RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』660
(1) 原文
660. Quoniam bonum est voluntatis et verum est intellectus, et multa in mundo correspondent bono, sicut fructus et usus, ac ipsa imputatio aestimationi et pretio, sequitur quod illa quae de imputatione hic dicta sunt, possint cum omnibus creatis comparari; nam sicut prius hic et ibi ostensum est, omnia in universo se referunt ad bonum et verum, et e contra ad malum et falsum. Comparatio itaque fieri potest cum ecclesia, quod illa reputetur ex charitate et fide, et non ex ritualibus, quae adjunguntur. Comparatio etiam fieri potest cum ministro ecclesiae, quod aestimetur ex ejus voluntate et amore, et simul ex ejus intellectu in spiritualibus, et non ex affabilitate et amictu. [2.] Comparatio etiam datur cum cultu et cum templo in quo ille fit; ipse cultus fit in voluntate, ac in intellectu sicut in suo templo, et hoc sanctum vocatur non ex se, sed ex Divino quod ibi docetur: et quoque comparatio datur cum imperio, ubi bonum regnat et simul verum, quod adamatur; non autem ubi verum et non bonum. Quis de rege judicat ex satellitiis, equis et curribus, et non ex regio, quod sciunt apud illum? Regium est amoris et prudentiae gubernandi. Quis in triumpho non aspicit victorem, et ab illo pompam, et non ex hac illum? consequenter ab essentiali formale, et non vicissim? Voluntas est essentiale, et cogitatio est formale; et nemo potest imputare formali, nisi id quod trahit ex essentiali, ita huic et non illi.
 
(2) 直訳
660. Quoniam bonum est voluntatis et verum est intellectus, et multa in mundo correspondent bono, sicut fructus et usus, ac ipsa imputatio aestimationi et pretio, sequitur quod illa quae de imputatione hic dicta sunt, possint cum omnibus creatis comparari; 善は意志のものであるので、また真理は理解力のものである、また世の中の多くのものは善に対応する、実と役立ちのように、そして転嫁そのものは評価と価値に〔対応する〕、〜いえる、それらは、それら転嫁についてここに言われたこと、創造されたすべてのものに比較される(たとえられる)ことができる。
nam sicut prius hic et ibi ostensum est, omnia in universo se referunt ad bonum et verum, et e contra ad malum et falsum. なぜなら、以前にここまたそこに示されたように、全世界の中のすべてのものは善と真理に関係するからである、また「これに反して」☆〔そこ〕から悪と虚偽に。
contraとは何でしょうか? わかりません。いちおう「副詞」と見なして訳しておきます。
Comparatio itaque fieri potest cum ecclesia, quod illa reputetur ex charitate et fide, et non ex ritualibus, quae adjunguntur. そこで比較(たとえ)が行なわれることができる、教会に、それは仁愛と信仰から評価される(尊重される)こと、また儀式からではない、それらは結び付けられる。
Comparatio etiam fieri potest cum ministro ecclesiae, quod aestimetur ex ejus voluntate et amore, et simul ex ejus intellectu in spiritualibus, et non ex affabilitate et amictu. さらにまた教会の聖職者に比較(たとえ)が行なわれることができる、彼の意志と愛から評価される、また同時に霊的なものの中での彼の理解力から、また愛想のよさと衣装からではない。
[2.] Comparatio etiam datur cum cultu et cum templo in quo ille fit; [2] そしてまた比較(たとえ)が存在する、礼拝にまた神殿(教会)に、その中でそれが行なわれる。
ipse cultus fit in voluntate, ac in intellectu sicut in suo templo, et hoc sanctum vocatur non ex se, sed ex Divino quod ibi docetur: 礼拝そのものは意志の中で行なわれる、そして理解力の中で、その神殿(教会)の中にのように、またこれは聖なるものと呼ばれる、それ自体からでなく、しかし神的なものから、それはそこで教えられる――
et quoque comparatio datur cum imperio, ubi bonum regnat et simul verum, quod adamatur; そしてまた、帝国(統治)比較(たとえ)が存在する、そこに善が支配する、また同時に真理が、それらが愛される。
non autem ubi verum et non bonum. けれども、そこに〔統治が〕ない、真理が〔あり〕善がない〔とろこに〕。
Quis de rege judicat ex satellitiis, equis et curribus, et non ex regio, quod sciunt apud illum? だれが、王について、護衛、馬また馬車から判断するのか? また王権(王位)からでなく、それは彼のもとで知られている。
Regium est amoris et prudentiae gubernandi. 王権は愛のものまた治める思慮分別のものである。
Quis in triumpho non aspicit victorem, et ab illo pompam, et non ex hac illum? だれが凱旋式の中で勝利者を眺めないか? またそれ(凱旋式)からはなやかさを、またこれから彼をでなく。
consequenter ab essentiali formale, et non vicissim? したがって、本質(的なもの)から、形式(的なもの)を、また逆ではない?
Voluntas est essentiale, et cogitatio est formale; 意志は本質(的なもの)である、また思考は形式(的なもの)である。
et nemo potest imputare formali, nisi id quod trahit ex essentiali, ita huic et non illi. また、だれも形式(的なもの)を転嫁することはできない、それが本質(的なもの)から得るものでないなら、そのように後者を、また前者を〔転嫁でき〕ない。
 
(3) 訳文
660. 善は意志に属し、また真理は理解力に属し、また世の中の多くのものは実と役立ちのように善に対応し、そして転嫁そのものは評価と価値に〔対応する〕ものであるので、転嫁についてここに言われたそれらのことは、創造されたすべてのものに比べられることができるといえる。なぜなら、以前にここやそこに示されたように、全世界の中のすべてのものは善と真理に、また逆に悪と虚偽に関係するからである。
 そこで、教会に比べられることができる、それは仁愛と信仰から尊重され、またそれらに結び付けられる儀式からではない。
 さらにまた教会の聖職者に比べられることができる、彼の意志と愛から、また同時に霊的なものの中での彼の理解力から評価され、また愛想のよさと衣装からではない。
 [2] そしてまた、礼拝とその中で行なわれる神殿(教会)に、たとえが存在する。礼拝そのものはその神殿(教会)の中にのように、意志そして理解力の中で行なわれる、またこれは、それ自体からでなく、しかしそこで教えられる神的なものから聖なるものと呼ばれる――そしてまた、統治にたとえが存在する、そこに善が、また同時に真理が支配し、それらが愛される。けれども、真理が〔あり〕善がない〔とろこに〕そこに〔統治は〕ない。
 だれが、王のもとで知られている王権からでなく、王について、護衛、馬、馬車から判断するのか? 王権は愛と治める思慮分別に属すものである。
 だれが凱旋の中で勝利者を眺めないか? その凱旋のはなやかさ、またこれから勝利者でなく。したがって、本質(的なもの)から、形式(的なもの)を〔眺めないか〕また逆ではなく?
 意志は本質(的なもの)であり、思考は形式(的なもの)である。また、だれも形式(的なもの)を、それが本質(的なもの)から得るものでないなら転嫁することはできない、そのように後者〔形式〕を、また前者〔本質〕を〔転嫁でき〕ない。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第11章, 23:31
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
「e contra」 は「econtra 」で「反対に」の意味の副詞です。
匿名, 2015/08/12 6:59 AM









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1093079