RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』506(直訳[4])
[4.] His quoque addiderunt, quod viderint apud Paulum, quod lex decalogi vivenda sit et quod impleatur a charitate (Rom. xiii. 8-11); [4] これらに、もまた、加えた(言い足した)パウロのもとに見られること、十戒の戒めが見られるべきであること、また仁愛により満たされること(ローマ13:8-11)
tum quod dicat, なおまた、〔パウロは〕言っている、
 
Quod sint tria, fides, spes et charitas, et quod harum maxima sit charitas (1 Cor. xiii. 13), 三つのもの、信仰、希望、また仁愛があること、またこれらの最大のものは仁愛であること(コリント13:13)
 
ita non fides. そのように信仰ではない。
Dixerunt, quod propter haec convocati fuerint. 彼らは言った、これらのために呼び集められたこと。
Sed ne turbarem illos, recessi; しかし、私は彼らを騒がせないように、退いた。
et tunc iterum e longinquo visi sunt sicut hirci, et quandoque sicut cubantes, et quandoque sicut stantes; またその時、再び、遠方から、雄ヤギのようなものが見られた、ある時には伏せている(横になっている)ように、またある時には立っているように。
sed avertebant se a grege ovium: しかし、自分自身を他へ向けた羊の群れへ。
sicut cubantes apparebant cum deliberabant, et sicut stantes cum concludebant. 熟考したとき伏せているように見えた、また結論したとき立っているように。
At visum meum tenui in cornibus illorum; しかし、私の視覚を彼らの角の中に保った。
et miratus sum quod cornua in frontibus illorum nunc apparerent sicut porrecta antrorsum et sursum, nunc incurvata retrorsum versus tergum, et tandem prorsus reflexa; また私は不思議に思った、彼らの額の中に角が、ある時は前方にまた上方へ差し出されたように見られた、ある時には背の方へ後方へ曲げられた、また最後に完全に向きを変えて。
et tunc subito se convertebant ad gregem ovium, sed usque apparebant ut hirci. またその時、急に、羊の群れへ(自分自身の)向きを変えた、しかし、それでも雄ヤギのように見えた。
Quare iterum accessi, et interrogavi "Quid nunc?" それゆえ、再び、私は近づいた、また質問した「何を、今〔しようとしているのか〕?」
Dixerunt quod concluserint, quod sola fides producat bona charitatis, sicut arbor producit fructus. 彼らは言った、結論したこと、信仰が仁愛の善を生み出すこと、木が実を生み出すように。
At tunc auditum est tonitru, et visum est fulmen desuper; しかし、その時、雷鳴が聞かれた、また上からの稲光が見えた。
et mox apparuit angelus, stans inter binos illos greges, et clamavit ad gregem ovium, "Ne auscultate; また間もなく、天使が現われた、二つのそれらの群れの間に立っている、また羊の群れへ叫んだ、「聞くな。
non recesserunt a fide sua priore, quae est, quod sola fides justificet et salvet, et prorsus nihil actualis charitas; 彼らは前の自分の信仰から引き下がっていない、それは〜である、信仰のみが義とする、また救うこと、またまったく何も実際の仁愛が〔そうするのでは〕ない。
nec fides est arbor, sed homo est arbor; 信仰は木でない、しかし、人間が木である。
at paenitentiam agite, et spectate ad Dominum, et habebitis fidem; しかし、悔い改めを行なえ、また主へ目を向けよ、すると、あなたがたは信仰を持つ」。
fides ante illud, non est fides, in qua aliquod vivum est." そのことの前の信仰は、信仰ではない、その中に何らかのものが生きている」。
Voluerunt tunc hirci reflexe cornuti accedere ad oves; その時、雄ヤギは角の向きを変えて羊に近づくことを欲した。
sed angelus stans inter illos, dividebat oves in binos greges; しかし、彼らの間に立っている天使は、羊を二つの群れに分けた。
et dixit illis a sinistris, "Adjungite vos hircis, sed dico vobis quod venturus sit lupus, qui rapiet illos, et vos cum illis." また、左からの彼らに言った、「あなたがたは雄ヤギに加われ、しかし、私はあなたがたに言う、オオカミがやって来ること、それは彼らを襲う(奪う)、また彼らとともにあなたがたを」。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 23:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1092948