RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 880(直訳[5]からその終わりまで)

[5] Apud Zephaniam: [5] 「ゼパニヤ書」のともに――

 

"Jubila filia Zionis, laetare ex omni corde filia Hierosolymae; 「シオンの娘よ、歓呼せよ、エルサレムの娘はすべての心から喜べ。

Rex Israelis in medio tui, ne time malum amplius; イスラエルの王はあなたの真ん中の中に〔いる〕、もはや悪を恐れるな。

laetabitur super te cum gaudio, acquiescet in amore tuo, exultabit super te cum jubilo; 楽しさとともにあなたの上に喜ぶ(未来)、〔その方は〕あなたの愛の中に満足して休む、歓呼とともにあなたの上に小躍りして喜ぶ。

dabo vos in nomen et laudem omnibus populis terrae" (iii. 14, 15, 17, 20{1}); 私はあなたがたに与える、地のすべての民に、名前と賛美の中で(=を)(3:14, 15, 17, 20)

 

similiter hic de Domino et de Ecclesia ab Ipso, super qua "Rex Israelis," Qui est Dominus, "laetabitur cum gaudio, exultabit cum jubilo," et in Cujus amore "requiescet," et Qui dabit illos "in nomen et laudem omnibus populis terrae." 同様に、ここに、主についてまたその方からの教会について〔扱われている〕、その上に「イスラエルの王」、その方は主である、「楽しさとともに喜ぶ、歓喜とともに小躍りする」、またその方の愛の中で「休む」、またその方は彼らに与える、「地のすべての民に、名前と賛美の中で(=を)

[6] Apud Esajam: [6] 「イザヤ書」のもとに――

 

"Sic dixit Jehovah Redemptor tuus et Formator tuus; 「あなたのあがない主、あなたの形成者エホバはこのように言った。

dicens Hierosolymae, Habitaberis, et urbibus Jehudae, Aedificabimini" (xliv. 24, 26). エルサレムに言って、あなたがたは住まれる(ようになる)、また都に〔言って〕、あなたがたは建築される(ようになる)」(44:24, 26)

 

Et apud Danielem: また「ダニエル書」のもとに――

 

"Scito et percipito, ab exitu Verbi usque ad restituendum et ad aedificandum Hierosolymam, usque ad Messiam Principem, Septimanae Septem" (ix.{2} 25); 「知れ(未来)、また知覚せよ(未来)、みことばの出ることから、回復するまで、またエルサレムを建築するまで、君主メシアまで、七週〔があること〕」(9:25)

 

quod per "Hierosolymam" etiam hic intelligatur Ecclesia, patet, quoniam haec a Domino restituebatur et aedificabatur, non autem Hierosolyma sedes Judaeorum. 「エルサレム」によって、ここにもまた教会が意味されることが、明らかである、これは主により回復される、また建築される、けれども、ユダヤ人の座る(住む)エルサレムではないからである。

[7] Per "Hierosolymam" intelligitur Ecclesia a Domino etiam in sequentibus locis. [7] 「エルサレム」によって、主からの教会もまた意味される、続く箇所の中に。

Apud Sachariam: 「ゼカリヤ書」のもとに――

 

"Sic dixit Jehovah, Revertar ad Zionem, et habitabo in medio Hierosolymae; 「このようにエホバは言った、わたしはシオンへ帰る、またわたしはエルサレムの真ん中の中に住む。

unde vocabitur Hierosolyma, Urbs veritatis, et Mons Jehovae Zebaoth, Mons sanctitatis" (viii. 3, 20-23); ここから、エルサレムは呼ばれるであろう、狄人瓩療圈△泙針軍のエホバの山、神聖な山と」(8:3, 20-23)

 

apud Joelem: 「ヨエル書」のもとに――

 

"Tunc cognoscetis quod Ego Jehovah Deus vester, habitans in Zione, Monte sanctitatis, et erit Hierosolyma sanctitas; 「その時、あなたがたは知る、わたしエホバがあなたがたの神、シオン、神聖な山の中に住んでいる、またエルサレムは神聖になる。

et fiet in die illo, stillabunt montes mustum, et colles fluent lacte, et Hierosolyma sedebit in generationem et generationem" (iv. 17-21 [B.A. iii. 17, 18, 20]); また、その日の中で生じる、山々は新しいぶどう酒を滴らせる、また丘々は乳を流れる、またエルサレムは代々に鎮まる(静かな状態になる)(3:17, 8. 20)

 

apud Esajam: 「イザヤ書」のもとに――

 

"In die illo erit germen Jehovae in decus et in gloriam; 「その日の中で、エホバの若枝は美観にまた栄光になる。

et fiet, relictus in Zione, et residuus in Hierosolyma, sanctus dicetur: また生じる、シオンの中に残された者、またエルサレムの中の残りの者は、聖なるものと言われる。

omnis scriptus ad vitam in Hierosolyma" (iv. 2, 3); すべての者は、エルサレムの中でいのち〔の書〕へと書かれた」(4:2, 3)

 

apud Micham: 「ミカ書」のもとに――

 

"In extremitate dierum erit Mons domus Jehovae constitutus in caput montium; 「日々の終わりの時に、エホバの家の山は、山の頂に置かれる。

nam e Zione exibit doctrina, et Verbum Jehovae ex Hierosolyma; なぜなら、シオンから教えが出るからである、またエルサレムからエホバのみことばが。

ad te veniet regnum prius, regnum filiae Hierosolymae" (iv. 1, 2, 8); あなたへ以前の王国がやって来る、エルサレムの娘の王国が」(4:1, 2, 8)

 

apud Jeremiam: 「エレミヤ書」のもとに――

 

"In tempore illo vocabunt Hierosolymam Thronum Jehovae, et congregabuntur omnes gentes ob Nomen Jehovae Hierosolymam; 「その時の中で、エルサレムはエホバの王座と呼ばれる、またすべての国民はエホバの名前のためにエルサレムに集められる。

neque ibunt amplius post confirmationem cordis sui mali" (iii. 17); もはや、自分の悪の心で確信したものの後を行かない」(3:17)

 

apud Esajam: 「イザヤ書」のもとに――

 

"Specta Zionem, Urbem festi stati nostri: 「シオンをながめよ、私たちの定められた祭りの都を。

oculi tui videant Hierosolymam, Habitaculum tranquillum, Tabernaculum quod non dissipabitur; あなたの目はエルサレムを見える、静かな住まいを、幕屋を、それは追い散らされない。

non removebuntur clavi ejus in perpetuum, et omnes funes ejus non avellentur" (xxxiii. 20). そのくいは永久に取り除かれない、またそのすべての綱は引き離されない」(33:20)

(Praeter etiam alibi, ut Esaj. xxiv. 23; cap. xxxvii. 32; cap. lxvi. 10-14; Sach. xii. 3, 6, 8-10: cap. xiv. 8, 11, 12, 21; Malach. iii. 2, 4; Psalm. cxxii. 1-7; Psalm. cxxxvii. 5-7{3}) (さらに他の箇所にもまた、例えば、イザヤ24:23、第3732、第6610-14、ゼカリヤ12:3, 6, 8-10、第148, 11, 12, 21、マラキ3:2, 4、詩篇122:1-7、詩篇137:5-7)

 

[8] Quod per "Hierosolymam" in illis locis intelligatur Ecclesia quae a Domino instauranda erat, et non Hierosolyma in Terra Canaane a Judaeis habitata, constare etiam potest a locis in Verbo, ubi de hac dicitur, quod prorsus deperdita sit, et quod destruenda [8] それらの箇所の中の「エルサレム」によって、教会が意味されることは、それは主により設立されることになる、またユダいア人により住まわれたカノンの地の中のエルサレム〔が意味され〕ない、みことばの箇所の中からもまた明らかにすることができる、そこにこれについて言われている、まったく失われたこと、また破壊されることになること

 

(Ut Jerem. v. 1: cap. vi. 6,7; cap. vii. 17, 18, seq.; cap. viii. 6-8, seq. cap. ix. 10, 11, 13, seq.: cap. xiii. 9, 10, 14: cap. xiv. 16; Thren. i. 8, 9, 17; Ezech. iv. 1 ad fin.; cap. v. 9 ad fin.; cap. xii. 18, 19; cap. xv. 6-8; cap. xvi. 1-63; cap. xxiii. 1-49: Matth. xxiii. 37, 38; Luc. xix. 41-44: cap. xxi. 20-22; cap. xxiii. 28-30; et multis aliis in locis). (例えば、エレミヤ5:1、第66, 7、第717, 18以降、第86-8以降、第910, 11, 13以降、第139, 10, 14、第1416、哀歌1:8, 9, 17、エゼキエル4:1終わりまで、第59終わりまで、第1218, 19、第156-8、第161-63、第231-49、マタイ23:37, 38、ルカ19:41-44、第2120-22、第2328-30、また他の多くの箇所の中に)

 

@1 14, 15, 17, 20 pro "14, 15, 17, 17, 20" 1 14, 15, 17, 17, 20」の代わりに 14, 15, 17, 20

@2 ix. pro "x."  2 x.」の代わりに ix.

@3 5-7 pro "4, 5, 6" 3 4, 5, 6」の代わりに 5-7

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094916