RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』506(直訳[5],[6])
[5.] Sed postquam separati sunt bini greges ovium, et illi a sinistris audiverunt minacia verba angeli, inspexerunt se mutuo et dixerunt, "colloquamur cum pristinis consociis nostris." [5] しかし、分かれた後、二つの羊の群れは、また左からの彼らは天使のおどしの言葉を聞いた、お互いに眺め合った、また言った、「私たちのかつての仲間と私たちは会話する(接続)」。
Et tunc sinister grex loquebatur ad dextrum, dicens, "Cur recessistis a pastoribus nostris? またその時、左の群れが右に話した、言って、「なぜ、あなたがたは私たちの羊飼いから去ったのか?
Annon fides et charitas unum sunt, sicut arbor et fructus unum sunt? 信仰と仁愛は一つではないのか? 木と実が一つであるように。
Arbor enim per ramos continuatur in fructus; というのは、木は枝によって実の中に続けられているから。
divellite aliquid e ramo, per quod arbor per continuum influit in fructum, annon periturus est fructus, et una cum fructu omne semen denuo nasciturae alicujus arboris? 引き離せ、何らかのものを枝から、それによって木が連続を通して実の中に流入する、実は滅びる(存在を失われる)のではないか? また実と一緒に、再び何らかの木の生まれるすべての種は。
Quaerite nostros sacerdotes annon ita sit." 質問しろ、私たちの聖職者に、そのようであるかどうか」。
Et tunc quaesiverunt, et [[8]sacerdotes] circumspexerunt ad reliquos, qui nictabant palpebris, ut dicerent, quod bene loquantur; またその時、質問した、また(聖職者は)残りの(他の)者へ見回した、その者はまぶたでまばたき(ウインク)した、言うように、よく話すこと。
et posthac responderunt. またその後、答えた。
"Bene locuti estis, at quod attinet continuationem fidei in bona opera, sicut arboris in fructus, multa arcana novimus, quae propalare non hujus loci est; 「あなたがたはよく話した、しかし、善の働きの中への信仰の連続(続くこと)については、実の中への木の〔連続〕ように、私たちは多くのアルカナを知った(知っている)、それを公けにすることはこの場所でではない。
in vinculo seu filo fidei et charitatis, sunt plures noduli, quos nos sacerdotes solum solvere possumus." 信仰と仁愛のひも(きずな)または糸の中に、多くの小さい結び目(小結節)☆がある、それを私たち、聖職者たちだけが解くことができる」。
nodulusは『レキシコン』にありませんが、スヴェーデンボリは他でも使用しています。
[6.] Et tunc unus ex sacerdotibus, qui erat inter oves a dextris, surrexit et dixit, "Responderunt ad vos, quod ita sit, sed ad suos quod non ita sit, aliter enim cogitant." [6] またその時、聖職者からのある者が、その者は右からの羊の間にいた、立ち上がった、また言った、「彼らはあなたがたに答えた、そのようであることを、しかし、自分自身にそのようではないこと、というのは異なって考えるから」。
Quare quaesiverunt, "Quomodo tunc cogitant? それゆえ、彼らは質問した、「その時、どのように考えるのか?
Cogitantne sicut docent?" 彼らは教えるように考えないのか?」
Dixit ille, "Non; cogitant quod omne bonum charitatis, quod vocatur bonum opus, quod fit ab homine propter salutem ac vitam aeternam, non in minima parte sit bonum, ex causa, quia homo per opus a se vult semet ipsum salvare, vindicando sibi justitiam, et meritum unius Salvatoris; 彼は言った、「いいえ。すべての仁愛の善を〜と考える、それは善の働きと呼ばれる、救いそして永遠のいのちのために人間により行なわれるもの、最小の部分の中で善はない、理由から、人間は自分自身による働きによって自分自身そのものが救われることを欲するからである、自分自身に義を要求して、唯一の救い主の功績を。
et quod ita sit cum omni bono opere, in quo homo sentit suam voluntatem; またそのようであること、すべての善の働きに、その中に人間は自分の意志を感じる。
quare asserunt quod prorsus nulla conjunctio fidei et charitatis sit, et ne quidem quod fides per bona opera retineatur et conservetur. それゆえ、主張(断言)た、信仰と仁愛の結合はまったく何もないこと、また決してない、信仰が善の働きによって保持され、また保存されること。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 23:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1092949