RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 第19章(各節の内容)の直訳の続き

21. " Et duodecim portae duodecim margaritae, et unaquaevis portarum erat ex una margarita," significat quod agnitio et cognitio Domini omnes cognitiones veri et boni, quae ex Verbo sunt, conjungat in unum, et introducat in Ecclesiam [n. 916]; 21. 「十二の門は十二の真珠〔であった〕。それぞれの門は一つの真珠からであった」は、主の認知と知識が、真理と善のすべての認識(知識)を、それらはみことばからである、一つに結合する、また教会の中へ導き入れる(916)

" et platea urbis aurum purum tanquam vitrum pellucidum," significat quod omne verum Ecclesiae illius et doctrinae ejus sit in forma bonum amoris influens una cum luce e Caelo a Domino (n. 917). 「また都の街路は純金〔であった〕、透明なガラスのような」は、その教会のすべての真理とその教えは、主からの天界の光と一緒に流入する愛の善の形の中にあることを意味する(917)

22. " Et Templum non vidi in ea, quia Dominus Deus Omnipotens Templum ejus est et Agnus," significat quod in hac Ecclesia non aliquod externum separatum ab interno erit, quia Ipse Dominus in Divino Humano Suo, a Quo est omne Ecclesiae, Solus aditur, colitur et adoratur [n. 918]. 22. 「また、私は神殿をその中に見なかった、全能の神、主がその神殿であるからである、また小羊が」は、この教会の中に内なるものから分離した何らかの外なるものはないであろうことを意味する、主ご自身が自分の神的人間性の中に〔いる〕からである、その方から教会のすべてのものが〔ある〕、おひとりが近づけられる、礼拝される、崇拝される(918)

23. " Et urbs non opus habet sole et luna ut luceant in ea, quia Gloria Dei illustravit eam, et Lucerna ejus Agnus," significat quod homines illius Ecclesiae non erunt in amore sui et in propria intelligentia, et inde in lumine solo naturali, sed ex Divino vero Verbi a Solo Domino in luce spirituali [n. 919]. 23. 「また都は太陽を必要としない、月も〔必要とし〕ない、その中で輝くために、神の栄光がそれを照らす、またその〔油ランプの〕明かりが小羊〔である〕からである」は、その教会の意味の人間は自己愛の中にまた自己知性の中にいないであろうことを意味する、またここから単に自然的な光の中に、しかし、主おひとりからのみことばの神的真理からの霊的な光の中に(919)

24. " Et gentes quae salvantur in luce ejus ambulabunt," significat quod omnes qui in bono vitae sunt et credunt in Dominum, ibi vivent secundum Divina vera, et videbunt illa intus in se, sicut oculus objecta [n. 920]; 24. 「また諸国民は、それらは救われた、その光の中を歩く」は、すべての者は、その者は生活の善の中にいる、また主を信じる、そこに神的真理にしたがって生きる、またそれらを内部に本質的に、目が対象を〔見る〕ように、見ることを意味する(920)

" et reges terrae afferent gloriam et honorem suum in illam," significat quod omnes qui in veris sapientiae sunt ex bono spirituali, ibi confitebuntur Dominum, et Ipsi addicabunt omne verum et omne bonum, quae apud se sunt [n. 921]. 「また地の王たちは自分の栄光と名誉をその中へ運ぶ(携える)」は、すべての者は、その者は霊的な善からの知恵の真理の中にいる、そこに主を告白する、またその方にすべての真理とすべての善を帰することを意味する、それらは自分自身のもとにある(921)

25. " Et portae ejus non claudentur interdiu, nox enim non erit ibi," significat quod in Novam Hierosolymam jugiter recipiantur qui in veris ex bono amoris a Domino sunt, quia non ibi est aliquod falsum fidei [n. 922]; 25. 「また、その門は日中は閉ざされない、というのは、そこに夜はないから」は、新しいエルサレムの中に常に受け入れられることを意味する、その者は主からの愛の善からの真理の中にいる、そこにンらかの信仰の虚偽がないからである(922)

" et afferent gloriam et honorem gentium in illam," significat quod qui intrant secum ferent confessionem, agnitionem et fidem, quod Dominus sit Deus Caeli et Terrae, et quod omne verum Ecclesiae et omne bonum Religionis sit ab Ipso [n. 923]. 「また彼らはその中へ栄光と名誉を運ぶ(携える)」は、入る者が自分自身に告白、認知と信仰をもたらすことを意味する、主が天地の神であること、また教会のすべての真理と宗教のすべての善がその方からであること(923)

26. " Et non intrabit in illam ullum immundum, et faciens abominationem et mendacium," significat quod nemo in Novam Domini Ecclesiam recipiatur, qui adulterat bona et falsificat vera Verbi, et qui facit mala ex confirmatione et sic quoque falsa [n. 924]; 26. 「また、その中にだれも入らないであろう、不潔なもの、忌み嫌われたものと偽りを行なう者は」は、だれも主の新しい教会の中に受け入れられないことを意味する、その者はみことばの善を不純化する、また真理を虚偽化する、またその者は確信から悪を行なう、またこのおうに虚偽もまた(924)

" nisi qui scripti in Libro vitae Agni," significat quod non alii in Novam Ecclesiam, quae est Nova Hierosolyma, recipiantur, quam qui credunt in Dominum, et vivunt secundum praecepta Ipsius in Verbo [n. 925]. 「小羊のいのちの書の中に書かれた者でないなら」は、他の者が新しい教会の中に、それは新しいエルサレムである、池入れられないことを意味する、主を信じる、またみことばの中のその方の戒めにしたがって生きる者以外の(925)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 01:13
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094909