RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『霊界体験記』 1327a〜1328

(1) 原文

1327a. Ideo instructi sunt, quis sensus interior verborum Domini sit, quod regnum coeleste adepturi qui persecutionem patiuntur, et qui miseri sunt: nempe qui persecutionem patiuntur, dum pro vera fide, et in vera fide, tunc nihil curant corporea et mundana, et quod per ''miseros et pauperes'' intelligantur qui spiritualiter miseri sunt et pauperes, ita si in mundo vel divites fuerint vel pauperes, vel in magna dignitate, si vel reges, vel{1} si mendicantes, ita omnes qui miseri et pauperes spiritualiter sunt, tum sic qui persecutiones patiuntur ab iis quae falsa sunt et mala, ac eas sustineant, ut in tentationibus, ita qui pugnant contra diaboli turbam: ita omnia in spirituali sensu intelligenda.

@1 J.F.I. Tafel ac

 

1328. Si enim miseri solum, pauperes, pupilli, et viduae haereditarent coelum, tunc excluderentur omnes reliqui, cum tamen id potius verum est, quod pauciores mendicantes, et pauperes quoad victum corporis, imo miseri quoad corporis vitam, dum non miseri sunt spiritualiter, in coelum veniant, quam alii: quam miserabilis vita est multorum nautarum, et multorum militum, tum multorum ex infima plebe, et tamen ne hilum cogitant de vita aeterna, et de coelo, praeter similia alia, quae magis ventilanda et explicanda sunt, sicut etiam dictum: dictum quod regina Arabiae in coelum prius admittenda, quam tales: et reor quod illa quoque in coelo sit.

 

(2) 直訳

1327a. Ideo instructi sunt, quis sensus interior verborum Domini sit, quod regnum coeleste adepturi qui persecutionem patiuntur, et qui miseri sunt: それゆええられた、主のみことばの内的意味でだれか、天界王国ること(adippiscor)その迫害またその悲惨であること――

nempe qui persecutionem patiuntur, dum pro vera fide, et in vera fide, tunc nihil curant corporea et mundana, すなわちその迫害ける、信仰真理のためにまた信仰真理その時、何形体的(身体)また世俗のものをにしない

et quod per ''miseros et pauperes'' intelligantur qui spiritualiter miseri sunt et pauperes, また、「悲惨しい者」によって、霊的悲惨であるまたしい意味される

ita si in mundo vel divites fuerint vel pauperes, vel in magna dignitate, si vel reges, vel{1} si mendicantes, そのようにたとえあるいはんだであったあるいはしい者、あるいはなる地位たとえあるいは王、あるいはたとえ乞食をする者〔であっても〕、

ita omnes qui miseri et pauperes spiritualiter sunt, そのようにすべての者、霊的に悲惨な者と貧しい者である、

tum sic qui persecutiones patiuntur ab iis quae falsa sunt et mala, またこのようにその者はそれらから迫害を被る、それらは虚偽と悪である、

ac eas sustineant, ut in tentationibus, そして、それらを耐える、試練の中のように、

ita qui pugnant contra diaboli turbam: そのように、その者は悪魔の群れに対して戦う――

ita omnia in spirituali sensu intelligenda. そのように、すべてのものが霊的な意味の中で理解されなければならない。

 

1328. Si enim miseri solum, pauperes, pupilli, et viduae haereditarent coelum, tunc excluderentur omnes reliqui, というのは、もし悲惨な者だけが、貧しい者、孤児、またやもめが天界を相続する(受け継ぐ)ら、その時、残りのすべての者は締め出されるからである、

cum tamen id potius verum est, quod pauciores mendicantes, et pauperes quoad victum corporis, imo miseri quoad corporis vitam, dum non miseri sunt spiritualiter, in coelum veniant, quam alii: そのときそれでもそのことはむしろ真理である、少ない者〔である〕こと、乞食をする者また、貧しい者、身体の食物に関して、それどころか悲惨な者、身体の生活に関して、霊的に悲惨でない時、天界にやって来る、他の者よりも――

quam miserabilis vita est multorum nautarum, et multorum militum, tum multorum ex infima plebe, et tamen ne hilum cogitant de vita aeterna, et de coelo, praeter similia alia, quae magis ventilanda et explicanda sunt, sicut etiam dictum: どれほど多くの水夫(船員)の生活は悲惨であるか、また多くの兵士の、なおまた最も低い庶民からの多くの者は、またそれでも決して永遠のいのちについて考えない、また天界について、さらに同様の他のもの、それらはさらに議論しなければならない、また説明されなければならない、言われたようにもまた――

dictum quod regina Arabiae in coelum prius admittenda, quam tales: 言われた、アラビアの女王☆は天界の中に前に入れらなければならないこと、このような者よりも――

シェバの女王(列王記10:1)です。シェバは今のサウジアラビアの中心(一説では西南)を示す古代名。〔今のイエメン〕

et reor quod illa quoque in coelo sit. また、私は思う、彼女もまた天界の中にいること。

 

(3) 訳文

1327a. それゆえ、迫害を被る者、また悲惨である者が天界の王国を得るとき、その者は主のみことばの内的な意味で、だれであるか教えられた――すなわち、信仰の真理のために、また信仰の真理の中で迫害を受ける者であり、その時、何も形体的な(身体の)の、また世俗のものを気にしない。また、「悲惨な者と貧しい者」によって、霊的に悲惨である、また貧しい者が意味される。そのように、たとえ世の中で、あるいは富んだ者、あるいは貧しい者、あるいは大なる地位の中にある者、たとえあるいは王、あるいはたとえ乞食をする者であっても、そのように、霊的に悲惨な者と貧しい者であるすべての者である。またこのようにその者は虚偽と悪から迫害を被る。そして、それらを、試練の中のように耐え、そのように、その者は悪魔の群れに対して戦う――そのように、すべてのものが霊的な意味の中で理解されなければならない。

 

1328. というのは、もし悲惨な者だけが、貧しい者、孤児、またやもめが天界を受け継ぐなら、その時、残りのすべての者は締め出されてしまうからである。そのときそれでも、身体の食物に関して乞食をする者、貧しい者、それどころか、身体の生活に関して悲惨な者は、霊的に悲惨でない時に天界にやって来る他の者よりも少ないことがむしろ真理である――れほど多くの船員の、また多くの兵士の、なおまた最も低い庶民からの多くの者の生活は悲惨であるか、またそれでも決して永遠のいのちについて、また天界について、さらに同様の他のもの、言われたように、それらはさらに議論しなければならない、また説明されなければならないものにについて考えない――アラビアの女王☆は天界の中にこのような者よりも前に入れらなければならないことが言われた――私は、彼女もまた天界の中にいると思う。

 

シェバの女王(列王記10:1)です。シェバは今のサウジアラビアの中心(一説では西南)を示す古代名。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 08:12
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1327

(1) 原文

1327. Sed dixerunt quod pro fide et evangelio, persecutiones passi sunt, sed quia in tali statu erant sicut in corporis sua vita, iis dictum est, an passi sint pro fide, sic pro Domino, an pro semet, ut sederent super 12 thronis, et judicarent 12 tribus, an sic pro Regno Domini, an pro suomet Regno, sic an pro fide in Dominum, sic num pro{1} veritate fidei, cum hoc repugnat veritati, ut pro sua gloria [paterentur], tum quod ex merito suo salvarentur, quod non negare potuerunt, quin id crediderint, sed iis ostensum est quod pro sua gloria, sic non pro veritate [passi sint], ita non aliter ac ii qui pro haeresibus, et pro similibus causis; quod crediderint, cum tamen non fides esset vera, et tamen vere docuerint, hoc satis commune et notum est, quod praedicare queant homines vera, sed tamen aliter vivere; voluerunt etiam vitam eorum{a} adferre, quomodo damnaverint homines, et arrogaverint sibi potestatem excommunicandi et liberandi, seu claudendi et aperiendi coelum, sed usque id non licitum erat in particularibus de vita eorum quicquam adferre: et quod dixerint, se non aliter credidisse, quam pro vera fide, et sic pro Domino, responsum est, quod unusquisque vivat, sicut credit, sic ex vita concludi possit, qualis fides, tum quod multi putent se credere seu fidem habere, cum tamen non habeant, quia vita ostendit, quae fides, ad haec, cum pensitarent quidem, nihil respondere poterant; modo dictum, quod Dominus reservet iis aliquid boni, qui putant se credere, tametsi non credunt.

@1 imperfectum in ms.

@a fortasse pro suam h.e. apostolorum〔おそらく「自分の」として、すなわち、「使徒たちの」〕

 

(2) 直訳

1327. Sed dixerunt quod pro fide et evangelio, persecutiones passi sunt, しかし、彼らは言った、信仰と福音のために迫害を被ったこと、

sed quia in tali statu erant sicut in corporis sua vita, iis dictum est, しかし、このような状態の中にいたので、自分の身体のいのちの中のような、彼らに言われた、

an passi sint pro fide, sic pro Domino, 信仰ために被ったのかどうか、このように(したがって)のために、

an pro semet, ut sederent super 12 thronis, et judicarent 12 tribus, 自分自身のためにかどうか、12の王座の上に座るために、また12部族を裁く、

an sic pro Regno Domini, an pro suomet Regno, このように(したがって)の王国のためにかどうか、自分自身の王国のためにかどうか、

sic an pro fide in Dominum, sic num pro{1} veritate fidei, cum hoc repugnat veritati, ut pro sua gloria [paterentur], tum quod ex merito suo salvarentur, このように(したがって)主への信仰のためにかどうか、このように信仰の狄人瓩里燭瓩砲どうか、このことが狄人瓩膨餽海垢襪箸、自分の栄光(称賛)のために〔明らかにされる〕ために、なおまた功績から自分が救われること、

quod non negare potuerunt, quin id crediderint, このことを彼らは否定することができなかった、むしろそのことを信じていた、

sed iis ostensum est quod pro sua gloria, sic non pro veritate [passi sint], ita non aliter ac ii qui pro haeresibus, et pro similibus causis; しかし、彼らに示された、自分の自分の栄光(称賛)のために、このように狄人瓩燭瓩砲任覆〔被った〕こと、そのように異ならないそして彼らはその者は異端のために、また同様の理由のために。

quod crediderint, cum tamen non fides esset vera, et tamen vere docuerint, hoc satis commune et notum est, 彼らが信じたこと、それでも信仰は真理(真のもの)でなかった、またそれでも真に教えたとき、このことは十分に普通、またよく知られている、

quod praedicare queant homines vera, sed tamen aliter vivere; 人間が真理を語る(説教する)とができる、しかしそれでも異なって生きること。

voluerunt etiam vitam eorum{a} adferre, quomodo damnaverint homines, et arrogaverint sibi potestatem excommunicandi et liberandi, seu claudendi et aperiendi coelum, さらにまた彼らの〔自分の☆〕生活を提示すること、どのように人間を断罪したか、また自分自身に破門するまた解放する力を主張した(自分のものとした)か、または天界を閉ざすまた開く〔力を〕、

注参照。

sed usque id non licitum erat in particularibus de vita eorum quicquam adferre: しかしそれでも、そのことは許されなかった、個別のもの(細目)の中の彼らのいのちについて、何でも提示すること――

et quod dixerint, se non aliter credidisse, quam pro vera fide, et sic pro Domino, また彼らが言ったこと、自分自身に異なって信じていなかったこと、信仰の真理のために以外に、またこのように(したがって)のために、

responsum est, quod unusquisque vivat, sicut credit, sic ex vita concludi possit, qualis fides, 答えられた、それぞれの者が生きていること、信じるように、このように(したがって)生活から結論されることができる、どんな信仰か、

tum quod multi putent se credere seu fidem habere, cum tamen non habeant, quia vita ostendit, quae fides,  なおまた、多くの者が思っていること、自分自身に、信じていることまたは信仰を持っていること、そのときそれでも、持っていない、生活か示すからである、どんな信仰か、

ad haec, cum pensitarent quidem, nihil respondere poterant; これらに、ある者が熟考したとき、何も答えることができなかった。

modo dictum, quod Dominus reservet iis aliquid boni, qui putant se credere, tametsi non credunt. 単に言われた、主は彼ら〔のため〕に善の何らかのものを保存している、その者は自分自身を信じている(=信仰を持っている)と思っている、たとえ信じていなくても(=そうでなくても)

 

(3) 訳文

1327. しかし、彼らは、信仰と福音のために迫害を被ったことを言った。しかし、自分の身体のいのちの中のような状態の中にいたので、彼らに言われた――信仰ために、したがって主のために被ったのか、自分自身のために、12の王座の上に座り、12部族を裁くためにか、したがって主の王国のためにか、自分自身の王国のためにか、したがって主への信仰のためにか、このように信仰の狄人瓩里燭瓩砲、このことが狄人瓩膨餽海垢襪箸、自分の称賛ために、なおまた功績から自分が救われるのためにか〔明らかにされる〕。このことを彼らは否定することができなかった、むしろそのことを信じていた。しかし、彼らに、自分の自分の称賛のために、このように狄人瓩燭瓩砲任覆、そのように彼らは異端のために、また同様の理由のために〔被った〕のと異ならないことが示された。

 信仰は真のものでなかった、またそれでも真に教えたとき、彼らが〔これを〕信じたことは、十分に普通であり、またよく知られている。人間は真理を説教することができ、しかしそれでも異なって生きることができる。さらにまた、どのように人間を断罪したか、また自分自身に破門するまた解放する力を、または天界を閉ざすまた開く力を自分のものとしたか、自分の生活を示すことができる。しかしそれでも、彼らのいのちについて個別のものを何でも示すことは許されなかった――

 また彼らが、自分自身に信仰の真理のために、このようにのためにとしか信じていなかった、と言ったことに〔対して〕、答えられた――それぞれの者が、信じるように生きていること、したがってどんな信仰か生活から結論されることができる、なおまた、多くの者が、自分自身に、信じているまたは信仰を持っていると思っていること、そのときそれでも、持っていない、どんな信仰か、生活か示すからである。これらに、ある者が熟考したとき、何も答えることができなかった。主は、信仰を持っていると思っている者のために、たとえそうでなくても、その者ののために何らか善を保存されている、とだけ言われた。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 22:03
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1325,1326

(1) 原文

1325. Alterum objectum ratiocinationum erat, num aliquis admitteretur in coelum, nisi qui persecutiones et miserias passi sunt in mundo, quod etiam defendunt satis vehementer quoque apostoli, dum in statu vitae prioris seu corporis sunt, ac ita judicare volunt, et dum iis licet, modo tentaminis causa, judicare, tunc dictum est, quod alios in coelum admittere nolint, quam solum martyres, et qui persecutiones passi, et sic miserias, ita quoque intelligunt verba Domini, secundum sensum literae, quod beati qui talia patiuntur, secundum verba [Matth. V: 11]; ideo quoque mereri volunt coelum, et sic haereditare illud ex merito, quare alios quoscunque{1} excludere volunt, et prius volunt judicare, ut sustineant poenas; tale quoque est eorum judicium; quod passim prius dixerunt, ita praeferendos se putantes, quia prae aliis talia sustinuerunt, et Evangelium per orbem divulgarunt; de quibus prius saepe contentiones fuerunt.

@1 ms. alios, quoscunque

 

1326. Sed iis clare ostensum, quod hoc prorsus non est sensus verbi Domini, sic etenim nullus hodie in coelum potuisset admitti, quia nullae tales persecutiones in mundo, Ecclesiis jam constabilitis, sic nec martyria; et praeterea, si solum persecutiones et martyria, absque respectu qua fide, qua veritate, qua mente, et quo corde, talia ambiunt vel cupiunt pati, eos salvarent, tunc his{1} saeculis imprimis vindicarent sibi coelum, qui patiuntur pro suis opinionibus, etiam pro haeresibus, sicut quoque Quakeriani, imo alii ex causis mundanis, praeter plures.

@1 ms. heis ut videtur, quod forte stabit ut forma antiqua

 

(2) 直訳

1325. Alterum objectum ratiocinationum erat, num aliquis admitteretur in coelum, nisi qui persecutiones et miserias passi sunt in mundo, 第二の推論の対象であった、だれかは天界の中に入れられるかどうか、世の中で迫害された者、また悲惨さを被った者でないなら、

quod etiam defendunt satis vehementer quoque apostoli, dum in statu vitae prioris seu corporis sunt, ac ita judicare volunt, そのこともまた弁護した、十分に激しく、使徒たちも、以前の、すなわち、身体のいのちの状態の中にいる時、そして、そのように裁くことを欲する、

et dum iis licet, modo tentaminis causa, judicare, tunc dictum est, quod alios in coelum admittere nolint, quam solum martyres, et qui persecutiones passi, et sic miserias, また、彼らに許される時、単に試みのために、裁くことが、その時、言われた、他の者を天界の中へ入れることを欲しないこと、殉教者だけ、また迫害を、またこのように悲惨さを被った者以外に、 

ita quoque intelligunt verba Domini, secundum sensum literae, quod beati qui talia patiuntur, secundum verba [Matth. V: 11]; そのようにもまた主のみことばを理解している、文字どおりの意味にしたがって,このようなことを被る者は祝福されている(幸いだ)、ことばにしたがって〔マタイ5:11〕。

ideo quoque mereri volunt coelum, et sic haereditare illud ex merito, それゆえ、彼らは天界に値することを欲する、またこのように功績からそれを相続することを、

quare alios quoscunque{1} excludere volunt, et prius volunt judicare, ut sustineant poenas; それゆえ、他の者をだれでも、締め出すことを欲する、また、最初に裁くことを欲する、罰を受けるように。

tale quoque est eorum judicium; このようなものもまた彼らの裁きである。

quod passim prius dixerunt, ita praeferendos se putantes, quia prae aliis talia sustinuerunt, et Evangelium per orbem divulgarunt; そのことはしばしば前に言われた、そのように優先される者〔と〕自分自身を思っている()、他の者よりもこのようなものを被ったからである、また世界中に福音を公表した。

de quibus prius saepe contentiones fuerunt. それらについて前にしばしば論争があった。

 

1326. Sed iis clare ostensum, quod hoc prorsus non est sensus verbi Domini, しかし、彼らにはっきりと示された、このことはまったく主のみことばの意味ではないこと、

sic etenim nullus hodie in coelum potuisset admitti, quia nullae tales persecutiones in mundo, Ecclesiis jam constabilitis, sic nec martyria; このように、今日、だれも天界の中に入れられることができないからである、世の中にこのような迫害が何もないからである、すでに教会が確立されて、このように殉教もない。

et praeterea, si solum persecutiones et martyria, absque respectu qua fide, qua veritate, qua mente, et quo corde, talia ambiunt vel cupiunt pati, eos salvarent, またさらに、もし迫害と殉教だけが、どの〔種類の〕信仰か、どの〔種類の〕狄人瓩、どの〔種類の〕心かの観点からは(に関して)しに、またどの〔種類の〕心で、このようなものを求めるあるいは受けることを欲するなら、彼らを救う〔ものとして〕、

tunc his{1} saeculis imprimis vindicarent sibi coelum, qui patiuntur pro suis opinionibus, etiam pro haeresibus, sicut quoque Quakeriani, その時、これらの時代で、特に、自分自身に天界を要求する(ことになる、〜てもよい)、その者は自分の見解のために苦しむ、さらにまた異端のために、そのようにクエーカーもまた、

imo alii ex causis mundanis, praeter plures. それどころか他の者たちは、世俗の理由から、さらに多くの者は〔要求してもよい〕〔ことになってしまう〕。

 

(3) 訳文

1325. 第二の推論の対象は、世の中で迫害された者また悲惨さを被った者でないだれかが界の中に入れられるか、であった。そのこともまた、使徒たちは、以前のすなわち身体のいのちの状態の中にいる時、十分に激しく弁護した、そして、そのように裁くことを欲する。また、彼らに、ただ試みのために、裁くことが許される時、殉教者だけ、また迫害をまたこのように悲惨さを被った者以外に、他の者を天界の中へ入れることを欲しないこと、文字どおりの意味にしたがって,このようなことを被る者は祝福されているということばにしたがって〔マタイ5:11〕。そのように主のみことばも理解していることが言われた。それゆえ、彼らは天界に値することを、またこのように功績からそれを相続することを欲する。それゆえ、他の者をだれでも、締め出すことを欲し、また、最初に罰を受けるように、と裁くことを欲する。

 このようなものもまた彼らの裁きである。そのことはしばしば前に言われた、他の者よりもこのようなものを被った、また世界中に福音を広めたので、そのように自分自身を優先される者と思っていることである。それらについて前にしばしば論争があった。

 

1326. しかし、彼らに、このことは主のみことばの意味ではまったくないことがはっきりと示された。このように、今日、すでに教会が確立されて、世の中に、このような迫害が何もなく、このように殉教もないとき、だれも天界の中に入れられることができないからである。またさらに、もし迫害と殉教だけが、どの信仰か、どの狄人瓩、どの心か、またどの心で、の観点から何も関係なく、彼らを救う〔ものとして〕、このようなものを求めるかあるいは受けることを欲するなら、その時、これらの時代で、特に、自分の見解のために、さらにまた異端のために苦しむ者は、そのようにクエーカーもまた、それどころか他の者たちも、世俗の理由から、さらに多くの者も、自分自身に天界を要求してよいことになってしまう。 

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 07:02
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1323,1324

(1) 原文

1323. Ostensum praeterea, quod totum coelum usque videatur judicium exercere, tam coelum spirituum, quam angelorum, quidam id ex officio, secundum provincias in corpore, quidam ex eo, quod velint vel non velint admittere spiritus in sua{1} consortia, sic ut diligant eorum societatem, aut aversentur, sic unusquisque de societate ista judicat, eum admittendo vel ejiciendo: coelum angelorum de iis similiter{a} quae sunt fidei, quae per 12 tribus, et 12 thronos, ac discipulos, intelliguntur{2}, nam angeli triplicis coeli similiter amant admittere eos qui sunt fidei in suas societates, vel non admittunt, ita judicant; cum tamen ii nequaquam judicant, sed Solus Dominus, Qui ita disponit in universali, et singularissimis, ut sic existat, angeli non sciunt aliter ac ii sint qui consentiunt et sic admittunt, nam ita fit per consensus: et hoc nunc est quod per 12 thronos, et 12 tribus, et 12 apostolos intelligitur, non quod ii sint qui judicaturi, quod prorsus falsum est.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. eorum

@2 ms. intilliguntur

@a h.e. similiter de iis [judicat]

 

1324. Quod Dominus Solus judicet omnes, etiam idea spirituali communi tunc quoque iis manifeste ostensum est, quod unanimiter fassi sunt tunc percipere.

 

(2) 直訳

1323. Ostensum praeterea, quod totum coelum usque videatur judicium exercere, tam coelum spirituum, quam angelorum, さらに示された、全天界までも審判を行なうことが見られた、霊たちの天界も天使たちの〔天界〕も、

quidam id ex officio, secundum provincias in corpore, ある者はそれを任務から、身体の中の領域にしたがって、

quidam ex eo, quod velint vel non velint admittere spiritus in sua{1} consortia, ある者はそのことから、霊たちを自分の交わりの中に入れることを欲するかあるいは欲しないこと、

sic ut diligant eorum societatem, aut aversentur, そのように自分の社会を好くか、あるいは退けるか、

sic unusquisque de societate ista judicat, eum admittendo vel ejiciendo: そのようにそれぞれの者がその社会について裁く(判断を下す)、彼を入れるべきか、あるいは退けるべきか――

coelum angelorum de iis similiter{a} quae sunt fidei, quae per 12 tribus, et 12 thronos, ac discipulos, intelliguntur{2}, 天使たちの天界は、それらについて同様に〔裁く〕、それらは信仰のものである、それらは12部族によって、また12の王座、そして弟子たち、意味される、

nam angeli triplicis coeli similiter amant admittere eos qui sunt fidei in suas societates, vel non admittunt, ita judicant; なぜなら、三重の天界の天使たちは同様に彼らを入れることを愛している、その者は信仰に属する、自分の社会の中へ、あるいは入れない、そのように裁くからである。

cum tamen ii nequaquam judicant, sed Solus Dominus, Qui ita disponit in universali, et singularissimis, ut sic existat, そのときそれでも彼らは決して裁かない、しかし、主おひとりが、その方はそのように全般的なものの中に、また最も個々のものの中に配置する、このように存在するように、

angeli non sciunt aliter ac ii sint qui consentiunt et sic admittunt, nam ita fit per consensus: 天使たちは異なって知らない、そして彼らである、その者は同意するまたこのように入れる、なぜなら、そのように同意によって行なわれるからである――

et hoc nunc est quod per 12 thronos, et 12 tribus, et 12 apostolos intelligitur, non quod ii sint qui judicaturi, quod prorsus falsum est. また、このことが、今や、12の王座によって、また12部族、また12弟子、意味される、彼らであること、その者は裁く〔ことは意味され〕ない、まったくの虚偽であること。

 

1324. Quod Dominus Solus judicet omnes, etiam idea spirituali communi tunc quoque iis manifeste ostensum est, 主おひとりがすべての者を裁くこと、さらにまた、霊的な全般的な観念がその時もまた彼らにはっきりと示された、

quod unanimiter fassi sunt tunc percipere. 一致して認めた(告白した)、その時、知覚したことを。

 

(3) 訳文

1323. さらに、霊たちの天界も天使たちの天界も、全天界までも審判を行なうことが見られたことが示された。 ある者はそれを、身体の中の領域にしたがって、任務から、ある者は、霊たちを自分の交わりの中に入れることを欲するかあるいは欲しない、そのように自分の社会を好くか、あるいは退けるか、そのことから、そのようにそれぞれの者がその社会について、彼を入れるべきか、あるいは退けるべきか裁く(判断を下す)――

 天使たちの天界は、12部族に、また12の王座、そして弟子たちよって意味される信仰のものについて同様に裁く。なぜなら、三重の天界の天使たちは同様に信仰に属する者を、自分の社会の中へ入れることを愛している、あるいは入れない、そのように裁くからである。そのときそれでも彼らは決して裁かない、しかし、主おひとりが裁かれる、その方はそのように全般的なものの中に、また最も個々のものの中に、このように存在するように配置される。天使たちは、同意し、このように入れる者が自分たちであるとしか知らない、なぜなら、そのように同意によって行なわれるからである――

 今や、このことが、12の王座、また12部族、また12弟子によって意味され、裁く者が彼らであることは意味されない、〔そのようように思うのは〕まったくの虚偽である。

 

1324. 主おひとりがすべての者を裁くこと、さらにまた、〔そのことの〕霊的な全般的な観念がその時もまた彼らにはっきりと示され、その時、知覚したことを一致して認めた。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 22:03
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1321,1322

(1) 原文

1321. Objecta ratiocinationum{1} erant imprimis tria, quae quoque succedebant, primum erat, num secundum literam intelligendum, quod apostoli super 12 thronis sederent, et judicarent duodecim tribus Israelis [Matth. XIX: 28, Luc. XXII: 30], quod defendunt multi; erant ii, qui talem sensum inde capiunt, in confusione ista, et tunc simul ex timore, quod rueret coelum, ut ajunt, in quadam anxietate, quod deturbarentur ex suis judiciis, plures apostolorum etiam simul erant, qui erant subjecta eorum, qui talem sensum inde capiunt, et defendunt; praeter aliquos apostolorum, qui non ibi erant, nam dum ii in statum vitae corporis remittuntur, quod fit dum e coelo angelorum, in coelum spirituum, remittuntur, tales sunt, ut ea defendant, non enim aliter in vita corporis crediderunt, quam quod judicarent 12 tribus Israelis; et quia id interiori sensui verborum prorsus repugnat, indignantur valde, postulantes tunc, ut judices essent, perplures etiam eos excitant, qui amant similes tumultus, et apostolos contra Ecclesiam et sensum interiorem, et magis contra intimiorem excitare cupiunt.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. ratiocinatum

 

1322. Sed iis manifeste ostensum est, tam{1} voce, quam spirituali idea, quod hoc solum ratiocinatio, sic falsitas esset, cum ii, ne quidem unum spiritum judicare possint, et quidem{a} tam perverse et sinistre, sicut ii qui praesunt provinciae{2} renum et ureterum; impossibilitates iis manifeste ostensae sunt, sic ut indignarentur, et faterentur se erravisse in suis{3} opinionibus.

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. tum

@2 ms. proviniae

@3 sic J.F.I. Tafel; ms. eorum

@a h.e. si non

 

(2) 直訳

1321. Objecta ratiocinationum{1} erant imprimis tria, quae quoque succedebant, 彼らの推論の対象は、特に、三つであった、それらもまた続けられた、

primum erat, num secundum literam intelligendum, 最初のものであった、文字どおりの意味にしたがって理解されなければならないかどうか、

quod apostoli super 12 thronis sederent, et judicarent duodecim tribus Israelis [Matth. XIX: 28, Luc. XXII: 30], 使徒が12の王座の上に座ること、またイスラエルの十二部族を裁く〔マタイ19:28、ルカ22:30〕、

quod defendunt multi; そのことを多くの者が守った(弁護した)

erant ii, qui talem sensum inde capiunt, in confusione ista, et tunc simul ex timore, quod rueret coelum, ut ajunt, in quadam anxietate, quod deturbarentur ex suis judiciis, 彼らであった、その者はそのような意味をここから把握した、その混乱の中に〔いる〕、またその時、同時に恐れから、天が落ちる(崩壊する)と、〔人々が〕言うように、ある種の不安の中に、自分の裁判官〔の座〕から突き落とされる、

plures apostolorum etiam simul erant, qui erant subjecta eorum, qui talem sensum inde capiunt, et defendunt; 使徒の多くの者もまた一緒にいた、その者は彼らの派遣霊であった、その者はそのような意味をここから把握した、また守った(弁護した)

praeter aliquos apostolorum, qui non ibi erant, ほかに、使徒のある者は、その者はそこにいなかった、

nam dum ii in statum vitae corporis remittuntur, quod fit dum e coelo angelorum, in coelum spirituum, remittuntur, tales sunt, ut ea defendant, なぜなら、彼らが身体のいのちの状態の中に送り返される時、そのことは生じる天使たちの天界から、霊たちの天界の中へ、送り返される時、このような者であるからである、それらを守る(弁護する)うな、

non enim aliter in vita corporis crediderunt, quam quod judicarent 12 tribus Israelis; というのは、身体のいのちの中で異なって信じなかったからである、イスラエルの12部族を裁くこと以外に。

et quia id interiori sensui verborum prorsus repugnat, indignantur valde, postulantes tunc, ut judices essent, また、そのことはことばの内的な意味にまったく抵抗するので、彼らは大いに憤慨する、その時、要求して、裁判官であるように、

perplures etiam eos excitant, qui amant similes tumultus, et apostolos contra Ecclesiam et sensum interiorem, et magis contra intimiorem excitare cupiunt. 非常に多くの者もまた彼らをかきたてる、その者は同様の騒動を愛する、また使徒たちを教会と内的な意味に対して〔かきたてる〕、またさらに内的なもの〔意味〕にさらにかきたてることを欲する。

 

1322. Sed iis manifeste ostensum est, tam{1} voce, quam spirituali idea, しかし、彼らにはっきりと示された、声でも、霊的な考えでも、

quod hoc solum ratiocinatio, sic falsitas esset, このことは単(誤まった)論、そのように虚偽であったこと、

cum ii, ne quidem unum spiritum judicare possint, 彼らに、決してひとりの霊も裁くことができない、

et quidem{a} tam perverse et sinistre, sicut ii qui praesunt provinciae{2} renum et ureterum; 実際に、これほどに間違って、またゆがんで、彼らのように、その者は腎臓と尿管の領域に仕えている。

impossibilitates iis manifeste ostensae sunt, sic ut indignarentur, et faterentur se erravisse in suis{3} opinionibus. 不可能性が彼らにはっきりと示された〔ので〕、そのように憤慨した、また自分自身で認めた(告白した)、自分の見解の中で間違えていたこと。

 

(3) 訳文

1321. 彼らの推論の対象は、特に、三つであり、それらもまた続けられた。最初のものは、使徒が12の王座の上に座り、イスラエルの十二部族を裁くことは〔マタイ19:28、ルカ22:30〕、文字どおりの意味にしたがって理解されなければならないかであった。そのことを多くの者が弁護した。彼らは、そのような意味をここから把握し、その混乱の中にいて、またその時、同時に、人々が言うように天が落ち、自分が裁判官〔の座〕から突き落とされる恐れから、ある種の不安の中にいた。

 使徒の多くの者もまた一緒にいた――その者は、そのような意味をここから把握し、弁護した者の派遣霊であったほかに、使徒のある者はそこにいなかった。なぜなら、彼らが身体のいのちの状態の中に送り返される時、そのことは天使たちの天界から、霊たちの天界の中へ、送り返される時に生じるが、それらを弁護するような者であるからである。というのは、身体のいのちの中で、イスラエルの12部族を裁くことしか信じなかったからである。また、そのことは、ことばの内的な意味にまったく抵抗するので、彼らは、その時、裁判官であるように要求して、大いに憤慨する。同様の騒動を愛する非常に多くの者もまた、彼らをかきたて、また教会と内的な意味に対して使徒たちをかきたて、またさらに内的な意味に対してさらにかきたてることを欲する。

 

1322. しかし、彼らに決してひとりの霊も裁くことができないので、このことは単に(誤まった)推論そのように虚偽であったことが、彼らに、声でも霊的な考えでも、はっきりと示された。実際に、腎臓と尿管の領域に仕えている者のように、これほどに間違って、またゆがんでいた。不可能であることが彼らにはっきりと示されたので、そのように憤慨し、また自分の見解の間違えていたことを自分自身で認めた。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 10:37
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1319,1320

(1) 原文

1319. Tertium genus erat supra me ad dextrum, quod dein successit; erat stridens quasi murmur, non ita confusum, et quidem versabatur stridor talis huc illuc, seu cis et retro, et hoc mihi dicebatur, quod veritates fidei sic pugnarent cum ratiociniis, nam stridor est veritatum, quae tamen huc illuc sic cis et retro per ratiocinia adhuc tendunt.

 

1320. Dum haec tria genera sonorum existebant, erant tamen spiritus, qui mecum loquebantur et dicebant, quid significarent, qui distincte et in societate loquebantur; quorum loquela erumpebat usque inter sonitus istos, sic ut quid significarent, mihi diceretur.

 

(2) 直訳

1319. Tertium genus erat supra me ad dextrum, quod dein successit; 第三の種類が私の上方の右にあった、それはその後、続いた。

erat stridens quasi murmur, non ita confusum, いわばブツブツ声の耳障り〔なもの〕であった、そのように混乱はない、

et quidem versabatur stridor talis huc illuc, seu cis et retro, 実際に、耳障りな音はこのようにここにあちらに、すなわち、こちらにあちらに(前後に・行ったり来たり)向きを変えられた、

et hoc mihi dicebatur, quod veritates fidei sic pugnarent cum ratiociniis, また、このことが私に言われた、信仰の狄人瓩このように推論と戦うこと、

nam stridor est veritatum, quae tamen huc illuc sic cis et retro per ratiocinia adhuc tendunt. なぜなら、耳障りな音は狄人瓩任△襪らである、それがそれでもここにあちらに、このようにこちらにあちらに(前後に・行ったり来たり)依然として推論によって引っ張られる。

 

1320. Dum haec tria genera sonorum existebant, これら音の三つの種類が存在していた時、

erant tamen spiritus, qui mecum loquebantur et dicebant, quid significarent, それでも霊たちがいた、その者は私と話した、また言った、何を意味しているか、

qui distincte et in societate loquebantur; その者は明瞭にまた交際(結合・集まり・社会)☆の中で話した。

ここは交際仲間で「一致した」ものとして話したということでしょう。

quorum loquela erumpebat usque inter sonitus istos, それらの話しはそれでもその音の間から突発した、

sic ut quid significarent, mihi diceretur. そのように何を意味しているか、私に言われた。

 

(3) 訳文

1319.  その後、第三の種類が私の上方の右にあり、続いていた。そのような混乱のない、いわば耳障りなブツブツ声であった。このような耳障りな音が、実際に、ここにあちらに、すなわち、前に後に向きを変えられた。また、私に、信仰の狄人瓩このように推論と戦う、と言われた。なぜなら、耳障りな音は狄人瓩任△蝓△修譴それでも依然として、ここにあちらに、前に後に、推論によって引っ張られているからである

 

1320. これら三つの種類も音が存在していた時、それでも私と話し、何を意味しているか言った霊たちがいた。その者は明瞭にまた集まりの中で〔一致したものとして〕話した。それらの話しはそれでもその音の間から突発した。そのように、何を意味しているか、私に言われた。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 21:35
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1317,1318

(1) 原文

1317. Murmurum talium tumultus, seu sonus murmurum confusorum, erant triplicis generis, unum erat{1} circum caput circumquaque, solum confusio murmurum, et quidem ad aliquam distantiam circum, quod mihi dictum, fuisse solum cogitationum et inde erumpentium sonorum seu murmurum variatio, et sic confusio, ut unus non sciret, quid alter cogitaret et sciret, quale solet esse multae turbae simul et varie loquentis, et sic sicut aquae similiter fere sonantis, cui etiam assimilari in Verbo, reor [cf. Luc. XXI: 25, Apoc. XIV: 2].

@1 sic J.F.I. Tafel; ms. erant

 

1318. Alterum genus erat, quod successit; erat ad sinistrum tempus, sub me, sursum sonans, sicut curruum et equorum, permultorum, sicut dum similis sonus curruum et equorum exercitus auditur, aut permulti in plateis; hoc dicebatur mihi, quod esset conflictio ratiocinationum de veritatibus, quibus non fidem habere vellent, ita enim confligunt ratiocinationes.

 

(2) 直訳

1317. Murmurum talium tumultus, seu sonus murmurum confusorum, erant triplicis generis, このような騒動のブツブツ声は、または混乱のブツブツ声の音は、三重の種類であった、

unum erat{1} circum caput circumquaque, solum confusio murmurum, et quidem ad aliquam distantiam circum, 一つは〔私の〕頭のまわりにあった、周囲のあらゆる方向に、単なるブツブツ声の混乱、実際にある距離へ、

quod mihi dictum, fuisse solum cogitationum et inde erumpentium sonorum seu murmurum variatio, そのことが私に言われた、単なる思考とここから突発している音の、またはブツブツ声の相違、

et sic confusio, ut unus non sciret, quid alter cogitaret et sciret, またこのように混乱、ある者が知らないような、他の者が何を考えているか、また知っている、

quale solet esse multae turbae simul et varie loquentis, et sic sicut aquae similiter fere sonantis, 〜のような、よくある、多くの群衆が同時に、またいろいろに話している、またこのように、水とほとんど同様に、音を出して、

cui etiam assimilari in Verbo, reor [cf. Luc. XXI: 25, Apoc. XIV: 2]. それ〔水〕にもまたみことばの中でたとえられている、私は思う〔ルカ21:25、黙示録14:2参照〕。

 

1318. Alterum genus erat, quod successit; 第二の種類であった、それは続いた。

erat ad sinistrum tempus, sub me, sursum sonans, 左のこめかみにあった、私の下に、上に向かって音がしている、

sicut curruum et equorum, permultorum, sicut dum similis sonus curruum et equorum exercitus auditur, aut permulti in plateis; 馬車と馬の〔音の〕ような、非常に多くの、軍隊の馬車と馬の音に似たものが聞かれる時のような、または街路の中の非常に多くのものの〔音〕。

hoc dicebatur mihi, quod esset conflictio ratiocinationum de veritatibus, quibus non fidem habere vellent, このことが私に言われた、狄人瓩砲弔い討凌簣世両彳佑任△辰燭海函△修譴蕕里發痢稔狄人瓠佑某仰を持つことをも欲しない、

ita enim confligunt ratiocinationes. というのは、そのように推論(する者たち)戦うからである。

 

(3) 訳文

1317. このような騒動のブツブツ声(ざわめき)は、または混乱のブツブツ声の音は、三重の種類であった。一つは〔私の〕頭のまわりに、周囲のあらゆる方向に、単なるブツブツ声の混乱、実際にある距離へとあった。私に、単なる思考とここから突発している音にまたはブツブツ声の相違であることが言われた、ある者が、他の者が何を考え、また知っているか知らないような、このように混乱である。多くの群衆が同時に、またいろいろに話しているような、水とほとんど同様な音を出してときによくあるようなものである。私は、みことばの中でも、水にたとえられていると思う〔ルカ21:25、黙示録14:2参照〕。

 

1318. 第二の種類が続いていた。左のこめかみにあった、私の下から上に向かって音がしてい。

軍隊の馬車と馬の音に似たものが聞かれる時のような、非常に多くの馬車と馬の、または街路の中の非常に多くのものの音のようなであった。私に、狄人瓩悗凌仰を持党ともしない者の狄人瓩砲弔い討凌簣世両彳佑任△辰燭海箸言われた。というのは、推論する者たちはそのように戦うからである。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 12:33
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1316

(1) 原文

De tumultu in coelo spirituum, ex conflictu opinionum de veritatibus

 

1316. Aliquoties prius quidam tumultus similis quidem ortus est [cf. 243], nec tunc scivi aliud, quam quod omnium confusio esset, et sic ultimum judicium, nam quaedam idea ultimi quasi judicii est; apparet sicut chaos, nam auditur confusum murmur aut murmurans strepitus perplurium spirituum, qui nec aliter sciunt, quam quod tunc confunderentur omnia, societates enim dissolvuntur, et quilibet suamet opinione regitur, et quilibet pro se cogitat, ita non in societate seu communione, uno quasi spiritu, sed multis, quae quia variant, ex tacitis cogitationibus et simul ex murmurantibus loquelis, talis tumultus seu murmurans strepitus auditur, est quasi imago ultimi judicii, sic opinati etiam erant spiritus, nam sic num connecterentur amplius, consentirent, et quiescerent, non possunt non ignorare{1}; nesciveram prius quid tale esset, et cum spiritibus opinatus, quod tunc confunderentur omnia, nam est quasi confusio labiorum [cf. Gen. XI: 7-9] , seu chaos opinionum de certis veritatibus, quae cumprimis sunt objecta eorum cogitationum, ita chaos spirituale existere videtur.

@1 ms. dubi[tare] igno[rare] ignorare

 

(2) 直訳

De tumultu in coelo spirituum, ex conflictu opinionum de veritatibus 霊たちの天界の中の騒動について、狄人瓩砲弔い討慮解の衝突から〔起こる〕

1316. Aliquoties prius quidam tumultus similis quidem ortus est [cf. 243], 数回、前にある種の同様の騒動が確かに起こった〔243参照〕、

nec tunc scivi aliud, quam quod omnium confusio esset, et sic ultimum judicium, その時、私のものをらなかったすべてのもの混乱であったこと以外に、またそのように最後の審判、

nam quaedam idea ultimi quasi judicii est; なぜなら、ある種の観念である、いわば最後の審判のような。

apparet sicut chaos, カオス(混沌)のように見られる、

nam auditur confusum murmur aut murmurans strepitus perplurium spirituum, qui nec aliter sciunt, quam quod tunc confunderentur omnia, なぜなら、混乱のブツブツ声が聞かれるからであり、または非常に多くの霊のつぶやいている喧騒、その者は異なって知らない、その時、すべてのものが混乱させられること以外に、

societates enim dissolvuntur, et quilibet suamet opinione regitur, et quilibet pro se cogitat, ita non in societate seu communione, uno quasi spiritu, sed multis, というのは、社会分解される、まただれでも自分の見解に支配される、まただれも自分自身のために考える、そのように社会または大衆の中で〔考え〕ない、いわば一つの霊〔として考え〕、しかし、多くの〔霊として考えない〕、

quae quia variant, ex tacitis cogitationibus et simul ex murmurantibus loquelis, talis tumultus seu murmurans strepitus auditur, それらは多様であるので、音伴わない(暗黙の)思考から、また同時に話しのつぶやくことから、このような騒動またはつぶやいている喧騒が聞かれる、

est quasi imago ultimi judicii, いわば最後の審判の映像である、

sic opinati etiam erant spiritus, このように霊たちもまた信念を抱いた、

nam sic num connecterentur amplius, consentirent, et quiescerent, non possunt non ignorare{1}; なぜなら、このようにもはや連結されるかどうか、一致する、また休む、知らないことがない、ことができない☆。

☆「ない〜ない〜ない」の三重否定()ですね。「〜ない」でよいでしょう。

nesciveram prius quid tale esset, et cum spiritibus opinatus, quod tunc confunderentur omnia, 私は以前に知らなかった、このようなものが何であったか、また霊たちとともに信念を抱いた、その時、すべてのものが混乱させられること、

nam est quasi confusio labiorum [cf. Gen. XI: 7-9] , seu chaos opinionum de certis veritatibus, quae cumprimis sunt objecta eorum cogitationum, なぜなら、いわば唇(言語)混乱のようであるからである〔創世記11:7-9参照〕、すなわち、ある狄人瓩砲弔い討慮解のカオス、それらは特に、彼らの思考の対象である、

ita chaos spirituale existere videtur. そのように霊的なカオス(混沌)が存在することが見られる。

 

(3) 訳文

狄人瓩砲弔い討慮解の衝突から起こる霊たちの天界の中の騒動について、

 

1316. 以前に、数回、ある種の同様の騒動が確かに起こった〔243番参照〕。その時、私すべてのもの混乱であった、またそのように最後の審判であったとしか知らなかった。なぜなら、カオス(混沌)のように見られる、ある種の観念、いわば最後の審判のようであったからである。なぜなら、混乱のブツブツ声が、または非常に多くの霊のつぶやいている喧騒が聞かれ、その者は、その時、すべてのものが混乱させられとしか知らないからである。というのは、社会解体され、だれもがも自分の見解に支配され、だれもが自分自身のために考え、そのように社会または大衆の中で〔考え〕ない、いわば一つの霊〔として考え〕、しかし、多くの〔霊として考えない〕からである。

 それらは多様であり、音伴わない思考から、また同時につぶやく話しから、このような騒動またはつぶやいている喧騒が聞かれるからであるいわば最後審判映像であり、霊たちもまたこのような信念いたなぜならこのようにもはや連結され、一致また(=おさまる)かどうか、知らないからである。私は以前に、このようなものが何であるか知らないで、霊たちとともに、その時、すべてのものが混乱させられるとの信念を抱いた。なぜなら、いわば唇(言語)混乱のようであるからである〔創世記11:7-9参照〕、すなわち、ある狄人瓩砲弔い董△修譴蕕脇辰法彼らの思考の対象である、その見解のカオスである。そのような霊的なカオスが存在することが見られる。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 00:12
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1315

(1) 原文

Quod angeli loquantur quandoque cum iis in profundissimo inferno

 

1315. Audivi angelos per spiritus, loquutos cum iis in infimo inferno, sed mediis spiritibus, et tametsi hi e carcere suo aliquando ob certas causas emittuntur, usque talis gurges, est inter infernum et coelum, ut nusquam transcendere possint, sed per gurgitem [cf. Luc. XVI: 26] intelligitur, quod nusquam possibile sit, ut infernalis possit in coelestem societatem venire, nam sunt prorsus repugnantes. 1748, 12 Martius.

 

(2) 直訳

Quod angeli loquantur quandoque cum iis in profundissimo inferno 天使たちは時々、最も深い地獄の中の彼らと話すこと

1315. Audivi angelos per spiritus, loquutos cum iis in infimo inferno, sed mediis spiritibus, 私は霊たちを通して天使たちを聞いた、彼らと話している者を、低い地獄の中の、しかし媒介の霊たちで(によって)

et tametsi hi e carcere suo aliquando ob certas causas emittuntur, またそれでもこれらの者は自分の牢獄から時々、ある理由のために送り出される、

usque talis gurges, est inter infernum et coelum, ut nusquam transcendere possint, それでもこのような深淵が、地獄と天界の間にある、決して越えることができないような、

sed per gurgitem [cf. Luc. XVI: 26] intelligitur, quod nusquam possibile sit, ut infernalis possit in coelestem societatem venire, しかし、深淵によって意味される〔ルカ16:26参照〕、決して可能でないこと、地獄の者が天界の社会の中にやって来ることのような、

nam sunt prorsus repugnantes. なぜなら、〔互いに〕まったく反感を抱いている者たちであるからである。

1748, 12 Martius. 1748312日。

 

(3) 訳文

天使たちは、時々、最も深い地獄の中の者と話すこと

 

1315. 私、霊たちをしかし媒介たちをして、天使たちが地獄しているのをいたたとえこれらの自分牢獄から、時々、ある理由のためにされていても、それでも、地獄天界、決してえることができないような深淵があるしかし、深淵によって〔ルカ16:26参照〕、地獄の者が天界の社会の中にやって来ることが決して可能でないようなことが意味される。なぜなら、〔互いに〕まったく反感を抱いている者たちであるからである。1748312日。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 09:25
comments(0), -, pookmark
原典講読『霊界体験記』 1313〜1314

(1) 原文

Quod Dominus Deus Solus vivat

 

1313. Spiritus valde indignantur, cum dixi, quod Solus Dominus Deus vivat, et quod nullus homo, spiritus ac angelus vivat ex se, seu habeat vitam ex se, et quod modo sit organum vitae; hoc quia spiritus non comprehendere possunt, variis demonstravi, sicut 1) quod sensus corporis seu corpus non vivat ex se sed ex spiritu, spiritus nec ex se sed ex ejus anima, sic anima nec a semet, sed a Domino, 2) tum quod homo non aliter putet, quam quod corpus ejus vivat, et usque animae post mortem, seu spiritus, cum quibus loquutus, usque vivant, tametsi corpus abest, quod in vita non crediderunt, tum quod anima putet se vivere ex corporeis, in quibus solam vitam ponit, cum tamen iis notum est, quod corporeum animae, et auferri possit, et [is] usque vivere interiori vita, et hoc similiter, quod iis ad oculum ostensum est, sic non denegatur; 3) [quaesivi,] quomodo velint concipere vitam hominis seu spiritus, num aliter ac formam seu organum, [vel]{1} num sicut vitalis flamma intus manens et accendens vitamquod{2}{a} quia concipere nullus spirituali visione potest, hinc non potuerunt non consentire; quicquid ab hominibus potest contradici{3}, sunt nihil praeter voces, sicut quod vita ex vita, sic separatima{b}; 4) ita quoque spiritus meliores interiorem vitam vivunt quam animae recentes, angeli interioris coeli, adhuc interiorem, deposita priori, angeli intimioris coeli intimiorem, deposita interiori, quod concipere inferiores nequeunt, sed omnes superiores bene. 1748, 12 Martius. Nullus potest nunc unum verbum dicere; silent.

@1 vide annotationem mox infra

@2 ms. vitam, vel a anon quod

@3 ms. condradici

@a h.e. quod [alterum,]$

@b h.e. quod vita alteram vitam producat separatam

 

1313a. Affirmabant nunc angeli interioris coeli, dein angeli intimioris coeli, tum quoque angeli intimi coeli, quod hoc veritas ipsa sit. Vox ad me successive per spiritus venit, a coelis, affirmantibus. 1748, 12 Martius.

 

1314. Spiritus autem mediae sortis volebant dicere, quod ita non esset, sed a coelis non permissum iis erat, praeter quam quod non comprehenderent, nam si amitterent vitam suam quam habent ut spiritus, non sciunt quae vita foret, causam dico, quod exteriora interiora percipere nequeant, sed interiora percipiunt exteriora; angeli interioris coeli percipiunt id ex Domino, per fidem. Ita non mirum est, si homines id non capiant, quia spiritus isti multo meliore facultate intelligendi pollent, quam homines, cumque iis dicerem, annon angeli velint fieri, respondent, quod id velint, sed quod nihil amittere vellent de vita sua, at quum dixi, quod tunc meliorem vitam accipiant, id non potuere percipere.

 

(2) 直訳

Quod Dominus Deus Solus vivat 主なる神おひとりが生きていること

1313. Spiritus valde indignantur, cum dixi, quod Solus Dominus Deus vivat, 霊たちは大いに憤慨した、私が言ったとき、主なる神おひとりが生きていること、

et quod nullus homo, spiritus ac angelus vivat ex se, seu habeat vitam ex se, et quod modo sit organum vitae; まただれも人間は、霊そして天使は自分自身から生きていないこと、または自分自身からいのちを持っていない、また単にいのちの〔受容〕器官であること、

hoc quia spiritus non comprehendere possunt, variis demonstravi, このことを霊たちは把握することができないので、いろいろに私は示した(証明した)

sicut 1) quod sensus corporis seu corpus non vivat ex se sed ex spiritu, 〜のように (1) 身体の感覚または身体はそれ自体から生きていないこと、しかし、霊から、

spiritus nec ex se sed ex ejus anima, sic anima nec a semet, sed a Domino, 霊もそれ自体から〔生きてい〕ない、しかし、その霊魂から、このように霊魂もそれ自体から〔生きてい〕ない、しかし、主から、

2) tum quod homo non aliter putet, quam quod corpus ejus vivat, et usque animae post mortem, seu spiritus, cum quibus loquutus, usque vivant, tametsi corpus abest, quod in vita non crediderunt, (2) なおまた、人間は異なって考えないこと、彼の身体が生きていること以外に、またそれでも、死後、霊魂が、または霊が、それらの者と私は話した、それでも生きている、たとえ身体がなくても、そのことをいのちの中で信じなかった、

tum quod anima putet se vivere ex corporeis, in quibus solam vitam ponit, cum tamen iis notum est, quod corporeum animae, et auferri possit, et [is] usque vivere interiori vita, et hoc similiter, なおまた、霊魂は自分自身が形体的なものから生きていることを思っている、それらの中にだけいのちを置く、そのときそれでも彼らによく知らている、霊魂の形体的なものが、また取り除かれることができること、また〔彼は〕それでも内的ないのちを生きることが〔できる〕、またこれと同様に、

quod iis ad oculum ostensum est, sic non denegatur; そのことが彼らに、目に示された、否定されないように。

3) [quaesivi,] quomodo velint concipere vitam hominis seu spiritus, (3)〔私質問したどのように人間またはのいのちをそのえを〕抱くことをしたか

num aliter ac formam seu organum, 異なって〔考えを抱かなかった〕のか、そして形または器官、

[vel]{1} num sicut vitalis flamma intus manens et accendens vitam− 〔あるいは〕内部にどどまっている、またいのちをともしている生きている(生命の)炎のように〔考えを抱かなかった〕のか――

quod{2}{a} quia concipere nullus spirituali visione potest, hinc non potuerunt non consentire; 〔別のことは☆〕霊的な視力から何も〔考えを〕抱くことができないので、このゆえに同意しないことができなかった。

☆注参照。

quicquid ab hominibus potest contradici{3}, sunt nihil praeter voces, sicut quod vita ex vita, sic separatima{b}; 人間により〔このことと〕矛盾することができるどんなものでも、言葉のほかに何もない、いのちからの〔もう一つの☆〕いのち、このように別々の〔つくられた☆〕。

☆二つの注参照。

4) ita quoque spiritus meliores interiorem vitam vivunt quam animae recentes, (4) そのようにまた、さらに善良な霊たちは内的な生活を送っている、新しく来た霊たちよりも、

angeli interioris coeli, adhuc interiorem, deposita priori, さらに内的な天界の天使たちは、さらに内的な〔生活を送っている〕、前のもの(生活)を捨てた、

angeli intimioris coeli intimiorem, deposita interiori, さらに最内部の天使たちは、さらに最内部の〔生活を送っている〕、内的なもの(生活)を捨てた、

quod concipere inferiores nequeunt, sed omnes superiores bene. このことを低い者は〔考えを〕抱くことができない、しかし、高いすべての者はよく〔わかっている〕。

1748, 12 Martius. 1748312日。

Nullus potest nunc unum verbum dicere; silent. 今(その時)だれもつの言葉うことができない彼らは黙っている。

 

1313a. Affirmabant nunc angeli interioris coeli, dein angeli intimioris coeli, tum quoque angeli intimi coeli, quod hoc veritas ipsa sit. 内的な天界の天使たちが、今、肯定した、その後、さらに最内部の天使たちが、なおまた最内部の天使たちも、このことが狄人瓩修里發里任△襪海函

Vox ad me successive per spiritus venit, a coelis, affirmantibus. 天界から、霊たちを通して連続的に声が私にやって来た、肯定して。

1748, 12 Martius. 1748312日。

 

1314. Spiritus autem mediae sortis volebant dicere, quod ita non esset, しかし、中間の種類の霊たちは言うことを欲した、そのようでなかったこと、

sed a coelis non permissum iis erat, praeter quam quod non comprehenderent, しかし、天界から彼らに許されなかった、把握しないこと以外にほかに、

nam si amitterent vitam suam quam habent ut spiritus, non sciunt quae vita foret, なぜなら、もし自分のいのちを失うなら、それを霊として持っている、知らないからである、何のいのちになるか、

causam dico, quod exteriora interiora percipere nequeant, sed interiora percipiunt exteriora; 〔その〕理由を私は言う、外的なもの(外部)は内的なもの(内部)を知覚することができないこと、しかし内的なもの(内部)外的なもの(外部)を知覚する。

angeli interioris coeli percipiunt id ex Domino, per fidem. 内的な天界の天使たちはそのことを主から知覚する、信仰によって。

Ita non mirum est, si homines id non capiant, そのように驚くべき(こと)ではない、もし、人間がそのことを把握しなくても、

quia spiritus isti multo meliore facultate intelligendi pollent, quam homines, その霊たちははるかによく理解する能力を授けられているからである、人間よりも。

cumque iis dicerem, annon angeli velint fieri, そして、彼らに私が言ったとき、天使になることを欲しているかどうか、

respondent, quod id velint, sed quod nihil amittere vellent de vita sua, 彼らは答えた、そのことを欲していること、しかし、自分のいのちについて何も失うことを欲していないこと、

at quum dixi, quod tunc meliorem vitam accipiant, id non potuere percipere. しかし、私が言った時、その時、さらによいいのちを受けること、それを知覚することができなかった。

 

(3) 訳文

主なる神おひとりが生きておられること

 

1313. 私が、主なる神おひとりが生きておられること、まただれも人間、霊、そして天使は自分自身から生きていない、または自分自身からいのちを持っていないこと、また単にいのちの〔受容〕器官であることを言ったとき、霊たちは大いに憤慨した。このことを霊たちは把握することができないので、私はこのようにいろいろと示した、

 (1) 身体の感覚または身体はそれ自体から生きていない、しかし、霊から生きていること、霊もそれ自体から〔生きてい〕ない、しかし、その霊魂から、このように霊魂もそれ自体から〔生きてい〕ない、しかし、主から生きていること。

 (2) なおまた、人間は自分の身体が生きているとしか考えない、またそれでも、死後、霊魂または霊が、それらの者と私は話したが、たとえ身体がなくてもそれでも生きており、そのことをいのちの中で信じなかったこと、なおまた、霊魂は自分自身が形体的なものから生きていると思っている、それらの中にだけいのちを置き、そのときそれでも彼らに、霊魂の形体的なものが取り除かれることができること、また〔彼は〕それでもこれと同様に内的ないのちを生きることが〔できると〕、よく知らていること。このことが彼らに否定されないように。目の前に示された、

 (3) 〔私質問した〕人間またはのいのちえをどのようにくことをしたか、形または器官と異なった〔考えをかなかったのか、〔あるいは〕内部宿いのちをともしている生命のような〔考えをかなかったのか――〔彼らは〕霊的視力から〔別のことを〕何〔考えを〕抱くことができなかったのでこのゆえに同意せざるをえなかった。人間によるこのことと〕矛盾することができるどんなものでもいのちからのもうつのいのちこのように別々つくられた〕といったような〔無意味な〕言葉でしかない。

 (4) そのようにまた、さらに善良な霊たちは、新しく来た霊たちよりも内的な生活を送っている。内的な天界の天使たちは、前のもの(生活)を捨てて、さらに内的な〔生活を送っている〕。さらに内的な天使たちは、内的なもの(生活)を捨てたさらに内的な〔生活を送っている〕。このことを低い者は〔考えを〕抱くことができない、しかし、高いすべての者はよく〔わかっている〕。1748312日。

 その時、だれも一つの言葉も言うことができない。彼らは黙っている。

 

1313a. 内的な天界の天使たちが、今、肯定した、その後、さらに内的な天使たちが、なおまた最内部の天使たちも、このことが狄人瓩修里發里任△襪海箸鮃猟蠅靴拭私に天界から、霊たちを通して連続的に肯定する声がやって来た。1748312日。

 

1314. しかし、中間の種類の霊たちは、そのようではなかった、と言うことを欲した。しかし、天界から彼らに把握することしか許されなかった。なぜなら、もし霊として持っている自分のいのちを失うなら、どんないのちになるか知らないからである。〔その〕理由を私は言う――外的なものは内的なものを知覚することができない、しかし内的なものは外的なものを知覚する。内的な天界の天使たちはそのことを主から信仰によって知覚する。

 そのように、もし、人間がそのことを把握しなくても、驚くべきことではない。その霊たちは人間よりもはるかによく理解する能力を授けられているからである。そして、私が彼らに、天使になることを欲しているか言ったとき、彼らは、そのことを欲している、しかし、自分のいのちについて何も失うことを欲していない、と答えた。しかし、私が、さらによいいのちを受けることを言った時、それを知覚することができなかった。

author:yasubee, category:霊界体験記(2), 23:22
comments(0), -, pookmark