RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『最後の審判』 74 (最終回)
 

(1) 原文

74. Locutus sum cum angelis varia de statu ecclesiae posthac; qui dixerunt quod ventura non sciant, quia ventura scire est solius Domini; sed quod sciant, quod id servum et captivum, in quo fuit homo ecclesiae antehac, sublatum sit, et quod nunc ex libero restituto melius percipere possit vera interiora, si vult percipere, et sic interior fieri, si vult fieri; sed quod usque exilem spem habeant de hominibus Ecclesiae Christianae, ast multam de aliqua Gente ab orbe Christiano dissita et ab infestatoribus inde remota, quae talis est ut lucem spiritualem possit recipere, ac caelestis spiritualis homo fieri; et dixerunt, quod hodie revelentur apud illam Gentem Divina vera interiora, et quoque recipiantur spirituali fide, hoc est, vita et corde, et quod Dominum adorent.

 

(2) 直訳

74. Locutus sum cum angelis varia de statu ecclesiae posthac; 私は天使たちと今後の教会の状態についていろいろなことを話した。

qui dixerunt quod ventura non sciant, quia ventura scire est solius Domini; その者は言った、やって来るもの(将来のこと)は知らない、やって来るもの(将来のこと)を知ることは主だけのものであるので。

sed quod sciant, quod id servum et captivum, in quo fuit homo ecclesiae antehac, sublatum sit, et quod nunc ex libero restituto melius percipere possit vera interiora, si vult percipere, et sic interior fieri, si vult fieri; しかし、知っていること、その奴隷(状態)と捕虜(状態)、それらの中に教会の人間はこれまでいた、取り去られたこと、また今や、取り戻された自由からよりよく内的な真理を知覚することができること、もし知覚することを欲するなら、またこのように内的になれること、もしなれることを欲するなら。

sed quod usque exilem spem habeant de hominibus Ecclesiae Christianae, ast multam de aliqua Gente ab orbe Christiano dissita et ab infestatoribus inde remota, quae talis est ut lucem spiritualem possit recipere, ac caelestis spiritualis homo fieri; しかし、それでも貧弱な希望を持っていること、キリスト教会の人間について、けれども、多くのものを〔その希望を持っている〕ある国民について、キリスト教世界から遠隔の(遠く離れた)またここから悩ます者(攻撃者)から遠く隔てた、それらはこのような者である、霊的な光を受けることができるような、そして天的な、霊的な人間になれる。

et dixerunt, quod hodie revelentur apud illam Gentem Divina vera interiora, et quoque recipiantur spirituali fide, hoc est, vita et corde, et quod Dominum adorent. また言った、今日、その国民のもとに内的な神的な真理が啓示されていること、そしてまた、霊的な信仰で、すなわち、生活と心で、受け入れられている、また主を崇拝していること。

 

(3) 訳文

74. 私は天使たちと今後の教会の状態についていろいろなことを話した。その者は言った、将来のことを知ることは主だけのものであるので、将来のことは知らないしかし、教会の人間がこれまでいた奴隷と捕虜の状態は取り去られたこと、また今や、取り戻された自由から、もし知覚することを欲するならよりよく内的な真理を知覚することができること、またもしなれることを欲するなら、このように内的になれることを知っており、(しかし)それでもキリスト教会の人間について貧弱な希望を、けれども、キリスト教世界から遠く離れ、またここから悩ます者から遠く隔てたある国民について、霊的な光を受けることができるような、そして天的な、霊的な人間になれるような多くの希望を持っている。また言った、今日、その国民のもとに内的な神的な真理が啓示されていること、そしてまた、霊的な信仰で、すなわち、生活と心で、受け入れられている、また主を崇拝していること。

 

(4) 『最後の審判』は終了です、続いて……。

 明日から『続 最後の審判』に取り組みます。これは1758年に『天界と地獄』など出版した『最後の審判』の5年後の1763年に出版されたものです(同年に『四つの教え』も出版)。その後の英訳書などは、ほとんど一緒に合本とされています。

 さて、この『続編』は1カ月少々で終えるでしょう(そして、これは大切な内容の記された本なので、早めに出版したいと願っています)。

その後、『真のキリスト教』に取り組みます。これは、大著なので、上巻、下巻にそれぞれ1年ぐらい、計2年間ぐらいかかるかもしれません。その後、諸事情が許せば、私の70歳までに出版したいと願っています。現在66歳半ばなので、節目の年に向けて、ちょうどよい目標かと思っています。それまでにはもう少し翻訳が上達しているかもしれません、またある人からは『真のキリスト教』をぜひ出してほしいと要望されており、それに応えたいです。

author:yasubee, category:原典講読『最後の審判』, 23:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『最後の審判』 73
 

[XI.]

DE STATU MUNDI ET ECCLESIAE POSTHAC.

今後の世と教会の状態について。

 

(1) 原文

73. Status mundi posthac prorsus similis erit qualis fuerat hactenus; nam magna illa mutatio, quae facta est in mundo spirituali, non inducit aliquam mutationem mundo naturali quoad externam formam; quare aeque posthac erunt civilia ut prius, erunt paces, foedera, et bella, ut prius, et cetera quae sunt societatum in genere et in specie. Quod Dominus dixerit quod ultimis temporibus,

 

Erunt bella, ac tunc insurget gens contra gentem, et regnum contra regnum, et erunt fames, pestes, et terrae motus singulis locis (Matth. xxiv. 6, 7),

 

non significat talia in naturali mundo, sed correspondentia in spirituali; Verbum enim in propheticis non agit de regnis in terra, nec de gentibus ibi, ita nec de bellis eorum, et quoque non de fame, peste, et terrae motibus ibi, sed de talibus quae eis correspondent in spirituali mundo, quae qualia sunt, explicatum est in Arcanis Caelestibus, ex quibus Collecta videantur sub linea.{q} [2] Quod autem statum ecclesiae attinet, ille est qui non erit similis posthac; similis quidem quoad externam apparentiam, sed dissimilis quoad internam: quoad externam apparentiam erunt ecclesiae divisae ut prius, doctrinae earum docebuntur ut prius, similiter religiosa apud Gentes; sed homo ecclesiae erit posthac in liberiori statu cogitandi de rebus fidei, ita de spiritualibus quae sunt caeli, quia liberum spirituale restitutum est; omnia enim nunc in ordinem redacta sunt in caelis et in infernis, et inde influit omnis cogitatio de Divinis et contra Divina; cum Divinis e caelis, et contra Divina ex infernis; sed hanc status mutationem homo nec in se animadvertet, quoniam non reflectit super id, nec scit aliquid de libero spirituali, nec de influxu; verumtamen in caelo id percipitur, et quoque ab ipso homine post mortem ejus. Quia homini liberum spirituale restitutum est, ideo sensus spiritualis Verbi nunc detectus est, ac per id Divina vera interiora revelata sunt; illa enim homo in priori statu non intellecturus esset, et qui intellecturus, is profanaturus. Quod homini liberum sit per aequilibrium inter caelum et infernum, et quod homo non nisi quam in libero reformari possit, videatur in opere De Caelo et Inferno (n. 597 ad finem).


(EX ARCANIS CAELESTIBUS)

@q Quod "bella" in Verbo significent pugnas spirituales (n. 1659, 1664, 8295, 10455).

Quod inde omnia "arma belli" aliquid pugnae spiritualis significent, sicut "arcus," "gladius," "clipeus" (n. 1788, 2686).

Quod "regna" significent ecclesias quoad vera et quoad falsa (n. 1672, 2547).

Quod "gentes" significent illos ibi qui in bonis et qui in malis (n. 1059, 1159, 1205, 1258, 1260, 1416, 1849, 4574, 6005, 6306, 7830(? 6858), 8054, 8317, 9320, 9327).

Quod "fames" significet defectum cognitionum boni et veri (n. 1460, 3364, 5277, 5279, 5281, 5300, 5360, 5376, 5893): quod etiam desolationem ecclesiae (n. 5279, 5415, 5576, 6110, 6144, 7102).

Quod "pestis" significet vastationem et consummationem boni et veri (n. 7102, 7505, 7507, 7511).

Quod "terrae motus" significent mutationes status ecclesiae (n. 3355).

 

(2) 直訳

73. Status mundi posthac prorsus similis erit qualis fuerat hactenus; 今後の世の状態はまったく似ているであろう、今まであったようなもの〔と〕。

nam magna illa mutatio, quae facta est in mundo spirituali, non inducit aliquam mutationem mundo naturali quoad externam formam; なぜなら、その大きな変化は、それは霊界の中に行なわれた、自然界の何らかの変化をひき起こさないから、外なる形に関して。

quare aeque posthac erunt civilia ut prius, erunt paces, foedera, et bella, ut prius, et cetera quae sunt societatum in genere et in specie. それゆえ、等しく今後、市民の事柄がある、前のように、平和、契約(協定)、また戦争、また他のこと、それらは全般的にまた特定的に社会のものである。

Quod Dominus dixerit quod ultimis temporibus, 主が言われたことは、それは最後の時に〔ついて〕、

Erunt bella, ac tunc insurget gens contra gentem, et regnum contra regnum, et erunt fames, pestes, et terrae motus singulis locis (Matth. xxiv. 6, 7), 戦争がある、そしてその時、国民が国民に対して、王国が王国に対して立ち上がる、また飢饉、疫病また個々の場所に地震がある(マタイ24:6, 7)

non significat talia in naturali mundo, sed correspondentia in spirituali; 自然界の中のこのようなものを意味しない、しかし霊〔界〕の中の対応するものを〔意味する〕。

Verbum enim in propheticis non agit de regnis in terra, nec de gentibus ibi, ita nec de bellis eorum, et quoque non de fame, peste, et terrae motibus ibi, sed de talibus quae eis correspondent in spirituali mundo, quae qualia sunt, explicatum est in Arcanis Caelestibus, ex quibus Collecta videantur sub linea.{q} というのは、みことばは預言(予言)中で地の王国について扱っていないから、そこに国民についてもない、そのように彼らの戦争についてもない、そしてまた、そこに飢饉、疫病、また地震についてもない、しかし、それらについて、それらは霊界の中でそれらに対応する、それらがどんなものであるかは、『天界の秘義』の中に説明されている、それらからの抜粋(引用)()線の下に見られる()

[2] Quod autem statum ecclesiae attinet, ille est qui non erit similis posthac; [2] けれども、教会の状態については、それは、それは今後、似たものにならないものである。

similis quidem quoad externam apparentiam, sed dissimilis quoad internam: 確かに、外なる外観に関して似ている、しかし内なるものに関して似ていない。

quoad externam apparentiam erunt ecclesiae divisae ut prius, doctrinae earum docebuntur ut prius, similiter religiosa apud Gentes; 外なる外観に関して分裂した教会があるであろう、前のように、それらの教えが教えられる、前のように、同様に、異教徒のもとに宗教的信念〔があるであろう〕。

sed homo ecclesiae erit posthac in liberiori statu cogitandi de rebus fidei, ita de spiritualibus quae sunt caeli, quia liberum spirituale restitutum est; しかし、教会の人間は、今後、信仰の事柄についてさらに自由に考える状態の中にいるであろう、そのように霊的なものについて、それらは天界のものである、霊的な自由が回復されたので。

omnia enim nunc in ordinem redacta sunt in caelis et in infernis, et inde influit omnis cogitatio de Divinis et contra Divina; というのは、天界の中と地獄の中のすべてのものは秩序の中に〔回復〕されたから、またここから、神性(神的なもの)についてのすべての思考が流入する、また神性(神的なもの)に反する〔思考が〕。

cum Divinis e caelis, et contra Divina ex infernis; そのとき神性(神的なもの)〔についての思考が〕天界から、また神性(神的なもの)に反する〔思考が〕地獄から〔流入する〕。

sed hanc status mutationem homo nec in se animadvertet, quoniam non reflectit super id, nec scit aliquid de libero spirituali, nec de influxu; しかし、この状態の変化を人間は自分自身の中で気づかない、そのことについて熟考しないので、霊的な自由について何らかのものを知らない、流入についても〔知ら〕ない。

verumtamen in caelo id percipitur, et quoque ab ipso homine post mortem ejus. それでも、天界の中でそのことは知覚される、そしてまた人間そのものにより、彼の死後〔に知覚される〕。

Quia homini liberum spirituale restitutum est, ideo sensus spiritualis Verbi nunc detectus est, ac per id Divina vera interiora revelata sunt; 人間に霊的な自由が回復されたので、それゆえ、みことばの霊的な意味が今や明らかにされた、そしてそのことによって内的な神的な真理が啓示された。

illa enim homo in priori statu non intellecturus esset, et qui intellecturus, is profanaturus. というのは、それらを人間は前の状態の中で理解しなかったから、また理解する〔であろう〕者は、彼は冒涜する〔であろう〕。

Quod homini liberum sit per aequilibrium inter caelum et infernum, et quod homo non nisi quam in libero reformari possit, videatur in opere De Caelo et Inferno (n. 597 ad finem). 人間に自由が天界と地獄の間の均衡によってあること、また人間は自由の中以外でないなら改心されることができないことは、著作『天界と地獄について』の中に見られる(597番から終わりまで)


(EX ARCANIS CAELESTIBUS) (『天界の秘義』から)

@q Quod "bella" in Verbo significent pugnas spirituales (n. 1659, 1664, 8295, 10455). 注q みことばの中の「戦争」は霊的な闘争を意味すること(1659, 1664, 8295, 10455)

Quod inde omnia "arma belli" aliquid pugnae spiritualis significent, sicut "arcus," "gladius," "clipeus" (n. 1788, 2686). ここから、すべての「戦争の武器」は霊的な闘争の何らかのものを意味すること、「弓」、「剣」、「盾」☆のように(1788, 2686)

clipeusclypeusとも綴ります。

Quod "regna" significent ecclesias quoad vera et quoad falsa (n. 1672, 2547). 「王国」は真理に関する、また虚偽に関する教会を意味すること(1672, 2547)

Quod "gentes" significent illos ibi qui in bonis et qui in malis (n. 1059, 1159, 1205, 1258, 1260, 1416, 1849, 4574, 6005, 6306, 7830(? 6858), 8054, 8317, 9320, 9327). 「国民」はそこに彼らを意味すること、その者は善の中にまた悪の中に〔いる〕(1059, 1159, 1205, 1258, 1260, 1416, 1849, 4574, 6005, 6306, 6858, 8054, 8317, 9320, 9327)

Quod "fames" significet defectum cognitionum boni et veri (n. 1460, 3364, 5277, 5279, 5281, 5300, 5360, 5376, 5893): 「飢饉」は善と真理の知識の欠乏を意味すること(1460, 3364, 5277, 5279, 5281, 5300, 5360, 5376, 5893)――

quod etiam desolationem ecclesiae (n. 5279, 5415, 5576, 6110, 6144, 7102). 教会の荒廃もまた〔意味する〕こと(5279, 5415, 5576, 6110, 6144, 7102)

Quod "pestis" significet vastationem et consummationem boni et veri (n. 7102, 7505, 7507, 7511). 「疫病」は善と真理の荒廃と完了(終結)を意味すること(7102, 7505, 7507, 7511)

Quod "terrae motus" significent mutationes status ecclesiae (n. 3355). 「地震」は教会の状態の変化を意味すること(3355)

 

(3) 訳文

73. 今後の世の状態は、今まであったようなものとまったく似ているであろう。なぜなら、霊界の中で行なわれたその大きな変化は、外なる形に関して、自然界の何らかの変化をひき起こさないから。それゆえ、等しく今後、前のように、市民の事柄、平和、協定、戦争、また他の全般的にまた特定的に社会のものがある。

最後の時について主が言われたことは、

 

 戦争がある、そしてその時、国民が国民に対して、王国が王国に対して立ち上がる、また個々の場所に、飢饉、疫病、地震がある(マタイ24:6, 7)

 

 〔これらは〕自然界の中のこのようなものでなく、しかし霊界の中の対応するものを意味する。

 というのは、みことばは預言(予言)中で地の王国について、そこに国民について、そのように彼らの戦争についても、そしてまた、そこの飢饉、疫病、地震についても扱っていないで、霊界の中でそれらに対応するものを扱っているからである、それらがどんなものであるかは、『天界の秘義』の中に説明されており、それらからの抜粋が線の下に見られる()

[2] けれども、教会の状態については、それは今後、似たものとならない。確かに、外なる外観に関して似ている、しかし内なるものに関して似ていない――外なる外観に関して前のように分裂した教会があるであろう、前のように、れらの教えが教えられ、異教徒のもとの宗教的信念も同様であろう。しかし、教会の人間は、霊的な自由が回復されたので、今後、天界のものである霊的なものについて、信仰の事柄についてさらに自由に考える状態の中にいるであろう。というのは、天界の中と地獄の中のすべてのものは秩序の中に〔回復〕され、またここから、神的なものまた神性(神的なもの)に反するについてのすべての思考が流入するから。そのとき神的なものについては天界から、また神的なものに反するものは地獄から〔流入する〕。しかし、この状態の変化を人間は、そのことについて熟考しないので自分自身の中で気づかず、霊的な自由について何らかのものを、流入についても知らない。それでも、天界の中でそのことは知覚され、そしてまた人間そのものにより、彼の死後に知覚される。

 人間に霊的な自由が回復されたので、それゆえ、みことばの霊的な意味が今や明らかにされ、そしてそのことによって内的な神的な真理が啓示された。というのは、それらを人間は前の状態の中で理解しなかった、また理解するであろう者は、冒涜するであろうからである。

 人間に自由が天界と地獄の間の均衡によってあること、また人間は自由の中でしか改心されることができないことは、著作『天界と地獄』の中に見られる(597番から終わりまで)


 (『天界の秘義』から)

q みことばの中の「戦争」は,霊的な闘争を意味すること(1659, 1664, 8295, 10455)

 ここから、「弓」、「剣」、「盾」のようにすべての「戦争の武器」は、霊的な闘争の何らかのものを意味すること(1788, 2686)

 「王国」は、真理に関するまた虚偽に関する教会を意味すること(1672, 2547)

そこの「国民」は、善の中にまた悪の中にいる者を意味すること(1059, 1159, 1205, 1258, 1260, 1416, 1849, 4574, 6005, 6306, 6858, 8054, 8317, 9320, 9327)

「飢饉」は、善と真理の知識の欠乏を意味すること(1460, 3364, 5277, 5279, 5281, 5300, 5360, 5376, 5893)――教会の荒廃もまた意味すること(5279, 5415, 5576, 6110, 6144, 7102)

 「疫病」は、善と真理の荒廃と終結を意味すること(7102, 7505, 7507, 7511)

 「地震」は、教会の状態の変化を意味すること(3355)

author:yasubee, category:原典講読『最後の審判』, 01:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『最後の審判』 70
 

(1) 原文

70. Quod tales societates toleratae sint, seu tales caeli; sunt plures causae. Primaria est, quod per externum sanctum, et per externum sincerum et justum, conjuncti fuerint cum simplicibus bonis qui in ultimo caelo, et qui adhuc in mundo spirituum et nondum introducti in caelum fuerunt; nam in mundo spirituali communicatio omnium est et inde conjunctio cum similibus; ac simplices boni qui in ultimo caeli sunt, et qui in mundo spirituum, spectant imprimis ad externa, sed usque non interius mali sunt; quare si ab illis divellerentur ante tempus praestitutum, pateretur caelum in suis ultimis, et tamen ultimum est super quo superius caelum sicut super sua basi subsistit. [2] Quod illa causa fuerit quod tolerati sint usque ad ultimum tempus, docet Dominus his verbis:

  "Accedentes servi Patrisfamilias dixerunt ei,... Nonne bonum semen seminasti in agro tuo? unde ergo sunt zizania?... Et dixerunt, Vis ergo abeamus et colligamus ea? At ille dixit, Non, ne colligendo zizania eradicetis simul cum eis triticum; sinite itaque utraque simul crescere usque ad messem, et tempore messis dicam messoribus, Colligite primum zizania, et ligate ea in fasciculos ad comburendum; triticum vero colligite in horrea... Qui seminavit bonum semen est Filius hominis; ager... est mundus; semen... bonum sunt filii regni, zizania... filii mali;... messis est consummatio saeculi:... sicut ergo colliguntur zizania, et comburuntur igne, sic erit in consummatione saeculi hujus" (Matth. xiii. 27-30, 37-42);

"consummatio saeculi hujus" est ultimum tempus ecclesiae; "zizania" sunt qui interius mali sunt; "triticum" qui interius boni; "collectio illorum et ligatio in fasciculos ad comburendum" est ultimum judicium.{o} [3] Simile intelligitur in eodem capite per parabolam Domini de Piscibus ex omni genere congregatis, ac bonis injectis in vasa, malis autem ejectis foras, de quibus etiam dicitur,

 

 "Sic erit in consummatione saeculi; exibunt angeli, et separabunt malos e medio justorum" (vers. 47-49):

comparantur piscibus, quia per "pisces" in Verbi sensu spirituali, significantur naturales et externi, tam boni quam mali; quid per "justos" videatur infra lineam.{p}


(EX ARCANIS CAELESTIBUS)

@o Quod "manipuli" in Verbo significent dispositiones verorum et falsorum apud hominem in series, ita quoque hominum in quibus vera et falsa (n. 4686, 4687, 5339, 5530, 7408, 10303).

Quod "Filius hominis" sit Dominus quoad Divinum Verum (n. 1729, 1733, 2159, 2628, 2803, 2813, 3255[? 3373], 3704, 7499, 8897, 5087[? 9807]).

Quod "filii" sint affectiones veri ex bono (n. 489, 491, 533, 2623, 3373, 4257, 8649, 9807): ita "filii regni" sunt qui in affectionibus veri ex bono, et "filii mali" qui in affectionibus falsi ex malo; unde hi dicuntur "zizania," et illi "semen bonum," nam per "zizania" significatur falsum ex malo, et per "semen bonum" verum ex bono; quod "semen agri" sit verum ex bono apud hominem a Domino (n. 1940, 3038, 3310, 3373, 10248, 10249).

Quod "semen" in opposito sensu sit falsum ex malo (n. 10248)[? 10249]).

Quod etiam "semen agri" sit nutritio mentis per Divinum Verum ex Verbo, et quod "seminare" sit instruere (n. 6158, 9272).

Quod "consummatio saeculi" sit ultimum tempus ecclesiae (n. 4535, 10622).

 

@p Quod per "pisces" in Verbi sensu spirituali significentur scientifica quae naturalis seu externi hominis, et inde quoque naturales seu externi, tam mali quam boni (n. 40, 991).

 Quod animalia omnis generis correspondeant talibus quae apud hominem (n. 45, 46, 246, 714, 716, 719, 2179, 2180, 3519, 9280, 10609).

 Quod "justi" in Verbo dicantur, quibus addicatur justitia et meritum Domini, "injusti" autem quibus justitia propria et meritum sui (n. 3648[? 9486], 5069, 9263).

 

(2) 直訳

70. Quod tales societates toleratae sint, seu tales caeli; このような社会が存在を許されたこと、またはそのような天界が。

sunt plures causae. 多くの理由がある。

Primaria est, quod per externum sanctum, et per externum sincerum et justum, conjuncti fuerint cum simplicibus bonis qui in ultimo caelo, et qui adhuc in mundo spirituum et nondum introducti in caelum fuerunt; おもなものである、外なる神聖さによって、また外なる誠実さと公正によって、単純で善良な者と結合されていたこと、その者は最も低い天界の中に〔いる〕、またその者は依然として霊たちの世界の中に〔いて〕、またまだ天界の中に導き入れられなかった。

nam in mundo spirituali communicatio omnium est et inde conjunctio cum similibus; なぜなら、霊界の中にすべての者の伝達があるから、またここから似た者との結合が〔ある〕。

ac simplices boni qui in ultimo caeli sunt, et qui in mundo spirituum, spectant imprimis ad externa, sed usque non interius mali sunt; そして、善良で単純な者は、その者は最も低い天界の中にいる、またその者は霊たちの世界の中に〔いる〕、特に外なるものに目を向ける、しかし、それでも内的に悪い者ではない。

quare si ab illis divellerentur ante tempus praestitutum, pateretur caelum in suis ultimis, et tamen ultimum est super quo superius caelum sicut super sua basi subsistit. それゆえ、もし彼らから用意された時の前に引き離されるなら、天界はその最後のものの中で傷つけられたであろう、またそれでもなお最後のものはその上にさらに上の天界がある、その基盤(土台)上にとどまるように。

[2] Quod illa causa fuerit quod tolerati sint usque ad ultimum tempus, docet Dominus his verbis: [2] その理由であったこと、最後の時まで存在が許されたこと、主はこれらの言葉で教えている――

"Accedentes servi Patrisfamilias dixerunt ei,... 「家長のしもべたちが近づいて、彼に言った……。

Nonne bonum semen seminasti in agro tuo? あなたは善い種を蒔いたのではありませんか、あなたの畑の中に?

unde ergo sunt zizania?... それゆえに、毒麦はどこからですか?

Et dixerunt, Vis ergo abeamus et colligamus ea? ……また彼らは言った、「それゆえ、あなたは欲しますか? 私たちが出かける、私たちがそれらを集める」。

At ille dixit, Non, ne colligendo zizania eradicetis simul cum eis triticum; しかし、彼は言った、「いいえ、毒麦を集めながら、あなたがたはそれらと一緒に小麦を根こぎにしないように。

sinite itaque utraque simul crescere usque ad messem, et tempore messis dicam messoribus, Colligite primum zizania, et ligate ea in fasciculos ad comburendum; そこで、両方とも一緒に収穫まであなたがたは成長することをさせておきなさい、また収穫の時に、私は収穫する者に言います、最初に毒麦を集めなさい、またそれらを焼くために束の中に結びなさい(縛りなさい)

triticum vero colligite in horrea... しかし、小麦は穀物倉の中に集めなさい。

Qui seminavit bonum semen est Filius hominis; 善い種を蒔く者は人の子です。

ager... est mundus; 畑は世です。

semen... bonum sunt filii regni, zizania... filii mali; 善い種は王国の息子です、毒麦は悪い者の息子。

... messis est consummatio saeculi: 収穫は世代の完了です。

... sicut ergo colliguntur zizania, et comburuntur igne, sic erit in consummatione saeculi hujus" (Matth. xiii. 27-30, 37-42); それゆえに、毒麦が集められ、また火で焼かれるように、そのようになる、この世代の完了の中で」(マタイ13:27-30, 37-42)

"consummatio saeculi hujus" est ultimum tempus ecclesiae; 「この世代の完了」は教会の最後の時である。

"zizania" sunt qui interius mali sunt; 「毒麦」は内的に悪い者である。

"triticum" qui interius boni; 「小麦」は内的に善良な者〔である〕。

"collectio illorum et ligatio in fasciculos ad comburendum" est ultimum judicium.{o} 「彼らの集めることと束の中にきずなを結ぶこと」は最後の審判である(o)☆。

ここは順番からすれば(p)となります。

[3] Simile intelligitur in eodem capite per parabolam Domini de Piscibus ex omni genere congregatis, ac bonis injectis in vasa, malis autem ejectis foras, de quibus etiam dicitur, [3] 似たことが同じ章の中に意味される、すべての種類から集められた魚についての主のたとえによって、そして善いもので器の中に押し込められて、けれども悪いもので外に投げ出されて、それらについてもまた言われている、

"Sic erit in consummatione saeculi; 「時代の完成(世代の完了)の中でこのようになる。

exibunt angeli, et separabunt malos e medio justorum" (vers. 47-49): 天使たちが出てくる、また悪い者を正しい者(たち)の真ん中から分離する」(47-49)

comparantur piscibus, quia per "pisces" in Verbi sensu spirituali, significantur naturales et externi, tam boni quam mali; 魚でたとえられている、みことばの霊的な意味の中で「魚」によって自然的な者と外なる者が意味されるので、善い者も悪い者も。

quid per "justos" videatur infra lineam.{p} 何が「正しい者」よって〔意味されるか〕()の下に見られる(p)


(EX ARCANIS CAELESTIBUS) (『天界の秘義』から)

@o Quod "manipuli" in Verbo significent dispositiones verorum et falsorum apud hominem in series, ita quoque hominum in quibus vera et falsa (n. 4686, 4687, 5339, 530, 7408, 10303). 注o みことばの中で「束」は、人間のもとの真理と虚偽の配列を意味すること、系列の中に、そのように人間もまた、その者の中に真理と善〔がある〕(4686, 4687, 5339,. 5530, 7408, 10303)

Quod "Filius hominis" sit Dominus quoad Divinum Verum (n. 1729, 1733, 2159, 2628, 2803, 2813, 3255[? 3373], 3704, 7499, 8897, 5087[? 9807]). 「人の子」は神的な真理に関する主であること(1729, 1733, 2159, 2628, 2803, 2813, 3373, 3704, 7499, 8897, 9807)

Quod "filii" sint affectiones veri ex bono (n. 489, 491, 533, 2623, 3373, 4257, 8649, 9807): 「息子たち」は善からの真理の情愛であること(489, 491, 533, 2623, 3373, 4257, 8649, 9807)――

ita "filii regni" sunt qui in affectionibus veri ex bono, et "filii mali" qui in affectionibus falsi ex malo; そのように「王国の息子たち」は善からの真理の情愛の中の者である、また「悪い者の息子」は悪からの虚偽の情愛の中の者〔である〕。

unde hi dicuntur "zizania," et illi "semen bonum," nam per "zizania" significatur falsum ex malo, et per "semen bonum" verum ex bono; ここから、これらの者(後者)が「毒麦」と言われる、またそれらの者(前者)が「善い種」と、なぜなら、「毒麦」によって悪からの虚偽が意味されるから、また「善い種」によって、善からの真理。

quod "semen agri" sit verum ex bono apud hominem a Domino (n. 1940, 3038, 3310, 3373, 10248, 10249). 「畑の種」は主から人間のもとに〔ある〕善からの真理であること(1940, 3038, 3310, 3373, 10248, 10249)

Quod "semen" in opposito sensu sit falsum ex malo (n. 10248)[? 10249]). 「種」は正反対の意味の中で悪からの虚偽であること(10249)

Quod etiam "semen agri" sit nutritio mentis per Divinum Verum ex Verbo, et quod "seminare" sit instruere (n. 6158, 9272). 「畑の種」もまた、みことばからの神的な真理によって心の滋養物(食物)であること、また「(種を)くこと」は教えることであること(6158, 9272)

Quod "consummatio saeculi" sit ultimum tempus ecclesiae (n. 4535, 10622). 「世代の完了」は教会の最後の時であること(4535, 10622)

@p Quod per "pisces" in Verbi sensu spirituali significentur scientifica quae naturalis seu externi hominis, et inde quoque naturales seu externi, tam mali quam boni (n. 40, 991). 注p みことばの霊的な意味の中で「魚」によって記憶知が意味される、それは自然的な〔人〕、すなわち外なる人に〔ある〕、またここから自然的な〔人〕すなわち外なる〔人〕を〔意味する〕、悪い者も善い者も(40, 991)

Quod animalia omnis generis correspondeant talibus quae apud hominem (n. 45, 46, 246, 714, 716, 719, 2179, 2180, 3519, 9280, 10609). すべての種類の動物はこのようなものに対応すること、それらは人間のもとに〔ある〕(45, 46, 246, 714, 716, 719, 2179, 2180, 3519, 9280, 10609)

Quod "justi" in Verbo dicantur, quibus addicatur justitia et meritum Domini, "injusti" autem quibus justitia propria et meritum sui (n. 3648[? 9486], 5069, 9263). みことばの中で「正しい者」と言われる、その者に主の義と功績が帰せられる、けれども「不正な者」〔と言われる〕、その者にプロプリウムの義と自分の功績が〔帰せられる〕(9486, 5069, 9263)

 

(3) 訳文

70. このような社会が、またはそのような天界が存在を許されたことには多くの理由がある。

 おもなものは、外なる神聖さによって、また外なる誠実さと公正によって、最も低い天界の中にいる単純で善良な者と結合されていたこと、またその者は依然として霊たちの世界の中にいて、まだ天界の中に導き入れられなかったことである。なぜなら、霊界の中にすべての者の伝達があり、またここから似た者との結合があるからである。そして、最も低い天界の中にいる善良で単純な者は、また霊たちの世界の中にいる者は、特に外なるものに目を向ける、しかし、それでも内的に悪い者ではない〔からである〕。それゆえ、もし彼らから用意された時の前に引き離されるなら、天界はその最後のものの中で傷つけられたであろう。またそれでもなお、最後のものはその土台の上にとどまるように、その上にさらに上の天界がある。

[2]最後の時まで存在が許されたことのその理由を、主はこれらの言葉で教えられている――

 

 「家長のしもべたちが近づいて、彼に言った……。『あなたは、ご自分の畑の中に善い種を蒔いたのではありませんか? それゆえ、毒麦はどこからですか?』……また彼らは言った、『それゆえ、あなたは私たちが出かけ、それらを集めることを欲しますか?」。

 しかし、彼は言った、『いや、毒麦を集めながら、あなたがたがそれらと一緒に小麦を根こぎにしないように〔しよう〕。そこで、両方とも一緒に収穫まで、あなたがたは成長させておきなさい、また収穫の時に、私は収穫する者に言います、最初に毒麦を集めなさい、またそれらを焼くために束に結びなさい。しかし、小麦は穀物倉の中に集めなさい』。

 善い種を蒔く者は人の子です。畑は世です。善い種は王国の息子、毒麦は悪い者の息子です。収穫は世代の完了です。それゆえ、毒麦が集められ、火で焼かれるように、そのように、この世代の完了の中でなります」(マタイ13:27-30, 37-42)

 

 「この世代の完了」は教会の最後の時である。「毒麦」は内的に悪い者、「小麦」は内的に善良な者である。「彼らを集め、束に結ぶこと」は最後の審判である(o)

[3] 似たことが同章の中に、すべての種類から集められた魚について、善いものは器の中に入れられ、けれども悪いものは外に投げ出された主のたとえによって意味され、それらについてもまた言われている、

 

 「世代の完了の中でこのようになる。天使たちが出てきて、悪い者を正しい者たちの真ん中から分離する」(47-49)

 

 魚でたとえられているのは、みことばの霊的な意味で「魚」によって善い者も悪い者も自然的な者と外なる者が意味されるからである。何が「正しい者」よって意味されるかは下線の下に見られる(p)


(『天界の秘義』から)

o みことばの中で「束」は、系列の中に人間のもとの真理と虚偽の配列を、そのように真理と善がある人間もまた意味すること(4686, 4687, 5339, 5530, 7408, 10303)

「人の子」は、神的な真理に関する主であること(1729, 1733, 2159, 2628, 2803, 2813, 3373, 3704, 7499, 8897, 9807)

 「息子たち」は、善からの真理の情愛であること(489, 491, 533, 2623, 3373, 4257, 8649, 9807)――

 そのように「王国の息子たち」は善からの真理の情愛の中の者、また「悪い者の息子」は悪からの虚偽の情愛の中の者である。ここから、後者が「毒麦」と、また前者が「善い種」と言われる、なぜなら、「毒麦」によって悪からの虚偽が、また「善い種」によって、善からの真理が意味されるから。

 「畑の種」は、主から人間のもとに〔ある〕善からの真理であること(1940, 3038, 3310, 3373, 10248, 10249)

 「種」は、正反対の意味で悪からの虚偽であること(10249)

 「畑の種」もまた、みことばからの神的な真理による心の滋養物であること、また「(種を)蒔くこと」は教えることであること(6158, 9272)

 「世代の完了」は教会の最後の時であること(4535, 10622)

 

 注p

author:yasubee, category:原典講読『最後の審判』, 01:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『最後の審判』 69
 

(1) 原文

69. [(i.)] Primum caelum a quibus exstiterat.―Primum caelum ab omnibus illis conflatum est, super quos ultimum judicium est factum; non enim factum est super illos qui in inferno, nec super illos qui in caelo, nec super illos qui in mundo spirituum, de quo mundo videatur in opere De Caelo et Inferno (n. 421-520); et non super aliquo homine adhuc vivente: sed solum super illos, qui sibi instar caeli fecerunt, quorum plurima pars erat super montibus et petris: hi etiam sunt qui a Domino intellecti sunt per "hircos," quos statuit a sinistro (Matth. xxv. 32, 33, seq.). Inde constare potest, quod primum caelum exstiterit non modo a Christianis, sed etiam a Mahumedanis et Gentibus, quorum omnes formaverant sibi tales caelos in suis locis. [2] Quales illi fuerunt, paucis dicetur. Fuerunt qui in sancto externo vixerunt in mundo, et usque in nullo sancto interno; et qui propter leges civiles et morales justi et sinceri fuerunt, et non propter leges Divinas, ita qui externi seu naturales homines fuerunt, ac non interni seu spirituales; et quoque qui in doctrinalibus ecclesiae, et docere potuerunt, tametsi non in vita secundum illa; tum qui in variis functionibus fuerunt, et usus fecerunt, sed non propter usus. Hi et horum similes ex omnibus in universo terrarum orbe, qui post adventum Domini vixerunt, "primum caelum" constituerunt. Hoc caelum ideo tale erat, qualis est mundus et ecclesia in terris ex illis qui non bonum agunt quia est bonum, sed quia timent leges ac jacturam famae, honoris et lucri: qui non ex alia origine agunt bonum, illi non timent Deum sed homines, nec conscientiam habent. [3] In primo caelo, quod a Reformatis, multa pars erat, qui crediderunt salvari hominem per solam fidem, et non vitam fidei, quae est charitas, vixerunt; et qui amaverunt multum ab hominibus videri. Omnibus illis, dum consociati erant, interiora clausa fuerunt ut non patuerint, sed aperiebantur cum instaret ultimum judicium; et tunc compertum est, quod intus obsiderentur ab omnis generis malis et falsis, et quod contra Divinum essent, et quod actualiter in inferno: nam unusquisque post mortem statim alligatur similibus, boni similibus in caelo, mali autem similibus in inferno, sed non veniunt ad illos priusquam interiora reteguntur; interea consociari possunt illis qui eis similes sunt in externis. [4] Sed sciendum est quod omnes qui interius boni fuerunt, ita qui spirituales, ab illis separati sint, et elevati in caelum; et quod omnes qui non modo interius sed etiam exterius mali fuerunt, etiam ab illis separati sint, et conjecti in infernum; et hoc a primo tempore post adventum Domini usque ad ultimum, quando judicium; ac relicti solum, ut societates inter se formarent, ex quibus primum caelum, qui tales fuerunt quales supra descripti sunt.

 

(2) 直訳

69. [(i.)] Primum caelum a quibus exstiterat.― (1) 「第一の天はだれらから存在するようになったか」

Primum caelum ab omnibus illis conflatum est, super quos ultimum judicium est factum; 第一の天は、それらのすべての者から構成された、その者たちの上に最後の審判が行なわれた。

non enim factum est super illos qui in inferno, nec super illos qui in caelo, nec super illos qui in mundo spirituum, de quo mundo videatur in opere De Caelo et Inferno (n. 421-520); というのは、彼らの上に行なわれなかったから、その者は地獄の中の、彼らの上にもない、その者は天界の中の、彼らの上にもない、その者は霊たちの世界の中の、その世界については著作『天界と地獄について』の中に見られる。

et non super aliquo homine adhuc vivente: またある人間の上にもない、依然として生きている。

sed solum super illos, qui sibi instar caeli fecerunt, quorum plurima pars erat super montibus et petris: しかし、彼らの上にだけ、その者は自分たちに天界に似たものを造った、それらの大部分の部分は山と岩の上にあった。

hi etiam sunt qui a Domino intellecti sunt per "hircos," quos statuit a sinistro (Matth. xxv. 32, 33, seq.). これらの者もまた主により「ヤギ」によって意味された、彼らを左側に置いた(マタイ25:32,33以降)

Inde constare potest, quod primum caelum exstiterit non modo a Christianis, sed etiam a Mahumedanis et Gentibus, quorum omnes formaverant sibi tales caelos in suis locis. ここから明らかにすることができる、第一の天は存在したこと、キリスト教徒からだけでない、しかしイスラム教徒と異教徒からもまた、それらのすべての者が自分たち自身にこのような天界を形成した、自分たちの場所の中に。

[2] Quales illi fuerunt, paucis dicetur. [2] 彼らがどんなものであったか、手短に言われる。

Fuerunt qui in sancto externo vixerunt in mundo, et usque in nullo sancto interno; 世の中に外なる神聖さの中に生きた者であった、またそれでも決して内なる神聖さの中にない。

et qui propter leges civiles et morales justi et sinceri fuerunt, et non propter leges Divinas, ita qui externi seu naturales homines fuerunt, ac non interni seu spirituales; またその者は市民のまた道徳の法律のために公正で誠実であった、また神的な法律のためでなかった、そのように外なるまたは自然的な人であった、そして内なるまたは霊的な〔人〕でなかった。

et quoque qui in doctrinalibus ecclesiae, et docere potuerunt, tametsi non in vita secundum illa; そしてまた、

tum qui in variis functionibus fuerunt, et usus fecerunt, sed non propter usus. なおまた、その者はいろいろな職務(任務)の中にいた、また役立ちを行なった、しかし役立ちのためにでなかった。

Hi et horum similes ex omnibus in universo terrarum orbe, qui post adventum Domini vixerunt, "primum caelum" constituerunt. 全地球の中のすべての者からこれらやこれらに似た者が、その者は主の来臨の後に生きた、「第一の天」を構成した。

Hoc caelum ideo tale erat, qualis est mundus et ecclesia in terris ex illis qui non bonum agunt quia est bonum, sed quia timent leges ac jacturam famae, honoris et lucri: それゆえ、この天()は、このようなものであった、彼らからの地の中の世と教会のようなものである、その者は善であるので善を行なわなかった、しかし、法律と名声の、名誉のまた利益の失うことを恐れるので〔行なった〕。

qui non ex alia origine agunt bonum, illi non timent Deum sed homines, nec conscientiam habent. その者は他の起源から善を行なわない、彼らは神でなく人間を恐れる、良心も持たない。

[3] In primo caelo, quod a Reformatis, multa pars erat, qui crediderunt salvari hominem per solam fidem, et non vitam fidei, quae est charitas, vixerunt; [3] 第一の天の中に、それは改革派教会から、多くの部分であった、その者は信仰のみによって人間を()救われることを信じた、また信仰の生活を、生きなかった、それは仁愛である。

et qui amaverunt multum ab hominibus videri. またその者は人から見られることを大いに好んだ(愛した)

Omnibus illis, dum consociati erant, interiora clausa fuerunt ut non patuerint, sed aperiebantur cum instaret ultimum judicium; 彼らのすべての者に、仲間となっていた(社会へと形成されていた)時、内的なものは見られないように閉ざされていた、しかし、最後の審判が迫ったとき開かれた。

et tunc compertum est, quod intus obsiderentur ab omnis generis malis et falsis, et quod contra Divinum essent, et quod actualiter in inferno: またその時、わかった、内部に(内面的に)すべての種類の悪と虚偽により取りつかれていること、また神性に反していたこと、また実際に地獄の中に〔いた〕こと。

nam unusquisque post mortem statim alligatur similibus, boni similibus in caelo, mali autem similibus in inferno, sed non veniunt ad illos priusquam interiora reteguntur; なぜなら、それぞれの者は死後、直ちに似た者に結び付けられるから、善良な者たちは天界の中の天界の中の似た者に、けれども、悪い者たちは地獄の中の似た者に、しかし、彼らにやって来ない、内的なものが明らかにされないうちは。

in terea consociari possunt illis qui eis similes sunt in externis. その間に、彼らと仲間となれることができる、その者は彼らに似た者である、外なるものの中で。

[4] Sed sciendum est quod omnes qui interius boni fuerunt, ita qui spirituales, ab illis separati sint, et elevati in caelum; [4] しかし、知らなければならない、すべての者は、その者は内的に善良であった、そのようにその者は霊的〔であった〕、彼らから分離された、そして天界の中に上げられたこと。

et quod omnes qui non modo interius sed etiam exterius mali fuerunt, etiam ab illis separati sint, et conjecti in infernum; またすべての者は、その者は内的だけでなくしかし外的にもまた悪であった、彼らからもまた分離された、また地獄の中へ投げ込まれた。

et hoc a primo tempore post adventum Domini usque ad ultimum, quando judicium; またこのことは主の来臨の後の最初の時から最後〔の時〕まで〔行なわれた〕、審判の時〔である〕。

ac relicti solum, ut societates inter se formarent, ex quibus primum caelum, qui tales fuerunt quales supra descripti sunt. そして、残された者たちだけが、自分たちの間に社会を形成するために、彼らから第一の天が〔つくった〕、その者がこのような者であった、上に述べられたような。

 

(3) 訳文

69. (1) 「第一の天はだれらから存在するようになったか」

 第一の天は、最後の審判が行なわれたすべての者から構成された。というのは、地獄の中の者にも、天界の中の者にも、霊たちの世界の中の者にも、また、依然として生きている人間にも行なわれなかったからである、その霊たちの世界については著作『天界と地獄について』の中に見られる。しかし、自分たちに天界に似たものを造った者の上にだけあり、それらの大部分は山と岩の上にあった。これらの者もまた主により、彼らを左側に置いた「ヤギ」によって意味された(マタイ25:32,33以降)。ここから、第一の天は、キリスト教徒からだけでなく、イスラム教徒と異教徒からもまた存在し、それらのすべての者が自分たちの場所の中に自分たち自身にこのような天界を形成したことを明らかにすることができる。

[2] 彼らがどんなものであったか、手短に言われる。

 世の中に外なる神聖さの中に生きたが、それでも決して内なる神聖さの中に生きなかった者であった。またその者は市民のまた道徳の法律のために公正で誠実であったが、神的な法律のためではなかった、そのように外なるまたは自然的な人であり、そして内なるまたは霊的な人ではなかった。なおまた、その者はいろいろな任務の中にいて役立ちを行なったが、しかし役立ちのためはでなかった。

主の来臨の後に生きた全地球の中のこれらやこれらに似たすべての者から、「第一の天」が構成された。

 それゆえ、この天は、善であるからと善を行なわず、しかし、法律と名声の、名誉のまた利益の失うことを恐れるので行なったような者からの地の中の世と教会のようなものであった。その者は他の起源から善を行なわず、彼らは神でなく人間を恐れ、良心も持たない。

[3] 第一の天の中の多くの部分が、改革派教会からであり、その者は信仰のみによって人間救われることを信じ、仁愛である信仰の生活を生きなかった。またその者は人から見られることを大いに好んだ。

仲間となっていたときの彼らのすべての者に、内的なものは見られないように閉ざされていた、しかし、最後の審判が迫ったとき開かれた。またその時、内部がすべての種類の悪と虚偽に取りつかれていること、神性に反していたこと、また実際に地獄の中にいたことがわかった。なぜなら、それぞれの者は死後、直ちに似た者に、善良な者たちは天界の中の天界の中の似た者に、けれども、悪い者たちは地獄の中の似た者に結び付けられるから、しかし、内的なものが明らかにされないうちは彼らのもとにやって来ない。その間は、外なるものの中で似た者と仲間となることができる。

[4] しかし、知らなければならない。内的に善良であった、そのように霊的であったすべての者は、彼らから分離され、そして天界の中に上げられたこと。また内的だけでなく外的にもまた悪であったすべての者もまた彼らから分離され、地獄の中へ投げ込まれたこと。またこのことは主の来臨の後の最初の時から審判の時である最後の時まで行なわれた。そして、前に述べられたように、自分たちの間に社会を形成するために残された者たちだけが、第一の天をつくったことである。

author:yasubee, category:原典講読『最後の審判』, 00:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『最後の審判』 67,68
 

(1) 原文

67. Porro sciendum est, quod hoc caelum, quod vocatur "primum," non fuerit ab aliquibus, qui ante adventum Domini in mundum vixerunt, sed omnes ab illis qui post adventum Ipsius; nam (ut supra n. 33-39 ostensum est,) in fine cujusvis ecclesiae fit ultimum judicium, et tunc abolitur prius caelum, et creatur seu formatur novum; a principio enim ad finem ecclesiae tolerati sunt omnes qui in morali vita externa, et qui in pio et sancto externo vixerunt, tametsi in nullo interno, modo interna quae sunt cogitationum et intentionum in vinculis teneri potuerint per leges societatis civiles et morales; sed in fine ecclesiae reteguntur interna, et tunc super illos fit judicium. Inde est quod ultimum judicium super habitatoribus hujus telluris bis prius factum sit, et nunc tertio (videatur supra, n. 46); ita quoque bis prius caelum cum terra transiverat, ac novum caelum cum nova terra creatum est; caelum enim et terra sunt ecclesia utrobivis (ut supra, n. 1-5 ostensum est). Inde patet, quod "novum caelum" et "nova terra," quae memorantur apud prophetas Veteris Testamenti, non sint id "novum caelum" et "nova terra" quae memorantur in Apocalypsi, sed quod illa exstiterint a Domino cum fuit in mundo, et quod hoc nunc ab Ipso. De illis apud Prophetas Veteris Testamenti ita legitur,

 

"Ecce Ego creaturus sum caelum novum et terram novam, nec commemorabuntur priora" (Esai. lxv. 17);

et alibi,

 

 Caelum novum et terram novam facturus sum (Esai. lxvi. 22);

praeter apud Danielem.

 

(2) 直訳

67. Porro sciendum est, quod hoc caelum, quod vocatur "primum," non fuerit ab aliquibus, qui ante adventum Domini in mundum vixerunt, sed omnes ab illis qui post adventum Ipsius; さらに、知らなければならない、この天()は、それは「第一のもの」と呼ばれている、ある者からでなかった、その者は主の来臨の前に世の中で生きた、しかし、彼らからのすべての者、その者はその方の来臨の後に〔生きた〕。

nam (ut supra n. 33-39 ostensum est,) in fine cujusvis ecclesiae fit ultimum judicium, et tunc abolitur prius caelum, et creatur seu formatur novum; なぜなら(上の33-39番に示されているように)、それぞれの教会の終わりの中で最後の審判が行なわれるから、またその時、前の天は廃止される、また新しいものが創造されるかまたは形作られる。

a principio enim ad finem ecclesiae tolerati sunt omnes qui in morali vita externa, et qui in pio et sancto externo vixerunt, tametsi in nullo interno, modo interna quae sunt cogitationum et intentionum in vinculis teneri potuerint per leges societatis civiles et morales; というのは、教会の最初から終わりまですべての者が存在を許されるから、その者は外なる道徳的な生活の中に、またその者は外なる敬虔と神聖さの中に生きた、それでも決して内なるものの中に〔生き〕ない、内なるものが、それらは思考と意図のものである、市民と道徳の、社会の法律によって束縛の中に保たれることができたかぎり()

sed in fine ecclesiae reteguntur interna, et tunc super illos fit judicium. しかし、教会の終わりの中で内的なものが明らかにされる、またその時、彼らの上に審判が行なわれる。

Inde est quod ultimum judicium super habitatoribus hujus telluris bis prius factum sit, et nunc tertio (videatur supra, n. 46); ここからである、最後の審判はこの地球の住民の上に二度、以前に行なわれた、また今や三度目に。

ita quoque bis prius caelum cum terra transiverat, ac novum caelum cum nova terra creatum est; このようにもまた二度、以前に天と地は過ぎ去った、そして新しい地とともに新しい天が創造された。

caelum enim et terra sunt ecclesia utrobivis (ut supra, n. 1-5 ostensum est). というのは、天と地は、どちらの場所にも、教会であるから(上の1-5番に示されているように)

Inde patet, quod "novum caelum" et "nova terra," quae memorantur apud prophetas Veteris Testamenti, non sint id "novum caelum" et "nova terra" quae memorantur in Apocalypsi, sed quod illa exstiterint a Domino cum fuit in mundo, et quod hoc nunc ab Ipso. ここから明らかである、「新しい天」と「新しい地」が、それらは旧約の預言書のもとに記録されている、その「新しい天」と「新しい地」ではない、それらは「黙示録」の中に記録されている、しかし、それら(前者)は主により世の中にいたとき存在するようになったこと、またこれ(後者)は今やその方から。

「それら」が複数で、「これ」が単数なので、「前の二度の審判」と「今度の審判」のつもりです。

De illis apud Prophetas Veteris Testamenti ita legitur, それらについて旧約の預言書のもとに読まれる、

"Ecce Ego creaturus sum caelum novum et terram novam, nec commemorabuntur priora" (Esai. lxv. 17); 「見よ、わたしは新しい天と新しい地を創造する、前のものは思い出されない」(イザヤ65:17)

et alibi, また他の箇所に、

Caelum novum et terram novam facturus sum (Esai. lxvi. 22); 新しい天と新しい地を私はつくる(イザヤ66:22)

praeter apud Danielem. ほかに、「ダニエル()」のもとに。

 

(3) 訳文

67. さらに、「第一のもの」と呼ばれているこの天は、主の来臨の前に世の中で生きた者からでなく、しかし、その方の来臨の後にすべての者からであったことを知らなければならない。なぜなら(前の33-39番に示されているように)、それぞれの教会の終わりの中で最後の審判が行なわれ、またその時、前の天は廃止され、新しいものが創造されるかまたは形作られるからである。というのは、教会の最初から終わりまで、外なる道徳的な生活の中に、また外なる敬虔と神聖さの中に生きたすべての者は、思考と意図のものである内なるものの中に決して生きていなくても、市民上と道徳上の社会の法律によって束縛の中に保たれることができるかぎり存在を許されるから。しかし、教会の終わりの中で内的なものが明らかにされ、またその時、彼らの上に審判が行なわれる。

 ここから、最後の審判はこの地球の住民の上に以前に二度行なわれた、また今や三度目である。このようにもまた二度、以前に天と地は過ぎ去い、そして新しい地とともに新しい天が創造された。というのは、天と地は、どちらの場所にも(前の1-5番に示されているように)、教会であるから。

 ここから、旧約聖書の預言書に記録されている「新しい天」と「新しい地」が、主により世の中にいたとき存在するようになったものでなく、今やその方から存在する「新しい天」と「新しい地」ではあり、それらが「黙示録」の中に記録されているものであることが明らかである。

 それらについて旧約聖書の預言書に読まれる、

 

「見よ、わたしは新しい天と新しい地を創造する、前のものは思い出されない」(イザヤ65:17)

 

 また他の箇所に、

 

 新しい天と新しい地を私はつくる(イザヤ66:22)

 

 ほかに、「ダニエル」に。

 

(1) 原文

68. Quia hic nunc agitur de primo caelo quod transivit, et nemo aliquid de eo scit, velim ordine describere,

 

 (i.) Primum caelum a quibus exstiterat;
(ii.) Quale id fuit;
(iii.) Quomodo transivit.

 

(2) 直訳

68. Quia hic nunc agitur de primo caelo quod transivit, et nemo aliquid de eo scit, velim ordine describere, ここに今や最初の天について扱われているので、それは過ぎ去った、まただれもそれについて何らかのことを知らない、私は、順序で述べることを欲する、

(i.) Primum caelum a quibus exstiterat; (1) 第一の天はだれらから存在するようになったか。

(ii.) Quale id fuit; (2) それはどんなものであったか。

(iii.) Quomodo transivit. (3) どのように過ぎ去ったか。

 

(3) 訳文

68. ここに今や過ぎ去った最初の天について扱われ、まただれもそれについて何らかのことを知らないので、私は、順に述べることを欲する、

 

 (1) 第一の天はだれらから存在するようになったか。

 (2) それはどんなものであったか。

 (3) どのように過ぎ去ったか。

author:yasubee, category:原典講読『最後の審判』, 01:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『最後の審判』 66
 

(1) 原文

66. Sed antequam manifestatur, quid per "primum caelum et primam terram" intelligitur, sciendum est, quod per "primum caelum" non intelligatur caelum quod fuit ex illis qui facti sunt angeli a prima creatione hujus mundi ad hoc usque tempus, nam id caelum constans est et permanet in aeternum; omnes enim qui in caelum veniunt, sub tutela Domini sunt, et a Domino, qui semel receptus est, nullus evelli potest; sed per "primum caelum" intelligitur id quod conflatum ex aliis quam qui angeli facti sunt, et quoad plurimam partem ex illis qui non angeli fieri potuerunt; quinam illi fuerunt, et quales, in sequentibus dicetur: id caelum est de quo dicitur quod transierat. Id vocatur caelum, quia illi qui in eo fuerunt, in alto super petris et montibus consociati degerunt, et in jucundis naturalium similibus, sed usque in nullis spiritualibus; nam plerique, qui ex terris in mundum spiritualem veniunt, credunt in caelo esse cum in alto, et in caelesti gaudio cum in jucundis in qualibus fuerunt in mundo: inde est, quod id vocatum sit caelum, sed caelum primum quod transiret.

 

(2) 直訳

66. Sed antequam manifestatur, quid per "primum caelum et primam terram" intelligitur, sciendum est, quod per "primum caelum" non intelligatur caelum quod fuit ex illis qui facti sunt angeli a prima creatione hujus mundi ad hoc usque tempus, nam id caelum constans est et permanet in aeternum; しかし、明らかにされる前に、何が「第一の天と第一の地」によって意味されるか、知らなければならない、「第一の天」によって天()が意味されないこと、それは彼らからであった、その者はこの世の最初の創造からこの時までずっと、天使にされた、なぜなら、その()は不変である、また永久に存続するから。

omnes enim qui in caelum veniunt, sub tutela Domini sunt, et a Domino, qui semel receptus est, nullus evelli potest; というのは、すべての者は、その者は天界の中へやって来る、主の保護の下にあるから、また主から、その者は一度(いったん)け入れた、決して引き離されることができない。

sed per "primum caelum" intelligitur id quod conflatum ex aliis quam qui angeli facti sunt, et quoad plurimam partem ex illis qui non angeli fieri potuerunt; しかし「第一の天」によってそれが意味される、他の者から構成されたもの、天使にされた者よりも(以外の)、また彼らからの非常に多くの者に関して、その者は天使になれることができなかった。

quinam illi fuerunt, et quales, in sequentibus dicetur: 彼らがだれであったか、またどんなものか、続くものの中で言われる。

id caelum est de quo dicitur quod transierat. その天()である、それについて、過ぎ去ったことが言われている。

Id vocatur caelum, quia illi qui in eo fuerunt, in alto super petris et montibus consociati degerunt, et in jucundis naturalium similibus, sed usque in nullis spiritualibus; それは天()と言われる、彼らは、その者はその中にいたので、岩や山の上の高いところの中に社会へと形成されて生活した、また自然的な快さに似たものの中に〔いた〕、しかし、それでも決して霊的なものの中でない。

nam plerique, qui ex terris in mundum spiritualem veniunt, credunt in caelo esse cum in alto, et in caelesti gaudio cum in jucundis in qualibus fuerunt in mundo: なぜなら、大部分の者は、その者は地から霊界の中にやって来る、天界の中にいることを信じるから、高いところの中に〔いる〕とき、また天界の楽しさの中に、世の中にあったような快さの中に〔いる〕とき。

inde est, quod id vocatum sit caelum, sed caelum primum quod transiret. ここからである、それは天界と呼ばれていること、しかし、第一の天〔であって〕それは過ぎ去った。

 

(3) 訳文

66. しかし、何が「第一の天と第一の地」によって意味されるか明らかにされる前に、「第一の天」によって、この世の最初の創造からこの時までずっと、天使にされた者からの()が意味されないことを知らなければならない、なぜなら、その()は不変であり、永久に存続するからである。というのは、天界の中へやって来るすべての者は、主の保護の下にあり、またいったん受け入れた者は、主から決して引き離されることができないから。しかし「第一の天」によって、天使にされた者以外の、天使になれることができなかった非常に多くの者である、他の者から構成されたものが意味される。彼らがだれであったか、またどんなものか、続くものの中で言われる――その天()過ぎ去った、と言われているものである。

 それが天()と言われるのは、彼らは岩や山の上の高いところの中に社会へと形成されて生活し、また自然的な快さに似たものの中に、それでも決して霊的なものの中でない快さの中にいたからである。なぜなら、地から霊界の中にやって来る大部分の者は、高いところの中にいて、世の中にあったような快さの中に〔その〕天界の楽しさの中にいるとき、天界の中にいる、と信じるからである――ここから、それは天界と呼ばれているが、しかし、過ぎ去った第一の天である。
author:yasubee, category:原典講読『最後の審判』, 23:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『最後の審判』 65
 

[X.]

DE PRIORE CAELO, ET EJUS ABOLITIONE.

前の天について、またその破壊(破棄)

 

(1) 原文

65. Dicitur in Apocalypsi,

 

"Vidi thronum... magnum, et Quendam insidentem, a Cujus aspectu fugit terra et caelum, quorum locus non inventus est" (xx. {1}11).

 

Et dein,

 

 "Vidi caelum novum et terram novam; primum caelum et prima terra transiverant" (xxi. 1).

 

Quod per "novum caelum et novam terram," et per transitionem "prioris caeli et prioris terrae," non intellectum sit caelum aspectabile ac terra nostra habitata, sed caelum angelicum et ecclesia, ostensum est in articulo Primo supra, et quoque in sequentibus. Verbum enim in se est spirituale, et ideo de spiritualibus agit, ac spiritualia sunt quae sunt caeli et ecclesiae; haec in sensu litterae exponuntur per naturalia, quia naturalia inserviunt spiritualibus pro basi, ac Verbum absque tali basi non foret Divinum opus, quia non completum; naturale, quod est ultimum in ordine Divino, complet, et facit, interiora, quae sunt spiritualia et caelestia, ut super illo subsistant, sicut domus super suo fundamento. [2] Nunc quia homo ex naturali et non ex spirituali cogitavit de illis quae sunt in Verbo, ideo per "caelum et terram" in illis locis, et quoque in aliis, non aliud intellexit quam caelum quod existit in mundo naturae, nec aliam terram: inde est, quod unusquisque exspectet transitionem et destructionem eorum, et tunc quoque creationem novorum: sed ne illa exspectentur in perpetuum, et quovis saeculo frustra, apertus est sensus spiritualis Verbi, ut sciatur quid intelligitur per plura in Verbo, quae ad intellectum non veniunt dummodo naturaliter de illis cogitatur, et simul quid per "caelum et terram" quae transibunt.

@1 11 pro "10"

 

(2) 直訳

65. Dicitur in Apocalypsi, 「黙示録」の中に言われている、

"Vidi thronum... magnum, et Quendam insidentem, a Cujus aspectu fugit terra et caelum, quorum locus non inventus est" (xx. {1}11). 「私は大きな……王座を見た、また座っているある者を、その者の視野から、地と天は逃げ去った、それらの場所は見つからない」(20:11)

Et dein, またその後、

"Vidi caelum novum et terram novam; 「私は新しい天と新しい地を見た。

primum caelum et prima terra transiverant" (xxi. 1). 最初(第一)の天と最初(第一)の地は過ぎ去った」(21:1)

Quod per "novum caelum et novam terram," et per transitionem "prioris caeli et prioris terrae," non intellectum sit caelum aspectabile ac terra nostra habitata, sed caelum angelicum et ecclesia, ostensum est in articulo Primo supra, et quoque in sequentibus. 「新しい天と新しい地」によって、また「最初(第一)の天と最初(第一)の地の」移ることによって、目に見える天と私たちの住む地が意味されないこと、しかし、天使たちの天界と教会が、〔本書の〕上の第一章の中に、そしてまた続くものの中に示された(示されている)

Verbum enim in se est spirituale, et ideo de spiritualibus agit, ac spiritualia sunt quae sunt caeli et ecclesiae; というのは、みことばは本質的に霊的なものであるから、また、それゆえ、霊的なものについて扱っている、そして霊的なものである、それは天界と教会のものである。

haec in sensu litterae exponuntur per naturalia, quia naturalia inserviunt spiritualibus pro basi, ac Verbum absque tali basi non foret Divinum opus, quia non completum; これらは文字どおりの意味の中に自然的なものによって示されている、自然的なものは霊的なものに基礎(土台)として仕えるので、そして、みことばはこのような土台(基礎)なしに、神的な作品()とならない、完成した(完備した)ものでないので。

naturale, quod est ultimum in ordine Divino, complet, et facit, interiora, quae sunt spiritualia et caelestia, ut super illo subsistant, sicut domus super suo fundamento. 自然的なものは、それは神的な秩序の中で最後のものである、数を満たす、また作る、内なるものを、それらは霊的なものと天的なものである、それらの上に止まる(存続する)ために、家がその土台(基礎)の上に〔止まる(存続する)〕ように。

[2] Nunc quia homo ex naturali et non ex spirituali cogitavit de illis quae sunt in Verbo, ideo per "caelum et terram" in illis locis, et quoque in aliis, non aliud intellexit quam caelum quod existit in mundo naturae, nec aliam terram: [2] さて、人間はそれらについて、それらはみことばの中にある、自然的なものから、また霊的なものからでなく考えたので、それゆえ、それらの箇所の中の「天と地」によって、そしてまた他の〔箇所の〕中の、他のものを理解しなかった、天以外に、それは自然界に存在する、他の地も。

inde est, quod unusquisque exspectet transitionem et destructionem eorum, et tunc quoque creationem novorum: ここからである、それぞれの者がそれらの移ることと破壊を期待すること、またその時、新しいものの創造もまた。

sed ne illa exspectentur in perpetuum, et quovis saeculo frustra, apertus est sensus spiritualis Verbi, ut sciatur quid intelligitur per plura in Verbo, quae ad intellectum non veniunt dummodo naturaliter de illis cogitatur, et simul quid per "caelum et terram" quae transibunt. しかし、〔彼らが〕それらを永久に期待しないように、またどれかの世代でむなしく、みことばの霊的な意味が開かれた(示された)、みことばの中の多くのものによって何が意味されるか知られるために、それらは理解力の中にやって来ない、それらについて自然的に考えられるかぎりは、また一緒に「天と地」によって何が〔意味されるか〕、それらは過ぎ去るであろう。

@1 11 pro "10" 注1 10の代わりに11

 

(3) 訳文

65. 「黙示録」の中に言われている、

 

 「私は大きな……王座を、また座っている者を見た。その者の視野から、地と天は逃げ去った、それらの場所は見つからない」(20:11)

 

 またその後、

 

 「私は新しい天と新しい地を見た。第一の天と第一の地は過ぎ去った」(21:1)

 

 「新しい天と新しい地」によって、また「第一の天と第一の地」の移ることによって、目に見える天と私たちの住む地が意味されないで、天使たちの天界と教会が意味されることが、〔本書の〕前の第一章の中に、そしてまた続くものの中に示されている。というのは、みことばは本質的に霊的なものであり、それゆえ、霊的なものについて扱っていて、そして霊的なものとは天界と教会のものであるから。これらは文字どおりの意味の中に自然的なものによって、自然的なものは霊的なものに基礎として仕えるので、示されている。そして、みことばはこのような基礎なしに、完備したものでないので神的な作品()とならない。神的な秩序の中で最後のものである自然的なものは、霊的なものと天的なものである内なるものを、家がその土台の上に存続するように、それらの上に存続するために、満たし、作る。

[2] さて、みことばの中にあるものについて、人間は自然的なものから考え、霊的なものから考えないので、それゆえ、それらの箇所やまた他の箇所の「天と地」によって、それは自然界に存在する天以外に、地も、他のものを理解しなかった――ここから、それぞれの者が、それらの移ることと破壊を、またその時、新しいものの創造もまた期待する。しかし、〔彼らが〕それらを永久に、またどれかの世代でむなしく、期待しないように、みことばの中の多くのものによって何が意味されるか知られるために、みことばの霊的な意味が開かれたそれらについて、またそれと一緒に、過ぎ去るであろう「天と地」によって何が意味されるか自然的に考えるかぎり、それらは理解力の中にやって来ない。

○私事ながら本日午後8時半ごろ、私にとって4人目の孫(男)が生まれました。三男の初めての子です。私にいくぶん似ているようです(すでに次男に二人、長男に一人、私の孫がいます)

author:yasubee, category:原典講読『最後の審判』, 23:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『最後の審判』 63,64
 

(1) 原文

63. [(vi.)] Quod conservati sint qui ex illis [1]in affectione veri ex bono fuerunt.―Illi ex Pontificia gente qui pie vixerunt, et fuerunt in bono, tametsi non in veris, et usque ex affectione desideraverunt scire vera, exempti sunt, et delati sunt in tractum quendam anterius in plaga occidentali juxta septentrionalem, et ibi datae illis sunt habitationes, ac institutae societates; et dein ad illos missi sunt sacerdotes ex Reformatis, qui instruerent illos ex Verbo, et sicut instruuntur acceptantur in caelum.

@1 in affectione pro "qui in affectione"

 

(2) 直訳

63. (6) 善からの真理への情愛の中にいた者が守られたこと――

 ローマカトリック教徒の国民からの敬虔に生き、善の中にいたが、それでも真理の中にいない、それでも情愛から真理を知ることを望んだ者は、北に近い西の方位の中の前部に、ある地域に追放され、またそこに彼らに住居が与えられ、そして社会が設立された。

et dein ad illos missi sunt sacerdotes ex Reformatis, qui instruerent illos ex Verbo, et sicut instruuntur acceptantur in caelum. またその後、彼らへ改革派教会の者から聖職者たちが送られた、その者は彼らをみことばから教えた(接続)、またこのように(〜に応じて☆)教えられ(直接)、天界の中に受け入れられる(接続)

sicutはたいてい「〜のように」という意味です(副詞として)。ここは直接法をともなった接続詞です。そしてその意味は「〜に応じて、〜ほど、〜するかぎり」です。

@1 in affectione pro "qui in affectione" 注1 "qui in affectione"の代わりにin affectione

 

(3) 訳文

63. (6) 善からの真理への情愛の中にいた者が守られたこと――

 ローマカトリック教徒の国民からの敬虔に生き、また善の中に、それでも真理の中にいない、またそれでも情愛から真理を知ることを望んだ者は、北に近い西の方位の中の前部に、ある地域に追放され、またそこに彼らに住居が与えられ、そして社会が設立された。またその後、彼らへ改革派教会の者から聖職者たちが送られ、その者は彼らをみことばから教え、また教えられるに応じて、天界の中に受け入れられた。

 

(1) 原文

64. [(vii.)] De statu illorum posthac qui inde ex terris veniunt.―Quoniam nunc ultimum judicium peractum est, et per id a Domino omnia in ordinem redacta sunt, ac omnes qui interius boni fuerunt in caelum sublati sunt, et qui interius mali in infernum dejecti, non sinitur posthac sicut hactenus, ut consocientur infra caelum et supra infernum, nec ut commune habeant cum aliis; sed ut primum illuc veniunt, quod fit post cujusvis obitum, prorsus separentur, et post transactum tempus in mundo spirituum, in loca sua ferantur; quare illi qui sancta profanant, qui sunt qui vindicant sibi potestatem aperiendi et claudendi caelum, ac remittendi peccata, quae tamen solius Domini sunt, et qui bullas papales Verbo pares faciunt, et pro fine habent dominium, posthac feruntur illico in mare nigrum, vel in voragines ubi inferna profanatorum sunt. Sed dictum mihi est e caelo, quod illi qui tales sunt ex illo religioso, nihil spectent ad vitam post mortem, quia eam corde negant, sed solum ad vitam in mundo, et quod inde talem eorum sortem post obitum, quae tamen in aeternum mansura est, floccipendant, et ad illam, sicut ad rem nihili, rideant.

 

(2) 直訳

64. [(vii.)] De statu illorum posthac qui inde ex terris veniunt.― (7) 地のそこからやって来る者のこの後の状態について――

Quoniam nunc ultimum judicium peractum est, et per id a Domino omnia in ordinem redacta sunt, ac omnes qui interius boni fuerunt in caelum sublati sunt, et qui interius mali in infernum dejecti, non sinitur posthac sicut hactenus, ut consocientur infra caelum et supra infernum, nec ut commune habeant cum aliis; 今や最後の審判がなし遂げられたので、またそのことによって主によりすべてのものが秩序の中に戻された、そしてすべての者が、その者は内的に善良であった、天界の中に上げられた、また内的に悪い者は地獄の中に投げ落とされた、今後、今までのように、許されない、天界の下に、また地獄の上に、(社会へと)形成されるように、他の者と共通のもの☆持つようにもまたない。

「共通なもの」とは何らかの「社会」でしょう。

sed ut primum illuc veniunt, quod fit post cujusvis obitum, prorsus separentur, et post transactum tempus in mundo spirituum, in loca sua ferantur; しかし、そこへやって来ると直ぐに、それはそれぞれの者に死後に生ずる、完全に分離される、また霊たちの世界の中で時を送った☆後、自分の場所の中へ導かれる。

transactumの辞書形はtransigoです。

quare illi qui sancta profanant, qui sunt qui vindicant sibi potestatem aperiendi et claudendi caelum, ac remittendi peccata, quae tamen solius Domini sunt, et qui bullas papales Verbo pares faciunt, et pro fine habent dominium, posthac feruntur illico in mare nigrum, vel in voragines ubi inferna profanatorum sunt. それゆえ、彼らは、その者は聖なるものを冒涜する、その者は天界を開ける、また閉ざす力を自分自身に要求する者である、そして、罪を赦す、それ〔力〕はそれでも主おひとりのものである、またその者は教皇の大勅書をみことばと等しくする、また目的として支配を持った、今後、直ちに、黒い海の中に運ばれた、あるいは沼地の中へ、そこに冒涜者の地獄がある。

Sed dictum mihi est e caelo, quod illi qui tales sunt ex illo religioso, nihil spectent ad vitam post mortem, quia eam corde negant, sed solum ad vitam in mundo, et quod inde talem eorum sortem post obitum, quae tamen in aeternum mansura est, floccipendant, et ad illam, sicut ad rem nihili, rideant. しかし、私に天界から言われた、彼らは、その者はその宗教的信念からこのような者である、死後のいのち(生活)について何も見ない(考慮しない)、それ(生活)心で否定するので、しかし、世の中の生活についてだけ、またここから死後のこのような彼らの運命を、それでも〔それは〕永遠に残る、つまらないものと見なす(価値を置かない)、またそれ(生活)について、無価値(無意味)な事柄についてのように、笑う(嘲笑する)

 

(3) 訳文

64.  (7) 地のそこからやって来る者のこの後の状態について――

今や最後の審判がなし遂げられ、またそのことによって主によりすべてのものが秩序の中に戻され、そして内的に善良であったすべての者が、天界の中に上げられた、また内的に悪い者は地獄の中に投げ落とされたので、今後、今までのように、天界の下に、また地獄の上に形成されるような、他の者と共通のもの(社会)を持つようなこともまた許されない。しかし、そこへやって来ると直ぐに、それはそれぞれの者に死後に生じ、完全に分離され、霊たちの世界の中で時を送った後、自分の場所の中へ導かれる。それゆえ、聖なるものを冒涜し、天界を開け、また閉ざす力を、そして、罪を赦す力を自分自身に要求した者は、それでもその力は主おひとりのものであるが、またその者は教皇の大勅書をみことばと等しくし、また支配を目的とした者であるが、今後、直ちに、黒い海の中に、あるいは沼地の中へ運ばれた、そこには冒涜者の地獄がある。

 しかし、私に天界から、それらの者はその宗教的信念からこのような者であると言われた――死後の生活について、その生活を心で否定するので何も考慮しない、しかし、世の中の生活についてだけ考慮する、またここから死後のこのような自分たちの運命を、それでも〔それは〕永遠に残るが、つまらないものと見なし、またその生活について、無意味な事柄(について)のように嘲笑する
author:yasubee, category:原典講読『最後の審判』, 22:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『最後の審判』 62
 

(1) 原文

62. Ita nunc mundus spiritualis a talibus liberatus est; et ob liberationem ab illis gavisi sunt angeli, quoniam illi, qui ex Babylonia erant, omnes quotcunque potuerunt, infestabant ac seducebant, et ibi plus quam in mundo; nam astutiae illorum ibi maligniores sunt, quia tunc spiritus sunt, et in spiritu cujusvis se recondit omnis malitia; nam spiritus hominis est qui cogitat, vult, intendit et machinatur. Multi ex illis explorati sunt, ac inventi quod prorsus nihil crediderint, quodque insiderit animis eorum nefanda cupiditas seducendi, divites propter divitias, et pauperes propter dominium; et quod ob illum finem tenuerint omnes in densissima ignorantia, et sic praestruxerint viam ad lucem, ita ad caelum; nam via ad lucem et ad caelum praestruitur, cum cognitiones spiritualium obfunduntur per idololatrica, et cum Verbum adulteratur, infirmatur, et aufertur.

 

(2) 直訳

62. Ita nunc mundus spiritualis a talibus liberatus est; そのように、今や、霊界はこのような者から解放された(自由にされた)

et ob liberationem ab illis gavisi sunt angeli, quoniam illi, qui ex Babylonia erant, omnes quotcunque potuerunt, infestabant ac seducebant, et ibi plus quam in mundo; また彼らからの解放のために天使たちは喜んだ、彼らは、バビロニアからであった者、すべての者をどれほど多くてもできたから、攻撃した、また惑わした、またそこに世の中でよりもさらに。

nam astutiae illorum ibi maligniores sunt, quia tunc spiritus sunt, et in spiritu cujusvis se recondit omnis malitia; なぜなら、彼らの策略(だまし)はそこにさらに悪意のある(悪質な)のであるから、その時、霊であるので、またそれぞれの霊の中で(それ自体で)すべての悪意を隠している。

nam spiritus hominis est qui cogitat, vult, intendit et machinatur. なぜなら、人間の霊であるから、その者は考え、意志し(欲し)、留意する(心を向ける)、またもくろむ(考案する)

Multi ex illis explorati sunt, ac inventi quod prorsus nihil crediderint, quodque insiderit animis eorum nefanda cupiditas seducendi, divites propter divitias, et pauperes propter dominium; 彼らからの多くの者が調べられた、そして見つけられた、まったく何も信じていなかったこと、そして彼らのアニムス()惑わそうとするおそるべき欲望が堅く宿って(座って)ること、富のために富める者を、また支配のために貧しい者を。

et quod ob illum finem tenuerint omnes in densissima ignorantia, et sic praestruxerint viam ad lucem, ita ad caelum; またその目的のためにすべての者を最も濃い(厚い)知の中に保った、またこのように光への道をふさいだ、そのように天界へ〔の道を〕。

nam via ad lucem et ad caelum praestruitur, cum cognitiones spiritualium obfunduntur per idololatrica, et cum Verbum adulteratur, infirmatur, et aufertur. なぜなら、光への道が、また天界へ〔の道が〕ふさがれるから、霊的なものの知識は偶像崇拝的なものによって圧倒される(沈められる)とき、また、みことばが不純化される、弱められる、また取り去られるとき。

 

(3) 訳文

62. そのように、今や、霊界はこのような者から解放された。また彼らから解放されたために天使たちは喜んだ、バビロニアからであった者は、どれほど多くてもすべての者を攻撃し、また惑わし、またそこでは世の中でよりもさらにできたからである。なぜなら、彼らの策略はそこでは、その時、霊であるので、さらに悪意のあるものであり、またそれぞれの霊の中ですべての悪意を隠しているからである。なぜなら、考え、意志し、心を向け、もくろむ者は人間の霊であるからである。

 彼らからの多くの者が調べられ、そして、まったく何も信じていなかったこと、彼らのアニムス()に、富のために富める者を、また支配のために貧しい者を惑わそうとするおそるべき欲望が堅く宿ってることが見つけられた。また、その目的のためにすべての者を最も濃い知の中に保ち、このように光への道を、そのように天界への道をふさいだ。なぜなら、霊的なものの知識が偶像崇拝的なものによって沈められ、みことばが不純化され、弱められ、取り去られるとき、光への道が、また天界への道がふさがれるからである。

author:yasubee, category:原典講読『最後の審判』, 20:38
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『最後の審判』 61 (8)〜(10)
 

(2) 直訳

[8] Ultimum judicium super illos qui in plaga orientali super montibus habitabant (de quibus etiam videatur supra, n. 58), ita peractum est. [8] 彼らの上の最後の審判は、その者は「東の方位」の中の山々の上に住んでいる(それらについてもまた58番に見られる)、このようになし遂げられた。

Montes illi visi sunt subsidere in profundum, et omnes, qui super illis, deglutiti: 彼らの山々が深淵の中に沈むことが見られた、またすべての者、その者はそれらの上に、のみ込まれた。

ac visus est ille, quem super uno monte ibi posuerunt, quem proclamarunt pro deo, quod niger factus sit, et dein ignitus, et cum illis in infernum praeceps dejectus: そして、彼が見られた、彼らは彼を一つの山の上に置いた、彼を神として宣言した、彼が黒くなったこと、その後、火のように、また彼らとともに地獄の中へ真っ逆さまの投げ込まれて。

monachi enim ex vario ordine, qui super illis montibus erant, illum dixerunt esse Deum, et se Christum; というのは、いろいろな教団(修道会)らの修道士たちは、その者はそれらの山の上にいた、彼を神であると言ったから、また自分自身をキリストと。

et ubicunque iverunt, secum tulerunt nefandam persuasionem quod Christus essent. また、彼らはどこでも行った、自分自身におそるべき信念を抱いた☆、キリストであっ(である)こと。

tuleruntの辞書形はferoです。

[9] Ultimo factum est judicium super illos qui remotius in plaga occidentali habitabant, et ibi super montibus, qui intellecti sunt per "mulierem insidentem bestiae coccineae, cui septem capita quae septem montes" (de qua etiam supra, n. 58, relatum est). [9] 彼らの上に行なわれた最後の審判は、その者は遠く離れて「東の方位」の中に住んだ、またそこに山々の上に、その者は「緋色の獣に座っている女、その者に七つの頭、それらは七つの山」(それ〔女〕についても上の58番に、述べられた)によって意味された。

Illorum montes etiam visi sunt; 彼らの山もまた見られた。

quidam aperti in medio, ubi ingens hiatus factus circumductus in spiram, et ii, qui super illis, in illum conjecti: あるものは真ん中で開かれて、そこに巨大な裂け目ができて、とぐろ巻きの中に回転して、また、彼らは、その者はそれらの上、それらの中に投げ込まれた。

quidam montes evulsi sunt funditus, et prorsus inversi, ut quod supremum ibi erat, imum factum sit; ある山々は根本から(すっかり)引き離された、またすっかり(完全に)逆さにされた、そこに最高のものであった、最低のものになったことのように。

illi qui inde in planitiebus erant, inundati sunt sicut diluvio et obtecti; 彼らは、その者はここから平地にいた、洪水でのように水で覆われた、また覆われた。

at qui apud eos ex aliis plagis erant, illi conjecti sunt in voragines. しかし、彼らのもとの他の方位からであった者は、彼らは沼地の中に投げ入れられた。

Sed haec quae nunc dicta sunt, pauca sunt ex omnibus quae vidi; しかし、これらは、それらは今や言われた、すべてのものからはわずかである、それらを私は見た。

plura dabuntur in Explicatione super Apocalypsin. 多くのものが『黙示録についての解説』の中に伝えられる(知らさられる)

Haec facta et peracta sunt in principio anni 1757. これらは1757年の最初の中で行なわれ、なし遂げられた。

[10] Quod voragines attinet, in quas conjecti sunt omnes praeter illos qui in mare nigrum, sunt plures: [10] 「沼地」については、その中に彼らを除いてすべての者が投げ込まれた、その者は黒い海の中へ、数多い。

quatuor mihi detectae sunt; 四つの〔沼地が〕私に示された。

una magna in plaga meridionali ad orientem ibi; 一つの大きなものが南の方位の中に、そこに東へ向かって。

altera in plaga occidentali ad meridiem; もう一つのものが西の方位の中に、南に向かって。

tertia in plaga occidentali ad septentrionem ibi; 第三のものが西の方位の中に、そこに北に向かって。

quarta ulterius in angulo inter occidentem et septentrionem: 第四のものがさらに遠く、西と北の間の隅の中に。

voragines et mare sunt inferna eorum. 沼地と海は彼らの地獄である。

Haec visa sunt, at praeter illa sunt plura alia, quae non visa; これらが見られた、しかし、それらのほかに(除いて)他の多くのものがある、それらは見られない。

gentis enim Babylonicae inferna sunt distincta secundum varias profanationes spiritualium, quae sunt boni et veri ecclesiae. というのは、バビロニアの地獄は霊的なもののいろいろな冒涜にしたがって区別されているから、それらは教会の善と真理のものである。

 

(3) 訳文

[8] 「東の方位」の中の山々の上に住んでいる(それらについてもまた58番に見られる)者の最後の審判は、次のようになし遂げられた。

 彼らの山々が深淵の中に沈み、それらの上のすべての者がのみ込まれるのが見られた。そして、彼らがある者を一つの山の上に置き、彼を神として宣言し、彼が黒くなり、その後、火のようになったこと、また彼らとともに地獄の中へ真っ逆さまの投げ込まれたのが見られた。というのは、いろいろな教団らの修道士たちは、それらの山の上にいた者を神である、また〔その者は〕自分自身をキリストと言った、また、彼らはどこでも行き、キリストであるというおそるべき信念を自分自身に抱いたからである。

[9] 遠く離れて「東の方位」の中に、そこに山々の上に住んだ者、その者は「緋色の獣に座っている女、その者に七つの頭、それらは七つの山」(その女についても前の58番に述べられた)によって意味され、その者に〔にもまた〕最後の審判が行なわれた。

 彼らの山が(もまた)見られた。あるもの()は真ん中で開かれて、そこにとぐろ巻きに回転した巨大な裂け目ができ、それらの上の者は、それらの中に投げ込まれた。ある山々は根底引き離され、そこの最高のものが最低のものになったように完全に逆さまにされた。そこの平地にいた者は、洪水のように水で覆われた。しかし、彼らのもとの他の方位からであった者は沼地の中に投げ入れられた。

 しかし、今や言われたそれらすべてのものは、私が見たものから〔すれば〕わずかである。多くのものが『黙示録についての解説』の中で述べられるであろう。

 これらは1757年の初めに行なわれ、なし遂げられた。

[10] 黒い海の中へ投げ込まれた者を除いてすべての者が投げ込まれた「沼地」については、その数は多い――四つ〔の沼地が〕私に示された。一つの大きな沼地が、南の方位の中に、そこに東へ向かって〔あった〕。もう一つのものが西の方位の中に、南に向かって〔あった〕。第三のものが西の方位の中に、そこに北に向かって〔あった〕。第四のものがさらに遠く、西と北の間の隅の中に〔あった〕――沼地と海は彼らの地獄である。

 これらが見られた、しかし、それらのほかに見られない他の多くのものがある。というのは、バビロニアの地獄は、教会の善と真理のものである霊的ないろいろなものの冒涜にしたがって区別されているから。

author:yasubee, category:原典講読『最後の審判』, 22:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark