RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『表象と対応』58
 

(1) 原文「3484番」

58. A plurima experientia instructus sum quod non sit nisi unica vita, quae est Domini, quae influit et facit ut vivat homo, immo ut vivant tam boni quam mali; illi vitae correspondent formae quae sunt substantiae, quae per influxum continuum Divinum ita vivificantur ut appareant sibi vivere ex se; haec correspondentia est organorum cum vita; sed {1}qualia organa recipientia sunt, {2}taliter vivunt; illi homines qui in amore et charitate sunt, in correspondentia sunt, nam ipsa vita recipitur ab illis adaequate; illi vero qui in contrariis amori et charitati sunt, non in correspondentia sunt quia ipsa vita non recipitur adaequate; inde talis vita existit quales sunt: hoc illustrari potest a formis naturalibus in quas influit lux solis; quales formae recipientes sunt, tales modificationes lucis {3}illis sunt; in spirituali mundo modificationes sunt spirituales, {4}ideo ibi quales formae recipientes sunt, talis est illis intelligentia et talis sapientia: inde est quod spiritus boni et angeli appareant ut ipsissimae formae charitatis, at spiritus mali et infernales ut formae odii.

@1 sicut @2 ita @3 A o; I has illi @4 inde

 

(2) 直訳

58. A plurima experientia instructus sum quod non sit nisi unica vita, quae est Domini, quae influit et facit ut vivat homo, immo ut vivant tam boni quam mali; 非常くの経験からえられた、唯一のいのちでないなら存在しないことそれはのものであるそれが流入し、する、人間が生きるように、それどころか善い者も悪い者も生きるように。

illi vitae correspondent formae quae sunt substantiae, quae per influxum continuum Divinum ita vivificantur ut appareant sibi vivere ex se; それらのいのちが対応するそれらは実体であるそれらはのない神的なもの(神性)流入によってそのようにかされる(活気づけられる)、それ自体から生きることがそれ自体に見えるように。

haec correspondentia est organorum cum vita; これは器官対応であるいのちとの

sed {1}qualia organa recipientia sunt, {2}taliter vivunt; しかし、受容器官がどのようなものであるかよってそのようにきる

illi homines qui in amore et charitate sunt, in correspondentia sunt, nam ipsa vita recipitur ab illis adaequate; 彼(それら)人間その仁愛にいる、対応にいるなぜならいのちそのものがらによりれられるからふさわしく(適当)

illi vero qui in contrariis amori et charitati sunt, non in correspondentia sunt quia ipsa vita non recipitur adaequate; けれどもらはその仁愛対立したものののにいる、対応にいないいのちそのものがれないのでふさわしく(適当)

inde talis vita existit quales sunt: ここから、そのようないのちが存在するようになる、どのようであるか〔によって〕。

hoc illustrari potest a formis naturalibus in quas influit lux solis; このことは自然的な形により説明(明らかに)れることができる、その中に太陽の光が流入する。

quales formae recipientes sunt, tales modificationes lucis {3}illis sunt; 受容する形がどのようなものであるか〔によって〕、そのような光の変化()がそれらにある。

in spirituali mundo modificationes sunt spirituales, {4}ideo ibi quales formae recipientes sunt, talis est illis intelligentia et talis sapientia: 霊界の中で変化()は霊的なものである、それゆえ、そこに、受容する形がどのようなものであるか〔によって〕、彼らにそのような知性がある、またそのような知恵が。

inde est quod spiritus boni et angeli appareant ut ipsissimae formae charitatis, at spiritus mali et infernales ut formae odii. ここからである、善霊と天使たちは仁愛のまさに形そのもののように見られる、しかし、悪霊と地獄の者は憎しみの形のように〔見られる〕。

@1 sicut 注1 sicutqualiaに換えた。

@2 ita 注2 itataliterに換えた。

@3 A o; I has illi 注3 自筆原稿は削除(省略)。初版はilleである。

@4 inde 注4 indeideoに換えた。

 

(3) 訳文

58. 非常くの経験から、主のものである唯一のいのちでないなら存在しないことそれが人間が生きるように、それどころか善い者も悪い者も生きるように流入することを教えられたそれらのいのちが実体である対応それらはのない神性流入によって、それ自体がそれ自体から生きているように見え、そのようにかされているのであるこれはいのちとの器官の対応であるが、しかし、受容器官がどのようなものであるか〔よって、そのように生きている。愛と仁愛の中にいる人間は対応の中にいる、なぜなら、いのちそのものが彼らによりふさわしく受け入れられるから。けれども、愛と仁愛に対立したもののの中にいる者は対応の中にいない、いのちそのものがふさわしく受け入れないからである。ここから、〔受容する人間の愛と仁愛が〕どのようであるか〔によって〕そのようないのちが存在するようになる。

 このことは、その中に太陽の光が流入する自然的な形により説明れることができる。受容する形がどのようなものであるか〔によって〕、それらにそのような光の変化()がある。霊界の中での変化()は霊的なものであり、それゆえ、そこに、受容する形がどのようなものであるか〔によって〕、彼らにそのような知性、またそのような知恵がある。ここから、善霊と天使たちは仁愛のまさに形そのもののように、しかし、悪霊と地獄の者は憎しみの形のように見られる。
author:yasubee, category:原典講読『みことばとその内意』, 20:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『表象と対応』57
 

(1) 原文「3483番」

57. Quicquid usquam apparet in universo, est repraesentativum regni Domini, usque adeo ut nihil usquam detur in universo {1}atmosphaerico et stellifero, in tellure et ejus tribus regnis, quod non suo modo repraesentat; sunt enim omnia et singula quae in natura, ultimae imagines; ex Divino enim sunt caelestia quae boni, ex caelestibus spiritualia quae veri, {2}ex illis et his naturalia. Inde constare potest quam crassa, immo quam terrestris et quoque inversa sit intelligentia humana quae naturae separatae seu exemptae ab influxu se priore, seu a causa efficiente, singula tribuit; qui etiam ita cogitant et loquuntur, sibi videntur prae ceteris sapere, {3}nempe tribuendo naturae omnia; cum vicissim intelligentia angelica sit, nihil naturae tribuere, sed omnia et singula Divino Domini, ita vitae, non alicui rei mortuae; [2] sciunt eruditi quod subsistentia sit perpetua existentia, sed usque est contra affectionem falsi et inde famam eruditionis, dicere quod subsistat continue natura, sicut exstiterat, ex Divino Domini. Quia nunc omnia et singula a Divino subsistunt, hoc est, continue existunt, et omnia et singula quae inde sunt, non {4}possunt aliter quam ut sint repraesentativa illarum rerum per quas exstiterant, sequitur quod universum aspectabile non aliud sit quam theatrum repraesentativum regni Domini, et quod hoc sit theatrum repraesentativum Ipsius Domini.

@1 sidereo inque @2 et ex spiritualibus @3 cum possint omnia naturae tribuere et Divino derogare @4 possint

 

(2) 直訳

57. Quicquid usquam apparet in universo, est repraesentativum regni Domini, usque adeo ut nihil usquam detur in universo {1}atmosphaerico et stellifero, in tellure et ejus tribus regnis, quod non suo modo repraesentat; 常(かつて)でも全世界られるものは、主王国表象であるそこまでも、常(かつて)大気をちりばめた全世界何もないように、地球とその三界の中に、それ自体の方法で表象しないもの。

sunt enim omnia et singula quae in natura, ultimae imagines; というのはすべてと個々のものはそれらは自然ある〕、究極☆映像であるから

ultimusについては56(前日)参照。

ex Divino enim sunt caelestia quae boni, ex caelestibus spiritualia quae veri, {2}ex illis et his naturalia. というのは、神的なもの(神性)ら天的なものがあるから、それらは善のもの、天的なものから霊的なものが〔ある〕それらは真理のもの、それら(前者)とこれら(後者)ら自然的なもの〔がある〕。

Inde constare potest quam crassa, immo quam terrestris et quoque inversa sit intelligentia humana quae naturae separatae seu exemptae ab influxu se priore, seu a causa efficiente, singula tribuit; ここから明らかにすることができる、どれほど粗雑か、それどころかどれほど地的(世俗的)か、そしてまた人間の知性がひっくり返っているか、それ〔人間の知性〕はそれ自体の前のものの流入から分離したまたは取り去られた自然のものに、すなわち、有効な原因(動因)から、個々のものを帰する。

qui etiam ita cogitant et loquuntur, sibi videntur prae ceteris sapere, {3}nempe tribuendo naturae omnia; そのように考え、話す者もまた、自分自身が見られる、他の者よりも賢明であること、すなわち、すべてのものを自然のものに帰することで。

cum vicissim intelligentia angelica sit, nihil naturae tribuere, sed omnia et singula Divino Domini, ita vitae, non alicui rei mortuae; そのとき逆に、天使の知性である、何も自然のものに帰さないこと、しかし、すべてと個々のものを主の神的なもの(神性)に〔帰す〕、そのようにいのちに、死んだ他のものにでなく。

[2] sciunt eruditi quod subsistentia sit perpetua existentia, sed usque est contra affectionem falsi et inde famam eruditionis, dicere quod subsistat continue natura, sicut exstiterat, ex Divino Domini. [2] 学問のある者(学者)は知っている、存続は絶え間ない存在であること、しかしそれでも、虚偽の情愛に反している、またここから学問(博学)名声に、言うこと、自然のものは絶えず存続すること、存在するようになったように、主の神的なもの(神性)から。

Quia nunc omnia et singula a Divino subsistunt, hoc est, continue existunt, et omnia et singula quae inde sunt, non {4}possunt aliter quam ut sint repraesentativa illarum rerum per quas exstiterant, sequitur quod universum aspectabile non aliud sit quam theatrum repraesentativum regni Domini, et quod hoc sit theatrum repraesentativum Ipsius Domini. さて、すべてと個々のものは神的なものから存続するので、すなわち、絶えず存在するようになる、またすべてと個々のものは、それらはここから存在する、異なってできない、それらの表象の王国であるように以外に、それらによって存在するようになった、〜がいえる、目に見える全世界は他のものではないこと、主の王国の表象の劇場以外の、またこれ〔王国〕は主ご自身の表象の劇場であること。

@1 sidereo inque 注1 sidereo inqueatmosphaerico et stellifero, inに換えた。

@2 et ex spiritualibus 注2 et ex spiritualibusex illis et hisに換えた。

@3 cum possint omnia naturae tribuere et Divino derogare 注3 cum possint omnia naturae tribuere et Divino derogarenempe tribuendo naturae omniaに換えた。

@4 possint 注4 possintpossuntに換えた。

 

(3) 訳文

57. でも全世界られるものは、大気をちりばめた全世界、地球とその三界の中に、常それ自体の方法で表象しないものが何もないように、そこまでも王国表象であるというのは、自然中のすべてと個々のものは〔その王国の〕究極映像であるからというのは、神的なもののものである天的なものがあり、天的なものから真理のものである霊的なものがありそれら両者自然的なものがあるから

 ここから、人間知性がどれほど粗雑それどころかどれほど地的で、またひっくりっているからかにすることができるそれ〔人間知性〕は、それ自体より前のものの流入から、すなわち、有効原因(動因)から分離またはられた自然に個々のものをするそのように、話もまた、自分自身よりも賢明であるすなわちすべてのものを自然のものに帰していることが見られそのとき、天使知性は逆にであって自然帰せず、しかしすべてと個々のものを神性に、そのようにんだのものにでなく、いのちに帰している。

[2] 学問のある者は存続が絶え間ない存在であることを知っている。しかしそれでも、自然は主の神性から存在するようになったように絶えず存続する、と言うことは虚偽の情愛に、またここから博学との名声に反しているのである。

 さて、すべてと個々のものは神性から存続する、すなわち、絶えず存在するようになる、またすべてと個々のものはここから存在するので、それらによって存在するようになったものは、それらを表象する王国であるようにしかならないし、目に見える全世界は、主の王国を表象する劇場であり、またこの王国は、主ご自身を表象する劇場であることがいえる。
author:yasubee, category:原典講読『みことばとその内意』, 23:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『表象と対応』56(訳文)
 

(3) 訳文

56. みことばの中の話、たとえ人間の前に単純なものに、またある箇所では粗雑に見えても、天使の話し方そのものである、しかし、〔その〕最終的なもの〔である〕。というのは、霊的なものである天使人間言葉時、このようなもの以外の他むことができないからというのはそこでは個々事柄表象、個々言葉は意味しているから。古代人天使たちと交際ったので、〔彼らに〕他はなかった。〔それは〕表象〔表意〕また個々のものに霊的意味内在した。古代人書物もまたそのようかれたなぜならそのようにすこととそのようにくことがらの知恵関心事であったからその後、どれだけ人間天界からざかったかここからもまたらかにすることができる。今ではみことばの文字られるもの以外らかのものがあることそこに霊的意味があることを決してらない。何であれ、文字意味えてわれるものは、神秘的ものばれ、単にそれだけのことで退けられるここからもまた、今日、何らかの天界があることをじるがほとんどいないほどに、天界との交通はさえぎられまたくべきことであるが、単純者よりも学のある教育のある者の多くの者からじられていないのである
author:yasubee, category:原典講読『みことばとその内意』, 22:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『表象と対応』56(直訳まで)
 

(1) 原文「3482番」

56. Loquela quae in Verbo, tametsi coram homine simplex, et aliquibus in locis rudis, apparet, est {1} ipsa loquela angelica, sed ultima; loquela enim angelica, quae spiritualis est, dum cadit in voces humanas, non in aliam loquelam cadere potest quam in talem, singulae enim res ibi repraesentant, et singulae voces significant; antiquis quia commercium habebant cum spiritibus et angelis, non alia loquela fuit; erat plena repraesentativis {2}, et inerat sensus spiritualis singulis; libri antiquorum etiam ita conscripti sunt, nam ita loqui et ita scribere erat {3}sapientiae eorum studium; quantum postea homo se removerit a caelo, etiam inde constare potest; nunc ne quidem novit quod in Verbo sit aliud quam quod apparet in littera, ne quidem quod sensus spiritualis inibi sit; quicquid ultra sensum litteralem dicitur, vocatur mysticum, quod solum ideo rejicitur; inde quoque est quod intercepta sit communicatio hodie cum caelo, in tantum ut a paucis credatur quod aliquod caelum sit, et quod mirum, a doctis et eruditis multo pauciores quam a simplicibus {4}.

@1 i ut apud prophetas @2 i et significativis @3 sapere @4 i probis

 

(2) 直訳

56. Loquela quae in Verbo, tametsi coram homine simplex, et aliquibus in locis rudis, apparet, est {1} ipsa loquela angelica, sed ultima; 話それはみことばの中に、たとえ人間の前に単純なもの、また場所(箇所)の中であるものに、粗雑に、見えても、〔預言書の中のような〕天使の話し方そのものである、しかし、最後の(究極の)☆もの。

形容詞ultimusは空間的には「最も離れた、最外部の」、また時間的には「最後の、最終の」また根源から見れば「最終的な、究極の」です。ここでは「最終的なもの」の訳がよいでしょうか?

loquela enim angelica, quae spiritualis est, dum cadit in voces humanas, non in aliam loquelam cadere potest quam in talem, singulae enim res ibi repraesentant, et singulae voces significant; というのは、天使それは霊的なものである、人間言葉時、他むことができないからこのようなもの以外というのはそこに個々事柄表象する(接続)また個々言葉は意味する(接続)から。

接続法なので(日本語で表現できませんが)、少しでもその気持ちを込めて「する」でなく「〜している」としましょうか。

antiquis quia commercium habebant cum spiritibus et angelis, non alia loquela fuit; 古代人天使たちと交際ったので、他はなかった

erat plena repraesentativis {2}, et inerat sensus spiritualis singulis; 〔それは〕表象〔と表意〕に満ちていた、また個々のものに霊的な意味が内在した。

libri antiquorum etiam ita conscripti sunt, nam ita loqui et ita scribere erat {3}sapientiae eorum studium; 古代人の書物もまたそのよう書かれた、なぜなら、そのように話すこととそのように書くことが彼らの知恵の☆関心(熱望)であったから。

ここは校訂前の文のように「彼らの熱望を味わうこと(sapere)」もありえると思います。やや意味を汲みづらくなります。ついでにstudiumについて述べれば、これを英訳したstudy(別訳はaim)をそのまま「研究」とした柳瀬訳「彼らの知恵の研究であった」は極めて読みづらく、このままでは「スヴェーデンボリがこんな文章を書いたのだろうか?」という疑問が生じてしまいます。

quantum postea homo se removerit a caelo, etiam inde constare potest; どれだけその後、人間が自分自身を天界から遠ざけたか、ここからもまた明らかにすることができる。

nunc ne quidem novit quod in Verbo sit aliud quam quod apparet in littera, ne quidem quod sensus spiritualis inibi sit; 今〔では〕決して知らない☆、みことばの中に何らかのものがあること、文字の中に見られること以外の、決して〔知らない〕、霊的な意味がそこにあること。

noscoは完了形でも「知る」と訳します。

quicquid ultra sensum litteralem dicitur, vocatur mysticum, quod solum ideo rejicitur; 何でも文字の意味を越えて言われる〔ものは〕、神秘的なものと呼ばれる、それは、単にそれゆえ、退けられる。

inde quoque est quod intercepta sit communicatio hodie cum caelo, in tantum ut a paucis credatur quod aliquod caelum sit, et quod mirum, a doctis et eruditis multo pauciores quam a simplicibus {4}. ここからもまた〜である、今日、天界との交通はさえぎられたこと、それほど(まで)に☆、わずかな者により信じられるように、何らかの天界があること、また驚くべきこと〔であるが〕、多くの学のある者や学者(教育のある者)から〔信じられていない〕単純な〔正直な〕者からよりも。

in tamtumで「それほど(まで)に」の意味です。

@1 i ut apud prophetas 注1 ut apud prophetasを補うとよい。

@2 i et significativis 注2 et significativisを補うとよい。

@3 sapere 注3 saperesapientiaeに換えた。

@4 i probis 注4 probisを補うとよい。 

author:yasubee, category:原典講読『みことばとその内意』, 22:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『表象と対応』55(訳文)
 

(3) 訳文

55. 来世のユダヤとしばしば会話した。〔彼らは〕左足の面の下の低い地の中の前方に見られる。またかつて、みことば、カナンの地、主について話した。

みことばについてはそこに人間らかでないいアルカナがあることしたが〕、

このことを〔彼らは〕肯定した。その後、そこのすべてのアルカナメシアとその方の王国を扱っていること〔を話したが〕、このこともまた〔彼らは〕同意した。しかし、私が、メシアはへブル語でギリシア語のキリストと同じであると言ったとき、〔彼らは〕聞くことを欲しなかった。再び私が、メシアは最も聖なる方であり、エホバはその方の中におられ、また「イスラエルの聖者」また「ヤコブの神」によって他の者が意味されないこと、またその方は最も聖なるものであられるので、外なる形でなく内なる形で、そのように世の不潔な愛の中にいない、また他の国民に対して〔自らを〕高めること、また自分たちの間で憎しみの中にいない聖なる者でないなら、その方の王国の中にいることができない、と言ったとき、このことを〔彼らは〕聞くことができなかった。

[2] その後、預言にしたがってメシアの王国は永遠であり、メシアとともにいる者は、地を永遠に受け継ぐであろう、もし〔その方の〕王国が世のものであり、彼らがカナンの地に導き入れられるなら、人間のいのちのわずかな年のためのものであり、死んで、カナンの地から追放された後、このような幸福の状態を享受しないであろう、またここから、カナンの地によって天界の王国が表象され、意味されること、またそのことをさらに、彼らが今や来世の中にいること、また〔そこに〕永遠に生き、メシアがそこにご自分の王国を持つこと知るとき、明らかであること知ることができるであろう、また、もし彼らに天使たちと話すことが与えられたなら、天使たちの全天界はその方の王国であること知ることができるであろう〔と話した〕。

[3] さらに、新しい地、新しいエルサレムによって、また「エゼキエル書」の新しい神殿によって、メシアのこのような王国以外の他のものは意味されることができない、と話した。これらのことに〔彼らは〕、メシアによりカナンの地に導き入れらることになる者は、もし、そこに持つことになるその幸福の状態を後に残して、このようにわずかな年の後で死ぬなら、痛々しく泣くであろう、としか答えることができなかった。

author:yasubee, category:原典講読『みことばとその内意』, 00:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『表象と対応』55(直訳まで)
 

(1) 原文「3481番」

55. In sermone {1}fueram saepius cum Judaeis qui in altera vita; apparent antrorsum in terra inferiore sub plano sinistri pedis, et semel quoque de Verbo, de terra Canaane, et de Domino: de Verbo quod arcanissima ibi sint quae non patent coram hominibus; hoc affirmabant; dein quod omnia arcana quae ibi, agant de Messia et Ipsius regno; hoc quoque volebant; sed cum dicerem quod Messias in Hebraea lingua sit idem ac Christus in Graeca, non audire volebant: iterum cum dicerem quod Messias sit sanctissimus, et quod Jehovah in Ipso, et quod non alius per Sanctum Israelis et per Deum Jacobi intelligatur, et quia Ille sanctissimus, quod non in regno Ipsius possint esse nisi qui sancti sunt non externa forma sed interna, ita qui non in amore sordido mundi, inque elatione contra alias gentes, et in odiis {2} inter se, hoc non potuerunt audire: [2] postea quod Messiae regnum secundum prophetias erit {3} aeternum, et qui cum illo, etiam in aeternum hereditabunt terram; si regnum {4} foret ex mundo, et illi in terram Canaanem introducerentur, quod foret pro paucis annis qui sunt vitae hominis, praeter quod omnes illi qui mortui sunt postquam expulsi e terra Canaane, non fruerentur tali beatitudine; et quod inde scire potuissent quod per terram Canaanem repraesentatum {5}sit et significatum regnum caeleste, et eo magis cum illi nunc sciunt quod in altera vita sint, et in {6} aeternum victuri, ita quod {7}pateat ut Messias ibi Suum regnum habeat; et si loqui illis detur cum angelis, quod scire possint quod universum caelum angelicum sit Ipsius regnum; [3] praeter quod per novam terram, novam Hierosolymam, et per novum templum apud Ezechielem, non aliud significari queat quam tale regnum Messiae {8}; ad haec non potuerunt respondere, solum quod qui introducendi in terram Canaanem a Messia, si post tam paucos annos morerentur, et beatitudinem illam quam ibi habituri, relinquerent, acerbe lacrimarent.

@1 fui @2 i et vindictis @3 i in @4 i ejus @5 et significatum sit regnum Domini in caelis @6 i ibi @7 oporteat @8 i hoc est, Domini

 

(2) 直訳

55. In sermone {1}fueram saepius cum Judaeis qui in altera vita; 会話の中に私はしばしばいた、ユダヤ人と、その者は来世の中の。

apparent antrorsum in terra inferiore sub plano sinistri pedis, et semel quoque de Verbo, de terra Canaane, et de Domino: 〔彼らは〕低い地の中の前方に見られる、左足の面の下に、またかつてみことばについてもまた、カナンの地について、また主について〔話した〕。

de Verbo quod arcanissima ibi sint quae non patent coram hominibus; みことばについて、そこに最高の(最も深い)ルカナがあること、それら人間の前に明らかでない。

hoc affirmabant; このことを〔彼らは〕肯定した。

dein quod omnia arcana quae ibi, agant de Messia et Ipsius regno; その後、すべてのアルカナは、それらはそこに、メシアとその方の王国を扱っていること〔を話した〕。

hoc quoque volebant; このこともまた〔彼らは〕同意した(欲した)

sed cum dicerem quod Messias in Hebraea lingua sit idem ac Christus in Graeca, non audire volebant: しかし、私が言ったとき、メシアはへブル語でギリシア〔語〕のキリストと同じ()であること、〔彼らは〕聞くことを欲しなかった。

iterum cum dicerem quod Messias sit sanctissimus, et quod Jehovah in Ipso, et quod non alius per Sanctum Israelis et per Deum Jacobi intelligatur, et quia Ille sanctissimus, quod non in regno Ipsius possint esse nisi qui sancti sunt non externa forma sed interna, ita qui non in amore sordido mundi, inque elatione contra alias gentes, et in odiis {2} inter se, hoc non potuerunt audire: 再び私が言ったとき、メシアは最も聖なる方であること、またエホバはその方の中に〔おられる〕こと、また「イスラエルの聖者」によってまた「ヤコブの神」によって他の者が意味されないこと、またその方は最も聖なるもの〔である〕ので、その方の王国の中にいることができないこと、外なる形でなく、しかし内なる〔形で〕聖なる者でないなら、そのように世の不潔な愛の中にいない者、そして他の国民に対して高めることの中に、また自分たちの間で憎しみ〔と復讐〕の中に〔いない〕、このことを〔彼らは〕聞くことができなかった。

[2] postea quod Messiae regnum secundum prophetias erit {3} aeternum, et qui cum illo, etiam in aeternum hereditabunt terram; [2] その後(続いて)、メシアの王国は預言にしたがって永遠である(未来)こと、また彼(メシア)とともに〔いる〕者は、さらにまた永遠に地を受け継ぐ(未来)と。

si regnum {4} foret ex mundo, et illi in terram Canaanem introducerentur, quod foret pro paucis annis qui sunt vitae hominis, praeter quod omnes illi qui mortui sunt postquam expulsi e terra Canaane, non fruerentur tali beatitudine; もし〔その方の〕王国が世からあったなら、彼らがカナンの地に導き入れられる〔なら〕、わずかな年のためであったろう、それは人間のいのちのものの、〜は除いて(〜に加えて)すべての者は、その者は死んで、カナンの地から追放された後、このような幸福の状態を享受しない〔であろう〕。

et quod inde scire potuissent quod per terram Canaanem repraesentatum {5}sit et significatum regnum caeleste, et eo magis cum illi nunc sciunt quod in altera vita sint, et in {6} aeternum victuri, ita quod {7}pateat ut Messias ibi Suum regnum habeat; またここから知ることができたこと、カナンの地によって天界の王国が表象され、意味されること、またそのことをさらに、彼らが今や知るとき、来世の中にいること、また〔そこに〕永遠に生きること、そのように明らかであること、メシアがそこにご自分の王国を持つように〔なるのが当然であること☆〕。

脚注参照。

et si loqui illis detur cum angelis, quod scire possint quod universum caelum angelicum sit Ipsius regnum; また、もし彼らに天使たちと話すことが与えられたなら、知ることができること、天使たちの全天界はその方の王国であること〔を話した〕。

[3] praeter quod per novam terram, novam Hierosolymam, et per novum templum apud Ezechielem, non aliud significari queat quam tale regnum Messiae {8}; [3] さらに(他に)、新しい地によって、新しいエルサレム、またエゼキエル〔書〕のもとの新しい神殿☆によって、メシアのこのような王国〔すなわち、主の王国〕以外の他のものは意味されることができないこと〔を話した〕。

「新しい」とは書いてありませんが第40章から始まる「神殿」です。

ad haec non potuerunt respondere, solum quod qui introducendi in terram Canaanem a Messia, si post tam paucos annos morerentur, et beatitudinem illam quam ibi habituri, relinquerent, acerbe lacrimarent. これらのことに〔彼らは〕答えることができなかった、ただ(単に)、メシアによりカナンの地に導き入れらることになる者は、もし、このようにわずかな年の後で死ぬ、またその幸福の状態を、それをそこに持つことになる、後に残すなら、痛々しく泣く(であろう)

@1 fui 注1 fuifueramに換えた。〔完了を過去完了にした〕

@2 i et vindictis 注2 et vindictisを補うとよい。

@3 i in 注3 inを補うとよい。〔日本語だと「〜は永遠である」でinがあってもなくても同じですが、原語だとinがあるとないでは意味が違います。〕

@4 i ejus 注4 ejusを補うとよい。

@5 et significatum sit regnum Domini in caelis 注5 et significatum sit regnum Domini in caelissit et significatum regnum caelesteに換えた。

@6 i ibi 注6 ibiを補うとよい。

@7 oporteat 注7 oporteatpateatに換えた。〔「当然である」を「明らかである」に変えた。〕

@8 i hoc est, Domini 注8 hoc est, Dominiを補うとよい。

author:yasubee, category:原典講読『みことばとその内意』, 23:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『表象と対応』54
 

(1) 原文「3480番」

54. Ostensum etiam est quomodo immunda apud illam gentem non impediverint quin Verbi interiora, seu ejus spiritualia et caelestia, in caelo usque sisterentur; immunda enim removebantur ut non appercepta, etiam mala in bonum vertebantur, sic ut modo externum sanctum pro plano inserviret, ita sistebantur coram angelis, absque interjectis remoris, interna Verbi; inde patuit quomodo {1}populus ille interius idololatra potuerit repraesentare {2}sancta, immo Ipsum Dominum, {3} ita quomodo Dominus in medio immunditiarum eorum {4}potuerit habitare, Lev. xvi 16; proinde Ecclesiae simile ibi habere, nam Ecclesia mere repraesentativa est instar Ecclesiae, non est Ecclesia. [2] Apud Christianos hoc ita non fieri potest quia norunt interiora {5}cultus, sed illis non credunt; ita {6}non in sancto externo separato ab interno possunt esse; praeter apud illos qui in vita fidei sunt, per bona apud illos fit communicatio, remotis interea malis et falsis, et tunc, quod mirum, omnia et singula {7}Verbi quod ab his legitur, coram angelis patent, et {8}hoc quoque tametsi illi non ad sensum ejus attendunt, quod mihi pluri experientia ostensum est, nam internum apud illos, quod non ita perceptibile est, pro plano inservit.

@1 populis I @2 caelestia @3 i quamvis nihil crediderunt @4 potuit esse @5 fidei @6 nec @7 in Verbo, cum @8 hoc tametsi homo non ad sensum ejus attendit

 

(2) 直訳

54. Ostensum etiam est quomodo immunda apud illam gentem non impediverint quin Verbi interiora, seu ejus spiritualia et caelestia, in caelo usque sisterentur; さらにまたされたどのようにその国民のもとのれたものがじゃましなかったかみことばの内的なものでなくすなわちその霊的なものと天的もの、それでも天界の中に示される。

immunda enim removebantur ut non appercepta, etiam mala in bonum vertebantur, sic ut modo externum sanctum pro plano inserviret, ita sistebantur coram angelis, absque interjectis remoris, interna Verbi; というのは、汚れたものは遠ざけられたから、認めなかったもののように、さらにまた悪は善に変えられた、そのように単に外なる聖なるものは面として役立った、そのように天使たちの前に示された、障害物に間にはさまれてなしに、みことばの内なるものが。

inde patuit quomodo {1}populus ille interius idololatra potuerit repraesentare {2}sancta, immo Ipsum Dominum, {3} ita quomodo Dominus in medio immunditiarum eorum {4}potuerit habitare, Lev. xvi 16; ここかららかである、どのように内的に偶像崇拝者〔である〕その民族が聖なるものを表象できたか、それどころか主ご自身を、そのように(したがって)どのように主が彼らの不潔なものの真ん中に住むことができたか、レビ記16:16

proinde Ecclesiae simile ibi habere, nam Ecclesia mere repraesentativa est instar Ecclesiae, non est Ecclesia. そのゆえに、教会のものに似たものをそこに持つこと〔ができる〕、なぜなら、単に表象的な教会は教会の似たもの(像、写し)であるから、教会ではない☆。

Ecclesia「教会」とEcclesiae「教会の(もの)」の違いに注意。

[2] Apud Christianos hoc ita non fieri potest quia norunt interiora {5}cultus, sed illis non credunt; [2] キリスト教徒のもとでこのことはそのように生ずることができない、礼拝の内的なものを知らないので、しかし、それらに☆信じない。

credoはたいてい対格をとりますが、このように与格をとることもあります。

ita {6}non in sancto externo separato ab interno possunt esse; そのように(したがって)内なるものから分離した外なる聖なるものの中にいることができない。

praeter apud illos qui in vita fidei sunt, per bona apud illos fit communicatio, remotis interea malis et falsis, et tunc, quod mirum, omnia et singula {7}Verbi quod ab his legitur, coram angelis patent, et {8}hoc quoque tametsi illi non ad sensum ejus attendunt, quod mihi pluri experientia ostensum est, nam internum apud illos, quod non ita perceptibile est, pro plano inservit. 他に(加えて)彼らのもとに、その者は信仰の生活の中にいる、彼らのもとの善によって伝達(交通)が生ずる、その間に悪と虚偽に遠く離れて、またその時、驚くべきこと〔に〕、みことばのすべてと個々のものが、それは彼らにより読まれている、天使の前で明らかである、またこのこともまた〔生ずる〕、たとえ彼らがその意味に注意しなくても、そのことは私に多くの経験で示された、なぜなら、彼らのもとの内的なものが、それはそのように知覚できない、面として役立っているから。

@1 populis I 注1 初版のpopulispopulusに換えた。〔複数与格よりも単数主格にすべきです〕

@2 caelestia 注2 caelesitasanctaに換えた。

@3 i quamvis nihil crediderunt 注3 quamvis nihil crediderunを補うとよい。

@4 potuit esse 注4 potuit essepotuerit habitareに換えた。

@5 fidei 注5 fideicultusに換えた。

@6 nec 注6 necnonに換えた。

@7 in Verbo, cum 注7 in Verbo, cumVerbi, quodに換えた。

@8 hoc tametsi homo non ad sensum ejus attendit 注8 hoc tametsi homo non ad sensum ejus attendithoc quoque tametsi illi non ad sensum ejus attenduntに換えた。

 

(3) 訳文

54. さらにまたみことばの内的なものすなわちその霊的なものと天的ものどのようにその国民のもとのれたものにじゃまれずに天界の中に示されかが示されたというのは、汚れたものは認めなかったもののように遠ざけられ、さらにまた悪は善に変えられ、そのように単に外なる聖なるものは面として役立ち、障害物が間にはさまれることなしに、そのように天使たちの前に、みことばの内なるものが示されたからである。ここから、内的に偶像崇拝者であるその民族がどのように聖なるものを、それどころか主ご自身を表象できたか、したがって、どのように主が彼らの不潔なものの真ん中に住むことができたか明らかである、「レビ記」16:16それゆえ、そこに教会に属するものに似たものを持つことができる、なぜなら、単に表象的な教会は教会のであり、教会ではないるから。

[2] このことはキリスト教徒のもとで、礼拝内的なものをらないのでそのようにることができないしかしそれら〔内的なものをじない。そのように、内なるものから分離した外なる聖なるものの中にいることができない。

 他、信仰生活にいるのもとでは、彼らのもとのによって伝達ずる――そ虚偽れている。またその時、驚くべきことに、彼らによりまれている、みことばのすべてと個々のものが天使らかであることもまた、たとえらがその意味注意しなくてもずるそのことはくの経験されたなぜならそのように知覚できないらのもとの内的なものがとして役立っているからである

author:yasubee, category:原典講読『みことばとその内意』, 23:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『表象と対応』53(直訳まで)
 

(1) 原文「3479番」

53. Judaei qui ante Domini Adventum vixerunt, sicut etiam qua postea, non aliam opinionem de ritualibus Ecclesiae suae habuerunt quam quod cultus Divinus solum consisteret in externis; quid repraesentabant et significabant, nihil curabant; non enim sciebant, nec scire volebant, quod aliquod internum cultus et Verbi daretur, {1}ita quod aliqua vita esset post mortem, {2}consequenter quod aliquod caelum, erant enim prorsus sensuales et corporei; et quia {3}in externis separatis ab internis erant, cultus respective ad illos non aliud fuit quam idololatricus, quapropter {4}pronissimi erant ad colendos quoscumque deos, modo persuaderentur quod illi prosperare eos possent: [2] sed quia gens illa talis erat ut in externo sancto potuissent esse, et sic sancta habere ritualia per quae repraesentabantur caelestia regni Domini, et sanctam venerationem habere pro Abrahamo, Jishako et Jacobo, et quoque pro Mose et Aharone, et postea pro Davide, per quos repraesentabatur Dominus, et cumprimis sanctitatem habere pro Verbo, in quo omnia et singula repraesentativa et significativa Divinorum sunt, ideo in illa gente Ecclesia repraesentativa instituta fuit; si autem gens illa novisset interna usque ad agnitionem, tunc profanavisset illa, et sic cum in sancto externo simul in profano interno fuissent, ita prorsus nulla communicatio potuisset esse repraesentativorum cum caelo per illam gentem; inde est quod {5}interiora non illis detecta fuerint, ne quidem quod Dominus {6}venturus ut salvaret animas illorum. [3] Quia tribus Judaica prae reliquis tribubus talis fuit, et hodie sicut olim, ritualia quae extra Hierosolymam observari possunt, sancta habent, etiam sanctam venerationem pro patribus suis ac imprimis sanctitatem pro Verbo Veteris Testamenti, et praevisum quod Christiani paene rejicerent illud, et quoque foedarent interna sua profanis, ideo gens illa huc usque conservata est, secundum Domini verba apud Matthaeum, xxiv 34; aliter si Christiani, sicut norunt interna, quoque viverent interni homines; si hoc, gens illa ante plura saecula, sicut aliae gentes, excisa fuisset. {8}Sed cum gente illa ita se habet quod sanctum eorum externum seu sanctum cultus, nihil afficere possit interna eorum, haec enim immunda ex sordido amore sui et ex sordido mundi sunt, et quoque ex idololatrico quod externa colant absque internis; et sic quia non aliquid caeli in se habent, nec aliquid caeli in alteram vitam {7}secum ferre possunt, praeter paucos qui in amore mutuo, et sic non in contemptu aliorum prae se vivunt.

@1 nec @2 ita @3 separabant interna ab externis @4 etiam pronissimi fuerunt @5 after fuerint @6 erat intus I @7 after caeli

 

(2) 直訳

53. Judaei qui ante Domini Adventum vixerunt, sicut etiam qua postea, non aliam opinionem de ritualibus Ecclesiae suae habuerunt quam quod cultus Divinus solum consisteret in externis; ユダヤたちはその来臨きたそのもまたそののように〔生きた者〕、自分たちの教会儀式について見解たなかった、神的()礼拝なるもののにあること以外に。

quid repraesentabant et significabant, nihil curabant; 〔その礼拝が〕何を表象し、意味するか、何も気にしなかった。

non enim sciebant, nec scire volebant, quod aliquod internum cultus et Verbi daretur, {1}ita quod aliqua vita esset post mortem, {2}consequenter quod aliquod caelum, erant enim prorsus sensuales et corporei; というのは、知らなかった、知ることを欲しもしなかったから、礼拝とみことばに何らかの内なるものが存在することを、そのように死後、何らかの生活がある(あった)ことを、したがって何らかの天界〔があること〕、というのは〔彼らは〕まったく感覚的でまた形体的(物質的)であったから。

et quia {3}in externis separatis ab internis erant, cultus respective ad illos non aliud fuit quam idololatricus, quapropter {4}pronissimi erant ad colendos quoscumque deos, modo persuaderentur quod illi prosperare eos possent: また内なるものから分離した外なる者の中にいた☆ので、礼拝は相対的に彼らに〔とって〕偶像崇拝的なもの以外の何らかのものでなかった、そのために、礼拝することへ最も〔向かい〕やすかった、どんな神でも、単に説得される〔なら〕、それ〔神〕が彼らを繁栄させることができること。

脚注参照。

[2] sed quia gens illa talis erat ut in externo sancto potuissent esse, et sic sancta habere ritualia per quae repraesentabantur caelestia regni Domini, et sanctam venerationem habere pro Abrahamo, Jishako et Jacobo, et quoque pro Mose et Aharone, et postea pro Davide, per quos repraesentabatur Dominus, et cumprimis sanctitatem habere pro Verbo, in quo omnia et singula repraesentativa et significativa Divinorum sunt, ideo in illa gente Ecclesia repraesentativa instituta fuit; [2] しかし、その国民はこのようなものであったので、外なる聖なるものの中にいることができなような、またこのように聖なる儀式のものを持つこと、それらによって主の王国の天的なものを表象した、またアブラハム、イサク、またヤコブのために、そしてまたモーセとアロンのために、またその後、ダビデのために聖なる崇敬をもつこと、それらによって主が表象された、またみことばのために聖なるもの(敬虔)を持つこと、その(みことばの)に主の表象と表意のすべてと個々のものがある、それゆえ、その国民の中に表象的な教会が設立された。

si autem gens illa novisset interna usque ad agnitionem, tunc profanavisset illa, et sic cum in sancto externo simul in profano interno fuissent, ita prorsus nulla communicatio potuisset esse repraesentativorum cum caelo per illam gentem; けれども、もしその国民が内なるものを知ったなら、承認(認知)〔する〕までも、その時、それを冒涜してしまった〔であろう〕、またこのように外なる聖なるものの中と同時に内なる冒涜的なものの中にいた〔なら〕、そのようにまったく交通☆(伝達手段)が存することができなかった、その国民によって天界との表象の。

communicatio(英語communicatio)の訳語としてこれまで使用してこなかった「交通」を取り入れます。「車の交通」「交通整理」として「交通」が使われ、そのイメージが強いのですが、本来、(このように)っと違う良い意味があります。

inde est quod {5}interiora non illis detecta fuerint, ne quidem quod Dominus {6}venturus ut salvaret animas illorum. ここからである、内的なものは彼らに明らかにされなかったこと、そのうえ主がやって来る☆こと、彼らの霊魂を救うために。

「霊魂を救うために」とのつながりは「〔主が〕内にいること」よりも「やって来る」としたほうが内容的によくわかり、はるかに読み易いのでこの修正は当然でしょう、脚注参照。

[3] Quia tribus Judaica prae reliquis tribubus talis fuit, et hodie sicut olim, ritualia quae extra Hierosolymam observari possunt, sancta habent, etiam sanctam venerationem pro patribus suis ac imprimis sanctitatem pro Verbo Veteris Testamenti, et praevisum quod Christiani paene rejicerent illud, et quoque foedarent interna sua profanis, ideo gens illa huc usque conservata est, secundum Domini verba apud Matthaeum, xxiv 34; [3] ユダの部族(種族)は残りの(他の)族よりもこのようなものであったので、また昔のように今日も、儀式を、それらはエルサレムの外で守られることができる、聖なるものを持つ、さらにまた自分の父祖のために聖なる崇敬を、そして特に、旧い契約(旧約聖書)のみことばのために聖なるものを、また先見された、キリスト教徒たちがそれをほとんど拒否すること、そしてまたその内なるものを冒涜的なもので汚染する、それゆえ、その国民はここまで☆保たれた、「マタイ(福音書)」第2434節の主のことばにしたがって。

hucusqueとともなって(も、ともなわなくても)「ここまで」の意味です。

aliter si Christiani, sicut norunt interna, quoque viverent interni homines; 異なって〔いた〕もしキリスト教徒たちが、内なるものを知って、内なる人のようにもまた生きたなら。

si hoc, gens illa ante plura saecula, sicut aliae gentes, excisa fuisset. もしこのこと〔が起こる〕なら、その国民は数世紀前に、他の国民のように、失われてしまった〔であろう〕。

{8}Sed cum gente illa ita se habet quod sanctum eorum externum seu sanctum cultus, nihil afficere possit interna eorum, haec enim immunda ex sordido amore sui et ex sordido mundi sunt, et quoque ex idololatrico quod externa colant absque internis; しかし、その国民にそのようである(振る舞う)、彼らの外なる聖なるもの、すなわち、礼拝の聖なるものは、彼らの内なるものを何も働きかけることができない、というのは、これらはあさましい自己愛からまたあさましい世俗〔愛〕から汚れたものであるから、そしてまた偶像崇拝的なものから、(それは)内なるものなしに外なるものを礼拝すること。

et sic quia non aliquid caeli in se habent, nec aliquid caeli in alteram vitam {7}secum ferre possunt, praeter paucos qui in amore mutuo, et sic non in contemptu aliorum prae se vivunt. またこのようのに天界の何らかのものを自分自身の中に(本質的に)たないので、天界の何らかのものを来世の中でも自分自身に持つ(もたらす)こともできない、わずかな者を除いて、その者は相互愛の中に〔生きて〕、またこのように自分自身と比べて他の者の軽蔑の中に生きない、

@1 nec 注1 necitaに換えた。

@2 ita 注2 itaconsequenterに換えた。

@3 separabant interna ab externis 注3 separabant interna ab externisin externis separatis ab internis erantに換えた。〔「彼らは外なるものから内なるものを分離した」よりも、これを変えたほうが読み易いでしょう〕

@4 etiam pronissimi fuerunt 注4 etiam pronissimi fueruntpronissimi erantに換えた。

@5 after fuerint 注5 fuerintの後ろにあったinterioraをこの位置に移動した。

@6 erat intus I 注6 初版のerat intusventurusに換えた。〔柳瀬訳はこの初版の英訳に基づいています〕

@7 after caeli 注7 caeliの後ろにあったsecumをこの位置に移動した。

author:yasubee, category:原典講読『みことばとその内意』, 23:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『表象と対応』52
 

(1) 原文「3478番」

52. Etiam repraesentabatur coram quibusdam tabernaculum cum arca; qui enim Verbo summopere delectati fuerunt cum vixerunt in mundo, illis talia {1} quoque sistuntur videnda; ita tunc tabernaculum cum omni ejus apparatu, nempe cum atriis, aulaeis circum, velis intus, altari aureo seu suffitus, mensa ubi panes, candelabro, propitiatorio cum cherubis; et tunc simul spiritibus probis dabatur percipere quid singula significarent; erant tres caeli, qui per tabernaculum repraesentati sunt, et Ipse Dominus per testimonium in arca super qua propitiatorium; et quantum illis aperiebatur visus, tantum in illis caelestiora ac Diviniora videbant, quorum nullam cognitionem habuerunt in vita corporis, et quod mirum, non erat minimum ibi quod non esset repraesentativum, usque ad uncos et annulos; ut solum in pane qui super mens, in illo ut in repraesentativo et symbolico percipiebant illum victum a quo angeli vivunt, ita amorem caelestem et spiritualem cum eorum faustis et felicibus, ac in illo et in his Ipsum Dominum, ut panem seu mannam e caelo, praeter plura ex panum forma, positione, numero, et ex auro quod ibi circum, et ex candelabro e quo illa illuminata adhuc exhibebant repraesentationes rerum* ineffabiliarum; ita in reliquis; ex quibus constare quoque potuit quod ritualia seu repraesentativa Ecclesiae Judaicae in se continuerint omnia arcana Ecclesiae Christianae, tum quod illi quibus repraesentativa et significativa Verbi Veteris Testamenti aperiuntur, arcana Ecclesiae Domini in terris, cum vivunt in mundo, et arcanorum arcana quae in regno Domini in caelis, cum in alteram vitam veniunt, scire et percipere possint.

@1 i in altera vita

 

(2) 直訳

52. Etiam repraesentabatur coram quibusdam tabernaculum cum arca; さらにまたあるたちのに〔契約の〕とともに幕屋(天幕)が表象された。

qui enim Verbo summopere delectati fuerunt cum vixerunt in mundo, illis talia {1} quoque sistuntur videnda; というのはみことばを最高んだ、世たとき、彼らにこのようなものが〔来世の中でも〕また見られて(動形容詞・未来受動分詞)されるから。

ita tunc tabernaculum cum omni ejus apparatu, nempe cum atriis, aulaeis circum, velis intus, altari aureo seu suffitus, mensa ubi panes, candelabro, propitiatorio cum cherubis; そのようにその時、幕屋(天幕)はその備品ととともに、すなわち、その前庭とともに、まわりの幕、内部の垂れ幕、金または香の祭壇、机、そこにパン、燭台、贖いのふた、ケルブとともに。

et tunc simul spiritibus probis dabatur percipere quid singula significarent; またその時、同時に正直な霊たちに知覚することが与えられる、個々のものは何を意味するか。

erant tres caeli, qui per tabernaculum repraesentati sunt, et Ipse Dominus per testimonium in arca super qua propitiatorium; 三つの天界であった、それらが幕屋(天幕)によって表象された、また主ご自身がこの中の証しによって、その〔箱の〕上に贖いのふた。

et quantum illis aperiebatur visus, tantum in illis caelestiora ac Diviniora videbant, quorum nullam cognitionem habuerunt in vita corporis, et quod mirum, non erat minimum ibi quod non esset repraesentativum, usque ad uncos et annulos; またどれだけ彼らに視覚が開かれるか〔によって〕、それだけそれらの中の天界的なもの、そして神的なものを見た、それらの何もない思考を、身体のいのちの中で持った、また驚くべきこと〔に〕、そこに最小(のもので)表象()でない〔もの〕がなかった、鉤(かぎ)と環()までも。

ut solum in pane qui super mens, in illo ut in repraesentativo et symbolico percipiebant illum victum a quo angeli vivunt, ita amorem caelestem et spiritualem cum eorum faustis et felicibus, ac in illo et in his Ipsum Dominum, ut panem seu mannam e caelo, praeter plura ex panum forma, positione, numero, et ex auro quod ibi circum, et ex candelabro e quo illa illuminata adhuc exhibebant repraesentationes rerum* ineffabiliarum; 例えば、単にパンの中に、それは机の上に〔置かれた〕、その中に、表象()と表意()の中にのように、それを食べ物を知覚した、それから天使たちが生きる、そのように天的なまた霊的な愛を、それらの至福と幸福とともに、またそれら〔前者〕の中にまたこれら〔後者〕の中に主ご自身を、天からのパンまたはマナのように(として) ほかに多くのものを〔知覚した〕、パンの形から、位置、数、また金から、それはそこに周囲に〔ある〕、また燭台から、それ〔燭台〕からそれら照らされたものは、さらに言語に絶する表象の事柄☆を示した。

☆ ここに*がついていますが、*についてどこにも、何の説明もなく、また初版にもこの*はついていません。単なる「ごみ」としてよいでしょう。しかし、このように明白なミスプリ(?)がどうして、校正されずに残ってしまうのでしょうか?

ita in reliquis; そのように他の(残りの)ものの中に。

ex quibus constare quoque potuit quod ritualia seu repraesentativa Ecclesiae Judaicae in se continuerint omnia arcana Ecclesiae Christianae, tum quod illi quibus repraesentativa et significativa Verbi Veteris Testamenti aperiuntur, arcana Ecclesiae Domini in terris, cum vivunt in mundo, et arcanorum arcana quae in regno Domini in caelis, cum in alteram vitam veniunt, scire et percipere possint. これらからもまた明らかにすることができる、ユダヤ教会の儀式または表象()はそれ自体の中に(本質的に)キリスト教会のすべてのアルカナを存続させたこと、なおまた、彼らは、その者に旧約聖書のみことばの表象()と表意()が開かれた(示された)地の中に主の教会のアルカナを、また天界の中にアルカナの中のアルカナを、それらは主の王国の中に〔ある〕、来世にやって来るとき、見ること、また知覚することができること。

@1 i in altera vita 注1 in altera vitaを補うとよい。

 

(3) 訳文

52. さらにまたあるたちの〔契約〕箱とともに幕屋が表象された。というのは、世たとき、みことばを最高んだ、彼らにこのようなものが〔来世の中でも〕また見られてされるから。そのようにその時、幕屋はその備品ととともに、すなわち、その前庭、まわりの幕、内部の垂れ幕、金または香の祭壇、パン〔の置かれた〕机、燭台、ケルブと贖いのふたとともに〔見られる〕またその時、同時正直たちに、個々のものは意味するか知覚することがえられる。幕屋によって、また主ご自身が上に贖いのふた〔が置かれた〕その〔箱の〕の中の証しによって表象されたものは、三つの天界であったまたらに視覚かれればかれるほどそれだけそれらの中の天界的なものそして神的なものをたがいのちが身体中にあったとき、それらの思考は何持たなかった、またくべきことにそこに(かぎ)()までも最小もので〕表象しないものはなかった。例えば、机〔置かれたパンだけでもそのそれらの表象()表意()にのようにそれから天使たちがきるその知覚したそのように天的なまた霊的それらの至福幸福とともにまた前者と後者自身、天からのパンまたはマナのようにほかにくのものを〔知覚した〕。パンの形、位置、数、またそこの周囲ある〕金からまた燭台から〔知覚した〕。その燭台からそれらのらされたものはさらに言語する表象する事柄したそのように他のものも〔知覚した〕。これらからもまた、ユダヤ教会の儀式または表象()本質的にキリスト教会のすべてのアルカナを存続させたこと、なおまた、旧約聖書のみことばの表象()と表意()が示された者に、地上の主の教会のアルカナを、また天界の主の王国の中のアルカナの中のアルカナを、来世にやって来るとき、見、知覚することができることを明らかにすることができる。

author:yasubee, category:原典講読『みことばとその内意』, 23:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『表象と対応』 51
 

(1) 原文「3477番」

51. Dictum est quod continua sint repraesentativa in caelis, et quidem talia quae involvunt arcanissima sapientiae; quae patent coram homine ex sensu litterali Verbi, sunt tam pauca respective sicut aquae oceani ad aquas parvuli lacus; qualia sunt repraesentativa in caelis, constare potest ab illis quae aliquoties prius ex visis relata sunt, et quoque ab his: repraesentata fuit coram aliquibus, quod vidi, lata via et stricta via, de qua in Verbo, lata quae duceret ad infernum, et stricta quae ad caelum; lata erat consita arboribus et floribus, et ejuscemodi quae externa forma apparebant pulchra et jucunda, sed absconditi erant ibi varii generis angues et serpentes quos non videbant; stricta via non erat ita decorata arboribus et floretis ad visum, sed apparuit tristis et obscura, sed in illa erant angeli infantes pulcherrime decorati in paradisis et floretis amoenissimis, quae tamen non videbant; interrogabantur tunc quam viam ire vellent; dicebant latam, sed subito aperiebantur illis oculi, et in lata videbant serpentes, in stricta autem angelos; et tunc iterum interrogabantur quam viam ire vellent, tunc haerebant taciti; et quantum aperiebatur illis visus, dicebant se ire velle {1}strictam, et quantum claudebatur visus, se ire velle latam.

@1 arctam

 

(2) 直訳

51. Dictum est quod continua sint repraesentativa in caelis, et quidem talia quae involvunt arcanissima sapientiae; 言われた、天界のない表象()あることそのうえこのようなものが、知恵最高のアルカナをむこと

quae patent coram homine ex sensu litterali Verbi, sunt tam pauca respective sicut aquae oceani ad aquas parvuli lacus; それらはみことばの文字どおりの意味から人間らかであるこれほどに(相対的)わずかである、大海のように、小さい(水たまり)の水に(べて)。

qualia sunt repraesentativa in caelis, constare potest ab illis quae aliquoties prius ex visis relata sunt, et quoque ab his: 天界表象()がどのようなものであるかそれらからかにすることができる、それらは数回、前に視覚(見ること)から述べられた、そしてまたこれらから――

repraesentata fuit coram aliquibus, quod vidi, lata via et stricta via, de qua in Verbo, lata quae duceret ad infernum, et stricta quae ad caelum; あるたちの表象されたそれを、広道、それについてはみことばの、広いもの〔道〕はそれは地獄へ導く、また狭いもの〔道〕はそれは天界へ。

lata erat consita arboribus et floribus, et ejuscemodi quae externa forma apparebant pulchra et jucunda, sed absconditi erant ibi varii generis angues et serpentes quos non videbant; 広いもの〔道〕木々花々えられていたまたその種類のものでそれらの外なる形は美しいものと快いものに見えた、しかし、そこに隠れていた、いろいろな種類のヘビとヘビ☆が、それらを彼らは見なかった。

私には違いがわかりません、そして「いろいな種類の」とあるので「ヘビ」とだけ言えばよいと思いす。

stricta via non erat ita decorata arboribus et floretis ad visum, sed apparuit tristis et obscura, sed in illa erant angeli infantes pulcherrime decorati in paradisis et floretis amoenissimis, quae tamen non videbant; 狭、そのように木々花々られてなかったしかし、悲しいものとものに見えた、しかし、それらの中に最も美しく飾られた天使の幼児がいた、楽園と最も快い花の中に、それらをそれでもなお、彼らは見なかった。

interrogabantur tunc quam viam ire vellent; その時、どの☆道くことをするか、質問された

quamは疑問形容詞の女性形(単数対格)。

dicebant latam, sed subito aperiebantur illis oculi, et in lata videbant serpentes, in stricta autem angelos; 広いものを〔行きたい〕と言った、しかし、不意に、彼らに目で開かれた、また広いものの中にヘビを見た、けれども狭いものの中に天使を。

et tunc iterum interrogabantur quam viam ire vellent, tunc haerebant taciti; またその時、再び質問された、どのくことをするか、その時、黙って途方にくれた(ためらいながら行動した)

et quantum aperiebatur illis visus, dicebant se ire velle {1}strictam, et quantum claudebatur visus, se ire velle latam. また彼らに視覚が開かれたかぎり、自分自身に、狭いものを行くことを欲すること言った、また視覚が閉ざされるかぎり、自分自身に広いものを行くことを欲する。

@1 arctam 注1 arctamstrictamに換えた。〔形容詞arctusは〃い狭い、の意味です〕

 

(3) 訳文

51. 天界のない表象ありそのうえ知恵最高のアルカナをむようなものがあることがわれたみことばの文字どおりの意味から人間らかであるものは大海水に比べた小さい池の水にほどにわずかである。天界表象がどのようなものであるかは、前に数回、見ることから述べられたものから、そしてまた次のから明かにすることができる――

あるたちの道が表象されのをそれは、みことばのに〔ある〕地獄へ導く広道と天界へ導く狭い道〔であった〕。広、外なる形では美しいものと快いものに見える種類木々花々えられていた、しかし、そこに、彼らに見えない、いろいろな種類のヘビが隠れていた。しかし、そのような木々花々られてなかった、悲しくものに見えた、しかし、その中に、楽園と最も快い花の中に、最も美しく飾られた天使の幼児がいた、それでもなお、彼らはそれらを見なかった。

 その時、どの行きたい、質問された。広きたいったしかし、不意、彼らのかれ、広にヘビをけれども、狭
author:yasubee, category:原典講読『みことばとその内意』, 23:55
comments(1), trackbacks(0), pookmark