RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』798(直訳[6]~終わりまで)
[6.] Ad quae a me dicta primum, sicut soluit, obmutescebat; [6] からわれたそれらに、最初、よくするよう(soleo)、黙った。
sed post semissem horae solvit silentium, et dixit, "Fuitne Christus homo, filius Mariae nuptae Josepho? しかし、時間半分後、沈黙った(いた)またった、「キリストは人間ではなかったか? ヨセフと婚姻のマリアの息子。
Quomodo potest homo adorari ut Deus?" どのように、人間のように崇拝されることができるのか?」
Et dixi, "Estne Jesus Christus Redemptor et Salvator noster, Deus et Homo?" また、私った、「私たちのあがない主〔であるイエスは、神また人間ではないのか?」
Ad quod respondit, "Est Deus et Homo, attamen Divinitas non est ejus sed est Patris." そのことにえた、「神また人間であるしかしながら、神性のものではないしかし、父のもの」。
Et quaesivi, "Ubinam tunc est Christus?" また、私は質問した、「どこに、その時、キリストはいるのか?」
Dixit, "Est in infimis caeli," quod confirmavit per humiliationem ejus coram Patre, et quod passus sit Se crucifigi. 言った、「天界の最も低い(ところの)中にいる」、このことを父の前の彼の卑下によって確信した、またその方自身を十字架につけられることを受けたこと。
His adjecit dicteria in cultum Ipsius, quae tunc in memoriam ejus e mundo irrupserunt, quae in summa erant, quod cultus ejus non aliud sit, quam idololatria, et voluit adjicere infanda de illo cultu; これらにその方の礼拝の中の物笑いの種を加えた、それはその時、世からの彼の記憶に押し入った、それらは要するに〜であった、その礼拝は他のものでないこと、偶像崇拝以外の、その礼拝について口に出せないことを加えることを欲した。
verum angeli, qui apud me erant, compresserunt labia ejus. けれども、天使たちは、その者は私のもとにいた、彼の唇を押さえつけた。
[7.] Ego vero ex zelo convertendi illum, dixi, quod Dominus Salvator noster non modo sit Deus et Homo, sed etiam quod in Ipso Deus sit Homo et Homo Deus; [7] しかし、私は、彼を回心させる熱意から、言った、私たちの救い主〔である〕主は神であるだけでなく人間、しかしさらにまた、その方の中に神は人間、人間は神であること。
et hoc confirmavi ex Paulo, またこのことをパウロから確証(証明)した、
Quod in Ipso omnis plenitudo Divinitatis habitet corporaliter (Coloss. ii.9): その方の中にすべての神性の充満が形体的に住んでいること(コロサイ2:9)
et ex Johanne, また「ヨハネ」から、
Quod sit verus Deus et vita aeterna (1 Epist. v. 20, 21 [B.A. 20]). 真の神と永遠のいのちであること(手紙5:20)
tum ex his Ipsius Domini verbis, なおまた、主ご自身のこれらのことばから、
Quod voluntas Patris sit, ut omnis qui credit in Filium, habeat vitam aeternam, et quod qui non credit, non visurus sit vitam, sed ira Dei super illo maneat (Joh. iii. 36; vi. 40); 父の意志であること、子を信じる者が永遠のいのちを持つこと、また信じない者がいのちを見ないこと、しかし、神の怒りが彼の上にとどまる(ヨハネ3:366:40)
ac insuper, quod Fides symbolica quae Athanasiana vocatur, dictet, quod in Christo Deus et Homo non sint duo, sed unum, et quod sint in una Persona, sicut anima et corpus in homine. そしてなおまた、信仰信条が、それはアタナシウスのものと呼ばれる、主張する(定める)、キリストの中に神と人間は二つでないこと、しかし、一つ、また一つの位格の中にいること、人間の中の霊魂と身体のように。
[8.] His auditis respondit, "Quid omnia illa, quae protulisti ex Verbo, nisi inania? [8] これらで聞いて、答えた、「それらのすべてのものは何か? それらはみことばから取り出された(profero)、空虚でないなら。
Estne Verbum liber omnium haeresium, et sic est sicut index venti super tectis et navibus, qui huc illuc circumrotatur secundum flatum? みことばはすべての異端の本ではないのか、またこのように風の指標(=風見)、塔や船の上の、それは当たらこちらに(異なる方向に)吹くことにしたがって回転させられる?☆
ここに「?」が抜け落ちていました。
Est sola Praedestinatio, quae concludit omnia religionis; 予定だけである、それは宗教のすべてのものを服従させる(証明する☆)
ここは「決定づける」と意訳してよいでしょう。
est haec omnium religionis habitaculum et tentorium conventus; これが宗教のすべてのものの住まいと会見(集会)の天幕である。
et fides, per quam fit justificatio et salvatio, est ibi adytum et sanctuarium. また信仰は、それによって義認と救いが生じる、そこに内陣(至聖所・聖廟)聖所である。
Num est ulli homini liberum arbitrium in spiritualibus? 人間のだれにも霊的なものの中の選択の自由はないのではないか?
suntne omnia salutis gratuita? 救いのすべてのものは無料ではないか?
Quare argumenta contra haec, et sic contra praedestinationem, non aliter audio et percipio quam sicut ructus ex ventre, et sicut borborygmos; それゆえ、これに反する証拠(論証)は、またこのように予定に反する、異なって私は聞く、また知覚する、胃(腹)からのげっぷのように以外に、また腹がゴロゴロ鳴るように。
et quia ita est, cogitavi mecum, quod templum ubi docetur de alia re, et ex Verbo, ac coetus congregatus tunc, sit tanquam bestiarium, in quo sunt oves et lupi simul; またそのようであるので、私は私と考えた、神殿(教会)は、そこに他の事柄について教えられている、またみことばから、そして集まる集会は、その時、いわば動物園である、その中に羊とオオカミが一緒である。
sed hi capistrati per leges justitiae civiles ne irruant in oves (per oves intelligo praedestinatos); しかし、これらの者は市民の公正(正義)の法律によって端綱(はづな)をつけられている、羊の中に突進しないように(羊によって私は予定説の信奉者☆を意味する)
このままでは誤解しそうです、「予定説によって救いに定められていると信じている者」という意味でしょう。
et quod praedicationes oratoriae ibi tunc, non sint nisi singultus ex pectore. また、雄弁な説教は、そこにその時、胸からのあえぎでしかない。
Sed dabo meam confessionem, quae haec est: しかし、私は私の信仰告白を与える、それらはこれである――
Est Deus, et ille omnipotens; 神がいる、また彼は全能〔である〕。
et non est salus aliis, quam illis qui a Deo Patre electi et praedestinati sunt; また他の者に救いはない、彼ら以外に、その者は父なる神により選ばれた、また予定された。
et quisque alius adscriptus est suae sorti, hoc est, suo fato." また他のだれもが自分のくじ(運命)で割り当てられている、すなわち、自分の運命(宿命)を」。
[9.] His auditis in excandescentia regessi, "Loqueris nefanda; [9] これらで聞いて、憤りから私は言い返した、「あなたは恐るべきことを話している。
abi male spiritus. 立ちされ、悪い霊よ。
Scisne quia in mundo spirituali es, quod sit caelum et quod sit infernum, et quod praedestinatio involvat quod aliqui adscripti sint caelo, et aliqui inferno? 知らないか? あなたは霊界の中にいるので、天界があること、また地獄があること、また予定が含意すること、ある者が天界に割り当てられていること、またある者が地獄に。
Num sic aliam ideam de Deo poteris tibi formare, quam sicut de tyranno, qui clientes in urbem admittit, et reliquos ejicit in carnificinam? このように神について他の観念をあなたはあなたにつくることができるのか? 暴君(専制君主)についてのように以外に、その者は隷属者(被保護者)を都の中に入れる、また他の者を拷問(処刑)所の中に投げ出す。
Quare pudeat te." それゆえ、あなたを恥じる☆」。
非人称+対格で用いるとき、「恥を知れ!」と訳します。
[10.] Postea praelegi coram illo, quae in libro Evangelicorum dogmatico, Formula Concordiae appellato, de erronea Doctrina Calvinistarum, de cultu Domini, et de praedestinatione, scripta sunt: [10] その後、私は彼の前で声に出して読んだ、それらは福音主義の教義の本の中に、『一致信条』と呼ばれる、カルヴァン主義の間違った教えについて、主の霊について、また予定について、書かれている――
de Cultu Domini, haec: 主の礼拝について、これら――
"Quod damnabilis idololatria sit, si fiducia et fides cordis in Christum non solum secundum Divinam, sed etiam secundum Humanam Ipsius Naturam collocetur, et honor adorationis ad utramque dirigatur." 「断罪を免れない偶像崇拝であること、もしキリストへの心からの信頼と信仰が神聖したがってだけでなく、しかし、その方の人間的な性質にしたがってもまた置かれるなら、また両方への崇拝の名誉が導かれる(なら)」。
Et de Praedestinatione, haec: また予定について、これら――
"Christum non pro omnibus hominibus, sed pro solis electis mortuum esse. 「キリストはすべての人間のためではない、しかし選ばれた者のために死んだ。
Deum potissimam partem hominum ad damnationem aeternam creasse, et nolle ut potissima pars convertatur et vivat. 神は最も正確に人間の一部を永遠の断罪へと創造すること☆、また望まないこと、最も正確に一部を回心させられる、また生きる。
このcreasseが文法的に何なのかわかりません。
Electos et regenitos non posse fidem et Spiritum Sanctum amittere, quamvis omnis generis grandia peccata et flagitia committant. 選ばれた者と再生された者は、信仰と聖霊を失うことの可能性がない、何かのすべての種類の大きな罪と邪悪な行為を犯す(犯しても)
Eos vero, qui electi non sunt, necessario damnari, nec posse pervenire ad salutem, etiamsi millies baptizarentur, et cottidie ad Eucharistiam accederent; けれども彼らを、その者は選ばれない、断罪されることの必要〔がある〕、救いへやって来ることの可能性もない、たとえ〜でも、千回、洗礼を受ける、また毎日、聖体祭義に近づく。
praeterea vitam tam sancte atque inculpate ducerent, quantum unquam fieri potest" (p. 837, 838, editionis Lipsiens.: anno 1756). さらに生活を、これほどに信心深く、そして罪を帰して導く、その程度に、決して行なうことができない」(837, 838ページ、ライプツィヒ版、1756)
Post praelectionem, quaesivi illum, num illa quae in libro isto scripta sunt, sint ex ipsius doctrina, vel non, et respondit, quod ex sua, sed quod non reminiscatur num ipsa illa verba ex suo calamo, tametsi ex suo ore, profluxerint. 講演(声を出して読むこと)後、私は彼を質問した、それらは、それらはその本の中に書かれている、彼自身の教えからである、あるいはでないか、また答えた、自分からであること、しかし、自分のペン(葦)らのそれらのことがそのものかどうか思い出せないこと、それでの自分の口から、流れ出た。
[11.] His auditis recesserunt ab illo omnes servi Domini, et ille propere se contulit in viam tendentem ad speluncam, ubi sunt, qui praedestinationis execrabile dogma apud se confirmaverunt. [11] これらで聞いて、彼らから主のしもべのすべての者は去った、また彼は急いで道の中へ行った、ほら穴へ伸びている、そこにいた、憎むべき予定の教義を自分自身に確信した者。
Cum quibusdam ex incarceratis in spelunca illa postea locutus sum, et quaesivi sortem illorum: ほら穴の中に閉じ込められた者からのある者と、私が話した後、また私は彼らの運命を質問した――
et dixerunt, quod sint adacti laborare propter victum, et quod omnes inter se inimici sint, et quod quisque quaerat causam malum faciendi alteri, et quod etiam faciant, dum aliquam levem deprehendunt, et quod hoc sit jucundum vitae illorum. また言った、食物のために強制されて働くことがあること、またすべての者は自分たち自身の間に(互いに)敵意があること、まただれもが他の者に悪を行なう理由を求めていること、また行なうこともある、何らかの軽いもの(重要でない)理由〕が見つけられる時☆。
すなわち、「少しでも理由を見つけて、悪を行なう」ことです。
(Praeterea de Praedestinatione et Praedestinatianis videantur quae supra n. 485-488, scripta sunt.) (さらに、予定と予定説の信奉者について見られる、それらは上の485-488番、書かれている。)
 
@1 faece pro “faeci” 注1 faeci」の代わりにfaece
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 00:40
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
「creasse」は「creavisse」不定法完了の略形です。完了形等の「vi」はしばしば省略されています。
匿名, 2016/02/05 6:48 AM









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1093267