RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 207

(1) 原文

De spirituum statu communi apud homines

 

207.  Spiritus circum aut penes homines, qui cum illis non loquuntur ac reflectunt ad eos, non quid{a} autumant se esse eos homines, apud quos sunt, sed modo quod sint homines, et sic agant, nam unusquisque spiritus autumat se esse hominem, et indignatur si aliud iis dicatur, imo putant se habere aures, oculos et sensus, quales homines, cumque iis dicerem ac demonstrarem, quod res ita se habere nequeat, ex aliquibus causis, indignati{1} sunt; quippe per certas reflexiones, ex misericordia Dei Messiae concessas mihi, potui{2} afficere eos, tanquam sensibus fruerentur, et pluribus aliis modis, inde concludere potui, quod similis idea penes eos remaneat, post corporis mortem, et quod intimiora hominis nihil aliud sciant, quam quod homo sint, ad imaginem ejus enim corpus formatum est; et per musculos unum agit corpus cum voluntate, ut notum est, inde idea remanens corporis. Hodie quoque mihi ostensum est, quod spiritus adesse potuerint, et mecum loqui, ut et percipere cogitata, et tamen nihil videre, quod egi; sic ut paene remissus sim in statum priorem; tunc nihil usquam sentire potui de operatione eorum, sicut alioquin, nisi ita perparum, ut vix id discernere potuissem a communi statu. 1747, die 13 Octob. st. v.

@1 exitus abscissus in ms.

@2 ms. Messiae, concessas mihi potu

@a h.e. prorsus non

☆欄外に数字「1., 2.」が振ってあります。これは直訳の中で示します。

 

(2) 直訳

De spirituum statu communi apud hominess 人間のもとの霊たちの全般的な状態について

207.  Spiritus circum aut penes homines, qui cum illis non loquuntur ac reflectunt ad eos, non quid{a} autumant se esse eos homines, apud quos sunt, sed modo quod sint homines, et sic agant, 人間のまわりのまたは面前の霊たちは、その者(人間)彼らと話さない、そして彼らに熟考しない(反映しない)、彼らが自分自身を彼らを人間であることを何も〔注では「まったく」としています〕思わない(←わかりづらくなっているので注意)、その者(人間)もとにいる、しかし、単に人間であること、またそのように行動する。

nam unusquisque spiritus autumat se esse hominem, et indignatur si aliud iis dicatur, なぜなら、それそれの霊が自分自身を人間であると思っている、また、もし他のことが彼らに言われるなら憤慨するからである、

imo putant se habere aures, oculos et sensus, quales homines, cumque iis dicerem ac demonstrarem, quod res ita se habere nequeat, ex aliquibus causis, indignati{1} sunt; それどころか、自分自身に思っている、耳、目また感覚を持っていること、人間〔にある〕ような、そして彼らに私が言い、そして示した時、事柄がそのように振る舞うことができないこと、何らかの理由から、彼らは憤慨した。

(1.) quippe per certas reflexiones, ex misericordia Dei Messiae concessas mihi, potui{2} afficere eos, tanquam sensibus fruerentur, et pluribus aliis modis, (1) 確かに、確実な(ある)熟考から、神メシアの慈悲から私に与えられた、彼らを働きかける(かきたてる)ことができた、あたかも感覚で享受しているかのように、また他の多くの方法で。

inde concludere potui, quod similis idea penes eos remaneat, post corporis mortem, et quod intimiora hominis nihil aliud sciant, quam quod homo sint, ad imaginem ejus enim corpus formatum est; ここから私は結論することができた、同様の観念が彼ら(の面前)に残っていること、身体の死の後に、また人間の最内部のものは、何らかのものを何も知らないこと、人間であること以外に、というのは、その映像に向けて身体が形作られているから。

et per musculos unum agit corpus cum voluntate, ut notum est, inde idea remanens corporis. また、身体は筋肉によって、意志と一つのものとして活動する、よく知られているように、ここから身体の観念が残っている。

(2.) Hodie quoque mihi ostensum est, quod spiritus adesse potuerint, et mecum loqui, ut et percipere cogitata, et tamen nihil videre, quod egi; (2) 今日もまた私に示された、霊たちがいることができたこと、また私と話すこと、そのようにまた考えたものを知覚すること、またそれでも何も見ることがない、私が行なったことを。

sic ut paene remissus sim in statum priorem; そのように、ほとんど、私は以前の状態の中に戻された。

tunc nihil usquam sentire potui de operatione eorum, sicut alioquin, nisi ita perparum, ut vix id discernere potuissem a communi statu. その時、私は彼らの働きについてどんな場合でも何も感じることができなかった、他の時のように、ごくわずなかものでないなら、ほとんどそれを見分ける(識別する)とができなかったような、通常の状態から。

1747, die 13 Octob. st. v. 17471013日に、旧暦。

 

(3) 訳文

人間のもとのたちの全般的状態について

 

207.  人間のまわりのまたは面前たちはその人間らとさないし、彼らについて熟考もしない、彼らが自分自身のもとにいて、人間であるとっていることなどことをまったくわないがしかし、〔霊たちは〕単人間でありそのように行動していると思っている。なぜならそれそれの自分自身人間であるとっていてもしらにのことがわれるなら憤慨するからであるそれどころか、人間〔にあるような耳、目、感覚自分自身にあるとっているそしてらに、何らかの理由から、物事はそのようできなこと、示した時、彼らは憤慨した

(1) かに、神メシアの慈悲からえられたある熟考からまたくの方法あたかも〔彼らが〕感覚享受しているかのように、彼らをかきたてることができたここから身体同様観念っていることまた人間最内部のものが人間であること以外らかのものをらないことを結論することができたというのはその映像けて身体形作られよくられているように、身体筋肉によって、意志つのものとして活動ここから身体観念っているからである。

(2) 今日もまた私に示された、霊たちがいて、私と話し、そのようにまた考えたものを知覚することができたこと、またそれでも、私が行なったことを何も見ることがない。そのように、ほとんど、私は以前の状態の中に戻された。その時、私は彼らの働きについて、他の時のように、ごくわずなかものでないなら、通常の状態からは、ほとんどそれを識別することができなかったように、いつも何も感じることができなかった。17471013日、旧暦。

 

◎感想:教会など、いろいろと人が集まる場がある、そのようなとき、「この人たちとは(いったい)何なんだろう」と思うことがある。これはその場に付随する霊たちを思っているのであろう(すなわち、霊が集まっていること)

author:yasubee, category:霊界体験記, 01:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 206

(1) 原文

[VOLUMINIS PRIMI, extractorum sectio secunda, continens paragraphos 206 ad [972a], originaliter ex Indice Biblico Librorum Propheticorum extractas]{1}

 

Quod Abrahamus non sciat nos, ut legitur [Esaj. LXIII:16], quodque angeli non sciant

 

206.{2} Diu autumavi, quod angeli intimi ac intimiores scirent, quid agerem, et cogitarem, quoniam ab iis arbitrabar{3} venire, quod compescerentur continue falsorum spirituum intentiones malae, et falsiloquia, verum quum aliquoties ex Divina Dei Messiae misericordia, cum aliis loqui liceret, qui intellectualia eorum ad me deferrent, dictum est ab iis, quod prorsus nescirent, quid agerem, nec viderent, sicut spiritus proximi, verum quod usque continue essent in reactione contra conatus et actus spirituum malorum seu sphaerae eorum, quam optime sentiebant, sed ex qua causa et ex quo homine nesciebant, ita solummodo est Deus Messias, Qui per angelos Ipsius agit, Qui singularissima videt et novit, et sic disponit humanos conatus, hoc nunc est, quod intelligitur per ea verba, quod "Abraham non cognoscit nos"; hodie per abstractam quandam cogitationem, ascendebat aliquid ad angelos, quibus{4} movebantur, quod mirati, et sic per alios mecum loquuti. 1747, die 13 Oct. st. v. Angeli nec scire volunt, quid peragitur in terris, quia norunt quod nihil non perversum et vastatum est, quare desiderant, ut Regnum Dei Messiae veniat, sperantes quod sic aperiretur communicatio inter eos et homines.

@1 vide praefationem hujus voluminis sub capite "Numbers 206 to [972a]"

@2 hic supra post 205 ut ei infra post 972 inseruit J.F.I. Tafel paragraphum a nobis [972a] numeratam; vide praefationem hujus voluminis sub capite "Numbers 206 to [972a]"

@3 in ms. arbitror in arbitrabar emendatum

@4 sic ms.

この段落は『索引』の Angelus では次のようになっています。

 Quod angeli inteioris coeli nihil perceperint a sensualibus meis, sed usque quod in continua reactione communi fuerint contra singula tentamina malorum spirituum, de quibus etiam viva voce instructus: tum ex eo, quod iis datum subito quid percipere, quod mirati unde; et quod non desiderent in terrenis esse, quia remotiora ab iis, perversa, et particularia, n. 206. (さらに内的な天界の天使は、私の感覚ののものからは何も知覚しなかった、しかしそれでも絶え間のない全般的な反応(反動)があった、悪霊の個々の企て(試み)に対して、それらについてもまた、生き生きとした声で教えられた。なおまたそのことからも〔教えられた〕、彼ら(天使たち)に急に何かを知覚すすることが与えられること、ここから〔彼らは〕驚かされれたこと。また地の中にいること欲しない(=世俗的なものを望まない)と、彼らから遠ざかったもの、ゆがめられたもの、個別のものであるからである、206番。)

 

(2) 直訳

[VOLUMINIS PRIMI, extractorum sectio secunda, continens paragraphos 206 ad [972a], originaliter ex Indice Biblico Librorum Propheticorum extractas]{1} 

この第1(VOLUMINIS PRIMI)、引き出したもの第二断片(section)は、206 から [972a] までの段落を含んでいます、もとは『預言者の書の聖書(?)索引』から引き出しています。1 は失われた番号(箇所)についての「まえがき」参照ということです。

 

Quod Abrahamus non sciat nos, ut legitur [Esaj. LXIII:16], quodque angeli non sciant アブラハムは私たちを知らないこと、〔イザヤ63:16 に〕読まれるように、そして天使たちは〔私たちを〕知らないこと

206.{2} Diu autumavi, quod angeli intimi ac intimiores scirent, quid agerem, et cogitarem, quoniam ab iis arbitrabar{3} venire, quod compescerentur continue falsorum spirituum intentiones malae, et falsiloquia, 長い間、私は思っていた、最内部そしてさらに内的な天使たちは知っていること、何を私が行なっているか、また考えているか、彼らからやって来ることを私は思っていたので、偽りの霊たちの悪の意図が絶えず抑制されている(comprimo)こと、またうそを語る〔意図〕。

verum quum aliquoties ex Divina Dei Messiae misericordia, cum aliis loqui liceret, qui intellectualia eorum ad me deferrent, dictum est ab iis, けれども、数回、神メシアの神的慈悲から、他の者と話すことが許された時、その者は彼らの知的なものを私に伝えた、彼らから言われた、

quod prorsus nescirent, quid agerem, nec viderent, sicut spiritus proximi, verum quod usque continue essent in reactione contra conatus et actus spirituum malorum seu sphaerae eorum, quam optime sentiebant, 彼らがまったく知らないこと、何を私が行なっているか、彼らは見てもいない、最も近い霊のように、けれども、絶えず悪い霊のまたは彼らのスフェアの努力と活動に対して反動の中にいること、それを最もよく感じていた、

sed ex qua causa et ex quo homine nesciebant, しかし、何の(どのような)原因からか、またどのような人間からか彼らは知らなかった。

ita solummodo est Deus Messias, Qui per angelos Ipsius agit, Qui singularissima videt et novit, et sic disponit humanos conatus, そのように神メシアだけである、その方がご自分の天使によって行なう、その方が最も個々のもの(最小のもの)を見る、また知る、またこのように人間の努力を配置する(整える)

hoc nunc est, quod intelligitur per ea verba, quod "Abraham non cognoscit nos"; さて(そこで)このことである、それらのことばによって意味されること、「アブラハムは私たちを知らない」こと。

hodie per abstractam quandam cogitationem, ascendebat aliquid ad angelos, quibus{4} movebantur, quod mirati, et sic per alios mecum loquuti. 今日、何らかの抽象的な思考によって、何らかのものが天使へのぼった、それらで彼らは感動させられた、驚いたこと、またこのように他の者を通して私と話した。

1747, die 13 Oct. st. v. 17471013日に、旧暦。

Angeli nec scire volunt, quid peragitur in terris, quia norunt quod nihil non perversum et vastatum est, quare desiderant, ut Regnum Dei Messiae veniat, sperantes quod sic aperiretur communicatio inter eos et homines. 天使たちは知ることも欲しない、何が地の中で起こっているか、知っていたので、ゆがめられてないまた荒れ果てて(ない)のは何もないこと、それゆえ、望んでいる、神メシアの王国がやって来ること、期待して、このように彼らと人間の間の伝達が開かれることを。

 

(3) 訳文

〔イザヤ63:16 に〕読まれるように、アブラハムは私たちを知らないこと、そして天使たちは〔私たちを〕知らないこと

 

206. 長い間、私は、偽りの霊たちの悪の意図、うそを語る意図のやって来ることが絶えず抑制されている、と思っていたので、最内部そしてさらに内的な天使たちは、何を私が行なっているか、また考えているか、知っていると思っていた。けれども、数回、神メシアの神的慈悲から、他の者と話すことが許され、その者が自分の知的なものを私に伝えた時、彼らから言われた、彼らが、私が何を行なっているかまったく知らないこと、彼らは、最も近い霊のように見てもいない、けれども、絶えず悪い霊のまたは彼らのスフェアの努力と活動に対して反動の中にいること、それを最もよく感じていた、しかし、どのような原因からか、またどのような人間からか彼らは知らなかった。そのように神メシアだけが、その方がご自分の天使によって行ない、その方が最小のものを見、知り、このように人間の努力を配置される。そこで、このことが「アブラハムは私たちを知らない」のことばによって意味されることである。今日、何らかの抽象的な思考によって、何らかのものが天使へのぼり、それらで彼らは感動させられ、驚いた、またこのように他の者を通して私と話した。17471013日、旧暦。

 天使たちは、地上で何が起こっているか知ることを欲しない、ゆがめられ、た荒れ果ててないものは何もないことを知っていたからである、それゆえ、神メシアの王国がやって来ることを、このように自分たちと人間の間の伝達が開かれることを期待して、望んでいる。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 205

(1) 原文

De fallaciis sensuum in omnibus rebus, quibus nisi discussis nusquam apparere potest veritas

 

205.  Angeli valde mirati sunt, quod homines hujus temporis, etiam qui docti audiunt, non capiant, quo homo ex tribus distinctis facultatibus consistant{1}, quae nempe se referunt [ad]{2} totidem coelos angelorum, praeter corpus quod moriturum est; tum etiam valde mirati sunt, quod nesciant adhuc, hominis vitam nusquam hominis esse, sed vitam omnem infundi a Deo Messia, quod nempe tantae umbrae et fallaciae sint, ut vix aliter autumare queant, quam quod oculus ex se videat, sic quod mens interior ex se sentiat, et quod intellectus humanus ex se intelligat, cum tamen inferior a suo superiori, et omnes a Supremo, sic a Deo Messia, sunt modo organica quae homo habet, ex quibus fluunt differentiae, ut notum esse potest. Quare nisi homo fallacias istas discutit, nusquam potest dici quod in veritate sit; ut fidem habeat, necessum est ut veritas{3} credatur, id pandit viam ad Deum Messiam, Qui est Ipsa Veritas. Quare etiam mirantur valde, quum homo ne [quidem] percipiat causas proximas naturalium objectorum, quod etiam non fidem habere velit spiritualibus, coelestibus ac Divinis, quae remotae, remotiores et remotissimae sunt, nisi eas oculis queat percipere et quasi sentire. 1747, 9 Oct.

@1 sic ms.; vide praefationem hujus editionis sub capite "Idiosyncrasies" 〔特異な表現について参照〕

@2 sic J.F.I. Tafel

@3 ms. in veritate m[aneat]

 

(2) 直訳

De fallaciis sensuum in omnibus rebus, quibus nisi discussis nusquam apparere potest veritas すべての事柄での感覚欺きについて、それらで追い散らされないなら狄人瓩老茲靴童修錣譴襪海箸できない

205.  Angeli valde mirati sunt, quod homines hujus temporis, etiam qui docti audiunt, non capiant, quo homo ex tribus distinctis facultatibus consistant{1}, quae nempe se referunt [ad]{2} totidem coelos angelorum, praeter corpus quod moriturum est; 天使たちは大いに驚いた、この時代の人間たちが、学識ある者と聞いている者もまた、把握していない、そのことを、人間が三つの区別のある(明確な)能力から構成される、すなわち、それらは同じ数の天使の天界に関係する、身体のほかに、それは死んでゆく。

tum etiam valde mirati sunt, quod nesciant adhuc, hominis vitam nusquam hominis esse, sed vitam omnem infundi a Deo Messia, なおまた、さらにまた大いに驚いている、依然として知らないこと、人間のいのちが決して人間のものではない、しかし、すべてのいのちは神メシアから注ぎ込まれること、

quod nempe tantae umbrae et fallaciae sint, ut vix aliter autumare queant, quam quod oculus ex se videat, sic quod mens interior ex se sentiat, et quod intellectus humanus ex se intelligat, cum tamen inferior a suo superiori, et omnes a Supremo, sic a Deo Messia, すなわち、それほどの陰(やみ)欺きがあること、ほとんど異なって思うことができないような、目がそれ自体から見ること以外に、このように内的な心がそれ自体から感じること、また人間の理解力がそれ自体から理解すること、そのときそれでも、低いものがその高いものから、またすべてのものは最高の者(至高者)から、このように神メシアから〔である〕、

sunt modo organica quae homo habet, ex quibus fluunt differentiae, ut notum esse potest. 単なる器官(有機体)ある、それらを人間は持つ、それらから相違が流れ出る、よく知られることができるように。

Quare nisi homo fallacias istas discutit, nusquam potest dici quod in veritate sit; それゆえ、人間はその欺きが追い散らされないなら、決して言われることができない、狄人瓩涼罎砲い襪海函

ut fidem habeat, necessum est ut veritas{3} credatur, id pandit viam ad Deum Messiam, Qui est Ipsa Veritas. 信仰を持つために、狄人瓩信じられることが必要である、そのことが神メシアへの道を開く、その方は狄人瓩修里發里任△襦

Quare etiam mirantur valde, quum homo ne [quidem] percipiat causas proximas naturalium objectorum, quod etiam non fidem habere velit spiritualibus, coelestibus ac Divinis, quae remotae, remotiores et remotissimae sunt, nisi eas oculis queat percipere et quasi sentire. それゆえ、さらにまた大いに驚いた、人間が自然的な対象の最も近い原因を決して知覚しない時、霊的なものに、天的なものに、そして神的なものに信仰を持つこともまた欲しないこと、それらは遠い、さらに遠い、最も遠いものである、それらを目で知覚することができないなら、またいわば感じること。

1747, 9 Oct. 1747109日。

 

(3) 訳文

すべての事柄での感覚欺きについて、それらが追い散らされないなら狄人瓩老茲靴童修錣譴襪海箸できない

 

205.   天使たちはこの時代人間たちが、学識あるといているもまた、人間つの区別のある能力から構成されることを把握していないことにいにいたすなわちそれらは天使天界関係、死んでゆく身体とは能力であるさらにまた、人間のいのちがして人間のものではなくすべてのいのちはメシアからまれることを依然としてらないことにいにいている。すなわち、目がそれ自体からこのように内的がそれ自体からじるまた人間理解力がそれ自体から理解するとしか、ほとんどなってうことができないような、それほどのやみときがあることであるそのときそれでも、低いものがそのいものからまたすべてのものが最高のものからこのようにメシアからであるよくられている(ことができる)ように、人間にあるものはなる器官ありそれらから相違ている

 それゆえ、人間はそのきがらされないなら、決して、狄人瓩涼罎砲い襪噺われることができない。信仰つためには、狄人瓩信じられることが必要であり、そのことが狄人瓩修里發里任△蕕譴訖瀬瓮轡△悗瞭擦魍く。

 それゆえさらにまたいにいた、人間自然的対象原因して知覚しない時、霊的なものに、天的なものにそして神的なものにそれらはさらに、最いものであるそれらにそれらを知覚することまたいわばじることができないなら、信仰つこともまたしないことである1747109日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 204

(1) 原文

De gentibus seu non instructis, quod facilius in Regnum Coeleste perveniant quam instructi

 

204.  Hodie mihi per vivam experientiam ostensum est, quomodo gentes, quoad indolem mali{a}, facilius{1} arripiant fidem, et charitatem exerceant, quam qui instructi fuerunt, gentes alioquin malae indolis aliquamdiu fuerunt, et plura mala excitarunt, sed ob causam, quod non potuissent audire et percipere ea, quae dicta et loquuta sunt; arbitratus sum quod essent mali spiritus, postmodum autem, quum lux intellectualis iis ex misericordia Dei Messiae data sit, ut perciperent sicut instructi, inceperunt loqui, et tam pie, inclamantes misericordiam Dei Messiae, et charitatem erga caeteros professi ex corde sunt, ita admissi, ut interessent, qui tam modeste se praebuerunt, et tam intelligenter ac sapienter, ut non potuissem non mirari, dum contra ii qui instructi, indignati, quod admitterentur, in coelum, ita qui spiritus arbitrati in angelos versi sunt: de persequutiones eorundem hac nocte, et praecedente vespera, aliquid non possum loqui, praeter quod persecutiones et lamentationes essent; arbitrari possum, quod persequutiones essent piorum{a} gentium, ab instructis. 1747, die 6 Oct. Sic et confirmatur quod venturi ab Arabia, qui pudore afficerent instructos, sicut in Cap. LXVI. Esaj. legitur. Obs: quando lux intellectualis iis aufertur, tunc sunt mali, quod etiam valde questi sunt, at vero dum lux intellectualis affulget, tunc cito convertuntur et sunt boni et chari; aliter instructi.

@1 in ms. facili in facile emendatum〔修正されている〕

@a gentes hic ut alibi masculine dictum〔ここに、他の箇所のように、男性で言われている、とありますが、当然なので、この注の意味がよくわかりません〕

 

(2) 直訳

De gentibus seu non instructis, quod facilius in Regnum Coeleste perveniant quam instructi 異教徒またはえられなかったについて、さらに容易に天界の王国の中へやって来ること、教えられた者よりも

204. Hodie mihi per vivam experientiam ostensum est, quomodo gentes, quoad indolem mali{a}, facilius{1} arripiant fidem, et charitatem exerceant, quam qui instructi fuerunt, 今日、私、生きとした経験によって示された、どのように異教徒が、(生来の)性質に関して悪い者〔異教徒〕、容易に信仰を把握するか、そして仁愛を実践する、教えられた者よりも。

gentes alioquin malae indolis aliquamdiu fuerunt, et plura mala excitarunt, sed ob causam, quod non potuissent audire et percipere ea, quae dicta et loquuta sunt; そうでなければ(意訳します)、悪い(生来の)性質の異教徒が、しばらくいた、また多くの悪をかきたてた、しかし、理由のために、それらを聞くことと知覚することができなかったこと、それらは言われ、話された。

arbitratus sum quod essent mali spiritus, 私った、彼らが悪霊であったこと

postmodum autem, quum lux intellectualis iis ex misericordia Dei Messiae data sit, ut perciperent sicut instructi, inceperunt loqui, et tam pie, inclamantes misericordiam Dei Messiae, et charitatem erga caeteros professi ex corde sunt, けれども、理解力(知的)に神メシアの慈悲から与えられた時、教えられた者のように知覚するために、話すことを始めた、またこのように敬虔に、神メシアの慈悲を懇願して、他の者に対する仁愛を心から示した、

ita admissi, ut interessent, qui tam modeste se praebuerunt, et tam intelligenter ac sapienter, ut non potuissem non mirari, のように許された(入れられた)、間にあるために☆、その者はこれほどに謙虚に自分自身をさし出した、またこれほどに知的にそして賢明に、私が驚かされることができないように。

「何の」間にあるかは、「天界の王国」でしょう。直後には「天界」とあります。

dum contra ii qui instructi, indignati, quod admitterentur, in coelum, ita qui spiritus arbitrati in angelos versi sunt: その時、彼らにしてその教えられた、憤慨した、入れられたこと、天界の中へ、そのように、その者は霊たちが天使に変えられた、と思った――

de persequutiones eorundem hac nocte, et praecedente vespera, aliquid non possum loqui, praeter quod persecutiones et lamentationes essent; このまた先立()この迫害について、何らかのものをすことができない、迫害悲嘆があったこと以外

arbitrari possum, quod persequutiones essent piorum{a} gentium, ab instructis. 私は思うことができる、敬虔な異教徒に、教えられた者から迫害があったこと。

1747, die 6 Oct. 1747106日。

Sic et confirmatur quod venturi ab Arabia, qui pudore afficerent instructos, sicut in Cap. LXVI. Esaj. legitur. このように、また確信された、アラビアからやって来ることになること、その者は恥ずかしさで教えられた者をひき起こす、「イザヤ書」第66章に読まれるように。

Obs: quando lux intellectualis iis aufertur, tunc sunt mali, quod etiam valde questi sunt, 注意☆――理解力の(知的な)光が彼らから取り去られる時、その時、彼らは悪い、そのこともまた大いに不平を言う(苦情を訴える)

Obs. observario(注意・注目)の略語。

at vero dum lux intellectualis affulget, tunc cito convertuntur et sunt boni et chari; しかし、理解力の(知的な)光が照らす時、その時、すぐに回心させられる(変えられる)また善良で愛すべきものである。

aliter instructi. 教えられた者に異なっている。

 

(3) 訳文

異教徒またはえられなかった者が、教えられた者よりも、さらに容易に天界の王国の中へやって来ることについて

 

204. 今日、私、生きとした経験によって示された、性質に関して悪い異教徒が、教えられた者よりも、どのように、容易に信仰を把握し、そして仁愛を実践するか。それほどに悪い性質でない異教徒が、しばらくいて、多くの悪をかきたてた、しかし、それらを聞き、知覚することができなかったの理由のために、それらが言われ、話された。私、彼らが悪霊であるとったけれども、理解力、教えられた者のように知覚するために、彼に神メシアの慈悲から与えられた時、神メシアの慈悲を懇願し、他の者に対する仁愛を心から示して、このように敬虔に話すことを始め、のように天界に入るのが許された、その者はこれほどに知的にそして賢明に、私が驚くしかないほどにも、これほどに謙虚に自分自身をさし出した。

その時、教えられた者は、彼らが天界の中へ入れられ、そのように霊たちが天使に変えられた、と思って、その者たちに対して憤慨した――私このまたこの迫害について、迫害悲嘆があったこと以外すことができない。私に、教えられたから敬虔異教徒迫害があったえる1747106日。

 このように、また確信された、「イザヤ書」第66章に読まれるように、教えられた者に恥ずかしさをひき起こす者がアラビアからやって来ることになることである。

 注意――理解力の光が彼らから取り去られる時、彼らは悪い、そのことに大いに不平を言う、しかし、理解力の光が照らす時、すぐに変えられ、善良で愛すべきものになる。教えられた者には異なっている。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 203

(1) 原文

De spirituum et angelorum statu percipiendi{1} ea quae sunt in corpore et in mundo

 

203.  Status angelorum et spirituum in hominibus, est, ut nihil possint percipere ab iis, quae sunt in sphaeris inferioribus, solum in iis, quibus porta in coelum aperta est, tunc vacare potest homo internis, abductis sensibus ab externis; quod tunc percipiant angeli et spiritus, in causa est, quod ii tunc attrahant quasi perceptiones, et homo cum iis communicet eas per reflexiones, quae sunt quasi invitationes ad percipiendum ea, quae extra eos sunt, hoc permultis confirmatum est, quare angeli et spiritus nihil prorsus percipiunt ab humanis, nisi quantum a Deo Messia, iis datur copia; quod ad reflexionem ut percipiant, multa dicenda forent. 1747, die 4 Oct. st. v.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. percipienda

 

(2) 直訳

De spirituum et angelorum statu percipiendi{1} ea quae sunt in corpore et in mundo それらを知覚する天使たちの状態についてそれらは身体の中と世の中にある

203.  Status angelorum et spirituum in hominibus, est, ut nihil possint percipere ab iis, quae sunt in sphaeris inferioribus, solum in iis, quibus porta in coelum aperta est, 人間の中の天使と霊たちの状態は、〜である、それらから何も知覚することができないような、それらはより低いスフェアの中にある、彼らの中にだけ、その者に天界の中への門が開かれている、

tunc vacare potest homo internis, abductis sensibus ab externis; その時、人間は内なるものに専心する(没頭する)ことができる、感覚で外なるものから引き出されて。

quod tunc percipiant angeli et spiritus, in causa est, quod ii tunc attrahant quasi perceptiones, et homo cum iis communicet eas per reflexiones, quae sunt quasi invitationes ad percipiendum ea, quae extra eos sunt, その時、天使と霊たちは知覚すること、理由の中にいる、彼らは、その時、いわば知覚(知覚対象・知覚されたもの)を引き寄せる、また人間は彼らとそれらを熟考によって伝達する、それらはそれら知覚すべきものへのいわば招待である、それらは彼らの外にある。

hoc permultis confirmatum est, quare angeli et spiritus nihil prorsus percipiunt ab humanis, nisi quantum a Deo Messia, iis datur copia; このことは非常に多くのもので確信された、それゆえ、天使と霊たちは人間からはまったく何も知覚しない、神メシアから〜のかぎりでないなら、彼らに機会が与えられる。

quod ad reflexionem ut percipiant, multa dicenda forent. 知覚するための熟考について、多くのものが言われなければならなかった(接続未完了)☆。

接続法・未完了で書かれているので、このようになっていますが、「述べておくべきであった」⇒「機会があったらいつか述べたい」ということでしょう。

1747, die 4 Oct. st. v. 1747104日に、旧暦。

 

(3) 訳文

身体の中と世にあるもの知覚する天使たちの状態について

 

203.  人間天使たちの状態、天界へのかれているのよりいスフェアのにいるだけにありそれらから知覚することができないようなものその時、人間感覚なるものからされてなるものに没頭することができるようなものであるその時、天使たちは知覚その理由、彼らがその時、いわば知覚対象、人間熟考によってらにそれらを伝達するからであるそれらはらのにある知覚すべきものへのいわば招待であるこのことは非常くのもので確信されそれゆえ、天使たちは人間からは、神メシアから、彼らに機会えられないかぎりまったく知覚しない。知覚するための熟考について、多くのものがわれなければならなかった(いつかべたい)1747104日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 202

(1) 原文

De Summa Malitia diaboli

 

202.  Quod tanta malitia potuerit esse, ut intima Messiae tentare potuisset, apud me cogitavi ! sed a coelo audivi, quod is quia in perfectionis statum creatus est, et inde lapsus{1}, quod nusquam talis malitia, possit percipi, qualis in eo fuit; et quia ea malitia infectus erat Adamus, e paradiso expulsus est, et custodita via ad arborem vitae [Gen. III: 24], nam potest is pervertere unumquemvis hominem; praeter Solum Messiam; nunc autem in vinculis tenetur, modo ejus turba emittitur, quae sic per diabolum, ut vocatur, intelligitur. 1747, die 23 Sept. st. v.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. lap, ubi finis verbi abscissus〔手書き原稿は lap です、動詞の終わりが切断されています〕

この段落は『索引』の Diabolus では次のようになっています。

 Quod pessimum genus diaboli ab instructissimis, sic ab apostatis Ecclesiae antiquissimae, n. 202. (最も悪い種類の悪魔たちは最も教えられた者から、このように最古代教会の背教者から〔の者である〕、202番。)

 

(2) 直訳

De Summa Malitia diabolic 悪魔の最高度(極度)悪意について

202.  Quod tanta malitia potuerit esse, ut intima Messiae tentare potuisset, apud me cogitavi ! それほどの悪意が存在することができること、メシアの最内部を試みることができるような、私のもとで、私は考えた!

sed a coelo audivi, quod is quia in perfectionis statum creatus est, et inde lapsus{1}, quod nusquam talis malitia, possit percipi, qualis in eo fuit; しかし、私は天界から聞いた、完成の状態の中へ(向かって)創造されたので、またここからすべり落ちた、このような悪意は決して知覚されることができないこと、彼の中にあったような。

et quia ea malitia infectus erat Adamus, e paradiso expulsus est, et custodita via ad arborem vitae [Gen. III: 24], また、その悪意にアダムは襲われた(感染した)(inficio)ので、楽園から追放された(expello)、またいのちの木への道は守られた〔創世記3:24〕、

nam potest is pervertere unumquemvis hominem; なぜなら、彼はどの人間もゆがめることができるからである。

praeter Solum Messiam; メシアおひとりを除いて。

nunc autem in vinculis tenetur, modo ejus turba emittitur, quae sic per diabolum, ut vocatur, intelligitur. けれども、今は、抑制の中に保たれている、彼の群れだけが送り出されて(解放されて)いる、それらはこのように悪魔によって、〔彼が〕呼ばれたように、意味されている。

1747, die 23 Sept. st. v. 1747923日に、旧暦。

 

(3) 訳文

悪魔極度悪意について

 

202.  メシアの最内部みることができるようなそれほどの悪意存在することができか、私のもとでえた! しかし、私天界から、完成状態かって創造されここからすべりちたので、彼ったこのような悪意して知覚されることができないことをいたまたアダムはその悪意感染したので、楽園から追放されいのちのへのられた〔創世記3:24〕、なぜなら、彼メシアおひとりをいてどの人間もゆがめることができるからであるけれども、今、抑制たれており、彼れだけがされてそれらは〔彼〕呼ばれたように、悪魔によって意味されている1747923日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 12:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 201

(1) 原文

Odor foedus

 

201.  Quando vera et bona fidei destruuntur et sic obstruuntur, tunc repraesentantur ea per odores foedos, instar stagni, ac instar cadaveris, ita quoque si propter voluptates hominis; quare odor teter et foedus similiter mihi est exhibitus, clausis oculis tempore noctis.

 

(2) 直訳

Odor foedus 不快な臭い

201.  Quando vera et bona fidei destruuntur et sic obstruuntur, tunc repraesentantur ea per odores foedos, instar stagni, ac instar cadaveris, ita quoque si propter voluptates hominis; 信仰の真理と善が破壊され、またこのようにさえぎられる時、その時、それらが不快いによって表象される、池のようなそして死体のようなそのようにまた、もし、人間の欲望のために〔何かが行なわれている〕なら。

quare odor teter et foedus similiter mihi est exhibitus, clausis oculis tempore noctis. それゆえ、忌まわしいまた不快いが同様われた、夜閉ざされて。

 

(3) 訳文

不快

201.  信仰の真理と善が破壊され、このようにさえぎられる時、それらが池のようなそして死体のような不快いによって表象されるそのようにまたもし、人間欲望のために〔何かがなわれているならそれゆえ、忌まわしく不快いが同様われた、目閉じた夜

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 200

(1) 原文

Quod plura interiorum Verbi Dei Messiae,

non ab experientia hujus generis humani, sed ab antiqui et spirituum disci queant

 

200.  Permulta occurrunt in Verbo Dei Messiae, tam Veteris quam Novi Testamenti, quae non possunt non apparere, ac [non] intelligibilia, sed ob causam, quia mutatum prorsus est genus humanum, quod hodie vivit, ab iis, qui vixerunt in Ecclesia antiqua, et postea in primitiva; qui si vixissent, ab experientia et revelatione in se id probe scire potuissent, praeterea etiam a statu spirituum seu animarum humanarum, quae nunc implent ultimam sphaeram coelorum, melius id sciri potest; quae causa est, quod etiam ex iis experientias, rerum hodie quasi obliteratarum, adducere, et sic supplere ignorantiam, liceat: haec in praesentia spirituum, qui indignati sunt, quod ab iis experientia caperetur{1}, 1747, die 15 Sept. st. v., sicut{2} quid ebrius esse, quid erubescere, et similia.

@1 ms. caparetur

@2 ms. v. sicut〔原文ではv.sicutの間に何もなく、[,]を補った〕

 

(2) 直訳

Quod plura interiorum Verbi Dei Messiae, non ab experientia hujus generis humani, sed ab antiqui et spirituum disci queant 神メシアのみことばの内的な多くのものは、この(=現在の)類の経験からではない、しかし、古代〔人〕のまた霊たちの〔経験〕から学ばれることができること

200.  Permulta occurrunt in Verbo Dei Messiae, tam Veteris quam Novi Testamenti, quae non possunt non apparere, ac [non] intelligibilia, sed ob causam, quia mutatum prorsus est genus humanum, quod hodie vivit, ab iis, qui vixerunt in Ecclesia antiqua, et postea in primitiva; 神メシアのみことばの中に非常に数多く出てきている、旧い〔契約〕も新しい契約も、それらは現われないことができない、そして理解できる〔ない〕、しかし理由のために、人類がまったく変わったからである、それは今日生きる。彼らから、その者は古代教会の中で生きた、またその後、原始〔教会〕の中で。

qui si vixissent, ab experientia et revelatione in se id probe scire potuissent, praeterea etiam a statu spirituum seu animarum humanarum, quae nunc implent ultimam sphaeram coelorum, melius id sciri potest; その者はもし〔現在〕生きたなら、経験と啓示から自分自身の中で、そのことをよく知ることができたであろう、ほかに(さらに)たちのまたは人間の霊魂の状態からも、それらは、今や、天界の最外部のスフェアを満たしている、よりよくそのことを知ることができる。

quae causa est, quod etiam ex iis experientias, rerum hodie quasi obliteratarum, adducere, et sic supplere ignorantiam, liceat: それが理由である、彼らからの経験もまた、今日あたかも抹殺されたかのような事柄が、もたらされること、またこのように無知を補うことが、許されている――

haec in praesentia spirituum, qui indignati sunt, quod ab iis experientia caperetur{1}, これらは彼らの居合わせる中で〔書かれた〕、その者は憤慨した、彼ら(=自分たち)から経験が得られていること、

1747, die 15 Sept. st. v., 1747915日に、旧暦。

sicut{2} quid ebrius esse, quid erubescere, et similia. 〜のように、何が「酔っている」ことか、何が「赤面すること」か、また同様のこと。

 

(3) 訳文

メシアのみことばの内的な多くのものは、この(=現在の)類の経験からではなく、古代人や霊たちの経験から学ばれることができること

 

200.  メシアのみことばの、旧約聖書新約聖書、現われそして理解できないものが非常数多てきているそれらは、今日生きる人類、古代教会に、またその後、原始教会に生きたからまったくわってしまったという理由のためである。それらの者がもし〔現在〕生きたなら、経験啓示から自分自身ほかにも、、天界最外部のスフェアをたしているたちのまたは人間霊魂状態からもよりよくそのことをることができたであろうそれが理由であり、彼らからの経験もまた、今日あたかも抹殺されたかのような事柄がもたらされこのように無知うことがされている――これらはらの居合わせる〔書かれ〕、彼らは、経験自分たちからられていることに憤慨した1747915日、旧暦。そのように、「酔っている」ことが何か、「赤面すること」が何か、また同様のこと〔が何か〕。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 199

(1) 原文

De operatione spirituum ac angelorum circa cogitationes humanas

 

199.  Ab experientia confirmatum, quod, nisi spiritus, per quos inferiores hominis cogitationes seu ideae materiales ita dictae{1}, reguntur, simul cogitarent, nec tenerentur in eadem cogitatione cum ea, in qua homo est, dum cogitat vel loquitur, quod homo nequaquam cogitare posset, sed ex turba variarum cogitationum apud spiritus oriretur maxima obscuritas, ut ne hilum potuisset percipere, ne quidem in communibus. Quod autem angelos attinet, cumprimis intimiores ac intimos, ii videntur simul cum homine posse cogitare, quia in sphaera superiore sunt, quam ut eorum cogitationes possint influere ita in mentes humanas, ut eas distraherent, minus confunderent, nam una hominis cogitationis idea, ex indefinitis fere angelorum coelestium ideis potest concinnari, et praeterea, cogitationes angelorum concordes{2} et unanimes sunt, sic nequaquam distrahentes; maxime ideo delectantur homine fidem accipiente, nam tunc in{3} cogitationes ejus cum coelesti gaudio influere possunt, quapropter dictum est a      {4} quod angeli valde laetentur ex homine se resipiscente [Luc. XV: 7, 10], hoc est, homine fidem accipiente. 1747, die 5 Sept. st. v.

@1 sic J.F.I Tafel; ms. dicta

@2 ms. concodes

@3 ms. cum

@4 ms. spatium non impletum; J.F.I. Tafel [Deo Messia]〔間隔が満たされていない、ターフェルは Deo Messia を補うとしている〕

 

(2) 直訳

De operatione spirituum ac angelorum circa cogitationes humanas 人間の思考に関して霊そして天使たちの働き(作用)について

199.  Ab experientia confirmatum, quod, nisi spiritus, per quos inferiores hominis cogitationes seu ideae materiales ita dictae{1}, reguntur, simul cogitarent, nec tenerentur in eadem cogitatione cum ea, in qua homo est, dum cogitat vel loquitur, quod homo nequaquam cogitare posset, sed ex turba variarum cogitationum apud spiritus oriretur maxima obscuritas, ut ne hilum potuisset percipere, ne quidem in communibus. 経験から確信された、〜こと、霊たちが、その者によって人間の低い思考または物質的な観念を、そのように言われる、支配され、一緒に考え、それらとともに同じ思考の中に保たれもしないなら、その中に人間がいる、考えるかあるいは話す時、人間は決して考えることができないこと、しかし、霊たちのもとのいろいろな思考の群れから最大の暗さ(不明瞭)が起こる、少しも知覚することができないような、全般的なものの中でさえ〔でき〕ない。

Quod autem angelos attinet, cumprimis intimiores ac intimos, ii videntur simul cum homine posse cogitare, quia in sphaera superiore sunt, quam ut eorum cogitationes possint influere ita in mentes humanas, ut eas distraherent, minus confunderent, けれども、天使たちについては、特に、さらに内的な者そして最内部の者、彼らは人間と一緒に考えることができること、さらに高いスフェアの中にいるからである、彼ら(天使たち)の思考がそのように人間の心の中に流入することができるようなよりも、それらを引き離すような、まして混乱させる。

nam una hominis cogitationis idea, ex indefinitis fere angelorum coelestium ideis potest concinnari, et praeterea, cogitationes angelorum concordes{2} et unanimes sunt, sic nequaquam distrahentes; なぜなら、人間の思考の一つの観念は、天的な天使のほとんど無限の観念から構成されることができるからである、またほかに(さらに)、天使たちの思考は一致しているまた和合している、このように決して引き離されない。

maxime ideo delectantur homine fidem accipiente, nam tunc in{3} cogitationes ejus cum coelesti gaudio influere possunt, それゆえ、〔天使たちは〕人間に受け入れられた信仰を最大に喜ばされる、なぜなら、その時、彼の思考の中に天界の楽しさとともに流入することができるからである。

quapropter dictum est a      {4} quod angeli valde laetentur ex homine se resipiscente [Luc. XV: 7, 10], hoc est, homine fidem accipiente. そのために、〔神メシア☆〕により言われている、天使たちは大いに喜ばされること、自分自身を悔い改めた人間から〔ルカ15:7, 10〕、すなわち、人間に受け入れられた信仰を

原文でここは空白であり、J.F.I. Tafel は「神メシア」を補っています。

1747, die 5 Sept. st. v. 174795日に、旧暦。

 

(3) 訳文

199.  経験から確信された、人間思考または物質的観念そのようにわれるが、霊たちによって支配され、〔霊たちと〕一緒それらとともに思考たれもしないなら、考えるかあるいは時、その人間してえることができないことしかし、霊たちのもとのいろいろな思考れから、全般的なもののでさえ、少しも知覚することができないような、最大(不明瞭)こる

 けれども、天使たち、特さらに内的なそして最内部天使については、彼らは人間一緒えることができる、彼(天使たち)それらをすようにまして混乱させるように人間流入することができるようなものよりもさらにいスフェアのにあるからであるなぜなら、人間思考つの観念、天的天使のほとんど無限観念から構成されほかにも、天使たちの思考一致、和合このようにしてされることができないからであるそれゆえ、〔天使たちは〕人間れられた信仰最大なぜならその時、彼思考天界しさとともに流入することができるからであるそのために、〔神メシア☆〕により、天使たちは悔い改めた人間を、すなわち、人間に受け入れられた信仰を大いに喜ぶ、と言われているルカ15:7, 10〕。174795日、旧暦。

 

ここの原文は空白であり、J.F.I. Tafel は「神メシア」を補っています。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
原典講読『霊界体験記』 198

(1) 原文

Quod omnes spiritus et homines vinculis teneantur

 

198.  Quod saepissime observavi, erat, quod omnes spiritus vinculis tenerentur, nempe talibus vinculis quae coercerent, ne in libidines et cupiditates erumperent, una spirituum species{1} alio vinculo quam altera, et quousque licentia iis conceditur ruunt, sic in immensum, ni{2} tenerentur in vinculis convenientibus a Deo Messia, similiter etiam angeli, unusquisque enim, sicut homines{3}, radicitus malus est; hodie etiam comperii{a}, quod unus spiritus, dum ei vinculum relaxaretur, quod in altum volaret, et usque altius cuperet, sique ei licuisset secundum libidinem evolare, non dubito quin rumperetur, seu in nihilum laberetur, nam spiritus sicut homo, non desistit, a cupiditatis{4} suae aestu, antequam rumpitur, si ei licentia daretur, secundum impetum suae libidinis erumpere. 1747, die 5 Sept. st. v.

@1 sic J.F.I. Tafel ms. specie

@2 ms. ne ut apparet

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. homine

@4 sic J.F.I. Tafel; "cupiditatis pro cupiditats"

@a = comperi

 

(2) 直訳

Quod omnes spiritus et homines vinculis teneantur すべての霊と人間たちは抑制に保たれること

198.  Quod saepissime observavi, erat, quod omnes spiritus vinculis tenerentur, nempe talibus vinculis quae coercerent, ne in libidines et cupiditates erumperent, una spirituum species{1} alio vinculo quam altera, 極めてしばしば私は観察した、それがあった、すべての霊たちが抑制に保たれていること、すなわち、このような抑制に、それは抑制(制限)する、情欲(欲望)と欲望の中に突発しないように、霊たちのある種類に〔よって〕他の抑制が〔あり〕、それを他の者〔にある〕、

et quousque licentia iis conceditur ruunt, sic in immensum, ni{2} tenerentur in vinculis convenientibus a Deo Messia, また、許(放縦)が彼らに切り分けられる間に、突進する、このようにはてしなく、神メシアにより適切な抑制の中に保たれすらしない。

similiter etiam angeli, unusquisque enim, sicut homines{3}, radicitus malus est; 天使たちも同様である、というのは、それぞれの者が人間のように、根源で(根っこで)悪であるから。

hodie etiam comperii{a}, quod unus spiritus, dum ei vinculum relaxaretur, quod in altum volaret, et usque altius cuperet, sique ei licuisset secundum libidinem evolare, non dubito quin rumperetur, seu in nihilum laberetur, 今日もまた、私は知った、ひとりの霊が、彼に抑制がゆるめられる時、高いところへ飛ぶこと、またそれでもさらに高いところを欲する、そしてもし彼に情欲(欲望)にしたがって飛び出すことが許されたなら、私は疑わない、むしろ粉砕される、または無へ陥ること、

nam spiritus sicut homo, non desistit, a cupiditatis{4} suae aestu, antequam rumpitur, si ei licentia daretur, secundum impetum suae libidinis erumpere. なぜなら、霊人間のように、断念しない(やめない)らである、自分える欲望から、粉砕されるもし、彼(放縦)えられるなら、自分情欲(欲望)衝動突発することにしたがって

1747, die 5 Sept. st. v. 174795日に、旧暦。

 

(3) 訳文

すべての人間たちは抑制たれること

 

198.  極めてしばしば私は、すべての霊たちが抑制に保たれていることを観察した、すなわち、情欲と欲望の中に突発しないように制限)するような抑制であり、その抑制は、霊たちの種類によってさまざまであり、彼らに(放縦)がある間、神メシアにより適切な抑制の中に保たれすらしないようにも、はてしなく突進する。天使たちも同様である、というのは、それぞれの者が人間のように、根っこでは悪であるから。今日もまた、私は知った、ある霊が、抑制がゆるめられる時、高いところへ飛ぶこと、さらに高いところへ飛ぶこと欲することである、そしてもしその霊に情欲にしたがって飛び出すことが許されたなら、私は、むしろ粉砕されるかまたは無へ陥ることを疑わない。なぜなら、霊人間のように、自分える欲望からもし、自分(放縦)えられるなら、自分情欲衝動突発することにしたがって、粉砕されるやめないからである174795日、旧暦。

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark