RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 875(直訳[13]〜[17])

[13] Vita, quae influit, est vita procedens a Domino, quae etiam vocatur Spiritus Dei, in Verbo Spiritus Sanctus, de quo etiam dicitur quod illustret et vivificet, imo quod operetur in homine; [13] いのちはそれは流入する、主から発出するいのちであるそのいのちはともばれるみことばの聖霊それについてもまたわれる、照らすまたかすことそれどころか、人間の中くこと

sed vita haec variatur et modificatur secundum organizationem inductam homini per ejus amorem et aspectum. しかしこのいのちは(人間)愛と見ること(視覚)によって人間こされた組織(構成)にしたがってえられ(多様にされ)、少えられる(修正される)

Potestis etiam scire quod omne bonum amoris et charitatis et omne verum sapientiae et fidei influant, et non sint in homine, ex eo, quod qui cogitat quod tale homini insit a creatione non possit aliter cogitare quam quod Deus infuderit Se homini, et sic quod homines quoad partem forent Dii; さらにまたあなたがたはることができる、愛仁愛のすべてのまた知恵信仰のすべての真理流入することそのことから、考えるこのようなものが人間創造から内在することを、異なってえることができない、神がご自分人間いだこと以外またこのように人間部分してになったこと

et tamen qui hoc ex fide cogitant, fiunt diaboli et putent sicut cadavera. またそれでもこのことを信念からえる、悪魔になるまた死体のように悪臭

[14] Praeterea, quid actio hominis nisi mens agens; [14] えて、人間行動? 心なうのでなければ

quod enim mens vult et cogitat, hoc agit per corpus suum organum:  というのは、心、考えるものをこれをその身体器官によってなうから

quare cum mens ducitur a Domino, ducitur etiam actio; それゆえ、心によりかれる時、行動もまたかれる

ac mens et inde actio ducitur a Domino cum creditur in Ipsum. そしてまたここから行動によりかれるそのじられるとき

Nisi ita foret, dicite si potestis cur Dominus in Verbo mille et mille in locis mandavit, ut homo amaturus sit proximum, operaturus sit bona charitatis, ac [facturus sit] fructus sicut arbor, ac facturus sit praecepta, et hoc et illud, ut salvetur; そのようでないならあなたがたはもしできるならなぜはご自分のみことばの千また千の箇所、命令したか、人間隣人すべきであること、仁愛くべきであるそしてのように(すべきである)そしてめをなうべきであるまたこれやそれを、救われるために

tum cur dixit, quod homo secundum facta seu opera judicaretur, qui bona fecit ad Caelum et vitam, et qui mala fecit ad Infernum et mortem. なおまたなぜわれたのか? 人間自分行為またはきにしたがってかれること、善なう天界といのちへとまた〔行なうものは地獄へと

Quomodo potuerat Dominus talia loqui, si omne quod procedit ab homine foret meritorium et inde malum. どのようにはこのようなことをすことができたのか? 人間から発出するものが功績めるものとここからであったなら

Sciatis itaque, quod si mens est charitas, etiam actio sit charitas; それであなたがたは(接続)もし仁愛であるなら、行動もまた仁愛であること

si autem mens est sola fides, quae etiam est fides separata a charitate spirituali, etiam actio sit illa fides; けれどももし信仰のみであるならそれは霊的仁愛から分離した信仰でもある、行動もまたその信仰である」。

et haec fides est meritoria quia ejus charitas est naturalis et non spiritualis; またこの信仰功績めるものである、彼仁愛自然的なもので霊的なものでないからである

aliter fides charitatis, quia charitas non vult mereri, et inde nec ejus fides." 仁愛信仰なる、仁愛功績しなないまたのも信仰〔欲ないからである

[15] His auditis dixerunt sedentes sub lauru, "Comprehendimus quod juste locutus sis, sed usque non comprehendimus." [15] これらで聞いて、月桂樹の下に座っている者たちが言った、「私たちは把握する(理解する)、正しく、あなたが話したこと、しかし、それでも、私たちは把握しない(理解しない)」。

Quibus respondi, "Comprehenditis quod juste locutus sim ex communi perceptione quae est homini ex influxu lucis e Caelo cum aliquod verum audit, at non comprehenditis ex propria perceptione quae est homini ex influxu lucis e mundo. 彼らに私は答えた、「あなたがたは把握する(理解する)、正しく、私が話したことを、全般的な知覚から、それは人間に天界からの光の流入からある、何らかの真理を聞くとき、しかし、あなたがたはプロプリウムの知覚から把握しない(理解しない)、それは人間に世からの光の流入からある。

Binae illae perceptiones, nempe interna et externa, seu spiritualis et naturalis, unam faciunt apud sapientes; それらの二つの知覚は、すなわち、内なるものと外なるもの、または、霊的なものと自然的なもの、賢明な者のもとで一つとなっている

vos quoque potestis illas unam facere, si spectatis ad Dominum et removetis mala." あなたがたもまた、それらを一つにすることができる、もしあなたがたが主へ目を向け、また悪を遠ざけるなら」。

Haec quia etiam intellexerunt, desumpsi termites ex lauru, sub qua sedimus, et porrexi, et dixi, "Num creditis quod hoc a me sit, vel a Domino." これらもまた彼らは把握した(理解した)ので、私は、月桂樹から小枝を選び出した、その下に私たちは座っていた、また差し出した、また言った、「あなたがたは信じているかどうか、このことが私からであること、あるいは主から?」。

Et dixerunt quod credant per me sicut a me; また、彼らは言った、私を通して私からのように〔であることを〕信じることを。

et ecce termites illi in manibus illorum efflorescebant. また見よ、その小枝は彼らの手の中で花が咲いた。

At cum recessi, vidi mensam cedrinam, super qua erat liber, sub olea virente, cujus truncum circumligabat vitis. しかし、私が去ったとき、私は(ヒマラヤ)杉の机を見た、その上に本があった、緑のオリーブの木の下に、〔その〕幹をブドウの木が巻きつけた。

Aspexi, et ecce erat liber per me scriptus, vocatus Sapientia Angelica de Divino Amore et Divina sapientia, et quoque de Divina Providentia; 私は見つめた、また見よ、私によって書かれた本があった、『天使の知恵 神的愛と神的知恵について』、また『神的摂理についてもまた』と呼ばれる。

et dixi, quod in illo libro plene ostensum sit, quod homo sit organum recipiens vitae, et non vita. また、私ったその十分されていること、人間はいのちのれる器官(有機体)あること、またいのちでない。

[16] Post haec ex horto illo exhilaratus abivi domum, et mecum Spiritus angelicus; [16] これらの後、喜んで、私は家へ立ち去った、また私ともに天使的な霊は。

qui mihi in via dixit, "Vis videre clare quid fides et charitas, ita quid fides separata a charitate, et fides conjuncta charitati, et monstrabo ad oculum." その者は、私に道の中で言った、「あなたははっきりと見ることを欲している、信仰と仁愛が何か、そのように、仁愛から分離した信仰が何か、また仁愛と結合した信仰、また私は目に示す(未来)」。

Respondi, "Monstra."  私は応えた「示せ」。

Et dixit, "Cogita pro fide et charitate lucem et calorem, et clare videbis; また彼は言った、「信仰と仁愛の代わりに光と熱を考えよ、するとはっきりとあなたは見る。

fides enim in sua essentia est veritas quae sapientiae, ac charitas in sua essentia est affectio quae amoris; 信仰はその本質では真理である、それは知恵のもの、また仁愛はその本質では情愛であるそれは愛のもの。

ac veritas sapientiae in Caelo est lux, et affectio amoris in Caelo est calor: そして知恵の狄人瓩賄軍Δ涼罎埜である、また愛の情愛は天界の中で熱である。

lux et calor in quibus sunt angeli, non aliud sunt. 光と熱は、それらの中に天使たちがいる、他のものではない。

Exinde videre potes clare quid fides separata a charitate, et quid fides conjuncta charitati. このゆえに、あなたははっきりと見ることができる、仁愛から分離した信仰が何か、また仁愛と結合した信仰が何か。

Fides separata a charitate est sicut lux hyemalis, ac fides conjuncta charitati est sicut lux vernalis. 仁愛から分離した信仰は冬の光のようである、そして仁愛と結合した信仰は春の光のようである。

Lux hyemalis, quae est lux separata a calore, quia{3} est conjuncta frigori, prorsus denudat arbores etiam a foliis, indurat terram, et enecat gramen, et quoque congelat aquas; 冬の光は、それは熱から分離した光である、それは冷たさと結合しているので、木をまったく裸にする、さらにまた葉から、地を固くする、また草を絶滅させる、そしてまた水を氷結させる。

lux autem vernalis, quae est lux conjuncta calori, vegetat arbores primum in folia, tum in flores, et denique in fructus, aperit et emollit terram, ut producat gramina, herbas, flores et frutices, et quoque solvit glaciem ut fluant e fontibus aquae. けれども、春の光は、それは熱と結合しているので、木を生長させる、最初に葉の中に、なおまた花の中に、また最後に実の中に、地を開く、またやわらかくする、草を生みだすように、草本を、花と実を、そしてまた氷を解く、水が泉から流れるように。

[17] Prorsus simile est cum fide et charitate: [17] まったく同様である、信仰と仁愛に。

fides separata a charitate mortificat omnia, et fides conjuncta charitati vivificat omnia. 仁愛から分離した信仰はすべてのものを死なす、また仁愛と結合した信仰はすべてのものを生かす。

Vivificatio haec et mortificatio illa ad vivum possunt videri in mundo nostro spirituali, quia hic est fides lux, et charitas calor; この生き生きとさせること(活気づけ)とその死をもたらす過程(壊死)は、生き生きと私たちの霊界の中で見られることができる、ここに信仰は光、また仁愛は熱であるから。

ubi enim fides conjuncta charitati est, ibi sunt horti paradisiaci, floreta, et vireta in sua amoenitate secundum conjunctionem; というのは、仁愛と結合している信仰があるところに、そこに楽園のような庭園があるから、結合にしたがってその愛らしさの中の花壇と芝地の。

at ubi fides separata a charitate est, ibi ne quidem gramen est; しかし、仁愛と分離している信仰があるところに、そこに決して草はない。

et ubi viride, est id ex vepribus, sentibus et urticis. またそこに緑で(青葉で)、そこに茂みとイバラとイラクサからである。

Hoc efficiunt calor et lux procedentes a Domino ut Sole, in angelis et spiritibus, et inde extra illos." これはひき起こしている、太陽としての主から発出している熱と光が、天使と霊たちの中に、またここから彼らの外に」。

Erant tunc non procul a nobis aliqui ex Clero, quos Spiritus angelicus vocabat Justificatores et Sanctificatores hominum per solam Fidem, et quoque Arcanistas. その時、私たちから遠くないところに聖職者からのある者がいた、その者を天使的な霊は、信仰のみによって人間の義認と聖化を認める者と呼んだ、そしてまた秘義の専門家と。

Eadem haec diximus illis, et demonstravimus usque ut viderent quod ita sit; これらの同じことを私たちは彼らに言った、また私たちは示した(論証した)見るようにまでも、そのようであること。

et cum quaesivimus, annon ita, averterunt se et dixerunt, "Non audivimus." また、私たちが質問したとき、そのようでないのか、自分自身を背けた、また言った、「私たちは聞かなかった」。

At clamavimus ad illos, dicentes, "Audite itaque adhuc." しかし、私たちは彼らに叫んだ、言っている、「聞け、そこでなおさらに」。                                                                                                                    

Tunc ponebant ambas manus ante aures suas, ac vociferati, "Non volumus audire." その時、両方の手を自分の耳の前に置いた、そして叫んで、「私たちは聞くことを欲しない」。

@1 loquela pro "sonus" 注1sonus」の代わりに loquela

@2 soni pro "loquelae" 注2loquelae」の代わりに soni

@3 quia pro "quae quia" 注3quae quia」の代わりに quia

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094902