RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 875(直訳[4]〜[8]まで)

[4] Postquam bini illi angeli extra meum conspectum fuerunt, vidi quendam hortum a latere dextro, ubi erant oleae, vites, ficus, laurus, et palmae, in ordine secundum correspondentiam positae. [4] そのふたりの天使たちが私の視野の外にあった後、私は右側からある庭園を見た、そこにオリーブの木、イチジクの木、月桂樹とシュロの木があった、対応する位置にしたがって順序正しく。

Illuc prospexi, et inter arbores vidi angelos et spiritus vadentes et colloquentes; 私はその場所を眺めた、また木々の間に天使と霊たちを見た、歩いているまた会話している。

et tunc ad me respexit unus spiritus angelicus. またその時、ひとりの天使的な霊が私を眺めた。

Spiritus angelici vocantur, qui in mundo spirituum praeparantur ad Caelum, et postea fiunt angeli. 天使的な霊と呼ばれる、その者は霊たちの世界の中で天界へ準備されている、また、その後、天使になる。

Ille Spiritus ab horto illo ad me venit, et dixit, "Vis mecum ire in nostrum paradisum et auditurus ac visurus es mirabilia." その霊はその庭園から私にやって来た、また言った、「あなたは欲する、私と私たちの楽園に入ること、そしてあなたは驚くべきものを聞く(未来分詞)、また見る(未来分詞)」。

Et abivi cum illo, et tunc dixit mihi, "Hi quos vides" (erant enim plures) "sunt omnes in affectione veri, et inde in luce sapientiae.  また、彼と行った、またその時、私に言った、「これらの者は、彼らをあなたは見る」(というのは、多くの者がいたから)、「すべての者は真理の情愛の中にいる、またここから知恵の光の中に。

Est quoque hic aedificium quod vocamus Templum Sapientiae; ここに宮殿もまたある、それは「知恵の神殿」と呼ばれる。

sed illud non aliquis videt qui credit se multum sapere, minus qui credit se satis sapere, et adhuc minus qui credit se sapere ex se: しかし、それをある者は見ることができない、その者は自分自身を大いに賢明であることを信じている、ましてその者は自分自身を十分に賢明であることを信じている、またさらにまして、その者は自分自身を自分自身から賢明であることを信じている。

causa est, quia illi non in receptione lucis Caeli ex affectione genuinae sapientiae sunt. 理由がある、彼らが天界の光の受容の中にいないからである、本物の知恵のものである情愛からの。

Genuina sapientia est, quod homo e luce Caeli videat, quod quae scit, intelligit, et sapit, tam parum sint respective ad id quod non scit, intelligit et sapit, sicut est gutta ad oceanum, consequenter vix aliquid. 本物の知恵である、人間が天界の光から見ること〔である〕、知り、理解し、また味わうものは、このようにわずかである、それに比べて、それを知らない、理解し〔ない〕、味わわない、大洋と比べて一滴のようである、したがってほとんど何ものでもない。

Omnis qui in hoc horto paradisiaco est, et ex perceptione et visu in se agnoscit quod tam parum sapiat respective, is videt Templum illud Sapientiae; すべての者は、その者はこの楽園の庭園の中にいる、また知覚そして視覚から本質的に認めている、このように比較的にわずかに味わう、彼はその「知恵の神殿」を見る。

nam lux interior dat illud videre, non autem lux exterior absque illa."  なぜなら、内的な光はそれを見ることを与えるから、けれどもそれらなしの外的な光は〔与え〕ない。

[5] Et quia ego hoc saepius cogitavi, et ex scientia, et dein ex perceptione, et demum ex visu e luce interiore, agnovi quod homo tam parum sapiat, ecce datum est mihi videre illud templum. [5] また、私はそのことを考えたので、また知識から、またその後、知覚から、また最後に内的な光からの視覚から、私は認めた、人間はこのようにわずかに賢明であること、見よ、私にその神殿を見ることが与えられた。

Erat quoad formam mirabile. 形に関して驚くべきものであった。

Erat elevatum supra humum, quadrangulare, parietes ex crystallo, tectum ex jaspide pellucido eleganter arcuatum, substructio ex vario lapide pretioso.  地面の上に上げられていた、四角で、壁は水晶から、屋根は透明な碧玉から、優雅にアーチ形に(丸天井造りに)、土台はいろいろな宝石から。

Erant gradus, per quos in illud ascendebatur, ex alabastro polito. 階段があった、それを通ってその中に上る、磨かれた雪花石膏(縞大理石)からできた。

Ad latera graduum apparebant sicut leones cum catulis. 階段の脇に、子とともにライオンが見られた。

Et tunc quaesivi num liceat intrare, et dictum est quod liceat. またその時、私は質問した、入ることが許されるかどうか、また言われた、許されること。

Quare ascendi; それゆえ、私は上った。

et cum intravi, vidi sicut cherubos volantes sub tecto, sed mox evanescentes; また私が入ったとき、私は屋根の下を飛んでいるケルビムを見た、しかし、間もなく見えなくなって。

solum super quo ambulatur ex cedris, et totum templum ex pellucentia tecti et parietum ad formam lucis. 

(ゆか)は、その上を歩く、杉から〔できていた〕、また神殿全体は屋根と壁のと透明性から光の形へと〔なっていた〕。

[6] Intrabat mecum Spiritus angelicus, cui retuli quid audivi ex binis Angelis de amore et sapientia, ut et de charitate et fide. [6] 私と天使的な霊は入った、その者に私は話した(refrro)、それは私がふたりの天使たちから聞いた、愛と知恵について、そのようにまた仁愛と信仰について。

Et tunc dixit, "Annon etiam locuti sunt de tertio." またその時、言った、「第三のものについてもまた話されなかったのか?」

"Quid tertium," dixi. 「第三のものとは何か」私は言った。

Respondit, "Est usus; 答えた、「役立ちである。

amor et sapientia absque usu non sunt aliquid; 役立ちなしの愛と知恵は何ものでもない。

sunt modo entia idealia, nec fiunt realia priusquam sunt in usu: 単なる観念的な存在物である、実在するものともならない、役立ちの中にある前に。

sunt enim amor, sapientia et usus, tria, quae non separantur possunt; というのは、愛、知恵また役立ちであるから、三つのものは、それらは分離されることができない。

si separantur, neutrum est aliquid. もし、分離されるなら、あるものはどちらのものでもない。

Non est amor aliquid absque sapientia, sed in sapientia formatur ad aliquid; 知恵なしに愛は何ものでもない、しかし、知恵が何らかのものへ向けて形作る。

hoc aliquid ad quod formatur est usus; この何らかのものは、それへ向けて役立ちが形作られる。

quare cum amor per sapientiam in usu est, tunc est aliquid, imo tunc primum existit. それゆえ、愛が知恵によって役立ちの中にあるとき、その時、何らかのものである、それどころか、初めて存在するようになるからである。

Sunt prorsus sicut finis, causa et effectus; 完全に、目的、原因、また結果のようである。

finis non est aliquid nisi per causam sit in effectu; 目的は何ものでもない、原因によって結果の中にないなら。

si solvitur unum ex illis tribus, solvitur omne, et fit sicut nihil. もしそれらの三つからあるものが解かれる(バラバラにされる)なら、すべてのものが解かれる(バラバラにされる)、無のようになる。

[7] Simile est cum charitate, fide, et operibus; [7] 仁愛、信仰、また働きにもまた同様である。

charitas absque fide non est aliquid, nec fides absque charitate, nec charitas et fides absque operibus; 信仰なしに仁愛は何ものでもない、仁愛なしに信仰も〔何ものでも〕ない、そして働きなしに仁愛と信仰も〔何ものでも〕ない。

at in operibus fiunt aliquid, et tale aliquid quale est operum usus. しかし、働きの中で何らかのものである、またそのような何らかのもの〔である〕、働きの役立ちような。

Simile est cum affectione, cogitatione et operatione; 情愛、思考と働き(活動)に同様である。

et simile est cum voluntate, intellectu et actione. また、意志、理解力と活動(作用)に同様である。

Quod ita sit, videri potest clare in hoc templo, quia lux, in qua hic sumus, est lux illustrans mentis interiora.  そのようであることは、この神殿の中ではっきりと見られることができる、光は、その中に私たちはいる、内的な心を照らす光であるからである。

Quod non detur completum et perfectum nisi sit trinum, etiam docet geometria; 完成と完全が存在しないことは、三重の実在(三位一体)がないなら、さらにまた幾何学が教えている。

non enim est linea aliquid nisi fiat area; というのは、直線は何ものでもないから、広さ(面積)にならないなら。

nec est area aliquid nisi fiat corpus: 広さ(面積)も何ものでない、物体(体積)にならないなら。

quare ducetur unum in alterum, ut existant; それゆえ、あるものはもう一つのものの中に導かれる、存在するようになるために。

et coexistunt in tertio. また第三のものの中で同時に存在する(共存する)

Sicut est in hoc, etiam est in omnibus et singulis creatis, quae finita sunt in suo tertio. このことの中のように、創造されたすべてと個々のものの中でもまた、それらはその三つのものの中で限定されている。

Inde nunc est, quod `tria' in Verbo spiritualiter intellecta significent completum et prorsus. 今や、ここからである、みことばの中で霊的に理解された「三つのもの」が完成と完全を意味すること。

Quoniam ita est, non potui non mirari, quod quidam profiteantur solam fidem, quidam solam charitatem, quidam sola opera; そのようであるので、私は驚かないことができない、ある者が信仰だけを公言すること、ある者は仁愛だけを、ある者は働き()だけを。

cum tamen unum absque altero, ac unum et simul alterum absque tertio, non est aliquid."  そのときそれでも、もう一つのものなしにあるものは、そして、第三のものなしにあるものと同時にもう一つのものは、何らかのものではない」。

[8] Sed tunc quaesivi, "Potestne homo charitatem et fidem habere, et usque non opera; [8] しかし、その時、私は質問した、「人間は仁愛と信仰を持つことができるのではありませんか? またそれでも働き()がない。

potestne homo esse in affectione et cogitatione de aliqua re, et tamen non in operatione ejus." 人間は何らかの事柄について情愛と思考の中にいることができませんか? またそれでもその働き(活動)の中にない」。

Dixit mihi Spiritus angelicus, Non potest nisi modo idealiter at non realiter. 天使的な霊は私に言った、観念的にだけでないなら、できない、しかし、実際に〔はでき〕ない。

Erit usque in conatu aut voluntate ad operandum; それでも、コナトゥス(努力)または意志の中にある(未来)、働くことへ向けて。

ac voluntas seu conatus est actus in se, quia est continuus nisus ad agendum, qui fit actus exterior accedente determinatione; そして、意志またはコナトゥス(努力)は本質的に行動(活動)である、行なうことへの絶え間のない努力であるから、それは外的な行動(活動)となる、確定に近づくとき。

quale conatus et voluntas, sicut actus interior, acceptatur ab omni sapiente, quia a Deo, prorsus sicut actus exterior, modo non deficiat quando datur copia."  それゆえ、コナトゥス(努力)と意志は、内的な行動(活動)のように、すべての賢明な者により受け入れられる、神により〔受け入れられる〕ので☆、まったく外的な行動(活動)のように、欠いていない間は(かぎり)、機会が与えられる時」。

「神により受け入れられる」が唐突に出てきたのでまごつきますが、理由づけとみなせばよいのでしょう。「何でも起こることは神によって起こされた」として、受け入れることです。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094900