RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 889

(1) 原文

889. " Ego sitienti dabo ex fonte aquae vitae gratis," significat quod Dominus illis qui desiderant vera ex aliquo usu spirituali, daturus sit ex Se per Verbum omnia quae usui illi conducunt.Per "sitientem" significatur qui desiderat verum ex aliquo usu spirituali, de quo sequitur; per "fontem aquae vitae" significatur Dominus et Verbum (n. 384); per "dare gratis" significatur ex Domino, et non ex aliqua propria intelligentia hominis. Quod per "sitire" significetur desiderare ex aliquo usu spirituali est quia datur sitis seu desiderium cognitionum veri ex Verbo ex usu naturali, et quoque ex usu spirituali: ex usu naturali illis qui pro fine habent eruditionem, et per eruditionem famam, honorem et lucrum, ita se et mundum; at ex usu spirituali illis qui pro fine habent servire proximo ex amore ejus, consulere animabus illorum, etiam suae, ita propter Dominum, proximum et salutem: his "ex fonte aquae vitae," hoc est, ex Domino per Verbum, datur verum, quantum usui isti conducit: reliquis non datur inde verum; legunt Verbum, et omne verum doctrinale ibi vel non vident, vel si vident vertunt in falsum; non ita in loquela dum enuntiatur ex Verbo, sed in idea cogitationis de illo. Quod "esurire" significet desiderare bonum, ac "sitire" desiderare verum, videatur n. 323, 381.

 

(2) 直訳

889. " Ego sitienti dabo ex fonte aquae vitae gratis," significat quod Dominus illis qui desiderant vera ex aliquo usu spirituali, daturus sit ex Se per Verbum omnia quae usui illi conducunt.− 889.「わたしは渇いている者にいのちの水の泉から与える、ただで」は、主が彼らに、その者は何らかの霊的な役立ちから真理を望む、ご自分からみことばを通してすべての者を与えることを意味する、それらは彼らの役立ちに益する(役立つ)――

Per "sitientem" significatur qui desiderat verum ex aliquo usu spirituali, de quo sequitur; 「渇いている者」によって、何らかの霊的な役立ちから真理を望む者が意味されることは、それについて続けられる。

per "fontem aquae vitae" significatur Dominus et Verbum (n. 384); 「いのちの泉」によって、主とみことばが意味される(384)

per "dare gratis" significatur ex Domino, et non ex aliqua propria intelligentia hominis. 「ただで与えること」によって、主から、が意味される、また人間の何らかの自己(プロプリウムの)性からでなく。

Quod per "sitire" significetur desiderare ex aliquo usu spirituali est quia datur sitis seu desiderium cognitionum veri ex Verbo ex usu naturali, et quoque ex usu spirituali: 「渇くこと」によって、何らかの霊的な役立ちから望むことが意味されることは、みことばからの真理の知識の渇き(渇望)または願望が存在するからである、自然的な役立ちから、そしてまた霊的な役立ちからの。

ex usu naturali illis qui pro fine habent eruditionem, et per eruditionem famam, honorem et lucrum, ita se et mundum; 自然的な役立ちからの〔ものが〕彼らに〔ある〕、その者は学識(博学)を目的として持っている、また学識によって名声、名誉また利益を、そのように自分自身と世を。

at ex usu spirituali illis qui pro fine habent servire proximo ex amore ejus, consulere animabus illorum, etiam suae, ita propter Dominum, proximum et salutem: しかし、霊的な役立ちからの〔ものが〕彼らに〔ある〕、その者は、彼の愛から隣人に仕えることを目的として持っている、彼らの霊魂を慮る(思いやる)こと、自分の〔霊魂〕もまた、そのように主、隣人と救いのために。

his "ex fonte aquae vitae," hoc est, ex Domino per Verbum, datur verum, quantum usui isti conducit: これらの者に「いのちの泉から」、すなわち、主からみことばを通して、真理が与えられる、その役立ちにする(役立)かぎり――

reliquis non datur inde verum; 他の者に、ここから真理が与えられない。

legunt Verbum, et omne verum doctrinale ibi vel non vident, vel si vident vertunt in falsum; 彼らはみことばを読む、またそこに教えの(事柄の)すべての真理を、あるいは見ないか、あるいは、もし見ても、虚偽に変える。

non ita in loquela dum enuntiatur ex Verbo, sed in idea cogitationis de illo. そのように、話しの中では〔し〕ない、みことばから口に出される時、しかし、それ〔真理〕について思考の観念の中で〔そうする〕。

Quod "esurire" significet desiderare bonum, ac "sitire" desiderare verum, videatur n. 323, 381. 「飢えること」が善を望むことを意味すること、そして「渇くこと」が真理を望むこと、323, 381番に見られる。

 

(3) 訳文

889.「わたしは、渇いている者に、いのちの水の泉から、ただで与える」は、主が、何らかの霊的な役立ちから真理を望む者に、ご自分からみことばを通して彼らの役立ちに益するすべてのものを与えることを意味する。

 「渇いている者」によって、何らかの霊的な役立ちから真理を望む者が意味されることについて続けられる。「いのちの泉」によって、主とみことばが意味される(384)。「ただで与えること」によって、人間の何らかの自己性からでなく、主から、が意味される。

 「渇くこと」によって、何らかの霊的な役立ちから望むことが意味されるのは、自然的な役立ちから、そしてまた霊的な役立ちからの、みことばからの真理の知識への渇きまたは願望が存在するからである。自然的な役立ちからの〔ものが〕、学識(博学)を、また学識によって名声、名誉また利益を、そのように自分自身と世を目的として持っている者に〔ある〕。しかし、霊的な役立ちからの〔ものが〕、彼の愛から隣人に仕えること、彼らの霊魂を、自分の〔霊魂〕もまた、そのように主、隣人、救いのために慮ることを目的として持っている者に〔ある〕。これらの者〔後者〕に「いのちの泉から」、すなわち、主からみことばを通して、その役立ちにする(役立)かぎり真理が与えられる――他の者に、ここから真理は与えられない。彼らはみことばを読む〔が〕、そこに教えの(事柄の)すべての真理を見ないか、あるいは、見ても、虚偽に変える。そのように、みことばから口に出される時、話す中ではしない、しかし、それ〔真理〕について思考の観念の中では〔そうする〕。

 「飢えること」が善を望むこと、そして「渇くこと」が真理を望むことを意味することが、323, 381番に見られる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 23:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094926