RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 883

(1) 原文

883. " Et habitabit cum illis, et illi populi Ipsius erunt, et Ipse erit cum illis Deus eorum," significat conjunctionem Domini, quae talis est ut illi sint in Ipso et Ipse in illis.Per "habitabit cum illis" significatur conjunctio Domini cum illis, de qua sequitur: per quod "illi populi Ipsius erunt, et Ipse erit cum illis Deus eorum" significatur quod illi sint Domini, et Dominus illorum; et quia per "habitare cum illis" significatur conjunctio, significatur quod illi in Domino erunt et Dominus in illis, aliter non fit conjunctio; quae quod talis sit, patet clare a Domini verbis apud Johannem:

 

"Manete in Me et Ego in vobis: Ego sum Vitis, vos palmites; qui manet in Me et Ego in illo, hic fert fructum multum, quia sine Me non potestis facere quicquam" (Joh. xv. 4, 5);

 

et alibi:

 

"In die illo cognoscetis quod Ego in Patre Meo, et vos in Me et Ego in vobis" (xiv. 20);

"Qui manducat Meam carnem, et bibet Meum sanguinem, in Me manet et Ego in illo" (Joh. vi. 56).

 

[2] Quod assumptio Humani, et unitio ejus cum Divino quod in Ipso a nativitate erat et Pater vocatur, pro fine habuerit conjunctionem cum hominibus, patet etiam apud Johannem:

 

"Pro illis Ego sanctifico Me Ipsum, ut etiam illi sint sanctificati in veritate; ut sint unum sicut nos unum sumus, Ego in illis [et] Tu in Me" (xvii. 19, 21, 22, 26);

 

ex quibus constat, quod conjunctio sit cum Divino Humano Domini, et quod sit reciproca, et quod sic et non aliter sit conjunctio cum Divino quod Pater vocatur. [3] Docet etiam Dominus quod conjunctio fiat per vera Verbi, et per vitam secundum illa (Joh. xiv. 20-24; cap. xv. 7): hoc itaque est quod intelligitur per "habitabit cum illis, et illi populus Ipsius erunt, et Ipse erit cum illis Deus illorum."

 

(Similiter alibi, ubi eadem verba: Jerem. vii. 23: cap. xi. 4; Ezech.{1} xiv. 11; Jerem.{2} xxiv. 7; cap. xxx. 22; Ezech. xi. 20; cap. xxxvi. 28; cap. xxxvii. 23, 27; Sach. viii. 8; Exod. xxix. 45.{3})

 

[4] Quod per "habitare cum illis" significetur conjunctio cum illis, est quia "habitare" significat conjunctionem ex amore, ut constare potest ex multis locis in Verbo; etiam ex habitationibus angelorum in Caelo. Caelum est distinctum in innumeras societates, omnes inter se secundum differentias affectionum quae sunt amoris in genere et in specie; unaquaevis societas est una species affectionis, et ibi habitant distincte secundum propinquitates et affinitates illius speciei affectionis, et in una domo qui propinquissimi sunt; inde "cohabitatio," cum de conjugibus, in spirituali Sensu significat conjunctionem per amorem. Sciendum est, quod aliud sit conjunctio cum Domino, et aliud praesentia Ipsius; conjunctio cum Domino non datur aliis quam qui Ipsum immediate adeunt, praesentia reliquis.

@1 Ezech. pro "cap." @2 Jerem. pro "cap." @3 45 pro "15"

 

(2) 直訳

883. " Et habitabit cum illis, et illi populi Ipsius erunt, et Ipse erit cum illis Deus eorum," significat conjunctionem Domini, quae talis est ut illi sint in Ipso et Ipse in illis.− 883「また〔神は〕彼らとともに住む〔であろう〕、また彼らはその方の民になる、またその方は彼らとともに彼らの神になる」は、主の結合を意味する、それはそのようなものである、彼らがその方の中にまたその方が彼らの中にいるような。

Per "habitabit cum illis" significatur conjunctio Domini cum illis, de qua sequitur: 「〔神は〕彼らとともに住む〔であろう〕」によって、彼らとの主の結合が意味される、それについて続けられる。

per quod "illi populi Ipsius erunt, et Ipse erit cum illis Deus eorum" significatur quod illi sint Domini, et Dominus illorum; 「彼らはその方の民になる、またその方は彼らとともに彼らの神になる」ことによって、彼らが主のものであることが意味される、また主が彼らのもの。

et quia per "habitare cum illis" significatur conjunctio, significatur quod illi in Domino erunt et Dominus in illis, aliter non fit conjunctio; また「彼らとともに住むこと」によって結合が意味されるからである、彼らが主の中にいる、また主が彼らの中に〔いる〕ことが意味される、異なって結合が生じない。

quae quod talis sit, patet clare a Domini verbis apud Johannem: それは、そのようであること、「ヨハネ(音書)」のもとの主のことばからはっきりと明らかである――

"Manete in Me et Ego in vobis: 「わたしの中にとどまれ、また、わたしもあなたがたの中に。

Ego sum Vitis, vos palmites; わたしはブドウの木である、あなたがたは枝。

qui manet in Me et Ego in illo, hic fert fructum multum, quia sine Me non potestis facere quicquam" (Joh. xv. 4, 5); わたしの中にどどまり、またわたしが彼の中に〔とどまる〕者は、この者は多くの実を結ぶ、わたしなしで、あなたがたは何も行なうことができないからである」(ヨハネ15:4, 5)

et alibi: また他の箇所に――

"In die illo cognoscetis quod Ego in Patre Meo, et vos in Me et Ego in vobis" (xiv. 20); 「その日の中で、あなたがたは、わたしがわたしの父の中に、またあなたがたがわたしの中に、またわたしがあなたがたの〔いる〕ことを知る」(14:20)

"Qui manducat Meam carnem, et bibet Meum sanguinem, in Me manet et Ego in illo" (Joh. vi. 56). 「わたしの肉を食べる、またわたしの血を飲む者は、わたしの中にまたわたしは彼の中にとどまる」(ヨハネ6:56)

[2] Quod assumptio Humani, et unitio ejus cum Divino quod in Ipso a nativitate erat et Pater vocatur, pro fine habuerit conjunctionem cum hominibus, patet etiam apud Johannem: [2] 人間性をまとうこと、また神性とのその結合は、それはその方の中に出生からあった、また父と呼ばれる、目的として人間との結合を持っていたことは、「ヨハネ(福音書)」のもとにも明らかである――

"Pro illis Ego sanctifico Me Ipsum, ut etiam illi sint sanctificati in veritate; 「彼らのために、わたしはわたし自身を聖別する、彼らもまた狄人瓩涼罎農司未気譴襪燭瓩法

ut sint unum sicut nos unum sumus, Ego in illis [et] Tu in Me" (xvii. 19, 21, 22, 26); わたしたちが一つであるように一つであるために、わたしが彼らの中に、あなた〔父〕がわたしの中に〔いるように〕」(17:19, 21, 22, 26)

ex quibus constat, quod conjunctio sit cum Divino Humano Domini, et quod sit reciproca, et quod sic et non aliter sit conjunctio cum Divino quod Pater vocatur. それらから明らかである、主の神的人間性との結合は、また交互のものであること、またこのようにまた異なっていないこと、神性との結合である、それは父と呼ばれる。

[3] Docet etiam Dominus quod conjunctio fiat per vera Verbi, et per vitam secundum illa (Joh. xiv. 20-24; cap. xv. 7): [3] 主もまた教えている、結合がみことばの真理によって行なわれること、またそれにしたがった生活によって(ヨハネ14:20-24、第157)

hoc itaque est quod intelligitur per "habitabit cum illis, et illi populus Ipsius erunt, et Ipse erit cum illis Deus illorum." そこでこのことが、「〔神は〕彼らとともに住む〔であろう〕、また彼らはその方の民になる、またその方は彼らとともに彼らの神になる」によって意味されることである。

(Similiter alibi, ubi eadem verba: Jerem. vii. 23: cap. xi. 4; Ezech.{1} xiv. 11; Jerem.{2} xxiv. 7; cap. xxx. 22; Ezech. xi. 20; cap. xxxvi. 28; cap. xxxvii. 23, 27; Sach. viii. 8; Exod. xxix. 45.{3}) (他の箇所に同様に、そこに同じことばが――エレミヤ7:23、第114、エゼキエル14:11、エレミヤ24:7、第3022、エゼキエル11:20、第3628、第3723, 27、ゼカリヤ8:8、出エジプト記29:45)

[4] Quod per "habitare cum illis" significetur conjunctio cum illis, est quia "habitare" significat conjunctionem ex amore, ut constare potest ex multis locis in Verbo; [4] 「彼らと住むこと」によって、彼らとの結合が意味されることは、「住むこと」が愛からの結合を意味するからである、みことばの中の多くの箇所から明らかにすることができるように。

etiam ex habitationibus angelorum in Caelo. 天界の中の天使たちの住居からもまた。

Caelum est distinctum in innumeras societates, omnes inter se secundum differentias affectionum quae sunt amoris in genere et in specie; 天界は無数の社会に分かれている、すべてのものはそれら自体の間で情愛の相違にしたがって、それらは全般的にまた個別的に愛のものである。

unaquaevis societas est una species affectionis, et ibi habitant distincte secundum propinquitates et affinitates illius speciei affectionis, et in una domo qui propinquissimi sunt; それぞれの社会が情愛の一つの種類(型・姿)ある、またそこに情愛の種類(型・姿)の彼らの近接性(近親関係)と親族関係(近親感)にしたがって区別して住んでいる、また一つの家の中に、最も近い(親しい)者は。

inde "cohabitatio," cum de conjugibus, in spirituali Sensu significat conjunctionem per amorem. ここから、「同棲(一緒に住むこと)」は、夫婦(配偶者たち)ついてのとき、霊的な意味の中で、愛によっての結合を意味する。

Sciendum est, quod aliud sit conjunctio cum Domino, et aliud praesentia Ipsius; 知らなければならない、主との結合はあるものであること、またその方の臨在(現在)あるもの(=別ものである)

conjunctio cum Domino non datur aliis quam qui Ipsum immediate adeunt, praesentia reliquis. 主との結合は他の者に与えられない(存在しない)と、その方に直接に近づく者以外に、臨在(現在)は他の者に。

@1 Ezech. pro "cap." 1 cap.」の代わりに Ezech.

@2 Jerem. pro "cap." 2 cap.」の代わりに Jerem.

@3 45 pro "15" 3 15」の代わりに 45

 

(3) 訳文

 883「〔神は〕彼らとともに住む、また彼らはその方の民になり、その方は彼らとともに彼らの神になる」は、主の結合を意味する、それは、彼らがその方の中にまたその方が彼らの中にいるようなものである。

 「〔神は〕彼らとともに住む」によって、彼らとの主の結合が意味され、それについて続けられる。「彼らはその方の民になる、またその方は彼らとともに彼らの神になる」ことによって、彼らが主のもの、また主が彼らのものであることが意味される。また「彼らとともに住むこと」によって結合が意味されるからである、彼らが主の中にいる、また主が彼らの中に〔いる〕ことが意味され、〔これと〕異なって結合は生じない。それがそのようであることは、「ヨハネ音書」の主のことばからはっきりと明らかである――

 

 「わたしの中にとどまりなさい、わたしもあなたがたの中にとどまります。わたしはぶどうの木、あなたがたは枝です。わたしの中にどどまり、またわたしが彼の中に〔とどまる〕者は、多くの実を結びます、わたしなしで、あなたがたは何も行なうことができないからです」(ヨハネ15:4, 5)

 

 また他の箇所に――

 

 「その日に、あなたがたは、わたしがわたしの父の中に、あなたがたがわたしの中に、わたしがあなたがたの中にいることを知ります」(14:20)

 「わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、わたしの中に、また、わたしはその者の中にとどまります」(ヨハネ6:56)

 

 [2] 人間性をまとうこと、またその方の中に出生からあった父と呼ばれる神性とのその結合は、目的として人間との結合を持っていたことは、「ヨハネ福音書」にも明らかである――

 

 「彼らのために、わたしはわたし自身を聖別します、彼らもまた狄人瓩涼罎農司未気譴襪燭瓩任后わたしたちが一つであるように一つであるためです、あなた〔父〕がわたしの中に〔いるように〕、わたしが彼らの中にいるためです」(17:19, 21, 22, 26)

 

 それらから、主の神的人間性との結合、また交互のものであること、またこのように、父と呼ばれる神性との結合と異なっていないことが明らかである。

 [3] 主もまた、結合がみことばの真理によって、またそれにしたがった生活によって行なわれることを教えられている(ヨハネ14:20-2415:7)。そこでこのことが、「〔神は〕彼らとともに住む、また彼らはその方の民になる、またその方は彼らとともに彼らの神になる」によって意味されることである(同様に他の箇所に、そこに同じことばがある――エレミヤ7:2311:4、エゼキエル14:11、エレミヤ24:730:22、エゼキエル11:2036:2837:23, 27、ゼカリヤ8:8、出エジプト記29:45)

 [4] 「彼らと住むこと」によって、彼らとの結合が意味されるのは、みことばの中の多くの箇所から、天界の中の天使たちの住居からもまた明らかにすることができるように、「住むこと」が愛からの結合を意味するからである。

 天界は無数の社会に、すべてのものはそれら自体の間で情愛の相違にしたがって分かれている、それら〔情愛〕は全般的にまた個別的に愛のものである。それぞれの社会が情愛の一つの種類(型・姿)あり、またそこでは情愛の種類(型・姿)のそれらの近接性と近親感にしたがって区別され、また、最も近い(親しい)者は一つの家の中に住んでいる。

ここから、「同棲」は、配偶者たちについてのとき、霊的な意味で、愛による結合を意味する。

 主との結合とその方の臨在(現在)別ものであることを知らなければならない。主との結合はその方に直接に近づく者以外の他の者に与えられない、他の者には臨在(現在)がある。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094920