RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』 35(直訳[4])
 

[4.] His dictis reposuit se super solio ad mensam; [4] これらを言って、机へ椅子の上に自分自身を戻った。

nos vero in gymnasio ejus, quod erat spatiosum, ambulavimus. けれども、私たちは彼の学校の中を、それは広かった、歩いた。

Ille super mensa habebat candelam, quia non lux solaris ibi erat, sed lux nocturna lunaris; 彼は机の上にロウソクを持った、そこに太陽の光がなかったからである、しかし、月の夜の光。

et, quod miratus sum, candela visa est circumcirca ibi ferri, et illuminare; また、私が驚いたこと、ロウソクがそこに周囲を歩き回ること(受動)が見られた、また照らすこと。

at quia illa non erat emuncta, illuminabat parum; しかし、それは芯を切っていなかったので、わずかに照らした。

et cum scripsit, vidimus imagines in variis formis e mensa in parietes volantes, quae in nocturna illa luce lunari apparebant sicut volucres pulchrae Indicae; また、彼が書いていたとき、私たちは、いろいろな形で机から内壁の中を飛ぶ像を見た、それらはその夜の月の光の中で、インドの美しい鳥〔クジャクですね〕のように見えた。

sed cum aperuimus januam, ecce illae in luce diurna solari apparebant sicut aves vesperae, quibus alae retiformes sunt; しかし、私たちが扉を開けたとき、見よ、それは太陽の昼間の光の中で、夕方の鳥〔コウモリでしょうか〕のように見えた、その翼に網目がある。

erant enim verisimilitudines, quae per confirmationes factae sunt fallaciae, quae ingeniose in series ab illo erant connexae. というのは、真理の外観であったから、それは確信によって欺きへ作られた、それらは巧妙に連続の中に彼によりつなぎ合わされていた。

 

(今日は短いですがこれだけとします)

author:yasubee, category:原典講読『続 最後の審判』, 22:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『続 最後の審判』 88,89,90(最終回)
 

(1) 原文

88. Postquam manifestatum est, quod Dominum sicut Ariani agnoscant, quod Verbum Prophetarum et Evangelistarum contemnant, et quod charitatis vitam odio habeant, cum tamen super tribus illis ut columnis universum caelum pendet, tunc illi qui in cognitione et simul in fide illorum arcanorum fuerunt, judicati sunt ut Anti-Christi, qui rejiciunt tria essentialia Ecclesiae Christianae, nempe Divinum Domini, Verbum, et charitatem, et conjecti extra Christianum orbem in desertum, quod in fine plagae meridionalis prope Quaqueros est.

 

(2) 直訳

88. Postquam manifestatum est, quod Dominum sicut Ariani agnoscant, quod Verbum Prophetarum et Evangelistarum contemnant, et quod charitatis vitam odio habeant, cum tamen super tribus illis ut columnis universum caelum pendet, tunc illi qui in cognitione et simul in fide illorum arcanorum fuerunt, judicati sunt ut Anti-Christi, qui rejiciunt tria essentialia Ecclesiae Christianae, nempe Divinum Domini, Verbum, et charitatem, et conjecti extra Christianum orbem in desertum, quod in fine plagae meridionalis prope Quaqueros est. その後、明らかにされた、アリウス主義の信奉者のように主を承認していること、「預言者」と「福音書記者」のみことばを軽蔑していること、また仁愛の生活を憎しみを持っていること、そのときそれでもそれら三つのものの上に柱のように全天界は依存する、その時、彼らは、その者はそれらの秘義の思考の中と同時に信仰の中にいた、反キリスト()として裁かれ(判断を下され)その者はキリスト教の教会の三つの本質的なものを退ける、すなわち、主の神性、みことば、また仁愛、キリスト教世界の外、荒野の中に投げ込まれた、それは南の方位の端の中、クエーカーの近く。

 

(3) 訳文

88. その後、明らかにされた。アリウス主義の信奉者のように主を承認していること、「預言書」と「福音書」のみことばを軽蔑していること、また仁愛の生活を憎しみを持っていること。、そのときそれでもそれら三つのもの全天界はその上に柱のように依存する。その時、それらの秘義の思考の中と同時に信仰の中にいた〔けれでも、その〕者は、キリスト教の教会の三つの本質的なもの、すなわち、主の神性、みことば、仁愛を退ける、反キリスト()判断を下され、キリスト教世界の外の南の方位の端の中、クエーカーに近い荒野に投げ込まれた

 

(1) 原文

89. Audivi Zinzendorfium, cum in mundum spiritualem recens post mortem venit, et admissus est loqui sicut prius in mundo, contestantem quod ille sciat arcana caeli, et quod nemo in caelum veniat nisi qui ex doctrina ejus sit; tum quod prorsus damnati sint qui bona faciunt salutis causa, et quod potius admittat atheos in suam congregationem quam illos: quod Dominus sit adoptatus a Deo Patre pro Filio Ejus, quoniam passus est crucem, et quod usque homo simplex fuerit. Cum ei dictum est quod conceptus sit a Deo Patre, respondit quod de eo cogitet sicut vult; non ausus est dicere sicut Judaei. Praeterea ab asseclis ejus percepi plura scandala cum legi Evangelistas.

 

(2) 直訳

89. Audivi Zinzendorfium, cum in mundum spiritualem recens post mortem venit, et admissus est loqui sicut prius in mundo, contestantem quod ille sciat arcana caeli, et quod nemo in caelum veniat nisi qui ex doctrina ejus sit; 私はツィンツェンドルフ〔のこと〕を聞いた、霊界の中に、最近に、死後にやって来たとき、また許された、前のように世の中で話すことを、主張していることを、彼は天界の秘義を知っていること、まただれも天界の中にやって来ないこと、彼の教えからの者でないなら。

tum quod prorsus damnati sint qui bona faciunt salutis causa, et quod potius admittat atheos in suam congregationem quam illos: なおまた、完全に断罪されること、その者は善を救いの理由で行なう、また、彼らよりも自分の集団の中にむしろ無神論者を入れること。

quod Dominus sit adoptatus a Deo Patre pro Filio Ejus, quoniam passus est crucem, et quod usque homo simplex fuerit. 主は父なる神からその子として養子にされたこと、十字架〔刑〕を被ったので、またそれでも単純な(無学な)間であったこと。

Cum ei dictum est quod conceptus sit a Deo Patre, respondit quod de eo cogitet sicut vult; 彼に言われたとき、父なる神からみごもられたこと、彼は答えた、そのことについて欲するように考えていること。

non ausus est dicere sicut Judaei. 大胆ではない、ユダヤ人のように話すこと。

Praeterea ab asseclis ejus percepi plura scandala cum legi Evangelistas. さらに、彼の信奉者(追随者)から、私は多くの中傷を知覚した、私が「福音書記者」を読んだとき。

 

(3) 訳文

89. 私は、最近、死後に霊界の中にやって来て、また世の中で前のように話すことを許されたツィンツェンドルフ〔のこと〕を聞いた。その主張は、自分は天界の秘義を知っている、また自分の教えからの者でないなら、だれも天界の中にやって来ないこと、なおまた、救いの理由で善を行なう者は完全に断罪されること、また、彼らよりもむしろ無神論者を自分の集団の中に入れること、主は、十字架〔刑〕を被ったので父なる神からその子として養子にされたこと、またそれでも無学な人間であったことである。

 父なる神からみごもられたことが彼に言われたとき、彼は、そのことについて欲するように(=自分の思いのままに)えている、ユダヤ人のように大胆には話せない、と答えた。

 さらに、私が「福音書」を読んだとき、彼の信奉者(追随者)から多くの中傷を知覚した。

 

(1) 原文

90. Dicunt se habuisse sensationem, et inde interiorem confirmationem suorum dogmatum: sed ostensum est illis, quod sensatio illorum fuerit ex spiritibus visionariis, qui apud hominem confirmant omnia ejus religiosi, et quod propius intrent apud illos, qui ut illi religiosum suum amant, et multum de eo cogitant. Illi spiritus etiam cum illis locuti sunt, et se mutuo agnoverunt.

 

(2) 直訳

90. Dicunt se habuisse sensationem, et inde interiorem confirmationem suorum dogmatum: 自分たち自身が感覚(意識)を持っていることを言う、またここから自分たちの教義の内的な確信を〔持っていること〕――

sed ostensum est illis, quod sensatio illorum fuerit ex spiritibus visionariis, qui apud hominem confirmant omnia ejus religiosi, et quod propius intrent apud illos, qui ut illi religiosum suum amant, et multum de eo cogitant. しかし、彼らに示された、彼らの感覚(意識)は幻視()の霊からであったこと、その者は人間のもとにそのすべての宗教的信念を確信させる、また彼らのもとにさらに近く入ること、その者は彼は自分の宗教的信念を愛するような、またそのことについて多くのことを考える〔ような者〕。

Illi spiritus etiam cum illis locuti sunt, et se mutuo agnoverunt. それらの霊もまた彼らと話した、また自分自身を相互に認めた。

 

(3) 訳文

90. 自分たち自身に〔ある種の〕意識があり、またここから自分たちの教義に内的な確信を持っている、と言う――しかし、彼らに、彼らの意識は幻視の霊からであったことが示された、その霊は人間のもとにそのすべての宗教的信念を確信させ、また自分の宗教的信念を愛し、またそのことについて多くのことを考えるような者のもとに、さらに近く入り込む。

 それらの霊もまた彼らと話し、また相互に自分自身を認めた。

 

(4) 『最後の審判』『続 最後の審判』を終了して……次は……

 最後の審判とは何か、すなわち、1757年の当初からほぼ1年間「霊界で」行なわれたことであり、本書がその見聞録です(スヴェーデンボリ69)〔『スヴェーデンボリ叙事詩』第29章参照〕。

 スヴェーデンボリ著作の中でも、その特異な内容から、重要な著作でしょう。この講座の内容を見直して、早ければ来年中ごろから後半に出版できるきるでしょう。

 さて、次は『真のキリスト教』です。これまでずっと原典講読をしてきたので、「未熟者」であった私も、そろそろ、スヴェーデンボリ神学の決定版、『真のキリスト教』に取り掛かる準備が(われながら)終了したかに思います。これ以前だと、「よいもの」が作れないであろうし、またこれ以後だと「人生の残り時間」がそろそろ気になります、またもう一つの理由は「本書を訳してくれ」の声が聞こえてきているからです(複数)

author:yasubee, category:原典講読『続 最後の審判』, 01:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『続 最後の審判』 86,87
 

[XIII.]

DE MORAVIANIS IN MUNDO SPIRITUALI.

霊界の中のモラヴィア教徒について

 

(1) 原文

86. Cum Moravianis, qui etiam Herrenhuteri vocantur, multa locutus sum. Apparuerunt primum in valle non procul a Judaeis; et postquam explorati et detecti sunt, in loca inhabitata delati sunt. Dum explorabantur, sciverunt callide captare animos, dicentes quod reliquiae Apostolicae Ecclesiae essent, et quod ideo salutent se fratres, ac matres illas quae interiora illorum arcana recipiunt; tum quod prae ceteris doceant fidem, et quod ament Dominum quia passus est crucem, vocando illum Agnum, et Solium gratiae; praeter similia alia, per quae inducunt fidem quod ipsa Ecclesia Christiana apud illos sit. Illi qui a blandiloquiis illorum captati accedunt, explorantur ab illis num tales sint ut illis arcana sua detegere ausint; si non, celant illa, et si possint, revelant; et tunc monent, et quoque minantur illis, qui arcanum illorum de Domino evulgant.

 

(2) 直訳

86. Cum Moravianis, qui etiam Herrenhuteri vocantur, multa locutus sum. モラヴィア教徒と、その者はヘレンフート派とも呼ばれる、私は多くのことを話した。

Apparuerunt primum in valle non procul a Judaeis; 彼らは、最初、谷間の中に見られた、ユダヤ人から遠くなく。

et postquam explorati et detecti sunt, in loca inhabitata delati sunt. また、その後、調べられ、またあばかれた、人の住んでいない場所の中に追放された。

Dum explorabantur, sciverunt callide captare animos, dicentes quod reliquiae Apostolicae Ecclesiae essent, et quod ideo salutent se fratres, ac matres illas quae interiora illorum arcana recipiunt; 調べられた時、巧みにアニムス()捕えることを知っていた、使徒教会の残りの者であったことを言って、またそれゆえ、互いに兄弟を(として)挨拶する、そして彼女たちを母を(として)、彼女たちは彼らの内的な秘義を受け入れる。

tum quod prae ceteris doceant fidem, et quod ament Dominum quia passus est crucem, vocando illum Agnum, et Solium gratiae; なおまた、他の者よりも信仰を教えたこと、また主を愛したこと、十字架〔刑〕を被ったので、彼を小羊と呼んで、また恵みの座と。

praeter similia alia, per quae inducunt fidem quod ipsa Ecclesia Christiana apud illos sit. ほかに同様の他のもの、それらによって信仰をひき起こす、キリストの教会そのものは彼らのもとにあること。

Illi qui a blandiloquiis illorum captati accedunt, explorantur ab illis num tales sint ut illis arcana sua detegere ausint; 彼らは、その者は彼らの快い会話により捕えられて近づく、彼らにより調べられる、このような者であるかどうか、彼らに自分たちの秘義をあえて明かすことをするような。

si non, celant illa, et si possint, revelant; もし〔そうで〕ないなら、それらを隠しておく、またもしできるなら、啓示する(示す)

et tunc monent, et quoque minantur illis, qui arcanum illorum de Domino evulgant. またその時、警告する、そしてまた彼らに威嚇される、その者は主について彼らの秘義を公けにする。

 

(3) 訳文

86. ヘレンフート派とも呼ばれるモラヴィア教徒と、私は多くのことを話した。

 彼らは、最初、ユダヤ人から遠くない谷間の中に見られた。その後、調べられ、あばかれ、人の住んでいない場所の中に追放された。

 調べられた時、使徒教会の残りの者であったことを言って、巧みにアニムス()捕えることを知っていた、またそれゆえ、互いに兄弟として、彼らの内的な秘義を受け入れる女たちを母をとして、挨拶するなおまた、他の者よりも信仰を教え、また主を、十字架〔刑〕を被ったので、彼を小羊と呼んで、また恵みの座と〔して〕愛した。ほかに同様の他のもので、それらによってキリストの教会そのものが彼らのもとにあることの信仰をひき起こす。

 彼らの快い会話により捕えられて近づく者は、彼らに自分たちの秘義をあえて明かすことをするような者であるかどうか〔調べる者に〕よって調べられる。もし〔そうで〕ないなら、それら〔秘義〕を隠しておく、またもしできる〔ものである〕なら、示す。またその時、警告する、そしてまた主について彼らの秘義を公けにする者は威嚇される。

 

(1) 原文

87. Quoniam similiter fecerunt in mundo spirituali, et tamen perceptum est quod interius non ita cogitarent, ut hoc detegeretur, intromissi sunt in caelum ultimum; sed non sustinuerunt sphaeram charitatis et inde fidei angelorum ibi, et aufugerunt. Postea quia crediderunt in mundo, quod illi soli vivi essent, et in caelum tertium venturi, etiam in illud caelum sublati sunt; sed cum perceperunt sphaeram amoris in Dominum ibi, correpti sunt angore cordis, ac inceperunt interius cruciari, et convulsivos motus agere sicut qui in {1}angore mortis sunt, quare se inde praecipites dejecerunt. Per haec primum manifestatum est, quod nihil charitatis erga proximum, et nihil amoris in Dominum intus foverent. Deinde missi sunt ad illos, quibus munus explorandi interiora cogitationum injunctum est; et ab illis dictum est, quod Dominum vilipendant, charitatis vitam ita rejiciant ut {2}illam abhorreant, et quod Verbum Veteris Testamenti inutile faciant, ac Verbum Evangelistarum contemnant; solum ex beneplacito ex Paulo desumant ubi aliquid de sola fide dicitur; et quod haec sint arcana illorum quae pro mundo celant.

@1 angore pro "angone," nisi praetuleris agone. @2 illam pro "illum"

 

(2) 直訳

87. Quoniam similiter fecerunt in mundo spirituali, et tamen perceptum est quod interius non ita cogitarent, ut hoc detegeretur, intromissi sunt in caelum ultimum; 彼らは霊界の中で同様に行なったので、またそれでも知覚された、内的にそのように考えていなかったこと、このことが明らかにされるために、最外部の天界の中に入れられた。

sed non sustinuerunt sphaeram charitatis et inde fidei angelorum ibi, et aufugerunt. しかし、そこに天使の仁愛とここから信仰のスフェアに耐えなかった、また逃げ去った。

Postea quia crediderunt in mundo, quod illi soli vivi essent, et in caelum tertium venturi, etiam in illud caelum sublati sunt; その後、世の中で信じていたので、彼らだけが生きていること、また第三の天界の中にやって来ること、さらにまたその天界の中に上げられる。

sed cum perceperunt sphaeram amoris in Dominum ibi, correpti sunt angore cordis, ac inceperunt interius cruciari, et convulsivos motus agere sicut qui in {1}angore mortis sunt, quare se inde praecipites dejecerunt. しかし、そこに主への愛のスフェアを知覚したとき、心の苦悶に襲われた、そして内的に苦しめられることが始まった、また死の苦しみの中にいる者のように痙攣の動きを起こすこと、それゆえ、自分自身をここから絶壁で投げ落とした。

Per haec primum manifestatum est, quod nihil charitatis erga proximum, et nihil amoris in Dominum intus foverent. これらによって、最初に(初めて)、明らかにされた、隣人に対する仁愛を何も、また主への愛を何も抱いていなかったこと。

Deinde missi sunt ad illos, quibus munus explorandi interiora cogitationum injunctum est; その後、彼らへ送られる、それらの者により内的な思考の調べる役目が負わされる。

et ab illis dictum est, quod Dominum vilipendant, charitatis vitam ita rejiciant ut {2}illam abhorreant, et quod Verbum Veteris Testamenti inutile faciant, ac Verbum Evangelistarum contemnant; また、彼らから言われた、主をさげすんでいること、仁愛の生活をそのように退ける、それを忌み嫌うように、また旧約のみことばを役に立たないものにすること、そして、福音記者のみことばを軽蔑する。

solum ex beneplacito ex Paulo desumant ubi aliquid de sola fide dicitur; 単に意のままに、パウロから選び出す、そこに何らかのものを、信仰のみについて言われている。

et quod haec sint arcana illorum quae pro mundo celant. またそれらが彼らの秘義であること、それらを世のために隠しておく。

@1 angore pro "angone," nisi praetuleris agone. 注1 "angone "の代わりにangore、もしあなたがagoneを優先させないなら。〔☆angoneagoneとは何でしょうか? このようなことばはなく、単なるミスプリ?〕

@2 illam pro "illum" 注2  "illum"の代わりにillam

 

(3) 訳文

87. 彼らは霊界の中で同様に行ない、またそれでも、内的にそのように考えていなかったことが知覚されたので、このことが明らかにされるために、最外部の天界の中に入れられた。しかし、そこの天使の仁愛とここからの信仰のスフェアに耐えられないで、逃げ去った。

 その後、世の中で、彼らだけが生きていること、また第三の天界の中にやって来ることを信じていたので、その天界の中にもまた上げられる。しかし、主への愛のスフェアをそこに知覚したとき、心の苦悶に襲われ、そして内的に苦しめられることが、また死の苦しみの中にいる者のように痙攣の動きを起こすことが始まった、それゆえ、自分自身をここから絶壁〔からかのように〕投げ落とした。

 これらによって、初めて、隣人に対する仁愛を何も、また主への愛を何も抱いていなかったがこと明らかにされた。

 その後、内的な思考を調べる役目を課せられた者へ送られる。また、その者たちから、「主をさげすんでいる、仁愛の生活を忌み嫌うかのように退ける、また旧約のみことばを役に立たないものにしている、そして、福音記者のみことばを軽蔑している、単に意のままに、パウロから、そこに信仰のみについて言われている何らかのものを選び出し、それらが彼らの秘義であり、それらを世のために隠しておく」と言われた。

author:yasubee, category:原典講読『続 最後の審判』, 00:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『続 最後の審判』 83,84,85
 

[XII.]

DE QUAQUERIS IN MUNDO SPIRITUALI.

霊界の中のクエーカーについて

 

(1) 原文

83. Sunt enthusiastici spiritus, separati ab omnibus aliis, tam obesae naris, ut credant se Spiritum Sanctum esse. Hi, cum Quaquerianismus incepit, sicut extracti sunt e silvis circumcirca ubi errarunt, ac {1}obsederunt plures, et infuderunt persuasionem quod a Spiritu Sancto agerentur; et quia sensu perceperunt influxum, religiosum istud ita occupavit illos totos, ut crederent se prae reliquis illustratos et sanctos; quare etiam a religioso suo non abduci potuerunt. Illi qui se confirmaverunt in illo, in similem enthusiasmum veniunt post mortem, ac separantur a reliquis, et ablegantur in silvas ad similes, ubi e longinquo apparent sicut sues silvestres. Illi autem qui se non confirmaverunt, separati ab aliis amandantur in locum similem deserto, qui est in ultimis plagae meridionalis, ubi speluncae sunt templa eorum.

@1 obsederunt pro "obsiderunt"

 

(2) 直訳

83. Sunt enthusiastici spiritus, separati ab omnibus aliis, tam obesae naris, ut credant se Spiritum Sanctum esse. 狂信的な霊たちがいる、他のすべての者から分離されて、自分が「聖霊」であることを信じるような、これほどに鈍い鼻☆。

この「鈍い鼻」について、チャドウイックの英訳書の注に「この句は最終的にローマの詩人ホラティウスにさかのぼる」とあります(『エポード』12:3)。意味は「鈍感」。

Hi, cum Quaquerianismus incepit, sicut extracti sunt e silvis circumcirca ubi errarunt, ac {1}obsederunt plures, et infuderunt persuasionem quod a Spiritu Sancto agerentur; これらの者は、クエーカー派が始まったとき、森から引き出されたように、周囲をそこにうろついていた、そして多くの者に取りついた、また信念を注ぎこんだ、「聖霊」から働きかけられていること。

et quia sensu perceperunt influxum, religiosum istud ita occupavit illos totos, ut crederent se prae reliquis illustratos et sanctos; また感覚で〔その〕流入を知覚したので、その宗教的信念をそのようにつかみ取った、それらの全部を、自分が他の者よりも照らされている者また聖なる者と信じるような。

quare etiam a religioso suo non abduci potuerunt. それゆえ、自分の宗教的信念からもまた導き出されることができなかった。

Illi qui se confirmaverunt in illo, in similem enthusiasmum veniunt post mortem, ac separantur a reliquis, et ablegantur in silvas ad similes, ubi e longinquo apparent sicut sues silvestres. 彼らは、その者は自分自身にそれらの中に確信した、死後、似た狂信の中にやって来る、そして、他の者から分離される、また森の中の似た者〔のところ〕へ追放される、そこに遠くから森のブタのように見える。

Illi autem qui se non confirmaverunt, separati ab aliis amandantur in locum similem deserto, qui est in ultimis plagae meridionalis, ubi speluncae sunt templa eorum. けれども、彼らは、自分自身に確信しなかった者、他の者から分離され、砂漠(荒野)に似た場所の中に追放される、それは南の方位の最も遠く離れた中にある、そこに洞窟が彼らの神殿である。

@1 obsederunt pro "obsiderunt" 注1 "obsiderunt"の代わりにobsederunt(☆この「注」の意味がよくわかりません、obsideruntのままでよいと思いますが?)

 

(3) 訳文

83. 他のすべての者から分離され、自分が「聖霊」であることを信じるような、これほどに鈍い鼻☆の狂信的な霊たちがいる。

 これらの者は、クエーカー派が始まったとき、森から引き出されたかのように、そこの周囲をうろついていた、そして多くの者に取りき、「聖霊」から働きかけられているという信念を注ぎこんだ。また感覚で〔その〕流入を知覚したので、その宗教的信念をそれらの全部を、自分が他の者よりも照らされている者また聖なる者と信じるかのように、つかみ取った。それゆえ、自分の宗教的信念からもまた導き出されることができなかった。

 彼らは、自分自身にそれらのを確信した者は、死後、似た狂信の中にやって来る、そして、他の者から分離され、また森の中の似た者〔のところ〕へ追放され、そこに、遠くから森のブタのように見える。

 けれども、自分自身に確信しなかった者は、他の者から分離され、南の方位の最も遠く離れた中にある荒野に似た場所の中に追放され、そこに、洞窟が彼らの神殿である。

 

この「鈍い鼻」について、チャドウイックの英訳書の注に「この句は最終的にローマの詩人ホラティウスにさかのぼる」とあります(『エポード』12:3)。意味は「鈍感」。

 

(1) 原文

84. Postquam priores spiritus enthusiastici ab illis remoti sunt, tremor qui ab illis invasit corpus illorum, cessavit, et nunc motionem ad sinistrum sentiunt. Ostensum est, quod a primo tempore successive abiverint in pejora, et tandem in nefaria ex mandato spiritus sancti illorum, quae nulli propalant. Locutus sum cum Instauratore religiosi illorum, et cum Penn, qui dixerunt quod in talibus nullam partem habeant. Sed illi qui talia patrarunt, post mortem demittuntur in locum tenebricosum, et sedent in angulis, apparentes sicut amurcae.

 

(2) 直訳

84. Postquam priores spiritus enthusiastici ab illis remoti sunt, tremor qui ab illis invasit corpus illorum, cessavit, et nunc motionem ad sinistrum sentiunt. 前の狂信的な霊が彼らから遠ざけられた後で、震え☆が、それは彼ら()により彼らの身体を侵入した、終わりになった、また今や、左に動くことを感じる。

クエーカー(Quaker)はジョージ・フォックス創始のイギリスの宗派。「主のことばに震える」ことからつけられた俗称。当人たちは「フレンド会」と称している。初期のフレンド会では会合で身体を震わせた。

Ostensum est, quod a primo tempore successive abiverint in pejora, et tandem in nefaria ex mandato spiritus sancti illorum, quae nulli propalant. 示された、最初の時から継続的にさらに悪いものの中にはずれたこと、また最後に、彼らの聖なる霊の命霊から邪悪なものの中に、それらを決して公けにしない。

Locutus sum cum Instauratore religiosi illorum, et cum Penn, qui dixerunt quod in talibus nullam partem habeant. 私は彼らの宗教の創始者と話した、またペン☆と、その者たちは言った、このようなものの中に、何も部分を持っていないこと。

ウィリアム・ペンである、ペンシルヴェニア(ペンの森)彼の名前に因んでいる。

Sed illi qui talia patrarunt, post mortem demittuntur in locum tenebricosum, et sedent in angulis, apparentes sicut amurcae. しかし、彼らは、その者はそのようなものを遂行した、死後、暗い場所の中に下ろされる、また隅の中に座る、油かすのように見られて。

 

(3) 訳文

84. 前の狂信的な霊が彼らから遠ざけられた後で、彼ら()により彼らの身体を侵入した震え☆1が、とまった、また今や、左側に動きを感じている。

 最初の時から継続的にさらに悪いものの中に、また最後に、彼らの聖なる霊の命霊から邪悪なものの中にはずれたこと、それらを決して公けにしないことが示された。

 私は彼らの宗教の創始者とまたペン☆2と話した、その者たちは、〔自分たちは〕このようなものの中に何の部分も持っていない、と言った。

 しかし、そのようなものを遂行した者は、死後、暗い場所の中に下ろされる、また油かすのように見られて、隅の中に座る。

 

1 クエーカー(Quaker)はジョージ・フォックス創始のイギリスの宗派。「主のことばに震える」ことからつけられた俗称。当人たちは「フレンド会」と称している。初期のフレンド会では会合で身体を震わせた。

2 ウィリアム・ペンである、ペンシルヴェニア(ペンの森)彼の名前に因んでいる。

 

(1) 原文

85. Quoniam rejecerunt bina sacramenta, Baptismum et Sacram Cenam, et usque legunt Verbum, et praedicant Dominum, et obsessi a spiritibus enthusiasticis loquuntur, et sic commiscent sancta Verbi profanatis veris, ideo nulla societas formatur ex illis in mundo spirituali; sed postquam dissociati errarunt huc illuc, disparantur, et in supradicto deserto colliguntur.

 

(2) 直訳

85. Quoniam rejecerunt bina sacramenta, Baptismum et Sacram Cenam, et usque legunt Verbum, et praedicant Dominum, et obsessi a spiritibus enthusiasticis loquuntur, et sic commiscent sancta Verbi profanatis veris, ideo nulla societas formatur ex illis in mundo spirituali; 二つの礼典を退けるので、洗礼と聖餐、またそれでもみことばを読む、また主を宣べ伝える、狂信的な霊により取りつかれて話す、またこのようにみことばの聖なるものを混ぜる☆真理の冒涜的なもので、それゆえ、霊界の中で、彼らからどんな社会も形成されない。

『スヴェーデンボリ レキシコン』の見出し語commisceo(これが正しい)にミスがありました、そこのiを削除してください。

sed postquam dissociati errarunt huc illuc, disparantur, et in supradicto deserto colliguntur. しかし、引き離された後に、あちらこちらにうろつく、追い散らされる、また上述の砂漠(荒野)の中に集められる。

 

(3) 訳文

85. 洗礼と聖餐の二つの礼典を退け、またそれでもみことばを読み、主を宣べ伝えるので、狂信的な霊に取りつかれて話す、またこのようにみことばの聖なるものに真理の冒涜的なものを混ぜる、それゆえ、霊界の中で、彼らからどんな社会も形成されない。しかし、引き離された後に、あちらこちらにうろつき、追い散らされ、また前述の荒野の中に集められる。

author:yasubee, category:原典講読『続 最後の審判』, 23:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『続 最後の審判』 81,82
 

(1) 原文

81. Negotiantur in illo mundo sicut in priori cum variis, imprimis cum lapidibus pretiosis, quos sibi per vias incognitas comparant e caelo, ubi lapides pretiosi in copia sunt. Quod negotiatio illis cum lapidibus pretiosis sit est quia Verbum in sua originali lingua legunt, et sensum litterae ejus sanctum habent, ac lapides pretiosi sensui litterae Verbi correspondent; de qua correspondentia videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 42-45). Vendunt illos gentilibus, qui circum illos in plaga septentrionali sunt. Possunt etiam arte parare similes, ac phantasiam inducere quod genuini sint; sed hi a suis praefectis severe mulctantur.

 

(2) 直訳

81. Negotiantur in illo mundo sicut in priori cum variis, imprimis cum lapidibus pretiosis, quos sibi per vias incognitas comparant e caelo, ubi lapides pretiosi in copia sunt. その世界の中で前の〔世界の〕中のようにいろいろなものについて商売をする、特に宝石について、それらを自分自身に知られていない道を通って(方法によって)天界から獲得する、そこに宝石が大量にある。

Quod negotiatio illis cum lapidibus pretiosis sit est quia Verbum in sua originali lingua legunt, et sensum litterae ejus sanctum habent, ac lapides pretiosi sensui litterae Verbi correspondent; 彼らに宝石についての商売があるのは、みことばを自分の原語で呼んでいるからである、またその文字どおりの意味を、聖なるものを持っている、そして宝石はみことばの霊的な意味に対応する。

de qua correspondentia videatur in Doctrina Novae Hierosolymae de Scriptura Sacra (n. 42-45). その対応については『新しいエルサレムの教え 聖書について』(42-45)の中に見られる。

Vendunt illos gentilibus, qui circum illos in plaga septentrionali sunt. それらを異教徒たちに売る、その者は彼らの周囲に、北の方位の中にいる。

Possunt etiam arte parare similes, ac phantasiam inducere quod genuini sint; さらにまた技術で似たものを得ることができる、そして幻想をひき起こすこと、本物であること。

sed hi a suis praefectis severe mulctantur. しかし、これらの者は自分たちの統治者からきびしく罰せられる。

 

(3) 訳文

81. その世界の中で前の〔世界の〕中のようにいろいろなものについて、特に宝石について商売をする、宝石が大量にある天界からそれらを知られていない方法によって 自分自身に獲得する。

 彼らが宝石の商売をするのは、みことばを自分の原語で呼んでいる、またその文字どおりの意味を聖なるものとしている、そして宝石はみことばの霊的な意味に対応するからである。その対応については『新しいエルサレムの教え 聖書について』(42-45)の中に見られる。それらを北の方位の中に、その周囲にいる異教徒たちに売る。

 さらにまた技術で似たものを得て、そして本物である幻想をひき起こすことができる。しかし、これらの者は自分たちの統治者からきびしく罰せられる。

 

(1) 原文

82. Judaei prae aliis non sciunt quod in mundo spirituali sint, sed credunt quod adhuc in mundo naturali; causa est, quia prorsus externi homines sunt, et non aliquid de religione sua cogitant ex interiori; quare etiam loquuntur similiter de Messia sicut prius, ut quod venturus sit cum Davide, et fulgens diadematibus praeiturus illis, ac introducturus illos in terram Canaanem, et in via, elevatione baculi, exsiccaturus fluvios quos transibunt; et quod Christiani, quos inter se Gentes vocant, tunc alas vestium illorum arrepturi, suppliciter orantes ut liceat comitari, et quod recepturi divites secundum copias, et quod etiam hi illis servituri sint: non volentes scire, quod in Verbo per "Terram Canaanem" intelligatur ecclesia, per "Hierosolymam" illa quoad doctrinam, et inde per "Judaeos" omnes illi qui ab ecclesia Domini erunt: quod hi per "Judaeos" in Verbo intelligantur, videatur in Doctrina de Scriptura Sacra (n. 51). Cum interrogantur num credant se etiam in Terram Canaanem venturos esse, dicunt quod tunc descensuri. Cum dicitur, quod terra illa non possit capax esse omnium, respondent quod tunc ampliabitur. Cum dicitur, quod non sciant ubi Bethlechem, et quisnam ex stirpe Davidis, respondent quod venturus Messias id sciat. Cum dicitur, quomodo Messias Filius Jehovae potest habitare cum tam malis, respondent quod non mali sint: cum dicitur quod usque Moses in Cantico suo (Deutr. xxxii.) describat illos, et dicat quod pessimi sint, respondent quod Moses tunc iratus fuerit quod discederent: at cum dicitur quod Moses id scripserit ex mandato Jehovae, tunc tacent, et abeunt consultaturi. Cum dicitur, quod ortus illorum sit ex Canaanitide, et ex scortatione Judae cum nuru sua (Genes. xxxviii.), irascuntur, dicentes, quod satis sit quod ex Abrahamo sint. Cum dicitur illis, quod interius in Verbo sensus spiritualis sit, qui agit de solo Christo, respondent quod non ita sit, sed quod interius in Verbo non sit, nisi quam aurum: praeter similia plura.

 

(2) 直訳

82. Judaei prae aliis non sciunt quod in mundo spirituali sint, sed credunt quod adhuc in mundo naturali; ユダヤ人は他の者よりも、霊界の中にいることを知らない、しかし、信じている、依然として自然界の中に〔いる〕こと。

causa est, quia prorsus externi homines sunt, et non aliquid de religione sua cogitant ex interiori; 理由がある、まったく外なる人間であるから、また自分の宗教的信念について内的なものから何らかのものを考えない。

quare etiam loquuntur similiter de Messia sicut prius, ut quod venturus sit cum Davide, et fulgens diadematibus praeiturus illis, ac introducturus illos in terram Canaanem, et in via, elevatione baculi, exsiccaturus fluvios quos transibunt; それゆえ、メシアについて前のように同様に話す、例えば、ダビデとやって来ること、また輝くダイヤモンドで彼らに先立って行く、そして彼らをカナンの地の中へ導く、また途中で、杖を持ち上げて、川を干上がらせ、渡る。

et quod Christiani, quos inter se Gentes vocant, tunc alas vestium illorum arrepturi, suppliciter orantes ut liceat comitari, et quod recepturi divites secundum copias, et quod etiam hi illis servituri sint: またキリスト教徒たちは、彼らを自分たちの間で異教徒と呼ぶ、その時、彼らの衣服のすそをつかむ、嘆願して祈って、同行することが許されるように、富んだ者を量にしたがって受け入れ、また、これらの者もまた彼らに仕えること。

non volentes scire, quod in Verbo per "Terram Canaanem" intelligatur ecclesia, per "Hierosolymam" illa quoad doctrinam, et inde per "Judaeos" omnes illi qui ab ecclesia Domini erunt: 知ることを欲しないで、みことばの中で「カナンの地」によって教会が意味されること、その「エルサレム」によって教えに関する〔教会〕、またここから「ユダヤ人」によって彼らすべての者が、その者は主の教会からの者である(なる)

quod hi per "Judaeos" in Verbo intelligantur, videatur in Doctrina de Scriptura Sacra (n. 51). これらの者がみことばの中の「ユダヤ人」によって意味されることは、『聖書についての教え』(51)の中に見られる。

Cum interrogantur num credant se etiam in Terram Canaanem venturos esse, dicunt quod tunc descensuri. 質問されるとき、自分たちもまたカナンの地にやって来ることを信じているかどうか、その時、降りて行くことを言う。

Cum dicitur, quod terra illa non possit capax esse omnium, respondent quod tunc ampliabitur. 言われるとき、その地はすべての者の()収容できないこと、その時、拡大されることを答える。

Cum dicitur, quod non sciant ubi Bethlechem, et quisnam ex stirpe Davidis, respondent quod venturus Messias id sciat. 言われるとき、どこにベツレヘムがあるか、またいったいだれがダビデの根(切り株)ら〔の者である〕か知らないこと、来るべきメシアがそれを知っていることを答える。

Cum dicitur, quomodo Messias Filius Jehovae potest habitare cum tam malis, respondent quod non mali sint: 言われるとき、どのようにエホバの子であるメシアがこれほどに悪い者と住むことができるのか、〔自分たちは〕悪い者ではないことを答える。

cum dicitur quod usque Moses in Cantico suo (Deutr. xxxii.) describat illos, et dicat quod pessimi sint, respondent quod Moses tunc iratus fuerit quod discederent: 言われるとき、それでもモーセは自分の歌の中で(申命記第32)、彼らを述べたこと、また最も悪い者であることを言っている、モーセは、その時、怒っていたことを答える、分かれることを。

at cum dicitur quod Moses id scripserit ex mandato Jehovae, tunc tacent, et abeunt consultaturi. しかし、言われるとき、モーセはそれをエホバの命令から書いたこと、その時、黙る、また相談する〔ために〕立ち去る。

Cum dicitur, quod ortus illorum sit ex Canaanitide, et ex scortatione Judae cum nuru sua (Genes. xxxviii.), irascuntur, dicentes, quod satis sit quod ex Abrahamo sint. 言われるとき、彼らの起源がカナン人からであること、またユダの淫行から、自分の息子の妻()との(創世記第38)、怒る、言って、十分であること、アブラハムから〔の出〕であること。

Cum dicitur illis, quod interius in Verbo sensus spiritualis sit, qui agit de solo Christo, respondent quod non ita sit, sed quod interius in Verbo non sit, nisi quam aurum: 彼らに言われるとき、みことばの中に内的に霊的な意味があること、それはキリストおひとりを扱っている、そのようではないことを答える、しかし、みことばの中に内的にないこと、金(きん)以外でないなら。

praeter similia plura. ほかに同様の多くのこと。

 

(3) 訳文

82. ユダヤ人は、霊界の中にいることを他の者よりも知らない、しかし、依然として自然界の中に〔いる〕こと信じている。その理由は、まったく外なる人間であり、また自分の宗教的信念について何らかのものを内的なものから考えないからである。それゆえ、メシアについて前のように同様に話す、例えば、ダビデとやって来て、〔ダビデは〕輝くダイヤモンドで彼らに先立って行き、そして彼らをカナンの地の中へ導き、また途中で、杖を持ち上げて、川を干上がらせて、渡ることである。また自分たちの間で異教徒と呼ぶキリスト教徒たちが、その時、自分たち衣服のすそをつかみ、、同行することが許されるように嘆願して祈り、富んだ者を〔所有する〕量にしたがって受け入れ、また、これらの者もまた彼らに仕えることである――みことばで「カナンの地」によって教会が、その「エルサレム」によって教えに関する教会が、またここから「ユダヤ人」によって主の教会からの者であるすべての者が意味されることを知ろうとしない。これらの者がみことばの中の「ユダヤ人」によって意味されることは、『聖書についての教え』(51)の中に見られる。

 あなたがたもまたカナンの地にやって来ることを信じているかどうか、と質問されるとき、その時、降りて行く、と言う。

 その地はすべての者収容できない、と言われるとき、その時、拡大される、と答える。

 どこにベツレヘムがあるのか、またダビデの根らの者とはいったいだれがであるのか知らない、〔のではないか〕と言われるとき、来るべきメシアがそれを知っている、と答える。

 エホバの子であるメシアがこれほどに悪い者とどのようにして住むことができるのか、と言われるとき、〔自分たちは〕悪い者ではない、と答える――

それでもモーセは自分の歌の中で彼らを述べ(申命記第32)、また最も悪い者である、と言っている、と言われるとき、モーセは、その時、死別することを怒っていた、と答える、しかし、モーセはそれをエホバの命令から書いた、と言われるとき、その時、黙り、相談する〔ために〕立ち去る。

 彼らの起源がカナン人からであること、また自分の息子の妻とのユダの淫行からであること(創世記第38)が言われるとき、アブラハムから〔の出〕であるれば十分である、と言って、怒る。

 彼らに、みことばの中に内的に霊的な意味があり、それはキリストおひとりを扱っている、と言われるとき、そのようではない、しかし、金(きん)以外でないなら、みことばの中に内的に〔何も〕ない、と答える。ほかに同様の多くのこと。

author:yasubee, category:原典講読『続 最後の審判』, 23:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『続 最後の審判』 79,80
 

[XI.]

DE JUDAEIS IN MUNDO SPIRITUALI.

霊界の中のユダヤ人について

 

(1) 原文

79. Judaei ante ultimum judicium ad latus sinistrum meditullii Christiani in valle ibi apparuerunt; post illud autem translati sunt in septentrionem, et interdictum est commercium cum Christianis, nisi cum vagis extra urbes. Sunt in illa plaga binae magnae urbes, in quas Judaei post mortem deducuntur, quas ante judicium vocaverunt Hierosolymas, sed post illud alio nomine; quia post judicium per "Hierosolymam" intellecta est ecclesia in qua Dominus solus adoratur. Praeficiuntur illis in suis urbibus Judaei conversi, qui monent illos ne contumeliose loquantur de Christo; et puniunt qui usque id faciunt. Plateae urbium illarum sunt oppletae caeno usque ad talos, et domus immundis, a quibus etiam olent; propter quae non adiri possunt.

 

(2) 直訳

79. Judaei ante ultimum judicium ad latus sinistrum meditullii Christiani in valle ibi apparuerunt; ユダヤ人たちは最後の審判の前にキリスト教徒たちの中央の左側に、谷間の中に見られた。

post illud autem translati sunt in septentrionem, et interdictum est commercium cum Christianis, nisi cum vagis extra urbes. けれども、その後、北に移された、またキリスト教徒との伝達(交通)禁じられた、都の外で歩き回る者とでないなら。

Sunt in illa plaga binae magnae urbes, in quas Judaei post mortem deducuntur, quas ante judicium vocaverunt Hierosolymas, sed post illud alio nomine; その方位の中に二つの大きな都がある、それらの中に、ユダヤ人は、死後、導かれる、それを審判の前、エルサレムと呼んだ、しかし、その後、他の名前で。

quia post judicium per "Hierosolymam" intellecta est ecclesia in qua Dominus solus adoratur. 審判後、「エルサレム」によって教会が意味されるから、その中で主おひとりが崇拝される。

Praeficiuntur illis in suis urbibus Judaei conversi, qui monent illos ne contumeliose loquantur de Christo; 回心したユダヤ人の自分の都の中に、彼らに長()じられる、その者は彼らを警告する、キリストについて侮辱して話さないように。

et puniunt qui usque id faciunt. また、罰する、その者はそれでもそのことをする。

Plateae urbium illarum sunt oppletae caeno usque ad talos, et domus immundis, a quibus etiam olent; 彼らの都の街路は、くるぶしまでの汚物(どろ)で満ちている、また家は不潔なもので、さらにまたそれらから悪臭を放つ。

propter quae non adiri possunt. それらのために近づくことができない。

 

(3) 訳文

79. ユダヤ人は、最後の審判の前にキリスト教徒たちの中央の左側に、谷間の中に見られた。けれども、その後、北に移され、都の外で歩き回る者とでないならキリスト教徒との伝達禁じられた。

 その方位の中に二つの大きな都がある、それらの中にユダヤ人は、死後、導かれ、それを審判の前、エルサレムと呼んだ、しかし、その後、他の名前で呼んだ。審判後、「エルサレム」によって、その中で主おひとりが崇拝される教会が意味されるからである。

回心したユダヤ人の自分の都の中で、彼らに長が任じられる、その者は彼らを、キリストについて侮辱して話さないように警告する。また、それでもそのことをする者を罰する。

 彼らの都の街路は、くるぶしまでのどろで、また家は不潔なもので満ちている、さらにまたそれらから悪臭が放たれている。それらのために近づくことができない。

 

(1) 原文

80. Apparet illis aliquoties angelus supra, in media altitudine, cum baculo in manu; et dat credere quod sit Moses, ac hortatur ut desistant a vesania de exspectatione Messiae etiam ibi, quia Messias est Christus, qui illos et omnes regit; et quod ipse id sciat, et quoque aliquid de Ipso sciverit cum in mundo fuit: quibus auditis recedunt; et maxima pars obliviscuntur, et pauci retinent; et qui retinent, mittuntur ad synagogas, quae sunt ex conversis, ac instruuntur; et illis qui instructi recipiunt, dantur novae vestes pro laceris, in quibus prius fuerunt, et datur Verbum nitide scriptum, tum habitatio in urbe non indecora. Illi autem qui non recipiunt, dejiciuntur in inferna sub magno illorum tractu, et multi in silvas et in deserta, ubi agunt inter se latrocinia.

 

(2) 直訳

80. Apparet illis aliquoties angelus supra, in media altitudine, cum baculo in manu; 数回、彼らに天使が見られる、上方に、中間の高さに、手の中に杖とともに。

et dat credere quod sit Moses, ac hortatur ut desistant a vesania de exspectatione Messiae etiam ibi, quia Messias est Christus, qui illos et omnes regit; また、信じることを可能にする、モーセであること、そしてメシアの期待について狂気から離れる(断念する)ように勧める(促す)そこにもまた、キリストはメシアであるので、その者は彼らとすべての者を支配する。

et quod ipse id sciat, et quoque aliquid de Ipso sciverit cum in mundo fuit: またその者自身がそのことを知っていること☆、そしてまたその方について世にいたとき知っていた。

ここは「言葉足らず」の表現のようです、意訳します。

quibus auditis recedunt; 聞いた者たちは去った。

et maxima pars obliviscuntur, et pauci retinent; また最大の部分()は忘れる、またわずかな者が心に留める。

et qui retinent, mittuntur ad synagogas, quae sunt ex conversis, ac instruuntur; また、心に留めた者は、シナゴーグ(ユダヤ教会堂)へ送られる、それは回心した者からである、そして教えられる。

et illis qui instructi recipiunt, dantur novae vestes pro laceris, in quibus prius fuerunt, et datur Verbum nitide scriptum, tum habitatio in urbe non indecora. また彼らに、その者は教えられて受け入れる、ぼろぼろの〔衣服の〕代わりに新しい衣服を与えられる、最初、それらの中にいた、またこぎれいに書かれたみことばを与えられる、なおまた都の中に住居を、見苦しいものでない。

Illi autem qui non recipiunt, dejiciuntur in inferna sub magno illorum tractu, et multi in silvas et in deserta, ubi agunt inter se latrocinia. けれども、彼らは、その者は受け入れなかった、彼らの大きな地域の下の地獄の中へ投げ落とされる、また多くの者は森の中と荒野(砂漠)の中に、そこで自分たちの間で強盗を働く。

 

(3) 訳文

80. ときどき、彼らに天使が、上方、中間の高さに、手の中に杖とともに見られる。また、モーセである、と信じることを可能にし、そしてそこでもまたメシアを期待する狂気から離れるように促す、キリストは彼らとすべての者を支配するメシアであるからである。また〔そのことを聞いた〕その者自身がそのことを知っている、そしてまたその方について世にいたとき知っていた〔と言った〕。聞いた者たちは去った。また最大の部分(の者)は忘れ、わずかな者が心に留める。心に留めた者は、回心した者からのシナゴーグ(ユダヤ教会堂)へ送られ、そして教えられる。また教えられて、受け入れた者に、ぼろぼろの〔衣服の〕代わりに、最初、それらの中にいたが、新しい衣服が、またこぎれいに書かれたみことばが与えられ、なおまた都の中に見苦しくない住居を与えられる。

 けれども、受け入れなかった者は、彼らの大きな地域の下の地獄の中へ投げ込まれる、また多くの者は森や荒野の中に〔送られ〕、そこで自分たちの間で強盗を働く。

author:yasubee, category:原典講読『続 最後の審判』, 22:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『続 最後の審判』 77,78
 

(1) 原文

77. Cum locutus sum cum Africanis in mundo spirituali, apparuerunt in vestibus striatis ex lino: dicebant quod tales vestes illis correspondeant, et quod mulieribus illorum vestes striatae ex serico. Narrabant de infantibus illorum, quod frequenter ab educatricibus quaerant cibum, dicentes se esurire, et cum apponuntur cibi, inspectant et gustant num concordent, et parum edunt; ex quibus patet, quod esuritio spiritualis, quae est desiderium sciendi genuina vera, hoc operetur; est enim correspondentia. Cum volunt scire in quo statu quoad affectionem et perceptionem veri sunt, extrahunt enses, qui si nitent, sciunt quod in genuinis veris sint, et hoc secundum nitorem ejus; est quoque hoc ex correspondentia. De conjugio dixerunt, quod illis quidem liceat ex lege sua plures uxores ducere, sed quod usque ducant unam, quia amor vere conjugialis non est dividuus; si dividitur, perit essentia ejus, quae est caelestis; et fit externus et inde lascivus, qui brevi secundum diminutionem potentiae vilescit, et demum cum jactura ejus fastiditur; amor autem vere conjugialis, qui est internus; et nihil trahit ex lascivia, manet in aeternum, ac crescit potentia, et in simili gradu delicio.

 

(2) 直訳

77. Cum locutus sum cum Africanis in mundo spirituali, apparuerunt in vestibus striatis ex lino: 私は霊界の中でアフリカ人と話したとき、亜麻布から〔できた〕縞のある衣服で見られた。

dicebant quod tales vestes illis correspondeant, et quod mulieribus illorum vestes striatae ex serico. 彼らは言った、これらの衣服が彼らに対応していること、また彼らの女たちに絹から〔できた〕縞のある衣服が。

Narrabant de infantibus illorum, quod frequenter ab educatricibus quaerant cibum, dicentes se esurire, et cum apponuntur cibi, inspectant et gustant num concordent, et parum edunt; 彼らの幼児たちについて語った、しばしば、子供を育てる女から食物を求める、自分自身が空腹であることを言って、また食物が出されるとき、一致しているかどうか眺める、また味わう、また少し食べる。

ex quibus patet, quod esuritio spiritualis, quae est desiderium sciendi genuina vera, hoc operetur; それらから明らかである、霊的な飢えが、それは純粋な真理を知ろうとする願いである、これが生み出される。

est enim correspondentia. というのは、対応があるから。

Cum volunt scire in quo statu quoad affectionem et perceptionem veri sunt, extrahunt enses, qui si nitent, sciunt quod in genuinis veris sint, et hoc secundum nitorem ejus; 真理の情愛と知覚に関してその状態の中にいる〔こと〕を知ることを欲するとき、剣を引き出す、それがもし輝いているなら、純粋な真理の中にいることを知る、またこのことはその輝きにしたがって。

est quoque hoc ex correspondentia. このこともまた対応からである。

De conjugio dixerunt, quod illis quidem liceat ex lege sua plures uxores ducere, sed quod usque ducant unam, quia amor vere conjugialis non est dividuus; 結婚について彼らは言った、彼らに確かに自分の法律から許されていること、多くの妻をめとること、しかしそれでも、一人をめとる、真の結婚愛は分割されないからである。

si dividitur, perit essentia ejus, quae est caelestis; もし分割されるなら、その本質は滅びる、それは天的なものである。

et fit externus et inde lascivus, qui brevi secundum diminutionem potentiae vilescit, et demum cum jactura ejus fastiditur; また外なるものに、またここから好色なものになる、それはやがて(性的)力の減少にしたがって価値がなくなる、また最後に、その〔性的能力の〕奪われる(ことの)き、嫌気がする。

amor autem vere conjugialis, qui est internus; けれども、真の結婚愛は内なるものである。

et nihil trahit ex lascivia, manet in aeternum, ac crescit potentia, et in simili gradu delicio. また好色から何も得ていない、永遠にとどまる、そして(性的)力は増す、また似た段階の中の歓喜〔も増す〕。

 

(3) 訳文

77. 私が霊界の中でアフリカ人と話したとき、彼らは亜麻布からできた縞のある衣服で見られた――彼らは、これらの衣服が自分たちに、また自分たちの女たちに絹からできた縞のある衣服が対応している、と言った。

 彼らの幼児たちについて語った。彼らが空腹であることを言って、しばしば、子供を育てる女から食物を求め、また食物が出されるとき、〔求めるものと〕一致しているかどうか眺め、味わい、少し食べる。それらから、純粋な真理を知ろうとする願いである霊的な飢えが、生み出されることが明らかである。というのは、対応があるからである。

 真理の情愛と知覚に関してその状態の中にいることを知ろうと欲するとき、剣を引き出し、それがもし輝いているなら、純粋な真理の中にいることを知る、またこのことはその輝きにしたがっている。このこともまた対応からである。

 結婚について彼らは、多くの妻をめとることが自分たちに確かに自分たちの法律から許されている、と言った。しかしそれでも、一人をめとる、真の結婚愛は分割されないからである。もし分割されるなら、天的なものであるその本質は滅びる。また外なるものに、またここから好色なものになる。それはやがて(性的)力の減少にしたがって価値がなくなり、最後に、その〔性的能力〕が奪われるき、嫌気がする。けれども、真の結婚愛は内なるものである。また好色から何も得ていないで、永遠にとどまり、そして(性的)力は、同じような段階の中の歓喜も増す。

 

(1) 原文

78. De advenis ex Europa dixerunt, quod non admittantur; et cum aliqui, imprimis monachi, penetrant, inquirunt quid sciunt, et cum narrant aliqua de religioso, vocant illa nugas quae laedunt ipsas aures, et tunc ablegant illos ad operas ut aliquid utile faciant; et si renuunt facere, vendunt illos in servos, quos ex lege illorum licet castigare ad libitum, et si ad nihil utile adigi possunt, venduntur demum pro pauco ad viles.

 

(2) 直訳

78. De advenis ex Europa dixerunt, quod non admittantur; ヨーロッパから来る者について彼らは言った、入るのが許されないこと。

et cum aliqui, imprimis monachi, penetrant, inquirunt quid sciunt, et cum narrant aliqua de religioso, vocant illa nugas quae laedunt ipsas aures, et tunc ablegant illos ad operas ut aliquid utile faciant; またある者が、特に、修道士たちが、内部へ進む(達する)とき、何を知っているか質問する、また宗教的信念について何らかのものを語るとき、それらを無意味な言葉(たわごと)と呼ぶ、それは耳そのものを傷つける、またその時、彼らを仕事(働き)へ追放する、何らかの役立つことを行なうように。

et si renuunt facere, vendunt illos in servos, quos ex lege illorum licet castigare ad libitum, et si ad nihil utile adigi possunt, venduntur demum pro pauco ad viles. またもし行なうことを拒否するなら、彼らを奴隷の中へ(として)る、彼らを彼らの法律から意向にしたがって☆1懲らしめることが許されている、またもし何も役立つことへ追い立てる(強いる)ことができないなら、最後に、わずかなもの☆2のために下賤な者(価値のない者)向けて売られる。

1 いわゆる「アド・リブ」はこのad libitumが語源であり、その省略形です。「アドリブで演奏する」とは「任意に・随意に」⇒「即興で」演奏することです。

2 わずなかものは通常(物々交換の)食物、または金銭でしょう。

 

(3) 訳文

78. 彼らは、ヨーロッパから来る者について入るのが許されない、と言った。またある者が、特に、修道士たちが、内部へ進むとき、何を知っているか質問する。また宗教的信念について何らかのものを語るとき、それらを耳ざわりなたわごとと呼び、その時、彼らを何らかの役立つことを行なうような仕事へ追放する。またもし行なうことを拒否するなら、彼らを奴隷として売る。彼らを自分たちの法律から意のままに懲らしめることが許されている、またもし何も役立つことへ強いることができないなら、最後に、わずかなもののために下賤な者向けて売られる。

author:yasubee, category:原典講読『続 最後の審判』, 23:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『続 最後の審判』 75,76
 

(1) 原文

75. Plures societates Gentium sunt, imprimis ex Africanis, qui dum instructi sunt per angelos de Domino, dicunt quod non aliter possit esse, quam quod Deus Creator universi apparuerit in mundo, quia creavit illos, et amat illos; et quod apparitio non potuerit fieri quam usque ad visum ocularem in Humana forma. Cum illis dicitur, quod non apparuerit sicut solent angeli, sed quod natus sit Homo, et sic visus, haesitant aliquantum, et inquirunt num natus sit a patre homine; et cum audiunt quod conceptus sit a Deo universi et natus a virgine, dicunt quod sic Ipsi Divina Essentia sit, quae quia infinita et ipsa Vita est, non talis homo fuerit sicut alii. Informantur postea ab angelis, quod homo fuerit in conspectu sicut alius; sed quod cum in mundo fuit, Essentia Ipsius Divina, quae in se infinita et ipsa Vita est, rejecerit naturam finitam et hujus vitam a matre, et sic Humanum suum in mundo conceptum et natum, Divinum fecerit. Haec Africani, quia interius spiritualiter prae reliquis cogitant, comprehenderunt et receperunt.

 

(2) 直訳

75. Plures societates Gentium sunt, imprimis ex Africanis, qui dum instructi sunt per angelos de Domino, dicunt quod non aliter possit esse, quam quod Deus Creator universi apparuerit in mundo, quia creavit illos, et amat illos; 異教徒の多くの社会がある、特にアフリカ人からの、〔その社会からの〕その者は天使たちによって主について教えられる時、異なって存在することはできないことを言う、全世界の創造者〔である〕神が世の中に現われること以外に、彼らを創造したので、また彼らを愛する。

et quod apparitio non potuerit fieri quam usque ad visum ocularem in Humana forma. また出現は、人間の形の中に目の視覚にまでも以外に生ずることができないこと。

Cum illis dicitur, quod non apparuerit sicut solent angeli, sed quod natus sit Homo, et sic visus, haesitant aliquantum, et inquirunt num natus sit a patre homine; 彼らに言われる時、よく天使たちに〔見られる〕ように見られないこと、しかし、人間〔として〕生まれたこと、またこのように視覚〔されて〕、幾分ためらう、また質問する、人間の父()から生まれたかどうか。

et cum audiunt quod conceptus sit a Deo universi et natus a virgine, dicunt quod sic Ipsi Divina Essentia sit, quae quia infinita et ipsa Vita est, non talis homo fuerit sicut alii. また、全世界の神から受胎し、処女から生まれたことを聞くとき、このようにその方に神的な本質があることを言う、それは無限でいのちそのものであるので、他の者のようなこのような人間でなかったこと。

Informantur postea ab angelis, quod homo fuerit in conspectu sicut alius; その後、天使たちから教えられる、視野の中で他の者のように人間であったこと。

sed quod cum in mundo fuit, Essentia Ipsius Divina, quae in se infinita et ipsa Vita est, rejecerit naturam finitam et hujus vitam a matre, et sic Humanum suum in mundo conceptum et natum, Divinum fecerit. しかし、世の中にいたとき、神的な本質そのものは、それは本質的に無限でまたいのちそのものである、母からの有限な性質とこのいのちを退けた、またこのように世の中で受胎し、生まれた人間性を、神的なものにした。

Haec Africani, quia interius spiritualiter prae reliquis cogitant, comprehenderunt et receperunt. これらを、アフリカ人たちは、他の者よりも内的に霊的に考えるので、把握し、また受け入れた。

 

(3) 訳文

75. 異教徒の、特にアフリカ人からの多くの社会があり、〔その社会の〕者は天使たちによって主について教えられる時、全世界の創造者〔である〕神は、私たちを創造し、私たちを愛するので、世の中に現われるしかありえない、またその出現は、人間の形で目の視覚に生ずるしかありえない、と言う。

 彼らに、天使たちによく見られるようには見られないで、しかし、人間として生まれ、またこのように見られたと言われる時、幾分ためらい、人間の父から生まれたかどうか質問する。また、全世界の神から受胎し、処女から生まれたと聞くとき、無限でいのちそのものであるので、このようにその方に神的な本質があり、他の者のような人間でなかった、と言う。

 その後、天使たちから、目に見えるかぎり他の者のような人間であったこと、しかし、世にいたとき、神的な本質そのものは、それは本質的に無限でまたいのちそのものであり、母からの有限な性質とそのいのちを退け、またこのように世で受胎し、生まれた人間性を、神的なものにしたことを教えられる。

アフリカ人たちは、これらを他の者よりも内的に霊的に考えるので、把握し、受け入れた。

 

(1) 原文

76. Quoniam Africani tales sunt etiam in mundo, ideo apud illos hodie revelatio sit, quae incepta vadit a medio circum, sed non usque ad maria. Agnoscunt illi Dominum nostrum pro Domino caeli et terrae; et rident monachos, ubi adeuntur, et Christianos loquentes de triplicata Divinitate, et de salvatione per solum cogitare; dicentes quod nullus homo sit, cui aliquis cultus, qui non vivit secundum religionem suam; et si non, quod non possit aliter quam fieri stupidus et malus, quia tunc non recipit aliquid e caelo: malitiam ingeniosam vocant etiam stupiditatem, quia non vita sed mors est in illa. Audivi angelorum gaudium super illa revelatione, quod per eam aperiatur illis communicatio cum Humano rationali hactenus per caecum rebus fidei inductum occluso. Dictum mihi e caelo est, quod incolis telluris istius per spiritus angelicos oretenus dictentur illa quae in Doctrina Novae Hierosolymae de Domino, de Verbo, et in Doctrina Vitae pro Nova Hierosolyma, nunc edita sunt.

 

(2) 直訳

76. Quoniam Africani tales sunt etiam in mundo, ideo apud illos hodie revelatio sit, quae incepta vadit a medio circum, sed non usque ad maria. アフリカ人は世の中でもまたこのようであるので、それゆえ、彼らのもとに、今日、啓示がある、それは中央から始まって周囲へ進んだ、しかし海までではない。

Agnoscunt illi Dominum nostrum pro Domino caeli et terrae; 彼らは私たちの主を天地の神として認めている。

et rident monachos, ubi adeuntur, et Christianos loquentes de triplicata Divinitate, et de salvatione per solum cogitare; また修道士たちを笑う、そこに近づく、また神性の三重の性質について話しているキリスト教徒を、また考えることだけによる救いについて。

dicentes quod nullus homo sit, cui aliquis cultus, qui non vivit secundum religionem suam; 言って、人間はだれもいないこと、その者に何らかの礼拝〔がある〕、その者が自分の宗教にしたがって生きない。

et si non, quod non possit aliter quam fieri stupidus et malus, quia tunc non recipit aliquid e caelo: またもし〔そのように生き〕ないなら、愚かさと悪が生ずる(〜になる)こと以外に異なってできないこと、その時、天界から何らかのものを受けないので。

malitiam ingeniosam vocant etiam stupiditatem, quia non vita sed mors est in illa. 才気のある悪意もまた愚かさと呼ぶ、その中にいのちがなく、死があるので。

Audivi angelorum gaudium super illa revelatione, quod per eam aperiatur illis communicatio cum Humano rationali hactenus per caecum rebus fidei inductum occluso. 私は天使たちの楽しさ(うれしさ)聞いた、その啓示の上の(のために)、それによって彼らに理性的な人間性との伝達(交通)が開かれたこと、今まで盲目の事柄によって信仰に閉ざすことをひき起こしてい(もの)

Dictum mihi e caelo est, quod incolis telluris istius per spiritus angelicos oretenus dictentur illa quae in Doctrina Novae Hierosolymae de Domino, de Verbo, et in Doctrina Vitae pro Nova Hierosolyma, nunc edita sunt. 私に天界から言われた、その地の住民に天使的な霊によって、それらが面と向かって(口頭で)言われた、それらは『主について、みことばについて、新しいエルサレムの教え』の中にまた『新しいエルサレムのための生活の教え』の中に、今や、出版された。

 

(3) 訳文

76. アフリカ人は世の中でもまたこのようであるので、それゆえ、彼らのもとに、今日、啓示があり、それは中央から始まって周囲へ進んだが、しかし海までではない。

 彼らは私たちの主を天地の神として認めている。神性の三重の性質について、また考えることだけによる救いについて話している、そこに近づく修道士たちを、またキリスト教徒を、その者に何らかの礼拝があり、その者が自分の宗教にしたがって生きない人間はだれもいない、と言って笑う。またもし〔そのように生き〕ないなら、その時、天界から何らかのものを受けないので、愚かな悪い者になるしかできない――才気のある悪意もまた、その中にいのちがなく、死があるので愚かさと呼んでいる。

 私は天使たちのうれしさを聞いた、その啓示のために、今まで盲目の事柄によって信仰に閉ざすことをひき起こしてい理性的な人間性との伝達が彼らに開かれたことである。

私に天界から言われた。その地の住民に天使的な霊によって、今や、出版された『新しいエルサレムの教え 主について』、『新しいエルサレムの教え みことばについて』、また『新しいエルサレムのために生活の教え』の中にあるものが面と向かって言われたことが。

author:yasubee, category:原典講読『続 最後の審判』, 23:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『続 最後の審判』 73,74
 

[X.]

DE AFRICANIS ET DE GENTIBUS IN MUNDO SPIRITUALI.

霊界の中のアフリカ人についてと異教徒について

 

(1) 原文

73. Gentes, quae non aliquid norunt de Domino, circum illos qui norunt, apparent; usque ita, ut ultimas peripherias faciant non alii quam qui prorsus idololatrae sunt, ac solem et lunam adoraverunt. Illi autem, qui unum Deum agnoscunt, ac praecepta, qualia sunt in Decalogo, religionis et vitae faciunt, conspiciuntur in regione superiore, et sic immediatius communicant cum Christianis in meditullio; nam communicatio sic non intercipitur a Mahumedanis et Pontificiis. Gentes etiam distinctae sunt secundum genios et facultates recipiendi lucem per caelos a Domino; sunt enim ex illis interiores et exteriores, quod non trahunt ex solo natali, sed ex religione: Africani sunt reliquis interiores.

 

(2) 直訳

73. Gentes, quae non aliquid norunt de Domino, circum illos qui norunt, apparent; 異教徒は、彼らは主について何も知らない、彼らのまわりに、その者は〔主を〕知っている、見られる。

usque ita, ut ultimas peripherias faciant non alii quam qui prorsus idololatrae sunt, ac solem et lunam adoraverunt. それでもそのよう〔である〕、周辺の最も外部をつくるような、完全な偶像崇拝者である以外の他の者でない、そして太陽と月を崇拝する。

Illi autem, qui unum Deum agnoscunt, ac praecepta, qualia sunt in Decalogo, religionis et vitae faciunt, conspiciuntur in regione superiore, et sic immediatius communicant cum Christianis in meditullio; けれども、彼らは、ひとりの神を認める者、そして戒めを、十戒の中にあるような、宗教と生活のものにしている、さらに高い領域の中に見られる、またこのようにさらに直接に伝達(交通)ている、中央の中のキリスト教徒と。

nam communicatio sic non intercipitur a Mahumedanis et Pontificiis. なぜなら、伝達(交通)このようにイスラム教徒やローマカトリック教徒から中途妨害されないから。

Gentes etiam distinctae sunt secundum genios et facultates recipiendi lucem per caelos a Domino; 異教徒たちもまた主から天界を通しての光を受け入れる性質と能力にしたがって区別されている。

sunt enim ex illis interiores et exteriores, quod non trahunt ex solo natali, sed ex religione: というのは、彼らから内的な者と外的な者がいるから、誕生〔の地〕だけから〔その性質や能力を〕得ないこと、しかし、宗教から。

Africani sunt reliquis interiores. アフリカ人は他の者に〔よりも〕さらに内的である。

 

(3) 訳文

73. 主について何も知らない異教徒は、〔主を〕知っている者のまわりに見られる。それでも、完全な偶像崇拝者であり、太陽と月を崇拝する者でしかないような周辺の最も外部をつくる。

 けれども、ひとりの神を認め、十戒にあるような戒めを宗教と生活のものにしている者は、さらに高い領域の中に見られ、またこのように中央のキリスト教徒とさらに直接に伝達している。なぜなら、伝達このようにイスラム教徒やローマカトリック教徒から妨害されないから。

 異教徒たちもまた主から天界を通しての光を受け入れる性質と能力にしたがって区別されている。というのは、出生の地だけから〔その性質や能力を〕得ないで、宗教から得ている彼らから内的な者と外的な者がいるから――アフリカ人は他の者よりもさらに内的である。

 

(1) 原文

74. Omnes qui unum Deum Creatorem universi agnoscunt et colunt, ideam Hominis de Deo habent; dicunt quod nemo aliam de Deo possit habere. Cum audiunt quod plures de Deo foveant ideam sicut nubeculae, quaerunt ubinam illi sunt, et cum dicitur quod sint inter Christianos, negant quod dabile sit; sed respondetur, quod sit illis talis idea ex eo, quod Deus in Verbo dicatur Spiritus, et de spiritu non aliter cogitant quam sicut de particula nubis, non scientes quod omnis spiritus et omnis angelus sit homo: at usque exploratum est, num spiritualis illorum idea sit similis ideae illorum naturali, et compertum est quod non similis sit apud illos qui Dominum pro Deo caeli et terrae interius agnoscunt. Audivi quendam presbyterum ex Christianis dicentem, quod nemo possit habere ideam Divini Humani; et vidi illum translatum ad varias Gentes successive ad interiores et interiores, et ab illis ad caelos eorum, et tandem ad caelum Christianum, et ubivis data est communicatio perceptionis interioris eorum de Deo; et animadvertit quod non alia illis idea Dei esset quam idea Hominis, quae eadem est cum idea Divini Humani.

 

(2) 直訳

74. Omnes qui unum Deum Creatorem universi agnoscunt et colunt, ideam Hominis de Deo habent; すべての者は、その者は全世界の創造者〔である〕ひとりの神を認め、礼拝する、神について人間の観念〔=人間であるという観念〕を持っている。

dicunt quod nemo aliam de Deo possit habere. 彼らは言う、だれも神について他のもの〔観念〕を持つことができないこと。

Cum audiunt quod plures de Deo foveant ideam sicut nubeculae, quaerunt ubinam illi sunt, et cum dicitur quod sint inter Christianos, negant quod dabile sit; 彼らが聞くとき、多くの者が神について小さい雲のような観念を抱いていること、どこに彼らがいるか質問する、また言われるとき、キリスト教徒の間にいること、否定する、ありえることを。

sed respondetur, quod sit illis talis idea ex eo, quod Deus in Verbo dicatur Spiritus, et de spiritu non aliter cogitant quam sicut de particula nubis, non scientes quod omnis spiritus et omnis angelus sit homo: しかし、〔彼らは〕答えられる、彼らにこのような観念がそのことからあること、神がみことばの中で「霊」と言われていること、また霊について雲の小部分についてのような〔もの〕以外に異なって考えない、知らないで、すべての霊とすべての天使が人間であることを。

at usque exploratum est, num spiritualis illorum idea sit similis ideae illorum naturali, et compertum est quod non similis sit apud illos qui Dominum pro Deo caeli et terrae interius agnoscunt. しかしそれでも、調べられた、彼らの霊的な観念と彼らの自然的な観念が似ているかどうか、またわかった、彼らのもとで似ていないこと、その者は主を天地の神として内的に認めている。

Audivi quendam presbyterum ex Christianis dicentem, quod nemo possit habere ideam Divini Humani; 私はキリスト教徒からのある長老が言っているのを聞いた、だれも神的人間性の観念を持つことができないこと。

et vidi illum translatum ad varias Gentes successive ad interiores et interiores, et ab illis ad caelos eorum, et tandem ad caelum Christianum, et ubivis data est communicatio perceptionis interioris eorum de Deo; また私はいろいろな異教徒へ移される(運ばれる)を見た、継続的に内的な者へまた内的な者へ、また彼らから彼らの天界へ、また最後にキリスト教徒の天界へ、またどこでも神について彼らの内的な知覚の伝達が与えられた。

et animadvertit quod non alia illis idea Dei esset quam idea Hominis, quae eadem est cum idea Divini Humani. また彼は気づいた(認めた)、彼らに神の他の観念がないこと、人間の観念以外の、それは神的人間性の観念と同一である。

 

(3) 訳文

74. 全世界の創造者〔である〕ひとりの神を認め、礼拝するすべての者は、神は人間であるという観念を持っている。彼らは、だれも神について他の観念を持つことができない、と言う。

 彼らが、多くの者が神について小さい雲のような観念を抱いている、と聞くとき、どこに彼らがいるか質問する、また、キリスト教徒の間にいる、と言われるとき、ありえない、と否定する。しかし、彼らは、このような観念が、すべての霊とすべての天使が人間であることを知らないで、神がみことばの中で「霊」と言われ、霊について雲の小部分についてのようなものとしか考えないことからである、答えられる――しかしそれでも、彼らの霊的な観念と彼らの自然的な観念が似ているかどうか調べられ、また、主を天地の神として内的に認めている者のもとで似ていないことがわかった。

 私はキリスト教徒からのある長老が、だれも神的人間性の観念を持つことができない、と言っているのを聞いた。また私は彼がいろいろな異教徒へ移されるのを見た。継続的に内的な者へまた内的な者へ、また彼らから彼らの天界へ、また最後にキリスト教徒の天界へ、またどこでも神について彼らの内的な知覚の伝達が与えられた。また彼は、彼らに神が人間であるという観念以外の他の観念がなく、それは神的人間性の観念と同一である、と認めた。

author:yasubee, category:原典講読『続 最後の審判』, 22:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『続 最後の審判』 71,72
 

(1) 原文

71. Quod religionem illorum attinet; haec talis permissa est quia conveniens genio orientalium, quare etiam in tot regnis recepta est; et quia in illa praecepta decalogi simul religionis facta sunt; et aliquid ex Verbo etiam in illa erat: et imprimis quia Dominus pro Filio Dei, et Sapientissimo omnium agnitus est. Per illam quoque idololatrica multarum gentium dissipata sunt. Quod non interior religio illis per Mahumedem aperta sit, fuit propter polygamiam, quae immundum versus caelum exhalat; conjugium enim mariti cum una uxore correspondet conjugio Domini et Ecclesiae.

 

(2) 直訳

71. Quod religionem illorum attinet; 彼らの宗教については。

haec talis permissa est quia conveniens genio orientalium, quare etiam in tot regnis recepta est; これ〔宗教〕がこのようなもの〔として〕許された〔のは〕東洋〔人々〕の性向にふさわしいから〔である〕、それゆえ、このように多くの国にもまた受け入れられた。

et quia in illa praecepta decalogi simul religionis facta sunt; また、同時に、その中に十戒(の戒め)を宗教の事柄としたからである。

et aliquid ex Verbo etiam in illa erat: またみことばからのあるものもまたその中にあった。

et imprimis quia Dominus pro Filio Dei, et Sapientissimo omnium agnitus est. また、特に、主が神の子として、またすべての者の最も賢い者と認められたからである。

Per illam quoque idololatrica multarum gentium dissipata sunt. それによって多くの国民の偶像崇拝もまた消散させられた。

Quod non interior religio illis per Mahumedem aperta sit, fuit propter polygamiam, quae immundum versus caelum exhalat; さらに内的な宗教が彼らにムハンマドによって開かれなかったことは、一夫多妻のためであった、それが天界へ向けて不潔なものを発散する。

conjugium enim mariti cum una uxore correspondet conjugio Domini et Ecclesiae. というのは、一人の妻との夫の結婚は主と教会の結婚に対応するから。

 

(3) 訳文

71. 彼らの宗教について。この宗教がこのようなもの〔として〕許された〔のは〕東洋人の性向にふさわしいから〔である〕、それゆえ、このように多くの国にもまた受け入れられた。また、同時に、その中で十戒を宗教の事柄としたからである。また、みことばからのあるものもまたその中にあった。また、特に、主が神の子として、またすべての者の最も賢い者と認められたからである。

 それによって多くの国民の偶像崇拝もまた消散させられた。

 さらに内的な宗教が彼らにムハンマドによって開かれなかったのは、天界へ向けて不潔なものを発散する一夫多妻のためであった。というのは、一人の妻との夫の結婚は主と教会の結婚に対応するから。

 

(1) 原文

72. Sunt multi ex illis receptibiles veri, et vident in rationibus justitiam, quod ex colloquiis cum illis in mundo spirituali animadvertere potui. Locutus sum cum illis de Deo uno, de Resurrectione, et de Conjugio. De Deo uno dixerunt, quod non comprehendant Christianos loquentes de Trinitate, et dicentes quod tres Personae sint, et unaquaevis Deus, et quod usque dicant quod Deus unus sit: sed respondi illis, quod angeli in caelo, quod ex illis est, non loquantur ita; sed quod Deus unus sit Persona et Essentia in quo Trinum, et quod homines in terris hoc Trinum appellent tres Personas; et quod illud Trinum sit in Domino: ut confirmarentur, perlegi coram illis ex Matthaeo et Luca, quae ibi de conceptione Domini ex Deo Patre dicuntur, tum ubi Ipse docet quod Pater et Ipse unum sint; his auditis perceperunt rem, dicentes quod sic Divina Essentia Ipsi sit. [2] De Resurrectione dicebant, quod non comprehendant Christianos loquentes de statu hominis post mortem, quod faciant animam similem vento aut aeri, et inde in nullo delicio ante reunitionem cum corpore die ultimi judicii: sed respondi, quod modo aliqui ita loquantur; sed quod qui ex illa secta non sunt, credant se post mortem in caelum venturos, cum angelis locuturos, et gaudio caelesti fruituros, quod non abstrahunt a simili gaudio quod illis est in mundo, tametsi non describunt illud; et quod hodie revelentur illis plura de statu post mortem, quae antea non sciverunt. De Conjugio plura cum illis locutus sum, et inter illa, quod amor conjugialis sit amor caelestis, non dabilis quam inter duos, et quod conjunctio cum pluribus uxoribus caeleste illius amoris non admittat: audiverunt rationes, et justitiam in illis perceperunt; tum etiam hoc, quod permissa sit illis polygamia, quia orientales sunt, qui absque illa permissione prae Europaeis flagravissent in spurca adulteria, et periissent.

 

(2) 直訳

72. Sunt multi ex illis receptibiles veri, et vident in rationibus justitiam, quod ex colloquiis cum illis in mundo spirituali animadvertere potui. 彼らから多くの者がいた、真理を受け入れることができる、また理性の中で公正を見ている、そのことを彼らとの会話から霊界の中で私は気づく(認める)とができた。

Locutus sum cum illis de Deo uno, de Resurrectione, et de Conjugio. 私は彼らと話した、ひとりの神について、復活について、また結婚について。

De Deo uno dixerunt, quod non comprehendant Christianos loquentes de Trinitate, et dicentes quod tres Personae sint, et unaquaevis Deus, et quod usque dicant quod Deus unus sit: 彼らは「ひとりの神」について言った(完了)、三一性について話しているキリスト教徒を理解できないこと、また三つの位格があること、またそれぞれが神〔である〕、またそれでも神は一つであること。

sed respondi illis, quod angeli in caelo, quod ex illis est, non loquantur ita; しかし、私は彼らに答えた、天界の天使たちは、それは彼らからである、そのようなことを話さないこと。

sed quod Deus unus sit Persona et Essentia in quo Trinum, et quod homines in terris hoc Trinum appellent tres Personas; しかし、神は位格と本質で一つであり、その中に三一性があること、また地の中の人間はこの三一性を三つの位格と呼んでいること。

et quod illud Trinum sit in Domino: またその三一性が主の中にあること。

ut confirmarentur, perlegi coram illis ex Matthaeo et Luca, quae ibi de conceptione Domini ex Deo Patre dicuntur, tum ubi Ipse docet quod Pater et Ipse unum sint; 証明させられるために、私は彼らの前で「マタイ」と「ルカ」から通読した、それらはそこに父なる神からの主の受胎について、なおまたそこにその方が教えている、父とその方は一つであること。

his auditis perceperunt rem, dicentes quod sic Divina Essentia Ipsi sit. これらを聞いて、事柄を認めた、このように神的な本質がその方にあること。

[2] De Resurrectione dicebant, quod non comprehendant Christianos loquentes de statu hominis post mortem, quod faciant animam similem vento aut aeri, et inde in nullo delicio ante reunitionem cum corpore die ultimi judicii: [2] 彼らは「復活」について言った(未完了)、死後の人間の状態について話しているキリスト教徒を理解できないこと、霊魂が風または空気のようなものになること、またここから、最後の審判の日に身体との再結合の前に何も楽しみがない。

sed respondi, quod modo aliqui ita loquantur;  しかし、私は答えた、ある者だけがそのように言うこと。

sed quod qui ex illa secta non sunt, credant se post mortem in caelum venturos, cum angelis locuturos, et gaudio caelesti fruituros, quod non abstrahunt a simili gaudio quod illis est in mundo, tametsi non describunt illud; しかし、その宗派からでない者は、自分自身が死後、天界にやって来る者〔であると〕信じている、天使たちと話す者、天界の楽しさを享受する者、同様に楽しみから引き離されないこと、それは彼らに世の中である、たとえそれを述べくても。

et quod hodie revelentur illis plura de statu post mortem, quae antea non sciverunt. また、今日、彼らに死後の状態について彼らに多くのことが啓示されていること、それらは前に知られなかった。

De Conjugio plura cum illis locutus sum, et inter illa, quod amor conjugialis sit amor caelestis, non dabilis quam inter duos, et quod conjunctio cum pluribus uxoribus caeleste illius amoris non admittat: 私は彼らと「結婚」について多くのことを話した、またそれらの間に、結婚愛は天的な愛であること、二人の間に以外にありえない、また多くの妻との結合はその愛の天的なものを入ることを許さないこと。

audiverunt rationes, et justitiam in illis perceperunt; 彼らは〔私の〕論証を聞いた、またそれらの中の公正を知覚した。

tum etiam hoc, quod permissa sit illis polygamia, quia orientales sunt, qui absque illa permissione prae Europaeis flagravissent in spurca adulteria, et periissent. なおまたさらにこのことを〔知覚した〕、彼らに一夫多妻が許されているのは、東洋人であるからである、その者はその許しなしにヨーロッパ人よりも不潔な姦淫に燃え上がってしまったであろう、また滅んでしまったであろう。

 

(3) 訳文

72. 彼らからの多くの者が、真理を受け入れることができ、また理性の中で公正を見ていることを霊界の中での彼らとの会話から私は気づくとができた。

 私は彼らと、ひとりの神について、復活について、また結婚について話した。

 彼らは「ひとりの神」について、三一性について三つの位格があり、それぞれが神〔であり〕、またそれでも神は一つである、と話しているキリスト教徒を理解できない、と言った――しかし、私は彼らに、彼らからの天界の天使たちは、そのようなことを話さない、と答えた。しかし、神は位格と本質で一つであり、その中に三一性があり、また地上の人間はこの三一性を三つの位格と呼んでいる、またその三一性が主の中にあること〔を話した〕――証明するために、私は彼らの前で「マタイ福音書」と「ルカ福音書」から、そこに父なる神からの主の受胎について、なおまたそこに主が「父とわたしは一つである」と教えている箇所を読んだ。これらを聞いて、このように神的な本質がその方にある事柄を認めた。

[2] 彼らは「復活」については、死後の人間の状態について霊魂が風または空気のようなものになり、またここから、最後の審判の日に身体との再結合の前に何も楽しみがない、と話しているキリスト教徒を理解できない、と言った――しかし、私は、ある者だけがそのように言っている、しかし、その宗派からでない者は、自分自身が死後、天界にやって来る、天使たちと話す、天界の楽しさを享受する、同様に彼らに世の中である楽しみから引き離されないこと、たとえそれを述べくても信じている、また、今日、彼らに死後の状態について彼らに前に知られなかった多くのことが啓示されている、と答えた。

 私は彼らと「結婚」について多くのことを話した、またそれらの〔会話の〕間に、結婚愛は天的な愛であること、二人の間に以外にありえない、また多くの妻との結合はその愛の天的なものを入ることを許さないこと〔があった〕――彼らは〔私の〕論証を聞き、またそれらの中の公正を知覚し、なおまたさらに、彼らに一夫多妻が許されているのは東洋人であるからであり、東洋人はその許しなしにヨーロッパ人よりも不潔な姦淫に燃え上がってしまい、滅んでしまったであろうと〔知覚した〕。

author:yasubee, category:原典講読『続 最後の審判』, 01:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark