RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』850,851
(1) 原文
850. Post haec vidi quosdam ex inferis, unde audita sunt illa, ascendentes, qui me tono gravi allocuti dixerunt, "Quamobrem Dominus tuus arcana, quae in longa serie modo enumeravisti, revelavit tibi qui es laicus, et non alicui ex clero?"
Ad quae respondi, quod hoc in beneplacito Domini sit, qui me ad hoc munus a prima juventute praeparavit; "attamen quaeram retro [ex] vobis, cur Dominus dum in mundo fuit, elegit piscatores in discipulos, et non aliquos ex legisperitis, scribis, sacerdotibus, seu rabbinis? ventilate hoc inter vos, et ex judicio concludite, ac invenietis causam."
His auditis factum est murmur, et post hoc silentium.
 
(2) 直訳
850. Post haec vidi quosdam ex inferis, unde audita sunt illa, ascendentes, qui me tono gravi allocuti dixerunt, "Quamobrem Dominus tuus arcana, quae in longa serie modo enumeravisti, revelavit tibi qui es laicus, et non alicui ex clero?" この後、私は低い領域からのある者を見た、そこからそれらが聞かれた、のぼってくる者、その者は私に重々しい口調で話しかけて言った、「何の理由で、主はあなたの秘義を、それらは長い連続の中で今しがたあなたは列挙した、あなたに啓示したのか? その者はあなたは平信徒である、また聖職者からの何らかの者でない」。
Ad quae respondi, quod hoc in beneplacito Domini sit, qui me ad hoc munus a prima juventute praeparavit; それに私は答えた、「このことは主の意向(喜ぶところ)の中にある、その方は私をこの役目へ青年時代の最初から準備した。
"attamen quaeram retro [ex] vobis, cur Dominus dum in mundo fuit, elegit piscatores in discipulos, et non aliquos ex legisperitis, scribis, sacerdotibus, seu rabbinis? しかしながら、私はあなたがた(から)お返しに、質問する、なぜ、主は世にいた時、漁師を弟子たちの中へ選んだのか、またある者をでなく、律法の専門家から、書記(学者)、祭司、またはラビ(先生)
ventilate hoc inter vos, et ex judicio concludite, ac invenietis causam." このことをあなたがたの間で議論せよ、また思慮分別をもって(賢明に)結論せよ、そしてあなたがたは理由を見つける」。
His auditis factum est murmur, et post hoc silentium. これらで聞いて、ブツブツ言うことが生じた、またその後、これは沈黙。
 
(3) 訳文
850. この後、私はそれらが聞かれた低い領域からのぼってくるある者を見た、その者は私に重々しい口調で話しかけて言った、「何の理由で、主は、あなたの秘義を、それらを長い連続の中で今しがたあなたは列挙したが、平信徒であり、聖職者からの何らかの者でないあなたに啓示したのか?」
 それに私は答えた、「このことは主の喜ぶところである、その方は私をこの役目へ青年時代の最初から準備した。しかしながら、私はあなたがたにお返しに質問する、なぜ、主は世にいた時、漁師を弟子たちに選んだのか、また律法の専門家、書記、祭司、またはラビからのある者でなく? このことをあなたがたの間で議論せよ、また思慮分別をもって結論せよ、するとあなたがたは理由を見つける」。
 これらを聞いて、ブツブツ言うことがあった、その後、沈黙した。
 
(1) 原文
851. Praevideo, quod multi qui legunt Memorabilia post capita, credituri sint, quod sint imaginationis inventa; sed assevero in veritate quod non sint inventa, sed vere visa et audita; non visa et audita in quodam statu mentis sopitae, sed in statu plenae vigiliae: placuit enim Domino Se Ipsum mihi manifestare, et me mittere ad docendum illa, quae erunt Novae Ipsius Ecclesiae, quae per "Novam Hierosolymam" in Apocalypsi intelligitur; propter quem finem interiora mentis seu spiritus mei aperuit, ex quo mihi datum est in mundo spirituali cum angelis esse, et simul in mundo naturali cum hominibus, et hoc nunc per viginti septem annos.
Quis in Christiano orbe aliquid scivisset de Caelo et Inferno, nisi placuerit Domino aperire alicui visum spiritus ejus, ac monstrare et docere? Quod talia, quae in Memorabilibus descripta sunt, appareant in caelis, constat manifeste a similibus, quae visa et descripta sunt in Apocalypsi a Johanne, ut et quae visa et descripta sunt in Verbo Veteris Testamenti a Prophetis. [2.] In Apocalypsi sunt haec: Quod viderit Filium hominis in medio septem candelabrorum: quod viderit Tabernaculum, Templum, Arcam, Altare in Caelo: Librum obsignatum septem sigillis, illum apertum, et inde exeuntes Equos: quatuor Animalia circum Thronum: duodecim millia Electos ex unaquavis tribu: Locustas ascendentes ex abysso: Mulierem parientem filium masculum, ac fugientem in desertum propter Draconem: duas Bestias unam ascendentem ex mari, alteram e terra: Angelum volantem in medio caelo habentem Evangelium aeternum: Mare vitreum igne mixtum: Angelos septem habentes plagas septem ultimas: Phialas ab illis effusas in terram, in mare, in fluvios, in solem, in thronum bestiae, in Euphratem, et in aerem: Mulierem sedentem super Bestia coccinea: Draconem ejectum in stagnum ignis et sulphuris: Equum album: Cenam magnam: Caelum novum et Terram novam: Sanctam Hierosolymam descendentem e caelo, descriptam quoad portas, murum et hujus fundamenta; tum Fluvium aquae vitae, et Arbores vitae facientes fructus quovis mense; praeter plura, quae omnia visa sunt Johanni, ac visa dum quoad spiritum suum fuit in mundo spirituali et in caelo. Praeter quae visa sunt Apostolis post resurrectionem Domini, ut quae deinde Petro (Act. Apost. xi.): tum quae visa et audita Paulo. Praeterea quae Prophetis in Veteri Testamento; ut Ezechieli,
 
Quod viderit quatuor Animalia, quae erant Cherubi ([Ezech.] i. et x.).
Quod Novum Templum et Novam Terram, et Angelum metientem illa (xl.-xlviii.).
Quod abductus Hierosolymam, et viderit ibi abominationes, et quoque in Chaldaeam (viii. et xi.).
 
[3.] Simile factum est cum Sacharia,
 
Quod viderit virum equitantem inter myrtos ([Sach.] i. 8 seq.).
Quod viderit quatuor Cornua; et dein Virum cum funiculo mensurae in manu ([1]ii.).
Quod viderit volumen volans, et Epham (v. 1, 6).
Quod viderit quatuor Currus inter duos montes et Equos (vi. 1 seq.).
 
Pariter cum Daniele,
 
Quod viderit quatuor Bestias ascendentes e mari ([Dan.] vii. 1 seq.):
Quod viderit Filium hominis venientem in nubibus caeli, cujus dominium non transibit, et regnum non peribit (vii. 13, 14):
Quod viderit pugnas Arietis et Hirci (viii. 1 seq.).
Quod viderit angelum Gabrielem, et cum illo locutus sit (ix.).
Quod Puer Elisaei viderit currus et Equos igneos circum Elisaeum, et quod illos viderit, cum oculi ejus aperti sunt (2 Reg. vi. 17).
 
Ex his et pluribus aliis in Verbo, constat, quad illa, quae in Mundo spirituali existunt, apparuerint multis ante et post Domini adventum. Quid mirum, quod etiam nunc inchoante ecclesia, seu descendente Nova Hierosolyma e caelo?
 
   @1 ii. pro “iii.”
 
(2) 直訳
851. Praevideo, quod multi qui legunt Memorabilia post capita, credituri sint, quod sint imaginationis inventa; 私は先見する、多くの者が、その者は章の後のメモラビリアを読む、信じるであろうこと、想像の作り事であること。
sed assevero in veritate quod non sint inventa, sed vere visa et audita; しかし、私は狄人瓩箸靴特埜世垢襦∈遒蟷でないこと、しかし、真に見られ、また聞かれたもの。
non visa et audita in quodam statu mentis sopitae, sed in statu plenae vigiliae: 心で眠らされたある種の状態の中で見られ、また聞かれたものではない、しかし完全に目覚めた状態の中で。
placuit enim Domino Se Ipsum mihi manifestare, et me mittere ad docendum illa, quae erunt Novae Ipsius Ecclesiae, quae per "Novam Hierosolymam" in Apocalypsi intelligitur; というのは、主ご自身がご自分を私に示すことを喜ばれたから、また私をそれらを教えるために遣わすこと、それらはその方の新しい教会のものになる、それらは「黙示録」の中の「新しいエルサレム」によって意味される。
propter quem finem interiora mentis seu spiritus mei aperuit, ex quo mihi datum est in mundo spirituali cum angelis esse, et simul in mundo naturali cum hominibus, et hoc nunc per viginti septem annos. その目的のために、私の心の内的なもの、すなわち、霊を開いた、それ〔霊〕から私に霊界と天使の世界の中にいることが与えられた、また同時に人間との自然界の中に、またこのことが今や、27年間。
Quis in Christiano orbe aliquid scivisset de Caelo et Inferno, nisi placuerit Domino aperire alicui visum spiritus ejus, ac monstrare et docere? だれが、キリスト教世界の中で何らかのものを「天界と地獄」ついて知ったか、主の喜ばれるところでないなら、ある者に彼の霊の視覚を開くこと、そして示すことまた教えること?
Quod talia, quae in Memorabilibus descripta sunt, appareant in caelis, constat manifeste a similibus, quae visa et descripta sunt in Apocalypsi a Johanne, ut et quae visa et descripta sunt in Verbo Veteris Testamenti a Prophetis. このようなものが、それらは「メモラビリア」の中で述べられた(描かれた)、天界の中で見られる、同様のものからはっきりと明らかである、ヨハネにより「黙示録」の中で見られ、述べられている、そのようにまた、それらは預言者により旧約のみことばの中に見られ、述べられている。
[2.] In Apocalypsi sunt haec: [2] 「黙示録」の中にこれらがある――
Quod viderit Filium hominis in medio septem candelabrorum: 七つの燭台の真ん中に人の子を見たこと。
quod viderit Tabernaculum, Templum, Arcam, Altare in Caelo: 天の中に幕屋、神殿、箱、祭壇を見たこと。
Librum obsignatum septem sigillis, illum apertum, et inde exeuntes Equos: 七つの封印で封じられた書(巻き物)、それが開かれた、またここから出て来る馬。
quatuor Animalia circum Thronum: 王座のまわりに四つの生き物(動物)
duodecim millia Electos ex unaquavis tribu: それぞれの部族から十二千の選ばれた者。
Locustas ascendentes ex abysso: 深淵からのぼってくるイナゴ。
Mulierem parientem filium masculum, ac fugientem in desertum propter Draconem: 男の子を産んだ女、そして竜のために荒野の中に逃げる。
duas Bestias unam ascendentem ex mari, alteram e terra: 二つの獣、一つは海から上って来る、もう一つは地から。
Angelum volantem in medio caelo habentem Evangelium aeternum: 永遠の福音を持って天界の真ん中を飛ぶ天使。☆
この記述は「黙示録」の中に見あたりません。勘違いでしょう?
Mare vitreum igne mixtum: 火の混じったガラスの海。
Angelos septem habentes plagas septem ultimas: 七つの天使たち、最後の七つの災害を持っている。
Phialas ab illis effusas in terram, in mare, in fluvios, in solem, in thronum bestiae, in Euphratem, et in aerem: 鉢、彼らにより流された☆、地の中へ、海の中へ、川の中へ、太陽の中へ、獣の王座の中へ、ユーフラテス川の中へ、また空中へ。
☆ 「流された」は「注ぎ出された」とします。
Mulierem sedentem super Bestia coccinea: 緋色の獣の上に座っている女。
Draconem ejectum in stagnum ignis et sulphuris: 火と硫黄の池の中に投げ込まれた竜。
Equum album: 白い馬。
Cenam magnam: 大宴会(晩餐)
Caelum novum et Terram novam: 新しい天と新しい地。
Sanctam Hierosolymam descendentem e caelo, descriptam quoad portas, murum et hujus fundamenta; 天から降る聖なるエルサレムが、門、城壁またその土台に関して描かれた(述べられた)
tum Fluvium aquae vitae, et Arbores vitae facientes fructus quovis mense; なおまた、いのちの水の川、またいのちの木、それぞれの月に実を結んでいる。
praeter plura, quae omnia visa sunt Johanni, ac visa dum quoad spiritum suum fuit in mundo spirituali et in caelo. ほかに多くのもの、それらすべてはヨハネに見られた、そして見られた時、自分の霊に関して霊界の中に、また天界の中にいた。
Praeter quae visa sunt Apostolis post resurrectionem Domini, ut quae deinde Petro (Act. Apost. xi.): ほかに、それらは主の復活後に使徒たちに見られた、例えば、それらはその後、ペテロに(使徒の働き第11)
tum quae visa et audita Paulo. なおまたそれらは見られ、聞かれたパウロに。
Praeterea quae Prophetis in Veteri Testamento; さらに、それらは旧約の中の預言者に。
ut Ezechieli, 例えば、エゼキエルに、
Quod viderit quatuor Animalia, quae erant Cherubi ([Ezech.] i. et x.). 四つの生き物を見たこと、それらはケルビムであった(エゼキエル第1, 10)
Quod Novum Templum et Novam Terram, et Angelum metientem illa (xl.-xlviii.). 新しい神殿と新しい地(=)、また天使がそれらを測ったこと(40-48)
Quod abductus Hierosolymam, et viderit ibi abominationes, et quoque in Chaldaeam (viii. et xi.). エルサレムへ連れ去られたこと、またそこに忌まわしいものを見た、そしてまたカルデヤの中に(連れて行かれた) (8, 11)
[3.] Simile factum est cum Sacharia, [3] 同様のものがゼカリヤに生じた、
Quod viderit virum equitantem inter myrtos ([Sach.] i. 8 seq.). ミルトスの木の間に馬に乗っている男を見たこと(ゼカリヤ1:8以降)
Quod viderit quatuor Cornua; 四つの角を見たこと。
et dein Virum cum funiculo mensurae in manu ([1]ii.). またその後、手の中の測り綱とともに男を(2)
Quod viderit volumen volans, et Epham (v. 1, 6). 飛んでいる巻き物、またエパ枡を見たこと(5:1, 6)
Quod viderit quatuor Currus inter duos montes et Equos (vi. 1 seq.). 二つの山の間の四つの戦車と馬を見たこと(5;1以降)
Pariter cum Daniele, 同じくダニエルに、
Quod viderit quatuor Bestias ascendentes e mari ([Dan.] vii. 1 seq.): 海から上がってくる四つの獣を見たこと(ダニエル7:1以降)
Quod viderit Filium hominis venientem in nubibus caeli, cujus dominium non transibit, et regnum non peribit (vii. 13, 14): 人の子が天の雲の中にやって来るのを見たこと、その支配は移らない、また王国は滅びない(7:13, 14)
Quod viderit pugnas Arietis et Hirci (viii. 1 seq.). 雄羊と雄ヤギの戦いを見たこと(8:1以降)
Quod viderit angelum Gabrielem, et cum illo locutus sit (ix.). 天使ガブリエルを見た、また彼と話したこと(9)
Quod Puer Elisaei viderit currus et Equos igneos circum Elisaeum, et quod illos viderit, cum oculi ejus aperti sunt (2 Reg. vi. 17). エリシャの少年がエリシャのまわりの火の戦車と馬を見たこと、また彼を見たこと、その目が開かれているとき(列王記6:17)
Ex his et pluribus aliis in Verbo, constat, quad illa, quae in Mundo spirituali existunt, apparuerint multis ante et post Domini adventum. みことばの中のこれらと他の多くのものから、明らかである、それらに関して、それらは霊界の中に生じる、主の来臨の前と後に、多くの者に見られた。
Quid mirum, quod etiam nunc inchoante ecclesia, seu descendente Nova Hierosolyma e caelo? 何が不思議か(驚くべきことか)、さらにまた〔見られても〕、今や、教会が始まって〔いる時〕、すなわち、天界から新しいエルサレムが降って〔いる時〕?
 
@1 ii. pro “iii.” 注1 iii.」の代わりにii.
 
(3) 訳文
851. 私は、章の後の「メモラビリア」を読む多くの者が、想像の作り事であると信じるであろうことを先見する。しかし、私は狄人瓩箸靴萄遒蟷でなく、真に見られまた聞かれたものであることを断言する。心で眠らされたある種の状態の中ではなく、しかし完全に目覚めた状態の中で見られ、聞かれたものである。というのは、主ご自身がご自分を私に示すことを、また私を、それらを教えるために遣わすことを喜ばれたから、それらは「黙示録」の中の「新しいエルサレム」によって意味されるその方の新しい教会のものになる。その目的のために、私の心の内的なもの、すなわち、霊を開き、。その霊から私に霊界と天使の世界の中に、また同時に人間との自然界の中にいることが与えられた、またこのことが今や、27年間である。
 だれが、キリスト教界の中で「天界と地獄」ついて何らかのものを知ったか? ある者に彼の霊の視覚を開くこと、そして示すことまた教えることが主の喜ばれるところでないなら。
 「メモラビリア」の中で述べられたようなものが、天界の中で見られることは、ヨハネにより「黙示録」の中で見られ、述べられている、そのようにまた、預言者により旧約のみことばの中に見られ、述べられている同様のものからはっきりと明らかである。
 [2] 「黙示録」の中にこれらがある――
 七つの燭台の真ん中に人の子を見たこと。天の中に幕屋、神殿、箱、祭壇を見たこと。七つの封印で封じられた書(巻き物)、それが開かれ、またここから出て来る馬を。王座のまわりに四つの生き物。それぞれの部族から十二千の選ばれた者を。深淵からのぼってくるイナゴ。男の子を産み、そして竜のために荒野の中に逃げる女。一つは海から、もう一つは地から上って来る二つの獣。永遠の福音を持って天界の真ん中を飛ぶ天使☆。火の混じったガラスの海。最後の七つの災害を持っている七つの天使たち。彼らにより、地の中へ、海の中へ、川の中へ、太陽の中へ、獣の王座の中へ、ユーフラテス川の中へ、また空中へ注ぎ出された鉢。緋色の獣の上に座っている女。火と硫黄の池の中に投げ込まれた竜。白い馬。大宴会。新しい天と新しい地。門、城壁またその土台に関して描かれた天から降る「聖なるエルサレム」。なおまた、いのちの水の川、また毎月、実を結んでいるいのちの木。ほかに多くのもの、それらすべてはヨハネに見られた、そして見られた時、その霊に関して霊界の中に、また天界の中にいた。
 ほかにも、それらは主の復活後に使徒たちに見られた、例えば、それらはその後、ペテロに(使徒の働き第11)。なおまたそれらはパウロに見られ、聞かれた。
 さらに、それらは旧約の中の預言者に、例えば、エゼキエルに、
 
 四つの生き物を見たこと、それらはケルビムであった(エゼキエル第1, 10)
 新しい神殿と新しい地(=)、また天使がそれらを測ったこと(40-48)
 エルサレムへ連れ去られたこと、またそこに忌まわしいものを見た、そしてまたカルデヤの中に(連れて行かれた) (8, 11)
 
 [3] 同様のものがゼカリヤに生じた、
 
 ミルトスの木の間に馬に乗っている男を見たこと(ゼカリヤ1:8以降)
 四つの角を、またその後、手の中の測り綱とともに男を見たこと(2)
 飛んでいる巻き物、またエパ枡を見たこと(5:1, 6)
 二つの山の間の四つの戦車と馬を見たこと(5;1以降)
 
 同じくダニエルに、
 
 海から上がってくる四つの獣を見たこと(ダニエル7:1以降)
 人の子が天の雲の中にやって来るのを見たこと、その支配は移らない、また王国は滅びない(7:13, 14)
 雄羊と雄ヤギの戦いを見たこと(8:1以降)
 天使ガブリエルを見た、また彼と話したこと(9)
 
 エリシャの少年がエリシャのまわりの火の戦車と馬を見たこと、また彼をその目が開かれているとき見たこと(列王記6:17)
 
 みことばの中のこれらと他の多くのものから、霊界の中に生じるそれらに関して、主の来臨の前と後に、多くの者に見られた〔ことが〕明らかである。
 今や、教会が始まって〔いる時〕、すなわち、天界から新しいエルサレムが降って〔いる時〕さらにまた〔見られても〕、何が不思議か?
 
この記述は「黙示録」の中に見あたりません。11:15をこのように述べたのでしょうか?
 
20137月から始めた大作『真のキリスト教』もこれで終了です。
 なお本書下巻は4月末に出版できると思います(55日にその祝賀会を予定しています)
 次からは『結婚愛』です。
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 07:35
comments(1), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』848,849
 (1) 原文
848. Angeli ex his et illis auditis valde gavisi sunt, sed percipiebant tristitiam in me; et sciscitabant, "Unde tibi tristitia?"
Dixi, quod arcana illa hodie a Domino revelata, tametsi excellentia et dignitate excedunt cognitiones hactenus evulgatas, usque in terris reputentur sicut non alicujus pretii.
Hoc mirati sunt angeli, et petierunt a Domino, ut liceret illis despicere in mundum. Et despexerunt, et ecce merae tenebrae ibi. Et dictum illis est, ut scriberentur arcana illa super charta, et charta demitteretur in terras, et viderent portentum; et factum est ita; et ecce charta, cui arcana illa inscripta erant, demissa est e caelo; et in progressu, dum adhuc erat in mundo spirituali, lucebat sicut stella, at dum illa illapsa est in mundum naturalem, lux disparata est, et sicut decidit, obtenebrata est: et dum ab angelis demissa est in coetus ubi docti et eruditi ex quibusdam clericis et laicis, auditum est murmur a multis, in quo erant hae voces. "Quid hoc? Num aliquid? Quid refert si illa scimus vel non scimus? Nonne sunt fetus cerebri?" Et apparebat sicut aliqui sumerent chartam, ac plicarent, volverent, et revolverent illam digitis, et quoque sicut aliqui discerperent, et vellent proculcare pedibus; sed a Domino arcebantur ab illo facinore, et mandatum est angelis ut retraherent illam et custodirent; et quia angeli tristes facti sunt, et cogitaverunt, "Quousque hoc?" dictum est,
 
"USQUE TEMPUS ET TEMPORA, ET DIMIDIUM TEMPORIS" (Apoc. xii. 14).
 
(2) 直訳
848. Angeli ex his et illis auditis valde gavisi sunt, sed percipiebant tristitiam in me; 天使たちはこれらとそれらから大いに嬉しがった、しかし、私の中に悲しみを知覚した。
et sciscitabant, "Unde tibi tristitia?" また尋ねた、「どこからあなたに悲しみが?」
Dixi, quod arcana illa hodie a Domino revelata, tametsi excellentia et dignitate excedunt cognitiones hactenus evulgatas, usque in terris reputentur sicut non alicujus pretii. 私は言った、それらの秘義が今日、主により啓示されたこと、たとえ卓越(優秀)と地位(品位)でこれまで公けにされた思考にまさっていても、それでも地の中で評価されていること、何らかの価値がないように。
Hoc mirati sunt angeli, et petierunt a Domino, ut liceret illis despicere in mundum. このことを天使たちは驚いた、また主により懇願した(求めた)、彼らに世の中を見おろすことを許すように。
Et despexerunt, et ecce merae tenebrae ibi. また見おろした、また見よ、そこに暗やみそのもの。
Et dictum illis est, ut scriberentur arcana illa super charta, et charta demitteretur in terras, et viderent portentum; また、彼らに言われた、それらの秘義を紙の上に書かれるように、また紙が地の中に降ろされる、また出来事(しるし)を見る。
et factum est ita; またそのように行なわれた。
et ecce charta, cui arcana illa inscripta erant, demissa est e caelo; また見よ、紙は、それにそれらの秘義が書かれていた、天界から降ろされた。
et in progressu, dum adhuc erat in mundo spirituali, lucebat sicut stella, at dum illa illapsa est in mundum naturalem, lux disparata est, et sicut decidit, obtenebrata est: また進行(前進)の中で、依然として霊界にあった時、星のように輝いた、しかし、それが自然界の中にやって来た(落ち込んだ)時、光は消えた、また沈むように、暗くされた。
et dum ab angelis demissa est in coetus ubi docti et eruditi ex quibusdam clericis et laicis, auditum est murmur a multis, in quo erant hae voces. また天使により集会の中に降ろされた、そこに聖職者と平信徒のある者たちからの学識のある者と教養のある者、多くの者からブツブツ言う声が聞かれた、その中にこの声があった。
"Quid hoc? 「これは何か?
Num aliquid? 何らかのものか?
Quid refert si illa scimus vel non scimus? 何が重要か(関わりがあるか)? もしそれらを私たちが知る、あるいは知らない。
Nonne sunt fetus cerebri?" 脳の子ではないのか?」
Et apparebat sicut aliqui sumerent chartam, ac plicarent, volverent, et revolverent illam digitis, et quoque sicut aliqui discerperent, et vellent proculcare pedibus; また見られた、あたかもある者は紙を手に取るかのように、そして折りたたむ、ころがす、またそれを指で回転させる、そしてまた、あたかもある者は引き裂くかのように、また足で踏みにじることを欲する。
sed a Domino arcebantur ab illo facinore, et mandatum est angelis ut retraherent illam et custodirent; しかし、主により彼らによりなし遂げることが押しとどめられた、また天使たちに命令された、それらを引き戻すように、また守る。
et quia angeli tristes facti sunt, et cogitaverunt, "Quousque hoc?" また天使たちは悲しみをつくられたので、また考えた、「これがいつまでか?」
dictum est, 言われた、
 
"USQUE TEMPUS ET TEMPORA, ET DIMIDIUM TEMPORIS" (Apoc. xii. 14). 「時と時(複数)、また時の半分まで」(黙示録12:14)
 
(3) 訳文
848. 天使たちはこれらとそれらから大いに嬉しがった、しかし、私の中に悲しみを知覚した。また尋ねた、「あなたの悲しみはどこから?」
 私は言った、それらの秘義が今日、主により啓示されたこと、たとえ優秀さと品位でこれまで公けにされた思考にまさっていても、それでも地上で、何らかの価値がないように評価されていること。
 このことに天使たちは驚き、主に、世の中を見おろすことを許すよう求めた。
 また見おろした、また見よ、そこに暗やみそのもの。
 また、彼らに言われた、それらの秘義を紙の上に書き、紙が地に降ろされ、出来事を見るように。そのように行なわれた。見よ、それらの秘義が書かれていた紙は、天界から降ろされた。また前進中は、依然として霊界にあった時、星のように輝いた、しかし、それが自然界の中に落ち込んだ時、光は消え、沈むかのように暗くされた。天使により集会の中に降ろされ、そこに聖職者と平信徒のある者たちからの学識や教養のある者がいて、多くの者からブツブツ言う声が聞かれ、その中にこの声があった。
 「これは何か? 何らかのものか? それらを私たちが知る、あるいは知らないにしても、何の関わりがあるか? 脳からの子ではないのか?」
 また、ある者は紙を手に取り、折りたたみ、ころがし、またそれを指で回転させるかのように、そしてまたある者は引き裂き、足で踏みにじることを欲するかのように見られた。しかし、主により彼らにより行なうことが押しとどめられ、天使たちに、それらを引き戻し、守るように命令された。また天使たちは悲しくされたので、「これがいつまでか?」と考えた。言われた、
 
 「一時(とき)と二時(とき)と半時まで」(黙示録12:14)
 
(1) 原文
849. Post haec audivi infestum murmur ex inferis, et simul has voces, "Fac miracula et credemus."
Et retuli, "Numne illa sunt miracula?" 
Et responsum est, "Non sunt." 
Et quaesivi, "Quae ergo miracula?" 
Et dictum est, "Manifesta et revela futura, et fidem habebimus."
Sed respondi, "Talia a Domino non dantur, quoniam quantum homo scit futura, tantum ejus ratio et intellectus cum prudentia et sapientia cadit in otium, torpet et labefactatur.
Et iterum quaesivi, "Quae alia miracula faciam?"
Et tunc clamatum est, "Fac similia quae Moses in Aegypto."
Et respondi, "Forte ad illa obduraturi estis corda vestra sicut Pharao et Aegyptii."
Et responsum est, quod non.
Et iterum dixi, "Asseverate mihi, quod non saltaturi sitis circum vitulum aureum, et adoraturi illum, sicut posteri Jacobi, quod fecerunt a mensis spatio postquam viderunt totum Montem Sinai ardentem, et audiverunt Ipsum Jehovam ex igne loquentem, ita post miraculum quod erat omnium maximum." ("Vitulus aureus" in spirituali sensu est voluptas carnis.)
Et responsum est ex inferis, "Non erimus sicut posteri Jacobi."
At tunc audivi hoc e caelo illis dictum: "Si non creditis Mosen et Prophetas, hoc est, Verbum Domini, non credetis ex miraculis plus quam posteri Jacobi in deserto; neve plus quam illi crediderunt, dum suis oculis viderunt miracula ab Ipso Domino, cum fuit in mundo, facta."
 
(2) 直訳
849. Post haec audivi infestum murmur ex inferis, et simul has voces, "Fac miracula et credemus." この後、私は低い領域から敵意のあるブツブツ言う声を聞いた、また同時にこれらの声で、「奇跡を行なえ、すると私たちは信じる」。
Et retuli, "Numne illa sunt miracula?" また私は述べた(話した)、「それらは奇跡ではないのか?」
Et responsum est, "Non sunt." また答えられた、「〔奇跡〕ではない」。
Et quaesivi, "Quae ergo miracula?" また、私は質問した、「そこで(それゆえ)何の奇跡を?」
Et dictum est, "Manifesta et revela futura, et fidem habebimus." また言われた、「未来を示せ、また啓示せよ、すると私たちは信仰を持つ」。
Sed respondi, "Talia a Domino non dantur, quoniam quantum homo scit futura, tantum ejus ratio et intellectus cum prudentia et sapientia cadit in otium, torpet et labefactatur. しかし、私は答えた、「そのようなものは主により与えられない、どれだけ人間が未来を知るかによって、それだけ彼の理性と理解力は思慮分別と知恵とともに怠惰の中に落ち込むからである、無活動になる、また滅ぼされる。
Et iterum quaesivi, "Quae alia miracula faciam?" また再び私は質問した、「他の何の奇跡を私は行なうのか?」
Et tunc clamatum est, "Fac similia quae Moses in Aegypto." また、その時、叫んだ、「同様なものを行なえ、それらはエジプトの中のモーセ〔が行なった〕」。
Et respondi, "Forte ad illa obduraturi estis corda vestra sicut Pharao et Aegyptii." また私は答えた、「おそらく、それらにあなたがたの心は堅く(かたくなに)される、パロとエジプト人のように」。
Et responsum est, quod non. また答えられた、〔そんなことは〕ないこと。
Et iterum dixi, "Asseverate mihi, quod non saltaturi sitis circum vitulum aureum, et adoraturi illum, sicut posteri Jacobi, quod fecerunt a mensis spatio postquam viderunt totum Montem Sinai ardentem, et audiverunt Ipsum Jehovam ex igne loquentem, ita post miraculum quod erat omnium maximum." また再び私は言った、「私に断言せよ、あなたがたが金の子牛のまわりを踊らないこと、またそれを崇拝する、ヤコブの子孫のように、月の期間の後に行なったこと、シナイの燃える全山を見た、また火から話すエホバご自身を聞いた、そのように奇跡の後、それはすべての最大のものであった」。
("Vitulus aureus" in spirituali sensu est voluptas carnis.) (「金の子牛」は 霊的な意味の中で肉の欲望である。)
Et responsum est ex inferis, "Non erimus sicut posteri Jacobi." また低い領域から答えられた、「私たちはヤコブの子孫のようではない(未来=ようにならない)」。
At tunc audivi hoc e caelo illis dictum: しかし、その時、私はこれを聞いた、天界から彼らに言われた。
"Si non creditis Mosen et Prophetas, hoc est, Verbum Domini, non credetis ex miraculis plus quam posteri Jacobi in deserto; 「もし、あなたがたがモーセと預言者を信じないなら、すなわち、主のみことばを、あなたがたは奇跡から信じない、荒野の中のヤコブの子孫よりもさらに。
neve plus quam illi crediderunt, dum suis oculis viderunt miracula ab Ipso Domino, cum fuit in mundo, facta." 彼らが信じたよりもさらにない、主ご自身による奇跡を自分の目で見た時、世の中にいたとき、行なわれた」。
 
(3) 訳文
849. この後、私は低い領域から敵意のあるブツブツ言う声を、また同時にこれらの声を聞いた、「奇跡を行なえ、すると私たちは信じる」。
 また私は述べた、「それらは奇跡ではないのか?」
 また答えられた、「〔奇跡〕ではない」。
 また、私は質問した、「では何の奇跡を?」
 また言われた、「将来を示せ、啓示せよ、すると私たちは信仰を持つ」。
 しかし、私は答えた、「そのようなものは主により与えられない、人間が将来を知れば知るほど、それだけ彼の理性と理解力は思慮分別と知恵とともに怠惰の中に落ち込み、無活動になり、滅ぼされるからである。
 また再び私は質問した、「他の何の奇跡を私は行なえばよいか?」
 また、その時、叫んだ、「エジプトでモーセ〔が行なったと〕同様のものを行なえ」。
 また私は答えた、「おそらく、それらにあなたがたの心は、パロとエジプト人のようにかたくなにされるであろう」。
 また答えられた、〔そんなことは〕ないこと。
また再び私は言った、「私に、あなたがたが金の子牛のまわりを踊らない、またそれを崇拝しないをこと断言せよ。シナイの燃える全山を見て、また火から話すエホバご自身を聞いた、そのように、それはすべての最大のものであった奇跡の後、一月の期間の後にそれを行なったヤコブの子孫のようでないことを」。 (「金の子牛」は 霊的な意味の中で肉の欲望である。)
 また低い領域から答えられた、「私たちはヤコブの子孫のようにはならない」。
 しかし、その時、私は、天界から彼らに言われたこれを聞いた――
 「もし、あなたがたがモーセと預言者を、すなわち、主のみことばを信じないなら、あなたがたは、荒野の中のヤコブの子孫よりもさらに奇跡から信じない。世の中にいて、行なわれた主ご自身による奇跡を自分の目で見た時、その彼らが信じたよりもさらに信じない」。
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 02:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』847
(1) 原文
847. Post haec locutus sum cum angelis, quod adhuc aliquid revelatum sit in mundo a Domino.
Quaesiverunt, "Quid hoc?"
Dixi, "De Amor vere [1]Conjugali, et de spiritualibus ejus Deliciis."
Et dixerunt angeli, "Quis non scit quod deliciae amoris conjugalis excedant delicias omnium amorum, et quis non potest cogitare, quod in aliquem amorem collatae sint omnes beatitudines, faustitates, et jucunditates, quae usquam conferri possunt a Domino, quoniam correspondet amori Domini et Ecclesiae, et quod receptaculum illarum sit amor vere conjugialis, qui ad plenum sensum potest illas recipere et percipere?"
Respondi, quod hoc non sciant, quia non adiverunt Dominum, et ideo non fugerunt concupiscentias carnis, et sic non regenerari potuerunt, et amor vere [2]conjugalis est unice a Domino, et datur illis qui ab Ipso regenerantur; et hi quoque sunt, qui recipiuntur in novam Domini ecclesiam, quae in Apocalypsi per "Novam Hierosolymam" intelligitur. His addidi, quod in dubio sim, num velint in mundo hodie credere, quod ille amor in se sit spiritualis, et inde ex religione, ex causa, quia de illo fovent modo ideam corpoream: proinde quod quia secundum religionem, sit spiritualis apud spirituales, naturalis apud naturales, et mere carnalis apud adulteros.
 
   @1 “Conjugali:”sic ed. prin.; De Amore Conj., n. 534, habet “conjugiali.” Vide supra, n. 805. @2 “conjugalis:”sic ed. prin.; De Amore Conj., n. 534, habet “conjugialis”
 
(2) 直訳
847. Post haec locutus sum cum angelis, quod adhuc aliquid revelatum sit in mundo a Domino. この後、私は天使たちと話した、それはさらに何らかのもの、主により世の中で啓示された。
Quaesiverunt, "Quid hoc?" 彼らは質問した、「このことは何か?」
Dixi, "De Amor vere [1]Conjugali, et de spiritualibus ejus Deliciis." 私は言った、「真の結婚愛について、またその霊的な歓喜について」。
Et dixerunt angeli, "Quis non scit quod deliciae amoris conjugalis excedant delicias omnium amorum, et quis non potest cogitare, quod in aliquem amorem collatae sint omnes beatitudines, faustitates, et jucunditates, quae usquam conferri possunt a Domino, quoniam correspondet amori Domini et Ecclesiae, et quod receptaculum illarum sit amor vere conjugialis, qui ad plenum sensum potest illas recipere et percipere?" また天使たちは言った、「だれが知らないか、結婚愛の歓喜がすべての愛の歓喜にまさること、まただれが考えることができないか、ある種の愛の中にすべての幸運(の状態)、至福、また快さが集められる(confer)、それらはそれでも主により集められる(与えられる)ことができる、主と教会の愛に対応するので、またそれらの容器が真の結婚愛であること、それは十分な感覚へ向けてそれらを受け入れることまた知覚することができる」。
Respondi, quod hoc non sciant, quia non adiverunt Dominum, et ideo non fugerunt concupiscentias carnis, et sic non regenerari potuerunt, et amor vere [2]conjugalis est unice a Domino, et datur illis qui ab Ipso regenerantur; 私は答えた、このことを知らないこと、主に近づかなかったので、またそれゆえ、肉の欲望を避けなかった、またこのように再生されることができなかった、また真の結婚愛はひとえに主からである、また彼らに与えられる、その者はその方により再生させられる。
et hi quoque sunt, qui recipiuntur in novam Domini ecclesiam, quae in Apocalypsi per "Novam Hierosolymam" intelligitur. またこれらの者でもある、その者は主の新しい教会の中に受け入れられる、それは「黙示録」の中で「新しいエルサレム」によって意味される。
His addidi, quod in dubio sim, num velint in mundo hodie credere, quod ille amor in se sit spiritualis, et inde ex religione, ex causa, quia de illo fovent modo ideam corpoream: これらに私は加えた、私は疑いの中にいること、世の中で今日、信じることを欲する(望む)か、その愛が本質的に霊的なものであること、またここから宗教から〔信じることを望んでいるか〕、その愛について単なる肉体的な観念を抱いているので、〔この〕理由から。
proinde quod quia secundum religionem, sit spiritualis apud spirituales, naturalis apud naturales, et mere carnalis apud adulteros. それゆえ、宗教にしたがって霊的な者のもとで霊的になるからであること、自然的なものに、自然的な〔者の〕もとで、また単に肉的なものに、姦淫者のもとで。
 
@1 “Conjugali:”sic ed. prin.; De Amore Conj., n. 534, habet “conjugiali.” Vide supra, n. 805. 注1 “Conjugali:”――このように初版に。『結婚愛について』534番は“conjugiali”がある。上の805番を見よ。
@2 “conjugalis:”sic ed. prin.; De Amore Conj., n. 534, habet “conjugialis” 注2  “conjugalis:” ――このように初版に。『結婚愛について』534番は“conjugialis”がある。☆
conjugaliはおそらくすべての場合conjugialisのミスプリです。それで、ここも書き変えてあります。
 
(3) 訳文
847. この後、私は天使たちと、さらに、世で主により啓示されたものを話した。
 彼らは質問した、「これは何か?」
 私は言った、「真の結婚愛について、またその霊的な歓喜について」。
 また天使たちは言った、「だれが、結婚愛の歓喜がすべての愛の歓喜にまさることを知らないか、まただれが、ある種の愛の中にすべての幸運、至福、また快さが集められ、それらはそれでも主により集められることができると考えることができないか? 〔その愛は〕主と教会の愛に対応し、またそれらの容器が真の結婚愛であり、それは十分な感覚へ向けてそれらを受け入れることまた知覚することができるからである」。
 私は答えた、主に近づかなかった、またそれゆえ、肉の欲望を避けなかった、またこのように再生されることができなかったので、このことを知らないこと、また真の結婚愛はひとえに主からであり、またその方により再生させられる者に与えられること。また、その者は主の新しい教会の中に受け入れられる者でもあり、それは「黙示録」の中で「新しいエルサレム」によって意味される。
 これらに私は、世の中で今日、その愛が本質的に霊的なもの、またここから宗教からものであること信じることを望んでいるか、私が疑いの中にいることを加えた、その愛について単なる肉体的な観念を抱いているという理由からである。それゆえ(=というのは)、宗教にしたがって霊的な者のもとで霊的になり、自然的な者のもとで、自然的なものに、、また姦淫者のもとで単に肉的なものになるからである。
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 15:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』846
(1) 原文
*846. Quondam quoad Spiritum meum evectus sum in caelum angelicum, et in unam societatem ibi: et tunc accesserunt ad me aliqui ex sapientibus ibi, et dixerunt, "Quid novum e Terra?"
Dixi illis, "hoc novum est, quod Dominus revelaverit arcana, quae excellentia excedunt arcana ab initio ecclesiae huc usque revelata."
Quaesiverunt, "Quae sunt illa?"
Dixi; quod haec sint: I. Quod in Verbo in omnibus et singulis sit Sensus spiritualis correspondens sensui naturali, et quod Verbum per illum sensum sit conjunctio hominum ecclesiae cum Domino, et quoque consociatio cum angelis, et quod sanctitas Verbi in illo sensu resideat. [2.] II. Quod Correspondentiae, ex quibus sensus spiritualis consistit, detectae sint.
Et quaesiverunt angeli, "Anne habitatores orbis de correspondentiis prius sciverunt?"
Dixi, quod prorsus nihil; et quod latuerint nunc per millia annorum, nempe, usque a Hiobi tempore: et quod apud illos, qui eo tempore, et ante illud vixerunt, scientia correspondentiarum fuerit scientia scientiarum, ex qua illis fuit sapientia, quia cognitio de spiritualibus, quae caeli et ecclesiae sunt; sed quod scientia illa, quia versa est in idololatricam, ex Divina Domini providentia ita oblitterata et deperdita sit, ut nemo viderit aliquod signum de illa: sed quod usque nunc a Domino detecta sit, ut fiat conjunctio hominum ecclesiae cum Ipso et consociatio cum angelis; et hae fiunt per Verbum, in quo omnia et singula correspondentiae sunt.
Angeli valde gavisi sunt, quod placuerit Domino revelare hoc magnum arcanum, per millia annorum tam alte reconditum; et dixerunt, quod hoc factum sit propter finem ut Ecclesia Christiana, quae fundatur super Verbo, et nunc in suo fine est, iterum revivat, et trahat spiritum per caelum a Domino. Quaesiverunt, num per illam scientiam hodie detectum sit, quid Baptismus et quid Sancta Cena significant, de quibus tam varia huc usque cogitaverunt. Et respondi, quod detectum sit.
[3.] III. Porro dixi, quod hodie a Domino revelatum sit de Vita hominum post mortem.
Dixerunt angeli, "Quid de vita post mortem? Quis non scit quod homo vivat post mortem?"
Respondi, "Sciunt et non sciunt. Dicunt, quod non homo, sed anima ejus; et quod haec vivat spiritus; et de Spiritu fovent ideam sicut de vento aut aethere, et quod non vivat homo, quam post diem ultimi judicii; et quod tunc corporea, quae reliquerant in mundo, tametsi a vermibus, muribus et piscibus exesa, recolligerentur, et rursus coaptarentur in corpus, et quod homines sic resurrecturi sint."
Dixerunt angeli, "Quid hoc? Quis non scit quod homo vivat homo post mortem, cum sola differentia, quod tunc vivat homo substantialis, et non materialis, ut prius; et quod homo substantialis videat hominem substantialem, aeque sicut homo materialis materialem; et quod non sciant unum discrimen, praeter quod in statu perfectiori sint?"
[4.] IV. Quaesiverunt angeli, "Quid sciunt de nostro mundo, ac de Caelo et Inferno?"
Respondi, quod nihil sciverint; at quod hodie a Domino detectum sit, qualis est mundus in quo angeli et spiritus vivunt, ita quale est caelum et quale est infernum; tum etiam quod angeli et spiritus sint in conjunctione cum hominibus; praeter multa mirabilia de illis.
Angeli laetati sunt quod Domino placuerit talia detegere, ne homo amplius ex ignorantia in ambiguitate sit de sua immortalitate.
[5.] V. Amplius dixi, quod hodie a Domino revelatum sit, "quod in vestro mundo sit alius Sol, quam in nostro, et quod Sol vestri mundi sit purus amor, et quod sol nostri mundi sit purus ignis; et quod ideo omne quod procedit ex vestro Sole, quia est purus amor, trahat ex vita; et quod omne quod a nostro, quia est purus ignis, nihil ex vita trahat; et quod inde sit discrimen inter spirituale et naturale, quod discrimen hactenus ignotum etiam detectum est: ex quibus notum factum est, unde est lux quae illuminat sapientia intellectum humanum, et unde est calor, qui accendit amore voluntatem humanam." [6.] VI. Insuper detectum est, quod sint tres gradus vitae, et quod inde sint tres caeli, et quod in illos gradus distincta sit mens hominis; et quod inde homo correspondeat tribus caelis.
Dixerunt angeli, "Annon sciverunt hoc prius?"
Respondi quod sciverint de gradibus inter plus et minus, sed nihil de gradibus inter prius et posterius.
[7.] Interrogaverunt angeli, num praeter illa revelata sint plura.
Dixi, quod plura; quae sunt de Ultimo Judicio; de Domino quod sit Deus caeli et terrae; quod Deus sit unus et Persona et Essentia, in quo Divina Trinitas, et quod Ille sit Dominus: tum de Nova Ecclesia ab Ipso instauranda, et de Doctrina illius ecclesiae: de Sanctitate Scripturae Sacrae: quod etiam Apocalypsis revelata sit: et insuper de Incolis Planetarum; ac de Telluribus in Universo: praeter multa Memorabilia et Mirabilia e mundo spirituali, per quae plura, quae sapientiae sunt, e caelo detecta sunt.
 
*[NOTA EDITORIS.Ab Auctore Memorabilia quae nunc sequuntur signis citationis sunt. Videatur transactio De Amore Conjugiali, n. 1, 532-535.]
 
(2) 直訳
*846. Quondam quoad Spiritum meum evectus sum in caelum angelicum, et in unam societatem ibi: かつて、私の霊に関して私は天使の天界の中に上げられた、またそこの一つの社会の中に。
et tunc accesserunt ad me aliqui ex sapientibus ibi, et dixerunt, "Quid novum e Terra?" またその時、私に近づいた、そこの賢い者たちからのある者が、また言った、「地からの新しいこと(ニュース)は何か?」
Dixi illis, "hoc novum est, quod Dominus revelaverit arcana, quae excellentia excedunt arcana ab initio ecclesiae huc usque revelata." 私は彼らに言った、「これが新しいこと(ニュース)である、主が秘義を啓示したこと、それは卓越が秘義がまさる、教会の始まりから、ここまでやはり啓示された」。
Quaesiverunt, "Quae sunt illa?" 彼らは質問した、「それらは何か?」
Dixi; quod haec sint: 私は言った。これらであること――
I. Quod in Verbo in omnibus et singulis sit Sensus spiritualis correspondens sensui naturali, et quod Verbum per illum sensum sit conjunctio hominum ecclesiae cum Domino, et quoque consociatio cum angelis, et quod sanctitas Verbi in illo sensu resideat. (1) みことばの中のすべてと個々のものの中に自然的な意味に対応している「霊的な意味」があること、またみことばは、その意味によって主と教会の人間の結合があること、そしてまた、天使と交わりが、またみことばの聖性はその意味の中に住むこと。
[2.] II. Quod Correspondentiae, ex quibus sensus spiritualis consistit, detectae sint. [2] (2) 「対応」が、それらから霊的な意味が構成される、明らかにされたこと。
Et quaesiverunt angeli, "Anne habitatores orbis de correspondentiis prius sciverunt?" また天使たちは質問した、「地球の住民たちは対応について以前に知らなかったのか?」
Dixi, quod prorsus nihil; 私は言った、まったく何も〔知ら〕ないこと。
et quod latuerint nunc per millia annorum, nempe, usque a Hiobi tempore: また隠されていること、今や数千の年の間、すなわち、ヨブの時代からまでも。
et quod apud illos, qui eo tempore, et ante illud vixerunt, scientia correspondentiarum fuerit scientia scientiarum, ex qua illis fuit sapientia, quia cognitio de spiritualibus, quae caeli et ecclesiae sunt; また彼らのもとに、その者はその時代に、またその後に生きた、対応の知識は知識の〔中の〕知識であった、それ〔知識〕から彼らに知恵があった、霊的なものについての認識〔である〕ので、それらは天界と教会のものである。
sed quod scientia illa, quia versa est in idololatricam, ex Divina Domini providentia ita oblitterata et deperdita sit, ut nemo viderit aliquod signum de illa: しかし、その知識は、偶像崇拝的なものに変わったので、主の神的な摂理からそのように消された、また失われた、だれもそれらについて何らかのしるしを見ないように。
sed quod usque nunc a Domino detecta sit, ut fiat conjunctio hominum ecclesiae cum Ipso et consociatio cum angelis; しかし、それでも今や、主により明らかにされた、その方と教会の人間の結合が生じるために、また天使との交わりが。
et hae fiunt per Verbum, in quo omnia et singula correspondentiae sunt. また、これらはみことばによって行なわれた、その中に対応のすべてと個々のものがある。
Angeli valde gavisi sunt, quod placuerit Domino revelare hoc magnum arcanum, per millia annorum tam alte reconditum; 天使たちは強く嬉しがった、主がこの大いなる秘義を啓示することを喜びであったこと、数千年の間、これほどに深く秘められた。
et dixerunt, quod hoc factum sit propter finem ut Ecclesia Christiana, quae fundatur super Verbo, et nunc in suo fine est, iterum revivat, et trahat spiritum per caelum a Domino. また言った、このことが目的のために行なわれたこと、キリスト教徒の教会が、それはみことばの上に建てられる、また今やその終わりにある、再び復興するためである、また主から天界によって霊(息)を引き寄せる(得る)。
Quaesiverunt, num per illam scientiam hodie detectum sit, quid Baptismus et quid Sancta Cena significant, de quibus tam varia huc usque cogitaverunt. 質問した、それらの知識によって、今日、明らかにされているか、何を「洗礼」がまた何を「聖餐」が意味するか、それらについてこのようにいろいろなものをこれまで考えた。
Et respondi, quod detectum sit. また、私は答えた、明らかにされたこと。
[3.] III. Porro dixi, quod hodie a Domino revelatum sit de Vita hominum post mortem. [3] (3) さらに私は言った、今日、主により「死後の人間のいのち(生活)」について啓示されたこと。
Dixerunt angeli, "Quid de vita post mortem? Quis non scit quod homo vivat post mortem?" 天使たちは言った、「何が、死後のいのち(生活)について、だれが知らないのか? 死後に人間が生きること」
Respondi, "Sciunt et non sciunt. 私は答えた、「(彼らは)知っている、また知らない。
Dicunt, quod non homo, sed anima ejus;  彼らは言う、人間でないこと、しかし、彼の霊魂。
et quod haec vivat spiritus; またこれが霊〔として〕生きること。
et de Spiritu fovent ideam sicut de vento aut aethere, et quod non vivat homo, quam post diem ultimi judicii; また「霊」について風またはエーテルのような観念を抱いている、また人間は生きないこと、最後の審判の日の後以外に。
et quod tunc corporea, quae reliquerant in mundo, tametsi a vermibus, muribus et piscibus exesa, recolligerentur, et rursus coaptarentur in corpus, et quod homines sic resurrecturi sint." また、その時、身体は、それを世の中に残す、たとえ、虫、ネズミ、また魚により、食い尽されても、再び集められる、また再び身体の中へ集められる、また人間はこのように復活すること。
Dixerunt angeli, "Quid hoc? 天使たちは言った、「このことは何か?
Quis non scit quod homo vivat homo post mortem, cum sola differentia, quod tunc vivat homo substantialis, et non materialis, ut prius; だれが知らないか、人間は死後に人間〔として〕生きること、ただ相違とともに、その時、人間は実体的に生きる、物質的でなく、以前のように。
et quod homo substantialis videat hominem substantialem, aeque sicut homo materialis materialem; また実体的な人間が実体的な人間を見ること、等しく、物質的な人間が物質的なもの(人間)〔見る〕ように。
et quod non sciant unum discrimen, praeter quod in statu perfectiori sint?" また、一つの違いを知らないこと、完全な状態の中にいることのほかに?」
[4.] IV. Quaesiverunt angeli, "Quid sciunt de nostro mundo, ac de Caelo et Inferno?" [4] (4) 天使たちは質問した、「何を知ってるか? 私たちの世界について、そして天界と地獄について」
Respondi, quod nihil sciverint; 私は答えた、何も知らなかったこと。
at quod hodie a Domino detectum sit, qualis est mundus in quo angeli et spiritus vivunt, ita quale est caelum et quale est infernum; しかし、今日、主により明らかにされたこと、世がどんなものであるか、その中に天使と霊たちが生きる、そのように天界がどんなものか、また地獄がどんなものか。
tum etiam quod angeli et spiritus sint in conjunctione cum hominibus; ほかにさらにまた、天使と霊たちが人間と結合の中にあること。
praeter multa mirabilia de illis. さらに、それらについて多くの驚くべきこと。
Angeli laetati sunt quod Domino placuerit talia detegere, ne homo amplius ex ignorantia in ambiguitate sit de sua immortalitate. 天使たちは喜んだ、主がこのようなものを明らかにすることを喜んだこと、人間が無知から疑いの状態の中にもはやいないように、自分の不死性について。
[5.] V. Amplius dixi, quod hodie a Domino revelatum sit, "quod in vestro mundo sit alius Sol, quam in nostro, et quod Sol vestri mundi sit purus amor, et quod sol nostri mundi sit purus ignis; [5] (5) さらに私は言った、今日、主により啓示されたこと、「あなたがたの世の中にもう一つの太陽があること、私たちの中に〔あるもの〕以外に、またあなたがたの世の太陽は純粋な愛であること、また私たちの世の太陽は純粋な火であること。
et quod ideo omne quod procedit ex vestro Sole, quia est purus amor, trahat ex vita; また、それゆえ、すべてのものは、それはあなたがたの太陽から発出する、純粋な愛であるので、いのちから引き寄せる(得る)こと。
et quod omne quod a nostro, quia est purus ignis, nihil ex vita trahat; またすべてのものは、それは私たちのもの(太陽)から、純粋な火であるので、いのちから何も引き寄せない(得ない)こと。
et quod inde sit discrimen inter spirituale et naturale, quod discrimen hactenus ignotum etiam detectum est: また、ここから「霊的なもの」と「自然的なもの」の間の違いがあること、違いが今まで知られていない、さらにまた明らかにされた。
ex quibus notum factum est, unde est lux quae illuminat sapientia intellectum humanum, et unde est calor, qui accendit amore voluntatem humanam." それらからよく知られることがなされた、ここから光がある、それは人間の理解力の知恵を照らす、またここから熱がある、それは人間の意志の愛を火をつける(燃え立たせる)
[6.] VI. Insuper detectum est, quod sint tres gradus vitae, et quod inde sint tres caeli, et quod in illos gradus distincta sit mens hominis; [6] (6) ほかにも明らかにされた、いのちの三つの段階があること、またここから三つの天界があること、また人間の心は三つの段階の中に区別されていること。
et quod inde homo correspondeat tribus caelis. また、ここから人間は三つの天界に対応すること。
Dixerunt angeli, "Annon sciverunt hoc prius?" 天使たちは言った、「このことを以前に知っていたのか?」
Respondi quod sciverint de gradibus inter plus et minus, sed nihil de gradibus inter prius et posterius. 私は答えた、多いものまた少ないものの間の段階について知っていたこと、しかし前のものと後のものの間の段階について何も〔知らなかった〕。
[7.] Interrogaverunt angeli, num praeter illa revelata sint plura. [7] (7) 天使たちは質問した、これらのほかに多くのものが啓示されたかどうか。
Dixi, quod plura; 私は言った、多くのもの〔がある〕こと。
quae sunt de Ultimo Judicio; それらは、「最後の審判」についてである。
de Domino quod sit Deus caeli et terrae; 「主」について天界と地の神であること。
quod Deus sit unus et Persona et Essentia, in quo Divina Trinitas, et quod Ille sit Dominus: 神は位格と本質と一つであること、またその中に神的な三一性、またその方は主であること。
tum de Nova Ecclesia ab Ipso instauranda, et de Doctrina illius ecclesiae: なおまた、「新しい教会」についてそのにより設立されたまたその教会のえ」について。
de Sanctitate Scripturae Sacrae: また、「聖書の聖性」について。
quod etiam Apocalypsis revelata sit: さらにまた「黙示録」が啓示されたこと。
et insuper de Incolis Planetarum; またそのうえ、「惑星の住民」について。
ac de Telluribus in Universo: そして、宇宙の中の「諸地球」について。
praeter multa Memorabilia et Mirabilia e mundo spirituali, per quae plura, quae sapientiae sunt, e caelo detecta sunt. ほかに、霊界からの印象的な出来事(メモラビリア)と驚くべくこと、それら多くのものによって、それらは知恵のものである、天界から明らかにされた。
 
*[NOTA EDITORIS.Ab Auctore Memorabilia quae nunc sequuntur signis citationis sunt. Videatur transactio De Amore Conjugiali, n. 1, 532-535.] (編者の注――著者により、メモラビリアは、それらは今や続けられる、引用のしるしがある。『結婚愛について』の論文に見られる、1, 532-535番☆)
一番最後の記事は『結婚愛』26番からのものです。
 
(3) 訳文
*846. かつて、私の霊に関して私は天使の天界の中に、またそこの一つの社会の中に上げられた。またその時、そこの賢い者たちからのある者が私に近づいた、また言った、「地からの新しいこと(ニュース)は何か?」
 私は彼らに言った、「これが新しいこと(ニュース)である、主が秘義を啓示したこと、それは教会の始まりから、ここまで啓示された秘義で卓越がまさっている」。
 彼らは質問した、「それらは何か?」
 私は言った。これらであること――
(1) みことばの中のすべてと個々のものの中に自然的な意味に対応している「霊的な意味」があること、またみことばは、その意味によって主と教会の人間の結合が、そしてまた、天使との交わりがあること、またみことばの聖性はその意味の中に住むこと。
 [2] (2) 「対応」が明らかにされたこと、それらから霊的な意味が構成される。
また天使たちは質問した、「地球の住民たちは対応について以前に知らなかったのか?」
 私は言った、まったく何も〔知ら〕ないこと。また、今や数千年の間、すなわち、ヨブの時代から隠されていること。またその時代に、またその後に生きた者のもとに、対応の知識は知識の〔中の〕知識であった、それ〔知識〕から彼らに知恵があった、天界と教会のものである霊的なものについての認識〔である〕からである。しかし、その知識は、偶像崇拝的なものに変わったので、主の神的な摂理から、だれもそれらについて何らかのしるしを見ないように、そのように消され、失われた。しかし、それでも今や、主により、その方と教会の人間の結合が、また天使との交わりが生じるために明らかにされた。また、これらはみことばによって行なわれた、その中に対応のすべてと個々のものがある。
 天使たちは、主が、数千年の間、これほどに深く秘められたこの大いなる秘義を啓示することが喜びであったことを強く嬉しがった。また言った、このことが、みことばの上に建てられているキリスト教徒の教会が、今やその終わりにあり、再び復興するためである、また主から天界によってその霊(息吹)得る目的のために行なわれたこと。
 質問した、それらの知識によって、今日、明らかにされているか、何を「洗礼」がまた何を「聖餐」が意味するか、それらについてこのようにいろいろなものをこれまで考えた。
 また、私は答えた、明らかにされたこと。
 [3] (3) さらに私は言った、今日、主により「死後の人間のいのち(生活)」について啓示されたこと。
 天使たちは言った、「何が、死後のいのち(生活)について、死後に人間が生きることをだれが知らないのか?」
 私は答えた、「(彼らは)知っているし、また知らない。らは、人間でなく、しかし、彼の霊魂〔が生きる〕こと、またこれが霊〔として〕生きること、また「霊」について風またはエーテルのような観念を抱いていて、人間は、最後の審判の日の後でないなら生きないことを言う。また、その時、世の中に残す身体は、たとえ、虫、ネズミ、魚により食い尽されても、再び集められ、また再び身体の中へ集められ、人間はこのように復活すること〔を言う〕。
 天使たちは言った、「このことは何か? だれが知らないか、人間は死後に人間〔として〕生きること、ただ、その時、人間は以前のように物質的でなく実体的に生きる相違とともに。また実体的な人間が実体的な人間を見ること、物質的な人間が物質的なもの(人間)〔見る〕ようにと等しく。また、一つの違いを知らないこと、完全な状態の中にいることのほかに?」
 [4] (4) 天使たちは質問した、「私たちの世界について、そして天界と地獄について何を知ってるか?」
 私は答えた、何も知らなかったこと。しかし、今日、主により明らかにされたこと、世がどんなものであるか、その中に天使と霊たちが生きる、そのように天界がどんなものか、また地獄がどんなものか。ほかにさらにまた、天使と霊たちが人間と結合の中にあること。さらに、それらについて多くの驚くべきこと。
 天使たちは喜んだ、人間が自分の不死性について無知から疑いの状態の中にもはやいないように、主がこのようなものを明らかにすることを喜ばれたことを。
 [5] (5) さらに私は言った、今日、主により啓示されたこと、「あなたがたの世の中にもう一つの太陽があること、私たちの中に〔あるもの〕以外に、またあなたがたの世の太陽は純粋な愛であること、また私たちの世の太陽は純粋な火であること。また、それゆえ、あなたがたの太陽から発出するすべてのものは、純粋な愛であるので、いのちから得ていること。また私たちの太陽からのすべてのものは純粋な火からのものであるので、いのちから何も得ていないこと。また、ここから「霊的なもの」と「自然的なもの」の間の違いがあり、その違いが今まで知られていないことが、さらにまた明らかにされた。それらから、ここから人間の理解力の知恵を照らす光があり、またここから、人間の意志の愛を燃え立たせる 熱があるこのがよく知られるようにされた」。
 [6] (6) ほかにも、いのちの三つの段階があること、またここから三つの天界があること、また人間の心は三つの段階の中に区別されていることが明らかにされた。
また、ここから人間は三つの天界に対応すること。
 天使たちは言った、「このことを以前に知っていたのか?」
私は答えた、多いものまた少ないものの間の段階について知っていた、しかし前のものと後のものの間の段階について何も〔知らなかった〕こと。
 [7] (7) 天使たちは、これらのほかに多くのものが啓示されたかどうか質問した。
 私は、多くのもの〔がある〕ことを言った。それらは、「最後の審判」について、「主」について天界と地の神であること、神は位格と本質と一つであること、またその中に神的な三一性、またその方は主であること。なおまたそのにより設立された「新しい教会」についてまたその教会「教え」について。また、「聖書聖性」についてさらにまた「黙示録」啓示されたこと。またそのうえ、「惑星の住民」について。そして、宇宙「諸地球」についてほかに、霊界からの印象的出来事(メモラビリア)くべくこと、天界かららかにされたそれらくのものによってそれらは知恵のものである
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 01:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』844,845
(1) 原文
844. Judaei prae aliis non sciunt quod in mundo spirituali sint, sed credunt se adhuc in mundo naturali esse: causa est, quia prorsus externi homines sunt, et non aliquid de religione cogitant ex interiori: quare etiam loquuntur similiter de Messia sicut prius, et quidam quod venturus sit cum Davide, et fulgens diadematibus praeiturus illis, ac introducturus illos in terram Canaanem, et in via elevatione baculi exsiccaturus fluvios quos transibunt; et quod Christiani, quos inter se etiam gentes vocant, tunc alas vestium illorum arrepturi, suppliciter orantes ut liceat comitari, et quod recepturi divites secundum copias, et quod hi quoque illis servituri sint. In his confirmant se per illa quae leguntur apud Sachariam (viii. 23); et apud Esaiam (lxvi. 20); et de Davide, quod venturus sit, et futurus illorum Rex et Pastor, ex Jeremia (xxx. 9); exque Ezechiele (xxxiv. 23-25; xxxvii. 23-26): prorsus non volentes audire quod per "Davidem" ibi intelligatur Dominus noster Jesus Christus; et quod per "Judaeos" ibi intelligantur illi qui ab ecclesia Ipsius erunt.
 
(2) 直訳
844. Judaei prae aliis non sciunt quod in mundo spirituali sint, sed credunt se adhuc in mundo naturali esse: ユダヤ人は他の者よりも、霊界の中にいることを知らない、しかし、信じている、依然として自然界の中にいること。
causa est, quia prorsus externi homines sunt, et non aliquid de religione cogitant ex interiori: 理由がある、まったく外なる人間であるから、また自分の宗教的信念について内的なものから何らかのものを考えない。
quare etiam loquuntur similiter de Messia sicut prius, et quidam quod venturus sit cum Davide, et fulgens diadematibus praeiturus illis, ac introducturus illos in terram Canaanem, et in via elevatione baculi exsiccaturus fluvios quos transibunt; それゆえ、メシアについて前のように同様に話す、またある者は〔次のことを話す〕、ダビデとやって来ること、また輝くダイヤモンドで彼らに先立って行く、そして彼らをカナンの地の中へ導く、また途中で、杖を持ち上げて、川を干上がらせ、渡る。
et quod Christiani, quos inter se etiam gentes vocant, tunc alas vestium illorum arrepturi, suppliciter orantes ut liceat comitari, et quod recepturi divites secundum copias, et quod hi quoque illis servituri sint. またキリスト教徒たちは、彼らを自分たちの間で異教徒と呼ぶ、その時、彼らの衣服のすそをつかむ、嘆願して祈って、同行することが許されるように、富んだ者を量にしたがって受け入れ、また、これらの者もまた彼らに仕えること。
In his confirmant se per illa quae leguntur apud Sachariam (viii. 23); これらの中で(自分自身を)確信している、それらによって、それらは「ゼカリヤ書」(8:23)のもとに読まれる。
et apud Esaiam (lxvi. 20); また「イザヤ書」(66:20)のもとに。
et de Davide, quod venturus sit, et futurus illorum Rex et Pastor, ex Jeremia (xxx. 9); またダビデについて、やって来ること、また彼らの王と羊飼いとなる、「エレミヤ書」(30:9)から。
exque Ezechiele (xxxiv. 23-25; xxxvii. 23-26): そして「エゼキエル書」(34:23-2537:23-26)から。
prorsus non volentes audire quod per "Davidem" ibi intelligatur Dominus noster Jesus Christus; 聞くことをまったく欲しないで、「ダビデ」によってそこに私たちの主イエス・キリストが意味されることを。
et quod per "Judaeos" ibi intelligantur illi qui ab ecclesia Ipsius erunt. また、「ユダヤ人」によってそこに彼らは意味されること、その者はその方の教会からいるようになる(=属するようになる)
 
(3) 訳文
844. ユダヤ人は他の者よりも、霊界の中にいることを知らない、しかし、依然として自然界の中にいることを信じている。その理由は、まったく外なる人間であり、また自分の宗教的信念について内的なものから何らかのものを考えないからである。それゆえ、メシアについて前のように同様に話す、またある者は〔次のことを話す〕、ダビデとやって来ること、また輝くダイヤモンドで彼らに先立って行き、そして彼らをカナンの地の中へ導く、また途中で、杖を持ち上げて、川を干上がらせて渡る。また自分たちの間で異教徒と呼ぶキリスト教徒たちは、その時、彼らの衣服のすそをつかむ、嘆願して祈って、同行することが許されるように、富んだ者を量にしたがって受け入れ、また、これらの者もまた彼らに仕える。
 これらを「ゼカリヤ書」(8:23)に、また「イザヤ書」(66:20)に読まれるものによって、またダビデについて、やって来ること、また彼らの王と羊飼いとなることを「エレミヤ書」(30:9)から、そして「エゼキエル書」(34:23-2537:23-26)から)確信している。「ダビデ」によってそこに私たちの主イエス・キリストが、また、「ユダヤ人」によってそこにその方の教会から属するようになる者が意味されることを、聞くことをまったく欲しないで。
 
(1) 原文
845. Dum interrogantur num firmiter credant, quod omnes in terram Canaanem venturi sint, dicunt quod tunc omnes, et quod tunc Judaei defuncti resurrecturi sint, et quod ex sepulcris suis intraturi terram illam. Cum regeritur, quod nequaquam possint exire sepulcris, quoniam ipsi post mortem vivunt; respondent quod tunc descensuri sint, ac intraturi sua corpora, et sic victuri. Cum dicitur, quod terra illa non possit capax esse omnium, respondent quod tunc ampliabitur. Cum dicitur, quod regnum Messiae, quia Filius Dei est, non futurum sit super terra, sed in caelo, respondent quod terra Canaan tunc futura sit caelum. Cum dicitur, quod non sciant ubi Bethlechem Ephrataea, ubi Messias nascetur, secundum praedictionem apud Micham (v. 1 [B.A.2]); et apud Davidem (Psalm. cxxxii. 6), respondent quod Mater Messiae usque ibi paritura sit; et aliqui, quod ubi illa parit, ibi sit Bethlechem. Cum dicitur, quomodo potest Messias habitare cum tam malis, et hoc confirmatur per plura loca ex Jeremia, et imprimis ex Cantico Mosis (Deutr. xxxii.), quod pessimi sint, respondent quod inter Judaeos tam boni quam mali sint, et quod mali ibi intellecti sint. Cum dicitur, quod ortus illorum sit ex Cananitide, et ex scortatione Judae cum sua nuru (Genes. xxxviii.), respondent quod non fuerit scortatio; at cum regeritur, quod usque Judas mandaverit ut illa propter scortationem educeretur, et combureretur, abeunt consultaturi, et post consultationem dicunt, quod modo fuerit leviratus, quem non secundus ejus filius Onan, nec tertius ejus filius Schelah praestitit; et his addunt, quod perplurimi ex illis ex tribu Levi sint, cui fuit presbyterium; "Sufficit, quod omnes simus ex lumbis Abrahami." Cum dicitur illis, quod interius in Verbo sensus spiritualis sit, in quo multum agitur de Christo seu Messia, respondent quod non ita sit; at quidam ex illis dicunt, quod interius in Verbo, seu in fundo ejus, non sit nisi quam aurum. Praeter similia alia.
 
(2) 直訳
845. Dum interrogantur num firmiter credant, quod omnes in terram Canaanem venturi sint, dicunt quod tunc omnes, et quod tunc Judaei defuncti resurrecturi sint, et quod ex sepulcris suis intraturi terram illam. 堅く信じているか質問される時、すべての者がカナンの地の中にやって来ること、彼らは言う、その時、すべての者は〔やって来る〕、またその時、死んだユダヤ人は復活すること、また、自分の墓からその地に入ること。
Cum regeritur, quod nequaquam possint exire sepulcris, quoniam ipsi post mortem vivunt; 反駁される時、墓から出ることが決してできなこと、その者自身が死後、生きているので。
respondent quod tunc descensuri sint, ac intraturi sua corpora, et sic victuri. 答える、その時、降る、そして自分の身体に入る、またこのように生きる。
Cum dicitur, quod terra illa non possit capax esse omnium, respondent quod tunc ampliabitur. 言われるとき、その地はすべての者の(を)収容できないこと、その時、拡大されることを答える。
Cum dicitur, quod regnum Messiae, quia Filius Dei est, non futurum sit super terra, sed in caelo, respondent quod terra Canaan tunc futura sit caelum. 言われるとき、メシアの王国は、神の子であるので、地の上に存在するようにならない、しかし、天界の中に、彼らは答える、カナンの地が、その時、天界になる。
Cum dicitur, quod non sciant ubi Bethlechem Ephrataea, ubi Messias nascetur, secundum praedictionem apud Micham (v. 1 [B.A.2]); 言われるとき、ベツレヘム・エフレテがどこに〔あるか〕知らないこと、そこにメシアが生まれる、「ミカ書」(5:2)のもとの予言にしたがって。
et apud Davidem (Psalm. cxxxii. 6), respondent quod Mater Messiae usque ibi paritura sit; またダビデ(詩篇132:6)のもとに、彼らは答える、メシアの母がやはりそこで産む。
et aliqui, quod ubi illa parit, ibi sit Bethlechem. またある者は、どこか(そこに)産む場所が、そこがベツレヘムであること。
Cum dicitur, quomodo potest Messias habitare cum tam malis, et hoc confirmatur per plura loca ex Jeremia, et imprimis ex Cantico Mosis (Deutr. xxxii.), quod pessimi sint, respondent quod inter Judaeos tam boni quam mali sint, et quod mali ibi intellecti sint. 言われるとき、どのようにメシアはこれほどに悪い者と住むことができるのか、またこのことは「エレミヤ書」からの多くの箇所によって確信される、また特にモーセの歌から(申命記第32)、最悪であること、彼らは答える、ユダヤ人の間に善い者も悪い者もいること、また、悪い者がそこに意味されること。
Cum dicitur, quod ortus illorum sit ex Cananitide, et ex scortatione Judae cum sua nuru (Genes. xxxviii.), respondent quod non fuerit scortatio; 言われるとき、彼らの起源がカナン人からであること、またユダの淫行から、自分の嫁〔タマル〕との(創世記第38章)、彼らは答える、淫行ではなかったこと。
at cum regeritur, quod usque Judas mandaverit ut illa propter scortationem educeretur, et combureretur, abeunt consultaturi, et post consultationem dicunt, quod modo fuerit leviratus, quem non secundus ejus filius Onan, nec tertius ejus filius Schelah praestitit; しかし、反駁されるとき、それでもユダは命じたこと、彼女が淫行のために連れ出されること、また焼かれる、協議(相談)する〔ために〕立ち去った、また協議(相談)の後、言った、単にレビレート婚☆であったこと、それを彼の第二の息子オナンは、彼の第三の息子シェラもまた果たさなかった。
レビレート婚は、やもめが(子孫を残すために)亡夫の兄弟と再婚することです。
et his addunt, quod perplurimi ex illis ex tribu Levi sint, cui fuit presbyterium; また、これらに加える、彼らからの非常に多くの者がレビの部族からであること、その者に長老会議(=聖職者)があった。
"Sufficit, quod omnes simus ex lumbis Abrahami." 「十分である、私たちはすべての者がアブラハムの腰からであること」。
Cum dicitur illis, quod interius in Verbo sensus spiritualis sit, in quo multum agitur de Christo seu Messia, respondent quod non ita sit; 彼らに言われるとき、みことばの中の内部に霊的な意味があること、その中に大いにキリストすなわちメシアについて扱われている、彼らは答える、そのようでないこと。
at quidam ex illis dicunt, quod interius in Verbo, seu in fundo ejus, non sit nisi quam aurum. しかし、彼らからのある者が言う、ことばの中の内部に、すなわち、その最下部()の中に、金以外でないならない。
Praeter similia alia. ほかに同様の他のこと。
 
(3) 訳文
845. すべての者がカナンの地の中にやって来ること堅く信じているか質問される時、彼らは言う、その時、すべての者は〔やって来る〕、またその時、死んだユダヤ人は復活し、また、自分の墓からその地に入ること。
その者自身が死後、生きているので、墓から出ることが決してできない、と反駁される時、その時、降る、そして自分の身体に入る、またこのように生きる、と答える。
 その地はすべての者収容できない、と言われるとき、その時、拡大される、と答える。
 メシアの王国は、〔メシアは〕神の子であるので、地上に存在するようにならない、しかし、天界の中である、と言われるときカナンの地が、その時、天界になる、と答える。
 「ミカ書」(5:2)またダビデ(詩篇132:6)の予言にしたがってメシアが生まれるベツレヘム・エフレテがどこに〔あるか〕知らない、と言われるとき、メシアの母がやはりそこで産む、と答える。またある者は、どこか産む場所が、そこがベツレヘムである、と答える。
 どのようにメシアはこれほどに悪い者と住むことができるのか、またこのことは「エレミヤ書」からの多くの箇所によって、また特にモーセの歌から(申命記第32)、最悪であることが確信される、と言われるとき、彼らは、ユダヤ人の間に善い者も悪い者もいる、また、悪い者がそこに意味される、と答える。
 彼らの起源がカナン人からであること、また自分の嫁〔タマル〕とのユダの淫行からであること(創世記第38)が言われるとき、彼らは、淫行ではなかった、
しかし、それでもユダは、彼女が淫行のために連れ出され、また焼かれること命じた、と答え、反駁されるとき、協議する〔ために〕立ち去り、また協議の後、単にレビレート婚☆であったことを言った、、れを彼の第二の息子オナンは、彼の第三の息子シェラもまた果たさなかった。また、これらに、彼らからの非常に多くの者がレビの部族からであること、それらの者が聖職者であったことを加える。「私たちはすべての者がアブラハムの腰からであることで十分である」。
 彼らに、みことばの中の内部に霊的な意味があり、その中にキリストすなわちメシアについて大いに扱われている、と言われるとき、彼らは、そのようではない、と答える。しかし、彼らからのある者が言う、ことばの中の内部に、すなわち、その底に、金しかない。
 ほかに同様の他のこと。
 
レビレート婚は、やもめが(子孫を残すために)亡夫の兄弟と再婚することです。
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 21:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』841,842,843
DE JUDAEIS IN MUNDO SPIRITUALI.
霊界の中のユダヤ人について
 
(1) 原文
841. Judaei ante ultimum judicium, (quod factum est anno 1757,) ad latus sinistrum meditullii Christiani in valle ibi apparuerunt: post illud translati sunt in septentrionem, et interdictum est illis commercium cum Christianis, nisi cum vagis extra urbes. Sunt in illa plaga duae magnae urbes, in quas Judaei post mortem translati sunt, quas ante judicium vocaverunt Hierosolymas, sed post illud alio nomine, quia post judicium per "Hierosolymam" intelligitur ecclesia quoad doctrinam, in qua Dominus solus colitur. Praeficiuntur illis in suis urbibus Judaei conversi, qui monent illos, ne contumeliose loquantur de Christo; et puniunt illos qui usque id faciunt. Plateae urbium illorum oppletae sunt caeno usque ad talos, et domus immundis, a quibus etiam olent, propter quae non adiri possunt. Postmodum animadverti, quod plures ex illa gente sedem commorationis etiam nacti sint in plaga meridionali; et dum quaesivi, quinam illi, dictum est quod sint qui parvifecerunt cultum reliquorum, et haeserunt animis de Messia num unquam venturus sit, tum qui de variis rebus in mundo cogitaverunt ex ratione, et secundum illam vixerunt. Horum plurimam partem constituunt Judaei qui nuncupantur Portugisi.
 
(2) 直訳
841. Judaei ante ultimum judicium, (quod factum est anno 1757,) ad latus sinistrum meditullii Christiani in valle ibi apparuerunt: ユダヤ人たちは最後の審判の前に(それは1757年に起こった)キリスト教徒たちの中央の左側に、そこに谷間の中に見られた。
post illud translati sunt in septentrionem, et interdictum est illis commercium cum Christianis, nisi cum vagis extra urbes. その後、北に移された、またキリスト教徒との伝達(交通)を禁じられた、都の外で歩き回る者とでないなら。
Sunt in illa plaga duae magnae urbes, in quas Judaei post mortem translati sunt, quas ante judicium vocaverunt Hierosolymas, sed post illud alio nomine, quia post judicium per "Hierosolymam" intelligitur ecclesia quoad doctrinam, in qua Dominus solus colitur. その方位の中に二つの大きな都がある、それらの中に、ユダヤ人は、死後、移された(transfero)、それを審判の前、エルサレムと呼んだ、しかし、その後、他の名前で、審判後、「エルサレム」によって教会が意味されるから、その中で主おひとりが礼拝される。
Praeficiuntur illis in suis urbibus Judaei conversi, qui monent illos, ne contumeliose loquantur de Christo; 回心したユダヤ人の自分の都の中に、彼らに長に(が)任じられる、その者は彼らを警告する、キリストについて侮辱して話さないように。
et puniunt illos qui usque id faciunt. また、罰する、その者はそれでもそのことをする。
Plateae urbium illorum oppletae sunt caeno usque ad talos, et domus immundis, a quibus etiam olent, propter quae non adiri possunt. 彼らの都の街路は、くるぶしまでの汚物(どろ)で満ちている、また家は不潔なもので、さらにまたそれらから悪臭を放つ、それらのために近づくことができない。
Postmodum animadverti, quod plures ex illa gente sedem commorationis etiam nacti sint in plaga meridionali; その後、私は気がついた、それらの国民からの多くの者が滞在の場所()もまた所有する(nanciscor)こと、南の方位の中に。
et dum quaesivi, quinam illi, dictum est quod sint qui parvifecerunt cultum reliquorum, et haeserunt animis de Messia num unquam venturus sit, tum qui de variis rebus in mundo cogitaverunt ex ratione, et secundum illam vixerunt. また私が質問した時、彼らがだれか、言われた、〔ユダヤ人の〕他の者の礼拝を重要でないと見なした者であること、またメシアについて心で(かつて☆)やって来るかどうか、しがみつかなかった、なおまたその者は世の中のいろいろな事柄について理性から考えた、またそれにしたがって生きた。
ここは意訳するほうがよいでしょう。
Horum plurimam partem constituunt Judaei qui nuncupantur Portugisi. これらの大多数の部分を構成している、ポルトガルの住民と呼ばれているユダヤ人が。
 
(3) 訳文
841. ユダヤ人たちは最後の審判の前に(それは1757年に起こった)キリスト教徒たちの中央の左側に、そこに谷間の中に見られた。その後、北に移された、またキリスト教徒との伝達(交通)を、都の外で歩き回る者とでないなら禁じられた。
 その方位の中に二つの大きな都がある、それらの中に、ユダヤ人は、死後、移されたが、それを審判の前、エルサレムと呼んだ、しかし、その後、他の名前で〔呼んだ〕、審判後、「エルサレム」によって、その中で主おひとりが礼拝される教会が意味されるからである。
 回心したユダヤ人の自分の都の中に、彼らに長に(が)任じられ、その者は、キリストについて侮辱して話さないように彼らを警告する。また、それでもそのことをする者を罰する。
 彼らの都の街路は、くるぶしまでの汚物(どろ)で、また家は不潔なもので満ちている、さらにまたそれらから悪臭を放つ、それらのために近づくことができない。
 その後、私は、それらの国民からの多くの者が、南の方位の中に滞在の場所もまた所有することを認めた。また私が彼らがだれか質問した時、〔ユダヤ人の〕他の者の礼拝を重要でないと見なし、またメシアについてやって来るかどうか、心で拘泥しなかった、なおまたその者は世の中のいろいろな事柄について理性から考え、またそれにしたがって生きた者であることが言われた。
 これらの大多数の部分を、ポルトガルの住民と呼ばれているユダヤ人が構成している。
 
(1) 原文
842. Apparet Judaeis aliquoties angelus supra in media altitudine cum baculo in manu, et dat credere quod sit Moses; ac hortatur ut desistant a vesania de exspectatione Messiae etiam ibi, quia Messias est Christus, qui illos et omnes regit; et quod ille id sciat, et quoque de Ipso sciverit dum in mundo fuit. Quibus auditis recedunt, et maxima pars obliviscuntur, et pauci retinent. Qui retinent, illi mittuntur in synagogas, quae sunt ex conversis, ac instruuntur; et illis, dum instructi sunt, dantur novae vectes pro laceris, et datur Verbum nitide scriptum, tum habitatio in urbe non indecora: illi autem qui non recipiunt, dejiciuntur, ac multi in silvas et deserta, ubi agunt inter se latrocinia.
 
(2) 直訳
842. Apparet Judaeis aliquoties angelus supra in media altitudine cum baculo in manu, et dat credere quod sit Moses; 数回、ユダヤ人に天使が見られた、上方に、中間の高さに、手の中に杖とともに、また、信じることを可能にする(与える)、モーセであること。
ac hortatur ut desistant a vesania de exspectatione Messiae etiam ibi, quia Messias est Christus, qui illos et omnes regit; そしてメシアの期待について狂気から離れる(断念する)ように勧める(促す)、そこにもまた、キリストはメシアであるので、その者は彼らとすべての者を支配する。
et quod ille id sciat, et quoque de Ipso sciverit dum in mundo fuit. またその者がそのことを知っていること、そしてまたその方について世にいた時、知っていた。
Quibus auditis recedunt, et maxima pars obliviscuntur, et pauci retinent. 聞いた者たちは去った、また最大の部分(者)は忘れる、またわずかな者が心に留める。
Qui retinent, illi mittuntur in synagogas, quae sunt ex conversis, ac instruuntur; 心に留めた者は、シナゴーグ(ユダヤ教会堂)送られる、それは回心した者からである、そして教えられる。
et illis, dum instructi sunt, dantur novae vectes pro laceris, et datur Verbum nitide scriptum, tum habitatio in urbe non indecora: また彼らに、教えらた時、ぼろぼろの〔衣服の〕代わりに新しい衣服を与えられる、またきちんと書かれたみことばを与えられる、なおまた都の中に住居を、見苦しいものでない。
illi autem qui non recipiunt, dejiciuntur, ac multi in silvas et deserta, ubi agunt inter se latrocinia. けれども、彼らは、その者は受け入れなかった、投げ落とされる、そして多くの者は森の中と荒野(砂漠)の中に、そこで自分たちの間で強盗を働く。
 
(3) 訳文
842. 数回、ユダヤ人に、上方の中間の高さに、手の中に杖とともに天使が見られた、また、モーセであることを信じることを与えた。そしてメシアを期待する狂気から離れるように促した、そこでまた、キリストはメシアである、その者は彼らとすべての者を支配する、またその方がそのことを知っている、そしてまたその方について世にいた時、知っていたからである。
 〔このことを〕聞いた者たちは去った、また最大の部分も者は忘れ、またわずかな者が心に留めた。
 心に留めた者は、回心した者からのシナゴーグ(ユダヤ教会堂)送られ、そして教えられる。また彼らに、教えらた時、ぼろぼろの〔衣服の〕代わりに新しい衣服を与えられ、またきちんと書かれたみことばを、なおまた都の中に、見苦しいものでない住居を与えられる。けれども、受け入れなかった者は、投げ落とされる、そして多くの者は森の中と荒野(砂漠)の中に、そこで自分たちの間で強盗を働く。
 
(1) 原文
843. Judaei negotiantur in illo mundo sicut in priori, cum variis, imprimis cum lapidibus pretiosis, quos sibi per vias incognitas comparant e caelo, ubi lapides pretiosi in copia sunt. Quod negotiatio illis cum lapidibus pretiosis sit, est causa, quia Verbum in sua originali lingua legunt, et sensum litterae ejus sanctum habent, ac lapides pretiosi sensui litterae correspondent. Quod spiritualis origo illorum lapidum sit sensus litterae Verbi, et quod inde sit correspondentia illorum, supra (in capite de Scriptura Sacra, n. 217, 218,) videatur. Possunt etiam arte parare similes ac phantasiam inducere quod genuini sint; sed hi a suis praefectis severe mulctantur.
 
(2) 直訳
843. Judaei negotiantur in illo mundo sicut in priori, cum variis, imprimis cum lapidibus pretiosis, quos sibi per vias incognitas comparant e caelo, ubi lapides pretiosi in copia sunt. ユダヤ人は商売をする、その世界の中で前の〔世界の〕中のように、いろいろなものについて、特に宝石について、それらを自分自身に知られていない道を通って(方法によって)界から獲得する、そこに宝石が大量にある。
Quod negotiatio illis cum lapidibus pretiosis sit, est causa, quia Verbum in sua originali lingua legunt, et sensum litterae ejus sanctum habent, ac lapides pretiosi sensui litterae correspondent. 彼らに宝石についての商売があるのは、みことばを自分の原語で読んでいるからである、またその文字どおりの意味を、聖なるものを持っている、そして宝石はみことばの霊的な意味に対応する。
Quod spiritualis origo illorum lapidum sit sensus litterae Verbi, et quod inde sit correspondentia illorum, supra (in capite de Scriptura Sacra, n. 217, 218,) videatur. それらの石の霊的な起源がみことばの文字どおりの意味であることは、またここからそれらの対応があることは、上に(「聖書」についての章の中に、217、218番)見られる。
Possunt etiam arte parare similes ac phantasiam inducere quod genuini sint; さらにまた技術で似たものを得ることができる、そして幻想をひき起こすこと、本物であること。
sed hi a suis praefectis severe mulctantur. しかし、これらの者は自分たちの統治者からきびしく罰せられる。
 
(3) 訳文
843. ユダヤ人はその世界の中で前の〔世界の〕中のように商売をする、いろいろなものについて、特に宝石について、それらを自分自身に知られていない道を通って(方法によって)、そこに宝石が大量にある界から獲得する。
 彼らに宝石についての商売があるのは、みことばを自分の原語で読んでいる、またその文字どおりの意味を、聖なるものとしているからである、そして宝石はみことばの霊的な意味に対応する。
 それらの石の霊的な起源がみことばの文字どおりの意味であることは、またここからそれらの対応があることは、前に見られる(「聖書」についての章、217、218番に)
 さらにまた技術で似たものを得ること、そして本物であることの幻想をひき起こすことができる。しかし、これらの者は自分たちの統治者からきびしく罰せられる。
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 22:45
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』840
(1) 原文
840. Quoniam Africani tales sunt, ideo apud illos hodie fit revelatio, quae incepta vadit e regione sua circum, sed non usque ad maria. Spernunt advenas ex Europa, qui credunt hominem salvari per solam fidem, et sic per solum cogitare, et loqui, et non simul per velle et facere; dicentes quod nullus homo sit, cui aliquis cultus, qui non vivit secundum religionem suam; et si non, quod non possit aliter quam fieri stupidus et malus, quia tunc non recipit aliquid e caelo. Malitiam ingeniosam vocant etiam stupiditatem, quia non vita sed mors est in illa. Locutus sum aliquoties cum Augustino, qui in tertio saeculo fuerat episcopus in [1]Hippone in Africa: dixit quod hodie ibi sit, ac inspiret illis cultum Domini, et quod spes propagationis hujus novi evangelii in circumjacentes regiones ibi sit. Audivi angelorum gaudium super illa revelatione, quod per eam aperiatur illis communicatio cum rationali humano, hactenus per universale dogmaticum quod intellectus sub obedientia fidei ecclesiasticorum occluso.
 
   @1 Hippone pro “Hippo”
 
(2) 直訳
840. Quoniam Africani tales sunt, ideo apud illos hodie fit revelatio, quae incepta vadit e regione sua circum, sed non usque ad maria. アフリカ人はこのようであるので、それゆえ、彼らのもとに、今日、啓示がある、始まったそれはその領域から周囲へ進んだ、しかし海までではない。
Spernunt advenas ex Europa, qui credunt hominem salvari per solam fidem, et sic per solum cogitare, et loqui, et non simul per velle et facere; 彼らはヨーロッパから来る者を軽蔑する、その者は信仰のみによって救われることを信じている人間を、またこのように考えることだけによって、また話すこと、また同時に意志することと行なうことでなく。
dicentes quod nullus homo sit, cui aliquis cultus, qui non vivit secundum religionem suam; 言って、人間はだれもいないこと、その者に何らかの礼拝〔がある〕、その者が自分の宗教にしたがって生きない。
et si non, quod non possit aliter quam fieri stupidus et malus, quia tunc non recipit aliquid e caelo. またもし〔そのように生き〕ないなら、愚かさと悪が生ずる(〜になる)と以外に異なってできないこと、その時、天界から何らかのものを受けないので。
Malitiam ingeniosam vocant etiam stupiditatem, quia non vita sed mors est in illa. 才気のある悪意もまた愚かさと呼ぶ、その中にいのちがなく、死があるので。
Locutus sum aliquoties cum Augustino, qui in tertio saeculo fuerat episcopus in [1]Hippone in Africa: 私は数回、アウグスティヌスと話した、その者は三世紀のアフリカの中のヒッポ☆の中の司教であった。
ヒッポレギウスは古王国ヌミディア(ほぼ現在のアルジェリア)の中心都市。アンナバ(アルジェリア東北部の港町)に隣接した位置にあった。
dixit quod hodie ibi sit, ac inspiret illis cultum Domini, et quod spes propagationis hujus novi evangelii in circumjacentes regiones ibi sit. 彼は言った、今日(も)そこにいること、そして彼らに主の礼拝を吹き込んでいる(呼び起こしている)、またこの新しい福音の伝播の希望が近隣の領域の中に、そこにあること。
Audivi angelorum gaudium super illa revelatione, quod per eam aperiatur illis communicatio cum rationali humano, hactenus per universale dogmaticum quod intellectus sub obedientia fidei ecclesiasticorum occluso. 私は天使たちの楽しさ(うれしさ)を聞いた、その啓示の上の(のために)、それによって彼らに理性的な人間性との伝達(交通)が開かれたこと、今まで全般的な教義によって、聖職者の(教会組織の)信仰の服従の下で理解力(理解されること)が閉ざされたこと。
 
@1 Hippone pro “Hippo” 注1 Hippo」の代わりにHippone
 
(3) 訳文
840. アフリカ人はこのようであるので、それゆえ、彼らのもとに、今日、啓示がある、それは始まったその領域から周囲へ進んだ、しかし海までではない。
 彼らはヨーロッパから来る者を、このように考えること、また話すことだけによって、また同時に意志することと行なうことでなく、信仰のみによって救われることを信じている人間を、何らかの礼拝があり、自分の宗教にしたがって生きない人間はだれもいないことを言って、軽蔑する。またもし〔そのように生き〕ないなら、その時、天界から何らかのものを受けないので、愚かさと悪が生じると以外に異なってできないこと〔を言って〕。
 才気のある悪意もまた、その中にいのちがなく、死があるので、愚かさと呼ぶ。
 私は数回、アウグスティヌスと話した、その者は三世紀のアフリカのヒッポ☆の司教であった。彼は、今日(も)そこにいること、そして彼らに主の礼拝を吹き込んでいる(呼び起こしている)、またこの新しい福音の伝播の希望がそこの近隣の領域の中にあることを言った。
 私は天使たちの楽しさ(うれしさ)を聞いた、その啓示の上の(のために)、それによって彼らに理性的な人間性との伝達(交通)が開かれたこと、今まで全般的な教義によって、聖職者の信仰の服従の下で理解力が閉ざされたことである。
 
ヒッポレギウスは古王国ヌミディア(ほぼ現在のアルジェリア)の中心都市。アルジェリア東北部の港町アンナバの古代ローマ時代の呼称。
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 17:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』839
(1) 原文
839. Postremo consociatus est sermo de Interiore et Exteriore homine. Et dictum est, quod homines, qui interius res percipiunt, sint in luce veri, quae est lux caeli, et quod homines qui exterius res percipiunt sint in nulla luce veri, quia solum in luce mundi; quod sic homines interiores sint in intelligentia et sapientia, exteriores autem in vesania et in visione praepostere [(n. 345)]; quod homines interiores sint spirituales, quia ex spiritu elevat supra corpus cogitant, quare vident vera in luce; at quod exteriores homines sint naturales sensuales, quia ex fallaciis sensuum corporis cogitant; quare vident vera sicut in nimbo, et cum apud se versant illa, vident falsa ut vera: quod interni homines sint sicut qui stant super monte in campo, aut super turri in urbe, aut super specula in mari; at externi homines sunt sicut qui stant in valle sub monte, aut in crypta sub turri, aut in cymba sub specula, qui non vident nisi quam proxima. Et porro, interni homines sunt sicut qui habitant in secunda aut tertia mansione domus seu palatii, cujus parietes sunt continentes fenestrae ex vitris crystallinis, qui in urbe perspiciunt circum circa in amplitudine, et cognoscunt quamvis aediculam ibi; at externi homines sunt sicut qui in infima mansione habitant, cujus fenestrae sunt ex papyris conglutinatis, qui ne quidem aliquam plateam extra domum vident, sed solum illa quae intra domum sunt, et haec non nisi quam ex candela aut foco. Interni homines etiam sunt sicut aquilae in alto, et vident late omnia sub se; et vicissim externi homines sunt sicut galli, qui super [1]stapede alta voce coram gallinis, quae humi gradiuntur, canunt. Et insuper interni homines percipiunt quod illa quae sciunt ad illa quae non sciunt, sint modo sicut aquae in urna ad aquas in lacu; at externi homines non aliter percipiunt, quam quod sciant omnia. Ex his dictis laetati sunt Africani, quia ex interiori visu, quo praepollent, agnoverunt quod ita sit.
 
   @1 stapede pro “stapide”
 
(2) 直訳
839. Postremo consociatus est sermo de Interiore et Exteriore homine. 最後に、「内的なまた外的な人間」について話しで交わりに加わった。
Et dictum est, quod homines, qui interius res percipiunt, sint in luce veri, quae est lux caeli, et quod homines qui exterius res percipiunt sint in nulla luce veri, quia solum in luce mundi; また言われた、人間は、その者は内的な事柄を知覚する、真理の光の中にいること、それは天界の光である、また人間は、その者は外的な事柄を知覚する、真理の光の中にいないこと、世の光の中だけに〔いる〕ので。
quod sic homines interiores sint in intelligentia et sapientia, exteriores autem in vesania et in visione praepostere [(n. 345)]; このように内的な人間は知性と知恵の中にいること、けれども、外的な〔人間〕は狂気の中と逆さまの幻視の中に〔いる〕(345番☆)。
ここの345番が補足(もちろん初版にない)されていますが、参考にならないと思うので省くほうがよいでしょう。
quod homines interiores sint spirituales, quia ex spiritu elevat supra corpus cogitant, quare vident vera in luce; 内的な人間は霊的であること、身体の上方に上がった霊から考えるからである、それゆえ、真理を光の中で見る。
at quod exteriores homines sint naturales sensuales, quia ex fallaciis sensuum corporis cogitant; しかし、外的な人間は自然的感覚的である、身体の感覚の欺きから考えからである。
quare vident vera sicut in nimbo, et cum apud se versant illa, vident falsa ut vera: それゆえ、真理をもやの中にのように見る、また自分自身のもとでそれをひっくり返すとき、虚偽を真理として見る。
quod interni homines sint sicut qui stant super monte in campo, aut super turri in urbe, aut super specula in mari; 内なる人☆は平野の中の山の上に立つ者のようである、または都の中の塔の上に、または海の中の見張り台。
[内的な人間]であったものが、ここで「内なる人」と変えています。ここで「人」と「人間」の使い分け(私自身が行なっている)を述べるつもりでしたが、やめます。簡単に言えば、「善人」と「善い人間」をどのように使い分けているかです。
at externi homines sunt sicut qui stant in valle sub monte, aut in crypta sub turri, aut in cymba sub specula, qui non vident nisi quam proxima. しかし、外なる人は山の下の谷の中に立つ者のようである、または塔の下の地下室の中に、または見張り台の下の小舟の中に、その者は最も近いもの以外でないなら見ない。
Et porro, interni homines sunt sicut qui habitant in secunda aut tertia mansione domus seu palatii, cujus parietes sunt continentes fenestrae ex vitris crystallinis, qui in urbe perspiciunt circum circa in amplitudine, et cognoscunt quamvis aediculam ibi; またさらに、内なる人は家または宮殿の二または三階☆に住む者のようである、その内壁は水晶の〔ように透明な〕ガラスからできた窓で続いている、それは都の中を見通す、周囲に、十分に(広く)、またたとえ建物であっても、そこに知る。
mansioには「住まい」の意味以外に建物の「階」の意味があります。
at externi homines sunt sicut qui in infima mansione habitant, cujus fenestrae sunt ex papyris conglutinatis, qui ne quidem aliquam plateam extra domum vident, sed solum illa quae intra domum sunt, et haec non nisi quam ex candela aut foco. しかし、外なる人は最も低い階の中に住む者のようである、その窓はくっつけた紙からできている、それは家の外の何らかの街路を決して見ない、しかしそれらだけを〔見る〕、家の内にある、またこれらをろうそくまたは炉から以外でないなら〔見〕ない。
Interni homines etiam sunt sicut aquilae in alto, et vident late omnia sub se; さらにまた内なる人は高所に〔いる〕ワシのようである、また自分の下のすべてのものを広く(遠く)見る。
et vicissim externi homines sunt sicut galli, qui super [1]stapede alta voce coram gallinis, quae humi gradiuntur, canunt. また逆に、外なる人はオンドリのようである、それは高い踏み台の上で、メンドリの前で高い声で、それは地面を歩く、鳴く。
Et insuper interni homines percipiunt quod illa quae sciunt ad illa quae non sciunt, sint modo sicut aquae in urna ad aquas in lacu; またその上、内なる人は知覚する、それらをそれらは知っている、それに比べてそれらは知らない、つぼの中の水のようにしか、湖の中の水に比べて。
at externi homines non aliter percipiunt, quam quod sciant omnia. しかし、外なる人は異なって知覚しない、すべてのものを知っていること以外に。
Ex his dictis laetati sunt Africani, quia ex interiori visu, quo praepollent, agnoverunt quod ita sit. これらで聞いてから、アフリカ人は喜んだ、内的な視覚から、それで高度に発達している、そのようであることを認めたので。
 
@1 stapede pro “stapide” 注1 stapide」の代わりにstapede
 
(3) 訳文
839. 最後に、「内的な人間また外的な人間」について話しで交わりに加わった。
 また、内的な事柄を知覚する人間は天界の光である真理の光の中にいること、また外的な事柄を知覚する人間は、世の光の中だけにいるので真理の光の中にいないこと、このように、内的な人間は知性と知恵の中にいる、けれども、外的な人間は狂気の中と逆さまの幻視の中にいることが言われた。内的な人間は霊的である、身体の上方に上がった霊から考えるからであり、それゆえ、真理を光の中で見る。しかし、外的な人間は自然的感覚的である、身体の感覚の欺きから考えからである。それゆえ、真理をもやの中にのように見る、また自分自身のもとでそれをひっくり返すとき、虚偽を真理として見る。
 内なる人☆は平野の中の山の上に、または都の中の塔の上に、または海の見張り台に立つ者のようである。しかし、外なる人は山の下方の谷の中に、または塔の下の地下室の中に、または見張り台の下の小舟の中に立つ者のようである、その者は最も近いものしか見ない。
 またさらに、内なる人は家または宮殿の二階または三階に住む者のようである、その内壁は水晶の〔ように透明な〕ガラスから続いてできた窓で、都の中を周囲を、十分に(広く) 見通す、またそこのどんな建物であっても知る。しかし、外なる人は最も低い階の中に住む者のようである、その窓は張りつけた紙からできていて、それは家の外の何らかの街路を決して見ないで、家の中にあるものだけを見る、またこれらをろうそくまたは炉からでしか見ない。
 さらにまた内なる人は高いところにいるワシのようであり、自分の下のすべてのものを広く見る。また逆に、外なる人はオンドリのようである、それは高い踏み台の上で、地面を歩くメンドリの前で高い声で鳴く。
 またその上、内なる人は、知っているものに比べて知らないものが、湖の中の水に比べればつぼの中の水のようにでしかないと知覚している。しかし、外なる人はすべてのものを知っているとしか知覚しない。
 これらを聞いて、アフリカ人は、高度に発達している内的な視覚から、そのようであることを認めたので喜んだ。
 
[内的な人間]であったものが、ここで「内なる人」と記述を変えています。
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 05:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』837,838
(1) 原文
837. Quoniam Africani prae reliquis interiori judicio pollent, cum illis commercium sermonis habui de rebus altioris indaginis; et nuper de Deo, de Domino Redemptore, deque interiori et exteriori homine. Et quia delectabantur illo sermone, afferam aliqua, quae de tribus illis ex interiori visu, perceperunt. De Deo dixerunt, quod omnino descenderit, et Se videndum hominibus obtulerit, quia est Creator, Tutor et Ductor illorum, et quia genus humanum Ipsius est; et quod videat, lustret et provideat omnia et singula quae in caelis et in terris sunt, ac bona illorum sicut in Se, et Se in illis. Causa est, quia est Sol omnia et singula quae in caelis et in terris sunt, ac bona illorum sicut in se et se in illis; causa est sol caeli angelici, qui tam alte supra mundum spiritualem sicut sol terrae supra mundum naturalem conspicitur; et qui est Sol, Is videt, lustrat et providet omnia et singula quae infra sunt. Et quia Divinus Amor Ipsius est qui apparet ut Sol, sequitur quod prospiciat maximis et minimis talia quae vitae sunt, et hominibus talia quae amoris et sapientiae sunt; illa quae amoris sunt per calorem inde, et illa quae sapientiae per lucem inde. Si itaque formatis vobis ideam de Deo, quod sit Sol Universi, omnino ex illa idea videbitis et agnoscetis Ipsius omnipraesentiam, omniscientiam et omnipotentiam.
 
(2) 直訳
837. Quoniam Africani prae reliquis interiori judicio pollent, cum illis commercium sermonis habui de rebus altioris indaginis; アフリカ人は他の者よりも内的な判断力が授けられているので、彼らと会話の伝達を私は持った、さらに深い調査を要する(研究の)柄について。
et nuper de Deo, de Domino Redemptore, deque interiori et exteriori homine. また近ごろ、神について、あがない主なる主について、そしてまた内的なまた外的な人間について☆。
「内的な人間と外的な人間」と「内なる人・外なる人」は原語が異なります。ご注意、839番に出てきます。(「人間」と「人」の使い分けを私はしています、そこで述べましょう)
Et quia delectabantur illo sermone, afferam aliqua, quae de tribus illis ex interiori visu, perceperunt. またその話しを楽しんだので、私は何らかのものを提示する、それらはそれらの三つのものについて内的な視覚から知覚した。
De Deo dixerunt, quod omnino descenderit, et Se videndum hominibus obtulerit, quia est Creator, Tutor et Ductor illorum, et quia genus humanum Ipsius est; 神について、彼らは言った、確かに下った、またご自分を人間に見えるように示した(offero)、創造主であるので、彼らの擁護者(主)また指導者、また人類はその方のものであるので。
et quod videat, lustret et provideat omnia et singula quae in caelis et in terris sunt, ac bona illorum sicut in Se, et Se in illis. また、見る、照らす、また備えること、天界と地の中にあるすべてと個々のものを、そして彼らの善をご自分の中のように、またご自分を彼らの中に。
Causa est, quia est Sol omnia et singula quae in caelis et in terris sunt, ac bona illorum sicut in se et se in illis; 理由がある、太陽はすべてと個々のものであるからである、それらは天界の中と地の中にある、そして彼らの善をご自分(太陽)の中のように、またご自分(太陽)を彼らの中に。
causa est sol caeli angelici, qui tam alte supra mundum spiritualem sicut sol terrae supra mundum naturalem conspicitur; 理由(原因)は天使の天界の太陽である、それは霊界の上方のこのように高くに、自然界の上の地の太陽のように、眺められる。
et qui est Sol, Is videt, lustrat et providet omnia et singula quae infra sunt. また太陽であるので、それ(太陽)は見る、照らす、照らす、また備える、下にあるすべてと個々のものを。
Et quia Divinus Amor Ipsius est qui apparet ut Sol, sequitur quod prospiciat maximis et minimis talia quae vitae sunt, et hominibus talia quae amoris et sapientiae sunt; また、神的な愛そのものであるので、その方は太陽として見られる、〜がいえる、最大のものと最小のものを提供する、このようなものを、それらは生命のものである、人間にこのようなものを、それらは愛と知恵のものである。
illa quae amoris sunt per calorem inde, et illa quae sapientiae per lucem inde. それらは、それらは愛のものである、ここからの熱によって、またそれらをそれらは知恵のものである、ここからの光によって。
Si itaque formatis vobis ideam de Deo, quod sit Sol Universi, omnino ex illa idea videbitis et agnoscetis Ipsius omnipraesentiam, omniscientiam et omnipotentiam. そこで、もし、あなたがたが神についてのあなたがたの観念を形成するなら、全世界の太陽であること、また(すると)あなたがたはその方の全能、全知、また遍在を認める。
 
(3) 訳文
837. アフリカ人は他の者よりも内的な判断力が授けられているので、私は彼らと、さらに深い調査を要する柄について会話の伝達を持った。また近ごろ、神、あがない主なる主、そして内的な人間と外的な人間について。
またその話しを楽しんだので、私は、それらはそれらの三つのものについて内的な視覚から知覚した何らかのものを示す。
 神について、彼らは言った、確かに下った、またご自分を人間に見えるように示した、創造主、彼らの擁護者た指導者であるので、また人類はその方のものであるので。また、天界と地上にあるすべてと個々のものを見る、照らす、備えること、そして彼らの善をご自分の中に、またご自分を彼らの中にのように。
 その理由は、太陽は天界の中と地上にあるすべてと個々のものであり、そして彼らの善が太陽の中に、また太陽が彼らの中にあるようだからである。理由は天使の天界の太陽だからであり、それは霊界の上方に、自然界の上の地の太陽のように、このように高くに眺められる。また太陽であるので、それ(太陽)は、下にあるすべてと個々のものを見る、照らす、照らす、また備える。
 また、神的な愛そのものであるので、その方は太陽として見られ、このような最大のものと最小のものを提供することがいえる、それらは生命のものであり、また人間に愛と知恵のものである。それらは、ここからの熱による愛のものである、またそれらは、ここからの光による知恵のものである。
 そこで、もし、あなたがたが神についてのあなたがたの観念を、全世界の太陽であること〔によって〕形成するなら、あなたがたはその方の全能、全知、遍在を認める。
 
(1) 原文
838. Ulterius sermo cum illis fuit De Domino Salvatore. Et dictum est quod Deus in essentia sua sit Divinus Amor, et quod Divinus Amor sit sicut purissimus ignis; et quia amor in se spectatus non intendit aliud quam ut unum fiat cum altero quem amat, ac Divinus amor, quam ut uniat se homini et hominem sibi, usque adeo ut Ipse in illo sit et ille in Ipso; et quia Divinus Amor est sicut purissimus ignis, patet quod Deus, quia talis, minime potuerit in homine esse, et facere ut homo in Ipso sit; nam sic redigeret totum hominem in tenuissimum fumum. Sed quia Deus ex sua essentia arsit amore uniendi Se cum homine, necessum fuit ut Se circumvelaret corpore accommodato ad receptionem et conjunctionem; quare descendit et assumpsit Humanum secundum ordinem ex Se a creatione mundi constabilitum, qui erat, ut a virtute a Se propagata conciperetur, gestaretur in utero, nasceretur, et dein cresceret sapientia et amore, et sic appropinquaret ad unionem cum Divina sua origine, et quod sic Deus factus sit Homo, ac Homo Deus. Quod ita sit, Scriptura de Ipso, quae apud Christianos est, et vocatur Verbum, manifeste docet et testatur; et Ipse Deus, qui in Humano suo vocatur Jesus Christus, dicit, quod Pater in Ipso sit, et Ipse in Patre, et quod qui videt Ipsum videat Patrem, praeter plura ejusdem rei. Quod Deus, cujus Amor est sicut purissimus ignis, non aliter potuerit unire Se homini et hominem Sibi, videt etiam ratio. Num potest ignis solis, qualis in se est, tangere hominem, minus inire illum, nisi circumvelet radios suos atmosphaeris, et sic per temperatum calorem se accommodatum sistat? Num potest purus aether circumfundere hominem, et minus influere in bronchias pulmonum ejus nisi stipatus aere, et sic se adaptare? Ne quidem potest piscis vitam trahere in aere, sed in elemento vitae ejus applicato: immo ne quidem potest rex in terris in sua persona seu immediate administrare omnia et singula in suo regno, nisi per praefectos superiores et inferiores, qui simul regium ipsius corpus constituunt. Neque potest anima hominis se sistere videndam alteri, consortium inire cum illo, et amoris sui documenta communicare, nisi quam per corpus. Quomodo tunc Deus nisi per Humanum, quod Ipsius est? His auditis, Africani prae reliquis, quia interius rationales sunt, perceperunt; et quisque secundum suam perceptionem favit.
 
(2) 直訳
838. Ulterius sermo cum illis fuit De Domino Salvatore. さらに進んで、彼らと話しがあった、救い主なる主について。
Et dictum est quod Deus in essentia sua sit Divinus Amor, et quod Divinus Amor sit sicut purissimus ignis; また言われた、神はその本質で(本質的に)神的な愛であること、また神的な愛は最も純粋な火のようであること。
et quia amor in se spectatus non intendit aliud quam ut unum fiat cum altero quem amat, ac Divinus amor, quam ut uniat se homini et hominem sibi, usque adeo ut Ipse in illo sit et ille in Ipso; また愛は本質に関しては何らかのものを目指さない(心を向けない)他の者と一つになること以外に、それを愛する、そして神的な愛は、それ自体と人間に結合すること以外に、また人間をそれ自体に、そこまでも、ご自分を彼の中に、また彼をご自分の中に。
et quia Divinus Amor est sicut purissimus ignis, patet quod Deus, quia talis, minime potuerit in homine esse, et facere ut homo in Ipso sit; また、神的な愛は最も純粋な火のようであるので、明らかである、神は、このようなもの〔である〕ので、(×最小に)人間の中にいることが決してできない、また人間がその方の中にいることをすること。
nam sic redigeret totum hominem in tenuissimum fumum. なぜなら、このように人間全体を強いる(追いやる)からである、最も希薄な煙の中に。
Sed quia Deus ex sua essentia arsit amore uniendi Se cum homine, necessum fuit ut Se circumvelaret corpore accommodato ad receptionem et conjunctionem; しかし、神はその本質で(本質的に)ご自分を人間と結合させる愛に燃えている(ardeo)ので、ご自分を身体でまわりをおおうように必要であった、受け入れと結合のために。
quare descendit et assumpsit Humanum secundum ordinem ex Se a creatione mundi constabilitum, qui erat, ut a virtute a Se propagata conciperetur, gestaretur in utero, nasceretur, et dein cresceret sapientia et amore, et sic appropinquaret ad unionem cum Divina sua origine, et quod sic Deus factus sit Homo, ac Homo Deus. それゆえ、降った、また人間性をまとった、世の創造からご自身から確立した秩序にしたがって、その者であった、ご自分から力から繁殖をみごもった、子宮の中に運ばれた、生まれた、またその後、知恵と愛で増えた、またこのようにその起源の神性との結合に向けて近づいた、またこのように神は「人間」になった、そして「人間」〔イエス〕は神〔になった〕。
Quod ita sit, Scriptura de Ipso, quae apud Christianos est, et vocatur Verbum, manifeste docet et testatur; そのようであることは、その方について「書かれたもの」が、それはキリスト教徒のもとにある、またみことばと呼ばれる、はっきりと教える、また証言する。
et Ipse Deus, qui in Humano suo vocatur Jesus Christus, dicit, quod Pater in Ipso sit, et Ipse in Patre, et quod qui videt Ipsum videat Patrem, praeter plura ejusdem rei. また、神ご自身が、その方はその人間性の中に〔あって〕イエス・キリストと呼ばれる、言われる、父がその方の中にいること、またその方は父の中に、またその方を見る者は父を見ること、ほかに多くのもの同じ事柄の。
Quod Deus, cujus Amor est sicut purissimus ignis, non aliter potuerit unire Se homini et hominem Sibi, videt etiam ratio. 神は、その愛は最も純粋な火のようである、異なってできなかったこと、ご自分を人間に、また人間をご自分に結合すること、理性もまた見る。
Num potest ignis solis, qualis in se est, tangere hominem, minus inire illum, nisi circumvelet radios suos atmosphaeris, et sic per temperatum calorem se accommodatum sistat? 太陽の火はできないか? 本質的にそのようなものである、人間を触れること、ましてそれに入ること、その光線を大気でまわりをおおわないなら、またこのように和らげられたその熱によって適合されて立つ(〜にする)
Num potest purus aether circumfundere hominem, et minus influere in bronchias pulmonum ejus nisi stipatus aere, et sic se adaptare? 純粋なエーテルは人間を取り巻くことができるのか? ましてその肺の気管支の中に流入すること、空気の追随する群衆なしに、またこのようにそれ自体を適合させて。
Ne quidem potest piscis vitam trahere in aere, sed in elemento vitae ejus applicato: 魚はいのちを空気の中に引っ張ることが決してできない、しかしそのいのちに適合した元素の中で。
immo ne quidem potest rex in terris in sua persona seu immediate administrare omnia et singula in suo regno, nisi per praefectos superiores et inferiores, qui simul regium ipsius corpus constituunt. それどころか、地の中の王は自分でまたは直接に自分の王国のすべてと個々のものを管理することができない、上級のまた下級の統治者によってでないなら、その者は一緒にその王国の身体を構成する。
Neque potest anima hominis se sistere videndam alteri, consortium inire cum illo, et amoris sui documenta communicare, nisi quam per corpus. 人間の霊魂もまた他の者にそれを示す(立てる)ことができない、彼との交わり入ること、また自分の愛の証拠を伝える(共有する)こと、身体によって以外でないなら。
Quomodo tunc Deus nisi per Humanum, quod Ipsius est? どのように、その時、人間性でよってでないなら、その方であること〔できるのか〕?
His auditis, Africani prae reliquis, quia interius rationales sunt, perceperunt; これらで聞いて、アフリカ人は他の者よりも、内的に理性的であるので、知覚した。
et quisque secundum suam perceptionem favit. またそれぞれの者が、自分の知覚力にしたがって好意をもった。
 
(3) 訳文
838. さらに進んで、救い主なる主について彼らと話しがあった。
また言われた、神は本質的に神的な愛であること、また神的な愛は最も純粋な火のようであること。また愛は本質に関しては愛する他の者と一つになること以外に、そして神的な愛は、それ自体と人間に、また人間をそれ自体に、ご自分を彼の中に、また彼をご自分の中に、そこまでも結合すること以外に。何らかのものを目指さない。また、神的な愛は最も純粋な火のようであるので、神はこのようなもの〔である〕ので、人間の中にいることが、また人間がその方の中にいることが決してできないことが明らかである。なぜなら、このように人間全体を最も希薄な煙の中に追いやるからである。
 しかし、神は本質的にご自分を人間と結合させる愛に燃えているので、ご自分を身体でまわりをおおうことが、受け入れと結合のためにように必要であった。それゆえ、世の創造からご自身から確立した秩序にしたがって降り、また人間性をまとった。その方が、ご自分から力から繁殖をみごもり、子宮の中に運ばれ、生まれ、またその後、知恵と愛で増え、またこのようにその起源の神性との結合に向けて近づかれた、またこのように神は「人間」に、そして「人間」〔イエス〕は神になった。
 そのようであることは、その方についてキリスト教徒のもとにあり、またみことばと呼ばれる「書かれたもの」が、はっきりと教え、証言している。また、神ご自身が、その方はその人間性の中に〔あって〕イエス・キリストと呼ばれ、父がその方の中にいること、またその方は父の中に、またその方を見る者は父を見ること、ほかに多くの同じ事柄を言われている。
 神が、その愛は最も純粋な火のようであり、ご自分を人間に、また人間をご自分に結合することと異なってできなかったことを、理性もまた見る。
 本質的にそのようなものである太陽の火は、その光線を大気でまわりをおおわれないなら、またこのように和らげられたその熱によって適合されないなら、 人間を触れること、まして人間に入ることができないのではないか?
 純粋なエーテルは、追随する空気なしに、またこのようにそれ自体を適合させて、人間を取り巻き、ましてその肺の気管支の中に流入することができるのか? 
 魚はいのちを空気の中に引き上げることが決してできない、しかしそのいのちに適合した元素の中にいる。それどころか、地上の王は、自分でまたは直接に自分の王国のすべてと個々のものを管理することができない、上級のまた下級の統治者によってでないなら、その者は一緒にその王国の身体を構成する。
 人間の霊魂もまた、身体によってでないなら。他の者との交わり入ること、また自分の愛の証拠を伝えること、それを示すことができない。
その時、人間性でよってでないなら、どのように、その方であること〔できるのか〕?
 これらを聞いて、アフリカ人は他の者よりも、内的に理性的であるので、知覚した。まただれもが、自分の知覚力にしたがって好意をもった。
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 01:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『真のキリスト教』835,836
DE AFRICANIS IN MUNDO SPIRITUALI;
ET QUOQUE ALIQUID DE GENTIBUS.
霊界の中のアフリカ人について
そしてまた異教徒について何らかのもの
 
(1) 原文
835. Gentes, quae non aliquid norunt de Domino, in mundo spirituali apparent extra illos, qui norunt; usque ita, ut ultimas peripherias faciant non alii quam qui prorsus idololatrae sunt, ac solem et lunam in mundo priori adoraverunt. Illi autem, qui unum Deum agnoscunt, ac praecepta, qualia sunt in decalogo, religionis et inde vitae faciunt, immediatius communicant cum Christianis in meditullio; nam communicatio sic non intercipitur a Mahumedanis et Pontificiis. Gentes etiam distinctae sunt secundum genios et facultates recipiendi lucem per caelos a Domino: sunt enim ex illis interiores et exteriores, quod trahunt partim ex climate, partim ex stirpe e qua, partim ex educatione, et partim ex religione. Africani reliquis sunt interiores.
 
(2) 直訳
835. Gentes, quae non aliquid norunt de Domino, in mundo spirituali apparent extra illos, qui norunt;  異教徒は、彼らは主について何も知らない、霊界の中で彼らの外に見られる、その者は〔主を〕知っている。
usque ita, ut ultimas peripherias faciant non alii quam qui prorsus idololatrae sunt, ac solem et lunam in mundo priori adoraverunt. それでもそのよう〔である〕、周辺の最外部をつくるような、まったくの偶像崇拝者である以外の他の者でない、そして太陽と月を前の世の中で崇拝した。
Illi autem, qui unum Deum agnoscunt, ac praecepta, qualia sunt in decalogo, religionis et inde vitae faciunt, immediatius communicant cum Christianis in meditullio; けれども、彼らは、その者はひとりの神を認める、そして戒めを、十戒の中にあるような、宗教とここから生活のものにしている、直接に伝達(交通)ている、中央の中のキリスト教徒と。
nam communicatio sic non intercipitur a Mahumedanis et Pontificiis. なぜなら、伝達(交通)このようにイスラム教徒やローマカトリック教徒から中途妨害されないからである。
Gentes etiam distinctae sunt secundum genios et facultates recipiendi lucem per caelos a Domino: 異教徒たちもまた主から天界を通しての光を受け入れる性質と能力にしたがって区別されている。
sunt enim ex illis interiores et exteriores, quod trahunt partim ex climate, partim ex stirpe e qua, partim ex educatione, et partim ex religione. というのは、彼らから内的な者と外的な者がいるから、そのことを得ている、一部は気候(風土帯)から、一部はそこからの系統☆から、一部は教育から、また一部を宗教から。
ここでは「人種」としてよいでしょう。
Africani reliquis sunt interiores. アフリカ人は他の者に〔よりも〕さらに内的である。
 
(3) 訳文
835. 主について何も知らない異教徒は、霊界の中で〔主を〕知っている者の外に見られる。それでも、まったくの偶像崇拝者であり、そして前の世の中で太陽と月を崇拝した者でしかなく、周辺の最外部をつくるような者である。
 けれども、ひとりの神を認め、そして十戒の中にあるような戒めを宗教とここから生活のものにしている者は、中央の中のキリスト教徒と直接に伝達(交通)ている。なぜなら、伝達(交通)このようにイスラム教徒やローマカトリック教徒から妨害されないからである。
 異教徒たちもまた主から天界を通しての光を受け入れる性質と能力にしたがって区別されている。というのは、彼らから内的な者と外的な者がいるからであり、そのことを、部分的に風土帯から、部分的にそこからの人種から、部分的に教育から、また部分的に宗教から得ている。
 アフリカ人は他の者よりもさらに内的である。
 
(1) 原文
836. Omnes qui unum Deum Creatorem Universi agnoscunt et colunt, ideam Hominis de Deo fovent; dicunt, quod nemo aliam de Deo possit habere. Cum audiunt, quod plures de Deo foveant ideam sicut aetheris aut nubis, quaerunt ubinam illi sunt: et cum dicitur quod sint inter Christianos, negant quod dabile sit; sed respondetur, quod sit illis talis idea ex eo, quod Deus in Verbo dicatur Spiritus, et de spiritu non aliter cogitant quam sicut de substantia aetheris, aut de aliqua forma nubis, non scientes quod omnis spiritus et omnis angelus sit homo: at usque exploratum est, num spiritualis illorum idea sit similis ideae illorum naturali, et compertum est, quod non similis sit apud illos qui Dominum Salvatorem pro Deo caeli et terrae interius agnoscunt. Audivi quendam presbyterum dicentem, quod nemo possit habere ideam Divini Humani; et vidi illum translatum ad varias gentes, ad interiores et interiores et quoque ad caelos illorum, et tandem ad caelum Christianum, et ubivis data est communicatio perceptionis interioris illorum de Deo; et animadvertit, quod non alia illis idea Dei esset quam idea Divini Hominis; et quod non ab alio potuisset creari homo, qui imago et similitudo.
 
(2) 直訳
836. Omnes qui unum Deum Creatorem Universi agnoscunt et colunt, ideam Hominis de Deo fovent; すべての者は、その者は全世界の創造者〔である〕ひとりの神を認め、礼拝する、神について人間の観念〔=人間であるという観念〕を抱いている。
dicunt, quod nemo aliam de Deo possit habere. 彼らは言う、だれも神について他のもの〔観念〕を持つことができないこと。
Cum audiunt, quod plures de Deo foveant ideam sicut aetheris aut nubis, quaerunt ubinam illi sunt: 彼らが聞くとき、神について多くの者がエーテルまたは雲のような観念を抱いていること、どこに彼らがいるか質問する。
et cum dicitur quod sint inter Christianos, negant quod dabile sit; また言われるとき、キリスト教徒の間にいること、否定する、ありえることを。
sed respondetur, quod sit illis talis idea ex eo, quod Deus in Verbo dicatur Spiritus, et de spiritu non aliter cogitant quam sicut de substantia aetheris, aut de aliqua forma nubis, non scientes quod omnis spiritus et omnis angelus sit homo: しかし、〔彼らは〕答えられる、彼らにこのような観念がそのことからあること、神がみことばの中で「霊」と言われていること、また霊についてエーテルの実体(物質)について、または何らかの雲の形についてのような〔もの〕以外に異なって考えない、知らないで、すべての霊とすべての天使が人間であることを。
at usque exploratum est, num spiritualis illorum idea sit similis ideae illorum naturali, et compertum est, quod non similis sit apud illos qui Dominum Salvatorem pro Deo caeli et terrae interius agnoscunt. しかしそれでも、調べられた、彼らの霊的な観念と彼らの自然的な観念が似ているかどうか、またわかった、彼らのもとで似ていないこと、その者は救い主なる主を天地の神として内的に認めている。
Audivi quendam presbyterum dicentem, quod nemo possit habere ideam Divini Humani; 私はキリスト教徒からのある長老が言っているのを聞いた、だれも神的人間性の観念を持つことができないこと。
et vidi illum translatum ad varias gentes, ad interiores et interiores et quoque ad caelos illorum, et tandem ad caelum Christianum, et ubivis data est communicatio perceptionis interioris illorum de Deo; また私はいろいろな異教徒へ移される(運ばれる)を見た、内的な者また内的な者へ、そしてまた彼らの天界へ、また最後にキリスト教徒の天界へ、またどこでも神について彼らの内的な知覚の伝達が与えられた。
et animadvertit, quod non alia illis idea Dei esset quam idea Divini Hominis; また彼は気づいた(認めた)、彼らに神の他の観念がないこと、神的人間性の観念以外の。
et quod non ab alio potuisset creari homo, qui imago et similitudo. また他の者により人間は創造されることができないこと、その者(人間)は〔神の〕映像と似姿。
 
(3) 訳文
836. 全世界の創造者〔である〕ひとりの神を認め、礼拝するすべての者は、神について人間であるという観念を抱いている。彼らは、「だれも神について他の観念を持つことができない」と言う。
彼らが、神について多くの者がエーテルまたは雲のような観念を抱いていることを聞くとき、どこに彼らがいるか質問する――キリスト教徒の間にいることが言われるとき、ありえることを否定する。しかし、彼らにこのような観念が、神がみことばの中で「霊」と言われていること、またすべての霊とすべての天使が人間であることを知らないで、霊をエーテルの物質または何らかの雲の形のようなものとしか考えないことからあると〔彼らは〕答えられる。しかしそれでも、彼らの霊的な観念と彼らの自然的な観念が似ているかどうか調べられ、救い主なる主を天地の神として内的に認めている者のもとで似ていないことがわかった。
 私はキリスト教徒からのある長老が、「だれも神的人間性の観念を持つことができない」と言っているのを聞いた。また私は彼がいろいろな異教徒へ、内的な者また内的な者へ、そしてまた彼らの天界へ、また最後にキリスト教徒の天界へ移されるのを見た、またどこでも神について彼らの内的な知覚の伝達が与えられた。また彼は、彼らに神的人間性の観念以外の神の他の観念がないこと、またにより人間、〔神〕映像似姿にしか創造されることができないこと認めた。
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 23:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark