RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』794,795
(1) 原文
794. Ex visis per tot annos, possum sequentia referre: quod in mundo spirituali sint aeque terrae sicut in mundo naturali, quodque sint planities et valles, tum montes et colles, et quoque fontes et fluvii; quod sint paradisi, horti, luci et silvae; quod sint urbes, et inibi palatia et domus; tum quod sint scripturae et libri; quodque sint functiones et negotiationes; et quod sint aurum, argentum et lapides pretiosi; verbo, quod sint omnia et singula, quaecunque in mundo naturali, sed illa in caelo immensum perfectiora. Sed differentia est, quod omnia quae in mundo spirituali spectantur, sint momento creata a Domino, sicut domus, paradisi, cibi, et reliqua, et quod creentur ad correspondentiam cum interioribus angelorum et spirituum, quae sunt affectiones et inde cogitationes illorum; at quod omnia quae in mundo naturali spectantur, ex semine existant et crescant.
 
(2) 直訳
794. Ex visis per tot annos, possum sequentia referre: このように多くの年の間に見られたことから、私は続くものを述べることができる。
quod in mundo spirituali sint aeque terrae sicut in mundo naturali, quodque sint planities et valles, tum montes et colles, et quoque fontes et fluvii; 霊界の中に自然界の中にのように等しく地があること、そして平野と谷がある、なおまた、山と丘、そしてまた泉と川。
quod sint paradisi, horti, luci et silvae; 楽園、庭園、木立と森があること。
quod sint urbes, et inibi palatia et domus; 都があること、またその中に宮殿と家。
tum quod sint scripturae et libri; なおまた、書かれたもの(文書)と本があること。
quodque sint functiones et negotiationes;  そして任務(役目)と取引(商売)があること。
et quod sint aurum, argentum et lapides pretiosi; また、金、銀と貴重な石(宝石)があること。
verbo, quod sint omnia et singula, quaecunque in mundo naturali, sed illa in caelo immensum perfectiora. 一言でいえば、すべてと個々のものがあること、どんなものでも自然界の中の、しかし、それらは天界の中で無限にさらに完全〔である〕。
Sed differentia est, quod omnia quae in mundo spirituali spectantur, sint momento creata a Domino, sicut domus, paradisi, cibi, et reliqua, et quod creentur ad correspondentiam cum interioribus angelorum et spirituum, quae sunt affectiones et inde cogitationes illorum; しかし、相違がある、すべてのものは、それらは霊界の中に見られる、主により瞬間に創造されたこと、例えば、家、楽園、食べ物、また他のもの、また対応するものへ創造されている、天使と霊たちの内的なものと、それらは彼らの情愛とここからの思考である。
at quod omnia quae in mundo naturali spectantur, ex semine existant et crescant. しかし、すべてのものは、それらは自然界の中に見られる、種から存在するようになる、また増える。
 
(3) 訳文
794. このように多くの年の間に見られたことから、私は続くものを述べることができる。霊界の中に自然界の中にのように等しく地があり、そして平野と谷、なおまた、山と丘、そしてまた泉と川があること。楽園、庭園、木立と森があること。都が、またその中に宮殿と家あること。なおまた、書かれたもの(文書)と本があること。そして任務(役目)と取引(商売)があること。また、金、銀と貴重な石(宝石)があること。一言でいえば、どんなものでも自然界の中のすべてと個々のものがあること、しかし、それらは天界の中で無限にさらに完全〔である〕。
 しかし、相違がある、霊界の中に見られるすべてのものは、主により瞬間に創造されたこと、例えば、家、楽園、食べ物、また他のものは、天使と霊たちの内的なものに対応するものへ創造されている、それらは彼らの情愛とここからの思考である。しかし、自然界の中に見られるすべてのものは、種から存在するようになり、増える。
 
(1) 原文
795. Quoniam ita est, et indies ibi locutus sum cum gentibus et populis hujus mundi, ita non solum cum illis qui in Europa sunt, sed etiam cum illis qui in Asia et in Africa, ita cum illis, qui ex varia religione sunt, Coronidis loco ad hoc opus adjiciam brevem descriptionem de statu quorundam ex illis. Tenendum est, quod cujusvis tam gentis et populi in communi, quam singulorum in particulari, status in mundo spirituali sit secundum agnitionem Dei et cultum Ipsius; et quod omnes qui corde agnoscunt Deum, et post hoc tempus qui agnoscunt Dominum Jesum Christum Deum Redemptorem et Salvatorem, in caelo sint: et quod qui Ipsum non agnoscunt, sub caelo sint, et ibi instruantur; et quod qui recipient, in caelum eleventur; et quod qui non recipiunt, in infernum dejiciantur: inter hos etiam illi veniunt, qui sicut Sociniani solum Deum Patrem adiverunt, et qui sicut Ariani Divinitatem Humani Domini negaverunt; nam dixit Dominus,
 
"Ego sum Via, Veritas et vita; nemo venit ad Patrem nisi per Me:"
 
et ad Philippum, qui voluit videre Patrem, quod
 
"Qui Me videt et cognoscit, videat et cognoscat Patrem" (Joh. xiv. 6, seq.).
 
(2) 直訳
795. Quoniam ita est, et indies ibi locutus sum cum gentibus et populis hujus mundi, ita non solum cum illis qui in Europa sunt, sed etiam cum illis qui in Asia et in Africa, ita cum illis, qui ex varia religione sunt, Coronidis loco ad hoc opus adjiciam brevem descriptionem de statu quorundam ex illis. そのようであるので、また、日々、そこに、私はこの世界の国民と人民と話した、そのように彼らとだけでなく、その者はヨーロッパにいる、しかし彼らともまた、その者はアジアの中に、またアフリカの中に、そのように彼らと、その者はいろいろな宗教からである、この著作のコロニス☆の場所に(代わりに)、私は彼らからのある者の状態について簡単に描く。
「コロニス」は「章末の飾りカット(絵)」です、ここから「締め括り」「結び」の意味ともなります。ここからは、この部分の名称を「コロニス」とするのが適当でしょうが、最初に述べたように、「締め括り」「結び」の意味とは異なるので、この箇所の名称は「追加」がよいと思います。
Tenendum est, quod cujusvis tam gentis et populi in communi, quam singulorum in particulari, status in mundo spirituali sit secundum agnitionem Dei et cultum Ipsius; 〔心に〕保たなければならない、それぞれの者は、全般的に国(国民)と人民(民)も、個別的に個々の〔者〕も、霊界の中の状態は、神を認めることとその方の礼拝にしたがっていること。
et quod omnes qui corde agnoscunt Deum, et post hoc tempus qui agnoscunt Dominum Jesum Christum Deum Redemptorem et Salvatorem, in caelo sint: また、すべての者は、その者は心で神を認める、またこの時の後、その者は主イエス・キリストをあがない主と救い主の神と認める、天界の中にいること。
et quod qui Ipsum non agnoscunt, sub caelo sint, et ibi instruantur; またその方を認めない者は、天界の下にいること、またそこで教えられる。
et quod qui recipient, in caelum eleventur; また、受け入れる者は、天界の中に上げられること。
et quod qui non recipiunt, in infernum dejiciantur: また、受け入れない者は、地獄の中に投げ込まれること――
inter hos etiam illi veniunt, qui sicut Sociniani solum Deum Patrem adiverunt, et qui sicut Ariani Divinitatem Humani Domini negaverunt; これらの者の間に、彼らもまたやって来る、ソッツィイーニ教徒のように「父なる神」だけに近づいた者、またアリウス主義の信奉者のように主の神的人間性を否定した者。
nam dixit Dominus, なぜなら、主は言ったから、
"Ego sum Via, Veritas et vita; 「わたしは道である、狄人瓩泙燭い里繊
nemo venit ad Patrem nisi per Me:" だれもわたしを通してでないなら、父へやって来ない」。
et ad Philippum, qui voluit videre Patrem, quod またピリポに、その者は「父」を見ることを欲した、〜のことを、
"Qui Me videt et cognoscit, videat et cognoscat Patrem" (Joh. xiv. 6, seq.). 「わたしを見る、また認める☆者は、父を見る、また認める☆」(ヨハネ14:6以降)
「また認める(知る)(二箇所)はギリシア原文にありません(なぜ付け加えたのでしょうか、私はあまりよいこととは思いません)
 
(3) 訳文
795. そのようであるので、そこで日々、私はこの世界の国民と人民と話した、そのようにヨーロッパにいる者とだけでなく、しかしアジアの中に、またアフリカの中にいる者と、そのようにいろいろな宗教からの者と。この著作のコロニス(締め括り)1の代わりに、私は彼らからのある者の状態について簡単に描く。
 〔心に〕保たなければならない、全般的に国(国民)と人民(民)も、個別的に個々の〔者〕も、霊界の中のそれぞれの者の状態は、神を認めることとその方の礼拝にしたがっていること〔である〕。また、心で神を認め、またこの時の後、主イエス・キリストをあがない主と救い主の神と認めるすべての者は、天界の中にいること。また、その方を認めない者は、天界の下にいる、またそこで教えられること。また、受け入れる者は、天界の中に上げられること。また、受け入れない者は、地獄の中に投げ込まれること――これらの者の間に、ソッツィイーニ教徒のように「父なる神」だけに近づいた者、またアリウス主義の信奉者のように主の神的人間性を否定した者もやって来る。なぜなら、主は言われたから、
 
 「わたしは道、狄人瓠△い里舛任△襦だれもわたしを通してでないなら、父へやって来ない」。
 
 また、「父」を見ることを欲したピリポに言われた、
 
 「わたしを見る、また認める☆者は、父を見る、また認める☆2(ヨハネ14:6以降)
 
1 「コロニス」は「章末の飾りカット(絵)」です、ここから「締め括り」「結び」の意味ともなります。ここからは、この部分の名称を「コロニス」とするのが適当でしょうが、内容は「締め括り」「結び」の意味とは異なるので、この箇所の名称は「追加」とします。 
2 「また認める(知る)(二箇所)はギリシア原文にありません
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 21:37
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
"Qui Me videt et cognoscit, videat et cognoscat Patrem" (Joh. xiv. 6, seq.). 「わたしを見る、また認める☆者は、父を見る、また認める☆」(ヨハネ14:6以降)。
☆ 「また認める(知る)」(二箇所)はギリシア原文にありません(なぜ付け加えたのでしょうか、私はあまりよいこととは思いません)。

ここの[video]は理解すると言う意味であり、[cognosco]は意志で承認し受け入れると言う意味だと思います。理解することだけの記述では主の御言葉として不完全ですので、スヴェーデンボリがギリシャ語原文の不備をそれとなく訂正したものと思われます。
匿名, 2016/01/27 6:54 AM









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1093257