RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 第21章(本文)

CAPUT XXI.

21

 

(1) 原文

ET vidi Caelum novum et Terram novam, quia prius Caelum et prior Terra transiit; et Mare non erat amplius.

2. Et ego Johannes vidi urbem sanctam Hierosolymam Novam, descendentem a Deo e Caelo, paratam sicut Sponsam ornatam Marito Suo.

3. Et audivi vocem magnam e Caelo dicentem, Ecce Tabernaculum Dei cum hominibus, et habitabit cum illis, et illi populi Ipsius erunt, et Ipse erit cum illis Deus illorum.

4. Et absterget Deus omnem lachrymam ex oculis eorum, et mors non erit amplius, neque luctus, neque clamor, neque labor (aerumna), non erit amplius; quia priora transiverunt.

5. Et dixit Sedens super Throno, Ecce nova omnia facio: et dixit mihi, Scribe, quia haec Verba vera et fida sunt.

6. Et dixit mihi, Factum est; Ego sum Alpha et Omega, Principium et Finis; Ego sitienti dabo ex fonte aquae vitae gratis.

7. Vincens haereditario possidebit omnia; et ero illi Deus, et ille erit Mihi filius.

8. Timidis autem, et infidis, et abominabilibus, et homicidis, et scortatoribus, et incantatoribus, et idololatris, et omnibus mendacibus, pars illorum in stagno ardente igne et sulphure; quae est altera mors.

9. Et venit ad me unus septem Angelorum habentium septem phialas plenas Septem plagis ultimis, et locutus est mecum, dicens, Veni, ostendam tibi Sponsam Agni Uxorem.

10. Et abstulit me in spiritu super montem magnum et altum, et ostendit mihi urbem magnam sanctam Hierosolymam, descendentem e Caelo a Deo:

11. Habentem gloriam Dei; et lumen ejus simile lapidi pretiosissimo, tanquam lapidi jaspidi instar crystalli splendenti:

12. Habentem murum magnum et altum, habentem portas duodecim, et super portis angelos duodecim, et nomina superscripta, quae sunt duodecim tribuum filiorum Israelis:

13. Ab oriente portae tres, a septentrione portae tres, a meridie portae tres, ab occasibus portae tres.

14. Et murus urbis habens fundamenta duodecim, et in illis nomina duodecim apostolorum Agni.

15. Et loquens cum me habebat calamum aureum, ut metiretur urbem et portas ejus et murum ejus.

16. Et urbs quadrangularis sita est, et longitudo ejus tanta est quanta et latitudo: et mensus est urbem calamo ad stadia duodecies mille; longitudo et latitudo et altitudo ejus aequalia erant.

17. Et mensus est murum ejus, centum quadraginta quatuor cubitorum, mensura hominis quae est Angeli.

18. Et erit structura muri ejus jaspis, et{1} urbs aurum purum simile vitro puro.

@1 et pro "at"

19. Et fundamenta muri urbis omni lapide pretioso exornata: fundamentum primum jaspis, secundum sapphirus, tertium chalcedonius, quartum smaragdus,

20. Quintum sardonyx, sextum sardius, septimum chrysolithus, octavum beryllus, nonum topazius, decimum chrysoprasus, undecimum hyacinthus, duodecimum amethystus.

21. Et duodecim portae duodecim margaritae; unaquaevis portarum erat ex una margarita; et platea urbis aurum purum tanquam vitrum pellucidum.

22. Et templum non vidi in ea, quia Dominus Deus Omnipotens Templum ejus est et Agnus.

23. Et urbs non opus habet sole, neque luna, ut luceant in ea; quia Gloria Dei illustravit eam, et Lucerna ejus Agnus.

24. Et gentes quae salvantur in luce ejus ambulabunt, et reges terrae afferent gloriam et honorem Suum in illam.

25. Et portae ejus non claudentur interdiu, nox enim non erit ibi; et afferent gloriam et honorem gentium in illam.

26. Et non intrabit in illam ullum immundum, et faciens abominationem et mendacium, nisi qui scripti in Libro vitae Agni.

 

(2) 直訳

ET vidi Caelum novum et Terram novam, quia prius Caelum et prior Terra transiit; 1. また、私は新しい天と新しい地を見た、前の天と前の地は過ぎ去ったからである。

et Mare non erat amplius. また、海はもはやなかった。

2. Et ego Johannes vidi urbem sanctam Hierosolymam Novam, descendentem a Deo e Caelo, paratam sicut Sponsam ornatam Marito Suo. 2. また、私、ヨハネは聖なる都、新しいエルサレムを見た、神から、天界から降った、花嫁のように飾られて準備された、その夫〔のため〕に。

3. Et audivi vocem magnam e Caelo dicentem, Ecce Tabernaculum Dei cum hominibus, et habitabit cum illis, et illi populi Ipsius erunt, et Ipse erit cum illis Deus illorum. 3. また、私は天から言っている、大きな声を聞いた、見よ、神の幕屋を、人間とともに、また〔神は〕彼らとともに、また彼らはその方の民になる、またその方は彼らとともに彼らの神になる。

4. Et absterget Deus omnem lachrymam ex oculis eorum, et mors non erit amplius, neque luctus, neque clamor, neque labor (aerumna), non erit amplius; 4. また神は彼らの目からすべての涙をぬぐい取るであろう、また死はもはやない、嘆きもない、叫びもない、労苦(苦悩)ない、もはやないであろう。

quia priora transiverunt. 前のものは過ぎ去ってしまったからである。

5. Et dixit Sedens super Throno, Ecce nova omnia facio: 5. また、王座の上に座っている方が言った、見よ、わたしは新しいものを、すべてのものを、つくる(する)

et dixit mihi, Scribe, quia haec Verba vera et fida sunt. また、私に言った、書け、これらのことばは真実(真理)と信ずるにたるものであるからである。

6. Et dixit mihi, Factum est; 6. また、私に言った、行なわれた。

Ego sum Alpha et Omega, Principium et Finis; わたしはアルファとオメガである、始めと終わり。

Ego sitienti dabo ex fonte aquae vitae gratis. わたしは渇いている者にいのちの水の泉から与える、ただで。

7. Vincens haereditario possidebit omnia; 7. 勝つ者は、相続(と)してすべてのものを所有するであろう。

et ero illi Deus, et ille erit Mihi filius. また、わたしは彼に神となる、また、彼はわたしに息子となる。

8. Timidis autem, et infidis, et abominabilibus, et homicidis, et scortatoribus, et incantatoribus, et idololatris, et omnibus mendacibus, pars illorum in stagno ardente igne et sulphure; 8. けれども、臆病な者に、また不信仰な者に、また忌まわしい者に、また殺人者に、また淫行者に、また魔法使い(呪文を唱える者)に、また偶像崇拝者に、またうそをつくすべての者に、彼らの部分が火と硫黄の燃える池の中に〔ある〕。

quae est altera mors. それは第二の死である。

9. Et venit ad me unus septem Angelorum habentium septem phialas plenas Septem plagis ultimis, et locutus est mecum, dicens, Veni, ostendam tibi Sponsam Agni Uxorem. 9. また、私に七人の天使のひとりがやって来た、最後の七つの災害に満ちている七つの鉢を持っている、また、私に話した、言って。来い、私はあなたに花嫁を小羊の妻を見せる。

10. Et abstulit me in spiritu super montem magnum et altum, et ostendit mihi urbem magnam sanctam Hierosolymam, descendentem e Caelo a Deo: 10. また、私を連れ去った(aufer0)、霊の中で、大きなまた高い山の上へ、また、私に見せた、聖なる大きな都エルサレムを、神から、天から降っている。

11. Habentem gloriam Dei; 11. 神の栄光を持っている。

et lumen ejus simile lapidi pretiosissimo, tanquam lapidi jaspidi instar crystalli splendenti: またその光は最も価値のある石に似て〔いた〕、あたかも碧玉の石のような、光り輝く水晶に似た。  

12. Habentem murum magnum et altum, habentem portas duodecim, et super portis angelos duodecim, et nomina superscripta, quae sunt duodecim tribuum filiorum Israelis: 12. 大きな高い城壁を持っている、十二の門を持っている、また門の上に十二の天使、また名前が書かれていた、それらはイスラエル民族の十二の部族である。

13. Ab oriente portae tres, a septentrione portae tres, a meridie portae tres, ab occasibus portae tres. 13. 東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門。

14. Et murus urbis habens fundamenta duodecim, et in illis nomina duodecim apostolorum Agni. 14. また都の城壁は十二の土台(基礎)を持っている、またそれらの中に小羊の使徒の十二の名前が〔書かれていた〕。

15. Et loquens cum me habebat calamum aureum, ut metiretur urbem et portas ejus et murum ejus. 15. また、私と話している者は金のアシを持っていた、都とその門とその城壁を測るために。

16. Et urbs quadrangularis sita est, et longitudo ejus tanta est quanta et latitudo: 16. また、都は四角の位置である、またその長さはそれだけである、どれだけ幅と。

et mensus est urbem calamo ad stadia duodecies mille; また都はアシで、十二千スタディオンに測られた。

longitudo et latitudo et altitudo ejus aequalia erant. その長さと幅と高さは等しかった。

17. Et mensus est murum ejus, centum quadraginta quatuor cubitorum, mensura hominis quae est Angeli. 17. また、その城壁が測られた、百四十四キュービット〔であった〕、人間の尺度で、それは天使の。

18. Et erit structura muri ejus jaspis, et{1} urbs aurum purum simile vitro puro. 18. またその城壁の構造は碧玉であった、また都は純粋なガラスに似た純金〔であった〕。

@1 et pro "at" 注1 at」の代わりに et

19. Et fundamenta muri urbis omni lapide pretioso exornata: 19. また、都の城壁の土台(基礎)はすべての宝石で飾られ〔てい〕た。

fundamentum primum jaspis, secundum sapphirus, tertium chalcedonius, quartum smaragdus, 第一の土台は碧玉、第二はサファイア、第三は玉髄、第四は緑玉(エメラルド)

20. Quintum sardonyx, sextum sardius, septimum chrysolithus, octavum beryllus, nonum topazius, decimum chrysoprasus, undecimum hyacinthus, duodecimum amethystus. 20. 第五は紅しまめのう、第六は紅玉髄、第七は貴かんらん石、第八は緑柱石、第九はトパーズ、第十は緑玉髄、第十一はヒヤシンス石、第十二は紫水晶。

21. Et duodecim portae duodecim margaritae; 21. 十二の門は十二の真珠〔であった〕。

unaquaevis portarum erat ex una margarita; それぞれの門は一つの真珠からであった。

et platea urbis aurum purum tanquam vitrum pellucidum. また都の街路は純金〔であった〕、透明なガラスのような。

22. Et templum non vidi in ea, quia Dominus Deus Omnipotens Templum ejus est et Agnus. 22. また、私は神殿をその中に見なかった、全能の神、主がその神殿であるからである、また小羊が。

23. Et urbs non opus habet sole, neque luna, ut luceant in ea; 23. また都は太陽を必要としない、月も〔必要とし〕ない、その中で輝くために。

quia Gloria Dei illustravit eam, et Lucerna ejus Agnus. 神の栄光がそれを照らす、またその〔油ランプの〕明かりが小羊〔である〕からである。

24. Et gentes quae salvantur in luce ejus ambulabunt, et reges terrae afferent gloriam et honorem Suum in illam. 24. また諸国民は、それらは救われた、その光の中を歩く、また地の王たちは自分の栄光と名誉をその中へ運ぶ(携える)

25. Et portae ejus non claudentur interdiu, nox enim non erit ibi; 25. また、その門は日中は閉ざされない、というのは、そこに夜はないから。

et afferent gloriam et honorem gentium in illam. また彼らはその中へ栄光と名誉を運ぶ(携える)

26. Et non intrabit in illam ullum immundum, et faciens abominationem et mendacium, nisi qui scripti in Libro vitae Agni. 26. また、その中にだれも入らないであろう、不潔なもの、忌み嫌われたものと偽りを行なう者は、小羊のいのちの書の中に書かれた者でないなら。

 

(3) 訳文

 1. また、私は新しい天と新しい地を見た、前の天と前の地は過ぎ去ったからである。海はもはやなかった。

 2. 私、ヨハネは、夫のために花嫁のように飾られて準備され、神から、天界を通って降った聖なる都、新しいエルサレムを見た。

 3. また、私は、天から言っている、大きな声を聞いた、「見よ、人間とともに神の幕屋を、〔神は〕彼らとともに、また彼らはその方の民になり、その方は彼らとともに彼らの神になる。

 4. 神は彼らの目からすべての涙をぬぐい取るであろう、死はもはやない、嘆きもない、叫びもない、労苦(苦悩)、もはやないであろう。前のものは過ぎ去ってしまったからである」。

 5. また、王座の上に座っている方が言った、「見よ、わたしは、すべてのものを新しくする」。また、私に言った、「書け、これらのことばは真実であり、信ずるにたるものであるからである」。

 6. また、私に言った、「行なわれた。わたしはアルファとオメガ、始めと終わりである。わたしは、渇いている者に、いのちの水の泉から、ただで与える。

; 7. 勝つ者は、すべてのものを相続して所有するであろう。わたしは彼に神となり、彼はわたしに息子となる。

 8. けれども、臆病な者、不信仰な者、忌まわしい者、殺人者、淫行者、魔法使い、偶像崇拝者、またうそをつくすべての者に、彼らの部分が火と硫黄の燃える池の中に〔ある〕。

それは第二の死である。

 9. また、最後の七つの災害に満ちている七つの鉢を持っている七人の天使のひとりが私にやって来て、、私に、言って、話した。「来い、私はあなたに花嫁を小羊の妻を見せよう」。

 10. また、私を、霊の中で、大きなまた高い山の上へ連れ去り、私に、神から天を通って降っている聖なる大きな都エルサレムを見せた。

 11. 〔都は〕神の栄光を持っている。その光は最も価値のある石に似ており、あたかも光り輝く水晶に似た碧玉のようであった。  

 12. 大きな高い城壁を持ち、十二の門を持ち、門の上に十二の天使〔がいて〕、イスラエルの子らの十二の部族の名前が書かれていた。

 13. 東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門。

 14. また、都の城壁は十二の土台を持っており、それらの中に小羊の使徒の十二の名前が〔書かれていた〕。

 15. また、私と話している者は、都とその門とその城壁を測るために金のアシを持っていた。

 16. また、都は四角であり、その長さはそれだけの幅である。

また都はアシで、十二千スタディオンに測られた。その長さと幅と高さは等しかった。

 17. また、その城壁が測られ、人間の尺度で百四十四キュービット〔であった〕、それは天使の〔尺度でもある〕。

 18. その城壁の構造は碧玉であり、都は純粋なガラスに似た純金〔であった〕。

 19. 都の城壁の土台はすべての宝石で飾られていた。第一の土台は碧玉、第二はサファイア、第三は玉髄、第四は緑玉(エメラルド)

 20. 第五は紅しまめのう、第六は紅玉髄、第七は貴かんらん石、第八は緑柱石、第九はトパーズ、第十は緑玉髄、第十一はヒヤシンス石、第十二は紫水晶。

 21. 十二の門は十二の真珠であり、それぞれの門は一つの真珠からであった。都の街路は透明なガラスのような純金〔であった〕、。

 22. また、私はその中に神殿を見なかった、全能の神、主が、また小羊がその神殿であるからである。

 23. 都は、その中で輝くために太陽を、月も必要としない。神の栄光がそれを照らす、小羊がその明かりがであるからである。

 24. 救われた諸国民は、その光の中を歩き、地の王たちはその中へ自分の栄光と名誉を携える

 25. その門は、日中、閉ざされない、というのは、そこに夜はないから。彼らはその中へ栄光と名誉を携える

 26. また、不潔なもの、忌み嫌われたものと偽りを行なう者は、その中にだれも入らないであろう、小羊のいのちの書の中に書かれた者でないなら。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094906