RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』508(直訳[4]〜[6]と訳文)
[4.] Nunc quia dogmata in ecclesiis Christianis hodiernis non ex Verbo, sed ex propria intelligentia, et inde ex falsis, conflata sunt, et quoque per aliqua ex Verbo confirmata, ideo ex Divina Domini Providentia verbum apud Romano-Catholicos ademptum est laicis, et apud Protestantes illud apertum, sed usque occlusum per commune oris illorum effatum quod intellectus captandus sit sub obedientia fidei illorum. [4] 今や、キリスト教会の中の教義はみことばからでないので、しかし、プロプリウム(自己)の知性から、またここから虚偽から、つくり上げられている、そしてまたみことばから何らかのものによって確信された、それゆえ、主の神的な摂理からみことばはローマカトリック教徒のもとで取り上げられた、平信徒に、またプロテスタント(新教徒)のもとで開かれている、しかしそれでも、彼らの口での共通の(通常の)発言によって閉ざされている、理解力は彼らの信仰の従順の下に捕えられなければならないこと。
[5.] At in Nova Ecclesia fit inversum, in hac licitum est intellectu ingredi et penetrare in omnia ejus secreta, et quoque per Verbum confirmare illa; [5] しかし、新しい教会の中で正反対である、この中で理解力に許されている、そのすべての秘密の中に入ること、また洞察すること、そしてまたそれらをみことばによって確信すること。
causa est, quia doctrinalia ejus sunt continuae veritates a Domino per Verbum detectae, et confirmationes illarum per rationalia efficiunt, ut intellectus aperiatur supra plus et plus, et sic elevatur in lucem, in qua sunt angeli caeli; 理由がある、その教えの事柄はみことばによって明かされた主からの永遠の狄人瓩任△襪らである、またそれらの確信は理性によって遂行する、理解力の上方が、さらにまたさらにと開かれるために、またこのように光の中に上げられる、その中に天界の天使たちがいる。
et lux illa in sua essentia est veritas, et in hac luce agnitio Domini pro Deo caeli et terrae splendet in sua gloria. また、その光はその本質の中で狄人瓩任△襦△泙燭海慮の中で天地の神としての主の承認がその栄光の中で輝く。
Hoc intelligitur per scripturam super porta templi, Nunc licet; このことは神殿の入り口の上の書かれたものによって意味される、「今や、許されている」。
et quoque per quod velum adyti ante cherubum sublatum sit: そしてまた、内陣(至聖所)ケルブの中に持ち上げられたことによって。
canon enim Novae Ecclesiae est, quod falsitates occludant intellectum, et quod veritates aperiant illum. というのは、新しい教会の規範であるからである、虚偽が理解力を閉ざすこと、また真理がそれを開くこと。
[6.] Post haec vidi sicut infantem supra caput, tenens in manu chartam. [6] この後、私は頭の上方に幼児のようなものを見た、手に紙を握って。
Ille sicut ad me appropinquavit, succrevit in staturam mediocris hominis. 彼は私に近づいたほど、人間の並みの身長の中に成長した。
Erat angelus e caelo tertio, ubi omnes e longinquo apparent sicut infantes. 第三の天界からの天使であった、そこにすべての者は遠方から幼児のように見られる。
Dum apud me erat, porrexit mihi chartam; 私のもとにいた時、私に紙を差し出した。
sed quia litteris circinnatis, qualibus in illo caelo, scripta erat, restitui, et petii, ut ipsi expromerent sensum verborum ibi vocibus adaequatis ideis cogitationis meae. しかし、カールして飾った文字で、その天界の中のような、書かれていたので、私は戻した、また私は懇願した(求めた)、自分自身で言葉の意味を明らかにするように、私の思考の観念に適当な(ふさわしい)言葉で。
Et retulit, "Hoc ibi scriptum est: また、話した、「これはそこに書かれている――
'Intrate posthac in mysteria Verbi hactenus occlusi; 『今後(今からは)、これまで閉ざされていたきことばの秘密(奥義)の中に入れ。
nam singulae veritates ejus sunt totidem specula Domini. '" なぜなら、その個々の狄人瓩呂修譴世餌燭の主の〔姿を映す〕鏡であるからである』」。
 
@* NOTA EDITORIS : In principe editione hoc Memorabile inclusum est signis citations. 注1 編集者の注――初版の中でこのメモラビリアは引用のしるし〔“〕で囲まれている。
@1 Index Memorabilium habet “rotundum” 注2 メモラビリアの索引には「rotundum」とある。
@2 arcuatum pro “arcuarum” 注3 arcuarum」の代わりにarcuatum
 
(3) 訳文
508.{*} 第六のメモラビリア――
 
 かつて〔ある〕日、私に正方形の☆1形の荘厳な神殿が見られた、その屋根は、上部が丸天井造りで、まわりで持ち上げられた☆2冠に似ていた。
 その壁は水晶でできた窓の連続であり、入り口(扉)は真珠の物質から〔であった〕。
 内部に、西に向かう南の側に講壇があり、その上に右側に開かれたみことばが置かれていた。光のスフェアの帯で、その輝きが講壇全体を行き廻り、照らした。
 神殿の真ん中に至聖所があり、その前に垂れ幕があった、しかし、その時は持ち上げられていた、そこに金からできたケルブが、剣とともに、こちら、あちらと、手の中でそれを振り回して立っていた。
 [2] これらを私が眺めた時、それら個々のものが何を意味しているか、すなわち、その神殿は新しい教会を意味したことが、私の熟考の中に流入した。真珠の物質からの入り口(扉)はその中へ入ること、水晶からできた窓は、真理〔を意味した〕、それがそれらを照らした。講壇は聖職者と説教を、その上に開かれたみことばは、また〔その講壇の〕高い(上の)部分を照らして与えられた、霊的なものであるその内なる意味が、啓示された〔ことを意味した〕。神殿の真ん中の至聖所は、天界の天使とのその教会の結合を、そこに、金からできたケルブは、文字どおりの意味の中のみことばを、彼の手の中で振り回す剣は、この意味がある真理へ適用される間、こちら、あちらと変えられることができることを、ケルブの前の垂れ幕が持ち上げられていたことは、今や、みことばが明らかにされたことを意味した。
 [3] その後、私がさらに近く近づいたとき、私は入り口(扉)上の書かれたものを見た、それは、「今や、許されている」。これは、今、信仰秘義の中に知的に入ることが許されていることを意味した。
 このいたものを、信仰の教義の中に、プロプリウム(自己)の知性で、またここから虚偽から作り上げられた理解力(知力)で入ることは大いに危険でありそれをみことばから確信することはさらにいっそう危険であることが私の思考の中に生じた。 ここから、神学は拒絶されるだけでなく、しかし、さらにまた、書いたものが紙の虫で、また羊毛が布切れのイガで抹殺されるように、こんな程度に、上理解力また徐々〔理解力〕は閉ざされる。理解力、自分の支配の中にある生活を眺める政治上事柄にとどめ、それは、また彼の役目の中にある市民的な事柄の中に、また彼の家にある家庭の事柄の中にとどめ、そしてこれらやそれらの中で絶えず自然を歓迎し、またそれを彼の快楽の誘惑するものから、自分の胸の中の金の彫像の偶像のように崇拝して愛する。
 [4] さて、キリスト教会の中の教義は、みことばからでなく、しかし、プロプリウム(自己)の知性から、またここから虚偽からつくり上げられており、そしてまたみことばから何らかのものによって確信されたので、それゆえ、主の神的な摂理から、みことばはローマカトリック教徒の平信徒にもとで取り上げられ、プロテスタント(新教徒)のもとで開かれているが、しかしそれでも、彼らの口先での共通の発言、「理解力は彼らの信仰の従順の下に捕えられなければならない」によって閉ざされている。
 [5] しかし、新しい教会の中では正反対である、この中で理解力に、そのすべての秘密の中に入ること、また洞察すること、そしてまたそれらをみことばによって確信することが許されている。その理由は、その教えの事柄はみことばによって明かされた主からの永遠の狄人瓩任△襪らである、また理性によって遂行するそれらの確信は、理解力の上方がさらにまたさらにと開かれるために、またこのようにその中に天界の天使たちがいる光の中に上げられる。また、その光は、その本質の中で狄人瓩任△蝓△海慮の中で天地の神としての主の承認がその栄光の中で輝く。
 このことは神殿の入り口の上の書かれたもの、「今や、許されている」によって、そしてまた至聖所ケルブの中に持ち上げられたことによって意味される。というのは、虚偽が理解力を閉ざすこと、また真理がそれを開くことが、新しい教会の規範であるからである。
 [6] この後、私は頭の上方に手に紙を握っている幼児らしい者を見た。
 彼は、私が近づくほど、並みの身長の人間に成長した。第三の天界からの天使であった、そこのべての者は遠方から幼児のように見られる。
 私のもとにいた時、私に紙を差し出した。しかし、その天界の中のようなカールした飾った文字で書かれていたので、私は戻し、私の思考の観念に適当な言葉でその言葉の意味を明らかにするよう、懇願した。
 話した、「そこにこれが書かれている――『今後、これまで閉ざされていたきことばの秘密(奥義)の中に入れ。なぜなら、その個々の狄人瓩呂修譴世餌燭の主の〔姿を映す〕鏡であるからである』」。
 
1 メモラビリアの索引「55」の記事には「円形の」とあるので、どう理解したらよいでしょうか?
2 丸天井が建物にそのまま付いているのではなく周囲から持ち上がった構造となっていることでしょう。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 20:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』508(原文と直訳[1]〜[3])
(1) 原文
508.{*} Sextum Memorabile :
 
Quodam die apparuit mihi Templum magnificum [1]formae quadratae, cujus tectum erat instar coronae, [2]arcuatum supra, et elevatum circum circa. Parietes ejus erant continuae fenestrae ex crystallis, porta ex substantia margaritica. Intus ad latus meridionale occidentem versus erat suggestum, super quo ad dextrum jacuit Verbum apertum cinctum sphaera lucis, cujus splendor totum suggestum circuibat et illuminabat. In medio Templi erat adytum, ante quod velum, sed nunc sublatum, ubi stetit cherubus ex auro cum ense huc illuc se vibrante in manu.
[2.] Haec dum conspicatus sum, in meditationem meam, quid singula illa significarent, influxit; videlicet, quod templum illud significaret Novam Ecclesiam; porta ex substantia margaritica introitum in illam; fenestrae ex crystallis, veritates, quae illustrabant illam; suggestum sacerdotium et praedicationes; Verbum super illo apertum, et superiorem partem suggesti illuminans, sensum ejus internum qui spiritualis est, revelatum; adytum in medio templi, conjunctionem illius ecclesiae cum caelo angelico; cherubus ex auro inibi, Verbum in sensu litterae; ensis se vibrans in manu ejus significabat quod hic sensus huc illuc verti possit, modo hoc fit applicate ad quandam veritatem; quod velum ante cherubum esset sublatum, significabat quod nunc patefactum sit Verbum.
[3.] Postea, cum propius accessi, vidi Scripturam super porta, hanc, Nunc licet; quod significabat, quod nunc liceat intellectualiter intrare in arcana fidei. Ex hac Scriptura visa incidit in cogitationem meam, quod valde discriminosum sit intellectu intrare in dogmata fidei, quae ex propria intelligentia, et inde ex falsis, conflata sunt, et plus adhuc illa ex Verbo confirmare; inde occluditur intellectus superius, et pedetentim inferius, in tantum, ut theologica non modo fastidiantur, sed etiam oblitterentur, quemadmodum scriptura chartae tineis, et lana panni blattis; permanente solum intellectu in politicis quae spectant vitam suam in dominio ubi est, et in civilibus quae functionis ejus sunt, et in domesticis quae ejus domus sunt, ac in his et illis continue osculatur naturam, et illam ex illecebris voluptatum ejus amat, sicut idololatra aureum sculptile in suo gremio.
[4.] Nunc quia dogmata in ecclesiis Christianis hodiernis non ex Verbo, sed ex propria intelligentia, et inde ex falsis, conflata sunt, et quoque per aliqua ex Verbo confirmata, ideo ex Divina Domini Providentia verbum apud Romano-Catholicos ademptum est laicis, et apud Protestantes illud apertum, sed usque occlusum per commune oris illorum effatum quod intellectus captandus sit sub obedientia fidei illorum.
[5.] At in Nova Ecclesia fit inversum, in hac licitum est intellectu ingredi et penetrare in omnia ejus secreta, et quoque per Verbum confirmare illa; causa est, quia doctrinalia ejus sunt continuae veritates a Domino per Verbum detectae, et confirmationes illarum per rationalia efficiunt, ut intellectus aperiatur supra plus et plus, et sic elevatur in lucem, in qua sunt angeli caeli; et lux illa in sua essentia est veritas, et in hac luce agnitio Domini pro Deo caeli et terrae splendet in sua gloria. Hoc intelligitur per scripturam super porta templi, Nunc licet; et quoque per quod velum adyti ante cherubum sublatum sit: canon enim Novae Ecclesiae est, quod falsitates occludant intellectum, et quod veritates aperiant illum.
[6.] Post haec vidi sicut infantem supra caput, tenens in manu chartam. Ille sicut ad me appropinquavit, succrevit in staturam mediocris hominis. Erat angelus e caelo tertio, ubi omnes e longinquo apparent sicut infantes. Dum apud me erat, porrexit mihi chartam; sed quia litteris circinnatis, qualibus in illo caelo, scripta erat, restitui, et petii, ut ipsi expromerent sensum verborum ibi vocibus adaequatis ideis cogitationis meae.
Et retulit, "Hoc ibi scriptum est: 'Intrate posthac in mysteria Verbi hactenus occlusi; nam singulae veritates ejus sunt totidem specula Domini. '"
 
@* NOTA EDITORIS : In principe editione hoc Memorabile inclusum est signis citations.
   @1 Index Memorabilium habet “rotundum” @2 arcuatum pro “arcuarum”
 
(2) 直訳
508.{*} Sextum Memorabile :― 第六のメモラビリア――
 
Quodam die apparuit mihi Templum magnificum [1]formae quadratae, cujus tectum erat instar coronae, [2]arcuatum supra, et elevatum circum circa. かつて〔ある〕日、私に正方形の☆1形の荘厳な神殿が見られた、その屋根は冠に似ていた、上部でアーチ形(丸天井造り)で、またまわりで持ち上げられた☆2
1 メモラビリアの索引「55」の記事には「円形の」とあるので、どう理解したらよいでしょうか?
2 丸天井が建物にそのまま付いているのではなく周囲から持ち上がった構造となっていることでしょう。
Parietes ejus erant continuae fenestrae ex crystallis, porta ex substantia margaritica. その壁は水晶でできた窓の連続であった、入り口は真珠の物質から〔であった〕。
Intus ad latus meridionale occidentem versus erat suggestum, super quo ad dextrum jacuit Verbum apertum cinctum sphaera lucis, cujus splendor totum suggestum circuibat et illuminabat. 内部に、南の側に西に向けて講壇があった、その上に右側に開かれたみことばが置かれていた、光のスフェアの帯で、その輝きが講壇全体を行き廻った、また照らした。
In medio Templi erat adytum, ante quod velum, sed nunc sublatum, ubi stetit cherubus ex auro cum ense huc illuc se vibrante in manu. 神殿の真ん中に内陣(至聖所)あった、その前に垂れ幕〔があった〕、しかし、その時は持ち上げられていた、そこに金からできたケルブが立っていた、剣とともに、こちら、あちらと、手の中でそれ自体を振り回して。
[2.] Haec dum conspicatus sum, in meditationem meam, quid singula illa significarent, influxit; [2] これらを私が眺めた時、私の熟考の中に、それら個々のものが何を意味しているか、流入した。
videlicet, quod templum illud significaret Novam Ecclesiam; すなわち、その神殿は新しい教会を意味したこと。
porta ex substantia margaritica introitum in illam; 真珠の物質からの入り口(扉)はその中へ入ること。
fenestrae ex crystallis, veritates, quae illustrabant illam; 水晶からできた窓は、真理、それがそれらを照らした。
suggestum sacerdotium et praedicationes; 講壇は聖職者と説教を。
Verbum super illo apertum, et superiorem partem suggesti illuminans, sensum ejus internum qui spiritualis est, revelatum; その上に開かれたみことばは、また〔その講壇の〕高い(上の)部分を照らして与えられた、その内なる意味が、それは霊的なものである、啓示された。
adytum in medio templi, conjunctionem illius ecclesiae cum caelo angelico; 神殿の真ん中の内陣(至聖所)は、天界の天使とのその教会の結合を。
cherubus ex auro inibi, Verbum in sensu litterae; そこに、金からできたケルブは、文字どおりの意味の中のみことば。
ensis se vibrans in manu ejus significabat quod hic sensus huc illuc verti possit, modo hoc fit applicate ad quandam veritatem; 彼の手の中で(それ自体を)振り回す剣は、この意味がこちら、あちらと変えられることができること、これがある真理へ適用されるかぎり(間)
quod velum ante cherubum esset sublatum, significabat quod nunc patefactum sit Verbum. ケルブの前の垂れ幕が持ち上げられていたことは、今や、みことばが開かれた(明らかにされた)ことを意味した。
[3.] Postea, cum propius accessi, vidi Scripturam super porta, hanc, Nunc licet; [3] その後、私がさらに近く近づいたとき、私は入り口(扉)上の書かれたものを見た、これを、「今や、許されている」。
quod significabat, quod nunc liceat intellectualiter intrare in arcana fidei. それは意味した、今、信仰秘義の中に知的に入ることが許されていること。
Ex hac Scriptura visa incidit in cogitationem meam, quod valde discriminosum sit intellectu intrare in dogmata fidei, quae ex propria intelligentia, et inde ex falsis, conflata sunt, et plus adhuc illa ex Verbo confirmare; このいたものからられて、私の思考の中に生じた、大いに危険であること、信仰の教義の中に理解力(知力)で入ること、それはプロプリウム(自己)の知性、またここから虚偽から、作り上げられた、またさらにいっそくそれをみことばから確信すること。
inde occluditur intellectus superius, et pedetentim inferius, in tantum, ut theologica non modo fastidiantur, sed etiam oblitterentur, quemadmodum scriptura chartae tineis, et lana panni blattis; ここから理解力また徐々〔理解力〕は閉ざされる、こんな程度の中に、神学は拒絶されるだけでなく、しかし、さらにまた抹殺されるように、そのように書いたものは紙の虫で、また羊毛は布切れのイガで。
permanente solum intellectu in politicis quae spectant vitam suam in dominio ubi est, et in civilibus quae functionis ejus sunt, et in domesticis quae ejus domus sunt, ac in his et illis continue osculatur naturam, et illam ex illecebris voluptatum ejus amat, sicut idololatra aureum sculptile in suo gremio. 理解力政治上事柄にだけとどめて、それは自分の生活を眺める、そこに支配の中にある、また市民的な事柄の中に、それは彼の役目の中にある、また家庭の事柄の中に、それは彼の家にある、そしてこれらとそれらの中に絶えず自然をキスする(歓迎する)、またそれを彼の快楽の誘惑するものから愛する、自分の胸の中の金の彫像の偶像崇拝のように。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 23:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』507(訳文)
(3) 訳文
507. 第五のメモラビリア――
 
 私は天使(たち)との会話の中、また最後に、その中にそれぞれの人間は出生からいる悪の欲望についての会話の中にいた。
 ある天使が、世の中でその欲望の中にいる者は、〔次のように〕見られると言った、「私たち天使たちに、愚かな者に、しかし、彼は、自分自身が、その時、最高度に賢明な者〔見られる〕。そのため、自分の愚かさから引き出されるために、時々(交互に)、その中に戻され、また時々(交互に)、彼のもとにある外なるものの中の理性の中に〔戻される〕。また、この状態の中で、自分の狂気を見、認め、告白する――しかし、それでも、自分の理性的な状態から、自分の狂気を激しく欲し、そしてまた、強制と不愉快から自由と快さの中にのように自分自身をこの中に入れる。そのように、欲望は内的に彼らを喜ばせ、知性は喜ばせない。
 [2] 三つの普遍的な愛があり、創造によりそれらからすべての人間はつくり上げられている。隣人愛は、役立ちを行なう愛でもあり、この愛は霊的である。世への愛(世俗愛)は、富を所有する愛でもあり、この愛は物質的である。そして、自己愛は、他の者の上に支配する愛であり、この愛は形体的である。
隣人愛または役立ちを行なう愛が頭をつくり、世俗愛または富を所有する愛が胸と腹をつくり、そして自己愛または支配する愛が足とその足の裏をつくる時、人間は真に人間である――しかし、もし世俗愛が頭をつくるなら、人間はせむしのような人間でしかない。しかし、もし自己愛が頭をつくるなら、足の上に立っている人間のようではない、しかし、頭で下方、また尻で上方に、手の掌の上のように〔立っている〕。
 [3] 役立ちを行なう愛が頭をつり、そして残りの二つの愛が順に身体と足をつくる時、天界の中で、その人間は、頭のまわりの美しい虹とともに天使の顔で見られる。しかし、もし世へのまたは富への愛が頭をつくるなら、天界から、彼は頭のまわりの黄色の輪とともに死人のような青白い顔で見られる。しかし、もし自己愛、すなわち、他の者の上に支配する〔愛〕が頭をつくるなら、天界から、彼は頭のまわりの白い輪とともに黒ずんだ火の顔で見られる」。
 これらへ私は質問した、「頭のまわりの輪は何を表象しているのですか?」
 彼らは答えた、「知性を表象している。黒ずんだ火の顔の頭のまわりの白い輪は、外なるものの中に、あるいはそのまわりにある彼の知性を表象している、しかし、内なるものの中に、またはその中に狂気が〔ある〕。人間もまた、その者はそのようなものである、身体の中にいるとき賢明である、しかし、霊の中に〔いる〕時、狂っている。だれも人間は主からでないなら霊で賢明ではない、それはその方により再び再生させられ、創造されるとき生じる。
 [4] これらが言われて、左に地が開かれ、開口部を通って、頭のまわりに白い輪とともに黒ずんだ火の顔の悪魔が上がって来るのを見た。また、私は尋ねた、「あなたはだれですか?」
 彼は言った、「私は暁の子、明けの明星(魔王)である、また私は私を「至高者」と等しいものにしたので、「イザヤ書」第14章に描かれているように投げ落とされた。 
 しかし、彼は明けの明星(魔王)でなかく、自分自身をそれであるを信じた。
 また私は言った、「あなたが投げ落とされているとき、あなたはどのようにして地獄から上ることができるのですか?」
 また、答えた、「私は、そこの悪魔である、しかし、ここで私は光の天使である――あなたは白い光輪(環)で取り巻かれた私の頭を見ないか? そしてまた、もしあなたが欲するなら、あなたは、私が道徳的な者の間で道徳的な者、そして理性的な者の間で理性的な者、それどころか、霊的な者の間で霊的な者であることを見るであろう。説教することもできた」。
 私は質問した、「あなたはどのように説教したのですか?」
 彼は言った、「欺瞞に反して、姦淫に反して、またすべての地獄の愛に反して〔説教した〕、それどころか、その時、私を、明けの明星(魔王)を、悪魔と呼んだ。ここから、私は暁の子と呼ばれた。また私は自分自身でも驚くのであるが、私が説教壇の上にいたとき、私は適切にまた正しく話しているとしか考えなかった。しかし、私に理由が示された、これらのことは、あなたの外なるものの中で、またこれらのものはその時、私の内なるものから分離されたものであったからである。またそれでも、このことが私に示された、やはり私は私を(悪いものへ)変化することができなかった、私は私を「至高者」の上に高め、またその方に対して私を上げたからである」。
 [5] その後、私は質問した、「あなたがだます者そのもの、また姦淫者そのものであるとき、どのように、そのように話すことができたのですか?」
 彼は答えた、「私は、私が外なるものの中に、すなわち、身体の中にいるとき他の者である、また、内なるものの中に、すなわち、霊の中にいるとき他の者である――身体の中で私は天使である、しかし、霊の中で悪魔である。というのは、身体の中で私は理解力の中にいる、けれども、霊の中で私は意志の中にいる、そして理解力が私を上方へ向ける、しかし、意志が私を下方へ向けるからである。また、私が理解力の中にいる時、私の頭を白い輪がまわりをおおう、しかし、理解力がそれ自体をまったく意志に引き渡す時、また私たちの最後の運命(種類)になる、その時、輪は黒くなる、そして見えなくなる。そのことが起こったので、私はもはやこの光の中に上ることができない」。
 しかし、急に、彼が私のもとの天使を見たために、顔と声で興奮し、さらにまた頭のまわりの輪に関して黒くなった。また開口部を通して現われたが、その開口部を通して地獄の中へ墜落した。
 傍観者たちは見られ、聞かれたそれらのものから、この結論をつくった、人間は彼の意志がどのようなものであるか〔によって〕そのようなものであること、また彼の理解力がどのようなものかによらない、意志は理解力を容易に自分の部分の中に連れ去り、従属させるからである。
 [6] その時、私は天使(たち)に質問した、「どこから、悪魔に推理力があるのですか?」
 彼らは言った、「自己愛の栄光からである。なぜなら、自己愛は栄光取り巻かれているから、というのは、この栄光はその火の輝きであるから、またその栄光が理解力をほとんど天界の光の中に上げる。なぜなら、それぞれの人間のもとの理解力は思考にしたがって上げられることのできるものである、しかし、意志は、教会と理性の真理にしたがった生活によってでないなら上げられないからである。ここから、無神論者ですら、その者は自己愛からの名声の栄光の中に、またここからプロプリウム(自己)の知性の高慢の中にいて、他の多くの者よりも高遠な推理力を授けられている。しかし、その時、理解力の思考の中にいて、意志の愛の中にいない。意志の愛は内なる人を所有する、しかし、理解力の思考は外なる人を所有する」。
 さらに、天使は、なぜ、人間は三つの愛からつくり上げられているいるか、すなわち、役立ちの愛から、世俗愛から、また自己愛からか〔その〕理由を言った――その理由は、人間が神から考える、それでもまったく自分自身からのように考えるからである。
 言った、「人間の心の中の最高のものは神へと上へ向かっている、そこに中間のものは世へと外側へ、そしてそこに最も低いものは身体の中へ下方へ向かっている。またこれが下方へ向きを変えられているので、人間はまったく自分自身からのように考えるが、そのときそれでも神からかんがえている」。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 10:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』507(直訳[5],[6])
[5.] Dein quaesivi, "Quomodo potuisti ita loqui, cum es ipse defraudator, et ipse adulter?" [5] その後、私は質問した、「どのように、そのように話すことができたのか、あなたがだます者そのもの、また姦淫者そのものであるとき?」
Respondit, "Sum alius dum in externis seu in corpore sum, et alius dum in internis seu in spiritu: 彼は答えた、「私は他の者である、私が外なるものの中に、すなわち、身体の中にいるとき、また他の者、内なるものの中に、すなわち、霊の中に――
in corpore sum angelus, sed in spiritu diabolus; 身体の中で私は天使である、しかし、霊の中で悪魔。
in corpore enim sum in intellectu, in spiritu autem sum in voluntate, ac intellectus me fert sursum, at voluntas me fert deorsum; と言うのは、身体の中で私は理解力の中にいる、けれども、霊の中で私は意志の中にいる、そして理解力が私を上方へもたらす(向ける)、しかし、意志が私を下方へもたらす(向ける)
et dum in intellectu sum, cingulum album circumvelat caput meum, at dum intellectus se prorsus emancipat voluntati, et fit ejus, quae est sors nostra ultima, tunc nigrescit cingulum, ac disparatur; また、私が理解力の中にいる時、私の頭を白い輪がまわりをおおう、しかし、理解力がそれ自体をまったく意志に引き渡す時、またその☆(状態?)になる、それは私たちの最後の運命(種類)である、その時、輪は黒くなる、そして見えなくなる。
このejusの後には何か省略されていると思えます、状態やその後の「運命」でしょうか、でも、直訳として「それになる」としておいてもよいでしょう。
quo facto, non possum amplius in lucem hanc ascendere." それで起こって、私はもはやこの光の中に上ることができない」。
Sed subito, ut vidit angelos apud me, inflammatus est facie et voce, et factus est niger, etiam quoad cingulum circum caput; しかし、急に、彼が私のもとの天使を見たために、顔と声で興奮した、また黒くなった、さらにまた頭のまわりの輪に関して。
et per aperturam, per quam surrexit, delapsus est in infernum. また開口部を通して、それを通して上がった(現われた)、地獄の中へ墜落した。
Adstantes ex illis visis et auditis fecerunt hoc conclusum, quod homo talis sit qualis est ejus voluntas, et non qualis est ejus intellectus, quoniam voluntas intellectum facile aufert in suas partes, et emancipat. 傍観者たちはそれらの見られ、また聞かれたものから、この結論をつくった、人間は彼の意志がどのようなものであるか〔によって〕そのようなものであること、また彼の理解力がどのようなものか〔によって〕ない、意志は理解力を容易に自分の部分の中に連れ去るから、また従属させる。
[6.] Tunc quaesivi angelos, "Unde rationalitas est diabolis?" [6] その時、私は天使(たち)に質問した、「どこからか? 悪魔に推理力がある」
Et dicebant, "Est ex gloria amoris sui; 彼らは言った、「自己愛の栄光(称賛)からである。
nam amor sui circumcingitur gloria, est enim haec splendor ignis ejus, et gloria illa elevat intellectum paene in lucem caeli; なぜなら、自己愛は栄光(称賛)取り巻かれているから、というのは、これ〔栄光(称賛)〕はその火の輝きであるから、またその栄光(称賛)が理解力をほとんど天界の光の中に上げる。
nam intellectus apud unumquemvis hominem elevabilis est secundum cognitiones, sed non voluntas nisi per vitam secundum ecclesiae et rationis vera; なぜなら、それぞれの人間のもとの理解力は思考にしたがって上げられることのできるものであるから、しかし、意志は〔上げられ〕ない、教会と理性の真理にしたがった生活によってでないなら。
inde est, quod ipsi athei, qui in gloria famae ex amore sui sunt, et inde in fastu propriae intelligentiae, gaudeant rationalitate sublimiore quam multi alii; ここからである、無神論者その者が、その者は自己愛からの名声の栄光(称賛)の中にいる、またここからプロプリウム(自己)の知性の高慢の中に、高尚な(高遠な)推理力を授けられている(恵まれている)、他の多くの者よりも。
sed tunc cum in cogitatione intellectus sunt, non autem cum in amore voluntatis, et amor voluntatis possidet internum hominem, at cogitatio intellectus externum." しかし、その時、理解力の思考の中にいるとき、けれども、意志の愛の中に〔い」ないとき、〔である〕、また意志の愛は内なる人を所有する(思いのままにする)、しかし、理解力の思考は外なる〔人を所有する〕。
Porro dixit angelus causam, cur homo conflatus est ex tribus amoribus, videlicet ex amore usus, ex amore mundi, et ex amore sui: さらに、天使は理由を言った、なぜ、人間は三つの愛からつくり上げられているいるか、すなわち、役立ちの愛から、世俗愛から、また自己愛から。
causa est, ut homo cogitet a Deo, tametsi prorsus ut ex se. 理由がある、人間が神から考えるため〔である〕、それでもまったく自分自身からのように。
Dixit, quod suprema in hominis mente versa sint sursum ad Deum, media ibi extrorsum ad mundum, ac infima ibi deorsum in corpus; 言った、人間の心の中の最高のものは神へと上へ向かっている、そこに中間のものは世へと外側へ向かって〔いる〕、そしてそこに最も低いものは身体の中へ下方へ。
et quia haec versa sunt deorsum, cogitat homo prorsus ut ex se, cum tamen a Deo. またこれが下方へ向きを変えられているので、人間はまったく自分自身からのように考える、そのときそれでも神から。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 01:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』507(原文と直訳[4]まで)
(1) 原文
507. Quintum Memorabile :
 
Eram in sermone cum angelis, et denique de concupiscentia mali, in qua quisque homo est ex nativitate. Dixit unus quod in mundo ubi est, appareant illi qui in concupiscentia sunt, "Nobis angelis sicut fatui, sed illi sibi ipsis tunc sicut summe sapientes; quapropter ut ex fatuitate sua extrahantur, per vices remittuntur in illam, et per vices in rationale, quod apud illos in externis est; et in hoc statu vident, agnoscunt et confitentur insaniam suam: at usque e statu rationali suo in statum insanum suum discupiunt, et quoque se in hunc immittunt, sicut a coacto et injucundo in liberum et jucundum; ita concupiscentia interius oblectat illos, et non intelligentia. [2.] Sunt tres amores universales, ex quibus a Creatione conflatus est omnis homo; amor proximi, qui etiam est amor faciendi usus, hic amor est spiritualis; amor mundi, qui etiam est amor possidendi opes, hic amor est materialis; ac amor sui, qui etiam est amor imperandi super alios, et hic amor est corporeus. Homo est vere homo, dum amor proximi seu amor faciendi usus facit caput, et amor mundi seu amor possidendi opes facit pectus et ventrem, ac amor sui seu amor imperandi facit pedes et plantas eorum: at si amor mundi facit caput, homo non est homo aliter quam sicut gibbosus; at si amor sui facit caput, non est sicut homo stans super pedibus, sed sicut super palmis manuum capite deorsum et clunibus sursum. [3.] Quando amor faciendi usus facit caput, ac reliqui duo amores faciunt ordine corpus et pedes, apparet ille homo in caelo facie angelica, cum pulchra iride circum caput; at si amor mundi seu opum facit caput, apparet ille e caelo facie pallida sicut mortui cum circulo flavo circum caput; si vero amor sui seu imperandi super alios facit caput, apparet ille e caelo facie ignitim furva, cum circulo albo circum caput."
Ad haec quaesivi, "Quid repraesentant circuli circum capita?"
Respondebant, "Repraesentant intelligentiam; circulus albus, circum caput faciei ignitim furvae, repraesentat quod intelligentia ejus in externis sit, sive circum illum, at insania in internis seu in illo: etiam homo, qui talis, sapit cum in corpore est, at insanit, dum in spiritu; et nullus homo sapit spiritu, nisi a Domino, quod fit cum denuo ab Ipso generatur et creatur.
[4.] His dictis aperiebatur terra ad sinistrum, et per aperturam vidi assurgentem diabolum facie ignitim furva cum circulo albo circum caput; et sciscitavi, "Quis es?"
Dixit, "Sum Lucifer filius aurorae, et quia similem me feci Altissimo, dejectus sum, sicut describor Esai. xiv." At non fuit ille Lucifer, sed credidit se esse illum.
Et dixi, "Cum dejectus es, quomodo potes resurgere ex inferno?"
Et respondit, "Sum ibi diabolus, at hic sum angelus lucis: videsne caput meum cingulo albo cinctum? et quoque, si vis, videbis, quod sim moralis inter morales, ac rationalis inter rationales, immo spiritualis inter spirituales; potui etiam concionari."
Quaesivi, "Quomodo concionatus es?"
Dixit, "Contra defraudatores, contra adulteros, et contra omnes amores infernales, immo tunc me Luciferum vocavi diabolum, et pejeravi contra me illum, et propterea laudibus evectus sum ad caelum; inde est quod vocatus sim filius aurorae; et quod ipse miratus sum, cum super pulpito eram, non cogitavi aliter quam quod recte et rite loquerer; sed causa mihi detecta est, haec, quia in externis tui, et haec tunc separata fuerunt ab internis meis; et tametsi hoc mihi detectum est, usque non potui immutare me, quia supra Altissimum me evexi, et contra Illum me extuli."
[5.] Dein quaesivi, "Quomodo potuisti ita loqui, cum es ipse defraudator, et ipse adulter?"
Respondit, "Sum alius dum in externis seu in corpore sum, et alius dum in internis seu in spiritu: in corpore sum angelus, sed in spiritu diabolus; in corpore enim sum in intellectu, in spiritu autem sum in voluntate, ac intellectus me fert sursum, at voluntas me fert deorsum; et dum in intellectu sum, cingulum album circumvelat caput meum, at dum intellectus se prorsus emancipat voluntati, et fit ejus, quae est sors nostra ultima, tunc nigrescit cingulum, ac disparatur; quo facto, non possum amplius in lucem hanc ascendere."
Sed subito, ut vidit angelos apud me, inflammatus est facie et voce, et factus est niger, etiam quoad cingulum circum caput; et per aperturam, per quam surrexit, delapsus est in infernum.
Adstantes ex illis visis et auditis fecerunt hoc conclusum, quod homo talis sit qualis est ejus voluntas, et non qualis est ejus intellectus, quoniam voluntas intellectum facile aufert in suas partes, et emancipat.
[6.] Tunc quaesivi angelos, "Unde rationalitas est diabolis?" Et dicebant, "Est ex gloria amoris sui; nam amor sui circumcingitur gloria, est enim haec splendor ignis ejus, et gloria illa elevat intellectum paene in lucem caeli; nam intellectus apud unumquemvis hominem elevabilis est secundum cognitiones, sed non voluntas nisi per vitam secundum ecclesiae et rationis vera; inde est, quod ipsi athei, qui in gloria famae ex amore sui sunt, et inde in fastu propriae intelligentiae, gaudeant rationalitate sublimiore quam multi alii; sed tunc cum in cogitatione intellectus sunt, non autem cum in amore voluntatis, et amor voluntatis possidet internum hominem, at cogitatio intellectus externum." Porro dixit angelus causam, cur homo conflatus est ex tribus amoribus, videlicet ex amore usus, ex amore mundi, et ex amore sui: causa est, ut homo cogitet a Deo, tametsi prorsus ut ex se. Dixit, quod suprema in hominis mente versa sint sursum ad Deum, media ibi extrorsum ad mundum, ac infima ibi deorsum in corpus; et quia haec versa sunt deorsum, cogitat homo prorsus ut ex se, cum tamen a Deo.
 
(2) 直訳
507. Quintum Memorabile :― 第五のメモラビリア――
 
Eram in sermone cum angelis, et denique de concupiscentia mali, in qua quisque homo est ex nativitate. 私は天使(たち)との会話の中にいた、また最後に、悪の欲望について、その中にそれぞれの人間は出生からいる。
Dixit unus quod in mundo ubi est, appareant illi qui in concupiscentia sunt, "Nobis angelis sicut fatui, sed illi sibi ipsis tunc sicut summe sapientes; ある者が言った、世の中でそこにいる(=欲望の中にいる)こと、彼は見られる、その者は欲望の中にいる、「私たちに、天使たちに、愚かな者に、しかし、彼は自分自身そのものに、その時、最高度に賢明な者。
quapropter ut ex fatuitate sua extrahantur, per vices remittuntur in illam, et per vices in rationale, quod apud illos in externis est; そのために、自分の愚かさから引き出されるために、時々(交互に)、その中に戻される、また時々(交互に)、理性の中に、それは彼のもとにある、外なるものの中に。
et in hoc statu vident, agnoscunt et confitentur insaniam suam: また、この状態の中で、自分の狂気を見る、認める、また告白する。
at usque e statu rationali suo in statum insanum suum discupiunt, et quoque se in hunc immittunt, sicut a coacto et injucundo in liberum et jucundum; しかし、それでも、自分の理性的な状態から、自分の狂気を激しく欲する、そしてまた、自分自身をこの中に入れる、強制と不愉快から自由と快さの中にのように。
ita concupiscentia interius oblectat illos, et non intelligentia. そのように、欲望は内的に彼らを喜ばせる、また知性ではない
[2.] Sunt tres amores universales, ex quibus a Creatione conflatus est omnis homo; [2] 三つの普遍的な愛がある、創造によりそれらからすべての人間はつくり上げられている。
amor proximi, qui etiam est amor faciendi usus, hic amor est spiritualis; 隣人愛は、それは役立ちを行なう愛でもある、この愛は霊的である。
amor mundi, qui etiam est amor possidendi opes, hic amor est materialis; 世への愛(世俗愛)は、それは富を所有する愛でもある、この愛は物質的である。
ac amor sui, qui etiam est amor imperandi super alios, et hic amor est corporeus. そして、自己愛は、この愛は他の者の上に支配する愛である、またこの愛は形体的である。
Homo est vere homo, dum amor proximi seu amor faciendi usus facit caput, et amor mundi seu amor possidendi opes facit pectus et ventrem, ac amor sui seu amor imperandi facit pedes et plantas eorum: 人間は真に人間である、隣人愛または役立ちを行なう愛が頭をつくる時、また世俗愛または富を所有する愛が胸と腹をつくる、そして自己愛または支配する愛が足とその足の裏をつくる。
at si amor mundi facit caput, homo non est homo aliter quam sicut gibbosus; しかし、もし世俗愛が頭をつくるなら、人間は人間でない、せむしのよう以外に異なって。
at si amor sui facit caput, non est sicut homo stans super pedibus, sed sicut super palmis manuum capite deorsum et clunibus sursum. しかし、もし自己愛が頭をつくるなら、足の上に立っている人間のようではない、しかし、手の掌の上のように、頭で下方、また尻で上方に。
[3.] Quando amor faciendi usus facit caput, ac reliqui duo amores faciunt ordine corpus et pedes, apparet ille homo in caelo facie angelica, cum pulchra iride circum caput; [3] 役立ちを行なう愛が頭をつくる時、そして残りの二つの愛が順に身体と足をつくる、その人間は天界の中で天使の顔で見られる、頭のまわりの美しい虹とともに。
at si amor mundi seu opum facit caput, apparet ille e caelo facie pallida sicut mortui cum circulo flavo circum caput; しかし、もし世へのまたは富への愛が頭をつくるなら、彼は天界から死人のような青白い顔で見られる、頭のまわりの黄色の輪とともに。
si vero amor sui seu imperandi super alios facit caput, apparet ille e caelo facie ignitim furva, cum circulo albo circum caput." しかし、もし自己愛、すなわち、他の者の上に支配する〔愛〕が頭をつくるなら、彼は天界から黒ずんだ火の顔で見られる、頭のまわりの白い輪とともに。
Ad haec quaesivi, "Quid repraesentant circuli circum capita?" これらへ私は質問した、「頭のまわりの輪は何を表象しているのか?」
Respondebant, "Repraesentant intelligentiam; 彼らは答えた、「知性を表象している。
circulus albus, circum caput faciei ignitim furvae, repraesentat quod intelligentia ejus in externis sit, sive circum illum, at insania in internis seu in illo: 白い輪は、黒ずんだ火の顔の頭のまわりの、彼の知性を表象している、外なるものの中にある、あるいはそのまわりの、しかし、内なるものの中に狂気が〔ある〕、またはその中に。
etiam homo, qui talis, sapit cum in corpore est, at insanit, dum in spiritu; 人間もまた、その者はそのようなものである、身体の中にいるとき賢明である、しかし、狂っている、霊の中に〔いる〕時。
et nullus homo sapit spiritu, nisi a Domino, quod fit cum denuo ab Ipso generatur et creatur. まただれも人間は霊で賢明ではない、主からでないなら、それはその方により再び再生させられ、また創造されるとき生じる。
[4.] His dictis aperiebatur terra ad sinistrum, et per aperturam vidi assurgentem diabolum facie ignitim furva cum circulo albo circum caput; [4] これらで言われて、左に地が開かれた、また開口部を通って私は、悪魔の上がって来るのを見た、黒ずんだ火の顔で、頭のまわりに白い輪とともに。
et sciscitavi, "Quis es?" また、私は尋ねた、「あなたはだれであるか?」
Dixit, "Sum Lucifer filius aurorae, et quia similem me feci Altissimo, dejectus sum, sicut describor Esai. xiv." 彼は言った、「私は暁の(息)子、明けの明星(魔王)である、また私は私を「至高者」と等しいものにしたので、私は投げ落とされた、「イザヤ書」14に描かれているように。 
At non fuit ille Lucifer, sed credidit se esse illum. しかし、彼は明けの明星(魔王)でなかった、しかし、自分自身をそれであることを信じた。
Et dixi, "Cum dejectus es, quomodo potes resurgere ex inferno?" また私は言った、「あなたが投げ落とされているとき、どのようにあなたは地獄から上ることができるのか?」
Et respondit, "Sum ibi diabolus, at hic sum angelus lucis: また、答えた、「私は、そこに悪魔である、しかし、ここに私は光の天使である――
videsne caput meum cingulo albo cinctum? あなたは私の頭を見ないか? 白い光輪(環)で取り巻かれた。
et quoque, si vis, videbis, quod sim moralis inter morales, ac rationalis inter rationales, immo spiritualis inter spirituales; そしてまた、もしあなたが欲するなら、あなたは見る(未来)、私が道徳的な者の間で道徳的な者であること、そして理性的な者の間で理性的な者、それどころか、霊的な者の間で霊的な者。
potui etiam concionari." 私は説教することもまたできた」。
Quaesivi, "Quomodo concionatus es?" 私は質問した、「あなたはどのように説教したのか?」
Dixit, "Contra defraudatores, contra adulteros, et contra omnes amores infernales, immo tunc me Luciferum vocavi diabolum, et pejeravi contra me illum, et propterea laudibus evectus sum ad caelum; 彼は言った、「欺瞞に反して、姦淫に反して、またすべての地獄の愛に反して、それどころか、その時、私を、明けの明星(魔王)を、私は悪魔と呼んだ、
inde est quod vocatus sim filius aurorae; ここからである、私は暁の(息)子と呼ばれた。
et quod ipse miratus sum, cum super pulpito eram, non cogitavi aliter quam quod recte et rite loquerer; また自分自身、私は驚く(奇妙である)、私が説教壇の上にいたとき、私は適切にまた正しく話していること以外に異なって考えなかった。
sed causa mihi detecta est, haec, quia in externis tui, et haec tunc separata fuerunt ab internis meis; しかし、私に理由が示された(明かされた)、これらのことは、あなたの外なるものの中で、またこれらのものはその時、私の内なるものから分離されたものであったからである。
et tametsi hoc mihi detectum est, usque non potui immutare me, quia supra Altissimum me evexi, et contra Illum me extuli." またそれでも、このことは私に示された(明かされた)、やはり私は私を(悪いものへ)変化することができなかった、私は私を「至高者」の上に高めたからである、またその方に対して私を上げた。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 01:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』506(直訳[9],[10]と訳文)
[9.] Sed unus cum audivit, quod credatur homo talis in omnibus quae fidei et salutis sunt, dixit, "Audivi quendam dicentem, `Plantavi vineam, nunc bibam vinum usque ad ebrietatem;' [9] しかし、ある者が聞いた時、人間がそのようなものを信じていること、すべてのものの中に、それらは信仰と救いのものである、言った、「私はある者が言っているのを聞いた、『私はブドウ畑を植えた、今や、私はブドウ酒を飲む、酩酊〔する〕にまでも』。
sed quaesivit alter, 'Num bibiturus es vinum ex tuo scypho per tuam dextram?' しかし、他の者が質問した、『あなたはブドウ酒を飲むのか、あなたの酒杯から、あなたの右手によって?』
et dixit, 'Non, sed ex scypho inconspicuo per manum inconspicuam;' また、言った、『いいえ、しかし、目に見えない酒杯から、目に見えない手によって』。
et respondit alter, 'Certe tunc non inebriaberis.'" また、他の者が答えた、『確かに(きっと)、その時、あなたは酔わない』。
Mox idem vir dixit, "Sed me audite quaeso; 間もなく、同じ男が言った、「しかし、私に聞け、どうぞ(お願いします)
ego dico vobis, Bibite vinum ex Verbo intellecto; 私はあなたがたに言う、みことばの理解力からブドウ酒を飲め。
nostisne quod Dominus sit Verbum? 主がみことばであることを(あなたがたは)知っているな(収縮形)
estne Verbum ex Domino? みことばは主からであるな?
estne sic Ipse in illo? そのように(したがって)の方はその中にいるな?
si ergo facitis bonum ex Verbo, facitisne id ex Domino, ex Ipsius ore et voluntate? それゆえに、もし、あなたがたがみことばから善を行なうなら、それをみことばから行なうな? その方の口から、また意志〔から〕。
et si tunc spectatis ad Dominum, etiam Ipse vos ducet et docebit, et vos facietis illud ex vobis a Domino. また、もしその時、あなたがたが主に目を向けるなら、その方もまたあなたがたを導く、また教える、また、あなたがたはそれを主のことばから行なう。
Quis potest dicere, qui facit aliquid a rege, illius ore et mandato, 'Hoc facio ex meo ore seu mandato, et ex mea voluntate.'" だれが言うことができるのか、その者は何らかのことを王から行なう、その〔王の〕口と命令で、「このことを私は、私の口から、または命令〔から〕、また私の意志から」。
[10.] Post haec convertit se ad clerum, et dixit, "Ministri Dei, ne seducite gregem." [10] この後、聖職者へ(自分自身を)きを変えた、また言った、「神の召使いたち(仕える者)、群れを迷わすな」。
His auditis, maxima pars gregis sinistri recessit, et gregi dextro se adunivit. これらで聞いて、左の群れの(最大の)大部分は去った、また右の群れに自分自身を合わせた。
Aliqui tunc ex clero dicebant, "Audivimus quae non prius; その時、聖職者からのある者が言った、「私たちは聞いた、それは以前にない。
sumus pastores, non relinquemus oves;" 私たちは羊飼いである、羊を置き去りにしない」。
et recesserunt una cum illis; また、彼らと一緒に去った。
et dicebant, "Hic vir locutus est verbum verum; また言った、「この男は真理のことばを話した。
quis dicere potest, qui facit ex Verbo, ita ex Domino, Ipsius ore et voluntate, 'Hoc facio ex me?' だれが言うことができるか、その者はみことばから行なう、そのように主から、その方の口と意志で、『このことを私は、私から行なう』と?
Quis dicit, qui facit ex rege, illius ore et voluntate, 'Hoc facio ex me?' だれが言うのか、その者は王から行なう、その〔王の〕口と意志で、『このことを私は、私から行なう』と?
Nos videmus nunc Divinam Providentiam, cur non inventa fuit fidei et bonorum operum conjunctio, quae ab ecclesiastica societate agnita est; 私たちは、今や、神的な摂理〔であったこと〕を見る、なぜ見つからなかったか、信仰と善の働きの結合が、それは教会(聖職者)の社会により認められている。
non potuit inveniri, quia non potuit dari, non enim fuit fides in Dominum, qui est Verbum, et inde nec fuit fides e Verbo." 見つけられることができなかった、存在する(与えられる)ことができなかったからである、というのは、主への信仰がなかったから、それはみことばである、またここからみことばからの信仰もなかった」。
Sed reliqui sacerdotes, qui erant ex grege hircorum, abibant, et vibrabant pileos suos, et clamabant, "Sola Fides, Sola Fides, vivet usque." しかし、残りの聖職者たちは、その者は雄ヤギの群れからであった、立ち去った、また自分の帽子(かぶりもの)を振った、また叫んだ、「信仰のみ、信仰のみ、それでも(やはりそれは)生きる」。
 
@1 14-16 pro “14, 15” 注1 14, 15」の代わりに14-16
@2 338 (cum exemplo Auctoris,) pro “238” 注2 238」の代わりに338 (著者の写し(本)に)
@3 28 (cum exemplo Auctoris,) pro “8” 注3 8」の代わりに28 (著者の写し(本)に)
@4 vi. pro “vii.” 注4 vii.」の代わりにvi.
@5 37 pro “38” 注5 38」の代わりに37
@6 32 pro “31” 注6 31」の代わりに32
@7 44 (cum exemplo Auctoris,) pro “24” 注7 24」の代わりに44 (著者の写し(本))
@8 sacerdotes:sic Aoc. Rev., n. 417. 注8 sacerdotes:sic Aoc. Rev., n. 417. sacerdotes――このように『啓示された黙示録』417番〔にある〕。
@9 Verba uncis inclusa videantur, Apo. Rev., n. 417. 注9 カッコに囲まれた言葉が『啓示された黙示録』417番に見られる。
 
(3) 訳文
506. 第四のメモラビリア――
 
 私は霊界の中で一つは雄ヤギ、もう一つは羊の二つの群れを見た。
 私はそれが何であるのかいぶかった、確かに、私は、霊界の中で見られる動物は動物ではなく、そこにいるそれらからの情愛とここからの思考の対応であることを知っていた。それゆえ、私はさらに近くへと近づいた、また私が近づくほど、動物に似ているものは消え、それらの代わりに人間が見られた。また、雄ヤギの群れを構成した者は自分自身に信仰のみによる義認の教えを確信した者であったこと、また羊の群れを構成した者は仁愛と信仰が一つである、このように善と真理が一つであることを信じたものであったことが明らかにされた。
 [2] またその時、雄ヤギのように見られた者と話した。私は言った、「なぜ、あなたがたはそのように集まっているのですか?」
 大部分の者は聖職者からであり、その学識から称賛された者であった、信仰のみによる義認のアルカナ(秘義)を知っていたからである。
 彼らは、会議に座るために集まった、と言った、パウロの言ったことを聞いたからである(ローマ3:28)
 
人間は、律法の行ないなしに、信仰で義とされること、
 
そこの「信仰」によって今日の教会の信仰が意味されなかったので、〔これが〕正しく理解されていない、その〔信仰〕は永遠からの三つの位格の神性の中へ〔の信仰である〕、しかし、〔正しいのは〕主なる神、救い主イエス・キリストへの信仰〔である〕。また「律法の行ない」によって十戒の律法の行ないが意味されなかった、しかしユダヤ人のためのモーセの律法の行ないが〔意味され〕、またそれらのわずかな言葉から、二つの憎むべき虚偽が誤まった解釈によって結論した、それらは、〔一つは、そこの信仰は〕今日の教会の信仰を意味したこと、また〔もう一つは、その行ないは〕十戒の律法の行ない〔である〕ことである。
 「パウロはこれらを意味しなかったこと、しかし、ユダヤ人のためのモーセの律法の行ないであったことは、ユダヤ人〔の風習に〕に倣った、とそれを叱責し、それでも〔次のことを〕知っているとき、ペトロへの彼自身の言葉から明らかである、
 
 だれも律法の働き行ないによって義とされず、しかし、イエス・キリストの信仰によって義とされる(ガラテヤ2:14-16)
 
 「イエス・キリストの信仰」によって、その方へのまたその方からの信仰であることが前に見られる(338)。また「律法の行ない」によってモーセの律法の行ないが意味されるので、それゆえ、★信仰の律法と働き(行ない)の律法の間を区別した、そしてユダヤ人と異邦人の間を、すなわち、割礼と無割礼者(包皮)、また割礼によってユダヤ教が意味される、他のところどこでものように。〔★以下の訳文が直訳から抜け落ちました、ここは直訳のままとします〕そしてまた、★それらをこれらのことばによって閉じ込めた、〔★以下の訳文が直訳から抜け落ちました、ここは直訳のままとします〕
 
 「それゆえ、律法を私たちは信仰によって廃止するのですか? 〔そんなことは〕ありません、しかし、律法を私たちは確立させます」 (これらのすべては一つの連続の中で言われている)(ローマ3:27-31)
 
 そしてまた、先行する章の中で言っている、
 
 「律法を聞く者が義とされない、神により、しかし、律法を行なう者が義とされる」(ローマ2:13)
 
 なおまた、
 
 神はそれぞれの者を彼の行ないしたがって報いること(ローマ2:6)
 
 またさらに、
 
 「すべての者は……私たちはキリストの厳しい罰の前に現わされなければならない、あるいは善、あるいは悪のそのどんなものでも獲得するために、それは身体によって……行なわれた」(コリント5:10)
 
 そこにほかにも多くのもの。 それらから、パウロはヤコブと等しく善の行ないなしの信仰を退けたことが明らかである(手紙2:17-26)
 [3] パウロによりユダヤ人のためのモーセの律法の行ないが意味されたことは、ほかにも、モーセのもとのユダヤ人のためのすべての法令が「律法」そのように「律法の行ない」と言われたことから私たちは確証される、それを私たちはこれらから見る――
 
 「これは穀物の捧げ物の律法」(ビ記6:14, 18以降)
「これは全焼のいけにえのための、穀物の捧げ物のための、罪と有罪のための、満たすための律法」(レビ記7:37)
 「これは獣(動物)と鳥のための律法」(レビ記11:46以降)
 「これは息子または娘のための産む者の律法」(レビ記12:7)
 「これはらい病のための律法」(レビ記13:5914:2, 32, 54, 57)
 「これは流出を働きかけられた者のための律法」(レビ記15:32)
 「これはねたみの律法」(民数記5:29, 30)
 「これはナジル人の律法」(民数記6:13, 21)
 「これは清めることの律法」(民数記14:14)
 「これは赤い雌牛についての律法」(民数記19:2)
 「王のための律法」(申命記17:15-19)
 
 実に、モーセの全部の書物が「律法の書」と呼ばれている(申命記31:9, 11, 12, 26、そしてまたルカ2:2224:44、ヨハネ1:457:22, 238:5)」。
 [4] これらに、パウロのもとにも見られることを言い足した、〔それは〕十戒の戒めが見られるべきであること、また仁愛により満たされることである(ローマ13:8-11)
 なおまた、〔パウロは〕言っている、
 
 三つのもの、信仰、希望、仁愛があり、これらの最大のものは仁愛であること(コリント13:13)
 
 そのように信仰ではない。
 彼らは、これらのために呼び集められた、と言った。
 しかし、私は彼らを騒がせないように退いた。またその時、再び、遠方から、雄ヤギのようなものが、ある時には伏せ、またある時には立っているように見られた。しかし、他の羊の群れへ向かった。
熟考したとき伏せているように、結論したとき立っているように見えた。
 しかし、私の視覚を彼らの角に保った。また私は、彼らの額の中に角が、ある時は前方にまた上方へ差し出されたように、ある時には背の方へ後方へ曲げられ、また最後に完全に向きを変えて見られたことを不思議に思った。またその時、急に、羊の群れへ向きを変えた、しかし、それでも雄ヤギのように見えた。
 それゆえ、再び、私は近づき、質問した、「何を、今〔しようとしているのですか〕?」
 彼らは木が実を生み出すように、信仰が仁愛の善を生み出すことを結論した、と言った。
 しかし、その時、雷鳴が聞かれ、上からの稲光が見えた。また間もなく、二つのそれらの群れの間に立っている天使が現われ、羊の群れへ叫んだ、「聞くな。彼らは前の自分の信仰から引き下がっていない、それは、信仰のみが義とし、救う、とし、まったく何も実際の仁愛が〔そうするのでは〕ない。信仰は木でない、しかし、人間が木である。しかし、悔い改めを行なえ、また主へ目を向けよ、すると、あなたがたは信仰を持つ」。そのこと依然の信仰は、その中に何らかのものが生きている信仰ではない」。
 その時、雄ヤギは角の向きを変えて羊に近づくことを欲した。しかし、彼らの間に立っている天使は、羊を二つの群れに分けた。また、左からの彼らに言った、「あなたがたは雄ヤギに加われ、しかし、私はあなたがたに言う、オオカミがやって来ること、それは彼らを、また彼らとともにあなたがたを襲う」。
 [5] しかし、分かれた後、二つの羊の群れは、また左からの彼らは、天使のおどしの言葉を聞き、お互いに眺め合って、言った、「私たちのかつての仲間と会話しよう」。
 またその時、左の群れが右の群れに言って、話した、「なぜ、あなたがたは私たちの羊飼いから去ったのですか?
 信仰と仁愛は木と実が一つであるように一つではありませんか? というのは、木は枝によって実の中に続いているからです。木が連続を通して実の中に流入する何らかのものを枝から引き離しなさい、実は また実と一緒に、再び何らかの木の生まれるすべての種は滅びるのではありませんか? 
 そのようであるかどうか、私たちの聖職者に質問してください」。
 またその時、質問した。聖職者は他の者を見回した、その者は、「よく話した」と言うようにと、まぶたでウインクした。またその後、答えた。
「あなたがたはよく話しました、しかし、善の働きの中への信仰が続くことについては、実の中への木が続くように、私たちは多くのアルカナを知っています、この場所では、それを公けにするしません。信仰と仁愛のひも(きずな)または糸の中に、多くの小さい結び目があり、それを私たち、聖職者たちだけが解くことができます」。
 [6] またその時、右からの羊の間にいた聖職者からのある者が、立ち上がり、言った、「彼らはあなたがたに、そのようであることを答えました、しかし、自分自身にそのようではありません、というのは、異なって考えるからです」。
 それゆえ、彼らは質問した、「その時、どのように考えているのですか? 彼らは教えるように考えないのですか?」
 彼は言った、「いいえ。救いそして永遠のいのちのために人間により行なわれる善の働きと呼ばれるすべての仁愛の善を、最小の部分も善はないと考えます、その理由は、人間は自分自身による働きによって自分自身そのものが救われることを、唯一の救い主の功績を自分自身の義として要求して、欲するからです。またそのようであることを、すべての善の働きに、その中に人間は自分の意志を感じるからです。それゆえ、信仰と仁愛の結合はまったく何もないこと、また、信仰が善の働きによって保持され、また保存されることが決してない、主張たのです。
 [7] しかし、左れからった、「あなたは彼らに反する偽りを言っています。彼らは、仁愛とそのきをそれを信仰きとんで、私たちのらかに説教していませんか?」
 また、彼えた、「あなたがたはらの説教理解していません。〔ここにいる聖職者だけが、留意、理解しています。彼らは道徳的仁愛だけをまたその市民的なまた政治上善行それらを信仰のものとびますがまったくそうでは〕ありません。というのは、人間は、無神論者はそれらを同様に、また同じ形の下に行なうことができるからです。それゆえ、だれも何らかの働きによって救われない、しかし、信仰のみによって救われる、と一致して言っています。けれども、このことを比較(たとえ)によって説明しましょう――リンゴの実を生じる木はリンゴを生み出します、しかし、その木が延長によってリンゴを生み出すように、もし人間が救いのために善行をなすなら、その時、そのリンゴは内部で腐り、虫で満ちます。さらに言いましょう、ブドウの木がブドウを生み出します、しかし、もし人間が霊的な善行をなしたなら、ブドウの木はブドウを野ブドウのようにします」。
 [8] しかしその時、質問した、「彼らに、信仰の実であるどのような仁愛の善行または働きがあるのですか?」
 おそらく、信仰の近くに〔あり〕、それでもそれに密着していない目だなない、何らかのものであろう、と答えた。「背後から人間に続く影のようなものであり、自分の向きを変えないなら、太陽に向かって眺める時、その影を認めません。それどころか、私は、馬のしっぽのようである、と言うことができます、それは今日、それらは何も役立たないために何〔になるの〕か? もし馬にくっついているなら、容易に汚れる、と言って、多くの場所の中で切られています」。
 これらを聞いて、羊の左の群れからの憤慨したある者が言った、「確かに、何らかの結合があります。そうでなければ、どのように信仰の働きを呼ぶことができますか?
 おそらく、仁愛の善行は、神により何らかの流入によって人間の自発的なきの中に、何らかの情愛・熱望・霊感・興奮・願いの喚起・思考の中の静かな知覚、またここからの勧告・悔恨、またこのように良心、またここから強制、幼児のようにまたは賢明な者のように十戒とみことばの従順によって、またはそれらと似た何らかのある媒介するものによるかように徐々にしみ込みます、そうでなければ、どのように信仰の実と呼ばれることができるのですか?」
 これに聖職者は答えた、「いいえ。またもし、そのようものによって何かが行なわれた、と言うなら、それでもそれを言葉とともに説教の中ででっちあげています、それらから結果として、信仰からでないことが生じます。それでも、あるものを、このようなものを述べました、しかし、信仰のしるしとしてであり、仁愛とのそのきずな(ひも)としてではありません。
 それでも、ある者は、みことばによる結合を考え出しました」。
 またその時、彼らは言った、「このような結合がありませんか(それを人間は、みことばにしたがって自発的に行なう)?」
 しかし、答えた、「このことを考えません、しかし、単にみことばを聞くことによって〔結合があります〕。というのは、すべての理性的なものは、また信仰の事柄の中の人間のすべての自発的なものは、不潔なまた功績を求めるものであり、人間は霊的なものの中で丸太よりもさらに何らかのものを考えること、意志すること、働くこと、協力することができない、と主張するからです。
[9] しかし、ある者が、人間が、信仰と救いのものであるすべてのものの中に、そのようなものを信じていること聞いた時、言った、「私はある者が、『私はブドウ畑を植えた、今や、私はブドウ酒を飲む、酩酊〔する〕までも』と言っているのを聞きました。しかし、他の者が質問した、「あなたは、あなたの右手によってその酒杯からブドウ酒を飲むのですか?」 また、言った、『いいえ、しかし、目に見えない酒杯から、目に見えない手によってです』。また、他の者が答えた、『確かに、その時、あなたは酔いません』。
 間もなく、同じ男が言った、「しかし、どうが私〔の言うこと〕に聞いてください。私はあなたがたに、みことばの理解力からブドウ酒を飲みなさい、と言いましょう。主がみことばであることを(あなたがたは)知っていませんか? みことばは主からではありませんか? そのように(したがって)の方はその中にいませんか? それゆえ、もし、あなたがたがみことばから善を行なうなら、それをみことばから、その方の口から、意志から行ないませんか? また、もしその時、あなたがたが主に目を向けるなら、その方もまたあなたがたを導き、教えまする、また、あなたがたはそれを主のことばから行ないます。
 何らかのことを王から、その王の口と命令で行なう者が、『このことを私は、私の口から、または命令、また私の意志から行なう』と、だれが言うことができますか」。
[10] この後、聖職者へきを変え、言った、「神に仕える者よ、群れを迷わすな」。
 これらを聞いて、左の群れの大部分は去り、右の群れに合流した。
 その時、聖職者からのある者が言った、「私たちは以前にないものを聞きました。私たちは羊飼いです、羊を置き去りにしません」。また、彼らと一緒に去った。また言った、「この男は真理のことばを話しました。みことばから、そのように主から、その方の口と意志で行なう者が、『このことを私は、私から行なう』とだれが言うことができますか? 王から、その〔王の〕口と意志で行なう者が、『このことを私は、私から行なう』と、だれが言うのですか?
 私たちは、教会の社会により認められている信仰と善の働きの結合が、なぜ見つからなかったか、今や、神的な摂理〔であったこと〕を見ます。見つけられることができなかったのは、存在することができなかったからです、というのは、みことばである主への信仰がなく、またここからみことばからの信仰もなかったからです」。
 しかし、雄ヤギの群れからであった残りの聖職者たちは、立ち去った、また自分の帽子(かぶりもの)を振り、叫んだ、「信仰のみ、信仰のみ、それでも(やはりそれは)生きる」。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 02:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』506(直訳[7],[8])
[7.] Sed dixerunt e grege sinistro, "Loqueris mendacia contra illos; [7] しかし、左れからった、「あなたは彼らに反する偽りを言う。
praedicantne charitatem et ejus opera, quae vocant opera fidei, coram nobis manifeste?" 彼らは説教していないか、仁愛とその働きを、それを信仰の働きと呼んで、私たちの前に明らかに?」
Et ille respondit, "Non intelligitis praedicationes illorum; また、彼は答えた、「あなたがたは彼らの説教を理解していない。
solum clericus, qui adest, attendit et intelligit; 聖職者だけが、その者は〔ここに〕いる、留意する、また理解する。☆
原文でここに「;」が落ちていました。(スキャナーによるミス)
cogitant modo charitatem moralem, et bona ejus civilia et politica, quae vocant fidei, et prorsus non sunt; 彼らは道徳的な仁愛だけを考える、またその市民的なまた政治上の善行☆を、それらを信仰のものと呼ぶ、またまったく〔そうでは〕ない。
原文でここのbonaDonaとなっていました。(スキャナーによるミス)
homo enim atheus potest illa similiter et sub eadem forma facere; というのは、人間は、無神論者はそれらを同様に、また同じ形の下に行なうことができるから。
quare unanimiter dicunt, quod nemo per aliqua opera salvetur, sed per solam fidem: それゆえ、一致して言う、だれも何らかの働きによって救われないこと、しかし、信仰のみによって。
verum illustretur hoc per comparationes: けれども、このことが比較(たとえ)によって説明される――
quod arbor pomifera producat poma, sed si homo facit bona propter salutem, sicut arbor illa poma per continuum, tunc poma illa intus putida sunt, et plena vermibus: リンゴの実を生じる木がリンゴを生み出すこと、しかし、もし人間が救いのために善行をなすなら、その木がリンゴを存続(延長)によって〔生み出す〕ように、その時、そのリンゴは内部で腐る、また虫で満ちる。
dicunt etiam quod vitis producat uvas, sed si homo facturus esset bona spiritualia, sicut vitis uvas, faceret labruscas." さらに言う、ブドウの木がブドウを生み出すこと、しかし、もし人間が霊的な善行をなしたなら、ブドウの木はブドウを、野ブドウのようにする。
[8.] At tunc quaesiverunt, "Qualia illis sunt bona charitatis seu opera quae sunt fructus fidei?" [8] しかしその時、質問した、「彼らのどのような仁愛の善行または働きがあるのか、それらは信仰の実である?」
Respondit, quod forte sint inconspicua alicubi prope fidem, cui tamen non cohaerent; 答えた、おそらく、目だなないものである、信仰の近くに〔ある〕何らかのものに、それでもそれに密着していない。
"sunt sicut umbra, quae a tergo sequitur hominem, quando spectat ad solem, quam umbram non animadvertit, nisi se convertat; 「影(陰)のようである、それは背後から人間に続く、太陽に向かって眺める時、その影(陰)を認めない、自分自身を向きを変えないなら。
immo possum dicere, quod sint sicut caudae equinae, quae hodie pluribus in locis amputantur, dicentes, Quid cum illis? ad nihil conducunt; それどころか、私は言うことができる、馬のしっぽのようであること、それは今日、多くの場所の中で切られる、言って、それらと何が? 何も役立たないために。
si adhaerent equo, facile inquinantur.' もし馬にくっついているなら、容易に汚れる」。
His auditis aliquis ex sinistro grege ovium indignatus dixit, "Omnino est aliqua conjunctio; これらで聞いて、羊の左の群れからの憤慨したある者が言った、「すべての点で(確かに)、何らかの結合がある。
quomodo alioqui possunt vocari opera fidei? そうでなければ、どのように信仰の働きを呼ぶことができるのか?
Forte bona charitatis a Deo insinuantur in opera voluntaria hominis per aliquem influxum, ut per aliquam affectionem, aspirationem, inspirationem, incitationem et excitationem voluntatis, tacitam perceptionem in cogitatione, et inde exhortationem, contritionem et sic conscientiam, et inde adactionem, obedientiam decalogi et Verbi, sicut infans aut sicut sapiens, aut per aliud quoddam medians illis simile, quomodo alioqui possunt vocari fructus fidei?" おそらく、仁愛の善行は、神により何らかの流入によって人間の自発的な(意志の)きの中に徐々にしみ込む、何らかの情愛によってのように、影響(熱望)、霊感、興奮(刺激)、また意志(願い)の興奮(喚起)、思考の中の静かな(黙っている)知覚、またここからの勧告、悔恨またこのように良心、またここから強制、十戒とみことばの従順、幼児のようにまたは賢明な者のように、またはそれらと似た何らかのある媒介するものによって、そうでなければ、どのように信仰の実と呼ばれることができるのか?」
Ad haec respondit sacerdos, quod "Non; et si dicunt quod per tale quid fiat, usque confarciunt id in sermonibus cum vocibus, ex quibus resultat, quod non ex fide; これに聖職者は答えた、〜ことを「いいえ。またもし言うなら、そのようものによって何かが行なわれたこと、それでもそれを言葉とともに説教の中でつなきあわせ(てでっちあげて)る、それらから結果として生じる、信仰からでないこと。
quidam usque tradunt talia, sed ut signa fidei, non autem ut vincula ejus cum charitate. それでも、あるものを、このようなものを伝えた(述べた)、しかし、信仰のしるしとして、けれども、仁愛とのそのきずな(ひも)としてでなく。
Aliqui tamen excogitaverunt conjunctionem per Verbum." それでも、ある者はみことばによる結合を考案した(考え出した)」。
Et tunc dixerunt, "Annon sic conjunctio[, [9]quod homo voluntarie faciat secundum Verbum]?" またその時、彼らは言った、「このような結合がないのか(それを人間は自発的に行なう、みことばにしたがって)?」
Sed respondit, "Non hoc cogitant, sed modo per auditum Verbi; しかし、答えた、「このことを考えない、しかし、単にみことばの聞くことによって。
asserunt enim, quod omne rationale, et omne voluntarium hominis in rebus fidei sit impurum et meritorium, quoniam homo in spiritualibus non potest aliquod intelligere, velle, operari, cooperari, plus quam stipes. というのは、主張するから、すべての理性的なものは、また信仰の事柄の中の人間のすべての自発的なものは、不潔なまた功績を求めるものであること、人間は霊的な者の中で何らかのものを考えることができないので、意志すること、働くこと、協力すること、丸太よりもさらに。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 00:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』506(直訳[5],[6])
[5.] Sed postquam separati sunt bini greges ovium, et illi a sinistris audiverunt minacia verba angeli, inspexerunt se mutuo et dixerunt, "colloquamur cum pristinis consociis nostris." [5] しかし、分かれた後、二つの羊の群れは、また左からの彼らは天使のおどしの言葉を聞いた、お互いに眺め合った、また言った、「私たちのかつての仲間と私たちは会話する(接続)」。
Et tunc sinister grex loquebatur ad dextrum, dicens, "Cur recessistis a pastoribus nostris? またその時、左の群れが右に話した、言って、「なぜ、あなたがたは私たちの羊飼いから去ったのか?
Annon fides et charitas unum sunt, sicut arbor et fructus unum sunt? 信仰と仁愛は一つではないのか? 木と実が一つであるように。
Arbor enim per ramos continuatur in fructus; というのは、木は枝によって実の中に続けられているから。
divellite aliquid e ramo, per quod arbor per continuum influit in fructum, annon periturus est fructus, et una cum fructu omne semen denuo nasciturae alicujus arboris? 引き離せ、何らかのものを枝から、それによって木が連続を通して実の中に流入する、実は滅びる(存在を失われる)のではないか? また実と一緒に、再び何らかの木の生まれるすべての種は。
Quaerite nostros sacerdotes annon ita sit." 質問しろ、私たちの聖職者に、そのようであるかどうか」。
Et tunc quaesiverunt, et [[8]sacerdotes] circumspexerunt ad reliquos, qui nictabant palpebris, ut dicerent, quod bene loquantur; またその時、質問した、また(聖職者は)残りの(他の)者へ見回した、その者はまぶたでまばたき(ウインク)した、言うように、よく話すこと。
et posthac responderunt. またその後、答えた。
"Bene locuti estis, at quod attinet continuationem fidei in bona opera, sicut arboris in fructus, multa arcana novimus, quae propalare non hujus loci est; 「あなたがたはよく話した、しかし、善の働きの中への信仰の連続(続くこと)については、実の中への木の〔連続〕ように、私たちは多くのアルカナを知った(知っている)、それを公けにすることはこの場所でではない。
in vinculo seu filo fidei et charitatis, sunt plures noduli, quos nos sacerdotes solum solvere possumus." 信仰と仁愛のひも(きずな)または糸の中に、多くの小さい結び目(小結節)☆がある、それを私たち、聖職者たちだけが解くことができる」。
nodulusは『レキシコン』にありませんが、スヴェーデンボリは他でも使用しています。
[6.] Et tunc unus ex sacerdotibus, qui erat inter oves a dextris, surrexit et dixit, "Responderunt ad vos, quod ita sit, sed ad suos quod non ita sit, aliter enim cogitant." [6] またその時、聖職者からのある者が、その者は右からの羊の間にいた、立ち上がった、また言った、「彼らはあなたがたに答えた、そのようであることを、しかし、自分自身にそのようではないこと、というのは異なって考えるから」。
Quare quaesiverunt, "Quomodo tunc cogitant? それゆえ、彼らは質問した、「その時、どのように考えるのか?
Cogitantne sicut docent?" 彼らは教えるように考えないのか?」
Dixit ille, "Non; cogitant quod omne bonum charitatis, quod vocatur bonum opus, quod fit ab homine propter salutem ac vitam aeternam, non in minima parte sit bonum, ex causa, quia homo per opus a se vult semet ipsum salvare, vindicando sibi justitiam, et meritum unius Salvatoris; 彼は言った、「いいえ。すべての仁愛の善を〜と考える、それは善の働きと呼ばれる、救いそして永遠のいのちのために人間により行なわれるもの、最小の部分の中で善はない、理由から、人間は自分自身による働きによって自分自身そのものが救われることを欲するからである、自分自身に義を要求して、唯一の救い主の功績を。
et quod ita sit cum omni bono opere, in quo homo sentit suam voluntatem; またそのようであること、すべての善の働きに、その中に人間は自分の意志を感じる。
quare asserunt quod prorsus nulla conjunctio fidei et charitatis sit, et ne quidem quod fides per bona opera retineatur et conservetur. それゆえ、主張(断言)た、信仰と仁愛の結合はまったく何もないこと、また決してない、信仰が善の働きによって保持され、また保存されること。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 23:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』506(直訳[4])
[4.] His quoque addiderunt, quod viderint apud Paulum, quod lex decalogi vivenda sit et quod impleatur a charitate (Rom. xiii. 8-11); [4] これらに、もまた、加えた(言い足した)パウロのもとに見られること、十戒の戒めが見られるべきであること、また仁愛により満たされること(ローマ13:8-11)
tum quod dicat, なおまた、〔パウロは〕言っている、
 
Quod sint tria, fides, spes et charitas, et quod harum maxima sit charitas (1 Cor. xiii. 13), 三つのもの、信仰、希望、また仁愛があること、またこれらの最大のものは仁愛であること(コリント13:13)
 
ita non fides. そのように信仰ではない。
Dixerunt, quod propter haec convocati fuerint. 彼らは言った、これらのために呼び集められたこと。
Sed ne turbarem illos, recessi; しかし、私は彼らを騒がせないように、退いた。
et tunc iterum e longinquo visi sunt sicut hirci, et quandoque sicut cubantes, et quandoque sicut stantes; またその時、再び、遠方から、雄ヤギのようなものが見られた、ある時には伏せている(横になっている)ように、またある時には立っているように。
sed avertebant se a grege ovium: しかし、自分自身を他へ向けた羊の群れへ。
sicut cubantes apparebant cum deliberabant, et sicut stantes cum concludebant. 熟考したとき伏せているように見えた、また結論したとき立っているように。
At visum meum tenui in cornibus illorum; しかし、私の視覚を彼らの角の中に保った。
et miratus sum quod cornua in frontibus illorum nunc apparerent sicut porrecta antrorsum et sursum, nunc incurvata retrorsum versus tergum, et tandem prorsus reflexa; また私は不思議に思った、彼らの額の中に角が、ある時は前方にまた上方へ差し出されたように見られた、ある時には背の方へ後方へ曲げられた、また最後に完全に向きを変えて。
et tunc subito se convertebant ad gregem ovium, sed usque apparebant ut hirci. またその時、急に、羊の群れへ(自分自身の)向きを変えた、しかし、それでも雄ヤギのように見えた。
Quare iterum accessi, et interrogavi "Quid nunc?" それゆえ、再び、私は近づいた、また質問した「何を、今〔しようとしているのか〕?」
Dixerunt quod concluserint, quod sola fides producat bona charitatis, sicut arbor producit fructus. 彼らは言った、結論したこと、信仰が仁愛の善を生み出すこと、木が実を生み出すように。
At tunc auditum est tonitru, et visum est fulmen desuper; しかし、その時、雷鳴が聞かれた、また上からの稲光が見えた。
et mox apparuit angelus, stans inter binos illos greges, et clamavit ad gregem ovium, "Ne auscultate; また間もなく、天使が現われた、二つのそれらの群れの間に立っている、また羊の群れへ叫んだ、「聞くな。
non recesserunt a fide sua priore, quae est, quod sola fides justificet et salvet, et prorsus nihil actualis charitas; 彼らは前の自分の信仰から引き下がっていない、それは〜である、信仰のみが義とする、また救うこと、またまったく何も実際の仁愛が〔そうするのでは〕ない。
nec fides est arbor, sed homo est arbor; 信仰は木でない、しかし、人間が木である。
at paenitentiam agite, et spectate ad Dominum, et habebitis fidem; しかし、悔い改めを行なえ、また主へ目を向けよ、すると、あなたがたは信仰を持つ」。
fides ante illud, non est fides, in qua aliquod vivum est." そのことの前の信仰は、信仰ではない、その中に何らかのものが生きている」。
Voluerunt tunc hirci reflexe cornuti accedere ad oves; その時、雄ヤギは角の向きを変えて羊に近づくことを欲した。
sed angelus stans inter illos, dividebat oves in binos greges; しかし、彼らの間に立っている天使は、羊を二つの群れに分けた。
et dixit illis a sinistris, "Adjungite vos hircis, sed dico vobis quod venturus sit lupus, qui rapiet illos, et vos cum illis." また、左からの彼らに言った、「あなたがたは雄ヤギに加われ、しかし、私はあなたがたに言う、オオカミがやって来ること、それは彼らを襲う(奪う)、また彼らとともにあなたがたを」。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 23:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』506(直訳[2],[3])
[2.] Et tunc locutus sum cum illis, qui visi sunt sicut hirci; [2] またその時、彼らと話した、その者は雄ヤギのように見られた。
et dixi, "Cur ita congregati estis?" また、私は言った、「なぜ、あなたがたはそのように集まっているのか?」
Erant plerique ex clero, qui gloriati sunt ex fama eruditionis, quia noverunt arcana justificationis per solam fidem. 大部分の者は聖職者からであった、その者は学識(博学)から称賛された、信仰のみによる義認のアルカナ(秘義)を知っていたからである。
Dixerunt, quod congregati sint, ut sedeant concilium, quia audiverunt quod dictum Pauli (Rom. iii. 28), 彼らは言った、集まったこと、会議を座るめに、パウロの言われた(言った)ことを聞いたからである(ローマ3:28)
 
Quod homo fide justificetur sine operibus legis, 人間は信仰で義とされること、律法の働き(行ない)なしに、
 
non rite intellectum sit, quoniam per "fidem" ibi non intellexit fidem hodiernae ecclesiae, quae est in tres Personas Divinas ab aeterno, sed fidem in Dominum Deum Salvatorem Jesum Christum; 〔これが〕正しく理解されていない、そこに「信仰」によって今日の教会の信仰が意味されなかったので、それ〔信仰〕は永遠からの三つの位格の神性の中へ〔の信仰である〕、しかし、主なる神、救い主イエス・キリストへの信仰。
et per "opera legis" non intellexit opera legis decalogi, sed opera legis Mosaicae quae pro Judaeis, et quod sic ex paucis illis vocibus binas falsitates enormes per sinistram interpretationem concluserint, quae sunt, quod intellexerint fidem hodiernae ecclesiae, et quod opera legis decalogi. また「律法の働き(行ない)」によって十戒の律法の働き(行ない)が意味されなかった、しかしモーセの律法の働き(行ない)が、ユダヤ人のためのもの〔が意味された〕、またそれらのわずかな言葉から、二つの憎むべき虚偽が誤まった解釈によって結論した(証明した)、それらである、〔一つは、そこの信仰は〕今日の教会の信仰を意味したこと、また〔もう一つは、そこの働き(行ない)は〕十戒の律法の働き(行ない)〔である〕こと。
"Quod Paulus haec non intellexerit, sed opera legis Mosaicae, quae erant pro Judaeis, constat clare ex Ipsius verbis ad Petrum, quem increpavit quod judaizaret, cum tamen sciret, 「パウロはこれらを意味しなかったこと、しかし、モーセの律法の働き(行ない)、それはユダヤ人のため〔のもの〕であった、ペトロへの彼自身の言葉から明らかである、それを叱責した、ユダヤ人〔の風習に〕に倣った☆、それでも〔次のことを〕知っているとき、
☆ ここにjudaizaretとありますが、『レキシコン』にありませんし、相当特殊な言葉に思えます。英訳にjudaizeとあり「ユダヤ風にする」とあります。アメリカナイズは「アメリカかぶれ」です。
 
Quod nemo per opera legis justificetur, sed per fidem Jesu Christi (Gal ii. [1]14-16); だれも律法の働き(行ない)によって義とされないこと、しかし、イエス・キリストの信仰によって(ガラテヤ2:14-16)
 
per 'fidem Jesu Christi,' est per fidem in Ipsum et ab Ipso, videatur supra (n. [2]338); 「イエス・キリストの信仰」によって、その方へのまたその方からの信仰によって、であることが上に見られる(338)
et quia per 'opera legis' intellexit opera legis Mosaicae, ideo distinxit inter legem fidei et legem operum, ac inter Judaeos et Gentes, seu circumcisionem et praeputium, et per 'circumcisionem' significatur Judaismus, ut ubivis alibi; また「律法の働き(行ない)」によってモーセの律法の働き(行ない)が意味されるので、それゆえ、
et quoque claudit illa per haec verba, そしてまた、
 
'Ergone legem abrogamus per fidem? 「それゆえ(〜か)、律法の私たちは信仰によっては意志するのか?
Absit, sed legem stabilimus:' 〔そんなことは〕ない、しかし、律法を私たちは確立させる」
(haec omnia in una serie dicit) (Rom. iii. [3]27-31); (これらのすべては一つの連続(系列)の中で言われる)(ローマ3:27-31)
 
et quoque dicit in capite quod praecedit, そしてまた、章の中で言っている、それは先行する、
 
'Non.. auditores legis justificabuntur, a Deo, sed factores legis justificabuntur' (Rom. ii. 13); 「律法を聞く者が義とされない、神により、しかし、律法を行なう者が義とされる」(ローマ2:13)
 
tum, なおまた、
 
Quod Deus reddet unicuique secundum opera ejus (Rom. ii. 6); 神はそれぞれの者を彼の働き(行ない)したがって報いること(ローマ2:6)
 
et adhuc, またさらに、
 
'Omnes.. nos manifestari oportet coram tribunali Christi, ut reportet quilibet ea, quae per corpus... fecit, sive bonum sive malum' (2. Cor. v. 10); 「すべての者は……私たちはキリストの厳しい罰の前に現わされなければならない、そのどんなものでも獲得するために、それは身体によって……行なわれた、あるいは善、あるいは悪」(コリント5:10)
 
praeter plura apud illum; ほかに多くのもの、そのもとに。
ex quibus patet, quod Paulus rejecerit fidem absque bonis operibus, aeque ac Jacobus (Epist. ii, 17-26). それらから明らかである、パウロは善の働き(行ない)なしの信仰を退けたこと、ヤコブと等しく(手紙2:17-26)
[3.] Quod a Paulo intellecta sint opera legis Mosaicae, quae pro Judaeis, insuper confirmati sumus ex eo, quod omnia statuta pro Judaeis apud Mosen dicantur 'Lex,' ita 'Opera legis,' quod vidimus ex his: [3] パウロによりモーセの律法の働き(行ない)が意味されたことは、それはユダヤ人のための、ほかにそれから私たちは確証される、モーセのもとのユダヤ人のためのすべての法令が「律法」そのように「律法の働き(行ない)」と言われたこと、それを私たちはこれらから見る――
 
'Haec lex minchae' (Lev. [4]vi. 7. 11 seq. [B.A. 14, 18 seq.]). 「これは穀物の捧げ物の律法」(ビ記6:14, 18以降)
'Haec lex pro holocausto, pro mincha, pro sacrificio peccati et reatus, pro impletionibus' (Lev. vii. [5]37). 「これは全焼のいけにえのための、穀物の捧げ物のための、罪と有罪のための、満たすための律法」(レビ記7:37)
'Haec lex bestiae et avis' (Lev. xi. 46 seq.). 「これは獣(動物)と鳥のための律法」(レビ記11:46以降)
'Haec lex parientis pro filio aut filia' (Lev. xii. 7). 「これは息子または娘のための産む者の律法」(レビ記12:7)
'Haec lex leprae' (Lev. xiii. 59; xiv. 2, 32, 54, 57). 「これはらい病のための律法」(レビ記13:5914:2, 32, 54, 57)
'Haec lex fluxu affecti' (Lev. xv. [6]32). 「これは流出を働きかけられた者のための律法」(レビ記15:32)
'Haec lex zelotypiae' (Num. v. 29, 30). 「これはねたみの律法」(民数記5:29, 30)
'Haec lex Naziraei' (Num. vi. 13, 21). 「これはナジル人の律法」(民数記6:13, 21)
'Haec lex mundationis' (Num. xix. 14). 「これは清めることの律法」(民数記14:14)
'Haec lex de vacca rufa' (Num. xix. 2). 「これは赤い雌牛についての律法」(民数記19:2)
'Lex pro Rege' (Deut. xvii. 15-19): 「王のための律法」(申命記17:15-19)
Immo totus liber Mosis vocatur 'Liber Legis' (Deut. xxxi. 9, 11, 12, 26; et quoque Luc. ii. 22; xxiv. [7]44; Joh. i. 46 [B.A. 45]; vii. 22, 23; viii. 5)." 実に、モーセの全部の書物が「律法の書」と呼ばれている(申命記31:9, 11, 12, 26、そしてまたルカ2:2224:44、ヨハネ1:457:22, 238:5)」。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 23:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark