RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』506(直訳[7],[8])
[7.] Sed dixerunt e grege sinistro, "Loqueris mendacia contra illos; [7] しかし、左れからった、「あなたは彼らに反する偽りを言う。
praedicantne charitatem et ejus opera, quae vocant opera fidei, coram nobis manifeste?" 彼らは説教していないか、仁愛とその働きを、それを信仰の働きと呼んで、私たちの前に明らかに?」
Et ille respondit, "Non intelligitis praedicationes illorum; また、彼は答えた、「あなたがたは彼らの説教を理解していない。
solum clericus, qui adest, attendit et intelligit; 聖職者だけが、その者は〔ここに〕いる、留意する、また理解する。☆
原文でここに「;」が落ちていました。(スキャナーによるミス)
cogitant modo charitatem moralem, et bona ejus civilia et politica, quae vocant fidei, et prorsus non sunt; 彼らは道徳的な仁愛だけを考える、またその市民的なまた政治上の善行☆を、それらを信仰のものと呼ぶ、またまったく〔そうでは〕ない。
原文でここのbonaDonaとなっていました。(スキャナーによるミス)
homo enim atheus potest illa similiter et sub eadem forma facere; というのは、人間は、無神論者はそれらを同様に、また同じ形の下に行なうことができるから。
quare unanimiter dicunt, quod nemo per aliqua opera salvetur, sed per solam fidem: それゆえ、一致して言う、だれも何らかの働きによって救われないこと、しかし、信仰のみによって。
verum illustretur hoc per comparationes: けれども、このことが比較(たとえ)によって説明される――
quod arbor pomifera producat poma, sed si homo facit bona propter salutem, sicut arbor illa poma per continuum, tunc poma illa intus putida sunt, et plena vermibus: リンゴの実を生じる木がリンゴを生み出すこと、しかし、もし人間が救いのために善行をなすなら、その木がリンゴを存続(延長)によって〔生み出す〕ように、その時、そのリンゴは内部で腐る、また虫で満ちる。
dicunt etiam quod vitis producat uvas, sed si homo facturus esset bona spiritualia, sicut vitis uvas, faceret labruscas." さらに言う、ブドウの木がブドウを生み出すこと、しかし、もし人間が霊的な善行をなしたなら、ブドウの木はブドウを、野ブドウのようにする。
[8.] At tunc quaesiverunt, "Qualia illis sunt bona charitatis seu opera quae sunt fructus fidei?" [8] しかしその時、質問した、「彼らのどのような仁愛の善行または働きがあるのか、それらは信仰の実である?」
Respondit, quod forte sint inconspicua alicubi prope fidem, cui tamen non cohaerent; 答えた、おそらく、目だなないものである、信仰の近くに〔ある〕何らかのものに、それでもそれに密着していない。
"sunt sicut umbra, quae a tergo sequitur hominem, quando spectat ad solem, quam umbram non animadvertit, nisi se convertat; 「影(陰)のようである、それは背後から人間に続く、太陽に向かって眺める時、その影(陰)を認めない、自分自身を向きを変えないなら。
immo possum dicere, quod sint sicut caudae equinae, quae hodie pluribus in locis amputantur, dicentes, Quid cum illis? ad nihil conducunt; それどころか、私は言うことができる、馬のしっぽのようであること、それは今日、多くの場所の中で切られる、言って、それらと何が? 何も役立たないために。
si adhaerent equo, facile inquinantur.' もし馬にくっついているなら、容易に汚れる」。
His auditis aliquis ex sinistro grege ovium indignatus dixit, "Omnino est aliqua conjunctio; これらで聞いて、羊の左の群れからの憤慨したある者が言った、「すべての点で(確かに)、何らかの結合がある。
quomodo alioqui possunt vocari opera fidei? そうでなければ、どのように信仰の働きを呼ぶことができるのか?
Forte bona charitatis a Deo insinuantur in opera voluntaria hominis per aliquem influxum, ut per aliquam affectionem, aspirationem, inspirationem, incitationem et excitationem voluntatis, tacitam perceptionem in cogitatione, et inde exhortationem, contritionem et sic conscientiam, et inde adactionem, obedientiam decalogi et Verbi, sicut infans aut sicut sapiens, aut per aliud quoddam medians illis simile, quomodo alioqui possunt vocari fructus fidei?" おそらく、仁愛の善行は、神により何らかの流入によって人間の自発的な(意志の)きの中に徐々にしみ込む、何らかの情愛によってのように、影響(熱望)、霊感、興奮(刺激)、また意志(願い)の興奮(喚起)、思考の中の静かな(黙っている)知覚、またここからの勧告、悔恨またこのように良心、またここから強制、十戒とみことばの従順、幼児のようにまたは賢明な者のように、またはそれらと似た何らかのある媒介するものによって、そうでなければ、どのように信仰の実と呼ばれることができるのか?」
Ad haec respondit sacerdos, quod "Non; et si dicunt quod per tale quid fiat, usque confarciunt id in sermonibus cum vocibus, ex quibus resultat, quod non ex fide; これに聖職者は答えた、〜ことを「いいえ。またもし言うなら、そのようものによって何かが行なわれたこと、それでもそれを言葉とともに説教の中でつなきあわせ(てでっちあげて)る、それらから結果として生じる、信仰からでないこと。
quidam usque tradunt talia, sed ut signa fidei, non autem ut vincula ejus cum charitate. それでも、あるものを、このようなものを伝えた(述べた)、しかし、信仰のしるしとして、けれども、仁愛とのそのきずな(ひも)としてでなく。
Aliqui tamen excogitaverunt conjunctionem per Verbum." それでも、ある者はみことばによる結合を考案した(考え出した)」。
Et tunc dixerunt, "Annon sic conjunctio[, [9]quod homo voluntarie faciat secundum Verbum]?" またその時、彼らは言った、「このような結合がないのか(それを人間は自発的に行なう、みことばにしたがって)?」
Sed respondit, "Non hoc cogitant, sed modo per auditum Verbi; しかし、答えた、「このことを考えない、しかし、単にみことばの聞くことによって。
asserunt enim, quod omne rationale, et omne voluntarium hominis in rebus fidei sit impurum et meritorium, quoniam homo in spiritualibus non potest aliquod intelligere, velle, operari, cooperari, plus quam stipes. というのは、主張するから、すべての理性的なものは、また信仰の事柄の中の人間のすべての自発的なものは、不潔なまた功績を求めるものであること、人間は霊的な者の中で何らかのものを考えることができないので、意志すること、働くこと、協力すること、丸太よりもさらに。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第8章, 00:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1092950