RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 166直訳の最初の箇所の訂正

◎読者からコメントがありました。166番の最初の文について「みことばの中の「衣服」によって、真理が意味される、それらは善を着る、また正反対の意味の中で虚偽が〔意味される〕それらは悪を着る」について、「善を」また「悪を」は主格です、との指摘です。そのとおりです。

なので、ここは「それは善を着る」⇒「それらを善が着る」、「それらは悪を着る」⇒「それらを悪が着る」と訂正いたします。ご指摘、ありがとうございました。

author:yasubee, category:原典講読『真教』第13章, 20:50
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』751,752
(1) 原文
751. Postquam congregati sunt, ascendit sacerdos pulpitum, et concionabatur sermonem plenum spiritu sapientiae. Concio erat de sanctitate Scripturae Sacrae, et de conjunctione Domini cum utroque mundo, spirituali et naturali, per illam. In illustratione, in qua erat, plene convicit, quod sanctus ille Liber dictatus sit a Jehovah Domino, et quod inde Ipse sit in illo, adeo ut Ipse sit Sapientia ibi; sed quod Sapientia, quae est Ipse inibi, sub sensu litterae jaceat recondita, et non aperiatur nisi illis qui in veris doctrinae, et simul in bonis vitae sunt, et sic in Domino et Dominus in illis. Concioni subjunxit votivam orationem, et descendit.
Exeuntibus auditoribus angelus rogavit sacerdotem, ut aliqua verba pacis cum decem suis comitibus loqueretur; et accessit ad illos, et colloquebantur per semissem horae, et loquebatur de Divina Trinitate, quod illa in Jesu Christo sit, in Quo plenitudo omnis Divinitatis corporaliter habitat, secundum edictum Apostoli Pauli; et postea de unione charitatis et fidei, sed dixit, de unione charitatis et veritatis, quia fides est veritas.
 
(2) 直訳
751. Postquam congregati sunt, ascendit sacerdos pulpitum, et concionabatur sermonem plenum spiritu sapientiae. 集められた後に、聖職者が説教壇にのぼった、また知恵の霊に満ちた説教(話し)を説教した。
Concio erat de sanctitate Scripturae Sacrae, et de conjunctione Domini cum utroque mundo, spirituali et naturali, per illam. 聖なる書物の神聖さについての演説(説教)であった、また二つの世界との主の結合について、霊的と自然的の、それ☆によって。
「それ」とはおそらく「神聖さ」でしょう。
In illustratione, in qua erat, plene convicit, quod sanctus ille Liber dictatus sit a Jehovah Domino, et quod inde Ipse sit in illo, adeo ut Ipse sit Sapientia ibi; 実例の中で、その中にあった、完全に確信させた、その聖なる本が主エホバにより言われた(述べられた)こと、またここからその方がその中にいる、これほどまでもその方はそこに知恵である。
sed quod Sapientia, quae est Ipse inibi, sub sensu litterae jaceat recondita, et non aperiatur nisi illis qui in veris doctrinae, et simul in bonis vitae sunt, et sic in Domino et Dominus in illis. しかし、知恵は、それはそこにその方である、文字どおりの意味の下に横たわる、隠された、また示されない(明らかにされない)、彼らでないなら、その者は教えの真理の中に、また同時に生活の善の中にいる、またこのように主の中に、また主は彼らの中に。
Concioni subjunxit votivam orationem, et descendit. 演説(説教)に祈りを捧げることを付け加えた、また降りた。
Exeuntibus auditoribus angelus rogavit sacerdotem, ut aliqua verba pacis cum decem suis comitibus loqueretur; 傾聴者たちで去って。天使は聖職者に求めた(頼んだ)、何らかの平和(挨拶)☆のことばを自分に同行した十人に話すこと。
「平和のことば」は「挨拶」(のことば)と訳してよいでしょう。
et accessit ad illos, et colloquebantur per semissem horae, et loquebatur de Divina Trinitate, quod illa in Jesu Christo sit, in Quo plenitudo omnis Divinitatis corporaliter habitat, secundum edictum Apostoli Pauli; また、彼らに近づいた、また半時間のあいだ話した(会話した)、また神的な三一性について話した、それがイエス・キリストの中にあること、その方の中にすべての神性が形をとって住んでいる〔コロサイ2:9〕、使徒パウロの布告(声明)したがって。
et postea de unione charitatis et fidei, sed dixit, de unione charitatis et veritatis, quia fides est veritas. またその後、仁愛と信仰の結合について、しかし、言った、仁愛と狄人瓩侶觜腓砲弔い董⊃仰は狄人瓩任△襪らである。
 
(3) 訳文
751. 集められた後に、聖職者が説教壇にのぼり、知恵の霊に満ちた説教をした。
 聖なる書物の神聖さについて、またそれ〔神聖さ〕によって霊的と自然的の二つの世界との主の結合についての説教であった。
その中にあった実例の中で、その聖なる本が主エホバにより言われた、またここからその方がその中にいる、これほどまでもその方はそこの知恵であることを完全に確信させた。しかし、知恵は、それはそこのその方である、文字どおりの意味の下に横たわり、隠されており、教えの真理の中に、また同時に生活の善の中に、またこのように主の中に、また主は彼らの中にいる者でないなら。明らかにされない。
 説教に祈りを捧げることを付け加え、降りた。
 傾聴者たちが去り、天使は聖職者に、何らかの挨拶のことばを自分に同行した十人に話すことを求めた。また、彼らに近づき、半時間のあいだ会話し、神的な三一性について、それがイエス・キリストの中にあること、使徒パウロの布告(声明)したがって、その方の中にすべての神性が形をとって住んでいること〔コロサイ2:9〕、またその後、仁愛と信仰の結合について話した、しかし、仁愛と狄人瓩侶觜腓砲弔い童世辰拭⊃仰は狄人瓩任△襪らである。
 
(1) 原文
752. Post gratiarum dictionem, abiverunt domum; et ibi dixit illis angelus. "Est hodie tertius dies ab ascensu vestro in hujus caeli societatem, et in tres dies praeparati estis a Domino ad manendum hic; quare tempus est ut separemur: exuite itaque vestes missas a principe, ac induite vestras." Et cum in his erant, inspirabantur desiderio secedendi, et secesserunt, et descenderunt, angelo comitante illos usque ad locum conventus; et ibi Domino gratias egerunt, quod dignatus sit illos beare scientia et inde intelligentia de Gaudiis caelestibus et de Felicitate aeterna.
 
(2) 直訳
752. Post gratiarum dictionem, abiverunt domum; 感謝の発言の後、家を立ち去った。
et ibi dixit illis angelus. またそこに、彼らに天使は言った。
"Est hodie tertius dies ab ascensu vestro in hujus caeli societatem, et in tres dies praeparati estis a Domino ad manendum hic; 「今日は第三日である、あなたがたのぼった〔時〕から、この天界の社会の中へ、三日の中であなたがたは主により準備された、ここへ残る(続く)ための。
quare tempus est ut separemur: それゆえ、時である、私たちは離されるための――
exuite itaque vestes missas a principe, ac induite vestras." そこで、君主から贈られた衣服を脱げ、そしてあなたがたの衣服を着よ」。
Et cum in his erant, inspirabantur desiderio secedendi, et secesserunt, et descenderunt, angelo comitante illos usque ad locum conventus; またこれらの中にいたとき、去る願望が吹き込まれた、また去った、天使でゆだねて(委託して)、彼らを集会の場所へ。
et ibi Domino gratias egerunt, quod dignatus sit illos beare scientia et inde intelligentia de Gaudiis caelestibus et de Felicitate aeterna. またそこで、主に感謝した(感謝で行なった)、彼らを快く〜する、知識を(祝福をもって)与えること(beo)、またここから天界の楽しさについてと永遠の幸福についての理解力(知性)を。
 
(3) 訳文
752. 感謝の発言の後、家を立ち去った。またそこで、天使は彼らに言った。
 「今日は、あなたがたがこの天界の社会の中へのぼった〔時〕から第三日である、〔この〕三日の中で、あなたがたは、主により、ここ〔天界〕へ続くために準備された。それゆえ、私たちは離される時である――そこで、君主から贈られた衣服を脱ぎ、そしてあなたがたの衣服を着よ」。
 またこれらの中にいたとき、去る願望が吹き込まれ、天使に自分たち集会の場所へでゆだねて、去った。またそこで、自分たちに快く知識をまたここから天界の楽しさについてと永遠の幸福についての理解力を(祝福をもって)与えてくれたことを、主に感謝した。
 
◎『真のキリスト教』で最長の「メモリビリア」もこれで終わりです。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第13章, 22:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』749,750
(1) 原文
749. Post haec angelus ductor accessit ad sex virgines, et quoque narravit illis de comitibus suis, et petiit, ut dignarentur illos suo consortio; et accesserunt, sed cum prope erant, subito recesserunt, et ingressae sunt gynaeceum, ubi etiam virgines amicae illarum erant.
Hoc viso, angelus ductor secutus est illas, et quaesivit, cur absque loquendo cum illis tam subito recesserint; et responderunt, "Non potuimus appropinquare." Et dixit, "Cur hoc?" Et responderunt, "Non scimus, sed percepimus aliquid quod repulit et retroduxit nos, ignoscant."
Et angelus rediit ad suos comites, et dixit responsum et addidit, "Auguror quod vobis non sit amor sexus castus; in caelo amamus virgines ex illarum pulchritudine et elegantia morum, et impense amamus illas, sed caste." Ad hoc riserunt ejus comites, et dixerunt, "Recte auguraris; quis potis est videre tales pulchritudines prope, et non aliquid cupere?"
 
(2) 直訳
749. Post haec angelus ductor accessit ad sex virgines, et quoque narravit illis de comitibus suis, et petiit, ut dignarentur illos suo consortio; この後、案内者の天使は六人の乙女(処女)へ近づいた、そしてまた彼女たちに語った、自分の仲間について、また求めた(懇願した)、彼らを自分の仲間(である)(価値がある)と思う(判断する)ように。
et accesserunt, sed cum prope erant, subito recesserunt, et ingressae sunt gynaeceum, ubi etiam virgines amicae illarum erant. また彼女たちは☆近づいた、しかし、近くにいたとき、急に、引き下がった、また(女性用の)部屋へ入った、そこにもまた彼女らの女友だちの乙女(処女)いた。
ここでは男か女かわかりませんが、後の文脈で「女」とわかります。
Hoc viso, angelus ductor secutus est illas, et quaesivit, cur absque loquendo cum illis tam subito recesserint; これを見て、案内者の天使は彼女たちを(後を)いた、また質問した、なぜ、彼らと話すことなしにこのように急に引き下がったのか。
et responderunt, "Non potuimus appropinquare." また答えた、「私たちは近づくことができない」。
Et dixit, "Cur hoc?" また、言った、「なぜ、このことは?」
Et responderunt, "Non scimus, sed percepimus aliquid quod repulit et retroduxit nos, ignoscant." また答えた、「私たちは知らない、しかし、何らかのものを私たちは知覚する、それが私たちをはねつける(寄せ付けない)(repello)また引き戻した、お許しください(直訳:彼らは許されなくてはならない)」。
Et angelus rediit ad suos comites, et dixit responsum et addidit, "Auguror quod vobis non sit amor sexus castus; また、天使は自分の仲間へ戻った、また返事(反応)を言った、また言い足した、「わたしは推測する、あなたがたに純潔な性愛がないこと。
in caelo amamus virgines ex illarum pulchritudine et elegantia morum, et impense amamus illas, sed caste." 天界の中で、私たちは乙女(処女)を愛する、彼女らの美しさと振る舞い(物腰)の優雅さから、また熱烈に(まじめに)彼女らを愛する、しかし、純潔に」。
Ad hoc riserunt ejus comites, et dixerunt, "Recte auguraris; これに彼の仲間たちはほほ笑んだ、また言った、「あなたは正しく推測する。
quis potis est videre tales pulchritudines prope, et non aliquid cupere?" だれが見ることができる☆、このような美しいものを近くに、また何らかのものを欲しないこと?」
potisは形容詞「〜できる」です。
 
(3) 訳文
749. この後、案内者の天使は六人の乙女(処女)へ近づいた、そしてまた彼女たちに、自分の仲間について語り、また、彼らを自分の仲間である価値があると思うように。求めた。また彼女たちは近づいた、しかし、近くに来たとき、急に、引き下がり、彼女らの女友だちの乙女(処女)いた(女性用の)部屋へ入った。
 これを見て、案内者の天使は彼女たちの後に続き、なぜ、彼らと話すことなしにこのように急に引き下がったのか質問した。答えた、「私たちは近づくことができない」。
 また、言った、「このことは、なぜ?」
 答えた、「私たちは知らない、しかし、何らかのものを私たちは知覚する、それが私たちをはねつけ、引き戻した、お許しください」。
 また、天使は自分の仲間へ戻り、反応を言い、言い足した、「わたしは推測する、あなたがたに純潔な性愛がないこと。天界の中で、私たちは乙女(処女)を、彼女らの美しさと振る舞い(物腰)の優雅さから愛する、またまじめに、しかし、純潔に彼女らを愛する」。
 これに彼の仲間たちは、ほほ笑み、言った、「あなたは正しく推測している。このような美しい人を近くに見て、何らかのものを欲しないことをだれができるのか?」
 
(1) 原文
750. Post hoc festivum [1]sodalicium omnes invitati ad nuptias abiverunt, et quoque decem illi viri cum suo angelo, erat sera vespera, et cubitum ibant.
In diluculo audiverunt proclamationem, Hodie Sabbathum; et surrexerunt, et interrogaverunt angelum, "Quid illud?" Respondit, quod sit ad cultum Dei, qui statis temporibus redit, et a sacerdotibus proclamatur; "peragitur ille in templis nostris, et perstat circiter binas horas; quare, si lubet, ite mecum, et introducam."
Et accinxerunt se, et comitati sunt angelum, et intraverunt: et ecce templum erat amplum, capax circiter trium millium, semirotundum, scamna seu sedilia continua secundum figuram templi in rotundum circumducta. Pulpitum ante illa paulo retractum a centro; janua post pulpitum a sinistro.
Intraverunt decem viri advenae cum angelo ductore suo, et angelus addixit illis loca ubi sederent, dicens illis, "Quisque qui intrat in templum, scit suum locum; hoc scit ex insito, nec potest sedere alibi; si alibi, nihil audit et nihil percipit, et quoque turbat ordinem; a quo turbato sacerdos non inspiratur.
 
   @1 sodalicium pro “sodalitum”
 
(2) 直訳
750. Post hoc festivum [1]sodalicium omnes invitati ad nuptias abiverunt, et quoque decem illi viri cum suo angelo, erat sera vespera, et cubitum ibant. この懇親(社交)の祝祭の後、結婚式に招ねかれたすべての者は立ち去った、そしてまた彼らは十人の男は自分の天使とともに、おそい(serus)晩であった〔ので〕、横になるを行った(行動した)
In diluculo audiverunt proclamationem, Hodie Sabbathum; 夜明けの中で、彼らは「今日は安息日」の布告を聞いた。
et surrexerunt, et interrogaverunt angelum, "Quid illud?" また起き上った、また天使に質問した、「それは何か?」
Respondit, quod sit ad cultum Dei, qui statis temporibus redit, et a sacerdotibus proclamatur; 答えた、神の礼拝に向けてであること、それは一定の時に繰り返される、また聖職者により布告される。
"peragitur ille in templis nostris, et perstat circiter binas horas; 「それは私たちの神殿(教会)の中で行なわれる、またおよそ二時間続く。
quare, si lubet, ite mecum, et introducam." それゆえ、どうぞ(よろしかったら)、私とともに(あなたがたは)行け、また私は案内する」。
Et accinxerunt se, et comitati sunt angelum, et intraverunt: また自分自身を身支度した、また天使を同行した、また入った。
et ecce templum erat amplum, capax circiter trium millium, semirotundum, scamna seu sedilia continua secundum figuram templi in rotundum circumducta. また、見よ、神殿(教会)は広大だった、およそ三千人を収容できる、半円形、長椅子または連続する(連結した)座席(腰掛け)が神殿(教会)の形にしたがって〔いた〕、円形(の中)に囲んだ。
Pulpitum ante illa paulo retractum a centro; それらの前に説教壇は少しばかり中心から引っ込んでいた。
janua post pulpitum a sinistro. 扉が説教壇の後ろに左側から。
Intraverunt decem viri advenae cum angelo ductore suo, et angelus addixit illis loca ubi sederent, dicens illis, "Quisque qui intrat in templum, scit suum locum; 十人の男たちは自分の案内者の天使とともに入った、また天使は彼らの場所を指定した、そのところに彼らが座る、彼らに言って、「だれもが、その者は神殿(教会)の中に入る、自分の場所を知っている。
hoc scit ex insito, nec potest sedere alibi; このことを知っている生来のものから(本能的に)、他のところに座ることはできない。
si alibi, nihil audit et nihil percipit, et quoque turbat ordinem; もし他のところになら、何も聞かない、また何も知覚しない、そしてまた、秩序を乱す。
a quo turbato sacerdos non inspiratur. その騒乱から聖職者は吹き込まれない(霊感を与えられない)
雑談:私は教師をしていました。生徒の座る席を自由にしていました。簡単に言えば、熱心な生徒は教壇(先生)の前に座ります、熱心でない生徒は後ろ、また窓際に座ります。すなわち、「窓際族」。そしてほんとうに熱心なせいとは前方からほんの少し離れたところ(やや距離を置いたところ)に座ります。冷静に話しを聞きたい、気持ちがそうするのでしょうか。
 
@1 sodalicium pro “sodalitum” 注1 sodalitum」の代わりにsodalicium
 
(3) 訳文
750. 結婚式に招ねかれたすべての者はそしてまた十人の男は自分の天使とともに、この懇親の祝祭の後、立ち去った、晩もおそかったので、横になる行動をした
 夜明けの中で、彼らは「今日は安息日」の布告を聞いた。起き上り、天使に質問した、「あれは何か?」
一定の時に繰り返される神の礼拝に向けて、聖職者により布告されるのものであることを答えた。「それは私たちの教会の中で行なわれ、およそ二時間続く。それゆえ、よろしかったら、私とともに(あなたがたは)行け、私は案内する」。
 彼らは身支度し、天使に同行し、入った――見よ、教会は広大だった、およそ三千人を収容でき、半円形に、長椅子または連結した座席が教会の形にしたがって、円形に囲んでいた。説教壇はそれらの前に少しばかり中心から引っ込んでいた。説教壇の後ろに左側から扉が〔あった〕。
 十人の男たちは自分の案内者の天使とともに入り、天使は彼らが座る場所を指定した、彼らに言って、「教会に入るだれもが自分の場所を知っている。このことを本能的に知っていて他のところに座ることはできない。もし他のところになら、何も聞かないし、何も知覚しない、そしてまた秩序を乱す。その騒乱から聖職者は霊感を与えられない
author:yasubee, category:原典講読『真教』第13章, 00:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』748(原文と直訳[1])
(1) 原文
748. Postea locutus est angelus ductor cum invitatis de decem comitibus suis, quod ex mandato introduxerit illos, et monstaverit illis magnifica palatii principis, et mirifica ibi, et quod epulati sint ad mensam cum illo; et quod postea locuti sint "cum sapientibus nostris;" ac petiit, "ut liceat illis etiam vobiscum sociare aliquem sermonem." Et accesserunt, et collocuti sunt.
Et unus sapiens ex viris nuptiarum dixit, "Intelligitis quid significant illa quae vidistis?"
Dixerunt quod parum; et tunc quaesiverunt illum, cur sponsus nunc maritus in tali vestitu fuit. Respondit, quod sponsus nunc maritus repraesentaverit Dominum, ac sponsa nunc uxor repraesentaverit ecclesiam, quia nuptiae in caelo repraesentant conjugium Domini cum Ecclesia; "inde est quod super illius capite esset cidaris, et ille indutus pallia, tunica, et ephodo, sicut Aharon; et quod super sponsae nunc uxoris capite esset corona, et illa induta chlamyde sicut regina; sed cras erunt aliter amicti, quia repraesentatio haec modo perstat hodie."
[2.] Quaesiverunt iterum, "Quia ille repraesentavit Dominum, et illa Ecclesiam, cur illa ad dextram ejus sedit?"
Respondit sapiens, "Quia duo sunt quae faciunt conjugium Domini et Ecclesiae, amor et sapientia, ac Dominus est Amor, et Ecclesia est Sapientia, et sapientia ad dextram amoris est, sapit enim homo ecclesiae sicut a se, et sicut sapit, recipit amorem a Domino; dextra etiam significat potentiam, et potentia amori est per sapientiam: sed ut dictum est, post nuptias mutatur repraesentatio, nam tunc maritus repraesentat sapientiam, et uxor sapientiae ejus amorem, verum hic amor non est amor prior, sed est amor secundarius, qui est a Domino uxori per sapientiam mariti; amor Domini, qui est amor prior, est amor sapiendi apud maritum; quare post nuptias ambo simul, maritus et ejus uxor, repraesentant ecclesiam.
[3.] Quaesiverunt denuo, "Cur non vos viri stetistis ad latus sponsi nunc mariti, sicut sex virgines steterunt ad latus sponsae nunc uxoris?"
Respondit sapiens, "Causa est, quia nos hodie numeramur inter virgines, ac numerus sex significat omnes et completum."
At dixerunt, "Quid hoc?"
Respondit, "’Virgines’ significant ecclesiam, et ecclesia est ex utroque sexu; quare etiam nos quoad ecclesiam sumus virgines; quod ita sit, constat ex his in Apocalypsi,
 
"Hi sunt, qui cum mulieribus non inquinati sunt, virgines enim sunt, et sequuntur Agnum quocunque vadit" (xiv. 4):
 
et quia "virgines" significant ecclesiam, ideo Dominus assimilavit illam
 
"Decem virginibus invitatis ad nuptias" (Matth. [1]xxv. 1 seq.):
 
et quia per Israelem, Zionem et Hierosolymam, significatur ecclesia, ideo toties in Verbo dicitur "Virgo et filia Israelis, Zionis et Hierosolymae:" Dominus etiam describit conjugium suum cum Ecclesia his verbis apud Davidem,
 
"Regina ad dextram tuam in auro [2]optimo Ophiris, ....de implexis auri vestis ejus, in acupictis adducetur Regi, virgines post illam amicae ejus ....venient in palatium Regis"" (Psalm. xlv. 10-16 [B. A. 9-15]).
 
[4.] Postea dixerunt, "Numne conveniens est, ut aliquis sacerdos adsit et ministret in his?"
Respondit sapiens, "Hoc in terris est conveniens, non autem in caelis, propter repraesentationem Ipsius Domini et Ecclesiae; hoc in terris non sciunt; at usque apud nos administrat sacerdos desponsationes, et consensum audit, recipit, confirmat et consecrat: consensus est essentiale conjugii, et reliqua, quae sequuntur, sunt ejus formalia."
 
   @1 xxv. pro “xxiv.” @2 optimo pro “opimo:”vide Ap. Exp., n. 863b; tum Ind. Bible., s. v. Aurum.
 
(2) 直訳
748. Postea locutus est angelus ductor cum invitatis de decem comitibus suis, quod ex mandato introduxerit illos, et monstaverit illis magnifica palatii principis, et mirifica ibi, et quod epulati sint ad mensam cum illo; その後、案内者の天使は招待されている者と話した、自分の十人の仲間について、命令から彼らを導き入れたこと、また彼らに君主の宮殿の荘厳なものを示した、またそこに驚くべきもの、また彼らとともに食卓へごちそうを食べた(宴会に出席した)こと。
et quod postea locuti sint "cum sapientibus nostris;" また、その後、話したこと「私たちの知恵のある者と」。
ac petiit, "ut liceat illis etiam vobiscum sociare aliquem sermonem." そして、求めた(懇願した)、「彼らにもまた許すように、あなたがたと何らかの会話をともにする(伝達する)と」。
Et accesserunt, et collocuti sunt. また近づいた、また談話した。
Et unus sapiens ex viris nuptiarum dixit, "Intelligitis quid significant illa quae vidistis?" また結婚式の男からのある賢明な者が言った、「あなたがたは理解する、それらが何を意味するか、それらをあなたがたは見る?」
Dixerunt quod parum; 彼らは言った、わずかなもの〔である〕こと。
et tunc quaesiverunt illum, cur sponsus nunc maritus in tali vestitu fuit. またその時、彼を質問した、なぜ、花婿は、今や、夫、そのような衣装であったか。
Respondit, quod sponsus nunc maritus repraesentaverit Dominum, ac sponsa nunc uxor repraesentaverit ecclesiam, quia nuptiae in caelo repraesentant conjugium Domini cum Ecclesia; 答えた、花婿は、今や、夫、主を表象すること、そして、花嫁は、今や、妻、教会を表象すること、天界の中の結婚式は教会との主の結婚を表象するからである。
"inde est quod super illius capite esset cidaris, et ille indutus pallia, tunica, et ephodo, sicut Aharon; 「ここからである、彼の頭の上にかぶり物(頭飾り)あったこと、また彼は外衣、下着(シャツ)、またエポデを着ていた、アロンのような。
et quod super sponsae nunc uxoris capite esset corona, et illa induta chlamyde sicut regina; また花嫁、今や、妻の頭の上に、冠があった、また彼女はマントを着ていた、女王のように。
sed cras erunt aliter amicti, quia repraesentatio haec modo perstat hodie." しかし、明日に異なって衣装である(未来)、この表象は今日だけ続くからである」。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第13章, 23:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』747
(1) 原文
747. Post haec duxit angelus illos ad domum nuptiarum, et janitor aperuit fores; et mox intra limen recepti et salutati ab angelo misso a sponso, ac introducti sunt, et adducti ad sedes pro illis designatas; et mox invitati in antithalamum, ubi viderunt in medio mensam, super qua positum erat magnificum candelabrum instructum septem calamis et scyphis ex auro; et ad parietes pendebant lychnaria ex argento; ex quibus accensis apparuit atmosphaera sicut aurea: et viderunt ad latera candelabri binas mensas, super quibus in triplici ordine repositi erant panes; et in quatuor angulis mensas super quibus erant cyathi crystallini.
[2.] Dum illa lustrabant, ecce aperiebatur janua e conclavi juxta thalamum, et viderunt sex virgines exeuntes, et post illas sponsum et sponsam, tenentes se manibus, et ducentes se ad solium quod e regione candelabri positum erat, super quo se reposuerunt, sponsus ad sinistram, et sponsa ad dextram ejus, et sex virgines constiterunt ad latus solii juxta sponsam. Sponsus indutus erat pallio ex purpura lucente, et tunica ex bysso splendente, cum ephodo, super quo erat bractea aurea adamantibus circumobsita; et bracteae insculptus erat pullus aquilae, insigne nuptiale hujus societatis caeli: et sponsi caput tegebat cidaris. Sponsa autem amicta erat chlamyde coccinea, et sub illa toga acupicta, continua a collo ad pedes, et sub pectore zona aurea, et super capite corona ex auro cum insitis rubinis.
[3.] Cum ita consederunt, convertit se sponsus ad sponsam, ac imposuit digito ejus annulum aureum, et deprompsit armillas et collarium ex unionibus, et alligabat armillas super poplites manuum ejus, et collarium circum collum ejus, et dixit, "Accipe haec pignora;" et dum illa accepit, osculatus est illam, et dixit, "Nunc mea es," et vocavit illam suam uxorem.
Hoc facto clamaverunt invitati, "Sit benedictio:" hoc clamavit quisque per se, et dein omnes simul; unus a principe missus vice ejus etiam acclamavit; et eo momento implebatur antithalamus illo fumo aromatico, quod erat signum benedictionis e caelo.
Et tunc ministri ex duabus mensis juxta candelabrum sumpserunt panes, et ex mensis in angulis cyathos nunc vino impletos, et dederunt cuivis invitato suum panem et suum cyathum, ac ederunt et biberunt.
Post haec surrexerunt maritus et ejus uxor, sequentibus sex virginibus cum argenteis nunc accensis lampadibus in manibus usque ad limen; ac conjuges intraverunt thalamum; et clausa est janua.
 
(2) 直訳
747. Post haec duxit angelus illos ad domum nuptiarum, et janitor aperuit fores; この後、天使は彼らを結婚式の家へ導いた、また門番が扉を開けた。
et mox intra limen recepti et salutati ab angelo misso a sponso, ac introducti sunt, et adducti ad sedes pro illis designatas; またすぐに(間もなく)入り口に内で、花婿から遣わされた天使により受け入れられ、また挨拶された、そして導き入れられた、また席へ連れて来られた、彼らのために指定された。
et mox invitati in antithalamum, ubi viderunt in medio mensam, super qua positum erat magnificum candelabrum instructum septem calamis et scyphis ex auro; またすぐに(間もなく)控えの間(室)の中に招かれた、そこに中央の中に食卓を見た、その上に荘厳な燭台が置かれていた、金からできた七つの枝とろうそく受けを装備した。
et ad parietes pendebant lychnaria ex argento; また壁に銀からできた突き出し燭台がつり下げられていた(=取り付けられていた)
ex quibus accensis apparuit atmosphaera sicut aurea: 火が灯ったそれらから金色のような雰囲気が現われた(見られた)
et viderunt ad latera candelabri binas mensas, super quibus in triplici ordine repositi erant panes; また燭台のわきに二つの部分の(対になった)卓を見た、それらの上に三重の順序の中に(=三列に)パンが置かれていた。
et in quatuor angulis mensas super quibus erant cyathi crystallini. また四つの隅の中に食卓、それらの上に水晶の杯があった。
[2.] Dum illa lustrabant, ecce aperiebatur janua e conclavi juxta thalamum, et viderunt sex virgines exeuntes, et post illas sponsum et sponsam, tenentes se manibus, et ducentes se ad solium quod e regione candelabri positum erat, super quo se reposuerunt, sponsus ad sinistram, et sponsa ad dextram ejus, et sex virgines constiterunt ad latus solii juxta sponsam. [2] それらを観察した時、見よ、寝室の近く(次)の部屋からの扉が開かれた、また出てくる六人の乙女を見た、またその後、花婿と花嫁を、手で自分たちを握って、また席へ自分たちを導いて、それは燭台の真向かいに(e regione)に位置にあった、その上に座った、花婿は左側に、また花嫁は右側に、また六人の乙女は花嫁の近く(次)の脇に定まった。
Sponsus indutus erat pallio ex purpura lucente, et tunica ex bysso splendente, cum ephodo, super quo erat bractea aurea adamantibus circumobsita; 花婿は紫色から輝いて外衣を着ていた、また亜麻布から輝いて(光を放って)着を、エポデとともに、その上に金の金属板があった、ダイヤモンドでまわりを巻いた。
et bracteae insculptus erat pullus aquilae, insigne nuptiale hujus societatis caeli: また金属板にワシのひな(子ワシ)が刻まれていた、この天界の社会の結婚式のしるし。
et sponsi caput tegebat cidaris. また花婿の頭はかぶり物(頭飾り)でおおわれた(被った)
Sponsa autem amicta erat chlamyde coccinea, et sub illa toga acupicta, continua a collo ad pedes, et sub pectore zona aurea, et super capite corona ex auro cum insitis rubinis. けれども、花嫁の衣装は深紅色のマントであった、またその下に刺繍されたローブ(トーガ)、首から足まで、また胸の下に金の帯、また頭の上に金からできた冠、ルビーで植え付けられた、ともに。
[3.] Cum ita consederunt, convertit se sponsus ad sponsam, ac imposuit digito ejus annulum aureum, et deprompsit armillas et collarium ex unionibus, et alligabat armillas super poplites manuum ejus, et collarium circum collum ejus, et dixit, "Accipe haec pignora;" [3] そのように着席した時、花婿は花嫁へ自分自身を向きを変えた、そしてその指に金の指輪をはめた(据えた)、真珠からできた腕輪と首飾りを取り出した、また腕輪をその手の手首の上につけた、また首飾りをその首のまわりに、また言った、「これらのしるしを受け取れ」。
et dum illa accepit, osculatus est illam, et dixit, "Nunc mea es," et vocavit illam suam uxorem. また彼女が受け取ったとき、彼女をキスした、また言った、「今や、あなたは私のものである」、また彼女を自分の妻と呼んだ。
Hoc facto clamaverunt invitati, "Sit benedictio:" これが行なわれて、招待された客たちは叫んだ、「祝福あれ――」
hoc clamavit quisque per se, et dein omnes simul; これをそれぞれの者が叫んだ、個々に(per se)、またその後、すべての者が同時に(一緒に)
unus a principe missus vice ejus etiam acclamavit; 君主から遣わされたある者が、彼〔君主〕の代わりにさらにまた叫んだ。
et eo momento implebatur antithalamus illo fumo aromatico, quod erat signum benedictionis e caelo. またその瞬間に、控えの間は芳香のその煙で満ちた、それは天界からの祝福のしるしであった。
Et tunc ministri ex duabus mensis juxta candelabrum sumpserunt panes, et ex mensis in angulis cyathos nunc vino impletos, et dederunt cuivis invitato suum panem et suum cyathum, ac ederunt et biberunt. またその時、仕える者たちが燭台の近くの二つの食卓からパンを取った、また隅の中の食卓から杯を、今や、ブドウ酒で満たされた、また招待されたそれぞれの者に与えた、自分のパンをまた自分の杯を、そして彼らは食べた、また飲んだ。
Post haec surrexerunt maritus et ejus uxor, sequentibus sex virginibus cum argenteis nunc accensis lampadibus in manibus usque ad limen; この後、夫とその妻は立ち上がった、続くもので、六人の乙女で、今や手の中に灯された銀製の明かりで、入り口まで。
ac conjuges intraverunt thalamum; そして配偶者たち(夫婦)は寝室へ入った。
et clausa est janua. また扉が閉ざされた。
 
(3) 訳文
747. この後、天使は彼らを結婚式の家へ導いた、また門番が扉を開けた。またすぐに入り口の内で、花婿から遣わされた天使により受け入れられ、また挨拶され、そして導き入れられ、また、彼らのために指定された席へ連れて来られた。またすぐに控えの間の中に招かれた、そこの中央に食卓を見た、その上に、金からできた七つの枝とろうそく受けを装備した荘厳な燭台が置かれていた。また壁には銀からできた突き出し燭台が取り付けられていた。火が灯されそれらから金色のような雰囲気が見られた。また燭台のわきに二つの卓を見た、それらの上に三列にパンが置かれていた。また四隅に食卓があり、それらの上に水晶の杯があった。
 [2] それらを観察していた時、見よ、寝室の近くの部屋の扉が開かれ、出てくる六人の乙女を、またその後、花婿と花嫁を見た、手を握って、また席へ自分たちを導いて、その席は燭台の真向かいの位置にあった、その上に花婿は左側に、また花嫁は右側に、また六人の乙女は花嫁の近くの脇に定められた〔席に〕座った。
 花婿は紫色から輝いて外衣を、また亜麻布から輝いて(光を放って)着を、エポデとともに着ていた、その〔エポデの〕上に、ダイヤモンドでまわりを巻いた金の金属板があった。また金属板にこの天界の社会の結婚式のしるしであるワシのが刻まれていた。また花婿の頭には頭飾りがあった
 けれども、花嫁の衣装は、深紅色のマント、またその下に首から足まで刺繍されたローブ、また胸の下に金の帯、また頭の上にルビーの植え付けられた金からできた冠とともにであった。
 [3] そのように着席した時、花婿は花嫁へ向きを変え、そしてその指に金の指輪をはめ、真珠からできた腕輪と首飾りを取り出し、腕輪をその手首の上に、また首飾りをその首のまわりにつけ、言った、「これらのしるしを受け取れ」。また彼女が受け取ったとき、彼女にキスし、言った、「今や、あなたは私のものである」、また彼女を自分の妻と呼んだ。
 これが行なわれて、招待された客たちは叫んだ、「祝福あれ――」。これをそれぞれの者が個々に、またその後、すべての者が一緒に 叫んだ。君主から遣わされた者が、君主の代わりにさらにまた叫んだ。またその瞬間に、控えの間は芳香の煙で満ちた、それは天界からの祝福のしるしであった。
 またその時、仕える者たちが燭台の近くの二つの食卓からパンを、また隅の中の食卓から今や、ブドウ酒で満たされた杯を取った、また招待されたそれぞれの者に、自分のパンをまた自分の杯を与えた、そして彼らは食べた、また飲んだ。
 この後、夫とその妻は立ち上がり、六人の乙女が今や手の中に灯された銀製の明かりで、入り口まで続いた。そして配偶者たち(夫婦)は寝室へ入った。扉が閉ざされた。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第13章, 01:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』746(直訳[3],[4]と訳文)
[3.] Praeterea cuivis amori est suum jucundum, vivit enim amor per hoc, ac jucundum amoris usuum est jucundum caeleste, quod sequentia jucunda ordine intrat, et secundum ordinem successionis exaltat illa, ac aeternat illa." [3] さらに、愛のそれぞれにその快さがある、というのは、これによって愛は生きるから、そして役立ちの愛の快さは天界の快さである、快さの続くこと(結果)が順に入る、また続くことの順序にしたがってそれが高まる、そしてそれを永遠性を与える(永続させる)
Post haec enumeraverunt delicias caelestes procedentes ex amore usus, et dixerunt quod sint myriades myriadum, et quod in illas intrent qui in caelum: この後、役立ちの愛から発出する天界の歓喜を列挙した、また言った、一万の一万(=無数)にあること、またそれらの中に入ること、その者は天界の中に〔いる〕。
et porro de amore usus per sermones sapientiae protraxerunt diem cum illis usque ad vesperam. またさらに、役立ちの愛について知恵の会話(談話)によって日を引き伸ばした(=知恵に満ちた談話で一日を過ごした)彼らとともに夕まで。
[4.] Sed circa vesperam venit cursor amictus linteo ad decem advenas comites angeli, ac invitavit illos ad nuptias sequente die celebrandas; [4] しかし、夕方あたりに(近く)使者がやって来た、亜麻布の衣で、天使に伴われた十人の到着者に、そして彼らを結婚式へ招待した、次の日に祝う。
et advenae valde laetati sunt, quod etiam visuri sint nuptias in caelo. また到着者は大いに喜んだ、天界の結婚式もまた見ることになること。
Post hoc, ducti sunt ad quendam consiliarium a latere, et cenaverunt cum illo; この後、側近の顧問官のある者へ導かれた(案内された)また彼と食事をした。
et post cenam redierunt, et secesserunt ab invicem, quisque in suum cubiculum, et dormiverunt usque ad mane. また食事の後、戻った、また相互に(他から)続いた、それぞれが自分の寝室の中に、また朝まで眠った。
Et tunc evigilati audiebant cantum virginum et puellarum e domibus circum forum, de quo supra. またその時、目が覚めて、広場のまわりの家から乙女()と少女の歌が聞こえた、それについて上に。
Canebatur tunc affectio amoris conjugialis; そのとき結婚の愛の情愛が歌われた。
ex cujus suavitate penitus affecti et perciti, percipiebant beatam amoenitatem insitam gaudiis suis, quae elevabat illa, et innovabat illa. その甘美さが深く働きかけられ、また知覚されて、彼らは愛らしい幸運を知覚した、その楽しさに植え付けられたもの、それがそれら〔楽しさ〕を高揚させた、またそれら〔楽しさ〕を新たにした。
Cum tempus erat, dixit angelus, "Accingite vos, et induite vestes caeli, quas princeps noster ad vos miserat." 時があったとき、天使は言った、「あなたがたは身支度せよ、天界の衣服を着よ、それらを私たちの君主はあなたがたに贈った」。
Ac induerunt, et ecce vestes splendebant sicut ex luce flammea; また彼らは着た、すると見よ、衣服は炎の光からのように輝いた。
et quaesiverunt angelum, "Unde hoc?" また天使を質問した、「どこからこのことが?」
Respondit, "Quia ad nuptias ituri estis; 答えた、「結婚式へあなたがたは行くからである。
apud nos tunc splendent vestes, et fiunt nuptiales." 私たちのもとで、その時、衣服は輝く、また結婚式のものになる」。
 
(3) 訳文
746. 話している間に、召使いが走り寄り、君主の命令から八人の賢明な者たちがいる、また入ることを欲していることを伝えた。そのことを聞いて、天使は出た、また彼らを受け入れ、導き入れた――またすぐに、賢明な者たちは習慣的なまた礼儀正しい挨拶の後、最初に彼らに、知恵の始まりと増大について、それらにいろいろなものが混合していること、その推移について、また天使のもとの知恵は決して終わりを持たない、また消えない、しかし、永遠に増大する、また成長することを話した。
 これらを聞いて、集団〔に付随する〕の天使は彼らに言った、「私たちの君主は食卓で(彼らに)知恵の座(場所)について、役立ちの中にあることを話した。あなたがたは話せ、もしよろしかったら、彼らにもまたそのことについて」。
 また彼らは言った、「創造された最初の人間は、自分自身のためでない知恵が、またその愛が、しかし、自分自身から他の者とその伝達のために吹き込まれた――ここから、同時に他の者とでないなら、だれも自分自身にだけ賢明であり、生きないように、賢明な者の知恵が刻み込まれた。ここから、社会があり、これはそうでなければ存在しなかった。他の者〔のため〕に生きることは役立ちを行なうことである。役立ちはそのきずなであり、それらは善の役立ちと同数だけ多くあ、そして役立ちは数で無限である。
 霊的な役立ちがあり、それは神への愛のもの、また隣人に対する愛のものである。道徳的また市民的な役立ちがあり、それは社会のまた市民の愛であり、その中に人間が、そしてそれらの者ともにいる仲間の、市民の〔社会〕がある。自然的ながあり、それは世の愛(世俗愛)のもの、またその必需品のための愛である。また形体的な(物質的な)愛があり、それはさらに高い役立ちのための自分に維持のため愛である。
 [2] これらのすべての役立ちは人間に刻み込まれ、また、あるものの後にもう一つのものと順に続いている、また一緒に存在するとき、あるものがもう一つのものの中にある。
霊的なものである第一の役立ちの中にいる者は、さらにまた続く者の中にいる、これらの者は賢明な者である。けれども、第一の役立ちの中にいないで、それでも第二の〔役立ちの〕中に、またここから続くものの中にいる者は、そのように賢明ではない、しかし礼儀正しく丁重なだけであり、外なるものはそのように見える。第一と第二の役立ちの中にいないで、第三と第四の役立ちの中にいる者は決して知恵のある者ではない、なぜなら、サタンであるから、というのは世だけを、また世から自分自身を愛するからである。しかし、第四の役立ちの中にだけいる者は、すべての者の最小に賢明な者である、というのは、悪魔であるから、自分自身〔のため〕にだけ生き、またもし他の者〔のため〕になら、〔それでもやはり〕もっぱら自分自身のためである。
[3] さらに、愛のそれぞれにその快さがある、というのは、これによって愛は生きるから、そして役立ちの愛の快さは天界の快さである。順に快さが続いて入り、続くことの順序にしたがってそれが高まり、そしてそれを永遠性を与える」。
この後、役立ちの愛から発出する天界の歓喜を列挙し、また言った、無数にあり、またそれらの中に天界の中にいる者が入ること――またさらに、役立ちの愛について知恵の談話で彼らとともに夕まで一日を過ごした。
 [4] しかし、夕方に近く、亜麻布の衣の使者が、天使に伴われた十人の到着者にやって来た、そして彼らを、次の日に祝う結婚式へ招待した。また〔新参の〕到着者は、天界の結婚式もまた見ることになることを大いに喜んだ。
 この後、側近の顧問官のある者〔の家〕へ案内され、彼と食事をした。また食事の後、戻った、それぞれが自分の寝室の中に相互に(他から)続いた、朝まで眠った。
 また目が覚めた時、広場のまわりの家から乙女と少女の歌が聞こえた(それについて前に述べた)
 そのとき結婚の愛の情愛が歌われた。その甘美さが深く働きかけられ、また知覚されて、彼らは楽しさに植え付けられた愛らしい幸運を知覚した、それがそれら〔楽しさ〕を高揚させ、またそれら〔楽しさ〕を新たにした。
 時があったとき、天使は言った、「あなたがたは身支度せよ、私たちの君主があなたがたに贈った天界の衣服を着よ」。
 また彼らは着た、すると見よ、衣服は炎の光からのように輝いた。また天使を質問した、「どこからこのことが?」
 答えた、「あなたがたは結婚式へ行くからである。私たちのもとで、その時、衣服は輝き、結婚式用のものになる」。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第13章, 00:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』746(原文と直訳[2]まで)
(1) 原文
746. Inter loquendum famulus accurrit et nuntiavit, quod octo sapientes ex jussu principis adsint, et velint intrare; quo audito angelus exivit, et excepit illos, et introduxit: et mox sapientes post consociationis solennia et decora, primum loquebantur cum illis de sapientiae initiis et incrementis, quibus immiscuerunt varia de ejus successu, et quod sapientia apud angelos nusquam finem habeat et desinat, sed quod crescat et augeatur in aeternum.
His auditis angelus cohortis dixit illis, "Princeps noster ad mensam locutus est cum illis de sapientiae sede, quod sit in usu; loquamini, si placet, cum illis etiam de eo."
Et dixerunt, "Homo primum creatus, imbutus est sapientia et ejus amore, non propter se, sed propter communicationem ejus cum aliis a se: inde sapientiae sapientum inscriptum est, ut non quisquam sibi soli sapiat et vivat nisi simul aliis; inde societas, quae alioqui non foret; vivere aliis est usus facere; usus sunt vincula ejus, quae totidem sunt quot usus boni, ac usus sunt numero infiniti. Sunt usus spirituales qui sunt amoris in Deum, et amoris erga proximum; sunt usus morales et civiles, qui sunt amoris societatis et civitatis in qua homo est, ac sociorum et civium cum quibus est; sunt usus naturales, qui sunt amoris mundi et ejus necessitatum; et sunt usus corporei, qui sunt amoris conservationis sui propter superiores usus. [2.] Omnes hi usus inscripti sunt homini, et sequuntur in ordine, unus post alterum, et cum simul sunt, unus est in altero. Illi qui in primis usibus sunt, qui sunt spirituales, etiam in sequentibus sunt, et hi sunt sapientes; illi autem qui non in primis, et usque in secundis et inde sequentibus sunt, non ita sapientes sunt, sed solum ex moralitate et civilitate externa apparent sicut sint; illi qui non in primis et secundis sunt, sed in tertiis et quartis, nihil minus quam sapientes sunt, nam sunt satanae, amant enim solum mundum, et se ex mundo; at illi qui modo in quartis sunt, omnium minime sapientes sunt, sunt enim diaboli, quia sibi solis vivunt, et si aliis, est unice propter se. [3.] Praeterea cuivis amori est suum jucundum, vivit enim amor per hoc, ac jucundum amoris usuum est jucundum caeleste, quod sequentia jucunda ordine intrat, et secundum ordinem successionis exaltat illa, ac aeternat illa." Post haec enumeraverunt delicias caelestes procedentes ex amore usus, et dixerunt quod sint myriades myriadum, et quod in illas intrent qui in caelum: et porro de amore usus per sermones sapientiae protraxerunt diem cum illis usque ad vesperam.
[4.] Sed circa vesperam venit cursor amictus linteo ad decem advenas comites angeli, ac invitavit illos ad nuptias sequente die celebrandas; et advenae valde laetati sunt, quod etiam visuri sint nuptias in caelo. Post hoc, ducti sunt ad quendam consiliarium a latere, et cenaverunt cum illo; et post cenam redierunt, et secesserunt ab invicem, quisque in suum cubiculum, et dormiverunt usque ad mane.
Et tunc evigilati audiebant cantum virginum et puellarum e domibus circum forum, de quo supra. Canebatur tunc affectio amoris conjugialis; ex cujus suavitate penitus affecti et perciti, percipiebant beatam amoenitatem insitam gaudiis suis, quae elevabat illa, et innovabat illa. Cum tempus erat, dixit angelus, "Accingite vos, et induite vestes caeli, quas princeps noster ad vos miserat." Ac induerunt, et ecce vestes splendebant sicut ex luce flammea; et quaesiverunt angelum, "Unde hoc?" Respondit, "Quia ad nuptias ituri estis; apud nos tunc splendent vestes, et fiunt nuptiales."
 
(2) 直訳
746. Inter loquendum famulus accurrit et nuntiavit, quod octo sapientes ex jussu principis adsint, et velint intrare; 話すこと(動名詞)の間に、召使いが急行した(走り寄った)、また伝えた)、君主の命令から八人の賢明な者がいること、また入ることを欲している。
quo audito angelus exivit, et excepit illos, et introduxit: そのことを聞いて、天使は出た、また彼らを受け入れた、また導き入れた――
et mox sapientes post consociationis solennia et decora, primum loquebantur cum illis de sapientiae initiis et incrementis, quibus immiscuerunt varia de ejus successu, et quod sapientia apud angelos nusquam finem habeat et desinat, sed quod crescat et augeatur in aeternum. またすぐに、賢明な者は習慣的なまたふさわしい(礼儀正しい)交わり〔=挨拶〕の後、最初に彼らに話した、知恵の始まりと増大について、それらにいろいろなものが混合していること、その進行(推移)について、また天使のもとの知恵は決して終わりを持たない、また終えない(消えない)、しかし、永遠に増大する、また成長すること。
His auditis angelus cohortis dixit illis, "Princeps noster ad mensam locutus est cum illis de sapientiae sede, quod sit in usu; これらで聞いて、集団の天使は彼らに言った、「私たちの君主は食卓で彼らに話した知恵の座(場所)について、役立ちの中にあること。
loquamini, si placet, cum illis etiam de eo." あなたがたは話せ、もし喜びであるなら、彼らにももたそのことについて」。
Et dixerunt, "Homo primum creatus, imbutus est sapientia et ejus amore, non propter se, sed propter communicationem ejus cum aliis a se: また彼らは言った、「創造された最初の人間は、知恵が吹きこまれた、またその愛が、自分自身のためでない、しかし、自分自身から他の者とその伝達のために――
inde sapientiae sapientum inscriptum est, ut non quisquam sibi soli sapiat et vivat nisi simul aliis; ここから賢明な者の知恵が刻み込まれた、だれも自分自身にだけ賢明である、また生きないように、同時に他の者とでないなら。
inde societas, quae alioqui non foret; ここから、社会が〔ある〕、それはそうでなければ存在しなかった。
vivere aliis est usus facere; 他の者に生きることは役立ちを行なうことである。
usus sunt vincula ejus, quae totidem sunt quot usus boni, ac usus sunt numero infiniti. 役立ちはその結びつけるもの(きずな)ある、それらはそれだけ多くある(同数ある)、善の役立ちと同数の、そして役立ちは数で無限である。
Sunt usus spirituales qui sunt amoris in Deum, et amoris erga proximum; 霊的な役立ちがある、それは神への愛のものである、また隣人に対する愛のもの。
sunt usus morales et civiles, qui sunt amoris societatis et civitatis in qua homo est, ac sociorum et civium cum quibus est; 道徳的また市民的な役立ちがある、それは社会のまた市民の愛である、その中に人間がいる、そして仲間の、市民の〔社会〕、それらの者ともにいる。
sunt usus naturales, qui sunt amoris mundi et ejus necessitatum; 自然的ながある、それは世の愛(世俗愛)のものである、またその必需品の。
et sunt usus corporei, qui sunt amoris conservationis sui propter superiores usus. また形体的な(物質的な)愛がある、それは自分に維持(保存)愛である、さらに高い役立ちのための。
[2.] Omnes hi usus inscripti sunt homini, et sequuntur in ordine, unus post alterum, et cum simul sunt, unus est in altero. [2] これらのすべての役立ちは人間に刻み込まれている、また順に続いている、あるものの後にもう一つのもの、また一緒に存在するとき、あるものがもう一つのものの中にある。
Illi qui in primis usibus sunt, qui sunt spirituales, etiam in sequentibus sunt, et hi sunt sapientes; 彼らは、その者は最初(第一)役立ちの中にいる、それは霊的なものである、さらにまた続く者の中にいる、またこれらの者は賢明なものである。
illi autem qui non in primis, et usque in secundis et inde sequentibus sunt, non ita sapientes sunt, sed solum ex moralitate et civilitate externa apparent sicut sint; けれども、彼らは、その者は最初(第一)役立ちの中にいない、またそれでも第二の〔役立ちの〕中に、またここから続くものの中にいる、そのように賢明ではない、しかし道徳(礼儀正しさ)と丁重なこと(礼儀)らだけである、外なるものはそのように見える。
illi qui non in primis et secundis sunt, sed in tertiis et quartis, nihil minus quam sapientes sunt, nam sunt satanae, amant enim solum mundum, et se ex mundo; 彼らは、第一と第二の〔役立ちの〕中にいない者、しかし、第三と第四の〔役立ちの〕中に〔いる〕、決して〜ない☆、知恵のある者〔である〕、
なぜなら、サタンであるからである、というのは世だけを愛するから、また世から自分自身を。
nihil minus quamで「決して〜でない、ほど遠い」の意味です。
at illi qui modo in quartis sunt, omnium minime sapientes sunt, sunt enim diaboli, quia sibi solis vivunt, et si aliis, est unice propter se. しかし、彼らは、第四の〔役立ちの〕中にだけいる、すべての者の最小に知恵のある(賢明な)者である、というのは、悪魔であるから、自分自身〔のため〕にだけ生きる、またもし他の者〔のため〕になら、〔それでもやはり〕もっぱら自分自身のためである。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第13章, 00:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』745(直訳[2]〜[5]と訳文)
[2.] (2.) Praeterea unoquovis mane e domibus circum fora audiuntur suavissimi cantus virginum et puellarum, ex quibus tota urbs personat; [2] (2) さらに、それぞれの朝、広場のまわりの家から、処女と少女の最も心地よい(甘い)歌が聞こえる、それらから都全体が響き渡る(満ちる)
est una affectio amoris spiritualis, quae quovis mane cantatur, hoc est, per modificationes vocis canorae seu modulationes sonatur, et affectio illa in cantu percipitur sicut ipsa foret; 一つの霊的な愛の情愛がある、それがそれぞれの朝、歌われる、すなわち、歌の声の変更(加減)によって、または調子(変化)、響かれる、(鳴らされる)、また歌の中のその情愛が〔情愛〕それ自体のように知覚される、〔その情愛が〕あった。
influit in audientium animas, et excitat illas ad correspondentiam; 聞いている者の心の中に流入する、またそれをかきたてる(刺激する)対応(物)へ
talis est cantus caelestis. このようなものが天界の歌うことである。
Dicunt cantrices, quod sonus cantus illarum se sicut inspiret et animet ex interiori, et jucunde exaltet, secundum receptionem ab audientibus. 女性歌手たちが言う、彼女たちの歌の音が内的なものからそれ自体のように吹き込む、また生命を与える、また快活に(愉快に)高まる、聞く者による受け入れにしたがって。
Hoc finito, clauduntur fenestrae domuum fori, et simul domuum platearum, et quoque januae, et tunc silet tota urbs, nec ullibi auditur clamor, nec apparent vagabundi; これで終わって、広場の家の窓が閉ざされる、また一緒に街路の家〔の窓〕、そしてまた門(扉)、またその時、都全体が黙る、どこにも叫び(大声)が聞かれない、歩きまわる者も見られない。
omnes tunc accincti obeunt munia suorum officiorum. その時、すべての者が、用意して(熱中して)取りかかっている、自分の職務の役目を。
[3.] (3.) At tempore meridiei aperiuntur januae, et post meridiem etiam alicubi fenestrae, et spectantur ludi puerorum et puellarum in plateis, moderantibus illos alumnis et magistris illorum, sedentibus in porticibus domuum. [3] (3) しかし、正午の時、門(扉)が開かれる、また正午の後、どこかで窓もまた、少年と少女の遊びが眺められる、広場の中の、彼らを抑制して(=見守って)、彼らの保母と教師が、家のアーケード(回廊)の中に座って〔いる〕。
[4.] (4.) Ad latera urbis in ejus extremis, sunt varii ludi puerorum et adolescentum: [4] (4) 都の脇に、その最外部の中に、少年と若者のいろいろな遊びがある。
sunt ludi cursorii, sunt ludi cum pilis; 競走の遊び(かけっこ)がある、ボールとともに遊びがある。
sunt ludi cum pilaminibus repercussis, rachets vocatis; 〔ラケット用〕ボールを打ち返す遊びがある、ラケットと呼ばれる☆。
このラケットは遊び用具ではありません、遊びの名前です。スヴェーデンボリ当時に「ラケット遊び」という言い方があったのでしょう。英語のracketに由来する新しい言葉でしょうか?
sunt certamina palaestrica inter pueros, quis impigrior et quis pigrior loquendo, agendo et percipiendo; 少年たちの間に舞台でのコンテストがある、だれが活発で、だれが鈍重か、話し、行動し、また感じることで。
et pro impigrioribus aliqua folia laurus in praemium; また活発〔であったこと〕のために何らかの月桂樹の葉(月桂冠)が賞の中に。
praeter plura alia, quae sunt excitatoria habilitatum in pueris latentium. さらに多くの他のもの、それらは少年の中に隠れている潜在能力(可能性)刺激するものである。
[5.] (5.) Insuper extra urbem sunt spectacula comoedorum super theatris, repraesentantium varias vitae moralis honestates et virtutes, inter quos etiam sunt histriones propter relationes." [5] (5) なおまた、都の外に舞台(劇場)の上の喜劇の演劇がある、いろいろな道徳的な生活を表象する〔演劇〕、名誉や美徳を、それらの間にもまた関係のために俳優がいる。
Et quaesivit unus ex decem, "Quid propter relationes?" また十人からのある者が質問した、「関係のためにとは何か?」
Et responderunt, "Non potest aliqua virtus cum ejus honestis et decoris sisti ad vivum, nisi per relativa ab illorum maximis ad minima; また答えた、「何らかの美徳(美点)は、その名誉と美しさとともに生き生きと示されることができない、関係によってでないなら、それらの最大のものから最小のものへ。
histriones repraesentant minima illorum usque dum fiunt nulla; 俳優はそれらの最小のものを何もなくなるまでも表象する。
sed lege sancitum est, ne aliquid oppositi, quod vocatur inhonestum et indecorum, nisi figurate et sicut e longinquo exhibeant: しかし、法則(法律)で規定である、何らかの反対のものがないように、それは恥ずべきもの(不名誉なもの)と醜いもの(粗野なもの・不適当なもの)と呼ばれる、偽装して、また遠くからかのように(=婉曲に)示さないなら。
quod ita sancitum sit, est causa, quia non aliquod honestum et bonum alicujus virtutis per successivas progressiones transit ad inhonestum et malum, sed ad minima ejus usque dum perit, et cum perit inchoat oppositum; そのような規定があること、理由である、ある者の美徳(美点)の何らかの尊敬すべきもの(名誉なもの)善行が連続的な進行を通して恥ずべきもの(不名誉なもの)と悪行に移らないからである、しかしその最小のものへ、滅びる(失われる)までも、また滅びる(失われる)時、反対のものが始まる。
quare caelum, ubi omnia honesta et bona sunt, nihil commune habet cum inferno, ubi omnia inhonesta et mala sunt." それゆえ、天界は、そこにすべてのものは尊敬すべきもの(名誉なもの)善行である、地獄と共通するものを何も持たない、そこにすべてのものは恥ずべきもの(不名誉なもの)と悪行である」。
 
(3) 訳文
745. 彼らが戻ったとき、そのように行なわれた。都から呼ばれた者たちがやって来た、その者が社会のいろいろな楽しさについての話しで彼らを喜ばせた。これらの者は、挨拶の後、歩きながら、彼らと優雅なことを話した。
 しかし、彼らの案内役の天使は言った、これらの十人の男たちはこの天界の中に、その楽しさを見る、またここから永遠の幸福について新しい観念を得るために 招かれている。「それゆえ、あなたがたの感覚に働きかけるその楽しさについて何らかのものを話せ。その後、犖明な者“がやって来て、その者は何らかのものを話しに出す、それら〔の話し〕はそれら〔感覚からの楽しさ〕を至福や幸福にする」。
 これらを聞いて、都から呼ばれた者たちはこれらを話した――
[(1)] 心を疲労から回復させるために、ここに君主により命じられた祭日がある、競争(張り合うこと)欲望はそれ〔疲労〕をある者にひき起こす。
 これらの日に広場の中で音楽と歌の音楽会、また都の外で遊びと演劇がある。その時、広場の中で、ブドウのつるから編み合わせた格子をめぐらせた(天井)さじきが設けられるそれらからブドウの房が垂れ下がっている、それらの内に三つの持ち上げられた部分の中に弦楽器とともに、また高い音また低い音の、そして輝かしい音色また柔らかい音色の音の楽器とともに、楽士が座る、また脇に(男性)歌手と女性歌手がいる、また最も愛らしい歓呼と歌とともに、混声(合唱)またソロ(単独)で、時々、変化の種類に関して、市民を喜ばせる。これらはそこに、それらの祭りの日々に、朝から正午まで、またこの後、夕まで、続く。
 [2] (2) さらに、毎朝、広場のまわりの家から、処女と少女の極めて甘美な歌が聞こえ、そこから都全体に響き渡る。一つの霊的な愛の情愛があり、それが毎朝、歌われる、すなわち、歌声の加減、または調子(の変化)によって、響き、また歌の中のその情愛が〔情愛〕それ自体のように知覚される。聞いている者の心の中に流入し、それ〔心〕を対応するものへとかきたてる。このようなものが天界の歌うことである。
 女性歌手たちが言う、自分たちの歌の音が内的なものからそれ自体のように吹き込む、また生命を与える、また、聞く者による受け入れにしたがって快活高まる。
 これが終わって、広場の家の窓が、また一緒に街路の家〔の窓〕、そしてまたが閉ざされ、またその時、都全体が黙る、どこにも叫び(大声)が聞かれない、歩きまわる者も見られない。その時、すべての者が、自分の職務の役目に熱中して取りかかっている。
 [3] (3) しかし、正午の時、扉が、また午後、どこかで窓もまた開かれる、広場の中の少年と少女の遊びが眺められ、彼らを見守って、彼らの保母と教師が、家のアーケード(回廊)の中に座って〔いる〕。
 [4] (4) 都の脇に、その最外部の中に、少年と若者のいろいろな遊びがある。競走の遊び(かけっこ)があり、ボールとともに遊びがある。ラケットと呼ばれる☆〔ラケット用〕ボールを打ち返す遊びがある。話し、行動し、また感じることで、だれが活発で、だれが鈍重か、少年たちの間に舞台でのコンテストがある。また活発〔であったこと〕のために賞として何らかの月桂樹の葉(月桂冠)がある。さらに多くの他のものがあり、それらは少年の中に隠れている可能性を刺激するものである。
 [5] (5) なおまた、都の外に舞台の上に、喜劇の、いろいろな名誉や美徳の道徳的な生活を表象する演劇があり、それらの間にもまた、関係のための俳優がいる。
 十人からのある者が質問した、「関係のためにとは何か?」
 答えた、「何らかの美徳は、その名誉と美しさとともに、それらの最大のものから最小のものへ関係によってでないなら、生き生きと示されることができない。俳優はそれらの最小のものを何もなくなるまでも表象する。しかし、法律で、何らかの反対のものがないように規定されている、それは不名誉なものと醜いものと呼ばれ、偽装して、また遠くからかのように(=婉曲に)示されなければならない。そのような規定がある理由は、ある者の美徳の何らかの名誉なものと善行が連続的な進行を通して不名誉なものと悪行に移らないからである、しかしその最小のものへ、失われるまでも〔移り〕、また失われる時、反対のものが始まる。それゆえ、天界は、そこにすべてのものは名誉なものと善行であり、地獄と共通するものを何も持たない、そこ〔地獄〕のすべてのものは不名誉なものと悪行である」。
 
このラケットは遊び用具ではありません、遊びの名前です。スヴェーデンボリ当時に「ラケット遊び」という言い方があったのでしょう。英語のracketに由来する新しい言葉でしょうか?
author:yasubee, category:原典講読『真教』第13章, 01:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』745(原文と直訳[1])
(1) 原文
745. Cum redierunt, factum est ita; et vocati ex urbe, qui sermone de variis gaudiis societatis oblectarent illos, venerunt; et hi post salutationes ambulando loquebantur elegantias cum illis. Sed angelus ductor illorum dixit, quod decem hi viri invitati sint in hoc caelum, ut videant gaudia ejus, et inde novam ideam de felicitate aeterna recipiant; "commemorate ergo aliqua de gaudiis ejus, quae afficiunt sensus corporis; postea venturi sunt Sapientes, qui memorabunt aliqua, quae illa gaudia reddunt fausta et felicia."
His auditis vocati ex urbe commemorabant haec:[(1.)] Sunt hic dies festivitatis indicti a principe, ut animi relaxentur a defatigatione, quam cupiditas aemulationis aliquibus induxerat. His diebus sunt harmoniae musicae et cantus in foris, et extra urbem ludi et spectacula; in foris tunc sunt elevatae orchestrae circumductae cancellis consertis ex vitibus, e quibus pendent botri, intra quos in tribus elevationibus sedent musici cum instrumentis chordae, et cum instrumentis soni, vocis altae et vocis humilis, ac vocis strenuae et vocis blandae, et ad latera sunt cantores et cantrices, et cum amoenissimis jubilis et cantibus, mixtis et solis, per intervalla quoad species variatis, cives oblectant; haec ibi diebus illis festivitatis a mane ad meridiem, et post hanc ad vesperam, persistunt. [2.] (2.) Praeterea unoquovis mane e domibus circum fora audiuntur suavissimi cantus virginum et puellarum, ex quibus tota urbs personat; est una affectio amoris spiritualis, quae quovis mane cantatur, hoc est, per modificationes vocis canorae seu modulationes sonatur, et affectio illa in cantu percipitur sicut ipsa foret; influit in audientium animas, et excitat illas ad correspondentiam; talis est cantus caelestis. Dicunt cantrices, quod sonus cantus illarum se sicut inspiret et animet ex interiori, et jucunde exaltet, secundum receptionem ab audientibus. Hoc finito, clauduntur fenestrae domuum fori, et simul domuum platearum, et quoque januae, et tunc silet tota urbs, nec ullibi auditur clamor, nec apparent vagabundi; omnes tunc accincti obeunt munia suorum officiorum. [3.] (3.) At tempore meridiei aperiuntur januae, et post meridiem etiam alicubi fenestrae, et spectantur ludi puerorum et puellarum in plateis, moderantibus illos alumnis et magistris illorum, sedentibus in porticibus domuum. [4.] (4.) Ad latera urbis in ejus extremis, sunt varii ludi puerorum et adolescentum: sunt ludi cursorii, sunt ludi cum pilis; sunt ludi cum pilaminibus repercussis, rachets vocatis; sunt certamina palaestrica inter pueros, quis impigrior et quis pigrior loquendo, agendo et percipiendo; et pro impigrioribus aliqua folia laurus in praemium; praeter plura alia, quae sunt excitatoria habilitatum in pueris latentium. [5.] (5.) Insuper extra urbem sunt spectacula comoedorum super theatris, repraesentantium varias vitae moralis honestates et virtutes, inter quos etiam sunt histriones propter relationes."
Et quaesivit unus ex decem, "Quid propter relationes?"
Et responderunt, "Non potest aliqua virtus cum ejus honestis et decoris sisti ad vivum, nisi per relativa ab illorum maximis ad minima; histriones repraesentant minima illorum usque dum fiunt nulla; sed lege sancitum est, ne aliquid oppositi, quod vocatur inhonestum et indecorum, nisi figurate et sicut e longinquo exhibeant: quod ita sancitum sit, est causa, quia non aliquod honestum et bonum alicujus virtutis per successivas progressiones transit ad inhonestum et malum, sed ad minima ejus usque dum perit, et cum perit inchoat oppositum; quare caelum, ubi omnia honesta et bona sunt, nihil commune habet cum inferno, ubi omnia inhonesta et mala sunt."
 
(2) 直訳
745. Cum redierunt, factum est ita; 彼らが戻ったとき、そのように行なわれた。
et vocati ex urbe, qui sermone de variis gaudiis societatis oblectarent illos, venerunt; また都から呼ばれた者たち、その者が社会のいろいろな楽しさについての話しで彼らを喜ばせた、やって来た。
et hi post salutationes ambulando loquebantur elegantias cum illis. またこれらの者は、挨拶の後、歩いている(動名詞)、彼らと優雅なことを話した。
Sed angelus ductor illorum dixit, quod decem hi viri invitati sint in hoc caelum, ut videant gaudia ejus, et inde novam ideam de felicitate aeterna recipiant; しかし、彼らの案内役の天使は言った、これらの十人の男たちはこの天界の中に招かれている、その楽しさを見るために、またここから永遠の幸福について新しい観念を受ける(得る)
"commemorate ergo aliqua de gaudiis ejus, quae afficiunt sensus corporis; 「それゆえに、その楽しさについて何らかのものを(あなたがたは)話せ、それらは彼らの感覚に働きかける。
postea venturi sunt Sapientes, qui memorabunt aliqua, quae illa gaudia reddunt fausta et felicia." その後、犖明な者“がやって来る、その者は何らかのものを話しに出す、それら〔話し〕はそれら〔感覚からの楽しさ〕を至福や幸福に戻す(〜にする)」。
His auditis vocati ex urbe commemorabant haec:― これらで聞いて、都から呼ばれた者たちはこれらを話した――
[(1.)] Sunt hic dies festivitatis indicti a principe, ut animi relaxentur a defatigatione, quam cupiditas aemulationis aliquibus induxerat. [(1)] ここに君主により命じられた祭日がある、心(精神)を疲労から回復させるために、それを競争(張り合うこと)欲望はある者にひき起こす。
His diebus sunt harmoniae musicae et cantus in foris, et extra urbem ludi et spectacula; これらの日に広場の中で音楽と歌の音楽会がある、また都の外で遊びと演劇。
in foris tunc sunt elevatae orchestrae circumductae cancellis consertis ex vitibus, e quibus pendent botri, intra quos in tribus elevationibus sedent musici cum instrumentis chordae, et cum instrumentis soni, vocis altae et vocis humilis, ac vocis strenuae et vocis blandae, et ad latera sunt cantores et cantrices, et cum amoenissimis jubilis et cantibus, mixtis et solis, per intervalla quoad species variatis, cives oblectant; その時、広場の中で、ブドウのつるから編み合わせた格子をめぐらせた(天井)さじきが設けられる(持ち上げられる)それらからブドウの房が垂れ下がっている、それらの内に三つの持ち上げられた部分の中に弦の楽器とともに楽士が座る、また音の楽器とともに、高い音のまた低い音の、そして輝かしい音色のまた柔らかい音色の、また脇に(男性)歌手と女性歌手がいる、また最も愛らしい歓呼と歌とともに、混声(合唱)またソロ(単独)で、時々(合間によって)、変化の種類に関して、市民を喜ばせる。
haec ibi diebus illis festivitatis a mane ad meridiem, et post hanc ad vesperam, persistunt. これらはそこに、それらの祭りの日々に、朝から正午まで、またこの後、夕まで、続く。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第13章, 00:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』744(直訳[3]と訳文)
[3.] Sunt tria, quae ut unum influunt a Domino in animas nostras; [3] 三つのものがある、それらは一つのものとして主から私たちの霊魂の中に流入する。
haec tria ut unum, seu hoc trinum, sunt amor, sapientia, et usus: これらは一つのものとしての三重の実在(物)(三位一体のもの)、すなわち、これは三重の実在(物)(三位一体のもの)、愛、知恵、また役立ちである。
at amor et sapientia non existunt nisi idealiter, quia solum in affectione et cogitatione mentis, sed in usu realiter, quia simul in actu et opere corporis; しかし、愛と知恵は観念的でないなら存在するようにならない、心の情愛と思考の中にだけ〔存在する〕ので、しかし、役立ちは実際に、同時に身体の活動と働きの中にあるからである。
et ubi realiter existunt, ibi etiam subsistunt; またそこに実際に存在するようになる、そこにさらにまた存続する。
et quia amor et sapientia existunt et subsistunt in usu, est usus qui nos afficit, ac usus est fideliter, sincere et sedule obire suae functionis opera: また愛と知恵は役立ちの中に存在するようになり、また存続するので、役立ちである、それは私たちを働きかける、そして忠実に、自分の職務の働きを誠実にまた勤勉に果たすこと。
amor usus, et inde studium in usu, continet mentem ne diffluat, et ne circumvagetur, et hauriat omnes cupiditates, quae e corpore et e mundo per sensus cum illecebris influunt, ex quibus vera religionis et vera moralitatis cum suis bonis dissipantur in omnes ventos; 役立ちへの愛と、またここから役立ちの中への傾注(熱意)が、心を保つ、散らばらない(発散しない)ように、また歩きまわらない(ぶらつかない)ように、またすべての欲望(欲求)吸収する、それらは身体からまた世から感覚を通って誘惑とともに流入する、それらから宗教の真理はまた道徳の真理はその善行☆とともにすべての風(方向)の中に追い散らされる。
bonus(善)は複数で「善行」の意味になります。
at studium mentis in usu continet et colligat illa, et disponit mentem in formam receptibilem sapientiae ex veris illis; しかし、役立ちの中への心の傾注(熱意)はそれらを保つ、また集める、また心をそれらの真理からの知恵の容器の形の中へ配列させる(整える)
et tunc a lateribus exterminat et falsitatum et vanitatum ludibria et ludicra. またその時、脇(複数)から追い払う、また虚偽をまたごまかし(見せかけ)の虚栄また見世物を☆。
見世物ludicraは「ばかばかしいもの」ludicerのほうがよいかもしれません。
Sed plura de his audietis ex sapientibus nostrae societatis, quos post meridiem hanc mittam ad vos." しかし、これらについての多くのものをあなたがたは私たちの社会の賢明な者から聞く、それらの者を、この正午の後、私はあなたがたへ送る」。
His dictis surrexit princeps, et una cum illo convivae, ac pacem dixit, et mandavit angelo illorum ductori, ut reduceret illos in sua conclavia, et illis omnes honores civilitatis exhiberet; これらで言って、君主は立ち上がった、また一緒に彼の食卓仲間とともに、そして平和(祝福)を言った☆、また彼らの案内役の天使に命令した、彼らを自分の部屋の中へ追いやるように、また彼らにすべての敬意(名誉)の礼儀を示す。
「平安(平和)があなたがたにありますように」は挨拶です(ヘブル語で「シャローム」であり、これは今日でも使っています)
et quoque ut vocaret viros urbanitatis et affabilitatis, qui illos sermone de variis gaudiis hujus societatis oblectarent. そしてまた、上品で愛想のよい男たちを呼ぶように、その者は彼らをこの社会のいろいろな楽しさについての話しを楽しませる(喜ばせる)
 
(3) 訳文
744. 食卓のまわりに、側近の顧問官、宝物の顧問官、監督官たちは立った、また君主の命令から手を合わせ、一緒に主への祈り、賛美をつぶやいた。またこの後、君主の身振りから食卓の列に座った
 また、君主は十人の到来者に言った、「あなたがたもまた私と食卓に着け、見よ、そこにあなたがたの席」。彼らは食卓に着いた。また、前もって君主から彼らに仕えるようにされた 廷臣たちは、彼らに背後から立った。
 またその時。君主は彼らに言った、「それぞれの者が自分の輪からを、またその後、それぞれの者がピラミッドから小皿を取れ」。また、取った、すると見よ、直ちに新しいと小皿が、置かれたそれらに代わって現われた。そして、それらの杯は大きなピラミッドからわき上がる泉からブドウ酒で満たされた。また、食べた。
 [2] 豊満の中間の後(=〔食事が〕ほどよく満たされた後)、君主は十人の来客に話しかけ、言った。
 「私は、この天界の下にある地上で、あなたがたが天界の楽しさとまたここからの永遠の幸福についてあなたがたの思考を明らかにするために招集されたこと、またいろいろな種類のそれらを、それぞれの者が自分の身体の感覚の快さにしたがって明らかにしたことを聞いた。しかし、霊魂の快さなしに何が身体の感覚の快さか? それらを楽しむものは霊魂である。霊魂の快さは本質的に知覚されることができない幸福の状態である、しかし、さらにまたさらに、心の思考の中に、またこれらから身体の感覚の中に下るに応じて知覚できるものになる。心の思考の中で至福のように、身体の感覚の中で快さのように、また身体そのものの中で欲望のように知覚される。これらとそれらからの一緒であるものが永遠の幸福である)。しかし、後ろに位置するものだけからの幸福は永遠ではない、しかし一時的なものであり、それらは終わり、通り過ぎ、また時々、不幸なものになる。
 今や、あなたがたは、あなたがたの楽しさは天界の楽しさでもまたあること、また、あなたがたがこれまで(かつて)考えることができた以上にさらにまさったものであることを見ている、しかしそれでも、これらは内的に私たちの愛に働きかけない。
 [3] つのものとしてからたちの霊魂流入するつのものがあるこれらはつのものとしての三重実在(三位一体)すなわちこれは愛、知恵、役立ちの三重実在(三位一体)である――しかし、愛知恵情愛思考にだけ〔存在するので、観念的でないなら存在するようにならないしかし、役立ちは実際に存在する、同時身体活動きのにあるからである(またそこに実際存在するようになり、)そこにさらにまた存続するまた知恵役立ちの存在するようになり、存続するのでそれはたちにきかける役立ちでありそしてそれは〕忠実、自分職務きを誠実にまた勤勉たすことである――役立ちへのまたここから役立ちへの熱意、心発散しないようにまたぶらつかないようにまたすべての欲望吸収するようにそれら〔欲望〕身体からまたから感覚って誘惑とともに流入それらから宗教真理はまた道徳真理はその善行とともにすべての方向らされるしかし、役立ちへの熱意はそれらを、集めるまたをそれらの真理からの知恵容器えるまたその時、虚偽、せかけ虚栄、見世物から
しかしこれらについてのくのものをあなたがたはたちの社会賢明からであろう〕、それらの、午後、私はあなたがたへわす」。
 これらをって、君主がったまた食卓仲間一緒〔立がった〕、そして挨拶(平安あれ)ったまたらの案内役天使、彼らを自分部屋いやるようにまたらにすべての敬意すように、そしてまた、上品愛想のよいたちをぶように命令したそれらのらをこの社会のいろいろなしさについてのしでばせる
author:yasubee, category:原典講読『真教』第13章, 22:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark