RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 881

(1) 原文

881. "Paratam sicut Sponsam [ornatam] Marito Suo," significat Ecclesiam illam per Verbum conjunctam Domino.Dicitur quod Johannes "viderit urbem sanctam Hierosolymam Novam descendentem a Deo e Caelo," hic quod viderit illam urbem "paratam sicut Sponsam Marito suo; unde etiam patet, quod per "Hierosolymam" intelligatur Ecclesia, et quod viderit illam primum ut Urbem, et postea ut Virginem Sponsam; illam ut Urbem repraesentative, et illam ut Virginem Sponsam spiritualiter, ita in duplici idea, una intra seu supra alteram: prorsus sicut angeli, qui cum vident aut audiunt aut legunt in Verbo "urbem," in idea inferioris cogitationis percipiunt urbem, sed in idea superioris cogitationis percipiunt Ecclesiam quoad doctrinam; et hanc, si desiderant et orant ad Dominum, vident ut Virginem in pulchritudine et amictu secundum quale Ecclesiae: ita quoque mihi datum est Ecclesiam videre. [2] Per "paratam" significatur amicta ad desponsationem, et Ecclesia non aliter accingitur ad desponsationem, et postea ad conjunctionem seu conjugium, quam per Verbum; hoc enim est unicum medium conjunctionis seu conjugii, quia Verbum est a Domino et de Domino, et sic Dominus; quare etiam vocatur "Foedus," et "foedus" significat conjunctionem spiritualem: Verbum etiam datum est propter illum finem. Quod per "Maritum" intelligatur Dominus, patet a vers. 9 et 10{1} hujus capitis, ubi Hierosolyma vocatur "Sponsa, Uxor Agni." Quod Dominus dicatur "Sponsus" et "Maritus," et Ecclesia "Sponsa" et "Uxor," et quod conjugium illud sit sicut conjugium boni et veri, et fiat per Verbum, videatur supra (n. 797). Ex his constare potest, quod per "Hierosolyma parata sicut Sponsa Marito" significetur Ecclesia illa per Verbum conjuncta Domino.

@1 9 et 10 pro "10 et 11"

 

(2) 直訳

881. "Paratam sicut Sponsam [ornatam] Marito Suo," significat Ecclesiam illam per Verbum conjunctam Domino.− 881.「花嫁のように(飾られて)準備された、その夫〔のため〕に」は、みことばによって主と結合したその教会を意味する。

Dicitur quod Johannes "viderit urbem sanctam Hierosolymam Novam descendentem a Deo e Caelo," hic quod viderit illam urbem "paratam sicut Sponsam Marito suo; ヨハネが「神から天界を通って降った聖なる都新しいエルサレムを見た」ことが言われた、ここに「花嫁のように(られて)準備されたその夫〔のため」その都を見たことがわれている

unde etiam patet, quod per "Hierosolymam" intelligatur Ecclesia, et quod viderit illam primum ut Urbem, et postea ut Virginem Sponsam; そこからもまた明らかである、「エルサレム」によって教会が意味されること、またそれを最初に都として見たこと、またその後、花嫁の処女として。

illam ut Urbem repraesentative, et illam ut Virginem Sponsam spiritualiter, ita in duplici idea, una intra seu supra alteram: それを都として表象的に、またそれを花嫁の処女として霊的に、そのように二重の観念の中で〔見た〕、一方が他方の内部にまたは上に。

prorsus sicut angeli, qui cum vident aut audiunt aut legunt in Verbo "urbem," in idea inferioris cogitationis percipiunt urbem, sed in idea superioris cogitationis percipiunt Ecclesiam quoad doctrinam; まったく天使たちのように、その者はみことばの中に「都」を見るまたは聞くまたは読むとき、低い思考の観念の中で都を知覚する、しかし、高い思考の観念の中で、教えに関する教会を知覚する。

et hanc, si desiderant et orant ad Dominum, vident ut Virginem in pulchritudine et amictu secundum quale Ecclesiae: またこれ〔教会〕を、もし主へ願う、また祈るなら、処女として見る、教会の性質にしたがった美と衣装の中で。

ita quoque mihi datum est Ecclesiam videre. そのように、私にも、教会を見ることが与えられた。

[2] Per "paratam" significatur amicta ad desponsationem, et Ecclesia non aliter accingitur ad desponsationem, et postea ad conjunctionem seu conjugium, quam per Verbum; [2] 「用意された」によって、婚約のために〔衣装が〕着せられたが意味される、また教会は異なって身に着けられない、婚約のために、またその後、結合または結婚のために、みことばによって以外に。

hoc enim est unicum medium conjunctionis seu conjugii, quia Verbum est a Domino et de Domino, et sic Dominus; というのは、これは結合また結婚の唯一の手段であるから、みことばは主からまた主について、またこのように主であるからである。

quare etiam vocatur "Foedus," et "foedus" significat conjunctionem spiritualem: それゆえ、「契約」とも呼ばれる、また「契約」は霊的な結合を意味する。

Verbum etiam datum est propter illum finem. みことばも、その目的のために与えられた。

Quod per "Maritum" intelligatur Dominus, patet a vers. 9 et 10{1} hujus capitis, ubi Hierosolyma vocatur "Sponsa, Uxor Agni." 「夫」によって、主が意味されることは、この章の9節と10から明らかである、そこにエルサレムが「花嫁、小羊の妻」と呼ばれている。

Quod Dominus dicatur "Sponsus" et "Maritus," et Ecclesia "Sponsa" et "Uxor," et quod conjugium illud sit sicut conjugium boni et veri, et fiat per Verbum, videatur supra (n. 797). 主が「花婿」と「夫」、また教会が「花嫁」と「妻」と言われることは、その結婚が善と真理の結婚のようであること、またみことばによって行なわれる、上に見られる(797)

Ex his constare potest, quod per "Hierosolyma parata sicut Sponsa Marito" significetur Ecclesia illa per Verbum conjuncta Domino. これらから明らかにすることができる、「花嫁のように(られて)準備されたその夫〔のためによってみことばによって主と結合されたその教会が意味されること。

@1 9 et 10 pro "10 et 11" 注1 10 et 11」の代わりに 9 et 10

 

(3) 訳文

 881.「夫〔のため〕に花嫁のように(飾られて)準備された」は、みことばによって主と結合したその教会を意味する。

 ヨハネが「神から天界を通って降った聖なる都新しいエルサレムを見た」と言われ、ここに「夫〔のため花嫁のように(られて)準備された」その都を見たことがわれている。そこからも、「エルサレム」によって教会が意味されること、またそれを最初に都として、またその後、花嫁の処女として見たことが明らかである。それを都として表象的に、またそれを花嫁の処女として霊的に、そのように、一方が他方の内部にまたは上に、二重の観念の中で〔見た〕――まったく天使たちのように、みことばの中に「都」を見るまたは聞くまたは読むとき、低い思考の観念の中で都を知覚する、しかし、高い思考の観念の中で、教えに関する教会を知覚する。またこれ〔教会〕を、もし主へ願い、祈るなら、教会の性質にしたがった美と衣装の中の処女として見る。そのように教会を見ることが、私にも与えられた。

 [2] 「用意された」によって、婚約のために〔衣装が〕着せられたことが意味される、また教会は、婚約のために、またその後、結合または結婚のために、みことばによって以外に異なって身に着けられない。というのは、これは結合また結婚の唯一の手段であるからであり、みことばは、主から、また主について、またこのように主であるからである。それゆえ、「契約」とも呼ばれ、「契約」は霊的な結合を意味する。みことばも、その目的のために与えられた。

 「夫」によって、主が意味されることは、本章の9節と10から明らかであり、そこには、エルサレムが「花嫁、小羊の妻」と呼ばれている。

 主が「花婿」と「夫」、また教会が「花嫁」と「妻」と言われること、その結婚が善と真理の結婚のようであり、みことばによって行なわれることは、前に見られる(797)

 これらから、「夫のために花嫁のように(られて)準備されたによってみことばによって主と結合されたその教会が意味されることを明らかにすることができる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:38
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094918