RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』506(直訳[2],[3])
[2.] Et tunc locutus sum cum illis, qui visi sunt sicut hirci; [2] またその時、彼らと話した、その者は雄ヤギのように見られた。
et dixi, "Cur ita congregati estis?" また、私は言った、「なぜ、あなたがたはそのように集まっているのか?」
Erant plerique ex clero, qui gloriati sunt ex fama eruditionis, quia noverunt arcana justificationis per solam fidem. 大部分の者は聖職者からであった、その者は学識(博学)から称賛された、信仰のみによる義認のアルカナ(秘義)を知っていたからである。
Dixerunt, quod congregati sint, ut sedeant concilium, quia audiverunt quod dictum Pauli (Rom. iii. 28), 彼らは言った、集まったこと、会議を座るめに、パウロの言われた(言った)ことを聞いたからである(ローマ3:28)
 
Quod homo fide justificetur sine operibus legis, 人間は信仰で義とされること、律法の働き(行ない)なしに、
 
non rite intellectum sit, quoniam per "fidem" ibi non intellexit fidem hodiernae ecclesiae, quae est in tres Personas Divinas ab aeterno, sed fidem in Dominum Deum Salvatorem Jesum Christum; 〔これが〕正しく理解されていない、そこに「信仰」によって今日の教会の信仰が意味されなかったので、それ〔信仰〕は永遠からの三つの位格の神性の中へ〔の信仰である〕、しかし、主なる神、救い主イエス・キリストへの信仰。
et per "opera legis" non intellexit opera legis decalogi, sed opera legis Mosaicae quae pro Judaeis, et quod sic ex paucis illis vocibus binas falsitates enormes per sinistram interpretationem concluserint, quae sunt, quod intellexerint fidem hodiernae ecclesiae, et quod opera legis decalogi. また「律法の働き(行ない)」によって十戒の律法の働き(行ない)が意味されなかった、しかしモーセの律法の働き(行ない)が、ユダヤ人のためのもの〔が意味された〕、またそれらのわずかな言葉から、二つの憎むべき虚偽が誤まった解釈によって結論した(証明した)、それらである、〔一つは、そこの信仰は〕今日の教会の信仰を意味したこと、また〔もう一つは、そこの働き(行ない)は〕十戒の律法の働き(行ない)〔である〕こと。
"Quod Paulus haec non intellexerit, sed opera legis Mosaicae, quae erant pro Judaeis, constat clare ex Ipsius verbis ad Petrum, quem increpavit quod judaizaret, cum tamen sciret, 「パウロはこれらを意味しなかったこと、しかし、モーセの律法の働き(行ない)、それはユダヤ人のため〔のもの〕であった、ペトロへの彼自身の言葉から明らかである、それを叱責した、ユダヤ人〔の風習に〕に倣った☆、それでも〔次のことを〕知っているとき、
☆ ここにjudaizaretとありますが、『レキシコン』にありませんし、相当特殊な言葉に思えます。英訳にjudaizeとあり「ユダヤ風にする」とあります。アメリカナイズは「アメリカかぶれ」です。
 
Quod nemo per opera legis justificetur, sed per fidem Jesu Christi (Gal ii. [1]14-16); だれも律法の働き(行ない)によって義とされないこと、しかし、イエス・キリストの信仰によって(ガラテヤ2:14-16)
 
per 'fidem Jesu Christi,' est per fidem in Ipsum et ab Ipso, videatur supra (n. [2]338); 「イエス・キリストの信仰」によって、その方へのまたその方からの信仰によって、であることが上に見られる(338)
et quia per 'opera legis' intellexit opera legis Mosaicae, ideo distinxit inter legem fidei et legem operum, ac inter Judaeos et Gentes, seu circumcisionem et praeputium, et per 'circumcisionem' significatur Judaismus, ut ubivis alibi; また「律法の働き(行ない)」によってモーセの律法の働き(行ない)が意味されるので、それゆえ、
et quoque claudit illa per haec verba, そしてまた、
 
'Ergone legem abrogamus per fidem? 「それゆえ(〜か)、律法の私たちは信仰によっては意志するのか?
Absit, sed legem stabilimus:' 〔そんなことは〕ない、しかし、律法を私たちは確立させる」
(haec omnia in una serie dicit) (Rom. iii. [3]27-31); (これらのすべては一つの連続(系列)の中で言われる)(ローマ3:27-31)
 
et quoque dicit in capite quod praecedit, そしてまた、章の中で言っている、それは先行する、
 
'Non.. auditores legis justificabuntur, a Deo, sed factores legis justificabuntur' (Rom. ii. 13); 「律法を聞く者が義とされない、神により、しかし、律法を行なう者が義とされる」(ローマ2:13)
 
tum, なおまた、
 
Quod Deus reddet unicuique secundum opera ejus (Rom. ii. 6); 神はそれぞれの者を彼の働き(行ない)したがって報いること(ローマ2:6)
 
et adhuc, またさらに、
 
'Omnes.. nos manifestari oportet coram tribunali Christi, ut reportet quilibet ea, quae per corpus... fecit, sive bonum sive malum' (2. Cor. v. 10); 「すべての者は……私たちはキリストの厳しい罰の前に現わされなければならない、そのどんなものでも獲得するために、それは身体によって……行なわれた、あるいは善、あるいは悪」(コリント5:10)
 
praeter plura apud illum; ほかに多くのもの、そのもとに。
ex quibus patet, quod Paulus rejecerit fidem absque bonis operibus, aeque ac Jacobus (Epist. ii, 17-26). それらから明らかである、パウロは善の働き(行ない)なしの信仰を退けたこと、ヤコブと等しく(手紙2:17-26)
[3.] Quod a Paulo intellecta sint opera legis Mosaicae, quae pro Judaeis, insuper confirmati sumus ex eo, quod omnia statuta pro Judaeis apud Mosen dicantur 'Lex,' ita 'Opera legis,' quod vidimus ex his: [3] パウロによりモーセの律法の働き(行ない)が意味されたことは、それはユダヤ人のための、ほかにそれから私たちは確証される、モーセのもとのユダヤ人のためのすべての法令が「律法」そのように「律法の働き(行ない)」と言われたこと、それを私たちはこれらから見る――
 
'Haec lex minchae' (Lev. [4]vi. 7. 11 seq. [B.A. 14, 18 seq.]). 「これは穀物の捧げ物の律法」(ビ記6:14, 18以降)
'Haec lex pro holocausto, pro mincha, pro sacrificio peccati et reatus, pro impletionibus' (Lev. vii. [5]37). 「これは全焼のいけにえのための、穀物の捧げ物のための、罪と有罪のための、満たすための律法」(レビ記7:37)
'Haec lex bestiae et avis' (Lev. xi. 46 seq.). 「これは獣(動物)と鳥のための律法」(レビ記11:46以降)
'Haec lex parientis pro filio aut filia' (Lev. xii. 7). 「これは息子または娘のための産む者の律法」(レビ記12:7)
'Haec lex leprae' (Lev. xiii. 59; xiv. 2, 32, 54, 57). 「これはらい病のための律法」(レビ記13:5914:2, 32, 54, 57)
'Haec lex fluxu affecti' (Lev. xv. [6]32). 「これは流出を働きかけられた者のための律法」(レビ記15:32)
'Haec lex zelotypiae' (Num. v. 29, 30). 「これはねたみの律法」(民数記5:29, 30)
'Haec lex Naziraei' (Num. vi. 13, 21). 「これはナジル人の律法」(民数記6:13, 21)
'Haec lex mundationis' (Num. xix. 14). 「これは清めることの律法」(民数記14:14)
'Haec lex de vacca rufa' (Num. xix. 2). 「これは赤い雌牛についての律法」(民数記19:2)
'Lex pro Rege' (Deut. xvii. 15-19): 「王のための律法」(申命記17:15-19)
Immo totus liber Mosis vocatur 'Liber Legis' (Deut. xxxi. 9, 11, 12, 26; et quoque Luc. ii. 22; xxiv. [7]44; Joh. i. 46 [B.A. 45]; vii. 22, 23; viii. 5)." 実に、モーセの全部の書物が「律法の書」と呼ばれている(申命記31:9, 11, 12, 26、そしてまたルカ2:2224:44、ヨハネ1:457:22, 238:5)」。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 23:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1092947