RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 875(直訳[9]〜[12]まで)

[9] Post haec descendi per gradus e Templo Sapientiae, et ambulavi in horto, et vidi aliquos sedentes sub quadam lauru comedentes ficus. [9] この後、私は階段を通って知恵の神殿を降った、また庭園の中を歩いた、また、ある者を、月桂樹の下に座っている者、イチジクの実を食べている者を見た。

Ad illos secessi, et petivi ab illis ficus, ac dederunt; 彼らへと私は去った☆、また私は彼らからイチジクの実を求めた、また彼らは与えた。
secedoが使われていますが、別の語のほうがよいでしょう。

et ecce ficus in manu mea factae sunt uvae. また見よ、私の手の中のイチジクの実はブドウの実になった。

Quod cum miratus sum, dixit mihi Spiritus angelicus, qui adhuc mecum erat, "Ficus in manu tua factae sunt uvae, quia ficus ex correspondentia significant bona charitatis et inde fidei in naturali seu externo homine, at uvae bona charitatis et fidei in spirituali seu interno homine; そのことを私が驚いたとき、私に天使の霊が言った、その者は依然として私とともにいた、「あなたの手の中のイチジクの実はブドウの実になった、イチジク(の実)は対応から仁愛の善を意味するからである、またここから自然的なものの中の信仰、すなわち、外なる人〔の中の〕、そしてブドウ(の実)、仁愛の善を、またここから霊的なものの中の信仰、すなわち、内なる人〔の中の〕。

et quia amas spiritualia, ideo iti factum est tibi: また、あなたが霊的なものを愛するので、それゆえ、そのようにあなたに生じた。

in nostro enim mundo omnia fiunt et existunt, et quoque mutantur, secundum correspondentias." というのは、私たちの世界の中で、すべてのものは生じ、存在するようになるから、そしてまた、変化する、対応にしたがって。

Et tunc me supervenit desiderium sciendi quomodo homo potest facere bonum a Deo, et tamen sicut a se; またその時、私に知ろうとする願望が出てきた、どのように人間は神により善を行なうことができるのか、またそれでも自分自身からのように。

quare interrogavi comedentes ficus; それゆえ、私はイチジクの実を食べている者に質問した。

quomodo illi id comprehendunt. どのように彼らはそのことを把握(理解)しているか。

Dixerunt quod non possint id aliter comprehendere, quam quod Deus operetur id intus in homine, ac per hominem quando ille id nescit; 彼らは言った、そのことを異なって把握(理解)することができないこと、神がそれを人間の中で内的に働くこと以外に、そして人間によって、彼がそのことを知らない時に。

quoniam si homo id consciret et sic faceret sicut a se, quod etiam est facere a se, non faceret bonum sed malum: もし、人間がそのことを気づいている、またこのように自分自身からのように行なうなら、善を行なわないからである、単に現われるものでないなら、それは内的に悪である。

"omne enim quod ab homine, ut ab ipso, procedit, procedit a proprio ejus, ac proprium hominis a nativitate malum est. 「というのは、すべてのものは、それは人間から発出する、彼自身からのように、彼のプロプリウム(固有のもの)から発出するから、そして人間のプロプリウム(固有のもの)は出生から悪である。

Quomodo tunc potest bonum a Deo et malum ab homine conjungi, et sic conjunctim procedere in actum. どのようにその時、神からの善が、また人間からの悪が結合されることができるのか? またこのように結合したものが行動の中に発出すること。

Et proprium hominis in rebus salutis continue spirat meritum; また、救いの事柄の中で人間のプロプリウムは絶えず功績を吹き込んでいる。

et quantum hoc facit, tantum derogat Domino Ipsius meritum quod est summa injustitia et impietas. またどれだけこのことを行なうか〔によって〕それだけ主ご自身の功績を取り去る、それは最大の不正と不敬である。

Verbo, si bonum, quod Deus per Spiritum Sanctum in homine operatur, a hominis velle et inde facere influeret, id bonum omnino conspurcaretur et quoque prophanaretur; 一言でいえば、もし善が、それを神は聖霊を通して人間の中で働く、人間の中で欲することまたここから行なうこと、流入するなら、その善はすべての点で不潔にされる、そしてまた冒涜される。

quod tamen Deus nusquam permittit. それでも神は決して許さないこと。

Potest quidem homo bonum quod facit, cogitare quod sit a Deo, et id vocare bonum Dei per se, ac sicut a se; 確かに、人間は善を、それを行なう、考えることができる、それが神からであること、またそれを神の善と呼ぶこと、自分自身を通しての、そして自分自身からのように。 

sed usque hoc non comprehendimus. しかしそれでも、このことを、私たちは把握(理解)しない」。

[10] Sed tunc aperui mentem, et dixi, "Non comprehenditis, quia cogitatis ex apparentia, et cogitatio ex apparentia confirmata est fallacia. [10] しかし、その時、私は心を開いた、また私は言った、「あなたがたは把握(理解)していない、あなたがは外観から考えているので、また外観から確信した思考は欺きである。

Apparentia et inde fallacia vobis est, quia creditis quod omnia quae homo vult et cogitat, et inde facit et loquitur, sint in illo, et consequenter ex ipso; 外観とここからの欺きがあなたがたにある、あなたがたは信じているので、すべてのものは、それらを人間が意志し、考える、またここから行ない、話す、彼ら〔人間〕の中にあること、またしたがって自分自身から。

cum tamen nihil eorum est in illo praeter statum recipiendi quod influit. そのときそれでも、それらの中に彼の(もの)何もない、流入するものを受け入れる状態以外に。

Homo non est vita in se, sed est organum recipiens vitae. 人間は自分自身の中に(本質的に)のちがない、しかし、いのちの受け入れる器官(有機体)ある。

Dominus Solus est Vita in Se, ut quoque Ipse dicit apud Johannem: 主おひとりが本質的にいのちである、「ヨハネ(福音書)」のものとにもまた言うように――

`Quemadmodum Pater habet Vitam in Se Ipso, ita dedit etiam Filio Vitam habere in Se Ipso’ (v. 26; praeter alibi, ut cap. xi. 25: cap. xiv. 6, 19). 「父がご自分自身の中にいのちを持つように、そのように子もまたご自分自身の中にいのちを持つことを与えた」(5:26、ほかに他の箇所に、例えばヨハネ11:25,14:6, 19)

[11] Sunt duo quae faciunt vitam, amor et sapientia; [11] 二つのものがある、それらはいのちをつくる、愛と知恵である。

seu quod idem, bonum amoris et verum sapientiae. または同じもの〔である〕こと、愛の善と知恵の真理。

Haec influunt a Deo, et recipiuntur ab homine, et sentiuntur in homine sicut in illo; これらは神から流入する、また人間により受け入れられる、人間の中に、その中に〔あるか〕のように感じられる。

et quia sentiuntur ab illo sicut in illo, procedunt etiam sicut ab illo. また彼から、彼の中にかのように感じられるので、彼からのようにもまた発出する〔ものであるかのように感じられる〕。

Quod ita sentiantur ab homine, datum est a Domino, ut id quod influit, afficiat illum, et sic recipiatur et remaneat. そのように人間により感じられることは、主により与えられている、そのことが、それは流入する、彼に働きかけるように、またこのように受け入られる、そしてとどまる。

Sed quia omne malum etiam influit, non a Deo sed ab Inferno, et hoc recipitur cum jucunditate, quia homo tale organum est natus, quare non plus boni recipitur a Deo, quam quantum mali removetur ab homine sicut ab illo; しかし、すべての悪もまた流入する、神からでなく、しかし、地獄から、またこれは快さとともに受け入れられる、人間はこのような器官(有機体)に生まれているので、それゆえ、神から善の多くのものを受け入れない、人間から取り去られた(遠ざけられた)悪のどれだけのもの(量)上に、それからのように。

quod fit per paenitentiam et simul per fidem in Dominum. 悔い改めによって生じるもの、また一緒に、主への信仰によって。

[12] Quod amor et sapientia, charitas et fides, seu communius loquendo, bonum amoris et charitatis ac verum sapientiae et fidei, influant, et quod quae influunt appareant in homine sicut in illo et inde sicut ab illo, manifeste videri potest ex visu, auditu, odoratu, gustu et tactu; [12] 知恵、仁愛と信仰は、または一般的な(普通の)言い方で、愛と仁愛の善は、そして知恵と信仰の真理は、流入する、また流入するものは、人間の中で彼の中の〔もの〕のように見える、またここから彼からの〔もの〕のように、明らかに見られることができる、聴覚で、嗅覚で、味覚で、また触覚で。

omnia quae in illorum sensuum organis sentiuntur, influunt ab extra, et sentiuntur in illis; すべてのものはそれらはそれらの感覚器官感じられる、外から流入する、またそれらの中に感じられる。

similiter in sensuum internorum organis, cum sola differentia, quod in haec influant spiritualia quae non apparent, in illa autem naturalia quae apparent. 同様、内部感覚器官で、なる相違とともにこれら〔後者〕流入するそれらえないことけれどもそれら〔前者〕流入するそれらはえる

Verbo, homo est organum recipiens vitae a Deo; 一言でいえば、人間からのいのちのれる器官(有機体)である

consequenter est recipiens boni, quantum desistit a malo. したがって、善流入するものである、悪かられるかぎり

Posse desistere a malo dat Dominus cuivis homini, quia dat velle et intelligere sicut a se; かられることができることは、主がそれぞれの人間えている、意志することと理解することをえているので、自分自身からのように

et quicquid homo ex voluntate ut sua secundum intellectum ut suum, seu quod idem, quicquid ex libero quod voluntatis secundum rationem quae intellectus, agit, hoc permanet. またそれぞれの人間意志から理解力(知性)したがうかのように、自分のものかのように、すなわち、同じことであるが〕、何でも意志自由から、理解力理性にしたがって、なうこれが

Per id Dominus inducit homini statum conjunctionis Secum, et in hoc illum reformat, regenerat, et salvat. そのことによって、主人間自分自身との結合状態こすまたこのことの改心させる、再生させるまた

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094901