RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『世の終わりと最後の審判』 68(最終回)
 

(1) 原文「5071番」

68 Quod illi qui a sinistris, dicantur 'maledicti', ac poena eorum ignis aeternus, 'Tunc dicet etiam iis qui a sinistris, Discedite a Me maledicti in ignem aeternum paratum diabolo et angelis ejus; et abibunt hi in poenam aeternam', est quia se averterunt a bono et vero, et converterunt ad malum et falsum; 'maledictio' in sensu Verbi interno' significat aversionem, n. 245, 379, 1423, 3530, 3584. 'Ignis aeternus' in quem discederent, non est ignis elementaris, nec est conscientiae cruciatus, sed est concupiscentia mali; concupiscentiae enim apud hominem sunt ignes spirituales qui illum in vita corporis consumunt, et in altera vita cruciant; ex illis ignibus infernales se mutuo diris modis torquent. [2] Quod ignis aeternus non sit ignis elementaris, constare potest; quod non sit conscientiae cruciatus, est quia omnes qui in malo sunt, nullam conscientiam habent, et qui nullam in vita corporis habuerant, nec ullam habere possunt in altera vita; at quod concupiscentia sit, est quia omne igneum vitale est ab amoribus apud hominem, igneum caeleste ab amore boni et veri, et igneum infernale ab amore mali et falsi, seu quod idem, igneum caeleste est ab amore in Dominum et amore erga proximum, et igneum infernale ab amore sui et amore mundi; quod omnis ignis seu calor intus in homine sit inde, quisque scire potest si attendat {1}: inde quoque est quod amor dicatur calor spiritualis, et quod per ignem et calorem in Verbo non aliud significetur, n. 934 f, 1297, 1527, 1528, 1861, 2446, 4906{1}. Igneum vitale apud malos etiam tale est ut cum in concupiscentiarum vehementia sunt, etiam in quodam {2} igne sint, ex quo in ardore {3} et furore cruciandi alios; sed igneum vitale apud bonos tale est ut cum in affectionis gradu superiore sunt, etiam in quodam quasi igne sint, sed ex illo in amore et zelo benefaciendi aliis.

@1 In A the § at first ended and was ruled off here, and again after 4906. @2 i quasi @3 i sunt

 

(2) 直訳

68 Quod illi qui a sinistris, dicantur 'maledicti', ac poena eorum ignis aeternus, 'Tunc dicet etiam iis qui a sinistris, Discedite a Me maledicti in ignem aeternum paratum diabolo et angelis ejus; 彼らがの者は左側から、「呪われた者(たち)」と言われること、そして彼らの罰が永遠の火〔と言われる〕、「その時、左側いる〕者にもまた、『わたしから、呪われたたち、悪魔とその使いたちに用意された永遠』」

et abibunt hi in poenam aeternam', est quia se averterunt a bono et vero, et converterunt ad malum et falsum; 「またこれらの永遠、自分自身真理からかせた(けた)からであるまた悪と虚偽へ向けた。

'maledictio' in sensu Verbi interno' significat aversionem, n. 245, 379, 1423, 3530, 3584. 「呪い」は、みことばの内意の中で離反を意味する、245, 379, 1423, 3530, 3584番。

'Ignis aeternus' in quem discederent, non est ignis elementaris, nec est conscientiae cruciatus, sed est concupiscentia mali; 「永遠の火」は、その中に〔彼らが〕出かける(出発する)()元素の火でなく、良心の苦悩(呵責)でもなく、しかし、悪の欲望である。

concupiscentiae enim apud hominem sunt ignes spirituales qui illum in vita corporis consumunt, et in altera vita cruciant; というのは、人間のもとの欲望は霊的な火であるから、それが彼を身体のいのちの中で食い尽くす(焼き尽くす)、また来世の中で拷問にかける(苦しめる、悩ます)

ex illis ignibus infernales se mutuo diris modis torquent. それらの火から、地獄の者は(自分自身を)いに恐ろしい方法で拷問にかける。

[2] Quod ignis aeternus non sit ignis elementaris, constare potest; [2] 永遠の火が()元素の火でないことは、明らかにすることができる。

quod non sit conscientiae cruciatus, est quia omnes qui in malo sunt, nullam conscientiam habent, et qui nullam in vita corporis habuerant, nec ullam habere possunt in altera vita; 良心の苦悩(呵責)でないことは、すべての者は、その者は悪の中にいる、何も良心を持たないからである、また、身体のいのちの中で何も〔良心を〕持たなかった者は、来世の中で何も持つことができないからである。

at quod concupiscentia sit, est quia omne igneum vitale est ab amoribus apud hominem, igneum caeleste ab amore boni et veri, et igneum infernale ab amore mali et falsi, seu quod idem, igneum caeleste est ab amore in Dominum et amore erga proximum, et igneum infernale ab amore sui et amore mundi; しかし、欲望であることは、いのち(生命)すべての火は人間のもとの愛からであるからである、天界の火は善と真理の愛から、また地獄の火は悪と虚偽の愛から、すなわち、同じこと〔であるが〕、天界の火は主への愛と隣人に対する愛からである、また地獄の火は自己愛と世俗愛から。

quod omnis ignis seu calor intus in homine sit inde, quisque scire potest si attendat {1}: 人間の中の内部に〔ある〕すべての火、すなわち、熱はここからであることは、それぞれの者は知ることができる、もし注意するなら☆。

脚注参照。

inde quoque est quod amor dicatur calor spiritualis, et quod per ignem et calorem in Verbo non aliud significetur, n. 934 f, 1297, 1527, 1528, 1861, 2446, 4906{1}. ここからもまたである、愛が霊的な熱と言われること、また、みことばの中の火と熱によって他のものが意味されないこと、934末尾, 1297, 1527, 1528, 1861, 2446, 490番。

Igneum vitale apud malos etiam tale est ut cum in concupiscentiarum vehementia sunt, etiam in quodam {2} igne sint, ex quo in ardore {3} et furore cruciandi alios; 悪い者のもとのいのちの火はこのようなものである、欲望の猛烈さの中にいるときのような、さらにまたある種の〔いわば〕火の中にいる、それ〔火which〕から他の者を拷問にかける(苦しめる、悩ます)熱望と激怒の中に〔いる〕。

sed igneum vitale apud bonos tale est ut cum in affectionis gradu superiore sunt, etiam in quodam quasi igne sint, sed ex illo in amore et zelo benefaciendi aliis. しかし、善い者のもとのいのちの火はこのようなものである、高い段階の情愛の中にいるときのような、さらにまたある種のいわば火の中にいる、しかし、それ〔火it〕☆から他の者に善を行なおう(よくてやろう)との愛と熱意の中に〔いる〕。

ここで同じ文脈の中で一方はquo(英訳which)でもう一方はillo(英訳it)です。どちらも「火」を指していると思えるのに、このように指示詞が違っています。どうしてでしょうか?

@1 In A the § at first ended and was ruled off here, and again after 4906. 注1 自筆原稿ではこの段落は最初、ここで☆終わっており、罫線が引かれている、そしてさらに4906の後に〔書き続けられた〕。

本文中に脚注記号{1}2箇所に付けられています。私にはどのように解釈すべきかわかりませんが、最初の{1}は付け間違いかと思います。

@2 i quasi 注2 quasiを補うとよい。

@3 i sunt 注3 suntを補うとよい。

 

(3) 訳文(天界の秘義5071)

68 左側の者が、「呪われた者」と言われ、そして「その時、左側にいるにもまた、『わたしから、呪われたたち、悪魔とその使いたちに用意された永遠』」と、「またこれらの永遠」と、彼らの罰が永遠の火と言われるの、自分自身真理からかせ、悪虚偽けたからである「呪い」は、みことばの内意の中で離反を意味する、245, 379, 1423, 3530, 3584番。彼らが行くことになる「永遠の火」は、()元素の火ではなく、良心の呵責でもなく、悪の欲望である。というのは、人間のもとの欲望は霊的な火であり、それが彼を身体のいのちの中で焼き尽くし、来世の中で苦しめるから。それらの火から、地獄の者は(自分自身を)いに恐ろしい方法で拷問にかける。

 [2] 永遠の火が()元素の火でないことは、明らかにすることができる。良心の呵責でないことは、悪の中にいるすべての者は何も良心を持たないからである、また、身体のいのちの中で何も〔良心を〕持たなかった者は、来世の中で何も持つことができないからである。しかし、欲望であることは、生命のすべての火は人間のもとの愛からであるからである、天界の火は善と真理の愛から、また地獄の火は悪と虚偽の愛から、すなわち、同じことであるが、天界の火は主への愛と隣人に対する愛から、また地獄の火は自己愛と世俗愛からである。人間の中の内部に〔ある〕すべての火、すなわち、熱はここからであることは、それぞれの者が注意するなら、知ることができる。ここからもまた、愛が霊的な熱と言われ、みことばの中の火と熱によって他のものが意味されない、934末尾, 1297, 1527, 1528, 1861, 2446, 490番。

 悪い者のもとのいのちの火は欲望の猛烈さの中にいるときのようなものである、さらにまたある種の〔いわば〕火の中にいて、その火から他の者を苦しめる熱望と激怒の中にいる。しかし、善い者のもとのいのちの火は高い段階の情愛の中にいるときのようなものである、さらにまたある種のいわば火の中にいて、その火から他の者に善を行なおうとする愛と熱意の中にいる。

 

(4) 終了、『主について』、スヴェーデンボリ出版から

これで終了です。そして『天界の秘義』からの「霊界物語」もこれまでとします(まだありますが)。これらの霊界物語はいずれ出版する予定です(特に、『最大の人』は必要と思っています、類書がないので)。さて、続いて『最後の審判』に入ろうと思っていましたが、ここで『新しいエルサレムの教え・聖書について』の出版に向けて取り組んでいました(おそらく来年2月に刊行予定)。それで、同じ「四教義書」の一つ『主について』に取り組むことにしました。「四教義書」を仕上げたくなったからです。

それで、明日から原典講読は『主について』です。

ついでに、スヴェーデンボリ出版の予定を述べておきます。ここで伝記の決定版ともいえる『スヴェーデンボリ叙事詩』を出します(1225日)。『叙事詩』にはこれまで知られていなかったスヴェーデンボリに関するいろいろな事柄が載っています。ぜひ、読んでほしいです(24日のクリスマス礼拝に参加の人にはプレゼントします)。

 次の予定は上記『聖書について』、そして『神の摂理』にも取り組んでいるので、これは早ければ来年5月ごろに出版します。

 なお、『叙事詩』の出版を機に「スヴェーデンボリ出版の愛読者会(仮称)」をスタートさせる予定です。これらの情報については、いずれサイト「スヴェーデンボリ出版」で流されるでしょう。

author:yasubee, category:世の終わりと最後の審判, 23:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『世の終わりと最後の審判』 66, 67
 

(1) 原文「5069番」

66 Quod illi qui a dextris dicantur 'justi', 'Respondebunt Ipsi justi, dicentes, etc. Et ibunt justi in vitam aeternam', significat quod in Justitia Domini sint; omnes qui in bono charitatis sunt, vocantur 'justi', non quod justi sint ex se sed ex Domino, Cujus Justitia illis appropriatur; qui se credunt justos ex se, aut justificatos adeo ut amplius nihil eis mali sit, non inter justus sed inter injustos sunt, nam sibi tribuunt bonum, et quoque in bono meritum ponunt, et tales nusquam ex vera humiliatione adorare Dominum possunt; quapropter qui in Verbo 'justi et sancti' vocantur, sunt illi qui sciunt et agnoscunt quod omne bonum sit a Domino, et omne malum a se, hoc est, penes se ab inferno.

 

(2) 直訳

66 Quod illi qui a dextris dicantur 'justi', 'Respondebunt Ipsi justi, dicentes, etc. 彼らがその右側から、「正しい者」われることは、「正しいたちがそのその(など)☆言って、答えた。

英語でもご存知のet caetraの略語(=形容詞caeterusの複数、通常は複数・実詞)、ラテン語でも使います。

Et ibunt justi in vitam aeternam', significat quod in Justitia Domini sint; また、正しい者は永遠のいのちの中に入る」は、主の義の中にいることを意味する。

omnes qui in bono charitatis sunt, vocantur 'justi', non quod justi sint ex se sed ex Domino, Cujus Justitia illis appropriatur; すべての者は、その者は仁愛の善の中にいる、「正しい者」と呼ばれる、自分自身から正しい者であることでなく、しかし主から、その方の義が彼らに専有される(自分のものとされる)

qui se credunt justos ex se, aut justificatos adeo ut amplius nihil eis mali sit, non inter justus sed inter injustos sunt, nam sibi tribuunt bonum, et quoque in bono meritum ponunt, et tales nusquam ex vera humiliatione adorare Dominum possunt; 自分自身から正しい者〔であること〕を信じている者は、または義認を認める(義とされる)者〔であること〕を、もはや彼に悪は何もない〔と信じる〕までに、正しい者の間にいない、しかし不正な者の間にいる、なぜなら、自分自身に善を帰するから、そしてまた〔自分の〕善の中に功績を置く、このような者は決して真の卑下から主を崇拝することができない。

quapropter qui in Verbo 'justi et sancti' vocantur, sunt illi qui sciunt et agnoscunt quod omne bonum sit a Domino, et omne malum a se, hoc est, penes se ab inferno. そのために、みことばの中で「正しい者と聖徒」と呼ばれる者は、彼らである、その者は知り、認める、すべての善は主からであること、またすべての悪は自分自身から、すなわち、地獄から自分自身にある(性質を帯びている)

 

(3) 訳文(天界の秘義5069)

66 らが、右側からの、「正しいたちがそのその」をって、「正しい者」われることまた、「正しい永遠のいのちの」こと、主にいることを意味する。仁愛にいるすべての、「正しい者」ばれ、自分自身からでなくからしいでありそのらに自分のものとされる

もはや自分もないとじるまでに、自分自身からしい、義とされる者であると信じている、正しいにいないで、不正にいるなぜなら、自分自身そしてまた〔自分〕善功績くからでありこのようなして卑下から崇拝することができない

そのためにみことばの「正しい聖徒」ばれるすべてのからであることまたすべての自分自身からすなわち、地獄から自分自身にあることを、認めるである。

 

(1) 原文「5070番」

67 Vita aeterna quae justis, est vita ex bono; bonum in se vitam habet quia est a Domino, Qui est ipsa vita; vitae quae a Domino inest sapientia et intelligentia, nam bonum recipere a Domino et inde bonum velle, est sapientia, ac verum recipere a Domino et inde verum credere, est intelligentia, et qui eam sapientiam et intelligentiam illi vitam habent; et quia felicitas tali vitae adjuncta est, est felicitas aeterna quae per {1}vitam quoque significatur. Contrarium est illis qui in malo sunt; hi apparent quidem, imprimis sibi, sicut vitam habeant, sed est talis vita quae in Verbo vocatur mors, et quoque est mors spiritualis, nam nihil boni sapiunt, nec veri intelligunt; {2}hoc constare potest unicuivis qui expendit, cum enim bono et inde vero inest vita, non potest vita esse malo et inde falso, nam haec contraria sunt et exstinguunt vitam, quapropter his non alia vita est quam qualis est insanis.

@1 illam @2 A had (but d) haec vita vocata mors, quia ipsa vita quae est sapientiae et intelligentiae apud illos exstincta est, et manet vita qualis est insanis. For this A substitutes quia bono et inde vero inest vita, constare potest, quod non vita sit malo et inde falso, quia contraria sunt vitae.

 

(2) 直訳

67 Vita aeterna quae justis, est vita ex bono; 永遠いのち(生活)それらはしいある〕、善からのいのち(生活)である。

bonum in se vitam habet quia est a Domino, Qui est ipsa vita; 善はそれ自体にいのちを、主からであるので、その方はいのちそのものである。

vitae quae a Domino inest sapientia et intelligentia, nam bonum recipere a Domino et inde bonum velle, est sapientia, ac verum recipere a Domino et inde verum credere, est intelligentia, et qui eam sapientiam et intelligentiam illi vitam habent; いのちにそれはからの〔もの〕、知恵知性内在するなぜなら、善を主から受け入れること、またここから善を欲する(意志する)とは知恵であるから、そして真理を主から受け入れること、またここから真理を信じることは知性である、またその知恵をまた知性を〔持つ〕者は彼はいのちを持つ。

et quia felicitas tali vitae adjuncta est, est felicitas aeterna quae per {1}vitam quoque significatur. また幸福がこのようないのち(生活)接合されるので、永遠の幸福である、それがいのちによってもまた意味される。

Contrarium est illis qui in malo sunt; 彼らに反対()であるそのにいる

hi apparent quidem, imprimis sibi, sicut vitam habeant, sed est talis vita quae in Verbo vocatur mors, et quoque est mors spiritualis, nam nihil boni sapiunt, nec veri intelligunt; これらのかにえる、特自分自身いのちをっているようにしかしこのようないのちは -->

原典講読『世の終わりと最後の審判』 64, 65
 

(1) 原文「5067番」

64 Quia itaque Dominus externa non curat sed interna, et interna testificatur homo non per solum cultum, sed per charitatem et ejus exercitia, idcirco Dominus respondit, 'Amen dico vobis, quantum fecistis uni horum fratrum Meorum minimorum, Mihi fecistis'. Qui fratres nominantur, sunt illi qui in bono charitatis et vitae sunt, nam Dominus apud illos est quia in ipso bono; et sunt qui proprie intelliguntur per proximum; in his quoque Dominus se non manifestat, nam viles sunt respective, sed homo se manifestat coram Domino quod ex interiore Ipsum colat.

 

(2) 直訳

64 Quia itaque Dominus externa non curat sed interna, et interna testificatur homo non per solum cultum, sed per charitatem et ejus exercitia, idcirco Dominus respondit, 'Amen dico vobis, quantum fecistis uni horum fratrum Meorum minimorum, Mihi fecistis'. そこで、主なるものを気にしない(思いやらない)、しかし、内なるものを、また内なるものを人間は証明する(明らかにする)、崇拝だけによってでなく、しかし、仁愛とその実践によって、それゆえ、主は答えた、「まことにわたしはあなたがたにあなたがたがこれらの兄弟一人わたしの最小のものの〔一人したかぎりあなたがたはわたしにした」。

Qui fratres nominantur, sunt illi qui in bono charitatis et vitae sunt, nam Dominus apud illos est quia in ipso bono; 兄弟(たち)と呼ばれる者は、彼らである、その者は仁愛と生活の善の中にいる、なぜなら、主は彼らのもとにいるから、善そのものの中に〔いる〕ので。

et sunt qui proprie intelliguntur per proximum; またその者である、隣人によって正しく理解される(意味される)

in his quoque Dominus se non manifestat, nam viles sunt respective, sed homo se manifestat coram Domino quod ex interiore Ipsum colat. これらの者の中にもまた主はご自分を現わさない、なぜなら、相対的に卑しいから、しかし、人間が自分自身を主の前に現わす(示す)、内的なものからその方を崇拝することを。

 

(3) 訳文(天界の秘義5067)

64 そこで、主なるものでなく、内なるものを思いやり、また内なるものを人間は、崇拝だけによってでなく、仁愛とその実践によって証明するので、それゆえ、主は答えられた、「まことにわたしはあなたがたにあなたがたがこれらの兄弟一人わたしの最小のものの〔一人したかぎりあなたがたはわたしにした」。

 兄弟ばれる、仁愛生活にいるであるなぜなら、彼らは善そのもののにいるので、主らのもとにおられるからまたその隣人によってしく意味されるこれらのにもまたはご自分わされないなぜなら、相対的しいからしかし、人間自分自身、内的なものからその崇拝することを

 

(1) 原文「5068番」

65 Quod Dominus se 'Regem' dicat his verbis, 'Quando venerit Filius hominis in gloria Sua, sedebit super throno gloriae; tunc dicet Rex illis', est causa quia regium Domini est Divinum Verum, ex quo et secundum quod fit judicium; sed ex illo et secundum illud judicantur aliter boni et aliter mali; boni quia receperunt Divinum Verum, judicantur ex bono, ita ex misericordia; mali quia non receperunt Divinum Verum, judicantur ex vero, ita non ex misericordia, hanc enim rejecerunt et inde in altera vita continue rejiciunt. Recipere Divinum Verum est non modo fidem habere sed etiam fidem agere, hoc est, quod doctrinae est, facere ut sit vitae. Inde est quod Dominus Se Regem dicat: quod regium Domini sit Divinum Verum, videatur n. 1728, 2015 f, 3009, 3670, 4581, 4966.

 

(2) 直訳

65 Quod Dominus se 'Regem' dicat his verbis, 'Quando venerit Filius hominis in gloria Sua, sedebit super throno gloriae; 主自分自身を「王」とこれらのことばで言うこと、「人の子がご自分の栄光の中に、やって来る時、〔その方は〕栄光の王座の上に座る。

tunc dicet Rex illis', est causa quia regium Domini est Divinum Verum, ex quo et secundum quod fit judicium; その時、王らに、理由である、主の王位(王権)は神的な真理であるから、そのことからまたそのことにしたがって審判が行なわれる。

sed ex illo et secundum illud judicantur aliter boni et aliter mali; しかしそれ〔神的真理〕からまたそれにしたがって裁かれる、善い者に異なって、また悪い者に異なって。

boni quia receperunt Divinum Verum, judicantur ex bono, ita ex misericordia; 善神的真理を受け入れているので、善から裁かれる、そのように慈悲から。

mali quia non receperunt Divinum Verum, judicantur ex vero, ita non ex misericordia, hanc enim rejecerunt et inde in altera vita continue rejiciunt. 悪神的真理入れていないので、真理から裁かれる、そのように慈悲からでなく、というのは、これを退けるから、またここから来世の中で継続して(絶えず)退ける。

Recipere Divinum Verum est non modo fidem habere sed etiam fidem agere, hoc est, quod doctrinae est, facere ut sit vitae. 神的真理れることは信仰つことだけでなくしかしまた、信仰を行なうことである、すなわち、信仰のものを生活のものであるように(として)行なうことである。

Inde est quod Dominus Se Regem dicat: ここからである、主が自分自身を王と言うこと。

quod regium Domini sit Divinum Verum, videatur n. 1728, 2015 f, 3009, 3670, 4581, 4966. 主の王位(王権)が神的な真理であることは、1728, 2015 末尾, 3009, 3670, 4581, 4966番に見られる。

 

(3) 訳文(天界の秘義5068)

65 これらのことばで、「人の子がご自分の栄光の中に、やって来る時、〔その方は〕栄光の王座の上に座る。その時、王らに」と、主ご自分を「王」と言うことの理由は、主の王権が神的な真理であり、そのことからまたそのことにしたがって審判が行なわれるからである。しかしそれ〔神的真理〕から、またそれにしたがって、善い者に異なって、また悪い者に異なって裁かれる。善神的真理入れているので、善から、そのように慈悲から裁かれる。悪神的真理入れていないので、真理から、そのように慈悲からでなく裁かれる、というのは、これ〔神的真理〕を退け、またここから来世の中で継続して退けるから。

 神的真理れることは信仰つことだけでなくしかしまた、信仰を行なうことである、すなわち、信仰のものを生活のものとして行なうことである。

 主ご自分を王うことはここからである。主王権が神的な真理であることは、1728, 2015 末尾, 3009, 3670, 4581, 4966原文「5066番」

63 Quod illi a dextris responderint 'Domine, quando Te vidimus esurientem et aluimus Te, aut sitientem et potavimus, quando Te vidimus peregrinum et collegimus, aut nudum et amicivimus, quando Te vidimus aegrotum, aut in carcere et venimus ad Te' significat si Ipsum Dominum vidissent, quod unusquisque fecisset officia illa, at non ex amore erga Ipsum sed ex timore quia futurus judex universi, nec propter Ipsum sed propter se, ita non ex interiore seu corde sed ab exteriore et in gestu; se habet hoc sicut qui regem videt cujus gratiam mereri vult ut magnus aut dives fiat, erga quem se ideo submisse gerit; similiter se habet cum illis qui in sancto cultu externo sunt, in quo quasi vident Dominum, ac Ipsi se submittunt, credentes sic quod accepturi vitam aeternam, et tamen nullam charitatem habent, nec alicui bonum quam propter se, ita solum sibi, faciunt; sunt hi similes illis qui regem suum in externa forma multa veneratione ambiunt, et tamen irrident mandata ejus quia ipsum corde vilipendunt; haec et similia sunt quae significantur per quod illi a dextris ita responderint; et quia similia in externa forma etiam faciunt mali, idcirco illi a sinistris paene similiter responderunt.

 

(2) 直訳

63 Quod illi a dextris responderint 'Domine, quando Te vidimus esurientem et aluimus Te, aut sitientem et potavimus, quando Te vidimus peregrinum et collegimus, aut nudum et amicivimus, quando Te vidimus aegrotum, aut in carcere et venimus ad Te' significat si Ipsum Dominum vidissent, quod unusquisque fecisset officia illa, at non ex amore erga Ipsum sed ex timore quia futurus judex universi, nec propter Ipsum sed propter se, ita non ex interiore seu corde sed ab exteriore et in gestu; 右側からのらがえたことは、「主いつ、私たちはえているあなたをあなたをべさせたのかまたは渇いて、私たちは飲ませたのか。しかし、いつ、私たちは異国人として生活していたあなたを見て、私たちは迎え入れ、または裸であった〔あなたを〕私たちは着せた、しかし、いつ、私たちは、病んでいる、または牢の中であなたを見たか、私たちはあなたにやって来たか」意味する、もし〔彼らが〕主ご自身を見たなら、それぞれの者がそれらの親切を行なったこと、しかし、その方に対する愛からでない、しかし恐れから、〔主が〕全世界の審判者となるので、その方のためでない、しかし自分自身のために、そのように内的なもの、すなわち、心からでなく、しかし、外的なものから、また振る舞いの中で。

se habet hoc sicut qui regem videt cujus gratiam mereri vult ut magnus aut dives fiat, erga quem se ideo submisse gerit; このことを振る舞う、その者が王を見るように、その恩恵に値されることを欲する、偉大に、または富んだ者になるように、それ()に向けて、それゆえ、自分自身を服従して(従順に)振る舞う。

similiter se habet cum illis qui in sancto cultu externo sunt, in quo quasi vident Dominum, ac Ipsi se submittunt, credentes sic quod accepturi vitam aeternam, et tamen nullam charitatem habent, nec alicui bonum quam propter se, ita solum sibi, faciunt; 彼らの場合も同様に振る舞う、その者は外なる聖なる礼拝の中にいる、その中でいわば主を見ている、そしてその方に自分自身を服従させる、信じて、このように永遠のいのちを受けること、またそれでも何も仁愛を持っていない、他の者に善も〔行なわ〕ない、自分自身のため以外に、そのように自分自身だけに、行なう。

sunt hi similes illis qui regem suum in externa forma multa veneratione ambiunt, et tamen irrident mandata ejus quia ipsum corde vilipendunt; これらの者(後者)は彼ら(前者)と似ている、その者は自分の王を外なる形の中で大いなる崇敬で機嫌を伺う☆、またそれでも彼の命令をあざ笑う、心そのものでさげすむので。

『レキシコン』のambioに「〜の機嫌を伺う」の訳語が必要でした。改定の機会に恵まれれば増補します。

haec et similia sunt quae significantur per quod illi a dextris ita responderint; これらまた類似のことである、それらが意味される、右側からの彼らがそのように答えたことによって。

et quia similia in externa forma etiam faciunt mali, idcirco illi a sinistris paene similiter responderunt. また外なる形の中で類似のことを悪い者もまた行なうので、それゆえ、左側からの彼らがほとんど同様に答えた。

 

(3) 訳文(天界の秘義5066)

63 右側からのらが、「主いつ、私たちはえているあなたをあなたをべさせたのかまたは渇いて、私たちは飲ませたのか。しかし、いつ、私たちは異国人として生活していたあなたを見て、私たちは迎え入れ、または裸であった〔あなたを〕私たちは着せた、しかし、いつ、私たちは、病んでいる、または牢の中であなたを見たか、私たちはあなたにやって来たか」えたことは、もし〔彼らが〕主ご自身を見たなら、だれもがそれらの親切を、しかし、その方に対する愛からでなく、しかし恐れから、〔主が〕全世界の審判者となられるので、その方のためでなく、しかし自分自身のために、そのように内的なもの、すなわち、心からでなく、しかし、外的なものから、また振る舞いの中で行なったこと意味する。その者はこのことを王を見るように振る舞う、その恩恵に値されることを、偉大に、または富んだ者になるように欲し、それゆえ、そのに向けて自分自身を服従させて振る舞う。外なる聖なる礼拝の中にいる者の場合も同様に振る舞う、その中でいわば主を見て、このように永遠のいのちを受けること信じて、そしてその方に自分自身を服従させる、またそれでも何も仁愛を持っていない、自分自身のため以外に他の者に善も行なわない、そのように自分自身だけに行なう。これらの者は、自分の王を外なる形の中で大いなる崇敬で機嫌を伺う、またそれでも、心そのものでさげすむので王の命令をあざ笑うと似ている。

右側からの彼らがそのように答えたことによって、これらまた類似のことが意味される。外なる形の中で類似のことを悪い者もまた行なうので、それゆえ、左側からの者もほとんど同様に答えたのである。

author:yasubee, category:世の終わりと最後の審判, 23:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『世の終わりと最後の審判』 61, 62
 

(1) 原文「5064番」

61 In praemissis ad caput praecedens n. 4954-4959 explicatum est quid in sensu interno significatur per 'esurienti dare edere, sitientem potare, peregrinum colligere, nudum amicire, aegrotum ac in carcere visitare', quod nempe sit essentia charitatis quae involvitur ac ita describitur; per 'esurientem, sitientem et peregrinum' affectio boni et veri, et per 'nudum, aegrotum et in carcere' agnitio sui, videatur n. 4956, 4958.

 

(2) 直訳

61 In praemissis ad caput praecedens n. 4954-4959 explicatum est quid in sensu interno significatur per 'esurienti dare edere, sitientem potare, peregrinum colligere, nudum amicire, aegrotum ac in carcere visitare', quod nempe sit essentia charitatis quae involvitur ac ita describitur; 先行する、序文の中で、4954-4959番〔本講座54〜59〕、説明された、何が内意の中で意味されるか、「飢えている者に食物を与えること、渇いている者を飲ませること、異国人として生活している者を歓迎すること、裸の者を着せること、縛られている者、そして牢の中に〔いる者を〕訪れること」によって、すなわち、仁愛の本質であること、それらが含まれている、そしてそのように述べられている。

per 'esurientem, sitientem et peregrinum' affectio boni et veri, et per 'nudum, aegrotum et in carcere' agnitio sui, videatur n. 4956, 4958. 「飢えている者、渇いている者、また異国人として生活する者」によって善と真理の情愛が、また「裸〔である者〕、病んでいる者、また縛られている者、また牢の中に」によって自分自身に承認〔が意味される〕、4956, 4958番に見られる。

 

(3) 訳文(天界の秘義5064)

61 先行する、序文、4954-4959番〔本講座54〜59〕の中で「飢えている者に食物を与えること、渇いている者を飲ませること、異国人として生活している者を歓迎すること、裸の者を着せること、縛られている者、そして牢の中に〔いる者を〕訪れること」によって、内意で何が意味されているか説明された、すなわち、含まれているものは仁愛の本質でありが、そしてそのように述べられている〔ことである〕。「飢えている者、渇いている者、また異国人として生活する者」によって善と真理の情愛が、また「裸である者、病んでいる者、また縛られている者、また牢の中に〔いる者〕」によって自分自身〔がそのような者であることを〕を承認することが4956, 4958番に見られる。

 

(1) 原文「5065番」

62 Quia ter repetuntur eadem in illis quae allata sunt, et quae prius, ut dictum, explicata, non opus est singillatim, seu quoad singula verba, haec quid in sensu interno significant, exponere; hic modo dicetur quid significat quod ita responderint illi qui a dextris et ita qui a sinistris, quod nempe 'non viderint Ipsum esurientem, sitientem, peregrinum, nudum, aegrotum et in carcere'; et postea quid significat 'Rex', tum quid 'justus et vita aeterna', et quid 'maledictus et ignis aeternus'.

 

(2) 直訳

62 Quia ter repetuntur eadem in illis quae allata sunt, et quae prius, ut dictum, explicata, non opus est singillatim, seu quoad singula verba, haec quid in sensu interno significant, exponere; 三度繰されているので、同ものがそれらの中に、それらは引用された、またそれらは前に、言われたように、説明された、個々に必要とされない、すなわち、個々の言葉に関して、これらが内意の中で何を意味するか説明すること。

hic modo dicetur quid significat quod ita responderint illi qui a dextris et ita qui a sinistris, quod nempe 'non viderint Ipsum esurientem, sitientem, peregrinum, nudum, aegrotum et in carcere'; ここにわれる、何を意味するか、そのように彼らが答えたこと、その者は右側から、またそのようにその者は左側から、すなわち「その方が、飢えている者、渇いている者、異国人として生活する者、裸(の者)、縛られた者、また牢の中に〔いた者であったこと見なかった」こと。

et postea quid significat 'Rex', tum quid 'justus et vita aeterna', et quid 'maledictus et ignis aeternus'. またその後、何意味するか「王」なおまた、何「正しいものと永遠のいのち(生活)」が、また何を、「呪われた者と永遠の火」が。

 

(3) 訳文(天界の秘義5065)

62 それらの中に引用された同ものが三度繰され、またそれらは前に、言われたように、説明されているので、個々に、すなわち、個々の言葉に関して、これらが内意で何を意味するか説明することは必要とされない。ここではただ、右側の者がそのように答えたこと、また左側の者もそのように答えたこと、すなわち「その方が、飢えている者、渇いている者、異国人として生活する者、裸(の者)、縛られた者、また牢の中に〔いた者であったこと見なかった」ことが何を意味するか、またその後、「王」なおまた、「正しいものと永遠のいのち」が何、また「呪われた者と永遠の火」が何意味するかだけがわれる

author:yasubee, category:世の終わりと最後の審判, 23:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『世の終わりと最後の審判』 60
 

(1) 原文「5063番」

60 Ante caput praecedens xxxix explicata sunt quae Dominus locutus est de judicio super bonos et malos, apud Matthaeum [xxv] 34-36; sequuntur nunc haec:

 

Tunc respondebunt Ipsi justi, dicentes, Domine, quando Te vidimus esurientem et aluimus Te, aut sitientem et potavimus? quando vero Te vidimus peregrinum et collegimus, aut nudum et amicivimus? quando vero Te vidimus aegrotum, aut in carcere et venimus ad Te? sed respondens Rex dicet illis, Amen dico vobis, Quantum fecistis uni horum fratrum Meorum minimorum Mihi fecistis. Tunc dicet etiam iis qui a sinistris, Discedite Me maledicti in ignem aeternum, paratum diabolo et angeli ejus; esurivi enim et non dedistis Mihi edere, sitivi et non potastis Me, peregrinus fui et non collegistis Me, nudus et non amicivistis Me, aegrotus et in carcere et non visitastis Me. Tunc respondebunt Ipsi etiam isti, dicentes, Domine, quando Te vidimus esurientem aut sitientem, aut peregrinum, aut nudum, aut aegrotum, aut in carcere, et non ministravimus Tibi? tunc respondebit illis, dicens Amen dico vobis, quantum non fecistis uni istorum minimorum neque Mihi fecistis: et abibunt hi in poenam aeternam, at justi in vitam aeternam, vers. 37-46.

 

(2) 直訳

60 Ante caput praecedens xxxix explicata sunt quae Dominus locutus est de judicio super bonos et malos, apud Matthaeum [xxv] 34-36; 先行する〔創世記〕第39説明されたそれらは者と悪い者の上に(〜について)判について話した、「マタイ(福音書)」のもとに〔25:34-36

sequuntur nunc haec: 今や、これらが続けられる――

 

Tunc respondebunt Ipsi justi, dicentes, Domine, quando Te vidimus esurientem et aluimus Te, aut sitientem et potavimus? その時、正しい者たちがその方に答えた、言って、『主よ、いつ、あなたを私たちは見たか、飢えている、そして私たちはあなたを食べさせた、または渇いている、そして私たちは飲ませた?

quando vero Te vidimus peregrinum et collegimus, aut nudum et amicivimus? しかし、いつ、あなたを私たちは見たか、異国人として生活していた、そして私たちは迎え(入れ)た、または裸〔であった〕そして私たちは着せた?

quando vero Te vidimus aegrotum, aut in carcere et venimus ad Te? しかし、いつ、あなたを私たちは見たか、病んで、または牢の中で、そして私たちはあなたにやって来たか?』

sed respondens Rex dicet illis, Amen dico vobis, Quantum fecistis uni horum fratrum Meorum minimorum Mihi fecistis. しかし、王は答えて、彼らに言う、『まことに、わたしはあなたがたに言う、あなたがたがこれらの兄弟の一人にしたかぎり、わたしの最小のものの〔一人に〕、あなたがたはわたしにした』。

Tunc dicet etiam iis qui a sinistris, Discedite Me maledicti in ignem aeternum, paratum diabolo et angeli ejus; その時、彼らにもまた言う、左側に〔いる〕者、『わたしから立ち去れ、呪われた者たち、悪魔とその使いたちに用意された永遠の火の中へ』。

esurivi enim et non dedistis Mihi edere, sitivi et non potastis Me, peregrinus fui et non collegistis Me, nudus et non amicivistis Me, aegrotus et in carcere et non visitastis Me.  というのは、わたしが飢えた、そしてあなたがたはわたしに食べることをさせなかったから、わたしが渇いた、そしてあなたがたはわたしを飲ませなかった、わたしが異国人として生活した、そしてあなたがたはわたしを迎え(入れ)なかった、わたしが病んでいた、そしてあなたがたはわたしを訪ねなかった。

Tunc respondebunt Ipsi etiam isti, dicentes, Domine, quando Te vidimus esurientem aut sitientem, aut peregrinum, aut nudum, aut aegrotum, aut in carcere, et non ministravimus Tibi? その時、またその者たちがその方に答えた、言って、『主よ、いつ、あなたを私たちは見たか、飢えている、または渇いている、または異国人として生活していた、または裸〔であった〕、または病んでいた、または牢の中に〔いた〕、そして私たちはあなたに仕えなかったか?』

tunc respondebit illis, dicens Amen dico vobis, quantum non fecistis uni istorum minimorum neque Mihi fecistis: その時、彼らに答える、言って、『まことに、わたしはあなたがたに言う、あなたがたがそれらの最小のものの一人にしなかったかぎり、あなたがたはわたしにもしなかった』

et abibunt hi in poenam aeternam, at justi in vitam aeternam, vers. 37-46. またこれらの者は永遠の罰の中に入る、しかし、正しい者は永遠のいのちの中に、37-46節。

 

(3) 訳文(天界の秘義5063)

60 先行する〔創世記〕第39それらは「マタイ福音書」25:34-36で善者と悪い者の審判について話したこと〔その内容が〕説明された今や、次のものが続けられる――

 

その時、正しい者たちがその方に、「主よ、いつ、私たちは飢えているあなたを見て、あなたを食べさせたのか。または渇いて、私たちは飲ませたのか? しかし、いつ、私たちは異国人として生活していたあなたを見て、私たちは迎え入れ、または裸であった〔あなたを〕私たちは着せた、しかし、いつ、私たちは、病んでいる、または牢の中であなたを見たか、私たちはあなたにやって来たか?』と言って、答えた。

しかし、王は答えて、彼らに言う、「まことに、わたしはあなたがたに言う、あなたがたがこれらの兄弟の一人に、わたしの最小のものの〔一人に〕したかぎり、あなたがたはわたしにした」。その時、左側に〔いる〕者にもまた言う、「わたしから立ち去れ、呪われた者たち、悪魔とその使いたちに用意された永遠の火の中へ。というのは、わたしが飢え、あなたがたはわたしに食べさせなかった。わたしが渇き、あなたがたはわたしを飲ませなかった。わたしが異国人として生活し、あなたがたはわたしを迎え入れなかった。裸であって、あなたがたはわたしを着せなかった。わたしが病み、あなたがたはわたしを訪ねなかったから」。

 その時、またその者たちがその方に、『主よ、いつ、私たちは、飢え、または渇き、または異国人として生活し、または裸であり、または病み、または牢の中にいたあなたを見て、私たちはあなたに仕えなかったのか?』言って、答えた。

 その時、彼らに、「まことに、わたしはあなたがたに言う。あなたがたがそれらの最小のものの一人にしなかったかぎり、あなたがたはわたしにもしなかった」と言って、答える。これらの者は永遠の罰の中に、しかし、正しい者は永遠のいのちの中に入る。37-46節。
author:yasubee, category:世の終わりと最後の審判, 23:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『世の終わりと最後の審判』 57, 58, 59
 

(1) 原文「4957番」

57 Ex his constare potest quod Divina fuerint intus omnibus quae Dominus locutus est, tametsi apparent coram illis qui in solis mundanis et magis coram illis qui in corporeis sunt, sicut talia quae unusquisque homo loqui posset, immo qui in corporeis sunt; ad illa et reliqua verba Domini dicturi quod in illis non tanti gratia, proinde nec tantum pondus sit quantum in sermone et praedicatione illorum hujus saeculi qui ex eruditione cum eloquio loquuntur; cum tamen horum sermo et praedicatio est sicut squama et palea respective ad nuclearia.

 

(2) 直訳

57 Ex his constare potest quod Divina fuerint intus omnibus quae Dominus locutus est, tametsi apparent coram illis qui in solis mundanis et magis coram illis qui in corporeis sunt, sicut talia quae unusquisque homo loqui posset, immo qui in corporeis sunt; これらかららかにすることができる、神的なもの(神性)内部にすべてのものにあったことそれらはしたたとえの前に見られても、その者は単なる世俗的なものの中にいる、またさらに彼らの前に、その者は身体的なものの中にいる、このようなものに、それらはそれぞれの(どの)人間が話すことができる、☆

句読点はここは(,)ですが文意上からは(;)と思いますので、ここで区切ります。なお初版はその次の句読点(;)〔…sunt; 〕も(,)となって続いています。

ad illa et reliqua verba Domini dicturi quod in illis non tanti gratia, proinde nec tantum pondus sit quantum in sermone et praedicatione illorum hujus saeculi qui ex eruditione cum eloquio loquuntur;  それどころか身体の中にいる者は、主のこれらのまた残りのみことばに、言う、それらの中にそれほどの恵み☆がない、それほどの重さもない、この時代の彼らの説教(談話)また伝道の中ほどの、その者は学問のある者たちから、雄弁をもって話す。

gratiaは「恵み・恩恵」です、でもここには英語grace(優雅)意味がありそうです。レキシコンにその訳語はありませんが。

cum tamen horum sermo et praedicatio est sicut squama et palea respective ad nuclearia. そのときそれでもこれらの説教(談話)伝道、殻 (うろこ)もみのようである、穀粒べて

 

(3) 訳文(天界の秘義4957)

57 これらから、主したものにはたとえ単なる世俗的なものの中にいる者の前に、またさらに身体的なものの中にいる者の前に、どんな人間でも話すことができるようなものに見られても、すべてのものに神的なもの内部にあったことをらかにすることができる。それどころか身体の中にいる者は、主のこれらのまた残りのみことば中には、この時代の学問のある者たちからの、雄弁をもって話す者の説教また伝道の中ほどの、それほどの恵み(優雅さ)がない、それほどの重さもない、と言う。そのときそれでもこれらの説教伝道、穀粒べて、殻もみのようである

 

(1) 原文「4958番」

58 Quod 'esurire' sit ex affectione desiderare bonum, est quia panis in sensu interno est bonum amoris et charitatis, et cibus in genere est bonum, n. 2165, 2177, 3478, 4211, 4217, 4735; quod 'sitire' sit ex affectione desiderare verum, est quia vinum et quoque aqua sunt verum fidei; quod vinum, n. 1071, 1798, quod aqua, n. 2702; quod 'peregrinus' sit qui instrui vult, videatur n. 1463, 4444; quod 'nudus' sit qui agnoscit quod nihil boni et veri in se sit; quod 'aegrotus' qui in malo; et 'vinctus seu in carcere' qui in falso, patet a pluribus locis in Verbo ubi nominantur.

 

(2) 直訳

58 Quod 'esurire' sit ex affectione desiderare bonum, est quia panis in sensu interno est bonum amoris et charitatis, et cibus in genere est bonum, n. 2165, 2177, 3478, 4211, 4217, 4735; 「飢えること情愛から望むことであること、パンは内意の中で愛と仁愛の善であるからである、また食物は全般的に善である、2165, 2177, 3478, 4211, 4217, 4735番。

quod 'sitire' sit ex affectione desiderare verum, est quia vinum et quoque aqua sunt verum fidei; 「渇くこと、情愛から真理を望むことであること、ぶどう酒そしてまた水は信仰の真理であるからである。

quod vinum, n. 1071, 1798, quod aqua, n. 2702; ぶどう酒が〔それである〕ことは、1071, 1798番、水が〔それである〕ことは、2702番。

quod 'peregrinus' sit qui instrui vult, videatur n. 1463, 4444; 「異国人として生活している者」は、教えられることを欲するものであることは、1463, 4444番に見られる。

quod 'nudus' sit qui agnoscit quod nihil boni et veri in se sit; 「裸(である者)」は、認める者であること、善と真理の何ものも自分自身の中にないこと。

quod 'aegrotus' qui in malo; 「病んでいる者」は、悪の中に〔いる〕者〔である〕こと。

et 'vinctus seu in carcere' qui in falso, patet a pluribus locis in Verbo ubi nominantur. 「縛られている者、すなわち、牢の中に」は、その者は虚偽の中に〔いるものであること〕は、みことばの中に、そこに名前を挙げられている多くの箇所から明らかである。

 

(3) 訳文(天界の秘義4958)

58 「飢えること情愛から望むことであるのは、パンは内意の中で愛と仁愛の善であり、食物は全般的に善であるからである、2165, 2177, 3478, 4211, 4217, 4735番。「渇くこと、情愛から真理を望むことであるのは、ぶどう酒そしてまた水が信仰の真理であるからである。ぶどう酒が〔それである〕ことは、1071, 1798番、水が〔それである〕ことは、2702番。「異国人として生活している者」が、教えられることを欲するものであることは、1463, 4444番に見られる。「裸である者」は、善と真理の何ものも自分自身の中にないことを認める者である。「病んでいる者」は、悪の中に〔いる〕者〔である〕。「縛られている者」、すなわち、「牢の中にいる者」が虚偽の中に〔いるものであること〕は、みことばの中に、そこに名前を挙げられている多くの箇所から明らかである。

 

(1) 原文「4959

59 Quod Dominus de Se illa dicat, est quia Dominus est in illis qui tales sunt; quapropter etiam dicit,

 

 Amen dico vobis, quantum fecistis uni horum fratrum Meorum minimorum, Mihi fecistis, vers. 40, 45.

 

(2) 直訳

59 Quod Dominus de Se illa dicat, est quia Dominus est in illis qui tales sunt; 主がご自分についてこれらをうことは、主らのにいるからであるそのはこのようである。

quapropter etiam dicit, そのためにさらにまた、〔主〕言

 

Amen dico vobis, quantum fecistis uni horum fratrum Meorum minimorum, Mihi fecistis, vers. 40, 45.  まことに、わたしはあなたがたに言う、あなたがたがこれらの兄弟の一人に、わたしの最小のものの〔一人に〕したかぎり、あなたがたはわたしにした、40, 45節。

 

(3) 訳文(天界の秘義4959)

59 主がご自分についてこれらのことをうのは、主がこのようである者にいるからであるのために、さらにまた、〔主は〕言われている、

 

まことに、わたしはあなたがたに言う、あなたがたがこれらの兄弟の一人に、わたしの最小のものの〔一人に〕したかぎり、あなたがたはわたしにした、40, 45節。

author:yasubee, category:世の終わりと最後の審判, 22:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『世の終わりと最後の審判』 56
 

(1) 原文「4956番」

56 Charitatis erga proximum essentia est affectio boni et veri, et agnitio sui quod sit malum et falsum, immo proximus est ipsum bonum et verum; his affici est charitatem habere, oppositum proximo est malum et falsum, {1}haec aversatur qui charitatem habet; qui itaque charitatem erga proximum habet, afficitur bono et vero quia illa ex Domino, et aversatur malum et falsum quia illa ex se; et cum hoc facit, in humiliatione est ex agnitione sui, et cum in humiliatione in statu receptionis boni et veri est a Domino. Haec charitatis sunt quae in sensu interno involvunt haec Domini Verba, 

 

 Esurivi et dedistis Mihi edere, sitivi et potastis Me, peregrinus fui et collegistis Me, nudus et circuminduistis Me, aegrotus fui et visitastis Me, in carcere fui et venistis ad Me.

 

Quod haec verba illa involvant, nemo {2}scire potest quam ex sensu interno; antiqui qui doctrinalia charitatis habebant, illi haec sciebant; sed hodie haec tam remota apparent ut quisque miraturus quod dicatur quod illa insint; et praeterea angeli apud hominem non aliter illa verba percipiunt; per 'esurientem' enim percipiunt illos qui ex affectione desiderant bonum, per 'sitientem' illos qui ex affectione desiderant verum, per 'peregrinum' illos qui instrui volunt, per 'nudum' illos qui agnoscunt quod nihil boni et veri in se sit, per 'aegrotum' illos qui agnoscunt in se nihil nisi malum esse, et per 'vinctos seu in carcere' qui agnoscunt in se nihil nisi falsum: haec si in unum sensum rediguntur, significant illa quae mox supra dicta sunt.

@1 illa @2 videre

 

(2) 直訳

56 Charitatis erga proximum essentia est affectio boni et veri, et agnitio sui quod sit malum et falsum, immo proximus est ipsum bonum et verum; 隣人する仁愛の本質は善と真理の情愛である、また自分自身の承認〔である〕悪と虚偽であること、それどころか、隣人は善と真理そのものである。

his affici est charitatem habere, oppositum proximo est malum et falsum, {1}haec aversatur qui charitatem habet; これらにきかけられること(情愛じること)仁愛つことである、隣人と正反対のものは悪と虚偽である、これらを退ける(顧みない)、その者は仁愛を持つ。

qui itaque charitatem erga proximum habet, afficitur bono et vero quia illa ex Domino, et aversatur malum et falsum quia illa ex se; そこで、隣人する仁愛、善真理きかけられる(情愛じる)それが主からなので、また悪と虚偽が退けられる自分自身からなので。

et cum hoc facit, in humiliatione est ex agnitione sui, et cum in humiliatione in statu receptionis boni et veri est a Domino. またこのことをなうとき、自分自身の承認から卑下の中にいる、また卑下の中に〔いる〕とき、善と真理の受け入れの状態の中に〔いる〕主から。

Haec charitatis sunt quae in sensu interno involvunt haec Domini Verba, これらが仁愛のものであるそれらを内意の中でこれらの主のことばが含んでいる、

 

Esurivi et dedistis Mihi edere, sitivi et potastis Me, peregrinus fui et collegistis Me, nudus et circuminduistis Me, aegrotus fui et visitastis Me, in carcere fui et venistis ad Me. わたしが飢え、あなたがたはわたしに食べることをした。わたしが渇き、あなたがたはわたしを飲ませた。わたしが異国人として生活し、あなたがたはわたしを迎え入れた。裸であって、あなたがたはわたしを着せた。わたしが病んでいて、あなたがたはわたしを訪ねた。わたしが牢の中にいて、あなたがたはわたしにやって来た。

 

Quod haec verba illa involvant, nemo {2}scire potest quam ex sensu interno; これらの言葉がそれらのことを含むことは、だれも知ることができない、内意から以外に。

antiqui qui doctrinalia charitatis habebant, illi haec sciebant; 古代人は、その者は仁愛の教え(の事柄)を持っていた、彼らはこれらを知っていた。

sed hodie haec tam remota apparent ut quisque miraturus quod dicatur quod illa insint; しかし、今日では、これほどに遠く離れて見える、だれもが、それらを、内在することが言われることに怪しむ(未来受動分詞・動形容詞☆)うに。

文法的には「そんなことを言われたら」きっと「怪しんでしまう」といったニュアンスです。

et praeterea angeli apud hominem non aliter illa verba percipiunt; またさらに、人間のもとの天使たちは、異なってそれらのことばを知覚しない。

per 'esurientem' enim percipiunt illos qui ex affectione desiderant bonum, per 'sitientem' illos qui ex affectione desiderant verum, per 'peregrinum' illos qui instrui volunt, per 'nudum' illos qui agnoscunt quod nihil boni et veri in se sit, per 'aegrotum' in se nihil nisi malum esse, et per 'vinctos seu in illos qui in carcere' qui agnoscunt in se nihil nisi falsum: というのは、「飢えている者」によって彼らを知覚する、その者は情愛から善を望む、「渇いている者」によって、彼らを、その者は情愛から真理を望む、「異国人として生活している者」によって、彼らを、その者は教えられることを欲する、「裸(である者)」によって、彼らを、その者は自分自身の中に善と真理が何もないことを認めている、「病んでいる者」によって自分自身の中に悪でないなら何もないこと〔認めている者〕、また「縛られている者、すなわち、その中に、その者は牢の中に」によって、その者は自分自身の中に虚偽でないなら何もない〔ことを認めている〕。

haec si in unum sensum rediguntur, significant illa quae mox supra dicta sunt. これらがもし一つの意味の中にされる(追いやられる)なら、それらを意味する、それらは直ぐ上に言われた。

@1 illa 注1 illahaecに換えた。

@2 videre 注2 viderescireに換えた。

 

(3) 訳文(天界の秘義4956)

56 隣人する仁愛の本質は、善と真理の情愛であり、悪と虚偽であることの自分自身の承認であり、実に、隣人は善と真理そのものである。これらに情愛じること仁愛つことであり、隣人と正反対のものは悪と虚偽であり、これらを退ける者は仁愛を持つ。そこで、隣人する仁愛、善真理にそれが主からのものなので情愛、また自分自身からのものなので悪と虚偽が退けられる。またこのことをなうとき、自分自身の承認から卑下の中にいる、また卑下の中にいるとき、主からの善と真理を受け入れる状態の中にいる。

 これらが仁愛のものでありそれらを内意で次の主のことばが含んでいる、

 

 わたしがあなたがたはわたしにべることをしたわたしが渇き、あなたがたはわたしを飲ませた。わたしが異国人として生活し、あなたがたはわたしを迎え入れた。裸であって、あなたがたはわたしを着せた。わたしが病んでいて、あなたがたはわたしを訪ねた。わたしが牢の中にいて、あなたがたはわたしにやって来た。

 

 これらの言葉がそれらのことを含むことは、内意から以外に、だれも知ることができない。仁愛の教えの事柄を持っていた古代人は、これらを知っていた。しかし、今日では、「それらが内在する」と言われるなら怪しむほどに、これほどに遠く離れて見える。またさらに、人間のもとの天使たちは、それらの言葉をそのようにしか知覚しない。というのは、「飢えている者」によって情愛から善を望む者を、「渇いている者」によって情愛から真理を望む者を、「異国人として生活している者」によって教えられることを欲する者を、「裸である者」によって自分自身の中に善と真理が何もないことを認めている者を、「病んでいる者」によって自分自身の中に悪でないなら何もないこと認めている者を、「縛られている者」すなわち「牢の中にいる者」によって自分自身の中に虚偽でないなら何もないことを認めている者を知覚するからである。これらが一つの意味とされるなら、それらは直前に言われたことを意味する。

author:yasubee, category:世の終わりと最後の審判, 23:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『世の終わりと最後の審判』  55
 

(1) 原文「4955番」

55 Quid haec in sensu interno involvunt, patebit ab illis quae sequuntur; sciendum prius quod haec opera quae recensentur sint ipsa charitatis in suo ordine; hoc nemo videre potest qui non sensum internum Verbi novit, hoc est, nisi sciat quid intelligitur per 'esurienti dare edere, sitientem potare, peregrinum colligere, nudum induere, aegrotum visitare, ad illos in carcere venire'; qui de his cogitat solum ex sensu litterae, is colligit inde quod per illa intelligantur bona opera in externa forma, et nihil arcani praeterea illis inesse, cum tamen in singulis est arcanum, et hoc Divinum quia a Domino; sed arcanum non hodie intelligitur quia nulla hodie sunt doctrinalia charitatis; postquam enim separaverunt charitatem a fide, perierunt illa doctrinalia, et loco illorum recepta et inventa sunt doctrinalia fidei, quae doctrinalia prorsus nihil docent quid charitas et quid proximus; [2] doctrinalia {1} apud antiquos docuerunt omnia genera et omnes species charitatis, et quoque quis proximus erga quem charitas exercenda, et quomodo unus in alio gradu et in alio respectu quam alter proximus est, et consequenter quomodo charitas erga unum aliter quam erga alterum {2}applicata exercenda; {3}redegerunt etiam illum in classes, et nomina indiderunt, et vocarunt quosdam pauperes, egenos, miseros, afflictos, quosdam caecos, claudos, mancos ut et pupillos et viduas, quosdam esurientes, sitientes, peregrinos, nudos, aegrotos, vinctos, et sic porro; inde sciebant in quo debito essent erga unum et erga alterum; sed haec doctrinalia, ut dictum, perierunt, et cum illis etiam intellectus Verbi, usque adeo ut nemo hodie aliud sciat quam [quod] per pauperes, viduas, pupillos in Verbo non alii intelligantur quam qui ita vocantur; similiter hic per esurientes, sitientes, peregrines, nudos, aegrotos, in carcere; cum tamen per hos describitur charitas qualis est in sua essentia, et ejus exercitium quale erit in sua vita.

@1 i charitatis @2 applicate @3 redigerunt I

 

(2) 直訳

55 Quid haec in sensu interno involvunt, patebit ab illis quae sequuntur; 何をこれらが、内意の中で含むか、それらから明らかになる、それらは続く。

sciendum prius quod haec opera quae recensentur sint ipsa charitatis in suo ordine; あらかじめ知らなければならない、こと、これらは働きである、それらは列挙されている、仁愛そのものの、その順序で。

hoc nemo videre potest qui non sensum internum Verbi novit, hoc est, nisi sciat quid intelligitur per 'esurienti dare edere, sitientem potare, peregrinum colligere, nudum induere, aegrotum visitare, ad illos in carcere venire'; このことをだれも見ることができない、みことばの内意を知らなかった者、すなわち、何が意味されるか知らないなら、「飢えている者に食べることを与えること、渇いている者に飲ませること、異国人として生活した者を迎え入れること、裸〔の者〕を着せること、病んでいる者を訪れること、牢の中の彼らにやって来ること」によって。

qui de his cogitat solum ex sensu litterae, is colligit inde quod per illa intelligantur bona opera in externa forma, et nihil arcani praeterea illis inesse, cum tamen in singulis est arcanum, et hoc Divinum quia a Domino; これらについて単に文字どおりの意味から考える者は、彼は推断(推理)する、それらによって外なる形の中の善の働きが意味されること、またアルカナの何ものもそれらに内在しない、それでもそのとき個々のものの中にアルカナがある、またこれは神的なもの〔である〕、主からなので。

sed arcanum non hodie intelligitur quia nulla hodie sunt doctrinalia charitatis; しかし、〔その〕アルカナは今日では理解されていない、今日では仁愛の教え(の事柄)は何もないので。

postquam enim separaverunt charitatem a fide, perierunt illa doctrinalia, et loco illorum recepta et inventa sunt doctrinalia fidei, quae doctrinalia prorsus nihil docent quid charitas et quid proximus; というのは、〔人々が〕仁愛を信仰から分離した後に、それらの教え(の事柄)は滅んだ(失われた)から、またそれらに代わって、信仰の教え(の事柄)が受け入れられ、考え出された、それら教え(の事柄)はまったく何も教えない、何が仁愛かまた何が隣人か。

[2] doctrinalia {1} apud antiquos docuerunt omnia genera et omnes species charitatis, et quoque quis proximus erga quem charitas exercenda, et quomodo unus in alio gradu et in alio respectu quam alter proximus est, et consequenter quomodo charitas erga unum aliter quam erga alterum {2}applicata exercenda; [2] 古代人のもとの教え(の事柄)は、仁愛のすべての属とすべての種を教えた、そしてまた、だれが隣人か、その者に対して仁愛を行なう(果たす)べきか、またどのように、あるものが他の(別の)段階の中で、また他の(別の)観点(相互関係)の中で、他の(別の)隣人であるか(それを)、またしたがって、どのように仁愛をある者に対して、それを他の者に対して適応して実践すべきか。

{3}redegerunt etiam illum in classes, et nomina indiderunt, et vocarunt quosdam pauperes, egenos, miseros, afflictos, quosdam caecos, claudos, mancos ut et pupillos et viduas, quosdam esurientes, sitientes, peregrinos, nudos, aegrotos, vinctos, et sic porro; さらにまたそれらを部類の中にした(追いやった)、また名前を与えた、またある者を貧しい者、乏しい者、哀れな者、苦しむ者、ある者を盲目の者、びっこの者、不具の者(欠陥のある者)児またやもめのような、ある者を飢えた者、渇いた者、外国で生活する者、裸の者、病んだ者、縛られた者(捕虜)、等々。

inde sciebant in quo debito essent erga unum et erga alterum; ここから〔彼らは〕知った、どの義務の中にあるか、ある者に対して、また他の者に対して。

sed haec doctrinalia, ut dictum, perierunt, et cum illis etiam intellectus Verbi, usque adeo ut nemo hodie aliud sciat quam [quod] per pauperes, viduas, pupillos in Verbo non alii intelligantur quam qui ita vocantur; しかし、これらの教え(の事柄)は、言われたように、滅んだ(失われた)、また彼らにみことばの理解もまた〔失われた〕、〜そこまでも、だれも今日では何らかのものを知らない、(〜のほかは、)みことばの中の貧しい者、やもめ、孤児によって他の者が意味されないこと、このように呼ばれているもの以外に。

similiter hic per esurientes, sitientes, peregrines, nudos, aegrotos, in carcere; 同様に、ここに、飢えた者、渇いた者、外国で生活する者、裸の者、病んだ者、牢の中の者。

cum tamen per hos describitur charitas qualis est in sua essentia, et ejus exercitium quale erit in sua vita. それでも、そのとき、これらによって仁愛が述べられている、その本質の中でどのようなものであるか、またその実践が、その生活の中でどのようである(べき=未来)か。

@1 i charitatis 注1 charitatisを補うとよい。

@2 applicate 注2 applicateapplicataに換えた。

@3 redigerunt I 注3 初版はredigeruntである。

 

(3) 訳文(天界の秘義4955)

55 何をこれらが、内意むか、続くそれらかららかになるその順序列挙されているこれらが仁愛そのもののきであることをあらかじめ知っておかなければならないこのことをみことばの内意らない者、すなわち、「飢えているべることをえること、渇いているませること、異国人として生活したれること、裸者に着せること、病んでいるれること、牢らにやってることによって意味されるからないならだれもることができないこれらについて文字どおりの意味からえるそれらによってなるきが意味されることまた秘義もそれらに内在しないと推断するそれでもそのとき個々のものの秘義がありまたこれはからのものなので神的なものであるしかし、今日では仁愛事柄もないので、〔その〕秘義今日では理解されていないというのは、〔人々〕仁愛信仰から分離したそれらの事柄われまたそれらにわって、信仰事柄れられ、考されそれら事柄、何仁愛かまた隣人かまったくえないからである

[2] 古代人のもとの事柄、仁愛のすべての種類そしてまただれが仁愛なうべき原文「4954番」

54 In praemissis ante caput praecedens, explicata sunt quae Dominus locutus est de judicio super bonos et malos apud Matthaeum xxv 31-33, quae videantur n. 4807-4810; veniunt nunc explicanda quae ordine ibi sequuntur, nempe haec verba,

 

 Tunc {1}dicet Rex iis qui a dextris Ipsius, Venite benedicti Patris Mei, possidete paratum vobis regnum a fundatione mundi: esurivi enim et dedistis Mihi edere; sitivi et potastis Me; peregrinus fui et collegistis Me; nudus et circuminduistis Me; aegrotus fui et visitastis Me; in carcere fui et venistis ad Me, vers. 34-36.

 

@1 dicit I

 

(2) 直訳

54 In praemissis ante caput praecedens, explicata sunt quae Dominus locutus est de judicio super bonos et malos apud Matthaeum xxv 31-33, quae videantur n. 4807-4810; 先行する、序文(前文)、説明されたそれらは主が善い者と悪い者の上の審判について話された、「マタイ(福音書)25:31-33のもとに、それらは4807-4810番〔本講座5053〕に見られる。

veniunt nunc explicanda quae ordine ibi sequuntur, nempe haec verba, 今、説明すべきものやってているそれらはそこに続いている、すなわち、これらの言葉〔である〕、

 

Tunc {1}dicet Rex iis qui a dextris Ipsius, Venite benedicti Patris Mei, possidete paratum vobis regnum a fundatione mundi: その時、王らにそのはその右側〔いる〕、『やって来い、わたしの父に祝福された者たちよ、世の創造からあなたがたに用意された王国を所有せよ』。

esurivi enim et dedistis Mihi edere; というのは、わたしが飢えた、そしてあなたがたはわたしに食べることをした(与えた)から

sitivi et potastis Me; わたしが渇いた、そしてあなたがたはわたしを飲ませた。

peregrinus fui et collegistis Me; わたしが異国人として生活した、そしてあなたがたはわたしを迎え(入れ)

nudus et circuminduistis Me; 裸〔であった〕そしてあなたがたはわたしを着せた。

aegrotus fui et visitastis Me; わたしが病んでいた、そしてあなたがたはわたしを訪ねた。

in carcere fui et venistis ad Me, vers. 34-36. わたしが牢の中にいた、そしてあなたがたはわたしにやって来た、34-36節。

@1 dicit I 注1 初版はdicitである。

 

(3) 訳文(天界の秘義4954)

54 先行する序文、主が「マタイ福音書」25:31-33で善い者と悪い者の審判について話されたことが説明され、それらは4807-4810番〔本講座5053〕に見られる。

 今、そこに順続いている説明すべきものにやってている、すなわち、次の言葉〔である〕、

 

その時、王はその右側、「やって来い、わたしの父に祝福された者たちよ、世の創造からあなたがたに用意された王国を所有せよ。というのは、わたしが飢え、あなたがたはわたしに食べることをした。わたしが渇き、あなたがたはわたしを飲ませた。わたしが異国人として生活し、あなたがたはわたしを迎え入れた。裸であって、あなたがたはわたしを着せた。わたしが病んでいて、あなたがたはわたしを訪ねた。わたしが牢の中にいて、あなたがたはわたしにやって来たから」。34-36節。
author:yasubee, category:世の終わりと最後の審判, 23:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark