RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』625
(1) 原文
625. Quintum Memorabile:
 
Quondam, cum de Secundo Adventu Domini meditabar, subito apparuit jubar lucis fortiter stringens oculos meos; quare suspexi; et ecce totum caelum super me apparuit luminosum, et ab oriente in occidentem ibi in longa serie audita est Glorificatio; et adstitit angelus, et dixit, "Glorificatio illa est glorificatio Domini propter adventum Ipsius, quae fit ab angelis caeli orientalis et occidentalis."
E caelo meridionali et septentrionali non audiebatur nisi facetum murmur.
Et quia angelus audivit omnia, dixit mihi primum, quod glorificationes et celebrationes illae Domini flant ex Verbo. Et mox dixit, "Nunc in specie glorificant et celebrant Dominum per haec, quae apud Danielem prophetam dicta sunt:
 
"Vidisti ferrum mixtum cum argilla luti, ....sed non cohaerebunt. ....Verum in diebus illis ....surgere faciet Deus caelorum regnum, quod in saecula non peribit; ....conteret et consumet omnia illa regna, ipsum autem stabit in saecula'" (ii. 43, 44).
 
[2.] Post haec audivi sicut vocem cantus, et penitius in oriente vidi coruscum lucis priori splendentius; et quaesivi angelum, quid ibi glorificant.
Dixit quod "Per haec apud Danielem,
 
'Videns fui in visionibus noctis, et ecce cum nubibus caeli.. Filius hominis veniens fuit; ....et Huic datum est dominium.. et regnum, et omnes populi et gentes.. Ipsum colent; dominium Ipsius dominium saeculi, quod non transibit; et regnum Ipsius quod non peribit' (vii. 13, 14).
 
Praeter illa celebrant Dominum ex his in Apocalypsi,
 
Jesu Christo 'sit gloria et robur; ....ecce venit cum nubibus; ....Ipse est Alpha et omega, Principium et Finis, Primus et Ultimus, ....qui est, qui fuit, et qui venturus est, omnipotens. Ego Johannes, audivi hoc ex Filio hominis e medio septem Candelabrorum'" (i. 5-7[, 8, 9], 10-13; xxii. [8,] 13; tum ex Matth. xxiv. 30, [1]31).
 
[3.] Spectavi iterum in caelum orientale, et illuxit a latere dextro, et luminosum intravit in expansum meridionale, et audivi sonum suavem; et quaesivi angelum, "Quid Domini ibi glorificant?"
Dixit quod per haec in Apocalypsi,
 
"Vidi caelum novum et terram novam, ....et... vidi urbem sanctam Hierosolymam Novam descendentem a Deo e caelo, paratam sicut Sponsam.. Marito suo; et audivi vocem magnam e caelo, dicentem, Ecce tabernaculum Dei cum hominibus, qui habitabit cum illis. ....Et locutus est mecum angelus, et dixit, Veni, ostendam tibi Sponsam Agni Uxorem; et abstulit me in spiritu super montem magnum et altum, et ostendit mihi urbem ....Sanctam Hierosolymam" ([2]xxi. 1, 2, [3,] 9, 10).
 
Etiam per haec verba,
 
"Ego Jesus.... sum Stella splendida et matutina, ac Spiritus et Sponsa dicent, Veni; ....et dixit.. venio cito: Amen etiam veni Domine Jesu" (Apoc. xxii. 16, 17, 20).
 
[4.] Post haec et plura, audita est communis glorificatio ab oriente in occidentem caeli, et quoque a meridie in septentrionem; et quaesivi angelum, "Quid nunc?"
Et dixit, "Sunt ex Prophetis haec:
 
'Sciat omnis caro, quod Ego Jehovah salvator tuus et Redemptor tuus (Esai. xlix. 26):
'Sic dixit Jehovah Rex Israelis, et Redemptor ejus Jehovah Zebaoth, Ego Primus et.. Ultimus, et praeter Me non Deus' (Esai. xliv. 6):
'Dicetur in die illo, Ecce Deus noster Hic, quem exspectavimus ut liberet nos; Hic Jehovah quem exspectavimus' (Esai. xxv. 9):
'Vox clamantis in deserto, Parate viam Jehovae: ....ecce Dominus Jehovih in forti venit, ....sicut pastor gregem suum pascet' (Esai. xl. 3, 5, 10, 11):
'Puer natus est nobis, Filius datus est nobis, ....cujus nomen Mirabilis, Consiliarius, Deus, Heros, Pater aeternitatis, Princeps pacis' (Esai. ix. 5 [B.A. 6]):
'Ecce dies venient,... et suscitabo Davidi Germen justum, qui regnabit Rex, ....et hoc nomen Ipsius, ....Jehovah Justitia nostra' (Jer. xxiii. 5, 6; xxxiii. 15, 16):
'Jehovah Zebaoth nomen Ipsius, et Redemptor tuus Sanctus Israelis, Deus totius terrae vocabitur' (Esai. liv. 5).
In die illo 'erit Jehovah in Regem super totam terram; in die illo erit Jehovah unus, et nomen Ipsius unum'" (Sach. xiv. 9).
 
Ex his auditis ac intellectis exultavit cor meum, et in gaudio ivi domum, et ibi e statu spiritus redii in statum corporis, in quo haec, quae visa et audita sunt, conscripsi.
 
   @1 31 (cum exemplo Auctoris,) pro “32” @2 xxi. (cum exemplo Auctoris,) pro “xii. xxi”
 
(2) 直訳
625. Quintum Memorabile:― 第五のメモラビリア――
 
Quondam, cum de Secundo Adventu Domini meditabar, subito apparuit jubar lucis fortiter stringens oculos meos; かつて、私が主の再臨について熟考していたとき、突然と光の光線が見られた、私の目を強く(激しく)打って。
quare suspexi; それゆえ、私は見上げた。
et ecce totum caelum super me apparuit luminosum, et ab oriente in occidentem ibi in longa serie audita est Glorificatio; また、見よ、私の上の全天界が照明が見えた(現われた)、また東から西の中へ長い連続(一続き)の中で「賛美」が聞かれた。
et adstitit angelus, et dixit, "Glorificatio illa est glorificatio Domini propter adventum Ipsius, quae fit ab angelis caeli orientalis et occidentalis." また、天使がそばにったまたった、「その賛美賛美であるその来臨のためにそれは西天界天使によりなわれた」
E caelo meridionali et septentrionali non audiebatur nisi facetum murmur. また南と西の天界からは、聞かれなかった、上品なつぶやきでないなら。
Et quia angelus audivit omnia, dixit mihi primum, quod glorificationes et celebrationes illae Domini flant ex Verbo. また、天使はすべてのものを聞いたので、初めて私に言った、それらの主の賛美と称賛はみことばから吹く。
Et mox dixit, "Nunc in specie glorificant et celebrant Dominum per haec, quae apud Danielem prophetam dicta sunt: またすぐに言った、「今、特に、主をこれらによって賛美する、また称賛する、それらは預言者「ダニエル(書)」のもとに言われた――
"Vidisti ferrum mixtum cum argilla luti, ....sed non cohaerebunt. 「あなたは泥と粘土で混ぜられた鉄を見た……しかし、それらは密着しなかった。
....Verum in diebus illis ....surgere faciet Deus caelorum regnum, quod in saecula non peribit; ……けれどもその日に……神は天の王国を起こすことをする、それは永遠に滅びない。
....conteret et consumet omnia illa regna, ipsum autem stabit in saecula'" (ii. 43, 44). ……それらのすべての王国を粉砕する、また終わりにする、けれども、それ自体は永遠に立つ」(2:43, 44)
[2.] Post haec audivi sicut vocem cantus, et penitius in oriente vidi coruscum lucis priori splendentius; [2] この後、私は歌の声のような〔ものを〕聞いた、また東の中のさらに深く私は光の閃光を見た、前のものよりさらに輝く。
et quaesivi angelum, quid ibi glorificant. また、私は天使に質問した、何をそこに賛美しているか。
Dixit quod "Per haec apud Danielem, 彼は言った、「これらによって「ダニエル(書)」のもとの、
'Videns fui in visionibus noctis, et ecce cum nubibus caeli.. Filius hominis veniens fuit; 「私は夜の幻の中で見ていた、また見よ、天の雲とともに、人の子がやって来た。
....et Huic datum est dominium.. et regnum, et omnes populi et gentes.. Ipsum colent; ……またこの者に主権(支配)……と王国が与えられた、またすべての人民と国民が……その方を礼拝した。
dominium Ipsius dominium saeculi, quod non transibit; その方の主権(支配)は永遠の主権(支配)、それは移らない(変わらない)。
et regnum Ipsius quod non peribit' (vii. 13, 14). またその方の王国は、それは滅びない」(7:13, 14)
Praeter illa celebrant Dominum ex his in Apocalypsi, それらのほかに、主を称賛している、「黙示録」の中のこれらから、
Jesu Christo 'sit gloria et robur; イエス・キリストに「栄光と力がある〔ように〕。
....ecce venit cum nubibus; ……見よ、雲とともにやって来る。
....Ipse est Alpha et omega, Principium et Finis, Primus et Ultimus, ....qui est, qui fuit, et qui venturus est, omnipotens. ……その方はアルファとオメガである、最初と最後、初めと終わり……その方はいる、いた、やって来る、全能〔である〕。
Ego Johannes, audivi hoc ex Filio hominis e medio septem Candelabrorum'" (i. 5-7[, 8, 9], 10-13; xxii. [8,] 13; tum ex Matth. xxiv. 30, [1]31). 私、ヨハネは、七つの燭台の真ん中から、人の子からこれを聞いた」(1:5-7, 8, 9, 10-1322:8, 13、なおまた「マタイ」から24:30, 31)
[3.] Spectavi iterum in caelum orientale, et illuxit a latere dextro, et luminosum intravit in expansum meridionale, et audivi sonum suavem; [3] 私は再び東の天界の中で見た、また右側から輝いた(明るくなった)、また照明が南の広がり(大空)の中に入った、
et quaesivi angelum, "Quid Domini ibi glorificant?" また、私は天使に質問した、「何を主にそこに賛美しているか?」
Dixit quod per haec in Apocalypsi, 彼は言った、これらによって「黙示録」の中の、
"Vidi caelum novum et terram novam, ....et... vidi urbem sanctam Hierosolymam Novam descendentem a Deo e caelo, paratam sicut Sponsam.. Marito suo; 「私は新しい天と新しい地を見た……また……私は、聖なる都、新しいエルサレムが神から天界を通って降るのを見た、花嫁のように準備された……自分の夫のために。
et audivi vocem magnam e caelo, dicentem, Ecce tabernaculum Dei cum hominibus, qui habitabit cum illis. また私は天から大きな声を聞いた、言って、見よ、神の幕屋が人間とともに、その者は彼とともに住む。
....Et locutus est mecum angelus, et dixit, Veni, ostendam tibi Sponsam Agni Uxorem; ……また、天使は私に語った、また言った、やって来い、私はあなたに花嫁、小羊の妻を見せる。
et abstulit me in spiritu super montem magnum et altum, et ostendit mihi urbem ....Sanctam Hierosolymam" ([2]xxi. 1, 2, [3,] 9, 10). また私を大きな高い山の上に連れて行った、また私に都を見せた……聖なるエルサレムを」(21:1, 2, 3, 9, 10)
Etiam per haec verba, さらにまた、これらのことばによって、
"Ego Jesus.... sum Stella splendida et matutina, ac Spiritus et Sponsa dicent, Veni; 「わたしイエスは……輝く明けの星である、そして霊と花嫁は言う、やって来い。
....et dixit.. venio cito: ……また言った、わたしはすぐに来る。
Amen etiam veni Domine Jesu" (Apoc. xxii. 16, 17, 20). アーメン、さらにまたやって来い、主よ、イエスよ」(黙示録22:16, 17, 20)
[4.] Post haec et plura, audita est communis glorificatio ab oriente in occidentem caeli, et quoque a meridie in septentrionem; [4] これまた多くのことの後、共通の賛美が聞かれた、天界の東から西の中へ、そしてまた南から北の中へ。
et quaesivi angelum, "Quid nunc?" また、私は天使に質問した、「何を、今は?」
Et dixit, "Sunt ex Prophetis haec: 彼は言った、「預言書からである、これらは――
'Sciat omnis caro, quod Ego Jehovah salvator tuus et Redemptor tuus (Esai. xlix. 26): 「すべての肉が知る、わたし、エホバがあなたの救い主、またあなたのあがない主であること」(イザヤ49:26)
'Sic dixit Jehovah Rex Israelis, et Redemptor ejus Jehovah Zebaoth, Ego Primus et.. Ultimus, et praeter Me non Deus' (Esai. xliv. 6): 「このようにイスラエルの王、エホバは、またそのあがない主、万軍のエホバは言った、わたしは始めであり……終わりである、わたしのほかに神はいない」(イザヤ44:6)
'Dicetur in die illo, Ecce Deus noster Hic, quem exspectavimus ut liberet nos; 「その日に言われる、見よ、この方が私たちの神、この方を私たちは待ち望んだ、私たちを解放するために。
Hic Jehovah quem exspectavimus' (Esai. xxv. 9): この方、エホバ、その方を私たちは待ち望んだ」(イザヤ25:9)
'Vox clamantis in deserto, Parate viam Jehovae: 「荒野の中の叫ぶ声、エホバの道を準備せよ。
....ecce Dominus Jehovih in forti venit, ....sicut pastor gregem suum pascet' (Esai. xl. 3, 5, 10, 11): ……見よ、主エホビが強さの中でやって来る……羊飼いのように自分の群れを飼う」(イザヤ40:3, 5, 10, 11)
'Puer natus est nobis, Filius datus est nobis, ....cujus nomen Mirabilis, Consiliarius, Deus, Heros, Pater aeternitatis, Princeps pacis' (Esai. ix. 5 [B.A. 6]): 「私たちに少年が生まれる、私たちに子が与えられる……その名前は、不思議な助言者、神、英雄、永遠の父、平和の君」(イザヤ9:6)
'Ecce dies venient,... et suscitabo Davidi Germen justum, qui regnabit Rex, ....et hoc nomen Ipsius, ....Jehovah Justitia nostra' (Jer. xxiii. 5, 6; xxxiii. 15, 16): 「見よ、日がやって来る……またわたしはダビデに正しい若枝を起こす、その者は王〔となって〕支配する……またこれがその方の名前……エホバ、私たちの正義」(エレミヤ23:5, 633:15,16)
'Jehovah Zebaoth nomen Ipsius, et Redemptor tuus Sanctus Israelis, Deus totius terrae vocabitur' (Esai. liv. 5). 「その方の名前は万軍のエホバ、またあなたのあがない主、イスラエルの聖なる者、全地の神と呼ばれる」(イザヤ14:5)
In die illo 'erit Jehovah in Regem super totam terram; その日に、エホバは全地の上に王になる。
in die illo erit Jehovah unus, et nomen Ipsius unum'" (Sach. xiv. 9). その日に、エホバは一つ、またその方の名前は一つとなる」(ゼカリヤ14:9)
Ex his auditis ac intellectis exultavit cor meum, et in gaudio ivi domum, et ibi e statu spiritus redii in statum corporis, in quo haec, quae visa et audita sunt, conscripsi. これらを聞いて、そして理解してから(動かされて)私の心は小躍りして喜んだ、また楽しさの中で家を行った、またそこで霊の状態から私は身体の状態の中へ戻った、その中で、これらを、それらは見た、また聞いたものである、私は書いた。
 
@1 31 (cum exemplo Auctoris,) pro “32” 注1 32」の代わりに31(著者の写し(本)に)
@2 xxi. (cum exemplo Auctoris,) pro “xii. xxi” 注2 xii. xxi」の代わりにxxi(著者の写し(本)に)
 
(3) 訳文
625. 第五のメモラビリア――
 
 かつて、私が主の再臨について熟考していたとき、突然と、私の目を強く(激しく)打って光の光線が見られた。それゆえ、私は見上げた。また、見よ、私の上の全天界が照らされて現われた、また東から西の中へ長い一続きの「賛美」が聞かれた。また、天使がそばに、言った、「その賛美主へ賛美であるその来臨のためにそれは西天界天使によりなわれた」
 また西天界からは、上品なつぶやきでないならかれなかった
. また、天使はすべてのものをいたので、初めてったそれらの賛美称賛はみことばから
 またすぐにった、「今、特、主をこれらによって賛美、称賛するそれらは預言者ダニエルにわれた――
 
 「あなたは泥と粘土で混ぜられた鉄を見た……しかし、それらは密着しなかった。……けれどもその日に……神は天の王国を起こすことをする、それは永遠に滅びない。……それらのすべての王国を粉砕し、終わりにする、けれども、それ自体は永遠に立つ」(2:43, 44)
 
 [2] この後、私は歌の声のような〔ものを〕聞いた、また東の中のさらに深く、私は前のものよりさらに輝く光の閃光を見た。また、私は天使に、そこに何を賛美しているか、質問した。
 彼は言った、「「ダニエル」のもとのこれらによって、
 
 「私は夜の幻の中で見ていた、また見よ、天の雲とともに、人の子がやって来た。……またこの者に主権……と王国が与えられた、またすべての人民と国民が……その方を礼拝した。その方の主権は永遠の主権、それは移らない。またその方の王国は、滅びない」(7:13, 14)
 
 それらのほかに、「黙示録」の中の主を称賛しているこれらから、
 
 イエス・キリストに「栄光と力がある〔ように〕。……見よ、雲とともにやって来る。……その方はアルファとオメガである、最初と最後、初めと終わり……その方はいる、いた、やって来る、全能〔である〕。私、ヨハネは、七つの燭台の真ん中から、人の子からこれを聞いた」(1:5-7, 8, 9, 10-1322:8, 13、なおまた「マタイ」から24:30, 31)
 
[3] 私は再び東の天界の中で見た、また右側から明るくなった、また照明が南の大空の中に入った、
また、私は天使に、「何を主にそこに賛美しているか?」と質問した。
 彼は「黙示録」の中のこれらによって、と言った、
 
 「私は新しい天と新しい地を見た……また……私は、聖なる都、新しいエルサレムが神から天界を通って降るのを見た、花嫁のように準備された……自分の夫のために。また私は天から大きな声を聞いた、言って、見よ、神の幕屋が人間とともに、その者は彼とともに住む。……また、天使は私に語り、言った、やって来い、私はあなたに花嫁、小羊の妻を見せる。また私を大きな高い山の上に連れて行き、私に都を見せた……聖なるエルサレムを」(21:1, 2, 3, 9, 10)
 
 さらにまた、これらのことばによって、
 
 「わたしイエスは……輝く明けの星である、そして霊と花嫁は言う、やって来い。……また言った、わたしはすぐに来る。アーメン、さらにまたやって来い、主よ、イエスよ」(黙示録22:16, 17, 20)
 
 [4] これまた多くのことの後、天界の東から西の中へ、そしてまた南から北の中へ共通の賛美が聞かれた。また、私は天使に、「何を、今は?」と質問した。
 彼は言った、「預言書からの、これらである――
 
 「すべての肉が、わたし、エホバがあなたの救い主、またあなたのあがない主であることを知る」(イザヤ49:26)
「このようにイスラエルの王、エホバは、またそのあがない主、万軍のエホバは言われた、わたしは始めであり……終わりである、わたしのほかに神はいない」(イザヤ44:6)
 「その日に言われる、見よ、この方が私たちの神、この方を私たちは待ち望んだ、私たちを解放するために。この方、エホバ、その方を私たちは待ち望んだ」(イザヤ25:9)
 「荒野の中の叫ぶ声、エホバの道を準備せよ。……見よ、主エホビが強さの中でやって来られる……羊飼いのように自分の群れを飼う」(イザヤ40:3, 5, 10, 11)
 「私たちに少年が生まれる、私たちに子が与えられる……その名前は、不思議な助言者、神、英雄、永遠の父、平和の君」(イザヤ9:6)
 「見よ、日がやって来る……またわたしはダビデに正しい若枝を起こす、その者は王〔となって〕支配する……またこれがその方の名前……エホバ、私たちの正義」(エレミヤ23:5, 633:15,16)
 「その方の名前は万軍のエホバ、またあなたのあがない主、イスラエルの聖なる者、全地の神と呼ばれる」(イザヤ14:5)
 その日に、エホバは全地の上に王になる。その日に、エホバは一つ、またその方の名前は一つとなる」(ゼカリヤ14:9)
 
 これらを聞いて、そして理解して〔そのこと〕から私の心は小躍りして喜んだ、また楽しさの中で家へ行き、そこで霊の状態から私は身体の状態の中へ戻った、その中で、私は見た、また聞いたものであるこれらを書いた。
 
◎ここで引用された「ダニエル書」7:13, 14と「黙示録」21:1, 2, 5, 9, 10は『真のキリスト教』の内表紙裏に掲載されています。「主の再臨」には(その書物には)これがぴったりの「ことば」であろう、とこの経験から確信したのでしょう。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第10章, 01:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』624
(1) 原文
624. Quartum Memorabile:
 
In media nocte experrectus e somno, vidi in aliqua altitudine versus orientem angelum tenentem in manu dextra chartam, quae ex sole apparuit in illustri candore, in cujus medio erat Scriptura ex litteris aureis; et vidi scriptum Conjugium Boni et Veri, ex scriptura emicuit splendor, qui abiit in latum circulum circum chartam, circulus ille seu ambitus apparuit inde sicut apparet aurora verno tempore.
Post haec vidi angelum cum charta in manu descendentem; et sicut descendit, apparuit charta minus et minus lucida, et scriptura illa, qua erat Conjugium Boni et Veri, conversa a colore aureo in argenteum, et deinde in cupreum, postea in ferreum, et demum in ferruginosum et aeruginosum; ac ultimo visus est angelus intrare in nimbum obscurum, et trans nimbum super terram; et ibi charta illa, tametsi in manu angeli adhuc tenebatur, non visa est. Fuit hoc in mundo spirituum, in quem omnes homines post obitum primo conveniunt.
[2.] Et tunc angelus locutus est ad me, dicens, "Quaere illos, qui huc veniunt, num videant me, vel aliquid in manu mea.
Venit multitudo, coetus ab oriente, coetus a meridie, coetus ab occidente, coetus a septentrione; et quaesivi advenientes ex oriente et meridie, qui erant qui in mundo studuerunt eruditioni, num videant hic apud me aliquem, aut aliquid in manu ejus. Dixerunt omnes, quod prorsus nihil.
Quaesivi dein illos qui advenerunt ex occidente et septentrione qui erant qui in verba eruditorum in mundo crediderant: hi dixerunt, quod nec aliquid; attamen ultimi ex his, qui in mundo fuerant in simplici fide ex charitate, seu in aliquo vero ex bono, postquam abiverunt priores, dixerunt, quod videant virum cum charta, virum in habitu decoro, et chartam super qua litterae exaratae; et cum admoverunt oculos, dicebant quod legerent, Conjugium Boni et Veri. [3.] Et hi alloquebantur angelum, rogantes ut diceret, quid hoc.
Et dixit, quod omnia quae in universo caelo sunt, et omnia quae in universo mundo, a creatione non sint nisi quam conjugium boni et veri; quoniam omnia et singula, tam quae vivunt et animant, quam quae non vivunt et [[1]non] animant, ex conjugio boni et veri, et in illud creata sunt; "non datur quicquam creatum in solum verum, nec quicquam in solum bonum; hoc et illud solitarium non est aliquid, sed existunt et fiunt per conjugium tale aliquid, quale est conjugium. In Domino Deo Creatore est Divinum Bonum et Divinum Verum in ipsa sua substantia; substantiae Ipsius Esse est Divinum Bonum, et substantiae Ipsius Existere est Divinum Verum, et quoque sunt in ipsa sua unione, nam in Ipso infinite unum faciunt; quoniam duo illa in Ipso Deo Creatore unum sunt, ideo etiam in omnibus et singulis creatis ab Ipso unum sunt; per id quoque Creator cum omnibus a Se creatis aeterno foedere sicut conjugii conjunctus est." [4.] Porro dixit angelus, quod Scriptura Sacra, quae a Domino dictata est, sit in communi et in parte conjugium boni et veri (videatur supra. n. 248 ad 253); et quia ecclesia, quae formatur per vera doctrinae, et religio, quae formatur per bona vitae secundum vera doctrinae, apud Christianos unice est ex Scriptura Sacra, constare potest, quod etiam ecclesia in communi et in parte sit conjugium boni et veri. Idem hoc quod supra dictum est de conjugio boni et veri, dictum etiam est de conjugio charitatis et fidei, quoniam bonum est charitatis, et verum est fidei.
Postquam haec dicta sunt, angelus extulit se e terra, et vectus trans nimbum ascendit in caelum; et tunc charta secundum gradus ascensus, fulgebat sicut prius; et ecce tunc circulus, qui prius apparuit sicut aurora, se demisit, et dispulit nimbum, qui tenebras induxit terrae, et factum est apricum.
 
   @1 non:sic De Am. Conj., n. 115.
 
(2) 直訳
624. Quartum Memorabile:― 第四のメモラビリア――
 
In media nocte experrectus e somno, vidi in aliqua altitudine versus orientem angelum tenentem in manu dextra chartam, quae ex sole apparuit in illustri candore, in cujus medio erat Scriptura ex litteris aureis; 真夜中に、眠りから目覚めて、私はある高さの中に東の方向に天使を見た、右手に紙を持った、それは太陽から光り輝いて、照らされて見えた、その真ん中に金の文字から「書かれたもの」があった。
et vidi scriptum Conjugium Boni et Veri, ex scriptura emicuit splendor, qui abiit in latum circulum circum chartam, circulus ille seu ambitus apparuit inde sicut apparet aurora verno tempore. また私は書かれたもの()『善と真理の結婚』を見た、書かれたものから輝きが輝き出た、ここから春の時の暁(あけぼの)のように見られた。
Post haec vidi angelum cum charta in manu descendentem; この後、私は手の中の紙とともに降ってくる天使を見た。
et sicut descendit, apparuit charta minus et minus lucida, et scriptura illa, qua erat Conjugium Boni et Veri, conversa a colore aureo in argenteum, et deinde in cupreum, postea in ferreum, et demum in ferruginosum et aeruginosum; また降るほど、紙は輝きが少なくまた少なく見えた、またその書かれたものは、それは『善と真理の結婚』であった、金色から銀〔色〕へ変わった、またその後、銅〔色〕に、その後、鉄〔色〕、最後に鉄さび〔色〕にまた銅さび〔色〕に。
ac ultimo visus est angelus intrare in nimbum obscurum, et trans nimbum super terram; そして最後に天使が暗い雲の中に入ることが見られた、また雲を通って地の上に。
et ibi charta illa, tametsi in manu angeli adhuc tenebatur, non visa est. またそこに、その紙は、たとえ天使の手の中に依然として保たれていても、見られない。
Fuit hoc in mundo spirituum, in quem omnes homines post obitum primo conveniunt. このことは霊たちの世界の中で起こった、その中にすべての人間は、死後、最初に集まる。
[2.] Et tunc angelus locutus est ad me, dicens, "Quaere illos, qui huc veniunt, num videant me, vel aliquid in manu mea." [2] またその時、天使は私に語った、言って、「彼らに質問せよ、その者はここにやって来る、私を見るかどうか、あるいは私の手の中の何らかのものを」。
Venit multitudo, coetus ab oriente, coetus a meridie, coetus ab occidente, coetus a septentrione; 群衆がやって来た、東からの集団、南からの集団、西からの集団、北からの集団。
et quaesivi advenientes ex oriente et meridie, qui erant qui in mundo studuerunt eruditioni, num videant hic apud me aliquem, aut aliquid in manu ejus. また私は東と南から近づく者に質問した、その者であった、その者は世の中で学問で研究した者であった、これを見るかどうか、私のもとのある者を、または彼の手の中のあるものを。
Dixerunt omnes, quod prorsus nihil. すべての者は言った、まったく何も〔見〕ないこと。
Quaesivi dein illos qui advenerunt ex occidente et septentrione qui erant qui in verba eruditorum in mundo crediderant: その後、私は彼らに質問した、その者は西と北から近づいた、その者であった、その者は世の中で学問のある者の言葉を信じた。
hi dixerunt, quod nec aliquid; これらの者は言った、何らかのものを〔見〕ないこと。
attamen ultimi ex his, qui in mundo fuerant in simplici fide ex charitate, seu in aliquo vero ex bono, postquam abiverunt priores, dixerunt, quod videant virum cum charta, virum in habitu decoro, et chartam super qua litterae exaratae; しかしながら、最後にこれらの者から、その者は世の中で仁愛からの単純な信仰の中にいた、すなわち、善からの何らかの真理の中に、前の者たちが立ち去った後に、言った、男を紙とともに見ること、きちんとした服装の中の男を、また紙を、その上に文字が書かれた。
et cum admoverunt oculos, dicebant quod legerent, Conjugium Boni et Veri. また目を近づけたとき、読むことを言った、『善と真理の結婚』。
[3.] Et hi alloquebantur angelum, rogantes ut diceret, quid hoc. [3] またこれらの者は天使に話しかけた、言うように懇願して、これが何か。
Et dixit, quod omnia quae in universo caelo sunt, et omnia quae in universo mundo, a creatione non sint nisi quam conjugium boni et veri; また、言った、すべてのものは、それは全天界の中にある、またすべてのものは、それは全世界の中にある、創造から、善と真理の結婚以外でないならない。
quoniam omnia et singula, tam quae vivunt et animant, quam quae non vivunt et [[1]non] animant, ex conjugio boni et veri, et in illud creata sunt; すべてと個々のものは、それらは生きているまた呼吸している(活動している)ものも、また生きていないまた呼吸していない(活動していない)ものも、善と真理の結婚から、またその中で創造されている。
"non datur quicquam creatum in solum verum, nec quicquam in solum bonum; 「どんなものでも存在しない、真理だけの中での被造物、どんなものもない、善だけの中の。
hoc et illud solitarium non est aliquid, sed existunt et fiunt per conjugium tale aliquid, quale est conjugium. 孤立した(ひとりぼっちの)これとそれは何らかのものではない、しかし結婚によって、存在するようになり、生ずる、このような何らかのもの、結婚のようなもの。
In Domino Deo Creatore est Divinum Bonum et Divinum Verum in ipsa sua substantia; 創造者なる神、主の中に、神的な善と神的な真理が、その実体そのものの中にある。
substantiae Ipsius Esse est Divinum Bonum, et substantiae Ipsius Existere est Divinum Verum, et quoque sunt in ipsa sua unione, nam in Ipso infinite unum faciunt; エッセ(存在)そのものの実体は神的な善である、またエキシステレ(実存)そのものの実体は神的な真理である、そしてまたその結合そのものの中にある、なぜなら、それ自体の中で無限に一つとなっているからである。
quoniam duo illa in Ipso Deo Creatore unum sunt, ideo etiam in omnibus et singulis creatis ab Ipso unum sunt; それらの二つのものは創造者なる神自身の中で一つであるので、それゆえ、その方から創造されたすべてと個々のものの中でもまた一つである。
per id quoque Creator cum omnibus a Se creatis aeterno foedere sicut conjugii conjunctus est." そのことによってもまた創造者はご自身からの創造されたすべてのものと永遠の契約で、結婚のように、結合している」。
[4.] Porro dixit angelus, quod Scriptura Sacra, quae a Domino dictata est, sit in communi et in parte conjugium boni et veri (videatur supra. n. 248 ad 253); [4] さらに、天使は言った、聖書は、それは主により書き取らせられた(口述された)、全般的にまた部分的に善と真理の結婚である(248〔から〕258番まで、上に見られる)
et quia ecclesia, quae formatur per vera doctrinae, et religio, quae formatur per bona vitae secundum vera doctrinae, apud Christianos unice est ex Scriptura Sacra, constare potest, quod etiam ecclesia in communi et in parte sit conjugium boni et veri. また教会は、それは教えの真理によって形成される、また宗教は、教えの真理にしたがった生活の善によって形成される、聖書からキリスト教徒もとにもっぱらある、明らかにすることができる、教会もまた全般的にまた部分的に善と真理の結婚であること。
Idem hoc quod supra dictum est de conjugio boni et veri, dictum etiam est de conjugio charitatis et fidei, quoniam bonum est charitatis, et verum est fidei. これは同じもの〔である〕上に言われたこと、善と真理の結婚について、さらにまた「仁愛と信仰の結婚」について言われた、善が仁愛のものであるので、また真理が信仰のものである。
Postquam haec dicta sunt, angelus extulit se e terra, et vectus trans nimbum ascendit in caelum; これらが言われた後で、天使は自分自身を地から揚げた(extollo)、雲を通って運ばれて、天界の中へ上った。
et tunc charta secundum gradus ascensus, fulgebat sicut prius; またその時、紙は上昇の段階にしたがって、前のように輝いた。
et ecce tunc circulus, qui prius apparuit sicut aurora, se demisit, et dispulit nimbum, qui tenebras induxit terrae, et factum est apricum. また見よ、その時、輪、それは最初、暁(あけぼの)のように見えた、それ自体を降ろした、また雲を追い散らした(dispello)、それは暗やみを地に引き起こした、また日照を生じた。
 
@1 non:sic De Am. Conj., n. 115. 注1 non――このように『結婚愛』115番に。
 
(3) 訳文
624. 第四のメモラビリア――
 
 真夜中に、眠りから目覚めて、私はある高さの中に東の方向に右手に紙を持った天使を見た、それ〔紙〕は太陽から光り輝いて、照らされて見え、その真ん中に金の文字から「書かれたもの」があった。また私は書かれたもの「善と真理の結婚」を見た、書かれたものから輝きが出た、ここから春の時のあけぼののように見られた。
 この後、私は手の中の紙とともに降ってくる天使を見た。また降るほど、紙は輝きが少なくまた少なく見え、またその書かれたものは、それは「善と真理の結婚」であったが、金色から銀〔色〕へ、またその後、銅〔色〕へ、その後、鉄〔色〕、最後に鉄さび〔色〕また銅さび〔色〕へ変わった。そして最後に天使が暗い雲の中に入り、また雲を通って地の上にいるのが見られた。またそこに、その紙は、たとえ天使の手の中に依然として保たれていても、見られなかった。
 このことはその中にすべての人間が、死後、最初に集まる霊たちの世界の中で起こった。
 [2] またその時、天使は私に、「彼らに質問せよ、その者はここにやって来る、私を、あるいは私の手の中の何らかのものを見るかどうか」と言って、語った。
 群衆がやって来た、東からの集団、南からの集団、西からの集団、北からの集団。また私は東と南から近づく者に、その者は世の中で学問を研究した者であった、私のもとにいる者を、または彼の手の中のあるものを見るかどうか質問した。
 すべての者は、まったく何も〔見〕ない、と言った。
 その後、私は、西と北から近づいた者に質問した、その者は世の中で学問のある者の言葉を信じた者であった。これらの者は、何らかのものを〔見〕ない、と言った。しかしながら、最後にこれらの者から、その者は世の中で仁愛からの単純な信仰の中に、すなわち、善からの何らかの真理の中にいた、前の者たちが立ち去った後に、言った、男を紙とともに見ること、きちんとした服装の中の男、またその上に文字が書かれた紙である。また目を近づけたとき、「善と真理の結婚」を読む、を言った。
 [3] またこれらの者は天使に、これが何か言うように懇願して、話しかけた。
 また、全天界の中にあるすべてのものは、、また全世界の中にあるすべてのものは、創造から、善と真理の結婚以外のものではない、と言った。〔それで〕すべてと個々のものは、それらは生きているまた呼吸しているものも、また生きていないまた呼吸していないものも、善と真理の結婚から、またその中で創造されている。「真理だけの中でのどんなもの被造物も、善だけの中のどんなもの被造物も存在しない。ひとりぼっちのこれやそれは何らかのものではない、しかし結婚によって、このような結婚のような何らかのものが存在するようになり、生ずる。
 創造者なる神、主の中に、神的な善と神的な真理が、その実体そのものの中にある。エッセ(存在)そのものの実体は神的な善であり、またエキシステレ(実存)そのものの実体は神的な真理であり、そしてまたその結合そのものの中にある、なぜなら、それ自体の中で無限に一つとなっているからである。それらの二つのものは創造者なる神自身の中で一つであるので、それゆえ、その方から創造されたすべてと個々のものの中でもまた一つである。そのことによってもまた創造者はご自身からの創造されたすべてのものと永遠の契約で、結婚のように結合している」。
 [4] さらに、天使は、主により書き取らせられた聖書は、全般的にまた部分的に善と真理の結婚であると言った(248〔から〕258番まで、前に見られる)。また教会は、それは教えの真理によって形成され、また宗教は、教えの真理にしたがった生活の善によって形成され、もっぱらある聖書からキリスト教徒のもとにあること、教会もまた全般的にまた部分的に善と真理の結婚であることを明らかにすることができる。
 これは、善と真理の結婚について前に言われたと同じものが、「仁愛と信仰の結婚」についても言われる、善が仁愛のもの、また真理が信仰のものであるからである。
 これらが言われた後、天使は自分自身を地から揚げ、雲を通って運ばれて、天界の中へ上った。またその時、紙は上昇の段階にしたがって、前のように輝いた。また見よ、その時、輪、それは最初、あけぼののように見え、それ自体を降ろし、暗やみを地に引き起こした雲を追い散らし、日照を生じた。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第10章, 00:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』623(直訳[5][6]と訳文)
(2) 直訳
[5.] Quare, mei discipuli, cogitate ex Essentia, et ex hac de Persona; [5] それゆえ、私弟子たちよ、本質から考えよ、またこれから位格について。
cogitare enim ex Persona de Essentia, est materialiter cogitare etiam de Essentia; うのは、位格から本質についてえることは、物質的に本質についてもまた考えることであるから。
at cogitare ex Essentia de Persona, est spiritualiter cogitare etiam de Persona. しかし、位格から本質を考えることは、霊的に考えることである、さらにまた位格についても。
Gentiles antiqui, quia materialiter cogitaverunt de Deo, et sic etiam de attributis Dei non modo fecerunt tres Deos, sed plures usque ad Centum; 古代の異教徒は、神について物質的に考えたので、またこのように神の属性についてもまた、三つの神をつくるだけでなく、一〇〇までも多くのものを。
ex unoquovis enim attributo fecerunt unum Deum. というのは、それぞれの属性から一つの神をつくったから。
Sciatis quod materiale non intret in spirituale, sed spirituale in materiale. あなたがたは知る(接続)、物質的なものが霊的なものの中に入らないこと、しかし、霊的なものが物質的なものの中に。
Simile est cum cogitatione de proximo ex forma externa et non ex qualitate ejus; 同様である、隣人について外なる形からの思考に、また彼の性質からでない。
ut et cum cogitatione de caelo ex loco, et non ex amore et sapientia, ex quibus est caelum. そのようにまた天界について場所からの思考に、また愛と知恵からでない、それらから天界がある。
Simile est cum omnibus et singulis quae in Verbo sunt; みことばの中にあるすべてと個々のものに同様である。
quare qui materialem ideam de Deo fovet, et quoque de proximo, et de caelo, non potest quicquam ibi intelligere, est illi Verbum littera mortua; それゆえ、神について物質的な観念を抱く者は、そしてまた隣人について、また天界について、そこに何も理解することができない、彼にみことばの文字は死んだものである。
et ipse apparet e longinquo, dum legit illud, aut meditatur ex illo, sicut equus mortuus. その者自身が遠方から見られた、それを読む時、またはそれから熟考する時、死んだ馬のように。
[6.] Illi, quos vidistis descendentes e caelo factos coram oculis vestris sicut equos mortuos, fuerunt qui occluserunt visum rationalem quoad theologica seu spiritualia ecclesiae apud se et apud alios per peculiare dogma, quod intellectus captandus sit sub obedientia fidei eorum; [6] 彼らは、その者をあなたがたは天界から降って来る者を見た、あなたがたの目の前で死んだ馬のようになった者を、彼らであった、その者は理性的な視覚を閉ざした、自分自身のもとで神学または教会の霊的なものに関して、また他の者のもとで、教義の特別なものによって、理解力は彼の信仰の服従の下で把握されなければならないこと。
non cogitantes, quod intellectus a religione occlusus sit caecus sicut talpa, et in illo mera caligo; 考えないで、宗教により閉ざされている理解力がモグラのような盲目であること、またその中に〔いる〕暗黒そのもの。
et talis caligo, quae rejicit a se omnem lucem spiritualem, obstipat influxum ejus a Domino et e caelo, et ponit pro illo obicem in sensuali corporeo, longe infra rationale in rebus fidei; またこのような暗黒が、それはそれ自体から霊的な光を退ける、主からと天界からのその流入を閉じ込める(妨げる)、またそのためにかんぬき(obex)を置く、感覚的な形体的なものの中に、信仰の事柄の中の理性的なもののはるかに下に。
hoc est, ponit illum juxta nasum, et figit illum in cartilagine ejus, ex quo postea ne quidem odorari potest spiritualia: すなわち、それを鼻の近くに置く、またそれをその軟骨の中に固定させる、そこからその後、決して霊的なものをかぎ出すことができない。
unde quidam tales facti sunt, ut dum sentiunt odorem ex spiritualibus, cadant in deliquium: そこからある種のこのようなものが造られる、霊的なものからのにおいを感じ時、気絶の中に落ち込むような。
per odorem intelligo perceptionem. においによって私は知覚を意味する。
Hi sunt qui faciunt Deum tres. これらの者である、その者は神を三つにつくる。
Dicunt quidem ex Essentia, quod Deus unus sit, at usque dum ex fide sua orant, quae est ut Deus Pater misereatur propter Filium, et mittat Spiritum Sanctum, manifeste faciunt tres Deos. 確かに、本質からと言う、神が唯一であること、しかしそれでもその時、自分の信仰から祈る、それは父なる神が子のために哀れみを示すように、また聖霊を送る、明らかに三つの神をつくっている。
Non possunt aliter, orant enim ad unum, ut misereatur propter alterum, et mittat tertium." 異なってできない、というのは、一つに祈る、哀れみを示すように、もう一つのために、また送る〔ように〕第三の者に」。
Et tunc magister illorum docuit illos de Domino, quod Ille Deus unus sit, in quo Divina Trinitas. またその時、教師は彼らに主について教えた、その神は唯一であること、その中に神的三一性が。
 
(3) 訳文
623. 第三のメモラビリア――
 
 かつて、聖職者と一緒に平信徒からの三百人の者を見ることが与えられた、すべての者は、信仰だけが義認までも、またある者はそれ以上、証明することを知っていたので、学問がある者と教養がある者であった。また、彼らのもとに、天界は恩恵から単に入るのを赦すことであるという信仰があったので、彼らに天界のある社会へ上る許可が与えられた、それはそれでも高いものの間になかった。
 また上るとき、その時、遠方から子牛のように見られた。
 また天界へ入るとき、天使たちにより丁寧に受け入れられた。しかし、会話したとき、彼らを恐れが、その後、身震いが、また最後に死のような責め苦が占め、またその時、自分たち自身を真っ逆さまに投げ落とし、また投げ落とすことの中で死んだ馬のように見られた。
 上る中で子牛のように見られたことは、見るまた知る小躍りして喜ぶ自然的な情愛が対応から子牛のように見られたからであった。また、投げ落とすことの中で死んだ馬のように見られたことは、真理の理解力が対応から馬のように見られたからである、そして教会のものである真理の何もない理解力は、死んだ馬のようである。
 [2] 下方に、降る者を、そして降ることの中で死んだ馬のように見た少年たちがいた。またその時、顔を背け、彼らとともにいた自分たちの教師に言った、「これは何のしるしか。私たちは人間を、またその時、彼らの代わりに死んだ馬を見た。それを私たちは眺めることができないので、顔を背けた。先生、私たちはこの場所の中にとどまりたくないしかし、私たちは立ち去りたい」。また、立ち去った。
 またその時、教師は途中で彼らに、「死んだ馬」が何か教えた。言って、「倏廊瓩呂澆海箸个らの真理の理解力を意味する。あなたがたが見たすべての馬は、それを意味した。と言うのは、人間がみことばから熟考して進んでいる時、その時、彼の熟考は遠方から馬のように見え、霊的に熟考するかぎり、育ちのよいまた生きている〔馬が〕、そして逆に、物質的に〔熟考する〕かぎり、惨めなまた死んだ〔馬が見える〕」。
 [3] その時、少年たちは質問した。
 「みことばから霊的にまた物質的に熟考することは何か?」
 また、教師は答えた、「私はこれを例によって説明する。だれがみことばを信心深く読む時、内的に、本質的に神について、隣人について、また天界について考えないか?
 神について位格だけから考え、本質から考えないすべての者は、物質的に考える。なおまた、隣人について外なる形だけから考え、また性質から〔考え〕ない者は、物質的に考える。また、天界についてただ場所だけから考え、また愛と知恵から〔考え〕ない者もまた、それらから天界は天界であるが、物質的に考える」。
 [4] しかし、少年たちは言った、「私たちは、神について位格から、隣人について形から、それは人間である、また天界について私たちの上方にある場所から考えた――それゆえ、私たちがみことばを読むとき、その時、私たちは他の者に死んだ馬のように見られるのか?」
 教師は言った、「いいえ、あなたがたはまだ少年である、そして〔それと〕異なってできない。しかし、私は、あなたがたに、知り、理解する情愛を知覚した、それは霊的なものであり、さらにまたあなたがたは霊的に考えるので、というのは、あなたがたの物質的なものの内部に何らか霊的な思考が隠れているから、それをまだあなたがたは知らない。
 しかし、私が言った前のものに戻ろう、物質的に考える者は、みことばを読み、またはみことばから熟考する時、遠方から死んだ馬のように見えること、しかし、霊的に〔考える〕者は、生きている馬のように〔見られる〕こと、また神について物質的に考えるものは、単に位格だけから考え、また本質から〔考え〕ないことである。
 というのは、神的な本質の属性は、たとえば、全能、全知、遍在、永遠性、愛、知恵、慈悲、また恩恵、また他のものなど、多くのものであるから。また神的な本質から発出する属性はm創造と維持、あがないと救い、照らすことと教えることである。
 神について位格から考えるすべての者は、神を三つとする。一つの神は創造者と維持者であり、もう一つ〔の神〕はあがない主と救い主、そして第三〔の神〕は照らす者と教える者であることを言って。しかし、神について本質から考えるすべての者は、、「神は私たちを創造した、また同じ者が私たちをあがない、また救う、そしてまた、照らし、また教える」と言って、神を唯一つとする」。
 ここから理由〔がある〕、神の三一性を位格から考える者は、またこのように物質的に、物質的なものである自分の思考の観念から唯一の神から三つ〔の神〕つくる以外に異なってできない。しかしそれでも、自分の思考に反して、格子の仕切り(おぼろげな視覚)通して本質から神について考えるので、それらの三つは本質によって結合がある、と言うことが〔できる〕。
 [5] それゆえ、私弟子たちよ、本質から、またこれから位格について、考えよ。うのは、位格から本質についてえることは、物質的本質についてもまた考えることであるから。しかし、位格から本質えることはさらにまた位格についても、霊的えることである
 古代異教徒、神について物質的えたのでまたこのように属性についてもまた、神つのとするだけでなく、一〇〇までもくの神としたいうのはそれぞれの属性からつの神としたから
 あなたがたは、物質的なものが霊的なもののらないことしかし、霊的なものが物質的なもののることを知らなければならない。
 外なるからまた性質からでない隣人についての思考同様であるそのようにまた天界について場所からのまた知恵からでない思考〔同様である〕、それらから天界がある
 みことばのにあるすべてと個々のものに同様であるそれゆえ、神についてそしてまた隣人についてまた天界について物質的観念そこに理解することができない、彼にみことばの文字んだものであるその者自身遠方からそれを時、またはそれから熟考する時、死んだのようにられた
 [6] らはそのをあなたがたが天界からってあなたがたの前で死んだのようになったたがその自分自身のもとで神学または教会霊的ものしてまたのもとで、理解力信仰服従把握されなければならないという教義特別なものによって、理性的視覚ざした者であった。宗教によりざされている理解力がモグラのような盲目でありその暗黒そのものいるることをえないでまたこのような暗黒それ自体から霊的退、主からと天界からのその流入またそのためにかんぬきを感覚的形体的なものの、信仰事柄理性的なもののはるかにすなわちそれをくにそれをその軟骨固定させそこからその後、決して霊的なものをかぎすことができないそこから、霊的なものからのにおいを時、気絶むような、あるのこのようなものがられるにおいによって私は知覚を意味する。
 これらの者が神を三つにする。
 確かに、本質から、神が唯一である、と言う、しかしそれでもその時、自分の信仰から、父なる神が子のために哀れみを示し、聖霊を送るようにと祈る、〔これは〕明らかに神を三つとしている。
 異なってできない、というのは、ある神に、もう一つの神のために哀れみを示し、また第三の神を送るように祈るからである」。
 またその時、教師は彼らに主について、その神は唯一であり、その中に神的三一性があることを教えた。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第10章, 00:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』623(原文と直訳[4]まで)
(1) 原文
623. Tertium Memorabile:
 
Quondam datum est videre trecentos ex clericis et simul laicis, omnes doctos et eruditos, quia sciverunt solam fidem confirmare usque ad justificationem, et quidam ultra; et quia apud illos erat fides, quod caelum sit modo admissio ex gratia, data est illis venia ascendendi in unam caeli societatem, quae tamen inter superiores non erat. Et cum ascenderunt, tunc e longinquo visi sunt sicut vituli. Et cum intrabant caelum, recepti sunt ab angelis civiliter; sed cum colloquebantur, occupavit illos tremor, postea horror, et demum cruciatus sicut mortis, et tunc dejecerunt se praecipites, et in dejectione visi sunt sicut equi mortui. Quod apparuerint sicut vituli in ascensu, erat quia affectio naturalis videndi et sciendi exultans apparet ex correspondentia sicut vitulus; et quod in dejectione apparuerint sicut equi mortui, erat quia intellectus veri apparet ex correspondentia sicut equus, ac intellectus nullus veri, quod ecclesiae est, sicut equus mortuus.
[2.] Erant pueri infra, qui videbant illos descendentes, ac in descensu visos ut equos mortuos; et tunc avertebant facies, et dicebant magistro suo, qui cum illis erat, "Quid hoc portentum; vidimus homines, et nunc pro illis equos mortuos; quos quia non potuimus aspicere, avertimus facies; magister, ne moremur in hoc loco, sed abeamus;" et abiverunt.
Et tunc magister in via illos instruxit, quid "equus mortuus;" dicens, "`Equus' significat intellectum veri ex Verbo; omnes equi quos vidistis, illum significaverunt; quando enim homo vadit meditans ex Verbo, tunc meditatio ejus e longinquo apparet sicut equus, generosus et vivus sicut spiritualiter meditatur, ac vicissim miser et mortuus, sicut materialiter."
[3.] Tunc pueri quaerebant. "Quid est spiritualiter et materialiter meditari ex Verbo?"
Et respondit magister, "Illustrabo hoc per exempla. Quis dum sancte legit Verbum, non interius in se cogitat de Deo, de proximo, et de caelo? Omnis qui cogitat de Deo solum ex Persona et non ex Essentia, is materialiter cogitat; tum qui cogitat de proximo solum ex forma externa, et non ex qualitate, is materialiter cogitat; et qui cogitat de caelo solum ex loco, et non ex amore et sapientia, ex quibus caelum est caelum, is quoque materialiter cogitat."
[4.] Sed dixerunt pueri, "Nos cogitavimus de Deo ex Persona, de proximo ex forma, quod sit homo, et de caelo ex loco, quod supra nos sit: num ideo cum legimus Verbum, apparuimus tunc alicui sicut equi mortui?"
Dixit magister, "Non, estis adhuc pueri, ac non potestis aliter: at percepi affectionem sciendi et intelligendi apud vos, quae quia est spiritualis, cogitavistis etiam spiritualiter, latet enim spiritualis aliqua cogitatio intus in vestra materiali, quod adhuc nescitis. Sed redibo ad priora quae dixi, quod qui cogitat materialiter, dum legit Verbum, aut meditatur ex Verbo, appareat e longinquo sicut equus mortuus; at qui spiritualiter, sicut equus vivus: et quod materialiter cogitet de Deo, qui solum ex Persona et non ex Essentia. Sunt enim attributa Divinae Essentiae plura, ut omnipotentia, omniscientia, omnipraesentia, aeternitas, amor, sapientia, misericordia et gratia, et ala; et sunt attributa procedentia ex Divina Essentia, quae sunt creatio et conservatio, redemptio et salvatio, illustratio et instructio. Omnis qui de Deo ex persona cogitat, facit tres Deos; dicens, quod unus Deus sit Creator et Conservator, alter Redemptor et Salvator, ac tertius, Illustrator et Instructor; at omnis qui de Deo ex Essentia cogitat, facit unum Deum, dicens, "Deus nos creavit, et idem nos redemit et salvat, et quoque illustrat et instruit." Inde causa, quod qui de Trinitate Dei cogitant ex Persona, et sic materialiter, non possint aliter ex ideis cogitationis suae, quae materialis est, quam facere ex uno Deo tres: sed usque contra cogitationem suam tenentur dicere, quod trium illorum sit unio per Essentiam, quia sicut per transennam etiam cogitaverunt de Deo ex Essentia.
[5.] Quare, mei discipuli, cogitate ex Essentia, et ex hac de Persona; cogitare enim ex Persona de Essentia, est materialiter cogitare etiam de Essentia; at cogitare ex Essentia de Persona, est spiritualiter cogitare etiam de Persona. Gentiles antiqui, quia materialiter cogitaverunt de Deo, et sic etiam de attributis Dei non molo fecerunt tres Deos, sed plures usque ad Centum; ex unoquovis enim attributo fecerunt unum Deum. Sciatis quod materiale non intret in spirituale, sed spirituale in materiale. Simile est cum cogitatione de proximo ex forma externa et non ex qualitate ejus; ut et cum cogitatione de caelo ex loco, et non ex amore et sapientia, ex quibus est caelum. Simile est cum omnibus et singulis quae in Verbo sunt; quare qui materialem ideam de Deo fovet, et quoque de proximo, et de caelo, non potest quicquam ibi intelligere, est illi Verbum littera mortua; et ipse apparet e longinquo, dum legit illud, aut meditatur ex illo, sicut equus mortuus. [6.] Illi, quos vidistis descendentes e caelo factos coram oculis vestris sicut equos mortuos, fuerunt qui occluserunt visum rationalem quoad theologica seu spiritualia ecclesiae apud se et apud alios per peculiare dogma, quod intellectus captandus sit sub obedientia fidei eorum; non cogitantes, quod intellectus a religione occlusus sit caecus sicut talpa, et in illo mera caligo; et talis caligo, quae rejicit a se omnem lucem spiritualem, obstipat influxum ejus a Domino et e caelo, et ponit pro illo obicem in sensuali corporeo, longe infra rationale in rebus fidei; hoc est, ponit illum juxta nasum, et figit illum in cartilagine ejus, ex quo postea ne quidem odorari potest spiritualia: unde quidam tales facti sunt, ut dum sentiunt odorem ex spiritualibus, cadant in deliquium: per odorem intelligo perceptionem. Hi sunt qui faciunt Deum tres. Dicunt quidem ex Essentia, quod Deus unus sit, at usque dum ex fide sua orant, quae est ut Deus Pater misereatur propter Filium, et mittat Spiritum Sanctum, manifeste faciunt tres Deos. Non possunt aliter, orant enim ad unum, ut misereatur propter alterum, et mittat tertium." Et tunc magister illorum docuit illos de Domino, quod Ille Deus unus sit, in quo Divina Trinitas.
 
(2) 直訳
623. Tertium Memorabile:― 第三のメモラビリア――
 
Quondam datum est videre trecentos ex clericis et simul laicis, omnes doctos et eruditos, quia sciverunt solam fidem confirmare usque ad justificationem, et quidam ultra; かつて、聖職者と一緒に平信徒からの三百人の者を見ることが与えられた、すべての者は学問がある者と教養がある者、信仰だけが確信する(証明する)ことを知っていたので、義認までも、またある者はそれ以上(越えて)☆。
ultraからは「超〜」を思います、「超過激な信仰義認者」ですね。
et quia apud illos erat fides, quod caelum sit modo admissio ex gratia, data est illis venia ascendendi in unam caeli societatem, quae tamen inter superiores non erat. また、彼らのもとに信仰があったので、天界は恩恵から単に入るのを赦すことであること、彼らに天界のある社会へ上る許可が与えられた、それはそれでも高いものの間になかった。
Et cum ascenderunt, tunc e longinquo visi sunt sicut vituli. また上るとき、その時、遠方から子牛のように見られた。
Et cum intrabant caelum, recepti sunt ab angelis civiliter; また天界へ入るとき、天使たちにより礼儀正しく(丁寧に)受け入れられた。
sed cum colloquebantur, occupavit illos tremor, postea horror, et demum cruciatus sicut mortis, et tunc dejecerunt se praecipites, et in dejectione visi sunt sicut equi mortui. しかし、会話したとき、恐れが彼らを占めた、その後、身震い(恐怖感)が、また最後に死のような苦痛(責め苦)、またその時、自分たち自身を真っ逆さまに投げ落とした、また投げ落とすことの中で死んだ馬のように見られた。
Quod apparuerint sicut vituli in ascensu, erat quia affectio naturalis videndi et sciendi exultans apparet ex correspondentia sicut vitulus; 上る中で子牛のように見られたことは、見るまた知る小躍りして喜ぶ自然的な情愛が対応から子牛のように見られたからであった。
et quod in dejectione apparuerint sicut equi mortui, erat quia intellectus veri apparet ex correspondentia sicut equus, ac intellectus nullus veri, quod ecclesiae est, sicut equus mortuus. また、投げ落とすことの中で死んだ馬のように見られたことは、真理の理解力が対応から馬のように見られたからである、そして真理の何もない理解力は、それは教会のものである、死んだ馬のようである。
[2.] Erant pueri infra, qui videbant illos descendentes, ac in descensu visos ut equos mortuos; [2] 下方に少年たちがいた、その者は降る者を彼らを見た、そして降ることの中で死んだ馬のように見ることを。
et tunc avertebant facies, et dicebant magistro suo, qui cum illis erat, "Quid hoc portentum; またその時、顔を背けた、また自分たちの教師に言った、その者は彼らとともにいた、「これは何のしるしか。
vidimus homines, et nunc pro illis equos mortuos; 私たちは人間を見た、また今や、彼らの代わりに死んだ馬を。
quos quia non potuimus aspicere, avertimus facies; それを私たちは眺めることができないので、私たちは顔を背けた。
magister, ne moremur in hoc loco, sed abeamus;" 先生、私たちはこの場所の中にとどまらない(未来)しかし、私たちは立ち去る」。
et abiverunt. また、立ち去った。
Et tunc magister in via illos instruxit, quid "equus mortuus;" またその時、教師は途中で彼らを教えた、「死んだ馬」が何か。
dicens, "`Equus' significat intellectum veri ex Verbo; 言って、「倏廊瓩呂澆海箸个らの真理の理解力を意味する」。
omnes equi quos vidistis, illum significaverunt; すべての馬は、それをあなたがたが見た、それを意味した。
quando enim homo vadit meditans ex Verbo, tunc meditatio ejus e longinquo apparet sicut equus, generosus et vivus sicut spiritualiter meditatur, ac vicissim miser et mortuus, sicut materialiter." と言うのは、人間がみことばから熟考して進んでいる時、その時、彼の熟考は遠方から馬のように見える、霊的に熟考するかぎり、よい血統の(育ちのよい)また生きている〔馬が〕、そして逆に、物質的に〔熟考する〕かぎり、惨めなまた死んだ〔馬が〕。
[3.] Tunc pueri quaerebant. [3] その時、少年たちは質問した。
"Quid est spiritualiter et materialiter meditari ex Verbo?" 「みことばから霊的にまた物質的に熟考することは何であるか?」
Et respondit magister, "Illustrabo hoc per exempla. また、教師は答えた、「私はこれを例によって説明する。
Quis dum sancte legit Verbum, non interius in se cogitat de Deo, de proximo, et de caelo? だれがみことばを信心深く読む時、内的に、本質的に神について、隣人について、また天界について考えないか?
Omnis qui cogitat de Deo solum ex Persona et non ex Essentia, is materialiter cogitat; すべての者は、その者は神について位格だけから考える、また本質から〔考え〕ない、彼は物質的に考える。
tum qui cogitat de proximo solum ex forma externa, et non ex qualitate, is materialiter cogitat; なおまた、隣人について外なる形だけから考える者は、また特質(性質)から〔考え〕ない、彼は物質的に考える。
et qui cogitat de caelo solum ex loco, et non ex amore et sapientia, ex quibus caelum est caelum, is quoque materialiter cogitat." また、天界についてただ場所だけから考える者は、また愛と知恵から〔考え〕ない、それらから天界は天界である、彼もまたは物質的に考える。
[4.] Sed dixerunt pueri, "Nos cogitavimus de Deo ex Persona, de proximo ex forma, quod sit homo, et de caelo ex loco, quod supra nos sit: [4] しかし、少年たちは言った、「私たちは、神について位格から考えた、隣人について形から、それは人間である、また天界について場所から、それは私たちの上方にある――
num ideo cum legimus Verbum, apparuimus tunc alicui sicut equi mortui?" それゆえ、私たちが見ことばを読むとき、その時、私たちは他の者に死んだ馬のように見られるのか?
Dixit magister, "Non, estis adhuc pueri, ac non potestis aliter: 教師は言った、「いいえ、あなたがたはまだ少年である、そして異なってできない。
at percepi affectionem sciendi et intelligendi apud vos, quae quia est spiritualis, cogitavistis etiam spiritualiter, latet enim spiritualis aliqua cogitatio intus in vestra materiali, quod adhuc nescitis. しかし、私は、あなたがたのもとに知り、理解する情愛を知覚した、それは霊的なものであるので、さらにまたあなたがたは霊的に考える、というのは、あなたがたの物質的なものの内部に何らか霊的な思考が隠れているから、それをまだ案は他がたは知らない。
Sed redibo ad priora quae dixi, quod qui cogitat materialiter, dum legit Verbum, aut meditatur ex Verbo, appareat e longinquo sicut equus mortuus; しかし、私は前のものに戻る、それを私は言った、物質的に考える者は、みことばを読む時、またはみことばから熟考する、遠方から死んだ馬のように見えること。
at qui spiritualiter, sicut equus vivus: しかし、霊的に〔考える〕者は、生きている馬のように〔見られる〕。
et quod materialiter cogitet de Deo, qui solum ex Persona et non ex Essentia. また物質的に神について考えること、その者は単に位格だけから、また本質から〔考え〕ない。
Sunt enim attributa Divinae Essentiae plura, ut omnipotentia, omniscientia, omnipraesentia, aeternitas, amor, sapientia, misericordia et gratia, et ala; というのは、神的な本質の属性は多くのものであるから、たとえば、全能、全知、遍在、永遠性、愛、知恵、慈悲、また恩恵、また他のもの。
et sunt attributa procedentia ex Divina Essentia, quae sunt creatio et conservatio, redemptio et salvatio, illustratio et instructio. また神的な本質から発出する属性である、それらは創造と維持、あがないと救い、照らすことと教えること。
Omnis qui de Deo ex persona cogitat, facit tres Deos; すべての者は、その者は神について位格から考える、三つの神をつくる。
dicens, quod unus Deus sit Creator et Conservator, alter Redemptor et Salvator, ac tertius, Illustrator et Instructor; 言って、一つの神は創造者と維持者である、もう一つ〔の神〕はあがない主と救い主、そして第三〔の神〕は照らす者(啓蒙者、照示者)と教える者。
at omnis qui de Deo ex Essentia cogitat, facit unum Deum, dicens, "Deus nos creavit, et idem nos redemit et salvat, et quoque illustrat et instruit." しかし、すべての者は、その者は神について本質から考える、唯一の神をつくる(一つとする)、言って、「神は私たちを創造した、また同じ者が私たちをあがない、また救う、そしてまた、照らし、また教える」。
Inde causa, quod qui de Trinitate Dei cogitant ex Persona, et sic materialiter, non possint aliter ex ideis cogitationis suae, quae materialis est, quam facere ex uno Deo tres: ここから理由〔がある〕、神の三一性を位格から考える者は、またこのように物質的に、自分の思考の観念から異なってできない、それは物質的なものである、唯一の神から三つ〔の神〕つくるよりも。
sed usque contra cogitationem suam tenentur dicere, quod trium illorum sit unio per Essentiam, quia sicut per transennam etiam cogitaverunt de Deo ex Essentia. しかしそれでも、自分の思考に反して言うことが〔できる〕、それらの三つは本質によって結合があること、格子の仕切り(おぼろげな視覚)通して本質から神について考えるので。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第10章, 23:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』622
(1) 原文
622. Secundum Memorabile:
 
Omnes qui ad caelum praeparati sunt, quod fit in mundo spirituum, qui est medius inter caelum et infernum, post exactum tempus, desiderant cum suspirio caelum; et mox aperiuntur oculi illorum, et vident viam, quae tendit ad aliquam societatem in caelo. Hanc viam intrant et ascendunt; et in ascensu est porta, et ibi custos: hic aperit portam, et sic ingrediuntur.
Tunc obviam fit eis inquisitor, qui illis a moderatore dicit, ut penitius intrent et inquirant, num alicubi domus sint quas agnoscant ut suas, nam pro quovis novitio angelo est nova domus; et si inveniunt, renunciant hoc, et manent ibi.
At si non inveniunt, redeunt, et dicunt, quod non viderint; et tunc a quodam sapiente ibi exploratur, num lux quae in illis est, concordat cum luce quae in societate est, et imprimis num calor; lux enim caeli in sua essentia est Divinum Verum, et calor caeli in sua essentia est Divinum Bonum, utrumque procedens a Domino ut Sole ibi. Si alia lux et alius calor, quam lux et calor illius societatis in illis sunt, hoc est, si aliud verum et bonum, non recipiuntur: quare abeunt inde, et per vias inter societates in caelo apertas vadunt, et hoc usque dum inveniunt societatem affectionibus illorum prorsus congruam, et ibi fit habitatio illorum in aeternum; sunt enim ibi inter suos, quemadmodum inter affines et amicos, quos, quia in simili affectione sunt, ex corde amant, et ibi sunt in vitae suae faustitate, et in totius pectoris sui ex pace animae jucunditate; est enim in calore et luce caeli delicium ineffabile, quod communicatur. Ita fit cum illis qui angeli fiunt.
[2.] Sed qui in malis et falsis sunt, illis ex venia licet ascendere in caelum; sed cum intrant, incipiunt trahere animam, et respirare cum lucta; et mox obscuratur visus illorum, et caligat intellectus, et cessat cogitatio, ac sicut [1]lethus obversatur oculis, et sic stant sicut stipites; et tunc incipit cor pulsare, pectus angustari, et mens corripi angore, et plus et plus cruciari, et in eo statu se contorquent sicut serpentes admoti foco; quare devolvunt se inde, et per praecipitium, quod tunc apparet, se dejiciunt, nec quiescunt, quam in inferno apud sui similes, ubi possunt animam trahere, et ubi cor illorum libere vibratur. Postea odio habent caelum, et rejiciunt verum, ac corde blasphemant Dominum, credentes quod cruciatus et tormina illorum in caelo ab Ipso fuerint.
[3.] Ex his paucis videri potest, qualis sors illorum est qui floccipendunt veritates quae fidei sunt, quae tamen faciunt lucem in qua sunt angeli caeli, et qui floccipendunt bona quae amoris et charitatis sunt, quae tamen faciunt calorem vitae in quo sunt angeli caeli: tum ex his videri potest, quantum errant, qui credunt quod usque possit frui beatitudine caelesti, modo admittatur in caelum. Fides enim hodie est, quod in caelum recipi, sit ex sola misericordia; et quod receptio in caelum sit, sicut qui in mundo in domum nuptiarum venit, et tunc simul in gaudia et laetitias ibi: at sciant, quod communicatio affectionum amoris et inde cogitationum sit in mundo spirituali, quoniam homo tunc spiritus est, et vita spiritus est affectio amoris et inde cogitatio; et quod affectio homogenea conjungat, et affectio heterogenea separet, et quod heterogeneum cruciet, diabolum in caelo, et angelum in inferno. Quamobrem separati sunt juste secundum diversitates, varietates, et differentias affectionum quae amoris sunt.
 
   @1 “lethus:”sic ed. prin.; sic De Am. Conj., n. 611. Fortasse (cum Doctore Tafel,) legeris lectum.
 
(2) 直訳
622. Secundum Memorabile:― 第二のメモラビリア――
 
Omnes qui ad caelum praeparati sunt, quod fit in mundo spirituum, qui est medius inter caelum et infernum, post exactum tempus, desiderant cum suspirio caelum; すべての者は、その者は天界へ準備されている、それは霊たちの世界の中で行なわれる、それは天界と地獄の間の中央にある、時の過ぎ去った後、天界をあこがれとともに望む。
et mox aperiuntur oculi illorum, et vident viam, quae tendit ad aliquam societatem in caelo. またじきに(すぐに)彼らの目が開かれる、また道を見る、それは天界の中のある社会へ向かう(伸びる)
Hanc viam intrant et ascendunt;  この道を入る、また上る。
et in ascensu est porta, et ibi custos: また上昇の中で、門がある、またそこに見張り。
hic aperit portam, et sic ingrediuntur. この者は門を開く、またこのように入る。
Tunc obviam fit eis inquisitor, qui illis a moderatore dicit, ut penitius intrent et inquirant, num alicubi domus sint quas agnoscant ut suas, nam pro quovis novitio angelo est nova domus; その時、向かい合って彼に生じる、調査者、その者は彼に監督官(現場監督)ら言った、深く入るように、また調べる、どこかに家がないか、それを自分のものとして認める、なぜなら、それぞれの新参の天使のために新しい家があるからである。
et si inveniunt, renunciant hoc, et manent ibi. また、もし、見つけたなら、このことを報告する、またそこにとどまる。
renunciantrenuntiantのミスプリ。初版は正しいです。
At si non inveniunt, redeunt, et dicunt, quod non viderint; しかし、もし、見つけなかったなら、戻る、また言う、見なかったこと。
et tunc a quodam sapiente ibi exploratur, num lux quae in illis est, concordat cum luce quae in societate est, et imprimis num calor; またその時、ある賢明な者によりそこに調べられる、光が、それは彼の中にある、光と一致する(調和する)どうか、それは社会の中にある、また特に、色が〔一致するか〕どうか。
lux enim caeli in sua essentia est Divinum Verum, et calor caeli in sua essentia est Divinum Bonum, utrumque procedens a Domino ut Sole ibi. というのは、天界の光は、その本質では神的な真理であるから、また天界の熱は、その本質では神的な善、両方ともそこに太陽としての主から発出している。
Si alia lux et alius calor, quam lux et calor illius societatis in illis sunt, hoc est, si aliud verum et bonum, non recipiuntur: もし、他の光と他の熱が、その社会の光と熱以外の、彼の中にあるなら、すなわち、他の真理と善、受け入れられない。
quare abeunt inde, et per vias inter societates in caelo apertas vadunt, et hoc usque dum inveniunt societatem affectionibus illorum prorsus congruam, et ibi fit habitatio illorum in aeternum; それゆえ、ここから立ち去る、天界の中の社会の間に開かれた道を通って行く、またこのことが彼の情愛に完全に一致する社会を見つけるまで、また永遠に彼の住まいが生じる。
sunt enim ibi inter suos, quemadmodum inter affines et amicos, quos, quia in simili affectione sunt, ex corde amant, et ibi sunt in vitae suae faustitate, et in totius pectoris sui ex pace animae jucunditate; というのは、そこに自分のものの間にいるから、あたかも親族と友の間に〔いる〕かのように、彼らを、似た情愛の中にいるので、心から愛する、またそこに自分の幸せの生活の中にいる、またこんなにしばしば自分の胸の中に霊魂の平和から快さで。
est enim in calore et luce caeli delicium ineffabile, quod communicatur. というのは、天界の熱と光の中に言語に絶する楽しさがあるから、それが共有される(伝えられる)
Ita fit cum illis qui angeli fiunt. このように彼らに生じる、その者は天使になる。
[2.] Sed qui in malis et falsis sunt, illis ex venia licet ascendere in caelum; [2] しかし、その者は悪と虚偽の中にいる、彼らに好意(容赦)から天界の中に上ることが許される。
sed cum intrant, incipiunt trahere animam, et respirare cum lucta; しかし、入る時、喘ぎながら呼吸することが始まる、また身もだえして呼吸すること。
et mox obscuratur visus illorum, et caligat intellectus, et cessat cogitatio, ac sicut [1]lethus obversatur oculis, et sic stant sicut stipites; またじきに(すぐに)彼の視覚が暗くされる、また理解力が暗黒に包まれる、また思考が止まる、そして目で死のよう現われる(思える)、またこのように丸太(棒)のように立つ。
et tunc incipit cor pulsare, pectus angustari, et mens corripi angore, et plus et plus cruciari, et in eo statu se contorquent sicut serpentes admoti foco; またその時、心臓が打つことを始める、胸が苦しめられること、また心が激痛で襲われること、またさらにまたさらに苦しめられること、またその程度までの状態の中へ、炉に近づけられたヘビのように自分自身をねじる。
quare devolvunt se inde, et per praecipitium, quod tunc apparet, se dejiciunt, nec quiescunt, quam in inferno apud sui similes, ubi possunt animam trahere, et ubi cor illorum libere vibratur. それゆえ、そこから自分自身を転がし落とす、また断崖を通って、それはその時、現われる、自分自身を投げ落とす、休息もしない、地獄の中以外に、自分に似た者のもとの、そこで呼吸することができる、そこで彼の心臓は自由に揺り動かされる。
Postea odio habent caelum, et rejiciunt verum, ac corde blasphemant Dominum, credentes quod cruciatus et tormina illorum in caelo ab Ipso fuerint. その後、天界に憎しみを持つ、また真理を退ける、そして心で主を悪く言う、信じて、天界の中の彼の苦痛(責め苦)と腹痛はその方からであったこと。
[3.] Ex his paucis videri potest, qualis sors illorum est qui floccipendunt veritates quae fidei sunt, quae tamen faciunt lucem in qua sunt angeli caeli, et qui floccipendunt bona quae amoris et charitatis sunt, quae tamen faciunt calorem vitae in quo sunt angeli caeli: [3] これらのわずかなものから見られることができる、彼らの運命がどのようなもであるか、その者は狄人瓩鬚弔泙蕕覆い發里箸澆覆靴拭△修譴録仰のものである、それらはそれでも光をつくる、その中に天界の天使がいる、またその者は善をつまらないものとみなした、それは愛と仁愛のものである、それらはそれでもいのちの熱をつくる、その中に天界の天使がいる。
tum ex his videri potest, quantum errant, qui credunt quod usque possit frui beatitudine caelesti, modo admittatur in caelum. なおまた、これらから見られることができる、その程度に誤まる、その者は信じる、それでも天界の幸福を享受すること(fruror)ができること、天界の中に入れられさえすれば。
Fides enim hodie est, quod in caelum recipi, sit ex sola misericordia; というのは、信仰が、今日、あるから、天界の中に受け入れられることは、ただ慈悲だけからであること。
et quod receptio in caelum sit, sicut qui in mundo in domum nuptiarum venit, et tunc simul in gaudia et laetitias ibi: また天界の中への受け入れであること、世の中で結婚式の家の中にやって来る者のようである、またその時、そこに一緒に楽しさと、喜びの中に。
at sciant, quod communicatio affectionum amoris et inde cogitationum sit in mundo spirituali, quoniam homo tunc spiritus est, et vita spiritus est affectio amoris et inde cogitatio; しかし、知らなければならない、愛の情愛とここからの思考の伝達が、霊界の中にあること、人間はその時、霊であるので、また霊のいのち(生活)は愛の情愛とここからの思考である。
et quod affectio homogenea conjungat, et affectio heterogenea separet, et quod heterogeneum cruciet, diabolum in caelo, et angelum in inferno. また同質の情愛は結合すること、また異質なものは分離する、また異質なものは苦しめること、天界の中の悪魔を、また地獄の中の天使を。
Quamobrem separati sunt juste secundum diversitates, varietates, et differentias affectionum quae amoris sunt. そのために、正しく(正確に)分離される、多様性(相違)、多種多様(変化)、また情愛の相違にしたがって、それは愛のものである。
 
@1 “lethus:”sic ed. prin.; sic De Am. Conj., n. 611. Fortasse (cum Doctore Tafel,) legeris lectum. 注1 lethus」――このように初版に。このように『結婚愛』☆611番に。おそらく(ターフェル博士にしたがって)あなたがたはlectumと読む。
 
『結婚愛』は『啓示された黙示録』の間違いです。
 
(3) 訳文
622. 第二のメモラビリア――
 
 天界へ準備されているすべての者は、それは天界と地獄の間の中央にある霊たちの世界の中で行なわれるが、時の過ぎ去った後、天界をあこがれとともに望む。またじきに、彼らの目が開かれ、天界の中のある社会へ向かう道を見る。
この道に入り、上る。また上る中で、門があり、そこに見張りがいる――この者は門を開く、このように入る。
 その時、調査者と向かい合う、その者は彼に監督官ら、深く入り、どこかに自分のものとして認める家がないか調べよ、なぜなら、それぞれの新参の天使のために新しい家があるからである、もし、見つけたなら、このことを報告し、そこにとどまれ、しかし、もし、見つけなかったなら、戻り、見なかった、と言え〔との知らせを〕言った。またその時、ある賢明な者によりそこで調べられる、彼の中にある光が、社会の中にある光と、特に、色が調和するかどうか。というのは、天界の光は、その本質では神的な真理、また天界の熱は、その本質では神的な善であり、両方ともそこの太陽としての主から発出しているからである。
 もし、その社会の光と熱以外の他の光と他の熱が、すなわち、他の真理と善が彼の中にあるなら、受け入れられない――それゆえ、ここから立ち去り、天界の中の社会の間に開かれた道を通って、このことが彼の情愛に完全に一致する社会を見つけ、また永遠に彼の住まいが生じるまで行く。というのは、そこに、あたかも親族と友の間に〔いる〕かのように、自分のものの間にいるからである、彼らを、似た情愛の中にいるので、心から愛する、またそこに自分の幸せの生活の中に、またこんなにもしばしば自分の胸の中に霊魂の平和からの快さの中にいる。というのは、天界の熱と光の中に言語に絶する楽しさがあり、それが伝えられるから。
 このように天使になる者に生じる。
 [2] しかし、悪と虚偽の中にいる者には、彼らに容赦から天界の中に上ることが許される。しかし、入る時、喘ぎながら呼吸すること、また身もだえして呼吸することが始まる。またじきに彼の視覚が暗くされ、理解力が暗黒に包まれ、また思考が止まり、そして目に死のようなものが現われ、このように棒のように立つ。またその時、心臓が打つこと、胸が苦しめられること、また心が激痛で襲われること、またさらにまたさらに、炉に近づけられたヘビのように自分自身をねじるほどの状態へと、苦しめられることが始まる。それゆえ、そこから自分自身を転がし落とし、またその時、現われる断崖を通って、自分自身を投げ落とし、自分に似た者のもとの地獄までは休息もしない、そこで呼吸することができ、そこで彼の心臓は自由に動く。
 その後、天界に憎しみを持つ、また真理を退ける、そして天界の中の自分の苦痛と腹痛はその方からであった、と信じて、心から主を悪く言う。
 [3] これらのわずかなものから、信仰のものである、狄人瓩鬚弔泙蕕覆い發里噺なした、それでもそれらは光をつくり、その中に天界の天使がいる、また愛と仁愛のものである善をつまらないものと見なした、それでもそれらはいのちの熱をつくり、その中に天界の天使がいる、〔見なした〕その者の運命がどのようなものであるか見られることができる。なおまた、これらから、天界の中に入れられさえすれば、それでも天界の幸福を享受することができる、と信じる者が、その程度に誤まっていることを見ることができる。
 というのは、今日、天界の中に受け入れられることは、ただ慈悲だけからである、また天界の中へ受け入れられることは、世の中で結婚式の家の中にやって来て、その時、そこで一緒に楽しさと喜びの中にいるようなものである、という信仰があるから。しかし、愛の情愛とここからの思考の伝達が霊界の中にあり、人間はその時、霊であるので、霊のいのち(生活)は愛の情愛とここからの思考であること、また同質の情愛は結合し、また異質なものは分離すること、また異質なものは、天界の中の悪魔を、また地獄の中の天使を苦しめることを知らなければならない。
 そのために、愛のものである情愛の多様性、変化、相違にしたがって正確に分離される
author:yasubee, category:原典講読『真教』第10章, 00:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』621(直訳[11]〜[13]、訳文)
(2) 直訳
[11.] De Baptismo dixerunt, quod sit lavatio spiritualis, quae est reformatio et regeneratio; [11] 「洗礼」についてらはった、霊的な洗うことであること、それは改心と再生である。
et quod infans reformetur et regeneretur, dum adultus factus facit illa quae patrini pro illo spoponderunt, quae sunt duo, Paenitentia et Fides in Deum, nam primum spondent, ut abdicet Diabolum et omnia ejus opera; また幼児改心させられ、再生される、成人したときそれらをなうそれらは教父(名親)ちが彼のために誓約した、それらの二つのものである、悔い改めと神への信仰、なぜなら、最初誓約するからである、悪魔のすべてのきをえるように
secundum, ut credat in Deum. 第二に、神を信じるように。
Omnes infantes in caelo in illa duo initiantur, sed his Diabolus est infernum, ac Deus est Dominus. 天界の中のすべての幼児はそれらの二つのものの中に導かれる、しかしこれらの者に悪魔は地獄である、そして神は主である。
Praeterea baptismus est signum coram angelis quod homo sit ab ecclesia. さらに、洗礼は天使たちの前にしるしである、人間が教会から〔の者〕であること。
His auditis dixerunt e coetu, "Haec intelligimus." これらで聞いて集団から言った、「これらを私たちは理解する」。
[12.] Sed tunc audita est vox a latere, clamans, "Non intelligimus;" [12] しかし、その時、脇(側面)から声が聞かれた、叫んで、「私たちは理解しない」。
et alia vox, "Non volumus intelligere;" また他の声、「私たちは理解することを欲しない」。
et inquisitum a quibus illae voces; また質問された(調べられた)その声がだれからか。
et compertum quod ab illis, qui apud se confirmaverunt falsa fidei, et qui voluerunt credi ut oracula, et sic adorari. また彼らから〔である〕ことがわかった、その者は自分自身のもとで信仰の虚偽を確信した、またその者は神託として信じられることを欲した、またこのように崇拝されること。
Dixerunt angeli, "Ne miremini; 天使たちは答えた、「(あなたがたは)驚くな。
tales sunt hodie permulti; このような者が、今日、非常に多い。
apparent nobis e caelo sicut sculptilia tali arte facta ut possint movere labia, ac sonare sicut organa; 私たちに天界からこのような彫像に見える、技巧でつくられた、唇を動かすことができるような、そしてオルガン(風琴)のような聞こえる音で。
et non sciunt, num halitus, ex quo sonant, ex inferno sit, vel num e caelo, quia non sciunt num falsum sit, vel num verum; また知らない、息(気体の発散物)かどうか、それから音がする、地獄からである、あるいは天界からがどうか、虚偽であるのか、あるいは真理であるのか、知らないからである。
ratiocinantur et ratiocinantur; 推論する、また推論する。
tum confirmant et confirmant, nec vident quicquam num ita sit. なおまた説明するまた説明する(証明する)どんなものも見ない、そのようなものであるのか。
Sed sciatis quod ingenium humanum possit confirmare quicquid vult, usque ut appareat sicut ita sit; しかし、あなたがたは知っている、人間の才気は何でも欲するものを確信する(証明する)ことができること、そのようであるように見られるように。
quare hoc possunt haeretici, hoc impii, immo athei quod Deus non sit sed natura sola." それゆえ、このことをできる、異端者に、このことを不信心な者に、それどころか無神論者に、神が存在しないこと、しかし、自然だけ」。
[13.] Posthac coetus ille ex Anglis accensus desiderio sapiendi, dixit ad angelos, "Loquuntur tam varia de Sacra Cena; [13] その後、賢明になる願望に刺激されたイギリス人からのその集団は、天使たちに言った、「これほどにいろいろなことが狎算“について語られている。
dicite nobis quid veritas." 私たちに教えよ、何が狄人瓩」。
Responderunt angeli, "Veritas est, quod homo, qui spectat ad Dominum, et paenitentiam agit, per sanctissimum illud conjungatur Domino, ac introducatur in caelum." 天使たちは答えた、「狄人瓩任△襦⊃祐屬蓮△修亮圓麓腓慳椶鮓ける、また悔い改めを行なう、その最も聖なるものによって主に結合されること、そして天界の中に導き入れられること」。
Sed dixerunt e coetu, "Hoc mysterium est." しかし、集団から言った、「これは奥義である」。
Et responderunt angeli, "Est mysterium, sed usque tale, ut possit intelligi. また天使たちは言った、「奥義である、しかしこのようなもの、理解されることができるような。
Panis et vinum hoc non faciunt; パンとブドウ酒がこのことを行なわない。
non aliquid sanctum est ab illis; 何らかの聖なるものは、それらからない。
sed correspondent sibi mutuo panis materialis et panis spiritualis, ac vinum materiale et vinum spirituale, et panis spiritualis est sanctum amoris, et vinum spirituale est sanctum fidei, utrumque a Domino, et utrumque Dominus. しかし、それ自体に相互に対応する、物質的なパンと霊的なパン、そして物質的なブドウ酒と霊的なブドウ酒、また霊的なパンは愛の聖なるものである、また霊的なブドウ酒は信仰の聖なるものである、両方とも主から、また両方とも主〔である〕。
Inde conjunctio Domini cum homine, et hominis cum Domino; ここから、人間との主の結合が、また主のと人間の〔結合がある〕。
non cum pane et vino, sed cum amore et fide hominis qui paenitentiam egerat; パンとブドウ酒に〔結合は〕ない、しかし、人間の愛と信仰に〔結合がある〕その者は悔い改めを行なった。
et conjunctio cum Domino est quoque introductio in caelum." また主との結合は天界の中への導入でもある」。
Et postquam angeli docuerunt illos aliquid de correspondentia, dixerunt e coetu, "Nunc primum etiam hoc possumus intelligere." また、天使たちが彼らに対応について何らかのものを教えた後、集団から言った、「今や、初めて、このこともまた私たちは理解することができる」。
Et cum hoc dixerunt, ecce flammeum e caelo cum luce descendens consociavit illos cum angelis, et amaverunt se mutuo. またこのことが言われたとき、見よ、天界から炎が光とともに降り、彼らを天使の仲間とした、また互いに愛した。
 
@1 sit pro “fit” (vidi Apoc. Rev., n. 224). 注1 fit」の代わりにsit(『啓示された黙示録』224番を見よ)に)
 
(3) 訳文
621. これらに次のメモラビリアが加えられる。第一のもの――
 
 私は霊の集団を見た、すべての者はひざまずいて、自分たちに天使を遣わし、その者と面と向かって話し、またその者に自分の心の考え明らかにするように神へ祈っていた。
 また立ち上がったとき、彼らの視野の中に立っている麻布を着た三人の天使が見られた。また彼らは言った、「主イエス・キリストがあなたがたの祈りを聞いた、またそれゆえ、私たちをあなたがたへ派遣した。私たちにあなたがたの心の考えを明らかにせよ」。
[2] また彼らは言った、「聖職者たちは私たちに言った、神学の事柄の中で理解力は力がないこと、しかし信仰〔が力があり〕、また、賢明である人間から持ってくる、また神からでない知的な信仰は適当でないこと。
 私たちはイギリス人である、また私たちは私たちの聖なる召使いから多くのものを聞いた、それらを私たちは信じた。しかし、私たちが、自分自身を改革派教会の者と呼んだ他の者と、また自分自身をローマカトリック教徒と呼んだ他の者と、さらに分派の支持者(非国教徒)と話したとき、すべての者は学問のある者に見え、またそれでも多くの事柄の中である者は他の者と一致していない、またそれでもすべての者は、「私たちを信じよ」、また他の者は、「私たちは神の召使いである、私は知っている」と言った。
 しかし、私たちは、信仰のものと呼ばれ、教会のものである神的な狄人瓩蓮△△觴圓棒犬泙譴世韻らでなく、遺伝からでもなく、しかし、神により天界から、またそれは天界への道を示す、そして仁愛の善と一緒の生活を入る、またこのように永遠のいのちへ導く、と知っているので、私たちは不安になり、またひざまずいて、神へ祈った」。
 [3] その時、天使たちは答えた、「みことばを読め、また主を信じよ、するとあなたがたは狄人瓩鮓る、それらがあなたがたの信仰といのちのものになる。キリスト教世界の中のすべての者は、唯一の泉からのように、みことばからその教えの事柄を汲む」。
 しかし、集団から二人の者が言った、「私たちは読んだ、しかし、理解しなかった」。
 また天使たちは答えた、「あなたがたは、みことばである主に近づいていない、そしてまた、前もってあなたがたは虚偽を確信した」。
 またさらに天使たちは言った、「光なしに信仰とは何か、また理解することなしに考えることは何か? これは人間性ではない。カラスとカササギもまた理解力なしに話しことを学ぶことができる。
 私たちはあなたがたに断言することができる、霊魂から望む人間はだれでも、光の中でみことばの狄人瓩鮓ることができる。食物を見る時、それが自分のいのちの食物であることを知らない動物は存在しない。人間は理性的で霊的な動物である。この者は、自分のいのちのものを、そのように身体のものでないものを、しかし信仰の真理である霊魂の食物を見る、もしそれに飢えるなら、主からそれを求める。
 [4] さらにまた理解力で受け入れないものは何でも、これは事柄に関して記憶に残らない、しかし単に音声に関して残る。それゆえ、私たちは天界から世の中に見おろした時、私たちは何も見ないで、しかし、大部分が不調和な単なる音声を聞いた。
 しかし、私たちは聖職者からの学問のあるものが、一つは世から、もう一つは天界からの理解力への二つの道があることをらないで、理解力から遠ざけた何らかのものをすっかり語る。また主が理解力を★照らす時、世から理解力を遠ざける。しかし、もし、理解力が宗教から閉ざされるなら、彼に天界からの道は閉ざされる、またその時、人間は、みことばの中に盲人よりもさらに見ない。私たちは、穴の中に落ち込んでしまって、それらから起き上がらなかったこのような多くの者を見ている。
[5] 説明の例がある――
 あなたがたは、何が仁愛か、また何が信仰か、仁愛は隣人に善く行なうことであること、また信仰はそれについて、また教会の本質的なものについて正しく考えることであること、またここから、善く行ない、また正しく考える者は、すなわち、善く生き、また正しく信ずる者は救われることを理解することができないのか?」
 これらに彼らは、理解している、と言った。
 [6] さらに天使たちは、罪からめをなわなければならないこと、人間は救われるために、また人間が悔い改めを行なわないなら、その中に生まれている罪の中に残ること、また悔い改めを行なうことは神に反するので悪を欲しないことであり、そして年の中に一度または二度、自分自身を調べること、自分の悪を見ること、それを神の前に告白すること、助けを切願すること、それらをやめること、また新しい生活を始めることである、と言ったまたこのことをなえばなうほどまた信じれば信じるほど、それだけ罪は赦される。
 その時、集団かららはった、「これらをまたこのようにまたしかたちは理解する」。
 [7] またその時、、実際に今は、神について、霊魂の不死性(不滅)ついて、再生について、また洗礼について、自分たちをさらに教えるように天使たちに懇願した。
 天使たちはこれらに答えた、「私たちは、あなたがたが理解するものでないなら、どんなものでも言わない。そうでなければ、私たちの話し、砂の中の、またそこに種の雨のようにむだである、その種はどれほど天から水をかけられても、それでもしおれ、滅びる」。
 また彼らは「神」について言った――
 「天界にやって来るすべての、そこに場所を割り当てられている。またここから、神の観念にしたがって、永遠しさある、この観念は普遍的にすべての礼拝の中で支配しているからである。
 霊としてのについての観念、霊がエーテルまたはのようにじられるとき、空虚観念であるしかし、人間としてのについての観念、正しい観念である
 というのは、神は神的神的知恵であるからそれらのそのようなすべてのものとともにまたこれらの主体人間でありエーテルまたはではない
 天界観念は、である観念であるそのそのえるように天地であるあなたがたの観念たちのものとしい、私たちは仲間となる」。
 これらをらがったとき、〔聞いた〕彼らのいた
 [8] 「霊魂不滅についてらはった――
「人間永遠きる、愛信仰によって結合されることができるからであるこのことをだれもができるこの可能性霊魂不滅をつくることをもしそのことについて多少でも深くあなたがたがえるならあなたがたは理解することができる」。
 [9] 「再生」について――
 「神が存在することを教えられただけで、それぞれの人間に神について考える、また考えない自由があることを、だれが見ないか? 
市民的なものと自然的なものの中のようにと等しく、霊的なものの中にも、そのような自由がある。
 主はこれを絶えずすべての者に与える。それゆえ、もし考えないなら罪が生ずる。
 人間はこの可能性から人間である、しかし、獣はこの可能性がないことから獣である。
 それゆえ、人間は、心から主からであることを認めさえすれば、自分自身を自分自身からのように改心することと再生することができる。
 悔い改めを行ない、主を信じるすべての者は、改心され、再生される〔が、その〕二つとも人間は自分自身からのように行なわなければならない、しかし「自分自身からのように」は、主からである。
 人間が自分自身からそれへ向けてどんなものにも少しも寄与することができないことは真理である。しかしながら、あなたがたは、それを主からあなたがたからのように行なうために、彫像〔として〕創造されていない、しかし人間〔として〕創造されている。この独特ななものは愛と信仰の相互のものであり、それを主は、人間からご自分に生じるために確かに欲している。
 一言でいえば、あなたがたから行なえ、また主からであることを信じよ。このように、あなたがたはあなたがたからのように行なう」。
 [10] しかし、その時、彼らは、自分自身からのように行なうことは、創造から人間に植え付けられているか質問した。
 天使は答えた、「植え付けられていない、自分自身から行なうことは神だけのものであるからである。しかし、絶えず与えられる、これは絶えず結び付けられる、またその時、人間は自分自身からのように善を行えば行なうほど、また真理を信じれば信じるほど、〔それだけ〕天界の天使である。しかし、悪を行なエば行なうほど、またここから虚偽を、そしてまた自分自身からであることを信じれば信じるほど、それだけ地獄の霊である。
 このこともまた自分自身からのようにであることを、あなたがたは驚く、しかしそれでも、あなたがたは、あなたがたが惑わされないように、ユダの中へのようにあなたがたの中に入らないように、あなたがたをすべての不正が満たし、そして霊魂と身体を滅ぼさないように、あなたがたが悪魔から守られるように祈る時、このことを見る。しかし、善あるいは悪であるものを自分自身から行なう、と信じるすべての者に罪が生ずる。しかし、自分自身からのように行なう、と信じる者に罪が生じない。なぜなら、自分自身から善を行なう、と信ずるなら、神のものであるものを自分自身に要求するからである。また、もし、自分自身から悪を行なう、と信ずるなら、悪魔のものであるものを自分自身に帰すからである。
 [11] 「洗礼」についてらは、霊的に洗うこと、それは改心と再生である、と言ったまた幼児、教父(名親)ちが彼のために、誓約した二つのもの、悔い改めと神への信仰を、成人したときそれらをなう時、改心させられ、再生される、なぜなら、最初、悪魔のすべてのきをえるように、第二、神じるように、誓約するからである。
 天界のすべての幼児はそれらのつのもののかれるしかしこれらの悪魔地獄でありそしてである
 さらに、洗礼天使たちの、人間教会からのであることのしるしである
 これらをいて集団からった、「これらをたちは理解する」。
 [12] しかしその時、脇から、「私たちは理解しない」と叫んでいるが、また、「私たちは理解することをしない」〔という〕他声が聞かれた。またそのがだれからか調べられた。自分自身のもとで信仰虚偽確信したまたその神託としてじられることをまたこのように崇拝されることをしたからであることがわかった
 天使たちはえた、「驚くいてはならないこのような、今日、非常。天界からたちに、技巧によって、唇かしそしてオルガンのような音を出すことができるような彫像えるまたそこからの地獄からあるいは天界からの発散物かどうからない、虚偽であるのかあるいは真理であるのか、知らないからである。推論、推論するなおまたそのようなものであるのかどんなものもないで、説明、説明する
しかしあなたがたは、人間才気でもするものをそのようであるようにられるように証明することができることをっているそれゆえこのことを、異端者このことを不信心にできるそれどころか無神論者、神存在しないことしかし、自然だけ存在することを証明することができる〕」。
 [13] その後、賢明になる願望に刺激されたイギリス人からのその集団は、天使たちに言った、「これほどにいろいろなことが狎算“について語られている。私たちにえよ、何狄人」。
 天使たちはえた、「主、悔めをなう人間そのなるものによって結合されることそして天界れられることは狄人である」。
 しかし、集団からった、「これは奥義である」。
 また天使たちはった、「奥義であるしかし、理解されることができるようなものである
 パンとブドウは、このことをなわないそれらからは、何らかのなるものはないしかし、相互、物質的なパンと霊的なパンそして物質的なブドウ霊的なブドウ酒に対応する、霊的なパンはなるものでりまた霊的なブドウ信仰なるものでり、両方ともからまた両方とも主〔である〕。
 ここから、人間との主の結合が、また主のと人間の〔結合がある〕。パンとブドウ酒に〔結合は〕ない、しかし、悔い改めを行なった人間の愛と信仰に〔結合がある〕。また主との結合は天界の中への導入でもある」。
 また、天使たちが彼らに対応について何らかのものを教えた後、集団から言った、「今や、初めて、このこともまた私たちは理解することができる」。
 またこのことが言われたとき、見よ、天界から炎が光とともに降り、彼らを天使の仲間とした、また互いに愛した。
 
直訳の時、ここillumを「彼を」とし、間違えました。「それを」が正しいです、すなわち、「理解力を」です。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第10章, 01:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』621(直訳[6]〜[10])
(2) 直訳
[6.] Porro dixerunt angeli, quod paenitentia a peccatis agenda sit, ut homo salvetur, et quod nisi homo paenitentiam agit, maneat in peccatis, in quae natus est, et quod paenitentiam agere sit non velle mala quia sunt contra Deum, ac semel aut bis in anno scrutari se, videre sua mala, confiteri illa coram Domino, implorare opem, desistere ab illis, et vitam novam inire; [6] さらに天使たちはった、罪からめをなわなければならないこと、人間は救われるために、また人間が悔い改めを行なわないなら、罪の中に残ること、その中に生まれている、また悔い改めを行なうことは神に反するので悪を欲しないことである、そして年の中に一度または二度、自分自身を調べること、自分の悪を見ること、それを神の前に告白すること、助けを切願すること、それらから離れる(やめる)こと、また新しい生活を始めること(ineo)
et quantum hoc facit, et credit in Dominum, tantum peccata remittantur. またどれだけこのことをなうかによってまた信じる、それだけ罪は赦される。
Tunc dixerunt e coetu, "Haec intelligimus, et sic etiam quid remissio peccatorum." その時、集団かららはった、「これらをたちは理解するまたこのようにまたしか」。
[7.] Et tunc rogaverunt angelos ut informarent illos amplius, et quidem nunc de Deo, de Immortalitate Animae, de Regeneratione, et de Baptismo. [7] またその時天使たちに懇願した、彼らにさらに教えるように、おまけに(実際に)今は神について、霊魂の不死性(不滅)ついて、再生について、また洗礼について。
Angeli ad haec respondebant, "Non dicemus quicquam nisi quod intelligitis; 天使たちはこれらに答えた、「私たちはどんなものでも言わない、あなたがたが理解しないものでないなら。
alioqui cadit sermo noster, sicut pluvia in arenam, et in semina ibi, quae utcunque e caelo irrigata, usque emarcescunt et pereunt." そうでなければ、私たちの話し(説教)はむだである(むなしい)、砂の中の雨のように、またそこに種の中に、それはどれほど天から水をかけられても、それでも枯れる(しおれる)た滅びる。
Et dixerunt de Deo: また彼らは「神」について言った――
"Omnes qui in caelum veniunt, ibi sortiuntur locum; 「すべてのその天界にやって来る、そこに場所を割り当てられている。
et inde aeternum gaudium, secundum ideam Dei, quia haec idea universaliter regnat in omnibus cultus? またここから、永遠しさ〔がないか〕? 神の観念にしたがって、この観念は普遍的にすべての礼拝の中で支配しているので。
Idea de Deo ut Spiritu, dum spiritus creditur sicut aether aut ventus, est idea inanis; 霊としてのについての観念、霊がエーテルまたは風のように信じられるとき、空虚な観念である。
at idea de Deo ut Homine, est idea justa; しかし、人間としての神についての観念は、正しい観念である。
Deus enim est Divinus Amor et Divina Sapientia, cum omni quali eorum, et horum Subjectum est Homo, et non aether aut ventus. というのは、神的な愛と神的な知恵であるから、それらのそのようなすべてのものとともにまたこれらの主体は人間である、またエーテルまたは風ではない。
Idea Dei in caelo est idea Domini Salvatoris; 天界の中の神の観念は救い主の主の観念である。
Ipse est Deus caeli et terrae, ut Ipse docuit. その方は天地の神である、その方が教えるように。
Sit vestra idea Dei similis nostrae, et consociabimur." あなたがたの神の観念は私たちのものと等しい、また私たちは仲間となる」。
Cum haec dixerunt, exsplenduerunt facies illorum. これらを彼らが言ったとき、〔聞いた〕彼らの顔は輝いた。
[8.] De Immortalitate Animae dixerunt: [8] 「霊魂の不死性(不滅)」について彼らは言った――
"Homo vivit in aeternum, quia potest conjungi Deo per amorem et fidem; 「人間は永遠に生きる、愛と信仰によって神と結合されることができるからである。
hoc potest unusquisque; このことをだれもができる。
quod hoc Posse faciat immortalitatem animae, potestis intelligere, si aliquantum altius de eo cogitatis." この可能性(潜在能力)霊魂の不死性(不滅)をつくることを、あなたがたは理解することができる、もし多少高く(深く)そのことについてあなたがたが考えるなら」。
[9.] De Regeneratione: [9] 「再生」について――
"Quis non videt quod sit cuivis homini liberum cogitare de Deo, et non cogitare de Illo, modo instructus est quod Deus sit? 「だれが見ないか? それぞれの人間に神について自由に考えることがあること、また「彼」について考えないこと、神が存在することを教えられただけで。
Ita liberum cuivis est in spiritualibus aeque ut in civilibus et naturalibus. そのような自由が霊的なものの中である、市民的なものと自然的なものの中のようにと等しく。
Dominus hoc dat continue omnibus; 主はこれを絶えずすべての者に与える。
quare reus fit si non cogitat. それゆえ、罪が生ずる、もし考えないなら。
Homo est homo ex posse hoc, at bestia est bestia ex non posse hoc. 人間はこの可能性(潜在能力)から人間である、しかし、獣はこの可能性(潜在能力)がない〔こと〕から獣である。
Quare homo se potest reformare et regenerare sicut a se, modo corde agnoscat quod sit a Domino. それゆえ、人間は自分自身を自分自身からのように改心することと再生することができる、心から主からであることを認めさえすれば。
Omnis qui paenitentiam agit, et credit in Dominum, reformatur et regeneratur, utrumque faciet homo sicut a se, sed Sicut a se est a Domino. すべての者は、その者は悔い改めを行なう、また主を信じる、改心されまた再生される、二つとも人間は自分自身からのように行なわなければならない、しかし「自分自身からのように」は、主からである。
Verum est quod homo ex se ad id non quicquam possit conferre, ne hilum; 真理である、人間が自分自身からそれへむけてどんなものでも寄与することができないこと、少しもない。
attamen non creati estis statuae, sed creati estis homines, ut faciatis id a Domino sicut a vobis; しかしながら、あなたがたは彫像()〔として〕創造されていない、しかし人間〔として〕創造されている、それを主からあなたがたからのように行なうために。
hoc unicum reciprocum amoris et fidei est, quod Dominus omnino vult ut fiat Ipsi ab homine. 愛と信仰のこの独特な相互のものである、それを主は確かに欲している、人間からご自分に生じるために。Verbo, facite a vobis, et credite quod a Domino; 一言でいえば、あなたがたから行なえ、また主から〔である〕ことを信じよ。
sic facitis sicut a vobis." このように、あなたがたはあなたがたからのように行なう」。
[10.] At tunc quaesiverunt, num facere sicut a se, [1]sit inditum homini a creatione. [10] しかし、その時、彼らは質問した、自分自身からのように行なうこと、創造から人間に植え付けられている(indo)か。
Respondit angelus, "Non inditum est, quia facere a Se est solius Dei; 天使は答えた、「植え付けられていない、自分自身から行なうことは神だけのものであるからである。
sed datur continue, hoc est adjungitur continue, et tunc quantum homo facit bonum et credit verum sicut a se, est angelus caeli; しかし、絶えず与えられる、これは絶えず結び付けられる、またその時、どれだけ人間が自分自身からのように善を行なう、また真理を信じるか〔によって〕、〔それだけ〕天界の天使である。
at quantum facit malum et inde credit falsum, quod etiam est sicut a se, tantum est spiritus inferni. しかし、どれだけ悪を行なうか、またここから虚偽を信じるか、そしてまた自分自身からであることを〔によって〕、それだけ地獄の霊である。
Quod hoc etiam sit sicut a se, miramini, sed usque videtis hoc, dum oratis ut a diabolo custodiamini ne vos seducat, ne intret in vos sicut in Judam, impleat vos omni iniquitate, ac destruat et animam et corpus; このこともまた自分自身からのようにであることを、あなたがたは驚く、しかしそれでも、あなたがたはこのことを見る、あなたがたが悪魔から守られるように祈る時、あなたがたが惑わされないように、ユダの中へのようにあなたがたの中に入らないように、あなたがたをすべての不正が満たす、そして霊魂と身体を滅ぼす。
sed omnis reus fit, qui credit quod faciat a se, sive sit bonum sive sit malum; しかし、すべての者に罪が生ずる、その者は自分自身から行なうことを信じる、あるいは善であるいは悪である。
sed non reus fit qui credit quod faciat sicut a se; しかし、罪が生じない、その者は信じる、自分自身からのように行なうことを。
nam si credit quod bonum sit a se, vindicat sibi id quod Dei est; なぜなら、信ずるなら、自分自身から善を行なうこと、自分自身にそれを要求するから、神のものであるもの。
et si credit quod malum sit a se, attribuit sibi id quod diaboli est." また、もし信ずるなら、自分自身から悪を行なうこと、自分自身にそれを帰するから、悪魔のものであるもの。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第10章, 23:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』621(原文と直訳[5]まで)
(1) 原文
621. His adjicientur haec Memorabilia. Primum :
 
Vidi coetum spirituum, omnes super genubus, orantes ad Deum, ut mitteret ad se angelos, cum quibus loquantur ore ad os, et quibus aperiant cordis sui cogitata. Et cum surrexerunt, visi sunt tres angeli in byssino stantes in conspectu illorum; et dixerunt, "Audivit Dominus Jesus Christus preces vestras, et ideo nos misit ad vos; aperite nobis cordis vestri cogitata."
[2.] Et responderunt "Dixerunt nobis sacerdotes, quod in rebus theologicis non valeat intellectus sed fides et quod fides intellectualis in illis non conducat, quia haec trahit et sapit ex homine et non a Deo. Nos sumus Angli, et audivimus plura ex sacro nostro ministerio, quae credidimus; sed cum locuti sumus cum aliis, qui etiam se vocabant Reformatos, et cum aliis qui se vocabant Romano-Catholicos, et porro cum Sectariis, apparebant omnes docti, et tamen in rebus multis non unus consensit cum altero, et usque omnes dixerunt, `Credite nobis,' et aliqui, `Sumus ministri Dei, et scimus.' At quia novimus, quod Divinae veritates, quae vocantur fidei et sunt ecclesiae, non sint alicui ex solo natali, nec ex hereditario, sed e caelo a Deo, et quia illae monstrant viam ad caelum, ac intrant vitam una cum bono charitatis, et sic ducunt ad vitam aeternam, anxii facti sumus, et super genubus oravimus ad Deum."
[3.] Tunc responderunt angeli, "Legite Verbum, et credite in Dominum, et videbitis veritates, quae fidei et vitae vestrae erunt; omnes in Christiano orbe ex Verbo ut ex unico fonte hauriunt sua doctrinalia."
At duo ex coetu dixerunt, "Legimus sed non intelleximus."
Et responderunt angeli, "Non adivistis Dominum, qui est Verbum, et quoque prius confirmavistis vos in falsis." Et porro dixerunt angeli, "Quid fides absque luce, et quid cogitare absque intelligere? Hoc non est humanum. Corvi et picae etiam possunt discere loqui absque intellectu. Possumus vobis asseverate, quod unusquisque homo, cujus anima desiderat, possit videre veritates Verbi in luce; non datur animal, quod non scit suae vitae cibum, dum videt illum; et homo est animal rationale et spirituale; hic videt suae vitae, non ita corporis, sed animae cibum, qui est verum fidei, si esurit illum, et petit illum a Domino. [4.] Quicquid etiam non recipitur intellectu, hoc nec inhaeret memoriae quoad rem, sed solum quoad voces; quare cum despeximus e caelo in mundum, non vidimus quicquam, sed modo audivimus sonos, plerosque disharmonicos. Sed enumerabimus aliqua, quae docti e clero removerunt ab intellectu, non scientes quod binae viae ad intellectum sint, una e mundo et altera e caelo, et quod Dominus subducat intellectum e mundo dum illustrat illum; at si intellectus clauditur ex religione, clauditur ei via e caelo, et tunc homo non plus videt in Verbo quam caecus; vidimus plures tales cecidisse in foveas, e quibus non surrexerunt. [5.] Sint exempla illustrationi:Annon intelligere potestis quid charitas et quid fides, quod charitas sit bene cum proximo agere, et quod fides sit recte de eo, et de essentialibus ecclesiae cogitare? et inde quod qui bene agit et recte cogitat, hoc est, qui bene vivit et recte credit, salvetur."
Ad haec dixerunt quod intelligant.
[6.] Porro dixerunt angeli, quod paenitentia a peccatis agenda sit, ut homo salvetur, et quod nisi homo paenitentiam agit, maneat in peccatis, in quae natus est, et quod paenitentiam agere sit non velle mala quia sunt contra Deum, ac semel aut bis in anno scrutari se, videre sua mala, confiteri illa coram Domino, implorare opem, desistere ab illis, et vitam novam inire; et quantum hoc facit, et credit in Dominum, tantum peccata remittantur.
Tunc dixerunt e coetu, "Haec intelligimus, et sic etiam quid remissio peccatorum." [7.] Et tunc rogaverunt angelos ut informarent illos amplius, et quidem nunc de Deo, de Immortalitate Animae, de Regeneratione, et de Baptismo.
Angeli ad haec respondebant, "Non dicemus quicquam nisi quod intelligitis; alioqui cadit sermo noster, sicut pluvia in arenam, et in semina ibi, quae utcunque e caelo irrigata, usque emarcescunt et pereunt."
Et dixerunt de Deo: "Omnes qui in caelum veniunt, ibi sortiuntur locum; et inde aeternum gaudium, secundum ideam Dei, quia haec idea universaliter regnat in omnibus cultus? Idea de Deo ut Spiritu, dum spiritus creditur sicut aether aut ventus, est idea inanis; at idea de Deo ut Homine, est idea justa; Deus enim est Divinus Amor et Divina Sapientia, cum omni quali eorum, et horum Subjectum est Homo, et non aether aut ventus. Idea Dei in caelo est idea Domini Salvatoris; Ipse est Deus caeli et terrae, ut Ipse docuit. Sit vestra idea Dei similis nostrae, et consociabimur." Cum haec dixerunt, exsplenduerunt facies illorum.
[8.] De Immortalitate Animae dixerunt: "Homo vivit in aeternum, quia potest conjungi Deo per amorem et fidem; hoc potest unusquisque; quod hoc Posse faciat immortalitatem animae, potestis intelligere, si aliquantum altius de eo cogitatis."
[9.] De Regeneratione: "Quis non videt quod sit cuivis homini liberum cogitare de Deo, et non cogitare de Illo, modo instructus est quod Deus sit? Ita liberum cuivis est in spiritualibus aeque ut in civilibus et naturalibus. Dominus hoc dat continue omnibus; quare reus fit si non cogitat. Homo est homo ex posse hoc, at bestia est bestia ex non posse hoc. Quare homo se potest reformare et regenerare sicut a se, modo corde agnoscat quod sit a Domino. Omnis qui paenitentiam agit, et credit in Dominum, reformatur et regeneratur, utrumque faciet homo sicut a se, sed Sicut a se est a Domino. Verum est quod homo ex se ad id non quicquam possit conferre, ne hilum; attamen non creati estis statuae, sed creati estis homines, ut faciatis id a Domino sicut a vobis; hoc unicum reciprocum amoris et fidei est, quod Dominus omnino vult ut fiat Ipsi ab homine. Verbo, facite a vobis, et credite quod a Domino; sic facitis sicut a vobis."
[10.] At tunc quaesiverunt, num facere sicut a se, [1]sit inditum homini a creatione. Respondit angelus, "Non inditum est, quia facere a Se est solius Dei; sed datur continue, hoc est adjungitur continue, et tunc quantum homo facit bonum et credit verum sicut a se, est angelus caeli; at quantum facit malum et inde credit falsum, quod etiam est sicut a se, tantum est spiritus inferni. Quod hoc etiam sit sicut a se, miramini, sed usque videtis hoc, dum oratis ut a diabolo custodiamini ne vos seducat, ne intret in vos sicut in Judam, impleat vos omni iniquitate, ac destruat et animam et corpus; sed omnis reus fit, qui credit quod faciat a se, sive sit bonum sive sit malum; sed non reus fit qui credit quod faciat sicut a se; nam si credit quod bonum sit a se, vindicat sibi id quod Dei est; et si credit quod malum sit a se, attribuit sibi id quod diaboli est."
[11.] De Baptismo dixerunt, quod sit lavatio spiritualis, quae est reformatio et regeneratio; et quod infans reformetur et regeneretur, dum adultus factus facit illa quae patrini pro illo spoponderunt, quae sunt duo, Paenitentia et Fides in Deum, nam primum spondent, ut abdicet Diabolum et omnia ejus opera; secundum, ut credat in Deum. Omnes infantes in caelo in illa duo initiantur, sed his Diabolus est infernum, ac Deus est Dominus. Praeterea baptismus est signum coram angelis quod homo sit ab ecclesia. His auditis dixerunt e coetu, "Haec intelligimus."
[12.] Sed tunc audita est vox a latere, clamans, "Non intelligimus;" et alia vox, "Non volumus intelligere;" et inquisitum a quibus illae voces; et compertum quod ab illis, qui apud se confirmaverunt falsa fidei, et qui voluerunt credi ut oracula, et sic adorari.
Dixerunt angeli, "Ne miremini; tales sunt hodie permulti; apparent nobis e caelo sicut sculptilia tali arte facta ut possint movere labia, ac sonare sicut organa; et non sciunt, num halitus, ex quo sonant, ex inferno sit, vel num e caelo, quia non sciunt num falsum sit, vel num verum; ratiocinantur et ratiocinantur; tum confirmant et confirmant, nec vident quicquam num ita sit. Sed sciatis quod ingenium humanum possit confirmare quicquid vult, usque ut appareat sicut ita sit; quare hoc possunt haeretici, hoc impii, immo athei quod Deus non sit sed natura sola."
[13.] Posthac coetus ille ex Anglis accensus desiderio sapiendi, dixit ad angelos, "Loquuntur tam varia de Sacra Cena; dicite nobis quid veritas."
Responderunt angeli, "Veritas est, quod homo, qui spectat ad Dominum, et paenitentiam agit, per sanctissimum illud conjungatur Domino, ac introducatur in caelum."
Sed dixerunt e coetu, "Hoc mysterium est."
Et responderunt angeli, "Est mysterium, sed usque tale, ut possit intelligi. Panis et vinum hoc non faciunt; non aliquid sanctum est ab illis; sed correspondent sibi mutuo panis materialis et panis spiritualis, ac vinum materiale et vinum spirituale, et panis spiritualis est sanctum amoris, et vinum spirituale est sanctum fidei, utrumque a Domino, et utrumque Dominus. Inde conjunctio Domini cum homine, et hominis cum Domino; non cum pane et vino, sed cum amore et fide hominis qui paenitentiam egerat; et conjunctio cum Domino est quoque introductio In caelum."
Et postquam angeli docuerunt illos aliquid de correspondentia, dixerunt e coetu, "Nunc primum etiam hoc possumus intelligere." Et cum hoc dixerunt, ecce flammeum e caelo cum luce descendens consociavit illos cum angelis, et amaverunt se mutuo.
 
   @1 sit pro “fit” (vidi Apoc. Rev., n. 224).
 
(2) 直訳
621. His adjicientur haec Memorabilia. Primum :― これらにこれらのメモラビリアが加えられる。第一のもの――
 
Vidi coetum spirituum, omnes super genubus, orantes ad Deum, ut mitteret ad se angelos, cum quibus loquantur ore ad os, et quibus aperiant cordis sui cogitata. 私は霊の集団を見た、すべての者はひざの上で、神へ祈っている者〔であった〕、自分たちに天使を遣わす(送る)ように、その者と口で口へ(面と向かって)話す、またその者に自分の心の考え(意見)明らかにする。
Et cum surrexerunt, visi sunt tres angeli in byssino stantes in conspectu illorum; また立ち上がったとき麻布の中の三人の天使が見られた、彼らの視野の中に立っている。
et dixerunt, "Audivit Dominus Jesus Christus preces vestras, et ideo nos misit ad vos; また彼らは言った、「主イエス・キリストがあなたがたの祈りを聞いた、またそれゆえ、私たちをあなたがたへ派遣した。
aperite nobis cordis vestri cogitata." 私たちにあなたがたの心の考え(意見)を明らかにせよ」。
[2.] Et responderunt "Dixerunt nobis sacerdotes, quod in rebus theologicis non valeat intellectus sed fides et quod fides intellectualis in illis non conducat, quia haec trahit et sapit ex homine et non a Deo. [2] また彼らは言った、「聖職者たちは私たちに言った、神学の事柄の中で理解力は力がないこと、しかし信仰〔が力がある〕、また知的な信仰は役立たない(適当でない)と、これは人間から持ってくる、また賢明である、また神からでない。
Nos sumus Angli, et audivimus plura ex sacro nostro ministerio, quae credidimus; 私たちはイギリス人である、また私たちは私たちの聖なる召使いから多くのものを聞いた、それらを私たちは信じた。
sed cum locuti sumus cum aliis, qui etiam se vocabant Reformatos, et cum aliis qui se vocabant Romano-Catholicos, et porro cum Sectariis, apparebant omnes docti, et tamen in rebus multis non unus consensit cum altero, et usque omnes dixerunt, `Credite nobis,' et aliqui, `Sumus ministri Dei, et scimus.' しかし、私たちが他の者と話したとき、その者もまた自分自身を改革派教会の者と呼んだ、また他の者と、その者は自分自身をローマカトリック教徒と呼んだ、さらに分派の支持者(非国教徒)と、すべての者は学問のある者に見えれた、またそれでも多くの事柄の中である者は他の者と一致していない、またそれでもすべての者は言った「私たちを信じよ、また他の者は、「私たちは神の召使いである、私は知っている」。
At quia novimus, quod Divinae veritates, quae vocantur fidei et sunt ecclesiae, non sint alicui ex solo natali, nec ex hereditario, sed e caelo a Deo, et quia illae monstrant viam ad caelum, ac intrant vitam una cum bono charitatis, et sic ducunt ad vitam aeternam, anxii facti sumus, et super genubus oravimus ad Deum." しかし、私たちは知っているので、神的な狄人瓩蓮△修譴録仰のものと呼ばれ、教会のものである、ある者に出産だけらでない、遺伝からでもない、しかし、神により天界から、またそれは編会への道を示す、そして仁愛の善と一緒の生活を入る、またこのように永遠のいのちへ導く、私たちは不安になり、またひざの上で神へ祈った」。
[3.] Tunc responderunt angeli, "Legite Verbum, et credite in Dominum, et videbitis veritates, quae fidei et vitae vestrae erunt; [3] その時、天使たちは答えた、「みことばを読め、また主を信じよ、するとあなたがたは狄人瓩鮓る、それらがあなたがたの信仰といのちのものである(=になる)
omnes in Christiano orbe ex Verbo ut ex unico fonte hauriunt sua doctrinalia." キリスト教世界の中のすべてのものは、みことばから唯一の泉からのようにその教えの事柄を汲む(吸収する)」。
At duo ex coetu dixerunt, "Legimus sed non intelleximus." しかし、集団から二人の者が言った、「私たちは読んだ、しかし、理解しなかった」。
Et responderunt angeli, "Non adivistis Dominum, qui est Verbum, et quoque prius confirmavistis vos in falsis." また天使たちは答えた、「あなたがたは主に近づいていない(adeo)それはみことばである、そしてまた、前もってあなたがたは虚偽を確信した」。
Et porro dixerunt angeli, "Quid fides absque luce, et quid cogitare absque intelligere? またさらに天使たちは言った、「光なしに信仰とは何か、また理解することなしに考えることは何か?
Hoc non est humanum. これは人間性ではない。
Corvi et picae etiam possunt discere loqui absque intellectu. カラスとカササギもまた理解力なしに話しことを学ぶことができる。
Possumus vobis asseverate, quod unusquisque homo, cujus anima desiderat, possit videre veritates Verbi in luce; 私たちはあなたがたに断言することができる、だれでも人間は、その霊魂が望む、光の中でみことばの狄人瓩鮓ることができる。
non datur animal, quod non scit suae vitae cibum, dum videt illum; 動物は存在しない、自分のいのちの食物を知らないこと、それを見る時。
et homo est animal rationale et spirituale; また人間は理性的で霊的な動物である。
hic videt suae vitae, non ita corporis, sed animae cibum, qui est verum fidei, si esurit illum, et petit illum a Domino. この者は自分のいのちのものを見る、そのように身体のものでない、しかし霊魂の職も地を、それは信仰の真理である、もしそれを飢えるなら、また主からそれを求める。
[4.] Quicquid etiam non recipitur intellectu, hoc nec inhaeret memoriae quoad rem, sed solum quoad voces; [4] さらにまた理解力で受け入れないものは何でも、これは事柄に関して記憶に残らない、しかし単に音声に関して。
quare cum despeximus e caelo in mundum, non vidimus quicquam, sed modo audivimus sonos, plerosque disharmonicos. それゆえ、私たちは天界から世の中に見おろした時、私たちは何も見ないで、しかし、単に音声を聞いた、大部分が不調和な。
Sed enumerabimus aliqua, quae docti e clero removerunt ab intellectu, non scientes quod binae viae ad intellectum sint, una e mundo et altera e caelo, et quod Dominus subducat intellectum e mundo dum illustrat illum; しかし、私たちは何らかのものをすっかり語る(列挙する)それは聖職者からの学問のあるものが理解力から遠ざけた(取り去った)、知らないで、理解力への二つの道があることを、一つは世から、もう一つは天界から、また主が世から理解力を遠ざけること、彼を照らす時。
at si intellectus clauditur ex religione, clauditur ei via e caelo, et tunc homo non plus videt in Verbo quam caecus; しかし、もし、理解力が宗教から閉ざされるなら、彼に天界からの道は閉ざされる、またその時、人間は盲人よりもさらにみことばの中に見ない。
vidimus plures tales cecidisse in foveas, e quibus non surrexerunt. 私たちは多くの者を見ている、穴の中に落ち込んでしまっている(cado不定詞完了)このような者を、それらから起き上がらなかった。
[5.] Sint exempla illustrationi:― [5] 説明の例がある――
Annon intelligere potestis quid charitas et quid fides, quod charitas sit bene cum proximo agere, et quod fides sit recte de eo, et de essentialibus ecclesiae cogitare? あなたがたは理解することができないのか? 何が仁愛か、また何が信仰か、仁愛は隣人に善く行なうことであること、また信仰はそれについて、また教会の本質的なものについて正しく考えることであること。
et inde quod qui bene agit et recte cogitat, hoc est, qui bene vivit et recte credit, salvetur." またここから、善く行ない、また正しく考える者は、すなわち、善く生き、また正しく信ずる者は救われること」。
Ad haec dixerunt quod intelligant. これらに彼らは言った、理解していること。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第10章, 00:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』620
(1) 原文
620. Quod regeneratio absque veris, per quae formatur fides, non dabilis sit, illustrari potest per has comparationes. Non plus dabilis est quam mens humana absque intellectu; intellectus enim formatur per vera, et ideo docet quid credendum, et quid faciendum est, et quid regeneratio, et quomodo fiat. Regeneratio absque veris nec plus dabilis est, quam vivificatio animalium et vegetatio arborum absque luce e sole; nam nisi sol simul daret lucem sicut dat calorem, fieret sol, sicut describitur in Apocalypsi tanquam saccus pilosus (vi. 12); ac atratus Joel [1]ii. 10; iii. 4 [B.A. ii. 31]); et sic merae tenebrae forent super terra (Joel iv. [B.A. iii.] 15); similiter foret cum homine absque veris, quae lucem a se emittunt; Sol enim a quo luces veritatum profluunt, est Dominus in mundo spirituali; nisi inde spiritualis lux in mentes humanas [2]influeret, foret ecclesia in meris tenebris, aut in umbra ex perpetua eclipsi. Regeneratio, quae fit per fidem et charitatem, absque veris quae docent et ducunt, foret sicut navigatio in magno oceano absque gubernaculo, aut absque cysti nautica et mappis: ac foret sicut equitatio in opaca silva tempore noctis. Visus internus mentis apud illos, qui non in veris sunt, sed in falsis, et haec credunt esse vera, comparari potest cum visu illorum apud quos nervi optici obstructi sunt, et oculus usque apparet integer et videns, tametsi nihil videt; quae caecitas a medicis vocatur amaurosis et gutta serena; est enim rationale seu intellectuale apud illos superius obstructum, et modo inferius apertum, ex quo lux rationalis fit sicut lux ocularis, et inde omnia judicia modo imaginaria, et ex meris fallaciis connexa: et tunc homines starent sicut in foris astrologi cum longis tubis opticis, et vana vaticinia edunt. Tales fierent omnes studiosi theologiae, nisi genuina vera ex Verbo a Domino aperirentur.
 
   @1 ii. 10; iii. 4 [B.A. ii. 31] pro “iii. 11” @2 influeret pro “influerent”
 
(2) 直訳
620. Quod regeneratio absque veris, per quae formatur fides, non dabilis sit, illustrari potest per has comparationes. 真理なしに再生は、それによって信仰が形成される、ありえないこと。これらのたとえのによって説明されることができる。
Non plus dabilis est quam mens humana absque intellectu; さらにありえないこと、理解力なしに人間の心〔がある〕よりも。
intellectus enim formatur per vera, et ideo docet quid credendum, et quid faciendum est, et quid regeneratio, et quomodo fiat. というのは、理解力は真理によって形成されるから、またそれゆえ、何を信じなければならないか教える、また、何を行なわなければならないか、また何が再生か、またどのように生じるか。
Regeneratio absque veris nec plus dabilis est, quam vivificatio animalium et vegetatio arborum absque luce e sole; 真理なしの再生もさらにありえない、太陽からの光なしに動物の活性化と木の植物の(植物の)生長よりも。
nam nisi sol simul daret lucem sicut dat calorem, fieret sol, sicut describitur in Apocalypsi tanquam saccus pilosus (vi. 12); なぜなら、太陽が一緒に光を与えないなら、熱を与えるように、太陽はなったであろうからである、「黙示録」の中に描かれているように、あたかも毛深い☆麻布(麻袋)のように(6:12)
ギリシア原文は「毛でできた」です。すなわち、「毛布でできた袋」ですが、どんなものか想像つきません。新改訳聖書のように「毛の荒布」と訳しておけばよいでしょう。
ac atratus Joel [1]ii. 10; iii. 4 [B.A. ii. 31]); そして暗くなった(黒くなった)(〕ヨエル2:10, 2:31)
et sic merae tenebrae forent super terra (Joel iv. [B.A. iii.] 15); またこのように地の上に暗やみそのものになったであろう(ヨエル3:15)
similiter foret cum homine absque veris, quae lucem a se emittunt; 同様に、真理なしに人間に、なった、それは光をそれ自体から発する。
Sol enim a quo luces veritatum profluunt, est Dominus in mundo spirituali; というのは、太陽は、それから狄人瓩慮が発する、霊界の中の太陽であるから。
nisi inde spiritualis lux in mentes humanas [2]influeret, foret ecclesia in meris tenebris, aut in umbra ex perpetua eclipsi. ここから霊的な光が人間の心の中に流入しなかったなら、教会は暗やみそのものの中にあったであろう、または絶え間のない(日)食から陰の中に。
Regeneratio, quae fit per fidem et charitatem, absque veris quae docent et ducunt, foret sicut navigatio in magno oceano absque gubernaculo, aut absque cysti nautica et mappis: 再生は、それは信仰と仁愛によって生ずる、真理なしに、それは教え、導く、舵(舵輪)なしに大海の中の航海のようになるであろう、または羅針盤と地図(海図)しに。
ac foret sicut equitatio in opaca silva tempore noctis. そして、夜の時、暗い森の中の騎乗のようになるであろう。
Visus internus mentis apud illos, qui non in veris sunt, sed in falsis, et haec credunt esse vera, comparari potest cum visu illorum apud quos nervi optici obstructi sunt, et oculus usque apparet integer et videns, tametsi nihil videt; 彼らのもとの心の内的な視覚は、その者は真理の中にいない、しかし、虚偽の中に、またこれらを真理であることを信じる、彼らの視覚にたとえられることができる、彼らのもとに眼の神経は遮断されている、またそれでも目は完全であり(そこなわれていない)また見ている〔ように〕見える、それでも何も見ない。
quae caecitas a medicis vocatur amaurosis et gutta serena; その盲目は医者により黒内障〔視神経の疾患からの視覚の喪失〕や黒そこひ(黒内障)と呼ばれている。
est enim rationale seu intellectuale apud illos superius obstructum, et modo inferius apertum, ex quo lux rationalis fit sicut lux ocularis, et inde omnia judicia modo imaginaria, et ex meris fallaciis connexa: というのは、彼らのもとの理性的なものと知性的なものは上でふさがれている、また単に下で開かれている、そこから理性的な光は眼の光のようになる、またここからすべての判断()は単なる想像(上のもの)に、また欺きそのものが接合されたものから。
et tunc homines starent sicut in foris astrologi cum longis tubis opticis, et vana vaticinia edunt. またその時、人間は長い望遠鏡ともに外側の中に占星術師のように立つ、またむなしい(むだな)権威ある所説(独裁的な言明)を〔声に〕出す。
Tales fierent omnes studiosi theologiae, nisi genuina vera ex Verbo a Domino aperirentur. このような者になったであろう、神学のすべて専心する者は、主により明らかにされたみことばからの本物の真理がないなら。
 
@1 ii. 10; iii. 4 [B.A. ii. 31] pro “iii. 11” 注1 iii. 11」の代わりにii:10ii:31
@2 influeret pro “influerent” 注2 influerent」の代わりにinflueret
 
(3) 訳文
620. 真理によって信仰が形成されるその真理なしに再生はありえないことは、これらのたとえによって説明されることができる。
 理解力なしに人間の心があることよりもさらにありえない。というのは、理解力は真理によって形成され、またそれゆえ、何を信じなければならないか、また、何を行なわなければならないか、また何が再生か、またどのように生じるか教えるからである。
 真理なしの再生も、太陽からの光なしに動物の活性化と木の植物の生長よりもさらにありえない。なぜなら、太陽が、熱を与えるように一緒に光を与えないなら、太陽は「黙示録」の中に描かれているように、あたかも毛の荒布のように (6:12)、そして(黒くなったなったであろう(ヨエル2:10, 2:31)、またこのように地の上に暗やみそのものになったであろうからである(ヨエル3:15)。真理自体から光を発するその真理なしに人間に同様になったであろう。
 というのは、太陽は、それから狄人瓩慮が発する、霊界の中の太陽であるから。ここから霊的な光が人間の心の中に流入しなかったなら、教会は暗やみそのものの中に、または絶え間のない(日)食から陰の中にあったであろう。
信仰と仁愛によって生ずる再生は、教え、導く真理がないなら、舵なしに、または羅針盤と地図(海図)しに、大海の中を航海するようなものになるであろう。そして、夜の時、暗い森の中で騎乗するようなものになるであろう。
真理の中にいない、しかし、虚偽の中に、またこれらを真理であることを信じる者のもとの心の内的な視覚は、彼らのもとに眼の神経が遮断され、それでも目は完全であり、また見ている〔ように〕見える、それでも何も見ない者の視覚にたとえられることができる。その盲目は医者により黒内障または黒そこひと呼ばれている。というのは、彼らのもとの理性的なものと知性的なものは上でふさがれ、また単に下で開かれ、そこから理性的な光は眼の光のようになり、またここからすべての判断は単なる想像に、また欺きそのものが接合されたものになるから。またその時、人間は長い望遠鏡ともに占星術師のように外に立ち、むなしい予言を声に出す。
 神学に専心するすべての者は、主により明らかにされたみことばからの本物の真理がないなら、このような者になったであろう。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第10章, 23:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』619
(1) 原文
619. Ex his constare potest, quod absque veris non sit cognitio Domini; tum quod absque veris non sit fides, et sic non charitas; consequenter quod absque veris non sit aliqua theologia; et ubi haec non est, nec est ecclesia. Talis est coetus populorum hodie, qui se vocant Christianos, et se dicunt in luce Evangelii esse, cum tamen in ipsa caligine sunt; vera enim sub falsis ita abscondita latent, tanquam aurum, argentum, et lapides pretiosi sepulta inter ossa in valle Hinnomi. Quod ita sit, patuit mihi clare a sphaeris in mundo spirituali, quae ex hodierno Christianismo effluunt et se propagant. [2.] Una sphaera est de Domino: haec e plaga meridionali, ubi sunt docti e clero, et eruditi e laicis, exspirat et se effundit; haec ubicunque vadit, subintrat ideas, et fidem de Divinitate Humani Domini apud plures aufert, apud plures infirmat, et apud plures infatuat; causa est, quia simul [1]infert fidem trium Deorum, et sic confunditur. [3.] Altera sphaera, quae affert fidem, est sicut atra nubes tempore hiemis, quae inducit tenebras, vertit pluvias in nives, denudat arbores, et congelat aquas, et omne pascuum ovibus aufert; haec sphaera conjuncta priori insinuat sicut lethargiam de Deo uno, deque regeneratione, et de salutiferis. [4.] Tertia sphaera est conjunctionis fidei et charitatis; quae tam valida est, ut ei non resisti possit; sed hodie nefanda est, et sicut pestis quemcunque aspirat, inficit, et divellit omne vinculum inter bina [2]illa salutis media a creatione mundi constabilita, et a Domino integrata. Haec sphaera invadit etiam homines in mundo naturali, et exstinguit taedas conjugiales inter vera et bona. Hanc sphaeram sensi, et tunc cum cogitavi de conjunctione fidei et charitatis, se interposuit inter illa, ac violenter conata est separare. [5.] De his sphaeris conqueruntur angeli, et orant ad Dominum ut dissipentur; sed responsum tulerunt, quod dissipari nequeant, quam diu draco est super terra, quoniam a draconicis est illa; nam dicitur de dracone, quod projectus sit in terram, et tunc ita,
 
"Propter hoc gaudete caeli, ....et vae habitantibus terram" (Apoc. xii. [12]).
 
[6.] Tres illae sphaerae sunt sicut atmosphaerae tempestate actae ex spiraculis draconum oriundae, quae, quia spirituales sunt, invadunt mentes et adigunt. Sphaerae veritatum spiritualium ibi adhuc paucae sunt; duntaxat in novo caelo, et apud illos sub caelo qui separati a draconicis sunt: quae causa est quod veritates illae hodie in mundo apud homines tam inconspicuae sint, quemadmodum naves in mari orientali sunt navarchis et naucleris, qui in mari occidentali navigant.
 
   @1 infert pro “in infert” @2 illa pro “ille”
 
(2) 直訳
619. Ex his constare potest, quod absque veris non sit cognitio Domini; これらから明らかにすることができる、真理なしに主〔と〕の結合がないこと。
tum quod absque veris non sit fides, et sic non charitas; なおまた、真理なしに信仰がないこと、また、このように仁愛がない。
consequenter quod absque veris non sit aliqua theologia; したがって、真理なしに何らかの神学がないこと。
et ubi haec non est, nec est ecclesia. また、そこに、これがない、教会もない。
Talis est coetus populorum hodie, qui se vocant Christianos, et se dicunt in luce Evangelii esse, cum tamen in ipsa caligine sunt; 今日の人々の集団はこのようなものである、その者は、自分自身をキリスト教徒と呼ぶ、また自分自身を福音の光の中にあることを言う、そのときそれでも暗黒そのものの中にいる。
vera enim sub falsis ita abscondita latent, tanquam aurum, argentum, et lapides pretiosi sepulta inter ossa in valle Hinnomi. というのは、真理は虚偽の下に、そのように隠されているから、あたかも金、銀、また宝石のように、ヒノムの谷☆の骨の間に埋められた。
「列王記23:10、「エレミヤ記」19:6など参照。ヘブル語で「ゲー・ヒッノーム」であり、これがギリシア語で「ゲヘンナ」となった。新改訳聖書では「ゲヘナ」(「マタイ」5:22)
Quod ita sit, patuit mihi clare a sphaeris in mundo spirituali, quae ex hodierno Christianismo effluunt et se propagant. そのようであることは、私に霊界の中のスフェアからはっきりと明らかとなった、それは今日のキリスト教国から流れ出た、またそれ自体を広めた。
[2.] Una sphaera est de Domino: [2] 一つのスフェアは主についてである――
haec e plaga meridionali, ubi sunt docti e clero, et eruditi e laicis, exspirat et se effundit; これは南の方位から、そこに聖職者からの博学な者、また平信徒からの教養ある者がいる、発散する、またそれ自体を流れ出す。
haec ubicunque vadit, subintrat ideas, et fidem de Divinitate Humani Domini apud plures aufert, apud plures infirmat, et apud plures infatuat; これはどこでも進む(行く)、観念に忍び込む、また多くの者のもとの主に人間性の神性についての信仰を取り去る、多くの者のもとで弱くする、また多くの者のもとで愚鈍にする。
causa est, quia simul [1]infert fidem trium Deorum, et sic confunditur. 理由がある、同時に三つの神の信仰を導き入れるからである、またこのように混乱させられる。
[3.] Altera sphaera, quae affert fidem, est sicut atra nubes tempore hiemis, quae inducit tenebras, vertit pluvias in nives, denudat arbores, et congelat aquas, et omne pascuum ovibus aufert; [3] もう一つの(第二の)スフェアは、それは信仰を運ぶ☆、冬の時の黒い雲のようである、それは暗やみを引き起こす、雨を雪に変える、木を裸にする、また水を氷結させる、またすべての牧草地を羊で取り去る。
ここにafferoの言葉が使われていますが、auferoのつもりで書いているようです(すなわち、fuの一字違い)それで意味は「取り去る」となります。
haec sphaera conjuncta priori insinuat sicut lethargiam de Deo uno, deque regeneratione, et de salutiferis. 前のものと結合したこのスフェアは唯一の神について嗜眠(しみん)(無気力)のように徐々に持ち込む、そして再生について、また救いをもたらすものについて。
[4.] Tertia sphaera est conjunctionis fidei et charitatis; [4] 第三のスフェアは信仰と仁愛の結合のものである。
quae tam valida est, ut ei non resisti possit; それはこれほどに力強い、抵抗することができないように。
sed hodie nefanda est, et sicut pestis quemcunque aspirat, inficit, et divellit omne vinculum inter bina [2]illa salutis media a creatione mundi constabilita, et a Domino integrata. しかし、今日では恐るべきものである、疫病のようにだれにも影響をはたらせる(吹きかける) 、襲う(感染させる)、またすべての結び付けるもの(きずな)を引き離す、世の創造から確立されたそれらの二つの救いの手段の間を、また主により完全にされた。
Haec sphaera invadit etiam homines in mundo naturali, et exstinguit taedas conjugiales inter vera et bona. このスフェアは自然界の中の人間もまた襲う、また真理と善の間の結婚のたいまつ☆を消す。
古代では結婚式の行列には「たいまつ」が伴いました。
Hanc sphaeram sensi, et tunc cum cogitavi de conjunctione fidei et charitatis, se interposuit inter illa, ac violenter conata est separare. このスフェアを私は感じた、またその時、私は信仰と仁愛の結合について考えたいた、それらの間に(それ自体を)間に置いた、そして激しく分離すること〔に〕努力がある。
[5.] De his sphaeris conqueruntur angeli, et orant ad Dominum ut dissipentur; [5] これらのスフェアについて天使たちは不平を言う、また主に追い散らされるために祈る。
sed responsum tulerunt, quod dissipari nequeant, quam diu draco est super terra, quoniam a draconicis est illa; しかし、返事をもたらした、追い散らされることができないこと、地の上に竜がいる(間)かぎり、竜からそれらが〔ある〕ので。
nam dicitur de dracone, quod projectus sit in terram, et tunc ita, なぜなら、竜について言われているからである、地の中に投げられたこと、またその時、このように、
"Propter hoc gaudete caeli, ....et vae habitantibus terram" (Apoc. xii. [12]). 「このために〔諸〕天界よ、喜べ(楽しめ)……また地に住む者にわざわいあれ」(黙示録12:12)
[6.] Tres illae sphaerae sunt sicut atmosphaerae tempestate actae ex spiraculis draconum oriundae, quae, quia spirituales sunt, invadunt mentes et adigunt. [6] それらの三つのスフェアは竜の息から起こる活動の嵐の大気のようである、それは霊的であるので、心を襲う、また追い立てる(強いる)
Sphaerae veritatum spiritualium ibi adhuc paucae sunt; 霊的な狄人瓩離好侫Д△呂修海砲泙世曚箸鵑匹覆ぁ
duntaxat in novo caelo, et apud illos sub caelo qui separati a draconicis sunt: わずかに新しい天界の中に〔ある〕、また天界の下の彼らのもとに、その者は竜から分離されている――
quae causa est quod veritates illae hodie in mundo apud homines tam inconspicuae sint, quemadmodum naves in mari orientali sunt navarchis et naucleris, qui in mari occidentali navigant. その理由である、その狄人瓩郎F世の中の人間のもとにこれほどに目立たない(目に見えない)(東洋)海の中の船のようである、船長や航海長に、その者は西(西洋)の海の中で航海する。
 
@1 infert pro “in infert” 注1 in infert」の代わりにinfert
@2 illa pro “ille” 注2 ille」の代わりにilla
 
(3) 訳文
619. これらから、真理なしに主〔と〕の結合がないこと、なおまた、真理なしに信仰がない、また、このように仁愛がないこと、したがって、真理なしに何らかの神学がない、また、そこにこれがなく、教会もないことを明らかにすることができる。
 今日の人々の集団は、自分自身をキリスト教徒と呼ぶ、また自分自身を福音の光の中にあることを言う、そのときそれでも暗黒そのものの中にいるような者である。というのは、真理は虚偽の下に、そのように、あたかもヒノムの谷☆の骨の間に埋められた金、銀、また宝石のように、隠されているから。
 そのようであることは、私に、それは今日のキリスト教国から流れ出、またひろまった霊界の中のスフェアからはっきりと明らかとなった。
[2] 一つのスフェアは主についてである――これはそこに聖職者からの博学な者や平信徒からの教養ある者がいる南の方位から発散し、流れ出る。これはどこにでも行き、観念に忍び込み、また多くの者のもとの主に人間性の神性についての信仰を取り去り、多くの者のもとで弱くし、愚鈍にする。その理由は、同時に三つの神の信仰を導き入れ、このように混乱させられるからである。
 [3] 第二のスフェアは、それは信仰を取り去る、冬の時の黒い雲のようである、それは暗やみを引き起こし、雨を雪に変え、木を裸にし、水を凍らせ、すべての牧草地を羊から取り去る。前のものと結合したこのスフェアは唯一の神について、そして再生について、また救いをもたらすものについて、嗜眠(しみん)のように徐々に持ち込む。
 [4] 第三のスフェアは信仰と仁愛が結合したものである。それは、抵抗することができないように、これほどに力強い。しかし、今日では恐るべきものであり、疫病のようにだれにも影響を吹きかけ、感染させ、世の創造から確立され、主により完全にされたそれらの二つの救いの手段の間のすべてのきずなを引き離す。
 このスフェアは自然界の中の人間もまた襲う、また真理と善の間の結婚の〔その結婚式の行列の〕たいまつを消す。
 私が信仰と仁愛の結合について考えたいた時、それらの間に割り込み、そして激しく分離することを努力するスフェアを私は感じた。
 [5] これらのスフェアについて天使たちは不平を言い、追い散らされるよう主に祈る。しかし、地上に竜がいるかぎり、竜からそれらがあるので、追い散らされることができない、との返事がもたらされた。なぜなら、竜について、地の中に投げられたこと、またその時、このように言われているからである、
 
 「このために天よ、喜べ……地に住む者にわざわいあれ」(黙示録12:12)
 
 [6] それらの三つのスフェアは竜の息から起こる嵐の大気の活動のようである、それは霊的であるので、心を襲い、追い立て
 霊的な狄人瓩離好侫Д△呂修海砲泙世曚箸鵑匹覆ぁわずかに新しい天界の中に、また天界の下で竜から分離されている者のもとにある――その理由は、その狄人瓩郎F、世の中の人間のもとに、西洋の海の中で航海する船長や航海長に、東洋の海の中の船が見えないように、これほどに目に見えない〔から〕である。
 
「列王記23:10、「エレミヤ記」19:6など参照。ヘブル語で「ゲー・ヒッノーム」であり、これがギリシア語で「ゲヘンナ」となった。新改訳聖書では「ゲヘナ」(「マタイ」5:22)
author:yasubee, category:原典講読『真教』第10章, 07:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark