RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』 391
(1) 原文
391. Septimum Memorabile:
 
Qualis desolatio veri et macies theologica in Christiano orbe hodie datur, notum mihi factum est ex sermocinatione cum multis ex laicis, et cum multis ex clericis in mundo spirituali. Apud hos talis egestas spiritualis est, ut vix sciant quicquam, quam quod sit Trinitas, Pater, Filius et Spiritus Sanctus, et quod sola fides salvet; et de Domino Christo solum historica de ipso apud Evangelistas; reliqua autem, quae Verbum utriusque Testamenti de Ipso docet, ut quod Pater et Ipse unum sint, quod Ipse in Patre sit et Pater in Ipso, quod Ipsi sit omnis potestas in caelo et in terra, quod voluntas Patris sit ut credant in Filium, et quod qui credit in Ipsum habeat vitam aeternam, praeter plura, haec illis tam ignota et reposta sunt, sicut illa quae in fundo oceani, immo quae in centro terrae jacent. Et cum protrahuntur ex Verbo et leguntur, stant sicut audiant et non audiant; nec penitius intrant in aures, quam susurrus venti, aut sonus pulsati corii. Angeli, qui a Domino quandoque emittuntur ad societates Christianas, quae in mundo spirituum sunt, ita sub caelo, ad visitandum, valde lamentantur; dicentes quod talis obesitas et inde caligo in rebus salutis sit, paene qualis in psittaco loquente; dicunt etiam docti illorum, quod in spiritualibus et Divinis non plus intelligant quam statuae.
[2.] Quondam mihi retulit angelus, quod cum duobus e clero locutus sit, uno qui in fide separata a charitate, altero qui in fide non separata fuit: quod cum illo qui in fide separata a charitate fuit, ita locutus sit: "Amice, quis es?" Respondit ille, "Sum Reformatus Christianus." "Quae tua doctrina, et inde religio?" Respondit quod sit fides. Dixit, "Quae tua fides?" Respondit, "Fides mea est, quod Deus Pater miserit Filium, qui damnationem generis humani in Se susciperet, et quod per id salvemur." Interrogavit tunc dicendo, "Quid scis plus de salvatione?" Respondit quod salvatio fiat per solam illam fidem. Porro dixit, "Quid scis de redemptione?" Respondit quod facta sit per passionem crucis, et quod meritum Ipsius imputetur per illam fidem. Porro, "Quid scis de regeneratione?" Respondit quod fiat per illam fidem. "Dic quid scis de amore et charitate." Respondit quod sint illa fides. "Dic quid cogitas de praeceptis decalogi et de reliquis in Verbo." Respondit quod sint in illa fide. Tunc dixit," Ergo nihil facies." Respondit, "Quid faciam? non possum facere bonum, quod bonum est, a me." Dixit, "Num fidem potes habere a te?" Respondit, "in hoc non inquiro, habebo fidem." Tandem dixit, "Omnino scis aliquid praeterea de salute." Respondit, "Quid praeterea, cum per solam illam fidem salvatio?" Sed tunc dixit angelus. "Respondes sicut qui canit uno tono tibiae; non audio nisi fidem. Si illam scis et non aliquid praeterea, nihil scis; abi et vide socios." Et abivit et offendit illos in deserto, ubi non gramen; quaesivit ibi cur ita, et dictum est, quia illis nihil ecclesiae.
[3.] Angelus cum illo, qui in fide conjuncta charitati erat, ita locutus est: "Amice, qui es?" Respondit, "Sum Christianus Reformatus." "Quae tua doctrina et inde religio?" Respondit, "Fides et charitas." Dixit, "Haec sunt duo." Respondit, "Non separari possunt." Dixit, "Quid fides?" Respondit, "Credere quod Verbum docet." Dixit, "Quid charitas?" Respondit, "Facere quod Verbum docet." Dixit, "Num solum credideris illa, vel num etiam feceris?" Respondit, "Etiam feci." Angelus caeli tunc aspexit illum, et dixit, "Mi amice, veni mecum, et habita nobiscum."
 
(2) 直訳
391. Septimum Memorabile:― 第七のメモラビリア――
 
Qualis desolatio veri et macies theologica in Christiano orbe hodie datur, notum mihi factum est ex sermocinatione cum multis ex laicis, et cum multis ex clericis in mundo spirituali. 今日のキリスト教世界の中の真理の荒涼と神学の貧弱がどのように(性質)在するか、私に知られることが霊界の中で、平信徒からの多くの者との会話から起こった、また聖職者からの多くの者と。
Apud hos talis egestas spiritualis est, ut vix sciant quicquam, quam quod sit Trinitas, Pater, Filius et Spiritus Sanctus, et quod sola fides salvet; これらの者のもとにこのような霊的な貧困がある、どんなものでもほとんど知らないような、父、子また聖霊の三一性があること以外に、また信仰のみが救うこと。
et de Domino Christo solum historica de ipso apud Evangelistas; また主キリストについて歴史的なものだけしか〔知らない〕、その方について「福音書」(記者)のもとに。
reliqua autem, quae Verbum utriusque Testamenti de Ipso docet, ut quod Pater et Ipse unum sint, quod Ipse in Patre sit et Pater in Ipso, quod Ipsi sit omnis potestas in caelo et in terra, quod voluntas Patris sit ut credant in Filium, et quod qui credit in Ipsum habeat vitam aeternam, praeter plura, haec illis tam ignota et reposta sunt, sicut illa quae in fundo oceani, immo quae in centro terrae jacent. けれども、残りのものは、それらは両方の契約のみことばがその方について教えている、例えば、父とその方は一つであること、その方は父の中に、また父はその方の中に〔という〕こと、その方に天の中と地の中のすべての力があること、父のみこころ(意志)は子を信じる(ようになる)こと(である)こと、またその方を信じる者は永遠のいのちを持つこと、ほかに多くのこと、これらが彼らにこのように知られていない、また蓄えられた、それらのように、それらは大海の深い中に、それどころか、それらは地の中心の中に横たわる。
Et cum protrahuntur ex Verbo et leguntur, stant sicut audiant et non audiant; また、みことばから引き出され、また読まれるとき、聞くようにまた聞かないように立つ(〜にある、〜に置かれる)
nec penitius intrant in aures, quam susurrus venti, aut sonus pulsati corii. 耳の中に深くも入らない、ささやく風よりも、または皮(corium)☆の叩く音。
皮は太鼓の皮でしょう、すなわち、「太鼓」の省略。
Angeli, qui a Domino quandoque emittuntur ad societates Christianas, quae in mundo spirituum sunt, ita sub caelo, ad visitandum, valde lamentantur; 天使たちは、その者は、主により、時々、キリスト教の社会に送られる、それは霊界の中にある、そのように、天界の下に、訪問する(視察する)めに、大いに嘆いた。
dicentes quod talis obesitas et inde caligo in rebus salutis sit, paene qualis in psittaco loquente; 言って、このような愚鈍とここからの暗黒が救いの事柄の中にあること、ほとんどオウムの中でのように話して。
dicunt etiam docti illorum, quod in spiritualibus et Divinis non plus intelligant quam statuae. 彼らの学問のある者もまた言っている、霊的なものと神的なものの中で彫像よりもさらに理解しないこと。
[2.] Quondam mihi retulit angelus, quod cum duobus e clero locutus sit, uno qui in fide separata a charitate, altero qui in fide non separata fuit: [2] かつて私に天使が語った(refero)、聖職者からの二人の者と話したことを、一人は、その者は仁愛から分離した信仰の中に、もう一人は、その者は分離していない信仰の中にいた。
quod cum illo qui in fide separata a charitate fuit, ita locutus sit: 彼に、その者は仁愛から分離した信仰の中にいた、このように話した――
"Amice, quis es?" 「友よ、あなたはだれ(何)か?」
Respondit ille, "Sum Reformatus Christianus." 彼は答えた、「私はキリスト教徒(の)改革派の者である」。
"Quae tua doctrina, et inde religio?" 「あなたの教えは何か、またここから宗教は?」
Respondit quod sit fides. 答えた、信仰であること。
Dixit, "Quae tua fides?" 〔天使は〕言った、「あなたの信仰は何か?」
Respondit, "Fides mea est, quod Deus Pater miserit Filium, qui damnationem generis humani in Se susciperet, et quod per id salvemur." 答えた、「私の信仰である、父なる神は子を送った、その者は人類に〔対する〕断罪(地獄行きの宣言)をご自分の中に引き受けた(受け入れた)と、またそのことによって私たちは救われていること」。
Interrogavit tunc dicendo, "Quid scis plus de salvatione?" その時、質問した、言って、「何を、あなたはさらに救いについて知っているか?」
Respondit quod salvatio fiat per solam illam fidem. 答えた、救いはその信仰だけによって生じること。
Porro dixit, "Quid scis de redemptione?" さらに〔天使は〕言った、「何を、あなたはあがないについて知っているか?」
Respondit quod facta sit per passionem crucis, et quod meritum Ipsius imputetur per illam fidem. 答えた、十字架の受難によって行なわれたこと、またその方の功績がその信仰によって転嫁されたこと。
Porro, "Quid scis de regeneratione?" さらに、「何を、あなたは再生について知っているか?」
Respondit quod fiat per illam fidem. 答えた、その信仰によって生じること。
"Dic quid scis de amore et charitate." 「言え、何を、あなたは愛と仁愛について知っているか」。
Respondit quod sint illa fides. 答えた、それらは信仰であること。
"Dic quid cogitas de praeceptis decalogi et de reliquis in Verbo." 「言え、何を、あなたは十戒の戒めについて、またみことばの中の残り(その他)のものについて考えているか」。
Respondit quod sint in illa fide. 答えた、その信仰の中にあること。
Tunc dixit," Ergo nihil facies." その時、〔天使は〕言った、「それゆえ、あなたは何も行なわない〔のか?〕」。
Respondit, "Quid faciam? 答えた、「何を、私は行なう(未来)のか?
non possum facere bonum, quod bonum est, a me." 善を行なうことはできない、それは善である、私により」。
Dixit, "Num fidem potes habere a te?" 〔天使は〕言った、「信仰をあなたはあなたにより持つことができないのか?」
Respondit, "in hoc non inquiro, habebo fidem." 答えた、「このことの中に私は質問しない(調べない)、私は信仰を持っている」。
Tandem dixit, "Omnino scis aliquid praeterea de salute." 最後に言った、「すべての点で(全般的に見て)、あなたは何かを知っている〔のか?〕救いについてのほかに」。
Respondit, "Quid praeterea, cum per solam illam fidem salvatio?" 答えた、「何が、ほかに〔知る必要があるか〕、その信仰だけによって救い〔がある〕とき?」
Sed tunc dixit angelus. しかし、その時、天使は言った。
"Respondes sicut qui canit uno tono tibiae; 「あなたは答える、一つの調子(音色)の笛で歌う者のように。
non audio nisi fidem. 私は信仰でないなら聞かない。
Si illam scis et non aliquid praeterea, nihil scis; もし、あなたがそれを知る、またほかに〔知ら〕ないなら、あなたは何も知らない。
abi et vide socios." 立ち去れ(出かけよ)、また仲間を見よ」。
Et abivit et offendit illos in deserto, ubi non gramen; また、立ち去った、また彼らに荒野(砂漠)の中で会った、そこに草はない。
quaesivit ibi cur ita, et dictum est, quia illis nihil ecclesiae. そこに、なぜ、そのように、〔いるのか〕質問した、また言われた、彼らに教会のものが何もないからである。
[3.] Angelus cum illo, qui in fide conjuncta charitati erat, ita locutus est: [3] 天使は彼に、その者は仁愛に結合した信仰の中にいた、このように話した――
"Amice, qui es?" 「友よ、あなたはだれ(何)か?」
Respondit, "Sum Christianus Reformatus." 答えた、「私は改革派の者(の)キリスト教徒である」。
"Quae tua doctrina et inde religio?" 「あなたの教えは何か、またここから宗教は?」
Respondit, "Fides et charitas." 答えた、「信仰と仁愛」。
Dixit, "Haec sunt duo." 言った、「これらは二つである〔か?〕」
Respondit, "Non separari possunt." 答えた、「分離されることができない」。
Dixit, "Quid fides?" 言った、「信仰とは何か?」
Respondit, "Credere quod Verbum docet." 答えた、「みことばが教えることを信じること」。
Dixit, "Quid charitas?" 言った、「仁愛とは何か?」
Respondit, "Facere quod Verbum docet." 答えた、「みことばが教えることを行なうこと」。
Dixit, "Num solum credideris illa, vel num etiam feceris?" 言った、「あなたは(単に)それらを信じただけなのか、あるいは、あなたは行ないもしたのか?」
Respondit, "Etiam feci." 答えた、「私は行ないもした」。
Angelus caeli tunc aspexit illum, et dixit, "Mi amice, veni mecum, et habita nobiscum." 天界の天使は、その時、彼を眺めた(熟視した)、また言った、「私の友よ、私と来い、また私たちと住め」。
 
(3) 訳文
391. 第七のメモラビリア――
 
 今日のキリスト教世界の中の真理の荒涼と神学の貧弱がどのように在するか、私に知られることが霊界の中で、平信徒からの多くの者また聖職者からの多くの者との会話から起こった。
 これらの者のもとに、父、子また聖霊の三一性があること、また信仰のみが救うこと以外に、どんなものでもほとんど知らないような、また主キリストについて、その方について「福音書」にある歴史的なものだけしか〔知らない〕ような、このような霊的な貧困がある。けれども、その方について両方の契約のみことばが教えている残りのものは、例えば、父とその方は一つであること、その方は父の中に、また父はその方の中におられること、その方に天の中と地の中のすべての力があること、父のみこころは子を信じる(ようになる)こと(である)こと、またその方を信じる者は永遠のいのちを持つこと、ほかに多くのことが、彼らに、大海の深い中に、実に、それらは地の中心の中に横たわって蓄えられたかのように、このように知られていない。
 また、みことばから引き出され、読まれるとき、聞くようなまた聞かないようなものとなっていて、耳の中に、ささやく風または〔太鼓の〕皮叩く音よりも深くも入らない。
 主により、時々、霊界の中にあり、そのように天界の下にあるキリスト教の社会に、視察するために送られる天使たちは、救いの事柄の中にこのような愚鈍とここからの暗黒があり、ほとんどオウムのように話し、彼らの学問のある者もまた霊的なものと神的なものの中で彫像よりもさらに理解しないことを言っている、と言って、大いに嘆いた。
 [2] かつて私に天使が、聖職者からの二人の者と話したことを語った。一人は仁愛から分離した信仰の中に、もう一人は分離していない信仰の中にいた。仁愛から分離した信仰の中にいた者に、このように話した――
 「友よ、あなたはだれ(何)か?」
 彼は答えた、「私はキリスト教徒(の)改革派の者である」。
 「あなたの教えは何か、またここから宗教は?」
 信仰であることを答えた。
 〔天使は〕言った、「あなたの信仰は何か?」
 答えた、「私の信仰は、父なる神は子を送り、子は人類に〔対する〕断罪(地獄行きの宣言)をご自分の中に受け入れたこと、またそのことによって私たちは救われていることである」。
 その時、質問した、言って、「何を、あなたはさらに救いについて知っているか?」
 救いはその信仰だけによって生じることを答えた。
 さらに〔天使は〕言った、「何を、あなたはあがないについて知っているか?」
 十字架の受難によって行なわれたこと、またその方の功績がその信仰によって転嫁されたことを答えた。
 さらに、「何を、あなたは再生について知っているか?」
 その信仰によって生じることを答えた。
 「言え、何を、あなたは愛と仁愛について知っているか」。
 それらは信仰であることを答えた。
 「言え、何を、あなたは十戒の戒めについて、またみことばの中のその他のものについて考えているか」。
 その信仰の中にあることを答えた。
 その時、〔天使は〕言った、「それゆえ、あなたは何も行なわない〔のか?〕」。
 答えた、「何を、私は行なうべきなのか? 私から善である善を行なうことはできない」。
 〔天使は〕言った、「あなたはあなたから信仰を持つことができないのか?」
 答えた、「私はこのことを〔問題として〕調べない、私は信仰を持っている」。
 最後に言った、「全般的に見て、救いについてのほかに、あなたは何かを知っている〔のか?〕」。
 答えた、「何が、ほかに〔知る必要があるか〕、その信仰だけによって救い〔がある〕とき?」
 しかし、その時、天使は言った。「あなたは、一本調子の笛で歌う者のように答える。私は信仰しか聞いていない。もし、あなたがそれを知り、またほかに〔知ら〕ないなら、あなたは何も知らない。出かけよ、そして仲間を見よ」。
 立ち去った、また草のない荒野(砂漠)の中で彼らに会った。そこに、なぜ、そのように、〔彼らがいるのか〕質問し、また、彼らに教会のものが何もないからである、と言われた。
 [3] 天使は、仁愛と結合した信仰の中にいた者に、このように話した――
 「友よ、あなたはだれ(何)か?」
 答えた、「私は改革派のキリスト教徒である」。
 「あなたの教えは何か、またここから宗教は?」
 答えた、「信仰と仁愛」。
 言った、「これらは二つである〔か?〕」
 答えた、「分離されることができない」。
 言った、「信仰とは何か?」
 答えた、「みことばが教えることを信じること」。
 言った、「仁愛とは何か?」
 答えた、「みことばが教えることを行なうこと」。
 言った、「あなたはそれらを信じただけなのか、あるいは、あなたは行ないもしたのか?」
 答えた、「私は行ないもした」。
 天界の天使は、その時、彼を熟視し、言った、「私の友よ、私と来い、また私たちと住め」。
 
◎ これで、(長かった)『真のキリスト教』上巻も終わりです(初版は上下の別なく、全一巻です)
 下巻に入る前に、ここで『天界の秘義』から「最後の審判について」(21172133(2134))を割り込ませます。
 現在、スヴェーデンボリ出版から間もなく『天界の秘義』からの抄本『犧蚤腓凌“とその対応』が出ます(今月25日刊行)。それに続いてやはり『天界の秘義』からの抄本『世の終わりと最後の審判』を出す予定です。「マタイ福音書」の2425章の解説(世の終わりと最後の審判)は本講座で既に取り上げ、それを書き直して出版するのですが、それにこの「最後の審判」も一緒にしたほうがよいと思いました。
 それで急きょ、次からは「最後の審判」です。ただし、短いのですぐに終わるでしょう。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第6章, 00:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』 390(訳文)
(3) 訳文
390. 第六のメモラビリア――
 
 霊界方位、私騒音いたそれゆえ、私はそこへづいたまたくにいたとき、私集会からのような音声いたその時、私まれただらけのそれからその音声こえた。私づいたそこに門番がいた、私質問した、「だれがそこにいるのか〕」。彼、賢明賢明たちがいてそのたちは自分たちの超自然事柄証明しているった。そのように自分単純信念した
った、「入ることがされるのか?」
 許されることをった、「ただあなたはさないように。私がよそれる許可をするからであるそのとともに」。
 それゆえ、私った、見場所またその講壇があったまたいわゆる賢明集団自分たちの信仰秘義議論していたまたその時、主題、すなわち、提出された討議主題人間信仰によって義認状態または、行為後、その歩(発展)なう、宗教であるのかあるいはないのかであった
 彼らは、宗教の善によって救いに寄与する善が意味されることを一致して言った。
 [2] 討議は鋭かった。しかし、人間が信仰の状態または進歩(発展)の中で行なった善は、単なる道徳的な善であること、それは世の中で繁栄(成功)のために益する(貢献する)、しかし、救いのために何も寄与しない、このためには単に信仰が寄与する、と言った者が勝った。
 またそのことをこのように証明した――
 「人間の自発的な何らかの善がどのように恩恵に結合されることができるのか? 救いは恩恵で生じないか? 人間からの何らかの善がどのようにキリストの功績に結合されることができるのか? そのこと〔キリストの功績〕がもっぱら救いではないのか? また、人間の働きがどのように聖霊の働きに結合されることができるのか? それ〔聖霊の働き〕が人間の働きなしにすべてのことを行なわないか? それらがもっぱら信仰による義認の活動の中の救いをなすものではないのか? そしてそれら三つのもの〔恩恵・キリストの功績・聖霊の働き〕が、その状態または進歩(発展)の中に、もっぱら救いをなす〔ものとして〕存続するそれゆえ、人間からの付加的な善は、〔前に〕言われたように、救いに寄与する宗教の善と決して呼ばれることはできない。しかし、もし、だれかが救いのためにそのことを行なうなら、それに人間の意志が内在するので、このことはそれを功績のためとみなすことしかできない、むしろ、宗教の悪と呼ばれなくてはならない」。
 [3] 門番の近くの玄関に、二人のよそ者が立ち、これらを聞いた。また自分たちの間で言った、「これらの者に何らかの宗教はない――神ゆえ、そのように神とともに、また神から、隣人に善を行なうことが宗教と呼ばれることを、だれが知らないか?」
 またもう一人が言った、「彼らの宗教は彼らを愚鈍にした」。
 またその時、門番に質問した、「彼らはだれだ?」
 門番は言った、「キリスト教徒の賢明な者である」。
 彼らは答えた、「あなたはむだなおしゃべりをしている、あなたはうそをついている。彼らは役者であり、そのように話している」。
私は去った。
 その家へ私が行ったこと、またその時、それらの事柄について彼らが熟考したこと、また述べられたように起こったことは、主の神的な指導からであった。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第6章, 22:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』 390(直訳[2],[3])
[2.] Ventilatio acris fuit; [2] 討議は鋭かった。
sed praevaluerunt, qui dixerunt quod bona quae homo in statu seu progressione fidei facit, sint modo bona moralia, quae ad prosperitatem in mundo conducunt, sed nihil ad salutem conferunt; しかし、勝った、その者は言った、人間が信仰の状態または進歩(発展)の中で行なった善は、単なる道徳的な善であること、それは世の中で繁栄(成功)のために益する(貢献する)、しかし、何も救いのために寄与しない。
ad hanc confert modo fides. このためには単に信仰が寄与する。
Et confirmarunt illud ita: またそのことをこのように証明した――
"Quomodo potest aliquod bonum voluntarium hominis conjungi cum gratuito? 「どのように人間の自発的な(意志の)何らかの善が恩恵に結合されることができるのか?
fitne salvatio gratis? 救いは恩恵で生じないか?
Quomodo potest aliquod bonum ab homine conjungi cum merito Christi? どのように人間からの何らかの善がキリストの功績に結合されることができるのか?
estne per id unice salvatio? そのこと〔キリストの功績〕がもっぱら救いではないのか? 
Et quomodo potest operatio hominis conjungi cum operatione Spiritus Sancti? またどのように人間の働きが聖霊の働きに結合されることができるのか?
Facitne ille omnia absque ope hominis? それ〔聖霊の働き〕が人間の働きなしにすべてのことを行なわないか?
Suntne illa unice salvifica in actu justificationis per fidem, permanentque illa tria unice salvifica in statu seu progressione ejus? それらがもっぱら信仰による義認の活動の中の救いをなすものではないのか? そしてそれら三つのもの〔恩恵・キリストの功績・聖霊の働き〕がもっぱら救いをなす〔ものとして〕存続する、そお状態または進歩(発展)の中に。
Quare bonum accessorium ab homine nequaquam potest vocari bonum religionis, quod, ut dictum est, confert ad salutem; それゆえ、人間からの付加的な善は決して宗教の善と呼ばれることはできない、それは、〔前に〕言われたように、救いに寄与する。
sed si quis id facit propter salutem, quoniam ei inest hominis voluntas, et haec non potest, non spectare id ut meritum, potius vocandum est malum religionis. " しかし、もし、だれかが救いのためにそのことを行なうなら、それに人間の意志が内在するので、またこのことはそれを功績のためとみなすことでないならできない、むしろ、宗教の悪と呼ばれなくてはならない」。
[3.] Stabant duo gentiles juxta ostiarium in vestibulo, et audiverunt haec; [3] 二人のよそ者が立った、門番の近くに玄関の中に、またこれらを聞いた。
et dicebant inter se, "His non est aliqua religio: また自分たちの間で言った、「これらの者に何らかの宗教はない――
quis non videt, quod bonum facere proximo propter Deum, ita cum Deo, et a Deo, sit quod vocatur religio?" だれが知らない〔か〕? 神ゆえに(のために)隣人に善を行なうことが、そのように神とともに、また神から、宗教と呼ばれることを」。
Et alter dixit, "Fides illorum infatuavit illos. またもう一人が言った、「彼らの宗教は彼らを愚鈍にした(彼らの思慮を失わせた)
Et tunc quaesiverunt ostiarium, "Quinam sunt illi?" またその時、門番に質問した、「彼らはだれだ?」
Dixit ostiarius, "Sunt sapientes Christiani." 門番は言った、「キリスト教徒の賢明な者である」。
Et responderunt, "Garris, mentiris; また彼らは答えた、「あなたはむだなおしゃべりをしている、あなたはうそをついている。
sunt ludiones; 彼らは俳優である。
ita loquuntur." そのように話している。
Et ego abivi. また、私は去った。
Quod ad illam domum venerim, et quod tunc deliberaverint de rebus illis, et quod factum sit sicut describitur, fuit ex auspicio Divino Domini. その家へ私が言ったこと、またその時、それらの事柄について彼らが熟考したこと、また述べられたようになされた(起こった)ことは、主の神的な指導(案内)からであった。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第6章, 20:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』 390(原文と直訳[1])
(1) 原文
390. Sextum Memorabile:
 
In plaga septentrionali mundi spiritualis audivi sicut strepitum aquarum. Quare illuc accessi; et cum prope eram, cessavit strepitus, et audivi sonorum sicut ex congregatione: et tunc visa est domus foraminosa, circumcincta macerie, e qua auditum est sonorum illud. Accessi erat ibi ostiarius, quem quaesivi, "Quinam ibi."
Dixit, quod essent sapientum sapientes, qui inter se concludunt res supranaturales; loquebatur ita ex simplici sua fide.
Et dixi, "Liceatne intrare?"
Dixit quod liceat, "Modo ne aliquid loquaris; quoniam ex venia admitto gentiles, qui in ostio mecum stant."
Quare intravi, et ecce erat circus, et in ejus medio pulpitum, et coetus sapientum ita dictorum ventilabant arcana fidei eorum; et tunc materia seu propositio ventilationi subjecta fuit, Num Bonum, quod homo in Statu Justificationis per fidem, seu in Progressione ejus post Actum, facit, sit Bonum religionis, vel non. Dixerunt unanimiter, quod per bonum religionis intelligatur bonum quod confert ad salutem.
[2.] Ventilatio acris fuit; sed praevaluerunt, qui dixerunt quod bona quae homo in statu seu progressione fidei facit, sint modo bona moralia, quae ad prosperitatem in mundo conducunt, sed nihil ad salutem conferunt; ad hanc confert modo fides. Et confirmarunt illud ita: "Quomodo potest aliquod bonum voluntarium hominis conjungi cum gratuito? fitne salvatio gratis? Quomodo potest aliquod bonum ab homine conjungi cum merito Christi? estne per id unice salvatio? Et quomodo potest operatio hominis conjungi cum operatione Spiritus Sancti? Facitne ille omnia absque ope hominis? Suntne illa unice salvifica in actu justificationis per fidem, permanentque illa tria unice salvifica in statu seu progressione ejus? Quare bonum accessorium ab homine nequaquam potest vocari bonum religionis, quod, ut dictum est, confert ad salutem; sed si quis id facit propter salutem, quoniam ei inest hominis voluntas, et haec non potest, non spectare id ut meritum, potius vocandum est malum religionis.'
[3.] Stabant duo gentiles juxta ostiarium in vestibulo, et audiverunt haec; et dicebant inter se, "His non est aliqua religio: quis non videt. quod bonum facere proximo propter Deum, ita cum Deo, et a Deo, sit quod vocatur religio?" Et alter dixit, "Fides illorum infatuavit illos.
Et tunc quaesiverunt ostiarium, "Quinam sunt illi?"
Dixit ostiarius, "Sunt sapientes Christiani." Et responderunt, "Garris, mentiris; sunt ludiones; ita loquuntur."
Et ego abivi. Quod ad illam domum venerim, et quod tunc deliberaverint de rebus illis, et quod factum sit sicut describitur, fuit ex auspicio Divino Domini.
 
(2) 直訳
390. Sextum Memorabile:― 第六のメモラビリア――
 
In plaga septentrionali mundi spiritualis audivi sicut strepitum aquarum. 霊界の北の方位の中に、私は水の騒音を見いた。
Quare illuc accessi; それゆえ、そこへ、私は近づいた。
et cum prope eram, cessavit strepitus, et audivi sonorum sicut ex congregatione: また近くに私がいたとき、私は集会からのような音声を聞いた。
et tunc visa est domus foraminosa, circumcincta macerie, e qua auditum est sonorum illud. またその時、私は穴だらけの家を見た、壁で囲まれた、それからその音声が聞こえた。
Accessi erat ibi ostiarius, quem quaesivi, "Quinam ibi." 私は近づいた、そこに門番がいた、彼に私は質問した、「だれがそこに」。
Dixit, quod essent sapientum sapientes, qui inter se concludunt res supranaturales; 彼は言った、賢明な賢明な者たちがいたこと、その者たちは自分たちの間で超自然の事柄を証明している(結論づけている)
loquebatur ita ex simplici sua fide. そのように自分の単純な信念(信仰)ら話した。
Et dixi, "Liceatne intrare?" また私は言った、「入ることが許されるのか?」
Dixit quod liceat, "Modo ne aliquid loquaris; 許されることを言った、「ただ、何らかのことをあなたは話さないように。
quoniam ex venia admitto gentiles, qui in ostio mecum stant." 私がよそ者を入れる許可からであるから、その者は入り口の中で私とともに立つ」。
Quare intravi, et ecce erat circus, et in ejus medio pulpitum, et coetus sapientum ita dictorum ventilabant arcana fidei eorum; それゆえ、私は入った、また見よ、円形のもの(丸い場所)あった、またその真ん中に講壇、また賢明な者の集団が、いわゆる(そのよう言われる)、彼らの信仰の秘義を議論していた。
et tunc materia seu propositio ventilationi subjecta fuit, Num Bonum, quod homo in Statu Justificationis per fidem, seu in Progressione ejus post Actum, facit, sit Bonum religionis, vel non. またその時、主題、すなわち、提出された討議の主題(問題)は、善かどうか、人間が信仰によって義認の状態の中で、または、行為の後、その進歩(発展)の中で、行なう、宗教の善である、あるいはない。
Dixerunt unanimiter, quod per bonum religionis intelligatur bonum quod confert ad salutem. 彼らは一致して言った、宗教の善によって善か意味されること、それは救いに寄与する。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第6章, 23:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』 389(訳文])
(3) 訳文
389. 第五のメモラビリア――
 
 かつて天界から、霊たちの世界のある社会ろされたられた。そこの教会二人指導者たちがいた、彼らの聖職者長老とともに
 その紙の中に、主イエス・キリストを天地の神として認めるように(その方が「マタイ」28:18教えるように)そして、律法の働きなしに義とする信仰は間違ったものなので、その教えから去るように、との警告があった。
 その紙は多くの者により読まれ、筆写され、またそれらの中にあったことについて、考え、また多くの者に、思慮分別をもっ話した。しかし、それらを受け入れた後、自分たちの間で、「私たちは指導者たちに聞こう」と言った。
また、聞かれた、しかし、彼ら〔指導者〕は否定(反駁)し、不可とした――けれども、その社会の指導者たちは前の世の中で吸収した虚偽から固い心であった。それゆえ、自分たちの間の短い協の後、天界からやって来た紙をそこへ送り返した。
 その行為で、あるブツブツ声の後、大部分の平信徒は以前の自分の承諾から引き下がった、またその時、霊的なものの中での彼らの判断の光は、それは前に光を放っていたが、急に消えた。再び、しかし、むだに警告された後、私はその沈む社会を見た、しかし、それを深くは見なかった、そのように彼らの視野から私は遠ざかった。彼らはもっぱら主を礼拝し、信仰のみの義認を退けた者であった。
 [2] しかし、数日後、私は「低い地」から上って来るほぼ百人ほどの者を見た、そこへその小さな社会が沈んだのであった、その者は私に近づいた。また彼らからのある話す者が言った、「私は驚くべきことを聞きました――私たちが沈んでいる時、私たちの場所は池のように、しかし、じきに、乾いた地のように、またその後、小さな都に見られ、その中に、多く者に自分の家がありました。
 翌日、私たちは私たちの間で、何をすべきか協議しました。多くの者は、天界から降った紙を送り返し、そこから、またそのためにそのことはこの私たちに起こったので、その二人の教会の指導者たちに近づき、穏やかに非難すべきであることを言いました。さらにまたある者たちを選びました」(また、私に話す者が言った、その者たちからの一人であったこと)
『私たちは、私たちのもとに他の者にまさって教会があること、また宗教があることを信じていました。私たちは福音の最高の光の中にいる、と言われていることを聞いたからです。しかし、私たちからのある者は天界からの照らしを、また照らしの中で知覚を与えられました、今日、キリスト教世界の中に、もはや宗教がないので教会がないことです』。
 [3] 指導者たちは言いました、『何をあなたがたは言うのか? みことばがあり、救い主キリストが知られ、また典礼(秘跡)があるところに教会があるのではないのか?』
 これらに私たちは答えました、『それらは教会のものです、なぜなら、それらは教会をつくるからです、しかし、〔それらは〕教会を人間の外につくらないで、人間の内につくります』。 またさらに言いました、『三つの神が礼拝されているところに教会は存在することができるのですか?
その教え全体がパウロの言ったただ一つの虚偽の理解の上に基づき、またここからみことばの上に基づいていないところに教会は存在することができるのですか?
教会の神そのものである世の救い主が近づかれないところに教会は存在することができるのですか? むしろ宗教は悪を避けることと善を行なうことであることをだれが否定することができますか? 信仰だけが救うこと、また同時に、仁愛が救わないことが教えられるところに、何らかの宗教がありますか? 人間から発出する仁愛は、道徳的また市民的な仁愛以外でないなら存在しないことが教えられるところに、宗教がありますか? その仁愛の中に、何らかの宗教のものがないことをだれが見ませんか? 信仰だけの中に何らかの行なわれたものまたは働きのものがありますか、そのときそれでも行なうことの中に宗教が存します。 仁愛の善による救うすべてのものを排除する国民は全地の地球の中に存在しますか? そのときそれでも、宗教のすべてのものは善の中に、また教会のすべてのものは教えの中に存します、それは真理を、また真理を通して善を教えます。もし私たちが、天界から降ったその紙を私たちの内部に運び、それを受け入れたなら、私たちにどんな栄光があったでしょうか』。
 [4] 「その時、指導者たちは言いました、『あなたはあまりに声高に話す――完全に義とするまた救う信仰である活動での信仰が、教会ではないのか? また、発出するまた完成する信仰の状態が、宗教ではないのか? このことを把握せよ、子たちよ』」。
 「しかし、その時、私たちの賢明な者は言いました、『聞いてください、父たちよ――人間は活動での信仰をあなたがたの教義にしたがって切り株のように〔心に〕抱きませんか? 切り株は教会の中で生かされることができますか? あなたがたの観念にしたがって信仰の状態は、活動での信仰の継続と進行ではありませんか? また、あなたがたの教義にしたがうとき、救うすべての者は信仰の中にあり、また人間により仁愛の善の中に何らかのものはなく、その時、どこに宗教がありますか?』
 その時、高位聖職者は言いました、『友よ、そのようにあなたは話す、あなたは信仰のみによる義認の秘義を知らないからである。また、それを知らない者は、内的なものによる救いの道を知らない。 あなたの道は外なるものであり、庶民のものである。もし、あなたが欲するなら、それを行け。しかし、あなたは単に知らなければならない、すべての善は神からであり、決して人間からでないこと、またこのように人間は霊的なものの中で決して自分自身からできないこと。その時、どのように人間は霊的な善である善を自分自身から行なうことができるのか』。
 [5] これらに、彼らと〔話す〕私たちの話す者は、大いに憤慨して答えました、『私はあなたがたの義認の秘義をあなたがたよりもさらに知っています、また腹蔵なくあなたがたに言います、あなたがたの秘義の中の内部に、私は亡霊以外でないなら見ませんでした。宗教は神を認めることと愛すること、そして悪魔を避けることと憎しみを持つことではありませんか? 神は善そのもの、悪魔は悪そのものはありませんか? 
 全地の地球の中で宗教があるだれが、このことを知りませんか?
 神を認めることと愛することは、善を行なうことではありませんか? これは神のもの、また神からのものであるので、また悪魔を避けることと憎しみを持つことではないありませんか、悪を行なわないこと、これは悪魔のもの、また悪魔からのものであるからです。
 または同じことですが、あなたがたが十分に義とするまた救う信仰と呼ぶ、または同じことですが〕、信仰のみによる義とするあなたがたの活動と呼ぶ、あなたがたの活動での信仰は、何らかの善を行なうことを教えませんか? 善は神のもの、また神からのものであり、何らかの悪を避けること、それは悪魔のもの、また悪魔からのものであることを教えませんか? 
あなたがたが発出するまた完全にする信仰と呼ぶあなたがたの状態での信仰は、活動での信仰と同じものでないなら何ですか。
 あなたがたが、自分自身によるように人間によるすべての善を、あなたがたの秘義の中で、『救いは好意からのものであるとき、どのように人間は自分自身からの何らかの善によって救われることができるのか?』と言って排除するとき、どのようにこれは完全にされることができるのですか? なおまた、『人間による善は功績を求めるものでないなら何か? それでもすべての功績はキリストものである。それゆえ、救いの理由で善を行なうことは、自分自身に帰することにな、それはキリストだけのものである、さらにまたこのように自分自身に義とすることと救うことを欲することなる』。なおまた、『聖霊がすべてのものを、人間の何の働きもなしに働くとき、どのようにだれかが善を働くことができるのか? その時、人間によるすべての善は本質的に善でないとき、人間からのその付けたし善からの働きとは何か?』ほかに多くのこと――
 [6] これらがあなたがたの秘義ではありませんか? しかし、それらは私の目に、あなたがたが仁愛の善である善の働きを遠ざける目的のために引き起こしたつくった単なる詭弁と欺瞞です、それらは、あなたがたの信仰のみを確実にするためのものです。
 またこのことをあなたがたは行なうので、あなたがたは人間を、それら〔善の働き〕に関して、また全般的に、教会と宗教のものであるすべての霊的なものに関して、丸太のように、あるいは、生命のない偶像(彫像)のように見なし、人間を神の像へ向けて創造されたものとして見なしません、人間には、理解し、意志し、信じ、愛し、そして話し、行なう能力が、完全に自分自身からのように、特に霊的なものの中で与えられ、また絶えず与えられています、人間はそれらから人間であるからです。
 もし、人間が自分自身からのように霊的なものの中で考えず、活動しないなら、その時、みことばとは何ですか? その時、教会と宗教とは何ですか? また、その時、礼拝とは何ですか?
 あなたがたは、愛から隣人に善を行なうことが仁愛であること知っています。しかし、あなたがたは、何が仁愛か知りません。そのとき、それでも、仁愛は信仰の霊魂と本質です――また仁愛はそれら両方のものであるので、その時、仁愛から遠く離れた信仰とは 死んだものでないなら何ですか? 死んだ信仰は亡霊以外の何ものでもありません。私はそれを亡霊と呼びます、ヤコブが善の働きなしの信仰を、死んだものとだけでなく、しかし、悪魔のようなものともまた呼んだからです』。
 [7] その時、その指導者たちからの一人は、自分の信仰が死んだもの、悪魔のもの、亡霊と呼ばれれいるのを聞いたとき、自分の頭から司教冠をひったくって、『私たちの教会の敵を復讐する前に、私は取り戻さない』と言って、机の上に投げ出し、それほどに激しく怒った。また、ぶつぶつ言いながら頭を動かし、また、「あいつだ、ヤコブ、あいつだ、ヤコブ」言った。
 司教冠の額の部分に金属板あり、それに「義とする信仰のみ」と彫り込まれていた。
 またその時、突然、地から起き上がる怪物が見られた。七つの頭、雌グマのような足、ヒョウのような身体、ライオンのような口があり、「黙示録」(13:1, 2)に描かれている獣にまったく似ていた、その像が造られ、崇拝された(14, 15)。この怪物は机から司教冠を取り、その下方を広げた、自分の七つの頭の上に置いた。その行為で、その足の下に、地は開き、沈んだ。
 これを見て、指導者は叫んだ、『暴力、暴力』。
 その時、私たちは彼らから去った、また、見よ、私たちの目の前に階段。それを通って私たちは上り、地の上へ戻り、また視野の中に天界〔が現われた〕、そこに私たちは以前にいた」。
 これらを、他の百〔人〕とともに「低い地」から上ったその霊は私に語った。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第6章, 00:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』 389(直訳[7])
[7.] Tunc unus ex praesulibus illis, cum audivit fidem suam vocari mortuam, diabolicam, et spectrum, in tantum excanduit, ut e capite suo eriperet cidarim, et conjiceret super mensam, dicens, 'Non resumam antequam ultus fuero hostes Fidei Ecclesiae nostrae:' [7] その時、その指導者たちからの一人は、自分の信仰が死んだもの、悪魔のもの、また亡霊と呼ばれれいるのを聞いたとき、それほどに激しく怒った、自分の頭から司教冠(かぶり物)ひったくったように、また机の上に投げつけた、言って、『私は取り戻さない、私が私たちの教会の敵を復讐する(fueroは未来完了)前に』。
et movit caput murmurans et dicens, 'Ille Jacob, ille Jacob.' また、ぶつぶつ言いながら頭を動かした、また言って、「彼、ヤコブ〔だ〕、あいつだ、ヤコブだ」。
In fronte cidaris erat bractea, cui insculpta fuit Sola Fides Justificans. 司教冠(かぶり物)の額の中に金属板(←装飾用)あった、それに「義とする信仰のみ」と彫り込まれていた。
Et tunc subito apparuit monstrum e terra surgens cum septem capitibus, cui pedes sicut ursi, corpus sicut pardi, et os sicut leonis, prorsus similis bestiae, quae describitur Apoc. (xiii. 1, 2), cujus imago facta et adorata est (vers. 14, 15): またその時、突然に、地から起き上がる(現われる)怪物が見られた、七つの頭とともに、雌グマのような足とともに、ヒョウのような身体、またライオンのような口、まったく獣に似て、それは「黙示録」(13:1, 2)に描かれている、その像が造られ、崇拝された(14, 15)
hoc spectrum e mensa desumpsit cidarim, et dilatavit illam infra, et posuit super septem suis capitibus; この怪物は机から司教冠(かぶり物)を取った、またその下方を広げた、また自分の七つの頭の上に置いた。
quo facto, terra hiabat sub pedibus ejus, et [7]subsedit. その行為で、地は開いた(hio)、その足の下に、また沈んだ。
Hoc viso clamavit praesul, 'Violentia, Violentia.' これを見て、指導者は叫んだ、『暴力、暴力』。
Tunc abivimus ab illis, et ecce gradus coram oculis nostris, per quos ascendimus, et redivimus super terram, et in conspectum caeli, ubi fuimus prius." その時、私たちは彼らから去った、また、見よ、私たちの目の間に階段、それを通って私たちは上った、また私たちは地の上へ戻った、また天界の視野の中に、そこに私たちは以前にいた。
Haec narravit mihi spiritus ille, qui cum centum aliis ex terra inferiore ascenderat. これらをその霊は私に語った、その者は他の百〔人〕とともに「低い地」から上った。
 
@1 illa pro “ille” 注1 ille」の代わりにilla
@2 subsedit (cum Doctore Tafel,) pro “subsidit” 注2 subsidit」の代わりにsubsedit(ターフェル博士にしたがって)。〔スヴェーデンボリは他の著書でもsubsidetと綴っていました〕
@3 subsedimus (cum Doctore Tafel,) pro “subsidimus” 注3 subsidimus」の代わりにsubsedimus(ターフェル博士にしたがって)
@4 ubi docetur:sic exemplum Auctoris; sic quoque Apo. Rev., n. 675. 注4 ubi docetur――このように著者の写し(本)に。このように『啓示された黙示録』675番にもまた。
@5 et amare:sic exemplum Auctoris; sic quoque Apo, Rev., n. 675. 注5 et amare――このように著者の写し(本)に。このように『啓示された黙示録』675番にもまた。
@6 quoad pro “quod” 注6 quod」の代わりにquoad
@7 subsedit (cum Doctore Tafel,) pro “subsidit” 注7 subsidit」の代わりにsubsedit(ターフェル博士にしたがって)
author:yasubee, category:原典講読『真教』第6章, 22:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』 389(直訳[6])
[6.] nonne haec sunt arcana vestra? [6] これらがあなたがたの秘義ではないのか?
Sed illa in meis oculis sunt merae argutiae et astutiae effictae propter finem ut removeatis bona opera, quae sunt bona charitatis, ad stabiliendum vestram solam fidem. しかし、それらは私の目の中に単なる詭弁(こじつけ)と欺瞞である、あなたがたが善の働きを遠ざけるための目的のために引き起こした(つくった)、それらは仁愛の善である、あなたがたの信仰のみを確立(確実に)するために。
Et quia hoc facitis, spectatis hominem [6]quoad illam, et in genere quoad omnia spiritualia, quae ecclesiae et religionis sunt, sicut stipitem, vel sicut simulacrum inanimatum, et non ut hominem creatum ad imaginem Dei, cui data est et continue datur facultas intelligendi et volendi, credendi et amandi, ac loquendi et faciendi, prorsus sicut a se, imprimis in spiritualibus, quia homo est homo ex illis. またこのことをあなたがたは行なうので、あなたがたは人間を眺める(見なす)、それら〔善の働き〕に関して、また全般的に、すべての霊的な者に関して、それらは教会と宗教のものである、丸太のように、あるいは、生命のない偶像(彫像)のように、また人間を神の像へ向けて創造された〔もの〕として〔見なさ〕ない、それに与えられている、また絶えず与えられている、理解し、意志する能力が、信じ、愛し、そして話し、行なう〔能力が〕、完全に自分自身からのように、特に霊的なものの中で、人間はそれらから人間であるからである。
Si homo in spiritualibus non cogitaret et operaretur sicut a se, quid tunc Verbum? もし、人間が霊的なものの中で考えない、また活動しないなら、自分自身からのように、その時、みことばとは何か?
quid tunc ecclesia et religio? その時、教会と宗教とは何か?
et quid tunc cultus? また、その時、礼拝とは何か?
Nostis quod facere bonum proximo ex amore sit charitas; あなたがたは知っている、愛から隣人に善んを行なうことが仁愛であること。
at non nostis quid charitas; しかし、あなたがたは知らない、何が仁愛か。
cum tamen charitas est anima et essentia fidei: そのとき、それでも、仁愛は信仰の霊魂と本質である。
et quia charitas est utraque illa, quid tunc fides remota charitate, nisi mortua? また仁愛はそれら両方のものであるので、その時、仁愛から遠く離れた信仰とは何か? 死んだものでないなら。
et fides mortua non est nisi quam spectrum; また、死んだ信仰は亡霊以外でないなら〔何ものでも〕ない。
voco illam spectrum, quoniam Jacobus vocat fidem absque bonis operibus non solum mortuam, sed etiam diabolicam.' 私はそれを亡霊と呼ぶ、ヤコブが善の働きなしの信仰を呼んだので、死んだものとだけでなく、しかし、悪魔のようなものともまた。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第6章, 23:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』 389(直訳[5])
[5.] Ad haec noster loquens cum illis, valde indignatus, respondit, `Scio arcana justificationis vestra plus quam vos, et aperte vobis dico, quod interius in arcanis vestris non viderim nisi quam spectra.  [5] これらに、私たちの話す者は、彼らと、大いに憤慨して、答えた、私はあなたがたの義認の秘義をあなたがたよりもさらに知っている、またあからさまに(腹蔵なく)あなたがたに言う、あなたがたの秘義の中の内部に、私は亡霊以外でないなら見なかった。
Annon religio est agnoscere [[5]et amare] Deum, ac fugere et odio habere diabolum? 宗教は神を認めることと愛することでなないのか、そして悪魔を避けることと憎しみを持つこと。
Estne Deus ipsum Bonum, et Diabolus ipsum Malum? 神は善そのものではないのか、また悪魔は悪そのもの。
Quis in universo terrarum orbe, cui est religio, hoc non novit? だれが全地の地球の中で、その者に宗教がある、このことを知らないか?
Estne agnoscere et amare Deum, facere bonum, quia hoc est Dei et a Deo, et estne fugere et odio habere Diabolum, non facere malum, quia hoc est Diaboli et a Diabolo? 神を認めることと愛することは、善を行なうことではないのか? これは神のもの、また神からのものであるので、また悪魔を避けることと憎しみを持つことではないのか、悪を行なわないこと、これは悪魔のもの、また悪魔からのものであるので。
Seu quod idem, vestra fides actu, quam vocastis fidem plene justificantem et salvantem, seu quod idem, vester actus justificationis per solam fidem, num docet facere aliquod bonum, quod est Dei et a Deo, et num docet fugere aliquod malum quod est Diaboli et a Diabolo? または同じこと〔であるが〕、あなたがたの活動での信仰は、それをあなたがたは十分に義とするまた救う信仰と呼ぶ、または同じこと〔であるが〕、信仰のみによる義とするあなたがたの活動〔と呼ぶ〕、〔しかし〕何らかの善を行なうことを教えないのか? それは神のもの、また神からのものである、また教えないのか、何らかの悪を避けること、それは悪魔のもの、また悪魔からのものであること。
prorsus nihil, quia statuitis, quod in utroque nihil salutis sit. まったく何も〔教え〕ない、あなたがたは持論とする(決め込んでいる)ので、両方の(どちらの)中にも、救いはないもないことを。
Quid vestra fides statu, quam vocavistis fidem procedentem et perficientem, nisi eadem cum fide actu. あなたがたの状態での信仰は何か、それをあなたがたは発出するまた完全にする信仰と呼ぶ、活動でも信仰と同じものでないなら。
Quomodo potest haec perfici, cum excluditis omne bonum ab homine sicut ab ipso, dicendo in arcanis vestris, `Quomodo potest homo salvari per aliquod bonum a se, cum salvatio est gratuita?' どのようにこれは完全にされることができるのか、あなたがたが排除するとき、自分自身によるように人間によるすべての善を、あなたがたの秘義の中で言って、『どのように人間は自分自身からの(による)何らかの善によって救われることができるのか、救いは無料(好意からのもの)であるとき?』
tum 'Quid bonum ab homine, nisi meritorium, et tamen meritum Christi est omne? なおまた、『人間からの(による)善とは何か? 功績を求めるものでないなら、またそれでもすべての功績はキリストものである。
quare bonum facere salutis causa, foret sibi attribuere quod solius Christi est, sic etiam foret velle semet justificare et salvare:' それゆえ、救いの理由で善を行なうことは、自分自身に帰することになった(接続・なる)、それはキリストだけのものである、さらにまたこのように自分自身に義とすることと救うことを欲することなった(接続・なる)
tum `Quomodo potest quis operari bonum, cum Spiritus Sanctus operatur omnia absque ulla ope hominis? なおまた、『どのようにだれかが善を働くことができるのか? 聖霊がすべてのものを、人間の何の働きもなしに働くとき。
quid tunc opus est a quo bono accessorio ab homine, cum omne bonum ab homine in se non est bonum? その時、人間からの(による)その付けたし(補助の)善からの働きとは何か? 人間によるすべての善は本質的に善でないとき。
praeter plura: ほかに多くのこと――
author:yasubee, category:原典講読『真教』第6章, 06:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』 389(直訳[4])
 [4.] "Tunc praesules dixerunt, `Loqueris nimis alte: [4] 「その時、指導者たちは言った、『あなたはあまりに声高に話す――
annon fides actu, quae est fides plene justificans et salvans, est ecclesia? 活動での信仰が、それは完全に義とするまた救う信仰である、教会ではないのか?
et annon fides statu, quae est fides procedens et perficiens, est religio? また、信仰の状態が、それは発出するまた完成する、宗教ではないのか?
Apprehendite hoc, filii. このことをつかまえよ、子たちよ。
" Sed tunc sapiens noster dixit, 'Audite, patres: 「しかし、その時、私たちの賢明な者は言った、『聞け、父たち――
annon homo concipit fidem actu sicut stipes secundum vestrum dogma? 人間は活動での信仰を〔心に〕いだかないか? あなたがたの教義にしたがって切り株のように。
Num stipes potest vivificari in ecclesiam? 切り株は教会の中で生かされることができるのか?
Annon fides statu est secundum vestram ideam continuatio et progressio fidei actu? 信仰の状態は、あなたがたの観念にしたがって、活動での信仰の継続と進行でないのか?
et cum secundum vestrum dogma, omne salvificum est in fide, et non aliquid in bono charitatis ab homine, ubi tunc est religio?' また、あなたがたの教義にしたがうとき、救うすべての者は信仰の中にある、また人間により仁愛の善の中に何らかのものはない、その時、どこに宗教があるのか?
Tunc dixerunt antistites, 'Amice, loqueris ita, quia non scis arcana justificationis per solam fidem; その時、指導者(高位聖職者)は言った、「友よ、そのようにあなたは話す、あなたは信仰のみによる義認の秘義を知らないからである。
et qui illa non scit, non scit viam salvationis ab interiori. また、それを知らない者は、内的なものにより救いの道を知らない。
Tua via est externa et plebeia; あなたの道は外なるものである、また庶民のものである。
vade illam si vis; それを行け、もし、あなたが欲するなら。
at scias modo, quod omne bonum sit a Deo, et nihil ab homine, et quod sic homo in spiritualibus nihil possit a se; しかし、あなたは単に知らなければならない、すべての善は神からであること、また決して人間からでない、またこのように人間は霊的なものの中で決して自分自身からできないこと。
quomodo tunc potest homo facere bonum, quod est bonum spirituale, a se.' その時、どのように人間は善を行なうことができるのか、それは霊的な善である、自分自身から』。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第6章, 01:50
comments(1), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』 389(直訳[3])
[3.] Dixerunt praesules, `Quid loquimini? [3] 指導者(長)たちは言った、「何をあなたがたは言うのか?
estne ecclesia ubi est Verbum, ubi Christus Salvator notus est, et ubi sunt sacramenta?' 教会ではないのか、そこにみことばがある、そこに救い主キリストが知られている、またそこに典礼(秘跡)がある?」
Ad haec respondit noster, `Illa sunt ecclesiae, nam illa faciunt ecclesiam, sed non faciunt illam extra hominem, sed intra hominem.' これらに私たちは答えた、「それらは教会のものである、なぜなら、それらは教会をつくるからである、しかし、〔それらは〕それ☆を人間の外につくらない、しかし、人間の内に」。
illamは女性単数対格です。これに相当する語は「教会」です。
Et porro dixit, `Potest ecclesia esse ubi coluntur tres Dii? またさらに言った、『教会は存在することができるのか、そこに三つの神が礼拝されている?
Potest ecclesia esse, ubi tota ejus doctrina fundatur super unico Pauli dicto false intellecto, et inde non super Verbo? 教会は存在することができるのか? その教え全体がパウロの言ったただ一つの虚偽の理解の上に基づいている、またここからみことばの上に〔基づいてい〕ない。
Potest ecclesia esse, dum salvator mundi, qui est ipse Deus ecclesiae, non aditur? 教会は存在することができるのか? 世の救い主が、そものは教会の神そのものである、近づかれない。
Quis negare potest, quin religio sit fugere malum et facere bonum? だれが否定することができるか? むしろ宗教は悪を避けることと善を行なうことである。
Num est aliqua religio [[4]ubi docetur] quod sola fides salvet, et non simul charitas? 何らかの宗教があるのか? そこに教えられる、信仰だけが救うこと、また同時に、仁愛は〔救わ〕ない。
Num est religio ubi docetur quod charitas procedens ab homine non sit nisi quam charitas moralis et civilis? 宗教があるのか? そこに教えられる、人間から発出する仁愛は、道徳的また市民的な仁愛以外でないなら〔存在し〕ないこと。
Quis non videt quod in illa charitate non sit aliquid religionis? だれが見ないか、その仁愛の中に、何らかの宗教のものがないこと?
Num est in sola fide aliquod facti seu operis, cum tamen in facere consistit religio. 信仰だけの中に何らかの行なわれたものまたは働きのものがあるのか、そのときそれでも行なうことの中に宗教が存する。
Num datur in universo terrarum orbe gens, quae excludit omne salvificum a bonis charitatis, quae sunt bona opera? 全地の地球の中に国民は存在するのか? それは仁愛の善による救うすべてのものを排除する。
cum tamen omne religionis consistit in bono, et omne ecclesiae in doctrina quae docet vera, et per vera bona. そのときそれでも、宗教のすべてのものは善の中に存する、また教会のすべてのものは教えの中に〔存する〕、それは真理を教える、また真理を通して善を。
Quae gloria nobis fuisset, si acceptaverimus illa, quae charta e caelo demissa in sinu suo portavit.' 私たちのどんな栄光があっただろうか、もし私たちはそれを受け入れたなら、天界から降ったその紙を私たちの内部に運んだ」。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第6章, 20:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark