RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』762
(1) 原文
762. Quod quatuor Ecclesiae post creationem mundi in hac tellure exstiterint, est secundum ordinem Divinum, qui est, quod principium sit et ejus finis, antequam novum principium exsurgit. Inde est, quod omnis dies inchoet a mane, et progrediatur, et desinat in noctem, et post hanc e novo inchoet: tum quod omnis annus exordiatur a vere, et per aestatem progrediatur ad autumnum, et desinat in hiemem, et post hanc iterum exordiatur; ut haec fiant, est quod sol surgat in oriente, et exinde per meridiem progrediatur in occidentem, et desinat in septentrionem, e qua rursus exoritur. Simile est cum ecclesiis: prima illarum quae Antiquissima, fuit sicut mane, ver et oriens; altera seu Antiqua fuit sicut dies, aestas et meridies; tertia sicut vespera, autumnus et occidens; et quarta sicut nox, hiems, et septentrio. Ex his progressionibus secundum ordinem, sapientes antiqui concluserunt quatuor aetates mundi, quarum primam vocabant auream, secundam argenteam, tertiam cupream, et quartam ferream; cum quibus metallis etiam ipsae ecclesiae repraesentatae sunt per statuam Nebuchadnezaris. Praeterea ecclesia coram Domino apparet sicut unus homo; et maximus hic Homo transibit aetates suas sicut parvus homo, videlicet ab infantia ad adolescentiam, et per hanc ad juventutem, et tandem in senectam; et tunc cum moritur, resurget. Dicit Dominus,
 
"Nisi granum tritici cadens in terram moriatur,...manet; at vero si moritur, multum fructum fert" (Joh. [1]lxii. 24).
 
   @1 xii. (cum exemplo Auctoris,) pro “xiv.”
 
(2) 直訳
762. Quod quatuor Ecclesiae post creationem mundi in hac tellure exstiterint, est secundum ordinem Divinum, qui est, quod principium sit et ejus finis, antequam novum principium exsurgit. 世の創造の後、この地球の中に四つの教会が現われたことは、神的な秩序にしたがっている、すなわち、始まり(発端)とその終わりがあること、新しい始まりが起こる(生じる)に。
Inde est, quod omnis dies inchoet a mane, et progrediatur, et desinat in noctem, et post hanc e novo inchoet: ここからである、すべての日は朝から始まる、また進む、また夜の中で終える、またこの後、新しいものから始まる。
tum quod omnis annus exordiatur a vere, et per aestatem progrediatur ad autumnum, et desinat in hiemem, et post hanc iterum exordiatur; さらにまた、すべての年は春から始まる、また夏を通って秋へ進む、また冬の中で終わる、またこの後、再び始まる。
ut haec fiant, est quod sol surgat in oriente, et exinde per meridiem progrediatur in occidentem, et desinat in septentrionem, e qua rursus exoritur. このことが生じるために、太陽は東の中で起き上がる(昇る)こと、またこのゆえに南を通って西の中に進む、また北の中で終わる、それ☆から再び起こる。
それ(qua)は「女」ですが何を指すのでしょうか? わかりません。「北」「東」「太陽」「年」は「男」です。
Simile est cum ecclesiis: 教会に同様である。
prima illarum quae Antiquissima, fuit sicut mane, ver et oriens; それらの最初のものは、最古代のもの、朝のようであった、春と東。
altera seu Antiqua fuit sicut dies, aestas et meridies; 第二すなわち古代のものは、日(=)のようであった、夏と南。
tertia sicut vespera, autumnus et occidens; 第三のものは夕のよう、秋と西。
et quarta sicut nox, hiems, et septentrio. また第四のものは夜のよう、冬、また北。
Ex his progressionibus secundum ordinem, sapientes antiqui concluserunt quatuor aetates mundi, quarum primam vocabant auream, secundam argenteam, tertiam cupream, et quartam ferream; 秩序にしたがったこれらの進行から、古代の賢人たちは世の四つの時代(時期)結論した、それらの最初のものを金のもの、第二のものを銀のもの、第三のものを銅のもの、また第四のものを鉄のもの。
cum quibus metallis etiam ipsae ecclesiae repraesentatae sunt per statuam Nebuchadnezaris. それらの金属に一致して(したがって)教会そのものもまた表象された、ネブカデネザルの像によって。
Praeterea ecclesia coram Domino apparet sicut unus homo; さらに、教会は主の前に一人の人間のように見られる。
et maximus hic Homo transibit aetates suas sicut parvus homo, videlicet ab infantia ad adolescentiam, et per hanc ad juventutem, et tandem in senectam; またこの「最大の人」は「小さい人」のようにその時期を通り過ぎる、すなわち、幼児期から青年期へ、またこれを通って壮年期へ、また最後に老年期の中に。
et tunc cum moritur, resurget. またその時、死ぬとき、再び起き上がる(よみがえる)
Dicit Dominus, 主は言われる、
"Nisi granum tritici cadens in terram moriatur,...manet; 「地の中に落ちる小麦の穀粒が死なないなら……とどまる。
at vero si moritur, multum fructum fert" (Joh. [1]lxii. 24). しかし、もし死ぬなら、多くの実をもたらす(結ぶ)(ヨハネ12:24)
 
@1 xii. (cum exemplo Auctoris,) pro “xiv.” 注1 xiv.」の代わりにxii.(著者の写し(本)に)
 
(3) 訳文
762. 世の創造の後、この地球の中に四つの教会が現われたことは、神的な秩序にしたがっている、すなわち、新しい始まりが起こるに始まりとその終わりがあることである
 ここから、すべての日は朝から始まり、進み、夜の中で終え、またこの後、新しいものから始まる――さらにまた、すべての年は春から始まり、夏を通って秋へ進み、冬で終わり、またこの後、再び始まる。このことが生じるために、太陽は東の中で起き上がり、またこのゆえに南を通って西の中に進み、北の中で終わり、それから再び起こる。
 教会に同様である――それらの最初のもの最古代教会は、朝、春、東のようであった。第二のものすなわち古代教会は、昼、夏、南のようであった。第三のものは、夕、秋、西、第四のものは夜、冬、北のようであった。
 秩序にしたがったこれらの進行から、古代の賢人たちは世の四つの時代結論した、それらの最初のものを(黄)金時代、第二のものを(白)銀時代、第三のものを(青)銅時代、また第四のものを(黒)鉄時代とした。それらの金属にしたがって教会そのものもまた、ネブカデネザルの像によって表象された。
 さらに、教会は主の前に一人の人間のように見られる。またこの「最大の人」は「小さい人(最小の人)」のようにその時期を通り過ぎる、すなわち、幼児期から青年期へ、またこれを通って壮年期へ、また最後に老年期の中に。またその時、死ぬとき再びよみがえる
 主は言われる、
 
 「地に落ちる小麦の穀粒が死なないなら……残る。しかし、もし死ぬなら、多くの実を結ぶ(ヨハネ12:24)
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 23:55
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
「e qua rursus exoritur.」の「qua」 は、一日の終わり、或いは季節の終わりを指していると思います。従って[nox」、或いは「hiems」を指していると思います。
匿名, 2016/01/02 6:38 AM









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1093232