考えることと信じることは、すべての最小のものに関してもまた主からであることを知るべきである、このことがそのようであるからである、しかし、自分自身からであると思うことが人間に与えられているのは、善と真理が彼のプロプリウム(固有なもの)のようになるためである。

author:yasubee, category:原典講読『驚くべきこと』, 23:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark