RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『天界の秘義』より「最後の審判」について 15,16,17(終了)
(1) 原文(15)
2131. Qui intromittuntur, a societatibus angelicis recipiuntur cum intima charitate et ejus gaudio, ac illis omnis amor et amicitia exhibetur; at dum in societatibus illis ad quas primum veniunt, non libenter esse volunt, tunc ab aliis societatibus recipiuntur, et hoc successive usque dum ad illam societatem veniunt cum qua concordant secundum vitam amoris {1}mutui quae illis, ac ibi manent tamdiu dum adhuc perfectiores evadunt, et inde tunc in majorem felicitatem elevantur et exaltantur, et hoc ex misericordia Domini secundum vitam amoris et charitatis quam in mundo receperunt: sed translatio ab una societate in alteram nusquam fit per rejectionem a societate ubi sunt, sed per voluntarium quoddam apud eos, secundum desiderium, quod illis insinuantur a Domino, et quia secundum desideria, nihil non fit ex libero.
 
@1 sui.
 
(2) 直訳
2131. Qui intromittuntur, a societatibus angelicis recipiuntur cum intima charitate et ejus gaudio, ac illis omnis amor et amicitia exhibetur; 入れられる者たちは、天使の社会から最内部の仁愛とそのうれしさとともに受け入れられる、そして彼らにすべての愛と友情が示される。
at dum in societatibus illis ad quas primum veniunt, non libenter esse volunt, tunc ab aliis societatibus recipiuntur, et hoc successive usque dum ad illam societatem veniunt cum qua concordant secundum vitam amoris {1}mutui quae illis, ac ibi manent tamdiu dum adhuc perfectiores evadunt, et inde tunc in majorem felicitatem elevantur et exaltantur, et hoc ex misericordia Domini secundum vitam amoris et charitatis quam in mundo receperunt: しかし、その社会の中に、それへ最初にやって来た、喜んで(進んで)ることを欲しない時、その時、別の社会により受け入れられる、またこのことはその社会にやって来る時まで継続する、それに相互愛のいのちにしたがって一致している、それが彼らに〔ある〕、そしてそこにとどまる、さらに完成された(完全な)ものになる(変わる)まで、またここからその時、さらに大きな幸福の中に上げられる、また高められる、またこのことが主の慈悲から〔行なわれる〕、愛と仁愛の生活(いのち)したがって、それを世の中で受け入れた。
sed translatio ab una societate in alteram nusquam fit per rejectionem a societate ubi sunt, sed per voluntarium quoddam apud eos, secundum desiderium, quod illis insinuantur a Domino, et quia secundum desideria, nihil non fit ex libero. しかし、ある社会から別の社会へ中への移動は決してそこにいる社会からの排斥によって生じない、しかし、彼のもとのある意志によって、願望(欲望)にしたがって、それは彼に主により徐々に持ち込まれる、また願望(欲望)にしたがって〔いる〕ので、何も自由からは生じない〔ものは〕ない。
 
@1 sui. 注1 suiの代わりにmutui
 
(3) 訳文
 152131] 入れられる者たちは、天使の社会から最内部の仁愛とそのうれしさとともに受け入れられ、そして彼らにすべての愛と友情が示される。しかし、喜んで最初にやって来たその社会の中にいることを欲しない時、別の社会により受け入れられ、またこのことは、彼らにある相互愛のいのちにしたがって一致している社会にやって来る時まで継続し、そしてそこに、〔自分たちが〕さらに完成された(完全な)ものになるまでとどまる、またここからその時、さらに大きな幸福の中に上げられ、高められる。このことは、主の慈悲から、世の中で受け入れた愛と仁愛の生活(いのち)したがって、行なわれる――しかし、ある社会から別の社会へ中への移動は決してそこにいる社会からの排斥によって生じない、しかし、彼のある意志によって、主により彼に徐々に持ち込まれる願望にしたがって生じ、また願望にしたがって〔いる〕ので、何でも自由から生じている。
 
(1) 原文(16)
2132. Quod in Verbo dicatur quod `intraverit etiam unus qui non indutus veste nuptiali,' Matth. xxii 11-13, et quod is ejectus sit, quomodo hoc se habet, etiam ostensum: sunt {1}qui illo dolo in vita eorum corporis imbuti ut simulare possint lucis angelos, et tunc cum in illo statu hypocritico in altera vita sunt, etiam se insinuare possunt in societates proximas caelestes; at non diu ibi persistunt, ilico enim dum percipiunt amoris mutui sphaeram ibi, timore et horrore corripiuntur et se inde praecipitant, ac tunc in mundo spirituum apparet sicut quod dejecti sint, quidam versus stagnum, quidam versus gehennam, quidam in aliud quoddam infernum.
 
@1 quidam
 
(2) 直訳
2132. Quod in Verbo dicatur quod `intraverit etiam unus qui non indutus veste nuptiali,' Matth. xxii 11-13, et quod is ejectus sit, quomodo hoc se habet, etiam ostensum: みことばの中に言われていること、「ある者もまた入った、その者は婚礼の衣服を着ていなかった」こと「マタイ」22:11-13、また彼は追い出された、どのようにこれは振る舞うか(〜であるか)さらにまた示された。
sunt {1}qui illo dolo in vita eorum corporis imbuti ut simulare possint lucis angelos, et tunc cum in illo statu hypocritico in altera vita sunt, etiam se insinuare possunt in societates proximas caelestes; その者に彼の身体のいのちの中で欺くこと(策略)を教え込まれた者がいる、光の天使を偽り装うことができるような、またその時、来世の中でその偽善の状態の中にいるとき、さらにまた自分自身を入り込ませることができる、最も近い天界の社会の中へ。
at non diu ibi persistunt, ilico enim dum percipiunt amoris mutui sphaeram ibi, timore et horrore corripiuntur et se inde praecipitant, ac tunc in mundo spirituum apparet sicut quod dejecti sint, quidam versus stagnum, quidam versus gehennam, quidam in aliud quoddam infernum. しかし、長い間、そこに存在し続けない、というのは、すぐさま、そこに相互愛のスフェアを知覚する時、恐れと身震いに襲われる、そしてその時、霊たちの世界の中に投げ落とされることのように見える、ある者は池に向かって、ある者はゲヘナに向かって、ある者は何らかのある地獄の中へ。

@1 quidam. 注1 quidamの代わりにqui
 
(3) 訳文
 162132] みことばの中に、「婚礼の衣服を着ていなかった者もまた入った」こと、また彼が追い出されたが言われており(「マタイ」22:11-13)、これはどのようなことであるかもまた示された――いのちが身体の中にあったとき欺くことを教え込まれ、光の天使を偽り装うことができるような者がいて、来世の中でその偽善の状態の中にいるとき、その者はさらにまた自分自身を最も近い天界の社会の中へ入り込ませることができる。しかし、長い間、そこにいることは続かない、というのは、そこの相互愛のスフェアを知覚する時、すぐさま、恐れと身震いに襲われ、そしてその時、霊たちの世界の中で、ある者は池に向かって、ある者はゲヘナに向かって、ある者は何らかのある地獄の中へ投げ落とされるように見える。
 
(1) 原文(17)
2133. Bis et ter, ex Divina Domini Misericordia, eousque caelum mihi apertum fuit ut audiverim glorificationem Domini communem, quae talis est ut {1}plures societates simul et unanimiter, sed usque quaelibet societas per se distinctis affectionibus et de ideis, glorificarent Dominum; erat caelestis vox audita in longum et latum in tam immensum ut auditus deficeret absque fine, sicut visus dum spectat universum; et hoc erat cum intimo gaudio ac intima felicitate. Etiam percepta glorificatio Domini quandoque instar radiationis defluentis et afficientis interiora mentis. Glorificatio haec fit quando in statu tranquillitatis et pacis sunt, nam tunc ex intimis eorum gaudiis ac ex ipsis felicitatibus illa effluit.
 
@1 innumerabiles.
 
(2) 直訳
2133. Bis et ter, ex Divina Domini Misericordia, eousque caelum mihi apertum fuit ut audiverim glorificationem Domini communem, quae talis est ut {1}plures societates simul et unanimiter, sed usque quaelibet societas per se distinctis affectionibus et de ideis, glorificarent Dominum; 二度また三度、主の神的な慈悲から、それだけ天界が私に開かれた、私が主の共通の(普遍的な)賛美を聞くような、それはこのようなものである、多くの社会が同時に(一緒に)また一つの心で、しかしそれでもどんな社会もそれ自体の区別された情愛によって、また観念から、主を賛美した。
erat caelestis vox audita in longum et latum in tam immensum ut auditus deficeret absque fine, sicut visus dum spectat universum; 天界の声であった、長く(遠く)た広く聞かれる、これほどに広大無辺に(果てしなく)聞かれることが末端なしに欠くように、宇宙を見る時の視覚のように。
et hoc erat cum intimo gaudio ac intima felicitate. またこのことが最内部のうれしさとともにであった、そして最内部の幸福。
Etiam percepta glorificatio Domini quandoque instar radiationis defluentis et afficientis interiora mentis. さらにまた主の賛美が知覚された、時々、心の内的なもの(内側)を流れ下る、また感動させる光線の放射のように☆。
instarは属格をとります。
Glorificatio haec fit quando in statu tranquillitatis et pacis sunt, nam tunc ex intimis eorum gaudiis ac ex ipsis felicitatibus illa effluit. この賛美は〔彼らが〕静けさと平和の状態の中にいる時、生じる、なぜなら、その時、彼らの最内部のうれしさから、そして幸福そのものからそれ〔賛美〕が流れ出るから。
 
@1 innumerabiles. 注1 innumerabilesの代わりにplures
 
(3) 訳文
 172133] 二度か三度、主の神的な慈悲から、私が主への普遍的な賛美を聞くような天界が私に開かれ、それは、多くの社会が一緒にまた一つの心で、しかしそれでもどんな社会もそれ自体の区別された情愛と観念によって主を賛美したようなものであった。聞かれることにその末端がないようにも、宇宙を見る時の視覚のように、これほどに果てしなく遠くまた広く〔聞かれる〕天界の声であった。またこのことが最内部のうれしさと最内部の幸福と一緒であった。
 さらにまた、主の賛美が、時々、心の内側を流れ下り、感動させる光線の放射のように知覚された。
 この賛美は〔彼らが〕静けさと平和の状態の中にいる時、生じる、なぜなら、その時、彼らの最内部のうれしさから、そして幸福そのものからその賛美が流れ出るからである。
 
 
◎これで終了です。前に述べたように、これはスヴェーデンボリ出版からの次の出版物『世の終わりと最後の審判』に取り入れます(早ければ3カ月後に出版できるでしょう)
 
 次からは、中断していた『真のキリスト教』を再開します。(下巻の)第7章からです。
author:yasubee, category:『天界の秘義』より「最後の審判について」, 22:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界の秘義』より「最後の審判」について 14
(1) 原文(14)
2130. Quod alterum attinet, nempe ideam ultimi judicii coram bonis cum intromittuntur in caelum, quomodo se habet, licet referre: dicitur in Verbo quod clausa sit janua ut non amplius intromitti possint; et quod oleum defecerit, ac serius venerint, et ideo non admissi, per quae etiam status ultimi judicii significatur; quomodo haec se habent et quomodo intelligenda, mihi ostensum est. [2] Audivi societates spirituum, unam post alteram, dicentes voce clara quod lupus voluisset eos auferre sed quod Dominus eripuerit eos, et sic quod restituti sint Domino, inde gavisi ex intimo corde; fuerunt enim in desperatione, ita in timore, quod clausa esset janua, et quod sero venissent ut non possent intromitti; talis cogitatio illis infusa fuit ab iis qui lupi vocantur, sed evanuit per id quod intromitterentur, hoc est, quod reciperentur a societatibus angelicis; intromissio in caelum non aliud est; intromissio visa mihi, quasi facta et continuata per societates usque ad duodecim, et quod duodecima aegrius quam undecim priores intromitteretur, hoc est, reciperetur; postea quoque admittebantur octo quasi societates quae quod fuerint ex sexu feminino, mihi indicatum est: quibus visis, dicebatur, quod hic processus admissionis, hoc est, receptionis, in societates caelestes ita appareat, et hoc continue, ordine ab uno loco in alterum; tum quod caelum nusquam in aeternum oppleatur, minus quod janua claudatur, sed quo plures eo veniunt, eo illis qui in caelo beatius et felicius, quia inde unanimum fortius. [3] Postquam illi intromissi sunt, tunc apparebat {1}tanquam clauderetur caelum; erant enim plures qui dein etiam volebant intromitti, hoc est, recipi; sed responsum tulerunt quod non possent adhuc; quod significatur per `serius venientes,' per quod `janua clausa,' per `pulsantes' et per quod `oleum illis defecerit in lampadibus'; quod illi non admissi, erat ob causam quia nondum praeparati ut interesse possent societatibus angelicis ubi amor mutuus, nam ut supra n. 2119 ad finem dictum, qui in charitate erga proximum in mundo vixerunt, per gradus in caelum a Domino elevantur. [4] Erant etiam alii spiritus, qui ignorabant quid caelum, quod sit amor mutuus, qui etiam tunc intromitti volebant putantes quod solum sit intromissio, sed responsum tulerunt quod iis nondum tempus, sed quod alio tempore, cum praeparati: quod duodecim societates apparuerint, erat causa quia `duodecim' significant omnia fidei, ut supra n. 2129 ad finem dictum.
 
@1 quasi.
 
(2) 直訳
2130. Quod alterum attinet, nempe ideam ultimi judicii coram bonis cum intromittuntur in caelum, quomodo se habet, licet referre: 第二のもの〔主題〕については、すなわち、善い者の前に〔示される〕最後の審判の観念、天界の中に入れられるとき、どのようであるか(se habere)、物語る(述べる)とが許されている。
dicitur in Verbo quod clausa sit janua ut non amplius intromitti possint; みことばの中に言われている、扉が閉ざされたこと、もはや入れることができないために。
et quod oleum defecerit, ac serius venerint, et ideo non admissi, per quae etiam status ultimi judicii significatur; また、油が不足したこと、そしてさらに遅れてやって来る、またそれゆえ、入れられないこと、それらによってもまた最後の審判の状態が意味されている。
quomodo haec se habent et quomodo intelligenda, mihi ostensum est. どのようにこれらが振る舞う(〜である)か、またどのように理解すべきか、私に示された。
[2] Audivi societates spirituum, unam post alteram, dicentes voce clara quod lupus voluisset eos auferre sed quod Dominus eripuerit eos, et sic quod restituti sint Domino, inde gavisi ex intimo corde; [2] 私は霊たちの社会を聞いた、一つその後もう一つを、はっきりした声で言って、オオカミが彼らを連れ去ることを欲したこと、しかし、主が彼らを取り出したこと、またこのように主により戻されたこと、それゆえ、心の最内部からうれしがった。
fuerunt enim in desperatione, ita in timore, quod clausa esset janua, et quod sero venissent ut non possent intromitti; というのは、絶望の中にいたから、そのように恐れの中に、扉が閉ざされたこと、また遅れてやってきたこと、入れられることができないように。
talis cogitatio illis infusa fuit ab iis qui lupi vocantur, sed evanuit per id quod intromitterentur, hoc est, quod reciperentur a societatibus angelicis; このような思考(考え)が彼らに彼らから注ぎ込まれた、その者はオオカミと呼ばれる、しかし、そのことによって消えた(evanesco)、入れられること、すなわち、天使の社会により受け入れられること。
intromissio in caelum non aliud est; 天界の中へ入ることは他のものでない。
intromissio visa mihi, quasi facta et continuata per societates usque ad duodecim, et quod duodecima aegrius quam undecim priores intromitteretur, hoc est, reciperetur; 入ることは私に見られた、社会を通って、行なわれた、また続いた、十二までも、また十二〔番目の社会〕はさらに困難〔であった〕、前の十一〔の社会〕よりも、入れられる〔のが〕、すなわち、受け入れられる。
postea quoque admittebantur octo quasi societates quae quod fuerint ex sexu feminino, mihi indicatum est: その後、さらにまた、八つの「いわば☆」社会に入れられた、それは女性からであった、私に知らせられた。
このquasiは何を意味するのでしょうか、「社会のようなもの」の意味でしょうか?
quibus visis, dicebatur, quod hic processus admissionis, hoc est, receptionis, in societates caelestes ita appareat, et hoc continue, ordine ab uno loco in alterum; それらで見られて、言われた、この入れられることの過程は、すなわち、受け入れられることの、天界の社会の中に、そのように見える、またこのことが続いて、順序で、一つの場所からもう一つの中へ。
tum quod caelum nusquam in aeternum oppleatur, minus quod janua claudatur, sed quo plures eo veniunt, eo illis qui in caelo beatius et felicius, quia inde unanimum fortius. なおまた、天界は決して永遠に満たされないこと、まして扉は閉ざされないこと、多くの者がやって来れば来るほどますます、それだけ彼らに、その者は天界の中に〔いる〕、祝福と幸福が〔ある〕、ここから一致が強くなるからである。
[3] Postquam illi intromissi sunt, tunc apparebat {1}tanquam clauderetur caelum; [3] 彼らが入れられた後に、その時、あたかも天界が閉ざされたかのように見えた。
erant enim plures qui dein etiam volebant intromitti, hoc est, recipi; というのは多くの者がいたから、その者はその後もまた入れられることを欲した、すなわち、受け入られること。
sed responsum tulerunt quod non possent adhuc; しかし、答えが与えられた(fero)、これからは(さらに)できないこと。
quod significatur per `serius venientes,' per quod `janua clausa,' per `pulsantes' et per quod `oleum illis defecerit in lampadibus'; そのことは「さらに遅れてやって来る者」によって、「閉ざされた扉」によって、「叩く者」によって、また「彼らに油が不足した、明りの中に」ことによって意味されている。
quod illi non admissi, erat ob causam quia nondum praeparati ut interesse possent societatibus angelicis ubi amor mutuus, nam ut supra n. 2119 ad finem dictum, qui in charitate erga proximum in mundo vixerunt, per gradus in caelum a Domino elevantur. 彼らが入れられなかったことは、理由のためであった、まだ準備されていなかったからである、天使の社会の間にある(intersum)ことができるような、そこに相互愛が〔ある〕、なぜなら、上の2119番〔本講座3〕の終わりに言われたように、世の中で隣人に対する仁愛の中に生きた者は、徐々に天界の中へ主により上げられるからである。
[4] Erant etiam alii spiritus, qui ignorabant quid caelum, quod sit amor mutuus, qui etiam tunc intromitti volebant putantes quod solum sit intromissio, sed responsum tulerunt quod iis nondum tempus, sed quod alio tempore, cum praeparati: [4] さらにまた他の霊たちがいた、その者は何が天界か知らなかった、相互愛であること、その者もまた、その時、入れられることを欲した、単に入れられることであると思って、しかし、答えが与えられた(fero)、彼らにまだ〔その〕時でないこと、しかし、他の時、用意されたとき。
quod duodecim societates apparuerint, erat causa quia `duodecim' significant omnia fidei, ut supra n. 2129 ad finem dictum. 十二の社会が見られたことは、理由があった、「十二」は信仰のすべてのものを意味するからである、上の2129番〔本講座13〕の終わりに言われたように。
 
@1 quasi. 注1 quasiの代わりにtanquam
 
(3) 訳文
 142130] 第二の主題、すなわち、天界の中に入れられるとき善い者の前に〔示される〕最後の審判の観念について、どのようであるか述べることが許されている――
 みことばの中に、もはや入れることができないために扉が閉ざされたこと、また、油が不足し、そしてさらに遅れてやって来たこと、またそれゆえ、入れられないことが言われ、それらによってもまた最後の審判の状態が意味されている。これらがどのようなものであり、またどのように理解すべきか私に示された。
 [2] 私は、一つその後もう一つと霊たちの社会が、はっきりした声で、オオカミが彼らを連れ去ることを欲したこと、しかし、主が彼らを取り出し、またこのように主により戻されたことを言っているのを聞いた、それゆえ、心の最内部からうれしがった。というのは、扉が閉ざされ、また、入れられることができないように遅れてやってきたことから、絶望の中に、そのように恐れの中にいたから。このような考えが、彼らにオオカミと呼ばれる者から注ぎ込まれた、しかし、入れられること、すなわち、天使の社会により受け入れられることによって〔その考えは〕消えた。天界の中へ入ることは他のものでない。入ることは私に、十二までも社会を通って、行なわれた、続いたように見られた、また十二〔番目の社会〕は、前の十一〔の社会〕よりも、入れられる〔のが〕、すなわち、受け入れられる〔のが〕さらに困難〔であった〕。その後、さらにまた、女性からであった八つのいわば社会に入れられたことが、私に知らせられた――それらが見られて、この入れられること、すなわち、天界の社会の中に受け入れられることの過程は、そのように見え、またこのことが、順序で、一つの場所からもう一つの中へ続いている、なおまた、天界は決して永遠に満たされないこと、まして扉は閉ざされない、と言われた。多くの者がやって来れば来るほどますます、それだけ天界の中に者に祝福と幸福があり、ここから一致が強くなるからである。
 [3] 彼らが入れられた後で、その時、あたかも天界が閉ざされたかのように見えた。というのは、その後もまた入れられることを、すなわち、受け入られることを欲した多くの者がいたから。しかし、これからはできない、との答えが与えられた。そのことは「さらに遅れてやって来る者」、「閉ざされた扉」、「叩く者」によって、また「彼らに明りの中の油が不足した、ことによって意味されている。彼らが入れられなかったことの理由は、そこに相互愛が〔ある〕天使の社会の間にいることができるような準備がまだされていなかったためであったからである、なぜなら、前の2119番〔本講座3〕の終わりに言われたように、世の中で隣人に対する仁愛の中に生きた者は、徐々に天界の中へ主により上げられるからである。
 [4] さらにまた、何が天界か、相互愛であることを知らなかった他の霊たちがいた。その者もまた、その時、単に入れられることであると思って、入れられることを欲した、しかし、彼らにまだ〔その〕時でないこと、しかし、用意された他の時であるとの答えが与えられた。十二の社会が見られたことの理由は、「十二」は、前の2129番〔本講座13〕の終わりに言われたように、信仰のすべてのものを意味するからである。
author:yasubee, category:『天界の秘義』より「最後の審判について」, 23:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界の秘義』より「最後の審判」について 13
(1) 原文(13)
2129. Sunt alia genera quoque tumultuum seu potius conflictuum, quae ideam quoque ultimi judicii sistunt, et quibus societates male conjunctae quoad interiora dissolvuntur; de quibus haec licet memorare: adiguntur spiritus tales in illum statum ut non ut solitum {1}, in societate seu communione cogitent, sed quilibet pro se; ex variantibus sic cogitationibus, et murmurantibus diversimode loquelis, quidam strepitus auditus quasi multarum aquarum, et inter eas conflictus, qualis describi nequit, oriundus ex confusione opinionum de certis veritatibus, quae tunc sunt objecta cogitationum et loquelae, qui talis est ut vocari possit chaos spirituale. [2] Sonus murmurum confligentium ei confusorum erat triplex; unus influebat circum caput, et dictum quod is esset cogitationum; alter influebat versus sinistrum tempus; dictum quod hic esset conflictio ratiocinationum de veritatibus quibusdam quibus fidem habere non vellent; tertius influebat desuper ad dextrum, qui erat stridens non ita confusus, qui stridor versabatur cis et retro; dictum quod inde hoc, quod pugnarent veritates quae ita cis et retro {2}per ratiocinia versarentur: cum hi conflictus perstabant, erant usque spiritus qui mecum loquebantur, dicentes quid singula significarent, loquela eorum per sonitus illos distincte penetrante. [3] Objecta ratiocinationum eorum erant cumprimis haec, num secundum litteram intelligendum quod duodecim apostoli sederent super duodecim thronis et judicarent duodecim tribus Israelis: tum etiam, num alii in caelum admittendi quam qui persecutiones et miserias passi sunt; quisque secundum suam phantasiam quam in vita corporis aucupavit, ratiocinabatur: sed quidam eorum qui in communionem et in ordinem redacti sunt, postea instruebantur quod aliter prorsus intelligendum, nempe quod per `apostolos' non intellecti sint apostoli, nec per `thronos' throni, nec per `tribus' tribus, immo nec duodecim per `duodecim,' sed per illos, tam apostolos, quam thronos, et tribus, ut et per duodecim significata {3}primaria fidei, n. 2089, et quod ex his et secundum haec judicium super unumquemvis fiat; et insuper ostensum quod apostoli ne quidem unum hominem judicare {4}possint, sed quod omne judicium sit solius Domini. [4] Et quoad alterum, hoc nec ita intelligendum quod solum illi venturi in caelum qui persecutiones et miserias passi, sed quod aeque divites ac pauperes, aeque in dignitate constituti ac qui in vili conditione sunt, et quod Dominus misereatur omnium, imprimis qui in miseriis spiritualibus et tentationibus, quae sunt persecutiones a malis, fuerunt; ita qui agnoscunt se ex se miseros esse et credunt solius misericordiae Domini esse quod salventur.
 
@1 i est. @2 per ratiocinia before ita. @3 i sint. @4 queant.
 
(2) 直訳
2129. Sunt alia genera quoque tumultuum seu potius conflictuum, quae ideam quoque ultimi judicii sistunt, et quibus societates male conjunctae quoad interiora dissolvuntur; 他の種類の騒動もまたあった、またはむしろ衝突、その観念もまた最後の審判を示した、またそれらで悪で結合した社会は、内的なものに関して、消滅された。
de quibus haec licet memorare: それらについてここに記録することが許されている――
adiguntur spiritus tales in illum statum ut non ut solitum {1}, in societate seu communione cogitent, sed quilibet pro se; そのような霊が強いられる、その状態の中へ、いつものようにでなく、そのように、社会または交際の中で考える、しかし、だれもが自分自身から。
ex variantibus sic cogitationibus, et murmurantibus diversimode loquelis, quidam strepitus auditus quasi multarum aquarum, et inter eas conflictus, qualis describi nequit, oriundus ex confusione opinionum de certis veritatibus, quae tunc sunt objecta cogitationum et loquelae, qui talis est ut vocari possit chaos spirituale. このように思考のさまざまなものから、またいろいろな種類の話し方のぶつぶつ言うこと、ある種の騒音が聞かれた、あたかも多くの水のような、また彼らの衝突の間に、描写することができないような、確信した真理についての意見の混乱から起こる、それは、そのようなものである、霊的なカオス(混沌)と呼ばれることができるような。
[2] Sonus murmurum confligentium ei confusorum erat triplex; [2] 衝突する☆ぶつぶついう音は彼に混乱した(あいまいな)重のものであった。
confligoは『レキシコン』にありませんでした。
unus influebat circum caput, et dictum quod is esset cogitationum; 一つは頭のまわりに流入した、また言われた、それが思考のものであったこと。
alter influebat versus sinistrum tempus; もう一つは左のこめかみに向かって流入した。
dictum quod hic esset conflictio ratiocinationum de veritatibus quibusdam quibus fidem habere non vellent; 言われた、これはある真理について誤った推論の衝突であったこと、それらの信仰を持つことを欲しない。
tertius influebat desuper ad dextrum, qui erat stridens non ita confusus, qui stridor versabatur cis et retro; 第三のものは右に向かって上方から流入した、それはそのように混乱した耳触り〔の音〕でなかった、その耳障りな音(歯ぎしり)は向きを変えられた、あちこちに(前後に)
dictum quod inde hoc, quod pugnarent veritates quae ita cis et retro {2}per ratiocinia versarentur: ここからであることが言われた、真理が戦っていたこと、それらはそのようにあちこちに(前後に)推論(の誤用)によって向きを変えられた――
cum hi conflictus perstabant, erant usque spiritus qui mecum loquebantur, dicentes quid singula significarent, loquela eorum per sonitus illos distincte penetrante. これらの衝突が続いたとき、やはり霊がいた、その者は私と話した、言って、個々のものが何を意味するか、彼らの会話はそれらの音によって明確に浸透して。
[3] Objecta ratiocinationum eorum erant cumprimis haec, num secundum litteram intelligendum quod duodecim apostoli sederent super duodecim thronis et judicarent duodecim tribus Israelis: [3] 彼らの(誤まった)推論の主題は特にこれらであった、文字どおりの意味にしたがって理解されなければならないかどうか、十二使徒が十二の王座の上に座る、またイスラエルの十二部族を裁くこと。
tum etiam, num alii in caelum admittendi quam qui persecutiones et miserias passi sunt; なおまたさらに、他の者が天界の中に入れられるかどうか、迫害と悲惨さを被った者以外に。
quisque secundum suam phantasiam quam in vita corporis aucupavit, ratiocinabatur: それぞれの者が、自分の幻想(想像力)したがって、それを身体のいのちの中で得た、推論した。
sed quidam eorum qui in communionem et in ordinem redacti sunt, postea instruebantur quod aliter prorsus intelligendum, nempe quod per `apostolos' non intellecti sint apostoli, nec per `thronos' throni, nec per `tribus' tribus, immo nec duodecim per `duodecim,' sed per illos, tam apostolos, quam thronos, et tribus, ut et per duodecim significata {3}primaria fidei, n. 2089, et quod ex his et secundum haec judicium super unumquemvis fiat; しかし、彼らのある者は、その者は交際(群衆)と秩序の中に追いやられた、その後、教えられた、〔文字どおりの意味と〕まったく異なって理解されなければならないこと、すなわち、「使徒」によって使徒が意味されないこと、「王座」によっても王座が、「部族」によっても部族が、それどころか、「十二」によって十二が、しかし、それらによって、使徒も、王座や部族も、そのようにまた十二によって信仰の主要なものが意味された、2089番☆、またこれらから、またこれらにしたがって審判がそれぞれの者の上に行なわれること。
2089番は、「創世記」10:20「彼は十二人の族長を生む」の解説です。ヤコブの十二の息子と主の十二の弟子によって、信仰の本質的で主要なものが表象される、とあります。
et insuper ostensum quod apostoli ne quidem unum hominem judicare {4}possint, sed quod omne judicium sit solius Domini. また加えて、示された、使徒たちは決して一人の人間を裁くことができないこと、しかし、すべての裁きは主にだけにあること。
[4] Et quoad alterum, hoc nec ita intelligendum quod solum illi venturi in caelum qui persecutiones et miserias passi, sed quod aeque divites ac pauperes, aeque in dignitate constituti ac qui in vili conditione sunt, et quod Dominus misereatur omnium, imprimis qui in miseriis spiritualibus et tentationibus, quae sunt persecutiones a malis, fuerunt; [4] また、もう一つのものについては、これもそのように理解されてはならない、彼らだけが天界の中にやって来ること、その者は迫害と悲惨さを被った、しかし、等しく富んだ者と貧しい者、等しく組織の高位の中に〔いる者〕と卑しい身分(境遇)の中にいる者、また主はすべての者に哀れみを示すこと、特に、霊的な悲惨さと試練の中に〔いた〕者、それは悪い者からの迫害である、〔いた〕。
ita qui agnoscunt se ex se miseros esse et credunt solius misericordiae Domini esse quod salventur. そのように、自分自身から自分自身を認める者、悲惨であったこと、また主の慈悲だけを信じる、〔自分たちが〕救われることは。
 
@1 i est. 注1 estを挿入〔するとよい〕。
@2 per ratiocinia before ita. 注2 itaの前に〔あった〕per ratiocinia〔をここに移した〕。
@3 i sint. 注3 sintを挿入〔するとよい〕。
@4 queant. 注4 queanの代わりにpossint
 
(3) 訳文
 132129] 他の種類の騒動も、またはむしろ衝突があり、その観念もまた最後の審判を示し、またそれらによって内的なものに関して悪で結合した社会は消滅させられた。それらについてここに述べることが許されている――そのような霊が、社会または交際の中でいつものように考えるのではなく、しかし、だれもが自分自身から考えるような状態の中へ強いられる。このように思考のさまざまなもの、またいろいろな種類の話し方からのぶつぶつ言うことから、あたかも多くの水のようなある種の騒音が聞かれ、また彼らの衝突の間に、確信した真理についての意見の混乱から起こる描写することができないようなものがあり、それは霊的なカオス(混沌)と呼ばれることができるようなものである。
 [2] ぶつぶついうような衝突の音はあいまいな三重のものであった。一つは頭のまわりに流入し、それが思考のものであったことが言われた。もう一つは左のこめかみに向かって流入し、これはある真理についての推論の衝突であり、それら真理の信仰を持つことを欲しないことが言われた。第三のものは右に向かって上方から流入した、それはそのように混乱した耳触りな音でなくた、その耳障りな音(歯ぎしり)は、あちこちに向きを変えられた。ここから、真理が戦っていたこと、それらはそのようにあちこちに推論によって向きを変えられたことが言われた――これらの衝突が続いたとき、やはり私と話した霊がいて、彼らの会話の個々のものが何を意味するかが、それらの音によって明確に浸透してくる、言った。
 [3] 彼らの推論の主題は特に次のものあった。十二使徒が十二の王座の上に座り、イスラエルの十二部族を裁くことは、文字どおりの意味にしたがって理解されなければならないかどうか、なおまたさらに、迫害と悲惨さを被った者以外に他の者が天界の中に入れられるかどうか〔であった〕。それぞれの者が、身体のいのちの中で得た自分の想像力にしたがって、推論した。しかし、彼らのある者は、交際と秩序の中に追いやられ、その後、〔文字どおりの意味と〕まったく異なって理解されなければならないことを教えられた、すなわち、「使徒」によって使徒が、「王座」によっても王座が、「部族」によっても部族が、それどころか、「十二」によって十二が意味されないこと、しかし、それらによって、使徒も、王座や部族も、そのようにまた十二によって信仰の主要なものが意味された、2089番☆、またこれらから、またこれらにしたがって審判がそれぞれの者の上に行なわれること。また加えて、使徒たちは決して一人の人間を裁くことができないこと、しかし、すべての裁きは主にだけにあることが示された。
 [4] また、もう一つのものについては、これも、迫害と悲惨さを被った者だけが天界の中にやって来ることのように理解されてはならない、しかし、富んだ者も貧しい者も、高位にいる者も卑しい身分にいる者も、主はすべての者に哀れみを示される、特に、悪い者からの迫害である霊的な悲惨さと試練の中にいた者にである。そのように、自分自身から自分自身を悲惨であったことを認め、〔自分たちが〕救われのは主の慈悲だけによると信じる者である。
 
2089番は、「創世記」10:20「彼は十二人の族長を生む」の解説です。ヤコブの十二の息子と主の十二の弟子によって、信仰の本質的で主要なものが表象される、とあります。
author:yasubee, category:『天界の秘義』より「最後の審判について」, 23:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界の秘義』より「最後の審判」について 11、12
(1) 原文(11)
2127. In altera vita quandoque apparet sicut quoddam ultimi judicii coram malis cum dissociantur societates illorum, et coram bonis cum intromittuntur in caelum; de illis et his referre licet quae ab experientia.
 
(2) 直訳
2127. In altera vita quandoque apparet sicut quoddam ultimi judicii coram malis cum dissociantur societates illorum, et coram bonis cum intromittuntur in caelum; 来世の中で、時々、ある種の最後の審判が見られる、悪い者の前で彼らの社会(複数)が分離されるとき、また善い者の前で天界の中に入れられるとき。
de illis et his referre licet quae ab experientia. それらのもの(前者)とこれらのもの(後者)について経験からのそれらを述べることが許されている。
 
(3) 訳文
 112127] 来世の中で、時々、悪い者の前で彼らの社会が分離されるとき、また善い者の前で天界の中に入れられるとき、ある種の最後の審判が見られる。それらのものついて、経験からそれらを述べることが許されている。
 
(1) 原文(12)
2128. Idea ultimi judicii coram malis, quae bis et ter mihi visa, talis fuit: cum spiritus circum me conjunxerunt se in societates perniciosas sic ut praevalerent, nec ex lege aequilibrii secundum ordinem se regi ita paterentur quin alias societates insolenter lacesserent et damnum illis inferre vi praevalente inciperent, tunc apparuit spirituum cohors satis magna a plaga anteriore paulum ad dextrum superne, ex qua adventante auditus tumultus quasi fluctuans et grandisonans; quo audito {1}facta est inter spiritus consternatio cum terrore, et inde confusio, et tunc qui in illos societatibus {2}erant, dissipabantur, unus huc alter illuc, sic ut diffluerent a mutuo et non sciret socius ubi socius; cum hoc perstabat, non aliter apparuit spiritibus quam sicut ultimum judicium cum interitu omnium; quidam lamentabantur, quidam prae terrore absque quasi corde erant, verbo, omnes occupabat discrimen quasi ultimi cujusdam; [2] sonitus adventantium a plaga anteriore illis auditus varie, quibusdam tanquam sonitus equitum armatorum, quibusdam aliter, secundum statum timoris et inde phantasiae [eorum]; mihi apperceptus ut susurrus continuus cum undulatione alterna, et quidem plurima simul: instruebar ab illis qui {3}prope me, quod tales cohortes ab illa plaga veniant quando societates ita male confarctae sunt, ut dictum, et quod illi sciant dissociare et discindere unum ab altero, et simul incutere terrorem ut nihil aliud cogitent quam fugam; et quod, per tales disjunctiones et dissipationes, omnes dein redigantur in ordinem a Domino; tum etiam quod tale in Verbo {4}significetur per `ventum orientalem.'
 
@1 inter spiritus facta est. @2 i conjuncti. @3 apud. @4 i quoque.
 
(2) 直訳
2128. Idea ultimi judicii coram malis, quae bis et ter mihi visa, talis fuit: 最後の審判の観念が悪い者の前に〔示される〕、それが二度また三度私に見られた、このようなものであった――
cum spiritus circum me conjunxerunt se in societates perniciosas sic ut praevalerent, nec ex lege aequilibrii secundum ordinem se regi ita paterentur quin alias societates insolenter lacesserent et damnum illis inferre vi praevalente inciperent, tunc apparuit spirituum cohors satis magna a plaga anteriore paulum ad dextrum superne, ex qua adventante auditus tumultus quasi fluctuans et grandisonans; そのとき、私のまわりの霊たちが(自分たちが)合した、破滅的な(破滅をきたす)会の中に、そのようにまさる(勝つ)、均衡の法則から自分自身が支配される秩序にしたがわない〔で〕そのように明らかにされる、むしろ他の社会を傲慢に苦しめる、またそれらに危害を強い力で加えることを始める、その時、霊の集団が見えてくる(現われる)、相当に大きな、少し正面の方向から、右の上方に向かって、その近づくことから、動乱が聞かれた、あたかも揺れる、また歩くかのような。
quo audito {1}facta est inter spiritus consternatio cum terrore, et inde confusio, et tunc qui in illos societatibus {2}erant, dissipabantur, unus huc alter illuc, sic ut diffluerent a mutuo et non sciret socius ubi socius; それを聞いて、霊たちの間に恐れとともに狼狽が生じた、またここから混乱が、またその時、その社会の中に〔結合して☆〕いた者は、追い散らされた、ある者はここへ、他の者はそこへ、そのように互いに散らばった、また仲間を知らない、どこに仲間が〔いるか〕。
2参照、このほうがよくわかります。
cum hoc perstabat, non aliter apparuit spiritibus quam sicut ultimum judicium cum interitu omnium; このことが続くとき、霊たちに異なって見えなかった、すべてのものの滅亡のときの最後の審判のように以外に。
quidam lamentabantur, quidam prae terrore absque quasi corde erant, verbo, omnes occupabat discrimen quasi ultimi cujusdam; ある者は嘆き叫んだ、ある者は恐怖の前にあたかも心がないかのようになった、一言でいえば、すべての者は危険をつかみ取った、いわばある者の最後のような。
[2] sonitus adventantium a plaga anteriore illis auditus varie, quibusdam tanquam sonitus equitum armatorum, quibusdam aliter, secundum statum timoris et inde phantasiae [eorum]; [2] 正面の方向から近づく音は、彼らにいろいろに聞かれた、ある者はいわば武装した騎手の音のように、ある者は異なって、恐れの状態にしたがって、またここからの〔彼らの〕幻想。
mihi apperceptus ut susurrus continuus cum undulatione alterna, et quidem plurima simul: 私に把握された、連続する(交替する)波動とともに絶え間のないささやきのように、そのうえ(実際に)多くのものが同時に(一緒に)
instruebar ab illis qui {3}prope me, quod tales cohortes ab illa plaga veniant quando societates ita male confarctae sunt, ut dictum, et quod illi sciant dissociare et discindere unum ab altero, et simul incutere terrorem ut nihil aliud cogitent quam fugam; 彼らから私は教えられた、その者は私の近くに〔いた〕、このような集団がその方向からやって来ること、社会がそのような悪で寄せ集められている時、言われたように、また彼らは知っていること、引き離すことと引き裂くこと、ある者を他の者から、また同時に恐れを引き起こすこと、何も何らかのことを考えないような、逃走以外に。
et quod, per tales disjunctiones et dissipationes, omnes dein redigantur in ordinem a Domino; また、このような分離と追い散らすことによって、その後、すべての者は主により秩序の中に整えられること。
tum etiam quod tale in Verbo {4}significetur per `ventum orientalem.' さらにまたこのようなものがみことばの中で「東風」によって意味されること。
 
@1 inter spiritus facta est. 注1 inter spiritus facta estfacta est inter spiritusに〔入れ替えた〕。
@2 i conjuncti. 注2 conjunctiを挿入〔するとよい〕
@3 apud. 注3 apudの代わりにprope
@4 i quoque. 注4 quoqueを挿入〔するとよい〕。
 
(3) 訳文
122128] 最後の審判の観念が悪い者の前に示され、それが、二度また三度、私に見られ、このようなものであった――
 そのとき、私のまわりの霊たちが破滅的な(破滅をきたす)会の中に合し、均衡の法則から自分自身が支配される秩序にしたがわない〔で〕そのようにまさって、むしろ他の社会を傲慢に苦しめ、またそれらに危害を強い力で加えることを始めるようなことが明らかにされる時、霊の相当に大きな集団が、右の上方に向かって、少し正面の方向から現われ、その近づくことから、あたかも揺れ、歩くかのような動乱が聞かれる。それを聞いて、霊たちの間に恐れとともに狼狽が、またここから混乱が生じ、またその時、その社会の中に結合していた者は、ある者はここへ、他の者はそこへと追い散らされ、そのように互いに散らばり、また仲間がどこに〔いるか〕知らない。
 このことが続くとき、霊たちには、すべてのものが滅亡するときの最後の審判のようにしか見えなかった。ある者は嘆き叫び、ある者は恐怖の前にあたかも心がないかのようになった、一言でいえば、すべての者は、いわばそれぞれの者の最後のような危険をつかみ取った。
 [2] 正面の方向から近づく音は、彼らにいろいろに聞かれた、ある者には、いわば武装した騎手の音のように、ある者には、恐れの状態に、またここからの〔彼らの〕幻想したがって異なって〔聞かれた〕。私には、連続する波動とともに、そのうえ多くのものが同時に、絶え間のないささやきのように把握された。私の近くに〔いた〕者から私は、「社会がそのような悪で寄せ集められている時、言われたように、このような集団がその方向からやって来ること、また彼らは、ある者を他の者から引き離し、引き裂くこと、また同時に、逃走以外に何も考えられないような恐れを引き起こすことを知っていること、また、このような分離と追い散らすことによって、その後、すべての者は主により秩序の中に整えられること、さらにまたこのようなものがみことばの中で「東風」によって意味されること」を教えられた。
author:yasubee, category:『天界の秘義』より「最後の審判について」, 22:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界の秘義』より「最後の審判」について 9、10
(1) 原文(9)
2125. Quales sunt homines Ecclesiae Christianae hodie, per repraesentationes mihi videndum exhibebatur: apparebant spiritus tam nigri ut horrescerem, in nube atra; et postea alii non ita horrendi; et significabatur mihi quod aliquid visurus: primum tunc visi pueri qui pecterentur a matribus tam crudeliter ut sanguis circumflueret; quo repraesentatum, quod talis sit hodie educatio infantum. Postea apparuit arbor, et perceptum sicut foret arbor scientiae, in quam visa est magna vipera exsurgere, talis ut horrorem incuteret; apparebat illa secundum trunci longitudinem: evanescente arbore cum vipera, apparuit canis; et tunc aperta est janua in cameram ubi flavum luminosum sicut ex carbonibus, et ibi mulieres binae; perceptum quod esset culina, sed quae ibi visa, non memorare licet: dictum mihi, quod arbor in quam exsurgebat vipera, repraesentaret statum hominum Ecclesiae quales hodie sunt, quod loco amoris et charitatis iis sint internecina odia, etiam simulationibus honesti atque dolis circumobsessa; tum nefanda cogitata de illis quae sunt fidei; at quae visa in culina, repraesentabant odia illa et cogitata qualia porro {1}essent.
 
@1 sunt.
 
(2) 直訳
2125. Quales sunt homines Ecclesiae Christianae hodie, per repraesentationes mihi videndum exhibebatur: 今日のキリスト教会の人間がどんなものであるか、表象によって私に見られるために☆示された。
videoの動形容詞(未来受動分詞)です。「行なわれようとしている・行なわれるべき」を意味します。
apparebant spiritus tam nigri ut horrescerem, in nube atra; 霊が見られた、そのように黒い、私が震える(戦慄する)ような、真っ黒い雲の中に。
et postea alii non ita horrendi; またその後、他の者たちが〔見られた〕そのように恐ろしくなく。
et significabatur mihi quod aliquid visurus: また私に意味された(伝えられた)、何かを見るであろう☆こと。
videoの未来(能動)分詞です。「〜しようとしている」、予定・意図・定めを表わします。
primum tunc visi pueri qui pecterentur a matribus tam crudeliter ut sanguis circumflueret; 最初に、その時、私は子ども(複数)を見た、その者は母によりくしけずられていた、そのように残酷に、血があたりに流れたように。
puer(少年)は複数の時、男女の性を問わない「子ども」を表わします。
quo repraesentatum, quod talis sit hodie educatio infantum. そのことで表象された、そのようなものであること、今日の幼児の教育が。
Postea apparuit arbor, et perceptum sicut foret arbor scientiae, in quam visa est magna vipera exsurgere, talis ut horrorem incuteret; その後、木が見られた、また知識の木であったように知覚された、その中に大きなマムシが伸びることが見られた、このようなそのような恐怖感を引き起こした。
apparebat illa secundum trunci longitudinem: それは「幹の長さにしたがって(比例して)」☆見られた。
ここは直訳しすぎ、かもしれませんが、意味はわかりますね? 幹が長いほどそれだけマムシも大きく伸びる――怖いですね。
evanescente arbore cum vipera, apparuit canis; マムシとともに木が消えて、犬が見られた。
et tunc aperta est janua in cameram ubi flavum luminosum sicut ex carbonibus, et ibi mulieres binae; またその時、部屋の中の扉が開かれた、そこに炭(石炭)からのような照らされた黄色が〔あった〕、またそこに二人の女が〔いた〕。
perceptum quod esset culina, sed quae ibi visa, non memorare licet: 台所であったことが知覚された、しかし、そこで見られたことは、記録することが許されていない。
dictum mihi, quod arbor in quam exsurgebat vipera, repraesentaret statum hominum Ecclesiae quales hodie sunt, quod loco amoris et charitatis iis sint internecina odia, etiam simulationibus honesti atque dolis circumobsessa; 私に言われた、木は、その中にマムシが伸びた、教会の人間の状態を表象した、今日、どんなものであるか、愛と仁愛に代わって、彼らに致命的な(殺人を引き起こす)憎しみがあること、さらにまた体面(尊敬すべき行為)を見せかけて、そして欺きであらゆる側を包囲して。
tum nefanda cogitata de illis quae sunt fidei; なおまた、それらについての恐るべき考え、それらは信仰のものである。
at quae visa in culina, repraesentabant odia illa et cogitata qualia porro {1}essent. しかし、台所の中で見られたものは、それらの憎しみとさらにあったであろうような思考(考え)表象した。
 
@1 sunt. 注1 suntessentに代えた。
 
(3) 訳文
 2125] 今日のキリスト教会の人間がどんなものであるか、私に見られるために表象によって示された――
真っ黒い雲の中に、私が戦慄するようなそのように黒い霊が、またその後、そのように恐ろしくなく、他の者たちが見られた。また私に、何かを見るであろうと伝えられた。最初に、その時、私は、母によりに、残酷に、血があたりに流れるようにくしけずられていた子どもを見た。そのことで、今日の幼児の教育がそのようなものであることが表象された。
 その後、木が見られ、知識の木であったように知覚された。その中に、恐怖感を引き起こすような大きなマムシが伸びることが見られた。そのマムシは幹の長さに比例して☆見られた。マムシとともに木が消えて、犬が見られた。またその時、部屋の扉が開かれ、そこに炭(石炭)から照らされたような黄色が〔あった〕、またそこに二人の女が〔いた〕。台所であったことが知覚された、しかし、そこで見られたことは記録することが許されていない。
 私に言われた。その中にマムシが伸びた木は、教会の人間の状態がどんなものであるかを、今日、愛と仁愛に代わって、さらにまた体面(尊敬すべき行為)を見せかけて、そして欺きであらゆる側を包囲して、彼らに殺人を引き起こす憎しみがあることを、なおまた、信仰のものであるそれらについての恐るべき考えを表象した。しかし、台所の中で見られたものは、それらの憎しみとさらに存在するようななるであろう考えを表象した。
 
ここは直訳しすぎかもしれません、意味は「幹が長いほどそれだけマムシも大きく伸びる」です。
 
(1) 原文(10)
2126. Porro etiam repraesentatum quomodo hodie illi qui intra Ecclesiam sunt, contra ipsam Innocentiam {1}sunt: visus est infans pulcher et innocens; quo viso vincula externa quibus tenentur mali genii et spiritus a flagitiosis, paulum remittebantur; tunc inceperunt infantem pessime tractare, illum conculcare, et velle occidere, unus sic et alter sic; innocentia enim in altera vita repraesentatur per infantes; at dixi, quod similia non appareant apud eos in vita corporis eorum; sed responsum, quod interiora eorum talia sint, et nisi leges civiles impedirent, tum alia vincula externa quae sunt timor jacturae lucri, honoris, famae, ac timor vitae, quod ita ruerent insane contra omnes innocentes: ii cum hoc responsum audiebant, etiam illud subsannabant. Quales itaque hodie sunt, ex illis quae dicta, constare potest; tum quod ultima tempora instent.
 
@1 sint.
 
(2) 直訳
2126. Porro etiam repraesentatum quomodo hodie illi qui intra Ecclesiam sunt, contra ipsam Innocentiam {1}sunt: ほかにさらにまた表象された、彼らが、今日、どのようか、その者は教会内にいる、無垢そのものに反している――
visus est infans pulcher et innocens; 美しいまた無垢な幼児が見られた。
quo viso vincula externa quibus tenentur mali genii et spiritus a flagitiosis, paulum remittebantur; それが見られて、外なる束縛が、それらによって悪い魔鬼と霊が燃え立つことから抑えられている、少し(しばらく)ゆるめられた。
tunc inceperunt infantem pessime tractare, illum conculcare, et velle occidere, unus sic et alter sic; その時、幼児を非常に悪く扱い始めた、また殺すことを欲すること、ある者はこのように、また他の者はこのように。
innocentia enim in altera vita repraesentatur per infantes; というのは、無垢は、来世の中で幼児によって表象されるから。
at dixi, quod similia non appareant apud eos in vita corporis eorum; しかし、私は言った、彼らのもとで似たものが見られない、彼らの身体のいのちの中で。
sed responsum, quod interiora eorum talia sint, et nisi leges civiles impedirent, tum alia vincula externa quae sunt timor jacturae lucri, honoris, famae, ac timor vitae, quod ita ruerent insane contra omnes innocentes: しかし、答えられた、彼らの内的なものはそのようなものであること、また市民の法律で妨げられないなら、なおまた他の外なる束縛が、それは利益、名誉、名声の奪われることの恐れである、そしていのち(生命)の恐れ、そのようにすべての無垢である者に対して発狂して突進する。
ii cum hoc responsum audiebant, etiam illud subsannabant. 彼らがこの答えを聞いたとき、そのこともまた愚弄した。
Quales itaque hodie sunt, ex illis quae dicta, constare potest; そこで、今日、〔彼らが〕どんなものであるか、これら言われたことから、明らかにすることができる。
tum quod ultima tempora instent. なおまた、最後の審判が切迫していること。
 
@1 sint. 注1 sintsuntに代えた。
 
(3) 訳文
 102126] ほかにさらにまた、教会内にいて、無垢そのものに反している者が、今日、どのようであるか表象された――
 美しく無垢な幼児が見られた。それが見られて、外なる束縛が、それらによって悪い魔鬼と霊が燃え立つことから抑えられているが、少しゆるめられた。その時、幼児を非常に悪く扱い、殺そうとし始めた、ある者はこのように、また他の者はこのように。というのは、無垢は、来世の中で幼児によって表象されるから。
 しかし、私は、彼らのいのちが身体の中にあったとき彼らのもとで似たものが見られない、と言った。しかし、答えられた、彼らの内的なものはそのようなものであること、また市民の法律で、なおまた利益、名誉、名声の奪われることの恐れ、そして生命の恐れである、他の外なる束縛で妨げられないなら、そのようにすべての無垢である者に対して発狂して突進する――彼らがこの答えを聞いたとき、そのこともまた愚弄した。
 そこで、今日、〔彼らが〕どんなものであるか、なおまた、最後の審判が切迫していることが、これらの言われたことから、明らかにすることができる。
author:yasubee, category:『天界の秘義』より「最後の審判について」, 23:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界の秘義』より「最後の審判」について 8
(1) 原文(8)
2124. Dictum mihi quod in antediluvianis deperditum sit bonum voluntarium quod fuit apud homines Antiquissimae Ecclesiae; at quod hodie apud homines Ecclesiae Christianae incipiat perire bonum intellectuale, adeo ut parum ejus residuum sit: ex causa quod nihil credant nisi quod sensibus capiunt, et quod hodie non solum {1}ratiocinentur ex illis, sed etiam per philosophiam antiquis ignotam, de arcanis Divinis, per quae lux intellectualis prorsus obtenebratur, quae obtenebratio talis fit ut vix possit discuti.
 
@1 Before non.
 
(2) 直訳
2124. Dictum mihi quod in antediluvianis deperditum sit bonum voluntarium quod fuit apud homines Antiquissimae Ecclesiae; 私に言われた、〔ノアの〕洪水以前の者の中で意志の善が失われたこと、それは最古大教会の人間のもとにあった。
at quod hodie apud homines Ecclesiae Christianae incipiat perire bonum intellectuale, adeo ut parum ejus residuum sit: しかし、今日、キリスト教会の人間のもとに知的な善が滅び始めたこと、これほどに、わずかにその残余が存在する。
ex causa quod nihil credant nisi quod sensibus capiunt, et quod hodie non solum {1}ratiocinentur ex illis, sed etiam per philosophiam antiquis ignotam, de arcanis Divinis, per quae lux intellectualis prorsus obtenebratur, quae obtenebratio talis fit ut vix possit discuti. 原因から、感覚でとらえた(把握した)のでないなら何も信じないこと、また今日、それらからだけでなく、しかし、古代人に知られていない哲学によってもまた、推論されること、神的なアルカナについて、そのことによって、知性の光がまったく暗くされた、その暗くすること(おおうこと)このように生じている、ほとんど追い散らされることができないように。
 
@1 Before non. 注1 nonの前に〔あったratiocinenturをここへ移した〕。
 
(3) 訳文
 2124] 〔ノアの〕洪水以前の者の中で最古大教会の人間のもとにあった意志の善が失われたことが、しかし、今日、キリスト教会の人間のもとに知的な善が、その残余がわずかに存在ほどに、滅び始めたことが私に言われた――その原因は、感覚でとらえたのでないなら何も信じないこと、また今日、それらからだけでなく、しかし、古代人に知られていない哲学によってもまた、神的なアルカナについて推論されることであり、そのことによって、知性の光がまったく暗くされ、その暗くすることは、ほとんど追い散らされることができないように、このように生じている。
author:yasubee, category:『天界の秘義』より「最後の審判について」, 10:38
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界の秘義』より「最後の審判」について 7
(1) 原文(7)
2123. Quod ultimum tempus instet, etiam inde in altera vita constare potest quod omne bonum quod a Domino per caelum influit in mundum spirituum, momento ibi vertatur in malum, obscenum et profanum, et quod omne verum momento in falsum; ita amor mutuus in odium, sincerum in dolosum, et sic porro; ita ut non amplius {1}receptibiles sint alicujus boni et veri simile redundat in hominem qui regitur per spiritus, cum quibus communicationem habent illi qui ibi: hoc multa experientia mihi notissimum factum est, quam omnem si afferrem, multas paginas impleret; datum persaepe appercipere et audire bonum et verum quod e caelo, quomodo versum in malum et falsum, tum in quantum et in quale.
 
@1 perceptibiles I.
 
(2) 直訳
2123. Quod ultimum tempus instet, etiam inde in altera vita constare potest quod omne bonum quod a Domino per caelum influit in mundum spirituum, momento ibi vertatur in malum, obscenum et profanum, et quod omne verum momento in falsum; 最後の審判が切迫していることは、ここからもまた、来世の中で明らかにすることができる、すべての善は、それは主から天界を通って霊たちの世界の中に流入する、すぐに、そこに悪、わいせつなもの、また冒涜に変えられること、またすべての真理は、すぐに、虚偽に。
ita amor mutuus in odium, sincerum in dolosum, et sic porro; そのように、相互愛は、憎しみに、誠実さは欺きに、等々。
ita ut non amplius {1}receptibiles sint alicujus boni et veri simile redundat in hominem qui regitur per spiritus, cum quibus communicationem habent illi qui ibi: そのように、もはや善と真理の何らかのものが受け入れられることができないように、同様に人間の中にはね返って(及んで)いる、その者は霊によって支配されている、その者〔霊〕と、彼は、その者はそこに、伝達(連絡)を持っている。
hoc multa experientia mihi notissimum factum est, quam omnem si afferrem, multas paginas impleret; このことが多くの経験によって私に最もよく知られた、そのすべてを、もし、私が提示するなら、多くのページが満たすであろう。
datum persaepe appercipere et audire bonum et verum quod e caelo, quomodo versum in malum et falsum, tum in quantum et in quale. 非常にしばしば善と真理を気づくことと聞くことが与えられた、それは天界から、どのように悪と虚偽へ変えられるか、なおまた量と性質に。
 
@1 perceptibiles I. 注1 初版のperceptibilesreceptibilesに代えた。
 
(3) 訳文
 2123] 最後の審判が切迫していることは、来世の中でもまた次のことから明らかにすることができる。主から天界を通って霊たちの世界の中に流入するすべての善は、すぐに、そこの悪、わいせつなもの、冒涜に、またすべての真理は、すぐに、虚偽に、そのように、相互愛は憎しみに、誠実さは欺きに、等々、変えられる。そのように、もはや善と真理の何らかのものが受け入れられることができないように、同様に人間の中に及んでいる(人間は霊によって支配されており、人間はここのその霊伝達(連絡)を持っている)――このことが多くの経験によって私に最もよく知られ、そのすべてを、もし、私が提示するなら、多くのページを満たすであろう。非常にしばしば、天界からの善と真理がどのように悪と虚偽へ変えられるか、なおまたその量と性質を気づくことと聞くことが与えられた。
author:yasubee, category:『天界の秘義』より「最後の審判について」, 01:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界の秘義』より「最後の審判」について 5,6
(1) 原文(5)
2121. Quod ultimum judicium instet, non ita constare potest in terris et intra Ecclesiam ac in altera vita, quo omnes animae veniunt et confluunt; mundus spirituum hodie plenus est malis geniis et malis spiritibus, maxime ex orbe Christiano; et inter eos non regnant nisi odia, vindictae, crudelitates, obscenitates, tum machinationes dolosae: nec solum mundus spirituum quo animae recentes e mundo primum alluunt, sed etiam sphaera istius mundi interior, ubi sunt qui quoad intentiones et fines interius mali fuerant; haec similiter hodie adeo oppleta est ut miratus quod tanta copia usquam dari potuisset; omnes enim in inferna non momento dejiciuntur, quia secundum leges ordinis est ut quisque talis redeat in vitam suam quam habuit in corpore, et inde per gradus deferatur in infernum; Dominus nullum dejicit in infernum, sed quisque semet; inde mundi illi spirituum oppletissimi sunt copia alluentium talium et morantium ibi ad tempus; ex illis animae quae e mundo veniunt, atrociter infestantur; et praeterea, spiritus qui apud hominem, {1}(nam quisque homo per spiritus et angelos regitur a Domino:) plus quam prius excitantur ad inferenda homini maligna, et quidem in tantum ut angeli qui {2}apud hominem, vix possint avertere, sed cogantur remotius in hominem influere. Exinde in altera vita manifeste constare potest quod ultimum tempus instet.
 
@1 No parentheses in A. @2 i etiam.
 
(2) 直訳
2121. Quod ultimum judicium instet, non ita constare potest in terris et intra Ecclesiam ac in altera vita, quo omnes animae veniunt et confluunt; 最後の審判が切迫していることは、そのように明らかにすることはできない、地の中、また教会内で、しかし、来世の中で〔明らかにできる〕。
mundus spirituum hodie plenus est malis geniis et malis spiritibus, maxime ex orbe Christiano; 霊たちの世界は、今日、悪い悪鬼と、悪い霊で満ちている、キリスト教世界の中で最大に。
et inter eos non regnant nisi odia, vindictae, crudelitates, obscenitates, tum machinationes dolosae: また、彼らの間に支配していない、憎しみ☆、復讐☆、残酷☆、わいせつな行為☆、なおまた狡猾な(陰険な)謀☆でないなら。
これらはすべて「複数形」です。複数形は個々の事柄を表わします。
nec solum mundus spirituum quo animae recentes e mundo primum alluunt, sed etiam sphaera istius mundi interior, ubi sunt qui quoad intentiones et fines interius mali fuerant; 霊たちの世界だけでなく、そこへ世から新しく来た霊魂は最初に到着する、しかし、その内的な世界のスフェアもまた、そこにいる、その者は意図と目的に関して内的に悪であった。
haec similiter hodie adeo oppleta est ut miratus quod tanta copia usquam dari potuisset; それらは同様に、いっぱいである、驚かされるようにまでも、それほどおびただしく存在することができること。
omnes enim in inferna non momento dejiciuntur, quia secundum leges ordinis est ut quisque talis redeat in vitam suam quam habuit in corpore, et inde per gradus deferatur in infernum; というのは、すべての者は地獄の中へ瞬間に投げ込まれないから、秩序の法則にしたがっているので、このようなそれぞれの者が自分の生活の中に戻るように、それを身体の中で持った、またここから徐々に地獄の中に連れて行かれる。
Dominus nullum dejicit in infernum, sed quisque semet; 主はだれも地獄の中へ投げ込まない、しかしそれぞれの者が自分自身を〔投げ込む〕。
inde mundi illi spirituum oppletissimi sunt copia alluentium talium et morantium ibi ad tempus; ここから、それらの霊たちの世界は最もいっぱいになっている、おびただしいこのような到着する者が、またそこにとどまっている者が、しばらく(一時)
ex illis animae quae e mundo veniunt, atrociter infestantur; 彼らから、霊魂は、それらは世からやって来る、残虐に攻撃される。
et praeterea, spiritus qui apud hominem, {1}(nam quisque homo per spiritus et angelos regitur a Domino:) またさらに、霊たちは、その者は人間のもとに〔いる〕、(なぜなら、それぞれの人間は主により霊と天使たちによって支配されているからである)――
plus quam prius excitantur ad inferenda homini maligna, et quidem in tantum ut angeli qui {2}apud hominem, vix possint avertere, sed cogantur remotius in hominem influere. さらに前よりもかきたてられている、人間に悪性の状態をもたらすために、そのうえ、それだけ、天使たちが、その者は人間のもとに〔いる〕、ほとんど防ぐことができない、しかし、人間の中にさらに遠く離れて流入することを強いられる。
Exinde in altera vita manifeste constare potest quod ultimum tempus instet. このゆえに、来世の中で、はっきりと明らかにすることができる、最後の時が切迫していること。
 
@1 No parentheses in A. 注1 自筆原稿の中にカッコはない。
@2 i etiam. 注2 etiamを挿入〔するとよい〕
 
(3) 訳文
 2121] 最後の審判が切迫していることは、地の中、また教会内で、そのように明らかにすることはできない、しかし、来世の中で〔明らかにできる〕。霊たちの世界は、今日、悪い悪鬼と、悪い霊で、キリスト教世界の中で最大に満ちている。また、彼らの間で、憎しみ、復讐、残酷、わいせつな行為、なおまた狡猾な謀でないなら支配していない。世から新しく来た霊魂が最初に到着する霊たちの世界だけでなく、しかし、そこにいる者のその内的な世界のスフェアもまた、意図と目的に関して内的に悪であった。それらは同様に、おびただしく存在することができることに驚かされるようにまでも満ちている。というのは、すべての者は地獄の中へ瞬間に投げ込まれないからであり、それは、このようなそれぞれの者が身体の中で持った自分の生活の中に戻り、またここから徐々に地獄の中に連れて行かれることが秩序の法則にしたがっているからである。
 主はだれも地獄の中へ投げ込まない、しかしそれぞれの者が自分自身を〔投げ込む〕。ここから、それらの霊たちの世界は、このようにおびただしく到着する者で、またしばらく(一時)そこにとどまっている者で最も満ちている。世からやって来る霊魂は、彼らから残虐に攻撃される。またさらに、人間のもとに〔いる〕霊たちは(なぜなら、それぞれの人間は主により霊と天使たちによって支配されているからである)――さらに前よりも人間に悪性の状態をもたらすためにかきたてられている、そのうえ、それだけ、人間のもとに〔いる〕天使たちが、ほとんど防ぐことができない、しかし、人間の中にさらに遠く離れて流入することを強いられる。
 このゆえ、来世の中で、最後の時が切迫していることをはっきりと明らかにすることができる。
 
(1) 原文(6)
2122. Quod animas recentes e mundo alterius attinet, illae quae ex orbe Christiano alluunt, vix aliud cogitant et moliuntur quam ut maximi sint, utque omnia possideant, ita omnes inescati amore sui et mundi, qui amores prorsus sunt contra ordinem caelestem, n. 2057: praeter quod plerique nihil aliud cogitent quam spurca, obscena et profana, ac inter se nihil aliud loquantur; tum quod nihili faciant et prorsus contemnant omnia quae sunt charitatis et fidei, Ipsum Dominum non agnoscunt, immo odio habent omnes qui Ipsam profitentur; in altera enim vita cogitata et corda loquuntur; et praeterea quod mala hereditaria ex flagitiosa parentum vita, maligniora fiant, quae sicut incendia intus latentia et fota, ad profaniora contra honestum et pium exstimulant hominem quam prius; tales in alteram vitam hodie catervatim alluunt, ei opplent sphaeram exteriorem et interiorem mundi spirituum, ut dictum: {1}cum malum ita incipit praevalere, et aequilibrium a parte mali pendere, manifeste percipitur inde quod ultimum tempus instet, et quod aequilibrium veniat restituendum per rejectionem eorum qui intra Ecclesiam, et receptionem aliorum qui extra.
 
@1 i et.
 
(2) 直訳
2122. Quod animas recentes e mundo alterius attinet, illae quae ex orbe Christiano alluunt, vix aliud cogitant et moliuntur quam ut maximi sint, utque omnia possideant, ita omnes inescati amore sui et mundi, qui amores prorsus sunt contra ordinem caelestem, n. 2057: 世から新しく来た霊魂についてもう一つのことは、それらは、それらはキリスト教の世界から到着する、何らかのことをほとんど考えない、また励まない、最大の者であること以外に、そしてすべてのものを所有する、そのようにすべての者は自己と世への愛に囚われている、それらの愛はまったく天界の秩序に反している、2057番。
praeter quod plerique nihil aliud cogitent quam spurca, obscena et profana, ac inter se nihil aliud loquantur; さらに、大部分の者は何らかのものを何も考えない、不潔なこと☆、わいせつなこと☆と不敬なこと(冒涜)☆以外、そして自分たちの間で他のことを何も話さない。
これらは複数形です。
tum quod nihili faciant et prorsus contemnant omnia quae sunt charitatis et fidei, Ipsum Dominum non agnoscunt, immo odio habent omnes qui Ipsam profitentur; なおまた、価値のないもの☆を行なう、またすべてのものをまったく軽蔑する、それらは仁愛と信仰のものである、主そのものを認めない、それどころかすべての者に憎しみを持つ、その者はその方を告白する。
nihilは属格で「価値のない、無意味な」の意味があります。
in altera enim vita cogitata et corda loquuntur; というのは、来世の中で、考えた事柄(考え)☆と心☆が話すから。
gogitatacordaも「複数形」です。単数なら「思考」「心」といった抽象的な観念も表わしますが、複数形の場合、個々の具体的なものも表わします。ここでは「考えたこと」、「心で思ったこと」の意味となります。
et praeterea quod mala hereditaria ex flagitiosa parentum vita, maligniora fiant, quae sicut incendia intus latentia et fota, ad profaniora contra honestum et pium exstimulant hominem quam prius; またほかに(さらに)、遺伝悪は両親の言語道断の生活から、さらに悪性のものになっている、それらは内部の火のようである、隠れて、また抱いて(foveo)、尊敬すべきものや敬虔なものに反対するさらなる冒涜へ向けて人間を扇動している、以前よりも。
tales in alteram vitam hodie catervatim alluunt, ei opplent sphaeram exteriorem et interiorem mundi spirituum, ut dictum: このような者が、来世の中に、今日、群れをなして到着している、彼に霊たちの世界の外部のまた内部のスフェアがいっぱいである(おおう)
{1}cum malum ita incipit praevalere, et aequilibrium a parte mali pendere, manifeste percipitur inde quod ultimum tempus instet, et quod aequilibrium veniat restituendum per rejectionem eorum qui intra Ecclesiam, et receptionem aliorum qui extra. 悪がこのように優勢となることが始めるとき、また均衡が悪の側からぶる下がること(〜しだいであること)が、ここから最後の時が切迫していることがはっきりと知覚される、また、均衡は回復へやって来ること、彼らの捨てることによって、その者は教会内の〔者〕、また他の者の受け入れ、その者は〔教会の〕外の〔者〕。
 
@1 i et. 注1 etを挿入〔するとよい〕
 
(3) 訳文
 2122] 世から新しく来た霊魂についてもう一つのことは、キリスト教の世界から到着する霊魂は、最大の者であること、そしてすべてのものを所有すること以外に、ほとんど何も考えず、励まない、そのようにすべての者は自己と世への愛に囚われていることである、それらの愛はまったく天界の秩序に反している、2057番。さらに、大部分の者は、不潔なこと、わいせつなことや不敬なこと以外に何らかのものを何も考えない、そして自分たちの間で他のことを何も話さない。なおまた、無意味なことを行ない、仁愛と信仰のものであるすべてのものをまったく軽蔑し、主そのものを認めない、それどころかその方を告白するすべての者に憎しみを持つ。というのは、来世の中では、考えたことと心で思ったことを話すから。またさらに、遺伝悪は両親の言語道断の生活から、さらに悪性となっており、それらは隠れて、また抱いて内部の火のようであり、尊敬すべきものや敬虔なものに反対するさらなる冒涜へ向けて人間を以前よりも扇動している。このような者が、来世の中に、今日、群れをなして到着し、彼を霊たちの世界の外部や内部のスフェアがおおっている――悪がこのように優勢となり、均衡が悪の側からぶる下がりめるとき、ここから最後の時が切迫していること、また、均衡は教会内の者を捨て、教会外の他の者を受け入れることによって、回復へやって来ることがはっきりと知覚される。
author:yasubee, category:『天界の秘義』より「最後の審判について」, 23:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界の秘義』より「最後の審判」について 3,4
(1) 原文(3)
2119. Quod `Ultimum vitae cujusvis hominis' cum moritur, sit ei ultimum judicium, aliquos non latet, sed usque pauci credunt; cum tamen constans veritas est quod unusquisque homo post mortem in alteram vitam resurgat, et sistatur coram judicio: sed hoc judicium ita se habet: ut primum frigescunt corporea ejus, quod fit post aliquot dies, resuscitatur ille a Domino per angelos caelestes qui primum apud illum sunt; sed cum talis est ut cum illis esse nequeat, excipitur ab angelis spiritualibus, et successive postea a bonis spiritibus; nam omnes quotcumque in alteram vitam veniunt, sunt advenae grati et accepti; sed quia sequuntur illum desideria ejus qui malam vitam egerat, non diu morari potest apud angelos et bonos spiritus, sed successive semet ab illis separat, et hoc eousque dum venit ad spiritus similis et conformis vitae quam habuit in mundo; tunc apparet ei tanquam in vita corporis sui esset, in se etiam est continuatio vitae; ab hac vita incohat ejus judicium: qui malam vitam egerunt, per temporis moras descendunt in infernum; qui bonam, per gradus elevantur a Domino in caelum: tale est ultimum judicium cujusvis, de quo ab experientia in Parte Prima.
 
(2) 直訳
2119. Quod `Ultimum vitae cujusvis hominis' cum moritur, sit ei ultimum judicium, aliquos non latet, sed usque pauci credunt; 死ぬとき「それぞれの人間の生活の最後のもの」が彼に最後の審判であることは、ある者に隠れている、しかし、それでも、わずかな者が信じている。
cum tamen constans veritas est quod unusquisque homo post mortem in alteram vitam resurgat, et sistatur coram judicio: そのときそれでも不変の真理である、それぞれの人間が、死後、来世の中でよみがえること、また審判の前に立たされる。
sed hoc judicium ita se habet: しかし、この審判は振る舞う(〜のようである)――
ut primum frigescunt corporea ejus, quod fit post aliquot dies, resuscitatur ille a Domino per angelos caelestes qui primum apud illum sunt; 彼の身体が冷たくなるとすぐに、数日後に起こること、彼は主により天的な天使によってよみがえされる、その者は最初に彼のもとにいる。
sed cum talis est ut cum illis esse nequeat, excipitur ab angelis spiritualibus, et successive postea a bonis spiritibus; しかし、〔彼が〕このような者であるとき、彼らとともにいることができない、霊的な天使により受け入れられる、また引き続いて、その後、善い霊(たち)により。
nam omnes quotcumque in alteram vitam veniunt, sunt advenae grati et accepti; なぜなら、すべての者は、どれほど多くても、来世の中にやって来るからである、やって来る者は歓迎され、また受け入れられる。
sed quia sequuntur illum desideria ejus qui malam vitam egerat, non diu morari potest apud angelos et bonos spiritus, sed successive semet ab illis separat, et hoc eousque dum venit ad spiritus similis et conformis vitae quam habuit in mundo; しかし、彼を彼の欲望が続くので、その者は悪の生活を送った、長らく天使と善い霊のもとにとどまることができない、しかし、引き続いて、自分自身が彼らから分離する、またこのことがそれだけ、似た霊にやって来る間、また一致した生活、それを世の中で持った。
tunc apparet ei tanquam in vita corporis sui esset, in se etiam est continuatio vitae; その時、彼にあたかも自分の身体の生活(いのち)中にいるかのように見える、本来(本質的に)らにまた生活(いのち)の連続である。
ab hac vita incohat ejus judicium: この生活により彼の審判が始まる。
qui malam vitam egerunt, per temporis moras descendunt in infernum; 悪い生活を送った(aro)者は、時の経過(遅延)経て、地獄の中へ下る。
qui bonam, per gradus elevantur a Domino in caelum: 善い〔生活を送った〕者は、次第に(段々と)主により天界の中へ上げられる。
tale est ultimum judicium cujusvis, de quo ab experientia in Parte Prima. それぞれの者の最後の審判はこのようなものである、そのことについて経験から「第一部」の中に〔述べられている〕。
 
(3) 訳文
 2119] 死ぬときの「それぞれの人間の生活の最後のもの」が、彼に最後の審判であることは、ある者に隠れている、しかし、それでも、わずかな者しか信じていない。そのときそれでも、それぞれの人間が、死後、来世の中でよみがえり、審判の前に立たされることは不変の真理である。しかし、この審判は次のようである――
 彼の身体が冷たくなるとすぐに、数日後に起こるが、彼は主により最初に彼のもとにいる天的な天使によってよみがえる。しかし、〔彼が〕彼らとともにいることができないような者であるとき、霊的な天使により、また引き続いて、その後、善い霊(たち)により受け入れられる。なぜなら、すべての者は、どれほど多くても、来世の中にやって来る、やって来る者は歓迎され、受け入れられるからである。しかし、彼に彼の欲望が続くので、その者は悪の生活を送った、長らく天使と善い霊のもとにとどまることができない、しかし、引き続いて、自分自身が彼らから分離する、またこのことが、似た霊に、また世の中で持ったのと一致した生活にやって来る間、それだけ〔続く〕。その時、彼にあたかも自分の身体の生活(いのち)中にいるかのように見え、〔これは〕本来(本質的に)生活(いのち)の連続でもある。この生活により彼の審判が始まる――悪い生活を送った者は、時の経過経て、地獄の中へ下る。 善い〔生活を送った〕者は、次第に(段々と)主により天界の中へ上げられる。
 それぞれの者の最後の審判はこのようなものであり、そのことについて経験から「第一部」の中に〔述べられている〕。
 
(1) 原文(4)
2120. Quae Dominus locutus est de ultimis temporibus, quod tunc mare et salum resonabit, sol obscurabitur, luna non dabit lumen suum, stellae cadent de caelo, gens contra gentem et regnum contra regnum excitabitur, et plura, Matth. xxiv 7, 29; Luc. xxi 25, omnia et singula significant statum Ecclesiae qualis futurus quando ultimum ejus judicium; et per quod `mare et salum resonabit,' nihil aliud significatum est quam quod haereses et controversiae, in communi intra Ecclesiam et in particulari in unoquovis, ita perstrepent; per `solem' nihil aliud intellectum quam amor in Dominum et charitas erga proximum; per `lunam' fides; et per `stellas' cognitiones fidei, quae ultimis temporibus ita obscurabuntur; `non dabunt lumen, et cadent de caelo,' hoc est, evanescent; similiter etiam dictum a Domino apud Esaiam xiii 10; tum per `gentem contra gentem et regnum contra regnum' non aliud quam mala contra mala et falsa contra falsa; et sic porro. Quod ita Dominus locutus, fuit ex multis arcanis causis. Quod maria, sol, luna, stellae, gentes et regna significent talia, pro certo scio; et in Parte Prima ostensum est.
 
(2) 直訳
2120. Quae Dominus locutus est de ultimis temporibus, quod tunc mare et salum resonabit, sol obscurabitur, luna non dabit lumen suum, stellae cadent de caelo, gens contra gentem et regnum contra regnum excitabitur, et plura, Matth. xxiv 7, 29; Luc. xxi 25, omnia et singula significant statum Ecclesiae qualis futurus quando ultimum ejus judicium; それは主が語られた、最後の時について、その時、海と波はとどろくこと、太陽は暗くされる、月は自分の光を与えない、星は天から落ちる、国民は国民に反抗して、また王国は王国に反抗して立ち上がらせられる、また多くのこと、「マタイ」24:7, 29、「ルカ」21:25、〔そこの〕すべてと個々のものは、教会の状態を意味する、どのようになるか、その最後の審判の時。
et per quod `mare et salum resonabit,' nihil aliud significatum est quam quod haereses et controversiae, in communi intra Ecclesiam et in particulari in unoquovis, ita perstrepent; また「海と波がとどろく」ことによって、他のものは何も意味されない、異端と論争以外に、全般的に教会内の、また個別的にそれぞれの者の中の、そのように「多くの音を立てる」☆。
perstrepoは『レキシコン』にありませんでした。
per `solem' nihil aliud intellectum quam amor in Dominum et charitas erga proximum; 「太陽」によって何らかのものが何も意味(理解)されない、主への愛と隣人に対する仁愛以外に。
per `lunam' fides; 「月」によって信仰。
et per `stellas' cognitiones fidei, quae ultimis temporibus ita obscurabuntur; また「星」によって信仰の知識、それら〔知識〕は最後の時にそのように暗くされる。
`non dabunt lumen, et cadent de caelo,' hoc est, evanescent; 「光を与えない、また天から落ちる」、すなわち、消える。
similiter etiam dictum a Domino apud Esaiam xiii 10; 主により「イザヤ(書)13:10のもとに言われたことも同様〔である〕。
tum per `gentem contra gentem et regnum contra regnum' non aliud quam mala contra mala et falsa contra falsa; なおまた、「国民は国民に反抗して、また王国は王国に反抗して」によって何らかのものは〔意味され〕ない、悪は悪に反抗して、また虚偽は虚偽に反抗して、以外に。
et sic porro. 等々。
Quod ita Dominus locutus, fuit ex multis arcanis causis. このように主が語られたことは、多くの隠された(秘密の)理由からであった。
Quod maria, sol, luna, stellae, gentes et regna significent talia, pro certo scio; 海々、太陽、月、星、国民、王国がこのようなものを意味すること、確かに私は知っている。
et in Parte Prima ostensum est. また「第一部」の中に示されている。
 
(3) 訳文
 2120] 主が最後の時について語られたことは、その時、海と波はとどろき、太陽は暗くされ、月は自分の光を与えず、星は天から落ち、国民は国民に反抗して、また王国は王国に反抗して立ち上がる、また多くのことであり、「マタイ」24:7, 29、「ルカ」21:25、〔そこの〕すべてと個々のものは、最後の審判の時、教会がどのようになるか、その状態を意味する。また「海と波がとどろく」ことによって、そのように「多くの音を立てる」、全般的に教会内の、また個別的にそれぞれの者の中の異端と論争以外に、他のものは何も意味されない。「太陽」によって主への愛と隣人に対する仁愛、「月」によって信仰、 また「星」によって信仰の知識以外に何らかのものが何も意味されない。それら〔知識〕は最後の時にそのように暗くされる。「光を与えない、また天から落ちる」、すなわち、消える。主により「イザヤ書13:10で言われたことも同様〔である〕。なおまた、「国民は国民に反抗して、また王国は王国に反抗して」によって、悪は悪に反抗して、また虚偽は虚偽に反抗して、以外に何らかのものは〔意味され〕ない。等々。
 このように主が語られたことは、多くの隠された(秘密の)理由からであった。
 海々、太陽、月、星、国民、王国がこのようなものを意味すること、確かに私は知っている。また「第一部」の中に示されている。
author:yasubee, category:『天界の秘義』より「最後の審判について」, 22:47
comments(1), trackbacks(0), pookmark
原典講読『天界の秘義』より「最後の審判」について 1,2
DE ULTIMO JUDICIO {1}
最後の審判について
(1) 原文(1)
2117. QUID Ultimum Judicium, pauci hodie sciunt; putant venturum {2}interitu mundi; inde conjecturae quod periturus orbis terrarum igne, una cum illis quae in mundo aspectabili sunt; et quod tunc primum resurgent mortui, et coram judicio sistentur; mali tunc in infernum conjiciendi et boni in caelum ascensuri; hae conjecturae sunt ex propheticis Verbi, ubi memoratur de novo caelo et de nova terra, tum quoque de Nova Hierosolyma; non scientes quod prophetica Verbi prorsus alia significent in sensu interno quam patent in sensu litterae, et quod per `caelum' non intelligatur caelum, nec per `terram' terra, sed Ecclesia Domini in communi, et apud unumquemvis in particulari.
 
@1 A. had further title tum de glorificatione Domini in caelo, but deleted this. @2 i cum.
 
(2) 直訳
2117. QUID Ultimum Judicium, pauci hodie sciunt; 何が最後の審判か、わずかな者が、今日、知っている。
putant venturum {2}interitu mundi; 世の滅亡〔とともに〕起こる(venio)と思っている。
inde conjecturae quod periturus orbis terrarum igne, una cum illis quae in mundo aspectabili sunt; ここから推測(憶測)〔がある〕、地の球を滅ぼす火〔がある〕、一緒に、それらとともに、それらは世の中で見られる。
et quod tunc primum resurgent mortui, et coram judicio sistentur; またその時、初めて死んだ者が復活する、また審判の前に立たされる。
mali tunc in infernum conjiciendi et boni in caelum ascensuri; その時、悪い者は地獄の中へ投げ込まれる☆1、また善い者は天界の中に上げられる☆2
1 動形容詞(未来受動分詞)が使われています。「行なわれようとしている・行なわれるべきである」という意味です。
2 未来(能動)分詞が使われています。「〜しようとしている」(予定・意図)という意味です
hae conjecturae sunt ex propheticis Verbi, ubi memoratur de novo caelo et de nova terra, tum quoque de Nova Hierosolyma; これらの推測(憶測)は、みことばの預言からである、そこに新しい天(界)ついてと新しい地について述べられている、さらにまた新しいエルサレムについて。
non scientes quod prophetica Verbi prorsus alia significent in sensu interno quam patent in sensu litterae, et quod per `caelum' non intelligatur caelum, nec per `terram' terra, sed Ecclesia Domini in communi, et apud unumquemvis in particulari. 知っていない者は、みことばの預言は内なる意味の中で他(別)のものを意味すること、文字どおりの意味の中で考える以外の、また「天」によって天(界)が意味されないこと、「地」によって地が、しかし、全般的に主の教会が、また特定的に(個別的に)れぞれの者のもとの〔教会が〕〔意味される〕。
 
@1 A. had further title tum de glorificatione Domini in caelo, but deleted this. 注1 自筆原稿の以前の題名にはtum de glorificatione Domini in caeloがあった、しかしこれは消された。〔この内容も書こうと思っていたが、やめることにしたのでしょう〕
@2 i cum. 注2 cumを挿入〔するとよい〕
 
(3) 訳文
 2117] 何が最後の審判か、今日、知っている者はわずかであり、世の滅亡〔とともに〕起こると思っている。ここから、世の中で見られるものと一緒に地球を滅ぼす火があるという憶測がある。またその時、初めて、死んだ者が復活し、審判の前に立たされる。その時、悪い者は地獄の中へ投げ込まれ、善い者は天界の中に上げられる。これらの憶測は、みことばの預言からであり、そこには、新しい天と新しい地について、さらにまた新しいエルサレムについて述べられている。みことばの預言は内なる意味で、文字どおりの意味で考える以外の他のものを意味することを知らない者は、「天」によって天が、「地」によって地が意味されず、しかし、全般的に主の教会が、また個別的にそれぞれの者のもとの〔教会が〕〔意味されることを知らない〕。
 
(1) 原文(2)
2118. Per `Ultimum Judicium' intelligitur ultimum tempus Ecclesiae, tum ultimum vitae cujusvis: quod `ultimum tempus Ecclesiae' attinet, fuit ultimum judicium Ecclesiae Antiquissimae quae fuerat ante diluvium, quando posteritas eorum periit, cujus interitus describitur per diluvium. Ultimum judicium Ecclesiae Antiquae quae post diluvium, fuit cum paene omnes qui fuerunt ab illa Ecclesia, facti sunt idololatrae, ac dispersi. Ultimum judicium Ecclesiae repraesentativae quae apud Jacobi posteros successit, fuit cum decem tribus in captivitatem abductae et inter gentes dissipatae sunt, et dein Judaei post Adventum Domini, expulsi terra Canaane et in universum orbem dispersi. Ultimum judicium hujus Ecclesiae quae Ecclesia Christiana vocatur, est quod apud Johannem in Apocalypsi, per `novum caelum et novam terram' intelligitur.
 
(2) 直訳
2118. Per `Ultimum Judicium' intelligitur ultimum tempus Ecclesiae, tum ultimum vitae cujusvis: 「最後の審判」によって、教会の終わりの時が意味される、なおまたそれぞれの者のいのちの最後のものが――
quod `ultimum tempus Ecclesiae' attinet, fuit ultimum judicium Ecclesiae Antiquissimae quae fuerat ante diluvium, quando posteritas eorum periit, cujus interitus describitur per diluvium. 「教会の最後の時」については(に関しては)、最古代教会の最後の審判があった(完了)、それは洪水前にあった(過去完了)、彼らの子孫が滅んだ時、その滅亡が洪水によって描かれている。
Ultimum judicium Ecclesiae Antiquae quae post diluvium, fuit cum paene omnes qui fuerunt ab illa Ecclesia, facti sunt idololatrae, ac dispersi. 古代教会の最後の審判は、それは洪水後に〔あった〕、ほとんどすべての者が、その者はその教会からであった、偶像崇拝(する者)なったときであった、そして追い散らされた。
Ultimum judicium Ecclesiae repraesentativae quae apud Jacobi posteros successit, fuit cum decem tribus in captivitatem abductae et inter gentes dissipatae sunt, et dein Judaei post Adventum Domini, expulsi terra Canaane et in universum orbem dispersi. 表象的な教会の最後の審判は、それはヤコブの子孫のもとに続いた、十部族が捕虜の中に連れ去られたときであった、また異教徒の間に追い散らされた、またその後、主の来臨の後、ユダヤ人たちがカナンの地を追い出された、また全地の中に追い散らされた。
Ultimum judicium hujus Ecclesiae quae Ecclesia Christiana vocatur, est quod apud Johannem in Apocalypsi, per `novum caelum et novam terram' intelligitur. この教会の最後の審判は、それはキリスト教会と呼ばれている、ヨハネのもとに「黙示録」の中で、「新しい天と新しい地」によって意味されるものである。
 
(3) 訳文
 2118] 「最後の審判」によって、教会の終わりの時が、なおまた、それぞれの者のいのちの最後の時が意味される――
 「教会の最後の時」については、洪水前にあった最古代教会に最後の審判があり、それは彼らの子孫が滅んだ時であり、その滅亡が洪水によって描かれている。
洪水後にあった古代教会の最後の審判は、その教会のほとんどすべての者が、偶像崇拝する者になり、追い散らされたときであった。
ヤコブの子孫のもとに続いた表象的な教会の最後の審判は、十部族が捕虜として連れ去られ、また異教徒の間に追い散らされ、またその後、主の来臨の後、ユダヤ人たちがカナンの地を追い出され、全地に追い散らされたたときであった。
キリスト教会と呼ばれているこの教会の最後の審判は、ヨハネの「黙示録」の中で、「新しい天と新しい地」によって意味されるものである。
author:yasubee, category:『天界の秘義』より「最後の審判について」, 23:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark