RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』711,712
[III.]
QUOD EX HIS INTELLECTIS COMPREHENDI POSSIT,
QUOD SANCTA CENA UNIVERSALITER ET SINGULARITER
 CONTINEAT OMNIA ECCLESIAE ET OMNIA CAELI.
これらから理解力で把握することができること、聖餐が普遍的にまた特定的に
教会のすべてのものと天界のすべてのものを含んでいること。
 
(1) 原文
711. In articulo praecedente ostensum est, quod in Sancta Cena sit Ipse Dominus, et quod Caro et Panis sint Ipse quoad Divinum Bonum Amoris, et quod Sanguis et Vinum sint Ipse quoad Divinum Verum Sapientiae; quare tria sunt quae Sancta Cena involvit, nempe Dominum, Divinum Ipsius Bonum et Divinum Ipsius Verum. Cum itaque Sancta Cena haec tria includit et continet, sequitur quod etiam includat et contineat universalia caeli et ecclesiae: et quia omnia singularia ab universalibus dependent, sicut contenta a suis continentibus, sequitur etiam, quod Sancta Cena includat et contineat omnia singularia caeli et ecclesiae. Ex his primum constat, quod quia per Domini "Carnem" et "Sanguinem," et similiter per panem et vinum, intelligitur Divinum Bonum et Divinum Verum, utrumque a Domino et Dominus, Sancta Cena contineat universaliter et singulariter omnia caeli et ecclesiae.
 
(2) 直訳
711. In articulo praecedente ostensum est, quod in Sancta Cena sit Ipse Dominus, et quod Caro et Panis sint Ipse quoad Divinum Bonum Amoris, et quod Sanguis et Vinum sint Ipse quoad Divinum Verum Sapientiae; 先行する節の中で示された、聖餐の中に主ご自身がいること、また肉とパンは神的な愛の善に関するその方であること、また血とブドウ酒は神的な真理の知恵に関するその方であること。
quare tria sunt quae Sancta Cena involvit, nempe Dominum, Divinum Ipsius Bonum et Divinum Ipsius Verum. それゆえ、三つのものがある、それらを聖餐は含む、すなわち、主、その方の神的な善とその方の神的な真理。
Cum itaque Sancta Cena haec tria includit et continet, sequitur quod etiam includat et contineat universalia caeli et ecclesiae: そこで、聖餐がこれら三つのものを含み、保つ(含む)とき、〜がいえる、さらにまた天界と教会の普遍的なものを含み、保つこと。
et quia omnia singularia ab universalibus dependent, sicut contenta a suis continentibus, sequitur etiam, quod Sancta Cena includat et contineat omnia singularia caeli et ecclesiae. 個々のもののすべてのものは普遍的なものに依存するので、その容器からの中身(内容)のように、さらにまた言える、聖餐は天界と教会の個々のすべてのものを含み、保つこと。
Ex his primum constat, quod quia per Domini "Carnem" et "Sanguinem," et similiter per panem et vinum, intelligitur Divinum Bonum et Divinum Verum, utrumque a Domino et Dominus, Sancta Cena contineat universaliter et singulariter omnia caeli et ecclesiae. これらから初めて明らかになる、主の「肉」と「血」によって、また同様に、パンとブドウ酒によって、神的な善と神的な真理が意味されるので、主からの両方のものと主が、聖餐の中に普遍的にまた特定的に天界の教会のすべてのものを保つ(含む)こと。
 
(3) 訳文
711. 先行する節の中で、聖餐の中に主ご自身がいること、また肉とパンは神的な愛の善に関するその方であること、また血とブドウ酒は神的な真理の知恵に関するその方であることが示された。それゆえ、聖餐が含む三つのものがある、すなわち、主、その方の神的な善とその方の神的な真理である。
 そこで、聖餐がこれら三つのものを含み、保つとき、さらにまた天界と教会の普遍的なものを含み、保つことがいえる――すべての個々のものものは、その容器からの中身のように普遍的なものに依存するので、さらにまた、聖餐は天界と教会の個々のすべてのものを含み、保つことが言える。
 これらから初めて、主の「肉」と「血」によって、また同様に、パンとブドウ酒によって、神的な善と神的な真理が意味されるので、主からの両方のものと主が、聖餐の中に普遍的にまた特定的に天界の教会のすべてのものを含むことが明らかになる。
 
(1) 原文
712. Notum etiam est, quod essentalia ecclesiae sint tria, nempe Deus, Charitas et Fides; et quod omnia ibi se referant ad tria illa, ut ad sua universalia. Haec eadem sunt cum supra dictis, nam Deus in Sancta Cena est Dominus, charitas est Divinum Bonum, et Fides est Divinum Verum. Quid charitas aliud quam bonum quod homo facit a Domino? et quid fides nisi verum quod homo credit a Domino? Inde est, quod tria sint in homine quoad internum ejus, nempe anima seu mens, voluntas, et intellectus; haec tria sunt receptacula trium illorum universalium; ipsa anima seu mens est receptaculum Domini, inde enim vivit; voluntas est receptaculum amoris seu boni; ac intellectus est receptaculum sapientiae seu veri: quare omnia et singula in anima seu mente, non modo se referunt ad tria illa universalia caeli et ecclesiae, sed etiam procedunt ex illis. Dic quicquam quod procedit ex homine, in quo non mens, voluntas, et intellectus sunt; si auferretur unum ex illis, num homo plus esset, quam quoddam inanime? Similiter sunt tria in homine quoad externum ejus, ad quae etiam omnia et singula se referunt et a quibus dependent; videlicet corpus, cor, et pulmo: haec tria corporis etiam correspondent tribus mentis, cor voluntati, et pulmo seu respiratio intellectui. Quod talis correspondentia sit, in anteactis plene ostensum est. Ita nunc omnia et singula in homine tam universaliter quam singulariter formata sunt ut receptacula trium illorum universalium caeli et ecclesiae. Causa est, quia homo creatus est imago et similitudo Dei, proinde ut sit in Domino et Dominus in illo.
 
(2) 直訳
712. Notum etiam est, quod essentalia ecclesiae sint tria, nempe Deus, Charitas et Fides; さらにまたよく知られている、本質的に教会のものである三つのものがあること、すなわち、神、仁愛と信仰。
et quod omnia ibi se referant ad tria illa, ut ad sua universalia. またそこにすべてのものがそれらの三つのものに関係すること、その普遍的なものへのように。
Haec eadem sunt cum supra dictis, nam Deus in Sancta Cena est Dominus, charitas est Divinum Bonum, et Fides est Divinum Verum. これらは同じものである、上に言われたものに、なぜなら、聖餐の中の神は主であるから、仁愛は神的な善、また信仰は神的な真理。
Quid charitas aliud quam bonum quod homo facit a Domino? 何らかの仁愛は何か、善以外の、それを人間は主から行なう?
et quid fides nisi verum quod homo credit a Domino? また何が信仰か、真理でないなら、それを人間は主から信じる?
Inde est, quod tria sint in homine quoad internum ejus, nempe anima seu mens, voluntas, et intellectus; ここからである、人間の中に彼の内なるものに関して三つのものがあること、すなわち、霊魂または心、意志、また理解力。
haec tria sunt receptacula trium illorum universalium; これらの三つのものはそれらの三つの普遍的な容器である。
ipsa anima seu mens est receptaculum Domini, inde enim vivit; 霊魂または心はそのものは、主の容器である、というのは、ここから生きるから。
voluntas est receptaculum amoris seu boni; 意志は愛または善の容器である。
ac intellectus est receptaculum sapientiae seu veri: そして理解力は知恵または真理の容器である。
quare omnia et singula in anima seu mente, non modo se referunt ad tria illa universalia caeli et ecclesiae, sed etiam procedunt ex illis. それゆえ、霊魂または心の中のすべてと個々のものは、天界と教会の普遍的なそれら三つのものに関係するだけでなく、しかし、それらから発出もまたする。
Dic quicquam quod procedit ex homine, in quo non mens, voluntas, et intellectus sunt; 何でも言え☆、人間から発出するものを、その中に心がない、意志がまた理解力が(ない)
もちろん、「言えるものなら、言ってみよ」のニュアンスです。
si auferretur unum ex illis, num homo plus esset, quam quoddam inanime? もし、それらから一つが取り去られるなら、人間はさらに存在するのか、ある種の生命のないもの以外に?
Similiter sunt tria in homine quoad externum ejus, ad quae etiam omnia et singula se referunt et a quibus dependent; 人間の中の三つのものは同様である、彼の外なるものに関して、それらにもまたすべての個々のものが関係する、またそれらに依存する。
videlicet corpus, cor, et pulmo: すなわち、身体、心臓、また肺――
haec tria corporis etiam correspondent tribus mentis, cor voluntati, et pulmo seu respiratio intellectui. これらの身体の三つのものもまた心の三つのものに対応する、〔身体が霊魂または心に☆〕。心臓が意志に、また肺または呼吸は理解力に。
ここに身体に対応するものの記述を欠いている、と思います、〔……〕を補足しました。(英訳書は二書とも補足しています)
Quod talis correspondentia sit, in anteactis plene ostensum est. このような対応があることは、前の部分の中に十分に示されている。
Ita nunc omnia et singula in homine tam universaliter quam singulariter formata sunt ut receptacula trium illorum universalium caeli et ecclesiae. そのように、今や、人間の中のすべてと個々のものは、普遍的にも個別的にも形成されている、天界と教会の普遍的なそれらの三つのもののの容器として。
Causa est, quia homo creatus est imago et similitudo Dei, proinde ut sit in Domino et Dominus in illo. 理由がある、人間は神の映像と似姿に創造されているからである、それゆえに、主の中にいるように、またその中に主が〔いるように〕。
 
(3) 訳文
712. さらにまた、本質的に教会のものである三つのもの、すなわち、神、仁愛と信仰があること、またそこにすべてのものがその普遍的なものへのように、それらの三つのものに関係することがよく知られている。
 これらは、前に言われたものと同じものである、なぜなら、聖餐の中の神は主、仁愛は神的な善、信仰は神的な真理であるから。
 仁愛とは何か、人間が主から行なう何らかの善以外のものなら? また何とは信仰か、人間は主から信じる真理でないなら?
 ここから、人間の中に彼の内なるものに関して三つのものがある、すなわち、霊魂または心、意志、理解力である。これらの三つのものはそれらの三つの普遍的な容器である。霊魂または心はそのものは、主の容器である、というのは、ここから生きるから。意志は愛または善の容器である。そして理解力は知恵または真理の容器である――それゆえ、霊魂または心の中のすべてと個々のものは、天界と教会の普遍的なそれら三つのものに関係するだけでなく、それらから発出もする。
 人間から発出し、その中に、心、意志、理解力がないものを、何でも言ってみよ。もし、それらから一つが取り去られるなら、人間はさらに存在するのか、ある種の生命のないもの以外に?
 人間の中の三つのものは、彼の外なるものに関して同様である、それら〔外なるもの〕にもまたすべての個々のものが関係し、それらに依存する。すなわち、身体、心臓、また肺――これらの身体の三つのものもまた心の三つのものに、〔身体が霊魂または心に☆〕。心臓が意志に、肺または呼吸は理解力に対応する。
 このような対応があることは、前の部分の中に十分に示されている。
 そのように、今や、人間の中のすべてと個々のものは、普遍的にも個別的にも、天界と教会の普遍的なそれらの三つのもののの容器として形成されている。
 その理由は、人間は神の映像と似姿に、それゆえ、主の中にいるように、またその中に主が〔いるように〕創造されているからである。
 
ここには身体に対応するものの記述が欠けている、と思います、〔……〕を補足しました。(英訳書は二書とも補足しています)
author:yasubee, category:原典講読『真教』第13章, 00:08
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
「e contra」の「e」は前置詞ではなく「econtra」という一つの単語の文頭の字です。
ネット上の蘭英辞典には「econtra」で出ています。
http://ablemedia.com/ctcweb/showcase/wordsonline.htmlを参照ください。
匿名, 2015/10/31 7:45 AM









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1093164