RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 399

(1) 原文

Quod mali spiritus permissive queant inducere fere quemcunque sensum,

quasi coelestem, cum tamen mentitus sit et externus

 

399.  Hodie in vigilia noctis pessimi spiritus{1}, qui destruere conati sunt coelestia, inducebant mihi sensum delicatum, qui aemularetur sensum delitiarum coelestium, tum etiam sensum delitii conjugialis, usque ut vix differentia discerneretur, sed admonitus didici quod ea omnia ficta ac mentita essent; id enim ex voluptate eorum coelestia destruendi suis modis capiebant, et transferebant in me, ut prius videas [379], ita homo nusquam discernere potest inter diabolica et coelestia, nisi ex Deo Messia, proinde nisi per fidem in Deum Messiam. 1747, d. 25 Dec.

@1 ms. a pessimis spiritibus〔手稿は、最悪の霊たちにより〕⇒これを変えています。

 

(2) 直訳

Quod mali spiritus permissive queant inducere fere quemcunque sensum, quasi coelestem, cum tamen mentitus sit et externus 悪霊しによってほとんどどんな感覚でもひきこすことができることあたかも天界のもののようにそのときそれでも、偽りのものまたなるものである

399.  Hodie in vigilia noctis pessimi spiritus{1}, qui destruere conati sunt coelestia, 今日、最悪目覚めのいた〕☆、その者は天界のものを破壊することを努力した(conor)

このように変えています、すなわち、意訳すれば「夜、最悪の霊により〔私は〕目覚めた」です。これもありえますが、アクトン訳のように原文を保って「最悪の霊たちにより〔悩まされた〕」と補うほうがよいでしょう。

inducebant mihi sensum delicatum, qui aemularetur sensum delitiarum coelestium, tum etiam sensum delitii conjugialis, usque ut vix differentia discerneretur, 私優雅(豪奢)感覚をひきこしたそれは天界歓喜感覚模倣していたなおまた結婚歓喜感覚もまたそれでもほとんど相違見分けられないように

sed admonitus didici quod ea omnia ficta ac mentita essent; しかし、警告され〔てい〕た私は学んだ(disco)、それらすべてのものは作られたもの(作り事)と偽造されたもの(でっちあげられたもの)であったこと。

id enim ex voluptate eorum coelestia destruendi suis modis capiebant, et transferebant in me, ut prius videas [379], というのはそれをらは天界破壊しようとするらの意志から自分方法獲得したからまたしたあなたが以前るように379〕、

ita homo nusquam discernere potest inter diabolica et coelestia, nisi ex Deo Messia, proinde nisi per fidem in Deum Messiam. そのように、人間は悪魔のものと天界のものの間に(を)決して見分けることができない、神メシアからでないなら、したがって(それゆえに)、神メシアへの信仰によってでないなら。

1747, d. 25 Dec. 17471225日。

 

(3) 訳文

悪霊、許しによってあたかも天界のもののようにほとんどどんな感覚でもひきこすことができることそのときそれでも、偽りのものまたなるものである

 

399. 今日、夜の目覚めの中で、天界のものを破壊することに努力した最悪たちにより〔悩まされた〕。

私に優雅な感覚をひき起こし、それは天界の歓喜の感覚を、なおまた結婚の歓喜の感覚もまた模倣していた、ほとんど相違を見分けられないように。しかし、警告されていた私は、それらすべてのものは作られたものと偽造されたものであった、と学んだ。というのは、あなたが以前に見るように〔379番〕、それを彼らは天界を破壊しようとする彼らの意志から自分の方法で獲得し、また私の中に移したたからである。そのように、、神メシアからでないなら、それゆえに、神メシアへの信仰によってでないなら、人間は悪魔のものと天界のもの決して見分けることができない。17471225日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 22:33
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 398

(1) 原文

De Permissionibus

 

398.  Permissionum doctrina est integra doctrina, qui non permissiones intelligit, aut de permissionibus concludit, is in dubia et negativa de potestate Dei Messiae super Universum labitur; sed hoc sciendum, quod absque permissione nemo queat reformari, nam opposita inducenda sunt, ut existant formae veri, et boni, quae ab oppositis trahunt{1} suam{2} existentiam, ita perceptionem, et similia: inde tentationes, vastationes, punitiones, persecutiones fidelium ac fidei, et plura: verbo absque permissione malorum, quae sano sensu intelligenda est, nusque{b} regenerari potest homo, et perduci ad facultates, ut a Deo Messia flecti queat ad bonum, cum aliqua perceptione, proinde cum aliqua felicitate. 1747 die 25 Dec.

@1 imperfectum in ms.

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. suum

@b = nusquam (vide annotationem ad [349a])nusquam に同じ、[349a]の注参照〕

とあります、そして[349a]の注には = nusquam (vide prefationem hujus editionis sub catite “Orthography”)とあります。すなわち、この版(=)の序文の「正しい綴り方」の章を参照、となっています。

すなわち、スヴェーデンボリはいろいろな綴り方をしており、これもその一つであるといことです。

 

(2) 直訳

De Permissionibus 許しについて

398.  Permissionum doctrina est integra doctrina, 許しの教えは正しい(公正な)教えである。

qui non permissiones intelligit, aut de permissionibus concludit, is in dubia et negativa de potestate Dei Messiae super Universum labitur; 許しを理解しない、または許しについて〔正しく〕結論する(ない)者は、彼は全世界の上の(支配している)メシアの力について疑いや否定の中に陥る。

sed hoc sciendum, quod absque permissione nemo queat reformari, しかし、このことを知らなければならない、許しなしにだれも改心されることができないこと、

nam opposita inducenda sunt, ut existant formae veri, et boni, quae ab oppositis trahunt{1} suam{2} existentiam, ita perceptionem, et similia: なぜなら、対立するものがひき起こされなければならないからである、善と真理の形が存在するようになるために、それらは対立するものから、その存在を、そのように知覚を、また同様のものを得る――

inde tentationes, vastationes, punitiones, persecutiones fidelium ac fidei, et plura: ここから、忠実な信者たちの、また信仰の、試練、荒廃、罰、迫害が、また多くのものが〔ある〕――

verbo absque permissione malorum, quae sano sensu intelligenda est, nusque{b} regenerari potest homo, 一言でいえば、悪の許しなしに、それは健全な意味で理解されなければならない、人間は決して☆再生されることができない、

注参照。

et perduci ad facultates, ut a Deo Messia flecti queat ad bonum, cum aliqua perceptione, proinde cum aliqua felicitate. まは能力へ導かれること、神メシアにより善へ曲げられる(そらされる)ことができるような、何らかの知覚ともに、したがって(それゆえに)何らかの幸福とともに(といっしょに)

1747 die 25 Dec. 17471225日に。

 

(3) 訳文

しについて

 

398.  しのえは公正えである。許しを理解しないまたはしについて〔正しく〕結論ない、全世界支配しているメシアのについていや否定しかし、許しなしにだれも改心されることができないことをらなければならないなぜなら、善真理存在するようになるために、対立するものがひきこされなければならなずそれらは対立するものからその存在そのように知覚また同様のものをるからである――ここから、忠実な信者たちの、また信仰の、試練、荒廃、罰、迫害、また多くのものがある――一言でいえば、悪の許しなしに、それは健全な意味で理解されなければならないが、人間は決して再生することが、まは、神メシアにより何らかの知覚ともに、したがって何らかの幸福とともに、善へそらされることができるような、能力へ導かれることができない。17471225日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 05:05
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 397

(1) 原文

Visio diurna, de iis qui comessationibus dediti sunt, et sic carni indulgent

 

397.  In media die circa prandium, mecum loquutus est angelus, qui mecum, quod non nimis indulgerem ventri circa mensam; dum penes me erat, tunc apparuit mihi clare sicut vapor exundans e poris corporis, sicut aqueus maxime visibilis, qui versus terram delapsus, ubi tapete{1} erat visus, super quem collectus vapor in vermiculos diversos vertebatur, qui collecti sub mensam, momento cum strepitu seu sonitu deflagrabant; lumen igneum visum est mihi, et sonitus auditus, [ego] arbitrans{2} quod sic omnes vermiculi e corpore meo ejecti, qui ex appetitu immodico possunt generari, combusti essent, et quod ego tunc ab iis mundatus fuerim. Inde concludi potest, quid lautitiae et similia in sinu ferunt. 1745, April. [vide [93a]]. {a}

@1 ms. forte tapeta

@2 vide praefationem hujus editionis sub capite "Idiosyncrasies"

@a vide etiam R.L. Tafel. Documents, vol. 11, pag. 35-36

 

(2) 直訳

Visio diurna, de iis qui comessationibus dediti sunt, et sic carni indulgent 昼間幻、それらについて、宴会でいっぱいにめられた(した)者、またこのように(肉欲)でほしいままにしている(ふけっている)

397.  In media die circa prandium, mecum loquutus est angelus, qui mecum, quod non nimis indulgerem ventri circa mensam; 日の真ん中の中で、昼食の頃、天使が私と話した、その者は私と〔いた〕、あまりに私がふけらないこと、胃で食事に関して(食卓の周囲で)

dum penes me erat, tunc apparuit mihi clare sicut vapor exundans e poris corporis, sicut aqueus maxime visibilis, qui versus terram delapsus, ubi tapete{1} erat visus, super quem collectus vapor in vermiculos diversos vertebatur, 私の面前にいたとき、その時、私にはっきりと見えた、身体の毛穴から出ている蒸気のように、最高度に見られる水のように、それは地に向かって落下した、そこにじゅうたんが見られた、その上に蒸気が集められ、いろいろな小さい虫に変えられた、

qui collecti sub mensam, momento cum strepitu seu sonitu deflagrabant; 食卓の下に集められたそれらは、一瞬に、騒音、すなわち、音とともに、燃え尽きた。

lumen igneum visum est mihi, et sonitus auditus, 火のような光が私に見られた、また音が聞かれた。

[ego] arbitrans{2} quod sic omnes vermiculi e corpore meo ejecti, qui ex appetitu immodico possunt generari, combusti essent, et quod ego tunc ab iis mundatus fuerim. 〔私は〕思っている☆、このようにすべての小さい虫が私の身体から追い出されること、抑制されない食欲から生まれることができた、焼き尽くされた、また私がその時、それらから清潔にされたこと。

注にありますが、著者は文法的にこのような書き方をする、ということです、通常は「(私は)思う」。

Inde concludi potest, quid lautitiae et similia in sinu ferunt. ここから結論されることができる、何が、美味なもの(ごちそう)や同様のものは内部に、抱くか。

1745, April. [vide [93a]]. {a} 17454月。〔[93a]参照〕

 

(3) 訳文

昼間幻、宴会〔心が〕いっぱいにめられた者、またこのように肉欲にふけっている者について

 

397. 真昼の昼食頃、私といた天使、食事して、私があまりにでふけらないようにとそのことをした。〔天使〕私面前にいた時、私にはっきりと、身体毛穴からている蒸気のように、最高度られるのようにえたものがじゅうたんがられたそこのかって落下その蒸気められいろいろなさいえられた食卓の下に集められたそれらは、一瞬に、騒音、すなわち、音とともに、燃え尽きた。火のような光が見られた、音が聞かれた。〔私は〕抑制されない食欲から生まれることができたこのようなすべての小さい虫が私の身体から追い出された、焼き尽くされた、その時、私がそれらから清潔にされた、と思った。

 ここから、ごちそうや同様のものは内部に何を抱いているか、結論されることができる。17454月〔[93a]参照☆〕。

 

[93a]とその前の文を(その訳とともに)以下に紹介します(これは『聖言の講解』三五五七番です)

1956. Sunt itaque hae ranae, quae prodierunt ex flumine supra dicto, et contregatae sunt in flumen damnatum, a parte Aegytiorum, hoc est, Harmagedon; ita nunc agitur de spiritubus immundis infimae sortis, nempe quae infimas paetes hominis regunt, seu ultimas, queque excitant cupiditates quae propriae sunt corporis et sanguinis, et vocanur voluptates sensuum, et merae corporeae, proprie luxuries variae corporis, ex gustu; hi spiritus immundi sunt qui vocntur “ranae,” quae sunt majora insecta, diversae figurae; quae similiter appa-

[93a.] 1957. ruerunt, mihi, quondam, dum exirent, et quidem manifeste, ut eas repentes ante oculos meos viderem, et mox congregatae in unum, tunc quasi ignis erant, et dissiliebant cum sonitu, qui ad aures meas audiebtur, sicut crepitus, cum diffrengeretur: locus is postea lustratus erat: ac erat Londini, mensa Aprili 1745. Per poros, sicut fumus erumpebat, sed in solo apparebant sicut totodem vermes serpentes, magna copia.

[参考記事]『聖言の講解』三五五七番(「出エジプト記」第八章の講解)から

 それゆえ、これらのカエルは、先に語られた川から現われたものであるが、罪ありとされるエジプト人の側からその川の中へ、すなわち、ハルマゲドンへ一緒に集められたのである。こうして、ここでは最低の種類の不潔な霊を、すなわち、肉体や血の快楽、また感覚の快楽と呼ばれ、そうして味覚からのいろいろな贅沢に特有な、単なる肉体的な喜びといった欲望をかきたて、人間の最低または先端部を支配する、不潔な霊を扱っている。これらの不潔な霊は人間の最外部または単なる肉体的な部分を支配し、それらはさまざまな形の大きな種類の昆虫(insectum)であって、「カエル」と呼ばれる。これと同じようなものが〔ここから字下がり記事 93a.

私に現われ、出現したとき、それは非常にはっきりとしたものであって、それらは私の目の前で這い、すぐにひとかたまりとなった。そのとき燃え出し、音とともに破裂した。私の耳に打ち砕くときのような音が聞こえた。その後その場所は清められた。一七四五年四月、ロンドンでのことである。毛穴から蒸気のようなものが出たが、床には多くの這う虫(vermis)が、大群となって現われた。

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:34
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 396

(1) 原文

Comparatio indolis cum arboribus et fructibus

Quod nihil in mundo detur, quod non est repraesentatio coelestium, et quasi effectus spiritualium

 

396.  Quaecunque in regno vegetabili, et in animali sunt, repraesentationes et quasi effectus sunt spiritualium et coelestium, et quidem in innumerabili varietate, nam naturalia nusquam existere potuerunt, ita nec subsistere nisi a spiritualibus, quod innumeris potest demonstrari; hic solum quomodo indoles formatur in homine dum venit{a}, id conspicitur in arboribus, earumque fructibus, sicut in pomis, aliisque, superficies seu cortex est mater fructus interiorum, seu nucleorum, per superficies et inde extensas fibras, formantur omnia interiora, sapor refert jucunditatem; postquam interiora a superficie per fibras undequaque ramificatas formata sunt, tunc ut in amygdalis separantur crustae, et remanent nuclei, ad similitudinem eorum quae fiunt in hominis formatione a cognitionibus, sic ab intellectualibus, inde indoles trahitur, quae est instar nuclei ita formati, ex nuclei sapore constat qualis succus seu vita fuerit. Haec in praesentia angelorum et spirituum scripta sunt. 1747, die 25 Dec.

Quia indoles seu animae humanae pleraeque sunt similes immaturis et tetris fructibus, quorum odor est putidus, ideo non possunt aliter assimilari ac quod reformari debeant in bona terra.{1}

@a h.e. crescit

@1 haec paragraphus ob lineas fortiores potius deleta videtur

☆この段落は☆印以降が交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

Comparatio indolis cum arboribus et fructibus 木との〔人間〕性質比較(類似)

Quod nihil in mundo detur, quod non est repraesentatio coelestium, et quasi effectus spiritualium 世の中に何も存在することができないこと、天界の表象でないもの、またいわば霊的なものの結果

396.  Quaecunque in regno vegetabili, et in animali sunt, repraesentationes et quasi effectus sunt spiritualium et coelestium, et quidem in innumerabili varietate, 植物界また動物〔界〕のどんなものでも、表象またいわば結果である、霊的なものと天的なものの、実際、無数多様性

nam naturalia nusquam existere potuerunt, ita nec subsistere nisi a spiritualibus, quod innumeris potest demonstrari; なぜなら、自然的なものは決して存在するようになることができないから、そのように存在し続けることも、霊的なものからでないなら、そのことは無数のもので示される(証明される)とができる。

hic solum quomodo indoles formatur in homine dum venit{a}, id conspicitur in arboribus, earumque fructibus, sicut in pomis, aliisque, ここに、どのように人間の中に性質が形作られるかだけを〔示そう〕、やって来る☆時、そのことは木の中に認められる、そしてそれれらの実の〔中に〕、リンゴの中のように、そして他のものの、

「やって来る」は、venio には「進む、達する」の意味があります。注にあるように「成長する」もよいかもしれません。

superficies seu cortex est mater fructus interiorum, seu nucleorum, per superficies et inde extensas fibras, formantur omnia interiora, sapor refert jucunditatem; 表面、すなわち、樹皮は実の内的なものの、すなわち、種の母である、表面またここから伸びている(広がっている)維によって、すべての内的なものが形作られる、味(風味)は快さに関わりがある(映し出す、似ている)

postquam interiora a superficie per fibras undequaque ramificatas formata sunt, tunc ut in amygdalis separantur crustae, et remanent nuclei, 内的なもの(内部)が表面から、あらゆる方向へ枝分かれした繊維によって形作られた後に、その時、アーモンドの中のように殻が分離される、また実が残る。

ad similitudinem eorum quae fiunt in hominis formatione a cognitionibus, sic ab intellectualibus, inde indoles trahitur, quae est instar nuclei ita formati, それらの類似性について(によって)、それらは認識から、そのように知性(知的なもの)ら人間の形成の中で生じる、ここから性質が得られる、それらは種のようにそのように形作られる、

ex nuclei sapore constat qualis succus seu vita fuerit. 種の味(風味)から、液汁、すなわち、生活がどんなものであったか、明らかである。

Haec in praesentia angelorum et spirituum scripta sunt. これらは天使と霊の居合わせる中で書かれた。

1747, die 25 Dec. 17471225日に。

Quia indoles seu animae humanae pleraeque sunt similes immaturis et tetris fructibus, quorum odor est putidus, 人間の性質、すなわち、霊魂は、大部分は同様である(似ている)、未熟なまたきたない(まずい)実に、それらの臭いは腐臭である。

ideo non possunt aliter assimilari ac quod reformari debeant in bona terra.{1} それゆえ、異なってたとえられることができない、そして良い地の中で作り直され(改心され)ければならないこと。

 

(3) 訳文

との〔人間〕性質類似

天界を表象するものやいわば霊的なものの結果でないものは世の中に何も存在することができないこと

 

396. 植物界動物界のどんなものでも、実際、無数多様性、霊的なものと天的なものの表象またいわば結果である。なぜなら、自然的なものは霊的なものからでないならして存在するようになることがそのように存在けることもできないからでありそのことは無数のものでされることができるここに、〔人間が〕成長する時、どのように人間性質形作られるかだけを〔示そう〕、そのことはリンゴそしてのものののように、木そしてそれれらのめられる。表面、すなわち、樹皮、実内部すなわち、種であり、表面やここからびているによってすべての内部形作られ、味さにている。内部表面からあらゆる方向枝分かれした繊維によって形作られたその時、アーモンドののように分離され、実それらの類似性についてそれらは認識からそのように知性人間形成ここから性質られそれらはのようにそのように形作られる種の味から、液汁、すなわち、生活がどんなものであったか、明らかである。

 これらは天使と霊の居合わせる中で書かれた。17471225日。

人間の性質、すなわち、霊魂は、〔その〕大部分は、未熟なまたまずい実と同様であり、それらの臭いは腐臭である。それゆえ、良い地の中で作り直され(改心され)ければならないことと異なってたとえられることができない。

author:yasubee, category:霊界体験記, 10:08
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 395

(1) 原文

Quod jucunditates ab uno in plures transmitti queant

 

395.  Hoc mirabile est in altera vita, quod non solum communicari queant jucunditates unius cum pluribus aliis per loquelam et expressiones, indeque sequentes secundum cujusvis genium sensationes; sed etiam quod jucunditates{1}, per realem transmissionem in alios, eos afficere queant; quod originem trahit a conjugio coelesti: inde conjugiorum terrestrium delitiae, ac communicationes inter conjuges. 1747, die 25 Dec.

(m) In coelo fit a Domino, per loquelae{2} ideas, tum per mutuum amorem eorum, quod quisque respiciat{3} seu desideret bonum alterius, quod est transmissio a Domino. (n)

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. jucunditas

@2 ms. loquae

@3 A.W. Acton, The Spiritual Diary, p. 113 ad annotationem 1 Winnar〔英訳者アクトンの『霊界日記』113ページの注1 Wnnar〔とある〕と書かれています〕その注によれば、このrespiciat はラテン原文では vunar であるとしています、しかし本書ではそのことに触れていませんし、わかりません(⇒なので省略します)。なお vunar はスウェーデン語 winner の誤読としています。またこの欄外の文は「索引」をつくっているときに加えられた、とも書かれています。

☆この段落は標題を含めて欄外部分も交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

Quod jucunditates ab uno in plures transmitti queant 快さはひとりの者から多くの者の中へ伝えられることができること

395.  Hoc mirabile est in altera vita, quod non solum communicari queant jucunditates unius cum pluribus aliis per loquelam et expressiones, indeque sequentes secundum cujusvis genium sensationes; 来世の中でこれは驚くべきことである、ひとりの者の快さが他の多くの者に話すこと(発言)表現によって伝達されることができる、そしてここからそれぞれの者の感覚の性質(性向)にしたがって続くもの、だけでないこと。☆ ここは句読点がセミコロン(;)となっていますが、続けた方がよいと思います(すなわち、コンマ(,)と見なす)non solum sed etiam の構文となっているからです(英語ならば not only ~ but also)

sed etiam quod jucunditates{1}, per realem transmissionem in alios, eos afficere queant; しかし、さらにまた快さは、他の者の中への実在する(真の)送ること(伝えること)によって、彼らを働きかける(感動させる)ことができる。

quod originem trahit a conjugio coelesti: そのことは起源を天界の結婚から得ている。

inde conjugiorum terrestrium delitiae, ac communicationes inter conjuges. ここから地上的な結婚の歓喜が、そして配偶者(conjux)たちの間の伝達〔がある〕。

1747, die 25 Dec. 17471225日に。

(m) In coelo fit a Domino, per loquelae{2} ideas, tum per mutuum amorem eorum, quod quisque respiciat{3} seu desideret bonum alterius, quod est transmissio a Domino. (n) 〔欄外に〕天界の中で〔このことは〕主により行なわれる、話すことの観念を通して、なおまた彼らの相互愛を通して、それぞれの者が他の者の善に留意する、すなわち、望むこと、そのことは主による送ること(伝えること)である。

 

(3) 訳文

さはひとりからくのえられることができること

 

395.  来世ひとりのさがくの発言表現、そしてここからそれぞれの感覚性質にしたがってくものによって伝達されることができるだけではなく、しかしさらにまたさは、他へのえることによって、彼らにきかけることができることはくべきことであるそのことは起源天界結婚からているここから地上的結婚歓喜がありそして配偶者たちの伝達がある17471225日。

〔欄外に〕天界の中で、このことは主により、話すことの観念を通して、なおまた彼らの相互愛を通して、それぞれの者が他の者の善に留意する、すなわち、望むことが行なわれ、そのことは主による伝えることである。

author:yasubee, category:霊界体験記, 22:41
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 392〜394

(1) 原文

Quod idololatrae, sicut Africanae{1}, et similes, post vitam corporis, miris phantasiis regantur, et sic devastentur

 

392.  Ostensum mihi est per visionem, quales phantasiae post mortem manent apud eos qui idololatrae sunt, seu qualis vita eos sequitur, sibi videntur in obscura animalcula verti, et inhabitare parvas domulas ex argilla constructas, inde egrediuntur et revertuntur, sic vitam agunt satis contentam, modo ne infestentur ab iis qui destruunt eorum tuguriola lutea, sunt enim ii quos{2} vocant diabolos, qui{3} apparentes mihi facie quidem humana erant, sed usque immiti, seu implacabili, ut dicunt, ii destruunt domulas eorum, ac eos lacerant, et sicut feles insectantur et mordent, quos multum timent, inde sic proficiscuntur, et alibi exstruunt domulas, sed similiter infestantur, usque dum vitae infimae istius taedio afficiuntur: interea cultum habent correspondentem cultui eorum idololatrico, est enim basis marmorea, super quam similes vitae{b} circumferuntur, eos ex corde adorant.

@1 sic ms.

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. qui

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. quae

@b h.e. vivis

 

393. Postquam taedio istius vitae ex crebris lanienis et infestationibus affecti sunt, tunc in meliorem statum transmittuntur, et quidem ut sibi videntur in corpora humana, sed facies singarum{a}, vel apiniors{1}{b}, qui antrorsum et retrorsum flecti possint, et sic se circumspicere, ne quid damni iis accidat, ab hostibus, quos fugerant, tunc pulchras inhabitant domos, et quasi parva palatia; et postquam hanc vitam degerunt, tunc evanescunt, nam tunc vastatio eorum peracta est, et ii obliti prorsus vitae prioris, in mundo, ita idololatriae, ac instruuntur, sic renovantur.

@a = simiarum (vox post-classica ex gallica singe)=サルの〕〔フランス語singe(サル)からの後期古典語のことば〕

@1 ms. apinior

@b = simiarum [generis majoris] (vox suecica)〔大きな属の〕サルの、(スウェーデン語)

 

394. Praeterea etiam alii sunt, qui circum magnum cygnum, seu cygnum in altum valde extensi colli, consociati, sequuntur, talis phantasia regnat apud eosdem, qui docti sibi videntur in vita corporis. 1747, die 25 Dec.

 

(2) 直訳

Quod idololatrae, sicut Africanae{1}, et similes, post vitam corporis, miris phantasiis regantur, et sic devastentur 偶像崇拝者アフリカのようなまた同様者、身体死後、驚くべき幻想支配されるまたこのようにらされる(〔霊的性質〕破壊される)こと

392.  Ostensum mihi est per visionem, quales phantasiae post mortem manent apud eos qui idololatrae sunt, seu qualis vita eos sequitur, 私に幻によって示された、どのような幻想が、死後、彼らのもとに残るか、その者は偶像崇拝者である、すなわち、どのような生活が彼らを続く(従う)

sibi videntur in obscura animalcula verti, et inhabitare parvas domulas ex argilla constructas, inde egrediuntur et revertuntur, 自分自身に見られる、暗い色の小さな動物に変えられること、また粘土からの(できた)小さい小さな家に住んでいること、ここから出て行く、また戻る、

sic vitam agunt satis contentam, modo ne infestentur ab iis qui destruunt eorum tuguriola lutea, このように、十分に満足した生活を送る、〜さえすれば、彼らにより悩まされないように、その者は彼らの泥の小屋を破壊する、

sunt enim ii quos{2} vocant diabolos, qui{3} apparentes mihi facie quidem humana erant, sed usque immiti, seu implacabili, というのは彼らがいるから、その者を悪魔と呼んでいる、その者は、外見で、私に〔とって〕、確かに人間の顔であった、しかし、それでも獰猛で、すなわち、無慈悲〔であった〕、

ut dicunt, ii destruunt domulas eorum, ac eos lacerant, et sicut feles insectantur et mordent, quos multum timent, 彼らが言うように、彼らは彼らの小さな家を破壊する、そして彼らを引き裂く、またネコのように追う、またかむ、彼らを大いに恐れる、

inde sic proficiscuntur, et alibi exstruunt domulas, ここから、このように旅立つ、また他の場所に小さな家を建てる、

sed similiter infestantur, usque dum vitae infimae istius taedio afficiuntur: しかし、同様に悩まされる、その最低の生活に飽きる(ことに)感情をひき起こされる時まで――

interea cultum habent correspondentem cultui eorum idololatrico, その間に、彼らの偶像崇拝の礼拝に対応する礼拝を持つ、

est enim basis marmorea, super quam similes vitae{b} circumferuntur, eos ex corde adorant. というのは、大理性の土台があり、その上をいのちの(=生きているような)同様のもの〔像〕が持って回られる、それをここから崇拝するからである。

 

393. Postquam taedio istius vitae ex crebris lanienis et infestationibus affecti sunt, tunc in meliorem statum transmittuntur, et quidem ut sibi videntur in corpora humana, 〜の後に、その生活にあきること、たびたびの虐殺と悩ませること(攻撃)で、(いやなめに)あわされることから、その時、よりよい状態の中へ送られる、実際に、自分自身に人間の身体の中に〔いるのが〕見られるような、

sed facies singarum{a}, vel apiniors{1}{b}, qui antrorsum et retrorsum flecti possint, et sic se circumspicere, ne quid damni iis accidat, ab hostibus, quos fugerant, しかし、〔尾のある☆〕サルの顔で、あるいは〔尾のない☆〕サルの、それは前方へまた後方へ曲げる(向ける)ことができる、またこのように見回すことが、彼らに危害の何かが起こら(降りかから)ないように、敵から、彼らを逃げる(避ける)

「サル」が2種類あるので、「尾のある」ものと「尾のない」ものとしました。

tunc pulchras inhabitant domos, et quasi parva palatia; その時、美しい家に住む、またいわば小さな宮殿に。

et postquam hanc vitam degerunt, tunc evanescunt, またこの生活を暮した後に、その時、それらは消える、

nam tunc vastatio eorum peracta est, et ii obliti prorsus vitae prioris, in mundo, ita idololatriae, なぜなら、その時、彼らの荒廃はなし遂げられた、また彼らは前の生活を、世の中の、そのように偶像崇拝の、まったく忘れた者〔となる〕からである、

ac instruuntur, sic renovantur. そして教えられる、このように新しくされる。

 

394. Praeterea etiam alii sunt, qui circum magnum cygnum, seu cygnum in altum valde extensi colli, consociati, sequuntur, ほかにさらにまた他の者がいる、その者は大きな白鳥の周囲に、すなわち、非常に高い中へ伸ばした首の白鳥〔の〕、加わった(仲間となった)、続く(従う)

talis phantasia regnat apud eosdem, qui docti sibi videntur in vita corporis. このような幻想が同じ者のもとで支配している、その者は身体のいのちの中で学識がある者と自分自身に見られた。

1747, die 25 Dec. 17471225

 

(3) 訳文

アフリカのようなまた同様偶像崇拝者、身体死後、驚くべき幻想支配されるまたこのようにらされること

 

392. 幻によって、偶像崇拝者であるのもとに、死後、どのような幻想るかすなわちどのような生活らに、示された。暗さな動物えられることまた粘土できたさいさなここから、戻ることが、自分自身られる。彼らの小屋破壊するまされないようでありさえすればこのように、十分満足した生活というのは、彼らが悪魔んでいるがいるからその、私には外見、確かに人間であったしかしそれでも獰猛、すなわち、無慈悲であった。彼らがうように、彼らはらのさな破壊するそしてらをまたネコのように追い、かみつく。彼らをいにれている。ここからこのように旅立、他場所さなてるしかしその最低生活きる感情がひきこされるまで同様まされる――その、彼らの偶像崇拝礼拝対応する礼拝というのは、大理性土台がありそのきているような同様ってられるそれをここから崇拝するからである

 

393. たびたびの虐殺と悩ませること(攻撃)で、いやなめにあわされることから、その生活にあきた後に、その時、実際に、自分自身に人間の身体の中にいるのが見られるような、よりよい状態へ送られる。しかし、尾のあるサル、あるいは尾のないサルの顔であり、それは前方へまた後方へ向けること、このように見回すことがができる、彼らに何か危害が降りかからないように、敵から逃げる。

その時、美しい家に、またいわば小さな宮殿に住む。またこの生活を暮した後に、その時、それらは消える、なぜなら、その時、彼らの荒廃はなし遂げられ、また彼らは世の中の前の生活を、そのように偶像崇拝を、まったく忘れた者となる、そして教えられ、このように新しくされるからである。

 

394. ほかに大きな白鳥のまわりに、すなわち、非常に高い中へ首を伸ばした白鳥のまわりに、仲間となった者もいて、その者は、それに従っている。このような幻想が、いのちが身体の中にあったとき学識がある者と自分自身に見られたのもとで支配している。17471225日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 17:25
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 391

(1) 原文

De cruciatu eorum, qui contra alios violentia utuntur, et inde gaudent quod opprimant,

sic de quibus praedicatur sanguis, violentia, oppressio [vide 377]

 

391.{1}  Quia phantasiae correspondentes manent post vitam corporis, ac interiora eorum tunc patent, ideo ii qui violenti sunt et oppressores proximi{2}, ex quacunque cupiditate, cruciantur ita in inferno, quod{a} cum maxima cupiditate eos, quos phantasia capiunt, dilanient, mactent, securi secent{3}, et mille aliis modis crucient{4}; qui sanguinei, ii a sanguine maxime gaudent, quo major cruciatus, eo major delectatio, quae tanta perhibetur apud eos, ut omnia delectamenta dicant superare; sed ii iterum exponuntur simili cruciatui a sociis, quibus iterum ii similiter laetantur, usque dum ita sunt cruciati, et tamdiu, ut desistant, et quia horror talionis eos occupat{5}, tandem delectatio ista perit, sic demum devastantur. 1747, die 24 Dec.

@1 390 deest

@2 ms. oppressores, proximi

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. secant

@4 sic J.F.I. Tafel; ms. cruciant

@5 ms. occupant

@a h.e. ut

 

(2) 直訳

De cruciatu eorum, qui contra alios violentia utuntur, et inde gaudent quod opprimant, 彼らのについてそのして暴力る、またここから圧迫する(虐げる)とを楽しむ、

sic de quibus praedicatur sanguis, violentia, oppressio [vide 377] このようにそれらの者について、血が述べられる(属性とされる)、暴力、圧迫〔377参照〕

391.{1}  Quia phantasiae correspondentes manent post vitam corporis, ac interiora eorum tunc patent, ideo ii qui violenti sunt et oppressores proximi{2}, ex quacunque cupiditate, cruciantur ita in inferno, 対応するものの幻想が、身体の死後、残っているので、また彼らの内的なものがその時、明らかである(明らかになる)、それゆえ、彼らは、その者は暴力的である、また隣人の抑圧者、どんな欲望からでも、そのように地獄の中で苦しめられる、

390存在しない

quod{a} cum maxima cupiditate eos, quos phantasia capiunt, dilanient, mactent, securi secent{3}, et mille aliis modis crucient{4}; そのことは、最大の欲望とともに彼らを、その者を幻想が捕えた、引き裂く、殺す、斧で切断する、千の他の方法で苦しめる。

qui sanguinei, ii a sanguine maxime gaudent, quo major cruciatus, eo major delectatio, quae tanta perhibetur apud eos, ut omnia delectamenta dicant superare; その(=えた)者、彼らは血(された血)最大楽しむ、大きい責め苦であればあるほどますます大きい快楽(楽しみ)〔がある〕、それらは彼らのもとでそれほどに語られている、すべての愉快(大喜び)を圧倒する(まさる)ことが言われように。

sed ii iterum exponuntur simili cruciatui a sociis, quibus iterum ii similiter laetantur, usque dum ita sunt cruciati, et tamdiu, ut desistant, しかし、彼らは仲間により順番()同様のものである〕責があらわにされるそれらのものでらは同様そのようにしめられる時まで、またそれだけ間、断念するために

et quia horror talionis eos occupat{5}, tandem delectatio ista perit, sic demum devastantur. また、報復の恐怖感が彼らを占める(とらえる)ので、最後にその快楽(楽しみ)は滅びる(失われる)、このように最終的に彼らは荒らされる(〔霊的な性質が〕破壊される)

1747, die 24 Dec. 17471224日に。

 

(3) 訳文

して暴力、ここから圧迫するとを楽しむ者の責について、このように、血、暴力、圧迫が属性とされる者について〔377番参照〕

 

391.  身体の死後、対応するものの幻想が、残っている、またその時、彼らの内的なものが明らかになるので、それゆえ、暴力的であり、どんな欲望からでも、隣人の抑圧者である者は、そのように地獄の中で苦しめられる。そのことは、最大の欲望とともに、幻想が捕えた者を、引き裂く、殺す、斧で切断する、他に千もの方法で苦しめることである。

えた者、流された最大楽しむ者は、責め苦が大きければ大きいほどますます快楽が大きい、それらは彼らのもとで、すべての愉快を圧倒する、と言われているほどにに語られている。しかし、彼らは仲間により順番同様があらわにされそれらのものでその仲間同様ぶが、断念するためにそのようにその時まで、またそれだけ間、苦しめられる。また、彼らは報復恐怖感とらえられるので、最後にその快楽われこのように最終的らはらされる17471224日。

 

390存在しない

author:yasubee, category:霊界体験記, 23:47
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 389

(1) 原文

Quod solum phantasiae sint, quod tales videantur esse, et quidem tales phantasiae,

ut animae{1} in eo statu nequaquam [illas]{2} discernere queant a realibus

 

389.  De quibus dictum et pluribus in locis{3} ostensum est quod phantasiae solum regnent, quae tantam quasi actualitatem induant, ut putent se sensu tangere ea, sicut vestes, et similia prorsus ut in corpore; similiter quod in cryptis subterraneis sibi videantur esse, tum quod in alto coelo supra alios, cum tamen dispersi sunt per universum orbem: si modo phantasiae flectuntur seu vertuntur, qui in infimis sunt, possunt sibi videri quod in altissimis, et sic porro. 1747, die 24 Dec.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. animabus

@2 sic J.F.I. Tafel

@3 inclarum in ms.

 

(2) 直訳

Quod solum phantasiae sint, quod tales videantur esse, 単なる幻想であること、〔彼らが〕このような者であることが見られること、

et quidem tales phantasiae, ut animae{1} in eo statu nequaquam [illas]{2} discernere queant a realibus 実際このような幻想〔である〕、その状態霊魂が〔手稿は霊魂に〕決して〔それらを〕実在する(現実の)ものから見分けることができない

389.  De quibus dictum et pluribus in locis{3} ostensum est quod phantasiae solum regnent, quae tantam quasi actualitatem induant, ut putent se sensu tangere ea, sicut vestes, et similia prorsus ut in corpore; それらについて言われたまた場所の中で多くのもので示された、幻想だけが支配していること、それらがそれほどのいわば実現化を着ている、自分自身で感覚で思うように、それらを触れていること、衣服のように、また同様のものをまったく身体の中に〔いたとき〕のように。

similiter quod in cryptis subterraneis sibi videantur esse, tum quod in alto coelo supra alios, cum tamen dispersi sunt per universum orbem: 同様に、地下の地下室(あなぐら)の中に自分自身がいることが見られること、なおまた他の者の上方に天界の高いところの中に、そのときそれでも全世界(地球)通して追い散らされていること――

si modo phantasiae flectuntur seu vertuntur, qui in infimis sunt, possunt sibi videri quod in altissimis, et sic porro. もし、単に幻想が曲げられる(そらされる)、または変えられるなら、最低のもの〔地位など〕の中にいる者は、自分自身に見られることができる、最高のものの中にいること、またこのようにさらに(等々)

et sic porro で「〜など、その他、等々」に意味になります。

1747, die 24 Dec. 17471224日に。

 

(3) 訳文

〔彼らが〕このようなであることはなる幻想である、実際その状態霊魂が決して〔それらを〕実在するものから見分けることができないような幻想であることが見られること

 

389. 幻想だけが支配それらがそれほどのいわば実現化ていること、自分自身感覚それらを衣服のようにまた同様のものをまったく身体いたとき〕触れていることのようにうようにそれらについてわれたまた〔他〕箇所くのものでされた。同様、地下あなぐらなおまた上方天界いところの自分自身がいることがられそのときそれでも全世界中に追らされていることである――もし、単幻想げられるかまたはえられるなら、最低のもの〔地位などにいる、自分自身最高のもののにいることがられることができる等々。17471224日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 09:39
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 388

(1) 原文

Qui soli volunt possidere mundana, et omnes reliquos inde excludere, ii tandem e coelo rejiciuntur

 

388.  Qui tales sunt, ut omnia possidere cupiant in terra et in mundo, et alios prae se odio habent, ac eos condemnant tanquam tales qui{1} reputandi ut lutum platearum, eorum sors manet contraria, in altissimis locis coeli videntur sibi habitare, et quidem sicut caeteri, principio, summa voluptate frui, sic despectant tanquam nauci omnes{a} sub pedibus suis profundi, sed eorum sors similis manet, nempe quod dejiciantur ac infimi fiant, ac abjecti in simili gradu sicut odio habuerunt reliquos; nam amor omnium est coelestis et divinus. 1747, die 24 Dec.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. quae

@a intellexerim omnes tanquam nauci

 

(2) 直訳

Qui soli volunt possidere mundana, et omnes reliquos inde excludere, ii tandem e coelo rejiciuntur ただ世俗のものを所有することだけをするまた他のすべての者をここから締め出すことを、彼らは最後に天界から追い払われる

388.  Qui tales sunt, ut omnia possidere cupiant in terra et in mundo, et alios prae se odio habent, ac eos condemnant tanquam tales qui{1} reputandi ut lutum platearum, eorum sors manet contraria, このような者である、その者は、地の中と世の中のすべてのものを所有することを望むような、また他の者を自分自身と比べて憎しみを持つ、そして彼らをあたかもこのような者かのように断罪する、その者は街路の泥のように見なして、彼らの運命は反対のものが待っている、

in altissimis locis coeli videntur sibi habitare, et quidem sicut caeteri, principio, summa voluptate frui, 天界の最高の場所の中に自分自身が住んでいることが見られる、実際に他の者たちのように、最初は、最高の快楽にいた、

sic despectant tanquam nauci omnes{a} sub pedibus suis profundi, このように、見下す(軽蔑する)、すべての者をあたかも価値のない者かのように、自分の足の下に、深いところの、

sed eorum sors similis manet, nempe quod dejiciantur ac infimi fiant, しかし、彼らの運命は似たものが待っている、すなわち、投げ落とされる、そして最低のものになること〔である〕、

ac abjecti in simili gradu sicut odio habuerunt reliquos; そして、捨てられる、同じ段階(程度)中へ、他の者を憎しみを持ったような☆。

感想です。憎んで見下すと、その者に、その程度の運命が待っている、ことです、気を付けましょう。

nam amor omnium est coelestis et divinus. なぜなら、すべての者〔へ〕の愛は、天界的また神的なものであるからである。

1747, die 24 Dec. 17471224日に。

 

(3) 訳文

ただ世俗のものを所有すること、また他のすべての者をここから締め出すことをだけをする、最後に天界から追い払われる

 

388. 地のすべてのものを所有することをまた自分自身べてそしてらをあたかも街路泥であるかのようになして断罪するような、彼らの運命反対のものがっている、実際、最初、最高快楽にいたたちのように、天界最高場所自分自身んでいることがられこのように、、すべてのをあたかも価値のない者、自分下の深いところに〔いる〕かのように見下しかし、彼らの運命に似たものが待っている、すなわち、投げ落とされ、そして最低の者になり、そして、憎しみを持った他の者と同じような段階中へ捨てられる。なぜなら、すべての者への愛は、天界的また神的なものであるからである。17471224日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 09:37
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 387

(1) 原文

Quod animalcula spurca et foeda sint, quibus infestantur et torquentur

 

387.  Omnes phantasiae, quae fiunt ex amore corporis et animi{1} illicito, comitem habent{2} aut secum animalia, quae sunt tetra, spurca, foeda, horrenda, putida, et similia, quae iis obversantur quum in illicitis eorum phantasiis, quae cupiditates seu voluptates instigant, in quibus maximum jucunditatis percipiunt, sic jucunditates miscentur similibus, quae horrorem incutiunt, species insectorum sunt indefinitae, quarum partem vidi repraesentatam, sed innumerabiles sunt, compositae secundum phantasiarum cum amoribus seu finibus commixtionem, quae omnia infallibiliter sequuntur et comitantur naturales homines, qui in inverso vitae ordine vivunt; ita fit ex voluptatibus eorum dirissimum infernum, nam quantum talium voluptatum sensus jucunditatis, tantum doloris, et horroris existit, quando eorum coelestia mundana et corporea ut putant, vertuntur in infernalia. 1747, die 24 Dec.

@1 macula graviter obscuratum in ms.(インクの)しみでひどく、はっきりしない〕

@2 sic J.F.I. Tafel; ms. habet

 

(2) 直訳

Quod animalcula spurca et foeda sint, quibus infestantur et torquentur きたないまた不潔さい動物(昆虫)がいることそれらで〔彼らは〕悩まされる、また苦しめられる

387.  Omnes phantasiae, quae fiunt ex amore corporis et animi{1} illicito, comitem habent{2} aut secum animalia, quae sunt tetra, spurca, foeda, horrenda, putida, et similia, quae iis obversantur quum in illicitis eorum phantasiis, quae cupiditates seu voluptates instigant, in quibus maximum jucunditatis percipiunt, すべての幻想それらはされない身体のまたアニムスのからじる、仲間をあるいはそれ自体動物っているそれらは、忌まわしいきたない、不潔、身震いする、悪臭のするまた同様のものであるそれらがらに観察される、彼らのされない幻想にいるときそれらを欲望または快楽刺激する(かりたてる)それらの最大さを知覚する

sic jucunditates miscentur similibus, quae horrorem incutiunt, このように、〔彼らの〕快さは同様のものでぜられておりそれらは恐怖感をひきこす

species insectorum sunt indefinitae, quarum partem vidi repraesentatam, 昆虫(虫)の種類は無限である、私はそれらの表象された〔ものの〕一部を見た、

sed innumerabiles sunt, compositae secundum phantasiarum cum amoribus seu finibus commixtionem, しかし、無数である、愛または目的と一緒に混合〔された〕幻想にしたがってつくり上げられた〔ものである〕、

quae omnia infallibiliter sequuntur et comitantur naturales homines, qui in inverso vitae ordine vivunt; それらすべてのものが自然的な人間に必然的に従う(続く)、また同行する(伴なう)、その者はいのちの秩序の正反対の(逆転した)のの中に生きる。

ita fit ex voluptatibus eorum dirissimum infernum, そのように、彼らの快楽から最も恐ろしい地獄が生じる、

nam quantum talium voluptatum sensus jucunditatis, tantum doloris, et horroris existit, quando eorum coelestia mundana et corporea ut putant, vertuntur in infernalia. なぜなら、どれだけこのような快楽を快さの感覚〔があるかによって〕、それだけ苦痛の、また恐怖(感)の〔感覚が〕存在するようになるからである、彼らの天界的なもの、として思う、世俗のものと身体(肉体)ものが、地獄のものに変えられる時。

1747, die 24 Dec. 17471224日に。

 

(3) 訳文

きたないまた不潔小動物がいてそれらでまされ、苦しめられること

 

387. すべての幻想それらはされない身体のまたアニムスのから、仲間をあるいはそれ自体動物っておりそれらは、忌まわしいきたない、不潔、身震いする、悪臭のするまた同様のものであるそれらが、彼らの許されない幻想の中にいて、欲望または快楽がそれらを刺激し、それらの中に最大の快さを知覚するとき、彼らに観察される。このように、〔彼らの〕快さは同様のものでぜられておりそれらは恐怖感をひきこす種類無限であり、私はそれらの表象された一部しかし、無数であり、愛または目的混合された幻想にしたがってつくりげられたものであるそれらすべてのものが逆転した秩序のいのちのきる自然的人間必然的、伴なうそのように、彼らの快楽から最も恐ろしい地獄が生じる、なぜなら、彼らが天界的なものと思う、世俗のものと身体ものが、地獄のものに変えられる時、このような快楽の快さの感覚があればあるほど、それだけ苦痛や恐怖の感覚が存在するようになるからである。17471224日。

 

◎この『原典講読』による「勉強法」について

 この原典講読を読者の皆様はどのように受け止めておられるのだろうか、あるいは、活用?

 どのように利用されても、ご自由です、でも、私だったらこのように「学ぶ」、これを述べておくのも何かの参考になるかもしれません。

 その前に、この原典講読の視点・原点を述べておきます。

仝曲犬鮠匆陲垢(原文に付随する事項もなるべく紹介する)

直訳すれば「どうなのか」示す、そのとき、一つの単語も漏らさないで訳す(訳文に付加することはあっても)、できれば、語順も保つ(読みづらくなるのは承知の上)こうすることで、著者の思考に近づくことができる(また読者にとっても、理解が深まる)と思うからである。そのさい、別訳語が、また別の意味も考えらるとき( )でそれを表示し、原文解釈の上で(意味を持つと思えるとき)文法事項も加えるようにしている。

参考のために私の「訳文」も付加する、すなわち、最後の「訳文」は私なりにざっと内容をまとめたもの、なので、一番よいのは読者なりに「訳文」をつくってみることである。

 

 さて私だったらこのように勉強するかもしれません。

,泙此峺曲検廚鯆める、わからなくて結構、そのうち、よくでてくることば(homo, amor, vita, verusなど)は自然と覚えます、また接続詞も(et, at, inde, nam, nempe, quiaなど)、そしてこの接続詞はすごく重要です,文のつながりがどうなっているか示すものだからです、なので、接続詞を目で追っていくだけで、文の構成が見えてくることがあります。

△気董⊆,法嵬文」を見て、「大意」を知ります。すなわち、「どんなことが書いてあるか」です。その上でもう一度「原文」を眺めます、何がどこに書いてあるかずっと見当がつくようになります。

それから「直訳」で一つ一つ原文の「単語」と直訳の「訳語」とを比較します。ここは相当に時間がかかるかもしれません、よくわからくても気にしないでください(私もわかっていないことがあります、なので、時々、そのようなこと述べることがあります)

い海譴呂任たらですが、「視点・原点」の最後の部分と同じです、自分なりの訳文をつくってみてください。これを数年続ければ、いつか「読めるようになっている自分にびっくりするでしょう」(期待を込めて)

author:yasubee, category:霊界体験記, 00:47
comments(0), -, pookmark