RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』790,791
(1) 原文
790. Qualis futura haec ecclesia, describitur ample in Apocalypsi, ubi agitur de fine ecclesiae prioris et ortu Novae. Haec nova ecclesia describitur per Novam Hierosolymam, et per magnifica ejus, et quod futura sit Sponsa et Uxor Agni (xix. 7; xxi. 2,9). Praeterea ex Apocalypsi transumam duntaxat haec. Quando Nova Hierosolyma visa est descendere e caelo, dicitur,
 
"ECCE TABERNACULUM DEI CUM HOMINIBUS, QUI HABITABIT CUM ILLIS, ET ILLI POPULI IPSIUS ERUNT, IPSE ERIT CUM ILLIS DEUS ILLORUM...ET GENTES QUAE SALVANTUR, IN LUCE EJUS AMBULABUNT,...ET NOX NON ERIT IBI." "EGO JESUS MISI ANGELUM MEUM AD TESTANDUM VOBIS HAEC IN ECCLESIIS; EGO SUM RADIX ET GENUS DAVIDIS, STELLA SPLENDIDA ET MATUTINA;...SPIRITUS ET SPONSA DICUNT, VENI; ET QUI AUDIT, DICITO VENI; ET QUI SITIT, VENITO; ET QUI VULT, SUMITO AQUAM VITAE GRATIS....IMMO VENI, DOMINE JESU; AMEN" (xxi. 3, 24, 25; xxii. 16, 17, 20).
 
(2) 直訳
790. Qualis futura haec ecclesia, describitur ample in Apocalypsi, ubi agitur de fine ecclesiae prioris et ortu Novae. この教会の将来がどんなものか、「黙示録」の中に大いに描かれている、そこに前の教会の終わりについて、また新しいもの〔教会〕の出現。
Haec nova ecclesia describitur per Novam Hierosolymam, et per magnifica ejus, et quod futura sit Sponsa et Uxor Agni (xix. 7; xxi. 2,9). この新しい教会が新しいエルサレムによって描かれている、またその荘厳さによって、また花嫁と小羊の妻となること〔によって〕。
Praeterea ex Apocalypsi transumam duntaxat haec. さらに「黙示録」から私はただこれらを写し取る。
Quando Nova Hierosolyma visa est descendere e caelo, dicitur, 新しいエルサレムが天界から下って来ることが見られた時、言われている、
"ECCE TABERNACULUM DEI CUM HOMINIBUS, QUI HABITABIT CUM ILLIS, ET ILLI POPULI IPSIUS ERUNT, IPSE ERIT CUM ILLIS DEUS ILLORUM. 「見よ、神の幕屋が人間とともに〔ある〕、その者〔神〕は彼らとともに住む、また彼らはその方の民となる、その方は彼らに彼らの神になる。
..ET GENTES QUAE SALVANTUR, IN LUCE EJUS AMBULABUNT,...ET NOX NON ERIT IBI." ……また国(国民)は、それらは救われる、その〔神の〕光の中を歩く……またそこに夜はない」。
"EGO JESUS MISI ANGELUM MEUM AD TESTANDUM VOBIS HAEC IN ECCLESIIS; 「わたし、イエスはわたしの天使を遣わした、あなたがたに証しのためにこれらを教会の中に。
EGO SUM RADIX ET GENUS DAVIDIS, STELLA SPLENDIDA ET MATUTINA; わたしはダビデの根と子孫、輝くまた朝(の)星。
...SPIRITUS ET SPONSA DICUNT, VENI; ……霊と花嫁は言う、来い。
ET QUI AUDIT, DICITO VENI; また、聞く者は、言うこと、来い。
ET QUI SITIT, VENITO; また、渇く者は、来ること。
ET QUI VULT, SUMITO AQUAM VITAE GRATIS. また、いのちの水を欲する者は、ただで取れ。
...IMMO VENI, DOMINE JESU; ……確かに、来い、主イエス。
AMEN" (xxi. 3, 24, 25; xxii. 16, 17, 20). アーメン」(21:3, 24, 2522:16, 17, 20)
 
(3) 訳文
790. この教会の将来がどんなものかは、「黙示録」の中に、そこに前の教会の終わり、また新しいもの〔教会〕の出現について大いに描かれている。
 この新しい教会が、「新しいエルサレム」とその荘厳さによって、また花嫁と小羊の妻となることによって描かれている。
 さらに「黙示録」から、私はただこれらだけを写し取る。
 「新しいエルサレム」が天界から下って来ることが見られた時、言われている、
 
 「見よ、神の幕屋が人間とともに〔あり〕、神は彼らとともに住み、彼らはその方の民となり、その方は彼らに彼らの神になる。……救われる国(国民)は、神の光の中を歩く……またそこに夜はない」。
 「わたし、イエスは、わたしの天使を、あなたがたに証しのためにこれらを教会の中に遣わした。わたしはダビデの根と子孫、輝く朝星。……霊と花嫁は言う、来てください。また、聞く者は、言うこと、来てください。渇く者は、来ること。いのちの水を欲する者は、ただで取れ。……確かに、来てください、主イエスよ。アーメン」(21:3, 24, 2522:16, 17, 20)
 

 
MEMORANDUM.
備忘録(メモ)
 
(1) 原文
791. Postquam finitum est hoc opus, convocavit Dominus duodecim suos discipulos, qui Ipsum in mundo secuti sunt: et post diem emisit omnes in universum mundum spiritualem, ad praedicandum Evangelium, quod Dominus Deus Jesus Christus regnet, cujus Regnum erit in saecula saeculorum, secundum praedictionem a Daniele (vii. [1]13, 14) et in Apocalypsi (xi. 15):
 
Et quod beati sint, qui ad cenam nuptiarum Agni accedunt (Apoc. xix. 9).
 
Hoc factum est mense Junio, die 19, anno 1770. Hoc intellectum est per haec Domini verba,
 
"Mittet angelos suos et congregabunt electos Ipsius...a terminis caelorum usque ad terminos eorum" (Matth. xxiv. 31).
 
   @1 13, 14 pro “14”
 
(2) 直訳
791. Postquam finitum est hoc opus, convocavit Dominus duodecim suos discipulos, qui Ipsum in mundo secuti sunt: この著作が終わりされた後に、主は自分の十二弟子を招集した、その者はその方を世の中で従った。
et post diem emisit omnes in universum mundum spiritualem, ad praedicandum Evangelium, quod Dominus Deus Jesus Christus regnet, cujus Regnum erit in saecula saeculorum, secundum praedictionem a Daniele (vii. [1]13, 14) et in Apocalypsi (xi. 15): また日の後、すべての者を全霊界の中に遣わした、福音を伝道する(宣教する)ために、神なる主、イエス・キリストが支配すること、その王国は永久に(世々に)ある、ダニエル(7:12, 14)による予言にしたがってまた「黙示録」の中に(11:15)
Et quod beati sint, qui ad cenam nuptiarum Agni accedunt (Apoc. xix. 9). また、幸いであること、その者は小羊の婚礼の晩餐に近づく(黙示録19:9)
Hoc factum est mense Junio, die 19, anno 1770. このことは619日に行なわれた、1770年。
Hoc intellectum est per haec Domini verba, このことは主のこれらのことばによって意味される、
"Mittet angelos suos et congregabunt electos Ipsius...a terminis caelorum usque ad terminos eorum" (Matth. xxiv. 31). 「自分の天使たちを遣わす、またその方の選ばれた者を招集する……天の辺境(端)からその辺境(端)まで」(マタイ24:31)。
 
@1 13, 14 pro “14” 注1 14」の代わりに13, 14
 
(3) 訳文
791. この著作を終えた後、主は世でご自分に従った十二弟子を招集された――次の日、〔その〕すべての者を福音を宣べ伝えるために全霊界に遣わされた、ダニエルによる(7:12, 14)また「黙示録」(11:15)の中の予言にしたがって。神なる主、イエス・キリストが支配し、その王国は永久であることである。
 
 小羊の婚礼の晩餐に近づく者は幸いである(黙示録19:9)
 
 このことは1770619日に起こった。
このことは、主のこれらのことばによって意味される、
 
 「天のから端まで、ご自分の天使たちを遣わし、選ばれた者を招集される」(マタイ24:31)。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 23:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』789
(1) 原文
789. Praeterea de hac ecclesia, qualis futura est, reliqui Prophetae multis in locis praedixerunt, ex quibus haec pauca adducentur. Apud Sachariam,
 
"Erit dies unus qui notus Jehovae, non dies nec nox, quia circa tempus vesperae erit lux:...in die illo exibunt aquae vivae ex Hierosolyma;...et Jehovah erit in Regem super totam terram; in die illo erit Jehovah unus, et nomen Ipsius unum" (xiv. 7-9).
 
Apud Joelem,
 
"Fiet in die illo, stillabunt montes mustum, et colles fluent lacte;...et Hierosolyma sedebit in generationem et generationem" (iv. [B.A. iii.] 17-21).
 
Apud Jeremiam,
 
"Tempore illo vocabunt Hierosolymam thronum Jehovae, et congregabuntur omnes gentes ob nomen Jehovae Hierosolymam, neque ibunt amplius post confirmationem cordis sui mali" (iii. 17; Apoc.xxi. 24, 26).
 
Apud Esaiam,
 
"Oculi tui videant Hierosolymam, habitaculum tranquillum, tabernaculum quod non dissipabitur; non removebuntur clavi ejus in perpetuum, et ... funes ejus non avellentur" (xxxiii. 20).
 
[2.] In his locis per "Hierosolymam" intelligitur Sancta Hierosolyma nova, descripta in Apocalypsi (xxi.); per quam intelligitur Nova Ecclesia. Iterum apud Esaiam,
 
"Exibit virga de trunco Jischaji,...et erit justitia cingulum lumborum Ipsius, et veritas cingulum feminum ejus. Quare commorabitur lupus cum agno, et pardus cum haedo, vitulus et leo juvenis et saginatum una, puerque parvus ducet eos;... juvenca et ursus pascent, una cubabunt fetus eorum;...quin ludet sugens super foramine viperae, et super speluncam basilisci ablactatus manum suam impellet; non facient malum, neque corrumpent se in toto monte sanctitatis meae; quia plena erit terra scientia Jehovae. ...Fiet in die illo, Radicem Jischaji, quae stans in signum populorum, ...gentes quaerent, et erit quies Ipsius gloria" (xi. 1, 5-10).
 
Quod talia nondum in ecclesiis, et minus in ultima, exstiterint, notum est. Apud Jeremiam,
 
"Ecce dies venientes,...quibus pangam foedus novum;... et hoc erit foedus....dabo legem meam in medio eorum, et super cor scribam illam, eroque illis in Deum, et illi erunt Mihi in populum.... omnes cognoscent Me a minimo eorum usque ad maximum eorum" (xxxi. 31-34; Apoc. xxi. 3).
 
[3.] Quod haec in ecclesiis ante hac non data sint, etiam notum est, causa fuit quia non adiverunt Deum visibilem, quem omnes cognoscent, et quia Ipse est Verbum, seu Lex, quam ponet in medio eorum, et super cor scribet illam. Apud Esaiam,
 
"Propter Hierosolymam non quiescam, usque dum exeat sicut splendor justitia ejus, ac salus ejus sicut lampas ardeat;...et vocabitur tibi nomen novum, quod os Jehovae enuntiabit; et eris corona decoris..., et cidaris regni in manu Dei tui;....beneplacebit Jehovah in te, et terra tua maritabitur..... Ecce salus tua veniet, ecce merces ejus cum Ipso;....et vocabunt illos, [1]populum sanctitatis, [2]redemptos Jehovae, et tu vocaberis quaesita urbs, et non deserta" ([[3]lxii. 1-4, 11, 12]).
 
   @1 populum pro “populous” (vide A.C., n. 6281). @2 redemptos pro “redempti” (vide A.C., n. 6281). @3 cap. lxii. 1-4, 11, 12 (cum exemplo Auctoris).
 
(2) 直訳
789. Praeterea de hac ecclesia, qualis futura est, reliqui Prophetae multis in locis praedixerunt, ex quibus haec pauca adducentur. さらに、この教会について、どのようなものになるか、他の預言者の多くの箇所に予言された、それらからここにわずかなものが提示される。
Apud Sachariam, 「ゼカリヤ(書)」のもとに
"Erit dies unus qui notus Jehovae, non dies nec nox, quia circa tempus vesperae erit lux: 「一つの日がある、それはエホバに知られている、〔その日に〕日も夜もない、夕の時のまわりに、光がある。
...in die illo exibunt aquae vivae ex Hierosolyma; ……その日に、エルサレムから生きている水が出る。
...et Jehovah erit in Regem super totam terram; ……またエホバは全地の上の王の中にいる。
in die illo erit Jehovah unus, et nomen Ipsius unum" (xiv. 7-9). その日に、エホバは一つになる、またその方の名前は一つ」(14:7-9)
Apud Joelem, 「ヨエル(書)」のもとに
"Fiet in die illo, stillabunt montes mustum, et colles fluent lacte; 「その日の中にある、山々は新しいブドウ酒をしたたらせる、また丘々は乳を流す。
...et Hierosolyma sedebit in generationem et generationem" (iv. [B.A. iii.] 17-21). また、エルサレムは世代と世代の中で座る(住む)(4:17-21)
Apud Jeremiam, 「エレミヤ(書)」のもとに、
"Tempore illo vocabunt Hierosolymam thronum Jehovae, et congregabuntur omnes gentes ob nomen Jehovae Hierosolymam, neque ibunt amplius post confirmationem cordis sui mali" (iii. 17; Apoc.xxi. 24, 26). 「その時、エルサレムはエホバの王座と呼ばれる、またすべての国(国民)はエホバの名前のためにエルサレムを集める、もはや歩きもしない、自分の悪の心の強くすることの後」(3:17、黙示録21:24, 26)
Apud Esaiam, 「イザヤ(書)」のもとに、
"Oculi tui videant Hierosolymam, habitaculum tranquillum, tabernaculum quod non dissipabitur; 「あなたの目はエルサレムを見る、静かな住まい、天幕は、それは散らされない。
non removebuntur clavi ejus in perpetuum, et ... funes ejus non avellentur" (xxxiii. 20). そのくいは永久に取り去られない、また……その綱は引き離されない」(33:20)
[2.] In his locis per "Hierosolymam" intelligitur Sancta Hierosolyma nova, descripta in Apocalypsi (xxi.); [2] これらの箇所の中に「エルサレム」によって、聖なる〔都〕新しいエルサレムが意味される、「黙示録」の中に描かれた(21)
per quam intelligitur Nova Ecclesia. それによって新しい教会が意味される。
Iterum apud Esaiam, 再び「イザヤ(書)」のもとに、
"Exibit virga de trunco Jischaji,...et erit justitia cingulum lumborum Ipsius, et veritas cingulum feminum ejus. 「エッサイの幹から枝が出る……また、義がその方の腰の帯になる、また狄人瓩そのももの帯。
Quare commorabitur lupus cum agno, et pardus cum haedo, vitulus et leo juvenis et saginatum una, puerque parvus ducet eos; それゆえ、オオカミは子羊と滞在する、またヒョウは子ヤギと、子牛と若いライオンと肥えたもの〔家畜〕は一緒に、そして小さい少年がそれらを導く。
... juvenca et ursus pascent, una cubabunt fetus eorum; ……若い雌牛と雄クマは食う、一緒にそれらの子は伏せる。
...quin ludet sugens super foramine viperae, et super speluncam basilisci ablactatus manum suam impellet; ……そのようにではなく、吸う者はマムシの穴の上で遊ぶ、またバジリスクのほら穴の上で、乳離れさせられた者は自分の手を動かす。
non facient malum, neque corrumpent se in toto monte sanctitatis meae; 悪は行なわれない、わたしの聖なる全山の中でもそれ自体を害さない。
quia plena erit terra scientia Jehovae. エホバへの知識が地を満たすからである。
...Fiet in die illo, Radicem Jischaji, quae stans in signum populorum, ...gentes quaerent, et erit quies Ipsius gloria" (xi. 1, 5-10). ……その日に生じる、エッサイの根が、それは民のしるしの中に(として)立つ……国(国民)は求める、またその方の休息は栄光になる」(11:5-10)
Quod talia nondum in ecclesiis, et minus in ultima, exstiterint, notum est. このようなことがまだ教会の中に、またまして〔教会の〕最後のものの中に、存在しなかったことが、よく知られている。
Apud Jeremiam, 「エレミヤ(書)」のもとに、
"Ecce dies venientes,...quibus pangam foedus novum; 「見よ、日々がやって来る……そこで、私は新しい契約を結ぶ。
... et hoc erit foedus....dabo legem meam in medio eorum, et super cor scribam illam, eroque illis in Deum, et illi erunt Mihi in populum.... omnes cognoscent Me a minimo eorum usque ad maximum eorum" (xxxi. 31-34; Apoc. xxi. 3). ……これは契約となる……わたしはわたしの律法を彼らの真ん中に与える、また心の上にそれらを書く、そして私は彼らに神の中になる☆、また彼らはわたしに民の中になる……すべての者はわたしを知る、彼らの最小の者から彼らの最大の者まで」(31:31-34、黙示録21:3)
eroqueero(私はなる)+que(そして)
[3.] Quod haec in ecclesiis ante hac non data sint, etiam notum est, causa fuit quia non adiverunt Deum visibilem, quem omnes cognoscent, et quia Ipse est Verbum, seu Lex, quam ponet in medio eorum, et super cor scribet illam. [3] これらのことが前のこの教会の中に存在しなかったことは、さらにまたよく知られている、理由があった、目に見える神に近づかなかったからである、その者をすべての者が認める、またその方はみことば、すなわち、律法である、それを彼らの真ん中に置く、またそれを心の上に書く。
Apud Esaiam, 「イザヤ(書)」のもとに、
"Propter Hierosolymam non quiescam, usque dum exeat sicut splendor justitia ejus, ac salus ejus sicut lampas ardeat; 「エルサレムのために、わたしは休まない、その義が輝きのように出る時までは、そしてその救いが明かりのように燃える。
...et vocabitur tibi nomen novum, quod os Jehovae enuntiabit; ……またあなたに新しい名前が呼ばれる、それをエホバの口が発声する。
et eris corona decoris..., et cidaris regni in manu Dei tui; またあなたは美しい冠となる……また神の手の中の王のかぶり物に。
....beneplacebit Jehovah in te, et terra tua maritabitur. ……エホバはあなたの中で喜ぶ、またあなたの地は夫を与えられる。
.... Ecce salus tua veniet, ecce merces ejus cum Ipso; ……見よ、あなたの救いが来る、見よ、その報酬がその方に。
....et vocabunt illos, [1]populum sanctitatis, [2]redemptos Jehovae, et tu vocaberis quaesita urbs, et non deserta" ([[3]lxii. 1-4, 11, 12]). ……また彼らを呼ぶ、聖なる民と、エホバにあがなわれた者と、また、あなたは捜し求めた都と呼ばれる、また見捨てられない」(62:1-4, 11, 12)
 
@1 populum pro “populous” (vide A.C., n. 6281). 注1 populous」の代わりにpopulum (著者の写し(本)に)
@2 redemptos pro “redempti” (vide A.C., n. 6281). 注2 redempti」の代わりにredemptos (『天界の秘義』6281番参照)
@3 cap. lxii. 1-4, 11, 12 (cum exemplo Auctoris). 注3 cap. lxii. 1-4, 11, 12(著者の写し(本)に)
 
(3) 訳文
789. さらに、この教会について、どのようなものになるか、他の預言者の多くの箇所に予言された、それらからここにわずかなものが提示される。
 「ゼカリヤ」に
 
 「一つの日がある、それはエホバに知られている、〔その日に〕日も夜もない、夕の時あたりに光がある。……その日に、エルサレムから生け水が出る。……またエホバは全地の上の王になる。その日に、エホバは一つに、またその方の名前は一つになる」(14:7-9)
 
 「ヨエル」に
 
 「その日に、山々は新しいブドウ酒をしたたらせる、また丘々は乳を流す。また、エルサレムは世代と世代の中に住む(4:17-21)
 
 「エレミヤ」に、
 
 「その時、エルサレムはエホバの王座と呼ばれ、すべての国はエホバの名前のためにエルサレムに集めり、自分の悪の心の強くすることの後、もはや歩きもしない、」(3:17、黙示録21:24, 26)
 
 「イザヤ」に、
 
「あなたの目は、静かな住まいエルサレムを見る、〔その〕天幕は散らされない。そのくいは永久に取り去られない、また……その綱は引き離されない」(33:20)
 
 [2] これらの箇所の中に「エルサレム」によって、「黙示録」の中に描かれた聖なる〔都〕新しいエルサレムが意味される(21)。それによって新しい教会が意味される。
 再び「イザヤ」に、
 
 「エッサイの幹から枝が出る……義がその方の腰の帯に、また狄人瓩そのももの帯になる。
 それゆえ、オオカミは子羊と、またヒョウは子ヤギと、子牛と若いライオンと肥えたもの〔家畜〕は一緒に滞在する、そして小さい少年がそれらを導く。……若い雌牛と雄クマは食う、一緒にそれらの子は伏せる。……そのようにではなく、〔乳を〕吸う者はマムシの穴の上で、またバジリスクのほら穴の上で遊ぶ、乳離れさせられた者は自分の手を動かす。悪は行なわれない、わたしの聖なる全山の中でもそれ自体を害さない。エホバへの知識が地を満たすからである。……その日に、エッサイの根が生じる、それは民のしるしとして立つ……国は求める、またその方の休息は栄光になる」(11:5-10)
 
 このようなことが、いまだ教会の中に、またまして〔教会の〕最後のものの中に、存在しなかったことが、よく知られている。
 「エレミヤ」に、
 
 「見よ、日々がやって来る……その日に、私は新しい契約を結ぶ。……これは契約となる……わたしはわたしの律法を彼らの真ん中に与え、また心の上にそれらを書く、そして私は彼らに神となる、また彼らはわたしに民となる……すべての者は、彼らの最小の者から彼らの最大の者まで、わたしを知る」(31:31-34、黙示録21:3)
 
 [3] これらのことが前のこの教会の中に存在しなかったこと、さらにまたよく知られていることには理由があった、目に見える神に近づかなかったからである、その者をすべての者が認め、またその方は、みことば、すなわち、律法であり、それを彼らの真ん中に置き、またそれを心の上に書かれた〔のであった〕。
 「イザヤ」に、
 
 「エルサレムのために、わたしは休まない、その義が輝きのように出て、そしてその救いが明かりのように燃える時までは。……あなたも新しい名前が呼ばれ、それをエホバの口が発声する。あなたは美しい冠……神の手の中の王のかぶり物になる。……エホバはあなたの中で喜び、あなたの地は夫を与えられる。……見よ、あなたの救いが来る、見よ、その報酬がその方に〔ある〕。……また彼らを、聖なる民、エホバにあがなわれた者と呼ぶ、また、あなたは捜し求めた都、見捨てられない都と呼ばれる」(62:1-4, 11, 12)
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 00:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』788
(1) 原文
788. Quod haec ecclesia successura sit ecclesiis, quae a principio mundi exstiterunt, et quod duratura sit in saecula saeculorum; et quod sic futura sit corona omnium ecclesiarum, quae antea fuerunt, prophetavit Daniel; primum dum enarravit et explicuit Nebuchadnezari somnium ejus de quatuor regnis, per quae intelliguntur quatuor ecclesiae per statuam ei visam repraesentatae, dicens,
 
"In diebus horum (regum) surgere faciet Deus caelorum regnum quod in saecula non peribit,...et consumet omnia illa regna, illud autem stabit in saecula" (ii. 44);
 
et quod hoc fiet per
 
Lapidem factum in Petram magnam implentem omnem terram (vers. 35):
 
per "petram" in Verbo intelligitur Dominus quoad Divinum Verum. Et idem Propheta alibi:
 
"Videns fui in visionibus noctis, et ecce cum nubibus caelorum sicut Filius hominis,...et Huic datum est dominium, et gloria, et regnum; et omnes populi, gentes et linguae Ipsum colent; dominium Ipsius dominium saeculi, quod non transibit et regnum...quod non peribit" (vii. 13, 14);
 
et haec dicit, postquam vidit quatuor Bestias magnas e mari ascendentes (vers. 3), per quas etiam quatuor ecclesiae priores repraesentatae sunt. Quod haec a Daniele prophetata sint de hoc tempore, constat a verbis ejus, xii. 4; tum a Domini verbis, Matth. xxiv. 15, 30. Similia dicuntur in Apocalypsi,
 
"Septimus angelus clanxit; tunc factae sunt voces magnae in caelo, [[1]dicentes] Facta sunt regna [[2]mundi] Domini nostri et Christi Ipsius, et regnabit in saecula saeculorum" (xi. 15).
 
   @1 dicentes (cum exemplo Auctoris). @2 mundi (cum exemplo Auctoris).
 
(2) 直訳
788. Quod haec ecclesia successura sit ecclesiis, quae a principio mundi exstiterunt, et quod duratura sit in saecula saeculorum; この教会が諸教会に続くこと、それらは世の始めから存在してきた、また世々(永久)に存続すること。
et quod sic futura sit corona omnium ecclesiarum, quae antea fuerunt, prophetavit Daniel; またこのようにすべての教会の冠になること、それらは前にあった、ダニエルが預言した。
primum dum enarravit et explicuit Nebuchadnezari somnium ejus de quatuor regnis, per quae intelliguntur quatuor ecclesiae per statuam ei visam repraesentatae, dicens, 最初に、ネブカデネザルに彼の夢を話した、また説明した時、四つの王国について、それらによって四つの教会が意味される、彼に見られた像によって表象された〔王国〕、言って、
"In diebus horum (regum) surgere faciet Deus caelorum regnum quod in saecula non peribit,...et consumet omnia illa regna, illud autem stabit in saecula" (ii. 44); 「これらの(王たち)の日々の中で、天の神は王国を起こす、それは永久に(時代の中で)滅びない……またそれらのすべての王国を滅ぼす(食い尽す)、それでも、それは永久に(時代の中で)立つ」(2:44)
et quod hoc fiet per またこのことが〜によって生じたこと
Lapidem factum in Petram magnam implentem omnem terram (vers. 35): 大きな岩となって全地に満ちた岩〔によって〕(35)
per "petram" in Verbo intelligitur Dominus quoad Divinum Verum. 「岩」によって、みことばの中で神的な真理に関する主が意味される。
Et idem Propheta alibi: また同じ預言者の他の箇所に――
"Videns fui in visionibus noctis, et ecce cum nubibus caelorum sicut Filius hominis,...et Huic datum est dominium, et gloria, et regnum; 「私は夜の幻の中に見ていた、また、見よ、天の雲の中に、人のこのような〔方が〕……またこの方に主権(支配)、また栄光、また王国が与えられた。
et omnes populi, gentes et linguae Ipsum colent; またすべての民、王国と言語がその方を礼拝する。
dominium Ipsius dominium saeculi, quod non transibit et regnum...quod non peribit" (vii. 13, 14); その方の主権(支配)は時代(永遠)の主権(支配)、それは過ぎ去らない、また王国は……滅びない」(7:13, 14)
et haec dicit, postquam vidit quatuor Bestias magnas e mari ascendentes (vers. 3), per quas etiam quatuor ecclesiae priores repraesentatae sunt. またこのことを言った、海から上がって来る四つの大きな獣を見た後(3)、それらによってもまた前の四つの教会が表象された。
Quod haec a Daniele prophetata sint de hoc tempore, constat a verbis ejus, xii. 4; ダニエルによって預言されたこのことは、この時代についてであることは彼のことばから明らかである、12:4
tum a Domini verbis, Matth. xxiv. 15, 30. なおまた、主のことばから、マタイ24:15, 30
Similia dicuntur in Apocalypsi, 同様のことが「黙示録」の中に言われている、
"Septimus angelus clanxit; 「第七の天使がらっぱを吹いた。
tunc factae sunt voces magnae in caelo, [[1]dicentes] Facta sunt regna [[2]mundi] Domini nostri et Christi Ipsius, et regnabit in saecula saeculorum" (xi. 15). その時、天の中に大きな声が起こった、(言って) (世の)王国が私たちの主のものになった、またそのキリストのものに、また世々(永久)に支配する」(11:15)
 
@1 dicentes (cum exemplo Auctoris). 注1 dicentes(著者の写し(本)に)
@2 mundi (cum exemplo Auctoris). 注2 mundi(著者の写し(本)に)
 
(3) 訳文
788. この教会が世の始めから存在してきた諸教会に続くこと、また永久に存続すること、またこのように前にあったすべての教会の冠になることをダニエルが預言した。最初に、ネブカデネザルに彼の夢を話し、四つの王国についてまた説明した時、彼に見られた像によって表象された四つの教会が意味される、〔次のように〕言って、
 
 「これらの(王たち)の時代に、天の神は永久に滅びない王国を起こす、……またそれらのすべての王国を滅ぼす、それでも、それは永久に立つ」(2:44)
 
またこのことが「大きな岩となって全地に満ちた岩」(35)〜によって生じたこと。「岩」によって、みことばの中で神的な真理に関する主が意味される。
 また同じ預言者の他の箇所に――
 
 「私は夜の幻の中に見ていた。見よ、天の雲の中に、人のこのような〔方が〕……またこの方に主権、栄光、王国が与えられた。またすべての民、王国と言語がその方を礼拝する。その方の主権は永遠の主権であり、それは過ぎ去らない、また王国は……滅びない」(7:13, 14)
 
 またこのことを言ったのは、海から上がって来る四つの大きな獣を見た後(3)であり、それらによってもまた前の四つの教会が表象された。
 ダニエルによって預言されたこのことは、この時代についてであることは彼のことばから明らかである、12:4。なおまた、主のことばから、マタイ24:15, 30
 同様のことが「黙示録」の中に言われている、
 
 「第七の天使がらっぱを吹いた。その時、天の中に大きな声が起こった(言って)、(世の)王国が私たちの主のものに、またそのキリストのものになった、また永久に支配する」(11:15)
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 01:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』787
(1) 原文
787. Quod Nova haec Ecclesia sit Corona omnium ecclesiarum, quae huc usque in terrarum orbe fuerunt, est quia colet Deum unum visibilem, in quo est Deus invisibilis, sicut anima est in corpore; quod sic et non aliter conjunctio Dei cum homine dabilis sit, est quia homo est naturalis, et inde naturaliter cogitat, et conjunctio erit in cogitatione, et sic in affectione amoris ejus, et hoc fit cum homo cogitat de Deo ut Homine. Conjunctio cum Deo invisibili est sicut conjunctio visus oculi cum expanso universi, cujus finem non videt: ut et sicut visus in medio oceano, qui cadit in aerem et in mare, et perit: at vero conjunctio cum Deo visibili, est sicut visus hominis in aere seu mari expandentis manus ac invitantis in ulnas suas. Nam omnis conjunctio Dei cum homine, erit quoque reciproca hominis cum Deo, et alterum hoc reciprocum non dabile est, nisi cum Deo visibili. Quod Deus ante assumptum Humanum, non visibilis fuerit, docet et Ipse Dominus apud Johannem:
 
"Non vocem" Patris "audivistis unquam, neque speciem Ipsius vidistis" (v. 37).
 
et apud Mosen,
 
Quod nemo videre possit Deum, et vivere (Exod. xxxiii. 20).
 
Quod autem videatur per Humanum Ipsius, apud Johannem:
 
"Deum nemo vidit unquam; Unigenitus Filius, qui in sinu Patris est Ille exposuit" (i. 18):
 
et apud eundem,
 
Jesus dixit, "Ego sum via, veritas et vita, nemo venit ad Patrem nisi per Me;" qui cognoscit Me, cognoscit Patrem, et "qui videt Me, videt Patrem" (xiv. 6, 7, 9).
 
Quod conjunctio sit cum Deo invisibili per Ipsum visibilem, ita per Dominum, docet Ipse in his locis:
 
Jesus dixit, "Manete in Me, etiam Ego in vobis;... qui manet in Me, et Ego in illo, hic fert fructum multum" (Joh. xv. 4, 5).
"In illa die cognoscetis, quod Ego in Patre..., et vos in Me, et Ego in vobis" (Joh. xiv. 20).
"Ego gloriam, quam dedisti Mihi, dedi illis, ut sint unum, sicut nos unum sumus; Ego in illis et Tu in Me,...ut amor, quo amasti Me, in illis sit, et Ego in illis" (Joh. xvii. 21-23, 26; et quoque vi. 56).
 
Tum quod Pater et Ipse unum sint; et quod credendum sit in Ipsum ut quis vitam aeternam habeat. Quod salus pendeat a conjunctione cum Deo, supra multis ostensum est.
 
(2) 直訳
787. Quod Nova haec Ecclesia sit Corona omnium ecclesiarum, quae huc usque in terrarum orbe fuerunt, est quia colet Deum unum visibilem, in quo est Deus invisibilis, sicut anima est in corpore; この新しい教会がすべての教会の冠であることは、それらは地の(地)球の中にあった、一つの目に見える神を礼拝するからである、その中に目に見えない神がいる、霊魂が身体の中にあるように。
quod sic et non aliter conjunctio Dei cum homine dabilis sit, est quia homo est naturalis, et inde naturaliter cogitat, et conjunctio erit in cogitatione, et sic in affectione amoris ejus, et hoc fit cum homo cogitat de Deo ut Homine. このようにまた異なって人間との神の結合がありえないことは、人間が自然的であるからである、またここから自然的に考える、また思考の中に結合がある(未来)、またこのように彼の愛の情愛の中に、またこのことは人間が神について人間として考えるときに生じる。
Conjunctio cum Deo invisibili est sicut conjunctio visus oculi cum expanso universi, cujus finem non videt: 目に見えない神との結合は宇宙の広大な広がり(大空)と目の視覚の結合のようである、その終わりは見えない。
ut et sicut visus in medio oceano, qui cadit in aerem et in mare, et perit: そのようにまた、大洋の真ん中の視覚のよう〔である〕、それは空気の中にまた海の中に落ちる、また滅びる(失われる)
at vero conjunctio cum Deo visibili, est sicut visus hominis in aere seu mari expandentis manus ac invitantis in ulnas suas. しかし、目に見える神との結合は、人間の視覚のようである、空気または海の中で手を広げて、そして自分の腕の中に招いて〔いる〕。
Nam omnis conjunctio Dei cum homine, erit quoque reciproca hominis cum Deo, et alterum hoc reciprocum non dabile est, nisi cum Deo visibili. なぜなら、人間との神のすべての結合は、神との人間の相互のものでもある(未来)からである、またこの相互のものと異なるものはありえない、目に見える神とでないなら。
Quod Deus ante assumptum Humanum, non visibilis fuerit, docet et Ipse Dominus apud Johannem: 人間性をとった(まとった)前の神が、見えないものであったことは、また主ご自身が「ヨハネ(福音書)」のもとで教えている――
"Non vocem" Patris "audivistis unquam, neque speciem Ipsius vidistis" (v. 37). 「声を」父の「あなたがたはかつて聞かない、その方の姿もあなたがたは見ない」(5:37)
et apud Mosen, また「モーセ(の書)」のもとに、
Quod nemo videre possit Deum, et vivere (Exod. xxxiii. 20). だれも神を見ることができないこと、また生きること(出エジプト記33:20)
Quod autem videatur per Humanum Ipsius, apud Johannem: けれども、その方の人間性を通して見られることは、「ヨハネ(福音書)」のもとに――
"Deum nemo vidit unquam; 「神をだれもかつて見ていない。
Unigenitus Filius, qui in sinu Patris est Ille exposuit" (i. 18): 神のひとり子が、その者は父のふところにいる、その方が説明した」(1:18)
ここにカンマ(,)が抜け落ちています。初版は正しいです。
et apud eundem, また同書のもとに、
Jesus dixit, "Ego sum via, veritas et vita, nemo venit ad Patrem nisi per Me;" イエスは言った、「わたしは道である、狄人瓩箸い里繊△世譴發錣燭靴鯆未靴討任覆い覆乕磴悗笋辰突茲覆ぁ廖
qui cognoscit Me, cognoscit Patrem, et "qui videt Me, videt Patrem" (xiv. 6, 7, 9). わたしを知る者は、父を知る、また「わたしを見る者は、父を見る」(14:6, 7, 9)
Quod conjunctio sit cum Deo invisibili per Ipsum visibilem, ita per Dominum, docet Ipse in his locis: 目に見えない神との結合は、目に見えるその方を通してであること、そのように主を通して、その方がこれらの箇所の中に教えている――
Jesus dixit, "Manete in Me, etiam Ego in vobis; イエスは言った、「わたしの中にとどまれ、わたしもまたあなたがたの中に。
... qui manet in Me, et Ego in illo, hic fert fructum multum" (Joh. xv. 4, 5). ……わたしの中にとどまる者は、またわたしが彼の中に、この者は多くの実を結ぶ」(ヨハネ15:4, 5)
"In illa die cognoscetis, quod Ego in Patre..., et vos in Me, et Ego in vobis" (Joh. xiv. 20). 「その日の中で、あなたがたは知る、わたしが父の中に……またあなたがたがわたしの中に、またわたしがあなたがたの中に〔いる〕こと」(ヨハネ14:20)
"Ego gloriam, quam dedisti Mihi, dedi illis, ut sint unum, sicut nos unum sumus; 「わたしは栄光を、それをあなたがわたしに与えた、彼らに与えた、一つであるために、わたしたちは一つであるように。
Ego in illis et Tu in Me,...ut amor, quo amasti Me, in illis sit, et Ego in illis" (Joh. xvii. 21-23, 26; et quoque vi. 56). わたしは彼らの中に、またあなたはわたしの中に……愛が〔ある〕ために、それであなたがわたしを愛した、彼らの中にあるために、またわたしが彼らの中に」(ヨハネ17:21-23, 26、そしてまた6:56)
Tum quod Pater et Ipse unum sint; なおまた、父とその方は一つであること。
et quod credendum sit in Ipsum ut quis vitam aeternam habeat. またその方を信じなくてはならないこと、だれも永遠のいのちを持つために。
Quod salus pendeat a conjunctione cum Deo, supra multis ostensum est. 救いが神との結合にかかっていることは、上の多くのものに示されている。
 
(3) 訳文
787. この新しい教会が地上あったすべての教会の冠であることは、目に見える一つの神を礼拝するからである、霊魂が身体の中にあるようにその中に目に見えない神がいる。このようにまた〔これと〕異なって人間との神の結合がありえないことは、人間が自然的であり、ここから自然的に考え、また思考の中に結合が、またこのように彼の愛の情愛の中にあり、またこのことは人間が神について人間として考えるときに生じるからである。
 目に見えない神との結合は、宇宙の広大な広がと目の視覚の結合のようである、その〔広がりの〕終わりは見えない。そのようにまた、大洋の真ん中の視覚のようであり、それは空中にまた海の中に落ち、失われる。しかし、目に見える神との結合は、空気または海の中で手を広げて、そして自分の腕の中に招いている人間を見るようなものである。
 なぜなら、人間との神のすべての結合は、神との人間の相互のものでなくてはならないからである、またこの相互のものと異なるものは、目に見える神とでないならありえない。
人間性をまとう以前の神が、見えないものであったことは、主ご自身が「ヨハネ福音書」で教えている――
 
 「父の声をあなたがたはかつて聞ていない、その方の姿もあなたがたは見ていない」(5:37)
 
 また「モーセの書」に、
 
 だれも神を見て、また生きることができないこと(出エジプト記33:20)
 
 けれども、その方の人間性を通して見られることは、「ヨハネ福音書」に――
 
 「だれもかつて神を見ていない。父のふところにいる神のひとり子が、その方が説き明かした」(1:18)
 
 また同書に、
 
 イエスは言った、「わたしは道、狄人瓠△い里舛任△襦△世譴發錣燭靴鯆未靴討任覆い覆乕磴慷茲覆ぁ廖わたしを知る者は、父を知る、また「わたしを見る者は、父を見る」(14:6, 7, 9)
 
目に見えない神との結合は、目に見えるその方を通して、そのように主を通してであることを、その方がこれらの箇所で教えている――
 
 イエスは言った、「わたしの中にとどまれ、わたしもまたあなたがたの中に〔とどまる〕。……わたしの中にとどまり、またわたしが彼の中にとどまる者は、この者は多くの実を結ぶ」(ヨハネ15:4, 5)
 「その日に、あなたがたは、わたしが父の中に……またあなたがたがわたしの中に、またわたしがあなたがたの中に〔いる〕ことを知る」(ヨハネ14:20)
 「あなたがわたしに与えた栄光を、わたしは彼らに与えた、わたしたちが一つであるように、一つであるために。
 わたしは彼らの中に、またあなたはわたしの中に〔いる〕……あなたがわたしを愛した、その愛が彼らの中にあり、またわたしが彼らの中にために」(ヨハネ17:21-23, 26、そしてまた6:56)
 
 なおまた、父とその方は一つであること。また、だれも永遠のいのちを持つためにその方を信じなくてはならないこと。
 救いが神との結合にかかっていることは、前の多くのものに示されている。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 23:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』786 (2016年1月20日)
[X.]
QUOD NOVA HAEC ECCLESIA SIT CORONA OMNIUM ECCLESIARUM,
QUAE HUC USQUE IN TERRARUM ORBE FUERUNT.
この新しい教会はすべての教会の冠であること、
それらはこれまで地の世界の中にあった。
 
(1) 原文
786. Quod quatuor ecclesiae in communi a principio in hac tellure fuerint, una ante diluvium, altera post diluvium, tertia Israelitica, et quarta nominata Christiana, supra ostensum est; et quia omnes ecclesiae pendent a cognitione et agnitione unius Dei, cum quo homo ecclesiae potest conjungi, et omnes quatuor ecclesiae non in illa veritate fuerunt, sequitur quod una ecclesia illis quatuor successura sit, [1]quae unum Deum cognoscet et agnoscet. Divinus Amor Dei non aliud pro fine habuit, cum creavit mundum, quam ut hominem conjungat Sibi, et Se homini, et sic habitet cum homine. Quod ecclesiae priores non in veritate fuerint, est quia Antiquissima Ecclesia, quae fuit ante diluvium, coluit Deum invisibilem, cum quo nulla conjunctio dabilis est; Antiqua Ecclesia, quae fuit post diluvium, similiter; Ecclesia Israelitica coluit Jehovam, qui in Se est Deus invisibilis (Exod. xxxiii. 18-23). sed sub forma humana, quam Jehovah Deus per angelum induit, in qua visus est Mosi, Abrahamo, Sarae, Hagari, Guideoni, Josuae, et quandoque prophetis; quae humana forma fuit repraesentativa Domini venturi, et quia haec fuit repraesentativa, ideo etiam omnia et singula ecclesiae illorum facta sunt repraesentativa. Quod sacrificia et reliqua cultus illorum repraesentaverint Dominum venturum, et quod illa abrogata sint, dum venit, notum est. Quarta autem est ecclesia, quae vocata est Christiana, quidem oretenus agnovit Deum unum, sed in tribus personis, quarum unaquaevis singulatim seu per se, esset Deus, et sic trinitatem divisam, et non in una Persona unitam, inde haesit in mente idea trium Deorum, tametsi in labiis vox unius Dei. Et insuper doctores ecclesiae, ex ipsa sua doctrina, quam post Concilium Nicaenum concinnarunt, docent quod credendum sit in Deum Patrem, Deum Filium, et Deum Spiritum Sanctum, omnes invisibiles, quia ante mundum in simili essentia Divina existentes, (et tamen cum Deo invisibili, ut supra dictum est, non dabilis est conjunctio,) adhuc nescientes, quod Deus unus, qui invisibilis, in mundum venerit, et assumpserit Humanum, non modo ut redimeret homines, sed etiam ut visibilis fieret, et sic conjungibilis, nam legitur,
 
"Verbum erat apud Deum, et Deus erat Verbum;....et verbum caro factum est" (Joh. i. [2]1, 14);
 
et apud Esaiam:
 
"Puer natus est nobis, et Filius datus est nobis,...cujus nomen,...Deus Heros, Pater aeternitatis" (ix. 5 [B.A. 6]);
 
et apud Prophetas pluries, quod Ipse Jehovah in mundum venturus sit, et futurus Redemptor, quod etiam factus est in Humano, quod assumpsit.
 
   @1 quae pro “qui” @2 1, 14 pro “1-14”
 
(2) 直訳
786. Quod quatuor ecclesiae in communi a principio in hac tellure fuerint, una ante diluvium, altera post diluvium, tertia Israelitica, et quarta nominata Christiana, supra ostensum est; 四つの教会が全般的に初めからこの地球の中にあったことは、一つは洪水前、もう一つは洪水後、第三のものはイスラエルのもの、また第四のものはキリストのと呼ばれた、上に示されている。
et quia omnes ecclesiae pendent a cognitione et agnitione unius Dei, cum quo homo ecclesiae potest conjungi, et omnes quatuor ecclesiae non in illa veritate fuerunt, sequitur quod una ecclesia illis quatuor successura sit, [1]quae unum Deum cognoscet et agnoscet. またすべての教会は唯一の神の認識(知識)認知にかかっている(しだいである)ので、それに教会の人間は結合されることができる、またすべての四つの教会はその狄人瓩涼罎砲覆った、〜がいえる、一つの教会がそれらの四つの教会に続くこと、それは一つの神を知る、また認める。
Divinus Amor Dei non aliud pro fine habuit, cum creavit mundum, quam ut hominem conjungat Sibi, et Se homini, et sic habitet cum homine. 神の神的な愛は他のものを目的として持たなかった、世を創造したとき、以外に、人間を自分自身に結合させるための、また自分自身が人間に、またこのように人間と住む。
Quod ecclesiae priores non in veritate fuerint, est quia Antiquissima Ecclesia, quae fuit ante diluvium, coluit Deum invisibilem, cum quo nulla conjunctio dabilis est; 前の教会は狄人瓩涼罎砲覆ったこと、最古代教会は、それは洪水前にあった、目に見えない神を崇拝した、それに決して結合はありえない。
Antiqua Ecclesia, quae fuit post diluvium, similiter; 古代教会は、それは洪水後にあった、同様に。
Ecclesia Israelitica coluit Jehovam, qui in Se est Deus invisibilis (Exod. xxxiii. 18-23). イスラエル教会はエホバを崇拝した、その者は本質的に(本来)、目に見えない神である(出エジプト記33:18-23)
sed sub forma humana, quam Jehovah Deus per angelum induit, in qua visus est Mosi, Abrahamo, Sarae, Hagari, Guideoni, Josuae, et quandoque prophetis; しかし、人間の形の下に、それを神エホバは天使を通して着た、その中で見られた、モーセに、アブラハムに、サラに、ハガイに、ギデオンに、ヨシュアに、また時々、預言者に。
quae humana forma fuit repraesentativa Domini venturi, et quia haec fuit repraesentativa, ideo etiam omnia et singula ecclesiae illorum facta sunt repraesentativa. その人間の形は来たるべき主の表象(するもの)であった、またこれが表象(するもの)であったので、それゆえ、その教会のすべてと個々のものもまた表象(するもの)であった。
Quod sacrificia et reliqua cultus illorum repraesentaverint Dominum venturum, et quod illa abrogata sint, dum venit, notum est. 彼らの崇拝(礼拝)のいけにえと(その)他のものは来たるべき主を表象したことは、またそれらは廃止された、やって来た時、よく知られている。
Quarta autem est ecclesia, quae vocata est Christiana, quidem oretenus agnovit Deum unum, sed in tribus personis, quarum unaquaevis singulatim seu per se, esset Deus, et sic trinitatem divisam, et non in una Persona unitam, inde haesit in mente idea trium Deorum, tametsi in labiis vox unius Dei. けれども、第四の教会は、それはキリストのと呼ばれた、確かに口先で一つの神を認めた、しかし、三つの位格の中に、それらのそれぞれが個々に、すなわち、それ自身によって、神であった、またこのように分割された三一性を〔認めた〕、また一つの位格を、同一性を〔認め〕ない、ここから心の中に三つの神の観念がぺったりくっついた、たとえ唇の中に神の唯一性の声が〔ある〕にしても。
Et insuper doctores ecclesiae, ex ipsa sua doctrina, quam post Concilium Nicaenum concinnarunt, docent quod credendum sit in Deum Patrem, Deum Filium, et Deum Spiritum Sanctum, omnes invisibiles, quia ante mundum in simili essentia Divina existentes, (et tamen cum Deo invisibili, ut supra dictum est, non dabilis est conjunctio,) adhuc nescientes, quod Deus unus, qui invisibilis, in mundum venerit, et assumpserit Humanum, non modo ut redimeret homines, sed etiam ut visibilis fieret, et sic conjungibilis, nam legitur, またそのうえ、教会の教える者たちは、自分の教えそのものから、それをニカイア公会議の後、つくった(編集した)、教えている、父なる神を、子なる神を、また聖霊なる神を信じるべきであること、すべての者は目に見えない(者である)、世の創造の前に同様の神的な本質の中に存在していた(者である)ので、(また、それでも目に見えない神と(の)、上に言われたように、結合はありえない)今でも知らない、一つの神が、その者は目に見えない、世の中にやって来たこと、また人間性をとった、人間をあがなうためにだけでなく、しかし、目に見えるようになるために、またこのように結合できる、なぜなら、読まれるから、
"Verbum erat apud Deum, et Deus erat Verbum; 「ことばが神のもとにあった、またことばは神であった。
....et verbum caro factum est" (Joh. i. [2]1, 14); ……またことばは肉となった」(ヨハネ1:1, 14)
et apud Esaiam: また「イザヤ(書)」のもとに、
"Puer natus est nobis, et Filius datus est nobis,...cujus nomen,...Deus Heros, Pater aeternitatis" (ix. 5 [B.A. 6]); 「少年が私たちに生まれる、また子が私たちに与えられる……その名前は……英雄(なる)神、永遠の父」(9:6)
et apud Prophetas pluries, quod Ipse Jehovah in mundum venturus sit, et futurus Redemptor, quod etiam factus est in Humano, quod assumpsit. また予言者のもとにしばしば、エホバご自身が世の中にやって来ること、またあがない主となる、さらにまた人間性の中に行なわれる(生ずる)こと、それをおびる(とる)
 
@1 quae pro “qui” 注1 qui」の代わりにquae
@2 1, 14 pro “1-14” 注2 1-14」の代わりに1, 14
 
(3) 訳文
786. 一つは洪水前、もう一つは洪水後、第三のものはイスラエルの教会、また第四のものはキリストの教会と呼ばれた、四つの教会が全般的に、初めからこの地球にあったことは前に示されている。またすべての教会は唯一の神の認識認知にかかってい、それに教会の人間は結合されることができ、またすべての四つの教会はその狄人瓩涼罎砲覆ったので、一つの神を知り、また認める一つの教会がそれらの四つの教会に続くことがいえる。
 神の神的な愛は、世を創造したとき、人間を自分自身に、また自分自身が人間に結合させるための、またこのように人間と住む以外に、他のものを目的として持たなかった
 前の教会は狄人瓩涼罎砲覆った、洪水前にあった最古代教会は、目に見えない神を崇拝し、それに決して結合はありえない。
洪水後にあった古代教会も同様である。
 イスラエル教会は、本質的に目に見えない神であるエホバを崇拝した(出エジプト記33:18-23)。しかし、神エホバが天使を通して着た人間の形の下に、その中で、モーセ、アブラハム、サラ、ハガイ、ギデオン、ヨシュアに、また時々、預言者に見られた。その人間の形は来たるべき主の表象であった、またこれが表象であったので、それゆえ、その教会のすべてと個々のものもまた表象であった。
 彼らの礼拝のいけにえや他のものが来たるべき主を表象したことは、またやって来た時、それらが廃止された〔ことは〕、よく知られている。
 けれども、キリストの教会と呼ばれた第四の教会は、確かに口先で一つの神を認めた、しかし、三つの位格の中に、それらのそれぞれが個々に、すなわち、それ自身によって神であった、またこのように分割された三一性を〔認め〕、また一つの位格を、同一性を〔認め〕なかった、ここから、たとえ唇の中に神の唯一性の声が〔ある〕にしても、心の中で三つの神の観念がぺったりくっついた。
 またそのうえ、教会の教える者たちは、ニカイア公会議の後につくった自分の教えそのものから、父なる神を、子なる神を、また聖霊なる神を信じるべきであること教えている、〔その〕すべては、世の創造の前に同様の神的な本質の中に存在していたので目に見えない(また、それでも前に言われたように、目に見えない神と結合はありえない)、今でも知らない、目に見えない唯一の神が、人間をあがなうためにだけでなく、しかし、目に見えるようになり、またこのように結合できるために世の中にやって来て、人間性をとられたことを。なぜなら、読まれるから、
 
「ことばは神とともにあった、ことばは神であった。……ことばは肉となった」(ヨハネ1:1, 14)
 
 また「イザヤ」に、
 
 「少年が私たちに生まれ、子が私たちに与えられる……その名前は……英雄なる神、永遠の父」(9:6)
 
 また予言者のもとにしばしば〔読まれる〕、エホバご自身が世にやって来る、またあがない主となること、さらにまた人間性の中に行なわれ、それをおびること。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 01:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』785
(1) 原文
785. Quod in omni re internum et externum sit, et quod externum pendeat ab interno, sicut corpus a sua anima, constat ex singulis in mundo rite lustratis. Apud hominem hoc manifestum est; universum ejus corpus ex mente ejus; et inde in singulis, quae procedunt ab homine, est internum et externum; in omni actione ejus est voluntas mentis, et in omni loquela est intellectus mentis, similiter in omni ejus sensu. In omni ave et bestia, immo in omni insecto et verme, est internum et externum tum etiam in omni arbore, planta et germine, immo in omni lapide et pulvisculo humi. Ad illustrandum hoc, sufficiunt aliqua, de bombyce, ape et pulvere. Internum bombycis est, ex quo fertur externum ejus ad concinnandum sericum, et postea ad evolandum ut papilio. Internum apis est, ex quo fertur externum ejus ad sugendum mel ex floribus, et ad struendem cellas in mirabiles formas. Internum pulvisculi humi, ex quo fertur externum ejus, est ejus nisus ad fecundandum semina, exhalat ex sinulo suo aliquod, quod se infert in intima seminis, et hoc producit, et illud internum sequitur vegetationem ejus usque ad novum semen. Simile fit in oppositis, in quibus etiam est internum et externum; sicut in aranea, cujus internum, ex quo fertur externum ejus, est facultas et inde inclinatio ad struendum telam artificiosam, e cujus medio insidietur muscis involantibus, quas comedit: parile est in omni alio verme noxio, tum in omni serpente, et quoque in omni fera silvae: similiter in omni homine impio, astuto et doloso.
 
(2) 直訳
785. Quod in omni re internum et externum sit, et quod externum pendeat ab interno, sicut corpus a sua anima, constat ex singulis in mundo rite lustratis. すべての物事の中に内なるものと外なるものがあることは、また外なるものは内なるものからつり下がっている(〜による)ことは、身体がその霊魂から〔ちりさがっている〕ように、正しく調べられた(考察された)世の中の個々のものから明らかである。
Apud hominem hoc manifestum est; 人間のもとでこのことは明らかにされる。
universum ejus corpus ex mente ejus; 彼の身体のすべてのものは彼の心から〔である〕。
et inde in singulis, quae procedunt ab homine, est internum et externum; またここから個々のものの中に、それらは人間から発出する、内なるものと外なるものがある。
in omni actione ejus est voluntas mentis, et in omni loquela est intellectus mentis, similiter in omni ejus sensu. 彼の活動のすべてのものの中に心の意志がある、またすべての話しの中に心の理解力がある、同様に彼のすべての感覚の中に。
In omni ave et bestia, immo in omni insecto et verme, est internum et externum tum etiam in omni arbore, planta et germine, immo in omni lapide et pulvisculo humi. すべての鳥と獣の中に、それどころか、すべての昆虫と虫の中に、内なるものと外なるものがある、なおまたすべての木の中にもまた、草と芽(植物)、それどころか、すべての石と土の一片のほこりの中に。
Ad illustrandum hoc, sufficiunt aliqua, de bombyce, ape et pulvere. このことの説明のために、何らかのもので十分である(間に合う)、カイコ、ミツバチ、またちりについて。
Internum bombycis est, ex quo fertur externum ejus ad concinnandum sericum, et postea ad evolandum ut papilio. カイコの内なるものである、それから与えられる(受ける)その外なるものを、絹をつくるために、またその後、チョウとして飛び去るために。
Internum apis est, ex quo fertur externum ejus ad sugendum mel ex floribus, et ad struendem cellas in mirabiles formas. ミツバチの内なるものである、それから与えられる(受ける)その外なるものを、花から蜂蜜を吸うために、また驚くべき形の中に小室を建てる(造る)ために。
Internum pulvisculi humi, ex quo fertur externum ejus, est ejus nisus ad fecundandum semina, exhalat ex sinulo suo aliquod, quod se infert in intima seminis, et hoc producit, et illud internum sequitur vegetationem ejus usque ad novum semen. 土の一片のほこりの内なるものである、それから与えられる(受ける)その外なるものを、その努力(活動)がある、種をつくる(facio)ために、その内部から何らかのものを発散する、それがそれ自体を種の最内部の中に持ち込む(ひき起こす)、またこれが生み出す、またそれを内なるものがその植物へ続けられる、新しい種へまで。
Simile fit in oppositis, in quibus etiam est internum et externum; 同様に正反対のものの中に生じる、それらの中にもまた内なるものと外なるものがある。
sicut in aranea, cujus internum, ex quo fertur externum ejus, est facultas et inde inclinatio ad struendum telam artificiosam, e cujus medio insidietur muscis involantibus, quas comedit: クモの中のように、その内なるものは、それから与えられる(受ける)その外なるものを、性質(能力)とここからの傾向(性向)ある、巧妙に構成されたクモの巣を組み立てるための、その真ん中から待ち伏せる、ハエで飛び込んで、それらを食べる。
parile est in omni alio verme noxio, tum in omni serpente, et quoque in omni fera silvae: 同様のものがある、他のすべての有害な虫の中に、なおまたすべてのヘビの中に、そしてまたすべての森の獣の中に。
similiter in omni homine impio, astuto et doloso. 同様に、すべての人間の中に、不信心な、狡猾な、また陰険な(欺きの)
 
(3) 訳文
785. すべての物の中に内なるものと外なるものがあることは、また外なるものは内なるものによることは、身体がその霊魂によるように、正しく考察された世の中の個々のものから明らかである。人間のもとでこのことは明らかである。彼の身体のすべてのものは彼の心からであり、ここから人間から発出する個々のものの中に、内なるものと外なるものがある。彼の活動のすべてのものの中に心の意志があり、またすべての話しの中に心の理解力があり、彼のすべての感覚の中も同様である。
 すべての鳥と獣の中に、それどころか、すべての昆虫と虫の中に、なおまたすべての木、草、芽(植物)、それどころか、すべての石と土の一片のほこりの中にもまた、内なるものと外なるものがある。
 このことの説明のために、カイコ、ミツバチ、ちりについて、何らかのもので十分である。
 カイコに内なるものがあり、それからその外なるものを、絹をつくるために、またその後、チョウとして飛び去るために与えられる。
 ミツバチに内なるものがあり、それからその外なるものを、花から蜂蜜を吸うために、また驚くべき形の中に小室を造るために与えられる。
 土の一片のほこりに内なるものがあり、その努力があり、それからその外なるものを、種をつくるために与えられる、その内部から何らかのものを発散し、それがそれ自体を種の最内部の中にひき起こし、またこれが生み出し、またそれを内なるものがその植物へ、新しい種へまで続けられる。
 同様に正反対のものの中に生じ、それらの中にもまた内なるものと外なるものがある。クモの中のように、その内なるものは、それからその外なるものを、性質(能力)とここからの傾向(性向)与えられる、巧妙に構成されたクモの巣を組み立て、その真ん中から待ち伏せ、飛び込んだハエを食べるためである。他のすべての有害な虫の中に、なおまたすべてのヘビの中に、そしてまたすべての森の獣の中に同様のものがある。同様に、不信心な、狡猾な、また陰険なすべての人間の中に。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 00:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』783,784
(1) 原文
783. Quod Ecclesia sit Domini, et quod ex conjugio spirituali quod est boni et veri, Dominus dicatur Sponsus et Maritus, et Ecclesia Sponsa et Uxor, notum est Christianis ex Verbo, apprimis ex his ibi: Johannes de Domino dixit,
 
"Qui habet Sponsam Sponsus est; amicus autem Sponsi est, qui stat et audit Ipsum,... gaudet ob vocem Sponsi" (Joh. iii. 29).
Jesus dixit, "Quamdiu cum illis est Sponsus, non possunt Filii Nuptiarum jejunare" (Matth. ix. 15; Marc. ii. 19, 20; Luc v. (34,) 35).
"Vidi urbem sanctam Hierosolymam novam descendentem a Deo e caelo, paratam sicut Sponsam ornatam Marito suo" (Apoc. xxi. 2).
Angelus dixit ad Johannem, "Veni et ostendam tibi Sponsam Agni Uxorem," et e monte ostendit illi urbem sanctam Hierosolymam (Apoc. xxi. [1]9, 10).
"Venit tempus nuptiarum Agni, et Uxor Ipsius paravit se;.... beati qui ad cenam nuptiarum Agni vocati sunt" (Apoc. xix. 7, 9).
"Ego sum Radix et Genus Davidis, Stella splendida et matutina. Spiritus et Sponsa dicunt, Veni;...et qui sitit, venito; et qui vult, [2]sumito aqua vitae gratis" (Apoc. xxii. 16, 17).
 
   @1 9, 10 (cum exemplo Auctoris,) pro “9” @2 sumito pro “sumite”
 
(2) 直訳
783. Quod Ecclesia sit Domini, et quod ex conjugio spirituali quod est boni et veri, Dominus dicatur Sponsus et Maritus, et Ecclesia Sponsa et Uxor, notum est Christianis ex Verbo, apprimis ex his ibi: 教会が主のものであることは、また霊的な結合から〔である〕ことは、それは善と真理の〔結合〕である、主は花婿と夫と言われている、また教会は花嫁と妻、キリスト教徒にみことばからよく知られている、特にそこにこれらから――
Johannes de Domino dixit, ヨハネは主について言った、
"Qui habet Sponsam Sponsus est; 「花嫁を持つ者は花婿である。
amicus autem Sponsi est, qui stat et audit Ipsum,... gaudet ob vocem Sponsi" (Joh. iii. 29). けれども。花婿の友は、その者は立つ、またその方を聞く……花婿の声のために楽しむ」(ヨハネ3:29)
Jesus dixit, "Quamdiu cum illis est Sponsus, non possunt Filii Nuptiarum jejunare" (Matth. ix. 15; Marc. ii. 19, 20; Luc v. (34,) 35). イエスは言った、「花婿が彼らとともにいる間は、婚礼の子たちは断食することができない」(マタイ9:15、マルコ2:19, 20、ルカ5:34, 35)
"Vidi urbem sanctam Hierosolymam novam descendentem a Deo e caelo, paratam sicut Sponsam ornatam Marito suo" (Apoc. xxi. 2). 「私は、聖なる都、新しいエルサレムが、自分の夫〔のため〕に飾られた花嫁のように準備されて、神から天を通って降るのを見た」(黙示録21:2)
Angelus dixit ad Johannem, "Veni et ostendam tibi Sponsam Agni Uxorem," et e monte ostendit illi urbem sanctam Hierosolymam (Apoc. xxi. [1]9, 10). 天使はヨハネに言った、「来い、また私はあなたに花嫁、小羊の妻を示す(見せる)」、また、山からその聖なる都エルサレムを見せた(黙示録21:9, 10)
"Venit tempus nuptiarum Agni, et Uxor Ipsius paravit se; 「小羊の婚礼の時が来た、また、その方の妻は(自分自身を)準備した。
.... beati qui ad cenam nuptiarum Agni vocati sunt" (Apoc. xix. 7, 9). ……幸いだ、小羊の婚礼の晩餐(食事)に招かれている者は」(黙示録19:7, 9)
"Ego sum Radix et Genus Davidis, Stella splendida et matutina. 「私は、ダビデの根、また一族(子孫)である、輝くまた朝の星。
Spiritus et Sponsa dicunt, Veni; 霊と花嫁は言う、来い。
...et qui sitit, venito; ……また渇く者は、来い(未来)
et qui vult, [2]sumito aqua vitae gratis" (Apoc. xxii. 16, 17). また欲する者は、いのちの水をただで取れ」(黙示録22:16, 17)
 
@1 9, 10 (cum exemplo Auctoris,) pro “9” 注1 9」の代わりに9, 10(著者の写し(本)に)
@2 sumito pro “sumite” 注2 sumite」の代わりにsumito
 
(3) 訳文
783. 教会が主のものであり、また善と真理の〔結合〕である霊的な結合から〔であり〕、主は花婿と夫、また教会は花嫁と妻と言われていることは、キリスト教徒にみことばからよく知られている、特にそこのこれらから――
 ヨハネは主について言った、
 
 「花嫁を持つ者は花婿である。けれども。花婿の友は、その者は立つ、またその方を聞く……花婿の声のために楽しむ」(ヨハネ3:29)
 イエスは言った、「花婿が彼らとともにいる間は、婚礼の子たちは断食することができない」(マタイ9:15、マルコ2:19, 20、ルカ5:34, 35)
 「私は、聖なる都、新しいエルサレムが、自分の夫〔のため〕に飾られた花嫁のように準備されて、神から天を通って降るのを見た」(黙示録21:2)
 天使はヨハネに言った、「来い、また私はあなたに花嫁、小羊の妻を示す(見せる)」、また、山からその聖なる都エルサレムを見せた(黙示録21:9, 10)
 「小羊の婚礼の時が来た、また、その方の妻は(自分自身を)準備した。……幸いだ、小羊の婚礼の晩餐(食事)に招かれている者は」(黙示録19:7, 9)
 「私は、ダビデの根、また子孫、輝く朝の星である。霊と花嫁は言う、来い。……渇く者は、来い。欲する者は、いのちの水をただで取れ」(黙示録22:16, 17)
 
(1) 原文
784. Quod novum caelum prius formetur, quam nova ecclesia in terris, est secundum Divinum ordinem; est enim ecclesia interna et externa, et ecclesia interna unum facit cum ecclesia in caelo, ita cum caelo, ac internum prius formandum est quam externum, ac postea externum per internum; quod ita sit, apud clerum in mundo notum est. Quemadmodum caelum hoc novum, quod facit internum ecclesiae apud hominem, crescit, tantum ex caelo illo descendit Nova Hierosolyma, hoc est, nova Ecclesia; quare hoc non fieri potest momento, sed fit sicut falsa prioris ecclesiae removentur; novum enim non potest intrare, ubi falsa prius ingenerata sunt, nisi haec eradicentur, quod fiet apud clerum, et sic apud laicum. Dixit enim Dominus,
 
"Nemo mittit vinum novum in utres veteres, quin rumpantur utres, et vinum effunditur;...sed mittunt vinum novum in utres novos, et utraque conservantur una" (Matth. ix. 17; Marc. ii. 22; Luc. v. 37, 38).
 
Quod haec non fiant quam in consummatione saeculi, per quam intelligitur finis ecclesiae, constat ex his Domini verbis:
 
Dixit Jesus, "Simile est regnum caelorum homini seminanti bonum semen in agro suo: sed dum dormiverunt homines, venit ejus inimicus et seminavit zizania, et abivit. Quum [1]vero germinavit herba,... tunc apparuerunt etiam zizania; accesserunt servi, et dixerunt illi,...Visne ut abeamus et colligamus zizania? Ipse vero dixit, non, ne forte colligentes zizania, eradicetis cum illis triticum; sinite una crescere utraque usque ad messem, et tempore messis dicam messoribus, Colligite prius zizania, et colligate ea in fasciculos ad comburendum; triticum vero congregate in horreum meum ... Messis est consummatio saeculi;...quemadmodum colliguntur zizania, et igne comburuntur, sic erit in consummatione saeculi" (Matth. xiii. 24-30, 39, 40).
 
Per "triticum" ibi intelliguntur vera et bona novae ecclesiae, et per "zizania" falsa et mala prioris; quod per consummationem saeculi intelligatur finis ecclesiae, videatur in articulo primo hujus transactionis.
 
   @1 vero (cum exemplo Auctoris,) pro “vera”
 
(2) 直訳
784. Quod novum caelum prius formetur, quam nova ecclesia in terris, est secundum Divinum ordinem; 新しい天界が形成されることは、地の中に新しい教会が〔形成される〕よりも前に、神的な秩序にしたがっている。
est enim ecclesia interna et externa, et ecclesia interna unum facit cum ecclesia in caelo, ita cum caelo, ac internum prius formandum est quam externum, ac postea externum per internum; というのは、内なる教会と外なる〔教会〕があるから、また、内なる教会は天界の中の教会と一つをつくる、そのように天界と、そして外なる〔教会〕よりも前に内なる〔教会〕が形成されなければならない、そしてその後、内なるものによって外なるものが。
quod ita sit, apud clerum in mundo notum est. そのようであることは、世の中の聖職者のもとでよく知られている。
Quemadmodum caelum hoc novum, quod facit internum ecclesiae apud hominem, crescit, tantum ex caelo illo descendit Nova Hierosolyma, hoc est, nova Ecclesia; この新しい天界が、それは人間のもとで内なる教会をつくる、創造されるように、その程度にその天界から新しいエルサレムが降る、すなわち、新しい教会が。
quare hoc non fieri potest momento, sed fit sicut falsa prioris ecclesiae removentur; それゆえ、このことは瞬間に起こる(行なわれる)ことができない、しかし、起こる、前の教会の虚偽が取り去られるほど。
novum enim non potest intrare, ubi falsa prius ingenerata sunt, nisi haec eradicentur, quod fiet apud clerum, et sic apud laicum. というのは、新しいものは入ることができないから、そこに前の虚偽が出生によって伝えられている、これが根こぎにされないなら、それは聖職者のもとに起こる、またこのように平信徒のもとに。
Dixit enim Dominus, というのは、主は言ったから、
"Nemo mittit vinum novum in utres veteres, quin rumpantur utres, et vinum effunditur; 「だれも新しいブドウ酒を古い(皮の)びんの中に入れない、むしろびんは破られる、またブドウ酒は注ぎ出される。
...sed mittunt vinum novum in utres novos, et utraque conservantur una" (Matth. ix. 17; Marc. ii. 22; Luc. v. 37, 38). ……しかし、新しいブドウ酒は新しいびんの中に入れる、また両方とも一緒に保存される」(マタイ9:19、マルコ2:22、ルカ5:37, 38)
Quod haec non fiant quam in consummatione saeculi, per quam intelligitur finis ecclesiae, constat ex his Domini verbis: これは世代の完了の中に以外に生じない、それによって教会の終わりが意味される、〜ことは、主のこれらのことばから明らかである――
Dixit Jesus, "Simile est regnum caelorum homini seminanti bonum semen in agro suo: イエスは言った、「天の王国は似ている、自分の畑の中によい種を蒔いた人間に。
sed dum dormiverunt homines, venit ejus inimicus et seminavit zizania, et abivit. しかし、人間が居眠りした時、彼の敵が来た、また毒麦(雑草)を蒔いた、また去った。
Quum [1]vero germinavit herba,... tunc apparuerunt etiam zizania; けれども、苗が芽を出した時……その時、毒麦もまた現われた。
accesserunt servi, et dixerunt illi,...Visne ut abeamus et colligamus zizania? 召使い(しもべ)たちが近づいた、また彼に言った……あなたは欲しないか、私たちが行く、また毒麦を集めるように?
Ipse vero dixit, non, ne forte colligentes zizania, eradicetis cum illis triticum; けれども、その方は言った、いや、ことによるとあなたがたが毒麦を集めないように、それらとともに小麦を根こぎにする。
sinite una crescere utraque usque ad messem, et tempore messis dicam messoribus, Colligite prius zizania, et colligate ea in fasciculos ad comburendum; あなたがたはさせておけ、一緒に両方とも生長すること、収穫まで、また収穫の時、わたしは収穫する者に言う、最初に毒麦を集めよ、またそれらを束の中に結べ、燃やすために。
triticum vero congregate in horreum meum ... Messis est consummatio saeculi; けれども、小麦を私の穀物倉の中に集めよ……収穫は世代の完了である。
...quemadmodum colliguntur zizania, et igne comburuntur, sic erit in consummatione saeculi" (Matth. xiii. 24-30, 39, 40). 毒麦が集められ、また火で燃やされるように、そのように世代の完了の中でなる」(マタイ13:24-30, 39, 40)
Per "triticum" ibi intelliguntur vera et bona novae ecclesiae, et per "zizania" falsa et mala prioris; 「小麦」によって、そこに新しい教会の真理と善が意味される、また「毒麦」によって前のものの虚偽と悪が。
quod per consummationem saeculi intelligatur finis ecclesiae, videatur in articulo primo hujus transactionis. 世代の完了によって教会の終わりが意味されることが、この論文(章)の最初の章(節)の中に見られる。
 
@1 vero (cum exemplo Auctoris,) pro “vera” 注1 vera」の代わりにvero(著者の写し(本)に)
 
(3) 訳文
784. 地上に新しい教会が〔形成される〕よりも前に新しい天界が形成されることは、神的な秩序にしたがっている。というのは、内なる教会と外なる〔教会〕があり、また、内なる教会は天界の中の教会と、そのように天界と一つをつくり、そして外なる〔教会〕よりも前に内なる〔教会〕が、そしてその後、内なるものによって外なるものが形成されなければならないからである。そのようであることは、世の中の聖職者のもとでよく知られている。
 人間のもとで内なる教会をつくるこの新しい天界が創造されるように、その程度にその天界から新しいエルサレムが、すなわち、新しい教会が降る。それゆえ、このことは瞬間に起こることができない、しかし、前の教会の虚偽が取り去られるほど起こる。というのは、そこに前の虚偽が出生によって伝えられていて、これが根こぎにされないなら、新しいものは入ることができないからであり、それは聖職者のもとに、またこのように平信徒のもとに起こる。
 というのは、主は言ったから、
 
「だれも新しいブドウ酒を古い皮袋の中に入れない、むしろ皮袋破られ、ブドウ酒は注ぎ出される。……しかし、新しいブドウ酒は新しい皮袋の中に入れる、また両方とも一緒に保存される」(マタイ9:19、マルコ2:22、ルカ5:37, 38)
 
 これは世代の完了の中でしか生じない、それによって教会の終わりが意味され、このことは、主のこれらのことばから明らかである――
 
 イエスは言われた、「天の王国は、自分の畑の中によい種を蒔いた人に似ている。しかし、人が居眠りした時、彼の敵が来て、毒麦を蒔いて、去った。
 けれども、苗が芽を出した時……その時、毒麦もまた現われた。しもべたちが近づいた、また彼に言った……あなたは欲しないか、私たちが行く、また毒麦を集めるように? けれども、その方は言った、いや、ことによるとあなたがたが毒麦を集め、それらとともに小麦を根こぎにするかもしれない。あなたがたは、一緒に両方とも収穫まで生長することをさせておけ、収穫の時、わたしは収穫する者に言う、最初に毒麦を集めよ、またそれらを燃やすために束の中に結べ。けれども、小麦を私の穀物倉の中に集めよ……収穫は世代の完了である。毒麦が集められ、また火で燃やされるように、世代の完了の中でそのようになる」(マタイ13:24-30, 39, 40)
 
 「小麦」によって、そこに新しい教会の真理と善が、また「毒麦」によって前のものの虚偽と悪が意味される。世代の完了によって教会の終わりが意味されることが、この章の最初の節の中に見られる。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 00:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』782(原文と直訳[5],[6]と訳文)
直訳
[5.] Quod per "Hierosolymam" ibi intelligatur ecclesia a Domino instauranda, et non Hierosolyma a Judaeis habitata, patet ex singulis descriptionis ejus in locis allatis; [5] エルサレムによってそこに主により設立される教会が意味されること、ユダヤ人により住まれたエルサレムでない、そこの描写の(記述)の個々のものから明らかである、引用された(affrero)箇所の中の。
ut quod Jehovah Deus creaturus caelum novum et terram novam, et quoque tunc Hierosolymam; 例えば、神エホバはしいと新しい地を創造すること、そしてまたその時、エルサレムを。
et quod haec futura sit corona decoris et cidaris regni; またこれは王の美しい王冠とかぶり物となること。
quod vocanda sit sanctitas, et urbs veritatis, thronus Jehovae, habitaculum tranquillum, tabernaculum quod non dissipabitur; 聖なるものと呼ばれること、また、狄人瓩療圈▲┘曠个硫座、穏やかな(静かな)住まい、天幕(幕屋)、それは無にされない。
quod ibi lupus et agnus pascent simul: そこに狼と子羊は一緒に食うこと。
et dicitur quod ibi "montes stillabunt mustum, et colles fluent lacte, et illa sedebit in generationem et generationem;" また言われる、「山々が新しいブドウ酒を滴らせる、また丘々が乳を流す、またそれは世々に(世代と世代の中に)座る」こと。
praeter plura: ほかに多くのもの――
etiam de populo ibi, quod sanctus, omnis scriptus ad vitam, quod dicendi redempti Jehovae. さらにまた、そこに住民について、聖なるもの〔である〕こと、すべての者はいのちへ書かれる、エホバにあがなわれた者と呼ばれる。
Praeterea in omnibus illis locis agitur de adventu Domini, imprimis de adventu Ipsius secundo, quando Hierosolyma talis erit, qualis ibi describitur: ほかにそれらのすべての場所の中に、主の来臨について扱われている、特に、その方の第二の来臨について、エルサレムがそのようなものになる時、そこに述べられているような――
prius enim non maritata est, hoc est, facta Sponsa et Uxor Agni, sicut de Nova Hierosolyma in Apocalypsi dicitur. というのは、以前に夫を与えられなかった(結婚させられたなかった)から、すなわち、花嫁や小羊の妻になった、「黙示録」の中の新しいエルサレムについて言われているように。
[6.] Prior ecclesia seu hodierna intelligitur per "Hierosolymam," apud Danielem, et initium ejus ibi describitur per haec: [6] 前の教会、すなわち、今日の〔教会〕は「ダニエル〔書〕」のもとの「エルサレム」によって意味される、またその始まりはそこにこれらによって述べられている――
"Scito ... et percipito, ab exitu verbi, ad usque restituendum et ad aedificandum Hierosolymam, usque ad Messiam Principem, septimanae septem; 「知れ……また知覚せよ、言葉の出ることから、エルサレムを回復するまで、また建設へ、君主メシアの〔来る〕まで、七週間。
postea septimanis sexaginta et duabus restituetur et aedificabitur platea et fossa, sed in angustia temporum" (ix. 25); その後、六十と二週間、街路と堀が回復され、建てられる、しかし、時間の苦しみの中で」(9:25)
at finis ejus describitur ibi per haec: しかし、その終わりはそこにこれらによって述べられている――
"Tandem super avem abominationum desolatio, et usque ad consummationem et decisum stillabit super devastationem " (vers. 27, ibi). 「最後に、翼の上に忌まわしいものの荒涼〔がある〕、また完了と決定まで荒廃の上に滴る」(27節、そこに)
Ultima haec sunt quae intelliguntur per haec Domini verba apud Matthaeum: この最後のものである、それは主のこれらのことばによって意味されている「マタイ(福音書)」のもとの――
"Cum... videritis abominationem desolationis praedictam a Daniele propheta, stantem in loco sancto, qui legit, probe notet" (xxiv. 15). 「預言者ダニエルによって語られた、荒涼の忌まわしいものをあなたがたが見るとき、聖なる場所の中に立つ、その者は読む、正しく(よく)注目する」(24:15)
Quod per " Hierosolymam" in supra allatis locis non intellecta sit Hierosolyma a Judaeis habitata, constare potest a locis in Verbo, ubi de hac dicitur quod prorsus deperdita sit, et quod destruenda (Ut Jerem. v. 1 ; vi. 6, 7; vii. 17, 18 seq.; viii. seq. ix. 10, 11, 13 seq. [B.A. 11, 12, 14, seq.]; xiii. 9, 10, 14; xiv. 16; Thren. i. 8, 9, 17; Ezech. iv. 1 ad fin.; v. 9 ad fin.; xii. 18, 19; xv. 6-8; xvi. 1-63; xxiii. 1-[10]49; Matth. xxiii. 37, 38; Luc. xix. 41-44; xxi. 20-22; xxiii. 28-30; praeter multis aliis in locis); 「エルサレム」によって、上に引用された、ユダヤ人により住まわれるエルサレムが意味されないことは、みことばの中の場所から明らかにすることができる、そこにこれについて言われる、完全に失われること、また滅びること(例えば、エレミヤ5:16:6, 77:17, 18以降、第8章以降、9:11, 12, 14以降、13:9, 10, 1414:16、哀歌1:8, 9, 17、エゼキエル4:1末まで、5:9末まで、12:18, 1915:6-816:1-6323:1-49、マタイ23:37, 38、ルカ19:41-4421:20-2223:28-30、ほかに多くの他の、場所の中に)
et quoque ubi vocatur Sodoma, (Esai. iii. 9; Jerem. xxiii. 14; Ezech. xvi. 46, 48, et alibi). そしてまた、そこにソドムと呼ばれている(イザヤ3:9、エレミヤ23:14、エゼキエル16:46, 48、また他の箇所に)
 
@1 ixv. (cum exemplo Auctoris,) pro “xiv.” 注1 xvii.」の代わりにxviii.(著者の写し(本)に)
@2 in manu Jehovae:sic exemplum Auctoris. 注2 in manu Jehovae――このように著者の写し(本)に。
@3 Jehovae pro “Jehovah” 注3 Jehovah」の代わりにJehovae
@4 populum pro “populous” (vide A.C., n. 6281). 注4 populous」の代わりにpopulum (『天界の秘義』6281番を見よ)
@5 redemptos pro “redempti” (vide A.C., n.6281). 注5 redempti」の代わりにredemptos (『天界の秘義』6281番を見よ)
@6 suo (cum exemplo Auctoris,) pro “tuo” 注6 tuo」の代わりにsuo(著者の写し(本)に)
@7 23 pro “3:” vide Apoc. Rev., n. 880. 注7 3」の代わりに23、『啓示された黙示録』880番を見よ。
@8 4 (cum exemplo Auctoris,) pro “2, 4” 注8 xvii.」の代わりにxviii.(著者の写し(本)に)
@9 cxxxvii. (cum exemplo Auctoris,) pro “cxxx.” 注9 cxxx」の代わりにcxxxvii(著者の写し(本)に)
@10 49 (cum exemplo Auctoris,) pro “40” 注10 40」の代わりに49(著者の写し(本)に)
 
(3) 訳文
782. 新しい教会が「神から天界を通って降る新しいエルサレム」(「黙示録」第21)によって意味されることは、エルサレムがカナンの地の首都であり、またそこに神殿、いけにえが行なわれた祭壇があり、そのように神的な礼拝そのものが、それへ年の中で三度、全地のすべての男性は、やって来ることが命じられ、なおまた、エルサレムにいた主は、またその神殿の中で教え、またその後、そこにご自分の人間性を栄化したからである。ここから、「エルサレム」によって教会が意味される。
 「エルサレム」によって教会が意味されることは、旧約の中の預言書から、主により設立される新しい教会について、それはそこにエルサレムと言われていることがはっきりと明らかである。
[2] それによってそこに教会が理解されるそれ自体の箇所だけが提示され、それらから内的な理性を授かっただれでも見ることができる。
 ここから単にこれらの箇所だけがある――
 
 「見よ、わたしは新しい天と新しい地を創造する……前のものは思い出されない。……見よ……わたしはエルサレムを創造して歓喜〔とする〕、またその民を喜び〔とする〕、エルサレムの上に小躍りが、またわたしの民の上にさらに嬉しく〔ある〕ように。……その時、狼と子羊は一緒に食う……悪は行なわれない……わたしの聖なる全部の山の中で」(イザヤ65:17-19, 25)
 「シオンのために、わたしは黙らない、またエルサレムのために、わたしは休息しない、その義が輝きのように出てくる、そしてその救いが明かりのように燃える時までは。その時、国々はあなたの義を、またすべての王があなたの栄光を見る。また、あなたに新しい名前が呼ばれる、それを主の口が発声する。また、あなたは(エホバの手の中の)さわしい王冠となる、またあなたの神の手の中の王のかぶり物に〔なる〕。……あなたの中で主の喜ぶところである、またあなたの地は夫が与えられる。……見よ、あなたの救いが、見よ、その報酬がその方とともにくる。……また彼らを聖なる民、エホバのあがなわれた者とと呼ぶ。また、あなたは求められた都と呼ばれ、見捨てられた〔と呼ばれ〕ない」(イザヤ62:1-4, 1, 12)
 [3] 「起き上がれ、起き上がれ、あなたの力強さを着よ、シオン。あなたの美しい衣服を着よ、聖なる都エルサレム。なぜなら、無割礼の者と汚れた者が、さらにあなたの中にやって来るような〔ことは〕加えないからである。あなたは、ちりから振り落とせ、起き上がれ、座れ、エルサレム。……その日に民は……わたしの名前を知る。なぜなら、わたしは、話す者であるからである、見よ、わたしを。……エホバは自分の民を慰め、エルサレムをあがなう」(イザヤ52:1, 2, 6, 9)
 「歓呼せよ、シオンの娘……すべての心から喜べ、エルサレムの娘。……イスラエルの王が……あなたの真ん中に。悪をもはや恐れるな。あなたの上に楽しさとともに喜ぶ、自分の愛の中に安心する、あなたの上に歓呼とともに小躍りする。……わたしはあなたがたを、名前と称賛の中へ、地のすべての民に与える」(ゼパニヤ3:14-17, 20)
 「このように、あなたのあがない主エホバは言った……エルサレムに、あなたは住む〔ようになる〕言って」(イザヤ44:24, 26)
 「このように、エホバは言った、わたしはシオンに帰る、またわたしはエルサレムの真ん中に住む。そこからエルサレムは狄人瓩療圈△泙針軍のエホバの山は聖なる山とと呼ばれる」(ゼカリヤ8:3, 20-23)
 「その時、あなたがたは、わたしエホバが、聖なる山シオンの中に住んでいるあなたがたの神、またエルサレムは聖なるもの〔になる〕ことを知る。……またその日に、山々が新しいブドウ酒を滴らせ、また丘々が乳を流す。……またエルサレムは世々に座る」(ヨエル3:17-21)
 [4] 「その日に、エホバの若枝は美観と栄光の中にある。……また、シオンの中に残された者は、またエルサレムの中に残りの者は、聖なるものと言われる……すべての者はエルサレムの中でいのちへ書かれる〔ようになる〕」(イザヤ4:2, 3)
 「終わりの日に、エホバの家の山は、山々の頂の中に据えられる。……なぜなら、シオンから教えが、またエルサレムからエホバのみことばが出るからである」(ミカ4:1, 2, 8)
 「その時に、エルサレムはエホバの王座と呼ばれ、すべての国はエホバのエルサレムの名前のために集められる、もはや自分の悪の心の確信の後に行く(こと)ない」(エレミヤ3:17)
 「私たちの祝祭の定められたシオンの都を眺めよ、あなたの目はエルサレムを、穏やかな住まいを、天幕を見る、それは追い散らされない。そのくいは、永久に、取り去られない、またその綱は引き離されない」(イザヤ33:20)
 (ほかにもまた他の箇所に、例えば、イザヤ24:2337:3266:2337:3266:10-14、ゼカリヤ12:3, 6-1014:8, 11, 12, 21、マラキ3:4、詩篇122:1-7、詩篇137:4-6)
 [5] エルサレムによってそこにユダヤ人により住まれたエルサレムでない、主により設立される教会が意味されることは、そこの引用された箇所の中の記述の個々のものから明らかである。
えば、神エホバはしい新しい地を、そしてまたその時、エルサレムを創造すること。またこれはしい王冠とかぶりとなること。聖なるもの、狄人都、エホバの王座、穏やかなまい幕屋 ばれそれはにされないことそこに子羊一緒うことまたわれる、「山々しいブドウらせまた丘々またそれは世々ことほかにくのもの――さらにまたそこに住民について、聖なるものであり〕、すべてのはいのちへかれエホバにあがなわれたばれること
 ほかにそれらのすべての場所、主来臨について、特エルサレムがそこにべられているようなそのようなものになる時の、その第二来臨についてわれている――
というのは、以前えられなかったすなわち、「黙示録」しいエルサレムについてわれているように花嫁小羊になったから
 [6] 教会、すなわち、今日〔教会〕ダニエル〔書〕」のもとのエルサレムによって意味されるまたそのまりはそこのこれらによってべられている――
 
 「言葉ることから、知……また知覚せよエルサレムを回復するまでまた建設、君主メシアの〔来まで、七週間〔あること〕。その後、六十二週間〔あること〕、街路回復され、建てられるしかし、時間しみの(9:25)
 
 しかしそのわりはそこにこれらによってべられている――
 
 「最後に、翼の上に忌まわしいものの荒涼〔がある〕、また完了と決定まで荒廃の上に滴る」(そこの第27)
 
「マタイ福音書」の主の次のことばによって意味されているものは、この最後のものである――
 
 「預言者ダニエルによって語られた荒涼の忌まわしいものが聖なる場所の中に立つのをあなたがたが見るとき、読む者は、よく注目せよ」(24:15)
 
  前に引用された「エルサレム」によって、ユダヤ人により住まわれるエルサレムが意味されないことは、みことばの中の場所から明らかにすることができる、そこにこれについて、完全に失われること、また滅びることが言われている(例えば、エレミヤ5:16:6, 77:17, 18以降、第8章以降、9:11, 12, 14以降、13:9, 10, 1414:16、哀歌1:8, 9, 17、エゼキエル4:1末まで、5:9末まで、12:18, 1915:6-816:1-6323:1-49、マタイ23:37, 38、ルカ19:41-4421:20-2223:28-30、ほかに多くの他の、場所の中に)
 そしてまた、そこにソドムと呼ばれている(イザヤ3:9、エレミヤ23:14、エゼキエル16:46, 48、また他の箇所に)
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 23:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』782(直訳[3],[4])
直訳
[3.] "Excitare, excitare, indue robur tuum Zion; [3] 「起き上がれ、起き上がれ、あなたの力強さを着よ、シオン。
indue vestes decoris tui Hierosolyma, urbs sanctitatis; あなたの美しい衣服を着よ、エルサレム、聖なる都。
quia non addet ut in te veniat amplius praeputiatus et immundus: なぜなら、加えないから、さらにあなたの中にやって来るような〔ことは〕、無割礼の者と汚れた者。
excute te e pulvere, surge, sede Hierosolyma. あなたはちりから振り落とせ、起き上がれ、座れ、エルサレム。
.... Cognoscet populus...nomen meum, in die illo; ……民は知る……わたしの名前を、その日に。
nam Ego Ille qui loquor, ecce Me; なぜなら、わたしは、彼〔である〕その者が話す、見よ、わたしを。
...consolatus Jehovah populum suum, redemit Hierosolymam" (Esai. lii. 1, 2, 6, 9). ……エホバは自分の民を慰める、エルサレムをあがなう」(イザヤ52:1, 2, 6, 9)
"Jubila filia Zionis,...laetare ex omni corde filia Hierosolymae; 「歓呼せよ、シオンの娘……すべての心から喜べ、エルサレムの娘。
...Rex Israelis....in medio tui; ……イスラエルの王が……あなたの真ん中に。
ne time malum amplius; 悪をもはや恐れるな。
.... laetabitur super te cum gaudio, acquiescet in amore [6]suo, exsultabit super te cum jubilo; あなたの上に楽しさとともに喜ぶ、自分の愛の中に満足する(安心する)、あなたの上に歓呼とともに小躍りする。
...dabo vos in nomen et laudem omnibus populis terrae" (Zephan. iii. 14-17, 20). ……わたしはあなたがたを与える、名前と称賛の中へ、地のすべての民に」(ゼパニヤ3:14-17, 20)
"Sic dixit Jehovah Redemptor tuus,...dicens Hierosolymae, Habitaberis" (Esai. xliv. 24, 26). 「このように、あなたのあがない主エホバは言った……エルサレムに言って、あなたは住む〔ようになる〕」(イザヤ44:24, 26)
"Sic dixit Jehovah, Revertar ad Zionem, et habitabo in medio Hierosolymae; 「このように、エホバは言った、わたしはシオンに帰る、またわたしはエルサレムの真ん中に住む。
unde vocabitur Hierosolyma urbs veritatis, et mons Jehovae Zebaoth mons sanctitatis" (Sach. viii. 3, 20-23). そこからエルサレムは狄人瓩療圓噺討个譴襦△泙針軍のエホバの山は聖なる山と」(ゼカリヤ8:3, 20-23)
"Tunc cognoscetis, quod ego Jehovah Deus tuus, habitans in Zione, monte sanctitatis, et erit Hierosolyma sanctitas: 「その時、あなたがたは知る、わたしエホバがあなたがたの神、シオンの中に住んでいる、聖なる山、またエルサレムは聖なるもの〔になる〕ことを。
.... et fiet in die illo, stillabunt montes mustum, et colles fluent lacte: ……またその日の中になる、山々が新しいブドウ酒を滴らせる、また丘々が乳を流す。
...et Hierosolyma sedebit in generationem et generationem" (Joel iv.[B.A. iii.] 17-21). ……またエルサレムは世々に(世代と世代の中に)座る」(ヨエル3:17-21)
[4.] "In die illo erit germen Jehovae in decus et gloriam; [4] 「その日に、エホバの若枝は美観と栄光の中にある。
.... et fiet, relictus in Zione, et residuus in Hierosolyma, Sanctus dicetur,..omnis scriptus ad vitam in Hierosolyma" (Esai. iv. 2, 3). ……またなる、シオンの中に残された者は、またエルサレムの中に残りの者は、聖なるものと言われる……すべての者はエルサレムの中でいのちへ書かれる」(イザヤ4:2, 3)
"In extremitate dierum erit mons domus Jehovae constitutus in caput montium; 「終わりの日に、エホバの家の山は山々の頂の中に据えられる。
...nam e Zione exibit Doctrina, et Verbum Jehovae ex Hierosolyma" (Mich. iv. 1, 2, 8). ……なぜなら、シオンから教えが出る、またエルサレムからエホバのみことばが」(ミカ4:1, 2, 8)
"In tempore illo vocabunt Hierosolymam thronum Jehovae, et congregabuntur omnes gentes ob nomen Jehovae Hierosolymam, neque ibunt amplius post confirmationem cordis sui mali" (Jerem. iii. 17). 「その時に、エルサレムはエホバの王座と呼ばれる、すべての国はエホバのエルサレムの名前のために集められる、もはや自分の悪の心の確信の後に行く(こと)ない」(エレミヤ3:17)
"Specta Zionem urbem festi stati nostri, oculi tui videant Hierosolymam, habitaculum tranquillum, tabernaculum quod non dissipabitur; 「私たちの祝祭の定められたシオンの都を眺めよ、あなたの目はエルサレムを見る、穏やかな(静かな)住まいを、幕屋(天幕)を、それは追い散らされない。
non removebuntur clavi ejus in perpetuum, et funes ejus non avellentur" (Esai. xxxiii. 20). そのくいは取り去られない、永久に、またその綱は引き離されない」(イザヤ33:20)
(Praeter etiam alibi, ut Esai. xxiv. [7]23; xxxvii. 32; lxvi. 10-14; Sach. xii. 3. 6-10; xiv. 8, 11, 12, 21; Malach. iii. [8]4; Psalm. cxxii. 1-7; Psalm. [9]cxxxvii. 4-6.) (ほかにもまた他の箇所に、例えば、イザヤ24:2337:3266:2337:3266:10-14、ゼカリヤ12:3, 6-1014:8, 11, 12, 21、マラキ3:4、詩篇122:1-7、詩篇137:4-6)
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 00:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』782(原文と直訳[2]まで)
(1) 原文
782. Quod nova ecclesia per "Novam Hierosolymam descendentem a Deo e caelo" (Apoc. xxi.), intelligatur, est quia Hierosolyma fuit metropolis in terra Canaane, et ibi erat templum, altare, sacrificia fiebant, ita ipse cultus Divinus, ad quem tribus vicibus in anno omnis masculus totius terrae mandatus est venire. Tum quia Dominus in Hierosolyma fuit, et docuit in suo templo, et postea ibi glorificavit Humanum Suum; inde est, quod per "Hierosolymam" significetur ecclesia. Quod per "Hierosolymam" intelligatur ecclesia, constat perspicue ex propheticis in Veteri Testamento de ecclesia nova a Domino instauranda, quod illa ibi dicatur Hierosolyma. [2.] Ipsa loca solum adducentur, ex quibus quisque ratione interiore praeditus videre potest, quod per illam ibi intelgatur ecclesia. Sint modo haec loca inde:
 
"Ecce Ego creans caelum novum et terram novam,... non commemorabuntur priora: ... ecce... Ego creaturus Hierosolymam exsultationem, et populum ejus laetitiam, ut exsultem super Hierosolyma, et laeter super populo meo....Tunc lupus et agnus pascent simul .... non malum facient,...in toto monte sanctitatis meae" (Esai. [1]lxv. 17-19, 25).
"Propter Zionem non tacebo, et propter Hierosolymam non quiescam, usque dum exeat sicut splendor justitia ejus, ac salus ejus sicut lampas ardeat. Tunc videbunt gentes justitiam tuam, et omnes reges gloriam tuam; et vocabitur tibi nomen novum, quod os Jehovae enuntiabit; et eris corona decoris [[2] in manu Jehovae], et cidaris regni in manu Dei tui. .... Beneplacebit [3]Jehovae in te, et terra tua maritabitur. .... Ecce salus tua veniet, ecce merces Ejus cum Ipso: .... et vocabunt illos [4]populum...sanctitatis, [5]redemptos Jehovae; et tu vocaberis quaesita urbs, non deserta" (Esai. lxii. 1-4, 11, 12).
[3.] "Excitare, excitare, indue robur tuum Zion; indue vestes decoris tui Hierosolyma, urbs sanctitatis; quia non addet ut in te veniat amplius praeputiatus et immundus: excute te e pulvere, surge, sede Hierosolyma. .... Cognoscet populus...nomen meum, in die illo; nam Ego Ille qui loquor, ecce Me;...consolatus Jehovah populum suum, redemit Hierosolymam" (Esai. iii. 1, 2, 6, 9).
"Jubila filia Zionis,...laetare ex omni corde filia Hierosolymae; ...Rex Israelis....in medio tui; ne time malum amplius;.... laetabitur super te cum gaudio, acquiescet in amore [6]suo, exsultabit super te cum jubilo;...dabo vos in nomen et laudem omnibus populis terrae" (Zephan. iii. 14-17, 20).
"Sic dixit Jehovah Redemptor tuus,...dicens Hierosolymae, Habitaberis" (Esai. xliv. 24, 26).
"Sic dixit Jehovah, Revertar ad Zionem, et habitabo in medio Hierosolymae; unde vocabitur Hierosolyma urbs veritatis, et mons Jehovae Zebaoth mons sanctitatis" (Sach. viii. 3, 20-23).
"Tunc cognoscetis, quod ego Jehovah Deus tuus, habitans in Zione, monte sanctitatis, et erit Hierosolyma sanctitas:.... et fiet in die illo, stillabunt montes mustum, et colles fluent lacte:...et Hierosolyma sedebit in generationem et generationem" (Joel iv.[B.A. iii.] 17-21).
[4.] "In die illo erit germen Jehovae in decus et gloriam;.... et fiet, relictus in Zione, et residuus in Hierosolyma, Sanctus dicetur,..omnis scriptus ad vitam in Hierosolyma" (Esai. iv. 2, 3).
"In extremitate dierum erit mons domus Jehovae constitutus in caput montium;...nam e Zione exibit Doctrina, et Verbum Jehovae ex Hierosolyma" (Mich. iv. 1, 2, 8).
"In tempore illo vocabunt Hierosolymam thronum Jehovae, et congregabuntur omnes gentes ob nomen Jehovae Hierosolymam, neque ibunt amplius post confirmationem cordis sui mali" (Jerem. iii. 17).
"Specta Zionem urbem festi stati nostri, oculi tui videant Hierosolymam, habitaculum tranquillum, tabernaculum quod non dissipabitur; non removebuntur clavi ejus in perpetuum, et funes ejus non avellentur" (Esai. xxxiii. 20).
(Praeter etiam alibi, ut Esai. xxiv. [7]23; xxxvii. 32; lxvi. 10-14; Sach. xii. 3. 6-10; xiv. 8, 11, 12, 21; Malach. iii. [8]4; Psalm. cxxii. 1-7; Psalm. [9]cxxxvii. 4-6.)
 
[5.] Quod per "Hierosolymam" ibi intelligatur ecclesia a Domino instauranda, et non Hierosolyma a Judaeis habitata, patet ex singulis descriptionis ejus in locis allatis; ut quod Jehovah Deus creaturus caelum novum et terram novam, et quoque tunc Hierosolymam; et quod haec futura sit corona decoris et cidaris regni; quod vocanda sit sanctitas, et urbs veritatis, thronus Jehovae, habitaculum tranquillum, tabernaculum quod non dissipabitur; quod ibi lupus et agnus pascent simul: et dicitur quod ibi "montes stillabunt mustum, et colles fluent lacte, et illa sedebit in generationem et generationem;" praeter plura: etiam de populo ibi, quod sanctus, omnis Scriptus ad vitam, quod dicendi redempti Jehovae. Praeterea in omnibus illis locis agitur de adventu Domini, imprimis de adventu Ipsius secundo, quando Hierosolyma talis erit, qualis ibi describitur: prius enim non maritata est, hoc est, facta Sponsa et Uxor Agni, sicut de Nova Hierosolyma in Apocalypsi dicitur. [6.] Prior ecclesia seu hodierna intelligitur per "Hierosolymam," apud Danielem, et initium ejus ibi describitur per haec:
 
"Scito ... et percipito, ab exitu verbi, ad usque restituendum et ad aedificandum Hierosolymam, usque ad Messiam Principem, septimanae septem; postea septimanis sexaginta et duabus restituetur et aedificabitur platea et fossa, sed in angustia temporum" (ix. 25);
 
at finis ejus describitur ibi per haec:
 
"Tandem super avem abominationum desolatio, et usque ad consummationem et decisum stillabit super devastationem " (vers. 27, ibi).
 
Ultima haec sunt quae intelliguntur per haec Domini verba apud Matthaeum:
 
"Cum... videritis abominationem desolationis praedictam a Daniele propheta, stantem in loco sancto, qui legit, probe notet" (xxiv. 15).
 
Quod per " Hierosolymam" in supra allatis locis non intellecta sit Hierosolyma a Judaeis habitata, constare potest a locis in Verbo, ubi de hac dicitur quod prorsus deperdita sit, et quod destruenda (Ut Jerem. v. 1 ; vi. 6, 7; vii. 17, 18 seq.; viii. seq. ix. 10, 11, 13 seq. [B.A. 11, 12, 14, seq.]; xiii. 9, 10, 14; xiv. 16; Thren. i. 8, 9, 17; Ezech. iv. 1 ad fin.; v. 9 ad fin.; xii. 18, 19; xv. 6-8; xvi. 1-63; xxiii. 1-[10]49; Matth. xxiii. 37, 38; Luc. xix. 41-44; xxi. 20-22; xxiii. 28-30; praeter multis aliis in locis);
 
et quoque ubi vocatur Sodoma, (Esai. iii. 9; Jerem. xxiii. 14; Ezech. xvi. 46, 48, et alibi).
 
   @1 ixv. (cum exemplo Auctoris,) pro “xiv.” @2 in manu Jehovae:sic exemplum Auctoris. @3 Jehovae pro “Jehovah”  @4 populum pro “populous” (vide A.C., n. 6281). @5 redemptos pro “redempti” (vide A.C., n.6281). @6 suo (cum exemplo Auctoris,) pro “tuo” @7 23 pro “3:” vide Apoc. Rev., n. 880. @8 4 (cum exemplo Auctoris,) pro “2, 4” @9 cxxxvii. (cum exemplo Auctoris,) pro “cxxx.” @10 49 (cum exemplo Auctoris,) pro “40”
 
(2) 直訳
782. Quod nova ecclesia per "Novam Hierosolymam descendentem a Deo e caelo" (Apoc. xxi.), intelligatur, est quia Hierosolyma fuit metropolis in terra Canaane, et ibi erat templum, altare, sacrificia fiebant, ita ipse cultus Divinus, ad quem tribus vicibus in anno omnis masculus totius terrae mandatus est venire. 新しい教会が「神から天界を通って降る新しいエルサレム」(「黙示録」第21)によって意味されることは、エルサレムがカナンの地の首都であったからである、またそこに神殿があった、祭壇が、いけにえが行なわれた、そのように神的な礼拝その者が、それへ年の中で三度、全地のすべての男性は、やって来ることが命じられた。
Tum quia Dominus in Hierosolyma fuit, et docuit in suo templo, et postea ibi glorificavit Humanum Suum; なおまた、エルサレムの中にいた主は、またその神殿の中で教えた、またその後、そこにご自分の人間性を栄化した。
inde est, quod per "Hierosolymam" significetur ecclesia. ここからである、「エルサレム」によって教会が意味されること。
Quod per "Hierosolymam" intelligatur ecclesia, constat perspicue ex propheticis in Veteri Testamento de ecclesia nova a Domino instauranda, quod illa ibi dicatur Hierosolyma. 「エルサレム」によって教会が意味されることは、旧い約束の中の預言書からはっきりと明らかである、主により設立される新しい教について、それはそこにエルサレムと言われていること。
[2.] Ipsa loca solum adducentur, ex quibus quisque ratione interiore praeditus videre potest, quod per illam ibi intelgatur ecclesia. [2] それ自体の箇所だけが提示される、それらから、内的な理性を授かっただれでも見ることができる、それによってそこに教会が理解される☆。
ここにミスプリがあります。intelligaturです、初版は正しいです。
Sint modo haec loca inde: ここから単にこれらの箇所だけがある――
 
"Ecce Ego creans caelum novum et terram novam,... non commemorabuntur priora: 「見よ、わたしは新しい天と新しい地を創造する……前のものは思い出されない。
... ecce... Ego creaturus Hierosolymam exsultationem, et populum ejus laetitiam, ut exsultem super Hierosolyma, et laeter super populo meo. ……見よ……わたしはエルサレムを創造して歓喜〔とする〕、またその民を喜び〔とする〕、エルサレムの上に小躍りが〔ある〕ように、またわたしの民の上にさらに嬉しく。
...Tunc lupus et agnus pascent simul .... non malum facient,...in toto monte sanctitatis meae" (Esai. [1]lxv. 17-19, 25). ……その時、狼と子羊は一緒に食う……悪は行なわれない……わたしの聖なる全部の山の中で」(イザヤ65:17-19, 25)
"Propter Zionem non tacebo, et propter Hierosolymam non quiescam, usque dum exeat sicut splendor justitia ejus, ac salus ejus sicut lampas ardeat. 「シオンのために、わたしは黙らない、またエルサレムのために、わたしは休息しない、その義が輝きのように出てくる時までは、そしてその救いが明かりのように燃える。
Tunc videbunt gentes justitiam tuam, et omnes reges gloriam tuam; その時、国々はあなたの義を見る、またすべての王があなたの栄光を。
et vocabitur tibi nomen novum, quod os Jehovae enuntiabit; また、あなたに新しい名前が呼ばれる、それを主の口が発声する。
et eris corona decoris [[2] in manu Jehovae], et cidaris regni in manu Dei tui. また、あなたは(エホバの手の中の)さわしい王冠となる、またあなたの神の手の中の王のかぶり物に〔なる〕。
.... Beneplacebit [3]Jehovae in te, et terra tua maritabitur. ……あなたの中で主の喜ぶところである、またあなたの地は夫が与えられる。
.... Ecce salus tua veniet, ecce merces Ejus cum Ipso: ……見よ、あなたの救いがくる、見よ、その報酬がその方とともに。
....et vocabunt illos [4]populum...sanctitatis, [5]redemptos Jehovae; ……また彼らを聖なる民と呼ぶ、エホバのあがなわれた者と。
et tu vocaberis quaesita urbs, non deserta" (Esai. lxii. 1-4, 11, 12). また、あなたは求められた都と呼ばれる、見捨てられた〔と呼ばれ〕ない」(イザヤ62:1-4, 1, 12)
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 00:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark