RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 890

(1) 原文

890. [Vers. 7.] " Vincens haereditario possidebit omnia; et ero illi Deus, et ille erit Mihi filius," significat quod qui vincunt mala apud se, hoc est, Diabolum, et non succumbunt cum tentantur a Babyloniis et Draconicis, in Caelum venturi sint, et ibi victuri in Domino et Dominus in illis.Per "vincere" hic intelligitur vincere mala apud se, ita Diabolum, et non succumbere cum tentantur a Babyloniis et Draconicis; quod vincere mala apud se sit etiam vincere Diabolum, est quia per "Diabolum" intelligitur omne malum; per "haereditario possidere omnia" significatur venire in Caelum, et tunc in possessionem bonorum quae ibi sunt a Domino, ita in bona quae a Domino ac Domini sunt, ut filius haeres; vocatur inde Caelum haereditas (Matth. xix. 29; cap. xxv. 34); per "ero illi Deus, et ille erit Mihi filius" significatur quod in Caelo erunt in Domino et Dominus erit in illis, ut supra (n. 882[, 883]), ubi similia; modo quod ibi dicatur quod "illi populi Ipsius erunt, et Ipse erit cum illis Deus illorum." Quod illi qui Dominum immediate adeunt, sint Ipsius filii, est quia illi e novo nati sunt ab Ipso, hoc est, regenerati; quare

 

Discipulos Suos vocabat "filios" (Joh. xii. 36; cap. xiii. 33; cap. xxi. 5).

 

(2) 直訳

890. [Vers. 7.] " Vincens haereditario possidebit omnia; et ero illi Deus, et ille erit Mihi filius," significat quod qui vincunt mala apud se, hoc est, Diabolum, et non succumbunt cum tentantur a Babyloniis et Draconicis, in Caelum venturi sint, et ibi victuri in Domino et Dominus in illis.− 890(7) 「勝つ者は、相続(と)してすべてのものを所有するであろう。また、わたしは彼に神となる、また、彼はわたしに息子となる」は、自分自身のもとの悪に、すなわち、悪魔に、勝つ者は、また、バビロンの住民と竜により誘惑される(試練を与えられる)とき惑わされない、天界の中にやって来ることになる、またそこで主の中に生きる、また主は彼らの中に――

Per "vincere" hic intelligitur vincere mala apud se, ita Diabolum, et non succumbere cum tentantur a Babyloniis et Draconicis; 「勝つこと」によって、ここに自分自身のもとの悪に勝つことが意味される、そのように悪魔に、またバビロンの住民により誘惑される(試練えられる)ときわされないことが。

quod vincere mala apud se sit etiam vincere Diabolum, est quia per "Diabolum" intelligitur omne malum; 自分自身のもとの悪に勝つことが悪魔にも勝つことであることは、「悪魔」によって、すべての悪が意味されるからである。

per "haereditario possidere omnia" significatur venire in Caelum, et tunc in possessionem bonorum quae ibi sunt a Domino, ita in bona quae a Domino ac Domini sunt, ut filius haeres; 「相続()してすべてのものを所有すること」によって、天界の中へやって来ることが意味される、またその時、善の所有の中へ、それらはそこに主からある、そのように善の中へ、それらは主からそして主のものである、息子、相続人のように。

vocatur inde Caelum haereditas (Matth. xix. 29; cap. xxv. 34); ここから天界は相続(相続財産)と呼ばれる(マタイ19:29、第2534)

per "ero illi Deus, et ille erit Mihi filius" significatur quod in Caelo erunt in Domino et Dominus erit in illis, ut supra (n. 882[, 883]), ubi similia; 「わたしはとなるまた、彼はわたしに息子となるによって、天界にいることになることが意味されるまたらの、上のように(882, 883)、そこに同様のものが〔ある〕。

modo quod ibi dicatur quod "illi populi Ipsius erunt, et Ipse erit cum illis Deus illorum." ただそこには言われていること、「彼らはその方の民になる、またその方は彼らとともに彼らの神になる」こと。

Quod illi qui Dominum immediate adeunt, sint Ipsius filii, est quia illi e novo nati sunt ab Ipso, hoc est, regenerati; 彼らは、その者は主に直接に近づく、その方の息子であることは、彼らはその方により新しく生まれるから、であるからである、すなわち、再生させられる。

quare それゆえ、

Discipulos Suos vocabat "filios" (Joh. xii. 36; cap. xiii. 33; cap. xxi. 5). ご自分の弟子たちを「息子たち(子ども)」と呼んだ(ヨハネ12:36、第1333、第215)

 

(3) 訳文

 890(7)  「勝つ者は、すべてのものを相続して所有するであろう。わたしは彼に神となり、彼はわたしに息子となる」は、自分自身のもとの悪に、すなわち、悪魔に、勝つ者は、バビロンの住民と竜により誘惑されるとき惑わされず、天界の中にやって来る、またそこで主の中に生き、また主は彼らの中にいることを意味する。

 「勝つこと」によって、ここに自分自身のもとの悪に、そのように悪魔に勝つこと、またバビロンの住民により誘惑されるときわされないことがが意味される。自分自身のもとの悪に勝つことが悪魔に勝つことでもあることは、「悪魔」によって、すべての悪が意味されるからである。「相続してすべてのものを所有すること」によって、天界の中へ、またその時、善の所有の中へ、それらはそこに主からある、そのように善の中へやって来ることが意味される、それらは、息子、相続人のように、主からそして主のものである。ここから天界は相続財産と呼ばれる(マタイ19:2925:34)。「わたしはとなるまた、彼はわたしに息子となるによって、天界またらのにいることになることが意味される、前のように(882, 883)、そこに同様のものが〔ある〕。ただそこには、「彼らはその方の民になる、またその方は彼らとともに彼らの神になる」こと〔だけ〕が言われている。

 主に直接に近づく者が、その方の息子であることは、彼らはその方により新しく生まれる、すなわち、再生するからである。それゆえ、ご自分の弟子たちを「息子たち(子ども)」と呼ばれた(ヨハネ12:3613:3321:5)

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094927