RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 470

(1) 原文

470. " Et posuit pedem dextrum super mari et sinistrum super terra," significat quod Dominus sub Suo Auspicio et Dominio habeat universam Ecclesiam, tam illos ibi qui in externis ejus sunt, quam illos ibi qui in internis ejus.Per "mare et terram" significatur universa Ecclesia, per "mare" Ecclesia externa, hoc est, illi qui in externis ejus sunt, et per "terram" Ecclesia interna, hoc est, illi qui in internis ejus sunt (n. 398); per "ponere pedes super illis," significatur omnia Sibi subjecta habere, proinde sub Divino Suo Auspicio et Dominio. Quoniam Ecclesia Domini in terris est sub Caelis, ideo vocatur illa "scabellum pedum Ipsius," ut in his locis:

 

"Projecit e Caelo in terram decus Israelis, non recordatur Scabelli pedum Suorum" (Thren. ii. 1);

"Terra Scabellum pedum Meorum" (Esaj. lxvi. 1);

"Intrabimus in Habitacula Ipsius, incurvabimus nos Scabello pedum Ipsius" (Psalm. cxxxii. 7{1});

"Non jurabis per Caelum, quia Thronus Dei est, neque per Terram, quia Scabellum pedum Ipsius" (Matth. v. 34, 35);

"Locum pedum Meorum honorabilem reddam" (Esaj. lx. 13);

"Dominari fecisti Ipsum super opera{2} manuum Tuarum, omnia posuisti sub Pedes Ipsius" (Psalm. viii. 7 [B.A. 6];

 

haec de Domino. Quod "pedem dextrum posuerit super mari, et sinistrum super terra," est quia illi qui in Ecclesiae externis sunt, non ita confirmaverunt falsa apud se, sicut qui in internis ejus sunt.

@1 Psalm. cxxxii. 7 pro "Matth. v. 34, 35" @2 opera pro "omnia"

 

(2) 直訳

470. " Et posuit pedem dextrum super mari et sinistrum super terra," significat quod Dominus sub Suo Auspicio et Dominio habeat universam Ecclesiam, tam illos ibi qui in externis ejus sunt, quam illos ibi qui in internis ejus.― 470 「また右足を海の上に置いた、また左〔足〕を地の上に」は、主がご自分の指導と支配権の下に全教会を持っていることを意味する、そこに彼らも、その者はその外なるものの中にいる、そこに彼らも、その者はその内なるものの中にいる。

Per "mare et terram" significatur universa Ecclesia, per "mare" Ecclesia externa, hoc est, illi qui in externis ejus sunt, et per "terram" Ecclesia interna, hoc est, illi qui in internis ejus sunt (n. 398); 「海と地」によって全教会が意味される、「海」によって外なる教会が、すなわち、彼らが、その者はその外なるものの中にいる、また「地」よって内なる教会が、すなわち、彼らが、その者はその内なるものの中にいる(398)

per "ponere pedes super illis," significatur omnia Sibi subjecta habere, proinde sub Divino Suo Auspicio et Dominio. 「それらの上に足を置くこと」によって、自分自身に服従させた(された)すべての者を持つことが意味される、したがって、自分の神的指導と支配権の下に。

Quoniam Ecclesia Domini in terris est sub Caelis, ideo vocatur illa "scabellum pedum Ipsius," ut in his locis: 地の中の主の教会は天界の下にあるので、それゆえ、それらは「その方の足の足台」と呼ばれている、これらの箇所の中にのように――

"Projecit e Caelo in terram decus Israelis, non recordatur Scabelli pedum Suorum" (Thren. ii. 1); 「〔主は〕天から地の中にイスラエルの美観(飾り)を投げ出された、その方の足の足台は思い出されない」(哀歌2:1)

"Terra Scabellum pedum Meorum" (Esaj. lxvi. 1); 「地はわたしの足の足台」(イザヤ66:1)

"Intrabimus in Habitacula Ipsius, incurvabimus nos Scabello pedum Ipsius" (Psalm. cxxxii. 7{1}); 「私たちはその方の住まいの中へ行こう、私たちはその方の足の足台にお辞儀をしよう(腰をかがめよう)(詩篇132:7)

"Non jurabis per Caelum, quia Thronus Dei est, neque per Terram, quia Scabellum pedum Ipsius" (Matth. v. 34, 35); 「あなたがたは天によって誓ってはならない、神の王座であるから、そして地によってもならない、その方の足の足台〔である〕から」(マタイ5:34, 35)

"Locum pedum Meorum honorabilem reddam" (Esaj. lx. 13); 「わたしはわたしの足の場所を誉むべきものへと戻す」(イザヤ60:13)

"Dominari fecisti Ipsum super opera{2} manuum Tuarum, omnia posuisti sub Pedes Ipsius" (Psalm. viii. 7 [B.A. 6]; 「あなたはご自分にあなたの手の働きを支配することをした、あなたはすべてのものをご自分の足の下に置いた」(詩篇8:6)

haec de Domino. これらは主について〔である〕。

Quod "pedem dextrum posuerit super mari, et sinistrum super terra," est quia illi qui in Ecclesiae externis sunt, non ita confirmaverunt falsa apud se, sicut qui in internis ejus sunt. 「右足を海の上に置いた、また左〔足〕を地の上に」ことは、彼らが、その者は外なる教会の中にいる、そのように虚偽を自分自身のもとに確信しなかったからである、〜のように、その者はその内なるもの〔教会〕の中にいる。

@1 Psalm. cxxxii. 7 pro "Matth. v. 34, 35" 注1 Matth. v. 34, 35」の代わりに Psalm. cxxxii. 7

@2 opera pro "omnia" 注2 omnia」の代わりに opera

 

(3) 訳文

 470 「また右足を海の上に、また左足を地の上に置いた」は、主がご自分の指導と支配権の下に全教会を持っていることを意味する、そこにその外なるものの中にいる者も、その内なるものの中にいる者もいる。

 「海と地」によって全教会が、「海」によって外なる教会が、すなわち、その外なるものの中にいる者が、また「地」よって内なる教会が、すなわち、その内なるものの中にいる者が意味される(398)。「それらの上に足を置くこと」によって、ご自分に服従した、したがって、自分の神的指導と支配権の下に、すべての者を持つことが意味される。

 地上の主の教会は天界の下にあるので、それゆえ、それらは「その方の足の足台」と呼ばれている、例えば、これらの箇所の中に――

 

 「〔主は〕天から地上にイスラエルの飾りを投げ出された、その方の足の足台は思い出されない」(哀歌2:1)

 「地はわたしの足の足台」(イザヤ66:1)

 「私たちはその方の住まいへ行こう、私たちはその方の足の足台にお辞儀をしよう」(詩篇132:7)

 「あなたがたは天によって誓ってはならない、神の王座であるから、そして地によってもならない、その方の足の足台〔である〕から」(マタイ5:34, 35)

 「わたしはわたしの足の場所を誉むべきものへと戻す」(イザヤ60:13)

 「あなたはあなたの手の働きをご自分に支配するようにされた、あなたはすべてのものをご自分の足の下に置かれた」(詩篇8:6)

 

 これらは主についてである。

 「右足を海の上に、また左足を地の上に置いた」ことは、外なる教会の中にいる者が、その内なる教会の中にいる者のようには虚偽を自分自身のもとに確信しなかったからである。

author:yasubee, category:原典講読『結婚愛』, 00:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 273

(1) 原文「2302番」

273(2302). Sunt certae et plures societates angelorum quae curam habent infantum; imprimis sunt ex sexu feminino, quae in vita corporis {1}earum tenerrime amarunt infantes: infantes qui probiores aliis (o)sunt’, certo more offerunt Domino.

 @1 eorum I.

 

(2) 直訳

273(2302). Sunt certae et plures societates angelorum quae curam habent infantum; 273(2302)  天使たちの別のまた多くの社会がある、それは幼児たちの世話を持つ。

imprimis sunt ex sexu feminino, quae in vita corporis {1}earum tenerrime amarunt infantes: 特に女性からである、彼女たちはその身体のいのちの中で幼児たちを極めてやさしく愛した。

infantes qui probiores aliis (o)sunt’, certo more offerunt Domino. 幼児たちを、その者は他の者よりも(道徳的に)良である☆(正直である☆)、確定した(特別な)慣で主に捧げている。

「である」は原稿にはないが初版に取り入れられた。

@1 eorum I. 注1 初版は eorum

 

(3) 訳文

273(2302)  幼児たちの世話をする天使たちの別のまた多くの社会がある。特に、いのちが身体の中にあったとき幼児たちを極めてやさしく愛した女性からである――他の者よりも良である幼児たちを、確定した習慣で主に捧げている。

author:yasubee, category:原典講読『結婚愛』, 23:25
comments(1), trackbacks(0), pookmark
原典講読『驚くべきこと』 272

(1) 原文「2301番」

272(2301). In genere sunt infantes genio vel caelesti vel spirituali; qui genio caelesti sunt, probe dignoscuntur ab illis qui genio spirituali; illi molliuscule cogitant, loquuntur et agunt, sic ut vix {1}quidquam’ appareat nisi fluens (o)quid ex {2}amore boni’ in Dominum et erga infantes alios, hi autem non ita molliter, sed quoddam quasi {3}alatum vibratile se manifestat in singulis (c)illorum; tum etiam patet ab indignatione eorum; praeter alia; ita unusquisque infans ab alio quocumque diversae {4} indolis est, et quisque secundum indolem educatur.

 @1 quicquam aliquid. @2 perhaps this should be bono amoris. @3 allatum T. @4 distinctae.

 

(2) 直訳

272(2301). In genere sunt infantes genio vel caelesti vel spirituali; 272(2301) 全般的に幼児たちはあるいは天的なあるいは霊的な性質である。

qui genio caelesti sunt, probe dignoscuntur ab illis qui genio spirituali; 天的な性質である者は、彼らからよく見分けられる、霊的な性質の者。

illi molliuscule cogitant, loquuntur et agunt, sic ut vix {1}quidquam’ appareat nisi fluens (o)quid ex {2}amore boni’ in Dominum et erga infantes alios, hi autem non ita molliter, sed quoddam quasi {3}alatum vibratile se manifestat in singulis (c)illoruonm; 前者はいくぶん穏やかに考え、話し、また行動する、そのようにほとんど何も見られない、主の中の善の愛からのものが流れるのでないなら、また他の幼児たちに対する〔善の愛から〕、けれども、後者はこのように穏やかにではない、しかし、ある種のはばたく翼のように(自分自身を)現わす、彼らの個々のものの中に。

tum etiam patet ab indignatione eorum; なおまた彼らの憤りから明らかである。

praeter alia; ほかに他のもの。

ita unusquisque infans ab alio quocumque {4}diversae indolis est, et quisque secundum indolem educatur. そのようにそれぞれの幼児は他のどんな者から異なった(いろいろな)生来の性格(性質)である、まただれもが生来の性格(性質)にしたがって教育される。

@1 quicquam aliquid. 注1 quicquam aliquid〔と原文(初版)にある〕

@2 perhaps this should be bono amoris. 注2 おそらくこれはbono amorisであろう。

@3 allatum T. 注3 ターフェル版(第二版) allatum

@4 distinctae. 注4 distinctae〔と原文(初版)にある〕

 

(3) 訳文

272(2301) 全般的に幼児たちは天的な性質かあるいは霊的な性質である。天的な性質である者は、霊的な性質の者からよく見分けられる。前者はいくぶん穏やかに考え、話し、また行動する、そのように、主の中の善の愛から、また他の幼児たちに対する善の愛からのものが流れるのでないなら、ほとんど何も見られない、けれども、後者はこのように穏やかにではない、しかし、彼らの個々のものの中に、ある種のはばたく翼のように(自分自身を)現わす。なおまた彼らの憤りから、ほかに他のものから明らかである。そのようにそれぞれの幼児は他のどんな者から異なった生来の性格であり、だれもが生来の性格にしたがって教育される。

author:yasubee, category:原典講読『結婚愛』, 21:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『結婚愛』535(最終回) (2017年8月3日)

(1)原文

535. Post haec audivi infestum murmur ex inferis, et simul has voces, "Fac miracula et credemus."

Et quaesivi, "Numne illa sunt miracula? "

Et responsum est, "Non sunt."

Et quaesivi, "Quae ergo miracula?"

Et dictum est, "Manifesta et revela futura, et fidem habebimus."

Sed respondi, "Talia e caelo non dantur, quoniam quantum homo scit futura, tantum ejus ratio et intellectus cum prudentia et sapientia, cadit in otium, torpet, et labefactatur."

Et iterum quaesivi, "Quae alia Miracula faciam?"

Et tunc clamatum est, "Fac similia quae Moses in Aegypto."

Ad hoc respondi, "Forte ad illa obduraturi estis corda vestra sicut Pharao et Aegyptii."

Et responsum est, quod non.

At iterum dixi, "Asseverate mihi, quod non saltaturi sitis circum vitulum aureum, et adoraturi illum sicut posteri Jacobi, quod fecerunt a mensis spatio postquam viderunt totum Montem Sinai ardentem, et audiverunt Ipsum Jehovam ex igne loquentem; ita post miraculum, quod erat omnium maximum." "Vitulus aureus" in spirituali sensu est voluptas carnis.

Et responsum est ex inferis, "Non erimus sicut posteri Jacobi."

At tunc audivi hoc e caelo illis dictum: "Si non creditis Mosen et Prophetas, hoc est, Verbum Domini, non credetis ex miraculis plus quam filii Jacobi in deserto; neve plus quam illi crediderunt, dum suis oculis viderunt miracula ab Ipso Domino, dum fuit in mundo, facta."

 

(2)直訳

535. Post haec audivi infestum murmur ex inferis, et simul has voces, "Fac miracula et credemus." 535.この後、私は低い領域から敵意のあるブツブツ言う声を聞いた、また同時にこれらの声で、「奇跡を行なえ、すると私たちは信じる」。

Et quaesivi, "Numne illa sunt miracula? " また私は質問した、「それらは奇跡ではないのか?」

Et responsum est, "Non sunt." またえられた、「〔奇跡〕ではない」。

Et quaesivi, "Quae ergo miracula?" また、私質問した、「そこで(それゆえ)奇跡?」

Et dictum est, "Manifesta et revela futura, et fidem habebimus." またわれた、「未来また啓示せよするとたちは信仰」。

Sed respondi, "Talia e caelo non dantur, quoniam quantum homo scit futura, tantum ejus ratio et intellectus cum prudentia et sapientia, cadit in otium, torpet, et labefactatur." しかし、私えた、「そのようなものは天界からえられないどれだけ人間未来るかによってそれだけ理性理解力思慮分別知恵とともに怠惰むからである、無活動になるまたぼされる」。

Et iterum quaesivi, "Quae alia Miracula faciam?" また質問した、「他奇跡なうのか?」

Et tunc clamatum est, "Fac similia quae Moses in Aegypto." またその時、叫んだ、「同様なものをなえそれらはエジプトののモーセなった〕」。

Ad hoc respondi, "Forte ad illa obduraturi estis corda vestra sicut Pharao et Aegyptii." これに私えた、「おそらくそれらにあなたがたの(かたくなに)されるパロとエジプトのように」。

Et responsum est, quod non. またえられた、〔そんなことはないこと

At iterum dixi, "Asseverate mihi, quod non saltaturi sitis circum vitulum aureum, et adoraturi illum sicut posteri Jacobi, quod fecerunt a mensis spatio postquam viderunt totum Montem Sinai ardentem, et audiverunt Ipsum Jehovam ex igne loquentem; またった、「私断言せよあなたがたが子牛のまわりをらないことまたそれを崇拝するヤコブの子孫のように、月期間なったことシナイのえる全山またからすエホバご自身いた

ita post miraculum, quod erat omnium maximum." そのように奇跡後、それはすべての最大のものであった」。

"Vitulus aureus" in spirituali sensu est voluptas carnis. 「金の子牛」は 霊的な意味の中で肉の欲望である。

Et responsum est ex inferis, "Non erimus sicut posteri Jacobi." また領域からえられた、「私たちはヤコブの子孫のようではない(未来=ようにならない)」。

At tunc audivi hoc e caelo illis dictum: しかしその時、私はこれをいた、天界かららにわれた

"Si non creditis Mosen et Prophetas, hoc est, Verbum Domini, non credetis ex miraculis plus quam filii Jacobi in deserto; 「もしあなたがたがモーセと預言者じないならすなわち、主のみことばをあなたがたは奇跡からじない、荒野のヤコブの子たちよりもさらに

neve plus quam illi crediderunt, dum suis oculis viderunt miracula ab Ipso Domino, dum fuit in mundo, facta." 彼らがじたよりもさらにない、主自身による奇跡自分時、世にいたとき、行なわれた」。

 

(3)訳文

535.この後、私は低い領域から敵意のあるブツブツ言う声を、また同時にこれらの声を聞いた、「奇跡を行なえ、すると私たちは信じる」。

 また私は質問した、「それらは奇跡ではないのか?」

 また答えられた、「〔奇跡〕ではない」。

 また、私は質問した、「では何の奇跡を?」

 また言われた、「将来を示せ、啓示せよ、すると私たちは信仰を持つ」。

 しかし、私は答えた、「そのようなものは天界から与えられない、人間が将来を知れば知るほど、それだけ彼の理性と理解力は思慮分別と知恵とともに怠惰の中に落ち込み、無活動になり、滅ぼされるからである。

 また再び私は質問した、「他の何の奇跡を私は行なえばよいか?」

 また、その時、叫んだ、「エジプトでモーセ〔が行なったと〕同様のものを行なえ」。

 これに私は答えた、「おそらく、それらにあなたがたの心は、パロとエジプト人のようにかたくなにされるであろう」。

 また答えられた、〔そんなことは〕ないこと。

また再び私は言った、「私に、あなたがたが金の子牛のまわりを踊らない、またそれを崇拝しないをこと断言せよ。シナイの燃える全山を見て、また火から話すエホバご自身を聞いた、そのように、それはすべての最大のものであった奇跡の後、一月の期間の後にそれを行なったヤコブの子孫のようでないことを」。 (「金の子牛」は 霊的な意味の中で肉の欲望である。)

 また低い領域から答えられた、「私たちはヤコブの子孫のようにはならない」。

 しかし、その時、私は、天界から彼らに言われたこれを聞いた――

 「もし、あなたがたがモーセと預言者を、すなわち、主のみことばを信じないなら、あなたがたは、荒野の中のヤコブの子たちよりもさらに奇跡から信じない。世の中にいて、行なわれた主ご自身による奇跡を自分の目で見た時、その彼らが信じたよりもさらに信じない」。

 

* * *

◎これで去年の225日から掲載し続けた『結婚愛』終了です(15カ月かかりました)

 本書を出版するのはいつになるかわかりませんが、半年ぐらい冷却期間を置いて見直す予定です。

 電子書籍とする可能性もあります(なお、電子書籍として現在『天界と地獄』の改訂版に取り組んでいます。これはあと3カ月もかからないでしょう)

 

◎さて、次回からは『天界の秘義』からの『驚くべきもの』を続けます。これはいったん259番で終わっていますが、まだ残っていたものがあるので260番(「秘義」の2289)から続けます。

『啓示された黙示録』に取り組む予定でしたが、この『驚くべきもの』のあとに回します。

 

◎なお、ここで『天界の秘義』からの『みことばとその内意・表象と対応』が完成しました、よろしかったらスヴェーデンボリ出版へ申し込んでください。手前味噌ながら「相当完成度の高いものとなったな」と感じています。

author:yasubee, category:原典講読『結婚愛』, 23:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『結婚愛』534

(1)原文

534. Post haec loquutus sum cum angelis, quod adhuc aliquid reveletur in mundo a Domino;

Quaesiverunt, "Quid hoc?"

Dixi, "De amore vere conjugiali, et de caelestibus ejus delitiis;"

Dixerunt angeli, "Quis non scit, quod delitiae amoris conjugialis excedant delitias omnium amorum? et quis non potest videre, quod in aliquem amorem collatae sint omnes beatitudines, faustitates et jucunditates, quae usquam conferri possunt a Domino; et quod receptaculum illarum sit amor vere conjugialis, qui ad plenum sensum potest illas recipere et percipere?"

Respondi, quod hoc non sciant, quia non adiverunt Dominum, et vixerunt secundum praecepta Ipsius fugiendo mala ut peccata, et faciendo bona; et amor vere conjugialis cum suis delitiis unice est a Domino, et datur illis qui vivunt secundum praecepta Ipsius; ita quod detur illis, qui recipiuntur in novam Domini ecclesiam, quae in Apocalypsi per "Novam Hierosolymam" intelligitur. His addidi, quod in dubio sim, num velint in mundo hodie credere, quod ille amor in se sit amor spiritualis, et inde ex religione, ex causa, quia de illo fovent modo ideam corpoream.

Tunc dixerunt ad me, "Scribe de illo, et sequere revelationem, et postea liber de illo scriptus demittetur a nobis e caelo, et videbimus num recipiantur illa quae inibi sunt; et simul num velint agnoscere, quod ille amor sit secundum religionem apud hominem, spiritualis apud spirituales, naturalis apud naturales, et mere carnalis apud adulteros."

 

(2)直訳

534. Post haec loquutus sum cum angelis, quod adhuc aliquid reveletur in mundo a Domino; 534この後、私天使たちとしたそれはさらにらかのもの、主により啓示された

Quaesiverunt, "Quid hoc?" 彼らは質問した、「このことは?」

Dixi, "De amore vere conjugiali, et de caelestibus ejus delitiis;" 私った、「真結婚愛についてまたその天界的歓喜について」。

Dixerunt angeli, "Quis non scit, quod delitiae amoris conjugialis excedant delitias omnium amorum? 天使たちはった、「だれがらないか、結婚愛歓喜がすべての歓喜にまさること

et quis non potest videre, quod in aliquem amorem collatae sint omnes beatitudines, faustitates et jucunditates, quae usquam conferri possunt a Domino; まただれがえることができないかあるにすべての至福、幸せ、またさがめられるそれらはそれでもによりめられる(えられる)ことができる

et quod receptaculum illarum sit amor vere conjugialis, qui ad plenum sensum potest illas recipere et percipere?" またそれらの容器結婚愛であることそれは十分感覚けてそれらをれることまた知覚することができる?」

Respondi, quod hoc non sciant, quia non adiverunt Dominum, et vixerunt secundum praecepta Ipsius fugiendo mala ut peccata, et faciendo bona; 私えたこのことをらないこと、主づかなかった、またその方の戒めにしたがって悪を罪として避けて、また善を行なって生きなかったからである。

et amor vere conjugialis cum suis delitiis unice est a Domino, et datur illis qui vivunt secundum praecepta Ipsius; また真の結婚愛はその歓喜とともにひとえに主からである、またらにえられるそのはその戒めにしたがって生きる。

ita quod detur illis, qui recipiuntur in novam Domini ecclesiam, quae in Apocalypsi per "Novam Hierosolymam" intelligitur. そのように彼らに与えられること、そのしい教会れられるそれは「黙示録」「新しいエルサレムによって意味される

His addidi, quod in dubio sim, num velint in mundo hodie credere, quod ille amor in se sit amor spiritualis, et inde ex religione, ex causa, quia de illo fovent modo ideam corpoream. これらにえた、私いのにいること、世今日、信じることをする()その本質的霊的なものであることまたここから宗教から〔信じることをんでいるか〕、そのについてなる肉体的観念いているので、〔この〕理由から

Tunc dixerunt ad me, "Scribe de illo, et sequere revelationem, et postea liber de illo scriptus demittetur a nobis e caelo, et videbimus num recipiantur illa quae inibi sunt; その時、彼らは私に言った、「それについて書け、そして啓示に従え、またその後、それについて書かれた本が私たちにより天界から降ろされる、また私たちは見よう、それらが受け入れられるかどうか、それらはその中にある。

et simul num velint agnoscere, quod ille amor sit secundum religionem apud hominem, spiritualis apud spirituales, naturalis apud naturales, et mere carnalis apud adulteros." また同時に、認めることを欲するかどうか、その愛は人間のもとの宗教にしたがっていること、霊的のもとで霊的〔であり〕、自然的のともで自然的〔である〕、また姦淫者のもとで肉的〔である〕」。

 

(3)訳文

534この後、私天使たちとしたそれはさらにらかのもの、主により啓示された

 彼らは質問した、「このことは?」

 私った、「真結婚愛についてまたその天界的歓喜について」。

天使たちはった、「だれが、結婚愛歓喜がすべての歓喜にまさることをらないか? まただれがあるにすべての至福、幸せ、またさがめられそれらはそれでもによりめられることができると考えることができないか? またそれらの容器結婚愛であることそれは十分感覚けてそれらをれることまた知覚することができる」。

 私えたこのことをらないこと、主づかなかった、またその方の戒めにしたがって悪を罪として避けて、また善を行なって生きなかったからである。また真の結婚愛はその歓喜とともにひとえに主からであり、またその戒めにしたがって生きる者に与えられる。そのように主しい教会れられる与えられること、そのそれは「黙示録」「新しいエルサレムによって意味される

 これらに、世今日、その本質的霊的なものまたここから宗教からのものであることをじることをんでいるかいのにいることをえたそのについてなる肉体的観念いているという理由からである

 その時、彼らは私に言った、「それについて書け、そして啓示に従え。またその後、それについて書かれた本が私たちにより天界から降ろされる、また私たちは、その中にあるそれらが受け入れられるかどうか、また同時に、認めることを欲するかどうか見よう、その愛は人間のもとの宗教にしたがっている、霊的のもとで霊的〔であり〕、自然的のともで自然的〔である〕、また姦淫者のもとで肉的〔であるからである〕」。

author:yasubee, category:原典講読『結婚愛』, 22:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『結婚愛』533

(1)原文

533. Angeli ex his auditis valde gavisi sunt; sed percipiebant tristitiam in me, et sciscitabant, "Unde tibi tristitia?"

Dixi, quod arcana illa hodie a Domino revelata, tametsi excellentia et dignitate excedunt cognitiones hactenus evulgatas, usque in terris reputentur sicut non alicujus pretii.

Hoc mirati sunt angeli, et petierunt a Domino, ut liceret illis despicere in mundum. Et despexerunt, et ecce merae tenebrae ibi. Et dictum illis est, ut scriberentur arcana illa super charta, et charta demitteretur in terras, et viderent portentum. Et factum est ita; et ecce charta, cui arcana illa inscripta erant, demissa est e caelo; et in progressu dum adhuc erat in mundo spirituali lucebat sicut stella; at dum illapsa est in mundum naturalem, lux disparata, et ad gradum sicut decidit, obtenebrata est: et dum ab angelis immissa est in coetus ubi docti et eruditi ex quibusdam clericis et laicis, auditum est murmur a multis, in quo erant hae voces; "Quid hoc? Num aliquid? Quid refert si illa scimus vel non scimus? Nonne sunt fetus cerebri?" Et apparebat sicut aliqui sumerent chartam, ac plicarent, volverent et revolverent illam digitis, ut obliterarent scripturam; ac apparebat sicut aliqui illam discerperent, et aliqui sicut vellent proculcare illam pedibus; sed a Domino arcebantur ab illo facinore, et mandatum est angelis ut retraherent illam et custodirent; et quia angeli tristes facti sunt, et cogitaverunt, "Quousque hoc?" dictum est,

 

"Usque ad tempus et tempora et dimidium temporis" (Apoc. xii. 14).

 

(2)直訳

533. Angeli ex his auditis valde gavisi sunt; 533.天使たちはこれらとそれらから大いに嬉しがった。

sed percipiebant tristitiam in me, et sciscitabant, "Unde tibi tristitia?" しかし、私の中に悲しみを知覚した、また尋ねた、「どこからあなたに悲しみが?」

Dixi, quod arcana illa hodie a Domino revelata, tametsi excellentia et dignitate excedunt cognitiones hactenus evulgatas, usque in terris reputentur sicut non alicujus pretii. 私は言った、それらの秘義が今日、主により啓示されたこと、たとえ卓越(優秀)と地位(品位)でこれまで公けにされた思考にまさっていても、それでも地の中で評価されていること、何らかの価値がないように。

Hoc mirati sunt angeli, et petierunt a Domino, ut liceret illis despicere in mundum. このことを天使たちは驚いた、また主により懇願した(求めた)、彼らに世の中を見おろすことを許すように。

Et despexerunt, et ecce merae tenebrae ibi. また見おろした、また見よ、そこに暗やみそのもの。

Et dictum illis est, ut scriberentur arcana illa super charta, et charta demitteretur in terras, et viderent portentum. また、彼らに言われた、それらの秘義を紙の上に書かれるように、また紙が地の中に降ろされる、また出来事(しるし)を見る。

Et factum est ita; またそのように行なわれた。

et ecce charta, cui arcana illa inscripta erant, demissa est e caelo; また見よ、紙は、それにそれらの秘義が書かれていた、天界から降ろされた。

et in progressu dum adhuc erat in mundo spirituali lucebat sicut stella; また進行(前進)の中で、依然として霊界にあった時、星のように輝いた。

at dum illapsa est in mundum naturalem, lux disparata, et ad gradum sicut decidit, obtenebrata est: しかし、それが自然界の中にやって来た(落ち込んだ)時、光は消えた、また段階へ向けて(=次第に)沈むように、暗くされた。

et dum ab angelis immissa est in coetus ubi docti et eruditi ex quibusdam clericis et laicis, auditum est murmur a multis, in quo erant hae voces; また天使により集会の中に降ろされた、そこに聖職者と平信徒のある者たちからの学識のある者と教養のある者、多くの者からブツブツ言う声が聞かれた、その中にこの声があった。

"Quid hoc? 「これは何か?

Num aliquid? 何らかのものか?

Quid refert si illa scimus vel non scimus? 何が重要か(関わりがあるか)? もしそれらを私たちが知る、あるいは知らない。

Nonne sunt fetus cerebri?" 脳の子〔=脳から生み出された子〕ではないのか?」

Et apparebat sicut aliqui sumerent chartam, ac plicarent, volverent et revolverent illam digitis, ut obliterarent scripturam; また見られた、ある者は紙を手に取るかのように、そして折りたたむ、ころがす、またそれを指で回転させる、書かれたものを消すために。

ac apparebat sicut aliqui illam discerperent, et aliqui sicut vellent proculcare illam pedibus; そして、ある者は引き裂くように、またある者は足で踏みにじることを欲するように見えた。

sed a Domino arcebantur ab illo facinore, et mandatum est angelis ut retraherent illam et custodirent; しかし、主により彼らによりなし遂げることが押しとどめられた、また天使たちに命令された、それらを引き戻すように、また守る。

et quia angeli tristes facti sunt, et cogitaverunt, "Quousque hoc?" dictum est, また天使たちは悲しみをつくられたので、また考えた、「これがいつまでか?」

 

"Usque ad tempus et tempora et dimidium temporis" (Apoc. xii. 14). 「時と時(複数)、また時の半分まで」(黙示録12:14)

 

(3)訳文

533.天使たちはこれらとそれらから大いに嬉しがった、しかし、私の中に悲しみを知覚した。また尋ねた、「あなたの悲しみはどこから?」

 私は言った、それらの秘義が今日、主により啓示されたこと、たとえ優秀さと品位でこれまで公けにされた思考にまさっていても、それでも地上で、何らかの価値がないように評価されていること。

 このことに天使たちは驚き、主に、世の中を見おろすことを許すよう求めた。

 また見おろした、また見よ、そこに暗やみそのもの。

また、彼らに言われた、それらの秘義を紙の上に書き、紙が地に降ろされ、出来事を見るように。

そのように行なわれた。見よ、それらの秘義が書かれていた紙は、天界から降ろされた。また前進中は、依然として霊界にあった時、星のように輝いた、しかし、それが自然界の中に落ち込んだ時、光は消え、次第に沈むかのように暗くされた。天使により集会の中に降ろされ、そこに聖職者と平信徒のある者たちからの学識や教養のある者がいて、多くの者からブツブツ言う声が聞かれ、その中にこの声があった。

 「これは何か? 何らかのものか? それらを私たちが知る、あるいは知らないにしても、何の関わりがあるか? 脳から生み出された子ではないのか?」

 また、書かれたものを消すために、ある者は紙を手に取り、折りたたみ、ころがし、またそれを指で回転させるかのように(見られ)そして、ある者は引き裂き、ある者は足で踏みにじることを欲するように見られた。しかし、主により彼らにより行なうことが押しとどめられ、天使たちに、それらを引き戻し、守るように命令された。また天使たちは悲しくされたので、「これがいつまでか?」と考えた。言われた、

 

 「一時(とき)と二時(とき)と半時まで」(黙示録12:14)

author:yasubee, category:原典講読『結婚愛』, 20:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『結婚愛』532(訳文)

(3)訳文

532.これらに私はこのメモラビリアを加える――

 

 かつて、私の霊に関して私は天使の天界の中に、またその一つの社会の中に上げられた。またその時、そこの賢い者たちからのある者が私に近づいた、また言った、「地からの新しいこと(ニュース)は何か?」

 私は彼らに言った、「これが新しいこと(ニュース)である、主が秘義を啓示したこと、それは教会の始まりから、ここまで啓示された秘義で卓越がまさっている」。

 彼らは質問した、「それらは何か?」

 私は言った。これらであること――

(1) みことばの中のそのすべてと個々のものの中に自然的な意味に対応している霊的な意味があること、また、その意味によって主と教会の人間の結合が、また、天使との交わりがあること、またみことばの聖性はその〔意味の〕中に住むこと。

 [2] (2) 対応が明らかにされたこと、それらから霊的な意味が構成される。

天使たちは質問した、「地球の住民たちは対応について以前に知らなかったのか?」

 私は言った、まったく何も〔知ら〕ないこと。また、今や数千年の間、すなわち、ヨブの時代から隠されていること。またその時代に、またその後に生きた者のもとに、対応の知識は知識の〔中の〕知識であった、それ〔知識〕から彼らに知恵があった、天界と教会のものである霊的なものについての認識〔である〕からである。しかし、その知識は、偶像崇拝的なものに変わったので、主の神的な摂理から、だれもそれらについて何らかのしるしを見ないように、そのように消され、失われた。しかし、それでも今や、主により、その方と教会の人間の結合が、また天使との交わりが生じるために明らかにされた。また、これらはみことばによって行なわれた、その中に対応のすべてと個々のものがある。

 天使たちは、主が、数千年の間、これほどに深く秘められたこの大いなる秘義を啓示することが喜びであったこと大いに嬉しがった。また言った、このことが、みことばの上に建てられているキリスト教徒の教会が、今やその終わりにあり、再び復興するためである、また主から天界によってその霊(息吹)得る目的のために行なわれたこと。

 質問した、それらの知識によって、今日、明らかにされているか、何を「洗礼」がまた何を「聖餐」が意味するか、それらについてこのようにいろいろなものをこれまで考えた。

 また、私は答えた、明らかにされたこと。

 [3] (3) さらに私は言った、今日、主により「死後の人間のいのち(生活)」について啓示されたこと。

 天使たちは言った、「何が、死後のいのち(生活)について、死後に人間が生きることをだれが知らないのか?」

 私は答えた、「(彼らは)知っているし、また知らない。らは、人間でなく、しかし、彼の霊魂〔が生きる〕こと、またこれが霊〔として〕生きること、また霊について風またはエーテルのような観念を抱いていて、人間は、最後の審判の日の後でないなら生きないことを言う。また、その時、世の中に残す身体は、たとえ、虫、ネズミ、魚により食い尽されても、再び集められ、また再び身体の中へ集められ、人間はこのように復活すること〔を言う〕。

 天使たちは言った、「このことは何か? だれが知らないか、人間は死後に人間〔として〕生きること、ただ、その時、人間は以前のように物質的でなく実体的に生きる相違とともに。また霊的な人間が霊的な人間を見ること、物質的な人間が物質的なもの(人間)〔見る〕ようにと等しく。また、一つの違いを知らないこと、完全な状態の中にいることのほかに?」

 [4] (4) 天使たちは質問した、「私たちの世界について、そして天界と地獄について何を知ってるか?」

 私は言った、何も知らなかったこと。しかし、今日、主により明らかにされたこと、世がどんなものであるか、その中に天使と霊たちが生きる、そのように天界がどんなものか、また地獄がどんなものか。ほかにさらにまた、天使と霊たちが人間と結合の中にあること。さらに、それらについて多くの驚くべきこと。

 天使たちは喜んだ、人間が自分の不死性について無知から疑いの状態の中にもはやいないように、主がこのようなものを明らかにすることを喜ばれたことを。

 [5] (5) さらに私は言った、今日、主により啓示されたこと、「あなたがたの世の中にもう一つの太陽があること、私たちの中に〔あるもの〕以外に、またあなたがたの世の太陽は純粋な愛であること、また私たちの世の太陽は純粋な火であること。また、それゆえ、あなたがたの太陽から発出するすべてのものは、純粋な愛であるので、いのちから得ていること。また私たちの太陽からのすべてのものは純粋な火からのものであるので、いのちから何も得ていないこと。また、ここから霊的なものと自然的なものの間の違いがあり、その違いが今まで知られていないことが、さらにまた明らかにされた。そのことから、ここから人間の理解力の知恵を照らす光があり、またここから、人間の意志の愛を燃え立たせる 熱があるこのがよく知られるようにされた」。

 [6] (6) ほかにも、いのちの三つの段階があること、またここから三つの天界があること、また人間の心は三つの段階の中に区別されていることが明らかにされた。

また、ここから人間は三つの天界に対応すること。

 天使たちは言った、「このことを以前に知っていたのか?」

私は答えた、より大きいものまたより少ないものの間の段階について知っていた、しかし前のものと後のものの間の段階について何も〔知らなかった〕こと。

 [7] (7) 天使たちは、これらのほかに多くのものが啓示されたかどうか質問した。

 私は、多くのもの〔がある〕ことを言った。それらは、最後の審判について、主について天界と地の神であること、神は位格と本質と一つであること、またその中に神的な三一性、またその方は主であること。なおまたそのにより設立された「新しい教会」についてまたその教会教えについて。また、「聖書聖性」についてさらにまた「黙示録」啓示されたこと。またそのうえ、「惑星の住民」について。そして、宇宙「諸地球」についてほかに、霊界からの印象的出来事(メモラビリア)くべくこと、天界かららかにされたそれらくのものによってそれらは知恵のものである

author:yasubee, category:原典講読『結婚愛』, 23:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『結婚愛』532(直訳)

(2)直訳

532. His adjiciam hoc Memorabile.− 532.これらに私はこのメモラビリアを加える――

Quondam quoad spiritum meum evectus sum in caelum angelicum, et in unam ejus societatem, et tunc accesserunt ad me aliqui ex sapientibus ibi, et dixerunt, "Quid novum e terra?" かつて、私して天使天界げられたまたそのつの社会またその時、私づいたそこのたちからのあるまたった、「地からのしいこと(ニュース)?」

Dixi illis, "Hoc novum est, quod Dominus revelaverit arcana quae excellentia excedunt arcana ab initio ecclesiae huc usque revelata." 私らにった、「これがしいこと(ニュース)である、主秘義啓示したことそれは卓越秘義がまさる、教会まりからここまでやはり啓示された」。

Quaesiverunt, "Quae sunt illa?" 彼らは質問した、「それらは何か?」

Dixi quod haec sint: 私は言った、これらであること――

(i.) Quod in Verbo in omnibus et singulis ejus sit sensus spiritualis correspondens sensui naturali, et quod per illum sensum sit conjunctio hominum ecclesiae cum Domino, et consociatio cum angelis, et quod sanctitas Verbi in eo resideat. (1) みことばの中のそのすべてと個々のものの中に自然的な意味に対応している霊的な意味があること、またその意味によって主と教会の人間の結合があること、また、天使と交わりが、またみことばの聖性はその中に住むこと。

[2] (ii.) Quod correspondentiae, ex quibus sensus spiritualis Verbi consistit, detectae sint; [2] (2) 対応それらからみことばの霊的意味構成される、明らかにされたこと

Quaesiverunt angeli, "Anne habitatores orbis de correspondentiis prius sciverunt?" 天使たちは質問した、「地球住民たちは対応について以前らなかったのか?」

Dixi, quod prorsus nihil; 私は言った、まったく何も〔知ら〕ないこと。

et quod latuerint nunc per aliquot millia annorum, nempe usque a Hiobi tempore; またされていること、今数千間、すなわちヨブの時代からまでも

et quod apud illos qui eo tempore et ante illud vixerunt, scientia correspondentiarum fuerit scientia scientiarum, ex qua illis sapientia, quia cognitio de spiritualibus quae caeli et inde ecclesiae sunt; またらのもとにそのはその時代またそのきた、対応知識知識〔中〕知識であったそれ〔知識〕かららに知恵があった、霊的なものについての認識〔であるのでそれらは天界教会のものである

sed quod scientia illa, quia versa est in idololatricam, ex Divina Domini providentia ita obliterata et deperdita sit, ut nemo viderit aliquod signum de illa: しかしその知識、偶像崇拝的なものにわったので、主神的摂理からそのようにされたまたわれただれもそれらについてらかのしるしをないように

sed quod usque nunc a Domino detecta sit, ut fiat conjunctio hominum ecclesiae cum Ipso, et consociatio cum angelis; しかしそれでも、主によりらかにされたその教会人間結合じるためにまた天使とのわりが

et haec fit per Verbum, in quo omnia et singula correspondentiae sunt. またこれらはみことばによってなわれたその対応のすべてと個々のものがある

Angeli valde gavisi sunt, quod placuerit Domino revelare hoc magnum arcanum per aliquot millia annorum tam alte reconditum; 天使たちはいにしがった、主がこのいなる秘義啓示することをびであったこと、数千年間、これほどにめられた

et dixerunt, quod hoc sit propter finem, ut Ecclesia Christiana, quae fundatur super Verbo, et nunc in suo fine est, iterum revivat et trahat spiritum per caelum a Domino. またったこの目的のためになわれたことキリスト教徒教会それはみことばのてられるまたやそのわりにある、再復興するためであるまたから天界によって(息)()

Quaesiverunt num per illam scientiam hodie detectum sit, quid Baptismus et quid Sacra Cena significant, de quibus tam varia huc usque cogitaverunt. 質問したそれらの知識によって、今日、明らかにされているか、何「洗礼」がまた「聖餐」意味するかそれらについてこのようにいろいろなものをこれまでえた

Et respondi, quod detectum sit. また、私えた、明らかにされたこと

[3] (iii.) Porro dixi, Quod hodie a Domino revelatum sit de Vita hominum post mortem; [3] (3) さらにった、今日、主により「死後人間のいのち(生活)について啓示されたこと

Dixerunt angeli, "Quid de vita post mortem? 天使たちはった、「何、死後のいのち(生活)について

Quis non scit, quod homo vivat post mortem?" だれがらないのか? 死後人間きることを?

Respondi, "Sciunt et non sciunt. 私えた、「(らは)っているまたらない

Dicunt, quod non homo, sed anima ejus; 彼らは、人間でないことしかし、彼霊魂が。

et quod haec vivat spiritus; またこれが霊〔として〕生きること

et de spiritu fovent ideam sicut de vento aut aethere, et quod non vivat homo, quam post diem ultimi judicii; またについてまたはエーテルのような観念いているまた人間きないこと、最後審判後以外

et quod tunc corporea, quae reliquerant in mundo, tametsi a vermibus, muribus et piscibus exesa, recolligerentur et rursus coaptarentur in corpus, et quod homines sic resurrecturi sint." またその時、身体それをたとえ、虫、ネズミまたにより、食されても、再められるまた身体められるまた人間はこのように復活すること」。

Dixerunt angeli, "Quid hoc? 天使たちはった、「このことは

Quis non scit quod homo vivat homo post mortem, cum sola differentia quod tunc vivat homo spiritualis; だれがらないか、人間死後人間〔として〕生きることただ相違とともにその時、人間人間きる。実体的きる、物質的でなく、以前のように

et quod homo spiritualis videat hominem spiritualem, sicut homo materialis materialem; また霊的な人間は霊的な人間を見る、物質的な人間が物質的な〔人間を見る〕ように。

et quod non sciant unum discrimen, praeter quod in statu perfectiori sint?" また、一つのいをらないこと、完全状態にいることのほかに?」

[4] (iv.) Quaesiverunt angeli, "Quid sciunt de nostro mundo, ac de caelo et inferno?" [4] (4) 天使たちは質問した、「何を知ってるか? 私たちの世界について、そして天界と地獄について」

Dixi, quod nihil sciverint, at quod hodie a Domino detectum sit, qualis est mundus in quo angeli et spiritus vivunt, ita quale est caelum et quale est infernum; 私った、何らなかったことしかし、今日、主によりらかにされたこと、世がどんなものであるかその天使たちがきるそのように天界がどんなものかまた地獄がどんなものか

tum etiam quod angeli et spiritus sint in conjunctione cum hominibus; ほかにさらにまた、天使たちが人間結合にあること

praeter multa mirabilia de illis: さらにそれらについてくのくべきこと

Angeli laetati sunt, quod Domino placuerit talia detegere, ne homo amplius ex ignorantia in ambiguitate sit de sua immortalitate. 天使たちはんだ、主がこのようなものをらかにすることをんだこと、人間無知からいの状態にもはやいないように、自分不死性について

[5] (v.) Amplius dixi, quod hodie a Domino revelatum sit, "quod in vestro nundo sit alius Sol, quam in nostro, et quod Sol vestri mundi sit purus amor, et quod sol nostri mundi sit purus ignis; [5] (5) さらにった、今日、主により啓示されたこと、「あなたがたのにもうつの太陽があること、私たちのあるもの〕以外またあなたがたの太陽純粋であることまたたちの太陽純粋であること

et quod ideo omne quod procedit ex vestro Sole, quia est purus amor, trahat ex vita, et quod omne quod a nostro, quia est purus ignis, nihil ex vita trahat; またそれゆえすべてのものはそれはあなたがたの太陽から発出する、純粋であるのでいのちから()ことまたすべてのものはそれはたちのもの(太陽)から、純粋であるのでいのちからせない(ない)こと

et quod inde sit differentia inter spirituale et naturale, quae differentia hactenus ignota etiam detecta est. またここから霊的なものと自然的なもののいがあること、違いがまでられていないさらにまたらかにされた

Ex quo notum factum est, unde est lux quae illuminat sapientia intellectum humanum, et unde est calor, qui accendit amore voluntatem humanam." そのことからよくられることがなされたここからがあるそれは人間理解力知恵らすまたここからがあるそれは人間意志をつける(たせる)

[6] (vi.) Insuper quod detectum sit, quod sint tres gradus vitae, et quod inde sint tres caeli; [6] (6) ほかにもらかにされたいのちのつの段階があることまたここからつの天界があること。

et quod in illos gradus distincta sit mens humana, et quod inde homo correspondeat tribus caelis; また人間つの段階区別されていることまたここから人間つの天界対応すること

Dixerunt angeli, "Annon sciverunt hoc prius?" 天使たちはった、「このことを以前っていたのか?」

Respondi, quod sciverint de gradibus inter magis et minus, sed nihil de gradibus inter prius et posterius. 私えたよりきいものまたより小さいものの段階についてっていたことしかしのものとのものの段階について〔知らなかった〕。

[7] (vii.) Interrogaverunt angeli, num praeter illa revelata sint plura. [7] (7) 天使たちは質問した、これらのほかに多くのものが啓示されたかどうか。

Dixi quod plura; 私は言った、多くのもの〔がある〕こと。

quae sunt de ultimo judicio; それらは、最後の審判についてである。

de Domino, quod sit Deus coeli et terrae, quod Deus sit unus et persona et essentia, in quo Divina Trinitas, et quod Ille sit Dominus; 主について、天界であること、神は位格と本質と一つであること、その中に神的な三一性〔があり〕、またその方は主であること。

tum de Nova Ecclesia ab Ipso instauranda, et de doctrina illius ecclesiae; なおまた、「新しい教会」についてそのにより設立されたまたその教会教えについて。

de sanctitate Scripturae Sacrae; 「聖書聖性」について

quod etiam Apocalypsis revelata sit, quae ne quidem quoad unum versiculum revelari potuit nisi a Domino: さらにまた「黙示録」啓示されたこと、☆それはして、一つのして啓示されることができなかった、主によらないなら。

insuper de incolis planetarum, ac de telluribus in universo: そのうえ、「惑星の住民」について、そして、宇宙諸地球について

praeter multa memorabilia et mirabilia e mundo spirituali; ほかに、霊界からの印象的出来事(メモラビリア)くべくこと

per quae plura, quae sapientiae sunt, e caelo detecta sunt. それらくのものによってそれらは知恵のものである、天界かららかにされた

author:yasubee, category:原典講読『結婚愛』, 23:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『結婚愛』532(原文)

(1)原文

532. His adjiciam hoc Memorabile.

 

Quondam quoad spiritum meum evectus sum in caelum angelicum, et in unam ejus societatem, et tunc accesserunt ad me aliqui ex sapientibus ibi, et dixerunt, "Quid novum e terra?"

Dixi illis, "Hoc novum est, quod Dominus revelaverit arcana quae excellentia excedunt arcana ab initio ecclesiae huc usque revelata."

Quaesiverunt, "Quae sunt illa?"

Dixi quod haec sint: (i.) Quod in Verbo in omnibus et singulis ejus sit sensus spiritualis correspondens sensui naturali, et quod per illum sensum sit conjunctio hominum ecclesiae cum Domino, et consociatio cum angelis, et quod sanctitas Verbi in eo resideat.

[2] (ii.) Quod correspondentiae, ex quibus sensus spiritualis Verbi consistit, detectae sint;

Quaesiverunt angeli, "Anne habitatores orbis de correspondentiis prius sciverunt?"

Dixi, quod prorsus nihil; et quod latuerint nunc per aliquot millia annorum, nempe usque a Hiobi tempore; et quod apud illos qui eo tempore et ante illud vixerunt, scientia correspondentiarum fuerit scientia scientiarum, ex qua illis sapientia, quia cognitio de spiritualibus quae caeli et inde ecclesiae sunt; sed quod scientia illa, quia versa est in idololatricam, ex Divina Domini providentia ita obliterata et deperdita sit, ut nemo viderit aliquod signum de illa: sed quod usque nunc a Domino detecta sit, ut fiat conjunctio hominum ecclesiae cum Ipso, et consociatio cum angelis; et haec fit per Verbum, in quo omnia et singula correspondentiae sunt.

Angeli valde gavisi sunt, quod placuerit Domino revelare hoc magnum arcanum per aliquot millia annorum tam alte reconditum; et dixerunt, quod hoc sit propter finem, ut Ecclesia Christiana, quae fundatur super Verbo, et nunc in suo fine est, iterum revivat et trahat spiritum per caelum a Domino. Quaesiverunt num per illam scientiam hodie detectum sit, quid Baptismus et quid Sacra Cena significant, de quibus tam varia huc usque cogitaverunt.

Et respondi, quod detectum sit.

[3] (iii.) Porro dixi, Quod hodie a Domino revelatum sit de Vita hominum post mortem;

Dixerunt angeli, "Quid de vita post mortem? Quis non scit, quod homo vivat post mortem?"

Respondi, "Sciunt et non sciunt. Dicunt, quod non homo, sed anima ejus; et quod haec vivat spiritus; et de spiritu fovent ideam sicut de vento aut aethere, et quod non vivat homo, quam post diem ultimi judicii; et quod tunc corporea, quae reliquerant in mundo, tametsi a vermibus, muribus et piscibus exesa, recolligerentur et rursus coaptarentur in corpus, et quod homines sic resurrecturi sint."

Dixerunt angeli, "Quid hoc? Quis non scit quod homo vivat homo post mortem, cum sola differentia quod tunc vivat homo spiritualis; et quod homo spiritualis videat hominem spiritualem, sicut homo materialis materialem; et quod non sciant unum discrimen, praeter quod in statu perfectiori sint?"

[4] (iv.) Quaesiverunt angeli, "Quid sciunt de nostro mundo, ac de caelo et inferno?"

Dixi, quod nihil sciverint, at quod hodie a Domino detectum sit, qualis est mundus in quo angeli et spiritus vivunt, ita quale est caelum et quale est infernum; tum etiam quod angeli et spiritus sint in conjunctione cum hominibus; praeter multa mirabilia de illis:

Angeli laetati sunt, quod Domino placuerit talia detegere, ne homo amplius ex ignorantia in ambiguitate sit de sua immortalitate.

[5] (v.) Amplius dixi, quod hodie a Domino revelatum sit, "quod in vestro nundo sit alius Sol, quam in nostro, et quod Sol vestri mundi sit purus amor, et quod sol nostri mundi sit purus ignis; et quod ideo omne quod procedit ex vestro Sole, quia est purus amor, trahat ex vita, et quod omne quod a nostro, quia est purus ignis, nihil ex vita trahat; et quod inde sit differentia inter spirituale et naturale, quae differentia hactenus ignota etiam detecta est. Ex quo notum factum est, unde est lux quae illuminat sapientia intellectum humanum, et unde est calor, qui accendit amore voluntatem humanam."

[6] (vi.) Insuper quod detectum sit, quod sint tres gradus vitae, et quod inde sint tres caeli; et quod in illos gradus distincta sit mens humana, et quod inde homo correspondeat tribus caelis;

Dixerunt angeli, "Annon sciverunt hoc prius?"

Respondi, quod sciverint de gradibus inter magis et minus, sed nihil de gradibus inter prius et posterius.

[7] (vii.) Interrogaverunt angeli, num praeter illa revelata sint plura.

Dixi quod plura; quae sunt de ultimo judicio; de Domino, quod sit Deus coeli et terrae, quod Deus sit unus et persona et essentia, in quo Divina Trinitas, et quod Ille sit Dominus; tum de Nova Ecclesia ab Ipso instauranda, et de doctrina illius ecclesiae; de sanctitate Scripturae Sacrae; quod etiam Apocalypsis revelata sit, quae ne quidem quoad unum versiculum revelari potuit nisi a Domino: insuper de incolis planetarum, ac de telluribus in universo: praeter multa memorabilia et mirabilia e mundo spirituali; per quae plura, quae sapientiae sunt, e caelo detecta sunt.

 

author:yasubee, category:原典講読『結婚愛』, 23:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『結婚愛』531

(1)原文

531. (vi.) Quod sic cuivis imputetur amor conjugialis. Dantur conjugia in quibus non apparet amor conjugialis, et tamen est; et dantur conjugia in quibus apparet amor conjugialis, et tamen non est: causae sunt plures utrinque, quoad partem cognoscibiles ex transactis de dmore vere conjugiali (n. 57-73); deque causis frigorum et separationum (n. 234-260); et de causis apparentis amoris et amicitiae in conjugiis (n. 271-292): sed apparentiae in externis nihil concludunt de imputatione. Unicum quod concludit est conjugiale, quod insideat alicujus voluntati, et custodiatur, in qualicunque conjugii statu homo sit: conjugiale illud est sicut trutina, qua expenditur ille amor; est enim conjugiale unius viri cum una uxore clenodium vitae humanae, et reconditorium religionis Christianae (ut supra n. 457, 458, ostensum est). Et quia ita est, potest ille amor dari apud unum conjugem, et non simul apud alterum; et potest ille amor altius latere reconditus, quam ut ipse homo animadvertat aliquid de eo; et quoque potest inscribi in successu vitae. Causa est, quia amor ille in passibus suis comitatur religionem, ac religio, quia est conjugium Domini et Ecclesiae, est illius amoris initiamentum et inoculation: quare amor conjugialis imputatur cuivis post mortem, secundum ejus spiritualem rationalem vitam; et illi, cui amor ille imputatur, post obitum providetur conjugium in caelo, qualecunque ei fuerit conjugium in mundo. Ex his nunc fit haec clausula, quod non ex apparentiis conjugiorum, nec ex apparentiis scortationum, concludendum sit de aliquo, quod illi sit amor conjugialis, vel non; quare

 

"Ne judicate ne condemnemini" (Matth. vii. 1).

 

(2)直訳

531. (vi.) Quod sic cuivis imputetur amor conjugialis.― 531.このようにそれぞれの者に結婚愛が転嫁されること。

Dantur conjugia in quibus non apparet amor conjugialis, et tamen est; 結婚が存在する、それらの中に結婚愛が見られない(現われていない)、またそれでも〔結婚愛が〕ある。

et dantur conjugia in quibus apparet amor conjugialis, et tamen non est: また結婚が存在する、それらの中に結婚愛が見られる(現われている)、またそれでも〔結婚愛が〕ない。

causae sunt plures utrinque, quoad partem cognoscibiles ex transactis de dmore vere conjugiali (n. 57-73); 両方のものに多くの原因(理由)がある、部分に関して、真の結婚愛についての論文(章)から知られることができるもの〔がある〕(57-73)

deque causis frigorum et separationum (n. 234-260); そして冷淡と分離の原因(理由)について(234-260)

et de causis apparentis amoris et amicitiae in conjugiis (n. 271-292): また、結婚の中の愛と友情の外観の原因(理由)について(271-292)

sed apparentiae in externis nihil concludunt de imputatione. しかし、外なるものの中での外観は転嫁について何も結論しない(結論に導かない、証明しない)

Unicum quod concludit est conjugiale, quod insideat alicujus voluntati, et custodiatur, in qualicunque conjugii statu homo sit: 唯一のものは、それが結論する(結論に導く、証明する)、結婚のもの(結婚的なもの・結婚への性向)である、それはある者の意志の中に座る(固く宿る)、また守られる、どんな種類の結婚の状態の中に人間がいても。

conjugiale illud est sicut trutina, qua expenditur ille amor; その結婚のもの(結婚的なもの・結婚への性向)は(秤の)針のようである、それによってその愛がはかられる。

est enim conjugiale unius viri cum una uxore clenodium vitae humanae, et reconditorium religionis Christianae (ut supra n. 457, 458, ostensum est). というのは、一人の妻との一人の男(夫)結婚のもの(結婚的なもの・結婚への性向)は人間の生活の宝石であるから☆、またキリスト教の貯蔵所(例えば、上に457, 458番に示されている)

感想:ほんとだ、神が人類に与えた無限の宝だ。

Et quia ita est, potest ille amor dari apud unum conjugem, et non simul apud alterum; またそのようなものであるので、その愛は一人の配偶者のもとに存在することができる、また同時に他の者もとに〔でき〕ない。

et potest ille amor altius latere reconditus, quam ut ipse homo animadvertat aliquid de eo; またその愛は深く隠れていることができる、秘められて、人間自身がそれについて何らかのものを気づかないようにも。

et quoque potest inscribi in successu vitae. そしてまた、生活(人生)の推移(行路)の中に刻み込まれることができる。

Causa est, quia amor ille in passibus suis comitatur religionem, ac religio, quia est conjugium Domini et Ecclesiae, est illius amoris initiamentum et inoculation: 原因(理由)がある、その愛はその歩み(歩調)の中で宗教と同行するからである、そして宗教は、主と教会の結婚であるので、その愛の初期の段階と接ぎ木である。

quare amor conjugialis imputatur cuivis post mortem, secundum ejus spiritualem rationalem vitam; それゆえ、結婚愛はそれぞれの者に、死後、転嫁される、彼の霊的で理性的な生活にしたがって。

et illi, cui amor ille imputatur, post obitum providetur conjugium in caelo, qualecunque ei fuerit conjugium in mundo. また彼は、その者にその愛が転嫁される、死の後、天界の中で結婚が備えられる、彼にどんな種類の結婚が世の中であった〔にしても〕。

Ex his nunc fit haec clausula, quod non ex apparentiis conjugiorum, nec ex apparentiis scortationum, concludendum sit de aliquo, quod illi sit amor conjugialis, vel non; quare これらから、今や、この結論が生じる、結婚の外観からでない、淫行の外観からでもない、何らかのものについて結論すべきである(結論に導くべきである、証明すべきである)こと、その者に結婚愛があること、あるいはない。それゆえ、

"Ne judicate ne condemnemini" (Matth. vii. 1). 「裁かないように〔せよ〕、あなたがたが断罪されないように」(マタイ7:1)

 

(3)訳文

531.このようにそれぞれの者に結婚愛が転嫁されること。

 結婚愛が見られない、またそれでも結婚愛がある結婚が存在する。また、結婚愛が見られる、またそれでも結婚愛がない結婚が存在する。両方のものに多くの原因があり、部分的に、真の結婚愛についての章から知られることができるもの〔がある〕(57-73)。そして冷淡と分離の原因について(234-260)。また、結婚の中の愛と友情の外観の原因について(271-292)――しかし、外なるものの中での外観は転嫁について何も結論しない。

 結論する唯一のものは、、結婚的なものである、それは人間がどんな種類の結婚の状態の中にいても、ある者の意志の中に宿り、守られる――その結婚的なものは(天秤ばかりの)針のようであり、それによってその愛がはかられる。というのは、一人の妻と一人の結婚的なものは人間の生活の宝石、またキリスト教の貯蔵所であるからである(前の457, 458番に示されているように)

 またそのようなものであるので、その愛は一人の配偶者のもとに存在することができ、同時に他の者もとに存在できない。またその愛は深く秘められて隠れていることができる、人間自身がそれについて何らかのものを気づかないように。そしてまた、人生行路の中に刻み込まれることができる。

 その理由は、その愛はその歩みの中で宗教と同行し、そして宗教は、主と教会の結婚であるので、その愛の初期の段階と接ぎ木であるからである――それゆえ、結婚愛はそれぞれの者に、死後、、彼の霊的で理性的な生活にしたがって転嫁される。また、その者にその愛が転嫁され、死の後、どんな種類の結婚が世の中で彼にあった〔にしても〕天界の中で結婚が備えられる。

 これらから、今や、この結論が生じる、その者に結婚愛があるかあるいはないか何らかのものについては、結婚の外観からでも淫行の外観からでもなく結論すべきであること。それゆえ、

 

 「裁くな、あなたがたが断罪されないために」(マタイ7:1)

author:yasubee, category:原典講読『結婚愛』, 00:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark