RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 885

(1) 原文

885. Quod "clamor" in Verbo dicatur de dolore et timore pro falsis ex Inferno, et inde pro devastatione per illa, patet ex his:

 

"Oblivioni tradentur angustiae priores, et occultabuntur ab oculis Meis; tunc non audietur in illa vox fletus aut vox Clamoris" (Esaj. lxv. 16, 19);

 

haec quoque de Hierosolyma, ut hic in Apocalypsi.

 

"Atrati sunt in terram, et Clamor Hierosolymae ascendit" (Jerem. xiv. 2, seq:);

 

ubi agitur de luctu super falsis, quae devastant Ecclesiam.

 

"Exspectavit Jehovah judicium, sed ecce scabies; justitiam, sed ecce Clamor" (Esaj. v. 7);

"Vox Clamoris pastorum, quia vastans Jehovah pascuum eorum" (Jerem. xxv. 36);

"Vox Clamoris a porta piscium, quia opes eorum in depraedationem, ac domus eorum in desolationem" (Zeph. i. 10, 13).

(Praeter alibi, ut Esaj. xiv. 31; cap. xv. 4-6, 8; cap. xxiv. 11; cap. xxx. 19; Jerem. xlvi. 12, 14{1}.)

 

At sciendum est quod "clamor" in Verbo dicatur de omni affectione cordis erumpente; quare est vox lamentationis, implorationis, supplicationis ex indolentia, contestationis, indignationis, confessionis, imo exultationis.

@1 12, 14 pro "2, 4"

 

(2) 直訳

885. Quod "clamor" in Verbo dicatur de dolore et timore pro falsis ex Inferno, et inde pro devastatione per illa, patet ex his: 885.みことばの中の「叫び」が地獄からの虚偽に対しての苦しみと恐れが言われることは、またここからそれらによっての荒廃が〔言われる〕、これらから明らかである――

"Oblivioni tradentur angustiae priores, et occultabuntur ab oculis Meis; 「前みは忘却されるまたわたしのからされる

tunc non audietur in illa vox fletus aut vox Clamoris" (Esaj. lxv. 16, 19); その時、彼女(エルサレム)の中に泣き叫ぶ声は、または叫びの声は聞かれない」(イザヤ65:16, 19)

haec quoque de Hierosolyma, ut hic in Apocalypsi. これらもまたエルサレムについて〔言われる〕、ここのように、「黙示録」の中に。

"Atrati sunt in terram, et Clamor Hierosolymae ascendit" (Jerem. xiv. 2, seq:); 「彼らは地の中で黒くされる、またエルサレムの叫びが上がった」(エレミヤ14:2以降)

ubi agitur de luctu super falsis, quae devastant Ecclesiam. そこに、虚偽の上の嘆きについて扱われている、それは教会を荒廃させる。

"Exspectavit Jehovah judicium, sed ecce scabies; 「エホバは審判(ミシュパート)を期待した、しかし、見よ、疥癬(ミシュパー)

justitiam, sed ecce Clamor" (Esaj. v. 7); 公正(ツダーカー)を、しかし、見よ、叫び(ツアーカー)☆」(イザヤ5:7)

ヘブル原文では、この箇所はこのように「語呂合わせ」をしています。

"Vox Clamoris pastorum, quia vastans Jehovah pascuum eorum" (Jerem. xxv. 36); 「羊飼いの叫びの声、エホバが彼らの牧草地を荒らしているからである」(エレミヤ25:36)

"Vox Clamoris a porta piscium, quia opes eorum in depraedationem, ac domus eorum in desolationem" (Zeph. i. 10, 13). 「魚の門から叫びの声、彼らの富が略奪の中に〔ある〕からである、そして彼らの家が荒涼の中に」(ゼパニヤ1:10, 13)

(Praeter alibi, ut Esaj. xiv. 31; cap. xv. 4-6, 8; cap. xxiv. 11; cap. xxx. 19; Jerem. xlvi. 12, 14{1}.) (ほかに他の箇所に、例えば、イザヤ14:31、第154-6, 8、第2411、第3019、エレミヤ46:12,14)

At sciendum est quod "clamor" in Verbo dicatur de omni affectione cordis erumpente; しかし、知らなければならない、みことばの中の「叫び」が、心から(の)発したすべての情愛について言われること。

quare est vox lamentationis, implorationis, supplicationis ex indolentia, contestationis, indignationis, confessionis, imo exultationis. それゆえ、悲嘆の、懇願の、悲しみからの哀願の、宣誓(証言)の、憤りの、告白の、それどころか、歓喜の声である。

@1 12, 14 pro "2, 4" 1 2, 4」の代わりに 12, 14

 

(3) 訳文

 885.みことばの中の「叫び」が地獄からの虚偽に対しての苦しみと恐れが、またここからそれらによっての荒廃が言われることは、これらから明らかである――

 

 「先の悩みは忘れられ、わたしの目から隠される。その時、彼女(エルサレム)の中に泣き声はたは叫びの声は聞かれない」(イザヤ65:16, 19)

 

 これらもまた、ここのように、「黙示録」の中に、エルサレムについて〔言われる〕。

 

 「彼らは地で黒くされ、エルサレムの叫びが上がった」(エレミヤ14:2以降)

 

 そこに、教会を荒廃させる虚偽のための嘆きについて扱われている。

 

 「エホバは審判を期待した、しかし、見よ、疥癬。公正を期待した、しかし、見よ、叫び」(イザヤ5:7)

 「羊飼いの叫びの声〔がする〕。エホバが彼らの牧草地を荒らしているからである」(エレミヤ25:36)

 「魚の門から叫びの声。彼らの富が略奪の中に、そして彼らの家が荒涼の中にあるからである」(ゼパニヤ1:10, 13)

 (ほかに他の箇所に、例えば、イザヤ14:3115:4-6, 824:1130:19、エレミヤ46:12,14)

 

 しかし、、みことばの中の「叫び」が、心から発したすべての情愛について言われることを知らなければならない。それゆえ、悲嘆、懇願、悲しみからの哀願、宣誓(証言)、憤り、告白、それどころか、歓喜の声である。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094922