RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『主について』 64([7, 8]おわり)
 (1) 原文

[7] Per "Hierosolymam" intelligitur ecclesia a Domino etiam in sequentibus locis. Apud Sachariam,

 

 "Sic dixit Jehovah, Revertar ad Zionem, et habitabo in medio Hierosolymae: unde vocabitur Hierosolyma, urbs veritatis; et mons Jehovae Zebaoth, mons sanctitatis" (viii, 3, 20-23).

 

Apud Joelem,

 

"Tunc cognoscetis quod Ego Jehovah Deus vester, habitans in Zione, monte sanctitatis...; et erit Hierosolyma sanctitas:... et fiet in die illo, stillabunt montes mustum, et colles fluent lacte;... et Hierosolyma sedebit in generationem et generationem" (iii. 17-21).

 

Apud Esaiam,

 

"In die illo erit germen Jehovae in decus et in gloriam;... et fiet, relictus in Zione, et residuus in Hierosolyma, sanctus dicetur...: omnis scriptus ad vitam in Hierosolyma" (iv. 2, 3).

 

Apud Micham,

 

 "In extremitate dierum erit mons domus Jehovae constitutus in caput montium;... nam e Zione exibit Doctrina, et Verbum Jehovae ex Hierosolyma:... ad te veniet regnum prius, regnum filiae Hierosolymae" ({3}iv. 1, 2, 8).

 

Apud Jeremiam,

 

 "In tempore illo vocabunt Hierosolymam thronum Jehovae; et congregabuntur... omnes gentes ob nomen Jehovae Hierosolymam; neque ibunt amplius post confirmationem cordis sui mali" (iii. 17).

 

Apud Esaiam,

 

 "Specta Zionem urbem festi stati nostri; oculi tui videant Hierosolymam, habitaculum tranquillum, tabernaculum quod non dissipabitur; non removebuntur clavi ejus in perpetuum, et omnes funes ejus non avellentur" (xxxiii. 20).

 

Praeter etiam alibi (Ut apud Esaiam, xxiv. 23; cap. xxxvii. 32; cap. lxvi. 10-14; apud Sachariam, xi. 3, 6, 8-10; cap. xiv. 8, 11, 12, 21: apud Malachiam, iii. 2, 4: apud Davidem, Ps. cxxii. 1-7; Ps. cxxxvii. 4-6).

 

[8] Quod per "Hierosolymam" in illis locis intelligatur ecclesia, quae a Domino instauranda erat, et quae etiam instaurata est, et non Hierosolyma in terra Canaane a Judaeis habitata, constare etiam potest a locis in Verbo, ubi de hac dicitur quod prorsus deperdita sit, et quod destruenda:

Ut Jerem. v. 1; cap. vi. 6, 7; cap. vii. 17, 18, seq.; cap. viii. 6-8 seq.; cap. ix. 10, 11, 13, seq. [B.A. 11, 12, 14, seq.]; cap. xiii. 9, 10, 14; cap. xiv. 16: Thren. i. 8, 9, 17: Ezech. iv. 1 ad fin.; cap. {4}v. 9 ad fin.; cap. xii. 18, 19; cap. xv. 6-8; cap. xvi. 1-63; cap. xxiii. 1-49: Matth. xxiii. [33,] 37, 39: Luc. xix. 41-44 cap. xxi. 20-22; cap. xxiii. 28-30; et multis aliis in locis.

@1 "tuo:sic editio princeps; sic quoque, Apoc. Rev. n. 880; Summ. Expos. Doctrinae, n. 100; V.C.R., n. 782. Vide autem Dict. Prob., ed. 1845, p. 31, ubi legitur "suo," quod textum Hebraicum rectius interpretatur. @2 ix. pro "x." @3 iv. pro "ii." @4 v. pro "iv."

(2) 直訳

[7] Per "Hierosolymam" intelligitur ecclesia a Domino etiam in sequentibus locis. [7] 「エルサレム」によって主からの教会が意味される、以下の箇所によってもまた。

Apud Sachariam, 「ゼカリヤ()」に、

"Sic dixit Jehovah, Revertar ad Zionem, et habitabo in medio Hierosolymae: 「エホバは言った、『わたしはシオンへ戻ろう、またわたしはエルサレムの真ん中に住もう。

unde vocabitur Hierosolyma, urbs veritatis; ここからエルサレムは呼ばれよう、真実の都と。

et mons Jehovae Zebaoth, mons sanctitatis" (viii, 3, 20-23). また万軍のエホバの山、聖なる山と』」(8:3, 20-23)

Apud Joelem, 「ヨエル()」に、

"Tunc cognoscetis quod Ego Jehovah Deus vester, habitans in Zione, monte sanctitatis...; 「その時、あなたがたは知る、わたしエホバがあなたがたの神〔である〕ことを、シオンの中に住む、神聖な山に……。

et erit Hierosolyma sanctitas: また、エルサレムは神聖となる――

... et fiet in die illo, stillabunt montes mustum, et colles fluent lacte; ……またその日に生ずる、山々は新しいぶどう酒を滴らせる(滴る)、また丘々は乳を流れる(流す)

... et Hierosolyma sedebit in generationem et generationem" (iii. 17-21). ……またエルサレムは代々(かぎりなく)すわる(存する)」(3:17-20)。

Apud Esaiam, 「イザヤ()」に、

"In die illo erit germen Jehovae in decus et in gloriam; 「その日に、エホバの若枝はなる、美観の中に、また栄光の中に。

... et fiet, relictus in Zione, et residuus in Hierosolyma, sanctus dicetur...: ……またなる、シオンの中に残された者は、またエルサレムの中の残りの者は、聖呼ばれる……。

omnis scriptus ad vitam in Hierosolyma" (iv. 2, 3). すべての者はエルサレムの中でいのち☆へ向けて書かれた〔者である〕」(4:2, 3)

新改訳聖書はここを「いのちの書」と「書」を補っていますが、このままでも通じるでしょう。

Apud Micham, 「ミカ()」に、

"In extremitate dierum erit mons domus Jehovae constitutus in caput montium; 「日々の終わりの時に、主の山の家は山の頭に置かれる。

... nam e Zione exibit Doctrina, et Verbum Jehovae ex Hierosolyma: ……なぜなら、シオンから教えが出るから、またエホバのことばがエルサレムから――

... ad te veniet regnum prius, regnum filiae Hierosolymae" ({3}iv. 1, 2, 8). あなたに前の王国がやって来る、エルサレムの娘の王国が」(4:1, 2, 8)

Apud Jeremiam, 「エレミヤ()」に、

"In tempore illo vocabunt Hierosolymam thronum Jehovae; 「その時の中で、エルサレムはエホバの王座と呼ばれる。

et congregabuntur... omnes gentes ob nomen Jehovae Hierosolymam; また集められる……すべての国はエホバの名前のためにエルサレムに。

neque ibunt amplius post confirmationem cordis sui mali" (iii. 17). もはや歩くこともない、自分の悪い心の確信の後ろを」(3:17)

Apud Esaiam, 「イザヤ()」に、

"Specta Zionem urbem festi stati nostri; 「私たちの変わらない祝祭の都シオンを眺めよ。

oculi tui videant Hierosolymam, habitaculum tranquillum, tabernaculum quod non dissipabitur; あなたの目はエルサレムを見る、静かな住まい、追い散らされない天幕を。

non removebuntur clavi ejus in perpetuum, et omnes funes ejus non avellentur" (xxxiii. 20). そのくいは永久に取り除かれない、またそのすべての綱は引き離されない」(33:20)

Praeter etiam alibi (Ut apud Esaiam, xxiv. 23; cap. xxxvii. 32; cap. lxvi. 10-14; apud Sachariam, xi. 3, 6, 8-10; cap. xiv. 8, 11, 12, 21: apud Malachiam, iii. 2, 4: apud Davidem, Ps. cxxii. 1-7; Ps. cxxxvii. 4-6). 加えて他の箇所にもまた(例えば、イザヤ24:23に、第3732、第6610-14、ゼカリヤ11:3, 6, 8-10、第148, 11, 12, 21、マラキに3:2, 4、ダビデに、詩篇122:1-7、詩篇137:4-6)

[8] Quod per "Hierosolymam" in illis locis intelligatur ecclesia, quae a Domino instauranda erat, et quae etiam instaurata est, et non Hierosolyma in terra Canaane a Judaeis habitata, constare etiam potest a locis in Verbo, ubi de hac dicitur quod prorsus deperdita sit, et quod destruenda: [8] 「エルサレム」によって、それらの箇所の中に教会が意味されることは、それは主により設立される(べき)であった、またそれもまた設立された、またユダヤ人たちにより住まわれたカナンの地の中のエルサレムではない、みことばの箇所からもまた明らかにすることができる、そこにこのことについて言われている、完全に失われたこと、また破壊される(べきであった)――

Ut Jerem. v. 1; cap. vi. 6, 7; cap. vii. 17, 18, seq.; cap. viii. 6-8 seq.; cap. ix. 10, 11, 13, seq. [B.A. 11, 12, 14, seq.]; cap. xiii. 9, 10, 14; cap. xiv. 16: Thren. i. 8, 9, 17: Ezech. iv. 1 ad fin.; cap. {4}v. 9 ad fin.; cap. xii. 18, 19; cap. xv. 6-8; cap. xvi. 1-63; cap. xxiii. 1-49: Matth. xxiii. [33,] 37, 39: Luc. xix. 41-44 cap. xxi. 20-22; cap. xxiii. 28-30; 例えば、エレミヤ5:1、第66, 7、第717, 18続き、第85-7続き、第911, 12, 14続き、第139, 10, 14、第1416、哀歌1:8, 9, 17、エゼキエル4:1終わりまで、第59終わりまで、第1218, 19、第156-8、第161-63、第231-49、マタイ23:33, 37, 39、ルカ19:41-44、第2120-22、第2328-30.

et multis aliis in locis. また多くの他の箇所の中に。

@3 iv. pro "ii." 注3 ii」の代わりにiv

@4 v. pro "iv." 注4 iv」の代わりにv

(3) 訳文

[7] 以下の箇所によってもまた「エルサレム」によって主からの教会が意味される。

「ゼカリヤ」に、 

「エホバは言った、『わたしはシオンへ戻ろう、わたしはエルサレムの真ん中に住もう。ここからエルサレムは、真実の都と、万軍のエホバの山、聖なる山と呼ばれよう』」(8:3, 20-23) 

「ヨエル」に、 

 「その時、あなたがたは、シオンに、神聖な山に住むわたしエホバがあなたがたの神〔である〕ことを知る……。また、エルサレムは神聖となる。……またその日に、山々には新しいぶどう酒が滴り、丘々には乳が流れる。……エルサレムは代々存する」(3:17-20)。 

「イザヤ」に、 

「その日、エホバの若枝は、美観の中に、また栄光の中にある。……シオンの中に残された者は、エルサレムの中の残りの者は、聖呼ばれる……。すべての者はエルサレムの中でいのちへ向けて書かれる」(4:2, 3) 

「ミカ」に、 

 「終わりの日に、主の山の家は山の頂に置かれる。……なぜなら、シオンから教えが、エホバのことばがエルサレムから出るから。……あなたに前の王国が、エルサレムの娘の王国がやって来る」(4:1, 2, 8) 

「エレミヤ」に、 

 「その時、エルサレムはエホバの王座と呼ばれる。……すべての国はエホバの名前のためにエルサレムに集められる。もはや、自分の悪い心を確信してその後ろを歩くこともない」(3:17)

author:yasubee, category:原典講読『主について』, 22:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『主について』 64(~[2])
 

 (1) 原文

64. Quod per "Hierosolymam" in Verbo intelligatur ecclesia quoad doctrinam, est causa, quia ibi in terra Canaane, et non alibi, Templum erat, altare erat, sacrificia fiebant, ita ipse cultus Divinus: quare etiam tria festa quotannis ibi celebrabantur, et ad illa omnis masculus totius terrae mandatus est ire. Ex eo est, quod per "Hierosolymam" significetur ecclesia quoad cultum, et inde quoque ecclesia quoad doctrinam, nam cultus praescribitur in doctrina, et fit secundum illam: tum quia Dominus in Hierosolyma fuit, et docuit in suo Templo, et postea ibi glorificavit Humanum suum. Praeterea per "urbem" in Verbo in sensu ejus spirituali significatur doctrina; inde per "civitatem sanctam," doctrina Divini Veri a Domino.{} [2] Quod per "Hierosolymam" intelligatur ecclesia quoad doctrinam, etiam ex aliis in Verbo patet; ut ex his. Apud Esaiam: 

 

"Propter Zionem non tacebo, et propter Hierosolymam non quiescam, usque dum exeat sicut splendor justitia ejus, et salus ejus sicut lampas ardeat. Tunc videbunt gentes justitiam tuam, et omnes reges gloriam tuam. Et vocabitur tibi nomen novum, quod os Jehovae enuntiabit. Et eris corona decoris in manu Jehovae, et cidaris regni in manu Dei tui. ...Beneplacebit Jehovah in te, et terra tua maritabitur. ...Ecce Salus tua veniet, ecce merces Ipsius cum Ipso. ….Et vocabunt illos, Populus sanctitatis, Redempti Jehovae: et tu vocaberis quaesita urbs, non deserta" (lxii. 1-4, 11, 12):

agitur in toto illo capite de adventu Domini, et de nova ab Ipso instauranda ecclesia: nova haec ecclesia est quae intelligitur per "Hierosolymam," cui "vocabitur nomen novum quod os Jehovae enuntiabit," quaeque "erit corona decoris in manu Jehovae, et cidaris regni in manu Dei," in qua "Jehovah beneplacebit," et quae vocabitur "urbs quaesita, non deserta:" per haec non potest intelligi Hierosolyma, in qua, cum Dominus in mundum venit, fuerunt Judaei, nam illa erat in omni contrario; quae potius vocanda erat Sodoma, ut quoque vocatur (Apoc. xi. 8: [vide etiam] Esai. iii. 9; Jer. xxiii. 54; Ezech. xvi. 46, 48).

 

  Quod per "urbem" in Verbo significetur doctrina ecclesiae et religionis, videatur in Arcanis Caelestibus, n. 402, 2450[? 2449], 2943; 3216, 4492, 4493. Quod per "portam urbis" significetur doctrina per quam fit introitus in ecclesiam, n. 2943, 4477, 4478. Quod ideo seniores sederint in porta urbis et judicaverint, ibid; "Egredi porta" quod sit recedere a doctrina, n. 4492, 4493. Quod urbes et palatia in caelo repraesententur, quando angelis est sermo de doctrinalibus, n. 3216, ibi.

(2) 直訳

64. Quod per "Hierosolymam" in Verbo intelligatur ecclesia quoad doctrinam, est causa, quia ibi in terra Canaane, et non alibi, Templum erat, altare erat, sacrificia fiebant, ita ipse cultus Divinus: みことばの中の「エルサレム」によって教えに関する教会が意味されることは、理由である、そこに、カナンの地の中に、また他の場所でなく、神殿があったからである、いけにえが行なわれた、このように神的な礼拝そのものが――

quare etiam tria festa quotannis ibi celebrabantur, et ad illa omnis masculus totius terrae mandatus est ire. それゆえ、さらにまた毎年三つの祭りが祝われた、またそれらへ全地のすべての男性は行くことが命じられた。

Ex eo est, quod per "Hierosolymam" significetur ecclesia quoad cultum, et inde quoque ecclesia quoad doctrinam, nam cultus praescribitur in doctrina, et fit secundum illam: そのことからである、「エルサレム」によって礼拝に関する教会が意味されること、またここから教えに関する教会もまた、なぜなら、礼拝は教えの中で定められたから、またそれらにしたがって行なわれた。

tum quia Dominus in Hierosolyma fuit, et docuit in suo Templo, et postea ibi glorificavit Humanum suum. なおまた、主はエルサレムの中にいたから〔である〕、またその神殿の中で教えた、またその後、そこに自分の人間性を栄化した。

Praeterea per "urbem" in Verbo in sensu ejus spirituali significatur doctrina; さらに、みことばの中の「都」によってその霊的な意味の中で、教えが意味される。

inde per "civitatem sanctam," doctrina Divini Veri a Domino.{} そこから、「聖なる都」によって主からの神的な真理の教えが〔意味される〕。

[2] Quod per "Hierosolymam" intelligatur ecclesia quoad doctrinam, etiam ex aliis in Verbo patet; [2] 「エルサレム」によって教えに関する教会が意味されることは、みことばの中の他のものからもまた明らかである。

ut ex his. 例えば、これらから。

Apud Esaiam: 「イザヤ()」に――

"Propter Zionem non tacebo, et propter Hierosolymam non quiescam, usque dum exeat sicut splendor justitia ejus, et salus ejus sicut lampas ardeat. 「シオンのために、わたしは黙っていない、またエルサレムのために、わたしは休まない、その義が輝きのように出てくるまでは、またその救いが明かりのように燃える。

Tunc videbunt gentes justitiam tuam, et omnes reges gloriam tuam. その時、国々はあなたの義を見る、また、すべての王はあなたの栄光を。

Et vocabitur tibi nomen novum, quod os Jehovae enuntiabit. また、あなたに新しい名前が呼ばれる、それをエホバの口が発声する。

Et eris corona decoris in manu Jehovae, et cidaris regni in manu Dei tui. また、あなたはエホバの手の中の美しい王冠となる、またあなたの神の手の中の王のかぶり物。

...Beneplacebit Jehovah in te, et terra tua maritabitur. ……エホバはあなた(の中で)喜ぶ、また、あなたの地は夫を与えられる。

...Ecce Salus tua veniet, ecce merces Ipsius cum Ipso. ……見よ、あなたの救いがやって来る、見よ、その方の報酬がその方とともに。

….Et vocabunt illos, Populus sanctitatis, Redempti Jehovae: ……また彼らは呼ばれる、聖なる民、エホバに贖われた者と――

et tu vocaberis quaesita urbs, non deserta" (lxii. 1-4, 11, 12): また、あなたは、求められた都と呼ばれる、見捨てられない」(62:1-4, 11, 12)

agitur in toto illo capite de adventu Domini, et de nova ab Ipso instauranda ecclesia: その全章の中に主の来臨について扱われている、またその方による設立される(べき)しい教会について。

nova haec ecclesia est quae intelligitur per "Hierosolymam," cui "vocabitur nomen novum quod os Jehovae enuntiabit," quaeque "erit corona decoris in manu Jehovae, et cidaris regni in manu Dei," in qua "Jehovah beneplacebit," et quae vocabitur "urbs quaesita, non deserta:" この新しい教会は、(それは)「エルサレム」によって意味されるものである、それに「新しい名前が呼ばれる、それをエホバの口が発声する」、そしてそれは「エホバの手の中の美しい王冠となる、またあなたの神の手の中の王のかぶり物」、その中で「エホバは喜ぶ」またそれは「求められた都と呼ばれる、見捨てられない」――

per haec non potest intelligi Hierosolyma, in qua, cum Dominus in mundum venit, fuerunt Judaei, nam illa erat in omni contrario; これらによって、エルサレムが意味されることはできない、その中に、主が世の中にやって来たとき、ユダヤ人がいた、なぜなら、それはすべての正反対のものの中にあったからである。

quae potius vocanda erat Sodoma, ut quoque vocatur (Apoc. xi. 8: [vide etiam] Esai. iii. 9; Jer. xxiii. 54; Ezech. xvi. 46, 48). それはむしろソドムと呼ばれるべきであった、〔その〕ようにもまた呼ばれる〔ように〕(黙示録11:8(見よ〜もまた)イザヤ3:9、エレミヤ23:54、エゼキエル16:46, 48)

Quod per "urbem" in Verbo significetur doctrina ecclesiae et religionis, videatur in Arcanis Caelestibus, n. 402, 2450[? 2449], 2943; 3216, 4492, 4493.  *「都」によって教会と宗教の教えが意味されることは、『天界の秘義』402, 2449, 2943; 3216, 4492, 4493番に見られる。

Quod per "portam urbis" significetur doctrina per quam fit introitus in ecclesiam, n. 2943, 4477, 4478. 「都の門」によって教えが意味される、それによって教会の中への入り口になる、2943, 4477, 4478番。

Quod ideo seniores sederint in porta urbis et judicaverint, ibid; それゆえ、長老たちに都の門の中に座った、また裁いた、同じ個所に。

"Egredi porta" quod sit recedere a doctrina, n. 4492, 4493. 「門を出て行くこと」は、教えからはずれることである、4492, 4493番。

Quod urbes et palatia in caelo repraesententur, quando angelis est sermo de doctrinalibus, n. 3216, ibi. 天界の中で都と宮殿が表象されること、天使たちが教えの事柄について会話〔の中に〕いる時、3216番、そこに。

(3) 訳文

64. みことばの中の「エルサレム」によって教えに関する教会が意味されることは、そこに、カナンの地に、また他の場所でなく、神殿があり、いけにえが行なわれ、このように神的な礼拝そのものがあったからであり――それゆえ、さらにまた毎年三つの祭りが祝われ、またそれらへ全地のすべての男性は行くことが命じられたことが理由である。

 そのことから、「エルサレム」によって礼拝に関する教会が、またここから教えに関する教会もまた意味される、なぜなら、礼拝は教えの中で定められ、またそれらにしたがって行なわれたたからである――なおまた、主はエルサレムの中にいたから、またその神殿の中で教え、またその後、そこに自分の人間性を栄化したからである。

 さらに、みことばの中の「都」によってその霊的な意味の中で、教えが、そこから、「聖なる都」によって主からの神的な真理の教えが意味される()

[2] 「エルサレム」によって教えに関する教会が意味されることは、みことばの中の他のものからもまた明らかである。例えば、これらから。

 「イザヤ()」に――

「シオンのために、わたしは黙っていない、またエルサレムのために、わたしは休まない、その義が輝きのように出て、その救いが明かりのように燃えるくるまでは。

 その時、国々はあなたの義を、また、すべての王はあなたの栄光を見る。

また、あなたに新しい名前が呼ばれ、それをエホバの口が発声する。

 また、あなたはエホバの手の中の美しい王冠、またあなたの神の手の中の王のかぶり物となる。

 ……エホバはあなた喜ぶ、また、あなたの地は夫を与えられる。

 ……見よ、あなたの救いがやって来る、見よ、その方の報酬がその方とともに。

 ……また彼らは、聖なる民、エホバに贖われた者と呼ばれる――また、あなたは、求められ、見捨てられない都と呼ばれる」(62:1-4, 11, 12)

 その全章の中に主の来臨について、またその方による設立されるべき新しい教会について扱われている――この新しい教会は、「エルサレム」によって意味されるものであり、それは「新しい名前が呼ばれ、それをエホバの口が発声し」、そしてそれは「エホバの手の中の美しい王冠、またあなたの神の手の中の王のかぶり物となり」、それを「エホバは喜び」またそれは「求められ、見捨てられない都と呼ばれる」――これらによって、主が世の中にやって来たとき、ユダヤ人がいたエルサレムが意味されることはできない、なぜなら、それはすべての正反対のものであったからである。それはむしろソドムと呼ばれるべきであり、そのようにもまた呼ばれている(黙示録11:8(また見よ)イザヤ3:9、エレミヤ23:54、エゼキエル16:46, 48)

* 「都」によって教会と宗教の教えが意味されることは、『天界の秘義』402, 2449, 2943; 3216, 4492, 4493番に見られる。

 「都の門」によって、それによって教会の中への入り口となる教えが意味される、2943, 4477, 4478番。

 それゆえ、長老たちに都の門の中に座った、また裁いた。同じ個所に。

 「門を出て行くこと」は、教えからはずれることである、4492, 4493番。

  天使たちが教えの事柄について会話〔の中に〕いる時、天界の中で都と宮殿が表象されること、3216番、そこに。

(ここは著者スヴェーデンボリによる脚注です)

author:yasubee, category:原典講読『主について』, 02:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『主について』 63
 

(1) 原文

63. Per "civitatem sanctam Hierosolymam" intelligitur nova illa ecclesia quoad doctrinam; quare illa visa a Deo e caelo descendens, nam doctrina genuini veri non aliunde venit quam per caelum a Domino. Quia ecclesia quoad doctrinam per "civitatem Novam Hierosolymam" intelligitur, ideo dicitur,

 

"Parata sicut Sponsa ornata Marito suo" (vers. 2):

et postea,

 

"Venit ad me unus de septem angelis,... et locutus mecum, dicens, Veni, ostendam tibi Sponsam Agni Uxorem: et abstulit me in spiritu super montem... altum, et ostendit mihi civitatem magnam, sanctam Hierosolymam, descendentem e caelo a Deo" (vers. 9, 10, in eodem capite).

 

Quod per "Sponsam" et "Uxorem" intelligatur ecclesia, cum {1}per "Dominum" Sponsus et Maritus, notum est. Ecclesia Sponsa est quando vult Dominum recipere, at Uxor quando recepit. Quod Dominus per "Maritum" ibi intelligatur, patet; nam dicitur, "Sponsa Agni Uxor."

 

@1 "per Dominum Sponsus et Maritus:"sic editio princeps. Forte est legendum:per "Sponsum" et "Maritum" intelligitur Dominus.

 

(2) 直訳

63. Per "civitatem sanctam Hierosolymam" intelligitur nova illa ecclesia quoad doctrinam; 「聖なる都エルサレム」によってその新しい教会が意味される、教えに関して。

quare illa visa a Deo e caelo descendens, nam doctrina genuini veri non aliunde venit quam per caelum a Domino. それゆえ、それが神から☆天から☆下って来るのが見られた、なぜなら、純粋な真理の教えは他の場所からやって来ないから、主から天界を通って以外の。

前置詞aexも「〜から」ですが、aは原因となる動因または出てくる源を、exは行為を果たす上で助けとなる動因を示します。この違いを表わすにはaを「〜より」と訳せばよいでしょう。

Quia ecclesia quoad doctrinam per "civitatem Novam Hierosolymam" intelligitur, ideo dicitur, 教えに関する教会が「都、新しいエルサレム」によって意味されるので、それゆえ、言われている、

"Parata sicut Sponsa ornata Marito suo" (vers. 2): 「その夫〔のために〕飾られた花嫁のように整えられた」(2節)。

et postea, またその後、

"Venit ad me unus de septem angelis,... et locutus mecum, dicens, Veni, ostendam tibi Sponsam Agni Uxorem: 「七人の天使たちから一人が私にやって来た……また私に話した、言って、来い、あなたに小羊の妻を見せるために――

et abstulit me in spiritu super montem... altum, et ostendit mihi civitatem magnam, sanctam Hierosolymam, descendentem e caelo a Deo" (vers. 9, 10, in eodem capite). また私を霊の中で……高い山の上に連れ去った、また私に大きな都を示した(見せた)、聖なる都、天から神から下って来る」(9, 10節、同じ章の中の)

Quod per "Sponsam" et "Uxorem" intelligatur ecclesia, cum {1}per "Dominum" Sponsus et Maritus, notum est. 「花嫁」と「妻」によって教会が意味される、「花婿」と「夫」によって主が意味されるとき☆、よく知られていること。

下記の「注」参照。

Ecclesia Sponsa est quando vult Dominum recipere, at Uxor quando recepit. 教会は花嫁である、主を受け入れることを欲している時、しかし、妻、受け入れた時。

Quod Dominus per "Maritum" ibi intelligatur, patet; 主が「夫」によってそこに意味されることは、明らかである。

nam dicitur, "Sponsa Agni Uxor." なぜなら、言われているから、「小羊の妻〔である〕花嫁」。

@1 "per Dominum Sponsus et Maritus:"sic editio princeps. Forte est legendum:per "Sponsum" et "Maritum" intelligitur Dominus. 注1 "per Dominum Sponsus et Maritus,"――このように初版〔にある〕。おそらく読むべきである――per "Sponsum" et "Maritum" intelligitur Dominus

 

(3) 訳文

63. 「聖なる都エルサレム」によって教えに関するその新しい教会が意味される。それゆえ、それが神より天から下って来るのが見られた、なぜなら、純粋な真理の教えは主から天界を通って以外の他の出所からやって来ないからである。

 教えに関する教会が聖なる都「新しいエルサレム」によって意味されるので、それゆえ、言われている、

 

 「その夫〔のために〕飾られた花嫁のように整えられた」(2節)。

 

またその後、

 

 「七人の天使たちから一人が私にやって来た……また私に話した、〔こう〕言って、『来い、あなたに小羊の妻を見せるために』――また私を霊の中で……高い山の上に連れて行った、また私に天から神より下って来る大きな都、聖なるエルサレム見せた(同章の9, 10)

 

「花婿」と「夫」によって主が意味されるとき、「花嫁」と「妻」によって教会が意味されることは、よく知られている。

 教会は、主を受け入れることを欲している時、花嫁である、しかし、受け入れた時、妻である。

 そこの「夫」によって主が意味されることは明らかである。なぜなら、「小羊の妻〔である〕花嫁」と言われているからである。

author:yasubee, category:原典講読『主について』, 22:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『主について』 62
 

(XII.)

QUOD NOVA ECCLESIA INTELLIGATUR

 PER "NOVAM HIEROSOLYMAM" IN APOCALYPSI.

「黙示録」の中の「新しいエルサレム」によって

新しい教会が意味されること

 

(1) 原文

62. Postquam in Apocalypsi descriptus est status Ecclesiae Christianae, qualis erit in suo fine, et nunc est, et postquam in infernum conjecti sunt illi ab ea ecclesia qui per "pseudoprophetam," "draconem," "meretricem," et per "bestias" significantur, ita postquam Ultimum Judicium factum est, dicitur ibi,

 

 "Vidi caelum novum et terram novam, prius enim caelum, et prior terra transivit…. . Tunc ego Johannes vidi civitatem sanctam... Hierosolymam descendentem a Deo e caelum.... . Et audivi vocem magnam e caelo dicentem, Ecce tabernaculum Dei cum hominibus, qui habitabit cum illis, et illi populi Ejus erunt, et Ipse erit cum illis, Deus illorum. ....Dixit sedens super throno, Ecce nova omnia facio: et dixit mihi, Scribe, quia haec verba vera et fidelia sunt" (Apoc. xxi. 1-3, 5).

 

Per "caelum novum," et per "terram novam," quae vidit postquam prius caelum et prior terra transivit, non intelligitur novum caelum astriferum et atmosphaericum, quod coram oculis humanis apparet, nec nova terra super qua habitant homines; sed intelligitur novum ecclesiae in mundo spirituali, et novum ecclesiae in mundo naturali. [2] Quoniam novum ecclesiae in utroque mundo, tam spirituali quam naturali, factum est a Domino cum in mundo fuit, ideo simile apud Prophetas praedicitur; nempe, quod novum caelum et nova terra tunc exstitura sint; (ut Esai. lxv. 17; cap. lxvi. 22, et alibi:) per quae itaque non potest intelligi caelum aspectabile coram oculis, et terra habitabilis ab hominibus. Per mundum spiritualem intelligitur mundus ubi habitant angeli et spiritus, et per mundum naturalem intelligitur mundus ubi habitant homines. Quod novum ecclesiae in mundo spirituali nuper factum sit, et quod novum ecclesiae in mundo naturali fiet, aliquibus ostensum est in opusculo De Ultimo Judicio, et plenius ostendetur in Continuatione ejus.

 

(2) 直訳

62. Postquam in Apocalypsi descriptus est status Ecclesiae Christianae, qualis erit in suo fine, et nunc est, et postquam in infernum conjecti sunt illi ab ea ecclesia qui per "pseudoprophetam," "draconem," "meretricem," et per "bestias" significantur, ita postquam Ultimum Judicium factum est, dicitur ibi, 「黙示録」の中でキリスト教会の状態が述べられた後に、その終わりの中でどのようになるか、また今☆〔どんな〕である〔か〕、またその教会から彼らが地獄の中に投げ込まれた後に、その者は「偽預言者」、「竜」、「淫婦」によって、また「獣」によって意味される、このように「最後の審判」が行なわれた後に、そこに言われている、

「今」とは本書が出版された1763年でしょう。

"Vidi caelum novum et terram novam, prius enim caelum, et prior terra transivit…. . 「私は新しい天と新しい地を見た、というのは、より前の天は、またより前の地は過ぎ去ったから……。

Tunc ego Johannes vidi civitatem sanctam... Hierosolymam descendentem a Deo e caelum.... . その時☆、私、ヨハネ☆は聖なる都を見た……神から天から下って来るエルサレムを……。

ここの「その時」「ヨハネ」はラテン語訳聖書(の一部)見られるだけで、ギリシア原典の各写本からは指示されません(永井訳にはありますが、後からの付け加えの影響でしょう)

Et audivi vocem magnam e caelo dicentem, Ecce tabernaculum Dei cum hominibus, qui habitabit cum illis, et illi populi Ejus erunt, et Ipse erit cum illis, Deus illorum. また私は聞いた、天から大きな声が言っているのを、見よ、神の幕屋が人ともにある、その者は彼らとともに住む、彼らはその民となる、またその方は彼らとともにいる(未来)、彼らの神。

....Dixit sedens super throno, Ecce nova omnia facio: ……王座の上に座っている者が言った、見よ、わたしはすべてを新しくする。

et dixit mihi, Scribe, quia haec verba vera et fidelia sunt" (Apoc. xxi. 1-3, 5). また私に言った、書け、これらのことばは真実と忠実☆であるので」(黙示録21:1-3, 5)

「忠実」と 「真実」は「黙示録」19:11に出てきます。

Per "caelum novum," et per "terram novam," quae vidit postquam prius caelum et prior terra transivit, non intelligitur novum caelum astriferum et atmosphaericum, quod coram oculis humanis apparet, nec nova terra super qua habitant homines; 「新しい天」によって、また「新しい地」によって、それらをより前の天とより前の地が過ぎ去った後に見た、星座と大気の新しい天が意味されない、それは人間の目の前に見られる、新しい地も〔意味しない〕その上に人間が住む。

sed intelligitur novum ecclesiae in mundo spirituali, et novum ecclesiae in mundo naturali. しかし、霊界の中の教会の新しいものが意味される、また自然界の中の教会の新しいものが。

[2] Quoniam novum ecclesiae in utroque mundo, tam spirituali quam naturali, factum est a Domino cum in mundo fuit, ideo simile apud Prophetas praedicitur; [2] 両方の世界の中の教会の新しいものが、霊的なものも自然的なものも、主により作られたので、世にいたとき、それゆえ、似たものが「預言書」に予言された。

nempe, quod novum caelum et nova terra tunc exstitura sint; すなわち、新しい天界と新しい地が、その時、存在するようになる。

(ut Esai. lxv. 17; cap. lxvi. 22, et alibi:) (例えば、イザヤ65:766:22、また他の箇所に)

per quae itaque non potest intelligi caelum aspectabile coram oculis, et terra habitabilis ab hominibus. そこで、それらによって天が意味されることはできない、目の前に見られる、また人間によって住める地が。

Per mundum spiritualem intelligitur mundus ubi habitant angeli et spiritus, et per mundum naturalem intelligitur mundus ubi habitant homines. 霊界によって世が意味される、そこに天使と霊たちが住んでいる、また自然界によって世が意味される、そこに人間が住んでいる。

Quod novum ecclesiae in mundo spirituali nuper factum sit, et quod novum ecclesiae in mundo naturali fiet, aliquibus ostensum est in opusculo De Ultimo Judicio, et plenius ostendetur in Continuatione ejus. 霊界の中の教会の新しいものは近ごろ作られたこと、また自然界の中の教会の新しいものが生ずる(未来)ことは、いくらかに示されている、小著『最後の審判について』の中に、またさらに十分に示されるであろう、その『続き』☆に。

『最後の審判』は1758年、ロンドンで出版(『天界と地獄』などと一緒に)

  (この『主について』は1763年、アムステルダムで出版。)

  『続 最後の審判』も1763年、アムステルダムで出版。

なお、この後、この原典講読で『最後の審判』に取り組む予定です。

 

(3) 訳文

62. 「黙示録」の中でキリスト教会の状態が、その終わりの中でどのようになるか、また今どんなであるか、またその教会から「偽預言者」、「竜」、「淫婦」によって、「獣」によって意味される者が地獄の中に投げ込まれ、このように「最後の審判」が行なわれことが述べられた後に、そこに言われている、

 

 「私は新しい天と新しい地を見た、以前の天は、以前の地は過ぎ去ったからである……。その時、私、ヨハネは聖なる都を見た……神から天から下って来るエルサレムを……。また私は、天から大きな声が言っているのを聞いた、見よ、神の幕屋が人ともにある、神は彼らとともに住む、彼らはその民となる、また彼らの神ご自身は彼らとともにいる。……王座の上に座っている者が言った、見よ、わたしはすべてを新しくする。また私に言った、書け、これらのことばは真実と忠実であるからである」(黙示録21:1-3, 5)

 

以前の天と以前の地が過ぎ去った後に見た「新しい天」とまた「新しい地」によって、人間の目の前に見られる星座と大気の新しい天が人間が住む新しい地も意味されない。しかし、霊界の中の教会の新しいものが、また自然界の中の教会の新しいものが意味される。

[2] 霊的なものも自然的なものも、両方の世界の中の教会の新しいものが、世にいたときの主により作られたので、それゆえ、似たものが「預言書」に予言された。すなわち、新しい天界と新しい地が、その時、存在するようになる〔ことである〕 (例えば、イザヤ65:766:22、また他の箇所に)そこで、それらによって目の前に見られる天が、また人間によって住める地が意味されることはできない。

 霊界によってそこに天使と霊たちが住んでいる世界が意味され、また自然界によってそこに人間が住んでいる世が意味される。

 霊界の中の教会の新しいものは近ごろ作られたこと、また自然界の中の教会の新しいものが生ずることは、小著『最後の審判について』の中ににいくらかに示されており、またその『続き』にさらに十分に示されるであろう。

author:yasubee, category:原典講読『主について』, 23:38
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『主について』 61
 

(1) 原文

61. Quod haec de Domino nunc primum evulgata sint, est quia praedictum est in Apocalypsi, cap. xxi. et xxii., quod nova ecclesia in fine prioris a Domino instituenda sit, in qua hoc primarium erit. Haec ecclesia est, quae per "Novam Hierosolymam" ibi intelligitur, in quam nemo intrare potest, nisi qui solum Dominum pro Deo caeli et terrae agnoscit. Et hoc possum annuntiare, quod universum caelum Dominum solum agnoscat; et quod qui non agnoscit, non in caelum admittatur: caelum enim est caelum ex Domino. Ipsa illa agnitio ex amore et fide, facit ut sint ibi in Domino et Dominus in illis, ut Ipse Dominus docet apud Johannem,

 

 "In die illo cognoscetis quod Ego in Patre meo, et vos in Me, et Ego in vobis" (xiv. 20):

 

tum apud eundem,

 

 "Manete in Me, etiam Ego in vobis. ...Ego... vitis, vos palmites; qui manet in Me et Ego in illo, hic fert fructum multum, nam sine Me non potestis facere quicquam: nisi quis manserit in Me, ejectus est foras" (cap. xv. 4-6; tum cap. xvii. 22, 23).

 

[2] Quod hoc non prius e Verbo visum sit, est quia si prius visum fuisset, usque non receptum fuisset: nondum enim Ultimum Judicium fuit peractum; et ante illud, potentia inferni valuit supra potentiam caeli; et homo est in medio inter caelum et infernum; quare si prius visum fuisset, Diabolus, hoc est, infernum, eripuisset illud e cordibus illorum, et insuper profanavisset illud. Hic status potentiae inferni prorsus fractus est per Ultimum Judicium, quod nunc peractum est: post illud, ita nunc, omnis homo qui vult illustrari et sapere, is potest. (De qua re videantur quae in opere De Caelo et Inferno, n. 589-596, et n. 597-603; tum in opusculo De Ultimo Judicio, n. 65-72, et n. 73, 74, scripta sunt.)

 

(2) 直訳

61. Quod haec de Domino nunc primum evulgata sint, est quia praedictum est in Apocalypsi, cap. xxi. et xxii., quod nova ecclesia in fine prioris a Domino instituenda sit, in qua hoc primarium erit. 主についてこれらのことが今、初めて公けにされたことは、「黙示録」第21章、第22章の中に予言されているからである、新しい教会が前のものの終わりに設立される(べき)こと、その中でこのことは☆主要なものであった。

「その中でこのことは」でははっきりしませんが、quaは直前のecclesiaのはずです。そして主要なものとは、その教会での主要な教えでしょう。その教えが「主についての教え」です。

Haec ecclesia est, quae per "Novam Hierosolymam" ibi intelligitur, in quam nemo intrare potest, nisi qui solum Dominum pro Deo caeli et terrae agnoscit. この教会はそれである、「新しいエルサレム」によってそこに意味される、その中に、だれも入ることはできない、天と地の神として主だけを認める者でないなら。

Et hoc possum annuntiare, quod universum caelum Dominum solum agnoscat; また、このことを私は告知する(公表する)ことができる。

et quod qui non agnoscit, non in caelum admittatur: また認めない者は天界に入れられないこと――

caelum enim est caelum ex Domino. というのは、天界は主から天界であるから。

Ipsa illa agnitio ex amore et fide, facit ut sint ibi in Domino et Dominus in illis, ut Ipse Dominus docet apud Johannem, 愛と信仰からのその承認(認識)そのものが、主の中に、また彼らの中に主がいるようにする、主ご自身が「ヨハネ(福音書)」で教えられるように、

"In die illo cognoscetis quod Ego in Patre meo, et vos in Me, et Ego in vobis" (xiv. 20): 「その日に、あたがたは知る、わたしがわたしの父の中に、またあなたがたがわたしの中に、またわたしがあなたがたの中に〔いる〕こと」(14:20)――

tum apud eundem, なおまた同書に、

"Manete in Me, etiam Ego in vobis. 「わたしの中にとどまれ、わたしもまたあなたがたの中に〔とどまる〕。

...Ego... vitis, vos palmites;  ……わたしはぶどうの木、あなたがたは枝〔である〕。

qui manet in Me et Ego in illo, hic fert fructum multum, nam sine Me non potestis facere quicquam: わたしの中に、またわたしがその者の中にとどまる者は、この者は多くの実をもたらす(結ぶ)なぜなら、わたしなしに、あなたがたは何も行なうことができないから。

nisi quis manserit in Me, ejectus est foras" (cap. xv. 4-6; tum cap. xvii. 22, 23). だれかがわたしの中にとどまらないなら、外へ投げ出される」(15:4-6、なおまた17:22, 23)

[2] Quod hoc non prius e Verbo visum sit, est quia si prius visum fuisset, usque non receptum fuisset: [2] このことは前に、みことばから見られなかったこと、もし前に見られたなら、それでも受け入れられなかったからである。

nondum enim Ultimum Judicium fuit peractum; というのは、まだ最後の審判がなし遂げられていなかったから。

et ante illud, potentia inferni valuit supra potentiam caeli; また、その前に、地獄の力(勢力)天界の力(勢力)(の上)まさった。

et homo est in medio inter caelum et infernum; また、人間は天界と地獄の間の真ん中にいる。

quare si prius visum fuisset, Diabolus, hoc est, infernum, eripuisset illud e cordibus illorum, et insuper profanavisset illud. それゆえ、前に見られたなら、悪魔は、すなわち、地獄はそれを彼らの心から取り去った(奪った)あろう、また加えてそれを冒涜した。

Hic status potentiae inferni prorsus fractus est per Ultimum Judicium, quod nunc peractum est: 地獄の力のこの状態が最後の審判によって完全に砕かれた、それが今やなし遂げられた――

post illud, ita nunc, omnis homo qui vult illustrari et sapere, is potest. その後、このように今や、すべての人間は、照らされることと賢明になることを欲する者は、彼はできる。

(De qua re videantur quae in opere De Caelo et Inferno, n. 589-596, et n. 597-603; (その事柄についてそれは著作『天界と地獄について』の中に見られる、589-596番、また597-603番。

tum in opusculo De Ultimo Judicio, n. 65-72, et n. 73, 74, scripta sunt.) なおまた、小著『最後の審判について』65-72番、また73, 74番に書かれている)。

 

(3) 訳文

61. 主についてこれらのことが今、初めて公けにされたことは、『黙示録』第21章、第22章の中に新しい教会が前のものの終わりに設立されるべきことが予言されているからであり、その〔教会〕中でこの〔主についての教え〕は主要なものであった。

 この教会がそこの「新しいエルサレム」によって意味され、その中には、天地の神として主だけを認める者でないなら、だれも入ることはできない。

 また、私は、全天界が主だけを認めていること、また認めない者が天界に入れられないことを告知することができる。というのは、天界は主から天界であるから。愛と信仰からのその承認そのものが、人々を主の中に、また彼らの中に主がいるようにする。そのことを、主ご自身が「ヨハネ福音書」で教えられているように、

 

 その日には、あたがたは、わたしがわたしの父の中に、またあなたがたがわたしの中に、わたしがあなたがたの中にいることを知る(14:20)

 

 なおまた同書に、

 

 わたしの中にとどまれ、わたしもまたあなたがたの中にとどまる。……わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝である。わたしの中にとどまり、またわたしがその者の中にとどまる者は、多くの実を結ぶ。なぜなら、わたしなしに、あなたがたは何も行なうことができないから。だれでも、わたしの中にとどまらないなら、外へ投げ出される(15:4-6、なおまた17:22, 23)

 

[2] このことが前に、みことばから見られなかったのは、もし前に見られたなら、やはり受け入れられなかったから――というのは、まだ最後の審判がなし遂げられていなかったからであり、その前に、地獄の力は天界の力にまさっていたからである。また、人間は天界と地獄の間の真ん中にいて、それゆえ、前に見られたなら、悪魔は、すなわち、地獄はそれを彼らの心から取り去り、また加えてそれを冒涜したであろう。

 地獄の力のこの状態が、今やなし遂げられた最後の審判によって完全に砕かれた――その後、このように今や、照らされることと賢明になることを欲するすべての人間はできる。」

(その事柄については著作『天界と地獄』の589-596番、また597-603番に見られる。なおまた、小著『最後の審判』65-72番、また73, 74番に書かれている)。

author:yasubee, category:原典講読『主について』, 22:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『主について』 60
 

(1) 原文

60. Quod Deus et Homo in Domino, secundum Doctrinam, non sint duo, sed una Persona, et prorsus una, sicut anima et corpus sunt unum, patet clare a multis quae Ipse dixerat: ut, Quod "Pater et Ipse unum sint;" quod "omnia Patris sua sint, et omnia sua Patris;" quod "Ipse in Patre et Pater in Ipso sit:" quod "omnia data sint in manum Ipsius;" quod "Ipsi omnis potestas sit;" quod "Deus caeli et terrae sit;" quod "qui credit in Ipsum, vitam aeternam habeat;" et porro, quod et Divinum et Humanum sublatum sit in caelum, et quod quoad utrumque "sedeat ad dextram Dei," hoc est, quod omnipotens sit: et plura quae supra ex Verbo de Divino Humano Ipsius in multa copia allata sunt, quae omnia testantur quod Deus sit unus tam Persona quam Essentia, in quo Trinitas; et quod ille Deus sit Dominus.

 

(2) 直訳

60. Quod Deus et Homo in Domino, secundum Doctrinam, non sint duo, sed una Persona, et prorsus una, sicut anima et corpus sunt unum, patet clare a multis quae Ipse dixerat: 主の中の神と人間は、教えにしたがって、二つではないこと、しかし、一つのペルソナ、また完全に一つ、霊魂と身体が一つであるように、多くのものからはっきりと明らかである、それらをその方は言った――

ut, Quod "Pater et Ipse unum sint;" 例えば、「父とその方は一つである」こと。

quod "omnia Patris sua sint, et omnia sua Patris;" 「父のすべてのものは自分のものである、また自分のすべてのものは父の〔ものである〕」こと。

quod "Ipse in Patre et Pater in Ipso sit:" 「その方は父の中に、また父はその方の中にいる」こと――

quod "omnia data sint in manum Ipsius;" 「すべてのものはその方の手の中に与えられている」こと。

quod "Ipsi omnis potestas sit;" 「その方にすべての力がある」こと。

quod "Deus caeli et terrae sit;" 「天と地の神である」こと。

quod "qui credit in Ipsum, vitam aeternam habeat;" 「その方を信じる者は、永遠のいのちを持つ」こと。

et porro, quod et Divinum et Humanum sublatum sit in caelum, et quod quoad utrumque "sedeat ad dextram Dei," hoc est, quod omnipotens sit: またさらに、神性と人間性とが天界の中に上げられたこと、また両方の者に関して「神の右に座る」こと、すなわち、全能であること。

et plura quae supra ex Verbo de Divino Humano Ipsius in multa copia allata sunt, quae omnia testantur quod Deus sit unus tam Persona quam Essentia, in quo Trinitas; また多くのものが、それらはみことばから上に、その方の神的人間性について多くの量、提示された、それらのすべてのものは証言している、神がペルソナも本質も一つであること、その中に三一性〔がある〕。

et quod ille Deus sit Dominus. またその神は主であること。

 

(3) 訳文

60. 〔アタナシウス信条の〕教えにしたがって、主の中の神と人間は二つではなく、しかし、一つの位格であり、霊魂と身体が一つであるように完全に一つであることは、主が言われた多くのものからはっきりと明らかである。

例えば、父とその方は一つであること。父のすべてのものはわたしのものであり、わたしのすべてのものは父のものであること。その方は父の中に、また父はその方の中にいること。すべてのものはその方の名前の中に与えられていること。その方にすべての力があること。天地の神であること。その方を信じる者は永遠のいのちを持ち、その方を信じない者には神の怒りがその者の上にとどまること。またさらに、〔主の〕神性と人間性が天界に上げられ、両方に関して神の右に座ること、すなわち、全能であること。また、神的人間性について、みことばから前に多量に示されている多くのことがある。

それらすべてのものが、神は位格も本質も一つであり、その中に三一性があること、またその神は主であることを証言している。
author:yasubee, category:原典講読『主について』, 20:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『主について』 59
 

(1) 原文

59. Haec in Doctrina de Trinitate et Unitate Dei. Postea sequitur ibi de assumptione Humani a Domino in mundo, quae vocatur Incarnatio. Illa quoque in Doctrina quoad omnia et singula ejus, vera sunt, modo distincte intelligatur humanum ex matre, in quo Dominus fuit, cum in statu humiliationis seu exinanitionis, et passus est tentationes et crucem; et Humanum ex Patre, in quo fuit in statu glorificationis seu unitionis: nam Dominus Humanum in mundo conceptum a Jehovah, qui est Dominus ab aeterno, et natum a Maria Virgine, assumpsit; inde Ipsi fuit Divinum et humanum, Divinum a Divino suo ab aeterno, et humanum ex Maria matre in tempore; sed hoc humanum exuit, et Humanum Divinum induit: hoc Humanum est, quod vocatur Divinum Humanum, et quod intelligitur in Verbo per "Filium Dei." Cum itaque illa, quae praecedunt in Doctrina de Incarnatione, intelliguntur de humano materno, in quo fuit cum in statu humiliationis, et illa quae sequuntur ibi de Divino Humano, in quo fuit cum in statu glorificationis, tunc etiam omnia ibi coincidunt. Cum humano materno, in quo fuit cum in statu humiliationis, coincidunt haec quae praecedunt in Doctrina,

 

 Quod Jesus Christus fuerit Deus et Homo, Deus ex substantia Patris, et Homo ex substantia matris, natus in mundo: perfectus Deus et perfectus Homo, ex rationali anima et humano corpore consistens: aequalis Patri quoad Divinum, minor Patre quoad Humanum.

 

Tum haec,

 

 Quod Humanum illud non conversum sit in Divinum, nec ei commixtum:

sed exutum, et pro eo assumptum Humanum Divinum. Cum Humano Divino, in quo fuit in statu glorificationis, et nunc est in aeternum, coincidunt haec quae sequuntur in Doctrina:

"Tametsi noster Dominus Jesus Christus Filius Dei, est Deus et Homo, usque non sunt duo, sed est unus Christus; immo est prorsus unus, est enim una Persona; quoniam sicut anima et corpus faciunt unum hominem, ita Deus et Homo est unus Christus."

 

(2) 直訳

59. Haec in Doctrina de Trinitate et Unitate Dei. これらは〔その〕教えの中の神の三一性と同一性について〔である〕。

Postea sequitur ibi de assumptione Humani a Domino in mundo, quae vocatur Incarnatio. その後、そこに世の中で主からの人間性のまとわれることについて続く、それは受肉と呼ばれる。

Illa quoque in Doctrina quoad omnia et singula ejus, vera sunt, modo distincte intelligatur humanum ex matre, in quo Dominus fuit, cum in statu humiliationis seu exinanitionis, et passus est tentationes et crucem; 教えの中のそれもまた、そのすべてと個々のものについて、真理である、母からの人間性が明確に(区別して)理解されるかぎり、その中に主はいた、卑下または空(から)にした(状態の)状態、また試練と十字架を受けた〔状態〕。

et Humanum ex Patre, in quo fuit in statu glorificationis seu unitionis: また父からの人間性、その中にいた、栄化または結合の状態の中に。

nam Dominus Humanum in mundo conceptum a Jehovah, qui est Dominus ab aeterno, et natum a Maria Virgine, assumpsit; なぜなら、主は人間性を、世の中でエホバからみごもった、その者は永遠からの主である、また処女マリアから生まれた、おびた(とった)からである。

inde Ipsi fuit Divinum et humanum, Divinum a Divino suo ab aeterno, et humanum ex Maria matre in tempore; ここから、その方は神性と人間性となった、永遠からのご自分の神性から神性、また時間の中で母マリアから人間性。

sed hoc humanum exuit, et Humanum Divinum induit: しかし、この人間性を脱いだ、また神的人間性を着た――

hoc Humanum est, quod vocatur Divinum Humanum, et quod intelligitur in Verbo per "Filium Dei." この人間性である、神的人間性と呼ばれるもの、またみことばの中で「神の子」によって意味されるもの。

Cum itaque illa, quae praecedunt in Doctrina de Incarnatione, intelliguntur de humano materno, in quo fuit cum in statu humiliationis, et illa quae sequuntur ibi de Divino Humano, in quo fuit cum in statu glorificationis, tunc etiam omnia ibi coincidunt. (そのとき)そこでそれは、それは教えの中で受肉について先行する、母の人間性について理解される(とき)、その中にいた、卑下の状態の中のとき、またそれは、それはそこに神的人間性について続く、その中にいた、栄化の状態の中のとき、その時、そこにすべてのものもまた一致する。

Cum humano materno, in quo fuit cum in statu humiliationis, coincidunt haec quae praecedunt in Doctrina, 母(から)の人間性に、その中にいた、卑下の状態の中に〔いた〕とき、これらは一致する、それらは教えの中に先行する、

Quod Jesus Christus fuerit Deus et Homo, Deus ex substantia Patris, et Homo ex substantia matris, natus in mundo: イエス・キリストが神と人間であったこと、父の実体から神、また母の実体から、世の中で生まれた人間。

perfectus Deus et perfectus Homo, ex rationali anima et humano corpore consistens: 完全な神と完全な人間、理性的な霊魂と人間の身体から構成されている。

aequalis Patri quoad Divinum, minor Patre quoad Humanum. 神性に関して父に等しい、そして人間性に関して父により劣る。

Tum haec, なおまたこれら、

Quod Humanum illud non conversum sit in Divinum, nec ei commixtum: その人間性を神性(の中)に変えたのではないこと、それに混合させたのでもなく――

sed exutum, et pro eo assumptum Humanum Divinum. しかし、脱いだ、またその代わりに人間的神性をおびた(とった)

Cum Humano Divino, in quo fuit in statu glorificationis, et nunc est in aeternum, coincidunt haec quae sequuntur in Doctrina: 神的人間性に、その中にいた、栄化の状態の中に〔いた〕とき、また今や永遠の中にいる、これらは一致する、それらは教えの中に続く――

"Tametsi noster Dominus Jesus Christus Filius Dei, est Deus et Homo, usque non sunt duo, sed est unus Christus; 「たとえ私たちの主イエス・キリストは、神の子、神と人間であっても、それでも二つではない、しかし、一つのキリスト。

immo est prorsus unus, est enim una Persona; それどころか完全に一つ、というのは一つのペルソナであるから。

quoniam sicut anima et corpus faciunt unum hominem, ita Deus et Homo est unus Christus." 霊魂と身体が一つの人間であるように、そのように神と人間は一つのキリストであるので」。

 

(3) 訳文

59. これらは〔その〕教えの中の神の三一性と同一性について〔である〕。

 その後、そこに受肉と呼ばれる世で主によりまとわれた人間性について続く。

それもまた教えの中のすべてと個々のものについて、主がいた母からの人間性である卑下または空(から)にした状態、また試練と十字架を受けた状態と、また、その中にいた父からの人間性である栄化または結合の状態が明確に理解されるかぎり、真理である。なぜなら、主は、永遠からの主であるエホバからみごもり、また処女マリアから生まれて、世の中で人間性をとったからである。ここから、その方は神性と人間性となった、永遠からのご自分の神性から神性と時間の中での母マリアから人間性である。しかし、この人間性を脱ぎ捨て、神的人間性を着た――神的人間性と呼ばれるもの、またみことばの中で「神の子」によって意味されるものは、この人間性である。

 そこで、教えの中で受肉について先行する母の人間性について、その中にいた卑下の状態と、そこに続く神的人間性について、その中にいた栄化の状態が理解されるとき、その時、そこにすべてのものもまた一致する。

卑下の状態の中にいたときの母(から)の人間性に、教えの中に先行するこれら〔次のもの〕は一致する、

 

 イエス・キリストが神と人間であり、父の実体から神、また母の実体から世の中で生まれた人間であり、理性的な霊魂と人間の身体から構成されている完全な神と完全な人間であり、神性に関して父に等しい、そして人間性に関して父により劣ったこと。

 

 なおまたこれら、

 

 その人間性を神性に変えたのではなく、それに混合させたのでもないこと――

 

しかし、脱ぎ捨て、その代わりに人間的神性をとったのである

 栄化の状態の中に、また今や永遠の中にいるとき、神的人間性に、教えの中に続くこれら〔次のもの〕は一致する――

 

「たとえ私たちの主イエス・キリストは、神の子、神と人間であっても、それでも二つではなく、しかし、一つのキリスト、それどころか完全に一つである、というのは一つのペルソナであり、霊魂と身体が一つの人間であるように、そのように神と人間は一つのキリストであるからである」。

author:yasubee, category:原典講読『主について』, 23:38
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『主について』 58
 

(1) 原文

58. Quod omnia illius Doctrinae quoad singula ejus verba, sint vera, modo pro trinitate Personarum intelligatur trinitas Personae, constare potest ex eadem denuo exscripta, quae nunc sequitur:

Qui vult salvari, illi necessarium est servare fidem hanc Christianam. Fides haec Christiana est: Quod colamus unum Deum in Trinitate, et Trinitatem in Unitate, non commiscendo Trinum Personae, neque separando Essentiam. Trinum unius Personae est, quod Pater, Filius et Spiritus Sanctus vocatur. Divinitas Patris, Filii et Spiritus Sancti est una eadem, gloria et majestas aequalis. Qualis est Pater, talis est Filius, et talis est Spiritus Sanctus. Pater est increatus, Filius est increatus, et Spiritus Sanctus est increatus; Pater est infinitus, Filius est infinitus, et Spiritus Sanctus est infinitus; et tamen non sunt tres infiniti, neque tres increati, sed unus increatus et unus infinitus. Similiter ut Pater est omnipotens, ita Filius est omnipotens, et Spiritus Sanctus est omnipotens, et tamen non sunt tres omnipotentes, sed unus omnipotens. Sicut Pater est Deus, ita Filius est Deus, et Spiritus Sanctus est Deus, et tamen non sunt tres Dii, sed unus Deus. Quamvis Pater est Dominus, Filius est Dominus, et Spiritus Sanctus est Dominus, usque tamen non sunt tres Domini, sed unus Dominus. Nunc sicut ex Christiana veritate agnoscimus trinum in una Persona, quae Deus et Dominus, ita ex Christiana fide possumus dicere unum Deum et unum Dominum. Pater a nullo factus est, neque creatus, neque natus: Filius est ex solo Patre, non factus, nec Creatus, sed natus: Spiritus Sanctus est ex Patre et ex Filio, neque factus, neque creatus, sed natus, sed procedens: ita est unus Pater, non tres Patres, unus Filius, non tres Filii, unus Spiritus Sanctus, non tres Spiritus Sancti: et in hac Trinitate nullus est maximus et minimus, sed sunt prorsus aequales. Ita ut prorsus sit, quemadmodum supra dictum est, quod Unitas in Trinitate, et Trinitas in Unitate colenda sit.

 

(2) 直訳

58. Quod omnia illius Doctrinae quoad singula ejus verba, sint vera, modo pro trinitate Personarum intelligatur trinitas Personae, constare potest ex eadem denuo exscripta, quae nunc sequitur:― その教えのすべてのものは、その言葉の個々のものに関して真理であることは、ペルソナ(複数)三一性の代わりにペルソナ(単数)の三一性が理解されるかぎり、再び書き写した同じものから明らかにすることができる、それらは今や続く――

Qui vult salvari, illi necessarium est servare fidem hanc Christianam. 救われることを欲する者は、彼はこのキリスト教の信仰を守ることが必要である

Fides haec Christiana est: このキリスト教の信仰は――

Quod colamus unum Deum in Trinitate, et Trinitatem in Unitate, non commiscendo Trinum Personae, neque separando Essentiam. 私たちが崇拝することである、三一性の中の一つの神を、また同一性の中の三一性を、ペルソナ(複数)の三一性を混ぜないで、本質を分離もさせないで。

Trinum unius Personae est, quod Pater, Filius et Spiritus Sanctus vocatur. 一つのペルソナの三一性は、父、子と聖霊と呼ばれるものである。

Divinitas Patris, Filii et Spiritus Sancti est una eadem, gloria et majestas aequalis. 父の神性、子と聖霊の〔神性〕は一つの同じものである、栄光と威厳は等しい。

Qualis est Pater, talis est Filius, et talis est Spiritus Sanctus. どのような父であるか〔によって〕、そのような子がある、またそのような聖霊がある。

Pater est increatus, Filius est increatus, et Spiritus Sanctus est increatus; 父は創造されない、子は創造されない、また聖霊は創造されない。

Pater est infinitus, Filius est infinitus, et Spiritus Sanctus est infinitus; 父は無限である(限定されない)子は無限である、また聖霊は無限である。

et tamen non sunt tres infiniti, neque tres increati, sed unus increatus et unus infinitus. またそれでも、三つの無限な者はない、三つの創造されない者もない、しかし、ひとつの創造されない者、また一つの無限な者〔がある〕。

Similiter ut Pater est omnipotens, ita Filius est omnipotens, et Spiritus Sanctus est omnipotens, et tamen non sunt tres omnipotentes, sed unus omnipotens. 同様に、父が全能であるように、そのように子は全能である、また聖霊は全能である、またそれでも、三つの全能(な者)がいない、しかし一つの全能(な者)

Sicut Pater est Deus, ita Filius est Deus, et Spiritus Sanctus est Deus, et tamen non sunt tres Dii, sed unus Deus. 父が神であるように、そのように子は神である、また聖霊は神である、またそれでも、三つの神はいない、しかし一つの神。

Quamvis Pater est Dominus, Filius est Dominus, et Spiritus Sanctus est Dominus, usque tamen non sunt tres Domini, sed unus Dominus. たとえ父は主であっても、☆子は主である、また聖霊は主である、やはりそれでも三つの主ではない、しかし、一つの主。

ここは底本(ロンドン・スヴェーデンボリ協会発行1996)に〜Dominus.のように句読点(ピリオッド)のミスプリがありました。(初版は正しいです)

Nunc sicut ex Christiana veritate agnoscimus trinum in una Persona, quae Deus et Dominus, ita ex Christiana fide possumus dicere unum Deum et unum Dominum. そこで(今や)、キリスト教の真理から私たちが一つのペルソナの中の三一性を認めるように、それは神と主である、このようにキリスト教の信仰から私たちは一つの神と一つの主を言うことができる。

Pater a nullo factus est, neque Creatus, neque natus: 父はだれからも作られない、創造のされない、生まれもしない――

Filius est ex solo Patre, non factus, nec creatus, sed natus: 子は父だけから〔のもの〕である、作られない、創造もされない、しかし、生まれた――

Spiritus Sanctus est ex Patre et ex Filio, neque factus, neque creatus, sed natus, sed procedens: 聖霊は父からである、また子から、作られもしない、創造もされない、生まれもしない、しかし、発出する――

ita est unus Pater, non tres Patres, unus Filius, non tres Filii, unus Spiritus Sanctus, non tres Spiritus Sancti:  そのように一つの父である、三つの父ではない、一つの子である、三つの子ではない、一つの聖霊である、三つの聖霊ではない――

et in hac Trinitate nullus est maximus et minimus, sed sunt prorsus aequales. またこの三一性の中にだれも最大の者と最小の者ではない、しかし、完全に等しい。

Ita ut prorsus sit, quemadmodum supra dictum est, quod Unitas in Trinitate, et Trinitas in Unitate colenda sit. そのように完全であるように、上に言われたように、三一性の中の同一性を、また同一性の中の三一性を崇拝しなければならない。

 

(3) 訳文

58. その教えのすべてのものがその言葉の個々のものに関して真理であることは、三つのペルソナ三一性の代わりに一つのペルソナの三一性が理解されるかぎり、再び書き写した同じものから明らかにすることができる、それらは今や続く――

 

 救われることを欲する者は、彼はこのキリスト教の信仰を守ることが必要である。このキリスト教の信仰は――

 三一性の中の一つの神を、また同一性の中の三一性を、三つのペルソナの三一性を混ぜないで、本質を分離もさせないで私たちが崇拝することである。

 一つのペルソナの三一性は、父、子と聖霊と呼ばれるものである。

 父の神性、子と聖霊の神性は一つの同じものであり、栄光と威厳は等しい。

 どのような父であるかによって、そのような子があり、またそのような聖霊がある。父は創造されず、子は創造されず、また聖霊は創造されない。父は無限であり子は無限であり、また聖霊は無限である。またそれでも、三つの無限な者はない、三つの創造されない者もない、しかし、一つの創造されない者、また一つの無限な者がいる。

 同様に、父が全能であるように、そのように子は全能であり、また聖霊は全能である、またそれでも、三つの全能な者はいない、しかし一つの全能な者がいる。

 父が神であるように、そのように子は神である、また聖霊は神である、またそれでも、三つの神はいない、しかし一つの神がいる。

 たとえ父は主であっても、子は主であり、また聖霊は主であり、やはりそれでも三つの主ではない、しかし、一つの主である。

 そこで、キリスト教の真理から私たちが一つのペルソナの中の三一性を認めるように、それは神と主である、このようにキリスト教の信仰から私たちは一つの神と一つの主を言うことができる。

 父はだれからも作られず、創造されず、生まれもしない――子は父おひとりからであり、作られず、創造もされない、しかし、生まれた――聖霊は父からである、また子から、作られもしない、創造もされない、生まれもしない、しかし、発出する――そのように一つの父であり、三つの父ではない、一つの子であり、三つの子ではない、一つの聖霊であり、三つの聖霊ではない――またこの三一性の中にだれも最大の者と最小の者ではない、しかし、完全に等しい。

 そのように完全であるように、前に言われたように、三一性の中の同一性を、また同一性の中の三一性を崇拝しなければならない。

author:yasubee, category:原典講読『主について』, 23:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『主について』 57
 

(1) 原文

57. Quod omnia hujus Doctrinae quoad singula ejus verba sint vera, modo pro trinitate Personarum intelligatur trinitas Personae, videri potest ab eadem denuo exscripta, ubi haec trinitas substituta est. Trinitas Personae est haec, Quod Divinum Domini sit Pater, Divinum Humanum Filius, et Divinum Procedens Spiritus Sanctus. Cum haec trinitas intelligitur, tunc homo potest cogitare unum Deum, et quoque potest dicere unum Deum: quod alioquin non possit nisi quam cogitare tres Deos, quis non videt et quoque vidit Athanasius; quare ejus Doctrinae etiam haec verba inserta sunt:

"Sicut ex Christiana Veritate obligati sumus agnoscere unamquamque Personam per se esse Deum et Dominum, usque tamen non possumus ex Catholica religione (aut ex Christiana fide) dicere (seu nominare) tres Deos aut tres Dominos."

 

Quod quasi est, Quamvis ex Christiana veritate licet agnoscere seu cogitare tres Deos et Dominos, usque tamen non licet ex Christiana fide dicere seu nominare nisi quam unum Deum et unum Dominum: cum tamen agnitio et cogitatio conjungit hominem cum Domino et cum caelo, non autem sola loquela. Praeterea, nemo comprehendit quomodo Divinum, quod unum est, potest dividi in tres Personas, quarum unaquaevis est Deus; Divinum enim non dividuum est: ac tres unum facere per essentiam aut substantiam, non tollit ideam trium Deorum, sed modo dat ideam unanimitatis eorum.

 

(2) 直訳

57. Quod omnia hujus Doctrinae quoad singula ejus verba sint vera, modo pro trinitate Personarum intelligatur trinitas Personae, videri potest ab eadem denuo exscripta, ubi haec trinitas substituta est. この教えのすべてのものは、その言葉の個々のものに関して真理であることは、ペルソナ(複数)三一性の代わりにペルソナ(単数)の三一性が理解されるかぎり、再び書き写した同じものから見られることができる、そこにこの三一性が置き換えられた。

Trinitas Personae est haec, Quod Divinum Domini sit Pater, Divinum Humanum Filius, et Divinum Procedens Spiritus Sanctus. ペルソナ(単数)の三一性はこれである、「主の神性は父であること、神的人間性は子、また神的な発出すものは聖霊」。

Cum haec trinitas intelligitur, tunc homo potest cogitare unum Deum, et quoque potest dicere unum Deum: この三一性が理解されるとき、その時、人間は一つの神を考えることができる、そしてまた、一つの神を言うことができる。

quod alioquin non possit nisi quam cogitare tres Deos, quis non videt et quoque vidit Athanasius; そうでなければ、できないこと、三つの神を考えること以外に☆、だれが見ないか〔?〕そしてまたアタナシウスは見た。

nisi quamで「〜以外に」という意味です。

quare ejus Doctrinae etiam haec verba inserta sunt: それゆえ、その教えにこれらの言葉が導入された。

"Sicut ex Christiana Veritate obligati sumus agnoscere unamquamque Personam per se esse Deum et Dominum, usque tamen non possumus ex Catholica religione (aut ex Christiana fide) dicere (seu nominare) tres Deos aut tres Dominos." 「キリスト教の真理から私たちは、それぞれのペルソナがそれ自体から神と主であることを認めるよう強いられている、それでもやはり私たちは全教会の宗教(またはキリスト教の信仰)によって、三つの神が、または三つの主が存在する、と言うこと(または呼ぶこと)を禁じられている」。

Quod quasi est, Quamvis ex Christiana veritate licet agnoscere seu cogitare tres Deos et Dominos, usque tamen non licet ex Christiana fide dicere seu nominare nisi quam unum Deum et unum Dominum: 〜も同然(事実上)あること、それぞれの者をキリスト教の真理から許される、三つの神と主を認めることと考えること、やはりそれでも、キリスト教の信仰から許されない、一つの神と一つの主以外に言うことまたは名前を挙げる(呼ぶ)こと。

cum tamen agnitio et cogitatio conjungit hominem cum Domino et cum caelo, non autem sola loquela. そのときそれでも、承認と思考(考え)が人間を主とまた天界と結合させる、けれども、単なる話しでなく。

Praeterea, nemo comprehendit quomodo Divinum, quod unum est, potest dividi in tres Personas, quarum unaquaevis est Deus; 加えて(さらに)、だれも把握しない、どのように神性が、それは一つである、三つのペルソナの中に分けられることができるか、それらのそれぞれが神である。

Divinum enim non dividuum est: というのは、神性は分けられないから。

ac tres unum facere per essentiam aut substantiam, non tollit ideam trium Deorum, sed modo dat ideam unanimitatis eorum. そして三つを一つにすることは、本質または実体によって、三つの神の観念を取り去らない、しかし単にそれらの一致(一つの心であること)の観念を与える。

 

(3) 訳文

57. この教えのすべてのものは、三つのペルソナ三一性の代わりに一つのペルソナの三一性が理解されるかぎりその言葉の個々のものに関して真理であることが、そこにこの三一性が置き換えられて、再び書き写した同じものから見られることができる。

 一つのペルソナの三一性はこれである、「主の神性は父、神的人間性は子、また神的な発出すものは聖霊であること」。

 この三一性が理解される時、人間は一つの神を考えることができ、そしてまた、一つの神を言うことができる――そうでなければ、三つの神を考えること以外にできないことを、だれが見ないか、そしてまたアタナシウスは見た。それゆえ、その教えに次の言葉が導入された。

 

 「キリスト教の真理から私たちは、それぞれのペルソナがそれ自体から神と主であることを認めるよう強いられている、それでもやはり私たちは全教会の宗教(またはキリスト教の信仰)によって、三つの神が、または三つの主が存在する、と言うこと(または呼ぶこと)を禁じられている」。

 

 これは事実上、それぞれの者をキリスト教の真理から、三つの神と主を認めることと考えることが許される、やはりそれでも、キリスト教の信仰から、一つの神と一つの主以外に言うことまたは呼ぶことが許されないことである――そのときそれでも、〔その〕承認と考えが人間を主とまた天界と結合させる、けれども、単に話すことではない。

 さらに、一つである神性が、どのようにそれらのそれぞれが神である三つのペルソナの中に分けられることができるか、だれも把握しない。というのは、神性は分けられないから。そして、本質または実体によって、三つを一つにすることは、三つの神の観念を取り去ることなく、しかし単にそれらの一致の観念を与える。

author:yasubee, category:原典講読『主について』, 00:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『主について』 56
 

(1) 原文

56. Doctrina haec est:

"Qui vult salvari, illi..., necessarium est servare Fidem hanc Catholicam (alii, Christianam): nisi quis illam Fidem servaverit totam et integram absque dubio, in aeternum peribit. Fides haec Catholica (alii, Christiana) est, quod colamus unum Deum in Trinitate, et Trinitatem in Unitate, neque commiscendo Personas, neque separando substantiam (alii, essentiam): quoniam est una Persona Patris, alia Filii, et alia Spiritus Sancti; sed Divinitas Patris, Filii et Spiritus Sancti est una eadem, gloria aequalis, et majestas coaeterna. Qualis est Pater, talis est Filius, et talis est Spiritus Sanctus. Pater est increatus, Filius est increatus, et Spiritus Sanctus est increatus. Pater est infinitus, Filius est infinitus, et Spiritus Sanctus est infinitus; Pater aeternus, Filius aeternus, et Spiritus Sanctus aeternus; et tamen non sunt tres aeterni, sed unus aeternus; et non sunt tres infiniti neque tres increati, sed unus increatus, et unus infinitus. Similiter ut Pater est omnipotens, ita Filius est omnipotens, et Spiritus Sanctus est omnipotens, et tamen non sunt tres omnipotentes sed unus omnipotens. Sicut Pater est Deus, ita Filius est Deus, et Spiritus Sanctus est Deus, et tamen non sunt tres Dii, sed unus Deus. Quamvis Pater est Dominus, Filius est Dominus, et Spiritus Sanctus est Dominus, usque tamen non sunt tres Domini, sed unus Dominus. Quoniam sicut ex Christiana veritate obligati sumus agnoscere unamquamque Personam per Se esse Deum et Dominum, usque tamen per Catholicam Religionem prohibiti sumus dicere esse tres Deos, aut tres Dominos (alii, usque tamen non possumus ex Christiana fide nominare tres Deos aut tres Dominos). Pater a nullo factus est, neque creatus, neque natus: Filius est a solo Patre non factus, nec creatus, sed natus: Spiritus Sanctus est ex Patre et ex Filio, neque factus, neque creatus, neque natus, sed procedens. Ita est unus Pater, non tres Patres; unus Filius, non tres Filii; unus Spiritus Sanctus, non tres Spiritus Sancti: et in hac Trinitate nullus est primus et postremus, et nullus est maximus et minimus, sed omnes tres Personae sunt simul aeternae, et sunt prorsus aequales. Ita ut prorsus sit, quemadmodum supra dictum est, quod Unitas in Trinitate, et Trinitas in Unitate colenda sit (alii, quod tres Personae in una Divinitate, ac unus Deus in tribus Personis, colendus sit); quapropter qui vult salvari, illum oportet ita cogitare de Trinitate.

"Porro etiam ad salutem necessarium est, ut quis rite credat Incarnationem nostri Domini Jesu Christi (alii, ut quis constanter credat, quod noster Dominus sit verus Homo); quoniam vera Fides est, ut credamus et confiteamur quod noster Dominus Jesus Christus, Filius Dei, sit Deus et Homo, Deus ex substantia (seu essentia, alii, natura) Patris, natus ante mundum; et Homo ex substantia (alii, natura) matris, natus in mundo; perfectus Deus et perfectus Homo, ex rationali anima et humano corpore consistens: aequalis Patri quoad Divinum, ac inferior (alii minor) Patre quoad Humanum. Qui tametsi est Deus et Homo, non tamen sunt duo, sed unus Christus: unus non per conversionem Essentia Divinae in Corpus, sed per assumptionem Humani in Deum (alii, unus est Ille, non tamen ita quod Divinum transmutatum sit in Humanum, sed Divinum suscepit ad Se Humanum): unus prorsus, non per confusionem (alii commixtionem) substantiae, sed per unitatem Personae (alii, Ille est prorsus unus, non tamen ita quod binae naturae sint commixtae, sed Ille est una Persona). Quoniam sicut rationalis anima et corpus est unus homo, ita Deus et Homo est unus Christus. Qui passus est propter salvationem nostri, descendit in infernum, et resurrexit tertio die ex morte: et ascendit in caelum, et sedet ad dextram Patris... omnipotentis: unde venturus est ad judicandum vivos et mortuos: in cujus adventu omnes homines resurgent cum suis corporibus: [et reddituri sunt de factis propriis rationem;] et illi qui bona fecerunt, intrabunt in vitam aeternam; et qui male fecerunt, in ignem aeternum."

 

(2) 直訳

56. Doctrina haec est:― 教えはこれらである☆――

以下に示されている「アタナシウス信条」は一般に知られているものと異なります(大筋は同じですが、言い回しが異なります)。スヴェーデンボリがどこからこの信条を引用したのかわかりません(わかったら教えてください)

"Qui vult salvari, illi..., necessarium est servare Fidem hanc Catholicam (alii, Christianam): 「救われることを欲する者は、彼は……この全教会の☆1(他に☆2キリスト教の)信仰を守ることが必要である

1 Catholicusはここでは「教会全体の、普遍的な」という意味でしょう、狭い意味では「カトリック教会の」という意味です。

2 「他に」とは他の書()という意味でしょう。ただこれもChrustuanusがどこからか、わかりません。

nisi quis illam Fidem servaverit totam et integram absque dubio, in aeternum peribit. だれかがその信仰を疑いなしに全部をまた完全なものを守らなかったなら、永遠に滅びる。

Fides haec Catholica (alii, Christiana) est, quod colamus unum Deum in Trinitate, et Trinitatem in Unitate, neque commiscendo Personas, neque separando substantiam (alii, essentiam): この全教会の(他に、キリスト教の)信仰は、私たちが崇拝することである、三一性の中の一つの神を、また同一性の中の三一性、ペルソナ(複数)を混ぜもしないで、実体(他に、本質)を分離もさせないで。

quoniam est una Persona Patris, alia Filii, et alia Spiritus Sancti; 父の一つのペルソナがあるので、子のもう一つのもの、また聖霊のもう一つのもの。

sed Divinitas Patris, Filii et Spiritus Sancti est una eadem, gloria aequalis, et majestas coaeterna. しかし、父の神性、子と聖霊の〔神性〕は一つの同じものである、栄光は等しい、また威厳は永遠に共存する。

Qualis est Pater, talis est Filius, et talis est Spiritus Sanctus. どのような父であるか〔によって〕、そのような子がある、またそのような聖霊がある。

Pater est increatus, Filius est increatus, et Spiritus Sanctus est increatus. 父は創造されない、子は創造されない、また聖霊は創造されない。

Pater est infinitus, Filius est infinitus, et Spiritus Sanctus est infinitus; 父は無限である(限定されない)子は無限である、また聖霊は無限である。

Pater aeternus, Filius aeternus, et Spiritus Sanctus aeternus; 父は永遠、子は永遠、また聖霊は永遠。

et tamen non sunt tres aeterni, sed unus aeternus; またそれでも、三つの永遠(なる者)いない、しかし、一つの永遠(なる者)

et non sunt tres infiniti neque tres increati, sed unus increatus, et unus infinitus. また三つの無限な者はない、三つの創造されない者もない、しかし、ひとつの創造されない者、また一つの無限な者〔がある〕。

Similiter ut Pater est omnipotens, ita Filius est omnipotens, et Spiritus Sanctus est omnipotens, et tamen non sunt tres omnipotentes sed unus omnipotens. 同様に、父が全能であるように、そのように子は全能である、また聖霊は全能である、またそれでも、三つの全能(な者)がいない、しかし一つの全能(な者)

Sicut Pater est Deus, ita Filius est Deus, et Spiritus Sanctus est Deus, et tamen non sunt tres Dii, sed unus Deus. 父が神であるように、そのように子は神である、また聖霊は神である、またそれでも、三つの神はいない、しかし一つの神。

Quamvis Pater est Dominus, Filius est Dominus, et Spiritus Sanctus est Dominus, usque tamen non sunt tres Domini, sed unus Dominus. たとえ父は主であっても、子は主である、また聖霊は主である、やはりそれでも三つの主ではない、しかし、一つの主。

Quoniam sicut ex Christiana veritate obligati sumus agnoscere unamquamque Personam per Se esse Deum et Dominum, usque tamen per Catholicam Religionem prohibiti sumus dicere esse tres Deos, aut tres Dominos (alii, usque tamen non possumus ex Christiana fide nominare tres Deos aut tres Dominos). キリスト教の真理から私たちは認めること強いられているので、それぞれのペルソナがそれ自体から神と主であること、やはりそれでも私たちは全教会の宗教によって言うことを禁じられている、三つの神が存在すること、または三つの主が(他に、やはりそれでも私たちはキリスト教信仰から三つの神または三つの主のことを言うことができない)

Pater a nullo factus est, neque creatus, neque natus: 父はだれからも作られない、創造のされない、生まれもしない。

Filius est a solo Patre non factus, nec creatus, sed natus: 子は父だけから〔のもの〕である、作られない、創造もされない、しかし、生まれた。

Spiritus Sanctus est ex Patre et ex Filio, neque factus, neque creatus, neque natus, sed procedens. 聖霊は父からである、また子から、作られもしない、創造もされない、生まれもしない、しかし、発出する。

Ita est unus Pater, non tres Patres; そのように一つの父である、三つの父ではない。

unus Filius, non tres Filii; 一つの子である、三つの子ではない。

unus Spiritus Sanctus, non tres Spiritus Sancti: 一つの聖霊である、三つの聖霊ではない。

et in hac Trinitate nullus est primus et postremus, et nullus est maximus et minimus, sed omnes tres Personae sunt simul aeternae, et sunt prorsus aequales. またこの三一性の中にだれも最初の者と最後の者ではない、まただれも最大の者と最小の者ではない、しかし、すべての者は三つのペルソナである、一緒に永遠なもの、また完全に等しい。

Ita ut prorsus sit, quemadmodum supra dictum est, quod Unitas in Trinitate, et Trinitas in Unitate colenda sit (alii, quod tres Personae in una Divinitate, ac unus Deus in tribus Personis, colendus sit); そのように完全であるように、上に言われたように、三一性の中の同一性を、また同一性の中の三一性を崇拝しなければならない(他に、一つの神性の中の三つのペルソナを、そして三つのペルソナの中の一つの神を崇拝しなければならない)

quapropter qui vult salvari, illum oportet ita cogitare de Trinitate. そのために、救われることを欲する者は、それをすべきである、このように三一性について考えること。

"Porro etiam ad salutem necessarium est, ut quis rite credat Incarnationem nostri Domini Jesu Christi (alii, ut quis constanter credat, quod noster Dominus sit verus Homo); 「さらにまた必要である、だれかが私たちの主イエス・キリストの受肉を正しく信じること(他に、だれかが変わらずに信じること、私たちの主が真の人間であること)

quoniam vera Fides est, ut credamus et confiteamur quod noster Dominus Jesus Christus, Filius Dei, sit Deus et Homo, Deus ex substantia (seu essentia, alii, natura) Patris, natus ante mundum; 真の信仰であるので、私たちが信じる、また告白すること、私たちの主イエス・キリストが、神の子、神と人間であること、父の実体(または本質、他に、性質)から神、世に生まれる前に。

et Homo ex substantia (alii, natura) matris, natus in mundo; また母の実体(他に、性質)から、世の中に生まれた人間。

perfectus Deus et perfectus Homo, ex rationali anima et humano corpore consistens: 完全な神と完全な人間、理性的な霊魂と人間の身体から構成されている。

aequalis Patri quoad Divinum, ac inferior (alii minor) Patre quoad Humanum. 神性に関して父に等しい、そして人間性に関して父により劣る(他に、より低い)

Qui tametsi est Deus et Homo, non tamen sunt duo, sed unus Christus: たとえその者は神と人間であっても、それでも二つではない、しかし、一つのキリスト。

unus non per conversionem Essentia Divinae in Corpus, sed per assumptionem Humani in Deum (alii, unus est Ille, non tamen ita quod Divinum transmutatum sit in Humanum, sed Divinum suscepit ad Se Humanum): 一つ〔の神〕神的な本質を身体の中への変化によってでなく、しかし神の中へ人間性のまとわれることによって(他に、その者は一つである、それでもこのようにでなく、神性が人間性の中への変質によって、しかし神性がご自分に人間性を受け入れた)

unus prorsus, non per confusionem (alii commixtionem) substantiae, sed per unitatem Personae (alii, Ille est prorsus unus, non tamen ita quod binae naturae sint commixtae, sed Ille est una Persona). 完全に一つ〔の神である〕、実体の混ぜること(他に、混合)によってでなく、しかし、ペルソナの同一性によって(他に、その者は完全に一つである、それでもこのようにでなく、不たちの性質が混ぜられたこと、しかし、その者は一つのペルソナである)

Quoniam sicut rationalis anima et corpus est unus homo, ita Deus et Homo est unus Christus. 理性的な霊魂と身体が一つの人間であるように、そのように神と人間は一つのキリストであるので。

Qui passus est propter salvationem nostri, descendit in infernum, et resurrexit tertio die ex morte: その者は私たちの救いのために苦しめられた、地獄に下った、また死から三日目によみがえった。

et ascendit in caelum, et sedet ad dextram Patris... omnipotentis: また、天に上った、また父の右に座った……全能の。

unde venturus est ad judicandum vivos et mortuos: そこからやって来る、生きている者と死んでいる者を裁くために。

in cujus adventu omnes homines resurgent cum suis corporibus: その来臨の中で、すべての人間は自分の身体とともによみがえる。

[et reddituri sunt de factis propriis rationem;] (また、支払う、行為の自己の勘定書きを)

et illi qui bona fecerunt, intrabunt in vitam aeternam; また彼らは、善を行なった者、永遠のいのちの中に入る。

et qui male fecerunt, in ignem aeternum." また、悪を行なった者は、永遠の火の中に。

 

(3) 訳文

56. 教えはこれらである――

 

 救われることを欲する者は……この全教会の (他書に、キリスト教の)信仰を守ることが必要である――だれかがその信仰の全部をまた完全なものを疑うことなく守らなかったなら、永遠に滅びる。

 この全教会の(他書に、キリスト教の)信仰は、三一性の中の一つの神を、また同一性の中の三一性、三つのペルソナを混ぜもしないで、実体(他書に、本質)を分離もさせないで私たちが崇拝することである――父の一つのペルソナ、子のもう一つのペルソナ、また聖霊のもう一つのペルソナがあるからである。しかし、父の神性、子と聖霊の神性は一つの同じものであり、栄光は等しく、また威厳は永遠に共存する。

 どのような父であるかによって、そのような子があり、またそのような聖霊がある。父は創造されず、子は創造されず、また聖霊は創造されない。父は無限であり子は無限であり、また聖霊は無限である。父は永遠、子は永遠、また聖霊は永遠である。またそれでも、三つの永遠なる者はいない、しかし、一つの永遠なる者がいる。また三つの無限な者はない、三つの創造されない者もない、しかし、ひとつの創造されない者、また一つの無限な者がいる。同様に、父が全能であるように、そのように子は全能であり、また聖霊は全能である、またそれでも、三つの全能な者はいない、しかし一つの全能な者がいる。

 父が神であるように、そのように子は神である、また聖霊は神である、またそれでも、三つの神はいない、しかし一つの神がいる。父は主であっても、子は主であり、また聖霊は主であり、それでも三つの主ではない、しかし、一つの主である。

キリスト教の真理から私たちは、それぞれのペルソナがそれ自体から神と主であることを認めるよう強いられているので、それでもやはり私たちは全教会の宗教によって、三つの神が、または三つの主が存在する、と言うことを禁じられている(他に、やはりそれでも私たちはキリスト教信仰から三つの神または三つの主のことを言うことができない)

author:yasubee, category:原典講読『主について』, 01:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark