RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 882

(1) 原文

882. [Vers. 3.] " Et audivi vocem magnam e Caelo dicentem, Ecce Tabernaculum Dei cum hominibus," significat Dominum ex amore loquentem et evangelizantem, quod Ipse nunc in Divino Humano Suo apud homines praesens futurus sit.Hic est Sensus illorum verborum caelestis. Angeli caelestes, qui sunt angeli tertii Caeli, non aliter intelligunt illa; nam per "audire vocem magnam e Caelo dicentem," ab illis intelligitur Dominus ex amore loquens et evangelizans, quia e Caelo non alius loquitur quam Dominus; quoniam Caelum non est Caelum ex propriis angelorum, sed a Divino Domini, cujus recipientes sunt; per "vocem magnam" intelligitur loquela ex amore, "magnum" enim praedicatur de amore (n. 656, 663); per "Ecce Tabernaculum Dei cum hominibus," intelligitur nunc Dominus in Divino Humano Suo praesens; per "Tabernaculum Dei" intelligitur Ecclesia caelestis, et in universali Sensu Regnum caeleste Domini, et in supremo Sensu Divinum Humanum Ipsius (videatur supra, n. 585). Quod per "Tabernaculum" in supremo Sensu intelligatur Divinum Humanum Domini, est quia per "Templum" illud significatur

 

(Ut constare potest ex Joh. ii. 19{1}, 21; Malach. iii. 1; Apoc. xxi. 22; et alibi).

 

Similiter per "Tabernaculum," cum differentia quod per "Templum" intelligatur Divinum Humanum Domini quoad Divinum Verum, seu Divinam Sapientiam, et per "Tabernaculum" intelligatur Divinum Humanum Domini quoad Divinum Bonum seu Divinum Amorem. Inde sequitur, quod per "Ecce Tabernaculum Dei cum hominibus" intelligatur quod Dominus nunc in Divino Humano Suo apud homines praesens futurus sit.

@1 19 pro "18"

 

(2) 直訳

882. [Vers. 3.] " Et audivi vocem magnam e Caelo dicentem, Ecce Tabernaculum Dei cum hominibus," significat Dominum ex amore loquentem et evangelizantem, quod Ipse nunc in Divino Humano Suo apud homines praesens futurus sit.− 882(3)また、私からっている、大きないた、見、神幕屋、人間とともに、愛からすまた福音をもたらす意味するそのがその神的人間性人間のもとに現在することになること

Hic est Sensus illorum verborum caelestis. これは、それらのことばの天的な意味である。

Angeli caelestes, qui sunt angeli tertii Caeli, non aliter intelligunt illa; 天的な天使は、その者は第三の天界の天使である、それらを異なって理解しない。

nam per "audire vocem magnam e Caelo dicentem," ab illis intelligitur Dominus ex amore loquens et evangelizans, quia e Caelo non alius loquitur quam Dominus; なぜなら、「天からっている、大きな聞くこと」によって、彼らにより、愛から話しているまた福音をもたらしている主が意味されるから、天界から、主以外に他の者は話さないからである。

quoniam Caelum non est Caelum ex propriis angelorum, sed a Divino Domini, cujus recipientes sunt; 天界は、天使のプロプリウム(固有のもの)から天界ではないので、しかし、主の神性から、〔彼らは〕その受け入れるものである。

per "vocem magnam" intelligitur loquela ex amore, "magnum" enim praedicatur de amore (n. 656, 663); 「大きな声」によって愛から話すことが意味される、というのは、「大きい」は愛について述べられるから(656, 663)

per "Ecce Tabernaculum Dei cum hominibus," intelligitur nunc Dominus in Divino Humano Suo praesens; 「見、神幕屋、人間とともに」によって、今や、ご自分の神的人間性の中に臨在する(現在する)主が意味される。

per "Tabernaculum Dei" intelligitur Ecclesia caelestis, et in universali Sensu Regnum caeleste Domini, et in supremo Sensu Divinum Humanum Ipsius (videatur supra, n. 585). 「神の幕屋」によって、天的な教会が意味される、普遍的な意味の中で主の天的な王国が、また最高の意味の中でその方の神的人間性が(上の585番に見られる)

Quod per "Tabernaculum" in supremo Sensu intelligatur Divinum Humanum Domini, est quia per "Templum" illud significatur 「幕屋」によって、最高の意味の中で主の神的人間性が意味されることは、「神殿」によって、意味されるからである

 

(Ut constare potest ex Joh. ii. 19{1}, 21; Malach. iii. 1; Apoc. xxi. 22; et alibi). (ヨハネ2:19、マラキ3:1、黙示録21:22、また他の箇所から明らかにすることができるように)

 

Similiter per "Tabernaculum," cum differentia quod per "Templum" intelligatur Divinum Humanum Domini quoad Divinum Verum, seu Divinam Sapientiam, et per "Tabernaculum" intelligatur Divinum Humanum Domini quoad Divinum Bonum seu Divinum Amorem. 同様に「幕屋」によって、相違とともに、「神殿」によって神的真理に関する主の神的人間性が意味されること、すなわち、神的知恵、また「幕屋」によって神的善に関する主の神的人間性が意味される、すなわち、神的愛。

Inde sequitur, quod per "Ecce Tabernaculum Dei cum hominibus" intelligatur quod Dominus nunc in Divino Humano Suo apud homines praesens futurus sit. ここからいえる、「見、神幕屋、人間とともに」によって、今や、人間のもとのご自分の神的人間性の中に臨在する(現在する)ことになる主が意味されること。

@1 19 pro "18" 注1 18」の代わりに 19

 

(3) 訳文

882(3)「また、私は天から言っている、大きな声を聞いた、見よ、人間とともに神の幕屋を」は、愛から話すまた福音をもたらす主を、その方がその神的人間性の中で今や人間のもとに現在することを意味する

 これは、それらのことばの天的な意味である。

  第三の天界の天使である天的な天使は、それらを〔これと〕異なって理解しない。なぜなら、「天からっている、大きな聞くこと」によって、天界から、主以外に他の者は話さないので、彼らにより、愛から話し、福音をもたらしている主が意味されるから。天界は、天使のプロプリウム(固有のもの)からでなく、主の神性から天界であるからであり、〔彼らは〕その受け入れるものである。「大きな声」によって愛から話すことが意味される、というのは、「大きい」は愛について述べられるから(656, 663)。「見、人間とともに幕屋」によって、今や、ご自分の神的人間性の中に現在する主が意味される。「神の幕屋」によって、天的な教会が、普遍的な意味で主の天的な王国が、また最高の意味でその方の神的人間性が意味される(前の585番に見られる)

 「幕屋」によって、最高の意味で主の神的人間性が意味されることは、「神殿」によって、意味されるからである(ヨハネ2:19、マラキ3:1、黙示録21:22、また他の箇所から明らかにすることができるように)

 同様に「幕屋」によって〔意味される〕、「神殿」によって神的真理、すなわち、神的知恵に関する主の神的人間性が意味され、また「幕屋」によって神的善、すなわち、神的愛に関する主の神的人間性が意味される〔という〕相違とともに。

 ここから、「見、人間とともに幕屋」によって、今や、人間のもとのご自分の神的人間性の中に現在することになる主が意味されることがいえる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094919