RSS | ATOM | SEARCH
原典講読『啓示された黙示録』 891

(1) 原文

891. [Vers. 8.] " Timidis autem, et infidis, et abominabilibus," significat illos qui in nulla fide sunt, et in nulla charitate, et inde in omnis generis malis.Per "timidos" significantur qui in nulla fide sunt, de quo sequitur; per "infidos" significantur qui in nulla charitate erga proximum sunt, sunt enim illi insinceri et fraudulenti, ita infidi; per "abominabiles" significantur qui in omnis generis malis sunt, "abominationes" enim in Verbo significant in genere mala quae in sex praeceptis ultimis Decalogi nominantur; ut constare potest apud Jeremiam{1}:

 

"Ne confidite vobis super verbis mendacii, dicendo Templum Jehovae, Templum Jehovae, Templum Jehovae illi; num furando, occidendo, et adulterando et jurando per mendacium, deinde venietis et stabitis coram Me in Domo hac, dum facitis Abominationes has" (vii.{2} 2-4, 9-11);

 

ita ubivis alibi. Quod per "timidos" significentur qui in nulla fide sunt, constat ex his:

 

Jesus dixit Discipulis, "Quare Timidi estis, exiguae fidei homines" (Matth. viii.{3} 26; Marc. iv. 39, 40; Luc. viii. 25);

Jesus dixit ad Archisynagogum, "Ne Timeto, crede modo, tunc filia servabitur" (Luc. viii. 49, 50: Marc. v. 36);

"Ne Time, parve grex, quia complacuit Patri vestro vobis dare regnum" (Luc. xii. 32);

Similiter per "Ne timete vobis" (Matth. xvii. 6, 7; cap. xxviii. 3-5, 10: Luc. i. 12, 13, 30; cap. ii. 9, 10; cap. v. 8-10; et alibi).

 

Ex his et illis constare potest, quod per "timidis autem, et infidis, et abominabilibus," significentur illi qui in nulla fide sunt, et in nulla charitate, et inde in omnis generis malis.

@1 Jeremiam pro "Isaiam" @2 vii. pro "viii." @3 viii. pro "x."

 

(2) 直訳

891. [Vers. 8.] " Timidis autem, et infidis, et abominabilibus," significat illos qui in nulla fide sunt, et in nulla charitate, et inde in omnis generis malis.− 891(8)「けれども、臆病な者に、また不信仰な者に、また忌まわしい者に」は、彼らを意味する、その者は何も信仰の中にいない、また何も仁愛の中に〔い〕ない、またここからすべての種類の悪の中に〔いる〕――

Per "timidos" significantur qui in nulla fide sunt, de quo sequitur; 「臆病な者」によって、何も信仰の中にいない者が意味される、それについて続けられる。

per "infidos" significantur qui in nulla charitate erga proximum sunt, sunt enim illi insinceri et fraudulenti, ita infidi; 「不信仰な者」によって、何も隣人に対する仁愛の中にいない者が意味される、というのは、彼らは誠意のない(ふまじめな)者、またごまかす者、そのように不信仰なものであるから。

per "abominabiles" significantur qui in omnis generis malis sunt, "abominationes" enim in Verbo significant in genere mala quae in sex praeceptis ultimis Decalogi nominantur; 「忌まわしい者」によって、すべての種類の悪の中にいる者が意味される、というのは、みことばの中の「忌まわしいもの」によって全般的に悪が意味されるからである、それらは十戒の終わりの六つの戒めの中で名前を挙げられている。

ut constare potest apud Jeremiam{1}: 「エレミヤ(書)」のもとに明らかにすることができるように――

"Ne confidite vobis super verbis mendacii, dicendo Templum Jehovae, Templum Jehovae, Templum Jehovae illi; 「信頼するな、あなたがたに、うそのことばの上に、言っている、エホバの神殿、エホバの神殿、エホバの神殿。

num furando, occidendo, et adulterando et jurando per mendacium, deinde venietis et stabitis coram Me in Domo hac, dum facitis Abominationes has" (vii.{2} 2-4, 9-11); 盗んでいる、殺している、また姦淫している、またうそによって誓っていないか、続いて(その後)、あなたがたはこの家の中のわたしの前にやって来る、また立つ、あなたがたがこれらの忌まわしいことを行なっている時」(7:2-4, 9-11)

ita ubivis alibi. そのように、どこでも、他の箇所に。

Quod per "timidos" significentur qui in nulla fide sunt, constat ex his: 「臆病な(怖がる)者」によって。何も信仰の中にいない者が意味されることは、これらから明らかである――

Jesus dixit Discipulis, "Quare Timidi estis, exiguae fidei homines" (Matth. viii.{3} 26; Marc. iv. 39, 40; Luc. viii. 25); イエスは弟子たちに言った、「それゆえ(なぜ)、あなたがたはこわがっている、信仰の小さい人間たち☆」(マタイ8:26、マルコ4:39, 40、ルカ8:25)

「人間たち」のことばは「マタイ・マルコ・ルカ」の原文のどれにもありません、訳文から省いてよいでしょう。

Jesus dixit ad Archisynagogum, "Ne Timeto, crede modo, tunc filia servabitur" (Luc. viii. 49, 50: Marc. v. 36); イエスは会堂管理者に言った、「恐れるな(怖がるな)(未来)、ただ信じよ、その時、娘は救われる」(ルカ8:49, 50、マルコ5:36)

"Ne Time, parve grex, quia complacuit Patri vestro vobis dare regnum" (Luc. xii. 32); 「恐れるな、 小さい群れ、あなたがたの父に喜びであるから、あなたがたに王国を与えること」(ルカ12:32)

Similiter per "Ne timete vobis" (Matth. xvii. 6, 7; cap. xxviii. 3-5, 10: Luc. i. 12, 13, 30; cap. ii. 9, 10; cap. v. 8-10; et alibi). 同様に、「(あなたがたは)恐れるな、あなたがたに」によって(マタイ17:6, 7、第283-5, 10、ルカ1:12, 13, 30、第29, 10、第58-10、また他の箇所に)

Ex his et illis constare potest, quod per "timidis autem, et infidis, et abominabilibus," significentur illi qui in nulla fide sunt, et in nulla charitate, et inde in omnis generis malis. これらとそれらから明らかにすることができる、「けれども、臆病な者に、また不信仰な者に、また忌まわしい者に」によって、彼らが、その者は何も信仰の中にいない、また何も仁愛の中に〔い〕ない、またここからすべての種類の悪の中に〔いる〕。

@1 Jeremiam pro "Isaiam" 1 Isaiam」の代わりに Jeremiam

@2 vii. pro "viii." 2 viii.」の代わりに vii.

@3 viii. pro "x." 3 x.」の代わりに viii.

 

(3) 訳文

 891(8)「けれども、臆病な者、不信仰な者、忌まわしい者」は、何も信仰の中にいない、何も仁愛の中にいない、ここからすべての種類の悪の中にいる者を意味する。

 「臆病な者」によって、何も信仰の中にいない者が意味され、それについて続けられる。「不信仰な者」によって、何も隣人に対する仁愛野中にいない者が意味される、というのは、彼らは誠意のない者、またごまかす者、そのように不信仰なものであるから。「忌まわしい者」によって、すべての種類の悪の中にいる者が意味される、というのは、みことばの中の「忌まわしいもの」によって全般的に悪が意味されるからである、それらは十戒の終わりの六つの戒めの中で名前を挙げられている。「エレミヤ」に明らかにすることができるように――

 

 「信頼するな、あなたがたに、〔これは〕エホバの神殿、エホバの神殿、エホバの神殿、と言っている、うそのことばを。盗み、殺し、姦淫し、うそによって誓い、あなたがたがこれらの忌まわしいことを行なっている時、続いて、あなたがたはこの家の中のわたしの前にやって来て、立っていないか」(7:2-4, 9-11)

そのように、他の箇所のどこでも。

 

 「臆病な(怖がる)者」によって。何も信仰の中にいない者が意味されることは、これらから明らかである――

 

 イエスは弟子たちに言われた、「なぜ、あなたがたはこわがるのか、信仰の小さい者よ」(マタイ8:26、マルコ4:39, 40、ルカ8:25)

 イエスは会堂管理者に言われた、「恐れるな(怖がるな)、ただ信じよ、その時、娘は救われる」(ルカ8:49, 50、マルコ5:36)

 「恐れるな、 小さい群れよ、あなたがたに王国を与えることは、あなたがたの父の喜びであるから」(ルカ12:32)

 同様に、「あなたがたは恐れるな」によって(マタイ17:6, 728:3-5, 10、ルカ1:12, 13, 302:9, 105:8-10、また他の箇所に)

 

 それらから、「けれども、臆病な者、不信仰な者、忌まわしい者」によって、何も信仰の中にいない、また何も仁愛の中にいない、またここからすべての種類の悪の中にいる者であることを明らかにすることができる。

author:yasubee, category:原典講読『啓示された黙示録』, 00:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://mhblog.aoi-press.com/trackback/1094928