RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『真のキリスト教』850,851
(1) 原文
850. Post haec vidi quosdam ex inferis, unde audita sunt illa, ascendentes, qui me tono gravi allocuti dixerunt, "Quamobrem Dominus tuus arcana, quae in longa serie modo enumeravisti, revelavit tibi qui es laicus, et non alicui ex clero?"
Ad quae respondi, quod hoc in beneplacito Domini sit, qui me ad hoc munus a prima juventute praeparavit; "attamen quaeram retro [ex] vobis, cur Dominus dum in mundo fuit, elegit piscatores in discipulos, et non aliquos ex legisperitis, scribis, sacerdotibus, seu rabbinis? ventilate hoc inter vos, et ex judicio concludite, ac invenietis causam."
His auditis factum est murmur, et post hoc silentium.
 
(2) 直訳
850. Post haec vidi quosdam ex inferis, unde audita sunt illa, ascendentes, qui me tono gravi allocuti dixerunt, "Quamobrem Dominus tuus arcana, quae in longa serie modo enumeravisti, revelavit tibi qui es laicus, et non alicui ex clero?" この後、私は低い領域からのある者を見た、そこからそれらが聞かれた、のぼってくる者、その者は私に重々しい口調で話しかけて言った、「何の理由で、主はあなたの秘義を、それらは長い連続の中で今しがたあなたは列挙した、あなたに啓示したのか? その者はあなたは平信徒である、また聖職者からの何らかの者でない」。
Ad quae respondi, quod hoc in beneplacito Domini sit, qui me ad hoc munus a prima juventute praeparavit; それに私は答えた、「このことは主の意向(喜ぶところ)の中にある、その方は私をこの役目へ青年時代の最初から準備した。
"attamen quaeram retro [ex] vobis, cur Dominus dum in mundo fuit, elegit piscatores in discipulos, et non aliquos ex legisperitis, scribis, sacerdotibus, seu rabbinis? しかしながら、私はあなたがた(から)お返しに、質問する、なぜ、主は世にいた時、漁師を弟子たちの中へ選んだのか、またある者をでなく、律法の専門家から、書記(学者)、祭司、またはラビ(先生)
ventilate hoc inter vos, et ex judicio concludite, ac invenietis causam." このことをあなたがたの間で議論せよ、また思慮分別をもって(賢明に)結論せよ、そしてあなたがたは理由を見つける」。
His auditis factum est murmur, et post hoc silentium. これらで聞いて、ブツブツ言うことが生じた、またその後、これは沈黙。
 
(3) 訳文
850. この後、私はそれらが聞かれた低い領域からのぼってくるある者を見た、その者は私に重々しい口調で話しかけて言った、「何の理由で、主は、あなたの秘義を、それらを長い連続の中で今しがたあなたは列挙したが、平信徒であり、聖職者からの何らかの者でないあなたに啓示したのか?」
 それに私は答えた、「このことは主の喜ぶところである、その方は私をこの役目へ青年時代の最初から準備した。しかしながら、私はあなたがたにお返しに質問する、なぜ、主は世にいた時、漁師を弟子たちに選んだのか、また律法の専門家、書記、祭司、またはラビからのある者でなく? このことをあなたがたの間で議論せよ、また思慮分別をもって結論せよ、するとあなたがたは理由を見つける」。
 これらを聞いて、ブツブツ言うことがあった、その後、沈黙した。
 
(1) 原文
851. Praevideo, quod multi qui legunt Memorabilia post capita, credituri sint, quod sint imaginationis inventa; sed assevero in veritate quod non sint inventa, sed vere visa et audita; non visa et audita in quodam statu mentis sopitae, sed in statu plenae vigiliae: placuit enim Domino Se Ipsum mihi manifestare, et me mittere ad docendum illa, quae erunt Novae Ipsius Ecclesiae, quae per "Novam Hierosolymam" in Apocalypsi intelligitur; propter quem finem interiora mentis seu spiritus mei aperuit, ex quo mihi datum est in mundo spirituali cum angelis esse, et simul in mundo naturali cum hominibus, et hoc nunc per viginti septem annos.
Quis in Christiano orbe aliquid scivisset de Caelo et Inferno, nisi placuerit Domino aperire alicui visum spiritus ejus, ac monstrare et docere? Quod talia, quae in Memorabilibus descripta sunt, appareant in caelis, constat manifeste a similibus, quae visa et descripta sunt in Apocalypsi a Johanne, ut et quae visa et descripta sunt in Verbo Veteris Testamenti a Prophetis. [2.] In Apocalypsi sunt haec: Quod viderit Filium hominis in medio septem candelabrorum: quod viderit Tabernaculum, Templum, Arcam, Altare in Caelo: Librum obsignatum septem sigillis, illum apertum, et inde exeuntes Equos: quatuor Animalia circum Thronum: duodecim millia Electos ex unaquavis tribu: Locustas ascendentes ex abysso: Mulierem parientem filium masculum, ac fugientem in desertum propter Draconem: duas Bestias unam ascendentem ex mari, alteram e terra: Angelum volantem in medio caelo habentem Evangelium aeternum: Mare vitreum igne mixtum: Angelos septem habentes plagas septem ultimas: Phialas ab illis effusas in terram, in mare, in fluvios, in solem, in thronum bestiae, in Euphratem, et in aerem: Mulierem sedentem super Bestia coccinea: Draconem ejectum in stagnum ignis et sulphuris: Equum album: Cenam magnam: Caelum novum et Terram novam: Sanctam Hierosolymam descendentem e caelo, descriptam quoad portas, murum et hujus fundamenta; tum Fluvium aquae vitae, et Arbores vitae facientes fructus quovis mense; praeter plura, quae omnia visa sunt Johanni, ac visa dum quoad spiritum suum fuit in mundo spirituali et in caelo. Praeter quae visa sunt Apostolis post resurrectionem Domini, ut quae deinde Petro (Act. Apost. xi.): tum quae visa et audita Paulo. Praeterea quae Prophetis in Veteri Testamento; ut Ezechieli,
 
Quod viderit quatuor Animalia, quae erant Cherubi ([Ezech.] i. et x.).
Quod Novum Templum et Novam Terram, et Angelum metientem illa (xl.-xlviii.).
Quod abductus Hierosolymam, et viderit ibi abominationes, et quoque in Chaldaeam (viii. et xi.).
 
[3.] Simile factum est cum Sacharia,
 
Quod viderit virum equitantem inter myrtos ([Sach.] i. 8 seq.).
Quod viderit quatuor Cornua; et dein Virum cum funiculo mensurae in manu ([1]ii.).
Quod viderit volumen volans, et Epham (v. 1, 6).
Quod viderit quatuor Currus inter duos montes et Equos (vi. 1 seq.).
 
Pariter cum Daniele,
 
Quod viderit quatuor Bestias ascendentes e mari ([Dan.] vii. 1 seq.):
Quod viderit Filium hominis venientem in nubibus caeli, cujus dominium non transibit, et regnum non peribit (vii. 13, 14):
Quod viderit pugnas Arietis et Hirci (viii. 1 seq.).
Quod viderit angelum Gabrielem, et cum illo locutus sit (ix.).
Quod Puer Elisaei viderit currus et Equos igneos circum Elisaeum, et quod illos viderit, cum oculi ejus aperti sunt (2 Reg. vi. 17).
 
Ex his et pluribus aliis in Verbo, constat, quad illa, quae in Mundo spirituali existunt, apparuerint multis ante et post Domini adventum. Quid mirum, quod etiam nunc inchoante ecclesia, seu descendente Nova Hierosolyma e caelo?
 
   @1 ii. pro “iii.”
 
(2) 直訳
851. Praevideo, quod multi qui legunt Memorabilia post capita, credituri sint, quod sint imaginationis inventa; 私は先見する、多くの者が、その者は章の後のメモラビリアを読む、信じるであろうこと、想像の作り事であること。
sed assevero in veritate quod non sint inventa, sed vere visa et audita; しかし、私は狄人瓩箸靴特埜世垢襦∈遒蟷でないこと、しかし、真に見られ、また聞かれたもの。
non visa et audita in quodam statu mentis sopitae, sed in statu plenae vigiliae: 心で眠らされたある種の状態の中で見られ、また聞かれたものではない、しかし完全に目覚めた状態の中で。
placuit enim Domino Se Ipsum mihi manifestare, et me mittere ad docendum illa, quae erunt Novae Ipsius Ecclesiae, quae per "Novam Hierosolymam" in Apocalypsi intelligitur; というのは、主ご自身がご自分を私に示すことを喜ばれたから、また私をそれらを教えるために遣わすこと、それらはその方の新しい教会のものになる、それらは「黙示録」の中の「新しいエルサレム」によって意味される。
propter quem finem interiora mentis seu spiritus mei aperuit, ex quo mihi datum est in mundo spirituali cum angelis esse, et simul in mundo naturali cum hominibus, et hoc nunc per viginti septem annos. その目的のために、私の心の内的なもの、すなわち、霊を開いた、それ〔霊〕から私に霊界と天使の世界の中にいることが与えられた、また同時に人間との自然界の中に、またこのことが今や、27年間。
Quis in Christiano orbe aliquid scivisset de Caelo et Inferno, nisi placuerit Domino aperire alicui visum spiritus ejus, ac monstrare et docere? だれが、キリスト教世界の中で何らかのものを「天界と地獄」ついて知ったか、主の喜ばれるところでないなら、ある者に彼の霊の視覚を開くこと、そして示すことまた教えること?
Quod talia, quae in Memorabilibus descripta sunt, appareant in caelis, constat manifeste a similibus, quae visa et descripta sunt in Apocalypsi a Johanne, ut et quae visa et descripta sunt in Verbo Veteris Testamenti a Prophetis. このようなものが、それらは「メモラビリア」の中で述べられた(描かれた)、天界の中で見られる、同様のものからはっきりと明らかである、ヨハネにより「黙示録」の中で見られ、述べられている、そのようにまた、それらは預言者により旧約のみことばの中に見られ、述べられている。
[2.] In Apocalypsi sunt haec: [2] 「黙示録」の中にこれらがある――
Quod viderit Filium hominis in medio septem candelabrorum: 七つの燭台の真ん中に人の子を見たこと。
quod viderit Tabernaculum, Templum, Arcam, Altare in Caelo: 天の中に幕屋、神殿、箱、祭壇を見たこと。
Librum obsignatum septem sigillis, illum apertum, et inde exeuntes Equos: 七つの封印で封じられた書(巻き物)、それが開かれた、またここから出て来る馬。
quatuor Animalia circum Thronum: 王座のまわりに四つの生き物(動物)
duodecim millia Electos ex unaquavis tribu: それぞれの部族から十二千の選ばれた者。
Locustas ascendentes ex abysso: 深淵からのぼってくるイナゴ。
Mulierem parientem filium masculum, ac fugientem in desertum propter Draconem: 男の子を産んだ女、そして竜のために荒野の中に逃げる。
duas Bestias unam ascendentem ex mari, alteram e terra: 二つの獣、一つは海から上って来る、もう一つは地から。
Angelum volantem in medio caelo habentem Evangelium aeternum: 永遠の福音を持って天界の真ん中を飛ぶ天使。☆
この記述は「黙示録」の中に見あたりません。勘違いでしょう?
Mare vitreum igne mixtum: 火の混じったガラスの海。
Angelos septem habentes plagas septem ultimas: 七つの天使たち、最後の七つの災害を持っている。
Phialas ab illis effusas in terram, in mare, in fluvios, in solem, in thronum bestiae, in Euphratem, et in aerem: 鉢、彼らにより流された☆、地の中へ、海の中へ、川の中へ、太陽の中へ、獣の王座の中へ、ユーフラテス川の中へ、また空中へ。
☆ 「流された」は「注ぎ出された」とします。
Mulierem sedentem super Bestia coccinea: 緋色の獣の上に座っている女。
Draconem ejectum in stagnum ignis et sulphuris: 火と硫黄の池の中に投げ込まれた竜。
Equum album: 白い馬。
Cenam magnam: 大宴会(晩餐)
Caelum novum et Terram novam: 新しい天と新しい地。
Sanctam Hierosolymam descendentem e caelo, descriptam quoad portas, murum et hujus fundamenta; 天から降る聖なるエルサレムが、門、城壁またその土台に関して描かれた(述べられた)
tum Fluvium aquae vitae, et Arbores vitae facientes fructus quovis mense; なおまた、いのちの水の川、またいのちの木、それぞれの月に実を結んでいる。
praeter plura, quae omnia visa sunt Johanni, ac visa dum quoad spiritum suum fuit in mundo spirituali et in caelo. ほかに多くのもの、それらすべてはヨハネに見られた、そして見られた時、自分の霊に関して霊界の中に、また天界の中にいた。
Praeter quae visa sunt Apostolis post resurrectionem Domini, ut quae deinde Petro (Act. Apost. xi.): ほかに、それらは主の復活後に使徒たちに見られた、例えば、それらはその後、ペテロに(使徒の働き第11)
tum quae visa et audita Paulo. なおまたそれらは見られ、聞かれたパウロに。
Praeterea quae Prophetis in Veteri Testamento; さらに、それらは旧約の中の預言者に。
ut Ezechieli, 例えば、エゼキエルに、
Quod viderit quatuor Animalia, quae erant Cherubi ([Ezech.] i. et x.). 四つの生き物を見たこと、それらはケルビムであった(エゼキエル第1, 10)
Quod Novum Templum et Novam Terram, et Angelum metientem illa (xl.-xlviii.). 新しい神殿と新しい地(=)、また天使がそれらを測ったこと(40-48)
Quod abductus Hierosolymam, et viderit ibi abominationes, et quoque in Chaldaeam (viii. et xi.). エルサレムへ連れ去られたこと、またそこに忌まわしいものを見た、そしてまたカルデヤの中に(連れて行かれた) (8, 11)
[3.] Simile factum est cum Sacharia, [3] 同様のものがゼカリヤに生じた、
Quod viderit virum equitantem inter myrtos ([Sach.] i. 8 seq.). ミルトスの木の間に馬に乗っている男を見たこと(ゼカリヤ1:8以降)
Quod viderit quatuor Cornua; 四つの角を見たこと。
et dein Virum cum funiculo mensurae in manu ([1]ii.). またその後、手の中の測り綱とともに男を(2)
Quod viderit volumen volans, et Epham (v. 1, 6). 飛んでいる巻き物、またエパ枡を見たこと(5:1, 6)
Quod viderit quatuor Currus inter duos montes et Equos (vi. 1 seq.). 二つの山の間の四つの戦車と馬を見たこと(5;1以降)
Pariter cum Daniele, 同じくダニエルに、
Quod viderit quatuor Bestias ascendentes e mari ([Dan.] vii. 1 seq.): 海から上がってくる四つの獣を見たこと(ダニエル7:1以降)
Quod viderit Filium hominis venientem in nubibus caeli, cujus dominium non transibit, et regnum non peribit (vii. 13, 14): 人の子が天の雲の中にやって来るのを見たこと、その支配は移らない、また王国は滅びない(7:13, 14)
Quod viderit pugnas Arietis et Hirci (viii. 1 seq.). 雄羊と雄ヤギの戦いを見たこと(8:1以降)
Quod viderit angelum Gabrielem, et cum illo locutus sit (ix.). 天使ガブリエルを見た、また彼と話したこと(9)
Quod Puer Elisaei viderit currus et Equos igneos circum Elisaeum, et quod illos viderit, cum oculi ejus aperti sunt (2 Reg. vi. 17). エリシャの少年がエリシャのまわりの火の戦車と馬を見たこと、また彼を見たこと、その目が開かれているとき(列王記6:17)
Ex his et pluribus aliis in Verbo, constat, quad illa, quae in Mundo spirituali existunt, apparuerint multis ante et post Domini adventum. みことばの中のこれらと他の多くのものから、明らかである、それらに関して、それらは霊界の中に生じる、主の来臨の前と後に、多くの者に見られた。
Quid mirum, quod etiam nunc inchoante ecclesia, seu descendente Nova Hierosolyma e caelo? 何が不思議か(驚くべきことか)、さらにまた〔見られても〕、今や、教会が始まって〔いる時〕、すなわち、天界から新しいエルサレムが降って〔いる時〕?
 
@1 ii. pro “iii.” 注1 iii.」の代わりにii.
 
(3) 訳文
851. 私は、章の後の「メモラビリア」を読む多くの者が、想像の作り事であると信じるであろうことを先見する。しかし、私は狄人瓩箸靴萄遒蟷でなく、真に見られまた聞かれたものであることを断言する。心で眠らされたある種の状態の中ではなく、しかし完全に目覚めた状態の中で見られ、聞かれたものである。というのは、主ご自身がご自分を私に示すことを、また私を、それらを教えるために遣わすことを喜ばれたから、それらは「黙示録」の中の「新しいエルサレム」によって意味されるその方の新しい教会のものになる。その目的のために、私の心の内的なもの、すなわち、霊を開き、。その霊から私に霊界と天使の世界の中に、また同時に人間との自然界の中にいることが与えられた、またこのことが今や、27年間である。
 だれが、キリスト教界の中で「天界と地獄」ついて何らかのものを知ったか? ある者に彼の霊の視覚を開くこと、そして示すことまた教えることが主の喜ばれるところでないなら。
 「メモラビリア」の中で述べられたようなものが、天界の中で見られることは、ヨハネにより「黙示録」の中で見られ、述べられている、そのようにまた、預言者により旧約のみことばの中に見られ、述べられている同様のものからはっきりと明らかである。
 [2] 「黙示録」の中にこれらがある――
 七つの燭台の真ん中に人の子を見たこと。天の中に幕屋、神殿、箱、祭壇を見たこと。七つの封印で封じられた書(巻き物)、それが開かれ、またここから出て来る馬を。王座のまわりに四つの生き物。それぞれの部族から十二千の選ばれた者を。深淵からのぼってくるイナゴ。男の子を産み、そして竜のために荒野の中に逃げる女。一つは海から、もう一つは地から上って来る二つの獣。永遠の福音を持って天界の真ん中を飛ぶ天使☆。火の混じったガラスの海。最後の七つの災害を持っている七つの天使たち。彼らにより、地の中へ、海の中へ、川の中へ、太陽の中へ、獣の王座の中へ、ユーフラテス川の中へ、また空中へ注ぎ出された鉢。緋色の獣の上に座っている女。火と硫黄の池の中に投げ込まれた竜。白い馬。大宴会。新しい天と新しい地。門、城壁またその土台に関して描かれた天から降る「聖なるエルサレム」。なおまた、いのちの水の川、また毎月、実を結んでいるいのちの木。ほかに多くのもの、それらすべてはヨハネに見られた、そして見られた時、その霊に関して霊界の中に、また天界の中にいた。
 ほかにも、それらは主の復活後に使徒たちに見られた、例えば、それらはその後、ペテロに(使徒の働き第11)。なおまたそれらはパウロに見られ、聞かれた。
 さらに、それらは旧約の中の預言者に、例えば、エゼキエルに、
 
 四つの生き物を見たこと、それらはケルビムであった(エゼキエル第1, 10)
 新しい神殿と新しい地(=)、また天使がそれらを測ったこと(40-48)
 エルサレムへ連れ去られたこと、またそこに忌まわしいものを見た、そしてまたカルデヤの中に(連れて行かれた) (8, 11)
 
 [3] 同様のものがゼカリヤに生じた、
 
 ミルトスの木の間に馬に乗っている男を見たこと(ゼカリヤ1:8以降)
 四つの角を、またその後、手の中の測り綱とともに男を見たこと(2)
 飛んでいる巻き物、またエパ枡を見たこと(5:1, 6)
 二つの山の間の四つの戦車と馬を見たこと(5;1以降)
 
 同じくダニエルに、
 
 海から上がってくる四つの獣を見たこと(ダニエル7:1以降)
 人の子が天の雲の中にやって来るのを見たこと、その支配は移らない、また王国は滅びない(7:13, 14)
 雄羊と雄ヤギの戦いを見たこと(8:1以降)
 天使ガブリエルを見た、また彼と話したこと(9)
 
 エリシャの少年がエリシャのまわりの火の戦車と馬を見たこと、また彼をその目が開かれているとき見たこと(列王記6:17)
 
 みことばの中のこれらと他の多くのものから、霊界の中に生じるそれらに関して、主の来臨の前と後に、多くの者に見られた〔ことが〕明らかである。
 今や、教会が始まって〔いる時〕、すなわち、天界から新しいエルサレムが降って〔いる時〕さらにまた〔見られても〕、何が不思議か?
 
この記述は「黙示録」の中に見あたりません。11:15をこのように述べたのでしょうか?
 
20137月から始めた大作『真のキリスト教』もこれで終了です。
 なお本書下巻は4月末に出版できると思います(55日にその祝賀会を予定しています)
 次からは『結婚愛』です。
author:yasubee, category:原典講読『真教』追加, 07:35
comments(1), trackbacks(0), pookmark
Comment
14章6節だと思います。
匿名, 2016/02/26 6:56 AM









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1093293