RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』787
(1) 原文
787. Quod Nova haec Ecclesia sit Corona omnium ecclesiarum, quae huc usque in terrarum orbe fuerunt, est quia colet Deum unum visibilem, in quo est Deus invisibilis, sicut anima est in corpore; quod sic et non aliter conjunctio Dei cum homine dabilis sit, est quia homo est naturalis, et inde naturaliter cogitat, et conjunctio erit in cogitatione, et sic in affectione amoris ejus, et hoc fit cum homo cogitat de Deo ut Homine. Conjunctio cum Deo invisibili est sicut conjunctio visus oculi cum expanso universi, cujus finem non videt: ut et sicut visus in medio oceano, qui cadit in aerem et in mare, et perit: at vero conjunctio cum Deo visibili, est sicut visus hominis in aere seu mari expandentis manus ac invitantis in ulnas suas. Nam omnis conjunctio Dei cum homine, erit quoque reciproca hominis cum Deo, et alterum hoc reciprocum non dabile est, nisi cum Deo visibili. Quod Deus ante assumptum Humanum, non visibilis fuerit, docet et Ipse Dominus apud Johannem:
 
"Non vocem" Patris "audivistis unquam, neque speciem Ipsius vidistis" (v. 37).
 
et apud Mosen,
 
Quod nemo videre possit Deum, et vivere (Exod. xxxiii. 20).
 
Quod autem videatur per Humanum Ipsius, apud Johannem:
 
"Deum nemo vidit unquam; Unigenitus Filius, qui in sinu Patris est Ille exposuit" (i. 18):
 
et apud eundem,
 
Jesus dixit, "Ego sum via, veritas et vita, nemo venit ad Patrem nisi per Me;" qui cognoscit Me, cognoscit Patrem, et "qui videt Me, videt Patrem" (xiv. 6, 7, 9).
 
Quod conjunctio sit cum Deo invisibili per Ipsum visibilem, ita per Dominum, docet Ipse in his locis:
 
Jesus dixit, "Manete in Me, etiam Ego in vobis;... qui manet in Me, et Ego in illo, hic fert fructum multum" (Joh. xv. 4, 5).
"In illa die cognoscetis, quod Ego in Patre..., et vos in Me, et Ego in vobis" (Joh. xiv. 20).
"Ego gloriam, quam dedisti Mihi, dedi illis, ut sint unum, sicut nos unum sumus; Ego in illis et Tu in Me,...ut amor, quo amasti Me, in illis sit, et Ego in illis" (Joh. xvii. 21-23, 26; et quoque vi. 56).
 
Tum quod Pater et Ipse unum sint; et quod credendum sit in Ipsum ut quis vitam aeternam habeat. Quod salus pendeat a conjunctione cum Deo, supra multis ostensum est.
 
(2) 直訳
787. Quod Nova haec Ecclesia sit Corona omnium ecclesiarum, quae huc usque in terrarum orbe fuerunt, est quia colet Deum unum visibilem, in quo est Deus invisibilis, sicut anima est in corpore; この新しい教会がすべての教会の冠であることは、それらは地の(地)球の中にあった、一つの目に見える神を礼拝するからである、その中に目に見えない神がいる、霊魂が身体の中にあるように。
quod sic et non aliter conjunctio Dei cum homine dabilis sit, est quia homo est naturalis, et inde naturaliter cogitat, et conjunctio erit in cogitatione, et sic in affectione amoris ejus, et hoc fit cum homo cogitat de Deo ut Homine. このようにまた異なって人間との神の結合がありえないことは、人間が自然的であるからである、またここから自然的に考える、また思考の中に結合がある(未来)、またこのように彼の愛の情愛の中に、またこのことは人間が神について人間として考えるときに生じる。
Conjunctio cum Deo invisibili est sicut conjunctio visus oculi cum expanso universi, cujus finem non videt: 目に見えない神との結合は宇宙の広大な広がり(大空)と目の視覚の結合のようである、その終わりは見えない。
ut et sicut visus in medio oceano, qui cadit in aerem et in mare, et perit: そのようにまた、大洋の真ん中の視覚のよう〔である〕、それは空気の中にまた海の中に落ちる、また滅びる(失われる)
at vero conjunctio cum Deo visibili, est sicut visus hominis in aere seu mari expandentis manus ac invitantis in ulnas suas. しかし、目に見える神との結合は、人間の視覚のようである、空気または海の中で手を広げて、そして自分の腕の中に招いて〔いる〕。
Nam omnis conjunctio Dei cum homine, erit quoque reciproca hominis cum Deo, et alterum hoc reciprocum non dabile est, nisi cum Deo visibili. なぜなら、人間との神のすべての結合は、神との人間の相互のものでもある(未来)からである、またこの相互のものと異なるものはありえない、目に見える神とでないなら。
Quod Deus ante assumptum Humanum, non visibilis fuerit, docet et Ipse Dominus apud Johannem: 人間性をとった(まとった)前の神が、見えないものであったことは、また主ご自身が「ヨハネ(福音書)」のもとで教えている――
"Non vocem" Patris "audivistis unquam, neque speciem Ipsius vidistis" (v. 37). 「声を」父の「あなたがたはかつて聞かない、その方の姿もあなたがたは見ない」(5:37)
et apud Mosen, また「モーセ(の書)」のもとに、
Quod nemo videre possit Deum, et vivere (Exod. xxxiii. 20). だれも神を見ることができないこと、また生きること(出エジプト記33:20)
Quod autem videatur per Humanum Ipsius, apud Johannem: けれども、その方の人間性を通して見られることは、「ヨハネ(福音書)」のもとに――
"Deum nemo vidit unquam; 「神をだれもかつて見ていない。
Unigenitus Filius, qui in sinu Patris est Ille exposuit" (i. 18): 神のひとり子が、その者は父のふところにいる、その方が説明した」(1:18)
ここにカンマ(,)が抜け落ちています。初版は正しいです。
et apud eundem, また同書のもとに、
Jesus dixit, "Ego sum via, veritas et vita, nemo venit ad Patrem nisi per Me;" イエスは言った、「わたしは道である、狄人瓩箸い里繊△世譴發錣燭靴鯆未靴討任覆い覆乕磴悗笋辰突茲覆ぁ廖
qui cognoscit Me, cognoscit Patrem, et "qui videt Me, videt Patrem" (xiv. 6, 7, 9). わたしを知る者は、父を知る、また「わたしを見る者は、父を見る」(14:6, 7, 9)
Quod conjunctio sit cum Deo invisibili per Ipsum visibilem, ita per Dominum, docet Ipse in his locis: 目に見えない神との結合は、目に見えるその方を通してであること、そのように主を通して、その方がこれらの箇所の中に教えている――
Jesus dixit, "Manete in Me, etiam Ego in vobis; イエスは言った、「わたしの中にとどまれ、わたしもまたあなたがたの中に。
... qui manet in Me, et Ego in illo, hic fert fructum multum" (Joh. xv. 4, 5). ……わたしの中にとどまる者は、またわたしが彼の中に、この者は多くの実を結ぶ」(ヨハネ15:4, 5)
"In illa die cognoscetis, quod Ego in Patre..., et vos in Me, et Ego in vobis" (Joh. xiv. 20). 「その日の中で、あなたがたは知る、わたしが父の中に……またあなたがたがわたしの中に、またわたしがあなたがたの中に〔いる〕こと」(ヨハネ14:20)
"Ego gloriam, quam dedisti Mihi, dedi illis, ut sint unum, sicut nos unum sumus; 「わたしは栄光を、それをあなたがわたしに与えた、彼らに与えた、一つであるために、わたしたちは一つであるように。
Ego in illis et Tu in Me,...ut amor, quo amasti Me, in illis sit, et Ego in illis" (Joh. xvii. 21-23, 26; et quoque vi. 56). わたしは彼らの中に、またあなたはわたしの中に……愛が〔ある〕ために、それであなたがわたしを愛した、彼らの中にあるために、またわたしが彼らの中に」(ヨハネ17:21-23, 26、そしてまた6:56)
Tum quod Pater et Ipse unum sint; なおまた、父とその方は一つであること。
et quod credendum sit in Ipsum ut quis vitam aeternam habeat. またその方を信じなくてはならないこと、だれも永遠のいのちを持つために。
Quod salus pendeat a conjunctione cum Deo, supra multis ostensum est. 救いが神との結合にかかっていることは、上の多くのものに示されている。
 
(3) 訳文
787. この新しい教会が地上あったすべての教会の冠であることは、目に見える一つの神を礼拝するからである、霊魂が身体の中にあるようにその中に目に見えない神がいる。このようにまた〔これと〕異なって人間との神の結合がありえないことは、人間が自然的であり、ここから自然的に考え、また思考の中に結合が、またこのように彼の愛の情愛の中にあり、またこのことは人間が神について人間として考えるときに生じるからである。
 目に見えない神との結合は、宇宙の広大な広がと目の視覚の結合のようである、その〔広がりの〕終わりは見えない。そのようにまた、大洋の真ん中の視覚のようであり、それは空中にまた海の中に落ち、失われる。しかし、目に見える神との結合は、空気または海の中で手を広げて、そして自分の腕の中に招いている人間を見るようなものである。
 なぜなら、人間との神のすべての結合は、神との人間の相互のものでなくてはならないからである、またこの相互のものと異なるものは、目に見える神とでないならありえない。
人間性をまとう以前の神が、見えないものであったことは、主ご自身が「ヨハネ福音書」で教えている――
 
 「父の声をあなたがたはかつて聞ていない、その方の姿もあなたがたは見ていない」(5:37)
 
 また「モーセの書」に、
 
 だれも神を見て、また生きることができないこと(出エジプト記33:20)
 
 けれども、その方の人間性を通して見られることは、「ヨハネ福音書」に――
 
 「だれもかつて神を見ていない。父のふところにいる神のひとり子が、その方が説き明かした」(1:18)
 
 また同書に、
 
 イエスは言った、「わたしは道、狄人瓠△い里舛任△襦△世譴發錣燭靴鯆未靴討任覆い覆乕磴慷茲覆ぁ廖わたしを知る者は、父を知る、また「わたしを見る者は、父を見る」(14:6, 7, 9)
 
目に見えない神との結合は、目に見えるその方を通して、そのように主を通してであることを、その方がこれらの箇所で教えている――
 
 イエスは言った、「わたしの中にとどまれ、わたしもまたあなたがたの中に〔とどまる〕。……わたしの中にとどまり、またわたしが彼の中にとどまる者は、この者は多くの実を結ぶ」(ヨハネ15:4, 5)
 「その日に、あなたがたは、わたしが父の中に……またあなたがたがわたしの中に、またわたしがあなたがたの中に〔いる〕ことを知る」(ヨハネ14:20)
 「あなたがわたしに与えた栄光を、わたしは彼らに与えた、わたしたちが一つであるように、一つであるために。
 わたしは彼らの中に、またあなたはわたしの中に〔いる〕……あなたがわたしを愛した、その愛が彼らの中にあり、またわたしが彼らの中にために」(ヨハネ17:21-23, 26、そしてまた6:56)
 
 なおまた、父とその方は一つであること。また、だれも永遠のいのちを持つためにその方を信じなくてはならないこと。
 救いが神との結合にかかっていることは、前の多くのものに示されている。
author:yasubee, category:原典講読『真教』第14章, 23:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。