RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 972a

(1) 原文

Quomodo in primitiva Ecclesia loquuti sint variis linguis [vide Acta : 4, X: 46]

 

972a.{1} Quia hodie mundus talis est, ut nihil credere velit, nisi quae intelligunt, nec hodie talia existunt, ut cum iis, qui alienis linguis loquuntur, conversari et eos interrogare contingit, et sic informari.

@1 vide praefationem hujus voluminis sub capite "Numbers 206 to [972a.]"〔この日付なしの972a番どこにあったか、またどうしてここに置かれたか、いろいろありますが省きます〕

これで『霊界日記』の第客砲禄了です。973番からは「第挟」(その第1部)となります。

 

(2) 直訳

Quomodo in primitiva Ecclesia loquuti sint variis linguis [vide Acta : 4, X: 46] どのように原始教会でいろいろな言語されたか〔見よ、「使徒2:4,10:46

972a.{1} Quia hodie mundus talis est, ut nihil credere velit, nisi quae intelligunt, 今日、世はこのようなものであるので、何も信じることを欲しないような、それらを理解しないなら、

nec hodie talia existunt, ut cum iis, qui alienis linguis loquuntur, 今日、このようなものも存在ない、その者は他の(異なる)語で話す、

conversari et eos interrogare contingit, et sic informari. 私は会話すること、また彼らを質問すること、またこのように知らされる(教えられる)とが起こった。

 

(3) 訳文

原始教会ではどのようにいろいろな言語されたか

 

972a. 今日、世、理解しないなら何も信じることを欲しないようなものであり、今日、異なる言語で話す〔「使徒2:4,10:46参照〕このようなことも存在ないので、〔異なる言語で話す〕者と会話、彼らを質問することまたこのように知らされるとが〔私に〕こった

author:yasubee, category:霊界体験記, 20:48
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 970〜972

(1) 原文

970. Sunt castae virgines, quae hanc provinciam constituunt, ad anxietatem quam faciles, sic timidae ne a statu suo turbentur, jacent quietae a sinistra lateris parte, fere intus sed ad latus, ubi fere glandulae suprarenales in homine; timent anxie ne admittantur{1}{a} in coelum, nam putant, si orbantur functione sua, quod sic periturae, quia absque munere; ita sunt inter spiritus optimos, coelestes, qui tacite agunt, et si minimum de privatione muneris earum cogitatur, illico suspirant, et anxiae sunt, quod aliquoties manifeste percepi, et miratus unde, anxietas earum nunc quoque mihi communicata patet, est quaedam tremoris sancti species, praeter quod{b} aperte testata est, quum communicatio fuit ademta, et immediate derivata in coelum: praeterea nihil loquuntur; dixerunt quandoque, quod sentirent quasi se munere orbari, cum perveniatur ad descriptionem eorum quae in Verbo, quia putarunt sic immediatam communicationem fieri, sic non per eas, ita quod cibo suo spirituali destituerentur. 1748, 24 Febr.

(m) Sunt qui in vastatione sunt, sicut hodie percepi, qui desperant quod usquam in coelum venire possint; quare maxime anxiae ad minimam cogitationem de coelo, nec sciunt causam, de quo cum iis loquutus, facile lachrymant. 1748, 12 Sept. (n)

@1 J.F.I. Tafel [non] admittantur

@a intellexerim admittatur [immediate] (vide inferius)

@b h.e. absque quod (vide annotationem ad [292a])

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

971. Quando cogitationes meae ductae sunt ad infantes, [de modo,] sic ut eorum tenella corpora regerentur, quod fit per Hepar et has glandulas, tunc illae sentiebant insigne solatium, et gaudium intrinsecum, quod una illarum aperte declaravit.

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

972. Quum aliquid cogitatur, in quo non coeleste est, tunc eaedem virgines quoque anguntur, quod manifeste quoque patuit et dictum est, sicut dum cogitarem de iis, quae terrestria erant, quod quoque repraesentatur in capsulis istis, ut si sanguini aufertur per spermatica{1} vasa prolificum et bonum, post nimiam rapinam ejus per spermatica, tunc solet tristitia subire, quae quoque inde causam ducere potest, tum quod tunc melior sanguis deficiat massa sanguinis, qui afferatur cordi. 1748, 24 Febr.

@1 ms. spermatia

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

970. Sunt castae virgines, quae hanc provinciam constituunt, ad anxietatem quam faciles, sic timidae ne a statu suo turbentur, 貞潔な処女たちがいる、彼女たちはこの領域を構成する、不安に向けてどれほど容易か、このように恐れて〔いる〕、自分の状態から乱されないように、

jacent quietae a sinistra lateris parte, fere intus sed ad latus, ubi fere glandulae suprarenales in homine; 左側の部分に静かに横たわっている、ほとんど内部に、しかし、脇に(側面に)、そこに人間の中のほとんど副腎腺〔にいる〕。

timent anxie ne admittantur{1}{a} in coelum, nam putant, si orbantur functione sua, quod sic periturae, quia absque munere; 不安に恐れている、天界の中に入れられないか、なぜなら、思っているからである、もし自分の役目が奪われるなら、このように滅びることになること、役目なし〔である〕からである。

ita sunt inter spiritus optimos, coelestes, qui tacite agunt, そのように最良の霊たちの間にいる、天的な者、その者は黙って働く、

et si minimum de privatione muneris earum cogitatur, illico suspirant, et anxiae sunt, また、もし最小のものが、彼女たちの役目の剥奪について、考えられるなら、直ちにため息をつく、また不安である、

quod aliquoties manifeste percepi, et miratus unde, そのことを数回、私ははっきりと知覚した、またどこからかといぶかった、

anxietas earum nunc quoque mihi communicata patet, 彼女たちの不安が、今もまた私に伝達された、明らかである、

est quaedam tremoris sancti species, praeter quod{b} aperte testata est, quum communicatio fuit ademta, et immediate derivata in coelum: 聖なる種類の恐れのある種のものであること、ほかに☆明らかに証言された、伝達が取り除かれた(adimo)とき、また直接に天界の中へ導かれた――

著者は「ほかに」を「なしに」の意味で使用しているようです(注)

praeterea nihil loquuntur; ほかに、何も話さなかった。

dixerunt quandoque, quod sentirent quasi se munere orbari, cum perveniatur ad descriptionem eorum quae in Verbo, 〔彼女たちは〕時々、言った、いわば、自分自身に役目が奪われることを感じること、〔私の行なっている〕それらの記述へ達する時、それらはみことばの中に〔ある〕、

quia putarunt sic immediatam communicationem fieri, sic non per eas, ita quod cibo suo spirituali destituerentur. 思うからである、このように直接の伝達が行なわれること、このように彼女たちを通してでなく、そのように自分の霊的な食物を奪われてしまうこと。

1748, 24 Febr. 1748224日。

(m) Sunt qui in vastatione sunt, sicut hodie percepi, qui desperant quod usquam in coelum venire possint; 荒廃の中にいる者がいる、今日、私が知覚したように、その者は絶望している、どんな場合でも(常に)界の中にやって来ることができること。

quare maxime anxiae ad minimam cogitationem de coelo, nec sciunt causam, それゆえ、最大に不安〔になる〕天界についての最小の思考に、原因もまた知らない、

de quo cum iis loquutus, facile lachrymant. そのことについて〔私は〕彼らと話した、彼らは容易に涙を流す(泣く)

1748, 12 Sept. (n) 1748224日。(n)

 

971. Quando cogitationes meae ductae sunt ad infantes, [de modo,] sic ut eorum tenella corpora regerentur, quod fit per Hepar et has glandulas, 私の思考が幼児へ導かれた時、〔方法について〕そのように彼らの繊細な身体が統制されている、そのことは肝臓とこれらの腺によって行なわれる、

tunc illae sentiebant insigne solatium, et gaudium intrinsecum, quod una illarum aperte declaravit. その時、彼女たちは慰めのしるしを感じた、また内部の楽しさを、そのことを彼女たちのひとりがあからさまに言明した。

 

972. Quum aliquid cogitatur, in quo non coeleste est, tunc eaedem virgines quoque anguntur, 何らかのものがえられるときその天界のものがないその時、同処女たちもまたみをじる、

quod manifeste quoque patuit et dictum est, そのこともまたはっきりと明らかであった、また言われた、

sicut dum cogitarem de iis, quae terrestria erant, 私がそれらについて考えた時のように、それらは地上的なものであった、

quod quoque repraesentatur in capsulis istis, ut si sanguini aufertur per spermatica{1} vasa prolificum et bonum, そのこともまたその被膜(=副腎)の中で表象された、例えば、もし、精管によって血液の効めのあるまたよいものが取り去られるなら、

post nimiam rapinam ejus per spermatica, tunc solet tristitia subire, その後、過度のその強奪精管によって〔行なわれる〕、その時、悲しみを被ることがよくある、

quae quoque inde causam ducere potest, tum quod tunc melior sanguis deficiat massa sanguinis, qui afferatur cordi. そのこともまたここから原因が導くことができる、ほかにその時さらによい血液に不足すること、血液の塊り〔の中に〕、それは心臓に運ばれる。

1748, 24 Febr. 1748224日。

 

(3) 訳文

970. この領域を構成する貞潔な処女たちがいて、彼女たちは不安に向けてどれほどか容易に、自分の状態が乱されないように恐れている。左側の部分に静かに、ほとんど内部に、しかし、脇に横たわっている、そこに人間の中のほとんど副腎腺にいる。天界の中に入れられないか、その不安で恐れている、なぜなら、もし自分の役目が奪われるなら、役目なしなので、このように滅びることになる、と思っているからである。そのように最良の霊たち、天的な者の間にいる、その者は黙って働く。また、もし彼女たちの役目の剥奪について最小のものが考えられるなら、直ちにため息をつき、不安となる。

 そのことを数回、私ははっきりと知覚し、どこからかといぶかった。彼女たちの不安が、今もまた私に伝達され、聖なる(種類の)る種の恐れであることが明らかである、伝達が取り除かれ、直接に天界の中へ導かれたとき明らかに証言されたことなしに――ほかに、何も話さなかった。

 〔彼女たちは〕時々、〔私の行なっている〕みことばの中に〔ある〕それらの記述へ達する時、いわば、自分自身に役目が奪われることを感じる、と言った。このように彼女たちを通してでなく、このように直接の伝達が行なわれ、そのように自分の霊的な食物を奪われてしまう、と思うからである。

1748224日。

 〔欄外に〕今日、私が知覚したように、荒廃の中にいる者がいる、その者は界の中にやって来ることができることに常に絶望している。それゆえ、天界についての小しの思考に最大に不安〔になり〕、原因も知らない。そのことについて〔私は〕彼女たちと話した、彼女たちは容易に泣く1748224日。

 

971. 私の思考が幼児へ導かれた時、〔方法について〕そのことは肝臓とこれらの腺によって行なわれ、そのように彼らの繊細な身体が統制されている。その時、彼女たちは慰めのしるしを、また内部の楽しさを感じた、そのことを彼女たちのひとりがあからさまに言明した。

 

972. その天界のものがないらかのものがえられる時、同処女たちもまたみをじる。私が地上的なものであったそれらについて考えた時のように、そのこともまたはっきりと明らかであった、また言われた。

 そのこともまたその副腎の中で表象された、例えば、もし、精管によって血液の効めのあるまたよいものが取り去られ、その後、過度にその強奪精管によって〔行なわれる〕なら、その時、悲しみを被ることがよくあり、そのこともまたここから原因が導くことができ、ほかにその時、心臓に運ばれるための血液の塊り〔の中に〕さらによい血液に不足することである。1748224日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 13:27
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 967

(1) 原文

Quod Lingua ad spiritualia et coelestia pertineat

 

967.  Per vivam experientiam mihi cognitum est, quod Lingua ad spiritualia ut et ad coelestia pertineat, et quod per eam pateat utrinque transitus, nempe a spirituali ad coeleste, tum vicissim; ideo quoque praeest tam pulmonibus quam visceribus cordis, quod melius constat ex duplici ejus functione, quod ad spiritualia pertineat per loquelam, et ad coelestia per gustum, sic ut ii qui provinciam Linguae constituunt, sint tales, ut a spiritualibus per eos transeatur ad coelestia. 1748, 24 Febr.

 

(2) 直訳

Quod Lingua ad spiritualia et coelestia pertineat 舌霊的なものと天的なものに関係する(する)こと

967.  Per vivam experientiam mihi cognitum est, 生きいきとした経験によって私に認められた、

quod Lingua ad spiritualia ut et ad coelestia pertineat, et quod per eam pateat utrinque transitus, nempe a spirituali ad coeleste, tum vicissim; 霊的なものと天的なものに関係する(する)こと、またそれによって両方に通路が開かれていること、すなわち、霊的なものから天的なものへ、なおまた逆に。

pertineo 「関係する」と「属する」のどちらの訳もありえます。この両方に関係する(属する)本があるとよいのですが。

ideo quoque praeest tam pulmonibus quam visceribus cordis, それゆえ、肺も心臓(の内臓)治めている、

quod melius constat ex duplici ejus functione, quod ad spiritualia pertineat per loquelam, et ad coelestia per gustum, いっそうよく明らかであること、その二重の機能から、霊的なものに話すことによって関係する(する)こと、また天的なものに味覚によって、

sic ut ii qui provinciam Linguae constituunt, sint tales, ut a spiritualibus per eos transeatur ad coelestia. そのように彼らは、その者は舌の領域を構成する、このような者であること、彼らを通して霊的なものから天的なものへ移されるような。

1748, 24 Febr. 1748224日。

 

(3) 訳文

霊的なものと天的なものに関係する(する)こと

 

9967. 生きいきとした経験によって、舌霊的なものと天的なものに関係する(する)ことまたそれによって両方すなわち、霊的なものから天的なものへなおまたに、通路かれていることが私められた。それゆえ、肺心臓めているそのことはその二重機能からいっそうよくらかである、話すことによって霊的なものに、また味覚によって天的なものに関係する(する)ことである。そのように、舌領域構成する、彼らをして霊的なものから天的なものへされるようなである。1748224日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 08:43
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 963〜966

(1) 原文

963. Quando spiritus detinent phantasias suas in [immundioribus] hujuscemodi, tunc si repraesentatur hoc coram oculis spirituum, apparet sicut sublevaretur, ut de callo corporeo prius dictum videas [862, 958]; sed est modo detentio animorum in iis{1}, sic ut inde quiescant, nec operari simul cum interioribus possunt: quum non apparent, tunc interior quasi medulla apparet, et quia oculos detinent in exterioribus fine, idcirco apparet hoc quasi elevatum ad oculos, sic oculis eorum subjectum.

@1 ms. ea

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

964. Quod talis attractio sit satis constat ab attractione varia et multiplici experientia, mihi cognita, quod cranium meum cum sensu satis insigni, quandoque cum dolore, subtraxerint, ad sensum manifestissimum dolorificum, quod nihil aliud fuit, quam quod tunc intuitu suo inhaeserint in iis, quae extima fuerint, ut interiora paterent spiritibus melioribus, et sic porro.

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

965. Quando etiam angelis datur venia inspiciendi in spiritualia et coelestia alicujus, tunc fere simile apparet, quod auferatur in coelum, sed non aliud est, quam detentio mentium angelicarum in iis quae iis conveniunt. 1748, 24 Febr.

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

966. Renes succenturiati ad se trahunt sicper{1} intuitum fixum in iis quae non ita crasse immunda sunt, sed interius immundaattrahunt{2}, quia figunt, serum spirituum seu purioris sanguinis, sic ut puriora iis liberata auferantur, sic illibata, ac sic porro, hic modus est unus cheruborum, ne immundiora{3} ad Dominum perveniant; sic ut in Divinis, ita in coelestibus et spiritualibus sit, et ab iis ut a centris regat universum. 1748, 24 Febr.

@1 ms. sic per

@2 ms. immunda, attrahunt

@3 ms. imundiora

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

963. Quando spiritus detinent phantasias suas in [immundioribus] hujuscemodi, 霊たちが自分の幻想をこの方法で〔961番参照〕、〔汚れたものの〕中に、保つ時、

tunc si repraesentatur hoc coram oculis spirituum, apparet sicut sublevaretur, ut de callo corporeo prius dictum videas [862, 958]; その時、もし、このことが霊たちの目の前に表象されるなら、持ち上げられるように見られる、前に言われたように身体のものであるたこについて、あなたは見る〔862, 958番〕。

sed est modo detentio animorum in iis{1}, sic ut inde quiescant, nec operari simul cum interioribus possunt: しかし、単にそれらの中へのアニムスの抑制である、そのようにここから活動を休む、さらに内的なものとともに一緒に働くこともできない。

quum non apparent, tunc interior quasi medulla apparet, 見られないとき、その時、いわばさらに内的な髄が見られる、

et quia oculos detinent in exterioribus fine, idcirco apparet hoc quasi elevatum ad oculos, sic oculis eorum subjectum. また、目をさらに外的なものの中に目的で〔=として〕保つので、それゆえに、このことは目にあたかも持ち上げることのように見られる、このように彼らの目の下に置かれる(=対象となる)

 

964. Quod talis attractio sit satis constat ab attractione varia et multiplici experientia, mihi cognita, このような引きつけることがあることが、いろいろな引きつけることと多種多様の経験から十分に明らかである、私に知られた、

quod cranium meum cum sensu satis insigni, quandoque cum dolore, subtraxerint, 私の頭蓋骨を、十分に著しい(注目に値する)覚とともに、時々、苦痛とともに、彼らは取り去った、

ad sensum manifestissimum dolorificum, quod nihil aliud fuit, 苦痛を引き起こす最も明らかな感覚へ向けて、それは何らかのものではなかった、

quam quod tunc intuitu suo inhaeserint in iis, quae extima fuerint, その時、自分の熟視(熟考)をそれらの中に固執した、それらは最外部のものであったこと以外の、

ut interiora paterent spiritibus melioribus, et sic porro. さらに内的なものがさらに善い霊たちに明らかになるために、その他

 

965. Quando etiam angelis datur venia inspiciendi in spiritualia et coelestia alicujus, tunc fere simile apparet, quod auferatur in coelum, さらにまた天使たちにある者の霊的なものと天的なものの中を調べる(眺める)容赦(許可)が与えられる時、その時、ほとんど同様のものが見られる、天界の中へ連れ去られること、

sed non aliud est, quam detentio mentium angelicarum in iis quae iis conveniunt. しかし、何らかのものではない、天使たちの心の抑制(制止)外の、それらの中に、それらはそれらに一致する。

1748, 24 Febr. 1748224日。

 

966. Renes succenturiati ad se trahunt sic− 副腎はそれ自体にこのように引き寄せる――

per{1} intuitum fixum in iis quae non ita crasse immunda sunt, sed interius immunda− それらの中への不動(固定)の熟視(熟考)によって、それらはそのようにひどく(粗野に)汚れていない、しかし内的に汚れている――

attrahunt{2}, quia figunt, serum spirituum seu purioris sanguinis, sic ut puriora iis liberata auferantur, sic illibata, ac sic porro, 引き寄せる、固定させる(定める)からである、血液の精のすなわちさらに純粋な漿液を、そのようにさらに純粋なものがそれらから解放されて連れ去られる、このように無傷で(損なわれないで)、そしてさらにほかに(の他)、

hic modus est unus cheruborum, ne immundiora{3} ad Dominum perveniant; この方法はケルビムの〔方法〕と一つである、さらに汚れたものが主へ達しないように。

sic ut in Divinis, ita in coelestibus et spiritualibus sit, et ab iis ut a centris regat universum. 〔主は〕神的なものの中に〔いる〕ように、そのように天的なものと霊的なものの中にいる、またそれらから、中心からのように全世界を支配している。

1748, 24 Febr. 1748224日。

 

(3) 訳文

963. 霊たちが自分の幻想をこの方法で〔961番参照〕、〔汚れたものの〕中に保つ時、もし、このことが霊たちの目の前に表象されるなら、前に言われたように身体のものであるたこ持ち上げられるように見られる〔862, 958番〕。しかし、単にそれらへのアニムスの抑制であり、そのようにここから活動を休に、さらに内的なものとともに一緒に働くこともできない。見られない時、いわばさらに内的な髄が見られる。また、目的として目をさらに外的なものの中に保つので、それゆえ、このことは目にあたかも持ち上げることのように見られ、このように彼らの目の対象となる

 

964. このような引きつけがあることが、私に知られたいろいろな引きつけることとさまざまな経験から十分に明らかである。彼らは私の頭蓋骨を、十分に著しい覚とともに、時々、苦痛とともに取り去った。苦痛を引き起こす最も明らかな感覚へ向けて、その時、自分の熟視をさらに内的なものがさらに善い霊たちに明らかになるために、最外部のものであったものに固執したこと以外の何らかのものではなかった、その他。

 

965. さらにまた、ある者の霊的なものと天的なものの中を調べる許可が天使たちに与えられる時、天界の中へ連れ去られることとほとんど同様のものが見られる。しかし、それらに一致する天使たちの心をそれらの中に抑制すること外の何らかのものではない。1748224日。

 

966. 副腎はそれ自体にこのように引き寄せる――そのようにひどく汚れていない、しかし内的に汚れているそれらの中へ固定した熟視によって――血液の精すなわちさらに純粋な漿液を引き寄せ、固定させるからである、そのようにさらに純粋なものが、このように損なわれないで、それらから解放されて連れ去られる、の他。

 この方法は、さらに汚れたものが主へ達しないようにケルビムの方法と一緒である。〔主は〕神的なものの中に〔いる〕ように、そのように天的なものと霊的なものの中にいる、またそれらから、中心からのように全世界を支配している。1748224日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 22:36
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 960〜962

(1) 原文

Quod ii qui in renum, et renum succenturiatorum provincia derivent in se crassiora,

et sic purificent ea, quae puriora erunt

 

960.  Notum esse potest, quod Renes tam urinarii, quam succenturiati in se derivent immunda, nempe{1} Renes immunda seri et succenturiati{2} renes immundiora spiritus sanguinis, ideo ex emulgentibus descendunt spermatica vasa.

@1 ms. nem

@2 ms. succenturati

☆この段落は標題を含めて交差線で抹消されています。

 

961. Qui in provincia Renum suntdum{1} [enim] puriores cogitationes ab homine auferuntur, tunc sequuntur etiam corporea, sic immundiora, duplici{2} ordine, seu graduea{3} quia conveniunt iis qui provinciam istam constituunt, [ii] quia inferunt ea, etiam detinent in iis animum, et sic abstrahunt a purioribus, quare puriora ad coelum absque comite immundo auferuntur.

@1 ms. sunt, dum

@2 imperfectum in ms.

@3 ms. gradu, ea

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

962. Idcirco renes succenturiati immunda spirituum sanguinis, et Renes immunda seri sanguinis auferunt, similiter quasi efficiunt, agunt per attractionem, ita viscere agente; similiter etiam spiritus in provincia ista, quia tales sunt, utprimum aliquid excitatur correspondens in puriori sphaera, tunc quia separari in homine, aut in anima, quae corporea secum habet, nequeunt, ideo ii spiritus per vim cooperatricem, quae fit ad distantiam secundum sphaeram activitatis eorum, se associant, [ea] excitant, attrahunt, et sic liberant meliora et puriora ab immundioribusimo{1} a spurcis et putidis; quare spiritus mali sunt qui absterguntinde{2} tamen non deteriores fiunt, sed talia munia obire debent, antequam meliores fiunt, aut reformantur.

@1 ms. immundioribus, imo

@2 ms. abstergunt, inde

☆この段落は交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

Quod ii qui in renum, et renum succenturiatorum provincia derivent in se crassiora, 彼らは、腎臓、また補助腎臓(副腎)領域中の者はそれ自体の中に粗野なものを運ぶこと、

et sic purificent ea, quae puriora erunt またこのようにそれらを清める(浄化する)、それらは純粋なものになる(未来)

960. Notum esse potest, quod Renes tam urinarii, quam succenturiati in se derivent immunda, よくられていることができる、腎臓尿をつくるものも、補助のものも、それ自体の中に汚れたものを運ぶ。

nempe{1} Renes immunda seri et succenturiati{2} renes immundiora spiritus sanguinis, すなわち、腎臓は漿液の汚れたものを、また補助腎臓(副腎)は血液の精の汚れたものを、

ideo ex emulgentibus descendunt spermatica vasa. それゆえ腎脈管(腎臓の濾過管)ら精管が下降している。

 

961. Qui in provincia Renum suntdum{1} [enim] puriores cogitationes ab homine auferuntur, tunc sequuntur etiam corporea, sic immundiora, duplici{2} ordine, seu gradu− その者は腎臓の領域の中にいる――〔というのは〕人間からさらに純粋な思考が取り去られる時、その時、身体のものもまた従う、このようにさらに汚れたものは、二重の順序で、または段階で――

ea{3} quia conveniunt iis qui provinciam istam constituunt, [ii] quia inferunt ea, それらは、彼らに一致する(適合する)ので、その者はその領域を構成する、〔彼らは〕それらを引き入れるからである、

etiam detinent in iis animum, et sic abstrahunt a purioribus, さらにまたそれらの中にアニムスを保つ、またこのようにさらに純粋なものから引き離す、

quare puriora ad coelum absque comite immundo auferuntur. それゆえ、さらに純粋なものが天界へ不潔なものの伴うことなしに連れ去られる。

 

962. Idcirco renes succenturiati immunda spirituum sanguinis, et Renes immunda seri sanguinis auferunt, similiter quasi efficiunt, それゆえ、補助腎臓(副腎)は血液の精の汚れたものを、また腎臓は血液の漿液の汚れたものを取り去る、同様に、いわば遂行する、

agunt per attractionem, ita viscere agente; 引きつけることによって行なっている、そのように活動〔する〕器官で。

similiter etiam spiritus in provincia ista, 同様にその領域の霊たちもまた、

quia tales sunt, utprimum aliquid excitatur correspondens in puriori sphaera, このような者であるからである、さらに純粋なスフェア(領域)中の対応する何らかのものがかきたてられると直ぐに、

tunc quia separari in homine, aut in anima, quae corporea secum habet, nequeunt, その時、人間の中で、または霊魂の中で分離されることが、それらは自分自身に持っている身体のもの、できないので、

ideo ii spiritus per vim cooperatricem, quae fit ad distantiam secundum sphaeram activitatis eorum, se associant, [ea] excitant, attrahunt, et sic liberant meliora et puriora ab immundioribus− それゆえ、彼ら霊たちは一緒に働く力によって、それらは彼らの活動のスフェア(領域)にしたがって隔たりに行なう、自分自身と仲間となる、〔それらを〕かきたてる、引きつける、またこのように善いものまた純粋なものを解放する、汚れたものから――

imo{1} a spurcis et putidis; それどころか、不潔なもの、また腐ったものから。

quare spiritus mali sunt qui abstergunt− それゆえ、ぬぐい取る者は、悪い霊である――

inde{2} tamen non deteriores fiunt, sed talia munia obire debent, antequam meliores fiunt, aut reformantur. それでも、ここからいっそう悪くならない、しかし、職能を果たすことをしなくてはならない、さらに善いものになる、または改心される前に。

 

(3) 訳文

腎臓と副腎領域中の者はそれ自体の中に粗雑なものを運び、このように純粋なものになるべきものを浄化すること

 

960. 尿をつくる腎臓、副腎、それ自体の中に汚れたものを、すなわち、腎臓は漿液の汚れたものを、または血液の精の汚れたものを運ぶことがられていることができる。それゆえ、腎脈管(腎臓の濾過管)ら精管が下降している。

 

961. 腎臓の領域の中にいる者は――人間からさらに純粋な思考が取り去られる時、その時、身体のものもまた従い、このようにさらに汚れたものは、二重の順序または段階で――それらは、その領域を構成する者に適合するので、〔彼らは〕それらを引き入れ、さらにまたそれらの中にアニムスを保ち、またこのようにさらに純粋なものから引き離すからである。それゆえ、さらに純粋なものが天界へ不潔なものを伴うことなしに連れ去られる。

 

962. それゆえ、副腎は血液の精の汚れたものを、また腎臓は血液の漿液の汚れたものを取り去る、同様に、いわば遂行し、引きつけること、そのように活動する器官によって行なっている。

 その領域の霊たちも同様である、このような者であるからである――さらに純粋なスフェア(領域)中の対応する何らかのものがかきたてられると直ぐに、その時、人間の中で、または霊魂の中で、自分自身に持っている身体のものは分離されることができないので、それゆえ、彼ら霊たちは彼らの活動のスフェア(領域)にしたがって隔たって行なう一緒に働く力によって、自分自身と仲間となり、〔それらを〕かきたて、引きつけ、またこのように善いものまた純粋なものを、汚れたものから――それどころか、不潔なもの、また腐ったものから解放する。

 それゆえ、ぬぐい取る者は、悪い霊である――それでも、ここからいっそう悪くならない、しかし、さらに善いものになる、または改心される前に職能を果たすことをしなくてはならない。

author:yasubee, category:霊界体験記, 10:13
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 959

(1) 原文

Quod ii, qui provinciam Renum, ureterum et vesicae constituunt, velint explorare

 

959.  Quoties aliqua anima venit, quam offendunt ii, qui renum, ureterum, et vesicae provinciam constituunt, praesto sunt, ut examinent, aut explorent, cupiuntque causas habere, et sollicite quaerunt, ubicunque eas reperire possint, nam cupiunt explorare, castigandi, puniendique causa, qua cupiditate multum delectantur; sed modo ea, quae anima secum traxerat ex corpore, nam renes, ureteres, et vesica, modo discernunt liquida obsoleta et spurca a sanguine, sic a corporeis. 1748, 23 Febr.

☆この段落は標題を含めて交差線で抹消されています。

 

(2) 直訳

Quod ii, qui provinciam Renum, ureterum et vesicae constituunt, velint explorare 彼らはその腎臓、尿管た囊(膀胱)構成している、調べることを欲している、こと

959. Quoties aliqua anima venit, quam offendunt ii, qui renum, ureterum, et vesicae provinciam constituunt, praesto sunt, ut examinent, aut explorent, 何らかの霊魂がやってるたびごとにそのらはその腎臓、尿管、た囊(膀胱)構成している、近くにいる(用意できている)、試すために、または調べる、

cupiuntque causas habere, et sollicite quaerunt, ubicunque eas reperire possint, 彼らは〔罰する〕理由つことをするまた本気めるどこでもそれらを見つけ出すことができるなら、

nam cupiunt explorare, castigandi, puniendique causa, qua cupiditate multum delectantur; なぜなら、調べることをするから、懲らしめよう、そして罰そうする理由を(ために)、その欲望で大いに彼らは楽しむ(喜ぶ)

sed modo ea, quae anima secum traxerat ex corpore, しかし、単にそれらをそれらは霊魂自分自身身体からってきた

nam renes, ureteres, et vesica, modo discernunt liquida obsoleta et spurca a sanguine, sic a corporeis. なぜなら、腎臓、尿管、た囊(膀胱)は、血液から、そのように身体的なものから、使い古したまた汚れた液状のものを分離するからである。

1748, 23 Febr. 1748223日。

 

(3) 訳文

腎臓、尿管、膀胱を構成している者は調べることを欲していること

 

959. 何らかの霊魂がやってるたびごとに、腎臓、尿管、膀胱を構成している者は、すまたは調べるために用意できていてその。彼らは〔罰する〕理由つことをどこでもそれらをつけすことができるなら、本気めるなぜなら、懲らしめ、そして罰そうするために調べることを欲し、その欲望で大いに楽しむからである

 しかし、霊魂自分自身身体からってきたものだけを〔調べる〕、なぜなら、腎臓、尿管、膀胱は、血液から、そのように身体的なものから、使い古したまた汚れた液状のものを分離するからである。1748223日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 22:42
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 956,957

(1) 原文

Quod acumen cogitationis dari queat profundius in perversis quandoque

 

956.  Quod ex acumine ingenii et penetratione rerum, de alicujus vita judicare, nemo potest [sciendum], possunt enim acutiores reliquis esse mali quam boni, sicut qui dolosi sunt, imo dolosissimi, et latrones, possunt melius aliorum cogitata et intentiones, tum animos penetrare, quam alii, sin aliter, non sunt industriosi latrones; verum omnia vertunt in falsum, malum, dolum, seu secundum eorum cupiditates; ita diaboli in altera vita sunt ita acuti, ac ita versant et nectunt dolos, ut nemo usquam induci queat id credere; quare qui laudatur propter acumen, non ideo laudandus propter vitam, ex acuminis capacitate nemo quid in altera vita, aliquid praemii sperare{1} potest. 1748, 23 Febr.

@1 ms. sperarre

 

957. In altera vita abutuntur{1} acumine suo, et pervertunt bona in mala tam solerter et in instanti, ut nusquam aliquis [id] credere posset{2}, sunt enim in vita corporis sicut serpentes, quorum oculi quasi intendunt omnibus momentis, quomodo nocere possint.

@1 sic J.F.I. Tafel: ms. abuntur

@2 in ms. potest imperfecte in posset emendatum ut possest

 

(2) 直訳

Quod acumen cogitationis dari queat profundius in perversis quandoque 思考鋭敏なものがさらにく存在することができること、ひっくり返す(悪用する)の中に、時々

956. Quod ex acumine ingenii et penetratione rerum, de alicujus vita judicare, nemo potest [sciendum], 知力の鋭敏さまた事柄の透徹力(洞察力)から、ある者のいのち(生活)について判断することは、だれにも〔知ることが〕できないこと、

possunt enim acutiores reliquis esse mali quam boni, というのは、悪い者は他の者〔よりも〕さらに鋭敏であることができるからである、善い者よりも、

sicut qui dolosi sunt, imo dolosissimi, et latrones, possunt melius aliorum cogitata et intentiones, tum animos penetrare, quam alii, sin aliter, non sunt industriosi latrones; 狡猾である者のように、それどころか最も狡猾、また強盗、他の者の思考また意図を、なおまたアニムスを、さらによく見抜くことができる、他の者よりも、さもなければ、勤勉な強盗ではない、

verum omnia vertunt in falsum, malum, dolum, seu secundum eorum cupiditates; けれどもすべてのものを虚偽、悪、欺きのえるまたはらの欲望にしたがっている〕。

ita diaboli in altera vita sunt ita acuti, ac ita versant et nectunt dolos, ut nemo usquam induci queat id credere; のように来世の中の悪魔たちはそのように鋭敏である、そしてそのように変える、また欺きをたくらむ、だれもそれをひき起こすことができることを信じることが決してできないような。

quare qui laudatur propter acumen, non ideo laudandus propter vitam, それゆえ、鋭敏さのために称賛されているそれゆえ、生活(いのち)のために称賛されてはならない、

ex acuminis capacitate nemo quid in altera vita, aliquid praemii sperare{1} potest. 把握力の鋭敏さからだれも何かを来世の中で、何らかの報酬を望むことができない。

1748, 23 Febr. 1748223日。

 

957. In altera vita abutuntur{1} acumine suo, et pervertunt bona in mala tam solerter et in instanti, ut nusquam aliquis [id] credere posset{2}, 来世の中で彼らは自分の鋭敏さを濫用する、また善を悪の中にゆがめる、これほどに巧みに、また瞬く間に、決してある者が〔そのことを〕信じることができないように、

sunt enim in vita corporis sicut serpentes, quorum oculi quasi intendunt omnibus momentis, quomodo nocere possint. というのは、身体のいのちの中でヘビのようであるからである、彼らの目はすべての瞬間にいわば意図している、どのように傷つけることができるか。

 

(3) 訳文

悪用する、時々、思考鋭敏なものがさらに存在することができること

 

956. 知力の鋭敏さまた事柄の洞察力から、ある者のいのちについて判断することは、だれにも〔知ることが〕できないこと。というのは、悪い者は他の者〔よりも〕さらに鋭敏であることができるからである、善い者よりも。狡猾である、それどころか最も狡猾である者、また強盗のように、他の者の思考また意図なおまたアニムスを、他の者よりもさらによく見抜くことができる、さもなければ、勤勉な強盗ではない。けれどもすべてのものを虚偽、悪、欺きにえるまたはらの欲望にしたがっているのように来世の中の悪魔たちは、そのように鋭敏であり、そしてそのように変え、またひき起こすことができることをだれも信じることが決してできないような欺きをたくらむ。

 それゆえ、鋭敏さのために称賛されているそれゆえ、生のために称賛されてはならない。把握力の鋭敏さから、だれも来世の中で何かを、何らかの報酬を望むことができない。

1748223日。

 

957. 来世で彼らは、自分の鋭敏さを濫用する、また善を悪にゆがめる、決してある者が〔そのことを〕信じることができないように、これほどに巧みに、また瞬く間に。というのは、身体のいのちの中でヘビのようであり、彼らの目はすべての瞬間に、いわばどのように傷つけることができるか意図しているからである。

author:yasubee, category:霊界体験記, 11:31
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 955

(1) 原文

Quod angeli accurate sciant veritates naturales sic ut vix minimum desit

 

955.  Solum reminiscentiae{1} causa, non quod allegetur{2}, memorandum est, quod dum legi aliqua de iis quae scripta sunt de viscere quodam corporis, cum causis inde deductis, quod angeli probe scire potuerint, num veritas sit vel non, quod mihi quoque datum erat ab iis percipere, sic ut sciant quicquid in anatomicis, in physicis, in philosophicis{3} verum sit, ac rite connexum, et hoc absque praevia cognitione per scientias. 1748, 23 Febr.

@1 imperfectum in ms.

@2 ms. alligetur

@3 aut philosophia (exitus inclarus)〔結末は不明瞭←綴りの最後の部分はよくわからない〕

 

(2) 直訳

Quod angeli accurate sciant veritates naturales sic ut vix minimum desit 天使たちは自然的狄人注意深く知っていること、そのようにほとんど最小のものも欠けていない

955. Solum reminiscentiae{1} causa, non quod allegetur{2}, memorandum est, ただ思い出したために、引用されることではない、記録しておかなければならない、

quod dum legi aliqua de iis quae scripta sunt de viscere quodam corporis, cum causis inde deductis, そのこと、私がそれらについて何らかのものを読んだ時、それらは身体のある内臓について、ここから導き出される原因(理由)とともに、

quod angeli probe scire potuerint, num veritas sit vel non, 天使たちはすっかり(よく)ることができること、狄人瓩どうか、あるいは〜でない、

quod mihi quoque datum erat ab iis percipere, 私にもまた彼らから知覚することが与えられた、

sic ut sciant quicquid in anatomicis, in physicis, in philosophicis{3} verum sit, ac rite connexum, そのように、解剖学の中の何でも知っている、自然科学☆の中の、哲学の中の真理である、そして正しく関連づけること、

physice は通常「物理学」と訳します(そして文字どおりならこれでもよいのですが)、通常、科学の一分野(狭い範囲)を意味します、ここではもっと広い意味でしょう。それで自然科学が適切と思います。

et hoc absque praevia cognitione per scientias. またこのことを知識による先立つ認識なしに。

1748, 23 Febr. 1748223日。

 

(3) 訳文

天使たちは自然的狄人注意深く知っている、そのようにほとんど最小のものも欠けていないこと

 

955. 引用するためではなくただしたために、記録しておかなければならない。私身体のある内臓についてここからされる原因とともにそれらについてらかのものをんだ時、天使たちは狄人かどうかあるいはそうでないかよくることができることである。私にもまたらから知覚することがえられたそのように、解剖学、自然科学☆、哲学真理を、そしてしく関連づけることをまたこのことを知識による先立認識なしに、何でもっていることである1748223日。

 

ここは通常「物理学」と訳される言葉が使われています。しかし、もっと広い意味の言葉として自然科学が適切です。

author:yasubee, category:霊界体験記, 21:44
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 954

(1) 原文

De iis qui constituunt provinciam processuum mamillarium

 

954.  Hoc solum addendum est [vide 939-43], quod ii qui constituunt provinciam processuum mammillarium, dum se applicuere, quod fit ad faciem, non ad corpus, calidum spirent, quia vindicta est ignea, seu repraesentatur per ignem, ideo inde calidum, sic ex calore, et ejus qualitate, tum a loco et distantia, tum a nullis non circumstantiis situs, et objectorum circum eos, quoque sciri potest qualis anima est. 1748, 23 Febr.

 

(2) 直訳

De iis qui constituunt provinciam processuum mamillarium 彼らについて、その者は乳頭突起の領域を構成する

954.  Hoc solum addendum est [vide 939-43], このことだけを付言しなければならない〔見よ939-43〕、

quod ii qui constituunt provinciam processuum mammillarium, dum se applicuere, そのこと、彼らが、その者は乳頭突起の領域を構成する、自分自身を接触させる(寄り添う)

quod fit ad faciem, non ad corpus, 顔へ行なうこと、身体へでなく、

calidum spirent, quia vindicta est ignea, seu repraesentatur per ignem, 熱さ(温かさ)を吹く(吹く出す)、復讐は火であるからである、すなわち、火によって表象される、

ideo inde calidum, それゆえ、ここから熱いもの(温かさ)

sic ex calore, et ejus qualitate, tum a loco et distantia, tum a nullis non circumstantiis situs, et objectorum circum eos, quoque sciri potest qualis anima est. このように熱(温かさ)から、またその性質、なおまた、場所と距離から、またいくつかの☆位置の状況から、また彼らのまわりの対象、知ることもできる、霊魂がどんなものか。

nulus non で「いくつかの」の意味です(訳は「何もないのでなく」)。

1748, 23 Febr. 1748223日。

 

(3) 訳文

乳頭突起領域構成するについて

 

954. このことだけを付言しなければならない939-43番参照〕、乳頭突起領域構成する身体でなく、顔で行なうこと、熱さ吹く出すこと、復讐は火である、すなわち、火によって表象され、それゆえ、ここから熱いものがあるからである。このように熱さとその性質、なおまた、場所と距離から、またいくつかの位置の状況また彼らのまわりの対象から、霊魂がどんなものか知ることができる。1748223日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 21:42
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 953

(1) 原文

Quod angeli percipiant{1} simulationes hominis, ei arcanissimas visas

 

953.  Dum anima, vel homo simulare vult, aliud cogitare et aliud loqui, tam exstans coram angelis esse potest, sicut nubes atra grandis coram oculis, dantur etiam quidam, qui sua cogitatione simulare possunt, sic ut sit iis quasi duplex cogitatio, sicut mihi, ii putant ita simulare posse, ut decipere se putent etiam angelos, sicut quidam dixit, sed mihi percipere dabatur, quod tale quoque percipiatur sicut tenuis vaporhoc{2} mihi et spiritibus, angelis vero ut nimbus, vel sicut fumus cum nidore, ita quae arcanissima homini sunt, tantum patent coram angelis solum interioris coeli, coram angelis intimioris coeli ea nec sentiri possunt{3}, ob crassitiem, sed modo si quid altius ibi latet, quod non cohaeret cum iis, aut similia. 1748, 23 Febr.

@1 sic J.F.I. Tafel: ms. percipiat

@2 ms. vapor, hoc

@3 ms. posunt

 

(2) 直訳

Quod angeli percipiant{1} simulationes hominis, ei arcanissimas visas 天使たちは人間せかけを知覚していること、彼に最も秘密なものと見られるものを

953.  Dum anima, vel homo simulare vult, aliud cogitare et aliud loqui, 霊魂が、あるいは人間が見せかける(偽り装う)とを欲する時、あるものを考えることまたあるものを話すこと、

tam exstans coram angelis esse potest, sicut nubes atra grandis coram oculis, これほどに明らかに天使の前にあることができる、目の前の大きな黒い雲のように、

dantur etiam quidam, qui sua cogitatione simulare possunt, sic ut sit iis quasi duplex cogitatio, sicut mihi, ある者もまた存在する、その者は自分の思考を偽り装うことができる、そのように彼らにある、いわば二重の思考が、私に〔ある〕ように、

ii putant ita simulare posse, ut decipere se putent etiam angelos, sicut quidam dixit, 彼らはそのように偽り装うことができると思っている、そのように欺くことを自分自身に思って、天使たちをもまた、そのようにある者は言った、

sed mihi percipere dabatur, quod tale quoque percipiatur sicut tenuis vapor− しかし、私に知覚することが与えられた、このようなものもまた薄い蒸気(霧)のように知覚されること――

hoc{2} mihi et spiritibus, angelis vero ut nimbus, vel sicut fumus cum nidore, これが私にまた霊たちに、けれども天使たちに霧(もや)、あるいはにおいとともに煙、

ita quae arcanissima homini sunt, tantum patent coram angelis solum interioris coeli, そのように、人間に最も秘密であるものが、こんな程度に(それだけ)天使の前に明らかである、単に内的な天界の、

coram angelis intimioris coeli ea nec sentiri possunt{3}, ob crassitiem, さらに内的な天界の天使の前に、それらは感じられることもできない、粗雑さのために、

sed modo si quid altius ibi latet, quod non cohaeret cum iis, aut similia. しかし、単にもし☆何か高いものがそこに隠れているなら、それは彼らに密着しない、または同様のものが、

☆この「もし」は「たとえ〜でも」の訳語がよいでしょう。さらに高い天界の天使たちには「たとえ高尚な者が隠れていても」感じることもできない、という意味になります。そのとき「しかし、単に」は省いてよいでしょう。

1748, 23 Febr. 1748223日。

 

(3) 訳文

天使たちは、人間せかけを、彼に最も秘密なものと見られるものを知覚していること

 

953. 霊魂あるいは人間が、あるものを考え、またあるものを話すこと〔のように〕、偽り装うことを欲する時、目の前の大きな黒い雲のように、これほどに明らかに天使の前に見られることができる。自分の思考を偽り装うことができる、そのようにいわば二重の思考がある者もまた存在する、〔その二重の意向が〕私に〔もある〕ように。彼らはそのように偽り装うことができると思っている、そのように欺くことを自分自身に思って、天使たちをもまた〔偽り装うことができる思っている〕――そのようにある者は言った。しかし、このようなものもまた薄い蒸気のように知覚されることが、私に知覚することが与えられた――これ〔薄い蒸気〕が私にまた霊たちに、けれども天使たちに霧(もや)、あるいはにおいとともに煙〔が知覚されえる〕。そのように、人間に最も秘密であるものが、単に内的な天界の天使の前にこんな程度に明らかである。さらに内的な天界の天使の前に、それらは、粗雑さのために感じられることもできない、たとえ何か高いものが、それは彼らに密着しない、または同様のものがそこに隠れていても。1748223日。

author:yasubee, category:霊界体験記, 08:47
comments(0), -, pookmark