RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 884

(1) 原文

884. [Vers. 4.] " Et absterget Deus omnem lachrymam et oculis illorum, at mors non erit amplius; neque luctus, neque clamor, neque labor, non erit amplius; quia priora transiverunt," significat quod Dominus auferet illis omnem dolorem animi, timorem pro damnatione, pro malis et falsis ex Inferno, proque tentationibus ex illis, et non recordabuntur illorum, quia Draco, qui intulerat, ejectus est.Per "absterget Deus omnem lachrymam ex oculis illorum" significatur quod Dominus illis auferet omnem dolorem animi, lachrymatio enim ex dolore animi est: per "mortem" quae non erit amplius, significatur damnatio (ut n. 325, 765, 853, 873); hic timor pro illa: per "luctum," qui nec erit amplius, significatur timor pro malis ab Inferno, "luctus" enim significat varia, ubivis propter aliquam rem de qua agitur; hic timorem pro malis ex Inferno, quia praecedit pro damnatione, et sequitur pro falsis ab Inferno, et de tentationibus ex illis: per "clamorem" significatur timor pro falsis ex Inferno, de quo in articulo sequente: per "laborem," qui nec erit, significantur tentationes (n. 640): per "non erit amplius, quia priora transiverunt" significatur quod non recordabuntur illorum, quia Draco, qui intulerat, ejectus est; haec enim sunt priora quae transiverunt.

[2] Sed haec illustranda sunt. Omnis homo post mortem primum venit in Mundum spirituum, qui est medius inter Caelum et Infernum, et ibi praeparatur, bonus ad Caelum et malus ad Infernum; de quo Mundo, videatur supra (n. 784, 791, 843, 850, 866, 869). Et quia consortia ibi sunt sicut in mundo naturali, non potuit aliter ante Ultimum Judicium, quam ut illi qui in externis erant civiles et morales at in internis mali, simul essent et colloquerentur cum illis qui similiter in externis erant civiles et morales sed in internis boni. Et quia malis inest continua cupiditas seducendi, ideo boni qui cum illis in consortio erant variis modis infestati sunt. Verum illi qui per infestationes ex illis doluerunt, et venerunt in timores pro damnatione, proque malis et falsis ex Inferno, proque gravi tentatione, a Domino exempti consortio illorum sunt, et missi in Terram quandam infra illam, ubi etiam societates sunt, et ibi custoditi; et hoc usque dum omnes mali separati sunt a bonis, quod per Ultimum Judicium factum est; et tunc illi qui in Terra inferiore custoditi fuerunt, a Domino elevati sunt in Caelum. [3] Infestationes illae imprimis factae sunt ab illis qui per "Draconem" et ejus "Bestias" intelliguntur; quare cum Draco et binae ejus Bestiae conjecti sunt in stagnum ignis et sulphuris, tunc, quia omnis infestatio ac inde dolor ac timor pro damnatione et pro Inferno cessaverunt, dicitur ad illos qui infestati fuerant, quod "Deus absterget omnem lachrymam ab oculis illorum, et mors non erit amplius, neque luctus, neque clamor, neque labor, non erit amplius, quia priora transiverunt;" per quae significatur quod Dominus auferet illis omnem dolorem animi, timorem pro damnatione, proque malis et falsis ex Inferno, proque gravi tentatione ex illis, et non recordabuntur illorum, quia Draco, qui intulerat, ejectus est. Quod Draco cum binis Bestiis ejectus sit, et conjectus in stagnum ignis et sulphuris, videatur supra (cap. xix. 20; cap. xx. 10): et quod Draco infestaverit, ex multis locis patet; pugnavit enim cum Michaele, et voluit devorare fetum quem mulier peperit, et persecutus mulierem, abivit ut faceret bellum cum reliquis seminis ejus (cap. xii. 4, 5, 7-9, 13-18 [B.A. 4, 5, 7-9, 13-17, cap. xiii. 1]; tum cap. xvi. 13-16; et alibi). Quod plures qui interius boni fuerunt, custoditi sint a Domino ne infestarentur a Dracone et ejus Bestiis, patet a cap. vi. 9-11 et quod infestati fuerint, cap. vii. 13-17; et quod postea evecti sint in Caelum, cap. xx. 4, 5; et alibi. Iidem etiam intelliguntur per "captivos" et "vinctos in fovea," et a Domino liberatos

 

(Esaj. xxiv, 22; cap. lxi. 1; Luc. iv. 18, 19; Sach. ix. 11; Psalm. lxxix. 11).

 

Hoc quoque significatur in Verbo, ubi dicitur quod Sepulchra aperta sint; tum ubi dicitur quod Animae exspectent Ultimum Judicium, et tunc Resurrectionem.

 

(2) 直訳

884. [Vers. 4.] " Et absterget Deus omnem lachrymam et oculis illorum, at mors non erit amplius; neque luctus, neque clamor, neque labor, non erit amplius; quia priora transiverunt," significat quod Dominus auferet illis omnem dolorem animi, timorem pro damnatione, pro malis et falsis ex Inferno, proque tentationibus ex illis, et non recordabuntur illorum, quia Draco, qui intulerat, ejectus est.− 884(4) またらのからすべてのをぬぐいるであろうまたはもはやない、嘆きもない、叫びもない、労苦(苦悩)ないもはやないであろう前のものは過ぎ去ってしまったからである」は、主が彼らからアニムス(心)のすべての苦痛(悲しみ)を、断罪に対する恐れを、地獄からの悪と虚偽に対する、それからの試練に対するものも、取り去ることを意味する、またそれらの(を)思い出さない、竜が、その者は引き入れた・ひき起こした(infero)、追い払われたからである」――

Per "absterget Deus omnem lachrymam ex oculis illorum" significatur quod Dominus illis auferet omnem dolorem animi, lachrymatio enim ex dolore animi est: 「神らのからすべてのをぬぐい(であろう)よって、主が心(アニムス)のすべての苦痛(しみ)を取り去ることが意味される、というのは、涙は心の苦痛(しみ)からであるから。

per "mortem" quae non erit amplius, significatur damnatio (ut n. 325, 765, 853, 873); 「死」によって、それはもはやないであろう、断罪が意味される(325, 765, 853, 873番のように)

hic timor pro illa: ここに、恐れが、それに対して――

per "luctum," qui nec erit amplius, significatur timor pro malis ab Inferno, "luctus" enim significat varia, ubivis propter aliquam rem de qua agitur; 「嘆き」によって、それももはやないであろう、地獄からの悪に対しての恐れが意味される、というのは、「嘆き」はいろいろなものを意味するから、どこでも、何らかの事柄のために、それについて扱われている。

hic timorem pro malis ex Inferno, quia praecedit pro damnatione, et sequitur pro falsis ab Inferno, et de tentationibus ex illis: ここに、地獄からの悪に対しての恐れが、先行しているからである、断罪として、また地獄からの虚偽として、またそれらからの試練として続いている。

per "clamorem" significatur timor pro falsis ex Inferno, de quo in articulo sequente: 「叫び」によって、地獄からの虚偽に対しての恐れが意味される、それについて、続く節の中で。

per "laborem," qui nec erit, significantur tentationes (n. 640): 「労苦(苦悩)」によって、それもないであろう、試練が意味される(640番)

per "non erit amplius, quia priora transiverunt" significatur quod non recordabuntur illorum, quia Draco, qui intulerat, ejectus est; 「もはやないであろう前のものは過ぎ去ってしまったからである」によって、それらの(を)思い出さないことが意味される、竜が、その者は引き入れた・ひき起こした(infero)、追い払われたからである。

haec enim sunt priora quae transiverunt. というのは、これらが前のものであるから、それらは過た。

[2] Sed haec illustranda sunt. [2] しかし、これらが説明されなければならない。

Omnis homo post mortem primum venit in Mundum spirituum, qui est medius inter Caelum et Infernum, et ibi praeparatur, bonus ad Caelum et malus ad Infernum; すべての人間は、死後、最初に霊たちの世界の中にやって来る、それは天界と地獄の間の中間にある、またそこで準備される、善い者は天界へまた悪い者は地獄へ。

de quo Mundo, videatur supra (n. 784, 791, 843, 850, 866, 869). その世界について、上に見られる(784, 791, 843, 850, 866, 869)

Et quia consortia ibi sunt sicut in mundo naturali, non potuit aliter ante Ultimum Judicium, quam ut illi qui in externis erant civiles et morales at in internis mali, simul essent et colloquerentur cum illis qui similiter in externis erant civiles et morales sed in internis boni. また、そこに交わりが自然界の中にのようにあり、最後の審判の前に異なってできなかったので、〜ようによりも、彼らは、その者は外なるものの中で市民的で道徳的であった、しかし内なるものの中で悪〔にいた〕、彼らと一緒にいた、また会話した、その者は同様に外なるものの中で市民的で道徳的であった、しかし、内なるものの中で善〔にいた〕。

Et quia malis inest continua cupiditas seducendi, ideo boni qui cum illis in consortio erant variis modis infestati sunt. また悪い者に、惑わそうとする絶え間の内欲望が内在するので、それゆえ、善い者は、その者は彼らとの交わりの中にいる、いろいろな方法で攻撃される(悩まされる)

Verum illi qui per infestationes ex illis doluerunt, et venerunt in timores pro damnatione, proque malis et falsis ex Inferno, proque gravi tentatione, a Domino exempti consortio illorum sunt, et missi in Terram quandam infra illam, ubi etiam societates sunt, et ibi custoditi; けれども、彼らは、その者は攻撃によって彼らから苦しめられた、また、断罪に対して恐れの中にやって来た、そして地獄からの悪と虚偽に対して、そして厳しい試練に対して、主により彼ら〔と〕の交わりから取り去られた、またある地の中に送られた、それら〔世界〕の下にある、そこにもまた社会がある、また、そこで守られた。

et hoc usque dum omnes mali separati sunt a bonis, quod per Ultimum Judicium factum est; また、このことがすべての悪い者が善いものから分離される時まで、それが最後の審判によって行なわれた。

et tunc illi qui in Terra inferiore custoditi fuerunt, a Domino elevati sunt in Caelum. また、その時、彼らは、その者は「低い地」の中で守られていた、主により、天界の中に上げられた。

[3] Infestationes illae imprimis factae sunt ab illis qui per "Draconem" et ejus "Bestias" intelliguntur; [3] それらの攻撃(悩ませること)は特に彼らにより行なわれた、その者は「竜」とその「獣」によって意味される。

quare cum Draco et binae ejus Bestiae conjecti sunt in stagnum ignis et sulphuris, tunc, quia omnis infestatio ac inde dolor ac timor pro damnatione et pro Inferno cessaverunt, dicitur ad illos qui infestati fuerant, quod "Deus absterget omnem lachrymam ab oculis illorum, et mors non erit amplius, neque luctus, neque clamor, neque labor, non erit amplius, quia priora transiverunt;" それゆえ、竜とその二つの獣が火と硫黄の池の中に投げ込まれたとき、その時、断罪に対するまた地獄に対するすべての攻撃、そしてここからの苦しみそして恐れが終わった、彼らに言われる、その者は攻撃されていた、「神らのからすべてのをぬぐいるであろうまたはもはやない、嘆きもない、叫びもない、労苦(苦悩)ないもはやないであろう前のものは過ぎ去ってしまったからである」ことが。

per quae significatur quod Dominus auferet illis omnem dolorem animi, timorem pro damnatione, proque malis et falsis ex Inferno, proque gravi tentatione ex illis, et non recordabuntur illorum, quia Draco, qui intulerat, ejectus est. それらによって意味される、主らからアニム(心)のすべての苦痛(しみ)、断罪するれを、そして地獄からの虚偽するそしてそれからのしい試練するまたそれらの()さない、竜そのれた・ひきこした(infero)、追われたからであること

Quod Draco cum binis Bestiis ejectus sit, et conjectus in stagnum ignis et sulphuris, videatur supra (cap. xix. 20; cap. xx. 10): 竜が二つの獣とともに追い払われた、また火と硫黄の池の中に投げ込まれたことが、上に見られる(1920、第2010)

et quod Draco infestaverit, ex multis locis patet; また、竜が攻撃した(悩ませた)ことは、多くの箇所から明らかである。

pugnavit enim cum Michaele, et voluit devorare fetum quem mulier peperit, et persecutus mulierem, abivit ut faceret bellum cum reliquis seminis ejus (cap. xii. 4, 5, 7-9, 13-18 [B.A. 4, 5, 7-9, 13-17, cap. xiii. 1]; tum cap. xvi. 13-16; et alibi). というのは、ミカエルと戦った、また子を食い尽すことを欲した、それを女が産んだ(pario)、また追跡(迫害)した(persequor)、その種(子孫)の残りの者と戦いを行なうために去ったからである(124, 4, 5, 7-9, 13-17、第131、なおまた第1613-16、また他の箇所に)

Quod plures qui interius boni fuerunt, custoditi sint a Domino ne infestarentur a Dracone et ejus Bestiis, patet a cap. vi. 9-11 et quod infestati fuerint, cap. vii. 13-17; 多くの者が、その者は内的に善の中にいた、竜とその獣から攻撃されないように、主により守られたことが、第69-11から明らかである、また攻撃されたことが第713-17

et quod postea evecti sint in Caelum, cap. xx. 4, 5; et alibi. また、その後、天界の中に上げられたこと、第204, 5、また他の箇所に。

Iidem etiam intelliguntur per "captivos" et "vinctos in fovea," et a Domino liberatos 同じこともまた、「囚われた者」と「穴の中で縛られた者」によって意味される、また主により解放された者

(Esaj. xxiv, 22; cap. lxi. 1; Luc. iv. 18, 19; Sach. ix. 11; Psalm. lxxix. 11). (イザヤ24:22、第611、ルカ4:18, 19、ゼカリヤ9:11、詩篇79:11)

Hoc quoque significatur in Verbo, ubi dicitur quod Sepulchra aperta sint; このこともまた、みことばの中で意味されている、そこに言われている、墓が開かれたこと。

tum ubi dicitur quod Animae exspectent Ultimum Judicium, et tunc Resurrectionem. なおまた、そこに言われている、霊魂が最後の審判を期待すること、またその時の復活を。

 

(3) 訳文

 884(4) 「神は彼らの目からすべての涙をぬぐい取るであろう、死はもはやない、嘆きもない、叫びもない、労苦(苦悩)、もはやないであろう。前のものは過ぎ去ってしまったからである」は、主が彼らから心のすべての悲しみを、断罪に対する恐れを、地獄からの悪と虚偽に対する、それからの試練に対するものも、取り去ること、また竜がひき起こしたそれら思い出さないことを意味する、追い払われたからである

 「神らのからすべてのをぬぐい(であろう)よって、主が心(アニムス)のすべての苦痛(しみ)を取り去ることが意味される、というのは、涙は心の苦痛(しみ)からであるから。もはやないであろう「死」によって、断罪が意味される(325, 765, 853, 873番のように)。ここにそれに対しての恐れが〔意味される〕――もはやないであろう「嘆き」によって、地獄からの悪に対しての恐れが意味される、というのは、「嘆き」は、どこでも、何らかの事柄のために、それについて扱われているいろいろなものを意味するから。ここに、地獄からの悪に対しての恐れが〔意味される〕、断罪として先行し、また地獄からの虚偽として、またそれらからの試練として続いているいるからである。「叫び」によって、地獄からの虚偽に対しての恐れが意味される、それについて、続く節の中で〔述べられる〕。これもまたないであろう「労苦」によって、試練が意味される(640番)もはやないであろう前のものは過ぎ去ってしまったからである」によって、それら思い出さないことが意味される、引き入れた竜が追い払われたからである。というのは、これらが過た前のものであるから。

 [2] しかし、これらは説明されなければならない。

 すべての人間は、死後、最初に天界と地獄の間の中間にある霊たちの世界の中にやって来て、たそこで、善い者は天界へ、悪い者は地獄へと準備される。その世界について、前に見られる(784, 791, 843, 850, 866, 869)

 また、そこに自然界のように交わりがあり、最後の審判以前には異なってできなかったので、外なるものの中で市民的で道徳的であった、しかし内なるものの中で悪〔にいた〕者は、同様に外なるものの中で市民的で道徳的であった、しかし、内なるものの中で善〔にいた〕者と一緒にいた、また会話した。

 また悪い者に、惑わそうとする絶え間の内欲望が内在するので、それゆえ、彼らとの交わりの中にいる善い者は、いろいろな方法で攻撃される。

 けれども、攻撃によって彼らから苦しめられ、また、断罪に対して恐れの中にやって来た、そして地獄からの悪と虚偽に対して、そして厳しい試練に対して、主により彼ら〔と〕の交わりから取り去られた者は、それら〔世界〕の下にあるある地に送られ、そこにもまた社会があり、そこで守られた。また、このことがすべての悪い者が善いものから分離される時までであり、それが最後の審判によって行なわれた。また、その時、「低い地」の中で守られていた者は、主により、天界の中に上げられた。

 [3] それらの攻撃は特に「竜」とその「獣」によって意味される者により行なわれた。それゆえ、竜とその二つの獣が火と硫黄の池の中に投げ込まれたとき、その時、断罪に対するまた地獄に対するすべての攻撃、そしてここからの苦しみそして恐れが終わり、攻撃されていた者に、「神らのからすべてのをぬぐいるであろうまたはもはやない、嘆きもない、叫びもない、労苦(苦悩)ないもはやないであろう前のものは過ぎ去ってしまったからである」ことが言われるそれらによって、主らからアニム(心)のすべての苦痛、断罪する、そして地獄からの虚偽するそしてそれからのしい試練するれをまたそれらさないことが、引れたわれたからであることが意味される。

 竜が二つの獣とともに追い払われ、火と硫黄の池の中に投げ込まれたことが、前に見られる(19:2020:10)。また、竜が攻撃したことは、多くの箇所から明らかである。というのは、ミカエルと戦い、女が産んだ子を食い尽すことを欲しまた迫害した〔竜が〕、その種(子孫)の残りの者と戦いを行なうために去ったからである(12:4, 4, 5, 7-9, 13-1713:1、なおまた16:13-16、また他の箇所に)

 内的に善の中にいた多くの者が、竜とその獣から攻撃されないように、主により守られたことが、6::9-11から、また攻撃されたことが、7:13-17から、また、その後、天界の中に上げられたことが、20:4, 5から明らかである、また他の箇所に。

 同じこともまた、「囚われた者」と「穴の中で縛られた者」、また主により解放された者によって意味される(イザヤ24:2261:1、ルカ4:18, 19、ゼカリヤ9:11、詩篇79:11)

 このこともまた、みことばの中で、墓が開かれたことが言われているところで、なおまた、霊魂が最後の審判を、その時の復活を期待することが言われているところで、意味されている。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094921