RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 876

EXPLICATIO.

説明

 

(1) 原文

876. [Vers. 1.] " Et vidi Caelum novum et Terram novam," significat quod a Domino novum Caelum ex Christianis formatum sit, quod hodie vocatur Caelum Christianum, ubi sunt qui Dominum coluerant, et secundum praecepta Ipsius in Verbo vixerant, quibus inde est charitas et fides; in quo Caelo etiam sunt omnes infantes Christianorum.Per "Caelum novum" et per "Terram novam," non intelligitur caelum naturale coram oculis aspectabile, nec terra naturalis ab hominibus habitata, sed intelligitur Caelum spirituale et Terra illius Caeli, ubi sunt angeli; quod hoc Caelum et hujus Caeli Terra intelligatur, quisque videt et agnoscit, si modo aliquantum abduci potest ab idea pure naturali et materiali, cum legit Verbum. Quod Caelum angelicum intelligatur, patet, quia in versu mox sequente dicitur, quod viderit "urbem sanctam Hierosolymam descendentem a Deo e Caelo, paratam sicut Sponsam ornatam Marito suo," per quam non intelligitur aliqua Hierosolyma descendens, sed Ecclesia; et Ecclesia in terris descendit a Domino e Caelo angelico, quia angeli Caeli et homines telluris in omnibus Ecclesiae unum faciunt (n. 626). Ex his videri potest, quam naturaliter et materialiter cogitaverunt et cogitant, qui ex his verbis et ex sequentibus in hoc versu sibi finxerunt dogmaticum de interitu mundi, et de nova creatione omnium. [2] De hoc Caelo Novo actum est supra aliquoties in Apocalypsi (imprimis in cap. xiv. et xv.). Vocatur Caelum Christianum, quia distinctum est a Caelis antiquis, qui ab hominibus Ecclesiae ante Adventum Domini exstiterunt. Hi antiqui Caeli sunt supra Caelum Christianum; Caeli enim sunt sicut expansa, unum supra alterum: similiter unumquodvis Caelum; unumquodvis enim Caelum per se distinguitur in tres Caelos, intimum seu tertium, medium seu secundum, ac infimum seu primum; similiter hoc novum Caelum; vidi illos et locutus sum cum illis. In novo hoc Caelo Christiano sunt omnes qui ab Ecclesiae Christianae prima instauratione coluerunt Dominum, et vixerunt secundum praecepta Ipsius in Verbo, et inde qui a Domino per Verbum in charitate et simul fide fuerunt, ita qui non in fide mortua sed in fide viva. De hoc Caelo videantur varia supra (n. 612, 613, 626, 631, 659, 661, 845, 846, 856). Pariter in illo Caelo sunt omnes infantes Christianorum, quia ab angelis educati in duo illa Essentialia Ecclesiae, quae sunt Agnitio Domini pro Deo Caeli et Terrae, ac Vita secundum praecepta Decalogi.

 

(2) 直訳

876. [Vers. 1.] " Et vidi Caelum novum et Terram novam," significat quod a Domino novum Caelum ex Christianis formatum sit, quod hodie vocatur Caelum Christianum, ubi sunt qui Dominum coluerant, et secundum praecepta Ipsius in Verbo vixerant, quibus inde est charitas et fides; 876(1)また、私しいしい、主によりキリスト教徒からのしい天界形作られたことを意味するそれは今日、キリスト天界ばれるそこに礼拝する者がいるまたみことばののそのめにしたがってきるそれらのにここから仁愛信仰がある

in quo Caelo etiam sunt omnes infantes Christianorum.− その中にキリスト教徒のすべての幼児もまたいる。

Per "Caelum novum" et per "Terram novam," non intelligitur caelum naturale coram oculis aspectabile, nec terra naturalis ab hominibus habitata, sed intelligitur Caelum spirituale et Terra illius Caeli, ubi sunt angeli; 「新しい天」と「新しい地」によって、目の前に見られる自然的な天界が意味されない、人間により住まわれる自然的な地も〔意味し〕ない、しかし、霊的な天界とその天界の地が意味される、そこに天使たちがいる。

quod hoc Caelum et hujus Caeli Terra intelligatur, quisque videt et agnoscit, si modo aliquantum abduci potest ab idea pure naturali et materiali, cum legit Verbum. この天界とこの天界の地が意味されることは、だれもが見る、また認める、もし、純粋に(まったく)然的なまた物質的な観念から単に幾分。引き出されることができるだけで、みことばを読むとき。

Quod Caelum angelicum intelligatur, patet, quia in versu mox sequente dicitur, quod viderit "urbem sanctam Hierosolymam descendentem a Deo e Caelo, paratam sicut Sponsam ornatam Marito suo," per quam non intelligitur aliqua Hierosolyma descendens, sed Ecclesia; 天使の天界が意味されることは、明らかである、すぐに続く節の中に言われているからである「夫のために花嫁のようにられて準備され、神から、天界ってったなる都、新しいエルサレムたことがれによって、降る何らかのエルサレムが意味されない、しかし、教会が。

et Ecclesia in terris descendit a Domino e Caelo angelico, quia angeli Caeli et homines telluris in omnibus Ecclesiae unum faciunt (n. 626). また、地の中の教会は、主から、天使の天界から降る、天界の天使と地の人間は、教会のすべてのものの中で一つのものとなっているからである(626)

Ex his videri potest, quam naturaliter et materialiter cogitaverunt et cogitant, qui ex his verbis et ex sequentibus in hoc versu sibi finxerunt dogmaticum de interitu mundi, et de nova creatione omnium. これらから見られることができる、どれほど自然的にまた物質的に彼らが考えた、また考えているか、その者は、これらのことばから、またこの節の中に続くものから、自分自身に、世の滅亡について、またすべてのものの新しい創造についての教義(教条)を考案した(捏造した)

[2] De hoc Caelo Novo actum est supra aliquoties in Apocalypsi (imprimis in cap. xiv. et xv.). [2] この新しい天界について上に数回(ときどき)われている、「黙示録」の中に(特に第1415章の中に)

Vocatur Caelum Christianum, quia distinctum est a Caelis antiquis, qui ab hominibus Ecclesiae ante Adventum Domini exstiterunt. キリスト教徒の天界と呼ばれる、古代の天界から分離されているので、それは主の来臨の前の教会の人間から存在した。

Hi antiqui Caeli sunt supra Caelum Christianum; この古代の天界はキリスト教の天界の上にある。

Caeli enim sunt sicut expansa, unum supra alterum: というのは、大空(広がり)ようであるから、一つがもう一つの上の。

similiter unumquodvis Caelum; それぞれの天界に同様(である)

unumquodvis enim Caelum per se distinguitur in tres Caelos, intimum seu tertium, medium seu secundum, ac infimum seu primum; というのは、それぞれの天界が、それ自体によって、三つの天界に区別されるから、最内部、すなわち、第三のもの、中間、すなわち、第二のもの、そして最低、すなわち、第一のもの。

similiter hoc novum Caelum; この新しい天界に同様(である)

vidi illos et locutus sum cum illis. 私は彼ら〔それらの天界の住民〕を見た、また彼らと話した。

In novo hoc Caelo Christiano sunt omnes qui ab Ecclesiae Christianae prima instauratione coluerunt Dominum, et vixerunt secundum praecepta Ipsius in Verbo, et inde qui a Domino per Verbum in charitate et simul fide fuerunt, ita qui non in fide mortua sed in fide viva. この新しいキリスト教の天界の中にすべての者がいる、その者はキリスト教の教会の最初の設立から主を礼拝した、またみことばの中のその方の戒めにしたがって生きた、またここからその者はみことばによって仁愛の中に同時に信仰の中にいた、そのようにその者は死んだ信仰の中に〔い〕ない、しかし、生きた信仰の中に。

De hoc Caelo videantur varia supra (n. 612, 613, 626, 631, 659, 661, 845, 846, 856). この天界についていろいろなものが上に見られる(612, 613, 626, 631, 659, 661, 845, 846, 856)

Pariter in illo Caelo sunt omnes infantes Christianorum, quia ab angelis educati in duo illa Essentialia Ecclesiae, quae sunt Agnitio Domini pro Deo Caeli et Terrae, ac Vita secundum praecepta Decalogi. 同じく、その天界の中にキリスト教徒のすべての幼児がいる、天使たちによりその教会の二つの本質的なものを教育されるからである、それらは天地の神としての主の認知である、そして、十戒の戒めにしたがった生活。

 

(3) 訳文

 876(1)また、私しいしい、主によりキリスト教徒からのしい天界形作られたことを意味するそれは今日、キリスト天界ばれそこに礼拝し、みことばののそのめにしたがってきるがいてそれらのにここから仁愛信仰がある。その中にキリスト教徒のすべての幼児もまたいる。「新しい天」と「新しい地」によって、目の前に見られる自然的な天界が、人間により住まわれる自然的な地も意味しない、しかし、霊的な天界とその天界の地が意味され、そこに天使たちがいる。この天界とこの天界の地が意味されることは、みことばを読むとき、まったく自然的なまた物質的な観念からただいくらか引き出されることができるなら、だれもが見、認める

 天使の天界が意味されることは、明らかである、すぐに続く節の中に「夫のために花嫁のようにられて準備され、神から、天界ってったなる都、新しいエルサレムたことが、言われているからである、れによって、何らかのエルサレムが降るのでなく、教会が降ることが意味される。また、天界の天使と地の人間は教会のすべてのものの中で一つのものとなっているので(626)、地上の教会は、主から、天使の天界から降る。

 これらから、これらのことばまたこの節の中に続くことばから、自分自身に、世の滅亡について、またすべてのものの新しい創造について、その教義を捏造した者が、どれほど自然的にまた物質的に考えた、また考えているか、見られることができる。

 [2] この新しい天界について前に数回、「黙示録」の中にわれている(特に第14章と第15章の中に)

 主の来臨の前の教会の人間から存在した古代の天界から分離されているので、キリスト教徒の天界と呼ばれる。

 この古代の天界はキリスト教の天界の上にある。というのは、一つがもう一つの上の大空(広がり)ようであるから。それぞれの天界も同様である。というのは、それぞれの天界が、それ自体によって、最内部、すなわち、第三のもの、中間、すなわち、第二のもの、そして最も低い、すなわち、第一のものの三つの天界に区別されるから。この新しい天界も同様である。私は彼ら〔それらの天界の住民〕を見、彼らと話した。

 この新しいキリスト教の天界の中に、キリスト教の教会の最初の設立から主を礼拝し、みことばの中のその方の戒めにしたがって生き、ここから、みことばによって仁愛ち同時に信仰の中にいた、そのように死んだ信仰の中にいないで、生きた信仰の中にいたすべての者がいる。

 この天界についていろいろなものが前に見られる(612, 613, 626, 631, 659, 661, 845, 846, 856)

 同じく、その天界の中にキリスト教徒のすべての幼児がいる、天使たちによりその教会の二つの本質的なものを教育されるからである、それらは天地の神としての主の認知、そして、十戒の戒めにしたがった生活である。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094911