RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 886

(1) 原文

886. [Vers. 5.] " Et dixit Sedens super Throno, Ecce nova omnia facio: et dixit mihi, Scribe, quia haec verba vera et fida sunt," significat Dominum de Ultimo Judicio loquentem ad illos qui venturi sunt in Mundum spirituum, seu qui obituri a tempore quo Ipse in mundo fuit huc usque, haec, quod prius Caelum cum priore Terra, et prior Ecclesia, cum omnibus et singulis in illis, peritura sint, et quod novum Caelum cum nova Terra, ac novam Ecclesiam, quae vocanda est Nova Hierosolyma, creaturus sit, et quod haec pro certo sciant, et illorum recordentur, quia Ipse Dominus id testatus dixit.Haec quae in hoc versu, et in sequentibus usque ad octavum inclusive, dicta sunt ad illos qui in Christiano orbe in Mundum spirituum venturi sunt, quod fit illico post obitum, propter finem ne paterentur se seduci a Babyloniis et Draconicis; nam, ut supra dictum est, omnes post mortem congregantur in Mundo spirituum, et inter se consortia fovent sicut in mundo naturali, ubi sunt simul cum Babyloniis et Draconicis, qui continue flagrant cupiditate seducendi, et quibus etiam concessum fuit sibi tanquam caelos per artes imaginarias et illusorias condere, per quas etiam potuissent seducere; ne hoc fieret, haec a Domino dicta sunt, ut pro certo scirent, quod illi caeli cum terris eorum perituri sint, et quod Dominus novum Caelum et novam Terram creaturus sit, quando salvandi sunt qui non passi sunt se seduci. At sciendum est, quod haec dicta sint ad illos qui a tempore Domini usque ad Ultimum Judicium, quod factum est Anno 1757, vixerunt, quia illi seduci potuerunt; non autem posthac possunt ibi, quia Babylonii et Draconici separati sunt, et ejecti.

[2] Nunc sed ad explicationem: Per "Sedentem super Throno" intelligitur Dominus (n. 808 fin.): quod Dominus hic dixerit "super Throno," est quia dixit "Ecce nova omnia facio," per quae significatur quod facturus sit Ultimum Judicium, et tunc creaturus sit novum Caelum et novam Terram, atque novam Ecclesiam cum omnibus et singulis quae in illis; quod "Thronus" sit judicium in forma repraesentativa, videatur n. 229, 845, 865; quod prius Caelum et prior Ecclesia die Ultimi Judicii perierint, n. 865, 877; per "dixit mihi, Scribe, quia haec verba vera et fida sunt" significatur quod haec pro certo sciant, et illorum recordentur, quia Ipse Dominus id testatus dixit; per quod Dominus secundo usus sit verbo "dixit," significatur quod id pro certo sciant: per "scribe" significatur in recordationem, seu ut illorum recordentur (n. 639); et per "haec verba vera et fida sunt" significatur quod credenda sint, quia Ipse Dominus id testatus dixit.

 

(2) 直訳

886. [Vers. 5.] " Et dixit Sedens super Throno, Ecce nova omnia facio: et dixit mihi, Scribe, quia haec verba vera et fida sunt," significat Dominum de Ultimo Judicio loquentem ad illos qui venturi sunt in Mundum spirituum, seu qui obituri a tempore quo Ipse in mundo fuit huc usque, haec, quod prius Caelum cum priore Terra, et prior Ecclesia, cum omnibus et singulis in illis, peritura sint, et quod novum Caelum cum nova Terra, ac novam Ecclesiam, quae vocanda est Nova Hierosolyma, creaturus sit, et quod haec pro certo sciant, et illorum recordentur, quia Ipse Dominus id testatus dixit.− 886(5) 「また、王座の上に座っている方が言った、見よ、わたしは新しいものを、すべてのものを、つくる(する)。また、私に言った、書け、これらのことばは真実(真理)信ずるにたるものであるからである」は、主を、最後の審判について彼らに話している〔ことを〕意味する、その者は霊たちの世界にやって来る、すなわち、その者はその方が世の中にいたその時から、ここまで、このことを、前の天界が、前の地、また前の教会とともに、その中のすべてのものと個々のものとともに、滅びるであろうこと、また新しい天界が、新しい地とともに、そして新しい教会、それは新しいエルサレムと呼ばれることになる、創造される、またこれを確かなこととして知る、またそれらの(を)憶えておく、主ご自身がそれを証明して、言ったからである。

Haec quae in hoc versu, et in sequentibus usque ad octavum inclusive, dicta sunt ad illos qui in Christiano orbe in Mundum spirituum venturi sunt, quod fit illico post obitum, propter finem ne paterentur se seduci a Babyloniis et Draconicis; これらは、それらはこの節の中に〔ある〕、また続くものの中に、8〔節〕までも含まれて、彼らに言われた、その者はキリスト教界の中に霊たちの世界の中にやって来る、このことは、死後、直ちに行われる、目的のために、バビロンの住民と竜により自分自身が惑わされることを被らないように。

nam, ut supra dictum est, omnes post mortem congregantur in Mundo spirituum, et inter se consortia fovent sicut in mundo naturali, ubi sunt simul cum Babyloniis et Draconicis, qui continue flagrant cupiditate seducendi, et quibus etiam concessum fuit sibi tanquam caelos per artes imaginarias et illusorias condere, per quas etiam potuissent seducere; なぜなら、上に言われたように、すべての者は、死後、霊たちの世界の中に集められる、また自分自身の間に交わり(交際)を強く保持する、自然界の中にのように、そこにバビロンの住民と竜ともに一緒にいる、その者は惑わす欲望に絶えず燃え立っている、またそれらの者に、自分自身に許された、天界のようなものを、想像上のまた幻覚をひき起こす(妄想の)技術によって建設すること、それれによってもまた惑わすことができた。

ne hoc fieret, haec a Domino dicta sunt, ut pro certo scirent, quod illi caeli cum terris eorum perituri sint, et quod Dominus novum Caelum et novam Terram creaturus sit, quando salvandi sunt qui non passi sunt se seduci. このことが行なわれないように、これらが主により言われた、確かなこととして知るために、それらの天界が彼らの地とともに滅びるようになること、また主が新しい天界と新しい地を創造すること、その時、救われる、その者は自分自身に惑わされることを被らなかった。

At sciendum est, quod haec dicta sint ad illos qui a tempore Domini usque ad Ultimum Judicium, quod factum est Anno 1757, vixerunt, quia illi seduci potuerunt; しかし、知らなければならない、これらが彼らに言われたこと、その者は主の時から最後の審判まで、それは1757年に行なわれた、生きた、彼らが惑わされることができたからである。

non autem posthac possunt ibi, quia Babylonii et Draconici separati sunt, et ejecti. けれども、その後、そこに〔行なわれることは〕できない、バビロンの住民と竜が分離され、追い払われたからである。

[2] Nunc sed ad explicationem: [2] しかし、今や、説明へ〔向かう〕。

Per "Sedentem super Throno" intelligitur Dominus (n. 808 fin.): 「王座の上に座っている方」によって、主が意味される(808番末)――

quod Dominus hic dixerit "super Throno," est quia dixit "Ecce nova omnia facio," per quae significatur quod facturus sit Ultimum Judicium, et tunc creaturus sit novum Caelum et novam Terram, atque novam Ecclesiam cum omnibus et singulis quae in illis; 主がここで「王座の上に」と言ったことは、「見よ、わたしは新しいものを、すべてのものを、つくる(する)」と言ったからである、そのことによって、最後の審判が行なわれることが意味される、またその時、新しい天界と新しい地が創造されること、そしてまたすべてのものと個々のものとともに新しい教会を、それらはそれらの中に〔ある〕。

quod "Thronus" sit judicium in forma repraesentativa, videatur n. 229, 845, 865; 「王座」が、表象的な形の中の審判であることは、229, 845, 865番に見られる。

quod prius Caelum et prior Ecclesia die Ultimi Judicii perierint, n. 865, 877; 前の天界と前の教会が最後の審判に日に滅んだ(失われた)ことは、865, 877番に。

per "dixit mihi, Scribe, quia haec verba vera et fida sunt" significatur quod haec pro certo sciant, et illorum recordentur, quia Ipse Dominus id testatus dixit; 「私に言った、書け、これらのことばは真実(真理)信ずるにたるものであるからである」によって、これらを確かなこととして知ることが意味される、またそれらの(を)憶えておく、主ご自身がそれを証明して、言ったからである。

per quod Dominus secundo usus sit verbo "dixit," significatur quod id pro certo sciant: 主が2回用いたことによって、「言った」のことばで、それを確かなこととして知ることが意味される。

per "scribe" significatur in recordationem, seu ut illorum recordentur (n. 639); 「書け」によって、記憶の中に、が意味される、すなわち、それらの(を)憶えておく(639)

et per "haec verba vera et fida sunt" significatur quod credenda sint, quia Ipse Dominus id testatus dixit. 「これらのことばは真実(真理)信ずるにたるものであるからである」によって、信じられなければならないことが意味される、主ご自身がそれを証明して言ったからである。

 

(3) 訳文

 886(5) 「また、王座の上に座っている方が言った、見よ、わたしは、すべてのものを新しくする」。また、私に言った、書け、これらのことばは真実であり、信ずるにたるものであるからである」は、主が世にいた時から、これまで、霊たちの世界にやって来る者に、最後の審判について、次のことを話していることを意味する、すなわち、前の天界、前の地が、また前の教会とともに、その中のすべてのものと個々のものとともに、滅びる、また新しい天界が、新しい地とともに、そして新しいエルサレムと呼ばれる新しい教会が、創造されること、またこれを確かなこととして知り、それらを憶えておくことである、主ご自身がそれを証明して、言ったからである。

 この節の中に、また8〔節〕まで続くものの中に含まれているこれらは、キリスト教界の中に〔いて〕霊たちの世界の中にやって来る者に言われた、このことは、バビロンの住民と竜により自分自身が惑わされることを被らないように、その目的のために、死後、直ちに行われる。

なぜなら、前に言われたように、すべての者は、死後、霊たちの世界の中に集められ、自然界の中のように、自分自身の間に交わりを強く保持し、そこには惑わそうとする欲望に絶えず燃え立っているバビロンの住民と竜ともに一緒にいて、それらの者に、自分自身に、、想像上のまた幻覚をひき起こす(妄想の)技術によって天界のようなものを建設すること許され、それれによってもまた惑わすことができたからである。このことが行なわれないように、これらが、それらの天界が彼らの地とともに滅びること、また主が新しい天界と新しい地を創造すること、その時、自分自身に惑わされることを被らなかった救われる〔ことが〕、主により、確かなこととして知るために言われた。

 しかし、これらが主の時から1757年に行なわれた最後の審判まで生きた者にに言われたことを知らなければならない、彼らが惑わされることができたからである。けれども、その後、そこに〔行なわれることは〕できない、バビロンの住民と竜が分離され、追い払われたからである。

 [2] さて、説明へ〔向かおう〕。

 「王座の上に座っている方」によって、主が意味される(808番末)――主がここで「王座の上に」と言われたのは、「見よ、わたしは、すべてのものを新しくする」と言われたからであり、そのことによって、最後の審判が行なわれること、またその時、新しい天界と新しい地が、そしてまた新しい教会がそれらの中にあるすべてのものと個々のものとともに創造されることが意味される。「王座」が、表象的な形の審判であることは、229, 845, 865番に、前の天界と前の教会が最後の審判に日に滅んだことは、865, 877番に見られる。「私に言った、書け、これらのことばは真実信ずるにたるものであるからである」によって、これらを確かなこととして知る、またそれら憶えておくことが意味される、主ご自身がそれを証明して、言われたからである。主が「言った」のことば2回用られたことによって、それを確かなこととして知ることが意味される。「書け」によって、記憶の中に、、すなわち、それら憶えておくが意味される(639)。「これらのことばは真実信ずるにたるものであるからである」によって、信じられなければならないことが意味される、主ご自身がそれを証明して言われたからである。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 22:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094923